「夜遅く」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夜遅くとは

2018-01-19

思えば私はあまり夢をみない子どもだった

将来の夢は?と聞かれても答えることができなかった。世の中にある職業の全てを知らないのに答えられるわけがない。仮に今ここで言ってもそれが叶わなければ恥ずかしい。本気でそう思っていた。

小学生の頃、周りの大人はしばしば私に「将来の夢はなにか」と質問した。低学年の頃は「まだ見つかってない」と言って間に合っていたが、いつまでもそう言うわけにはいかなかった。

私は考えた。ほどほどにお金をもらって無理のない暮らしをしたい、と思ってそうこたえてみたことがあった。そうすると「やりたい仕事はないの?」と言い換えられてしまった。大人が言う「将来」とは「職業」のことなのだと知った。毎年書く学年文集には必ず将来の夢を書く欄があったし、大人は話の取っ掛かりに将来の夢を聞いてくる。なにか就きたい職業があることが健全らしい。

私は考えた。学校先生責任が重いし夜遅くまで働かなければいけないので大変。保育士は私は絶対かわいい子にだけ贔屓をしてしまうので無理。医者看護師なんて責任しかないのでやりたくない。動物は嫌いだしスポーツもできない。

あぁ、何もしないで暮らしていきたいなぁ。

残念ながら私はなにも夢をもたずに大人になった。

今、当時の将来の位置にいる。それなりの高校大学を出てそれなりの会社でそれなりの賃金を貰い、それなりに趣味を楽しみそれなりに生きている。

将来の夢ハラスメントを受けてもなおそのまんまだったけど、将来もそれなりに生きているので、小学生の私は安心してほしい。やっぱり今も働かずに暮らしたいけれど。

2018-01-18

anond:20180116172801

専業主婦 子ども 3歳と1歳の男児

ゴミ捨て

掃除

洗濯

洗濯は干し方、タイミングに妻のこだわりがあるので基本任せてる。ドラム

料理

共働きときは作ってたけど最近はほぼ妻に任せてる

トイレ掃除

あとは子どもとお風呂。上の子を寝かしつける、一緒に寝てしまうと、洗濯物たたみ忘れるけど、その場合は大概妻がカバーしてくれてる。洗い物は放置になってしまうので翌朝…

アイロン、は自分のだから家事じゃないか

妻の顔色を伺いながら生活するのをやめれる強い心を持ちたいと最近思っている。

妻が機嫌が悪くてイライラしはじめると動悸が高まり胃が痛くなり、何も考えれなくなるので、そうならないよう先手を打つように心がけている。

2018-01-09

荒川区ゼロ歳児保育と変わらない危険思想

http://lite.blogos.com/article/269629/:embed]

荒川区のゼロ歳児保育が酷すぎる件について(駒崎弘樹) - BLOGOS(ブロゴス)

最初に書いておきたいのだが、私も荒川区方針は支持しない。

家庭の事情多様化する中で、一律17時まで、というのはあまりに柔軟性がないからだ。

保育所議論にあたりこの発言をした議員はズレている。

あなたの生育歴なんぞ知らないし、親子の絆のために預かるのは17時まで!もおかしい。

それはおかしい。

しかし、私はこの記事エビデンスというキーワードにひっかかりを覚えた。

この記事の筆者は保育に関連するNPO法人の方であるようだが、いわば現場の方がここでエビデンスというキーワードを持ち込んだことに違和感を感じるのだ。

逆にエビデンスさえあれば、一律17時でも問題ないのだろうか。

3歳に満たないこどもを預けて働くことに風当たりが強かったのは過去の話である

しかしいろんな現実環境から、こどもを預けて働くことに社会理解は広がった。

それは保育の現場努力であり、過去の母を中心とした親たちの努力の結果だろう。

からこそ思うのだ。

「預けて働くことのこどもに対するリスク」にちゃんと目を向けてはどうか。

#保育園入れて のハッシュタグを見たときも感じたことだが、好きで家庭から「長時間」離れたいこどもは少ない。

(あえていないとは言わない)

夜遅くまでお迎えがこない、これはストレスになりうることは素人でも想像できる。

余談だが、待遇保証されない場合保育士にも負担しかない。

「親子の絆がー」といわれたとき

荒川に沈め!」としか反論できないこの筆者に不安を覚える。

家族で過ごす時間の大切さは、どんな家庭で自覚した方が良いと思うのだ。

そのために奔走するのは必ずしも母親でなくても良い。父親でも祖母でも良い。

考えて話し合って、それでも19時まで必要となるならそれで良い。

3歳までは専業、が「正義」だった。

勿論今では違う。

しかし、フルタイムでこどもを遅くまで預けることが「正義」でもない。

そこをどうか履き違えない社会であってほしい。

2018-01-06

正月休み

三が日、実家帰省するでもなくどこへ遠出するわけでもなく

3日間毎日同棲している彼氏と外へ酒飲みに行き、夜遅くコンビニに寄ってから帰ってくるだけ

ただの飲んだくれ

2017-12-27

anond:20171226204321

俺は毎日木綿豆腐を一丁は食うぐらい木綿豆腐好き

近所のスーパー夜遅くに行くと木綿豆腐の方が売り切れてて、絹豆腐が売れ残ってるなんてよくあることなんだけど

2017-12-22

anond:20171222005043

セクハラとは違うが、女性であることを理由残業させないのは差別だという考え方と、女性夜遅くまで残業させるのは女性差別だという考え方があってフェミニスト同士で相手おっさんだと思い込みながら対立してたのを思い出してほっこりした

はあちゅうの頭の中.............童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞

童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞童貞

ここまでこだわるんだから

(1)数年前、合コンでめちゃタイプの男に「えぇお前その歳で結婚出来ないのって何か問題あるからだよ。まぁ俺童貞だけど。」と言われ復習の鬼と化した。

(2)数年前、合コンでめちゃタイプの男に「えぇお前その歳でエロくない上に高くとまっているなんてやばいよ。まぁ俺童貞だけど。」と言われ復習の鬼と化した。

(3)数年前、合コンでめちゃタイプの男に「えぇお前その歳で同棲たことないの?まぁ俺実家暮らし童貞だけど。」と言われ復習の鬼と化した。

弱者と見下していた童貞への気持ちこちらです


夜遅くに俺 童貞童貞童貞童貞童貞童貞とか書いている。うんたぶん疲れているんだ。寝よっと。

2017-12-21

定時後に電話をしてくるのは是か否か

定時ジャストで帰ろうとしたら「今日は○○さんがいないから君が早く帰ると電話なりっぱなしになるんだけどなぁ」と次長イヤミ言われたけど、

そんなの定時後に電話してくるのが悪いんだろとしか

「え?だったら業中に電話かけてくればいいじゃないですか」

現場の人たちは忙しいから、定時後にならないと電話できないんだよ。そのとき本部電話繋がらなかったら困るだろう?」

「そんなの知りませんよ!じゃあ本部の始業時刻を後ろ倒しにしてくれませんか?」

「そんなことしたら朝かけたいときに困るじゃないか

「それを言ってたら私達本部人間は朝早くから夜遅くまでいろってことですか?

せめてそれなら時差出勤とかにしてくださいよ。」

「みんな我慢してるんだから君だけそんな勤務にできないよ」

「とりあえず、話にならないんで私帰りますね、お疲れ様でした。電話は残ってる人たちで対応しておいてください。私は知りません。」

ちなみに電話してくるのは客ではなく社内の人間

2017-12-20

https://anond.hatelabo.jp/20171217014648

おおっ、こんばんは低能レンコさん!

まあわたしも人のこと言えないけど、深夜遅くまで増田ってるんですねえ^^

日大体どれくらいトラバってるんですか?

あと普通増田とか投稿しますか?

ウンコ漏らし増田とかたまにヤリます



https://anond.hatelabo.jp/20171217014325

2017-12-14

中学生の時

国語は90点くらいで数学英語20点、理科社会は単元にもよるが60点くらい、みたいな感じだったな

数学英語なんとかしようにも

国語だって勉強で90点取れるわけじゃないし社会理科だって予習しないとまずい

全然からなくて苦痛で何時間かけても1問も解けない数学の応用問題なんかにテスト勉強時間は使えない

当時我が家には「テレビを見ながら勉強をするな」「早く寝ろ。本当は9時に寝るべきである中学生になったのでまあ10時くらいで勘弁してやろう」という掟があったので

勉強時間があまり取れず、どうしてもやりやすい教科が優先だった

数学の提出物は未提出、分からないところはほったらかし、黒板に書かれたものノートに写すけど意味はまったく理解できない

宿題やりながら夜中にボロボロ涙が出てきて、泣いてるのが親にバレて、数学ができないこと、めそめそ泣いていること、夜遅くまで起きていること、分からないのに質問しないこと等諸々が気に入らない親に詰られた

自分キチガイ馬鹿なんだ、頭がおかしいんだ、って思ってたのになまじ聞き分けがよくて国語の点数がいいか担任は「増田さんは勉強が得意で賢くて……」なんて言って

明らかに数学英語の点数がやばいのに誰も問題視しなかった。成績を知っているはずの担任ですらそうだった

そうは言っても頭が悪いのは事実なのでもう普通高校には行けないから、と底辺高校受験した

その時も先生たちは「何で増田さんがこんなところを受けるの?」「増田さんは心配しなくても余裕で合格だよw」みたいな態度だった

無事合格し、

底辺高校は荒れてたクラスもあったけど自分のところは平和で、自分より勉強が苦手な人がゴロゴロいて、相変らず数学英語は苦手だったけどテスト内容は中学の時よりだいぶヌルかったか

信じられないくらいいい成績をもらって、無名大学に進学した。クラスメイト短大専門学校に行く人が多くて、4年制の大学に進学した人は少なかった

今は本に関係する仕事に就いている

最近ちょっとした印刷物があって○種類のチラシを○人分刷るから、えーっと……、あれ?と簡単な掛け算もできなくなっていることに自分ドン引きした

また毎月予定表を作っているのだが「○月(英語表記)」と書こうとして、1月が英語でなんて言うかまったく思い出せなくてググった

勉強ができなくて困ることは多いが今更どうしようもない

よく子どもの頃に戻りたいなどと言う人がいるがあん拷問みたいな生活には絶対に戻りたくない

2017-12-13

連日修論作業に追われる

実験とかがある分野ではないので毎日研究室にしばられるとかはないのだが、その分ただ修論を一日中書くためだけに毎日大学夜遅くまでパソコンに向かっている。

ある程度拘束してくれる研究室の方が逆に他の研究室の人と仲間意識まれたりして精神にいいのかもしれない。

研究室なるものなどなく何にも縛られない代わりに、すべて自分自分を律して勉強やら研究していく必要があって、最近モチベーションも下がってきていてつらい。

2017-12-12

海外からの友人が来てて、会おうということになっている

友人は家族で来てるので、連絡とるのも時間作るのもフットワーク軽くなれない

そのため連絡待ちという状況なのだが、面倒くさくなってきた

その程度のつながりなのだ、と気づいてしまった

以前は友人とつながることの優先度は高く、できる限り自分の都合を割愛してそちらを優先させてきた

しかし今は「夜遅くに外出ダルい」程度の気持ち以下になってしまった

半分楽で半分悲しい

2017-12-08

カノンプリンタってまじクソだな

明日学会資料印刷しようとしたら、イエローインクがなくなりましたとかいって、白黒ページの印刷すらできない。バカかお前は。残ってる他の色のインクでどうにかしろよ。

こんな夜遅くにどうしろって言うんだ。

MG6230みたいにタイ洪水の頃に出回ったやつは、損害をインクで回収しようとしているのか、やたらとインクを食う。

さあ、印刷しようと思って電源入れたらいきなりヘッドクリーニング始めて、「インクが切れました」とか。

死ねよ。

マジで叩き壊したくなる。もう絶対カノンプリンタは買わない。

2017-12-06

恐ろしく沸くのが遅い風呂

昔、仕事の都合で、行田に泊まり込みで行ってた。

宿は、古い一軒家の貸家。

寒い冬、風呂に入ろうとしたら、湯船に水を溜めてガスで沸かす方式風呂だった。

水は5℃以下と思えるほど冷たく、外気温もほぼ同じくらいではないかと思った。

プロパンガス使用した風呂釜は、一時間経っても適温にはならなかった。

少量の水が熱交換器で温められ、浴槽に戻る。

温められた水は冷えた水との熱交換を行い...循環する方式だが、

水温が低過ぎること、ガス釜の能力が低いこと、浴槽の断熱効果が低いこと、

等々が災いして、遅々としてあっついお湯にならない。

夜遅く仕事から帰ってきて、温まってから寝ようと思ってもそれができない。

月日は流れて、今は、温度設定を行い、風呂自動スイッチを押すと、

真冬でも20分くらいであたかいお風呂に入れる。

夏なら15分もかからない。

これが追い焚きになるとやはり効率が落ちるようだ。

夏は水温が高いせいか、0から沸かすよりは早いが、

冬は時間が延びることが多いと思う(正確に測った事は無いが)。

それにしても、冒頭の風呂は酷い風呂だったな。

コンクリート製のタイル張り、断熱もくそも無い。

はい時代だ。

2017-12-02

考えすぎかもしれないが、穏便に距離を開けたい

当方既婚。お客さんの希望にあわせてグループマンツーマンでレッスンをする仕事をしている。

英会話教室のようなもの想像してほしい。

先日いつものグループレッスンに空きが出て、お客さんと二人きりになった。仮にAさんとする。

Aさんは前々からこの日は来ないと言っていたが、他のメンバーが参加できないとわかったあとで急に出席すると通知が来た。

グループレッスンは単価が安いので、予約がないなら閉めようと思っていたが仕方がない。

 

Aさんは成人した子供がいる既婚女性で、とても熱心な生徒。

教室に通う以外にも、市販の高価なテキストを買ったり、他の語学教室に通ったりもしている。

「いつか先生のように自分教室を開いて教えたい。でも自信がない」と期待と自信のなさが入り混じっている。

残念ながら理解力語学センスに恵まれているとはいえないが、本人は楽しそうなので、夢が叶うといいですねと応援している。

Aさんはそれがうれしいのか、毎回のように自分では読めないレア洋書を持参して、「よかったら読んでください」と置いていく。

 

グループレッスンはなるべく全員のレベルに合わせるようにしている。

今回はAさんだけなので、Aさんの苦手な分野を強化するか、Aさんの得意分野で自信を持たせるか、あれこれ考えた。

Aさんはいものようにうれしそうにやってきた。

「これ、よかったら先生に」

自分が欲しがっていた辞書だった。

Aさんは以前それを「ブックオフ投げ売りされていたので買いました」と見せてくれたことがあった。

なかなかい辞書だったので、その場で同じものネットで探してみたが見つからなかった。

「私が持っていても使わないし、なんで買ってしまったんだろうって。あのとき先生に上げていればよかった」

「いいんですか、ありがとうございます

感謝して笑顔で受け取ったが、自分でも説明できない嫌悪感が沸いて、落ち着かない気持ちになった。

 

この日のレッスンでAさんはこちらが出す例題にほとんど答えることができず、ほとんど自分独演会になった。

いつもはグループの他のメンバー助け合いながらやっているので、これはある程度は予想していた。

質問はありませんか」と聞くが、Aさんはごにょごにょお茶を濁すばかり。

そうかと思うと、はっと思い出したように

「先日、あの先生語学セミナーへいったらちょうどここで教わったところが出たんです」

と本題に関係ないノートを広げて見せる。がんばっているのはよくわかるが、マンツーマンでこれはきつい。

 

何より困るのは、Aさんがレッスン終了時間になっても帰ろうとしないことだ。

グループレッスンのあとに他のメンバーが帰ってもAさんが腰を上げないことが何度かあった。

それとなく時間に触れ、何度も出口促すが、その度にレッスンに関係あるような、ないような話をして引き延ばす。

Aさんに個人的な関心はないし、共通話題もないから、二人きりで話すような話もない。

次のレッスンがあるのでといっても、次の生徒が姿をあらわすまで帰ろうとしない。

困ったことにこの日は自分ミスで入っていると思っていた次のレッスンがなかった。

 

Aさんは予定時間を一時間近く過ぎてもまだ話し続けている。

それも小学生時代の第二次性徴にまつわる嫌悪感といった重い話題である

とても共有する気になれない話題を前振りなしにはじめるのはやめてほしいが、逃げ場がない。

 

適当に相槌を打ちながら「そろろ次のレッスンが」と何度も伝える。

そのたびAさんは気弱そうに目を泳がせつつも話をやめない。

終に「これから仕事電話をかけるので、お話は次回のレッスンでお聞きします。今夜はこれで」と話を遮って出口へ送り出した。

Aさんは靴を履いてもまだ視線を床に泳がせながら話し続けていたが、こちらが電話を手にしていたこともあり、ようやく帰っていった。

 

ムカつくようなべっとりとした嫌悪感身体の内にも外にも貼りついているのを感じた。

ただでさえ安く設定しているグループレッスン料金でマンツーマン指導になったのは、まあいい。

他の生徒さんとのあいだでもこうしたことはあった。これもサービスのうちだと考えている。

しかこちらの予定を無視して長居を決め込むのは困る。

それにしてもここまでの怒りが、得物で殴りつけたいような、教室を水洗いして清めたいような不快感が沸き上がるのはなぜだ。

長居して話し込まれることにこれほどの怒りを覚える理由がいまひとつからない。

善意好意と熱意の塊りのようなAさんに、こんなに激しい嫌悪感を抱くことに罪悪感も感じる。

この不快感の正体はいったい何なのか。

 

突然「もしかしてAさんのしていることはセクハラなのではないか」と思った。

まりにしっくり来て混乱する。

Aさんは自分性的好意があるのではないか。ゾッとした。冗談でもそんな風に考えるのは不愉快まりない。

そんなはずはない。誤解させる理由も、される筋合いもない。そんな話題もしないし、そんな関係ではない。

しかしこの不快感には覚えがある。

若い頃、セクハラおやじロマンス気取りではにかみながら手を握ろうとしてきたり、

妖しい雰囲気意味深なことをいってきたりしたりしたときの、あの不快感

 

そもそもAさんが男性だったら、自分夜遅くマンツーマンレッスンなんか絶対に引き受けなかった。

結婚していようが、成人する年齢の子がいようが、部屋に上げることすらしなかった。

女性同士だから油断したのだ。

あの熱っぽい目。

 

もうグループレッスンは参加者が1名のときは中止しよう。

Aさんが読んでくださいと置いていった洋書の数々をいつどうやって返そうか。

手元の辞書を見つめながら、これからどうしたらいいのかと考えている。

2017-12-01

引きこもり時間潰しの系譜

昔の引きこもりの人って、普段どうやって時間を潰していたのか気になっている。今の人だったら、ネットとかオンラインゲームとか色々暇潰し手段はあるだろうけど、昔の人はどうだったのかな。

とりあえず、00年代は今と同じと考えて90年代以前。90年代ゲームが多かったのかな。14型くらいのテレビを部屋に置いてスーパーファミコン他いろんなゲームハードがあったし。パソコンゲームの人もいただろうね。僕自身90年代引きこもり体験からいうと、CDラジカセも普及してきていたか音楽をひたすら聴いていた人もいると思う。音楽バブルだったしね。

80年代は、ファミコンが出てきていてやっぱりゲームだったというのは、少し早計か。この時代深夜ラジオの全盛といわれるから夜遅くまでラジオを聴いて昼夜逆転生活とかかな。ラジオ…この頃はFMも盛んだったようだから、昼間はFMを聴いてあるいはエアチェック(ラジオ流れる音楽等を録音して楽しむ)していた人もいだろう。

70年代以前は、読書かな。昔の家って、なぜか世界文学全集とかブリタニカの百科事典とかが本棚を占拠していて、それを紐解いといていたのかと思う。僕の家にも特に読書家でもない両親が昔通販で揃えたそういった類の本があるし、当時は流行っていたらしい。

ここまでつらつらと書いてきたが、僕自身体験CDラジカセ音楽を聴いていたというところ以外は全て想像である。とにかく、ありあまる時間収入のない引きこもりがどう潰していくのかというテーマでどんな遊びがあるか考えてみた。部屋の中でできて、お金がかからなく、時間を大量消費できる遊び。いろいろ挙げてみると、閉塞した田舎健全中高生がしていた遊びを延々と続けているのが引きこもりのような気がしてきた。中学高校生くらいはこういう遊びを見つける天才からね。ごく最近ちょっと事情が違うと感じるけど。

2017-11-26

貧乏・子持ち・共働きだけど、結構幸せに暮らせるものだよ。

親になると、自分の好きにできないことが増えてくる。

まるで子どもがいると不幸せになるように聞こえるかもしれないが、子どもへの愛情が深く感じられる精神状態健康な人ならば、それはあまり苦ではない。

子ども幸せに生きていける環境を整えることで、毎日スッキリと生きていける。それがいちばん幸せから

うちは共働きで、お互いアラサーなのに給与手取り18万ちょいで世帯収入年収で600万いかいかもしれないジリ貧層。

ふたりともフルタイムだけど、ファミサポさんやら駆使して保育園の迎えに行ってもらったり、ギリギリだけどなんとかやってる。

子どもは0歳の頃から預けていたせいで、外の環境に慣れて、まだ2歳前だが場所見知りや人見知りをせずに誰にでも打ち解けられるコミュ力を身に着けた。場所見知り・人見知り期間が短かった。病児保育も慣れていて、初対面の人があやしてもニコニコうから驚かれる。


お互い忙しいけど子供とのスキンシップめっちゃ大事にしてる。本当に頬ずりしたり、3人で抱きしめたりしてる。その時は子どもも本当に幸せそうで、なんだかんだいつも寂しいのかな、と思うとちょっと胸が痛い。

でも、ファミサポさんや保育園の子もの笑顔我が家で見るものと同じで安心する。保育園に行くときも楽しそうだ。

かにきついし大変。子どもストレスを感じる部分もあるかもしれない。でも、それは将来のためだ。

お金持ちならいろいろできるけど、うちはそうじゃない。だから貧乏なりに頑張りたい。

の子どもが大人になった時に、1歳の頃のお前にどれだけ助けられたか、しっかりお礼を行って子どもを進学させてやりたい。


家族皆で稼いだお金だ。お前も小さい頃、頑張ったから溜まったんだ。これで胸を張って進学してね」

って言いたい。それだけのために生きていきたいって思う。


貧乏からまりお金をかけた遊びとかできないけど、公園ではしゃぐだけでも結構楽しい

毎日家族といる時間幸せだし、妻と子どものために一生懸命ヒイヒイ言っているのはそこまでイヤじゃない。

子どもが育てられない!」「こんな日本じゃ少子化待ったなし!」とかい意見を見かける。貧乏子持ちだけどあんまり共感できない。

手段は本気で探せばなんとかなる。これは国に声をあげるよりもずいぶん簡単結構いろいろある。都会と田舎じゃ違うのかもしれないけど。


議会子どもを連れ込む話があった。俺と妻は職場から子どもを連れてきていいよ!どうぞ☆」と言われても、全く嬉しくないよねって話した。なぜなら、子ども職場にいても子ども職員ストレスが溜まるからだ。幸せが何もない。単に子どもがかわいそう。

保育園でおもいっきり遊んでもらった方が幸せだろう。

託児所ならたしかに助かるけど「絶対必要」と言われるとそうでもない。保育園ほど遊ばせられるところならいいけど。

それと同じくらい、普通に保育園が増えたら良いなって思うし、保育園のお迎え時間をもう少し夜遅くまで大丈夫にしてほしいなって思う。


お互いの帰りが22時くらいになる日も多いけど、なんとかベビーシッターは頼まなくて済んでいる。ベビーシッターは最終手段だ。

もちろん1日丸々だと高すぎるので、保育園に迎えに行ってもらうパターンね。そうすれば、そこまで高額ではない。

しろ子どもを持ってから、めちゃめちゃ国に助けられていることを実感する。税金意味をこんなに感じることはなかった。ありがとう日本ありがとう税金

かに3人も4人もポンポンはムリ。でも1人〜2人なら、僕らのようなジリ貧層でも何とかなりそう。ただ確かにシングルマザーはツライかもしれない。経済的に。


ひ、ひとまず、もうちょっと稼げるように頑張ります

今日ブラジル産鶏肉を煮込んだ「チキントマト煮」でも食べて、飢えをしのぎます

2017-11-21

anond:20171121230027

オナホ扱いの代わりに、男はATM扱いされてたかどっちもどっちという

 

結局のところ、昔は生きる為に男女が一緒になってたんだよな

「お互いの気持ち尊重」だとか「恋愛感情」だとかなんて贅沢はバブル近辺以後から

 

昔はコンビニ夜遅くまでのスーパーも無いから買い物も大変だし、料金振込も大変

宅配時間指定もないしレンジもない

洗濯機は全自動とは限らず、自動車一家に1台有れば御の字

もちろん携帯パソコンもない

 

そんな感じに不便だったのもあって生きるのが大変だった

2017-11-20

過労死長時間労働の違い

NHK過労死特集番組をみたが過労死長時間労働の違いはなんだろうか。定時で退社したあと夜遅くまで勉強したり仲間と遊びほうけても過労になる。やはり心理的ストレスあるかないかの違いだろうか。だとしたら長時間労働問題だけでなく仕事や対人関係ストレスを和らげる方法も考える必要がある。

ストレスの解消法については心理系の学者が何年も研究しているはずだが、どういうわけかその知識学校では教えない。それどころか教える側の教師ストレス自殺をしている。このままでは日本ダメになる。

2017-11-19

airbab3か月くらいやった感想

動機

2LDK住まいで1室空いていたから。

あと、人を部屋に呼ぶときくらいしか真面目に掃除せず、医者から「部屋のほこりは意外と病気の原因になる」とか言われ、そうはいっても小まめに掃除する気が起きない

→常時人が来れば掃除するんじゃね?と思ったから。

部屋のスペック

2LDK洋室。定員2名まで。

初期投資

  • 予備のふとんはあったが計3人分はなかったので1セット買い足し。
  • シーツや毛布はあったがボロかったので新調。
  • その他便座カバーなど小物も気になったところは新調し、
  • ゲスト用のキーボックスや自室の鍵などもろもろ購入。

計4,5万くらいか

一泊の儲け

2000円台前半。正直、Airbab始めるまでは日本ブームで1泊4000円くらい稼げるかと思ったが、家の立地は悪くないとはいえ、山手線の駅徒歩2分とかではないし、宿みたいにコーヒー無料とかデザイナーマンションとかではなく、宿泊者にとって泊まる以外の魅力はない。

よって自然価格競争に巻き込まれAirbab最低価格くらいで出している。

今までの儲け

月3,4万くらい。2人で泊まりに来てくれると1泊あたりの儲けが増えるのでおいしい。

良かったこ

お金はそうだし、思惑通り、家をきれいに保つ動機が出来ていること。家がとてもきれいです。

悪かったこ

当然だが、ゲストが退室してから入室するまでの間に掃除をしないといけないので、平日仕事夜遅くなると辛い。なんで帰ってから部屋掃除しないといけないねん…と。

その他

最初は知らない人間を部屋に上げるのに抵抗があったが、今となっては慣れてしまって「一室はゲストの部屋」という感覚ゲスト退室~入室までは2日間空けるようairbabで設定し、余裕を持って宿泊業を回せるようにしている。

(その分収入は減るが、元々部屋をきれいに保つために始めたので)

社交的ではないのでゲストとのコミュニケーションには不安があったが、シェアハウスみたいなものなのであまり会話せず、こちらも気にならなくなった。

airbabで稼いだカネは初期投資と、ハウスキーピングにカネを回しているのでトントン。例えばプロ業者を呼んで洗濯機風呂掃除してもらうとか。もうちょっとカネ貯まったらルンバとか買うかも。

今の所そんな感じ。

余談

airbabではホスト評価制度があり、満点が★5。この平均が★4以下ならペナルティとなるのだが、特に評価に厳しいのが日本人(特に女性)で、平気で★3とかつけてくる。理由些細なもの(とこちらは思うのだが)宿泊者側なので文句は言えない。

正直、日本人女子には泊まってほしくないし、外人日本マーケット評価が厳しい、と口にする理由が分かる気がした。

2017-11-10

誰も私のことを気にかけてくれない、というつらさ

一年間頑張ってきたサークル活動が、自分にとって失敗に終わろうとしている。

去年、先輩方の事情で、サークル幹部半年前倒しで私たち一年生に替わった。

いきなりのことだったので、慣れない私たち右往左往しながら、実際のところは何もすることができなかった。

そして、しばらくすると新代表のやる気のなさ、不適任さが浮き彫りになった。

このままではバラバラになってしまう。

私はこのサークルが好きだったので、代表から権限の多くを引き継いで、頑張った。

低空飛行ながら、なんとかサークルは持ち直した。

新年度になり、私たちは二年になった。

勧誘を頑張ったおかげか、新入生がたくさん入った。嬉しかった。

新入生は優秀な人が多かった。

私もやる気が出て、頑張った。いろいろなものを一緒に作った。(私のサークルものを作るサークル)

活動は去年より充実していた。

新入生も二年生も楽しそうに見えた。

私もとても楽しかった。

異変が起きたのは夏休み入ってすぐの、合宿の時だった。

合宿初日夕方、二年生の女子の部屋に呼ばれた。彼女達は明らかに怒っていた。何があったのか聞くと、合宿企画係の女の子と、副代表(名ばかり)が、夕方にとんでもない大喧嘩をしたらしい、ということだった。

話を聞くと、合宿の内容について、副代表がいろいろと文句を言い、それで口論になったということだった。話を聞いて、自分には副代表の方に非があるように思った。

しかし、何より不思議だったのは、その喧嘩した2人が、サークル内でとても仲が良く、ムードメーカー的な存在だということだった。とても喧嘩するようには見えなかったので、私は驚いたのを覚えている。

その後、合宿は(表面上は)無事に終わった。

喧嘩真相は、夏休みが明けてから判明した。

私は(そして部員の大半も)知らなかったのだが、二人は付き合っていたのだ。そして、合宿の一月ほど前に別れていたのだった。要するに痴話喧嘩である

そして、その喧嘩きっかけに、サークル下り坂になっていく。

夏休みが明けて以降、それまで熱心に参加してくれていた二年生の女子たちが、あまり来なくなった。

二年男子は人数も少ないし、元々あまり参加していなかったので、結局、まともにサークル活動している二年生は私を含めて数人になってしまった。

二年生の仕事は膨大である

それを少人数でこなすのは容易なことではなかった。今まで他の人に任せていた仕事も私がやることが多くなった。

それでも、なんとか忙しい中で頑張れたのは、私がまだこのサークルが好きだったかである

しかし、やはり疲れるものは疲れるのだ。

特にイベントの前になると、夜遅くまで残らないといけないことが多く、つらかった。授業中に寝てしまうこともあった。体力的にはギリギリ状態だったと思う。

そしてある日、疲れ果てて夜遅くに家に帰ってきて、考え事をしていると、ある事実に気がついて愕然とした。

それは、もうサークルの誰も私のことを気にかけてくれないということだった。

二年生は、あの事件以来、サークル活動距離を置こうとしている人が多い。少なくとも以前の熱心さはなくなってしまった。私は事情を知ってるから、それを非難することはできない。

一年生は、私たち二年生がどれだけ大変な仕事をしているかまだ知らない。

私の周りにはもう、愚痴を言える人も、一緒に大変だと言い合える人もいなかった。

私を気にかけてくれる人はいなかった。私にはサークル活動がつらいものになっていた。

イベントは無事に終わった。皆、表面上は楽しそうだったが、心中はどうだったのだろう。私はとにかく疲れていた。

そしてイベント後、幹部交代の話が出た。

本当はあと半年残っているのだが、早めに交代したほうがいいとの意見が二年生の間で出たのだった。

色々と協議した結果、残りの半年は引き継ぎの期間とすることになった。

私たちサークルは、一年生の話し合いで幹部を決め、上級生はタッチしないのがルールである

二年生で残りたい人は新幹部と共同して働き、辞めたい人はすぐに交代する。そのように決まった。

私は残るつもりだった。まだ、サークルのために頑張らなければならないという気持ちが残っていた。誰も私のことを見ていなくても、サークルのことについて教えていかないといけないだろうという責任感があった。その時までは。

しか最近、またある噂が聞こえてきた、一年生の新幹部の間で、色々と問題が起こっているということだった。

あの人とあの人の仲が悪いとか、誰にでも愛想を振りまくあの人が危なっかしいとか、あの人とあの人が付き合って、あの人が嫉妬しているとか、そういう話である

その話を聞いて、私の気持ちは完全に切れてしまった。

結局同じか、と思った。

このままいけば、またゴタゴタで消耗し、私たちの代と同じようにみんな消えていくに違いない。

正直、もう関わりたくないと思った。

あと半年猶予があるが、私もその猶予を待たずに消えるだろうと思う。

残った人は困るかもしれないが、もう頑張る気力も、責任感も無くなってしまった。

ここで頑張っても、誰も私のことを見ていないだろう。私の頑張りを評価してくれる人はいないだろう。

そもそも代表ですらない、さらにいえば副代表でもない、ほぼヒラの私が、何故あんなに頑張らないといけなかったのか。そして、何故、誰も私のことを気にかけてくれなかったのか。

何がいけなかったのだろうと思う。

何がいけなかったのだろう。

私の一年間の頑張りは、一体なんだったのだろう。

誰か教えてください。

2017-11-01

[]2017/10/31

疲れてだるくて頭も働かなかったから早めに帰った

寒いけどまだ時間夜遅くなくて車も人も多いからかそこまで寒くなかった

そんでセルフカットしてシャワー浴びてメシ食った

で少しネットしたらもうやることな

正確に言えばやるべきことはあるけどからだが動かない

まったくやる気がでない

ふとんに横になったらもういかんね

何かするなら暖房つけて活動しなきゃ

そう思った

仕方ないから布団の中でipod漫画読んでた

2017-10-30

anond:20171030100651

リンク先読んだけど、夜の繁華街で遊ばない、

夜車飛ばして遊びに行かないから、内需が落ちてるよ、元気ないよって話だね。

夜遅くまで残業しなさいって意味でもない。

このTwitterの方の仰ってる、過労死は何も関係ないよ。

わたせせいぞうさんのイラスト素敵だなぁ。

2017-10-29

女は金がかかる

ただでさえ女性の方が賃金が低い上に余計な出費がかかる

化粧

ヒール

休日絶対着ないスーツにもならない謎のオフィスカジュアル

ストッキング

生理用品(一生分の出費が200万円だという)

生理痛を抑える鎮痛剤

ピル(ゴムより高い)

保険の効かない馬鹿高い産婦人科

夜遅くなった時のタクシー

二重ロックオートロックなどの各種防犯費用

トイレットペーパーも男より多く消費する

これじゃレディースデーや奢りで得する分なんかすぐに吹っ飛んでしま

2017-10-28

anond:20171028071755

子供といたいんならそうしたら良いんじゃないかと私は思う。

私の母は若いバリキャリで私含む三人の子供たちを祖母に丸投げして夜遅くまで働いていた。

母はおそらく仕事だけでなく子供たちも大好きだったろうし私も母が大好きだったけれど、そのうち私とも兄弟達にとって母は「いないのが普通の人」になってしまっていた。

特に、長子で最も母に世話をされていない私にとって、母なる者は側で面倒を見てくれた祖母だった。

母は私が七歳位の頃家庭に帰ってきた。というのも祖母が大病を患い育児家事殆どできなくなってしまたから。

母の帰還当初、私と兄弟達は母を歓迎したけれどもすぐに母の事が鬱陶しくなり、母子間に軋轢が生じた。何故なら母は私達の事を長い間見て来なかったので、母の中で私達はずっと赤ちゃん同然だったからだ。

子供は七歳ともなれば広い外の世界に踏み出し親の知らない世界を持っているものなのに。

はいっても子供は案外ながくに親を心の支えとして必要としているものだ。

だが、私にとって母とも言うべき祖母は、家事育児引退すると急速に認知症が進み数回に渡る脳梗塞脳内出血によって人格崩壊人間の姿をした人間ではない何かに成り果てた。

私にとって祖母を失うという事は母を失うと同義であるのに、周囲は事の重大さを全く気にもとめなかった。何故なら実母が生きているからだ。母がいつの間にか母親ではなくなってしまっていた事に、誰も気づかず、私は静かに壊れていった。立ち直るのには長い時間を要した。

ひと度母としてのあなた子供さん達に刷り込んでしまたからには、できる限り長くあなたは母として子供さん達に寄り添っていて欲しい。私の母の様に知らず知らずのうちに母を降りてしまったり、私の祖母の様に早くに子供達の前からいなくならないで欲しい。

仕事すると仕事一辺倒になってしまうならよく考えてね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん