「夜遅く」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夜遅くとは

2018-04-24

14歳の時、アラサー家庭教師🧑に言い寄られて気持ち悪すぎた

家庭教師体験に応募したら、まず男性が来たことにも衝撃だった🧟‍♂️

(家庭教師って、同性じゃないとNGイメージがあった)

何かわからないことあったら連絡してねと、連絡先交換した

(家庭教師は同性がよかったし、他に良さそうなところがあったので、別の所にした)

毎日メール電話がくる。しかも深夜0時とか1時とか

寝てたのに着信音で起こされる

こいつと私と親で面談した時に

「たまに夜遅くまで勉強させるご家庭とかあるんですけど、それは絶対にやめてください

その日勉強した事を身に付けるためには夜10時~2時の睡眠は非常に大切なんです」

と言ってたくせに、深夜に電話メール

「起きてる?(かおもじ)」と来るので

「寝てたけど今起こされました」とイヤミ混じりに返したら

ごみごみん(かおもじ)ところで今日は何してたの?」

メールの会話とかも、本当に気持悪くて

カラオケとか、ディズニーとか二人きりで会うこと前提で話が進む

(例)「カラオケ何歌うの?」>「○○です」>「こんど歌ってくれぇぇぇぇぇぇ!」等

本当に気持ち悪くて連絡来てもすべて無視しても、それでも連絡がくる

無視し続けてたら学校の校門前待ち伏せされ、真剣に付き合いたいと思ってるくらい好きだから無視されるとキツイ告白され泣かれた

親に言ったら両親共激怒💢

すぐに彼の所属してる家庭教師会社に連絡入れた所

そもそも体験学習での、生徒との連絡先交換は禁止という事が判明

向こうには、ものすごく謝罪され、彼は退職させたと報告を受けた

30歳近い大人男性が、女子中学生対象にすんの!?と本気で気持ち悪かったし

しばらく年上の男性が怖かった

2018-04-23

anond:20180423135502

そのために栄養剤買って帰りにラーメン食ってビール飲んで夜遅くに寝て次の日も通常営業するのは安くないコストだと思うわ。

何回も続けられるわけでもない。

職業寿命ランキング堂々の1位は僧侶だ。

働くと死ぬぞ。

2018-04-22

マッチングアプリ彼女を作ろうとした

半年ぐらい前からマッチングアプリ登録した。

当方26歳会社員彼女いない歴26年、素人童貞

この1,2年ぐらい独り身の寂しさに気が狂いそうだった。

セックスしたくてしたくてたまらなかったし、それ以上に誰かに必要とされたかった。認めてもらいたかった。

東京に転勤になり、見知らぬ土地夜遅くまで働き、パワハラに耐え、消耗しきって土日に家でじっとしているとなんのために生きているのか見失いそうだった。

東京就職した親友と会った際、彼女ができたことを告げられた。この世界で本当にたった一人ぼっちになったような気分だった。

終電を逃し、新宿の小汚いネカフェの個室で横になりながらマッチングアプリ登録した。藁にもすがる思いだった。

自分免許証スマホ撮影し、審査が通ると利用できるシステム

女性顔写真がずらーと表示され、気になった人に「いいね」を送る。相手自分のことを気に入ればマッチングが成立する。

マッチングが成立すると相手とやり取りができるようになる。

手始めに気になった数人にいいねを送ってみた。

もちろんそんなにうまく行くはずもないと思っていたが、十数人くらいにいいねを送った辺りでマッチングが成立した。

まじか...と思って相手確認するとすげーかわいい。少なくとも自分はそう思った。

5つ年上の31歳。笑顔が優しそうな素敵な人だった。

早速メッセージを送ろうとすると、メッセージを送るには有料会員登録必要な旨のメッセージが表示された。

女性無料で使い放題だが男は金を払わなければやり取りすらできない。

会費1ヶ月4千円。その時の僕の気持ち想像できるだろうか。なんていうかすげー惨めだった。

目を皿のようにしてスマホにかじりついてたところに水をぶっかけられたみたいな気分だった。

有料なのはわかっていた。金が惜しいんじゃない。

なんて言えば伝わるだろうか。「俺一体なにやってんだろ・・・

そんな気持ち賢者モードのごとく押し寄せてきた。

モヤモヤとしながらもiTunesで4千円を支払いメッセージを送った。

その女性とはその後2回ほどデートし、クリスマスお台場夜景の見えるビーチを歩きながらあまりのいい雰囲気に思わず告白した。

彼女は少し言葉に詰まって、年齢の話をしだした。

「30代と付き合うってどういうことだと思いますか?」

そう言われた。

今考えるとやんわり振られたんだと認識している。

その後マッチングアプリを通して更に二人の女性デートをし、現在3人目の女性LINEブロックお別れをキメられたところだ。

この半年マッチングアプリ恋活してみていろんなことを考えた。

そして自分の中のドス黒いモノが増幅していくのを感じた。

この26年間、見ないようにしていたこと、諦めたはずのこと、もう慣れたと思っていた痛み、ひとつひとつの小さな垢が排水口の裏に溜まったヘドロみたいにあらわになっていくような気がした。

とにかく美人いいねを送っても100パー返ってこない。

からブスを中心に攻める。もう手当たり次第だ。プロフィールなんか見ない。見るだけ無駄から

いいねを送ってくる相手に対して質問を設定している女がいる。よくあるのが「私のどこにいいね?」だ。知らねえ。

適当に「笑顔が素敵なところ」とか入力していいねすると「審査中」って表示される。それ見るたびゾクゾクする。

自分女性からいいねを貰ったことはないが、どんなブスでも大抵50人以上からいいねを貰っている。そこそこの美人になると100人、200人超えは当たり前。

中には1000人超えなんてのもいる。そんだけアプローチされていい男いないんなら一生いないんじゃね?と思う。

大人になって考えると、小学生中学生の頃ってどれ程身分違いの恋をしてたんだろうと思う。

大人になるにつれて偏差値学歴職業年収、将来性…etc.と次第に住む世界が分かれていく。

バカ大学出て社畜として地べた這いずり回っている自分を昔好きだった女の子が見たらどんな冷たい目をするだろう。

殺意を押し殺してニコニコして、安月給で夜遅くまで残業して、必死スキルアップを図っても事務女の子人生絶対に超えられないのだ。

今はただ、最初出会った女性イケメン高収入の「イイ男」と出会って幸せになってくれればそれでいいと思う。

2018-04-21

30代半ばの女性教師と付き合って3年。向こうは結婚したがってるみたいだが、俺はもう体にも飽きたし別れたい。

大体夜遅くまで帰ってこない女と結婚したら子供グレちゃうだろ・・・

俺はワタミの宅食セブンミール子供を育てたくない

2018-04-18

anond:20180417154847

うわー。。隣がオッさんだろうが誰だろうが、

仕事の移動中だと少しでも休みたいのに、

うるさいって文句もいわず寝てるだけでこんな言われよう。逆だったらびっくりしないの??

勝ち負けはどうでもいいけど、

私は子供好きな割にはかなりのズボラなので、お互い産まないことにして

好きなとき外食したりふらっと旦那旅行したり夜遅くまでデートしたり、

ぶっちゃけ子供なくて幸せだわ。たまに姪っ子と遊んであげれば十分

2018-04-10

anond:20180410122801

朝霞ならホトトギスの声もいずれ聴けると思うよー。

あいつら夜遅くとか朝早くとかに啼くので「うるせーな」ってなると思うけど。

2018-04-02

anond:20180402110203

https://anond.hatelabo.jp/20180402073743

「安い保育料で、若くて元気な女性保育士が、担任制で責任を持って朝早くから夜遅くまで子供預かってくれなければ嫌だ」

と言う保護者こそが搾取者側だよね。

園側はそのニーズ馬鹿正直に答えてるだけ。

安い保育料しか得られないか保育士給料上げられないし、

それなのに保護者ニーズに合わせて長時間手間暇かけて保育するから働く方は薄給激務の超ブラックになるし、

年度途中で妊娠したら保護者にぶっ叩かれるならそうならないよう最初から配慮するしかない。

小学校教師も年度途中で妊娠したら叩かれるけど、こちらは男性中年以上の人も多くて妊婦になる可能性のある若い女性割合は低いから何とかなってるだけだ。

保育士待遇文句言うなら、もっと保育料を上げて営業時間も短縮して土日も盆正月もしっかり休んで

年度途中だろうが妊娠して辞めたり産休取る保育士だらけでも文句言わないようにするのが先だろ。

子供担任が「妊娠中だから子供抱っこしたり出来ないし走り回ったりも出来ませーん」って保育士でも我慢しないとね?

自分たち妊婦差別するな職場配慮しろといつも言ってるんだから、当然妊婦保育士にも配慮しないとね?まさか辞めさせろなんて言わないよね??

それが嫌だってなら、保育士搾取してるのはお前らだよ。

2018-03-30

就職ブッチしたら入社辞退する事になった

就職ブッチしたって28日にハテナ匿名ダイアリーした者です。

https://anond.hatelabo.jp/20180328154552

無茶苦茶になってゲロ吐いてるのでついでに壁に向かって話すよりインターネットに吐いて捨てようと思いとりあえず書いていきます

言葉足らずで申し訳なかったんですが、以前から連絡しての遅刻や欠勤は月に2〜3回ありました。

まあ会社側もその連絡が嘘だとわかってたと思います

で、28日に動けなくなって、28日の日はそのまま謝りに行きました。

29日の今日部長から連絡があり、入社を辞退してくれと言われました。

親に言いたいのでと切ろうとすると社会人なんだから貴方一人で決めることでしょうって言われて、至極真っ当で、とりあえず逃げるように電話を切りました。

フリーター生活へ逆戻りしました。

お疲れ様です。

匿名で誰も私を知らない人が見てると思って全部洗いざらい書くんですけど、先述のハテナ匿名ダイアリーでも言ったとおり私は夜の仕事をしていて、やっと辞めれると思ったんです。

夜のお仕事が悪いとは思ってません。適職なんじゃないかって思う日もあるんです。

ただ私の家は母子家庭で少し?過保護で私が夜の仕事とは言ってませんが夜遅くまで仕事したりするのをいいと思ってません。

ちょくちょく母の話が出て来ていておかしいと思ってるとは思うんですが、本当に過保護なんです。多分。

でも私も別に嫌だと思ってないので過保護を受け取って生きてます

過保護というか、いわゆる毒親なのか、わからないのですが…

これからどうやって仕事していこうという事と、この当たり前にできるべき事が出来なくて部屋のソファーで丸まって固まる事を直したいという事と、親がおかしいのか私がおかしいのかわからない現状と、夜の仕事は楽だけどこのままじゃダメだって思ってる事

解決しなきゃいけない問題があるのに全く動きたくなくて眠ってそのまま死にたいと思ってる自分現実逃避癖が治らないです。

あと夜の仕事でお店に来た人が気に入ってくれたみたいで告白されて一応付き合った形にはなるんですけど私は好きとか愛とか本当にそういう感情が全くわからなくて成人してから恋人がいた事がなくて恋愛にも興味がなくてただ付き合って欲しいって言われてわけもわからずうなづいてしまっていて、でもその人の事まだわからないのに付き合うとかすぐに好きになれるとかいうのが本当にわからないんです。

ここまでは可愛い話かもしれませんけどこの方が既婚者なので実質不倫になるんです。

初めての恋人不倫相手です。

うそういうのもあってとても混乱していてもう全てから裸足で逃げ出したいです。

28日のハテナ匿名ダイアリーから、1日で入社辞退して妹は家を出て私は親を悲しませて夜の仕事に戻ってフリーターになり手元に残るのは初彼氏アラフォーの既婚者。

あと確信した自分病気くらいです。

もう、無理です。

人にNOと言えない自分も、全てを引き受けてから無理だってなって逃げたり引き受けたことを潰したりする自分も、自分の事を理解せずにいる自分も。全部しんどいです。

明日病院に行って来ます。何かが変わってくれたらいいのに。普通人間になって普通に外に出て普通仕事して普通テレビを見てご飯を食べて、普通普通恋人が欲しい。

全部100点満点で5点。昔から。何をやってもうまくいかないし上手くなるまでやろうという根性もない。

受精卵の時点で卵腐ってた。

2018-03-13

anond:20180313202257

漱石ん家で夜遅くまで飲み食いしてた奴が悪評ばらまいたという説も

夏目鏡子 悪妻説-wikipedia

2018-03-12

うつになった時のことを残しておきたい。

ここ5年くらい、自分の中では壮絶な日々を過ごしたと思う。

特定されたくないのでフェイクを入れて書く。

長文だし駄文だけど許してほしい。

新卒入社した会社から転職したのが事の始まり

転職理由はありきたりなキャリアアップだった。

同じことの繰り返しだった業務から脱出して、いろんなことをしてみたかった。

何社か受けて、決まったのは創立間もない少人数のベンチャー企業だった。

面接ではやってきたこと、できること、やりたいこと話して、

やってること、やれること、今後のことを聞いた。

自分のやってきたことを活かしながら、新しいことができそうな感じだった。

入社してしばらくはベンチャー特有自由職場に戸惑いながら、

新しい会社仕事に慣れようと頑張った。

苦手な夜の街にも着いて行ったし、上司と仲のいい友人も覚えた。

社長上司の悪い武勇伝も聞いて怖い人達だと思った。

そのうちある製品納期が迫ってきて、夜遅くまで仕事をすることが増えた。

幸か不幸か自宅は会社の近くだったので、帰れないなんてことはなかった。

そんな中、私がする仕事の土台を上司に準備してもらっていたのだが、

ある作業中にそれを壊してしまった。

したことを報告したら、叱りながら直してくれた。

ただ、なにが原因で壊れたかは教えてもらえなかった。

原因がわからないので何度も壊してしまい、

壊すたびに叱る声が大きくなっていった。

純粋自分力不足で叱られていると思って必死に調べたりした。

それでも、別のものを壊したりして叱られることを繰り返した。

叱られる回数が増えるに連れて私の行動やプライベートにも口を出すようになっていった。

「字が汚い」「声が小さい」「見てるだけでイライラする」

風俗どころかキャバクラにも行ったことないのはおかしい」

普通クレカ上限まで遊んでクレカが使えなくなる」

上司いわく、こういうことから学ぶことがあるらしい。)

仕事の成果がまったく出なかったので別の仕事をすることになった。

いままで縁もなかったような仕事だった。

なにひとつ知らない状態から始まったので、

ちょっとしたことでもとても時間がかかってしまった。

出来上がったものも質がわるくてまったく認められることはなかった。

仕事が終わらず遅くまで残っていると「早く帰れ」と毎日のように言われた。

「どうせ叱られるんだからさっさと作って出せよ」

なんて言われた。

相変わらずなにがだめなのか理解できないまま、提出しては叱られる日々が続いた。

なにを作っても叱られるし、なにを求められているのか、

なんのために作ってるのかもわからなかった。

朝起きるのが辛い、好きだったことも楽しいと感じない、

上司に伝えると

うつみたいなこと言ってる暇あったら仕事しろ

と言われた。

病院には行けなかった。

お金の話になった。

「お前が日々生きているだけで毎月数百万の赤字になる」

「私は赤字を埋めて利益をあげるために寝ずに働いている」

と言われた。

辞めたいと思った。

社長上司に辞めたいと話した。

「とりあえず今やってる仕事を終らせろ」

と言われて仕事してる間に

赤字をつくって辞めるのか、訴えるぞ」

なんて言われて辞めれなくなった。

このあたりから殴られたりするようになった。

ある日、「会社に来るな、家でやれ」と言われ、在宅勤務が始まった。

会社にいるだけでイライラするらしい。

基本的なやり取りは電話で行なっていたので、携帯が鳴らないかビクビクしていた。

在宅勤務と言っても会社とは目と鼻の先なので、

何かあるとわざわざ家まで来て怒鳴り込んできて殴られた。

家で仕事をしても成果はあがらなかった。

在宅だと常に仕事ができる環境なので睡眠時間も減っていった。

泣き叫んだりぼーっとすることが増えて仕事が進まず叱られ殴られて、

消えたいとか死にたいとか思うようになった。

そんなときたまたま連絡をくれた友人に死にたいと言ったら助けてくれて、

なんとか会社を辞めることができた。

病院に行くとうつと診断された。

数年間休養して別の会社転職した。

転職して数ヶ月はちょっとしたことフラッシュバックして震えていたが、

会社の協力もあってなんとか仕事している。

今でも不意に無気力になったり死にたいと思ったりする。

書いてたら吐きそうになったのでこの辺で。

2018-03-09

75点くらいのアイスコンビニで売るメーカーって許せないよな

コンビニアイス買うときっちゅーのはよ、

仕事夜遅くなっちゃって

他の店なんか開いてなくて

でも何か気分上げるようなものがたとえ多少割高でも必要ときなのよ

そういうときのためのコンビニアイスなのよ

こちとら疲れてよく回りもしない頭で選んでんのよ

目なんか半分霞んでんのよ

どれ買っても100点満点出してきなさいよ!

食べたら却って気分下がるような半端なもの売ってんじゃないわよ!!!

愛を込めて。。。

2018-03-08

anond:20180308172426

たくさん追撃したのならそれなりに遅いことは覚悟しないとじゃない?

夜遅く明日の昼がいいとこな気がするよ。勘だけどキャンセル料が安い内に連絡来ると思う笑

っていうか半年くらい前にもセックスがどうとか義務がなんだとかって増田に書いてた子かな?人違いだったらごめんー。

2018-03-06

落ち込んでから余暇の過ごし方がだいぶ変わってしまった

1年くらい前の俺はロードバイクに乗ったりサウナに行ったり映画を見たりするのが好きだった

仕事でいろいろとやらかして落ち込んでから余暇の過ごし方がだいぶ変わってしまった

朝早く起きれず12時頃に起床し、適当コンビニに行って炭水化物をたくさん買ってやけ食いして

夜はひたすらスマホを見たり増田で毒を吐いたり動画を見たりアニメキャラエロコラを作って抜いたりしてダラダラして夜遅くに寝るのが日課となった

充実しているかどうかで言えば、充実していると思う

くすんでいるかどうかで言えば、くすんでいるか

2018-03-04

幸せ時間

昨日の夜遅く、なかなか会えない彼氏と2週間ぶりに会えることになった。

50kmくらい離れたところに住んでいて、私が電車で会いに行く。

最寄り駅で今度は彼の車に乗り、私の家まで送ってもらう。

ただ家へ送ってもらうだけのドライブなんだけど、会えない時はたまにやる。

お互い実家だし、忙しいし、昼間にどこかへデートなんて年に数回しかできない。当たり前に色んなところへ出かけてる世のカップルが羨ましくなったりもする。

だけど、ドライブしてくだらない話をするだけの時間が何より人生の励みになっていることを実感すると、生きていてよかったと思う。生きていればいいことがあるんだなとしみじみする。

深夜ドライブは何年も前からやっているけど、いつからホットミルクティーが車のドリンクホルダーに置いてあるのが定番になってる。

昨日も、車に乗ると当たり前のようにミルクティーが置いてあって嬉しくなった。

私は特別ミルクティーが好きなわけではないのだけど、多分ドライブをはじめた頃まだコーヒーが飲めなくてミルクティーばかり飲んでいたからその頃の名残だと思う。

今では、ミルクティーを飲むのは車に乗るタイミングだけだからとても特別飲み物のように感じて幸せに思う。

何も特別なことはしないけど、一緒にいるだけで幸せになれるから、やっぱりこの人のそばにいたい。

ないものねだりをして、悩んで苦しんでいたけど、会ったら元気が出た。

今週も頑張ろう。

2018-03-03

夫婦喧嘩を見て育った

普通の家ってなんだろう。

私は自分の家を普通の家だと思っていた。むしろ大学まで行かせてもらって、その上生活費も出してもらっていたのだから、すごくいい家庭である。憎まれるほどいい家庭だ。

でも、昔から夫婦喧嘩が絶えなかった。

子供暴力をふるうことはなかったが、父は母を叩いて殴って蹴って踏んで罵倒していた。母は金切り声の叫び声をあげてわんわん泣いていた。物心ついたときから家はこの状態だった。

記憶してるなかで一番はじめの夫婦喧嘩は、3歳くらいの、まだ市営住宅に住んでいたときだ。

夜遅く、母は洗濯物を畳んでいて、私は母のそばテレビを見ていたと思う。車の音がして父が帰ってきた。母が玄関まで鍵を開けに行くと、酔っ払った父が家の中に入ってきた。私はなぜかすぐにコタツの中に潜って隠れた。父と顔を合わせたくなかったんだと思う。あと、酔っ払うと絶対喧嘩になることを知っていたからかもしれない。私は真っ暗なコタツの中で息をひそめていた。しだいに口論になっていくと、突然父が怒鳴り声を上げる。いつもここでびっくりしてしまう。本当に突然大きな声で怒鳴るのだ。そしてバシッと叩く音が聞こえる。何度も叩く。母はその度に「もう!やめて!やめてよ!!」と甲高い声で泣きながら叫ぶ。ドカドカと殴る音になると「やめてーーーー!」と母の絶叫が聞こえる。私はコタツの中でずっと震えていた。隠れているのが見つかったら私も同じ目にあってしまうと思っていた。喧嘩が終わると、まだ興奮がおさまっていない父の口から漏れるシーシーという息と、母のすすり泣く声に変わる。怒鳴り声か金切り声はだんだん慣れていくが、すすり泣きの声だけはいつまで経っても心臓がぎゅっと掴まれるような痛みを感じる。

両親はほとんど毎日喧嘩していた。父がいない日は心からホッとした。母が私を寝かしつけたあとに父が酔っ払って帰ってくると、ドスドスという足音とひどい喧嘩で起こされた。それでも布団にもぐって怯えながら寝たフリを続けなければならなかった。母をかばたことは、たぶんなかった。

次に記憶があるのは、小学校の高学年のときだと思う。父は自営業を始め、母は事務を手伝っていた。工場に隣接されるように建てた一軒家には自分の部屋がつくられた。

仕事は忙しく、夕飯はいつも11時くらいに食べていた。共に自営業を始めたことで、喧嘩レパートリーが増える。母も気が強い方なので、父に対して仕事意見を言うが、父は「口出すな」「誰のおかげで生活できてると思ってんだ」「黙っとけ」と応戦する。「くらすぞ!!」と拳を振り上げ、しだいに喧嘩ヒートアップする。プロポーズだと笑われてる九州方言だけど、聞くと少し複雑になる聞きなれた言葉

また始まった...と呆れながらテレビを見続けた。うしろで行われる喧嘩が聞こえてないようにじっとテレビを楽しむふりをしていた。怒鳴り声で音なんか聞こえないのに、ずっとその場に固まったままテレビを見続けた。喧嘩が始まると、その場から動いちゃいけないという気になるのだ。トイレに行きたくても、立ったその瞬間に「聞こえてません知りません」のフリは解けてしまうと思っていた。自分の部屋に戻りたかったけど、その場から逃げることはなんだか卑怯だと思っていた。母を助けないくせに。

怒鳴りながら暴力をふるう父と、泣きながらやめていたいと泣き叫ぶ母と、テレビから目を離さな子供。今考えると異常な光景だった。すぐうしろで母が泣き叫んでるというのに、見ないふりをしていた。

その日はなかなか喧嘩がおさまらなくて、近所迷惑だなと呑気に考えていた。その時、怒り狂った父がとうとう台所から包丁を持ってきた。この時の光景はずっと忘れないと思う。父は「ころすぞ!」と怒鳴りながら泣きじゃくる母に向けて包丁を何度も振りかざすまねをしていた。母がその時やめてと叫んでいたのか、刺せばいいでしょと反抗していたのかはもう覚えていないけど、ただ包丁を母に向ける父の姿から目が離せなかった。

頭の中で「終わった...」と考えていた。父が母を殺して、両親をどっちも失うことになって、どうやって暮らしていけばいいんだとまで考えていた。その喧嘩はなんとか父が冷静を取り戻して終わったが、ずっとこの喧嘩のことは忘れないだろう。

父は交友関係が広い人だった。外に出ると、何度も友人や知人に明るく挨拶をする姿を目にする。外での父はとてもいい人だった。明るくて面白くて輪の中心にいるような人だ。私に対しても優しくて少し甘い普通父親だった。だからこそ、その二面性がこわくて気持ち悪かった。

父の友人は私に「いいお父さんでしょ?」とにこにこしながら聞いてくる。私はいつもなんと言っていいかからなかった。

やがて反抗期に入った私は父とまったくしゃべらなくなっていた。そこまでは良い。よくあることだ。しかし、私は母に対してひどい態度をとるようになってしまった。母を小バカにするような口はまるで父のようだった。私の中で無意識に「母にはひどい態度をとっていい」という意識が生まれていた。今考えると、父の母に対する態度の影響が出ていた。

大学に入って地元を離れることになった。簡単には両親と会えない距離だ。そこで私は一人暮らしのあまりの快適さに感動してしまう。怒鳴り声も暴力もない、近所迷惑も考えなくて良い生活は本当に心地よいものだった。

そして、両親が今まで不自由なく育ててくれたことに自然感謝できるようになった。夫婦喧嘩記憶だんだんと忘れていった。

でも、正月や盆に帰るたびに夫婦喧嘩日常的に行われていた。私は理由をつけて帰らないようになっていった。

大学にいる間、たびたび友人間で両親の話題をするようになる。もちろん良い部分だけを話した。そうすると友人の中でうちの両親のイメージは「優しくて天然なお母さん」「面白くてちょっと寂しがり屋なお父さん」という理想的な両親になる。私も誇らしかった。「私の両親は良い人なんだ」と思うことができた。久しぶりに帰ると、そのイメージは壊され、やるせなかった。

うちは普通の家庭である、と思っていた。喧嘩が少し多いだけの、普通の家庭だ。でも、親元を離れて暮らす中で、あれは普通ではなかったかもしれないと気づいていく。夫婦喧嘩包丁は振らないし、「誰のおかげで生活できてると思ってんだ」なんて言葉は出てこないらしい。

大学卒業して地元に戻ってきた私は、いまだ喧嘩を続ける両親に向かって言った。「夫婦喧嘩がほんとに嫌だった、辛かった。喧嘩するのもうやめてほしい」と伝えた。父は笑って「どこの家もこんなもん。だいたい喧嘩じゃなくてじゃれてるだけ」と言った。情けなくて、もう何も言いたくなくなった。

夫婦喧嘩について調べていく中で、「面前DV」という言葉があることを知った。直接子供暴力を向けなくても、夫婦喧嘩子供精神DVを与えるというものだ。たしかに辛かったが、私はあんまり精神DVを受けたとは思っていない。なぜならいつも知らないふりをしていたからだ。母がどんなに泣き叫んでも庇わなかった。でも面前DVを受けたという話の子供はほとんど母を庇っていた。怖かったとはいえ、自分が情けなくてたまらなかった。

今では大人になり、父の言い分も母の言い分も理解できるようになった。仲裁に入るようになった。ずっと離れていたためか、暴力をふるう姿はあまり目の当たりにすることはなくなった。母方の祖父と共に暮らしているため、怒鳴り合いだけに抑えているのかもしれない。職場では、従業員の前でも怒鳴り合いの喧嘩をしている。人のいないところでまだ暴力をふるってるのかもしれない。

そういえば、病気で目が見えづらくなってきたのに配達に行かせるのよ、と母にこの前愚痴られた。なんでもないただの愚痴のように言われた。一歩間違えば事故を起こすというのに、「父は昔からそんな人だったのか」と改めてショックを受けた。

仲裁をしていく中で、私の意見なら父はちゃんと聞いてくれるということがわかった。母も「あなたの言うことなちゃん聞く耳つのよ」「あなたから言ってよ」と言うようになった。

私が言わなければならないということはわかっているし、母を庇おうとしなかった負い目もあるため私から話をすることが増えた。しか口論になって、怒りを滲ませた父の表情を見ると、恐ろしいと思ってしまう。白目のところが赤くなっていくのだ。次には拳が飛んでくるのではないかという考えがよぎる。

離れたら穏やかに暮らせると思う。だけど、私がいない間の両親の喧嘩想像すると苦しい。いつかどちらかが殺してしまうのではないかとずっと思っている。

私に対しては優しい父への接し方がいまだにわからない。

2018-03-02

JK11歳年上の人に恋をする

タイトル通りです。

miwaとか西野カナ聴くレベルです。下手したらTwitterかに「まぢ共感、ホンマに切ない」って書くぐらい。miwa片想いなんかもう歌詞見ないで歌えるし西野カナの震える歌以外も覚えてLINE音楽にしてるぐらい。LINEMUSICの再生履歴女性アーティスト清水翔太だらけです。

友達に言うと確実に気持ち悪がられるのでこの場を借りて全力でこの恋なのかどうか分からない気持ちをぶちまけていこうと思います

11歳上の奴とどこで出会うねんって話だと思うんですけど、普通に塾です。中2からお世話になりました。卒業が近くなって、いろんな人にLINE交換しよ!って言ってみんなでふるふるしたのが懐かしいです(一年前)その中の一人でした。いやなんかもっと細かくいうとめちゃくちゃ面倒臭いからそういう感じ。

中三勢はがっつりお世話になったし、思い出に!っていうノリ。中3あるあるにしてもいいと思う。

そんでこの人めちゃくちゃかっこいい。中間淳太に似てる。知り合い七人中六人が認めたのでほぼ中間淳太です。身長神ちゃんと同じでちっちゃめ。アンド手が最高。そんでベースしてるって……丸山隆平要素までぶっこんでくるんですか?ジャニヲタにはしんどいです。

私も、ベースちょっとやってて、ここどうやってやるんですか?とか聞いてて、そのたびに丁寧に教えてくれています

ちょっと前にその人に会ってきたんです。もちろんベースで。

その事を友達に言ったら「え、スタジオ密室エロない?」と。どんな思考回路してるねん。

待ち合わせの駅まで電車揺られたよ。着いたんだけど初めて来たところで出るところ間違えた。ひっさびさ、ほぼ一年ぶりやし大丈夫かなってかなり心配したけど結構普通に話せてよかった。あ、まさかの車で一瞬「!?!?!?」ってなったし、自分より早く付いてて何分前からおったん?!ってなった。

自分わがままにも付き合ってもらったしほんまに優しさの鬼です。

そんな人から人生初と言ってもいい女子扱い?受けました。

結構夜遅くにご飯食べてて、「今ご飯食べてる」って23:00ぐらいにLINEしたら「女の子やねんから早く帰りや」ってきて飲んでたウーロン茶枝豆にかかりそうになりました。リアルに「は!?」って声出した。このクソブスにもそんな優しくしてくれるなんておそらくあの人は菩薩だ。

そうなんです。あの人は優しいんです。とにっかく優しい!!!!!

産み育てたお母さまに、ありがとうございます。どのような教育をなさったのですか、と聞きたい。

この顔面ゴリラに優しくしていいんですか?彼女ますよね!?!?てかその見た目で彼女いなかったら私泡吹いて倒れる自信ある。そのあなたの優しさで一体何人の女を泣かせたん?このみたらしが!なんでそんなにかっこいい上に優しいんですか?

もっとこう優しさ無しで冷たくして欲しい。でもそんなんリアルにされたら病んでLINEプロフィール真っ黒にして一言コメントに「しにたい」って書いてしまうと思う。

てか今、HYNAO歌詞めっちゃ刺さる。諦めたくなっても、あなたまたほら優しくするでしょう 同じ気持ちじゃないならそんな言葉や態度なんていらない。これ書いてる今流れててやばい

あかんどうしよ、これやったらTwitterで謎ポエムのとかニャンちゅうとか引用リツイートして分かるーって言ってる女子高生と同じだ。

「諦めたくなっても〜」入った。どうしよ、泣きそう。

ポエム書きだす前に、この謎の恋を早急に諦めなければならない。

初めてのますだ。

SNSでもリアルでも、なんとなく言いにくいことだけど、ちょっとかに知ってもらいたいことを書く。

深夜に夫と赤ん坊が寝ている隣で、

時々、ものすごく悲しくなって泣いてしまう。

今、不幸ではないし、むしろ幸せだと思う。

夫は優しくて、子どもをとても可愛がっていて、

仕事休みの日には、私や子どものためにご飯を作ってくれたりするし、

私の実家や親戚にも親切にしてくれる良い人だ。

夫の両親も私に気を遣いながらも、仲良くしてくれる。

本当にいい結婚をしたと思っている。

でも、夜、同じ部屋で並んで寝ているのに、とても孤独に感じることがある。

とりとめのないことなのに、

なんだか切なくて悲しくてやりきれなくなるのだ。

7年前に突然死んだ父のことや、

統合失調症の兄のこと、

今のところ健康だけど日々年を取って弱る母のこと、

父と同じ年に死んだ叔母のこと。

父や叔母には、赤ん坊を抱いてもらいたかった。

生きていたら、きっとかわいがってくれただろう。

二人とも、あっさり死んでしまった。

統合失調症の兄が何を考えているのかよくわからない。

たわいのない会話も出来なくて、

どこか遠くへ行ってしまったような気がする。

そして、昔、一人で住んでいた部屋のことを思い出す。

朝早くから働いて、勉強したり、お酒を飲んだりして、

夜遅く帰宅して、洗濯してお風呂に入って寝る。

毎日くたくただったけど、全部自分のためだった。

質素な部屋だったけれど、

全部全部、私が自分でそろえたものしかなかった。

病気になったり、仕事が辛くなったこともあって、

良いことばかりではなかったけれど、

私は自分の力で生きていた。

だって自分の力で生きているはずなのに、

何故だかとても弱くなったような気がしてとても怖くなる。

一生懸命に、賃労働をしていなくとも、私は私、私は生きる価値がある、と言い聞かせる。

それから子どもの頃のうっすらした記憶がよみがえる。

今は取り壊された古い団地に住んでいた頃。

もうどこにもない景色を思い出す。

ある日の夕方、どこからか家に帰る途中の記憶

同じ年頃の子どもたちの声や、どこからともなく漂う夕餉の香り

お家に帰れば、お母さんとお兄ちゃんがいて、

夜になればお父さんが帰ってくる。

優しくて元気だったころのお父さん。

私は何も心配しなくていい。

どれも、優しい記憶ばかりで辛いことも悲しいこともないのに、

とても切なくて寂しくなってきて、

涙が込み上げてくる。

私は、自分人生の折り返し地点を過ぎたのだと思った。

今までしてもらったことを、してあげる側になったのだ。

自分が産んだ赤ん坊のために、

ご飯の支度をしたり、安心して眠れるように、

居心地の良い家を作っていく大人になったのだ。

でも、やっていけるのだろうか。

私は今、私自身を見失いそうになっている。

出産から1年半程度の期間だが、ずっと自分のことを後回しにしていたことで、

自分が何をしたかったのかがわからなくなってきている。

とても疲れていてただ眠りたくてしょうがない。

それでも、少しずつでも自分のことを取り返していく努力をしなくてはならない。

私は私の人生を生きていて、

の子はこの子人生を生きるのだ。

そこまで考えて、ようやく眠らなくては、と思う。

月に1回か2回は、こうした考えに取りつかれてしまう。

とても疲れ切っていて、眠くてたまらないのに、

また夜泣きが始まってしまうかもしれないのに、

深夜、一人で、悲しみとさみしさに浸ってしまう。

私が一人深夜泣いていることを夫は知らないでいる。

それがまた悲しくて淋しい。

けれど、私の悲しみは私だけのもので、おそらく夫にはわからない。

いや、わかろうとはしてくれるだろう。

でも口には出来ない。

こうして匿名ネットに書き込むだけだ。

2018-03-01

ベンチャーキャピタルVC)に入ってしばらく経った感想

しばらく前に元いた会社をやめてキャピタリストになった。

最近少し落ち着いてきて、今日仕事が早く上がれたので思ったことを書いていこうと思う。

入社して最初に思ったことは、意外と日本ベンチャー企業VB)がたくさんあって、そして思い思いの夢やアイディアを実現しようとしてる。

もちろんVBと接する機会が多いからそう思うんじゃないかって感じだけど、働き始める前の想像よりも国内VBは多い。

ただよく言われるように、スケールが小さかったり海外がやってるビジネスの隙間を埋めるようなところも多い気がする。

ユニコーンなんてポンポン出るもんじゃないとは思ってるけど、5年後に自担VBが生きているかって聞かれると自身を持って肯定できない感じ。

VBって本当に火の車なんだって初めて財務諸表を見た時が忘れられない。

会社預金残高が500万しか無いのに毎月100万以上使ってて、すぐ入金しなきゃ食っていけないなんてザラにある。

逆に昔のベンチャー企業なんてどうしてたのかなって思うときもある。銀行簡単に貸してくれていた時代もあったのかなって。

そういう意味ではVCなんてのは銀行が金を貸さなくなったからこんなに増えてるんだなって思う。

お金を貸さな銀行のお陰で俺がメシ食ってるのか。変な話だ。

  • 振り返りの有無

VCはによって違うかもしれないけど、潰れた後のVBがなぜ潰れたか検証している人が少ないと思った。

投資決定プロセスとき、色々財務状況とか市場性とか諸々をまとめるとは思うんだけど、キャピタリストって走り続けるような職業で振り返り検証とかする余裕ないのかな~。

もちろんITバブルリーマンショックみたいな不測の事態は起こっちゃうわけだけど…

自分投資したVBが(というか投資させてくれってプッシュしたVBが)どうなるかなんてまだわからんから何とも言えない。

中途入社の先輩が言ってた、

キャピタリストって投資プロって思われがちだけど、それは違うと思うんだよね。クソなやつはクソみたいに会社潰してるし、キャピタリストって何処かにセンスが無いとダメだと思う。」

ってのが頭のなかに引っかかってる。

センスってなんやって思ったんだけど、結局は今のビジネス問題点とか裏にある市場デカさとかをどれだけ感じ取れるかなのかもしれない。

電子計算機パーソナルコンピュータにしちゃった企業とか、ネット小売でニッコリな企業とか、その企業の裏にはセンスのある人が金を出したってことなんかな。

今の自分センスがあるのかはわからない。そもそも面倒見たVBIPOして / M&Aされてないからね。


自分はもともと理系畑で、全然金融とかはわからない。というか株も投資信託もやったこと無い。

そんな自分が人の金で投資してるのは今でも笑いそうになる。

ある意味で、VC金融素人でも生きていける感じがする。

トレーダーめっちゃすげえプロがやってるイメージVCなんてVB10個に投資して1個大当たりしてごまかす感じだしね。

金融素人文系理系も同じ。簿記とか大学勉強してても、生きてる財務諸表じゃないと頭に入らないでしょ。

簿記国家資格じゃなくて英検的な立ち位置だしね。もちろん会計士とかの国家資格はまた別だとは思う。

2桁年以上キャピタリストを続けてる人はなかなかいない。

人の入れ替わりが激しい業界だと思ってはいたけど、3年前に居た人が半分以上ターンオーバーしてるのは流石に驚いた。

逆に言えば、キャピタリストは他の業界でもメシ食っていける肩書なんじゃないかなって思うようになった。

そう思わないとちょっとキツいってだけだけど。


  • さいごに

VCは常にマルチタスクをやってて、飽きっぽい性格自分には少し合ってた。ただ、夜遅くちょっとつらいときあるけど。

ユニコーン勝手ユニコーンになって飛び出しちゃうので、ユニコーンじゃないけど面白いビジネスをジワジワ広げられるようにこれからもがんばろ。

2018-02-28

医療界のセクハラ』は実際のところどうなのか

内科医師です。男性です。だいたい20年目ですので中堅どころ。先日、BuzzFeed医療界のセクハラについて記事が出た。

医師たちの #MeToo  医療世界にも蔓延するセクハラ

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/doctors-metoo?utm_term=.ohvYenxevY#.joXYnzVn8Y

岩永直子さんは読売新聞医療関係部門編集長をしていたこともあり、信頼できる論者の一人だと私は考えている。その後、男性医師にも取材して第二弾の記事が準備されたそうだが「様々な事情があり公開を断念」したそうだ。

闇が深い…男性医師取材した「医療界のセクハラ」についての記事が"様々な事情"により公開されなくなった話

https://togetter.com/li/1203645

いろいろな意見が飛び交っているので、私の意見体験を述べる。あくまでも一個人意見体験である

医療世界」といっても幅が広いので「様々な事情があり公開を断念」するようなセクハラがあってもおかしくはないと考える。一方で医療界全体にセクハラ蔓延しているわけでもないのも事実である大学部活動医局によるのではなかろうか。

医学部1年生のとき体育会系部活動の親睦会に参加して芸を披露した。参加者医学生と総顧問的な立場教授。圧倒的に男性が多かったが女性も若干混じっていた。1年生だから「芸は嫌です」と拒否することはできない。何かどうでもよいような芸をやったように記憶している。受けなかった。BuzzFeed記事にあるように「裸になるのは男性の先輩やOBに確実にウケる鉄板芸だった」というのは事実である部活によっては「えぐい芸」をやるところもあった。たまたま私はその辺りがゆるい部活に属していたので「えぐい芸」をやらずに済んだだけだ。それに女性参加者にとってはセクハラである

医師国家試験合格すると、当時は医局に入局して研修するのが一般的であった。なりたての研修医実践では何の役にも立たない。医局の先輩から指導をうけて学んでいくしかない。そのため、強い権力勾配と帰属意識が生じる。また労働条件過酷だった。いまでこそ大病院労働基準監督署から注意されたりしているが、20年前は働かせ放題だ。というか、働かされているという意識はなかった。医学を学ぶため、患者さんを救うためであるから、早朝に出勤し、夜遅くまで働き、患者さんの状態が悪いときには病院に泊まり込むのが当たり前。それが良い医師であるとされた。

私は、たまたまかもしれないが、医局においても先輩に恵まれた。たまに女性医師に対して「結婚はまだしないのか」「子供はまだ産まないのか」と尋ねるようなセクハラはあったが、全体的には、公的な場でそのようなことを尋ねるのは不適切であるという雰囲気はあった。統計を取って数えたわけではないのであくま個人的な印象だが、内科系の、それも臨床よりも研究色の強い医局であったことが関係しているのではないか女性医局員の少ない外科系の医局先生方(とくにご高齢の方)はセクハラ発言が多いように思える。

男女限らず、激務で疲弊した研修医に付け込むのは指導医にとって容易であったと思う。それにセクハラを受けた研修医が声高に被害を訴えるのは困難な環境であった。今は医局に頼らなくても仕事を探す手段はあるが、当時は医局がまだまだ人事権を握っていた。また、ある医局ともめると、同じ大学の他の医局にも入りづらいだろう。私自身は見聞きしたことはないが、レイプのような性犯罪泣き寝入りになった例があったとしても驚かない。

2018-02-25

ほんとにギリギリの追い込みでそれ終わったら休めるとかならまだしも常態化してる残業長時間労働で能率下がって余計仕事捗らずにさら残業残業の負のループ

 

毎日夜遅くまで勉強して眠そうにしながら授業受けて成績上がらない受験生とかと同じ

2018-02-20

SEの嫁

長文だけど。

僕にはまあまあ大きめの会社SEとして働いている嫁がいる。

とても優しくて大人しい良い子。

彼女は「なんとなく会社雰囲気が良さそうだからSEになり、

もともと理系でもないし、仕事へのモチベーションほとんどない。

最近特に彼女会社は業績が良くないらしく忙しい。

毎日のように朝早くに出て行って、夜遅く帰宅する。

精神的にも体力的にも疲弊していて、「辛い、辞めたい」と口にすることもしばしばある。

グループ部署でも忙しさのもと辞める人がいるようで、忙しさは増していく一方の様子だし、

周りも死ぬほど働いているからか仕事押し付け合いで人間関係もあまり良くないらしい。

SEとは言うが、やっている仕事内容を聞けば、

基本的にはエクセルもまともに使えないんじゃないかというお客様から質問対応で、

あとは工数管理資料作成仕様説明などなど、エンジニアリングとは名ばかりで

コードを書くようなこともなく、正直言って誰でもできるような仕事内容だと思う。

彼女自身疲れているし、コーディングしてるわけでもないので身につくスキル特にない。

まり今の仕事彼女のためにならないので、はやく辞めてほしいと思っている。

理詰めにも感情的にも、いろんな文脈で何百回と早く辞めてほしいと伝えているが、

頑なに「私が辞めたら会社の人に迷惑がかかるから」という理由で辞めてくれない。

同じ理由子供も作ろうとしてくれない。

しっかり残業代は換算されているようなので給料は高い方だと思うから

実はお金のことを気にしているのかもしれないし、その他に要因があるのかもしれない。

でも少なくとも僕には、彼女性格言動から見て、

以前から周囲の人のことをほっておけず助けてあげるような人なので、

本音で「私が辞めたら会社の人に迷惑がかかるから仕事を辞めないように見える。

正直言ってそんなことを言ってたら倒れるまで一生会社辞められないし、

これまでもこれから仕事が落ち着くときなんて来ない。

早く彼女会社なんて潰れてしまえば良いと思っている。

何か彼女を辞めさせるように説得する方法はあるんだろうか。

2018-02-19

初期対応

最初に入った会社の直接の上司地雷だった。

ずいぶんしゃべる人だな、テンション高いなと思いつつ今となっては新人には無理だろっていうのをどんどん押し付けてきた。

働き始めてすぐだったからこういうものなのかな、大変だなとうっすら思いながらなんとかひとつずつこなしていったけれどそういう自分に対して周囲は助けることもなく、「あの人についていくとヤバイよ」みたいなことをいう。でもさ、新人でそれで何のしようもない。それが本当なのかな?とか思って、薄ら笑いでおかしなこという上司にへらへら笑って、そういうもんだって夜遅くまで飲み会に付き合った。お酒を飲むのは好きだけどその上司と飲むのはめんどくさいな、と途中から思い始めた。でも最初から3回目くらいまではこれが社会人ってもんだろうから、と自分をだましながら付き合った。

こういうとき最初からNOっていえるやつがいたのかな、って今となっては思う。

その後そいつにひどいセクハラされて、そういう自分気持ち悪くて死にそうになってたら陰でそいつが私のことをあることないこと吹聴してることが判明して反論しようと思う時期にはそいつ鬱病だといって長期療養に入っていた。こっちが入院たかった。

最初にさ、そういのに出会ったのってどうすればいいんだよ。

はやくしんでほしいりすと。

で、最初それを見てみぬぬりしてて何の助け舟もださなかった周り、くるしんでしね。

2018-02-15

気付いてしまった

嫁は生理の前日に朝早く起きてor夜遅くシンク掃除をするようだ

本人はたぶん気づいてないだろう

増田諸兄も何か気付いたことはないですか?

2018-02-09

あたし おかあさんの歌

夜遅くまで 手袋編むの

だって冷たい風が吹いたら あなたの手が凍ってしまうじゃない?

あたし おかあさんだから

ねむい目こすって 手袋編むの

あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから

あたし おかあさんだから

オレ 父親から

オレ 父親から

 

一人暮らししてた 父親になる前

バイク乗って 肩で風切って

仲間と一晩中飲み明かした

 

 

今はすり切れた靴履いて

よれよれのスーツ着て

さばききれない量の業務抱える

オレ 父親から

 

 

オレ 父親から

どれだけ夜遅くなっても仕事を片付ける

オレ 父親から

娘が口聞いてくれなくも構わない

オレ 父親から

下げて済むならアタマいくらでも下げる

オレ 父親から

クビになるわけにはいかない

 

 

帰ってくるの

毎日 夜遅く

家のこと何にもできなくて

全部 お前にまかせて

申し訳ないと思ってる

 

  

おまえおとうさんだろ

って言われて

こんな男と結婚するんじゃなかったって

って言われて

黙るしかないよ

  

 

ただ オレは

もう もらったよ

必要なだけの幸せ

可愛い娘を産んでくれた

お前と出会わなかったら

オレはどうなってたか

 

 

ごめんな

お前のこと幸せにするって

一生かけて絶対幸せにするって誓ったけど

オレ 父親だけど

お前のこと幸せにしてあげるだけのチカラなかった

ただ 働いて なんとか人並みの生活

させることしかできなかった

 

 

オレ 父親から

仕事に行く

オレ 父親から

これがオレの役割だと思うから

オレ 父親から

洗濯別に洗ってもいいよ

オレ 父親から

娘 そういう年頃だろ

オレ 父親から

夜遅くなることもある

オレ 父親から

理不尽接待でも調子合わせる

オレ 父親から

最近ちょっと調子悪いけど

オレ 父親から

休むわけにはいかないだろ

オレ 父親から

生命保険入ってる

オレ 父親から

死んでも家族生活は守る

オレ 父親から

オレ 父親から

オレ 父親から

 

 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん