「年賀状」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 年賀状とは

2020-05-18

anond:20200518124449

ドラゴンボールはやめれなくて、キレた鳥山関係者へ送った年賀状で今年ドラゴンボール終了のお知らせした

それを見た集英社幹部が諦めたという話を、鳥山暴露してたんだが

2020-05-16

"マイナンバー" "ナンイダー"

約 1,450 件 (0.22 秒)

「第15回シルバー川柳」入選発表|公益社団法人国有料老人 ...

www.yurokyo.or.jp › news_detail

2015/09/07 - 老いるとはふえる薬と減る記憶: 黄昏迫子 (女性/愛知県/68歳/主婦)☆; □マイナンバー ナンイダーと聴き違え: 沢登 清一郎(男性/山梨県/67歳/自営業); □徘徊もタスキかければパトロール: 橋本 澄子(女性/大分県/59歳/会社員); □年賀状 ...

yurokyo.or.jpブロック

2020-05-10

ワンオペ育児ってなんだろう

正月にもらった年賀状からずっと続くモヤモヤ

一昨年末第一子を産んだ友人から年賀状がきました。

「◯月から保育園に入りました。

子供ってほんとすぐ熱出すね。

ワンオペ育児で大変です」

保育園に入ってたら、

保育士さんにその時間帯の育児をお願いしてるからワンオペ育児じゃなくない?

在宅時間旦那様がほとんど不在とか育児の協力とかしないのかもしれないけど

保育園に行っている間のことはなんだと思ってるんだろう?

ワンオペ育児定義ってなんなんでしょうね?

私は3人の子どもを育児中の専業主婦です。

幼稚園に助けられているなあと思っています

新型コロナウイルス感染症」を連呼する子になったので、

いつだかわからないけど休園明けに変な親だと先生方に思われないか心配です。

来年年賀状は、皆、出歩けてないかったら何使うのかな--。

自粛警察いから。

  マスク姿の写真??

2020-05-09

私の同期

 遠く離れた部署にいたりしてほとんど会わない同期について、思うところがあるので書いてみる。

○同期その1

 一時期は自分にとって一番親しい人だと思っていた。入社してすぐのときは一緒に遊びに行ったりすることも多かった。が、よくよく発言を聞いていると明らかに私のことをバカにしており、こっちから「遊びに行こうよ」とか言うと嘘くさい理由で断ってきたり、メールだったら全然返事を寄越さなかったりした。

 当時の私は人の言葉文字通りにとる傾向があり、なかなかメールに返事がなくても「忙しいんだな」程度に思って一週間後に同じような誘いをしたりしていた。もはや断りきれないと悟ったときとか、頭数を集めたいときは一緒に遊んでくれたが、もはや年賀状だけの付き合いになっている。

 仕事に関しては自信があるらしく、出来ない人間のことはコテンパンに言うのだが、女性としての魅力には劣等感が強く、「オヤジ転がしは得意なのに若いのにはモテない」とぼやいていた。別に不細工ではなかったが、中年太りや経年劣化が始まるのが早く、30代半ばにはかなり太ったブルドッグ顔貌の女になっていた。

 激務の部署に行くことが多く、生活が不規則なのと、ストレス解消のために食べることが多いので太りやすいのだと思う。友達は多いように見えたが、仕事プライベートに不満が多いようでいつも眉間にシワを寄せた表情しか記憶にない。自分価値観の違う人間のことを認められず、他人長所より短所が先に目につく性格だったので、それが変わらないかぎり、幸せにはなれないと思う。

○同期その2

 優秀だと評判で、彼女を悪く言う人を見たことがない。ただ、私はコミュニケーション能力が低いせいか頭脳レベル彼女と違い過ぎるのか、一緒にいてもあまり会話が弾まなかった。

 あと、女性として人気があるかというと微妙なところで、しっかりし過ぎて隙がなく、男性に媚びるようなファッション言動は一切なかった職業人としては尊敬されるが、若いときからまり女の子扱いされることがなかった。若い頃の私は、仕事が出来ると言われるより可愛いと言われることの方に重きを置いていたので、彼女仕事熱心さに感心しつつも彼女みたいになりたいとは思わなかった。

 なまじ仕事が出来ると評判だったばかりに、彼女採用された部署からなかなか動けなかった。その部署から離れて自分の好きなことができる部署に行きたかっただろうに。自分はあまり上司の覚えがめでたくなかったので、希望部署に行けるかどうかはさておき、「今の部署を出たい」と言うと上司が喜んで外に出してくれた。出世コースから外れたような部署ばかり回る羽目になったが、いろいろな世界を見られるという意味では面白かったと思う。が、基本的仕事が嫌いなので、「早く辞めたい」「どうしてもこの会社で働くなら楽な部署に行きたい」と思って過ごしていたが、そんなヤツでも首を切らずにそこそこの給料をくれるので、辞められずに現在に至る。

 そして優秀なる同期その2はうちの会社に見切りをつけて辞めてしまった。今のままでは永久に好きな仕事やらせてもらえないと思ったのだろう。私はその後彼女がどんな仕事をしているのか詳しく知らないが、SNS投稿を見るかぎりそれなりに時間の余裕のある仕事につき、趣味満喫しているようである

 私は彼女ほど優秀ではないので、結局今の会社にしがみついている。本当は彼女転職して上手くやっているようなら自分も辞めてやろうと思ったのだが、比較的楽なはずの今の部署でもひぃひぃ言いながら仕事をしているので、シビア職場では生きていけそうもない。

 老後を迎える頃、私と同期その1その2はどんな人生を送っているだろうと思う。今の会社金銭面ではそれなりの待遇をしてくれるが、やりがいを求めてあえてそういう組織を離れた人間がどうなるのか。もはや皆50代に入ろうとしているので10年後が見ものだと思う。

2020-05-06

みんな年賀状とか暑中見舞いとか、これからどうする?

もう実物の紙に書いて、それをポスト投函して、配達員相手の家まで届ける、というのは

しばらく続くであろうwith corona時代にはふさわしくないような感じがする。

もう何年も前から「もうeメールでいいじゃん」って声が多く上がっていたけれど、

しぶとく生き残ってきたハガキ年賀状たち。

自分クラウドサービス年賀状の送付先を保存してあって、デザインテンプレを選んで

カンタンメッセージ入力して注文ボタンを押すだけではあるのだけど、

これならご挨拶動画でも一斉配信した方が心がこもっているような気がする。

ハガキだと1枚数十円のコストがかかるし、なによりもわざわざ人の手を介して持っていく、というのが

時代的だ。

年賀状というもの発明される以前は、対面かつ口頭で年始挨拶に行っていたそうだ。

年賀状のものが、文明がもたらした代替品といえるし、「もうそろそろ別の手段でも良いのでは?」という気持ちになる。

紙を送る、という点では、新聞宅配とかもそうだな。

大きな紙面にインク匂いとか、結構好きだけど、A3サイズくらいの大型のE INK端末とかがでればそれで読んでみたいね

2020-05-05

近々消えそうな文化

年賀状

20年はもつまい めんどくさいし消えてくれて本当に嬉しい

上座・下座

そもそも消えかかってるところに飲食店宴会消滅で完全に消えそう

ハンコ

完全に四面楚歌 さすがに消えるだろう

式典

卒業式とか入社式とかそういうやつ コロナでやらない→もうやらなくてよくない?のコンボが決まる可能性アリ 

2020-04-29

妻の女の子が欲しいという欲求にどのように向き合えばよいでしょうか

夫婦ともに30代半ばです。

妻は専業主婦をしており、私は会社員です。

なかなか妊娠が難しい人もいる中、私たち夫婦幸運にも2人の男児を授かることができました。

妻は結婚から子供男の子1人、女の子1人欲しいと言っていました。

また女の子2人でもいいが、男の子2人はどうしても嫌だということも言っていました。

自分としては子供は授かりものだし、どちらが生まれてもよいと思っており、特段希望はありませんでしたので

女の子が産まれるといいね自分としてはどちらの子が産まれても嬉しいよ」と伝えていました。

3人目に関しても妻は欲しがっていますが、自分収入では3人目は難しいと考えており、

2人でも子育ては大変なので、これ以上育児負担を増やすのは自分的にも、妻の負担的にも難しいかなと考えております

1人目の男児出産したあとに、妻の思いとしてどうしても2人目は女の子が欲しいという気持ちがあり

2人目の子作りのときに、妻が女の子妊娠やす体位や時期などをネットで調べ、それを実践しました。

実際購入までには至りませんでしたが、結構怪しい女の子が生まれやすくなる薬?的なのを妻が買っていいか聞いてきたこともありました。

それくらい妻は女の子妊娠することにかけていました。

しかし、妻の思いも虚しく2人目も男の子妊娠しました。

妊娠中に男児だと分かってから、かなり妻が情緒不安定になりました。

元々怒ると黙ったり物にあたることがありましたが、ドアの開け閉めが強くなったり、突然夜泣き出したりと不安定な状況が続きました。

女の子じゃないなら育てられない」「男の子はどうしても嫌!!」

と言った感じで怒鳴ったり、逆に何も言わずに黙り込んで何もしないという状態になったり。

妊娠中は情緒不安定になるのはよくあることだと思って、なだめたりそっとしておりたりしながら、過ごしていました。

後で妻から聞きましたが、出産入院中の病院で夜いつも泣いていたそうです。

それくらい妻にとっては女の子が欲しかったということです。

2人目の妊娠出産後、周りのママ友女の子妊娠したことがわかったときや、年賀状女の子出産報告を見た時など思い出したように

不機嫌になったり、また物に当たるようなことがあります

ただ2人目を虐待するとかはないですし、1人目と同じように優しくよいママとして振る舞ってくれています

妻も夜自分の前でしか女の子がいい」ということは言わないので、ママとして問題があるとは思っていません。

妻とも色々会話したのですが、妻の中で女の子を産み育てることが人生目標というか、やりたいことだったということだそうです。

とはいえ3人目は先ほど述べたように難しいですし、仮に3人目を養うくらい収入が増えたとしても3人目も女の子が確実に産まれ保証はありません。

少し前に自分自身に投資してはどうか?という提案は少し効果があったようです。

自分の為に好きな化粧品洋服をかったり、セルフケアする時間を確保したりすることで、QOLが上がっているように見えます

ただやはり女の子が欲しいという欲求代替になるほどの効果はなく、思い出したように不安定になることがあります

もしこの投稿を見た人の中で同じように悩み、克服したり代替できた人がいれば教えて欲しいのです。

2020-04-15

彼女の思い出

彼女の思い出」というタイトルにしたが、ここでいう「彼女」は単なる女性三人称であって、正式に「男女交際」をした事は無い。あくまで友人だった。

彼女から突然電話がかかって来たのは大学3年の夏休み前のことだった。

夏休み課題を一緒にやらないか?という誘いだった。そして、良かったらその後近くの公園花火でもやらないか?という尾鰭が付いていた。

彼女は確かに「絶世の美女」とは言えないまでも、今でいう地下アイドルあたりにはなれそうな容姿だったから、これを無碍に断る理由は無かった。

花火

市販花火を買って路地裏の公園でしょぼい火花を噴射するあれか。

興味が湧かなかった。

僕は「だったら課題を済ませた後は酒を飲もう」と提案すると、彼女同意してくれた。

彼女の住む街の古びた図書館夏休み課題の一つのレポートを二人で仕上げた後、日が暮れてからもう少し大きな街へ二人で酒を飲みに行った。

適当に見つけた焼き鳥屋に入ってビール日本酒を好きなだけ飲んでいると、やがて彼女身体を持たせかけて来た。彼女も酔って居るのだろう。太腿に人差し指で何か文字を書き始める。どうやらカタカナで「スキ」と書いているようだ。でも、冗談で僕をからかっているのだろう。

いい加減酔いが回って来たので店を出ることにした。勿論割り勘だ。彼女から半分の金額を受け取って会計を済ませ、店を出ると彼女泥酔して立ち尽くしていた。帰ろうと声をかけても動かない。「手をつないで!つないでくれなかったらこから動かない!」などと異常な事を口走っていた。

仕方なく手をつないで蒸し暑い夜の街を駅に向かって歩いていると、彼女は「ねえ、これからどこに行くの?ホテル??でも、そんな勇気ないんでしょ?」と言いながら腕にしがみ付いて来た。

女性と二人だけで酒を飲んだのが初めてだった僕は「これは罠だ。もしこのまま彼女ホテルに連れて行って性的な事をすれば、翌朝彼女は僕をレイプ犯として訴えるに違いない」と考えた。

僕は彼女を駅のホームに送った。レールを何本か先にある山手線ホームに立ち尽くしていた彼女が見えた。今考えれば、あん状態彼女魑魅魍魎渦巻く山手線ホーム放置したのは少々間違いだったかもしれない。でも無事に帰宅したのだろうと思う。

大学夏休みも後半になり、蒸し暑く気怠い日々を過ごしていた僕の自宅に国際電話が来た。海外電話などした事のない僕は狼狽たが、出てみると、東南アジアバカンスを過ごしている彼女から電話だった。

出国前のあの夜の醜態を詫びつつ、帰国したらもう一度会って欲しい、という内容だった。

帰国した彼女とは、彼女の自宅に近いファミレスランチをして当たり障りのない世間話をした。勿論割り勘だ。

この後どうしようか?と彼女に訊かれた僕は、君の家の君の部屋のベッドでお昼寝しようと提案した。それは字義通りの「お昼寝」の意味で、それ以上の意味は無かった。

彼女の家に向かう途中で、彼女は僕の腕にしがみ付いて来た。夏の終わりで僕は半袖、彼女ノースリーブ。剥き出しの腕が絡み合い若かった僕の股間テントを張り、恥ずかしくなった僕は背中丸めながら歩いた。

向こうから自転車に乗って買い物にゆ中年女性が僕らを「盛りの付いた犬」を見るような目つきで睨みながら走り去っていった。

彼女の家についた僕は彼女のベッドに横たわり普通に休憩していた。隣に横たわった彼女はなぜか僕の胸の上に手を置いた。仕方なく僕は彼女の手を取ったけれど、腕が疲れて来たので手を離した。

「なぜ手を離すの?」という彼女に僕は答えようが無かった。盛り上がった僕の股間の上に彼女は太腿を乗せて「ファミレスなんか行かないで、ずっとこうしてれば良かったね」とささやいた。

かにそれは今まで自分経験した事のないような甘く刺激的な時間だった。

その後僕らは頻繁に会うようになり、彼女は隙を見ては僕の唇にブチュ!っとキスをするようになった。僕は少々辟易したけれど、満更悪い気分でも無かった。

彼女の家のそばの例のファミレスで、彼女は「なぜキスをするの?」と質問をして来た。僕は「気持ちいから」と答えると彼女は急に顔を曇らせた。「『好きだから』じゃないの?女なら誰もいいの?」

無神経だった僕は「美女とのキスなら誰でも幸せ」みたいな回答をしてしまった。

かに激怒した彼女キス禁止した。ほおにキスしても微動だにせず怒りの視線こちらに向けるだけだった。

秋の休日に僕らは二人で郊外山里へ出掛けた。郊外に向かう朝の下り電車の中で彼女は「今日の私、ちょっと変でしょ?」と言いながら腕にしがみ付いて来た。僕はいつもとそんなに変わらないと思いつつ適当に「うん」と答えた。

山里自然を二人で一日中楽しんだ後で都会に戻った僕らは、夕食の後でネオンサインの見える都会のベンチに座っていた。

突然彼女は「何でキスしてくれなかったの?」と訊いて来た。僕は「いや、キス禁止なんでしょ?」と答えた。

彼女は数日前に、以前交際していた妻子ある中年男性から車の中で身体を触られた事を告白しながら、僕の口に鯉のように激しく襲いかかった。

そばの道を通り過ぎるタクシー運転手の冷ややかな視線を感じながら、僕は彼女を抱きとめるのことしかできなかった。

ホテルに行く?」という彼女言葉狼狽する事しかできなかった僕は、彼女を駅のホームまで送った。

秋がもう少し深まった頃、彼女は僕の住む街に遊びに来た。駅から少し歩いたところにある今はもう潰れた焼き鳥屋で酒を飲んで、その後、線路脇の道を二人で歩きながら彼女は「抱いて」と言った。

しかし、当時としてもやや時代遅れと思われるこの表現真意理解し得なかった僕は、普通に彼女を熱く抱きしめた。

「この辺にホテルはないの?」という彼女の問いの真意理解できなかった僕は、駅前にあるビジネスホテルを紹介しつつ、彼女の家に帰る終電はまだあると伝えた。

彼女は確かに、なかなか美しい魅力的な女性だった。けれども価値観社会に対する思想は違っていた。僕は当時から左派価値観を持ち、社会問題点は変革されるべきだと彼女に語り、現在民主主義社会は人々の弛まない努力によって長い歴史の中で築き上げられて来た事を事あるごとに力説した。

しか彼女政治には全く関心はなく、「文句を言ってもどうせ世の中変わらないでしょ?」という態度だった。

ただ、美しい女性と街を歩くことが心地良くて、休日のたびに彼女と会っていた。

しか彼女は次の年の春には本当に自分を愛してくれる(と自称する)男性を見つけ、僕とはあまり会ってくれなくなった。

彼女に別の男が出来たことに気づかなかった僕は、二人では滅多に会ってくれなくなった事について不平不満を彼女に訴えたけれど、今となっては仕方のない事だとわかる。彼女と一日中街を歩き、おしゃれな店から小汚い店まで色々な場所お茶を飲んだり酒を飲んだり、夕暮れや夜景を眺めた日々は確かに僕にとって最も幸せな日々だった。しかし今から考えれば、僕は確かに彼女を本気で愛してはいなかったのだ。世界に対する価値観が違い過ぎていた。

大学4年になった冬、既に別な男と交際していた彼女が久しぶりに自宅に遊びにやって来た。二人で戯れているうちにちょっとしたアクシデントで僕の家の備品のごく一部を彼女が壊してしまった。彼女は尻を突き出しながら「お仕置きして」と叩くように促した。

僕は叩くような事をせず、彼女の尻を撫で、その後彼女を抱きしめた。

彼女は顔を赤らめて「それじゃお仕置きにならないよ」と言いながら僕の胸を撫で始めた。

僕が彼女の胸を同じように揉み始めると、彼女は「女の子の胸を触っちゃダメだよ!ずるい!私も触るから」と言って僕の股間のチャックを下ろして男根を揉み始めた。まだ若かった僕の男根が力強く立ち上がり始めると、彼女は「舐めたい」と言い出した。

舐められたのは初めての経験だった。彼女は髪を振り乱して一心不乱だったけれど、僕は歯が当たって痛かった。だから萎えしまった。

首の疲れた彼女は僕のベッドの上に仰向けになった。今度は僕が彼女下着の中に手を入れ、暖かく湿った膣の中に指を入れて動かしてみた。

「やめて!」

というので僕は手を止めたけれど、彼女はその後小さな声で「やめないで…」と囁いた。

僕がもっと大きく手を動かすと、彼女普段いたことのない裏返った高い声で喘ぎ出した。その時の僕は違和感しか感じなかったけれども、これは彼女なりのサービス精神だったのだろう。経験豊富彼女のいつもの声なのかもしれない。

やがて日が暮れて薄暗くなった室内で彼女は「〇〇くん(僕の名前)とやりたいなぁ」呟いたけれど、コンドームがなかった。その時点でまだ童貞だった僕は外に出す自信はなかった。

僕は彼女を駅まで送って行った。

それから20年以上の時は過ぎ、彼女は二度目の結婚幸せな家庭を築き、送られてくる年賀状写真は夫と子供たちに囲まれ幸せな家庭そのものだ。

一方非モテ中年の僕は独身のままだし、多分一生結婚する事はないだろう。

だが、別にそれでいいのだ。

2020-04-07

嫁が結婚式しなかった

理由が呼ぶ友達が居ないから。

半信半疑だったけどそうした。

結婚後、年賀状出しても友達から1枚も返事来てなくて、出すのを止めた。

友達居ないって本当で草だったわ

2020-04-02

マスク配布に50億かかるらしい

年賀状配るの面倒で捨てる奴みたいにマスク捨てるやつ出てきて問題になるに3000ペリカ

2020-03-31

[]まじかよ・・・

だれも今年の年賀状お年玉くじをチェックしてねえってマ?

2020-03-12

みんな年賀状書いた?

私はまだだけど

2020-03-11

IT系(?)雑用係として不安なこと。

事務仕事の合間に、ちょっとしたパソコンプリンタトラブル対応を頼まれることがあるのだが、結構若い人でも「え?これ知らないの?」とびっくりすることがあるので書いてみる。

プリンタのトナーがないみたいなんですけど」と言われてカラープリンタのところに行ってみたら、すぐ横に予備のトナーが積んである。「Cのトナーがもうすぐなくなります」というメッセージが出ていたのだが、Cがシアン(ブルー系)であることが分からなかったらしい。この調子だと「Mのトナーがありません」とメッセージが出ても、Mがマゼンタ(赤系)だということも分からないんじゃないだろうか?家庭用の年賀状印刷に使われるようなプリンタでも、インクはC,Y(黄色),M,K(黒)の四色をベースにしているはずだけど、なぜ知らないんだ?

あと、前にびっくりしたのは「純正」という言葉意味が分からない人。ま、その人はかなり機械に弱そうな中年女性ではあったんだが、プリンタトラブルヘルプデスクに「ちゃん純正のトナーを使っておられますか?」と聞かれてそこで引っかかってしまったようだ。その人が機械に弱いのは分かっていたので小難しい話になったら電話を代わる覚悟で聞いていたけど、その時点でもうダメなのかと思って絶望した。エプソンプリンタエプソンのトナーカートリッジを使うみたいな状態を「純正品を使っている」っていうんだよ。

こういう人たちを見ていると、パソコンが固まって困ったらとりあえずCtrl+Alt+Deleteを押してみろとか、電源ボタンを長押しすればパソコンの電源を強制的に落とせるとかいうのもマニアック知識だと思われるのかと心配になる。

だいたい年配者と女性機械に弱いと言われているが、最初の「C=シアン」が分からなかった人が若いちゃんだったので、この程度のこともみんな分からないのかと不安になった次第。

2020-03-02

小学校の教務だった先生を急に思い出した。

その先生は背が高くて色黒で、年齢はたぶん当時50代。だいたいいつも眼鏡エプロンをしていて、書写を教えていた。すごく穏やかな声をしていて、普通の座学だったら睡魔に襲われる人が続出していたかもしれない。

私はその先生特に仲が良かったわけでもないし、もう授業内容も下の名前も覚えてないけど、半紙に入れられる赤い墨と、年賀状に私の名前漢字を使ったメッセージを書いてくれたことはよく覚えている。

小学校卒業して何年か経ったある日、新聞にある教員不祥事ニュースが載った。と言っても全国紙地域面の片隅だが(不祥事の内容は伏せる)。

名前こそ出されていなかったけど、地元人間なら少し調べればその先生のことだとすぐにわかるだけの情報はあった。ローカル紙には事のあらましがもう少しだけ詳しく書かれていたが、私も母もその先生がそんなことをするとはとても思えなかった。もう15年近く前の話だ。

人の噂も何とやらで、程なくして先生のことも不祥事のこともみんなの話題にのぼらなくなった。先生がその後どうなったのかも、今何をしているのかも、事の真偽すらも全然からない。

ただ、少なくとも、先生がいつかの年賀状に私の名前をもじって書いてくれた、未来へのエールとそこに込められた思いは、嘘偽りのないものだと信じている。

2020-02-25

anond:20181225145126

わかるーーー!!!

 

独身の頃からずっと「子供死ぬほど嫌いだ」と伝えてるのに 

自分の子供は別と思うのだろうか?

年賀状の子供の写真にもうんざり。 

 

出産ハイ

子供独立してからゆっくり会おう、って言いたくなる。

2020-02-18

はてなー曰く田舎のご家庭にはプリンターはない!らしいけど

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1469811


しろ都会の方がなくない?

年賀状以外に家庭用プリンター必要になるシチュが思い浮かばない

どっちかというと田舎の方が所有率高そう

2020-02-17

anond:20200217125538

年賀状なんかと同じだね

まあそれも含めてだよ

親は離婚してて父親再婚してるからまあ放置でいいとして、母親はすげえ貧乏でなあ

まあ生きてるうちは楽しませてやりたいとか思うけどさ、

同級生の親が死んでるの見て羨ましいとか思っちゃったもん

母親死んだら俺も会社辞めて気軽に死ねるなって

なんかもうそういうの含めて終わってるしさっさと死にてえわ

2020-02-08

anond:20200208132000

年賀状携帯電話、あとうちは田舎なので新聞訃報を出したら勝手に集まってくる

教えて高齢増田!お葬式編!

親が死んだとするやん?もう退職してたとするやん?

誰に連絡して誰に連絡しないの?

ってか親の交遊関係とか知らないんだけどどうしたらいいん?

「お前が死んだ時に伝えるべき連絡先教えろ」←これをどう言ったらええねん。

増田の親も相当な人数が死んでるだろうし教えて。

追記

年賀状増田

親は年賀状を! LINEで送ってるんや!! 70前やけどな!!!

2020-01-24

anond:20200124134056

ワイは難読希少姓やったんで配偶者のんに変えたかったが、イヤてゆわれた。アッチも実家キライで変わりたかったらしい。ごく一般的なよくある名字だったのだが。

ちなみにアッチは分家だったのだが、年賀状シーズン本家から届いた差出人欄みたら、漢字の一字が旧字体だった、訊き直したら、ソレがイヤだったんだそーな・・・

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん