「火葬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 火葬とは

2020-05-28

anond:20200528024307

メリットを感じられるのは極一部だろ

そういう御用向きなら支援学級に健常児童が入れるスタイルを作ればいい

一般人にとっては、なんなら知的障害を拗らせているレベルではないが学級崩壊を起こさせるレベル児童隔離してほしい(他のクラスはともかく我が子のクラスには居てほしくない)って思ってるのがほとんどだろ

言うなら、ゴミ処理施設葬儀会館も火葬場も社会生活には必需なものだが、我が家の周辺には存在して欲しくない的な

2020-05-27

マスクと夏

今日非番だったので、近くの公園まで一人で自転車で向かった。


すると、汗だくの爺さんがマスクをしていない人に向かって「おい!マスク!!!」と叫んでいた。

周りを見渡すと、暑い散歩している人たちのほとんどはマスクをしていた。

子どもたちは流石にマスクを外していたが、高齢者ほどマスク率が高かったように思える。


公園では喉が乾きやすい。きっと喉の保湿をしてコロナにかからないようにしているのだろう。素晴らしい努力だ。


今年の夏、仮にコロナ感染者がゼロだったとしても、救急車火葬場は休めないかもしれない。

2020-05-21

スペインインフルエンザからアフターコロナを考えてみて、煮詰まったので意見を聞きたい

速水 融『日本を襲ったスペインインフルエンザ人類ウイルス第一世界戦争

  

日本で猛威をふるったスペインインフルエンザ現在インフルエンザ)について、各地方新聞記事を基に当時の様子を詳細に記述している本を読んだ。

スペインインフルエンザを新型コロナと重ねてみるには、最も参考になる本。

テレビで『感染症世界史』が紹介されることが多かった(文庫本なので手に取りやすい)けど、あっちはウイルス学的な紹介なので、当時の社会情勢を知るにはこっちの本のが当たり。

著者によれば、スペインインフルエンザ流行世界的にも「忘れられて」おり、その記録は数えるほどしかないという。

記述からも、統計上の数値からも、当時のスペインインフルエンザは猛威をふるい、日本史上に大きな傷を残したはずなのに、なぜわれわれの記憶に残っていないのか?

新型コロナ流行の先を予測するためには、スペインインフルエンザ流行の様子を知ることがまず第一重要ではないか

  

スペインインフルエンザ流行時も、学校が閉鎖され、社会インフラが麻痺し、火葬場に棺桶が溢れた。

  

新型コロナスペインインフルエンザの違いはいくつかある。

ひとつは、スペインインフルエンザ流行時、学校閉鎖や社会インフラの機能停止は、感染した結果人がいなくなり生じたものであり、予防のためにあらかじめ閉鎖したものではないということ。

劇場や社交場の閉鎖は行われたが、感染症の原因も不明であり、学校は4日~2週間の休校で再開していた。

感染症感染拡大を予防するために社会機能を停止させたのは、新型コロナが史上初めてではないか

  

ふたつは、スペインインフルエンザは多くの日本人が感染し、前流行と後流行があったが、前流行感染抗体を得たことが後流行感染率低下となったこと。

日本において、新型コロナほとんど伝播していない。外出自粛により感染拡大よりも予防が勝った。

スペインインフルエンザと同様に、前流行の後に後流行が生じたとして、前流行による抗体が獲得されていなければ、同様の被害を得るのではないか

流行と同様の対処で乗り切るのであれば、後流行でも社会機能を停止させ、外出自粛により感染予防に努めることが必須となる。

感染症対峙した際、予防するか、抗体を得るか、どちらかしかない。

果たして、予防し続けることは可能なのか?

あるいは、徐々に抗体を得ていく方針なのか。新型コロナにおける外出自粛は、医療機能崩壊を防ぐことが第一であり、新型コロナにかからないためではない。

一過性の激しい流行ではなく、慢性的感染により、医療機能崩壊させることな一定感染を得て免疫を獲得することが目的なのかもしれない。

しかし、感染症である以上、また史上最も人口密度が高く人類の移動もより広範囲・高頻度で行われている以上、そう簡単になだらかな感染が起こりうるのか?

一度発生すればまたたくまに広がる恐れがある。

  

みっつ、スペインインフルエンザと新型コロナではウイルスの種類が異なる。

スペインインフルエンザインフルエンザであるので、季節性がある。

流行と後流行も、約1年の間をあけた同時期のものである。気温や湿度の影響を多大に受ける。

おかげで収束したともいえる。

新型コロナが季節の影響を受けるのかは、未知であり、はっきりしない。

東アジアアメリカヨーロッパでの毒性が異なるのは、ウイルスの株が違うのではないか(何らかの変異があったのでははないか)という可能性があり、ほかには、季節性や環境生活習慣の影響が考えられる。

スペインインフルエンザよりは毒性が高いが、無症状の患者も多い。死亡する年代も異なる。

新型コロナについては、まだいずれも判明していないが、数年後には明らかにはなるだろう。

  

**

  

スペインインフルエンザの事例を受けて、新型コロナを見て思うことは

感染予防は効果があるのか?>

人類史上初めて、社会機能を停止させてでも感染症の拡大を予防したのが今回。

感染者数、ひいては死者数を劇的に削減した代わりに、抗体を得た者も少ない。

新型コロナであれスペインインフルエンザであれ、ウイルス消滅することはないのは間違いない。

新型コロナ共生するにあたり、感染予防の対策をとった結果、今後どうなるのか。

  

ひとつは、散発的な流行が生じるたびに社会機能をある程度縮小させ、感染予防を今後も徹底するということ

社会機能を停止させることの悪影響がどの程度なのか。

また、国ごとに対策感染者数も異なるために、国際的軋轢もつながる。

他の国ではある程度抗体が獲得されていってしまうと、完全に鎖国するわけにはいかない。

そもそも感染予防を第一に置いた対応継続可能なのか?現実的なのか?

  

ふたつは、医療機能崩壊には注視するものの、ある程度は感染拡大を受け入れていくということ。

最初センセーショナルに扱ったとしても、次第に慣れていくのが人間らしいところ。

来年、再来年、数年後と、徐々に取りざたされることも減り、感染を受け入れながら暮らしていく。

今年、こんなに我慢をして大変な目にあっていることを思うと、そんなことがまかり通るのかと思いつつも、人間は慣れて飽きる生き物だから、意外となんとかなるのかも。

  

ひとつめの未来になるとすれば、社会機能を縮小させた状態いかに生き抜くかが重要になる。

ふたつめの未来になるとすれば、いずれ新型コロナ感染するという心構えでもって、用意をしていくことになる。

マクロ的に見れば、ひとりの人間は数百万の人口の中の1人であり、感染症にかかって亡くなる未来もあれば、運よく生き抜くこともある。

それはどうやったって運でしかない。

+αで影響があるとすれば、年齢や基礎疾患、医療を受ける環境など、「感染したときに生き残るかどうか」であり、生命保険を含めて、多少の打つ手はあるかもしれない。

感染症にかからないことを目標にする」のは困難。

  

感染予防を全面的押し出し感染症を闘った歴史人類にいまだかつてなく、その結果を見るといった面では非常に興味深い。

  

但し、感染予防に固執し、社会機能を停止・縮小させることに執着し、知らぬ間に社会崩壊させる恐れもある。

まるきりBAD END。そんな未来は見たくない。

  

昨今の経済対策への批判や、教育制度に対する批判を見てると一抹の不安がある。

史上に例がなく、だれも正解を知りえない以上、それぞれに考えがあり、それぞれにメリットデメリットがあり、一概に何をもって正しいといえない。

なのに、批判・反対することばかりに固執すれば、いずれ方向性を見失い、知らぬ間に自らの尻尾にかみつく形で社会を瓦解させることに繋がりかねない。

日本人の気質はそうなりやすい。そんな気がする。

  

市民として家庭を守るためにできることは

感染したとき対策生命保険を含めて)を講じること

社会機能縮小下で生活する対策を講じること

である

  

というか、それしか思いつかなかった。他に何かあるかな

  

かるときはかかるし、まるきりかからないようにすることは難しい。

人類感染症歴史を追っても、感染症から逃げきれた例はない。

  

自分でくだくだ考えるのは限界なので、他の意見があれば聞きたい。

2020-05-19

anond:20200519164153

だれが「ニュースでやってないだけであちこち病院医療崩壊が起きてて、数万人ぐらい火葬場待ち」なんていった?

相手の書いてる文章理解できないからって、ちゃんと読み取らず無理やりパターンに当てはめて、放射脳コロナ脳に相関があるとか言っちゃうのって、頭悪いからやめたほうが良いよ。

anond:20200519163324

そうか。ニュースでやってないだけであちこち病院医療崩壊が起きてて、数万人ぐらい火葬場待ちなんだね。

知らなかったよ、目からウロコ

2020-05-18

少なくとも自分散歩道にある火葬場は普段通りだったな

救急車の数は目に見えて増えたか病院やばいんだなとは思った

anond:20200518123301

僕の噂では10倍以上死んでいて火葬場がパンクしてるんでしたっけ

2020-05-10

父亡くなる

私は物忘れがとても酷くて色々忘れちゃうから忘れない様に何度も読み返して記憶に焼き付ける為にメモする

 

末期癌の父をさっき自宅で皆で看取った

昼間訪問した時はまだ反応があったんだけど0時過ぎぐらいから呼吸がちょっとおかしくなったというので、母から2時に電話が来た

 

誰も歩いていない真夜中の静かな町を早歩きで向かう

暗く静かな道でバクバク打つ鼓動が妙に痛い

実家は近いか電話来てすぐに着けた

 

人工肛門にしてからどんどん痩せていって、

徐々にご飯が食べられなくなって、父は骨と皮でゴツゴツになってしまっていた

入れ歯だったからごっそりげっそり頬がこけちゃってねちょっと不憫でね

 

誰も泣き叫ばず静かに看取る真夜中

掌の中で命が消えていく哀しい時間

 

段々目の焦点が合わなくなって、白目が濁るってのかな?瞬きとかの動きが減っていき、亡くなると体温が失われて肌の色が変わっていくんだね知らなかった

 

その時を迎えた父は、寝た様に見えた

ぽかんとクチ開けていつものパジャマ着て酔って寝ちゃったみたいに

だけど、違う

腹膜が1mmも動いてない

それを見て、ああもう呼吸をしてないんだなって痛感した

開いた口と閉じた瞼

苦悶さは一切見えない

モルヒネの力で苦しさはなかったみたいだけど、目頭に残ったこの液体は、たぶん父の最期の涙だ

  

私が電話受けて実家着いてから10分ぐらいで父は逝った

まるで着くの待っててくれたみたいだ

昼間は自力でベッドから起き上がって座る位置直したり動いたりしてたって言ってから、今夜逝こうと決めたのかな?

それぐらい不思議な早さだった

 

末期がんの診断出て2年

思っていたよりも長く父は生きた

胃がん浸潤大腸切除

その後抗がん剤で髪が抜けてしまって、でも抗がん剤止めたら髪が生えて生命力すごいなーなんて言ってて

末期がんって判ってから仕事辞めて家にいる事になった父は家具作りやスマホ家事料理を始めた

引っ越したばかりの団地の部屋を得意の家具作りであちこち整え、スマホを学んでネット競馬したりLINEyoutube視聴やポケモンGOもしだした

炊き込みご飯を勧めたら気に入ったみたいで美味しいのを作る様になったし、カレーも作った

茶碗蒸しプリンも良く作って食べさせてくれた

庭いじりが好きな父は四季折々庭を整えられて少し楽しみを持ててたみたい

あとめだか飼いだしたけど上手く育てられなくてすぐ死んじゃうから悲しくなって飼うの止めたって聞いてちょっと辛かった

 

今回は自宅で看取れたので良かったと思う

心電図モニタは母の希望でつけなかった

祖父の時は病院心電図モニタありで音が結構辛くてイヤだなって思ってたから今回は無しでいくって聞いてたので良かったと思う

医者さんも看護師もいない自宅だから、逝こうとする父を皆で静かに見守れて良かったと思う

 

コロナで休業期間で家族全員が毎日じっくりゆっくり看取り期間があったから徐々に覚悟が出来た

 

ありがとうありがとう

って母がずっと言っていた

…お父さん

私もありがとうって思ってるよ

 

朝が来た

真っ白な光の風

暗かった闇が潮の満ち引きみたいに引いて朝が来た

父がいなくなってから初めての一日が始まる

しっかり務めるよ

 

 

火葬をしてきたので追記

 

日経ってから実家へ行った

一日後に見た父はダブルスーツ着せてもらえてて安置してもらってた

顔は一日前に見たままだった

胸には花束が載っていた

父が庭で育ててた花で作った花束

ピンクと白の綺麗な花で、ちょうど咲いたんだそうだ

手摘みの花束ってのがとても我が家らしいなと思った

 

もう一度、声をかける

訃報を送ったら、会社の人とか私の周囲の人達が私が父の面白話をちょこちょこしてたからか、話した事すら忘れてた父との小さなエピソードを覚えててくれて、それが嬉しいねーって話をしたり、孫が父に書いた手紙があったりしたのでそれを見せてもらった

 

出棺後はお別れの時間がないよと言うので、僅かだけど二人きりにしてもらった

線香をあげてから、頭を撫でる

暖かかった頭

髪の毛は一日前と同じ柔らかでふわふわだったけど、髪の毛の先、皮膚からはすでにドライアイスでかっちこちの冷え冷えの身体

わっちゃってて、最期に撫でた頭の温もりとのギャップ感がかなり激しかった

 

斎場

斎場は静かで少し薄暗く、涼しかったので落ち着いて過ごせた

 

先に行った私達から遅れて父と母が車で着いた

車はクラウン

ああ、トヨタなんだ

父はレンタカートヨタって決めてるぐらいトヨタ絶対の信頼を置いてたので、ちょっと笑ってしまった

(偶然なのか帰りに捕まえたタクシートヨタ製だった。どこまでトヨタ好きなんだ)

 

白っぽい棺が台車に載せて運ばれてきて、お花を入れてあげてと言われた

ここでも庭から摘んだ花を入れてあげられた

庭いじりが好きで実家も深い山の中の人から、あっちに行ってもきっと珍しい草木を見つけて育ててるだろうねなんて言いながら皆で父を花で埋めていく

注文してた花と育てた花で棺が埋まっていく

ダブルスーツパリッと着て綺麗な花に埋もれた父のその姿は、見ていても不思議と決して不幸な感じはしなかった

 

余談なんだけど、遠い昔、親戚の葬儀に参加した時、棺に釘を打つ作業があった

知らない親戚だったけどあれは二度とやりたくなかったから、この斎場ではそれがなくって良かったなと思った

 

粛々とやる事が進んで、やがて焼き場の扉前に棺が運ばれる

みんなで父にお礼を言った

ありがとう がんばったね ありがとう

泣きながら 泣き崩れない様に支え合いながら 涙そのままに 既に涙が枯れてたり

各々の別れ方だった

 

そして、横、縦と閉まっていく扉

金属製の重い境界の扉

かにかにしめやかに

その時は終わった

 

時間ぐらいして、燃え終えた父が出てきた

乾いた白いバラバラで粉々の崩れたただの物になった身体

それは死んだ珊瑚みたいで骨に見えなかったし、これが父だったんだとはちょっと思えなかった

物を骨壷に入れて、布巻いて、木箱を母が抱える

ようやく終わったなー。そんな感じ

 

真夏の様に暑かった昨日とはうって変わって、とても凉しい皐月らしい午後のお別れだった

 

三週間前ホスピス入院になったけど、何とか実家に戻ってきた父

そこからゆっくりゆっくりかに逝く様に準備をしてたそうだ

整えてなかった実家の不便な所のビフォーアフターを済ませ(DIY好きの父なのであちこち整えてった)、身の回りの物の整理や、搬出搬送やすい様に動線の整理も済ませ、亡くなる3日前、栄養のない点滴に自分意識で切り替えたとも聞いた

吐き気が酷かったんだって

 

二年半、末期がんの父を皆で思い思いに看病をし、逝くまでを皆で見られた事

祖父の時出来なかった事を全て出来たと思う

言い方悪いけど、母の時にまたやる事になるだろうから、その覚悟も出来たと思う

 

私もこんな風に逝けたらいいと思えた葬儀でした

 

コメントありがとうございました

モルヒネ意識が混濁してた父ですが、最期には目があって何度かアイコンタクトを交わせたのですが、その眼差しと動きには心残りや苦痛な感じは一切見受けられなかったので、悔い無かった様に感じられました

2020-05-04

anond:20200504121442

コロナのせいで、火葬すらされずに放置されている遺体を見ると思わず泣けてくる。

ただの屍にも、人生があったはずなんだよ。

anond:20200504020831

豆腐メンタルのこと考えてくれてありがとな 大丈夫 豆腐メンタルは多分昔からいたけどどっかでのたれ死んでたんだと思う 俺もどこかのタイミングでのたれ死ぬから 今の世の中はちゃん無縁仏火葬してくれるから迷惑はかけんよ

2020-05-03

anond:20200503192530

個人的には命が付きた瞬間消えるようになくなれればいいと思う

まぁそれは無理だから出来るだけ早く火葬して欲しい

鼻に何か詰められるとか我慢ならない

親にコロナで死んでほしい

自分

結婚して夫と二人暮らしの30台半ば

子供はいらない派

同じ市内に住んでる

父親73歳くらい、母親65歳くらい(正確な数字は忘れた)

親がコロナで死んだら最高だなって思う。

コロナで死んだらまず死に目に会えないらしい。

死に目に会いたくないからちょうどいい。

コロナで死んだら葬式もできず、骨になってから帰ってくるらしい。

葬式もしたくないし、骨上げもしなくないし、火葬場に行くのもめんどくさいからちょうどいい。

コロナじゃなくてもこの時期だと人が集まるイベントもできないか葬式せずに直葬で済むから最高。

高齢者に死なないで!とか言ってないです高齢者はこのタイミングで死んでくれるのが現役世代的にはちょうどいい。

生きてても年金コストがかかるし。

特段親子関係が悪いわけでもないけど、葬式にまつわる面倒くささを考えると今の時期に死んでくれるのがすごい楽だと思うのよね。

できれば夫婦ともに感染して同時に死んでくれるといろんな手続きが一気に終わってラクラクなんだけど。

2020-05-01

anond:20200501111211

状況証拠しかないし、立証しようにもは3ヶ月以上前ウイルス犠牲者ともども火葬されてこの世に無いか証拠が上がらない

2020-04-30

就活死にたい

就活自殺する人が150人くらいいた年があるらしい。

私は3年冬まで「2020年オリンピックあるし絶対就活余裕だわw」と思っていた愚かな学生だ。

そんな愚か者自業自得なんだが、今日選考が進んでいた会社から全て祈られた

もちろん内定なんて持っていない。

就活してる〜?って聞いた時に「全然wゲームしかしてないw」って言った友人も、そこそこかなぁなんて言った友人も、みんな選考進んでるしどこかしらの内定持ってる。

バカじゃん私。

自業自得の大バカじゃん。

そりゃ~どこの会社もいらないって言うよね私の事。

あ〜あ大学3年間頑張ったのになあ。サークル副代表やったり卒業研究取り組んでたりしたのになぁ。アルバイトだって塾も居酒屋カフェもやったのになぁ。ボランティアやらなかったからかなあ?

ESはたまーに通るけど、面接までは行けないか採用中止。

社会に私はいらないらしい。

でも就活で命を絶つのも迷っちゃうよ。火葬やら葬式やらも金がかかる。脳死でもしたら移植に使って貰って金かからずに逝けるのかね。生きても死んでも金かかるなんて、生まれただけでドンマイじゃん。

コロナじゃなくても内定なかったかもしれないのに、自分の不出来をコロナのせいにしか出来ない自分も情けない。

ダメだこりゃ。

2020-04-29

anond:20200429215029

検死なんてしなくてもNYは埋葬できないほど死体増えてるんですけどー

同じ規模なら病院パンクしそうなのに火葬までする日本葬儀場がパンクしないわけないやんけ

2020-04-27

例えば新型コロナもっと厄介ならみんなどう行動するのだろう

例えば今の新型コロナに掛かった人が死んで、24時間後にゾンビとなって無差別に襲ってくるようになってくるとしたら?

(襲撃に対する負傷の有無を問わずゾンビに対して濃厚接触となったものコロナにかかるリスクが有るものとする)

さすがの日本政府でも強硬策に出るんだろうか。

それとも24時間までに火葬すればオッケーだからみなさん慌てずに…とかのんきなこと言うんだろうか。

みんな今と同じぐらいのパニックにならず(なって)に過ごせるのかな。

なーんてことをたまに考える

2020-04-25

[]家計不安な方は、今なら新コロで死ね政府火葬代を100%負担してくれるってマ?

今すぐ死ね

2020-04-23

不透明の納体袋で棺のフタも開けることができないなら

火葬されたのが本人なのかどうか誰も確認できないよね

anond:20200423174744

岩手火葬されてたほうが苦しまないで済んだかもな

2020-04-22

自宅や路上勝手に死んでもらったら隠れコロナ遺体グレーゾーン火葬

統計数字緊急事態宣言2週間後から減少に向かう

そういう台本

コロナインフルエンザよりずっと危険

増田コロナインフルエンザと大体同じだから恐れる必要はない、というデマが流れている。いちいち個別否定するのに疲れたので、ここに事実をのせる。

結論

ドイツ都市調査によると、コロナウイルスの死亡率は、ロックダウンがなされたにもかかわらず、インフルエンザの数十倍になっている。同じ死亡率を仮定すると、日本では一月で4万8千人が死ぬことになる。


インフルエンザの死亡率

米国では人口の0.002%

https://www.cdc.gov/nchs/fastats/flu.htm

日本では年に1万人死んでいるから、人口の0.01%米国と桁が違うのは、日本では肺炎での死者など、インフルエンザ関連の死者を1万人の中に含めているから。一か月あたりの死亡率は0.0007%になる。

https://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2020/03/post_9918.html


コロナの死亡率

ドイツロックダウンが遅れた街で死亡率の調査がなされている。

The mortality based on the total population in Gangelt currently amounts to 0.06%

人口に対する死亡率は0.06パーセント

https://www.land.nrw/sites/default/files/asset/document/zwischenergebnis_covid19_case_study_gangelt_en.pdf

調査期間は一か月半程度なので、一か月あたりで比較すると、死亡率はインフルエンザの約50倍になる。


個人的感想

経済のために緊急事態を解除すべきかという議論があるが、コロナ感染を止めずに、経済を通常運航状態に戻すなんていう選択肢そもそも存在しないと考えている。緊急事態を解除した後の死亡率を最大限ポジティブに想定して、外出禁止が遅れたドイツ都市と同程度だと想定したとしても、数か月にわたって一日1500人程度の人が死ぬことになる。入院必要とする重症患者は、死亡者数の10倍、一日に1万5000人発生する。全国の感染指定病床数が1800床なのに、どうやって対応するのか。特効薬がない感染症の患者であふれる医療機関では、医療崩壊は手が付けられない状態になっているだろう。火葬場も混雑しているだろう。

そんな状況を連日ニュースで見てる人々が、満員電車に乗って仕事に行ったり、観光地に行ったり、楽しくショッピングするなんて、ありえない。

もちろん、BCGが効くとか、アジア型はヨーロッパ型より致死率が低いとか、靴を脱ぐから清潔だ、とか、確認が取れてない情報に頼るんだったら話は別だ。私は自分家族の命をそんな情報にかけたくないが、日本人がそういう選択するのなら仕方ない。




補足:LA調査について

LAではドイツより一けた低い死亡率が報告されている。ただ、カリフォルニア罰則を伴う外出禁止令が出たのは、死者19人の時。日本よりかなり早い。おまけに厳しい。LAでは失業率が50%になってる。

中国韓国でわかるとおり、厳しいロックダウンを二か月くらい続ければほぼコロナ駆逐できる。LA調査も、コロナ危険性が低いことを示した、というより、早めの強力なロックダウンで死亡率を抑えた例としてみるべきだと思う。

2020-04-21

anond:20200419164920

韓国では新興宗教クラスターになり、インドは説法でスプレッダーになり、イタリアでは葬式を行った神父バタバタ死んだ。

世界中教会聖地は封鎖され、各地で土葬が基本の宗教火葬許可した。

宗教界の大ニュースが続く。コロナウイルス宗教の形は変わるだろうね。

今まで多少科学的でなくてもいいみたいな所もあったけど、科学との共存が極めて強く求められるようになりそうだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん