「自然発生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然発生とは

2017-07-29

嘘と立ち位置の話

一時期話題になり、既に定着した感のあるスクールカーストの話である


学校は「勉強する所」であると同時に「友達に会いに行く所」でもある以上、相応のコミュ力必要になってしまう。

ただコミュ力の高低には個人差があり、それがスクールカースト発生の一因だと思われる。

それが嫌なら学校純粋に「勉強する所」に位置づけるしかないのだが、まあ難しいだろう。


さて、そんな自然発生するスクールカーストだが、カースト底辺の子達に散見される癖の一つに「明らかに我が身可愛さでバレバレの嘘をつく」というのがある。

ちなみに嘘の内容は非常に特徴的で、例えば親子の会話だったら

「おつかい行ってきた?」

と訊かれた時、いくつか買い忘れたものがあるにも関わらず

「うん、行ってきた」

とだけしか答えないというパターンである

そして後で買い物の抜けが発覚して一大事と。

或いは騙されたフリはしているけど「コイツ信じらんねえ…」と内心思われると。

え?最初から「おつかいでお願いしたもの、全部買ってきた?」と訊けばいいじゃないかって?なに他人のせいにしてんだよ、嘘ついたのはお前だろ!って感じである


とにかく、こういうことをやらかす子に致命的に欠けている認識があるとすれば

辺りだろう。


もしご子息やご息女がいる読者の方で、彼・彼女がここらへん弱そうな場合は、なるべく早めに、厳しく躾けることをオススメする。

スクールカースト底辺で過ごしたのも遠い思い出になり、今やカネがなくてキモいおっさんおばさんになった人は…まあ、今この瞬間が一番若いと言い聞かせて人生挽回頑張ってください。

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725125745

スコティッシュフォールド人間で言うと障害を持ったかわいそうな子供

だと思ってスコティッシュフォールド繁殖させないことを身体障害児を産ませない優生思想みたいな考えしてるけどそれただの被害妄想なんで。

スコティッシュフォールドはもともと突然変異で発生した病気種で自然発生数なんて微々たるものからな。

しかもその突然変異が将来的に重篤な疾患を発生する可能性が高いという。

実際にスコ×スコでブリーディングしても健康体(耳の垂れていない)猫になる確率はかなり高い。

まり将来つらい病気に苦しむことがわかっている遺伝子を持った個体をわざと残すために遺伝疾患を持った個体を集めてより病気発症率の高い子供を残し続けているというのが今のスコティッシュフォールド

まれても耳が折れてなかったり、子猫の時は折れてたけど成猫になったら耳が立つようになった猫は飼い主からポイされているのが実情。

それでもスコティッシュフォールド繁殖が正しいと思えるのがわからん

スコ猫はかわいそう。ならブロイラーは?

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00010000-sippo-life

こちらのはてブを読んだ。

なるほどスコ猫は優性遺伝形質を持つので,繁殖には注意を要するだろう。イギリスでは実際に繁殖禁止されている。ひろく動物愛護観点から見れば,惨いと思うのは当然の感情だ。だが「かわいそう"だから"やめろ」と批判する論調には,若干の疑問を覚える。感情に訴えた煽情的言い回しについては,詭弁ではないかとも感じる。

スコティッシュフォールド自然発生した突然変異の猫を,1960年代に発展・固定した品種である。耳を折れ曲がる遺伝子変異ホモで持つ猫は耳折れ(いわゆるスコ猫)となり,ヘテロでは立ち耳となる。ホモヘテロいずれにおいても(時期の差はあれ)宿命的関節炎を呈する。この変異遺伝子特定されており,人間において関節炎を呈するものと同じと見なせるのだという。病気個体をかわいがっているのである。猫当人(当猫?)にとってはたまったものではなかろう。ダックスフンドパグなどもそうだ。悪趣味である。本当に,人間は,業が深い。

ところでブロイラーという鶏がいる。代表的な肉鶏で,日本では毎年数億羽が出荷されている。

>> ブロイラーは徹底した育種改良の研究により、過去50年間で、成長率が1日25gから100gへとあがっている。自然界の鶏は成鶏に達するのに4〜5か月かかるところをブロイラーは40〜50日で成鶏に達する。その急激な成長によりブロイラーの30%近くは体を支えることが難しく歩行困難となり、3%はほとんど歩行不能となっている。心臓にも負担がかかり、100羽に1羽は心臓疾患で死亡する。(Wikibedeiaより) <<

あるいはピンポンパールと呼ばれる金魚がいる。丸々と太った短い尾の金魚で,泳ぐのが極めてへたくそである(そこがかわいいので人気だ)。チンシュリンという品種金魚から,より短尾で丸手な個体を選別交配して生まれた。これに限らず,金魚は異形のオンパレードだ。

猫の先天性奇形動物実験などに比べて,これらがネットで話題になることは少ない。家猫や犬は大事にされているほうだと思われる。それは彼らが人間私生活と深くかかわりあってきたかである繁殖に幾度も手を加えられ,人間にとって「かわいい」「便利」と認識されるような形質が固定化された。

結局のところ全ては人間エゴなのである。この手の話題になると必ず,猫を飼いたいならペットショップではなく保護猫を,という意見が登場するが,わたしはこの意見が好きではない。違和感を感じる。その辺を突き詰め始めたら,そもそも愛玩目的動物など飼育するべきではない(愛玩ではなく家族,などという考え方は個人的には想像の埒外なので納得できない)。愛玩動物産業動物も,人間人間のために動物を利用しているのである

もちろん,薄利多売を目的とした無責任繁殖業者擁護したいわけではない。それらは当然批判されるべきで,専門性の高いブリーダー繁殖を行うべきだ。そして供給というのは需要のあるところに生まれるので,飼育者側の倫理感も重要である。そしてイオンで鰻丼を買って食べなければ鰻の絶滅が遠のくわけじゃない(水産庁による介入が必須)ように,本件についても結局のところ行政による介入が必要であろう。思うに犬猫はもはや市場が大きすぎる。そのためには地道なロビー活動必要だ。それはわかる。

でも,人間人間のために生き物を飼育しているという大前提から目をそらし,「猫がかわいそう」などというきれいな言葉大衆扇動する。そういうやり方に関しては,詭弁を感じるので,わたし不快感を覚える。

病気の猫をかわいがってもそれが人間の業だと思う。我々がすべきことは,その種が他種と不用意に交雑せぬよう適切な管理下飼育していくことではないだろうか。持続可能ペット社会。それがひいては人間のためである。決して猫のためではない。

2017-07-15

凶悪犯罪って社会の許容限度を超えるほど増えてたっけ?

去年のデータを見ると減ってるゾ

PDF10ページ目あたり

http://www.npa.go.jp/news/release/2017/20170629001.html

通り魔殺人自然発生レベルに少ないし、殺人事件の9割が犯人と面識ありじゃん

死刑よりも人間関係どうにかしたほうがいいんじゃない

2017-07-13

今日見た夢

1度目はうろ覚え

突然ゾンビが発生して自然発生しながら人間生活を脅かしていく話。人間たちはゾンビに食われるとゾンビになる...のではなく単に食料として食われている。

自分自分たちの数少ない友達と自宅を中心に籠城戦を開始する。

そしてたまに外に出て他の人間たちのコミュニティ交流しながら日々を過ごしていく話。

外に出た時にヘマをして襲われそうになったところで目が覚める。

2度目は続き

ゾンビの発生源と思われる場所を突き止めた別のコミュニティとともに山中にある直径10メートル弱の井戸セメントを流し込む。

すると今度はゾンビではなく、黒羊をモチーフにしたちょっと可愛い奴がたくさん出てきた。その時夢の住人は「ユウレイ」と読んでいた。

セメントで固めてたところで動けなくなるだろうと思っていたが集団塊魂(ゲーム)のように動きながら追いかけてくる。我々は必死に逃げた。

逃げて逃げて...気が付くと実家とよく似た建物に、友達ジェイ君とたどり着いた。そこで疲労が限界に達した私は夢の中で夢に落ちる...(夢の中の夢はもう記憶がないので勘弁してください。ただ、その夢から「ユウレイ」とカラーリングを逆にしたマスコットキャラクターを引っ張ってきました。このマスコット適当ブドウくんと名付けます)

夢の中で夢に目覚めると周りの様子が一変していた。どこか廃墟めいていて、埃っぽい。ブドウ君に確認すると、私たちは既に100年間もゾンビに見つかることなく寝ていたらしい。

更に100年後ではゾンビではなく「ユウレイ」が町を徘徊して人間たち食料を探していた。玄関の覗き窓から見ると「ユウレイ」がすうっと徘徊している。

また10年くらい寝ると。なんか自分の家でコミュニティができていた。そこにはおばあちゃんと死んだはずのじいちゃんも生きていて、6~7人で村生活って感じだった。表は「ユウレイ」に見つかるのであまり行くことはできないが、なぜか庭にはあまり来ないため、自分たちで畑を作ったりしていた。110年も経つとなんか生態系が変わっていて、野生のムカデが昔の節足動物みたいな形になってた。作業をしていると村人の一人が「ユウレイ」に見つかってしまい、実家とよく似た家にみんなで逃げ込むことになった。そこで別のコミュニティから抜けてきた2人を家に入れて、「ユウレイ」の目を反らす雨戸を閉めた所で目が覚めた。

いやぁ~~怖かったな~~~~

2017-07-10

id:Gl17 擁護※が「安倍へのヤジは動員、菅ヤジは自然発生から(キリッ)」とか…党派性丸出しで現実と向き合ってない、ていう総理やらかしポイントを的確に再演してて、それに星付く辺りの"ダメだこりゃ"感。

てめーが言うなボケ死ね

2017-07-01

LGBTsであるのはそんなにも悪なのか

 バイ当事者として思う。

 中学生時代、実はその気があるのではないかと気がついてからはや数年がたった。幸いにも生来オツムの弱い俺は自身マイノリティであることを深くは気にも留めず、それより目下のところの悩みは人間関係をうまく構築できないことにあった。

 高校に上がるときに状況は変化した。うまく人間関係が行くよう、仮面かぶることで自分自身を作ってしまえば良いと悟ったのである高校生になるまでそんなことにも気がつかない程度には頭が悪かった。考えてみれば、あたりを見渡すと、みんな真っ白で、まるで自分には負い目がないかのように振る舞っていたのだった。美しい世界だった。互いが互いを牽制し合うことで、負の部分は徹底的に平らかにされ、狭い学園内に、その生態系特有の標準像が形作られていた。もちろん、個々に特徴はあった。しかしそれは決してマイノリティではなかった。それを知った途端、皆がよそよそしくなり、あるいは全力で忌避しだすような。

 まんまと学園の標準像を手に入れ、学園内における人間関係に満足できるようになった俺は、初めてやっと自分マイノリティであることそれ自体直視し、その孤独に深く怯えた。暇ができれば「ゲイ 割合」でググった。ググったところで孤独がどう収まるわけでもないのにね。けれど、動揺は表に出さないようにして、ひたすらに勉学に打ち込み、孤独不安がよぎりながらも結局はマイノリティであることを見ないようにする努力を重ねた。

 大学に入った俺は、Twitterで界隈の情報を知るようになっていた。そもそも自分自身性的志向を隠していたこともあり、いわゆる「お仲間」は一人も知らなかったから、出会人達が本当にLGBTsであることが信じられなかった。

 そこには様々な人が暮らしていたのであって、ウェイ系や趣味謳歌する者、社会人や地味な者が渾然一体として存在していた。それはもう殆ど社会と変わらないのであって、一つ違うのは皆がマイノリティであることだった。彼らは一緒にコミュニティ形成し、つるむことで根底にある孤独を紛らわしているかのようだった。

 そして同時に、ネット文化(淫夢など)やネットでの論調を目にするにつれて、俺にある疑問が浮かぶようになった。

 「LGBTsであることはそんなにも悪なのか」



 一部のLGBTsに対して進んだ国・都市ではPrideを大きなスローガンとして、市民権を得られるような活動が続けられてきた。日本にもPride文化は輸入されたのであって、実際にパレードも行われているし、わりと盛況しているようだ。だけど、違うんだ。そうじゃない。そもそもそれらの国・都市アイデンティティ個性を重視する文化を長い間かけて育んできた。この文化が素地としてあってこそ、LGBTsにかぎらず、他の多くのマイノリティも声を上げることで市民権を得ようとしてきた歴史がある。だからPrideなんて言葉を使うようになったのだろう。

 でも日本はそうではない。少なくとも日本にはアイデンティティ個性を重視しようという文化はない。こんな文化自然発生するものではないのであって、意図的に育んでいくものだ。日本は残念なことに育んでは来なかった。日本において個性尊重しているようにみえるのは、実際には個性見世物にして消費するか、あるいは黙認という形式を取り、なかったことにするかにすぎない。高校時代の美しい世界もまさにその通りで、別に性的マイノリティに限った話ではなく、ひたすら皆が標準像を追い求める一方、標準像として収束される先にも残り続ける、ただひとつの「日本人」という個性の姿や文化といった共有資産が賛美されることに満足を得る人間も出現し始めた。マイノリティに関して言えば、ゲイアイコンとしての「オカマ」や「淫夢」は見世物として消費され、その他のゲイはなかったことにされている。そんな国でPrideなどと言ってみても滑稽なのだ。だからこそ輸入されたコンセプト・スローガンでは対処ができない。


 ゲイ理解されないことの一つに、「自分にも危害が加わる可能性があるから」というのがある。でも、考えてほしい。人が自分好意を持ってくれることは少しも危害ではないのではないのではないかそもそも性的暴力実力行使に出るような輩は、ゲイ理解云々の以前に一定確率行使しようとする。でもそれは、ヘテロ男性の中に女性強姦する人がいるのと変わらないので、ご指摘には当たらないような。

 そして、ゲイのくせにヘテロ男性告白してきたらキモいというのもよくわからない。そのような人たちの中で、告白相手女性レズビアンである可能性を少しでも考え、躊躇した人間がどれくらいいるのだろう。結局、物事はすべてマジョリティが当然のこととして行っていることは当然のことで、同様のことをマイノリティが行おうとして、マジョリティの行動との間に違いが生まれた途端声高に主張し始める。マジョリティは自らの行動を顧みず、棚に上げた上で我々の一挙動を観察する。人から愛を向けられることがそんなに嫌なのだろうか。俺だったら、自分に魅力があるのだと知れて誇らしいことだと思うのに。


 どんな社会を望むのかといえば、答えは明白で、「LGBTsの存在が当然のこととされている」社会だが、まあ無理だろう。こんな世の中じゃ。何か新たなネタが見つかるたびに、徹底して皆が食いつき叩き上げ、消費し尽くす。そこには様々意見が入るものの、結局はネタを消費する手段にすぎないから、意見平行線上をたどったまま、次のネタ、次のネタへと移っていく。誰もが同じ生け簀から出ようともせず、古い水を変えようともしない。食い散らかした餌の破片と糞尿で薄汚れた生け簀の中で、同じ境遇であることに何故か安心感を覚える。そして誰も自分意見を変えようとしない。それぞれが意見を表明し、その意見はどこか遠くへ流されていくのみだ。寛容などとは程遠い。日本の体質自体が変わらないと始まらない。俺だってなにも好き好んでこう生まれてきたのではないのに。


 それにしても、「生物学的におかしい」とか「自然の摂理に反する」とか、「異常」「変態」「公の場には出ないでほしい」みたいな言説は読み飽きてしまった。もう死んでしまいたい。

2017-06-22

https://anond.hatelabo.jp/20170621234648

1(同性でも可)日常的に腹を割って話せる友人がいない

2(異性)交際相手が見つからない、もしくは継続しない

の二点ということでしょうか。

どちらについても、ベースとなる「出会い総数」「外交的になれる元気」については、残業の少ない会社に見を置くことで強化できるかと思いますサルでも生きているっていい言葉ですね。サル猿人関係はそれなりに厳しそうですが。

上記1については、過去を振り返り、「なぜか交流がなくなった仲の良い友人」を頭に描き、どうしたらその付き合いが継続できたのかを考えます。「日常的に交流できる」と「腹を割って話せる」の2条件が重なる出会い自然発生で望むのは確率が低いので、自助努力改善できる交流の仕方に注力して維持する、という話です。この先「腹を割って話せる」と感じられる出会いがあったら、関係の長期継続のためにこのコツを思い出してください。

上記2については、もしかすると「好みのタイプ女性が好きそうな人間タイプではない」という事態になってはいませんか。買い物大好きだけど断捨離女子が好き。ゲーマーだけど山ガールが好き。甘えん坊だけど自立した女性が好き。相手マーケットにご自身がインできていない可能性をお考えください。ありのままの姿見せて何も恐れないのは自由ですが、現代日本では、まずは外的な属性から人となりを評価されることが多いです。我を貫いてそれを好きになってくれそうな人を探すのか(ブランディング)、相手に合わせて我を編集するか(マーケティング)、どちらも可能なので一度チェックをお願いします。

2017-06-19

アイドル恋愛禁止だっていうのはそういうルールがあったわけではなく、自然発生的に生まれたこと。

ファンが疑似恋愛しててアイドル側がそういう空気を読んで利用して人気を獲得するのが流れてきた結果。

結婚恋愛をしばるのはよくないっていくら言っても結局は元の状態に戻るよ。

いうかアレコレ言ってる人はよその趣味の人でしょ。

違う場所から違う視点で違う意見をアレコレ言ってもさ、そんなの届かないよ。聞くわけもないし。

ファン世界アイドル世界に由来のない外野はさ、黙ってろって。

2017-06-08

飲み会が嫌だ

飲み会が嫌だ

何が嫌って、本人たちは垣根のない関係を!とか思ってるんだろうけど実際は何かというと社内の立場持ち出して自分気持ちのいい発言しかさないとこ。

あと本気で嫌がってるのを分かってないとこ。

そもそも飲み会なんて仲のいい奴らで集まって、自然発生的に「じゃあみんなで座れるとこ行こっか」で開くもんであって

はい飲み会開始~~~ハイ俺たち仲良しな!」なんてものはもはや関係強要なんだよ。レイプなんだよ。

酒は誰もが大好きって感覚を共有しているつもりなのも嫌だ。

親が酒のんで暴れてるの見て育ってるんだから嫌だよ酒なんて。気狂い水だろ。

実際俺も遺伝してるから酔うと暴れるし、思ってもいないこと言っちゃうし。大抵は本音だけど。

まさか酔っても本音を出さな忠誠心を試してる、とか冷戦時代スパイ採用テストみたいなこと言うなよな。

大抵飲み放題なのも嫌だ。

時間強制拘束なのが嫌だ。悪臭喧騒の中、2時間人生が消費されるという悪夢。最悪だ。

時間経ってもまずすぐ立たないのが嫌だ。店も店だ。「もうお時間ですが」くらい言いに来てくれ。

いや言いに来てもまだダベったりする。最悪だ。

大体長くて見ても30分くらいでいいだろ。10分でも長いのに。

接待と言うかもはや接客をしても、なんのペイもないのが嫌だ。

仕事上のケアがあるわけでもないし、昇進の口利きがあるわけでもないし、そもそも昇進したところで昇給だってしないし。

2次会があるのが嫌だ。

なんで自然な流れで「次の店どこにする?」なんて話になるんだ。そんなに飲みたいなら一人でやってくれ。

お前の人生中年になってもなお空虚で、今後も何ら実りのない人生が待っていることが分かっているとしても、それに俺を巻き込まないでくれ。

1秒でも帰りたいのに、「いいから来い」じゃないんだよ。

もう大騒ぎしてお巡りさんに助けてもらいたい。泣きたいよ。

ああバカバカしい。古くはシュメール人の頃からこんな文化があるらしいが、本当にバカバカしい。

みんな本当にこんなのが好きなのか?いい加減にこんな文化規制してくれ。

リクナビリクナビだ。「飲み会あります」「人権軽視あります」とかそういう項目が必要だろうが。分かっていたら入ってなかったのに。

ああ嫌だ嫌だ。飲み会が嫌だ。そんなにアルコールが好きならメチルアルコールでも飲んで死んでいてくれ。

2017-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20170527193313

しれっとデマを広げるな。

あれは自虐的自称として始まったものだよ。ネットなどない時代に、当人たちの間で自然発生して広まったもの

当時の同人誌など読めば(大手だったらまだ中古店とかに存在してるかもしれん)今でも分かると思うが。

腐女子」の前段階として「腐ってる」って表現もあった

二次BL、当時はやおいと言っていたけれど、を好きな事を自称する時に「私は腐ってる」というように使用されていた)し。

2017-05-17

続き

http://anond.hatelabo.jp/20170517144649

宮崎

全然お答えになってません、文科省松尾審議官平成30年の開学だということをうけて、それを了としたのは、スケジュールとしていつでしょうか。」

松尾

「あのー私どもの認識といたしましては、昨年の11月(9日)に内閣府諮問会議においてまとめられました、追加規制改革事項において、先端ライフサイエンス研究や、感染症の水際対策など、新たな獣医師需要に対して、関係制度改正直ちに行うということになったと承知しております。同会議におきましても、有識者から新たな分野にかかる獣医師人材の育成は喫緊課題であると、いうふうなご指摘、また獣医学部の設置を急ぐようにご指摘があったと承知してございます。これを踏まえまして、内閣府から相談があり、共同告示という形で、30年度の開設を、のせるということになったという理解でございます」(これが残念だけど、間違った答弁になるわけですね、10月4日の段階で内閣府に30年度開設の是非について問い合わせてるわけだから。)

宮崎

「略)今のご答弁も時期についてはお答えになってないんですよ。諮問会議喫緊課題だということで、今年1月に共同告示をした。ここまではわかりますよ。では30年度とフィックスしたのはいつですか」

小川参事官

農水省としては本年1月4日の共同告示ときである承知しております。」

宮崎

「では確認ですが、農水省は共同告示ときにはじめて知ったと。事前のレクでも学校のことは農水は関係いからといっていました。ではちゃんと農水省相談はされたんですね。」

山本

「当然共同告示の際には事前に了解を得ております諮問会議ではなかった文言でしたが、最速のスケジュールということで、平成30年4月パブコメの文案にあるのを見たときに、私がこれで結構だと決断したものであります。そして、パブリックコメントを受けて共同告示となっていくわけですが、当然その際には各省の了解は得ております。」

宮崎

「ここに時系列を用意させていただきましたが、11月9日諮問会議11月18日の間に、いまだとね、事務局から案が上がってきて、それを了としたという話だったけども、30年開学というのはどういう議論で決まったんですか。逆に、これまでの大臣の言い方から見ると平成30年度の開学に間に合わないから、京都産業大学は今回は残念だったというような趣旨に聞こえたんですよ。じゃあ平成30年誰が決めたんですかっていったら、事務局から自然発生的に文章があがってきて30年でしたみたいな話になってるんですが、じゃあいつ決めたんですか11月9日から18日の9日間の間に。いつ決めたんですか。」

山本

11月9日諮問会議を受けて、最速のスケジュールということで、私が最終的にパブリックコメントの文案を決断したところであります。(略)」

なんとなんとで、区域決定(平成27年12月の段階)から、30年度開学で進んでたんですなぁ・・・

2017-05-02

けものフレンズ同人誌に蛸なんとかさんが参入してくるのだろうかということをちらっと考えたとき頭に兆したのがZOIDSのことじゃった。

といっても、いまの若い人はZOIDSなんかもう知らないと思うのじゃが、最近出たソーシャルゲームちょっとやってみたら、世界設定をだいぶ変えたようで少しさびしい。

新しい設定だとこの金属生命体は未来地球人類が生み出して「ゾイド」と名づけられた…みたいな設定のようじゃが、昔のゾイドは、地球とは全く関わりなく自然発生的に誕生した生命体(という設定)で、しか動物型や恐竜型だけでなくほとんど人間と変わりない惑星Zi人というのもいて、ヘリックとゼネバスという喧嘩した兄弟がそれぞれ率いる部族牧歌的戦争をやっていたところに宇宙進出した地球人類がやってきて、ゾイド未来兵器に改造して一気にサツバツという設定だったのじゃ。

ちなみにZOIDSけもフレみたいな萌え美少女に…というネタはもうすでに島田フミカネとかがやっている。流行らなかった。

2017-03-28

保守愛国活動孤独感を減少させる by愛国保守の人

という自己分析をしているブログがあって興味深かった

以下引用

これはただのエッセイというか最近思っていることなんですけど。

2000年以降、インターネットの普及も相まって、敵対的隣国情報が普及しだしました。しかしそれを報道するメジャーテレビ局は無かったわけですし、新聞産経を除いて報道してきませんでした。

なので、ネットユーザーの間には、自分たちでこの歪められた情報空間を正さなければならない、敵を見極めなければならない、国を守らなければならないという危機感と同じネットユーザーに対して連帯感が生じたと思います

日本戦後教育日教組価値観のせいで、愛国心を持つことは恥ずかしいことだ、よくないことだと教わってきた私達に、中国南北朝鮮のような敵が生じたことで、自然発生的に「愛国心のようなもの」が私達に芽生えつつあるように思います

いつからかわかりませんが、私達日本人は孤として生きるように社会に強いられてきたように感じます。各人、友達がいたり会社学校部活に属してそれなりの所属感を持って生きてきたのでしょうが、敵国が現れたことで、ようやく「国=日本」に所属しているという意識が発生したように思います

日本対外的危機が年々強まっているわけですが、それでもそれが逆説的に私達の精神に活力をもたらしてくれた側面はあると思います

今、家族は妻の実家帰省していて、一人で過ごしているわけですが以前ほど孤独感を感じないのは、私が保守立場に立ったからだと思います。昨晩は2ch辻元清美関係スレものすごい勢いで書き込みが続いていくのを見ながら、「俺は一人じゃない」という思いを強くしながら安心して眠ることができました。

言いたいことをまとめますと、

敵国の存在日本人愛国心を復活させつつある

愛国心個人所属感を与え、孤独感を減少させる

といったところでしょうか。

https://kininarukabu.com/post-8091/

やっぱり所属する所が日本という国しかなくなった人が愛国保守活動にのめり込むという例はあるみたいですね

2017-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20170213114046

すでに指摘されているけれど、日本では屋外禁煙一般的ではないと思う。というか喫煙可でしょう。屋外禁煙東京都心など一部に限られるんじゃないかなあ。

私の通勤路では毎朝毎晩たばこの煙を避けながら、あるいは息を止めてやり過ごしながら歩くのが普通。そして道ばたにはたばこの吸い殻。

改札口の脇が自然発生的な喫煙所になっているのが辛い。風向きでその日の運勢を占っています

 

しかし昔に比べればまだマシになった。吸い殻ゴミも減ってはきている。

海外のことをいうと、10年以上前に訪れたオランダは駅や道路での喫煙が多くて辛かった。

最近では中国上海などに行く機会が多いが、昔に比べてなぜかそれほど気にならない。台湾では路上は気にならなかった。ホテルロビーが辛かった。

去年はベトナムホーチミン市など)に行ったけれど、たばこの煙に悩まされた覚えが全くない。喫煙者を見かけた記憶もあまりない。我ながら記憶ミスではないかという気もする。

2017-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20170212033821

え?そうなんだありがとう

でも博士からもらうんじゃなくて渡すって事は、ジャパリまんは誰かが配布するわけじゃなくてパークの中に自然発生するって事か

謎だわ

2016-12-06

神ってる」なんて野球オタ以外知らない言葉を大賞に持ってきたユーキャンが悪い

と言いたいけど、他の言葉微妙過ぎるからなあ

基本的にあれは「授賞式に話題になるような人が来るものを選びたい」と言う思惑があるし

(だから有名人が作った言葉が選ばれやすく、自然発生的な言葉は選ばれにくい傾向)

ネガティブ言葉は避ける」傾向もある(まあ〇年の流行語はこんな暗い言葉でした、と言う歴史を残したくない気持ちは分かる)

と考えると

日本氏ね」「ゲス不倫」→言葉汚すぎ・下品で無理

トランプ現象」「PPAP」→海外流行であって日本ではそれほどでもないので無理

聖地巡礼」「ポケモンGO」→オタクネタは無理

マイナス金利」→呼べる人が日本銀行関係者、というだけでは微妙

盛り土」→受賞者に辞退されたし

って事で「神ってる」と「アモーレ」のうち前者にした、って感じだろうな

スポーツネタって無難だしね

芸人ネタ無難だけど(だめよーだめだめも大して流行ってなかったのに無理やり大賞にされてたな)

今年はPPAPしかなかったし

2016-11-14

今我々の前にある街は無意識の或いは無意識下に意識される共同体である

街は自然発生的な流れを持つごく自然な、なおかつ著しく人為的共同体である

街は大きく曖昧境界線の中で埋没しながらなお一層存在感を増し佇んでいる

私とあなたあなたたちとの直接の関係性は減るが逆に間接的な関係性は増えその力は加速度的に増していく

私とあなたあなたたちとの関係ある意味において密接なものになりある意味において分離したものとなる

分離されながらに密な関係を持つ私たちは街の中に認識できないシステムを成り立たせる

まり意識されることがなく不明瞭な存在であるそれは確かにそこにあり人知れず大きな影響力を持つ

街は曖昧不明瞭さ、不透明さは増大しその存在はそれらに比例するように大きくなる

我々の中には街という漠然としたイメージけが残る

2016-09-28

anond:20160928005843

1.ひろゆき・2ch発の「荒らしスルー。少しでもかまえば餌やりになって増長する」というルールネットマナーとして浸透させる。なんならスルー力検定を文科省が本当につくればいいよw検定ビジネス大好きだから。もともとはてなブクマってそれができない人のためのものではあったけど、2階建てブクマとかやりようは自然発生したのに、まだまだみんな純朴。

2.小泉政権がゆうせい潰しのためにつぶした労働組合を、もうちょっとまともな形で再生。富の再配分をヨーロッパくらいうまくやれるようにする。あのとき公約されたはずのセイフティネットは「ない」っていう認識はせがわ某らをかりたてている。

3.パソコン中級者はhagex本やらトピシュの本でも読んで、グーグル八分とか、ウェブサイト通報行動を有効につかう

ってあたりですねえ。

2016-08-07

ずぼらな俺がゴキブリ駆除に乗り出した話

ゴキブリ暮らし始めて三年になっていた。もちろん飼っているわけではない。

自然発生し、俺も積極的駆除しようとはしないので「同居」という形になっていた。

初めて現れたときは気が狂うほど逃げ回ったがもう慣れてしまった。

壁を歩いていても気に止めない。

それはさておきずっと疑問だったことがある。あいつらは何を食べて生きているのだろう。

うちには食べ物の類は一切ない。

野菜を買い置きしたり、ご飯を炊いておいたり、お菓子を買いだめしたりはしない。

調味料一つ置いていない。

外食で済ますか、きっちり一食分を作って食べきるかである

こんな家で、あいつらは何を食べて生きているのだろう。

先日その疑問の答えが見つかった。

夜中、トイレに起き、ふと脱衣カゴに目を向けると黒い塊が目に入った。

目が悪い俺は今ひとつそれが何か認識できなかったが、違和感を覚えたのは確かだった。

俺は黒い服など持っていない。

居間に戻り眼鏡をかけ直しもういっぺん脱衣カゴに戻ると、そこでは大量のゴキブリが俺の服を覆っていた

そいつらはパンツの股間の部分、Tシャツの首元、そして脇の下に特に固まっていた。

から伸びた触覚が左右に振れている。心なしか背中の光沢が増している気がする。

ぼやけた頭だったがはっきり分かった。間違いない。

ゴキブリは俺の汗を食べている。

その黒く醜い光景叫び声も上げられずコンビニに走った。

ゴキブリ退治用スプレーを買って帰った頃には、脱衣カゴから黒い塊は消えていた。

今、俺の家にはゴキブリホイホイが至るところに設置してある。

貧相な食事しかしていなかったあいつらにとっては目もくらむようなご馳走なんだろう。

夜、中身を確認するとひと箱あたり10匹以上つかまっている。

それを捨てて新しいものを設置する。

翌晩確認するとまた10匹つかまっている。

そんなことを10日ほどやっているが一向にゴキブリの数は減らない。

この戦いはいつ終わるのだろうか。

今日も汗につられてゴキブリがうちを這い回る。

2016-08-06

【含ネタバレシン・ゴジラ2のプロット

まだ見てない人は飛ばしてくれ。

やはりみんな最後のしっぽが次のゴジラに!とか期待してるんだろうけど、きっとそんなことはしない。

東京湾に捨てられた核廃棄物起源ならまた次のゴジラ自然発生するだろう。

そしてまたヤシオリ作戦、となったら同じ展開になるので違う打倒ゴジラメソッド必要になる。

そこでシンゴジ2では凍結したシンゴジ1の細胞から創りだした

ゴジラのカタチをした汎用決戦兵器、がメインになるに違いない、というか、なってくれ!

って考えてます

もしくは6号機みたいな感じで直接アダムエントリープラグ作っちゃったよなタイプ

石原さとみ三佐が作戦指揮してくれるよ。パイロット広瀬すずかな。

たぶん日本であと5人くらい同じ妄想したやついるはず

2016-07-11

ドキュメンタリ風の広告規制して欲しいわ

フラッシュモブガッツリ仕込んだ癖して、あくまでも自然発生風を装う演出とかダメでしょ。

広告費用人助けをしました風の広告も、目的広告なんだからダメでしょ。

2016-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20160628175754

「起きたらゲイだった」脳卒中から回復したラグビー選手同性愛に目覚めて美容師転職

http://labaq.com/archives/51712535.html


こういう事例があるので、ゲイ自然発生的に常に出現するんだ。

だって、これから先、ゲイに目覚める可能だって否定できないんだよ?

2016-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20160429181719

それはおかしい。頭は使うべきはそちらのほうだ

地震兵器第二次大戦中にはすでに実用レベルまで研究が進んでいて

戦後数回の大震災という名の実験実用性は実証済み

仮に前回までは自然発生で今回が初実験となると開戦を見越していると思われるが

そうなると隣国に近い九州地方で行うのは理にかなわない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん