「ぶれる」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぶれるとは

2017-10-20

xevra氏について

はてな界隈で著名なxevra氏について。

一般的認識としては、結構な頻度で過激だが合理的である程度一貫した発言で人気を博している、瞑想とかを推奨する自称経営者?の人。という認識なんだけど。

みんなこの人の事をどう思ってるんだろう?とたまに不思議に思う。

私の認識としては、

論理的一貫性があるが独善的過激で、教養があり仕事ができる人なんだとは思うけど、人間的に全然好きになれない人、って感じなんだよね。

○変だなと思うところ

はてなにいる人は全員頭がおかしいみたいな自己言及始めたりするところ

・ついさっきだけど、ツイッター元号文化から効率とか関係ない、わからないやつは猿だ、といってた。

ふだんは色んな非効率的ものについて、こんな非効率なことやってるから日本は落ちぶれるんだ~って言ってる。

仮に「文化効率を超えて守るべきものだ」としても、

何が文化で何が文化じゃないか独善的に決めつけてかかってるからすごく怖く見える

瞑想野菜運動?だっけ、あれってやってないからって人を馬鹿にしてるところ。そんなんで人を一等下にみていいのかな?と思う。私はべつに瞑想もしないし運動なんてからきしだし、野菜も足りてないけど、日々幸せに生きているから、違和感ある

子どもを産んで(あるいは育てて?)人間が完成すると思ってるところ

なんか狭い考えだし、そういう実感があるのかもしれないけど、子どもがいないひとを傷つけたり、変に不安にさせるだけじゃない?って思う

ーーーーーーーーーーーーーー

ぱっと浮かんだのがこんなとこなんだよね。

何ていうか、価値観全然違うけど筋が通ってるから違和感があるのか?よく分からないでいる……

よければ皆さんの意見を聞かせてください。

しかなうなら、xevra氏がどういう風にこういったことを考えて書いてるのかをきいてみたい。

2017-10-19

anond:20171019120241

薬漬けにして私腹を肥やす医者・薬会社

およびいつまでもくたばらない団塊

原因

技術力がめちゃくちゃ劣化して

ゆえに落ちぶれるならまだしも

こんな原因で落ちぶれるなんて・・

腑に落ちない

団塊が率先して土に埋まれ( ^ω^)・・・

会社が人並みの所得水準我慢すれば

2017-10-17

anond:20171017135044

から稼げる女性だって子作りの相手として引く手あまたになるはず。

婚活であぶれるのはおかしい。

anond:20171017124256

それだと、元増田の言う「自立しているのに結婚相手が見つからない女性」はどういう存在なのかな?

自立した女性が好まれるならあぶれることはないはず。

結婚しないでいいやと思ったなら「結婚相手が見つからない」と嘆くこともないはず。

こういう女性像がよくメディアに出てきて、元増田コメントが添えられてるけれど。

2017-10-11

無言で刺し続けられた。そんな感じ。言われ続けるより辛い。

自分はヨメに酷いことを言って傷つけてしまいました。それは反省。二度と言わない。言うような状況を作らない。そうなりそうな時は回避策を打つ。。。

で、何がキツくってそんな非人道に堕ちてしまたか

自分は色々ガヤガヤ言われるのは(慣れてはないけど)相手が何か意見があるので、怒ったり、泣いたり、叫んだり、、、何かを伝えようとしているからだと思う。一生懸命拾う。それには謝ったり、議論したり、黙って聞いて身に染み込ませたり、何らかのアクションが取れる。修正改善ができる。

(ただ、こういう時に相手相手自信の満足する回答しか受け付けない状態で話されると、何を答えても「間違い」なので非常に辛いし時間無駄意味無し。)

で、、、○年過ごして見えたのは、

何も言わない。

言われたこしかやらない。

自分意見がない。(聞いても返ってこない)

他人に気を遣う回路がない。

...etc...

他人に気を遣うのって、少し思いやる心、ちょっとした気付きでなんとかなる気がするんだけど、なんか、頭の中の回路が抜けてるっぽい。

ご飯が終わって自分食器だけシンクに片付けて終わり。

一緒に食べてる人は関係ないし、言われないとやらない。

シンク自分食器だけ洗って終わり。シェアハウスじゃないんだけど。

てかシェアハウス経験あるけど、そこだって軽く他の人の洗ったりするし。助け合いって縛りキツいけど、ちょっとした優しさ?そんな感じで。

で、これは友達の家に遊びに行った時も、BBQでも、実家でも、親戚の家でもそういった片付け系はやらない。

自分の家でも自分ゴミじゃなきゃ拾わない、てかゴミを拾わない。掃除はしない。

キャラじゃなくて地蔵かよと。

少しでいいの。自分から動いて欲しい。

とか、キリがないけど、

頼んだことをやってない時、そこで「やってない!」て言えば「じゃ今やるか!」で終わりなのに、そこで嘘をつく。

大根買っといてレベルなら笑えるけど、役所手続きとかも同じように嘘つくから困る。笑って済まないレベル

手遅れは困るからヤバいときは早めに声をかけて!って言っても出来ない。

「はーい!今やばいでーす」これだけでいいのに。

ヤバイの分かってても聞かれるまで放置。聞かれるまで放置

聞かれたら嘘つく誤魔化す生返事。

優しく言ったら大丈夫っての信じて優しく言ってみた→ダメ、強く言ってみた→ダメ、待ってみた→ダメ、少し気付くかとツンツン→ダメ、、、、

何も出てこないの、発言意見も。

で結局「次は大丈夫!」て言うけど根拠無し実績無し。「でも信じて」と。

これを信じる→ダメ、、、(無限悪循環ループスタート

もうね、この「信じて裏切られて」を何回も何回も何回も…やられると心が擦りきれました。

ダメだね。タンクに水がいっぱいで抜けないからすぐに怒ってしまう。

わざと怒らせてるのか?ぐらい、ガンガン無神経を飛ばしてくる。

無神経だから本人気づいてないの。

無言で心にナイフを刺し続けられる感じ。気が狂う。

僕が強く言い過ぎで怖いから、出来ないループに入るらしい。

24時間怒ってないし、話をわざと聞かないってことは(強く)しないので、

朝食時でもいいし、いつでも大丈夫だったけど、とりあえずマジックワード「怖いから」で言えない(最終的に僕が悪いになる)、これしかないですよ。

そんな感じで、僕だって怒るの嫌だし傷つくのも嫌だ。

から僕がやって欲しくないことをアラーム打ったよ。

でも通じなかった。理解する回路ぶっ壊れてるらしい。壊したのかも。分からん

で、僕はその無神経さでズタボロに切り裂かれ、

向こうは僕の悲痛な叫び(怒り)でボロボロ

「これからを良くしよう!楽しくて温かい家庭を!」の思いが、

つの間にか地獄巡りになってた。辛い。

何も言わない、何も考えてないヨメはヤバい。こっちがつぶれる

2017-10-09

anond:20171008192049

アメリカ喧嘩できる国がもうロシア中国しかいか

この2名がつぶれると本当にアメリカの好き放題になるし

そうなったら日本的には面倒なことになる

2017-10-08

AI仕事が失われる」←いいことじゃん

ぼくちんが肉体労働者に落ちぶれるからAI仕事奪われたくないにゃーん←しね

人類利益よりも僕ちんの生活のが大事だわん←わかる

から人類の発展を食い止めたいであます←しね

技術発達の批判はラッダイトにも劣る悪徳だろ

2017-09-30

anond:20170930151702

共産党文字通り共産主義を目指す政党

社民前身社会党は幅広く社会主義全般政治信条とする人達の集まり

社会党社民)は一応多様性があるからぶれる

共産党共産主義を目指すという目標がぶれないから言行もぶれない。

ネットにはぶれないのがカッコいいと思ってる連中が多い

2017-09-25

anond:20170922053438

しかし世の潮流として仕事という仕事STEM領域シフトしている。それもすごい勢いでだ。

一応言っておくと、

ね。

STEM領域仕事の多くはそのうち、駆逐されるだろう。

裕福なインド人とか中国人留学前提でこちらの領域を専攻し、アメリカ大学卒業してアメリカの優良企業で働く。

賢い選択だ、自分を高く評価してくれる国にいって高給を得る。

本当は可能性に満ち溢れた領域なんだよ。

でもなんだろう、このイケてない国、日本は。

やることなすこと、古臭いんだよね。政治家バカなのが一番致命的だな。

日本をF欄だらけにしてくだらない学部作って、バカ大学生を量産するだけ。社会に糞ほどの役にも立たない。

まあ2050年までに自民医療へ超多額の税金投入して可能となる高齢化ブースト政策によって社会高齢者で溢れ、国際競争力ゼロ内需はスッカスカのゴミみたいな国にまで落ちぶれるだけってことを考えると、本当悲しいわ。

2017-09-20

日本という国がこれから先落ちぶれる一方なのは誰にも止められない

そして俺の寿命が尽きるまではなんとか持ちそうだから適当寿命が尽きるまで過ごすことにした。

2017-09-18

誰も見ていないんだろう(微修正

から書く。

私は誰のことが好きなのかわからなかった。

どうしてもひとりになれない環境、常に他人と一緒にいなきゃいけない環境にいた。

でも、ようやくひとりになって、考えることが出来た。


私はもう疲れてしまった。

私の疲れはみんなの疲れ、みんなの疲れは私の疲れだ。

泣きたくてしょうがない。

無くなってしまいたい。

泣きたいのはこっちだよと言われるね。


時間の経過と共に、ポジティブにもネガティブにも変わる感情というものを人は理解していない。

そして、状況もそれによって変わるということを理解していない。


私の周りの人は私が病気だと言う。彼が来るはずがないと。私と彼が恋愛をしているはずがないと。妄想だと。

ネットをやめろと言われ、ここ数日の出来事を理解していない。

そして、ネットまやかしだと言う。


ネットでは私は彼と恋愛をしている様子が見受けられる。

しかし、周りの人の言うことを信じれば、

ネットに書かれていることは全て私の病気による妄想による幻視なのだろう。

それを信じるのはどうかしている。

ネットに書かれていることを元に会いに行くのはどうかしている。

確かに常識的に考えればあり得ないことなので、

それを信じるのは確かにヤバいのかもしれない。


でも、病気ではなかったらと、思ってしまうのだ。

そして、皆、私と彼の恋愛を終わらせるために書いているのだとしたら、と。

私と彼を混乱させるために書いているのだとしたら、と。


私は、私は、疲れてしまった。

ネットのやりとりをポジティブものネガティブもの

両方を真に受けることに疲れた


そしてある日の夕方、ひとりになる機会がようやく出来てやっとゆったり落ち着くことが出来た。


同じところをぐるぐるまわっているだけだった。


私は悲しくなった。

出口が見えないことに。

私の感情右往左往して見えないことに。


私にはどうしても彼の前で認めたくないもの複数ある。

ひとつ安全場所からしか彼のことを好きになれないことだ。

でも私の境遇はいいかなる場所でも安全ではない。

そしてその境遇を認めることは私にとって死を意味する終わりを意味するほど苦痛なのだ

しかし、彼に会うには、自分自分のその境遇を認めなければならない。


しかし、周りの人によれば、その境遇思い込み病気なのだと。)



また、彼はそれを抜きにしても安全提供してくれない。


彼は真っ直ぐだ。大きく真っ直ぐな目をしている。

そして少し悲しい目をしている。

私の様々な罪を見透かされているようだ。

から彼の目を見ることが恐怖なのだ

彼に、自分気持ちフラフラしていることを知られたくないし、

自分でも認めたくないのだ。

それがさらなる安全ではない状況を呼ぶ。


正直言って今の彼を好きになる自信がさっぱりないのだ。

私の罪を許してくれたとしても。

から安全が得られるようには思えない。


安心はどこにあるのだろうか。


安心を得るにはさら不安定世界へ足を踏み入れなければならない。

そしてそこに待ち受けているものさらなる混沌なら、

そう思うと私は足を踏み出せない。彼に近づけない。



でも、ひとりになれたその日の終わりに、ひとつだけ彼についての安心材料があった。

もし私が病気ではなくて、

ネットに書かれていることが蜃気楼ではなく本当のことなら、

彼はひとりで来ているらしい。

少なくとも彼は彼の友だちとは来ていないらしい。

彼がひとりで来ているのならば、ちゃんと正直に話せるかもしれない。

ちゃんと怒ってギャン泣き出来るかもしれない。

そう思った。

好きになれる自信はあまりないが。

しかし、彼は傷つく恐怖を覚悟して会いに来てくれているようだ。

彼もギャン泣きしているのかもしれない。

もし、ネットに書かれていることが蜃気楼ではないならば、

私は会うべきなのだろう。

私は会う直前に必ず、

うまくいかないのではないか不安になってしまう。いつも感情ぶれる

日和ってしまい、彼を傷つけているのが苦しい。


私と彼のせいで不安な私は、常に逃げる場所と逃げるための人を求めている。

私の周りには宇宙人(=私の家族しかいないのだ。応援するどころか邪魔をする。

から逃げる場所がほしい。


しかしその逃げる場所と逃げるための人が彼の友だちになってしまっていることで、

さらなる不安を巻き起こしている。

逃げを理由に好きになってしまうということはあるのかもしれない。


願わくは、彼を好きになるために、私に対し、彼の友だちに彼の友だちによる彼の友だちの絶縁状を書かせてほしいのだ。

スタート地点はそこなのだと思う。


誰にも助けを求められないのだな。

恋愛というやつは。



追記。

彼を宇宙人扱いしてしまったことも私の罪のひとつ

2017-09-15

[]能田達規ORANGE」全13巻

おまかせ! ピース電器店の人が書いたサッカー漫画

週刊少年チャンピオンで連載されていながら、その内容は少年漫画しからぬクラブサッカー舞台にしたもの

某所でクラブサッカー漫画といえばジャイキリフットボールネーションよりこっちが好き、という感想があったから読んでみた

ストーリーは弱小でつぶれる寸前の貧乏クラブに、昔恩人と約束たからということでめっちゃすごいストライカーが入ってきてF1(J1と同じようなもの)を目指してがんばる、というもの

主人公はわかりやす少年漫画ヒーローしてる

でも少年漫画クラブサッカー悲喜こもごもを描いてるのはなるほど確かに面白かった

ジャイキリとかよりもそこらへんはあっさりめに描写されててサクサク進むからどんどん読んじゃう

ただあまりにも主人公超人すぎるとは思ったけど

ケガひとつしないのはさすがにできすぎだろうと思った

あと五輪メンバーに選ばれてすぐ活躍したりとかね

クラブサッカーお金の話、サッカー協会の話、五輪メンバー召集される意味の話など、普通少年向けサッカー漫画しからぬものばかりでおもろい

ジャイキリでそういうのあるんだとは知ってたけど、もっと前にこっちが少年漫画でやってたんだなあ

むかつく悪人が最小限なのもいい

ラスト打ち切りっぽいけどメインのお話には一応ちゃんとケリをつけたのはとてもよかった

でもラストラストまさか本当に「俺たちの戦いはこれからだ!!!」って言って終わる漫画は初めてみたわwwww

まあ仮に続いてたとしてもおなじことの繰り返しでマンネリになりそうとは思ったけどね

スラムダンクとかとも似た展開があったりして、熱かった

でもトータルだとやっぱりいろいろ都合よすぎに進んだ感は否めないけど

一応各メンバーの掘り下げもそれなりに行われてたりしたし、ジャイキリおもろいけど長すぎると思ってる自分にとっては気楽に楽しめたいい漫画だった

2017-09-06

隠れた名作がガッカリだった時のガッカリ感は凄い

もうすぐ上映が終わる「きみの声をとどけたい

実はとても面白いと風の噂をきき観に行ってみた

こういった評判の作品ってほぼハズレなしと確信していた

観に行った自分は他の人より通ぶれるというしょうもない自己満足も得られる

 

しかし大外れだった、ふざんけんな

10年かかった

営業

配属された部署20代から30代中盤までが多く、若いゆえの活気で溢れていた。

仕事でも血気盛んにガツガツするタイプが多く、午前様が見えても残業は当たり前、何ならそこから飲みに繰り出すという、営業らしいといえばとても営業らしい雰囲気

一方で若いゆえかコンプライアンスはゆるゆるで、10年前といえば管理職でも大概なものであった。上場企業であるにも関わらずだ。

アルハラセクハラパワハラ縦横無尽跋扈し、新入職員は時に鬱になり、時に離職し、時に異動していった。

その矛先は当然私にも向けられ、飲みに行けば二次会三次会当たり前。カラオケに行こうものなら一気コール

用を足すふりをしてトイレに向かい、口に指を突っ込んですべてを吐き出し、涙目を隠しながら午前二時の薄暗いカラオケルームに戻ることはしょっちゅうだった。

戻ってみれば酒にタバスコが入ってる事まであった。疲れて寝そうになれば氷とお絞りが容赦なく飛んできた。

苦労して就職活動を終え、大人の仲間入りしてやる事が飲みサーの延長以下という事実はあまりに腹立たしく、土日は怒りが頭を支配していた。

酔いつぶれるのは嫌いだし、翌日の仕事にも良い影響を与えないということはわかりきっているのに、やれ「お前は潰れないからつまらん、もっと飲め」だとかで酒を注がれ、頭の悪すぎる先輩に至っては「寝坊して出社して怒られるのが新人」みたいな夜迷いごとを言いながら笑っていた。

たった10年前だ。

私はこんな職場絶対に染まるもんかと心に決めた。ニコニコしながら酒を飲み罵声を浴びてそれでも耐えた。

どれだけ辛くても定時の一時間前には平然とした顔で来て、仕事をこなした。

今思えば可愛くない後輩である。目をつけられるのも当然なのかもしれない。

後輩が来た。この子は辞めるのだろうか、残るのだろうか。その子はそう時間がかからないうちにパワハラアルハラセクハラが当たり前な人間になって行った。

どうやればこの状況を打開できるだろうかと考えた。

一つは経時的な変化を待つこと。

営業職お馴染みの異動がある。

数年ずつクソみたいな先輩は異動し、別の先輩がやってくるか新人が入る。

別の先輩がクソではない保証がないこと、新人が残るクソみたいな先輩に染まる恐れがある事から耐え忍ぶだけでは環境正常化しない恐れもあった。

二つ目自身立場を強くすること。

これまた営業職らしく数字が上がっている奴は一目置かれる。発言力が増すのは会議時に限定されない事がわかっていた。

三つ目にコンプライアンス違反通報すること。これもやんわり狙ってみたがクソ先輩共はクソ上司(直属以外でも)と繋がりがあり、まだまだコーポレートガバナンスがゆるゆるな当時はリスクしかない様子が伺え、断念した。

何なら当初コンプライアンス違反認識し(感じ)ているのは私以外に居ないような状況で、分が悪すぎた。

四つ目に後輩教育の徹底。入り口で「染まらないように」コンプライアンス遵守を求めた。

結論から言うと三つ目以外を並行して行っていった。

時の流れには人の入れ替わりを促す力とともに遵法意識を少しずつクソ先輩方に浸透させる力もあったのか、少なくともハラスメントリスクであるという認識をクソ先輩方が有するようにはなってきた。

自分の社歴が増し、一方で結果を出せたことから支店内における発言力はかなりの勢いで増していった。

時にクソ先輩の業務を引き継ぎ、いかにクソ先輩が仕事をしていなかったかを詳らかにしても、私の発言であればそれは十二分に説得力を持ち、上司や後輩、また別のクソ先輩方に響かせる事ができた。

それから間もなくして私に業務を引き継いだクソ先輩には懲罰人事が下された。

ここ数年になり、上司も変わり、ますます私の影響力は増していった。

幸いなことに、上司も遵法意識の高い方に変わった。

クソ先輩や後輩の仕事上司とすり合わせるところまで来た。何ならクソをクソと言い続けるだけでクソコンセンサスを得てクソは他部署に飛んでいった。

ここまで来るとクソ先輩方はもうただの先輩になっていて、特に脅威を認識する必要はなくなってきた。

後輩たちに関しても、少なくとも私が入社した頃のような理不尽享受することはなくなった様に思う。後輩が後輩を傷つけることも無さそうだし、仮にそんな事があれば私がクソのレッテルを塗りたくってやる。

一方でやや後輩たちの個が過ぎたり、ポリティカルコレクトネス感が強い気もしないでもないが、それはまあ私が古い人間なのか、自分が受けた苦労を無意識に美化しているのか、うまく言語化できないがまあそういう事として、ハラスメントが溢れていた時代より100倍マシとニコニコできている。

強いて言えば自分がクソ先輩になっていないかという強迫観念自縄自縛的に気になるとき最近少なくない。

ここまで書いておいて、私が職場に何か良い影響を与えられたのかというと、何だか怪しい気がしてきた。

結局辞めずに残り続けたか発言力が増しただけで、自分ハラスメントを受ける立場卒業し、後輩に恵まれただけの気もする。

それでも、この春の異動で最後のマキグソ級のクソ先輩が居なくなるとわかったとき、私は真っ先に「お世話になった先輩の送別会」の幹事を買ってでた。

サプライズとして、みんなで行った温泉海外写真スライドショーとして流してやった。

どの写真も先輩は笑顔だが、その裏で私は酒を飲まされ続け、吐いていた。

社歴を鑑みると私の異動もそう遠くない筈。

次はどのような職場に異動するのか。願わくば栄転であって欲しいが、ハラスメントなどの問題が無い所ならどこでもいい気もする。

きっと問題のある職場は依然少なくないだろうし、きっと問題のある職場は依然わが社だけではないのだろう。

クソを駆逐するのは難しいが、私は諦めない。

そして自分がクソにならない事も、諦めないでいたい。

2017-09-02

来週末、映画ファンは財布を開く

映画ファンの中で話題になっている日付がある。

2017年9月9日だ。

なんと映画ファンが注目する三監督作品が一気に公開されることになった。

1作目は、是枝裕和監督の『三度目の殺人』だ。

これが何故注目を浴びているのかというと、正直ポスター、予告やCMの出来がよくないので(笑)監督が是枝だからということに尽きるだろう。

また、是枝組キャストも登場するので是枝スターシステム感というのもあれば、売れっ子キャストファンはまた綺麗に撮ってもらえるということで監督ファンwin-win関係を築いているように見える。

あとまだ海外公開で評価が出ていないのもいい。

海外にでる映画というのは公開日の都合上、既に映画祭に参加しており、評価ができっている(なんならオチが書かれている)ことがある。

ネタバレ踏み放題なので、なんで邦画を先に外国人評価しやがるんだコノヤロー海外評価されるたけし風に(アウトレイジ3もうすぐだね)文句も言いたくなるが

まだ、まだギリ出きってはいない。もうすぐ出ちゃうが。大体海外と同じぐらいの時期に海外賞に出される邦画が見られるということだ。

自分感覚映画を見ることができるのは、映画ファンにとってなによりの幸せだろう。

結構規模も大きいので、どこの映画館でもやっているだろうし、地方住みにも優しい。

2作目は『ダンケルククリストファー・ノーラン監督だ。

ノーラン映画ファン必修映画を作る。インテリに見せかけたエンタメが得意であり、作る映画作る映画評論され、世界中ノーランファンを生み出している。

彼の映画の特徴といえばCGを使わないでCGのような映像を撮ることなのだが、今回あることで話題になって居る。

ダンケルク 国内オリジナルで見られる場所が1か所しかない問題」だ。

IMAX用のカメラで撮るのだが、ノーラン世界中劇場サイズをまったく無視した規格で映画を作ってしまった。

日本にあるIMAX映画ファンの中では有名なことだが大体偽物です。いわゆる偽IMAX洋画ファンが大好きTOHO新宿にあるのも偽物ですよ。

TOHO新宿IMAXでもしこの映画を見ると、上下がわりとカットされてしまうらしい。普通劇場で見ると最早真ん中しか見れない。

え、じゃあ上手いことできないのか!?と疑問が枠だろう。映像を小さくするとか。うん。できないらしいよ。

そこで登場するのが大阪ひらパーの近くにある109シネマズ大阪エキスポティIMAXになる。正義IMAX。本物IMAXだ。

ここ以外に日本に無いのか?YESエキスポティスタッフもそれを公言していた。

ちなみに次にオリジナル版で見られる映画館台湾だ。大阪の山が遠いという方は台湾とか、韓国に飛んでくれ。

エキスポティ満席になることだろう。予約必須

3作目は『散歩する侵略者黒沢清監督だ。

どうだろう。黒沢清って知ってるだろうか?意外に日本ではあまり賞を貰ってない監督だが、海外の経歴だけ見れば確実に日本トップレベル監督である

この映画も、上で書いたように既に海外批評が出ているし、ファンも多く海外に行けば役者をおいてサイン会行列海外配給も多くの国で決まっている。

ホラーの名匠でもあるが、今回の作品ホラーではない。しかも漂うエンタメ臭。映画ファンたちの先行試写の感想は興奮に満ち溢れている。

しかしたら、日本黒沢監督がやっと評価を受けることになる映画になるかもしれない。この逆輸入感がたまらない。

ダンケルク程では無いが、完全オリジナルを鑑賞するには『ドルビーサラウンド7.1』という表示があるスクリーンに入らなければならない。

ざっくり言えば邦画では超珍しいサウンドで、音が格別な映画とも言える。

またドルビーサラウンド7.1を導入している劇場でかかるかも微妙な中規模映画なので、公式サイト劇場情報確認してから見に行こう。

ドラマ版も公開後にWOWOW放送するらしい。

話題になることは間違いないだろう。筆者はWOWOWに加入していません。

というわけで三作品紹介したが「年間1本しか映画を見ない」「漫画実写しか見たことが無い」「映画とか正直かったるい」とかそういう人たちにはオススメしない。

何故なら、そういう人は多分寝る。分からなかったとヤフーレビュー(笑)に低評価をつける。

多分そんな作風からだ。

エンタメは誰にでも広いものでなければならないが、この三作の監督商業なんてどうでもいいからお前の世界を見せてくれよ!というのを求められている監督たちだ。

三人とも商業意識したら内容も興行も失敗してしまった経験をもっているし、彼らにそれを求めてはいけない。

ただ確実に言えることがある。

この三作見てたら映画ぶれる

今年の「映画通なら見とけよ三大映画」である。それが同日に公開される。

映画通でなくとも、それっぽく振舞える。映画ファンキョロ充必須ファッションアイテムなのだ

是非、三作見てほしいがまぁ、見なくても一作くらい見てほしい。

結果つまんなかったーでも映画ファンは多分怒らない。賛否が分かれるところも含め、この三監督共通点である

9月9日劇場映画ヲタが押し寄せる。

以下、金払っても後悔しないかな今年公開予定の映画リスト

ナミヤ雑貨店の奇蹟/亜人レゴ ニンジャ ザ・ムービーアウトレイジ 最終章ブレードランナー2049/ラストレシピ 麒麟の舌の記憶泥棒役者探偵はBARにいる3/スター・ウォーズ 最後ジェダイスイスアーミーマンジュリーと恋と靴工場あゝ、荒野 前後編/岩合光昭世界ネコ歩き/KUBO/彼女がその名を知らない鳥たち

2017-08-30

福田康夫元首相 「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸安倍総理の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」

「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」

政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」

官邸の言うことを聞こうと、忖度以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」

中央省庁公務員姿勢について「官邸の言うことを聞こうと、忖度(そんたく)以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」と指摘。「自民党がつぶれる時は、役所も一緒につぶれる自殺行為だ」とも述べた。

2017-08-28

福田康夫元首相 「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸安倍総理の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」


「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」

政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」

官邸の言うことを聞こうと、忖度以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」

中央省庁公務員姿勢について「官邸の言うことを聞こうと、忖度(そんたく)以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」と指摘。「自民党がつぶれる時は、役所も一緒につぶれる自殺行為だ」とも述べた。

2017-08-27

https://anond.hatelabo.jp/20170827150218

金を稼げ

国に尽くしても国は俺に何もしちゃくれなかった

家族にも見捨てられ、女房子供は愛想を尽かし逃げていった

名ばかりの友人らは俺が落ちぶれる様を見て潮が引くように去っていった

金だ!

俺やお前を裏切らねえのは金しかねえんだよ!

金以外の何も信じるな!

金だけが俺やお前に対して嘘を付かない!

2017-08-26

福田康夫元首相 「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸安倍総理の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」

「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家破滅に近づいている」

政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」

官邸の言うことを聞こうと、忖度以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」

中央省庁公務員姿勢について「官邸の言うことを聞こうと、忖度(そんたく)以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ」と指摘。「自民党がつぶれる時は、役所も一緒につぶれる自殺行為だ」とも述べた。

2017-08-23

https://anond.hatelabo.jp/20170823015635

いいよ。結果不平等肯定しているからね。

俺はホームレスはかわいそうだなーとか哀れみは覚えるけど、運輸業ときのザコは職があるだけありがたいと思えよ、としか思わんし。

そいつらの健康のために自動運転技術がどんどん進歩すればいいんじゃない?哀れみの対象まで落ちぶれるまでに命があればの話だけど。

2017-08-17

TOYOTA象徴する戦後日本の始まりと終わり

戦後日本経済を牽引したのは「とにかく奴隷低賃金で雇って、物を作りまくって売れば勝てる」というスキームだった。これは「とにかくガムシャラに働く」という昭和価値観のもので、何しろ頭脳労働でなく、体を動かせばいいだけだった労働者たちはとにかく働いた。昭和労働者たちは、家族のために、未来のためにバカ丸出し精神論を振りかざしてガムシャラに働いたんだ。しかしそれはうまくいった。考えてこのやり方を選んだのか、それともただ“今まで通り”やっていただけなのか。このやり方というのは「欲しがりません勝つまでは」という戦時体制をそっくりそのまま引き継いだだけだった。しかし偶然にしろ何にしろ、これがその時代の勝ちパターンだったので、うまくいったんだ。日本高度経済成長を迎えた。そしてこの黄金の勝ちパターンに乗っかって世界を席巻した最も代表的企業といえばTOYOTAだろう。自動車産業はずっと日本花形だった。今までは。

今、2017年になってまで、ほとんど同じやり方しかできない日本に本当にヤバさを感じる。製造業からサービス業に至るまで、戦時体制をそのまま引き継いだかのような奴隷労働の名残りが未だに色濃く残っている。いわゆるブラック企業だ。“それしか知らない”んだ。日本人はそれしかできない。

もはや物を作って売れば良い時代は終わった。より品質の良い“物”を、より安い値段で大量に売ればよかった時代は、終わった。ではこれから先「価値」となるものとは一体何だろうか。

一つ例を挙げよう。今、googleなど世界有数の企業自動運転カーの開発をしている。自動で動く車は世界を変えるだろう。都市計画を丸ごとひっくり返し、遊びから仕事まで個々人の生活スタイルに重大な変革をもたらす。電話の登場のように、ラジオの登場のように、スマートフォンの登場のように。自動運転カーは世界を変えるだろう。

これから先、人類の間で求められる「価値」とはこのようなものだ。物を情報化できれば、今まで以上に圧倒的な活用ができる。ここにはまだまだ開拓余地がある。ほとんど全てのものインターネット接続させることができる(が、まだされていない)。ここに伸びしろがある。付加価値を与える余地がある。機械学習有効な分野であれば、それによって大変な革新が得られるかも知れない。ただ物を作って売れば良い時代は終わった。しかしただネットに繋げば良いというわけでもない。物を“どのように”情報化できるか、だ。或いは有形物でなくとも、コミュニケーションや、異性との出会いや、他人から承認など、元々無形物であるものを、どのように高度に情報化活用できるか、だと思う。これから先、求められる価値とはこのようなものだ。

TOYOTAは車を作れる。しかしその車に(これから時代それが当然になるであろう“自動運転”という)付加価値を加えることは、できない。これが先進国であった日本の象徴的かつ決定的な終わりとなるだろう。

ブラック企業組織構造組織体質は「ただ物を作れば良かった時代」には最適なものだった。憎まれようが嫌われようが、昭和時代にはあれが最適解だった、という事実は認めなければならない。しかしこれから時代はそうではない、ということだ。俺は日本人をとりわけ優秀だとも無能だとも思わない。問題組織の体質、社会構造にある。これを変えるのにあと何十年かかるだろうか。それまでに一体、どれほど落ちぶれるだろうか。

2017-08-08

SOD VRを体験してきた

https://anond.hatelabo.jp/20170803125046

これ読んで気になったから昨日行ってきた

。ちょうど台風来てるし空いてるかなぁと思って。

ちなみに私は大阪在住です。軽く調べた限り、宝島千日前店一択しかなかった。混んでたら嫌だなー、と思ったんだけど待ち時間なくさくっと入れた。

60分1500円、ジョークグッズ付き。テンガを選ぶ。ちなみにどこかのサイト個人情報登録求められるとか見たけど、そんなことなく。サクッと前金払って、ゴーグル渡された。

部屋にあるごついPCにゴーグルUSBHDMIを指す。しか認識せず。あれ、っと思ったけどいろいろ試し、結局PC再起動。この辺で10分近く経過してたかも。起動して、ようやく認識したので試す。以下感想

Cons

・何か画像が荒い、というか色彩が微妙で暗い。途中で慣れたけど。将来的には8Kとかでやってくれたら面白いんだろうけどなぁ。

・3DVRを試したけど、ピントがあわない。特にめっちゃ近くにくるとどうしてもぶれる。これは個体差あるんだろけどなんとかならんのかな。

・目を覆う布をつけるのだけど、ゴーグルつけるときずれるので非常に気になる。

・ゴーグルつけると早送りとかできない。60分しかないので、いいシーンをサーチしたいんだけど。

・上と同じだが作品を選ぶのも、ゴーグルつけて、外してを繰り返すと辛い。え、決めうち?

Pros

・慣れると本当に近くにいるように錯覚する。近づいてくるとまじでキスされる錯覚におちいる

・耳元でささやかれるリアリティーが凄い

今後

触覚は…どうだろう。映像にあわせるの難しいだろうし、おそらくグローブタイプしか無いだろうからそれならやはり画質あげてほしいかな。か、片手固定でグローブかな。10年前からある技術なのにまだコマーシャルユースでは見ないね

総括

いろいろ書いたけど、体験としては新しい感じ。一回は体験してもよいかも。ところでコンドームも一緒に渡されたんだが、あれはどうやって使ったらいいん?

ブラックから脱出しようとしている会社に入ってしまったようだ。

ブラックと言ってもパワハラセクハラだということではなくて(ないとは言わないが)人間関係はとても仲よしこよしで、わかる人にはわかってもらえると思うんだけど会社というオフィシャル場所大学マニアックで人数少なめなサークルみたいな仲よしこよしで密な人間関係があることが初日は心底気持ち悪かった。今は多少慣れた。

密で仲よしこよしで実に排他的で新入りに対する値踏みが露骨すぎて、「なかなか人が居着かないんだよね」という台詞を聞いたときにはそうだろうなあと深く納得した。そりゃそうだろうとも。

特にブラックなのは勤務体系で、どうやら以前はそれなりに人員もいたらしいんだけど、ぼろぼろ人がやめていって補充もうまくいってなくてどう考えても足りない人数でまわしているので勤務時間無茶苦茶になっているということらしい。

部署がそうなのだけど、わたしが入ったところはそのなかではマシなほうで、ようやく円滑にまわせる目途もついてきたらしいし、わたしはきちんと定時で帰って週休二日休みも取れている。そもそも新入りなので残っていたってたいしたことはできないというのもある。

部署はいまだにぼろぼろ人がやめたり来なくなったりしてて、専門性問題で他部署から人をまわすことができなかったりもして、傍から見ててもいつつぶれるかと思っている。正直一度つぶれたほうがいいとも思っている。ちょっと会社としてどうかしている、というのが初日の印象だった。

こうやって一握りの人間けが残っていくとこんなに内輪で陰険村社会のようなやりがい搾取会社になるのだなあ、とよくわかった。とても風通しが悪い。

そのなかでもひとり、部門ガチでひとりだけで支えている感じの人がいて、前任からの引き継ぎもあんまりうまくいってないらしい中で後輩も育てようとしているんだけどなにせ余裕がなさすぎてがんがん消耗していく感じで、傍から見ててもむしろこの人は一度倒れたほうがいいんじゃないかと思っている。いっそ全部放り投げてやめちゃえよ、とか。

わたし自身、前職で頼りにならない上長と頼りにできない後輩に囲まれて頼りにしていた人はいなくなって自分ばかり仕事が増えて、どんどん人間不信を育てて精神的につぶれて無理矢理退職したので(ちなみにそこはわたし退職後つぶれた。ざまあと思った)、その人を見ているとはらはらしてしかたない。この仕事が好きだと言っていたのでよけいにそう感じる。

以前のわたしを今冷静に思い返してみれば、あんなに抱え込む必要はなかったし役に立たないと思っていた後輩にもがんがん仕事を振って自分でなんとかさせればよかったのだとわかっている。でもできなかった。自分に余裕がないときには他人にまかせるということができない。比較的一番信頼できるのは自分自身からだ。他人わたしの思ったとおりには動かないということだけはちゃんと認識しているのだからタチが悪い。

こういうときに一番枷になるのは「その仕事自体は好き」ということであって、仕事自体楽しいものからやっぱり熱意と誠意をもって臨んでしまうし、後輩を育てるより自分でこなすほうが結局楽だし確かな判断に思えるからフォローするより自分でやりたくなるし、そうやって自分で「自分しかできないこと」を増やしておいて「後輩が使えねえ」といってなおさら自分で抱え込もうとする。あたりまえだ、最初からできてたまるものか。

そうやって全部抱えて孤立して周りが全部信用できなくなると、ひとつ歯車がずれただけで簡単に行き詰まる。行き詰まっても助力を求められない。好きな仕事がうまくできなくなって辛くなる。好きな仕事で辛い思いをしていることで自分に疑問を抱くようになって、「好きな仕事」を続けることも逃げることも選べなくなって、精神的に傷を負う。わりと簡単な流れだけど、ハマっているときにはわからない。

畑違いの業種で気楽な新入りになった今だからわかるけど、仕事が好きということはわりと諸刃の剣なんだと思う。

以前の仕事わたしはすごく好きだった。だからなんとしてもよいものに仕上げようと努力をしてきた。これは「仕事」に対してかなり不純な動機なのだと思う。

今の仕事内容には正直まったく興味がない。プライベートで考えればかなりどうでもいいことに値する。でも「仕事」だからできるかぎりのことはする。

仕事ってこういうものだ。てめえの好き嫌いなんぞ知るか、仕事なら必要に応じてこなせ。手を抜けるところはどんどん抜いていけ。誠意なんぞいらん。最低限だけをこなして一生懸命にならない周囲の人間馬鹿に見えてるだろうけど、仕事より自分大事ってのはごくあたりまえの話で当然の権利だ。

ということを現在進行形精神的に荒廃していってるように見えるその人に今言ったところではたしてどこまで伝わるだろうか。そもそも伝えていいのだろうか。あの頃のわたしがこんなことを言われて納得できたとはとても思えない。

言いたいこととかたしかめたいことはほかにもあるんだけど、どうにもうかつにさわれない感じになっている。

増田を見る人なのかは知らない。性格的には見ていてもおかしくないと思うが、そんな時間がはたしてあるだろうか。

どうでしょうか。

全部わたしの考えすぎであることを願っている。

2017-08-07

日本アニメ配信業界地殻変動

8月になってアニメ配信が大きく変化しそうなニュースが次々飛び込んできた。

もちろん業界内の人間であれば事前に知っていたり常識範囲内なのかもしれないが1視聴者としてはそういったニュースから情報を取得するしかない。

というわけで、いくつか出てた情報を整理しておく。


DAISUKI.Netサービス終了

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1073968.html


8月の頭になっていきなりこのニュースが飛び出してきた。

知らない人に向けて一応説明しておくと、DAISUKI.Netというのは

アニメコンソーシアムジャパンという日本会社運営している英語圏向けのサイトである

主に英語圏人間に向けてアニメネット配信アニメグッズを販売している。


今年の4月頃(3月?)にバンナム子会社化され、その後続報が無かったのだが突如飛び出してきた。

このニュースからわかるのは

最近アニメ配信サイトの隆盛を見るに、日本人外国向けにアニメ配信サイトを作る流れは恐らく終焉をむかえるだろう」

ということだ。

以前から放送配信プラットフォームを全てテレビに握られていること自体アニメ制作会社の低待遇の要因の一つであると言われていたためそれに変わるプラットフォームを望む声が(にわかビジネスオタク内でも多く

また、純粋ビジネスサイドの人間から外資が本格的に日本アニメを買い付ける事例が出てきており、今のうちにアニメ制作会社渡りをつけておかねば日本の有望なアニメコンテンツを全て外資に握られる可能性が高くなるという声が出ていた。

そういった国産プラットフォームとしての映像配信サイトであったが、結局の所失敗に終わってしまった。

また、アニメコンソーシアムジャパンはこういった海外配信プラットフォーム作成DAISUKI.Netのことかまではわからないが)にCoolJapan機構から10億円の出資を受けており、今後そういった面からの指摘を受ける可能性もある。

様々な面で残念な結果に終わってしまったが、今のところバンダイナムコから大きな話はでておらず(ひょっとしたらビジネス向けの専門誌とかだと出てるのかな)、今後DAISUKI.Netあるいはそれに続く何かが出るのかは注視したい。

※ちなみにワンパンマンはここの独占配信だったらしく英語圏ワンパンマンが見れなくなるのではと懸念の声が一部上がっていた。


Sony Pictures Television NetworksのFUNimation買収

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201708/17-0801/


DAISUKIで若干落ち込んでいたところ、続けざまにSONYがFUNimationを買収したという話が出てきた。

FUNimationはアメリカ国内で最古参といってもいいくらいの歴史のある日本製アニメをあつかう会社でよく知られている。

少年ジャンプ系のアニメ僕のヒーローアカデミアドラゴンボールZ進撃の巨人など錚々たるコンテンツライセンスを取得しており扱う範囲は狭いもの海外アニオタ内でも知名度の高い会社である

ちなみにシンゴジラ君の名は。映画館へのアメリカ配給を担当したのもFUNimationである

その会社SONYが買収したと言うのは大きなニュースであった。

ここ最近SONY決算説明会Fate/GrandOrderの話をTOPに持ってくるなどアニメなどのオタクコンテンツ話題を頻繁に出していた。

http://toyokeizai.net/articles/-/166107


またインタビューでもアニメ配信に力を入れていく旨を関係者が話したりするなどなんらかの手を打ってくるといわれていた。

その折、FUNimationをソニーと別の会社のどちらが買収するか争っているという話が浮上していたわけだが、結局SONYがFUnimationを買収したというわけだ。

DAISUKIと入れ替わる形でSONYが浮上してきたわけだが、今後どうでるだろうか。

Sony Pictures Television NetworksはSONYだけあって日本とかかわりの深い会社なのでシナジーを期待したい。

ただ、Aniplexを抱える部門とは別会社らしく、縦割り構造で協力できない可能性もあるんじゃね?と言う話も出てるが・・・


SONYはなんか不況の時にいろんなところでアニメ放送を打ち切った過去があるらしく、一部海外アニオタから不安視する声もある。


NetFlixアニメスレート2017

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1073883.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1073966.html

http://animationbusiness.info/archives/3570

そして最大のニュースがこれである

先日、ネットフリックスメディア向けにイベントを行い、その際に多数の新作アニメ配信することを発表した。

前々から日本アニメにチャンスがありそうだということを日本支社の社長が言っており力を入れていく発言インタビューで口にしていた。

ところが、しばらくそういった動きがあまり表に出ていなかったのだがここに来て急に本格的になってきた。

恐らく日本組織設立して、アニメ制作会社と話をつけ、大々的に発表できるようになるのに数年間かかったというところだろうか。

発表された主な作品は以下である


『DEVILMAN crybaby』 = アニプレックスサイエンスSARU

『B: the Beginning』 = プロダクションアイジー

A.I.C.O -Incarnation-』 = ボンズバンダイビジュアル

LOST SONG』 = LIDENFILM(ウルトラスーパーピクチャーズ)/ドワンゴ

聖闘士星矢』 = 東映アニメーション

『バキ』 = トムス・エンタテインメント

ゴジラ 怪獣惑星』 = 東宝

BLAME!』 = ポリゴン・ピクチュアズキングレコード講談社

リラックマ』 = サンエックスドワーフ


ネットフリックス独自コンテンツ作成に力を入れており、様々な国のクリエイターと手を組みコンテンツ製作していることは知られている。

その一角日本アニメも取り込んでいこうと言うわけだ。

ネットフリックス収集したデータによるとネットフリックスアニメを見ている人の90%は日本以外の人達で、特にアジアラテン系国家で多く見られているとのことだった。

アニメエキスポに参加した人達からしばしば聞く、参加者アジア系ヒスパニック系、黒人人達がかなりの割合存在しているという話とも合致する。

そういった層を新たにネットフリックスに取り込む一つの手段として強力な武器になると考えたのかもしれない。

また、アニメ制作会社側にも権利関係契約が複雑な製作委員会方式だけに頼るよりもマネタイズ方法複数持てるのはメリットであると思う。

ネットフリックス独自配信しているコンテンツ100億円かけて製作されているドラマもあるといわれており

それに比べると数億円で1シリーズ製作できる日本アニメ費用対効果の面で有用であるという声もある。

もし、今後制作費用が高騰化して2~3倍になったとしても、きちんと海外ユーザーに届けば十分リクープできると考えたのかも知れない。

ただし、海外ネット配信会社は全話製作後、全て納品した上で制作費を払うのが主流のため、一部の自転車操業アニメ製作会社メーターへの金払いを渋っているのではないかという噂も出ている。

最終的に会社お金をもらえるが製作中は非常に苦しい状態になってしまうというわけだ。

今後はアニメ制作会社にもそういったよりシビア経営感覚必要になってくる可能性は出てくる。

※とりあず最初は誰かから融資してもらったり銀行で前借とかできんのかねぇ。ネットフリックスが数年内につぶれるのはなかなかなさそうなので審査通りそうなもんだが。まぁそんな甘くないか・・・


他にも現状把握しているものでは海外への配信が遅れてしまう点が問題になっている。

違法配信サイトからオフィシャル配信サイトへと移行したクランチロールでは日本とほぼ時差なく字幕をつけた状態配信する体制が整いつつあったが

ネットフリックスは春からやっているリトルウィッチアカデミアなどがそうだが、日本で全話放送完了した段階で配信し始めるため海外アニオタの間で不満が高まりつつある。

日本ではSNSでワーワー盛り上がってるのにそれを横目に黙って待っているしかいからだ。

その為徐々にファンサブ問題が復調しつつあるらしい。

ネットフリックスで解禁される前に映像字幕をつけて違法配信してしまうわけだ。

ヴァイオレットエヴァーガーデンが同じ状況になっており、来年1月国内放送されたあと春から世界配信される。

京アニ英語圏でも中国でもかなりブランドイメージ形成されつつあり、ファンがかなり多いため、ファンサブが猛烈な勢いで増大すると考えられる。


恐らくこれは全話製作完了した後でなければ納品できないという問題と、日本国内ではテレビで毎週放送するというハイブリットな制作体制が生み出してしまった状況ではないか

これを解決するために、ネットフリックス側で完全に主導権を握ってしまえばよいという結論からでてきたのが今回の発表につながったのではないかあくまで推測だが。これで状況変わらなかったらとしたらごめんちょ。



これ以外にもAmazon中国ビリビリ動画国内でもdアニメストアなどアニメ配信の状況がただの一視聴者にもはっきりわかるほどに地殻変動を起こしつつある。

別にここまで調べなくても良いのだが、ある程度追っておかないと「このアニメ放送されているのを知らなかった」という状態になる可能性も出てきた。

特にネット配信だと実況的な文化対応できない部分が増えるためSNS拡散が弱まる。

ここからゲーム業界のように、プラットフォーム独占、時限独占、マルチプラットフォーム化のように進むのかどうかまではわからない。

場合によっては完全に分断されて結果的日本国内では総アニメ視聴者が減ってしまうという事態も考えられる。

果たして吉とでるか凶と出るか・・・

ただし、増田的には基本的ポジティブな方向で考えている。

現在の余りにも酷いアニメーターなどへの待遇を考えれば競争が激化し価格が高騰するのは良いことである

もちろんついてこれなくなり淘汰される企業もでてくるだろうが・・・

それはある意味日本アニメ業界では今までも通ってきた道である

最終的にはより質の高いアニメコンテンツ製作されることになるはずだ(もちろん、アニメ制作会社はそれ相応の政治的立ち回りが求められることになると思うが

また、アメリカ中国などで

ヴォルトロン悪魔城ドラキュラマスターオブスキル(Quan Zhi Gao Shou)等

明らかに日本アニメスタイルに影響を受けた作品が多数出てきている。

マスターオブスキルは後半失速したため最初期よりは若干勢いを失ったが2期も製作されるとのことでまだまだ目を話せない。

アニメスレートで発表された作品にも制作会社自体日本アニメ制作会社だが外国人プロデューサー監督脚本担当する「キャノンバスターズ」、外国人脚本担当の「聖闘士星矢」がある。

redditアニメ板(r/anime)では現在日本製アニメ以外はAnimeとして認めない風潮があるが、この勢いが続くとこういった壁も崩れていく可能性がある。

将来的にはゲーム業界のような各国で争う群雄割拠状態が訪れる可能性すらあるわけだ。

日本アニメ業界はここが踏ん張りどころかもしれない。


アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん