「正当性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 正当性とは

2020-05-25

anond:20200525142337

君のような人の話を聞かないような人間無視するようなのがネット議論

ようなようなようなは流石につっこまざるをえない

放置する前にちゃんと周りに正当性がわかる範囲で論を詰めといてな!

anond:20200525133937

追記したのか

人格攻撃込みで良ければいうよ。一応君は「自分が頭が良くて人の話を聞ける真人間だ」と思ってるみたいだからね。

あのね、君は自分こそが正しいと凝り固まってる人間

そういう人間はめんどくさいと適当に持ち上げて放置するの。普通の人は。

だけどそういう生き方をしている間に本当に君は無謬だと勘違いしている。

からその無謬性を脅かす「一方的なことを言えば君が低レベル人間だと思われる」という例示を人格攻撃だと勘違いしてくらいついてくる。

無謬人間なんていないよ。後啓蒙するにも相手を見て変えるのは必要だ。

どうでもいいところに食らいついてきて自分正当性アピールしてくる。まあ君のような人間を適度にあしらうのもネット議論大事だが言ってやるよ。

だってある程度ニコニコ穏やかに言うようなところでは言わないよこういうの。

もう「君は人格攻撃された」と「勘違いして」「じゃあ自分人格攻撃してもいいんだ」と「勘違いしている」からめんどくせーもん。

今の君は「低レベル相手にする価値のないような人間」だ。

anond:20200525120030

言ってみてその反応で「知的レベルが低いか」を判断するんだよ。

知的レベルが低い以外にも金をもらって書き込んでるやつもこのご時世いるんだから

反応でこれは意味ないなと思ったら、周りに正当性がわかる範囲で論を詰めといて、後放置

2020-05-24

誹謗中傷される人は悪くないが、炎上した人は悪い

そもそも誹謗中傷する層も一つではない。

対象が登場したら(もしくは存在するだけで)何をやっても必ず中傷する人から対象が法的に違法レベルに達するまで口を開かない者までいる。

何をやっても必ず中傷する奴や、"誹謗中傷する為に"行動している奴、

こいつらはまず全員クソ。頭チンパン幼稚園児に申し訳が立たないぐらいの存在。全員宇宙ごみとして瞬時に消えて頂きたい。

炎上してないが、誹謗中傷された

この場合殆どの人は誹謗中傷される人は悪くないと感じるだろう。

その理由殆ど「なんとなく気に入らない」だからだ。

もっと深層心理を掘れば具体性のある感情が出てくるかもしれないが、だいたい顕在化しない。

そしてなんとなく気に入らないだけだから、その主張に正当性殆どないし、仲間の数が少ない。

炎上した、誹謗中傷された

ところが、こうしてみると「炎上した奴が悪い」という発想になってこないだろうか。

だって炎上したそれ相応の事をしているはずだからだ。批難もまた相応。

いわゆる正義マンが大量に飛んでくる。法に触れるレベルになってくるとその数は大きく膨れ上がる。

さらに法や契約のようななんらかの規律正当性担保してくれるから戦闘力が高まっていってしまうのだ。

炎上しても誹謗中傷しちゃダメ問題

「この人は確かに悪い事をしたかもしれないが(〇〇をする)のは間違っている」

()の中には都度「人格批判」「暴言」「リプライ」「特定」などが入るが、大体このようにいう人が出てくる。

これは道徳上は最も正しいと思う。しかし一方で現実的ではないと増田は考える。

何故かというとそんなに理性的人間は多くないからだ。悪い奴を見たら叩きたくなる奴が世の中にはとてもとても大勢いるのだ。

そこで踏みとどまれ人間ばかりだったら、そもそもこの世界誹謗中傷なんてもの存在しないはずなのだ

ではどうしたらいいかというと、誹謗中傷されても気にしないメンタルを持つのが一番良い。

しかしこれもやはり現実的ではない。大体の人は傷付くからだ。

となるとやはり、炎上しないようにするしかなくないだろうか。

テラスハウス木村花氏は炎上したのか

これはいくつか考える必要がある。

A:木村花氏のテラスハウスでの行動は台本だったのか

 A-1:台本だったとして、本件の責任の全てが脚本家にあるのか

 A-2:出演男性に非はないのか

B:木村花氏のテラスハウスでの行動は犯罪(暴行恫喝)の範囲である

C:木村花氏のアンチの人数は多かったか

 C-1そもそもテラスハウスの視聴人数はどれほどだったか

 C-2:1人による多重投稿ではなかったのか

D:木村花氏のリストカット画像は批難に値するか

安倍さん逮捕されるべきだし、色々おかしいのは事実だけど

アベって罵ったり死ねとまで言うのは無いと思うわ

権力にまみれて人間性を失いつつあるのはある面で事実だろう

からって追い落としたい側のやつがそうやって追い込むのはおかしいだろう

全く説得力正当性もない

2020-05-19

フェミニズム愛国リベラルイデオロギーに関する思想活動共通する病理

これらは普段対立し、憎しみ合っているが、これらの思想グループ共通する特徴がある。

そのイデオロギーに属する、努力をせず、自分無能力を他人のせいにする「そのイデオロギーしか価値がない人間」が大暴れするということだ。

この手の人間プライドが高く、無意識のうちに「自分がこの世で最も優れた人間である」という幻想を守るために、唯一のイデオロギー価値を最大限まで上げるべく行動する。

だが、上にあげたように努力をしない。そうすると彼らができることはたった一つ。

自分の持つ価値以外の全てを否定する」という行動に走る。そのためにわかやす悪人発見、または開発し、徹底的に攻撃する。

そうすることで自分たちは「可愛そうな被害者かつ正義戦士」に早変わりし、自信、正義安心感大義名分の全てを一気に獲得できるという具合だ。

もしあなたがこれらの思想に属する人間なら、この手の人間(敵がそういった人間を装う場合もある)は敵以上に味方の評判を落とすので、はっきりと批難すべきである

そうでなければ、あなた正義正当性判断する第三者は、そのイデオロギーはそういった正義の蓑をかぶった差別的言動を許すものだと判断し、距離をおいてしまうだろう。

そうでなくても、そのイデオロギーに関して本当に困っている人が「そうか、あいつらが悪いのか!」と安易結論に飛びついて過激派に走り、問題を起こしてしまう。

ひどい話だが、被害者意識がある人間大義名分を得ると、とんでもなく残虐になるというのはルワンダ虐殺証明しているところだ。

また、被害者を焚き付けて自分たちの兵士にするというのは利権ゴロやイスラム過激派に見られる典型的な悪へのリクルート方法でもある。

最後にもう一度いうが、これはフェミニズムリベラル愛国だけの問題ではない。趣味仕事などありとあらゆるイデオロギー活動で必ず起こることだ。

本間場合は、略式軍服の着用が認められ、しかもその名誉を重んじて銃殺刑であった

名誉を重んじる人物だったら

 

「「先手を打って処罰すれば刑が軽くなるのではないか」(いわゆる『一事不再理』の発想)と考え、本間陸軍中将としての礼遇を停止した」

 

こんなもん受け入れないだろう

正当性がある軍務だと主張して堂々としているだろうし

軍人として名誉を重んじる人物自分に非がある扱いなど受け入れるわけもない

2020-05-14

anond:20200514165317

恋愛工学は単なるナンパテクニックを「学問っぽく」見せかけたものにすぎないので

その正当性証明するためにわざわざ「科学立脚する」必要はない。

にもかかわらず説得力を高めるために科学立脚したがって、

進化心理学という反証可能性のない学問(つまり正しいかどうか分からないので「立脚」できない)を

我田引水してくる態度について私は批判している。

2020-05-13

プライベートコミュニケーションにおいて(知的)自信を与える

公的私信

----

tl;dr

----

前提

  • その場で個々人が「自信を与えられた」「自信を傷つけられた」と感じること自体相手によって尊重されなければならない。「あなたがそう感じるのが誤っているのだ」という考え方は、そこにどのくらいの誤解や無理解があるかに関わらず、表題文脈において無意味である

----

「ある男がパートナーの女の(誤った)発言に対して毎回優しく肯定的に応じたのち、間違いを説明する」というカップルの在り方について、「優しく肯定が入る方が女性側の立場として自信が得られる」という考えについて。

基本的にこの構図がお互いの認識になること自体が mansplaining さがあって嫌なのだけど、それは表題文脈の下では脇に置いておいて、そこでの選択肢として、{肯定的/否定的}に応じ間違いの説明を{しない/する} という4通りにおいて、{肯定的, する} というのは確かに望ましい。まず、批判非難の違いが一般理解されにくいのは、批判否定的な口上は例えばその場が学問であるといった「場」があることで信頼が支えられていて初めて機能するので、それ以外の場で批判(正/偽)と非難(善/悪)が混同されることがあるのは、必ずしも混同する側が悪いわけではない(cf.SPEED今井絵理子議員の「批判なき政治発言)。その意味で、プライベートコミュニケーションにおいて、{肯定的/否定的}というのはニュートラルではなく、肯定的の方が心理的効果として望ましいといえる。また、毎回間違いの説明をすることは、毎回間違っているということに気づかされることになり自信を喪失しうるが、指摘しないままにパターナリスティックに傷つきやすにの配慮して放置することは相手反論したり、追加情報提示したりといったことを通して「相手の方が正しかった」という可能性に賭けないということであり、他者としての尊重に欠けるばかりか、相手の成長の機会をも奪うことになる。ただ、陰謀論的だったりオカルト的だったりといった特定バイアスを含む情報ばかり拾ってくることは、一朝一夕改善するものではない。そうならないためには相応の努力知識必要なのであって、場合によっては、ずっと同じ構図を繰り返しその構図がお互いの認識になるということが生じてしまうかもしれない。そのどうしようもないギャップを、他の側面で補うことで相互尊敬を維持できるならば、これは問題として前景化しないかも。でも、その切り分けをせずに、繰り返し続けている誤りについて、口上のオブラートごまかしたとしても、少なくともそれは知的自信の向上までにはつながらない。自信を支える相応の能力実践、もしくは基礎的な肯定感が必要である

ここで、「もしくは」になるのは、「自信」の性質に拠る。(上のような話をしておいてリテラシー低めの引用をするのは気が引けるが、読みやすさを重視して、参考: https://diamond.jp/articles/-/78423?page=4 )自信を得るのに能力や実績が有効ではあるが、能力や実績がなくても自信が得られないわけではない。生来自己肯定感などによってそれは変わる。逆に言えば、そこが低いと、小手先で何をしたところで、自信は低いままにもなる。病的であれば、薬によって脳内神経伝達物質バランス改善を図るということも視野に入れるべきであるしかし、そこまででないならば、「他の側面で補うことで相互尊敬を維持」という意味で「愛されている」という実感による基本的肯定感の向上などが有効でありうる。逆に言うと、自分を愛さな人間と一緒にいることは、自己肯定感の側面からかなり危ない行為であることに留意したほうがいい。ここで、愛も、条件付きの愛とそうでないものがあるが、条件を、性的ものや、ある1つの能力的なもののように一側面の条件に頼っていると、それは脆弱になる(というかそれは愛ではないと思うが)。条件付きであっても、それは、条件と等価以上に為されるものであることで(cf. 信頼と信用の関係、『信頼の構造』を想定しているけど、アドラーでもなんでも同じようなこと言ってる) 肯定感を支える愛になりうる。

少し話をもどして、プライベートコミュニケーションにおいてそもそも正しいことが必要かどうかというのも一考の余地はある。例えば、「今日は空が赤いねぇ、不吉な感じすらするねぇ」という言葉に対して、「空は予言能力はない」なんて返したら、その返しすらギャグである場合を除いて、「科学的に正しいこと」に重きを置きすぎていると言われてもしょうがないだろう。いつもいつも科学的な正しさを持ち込むべきではない。一方で、「〇〇という薬が効くそうだよ!」という言葉に対して、「それは××という危険性が指摘されていて安易に飲むべきではない」と応じることは、プライベートの場面であるとはいえ、いやむしろ、服薬するという最も実践的な場であるからこそ、科学的正しさが適切に活かされなければならない場面である政治的な発言については、例えば「#検察庁法改正案に抗議します」とだけ呟いた芸能人に対して「なんも分かってないだろ」といったクソリプが相次いだけれども(それ自体は具体的ではない発言に具体的ではない形で具体的発言のなさをなじっていて全くクソリプしかないと思う)、そこで立法の背景の正当性についてどう思うかと問うこと自体は(数の暴力を伴わなければ)議論を深めるために民主主義的には望ましいコミュニケーションである。それがTwitterのようなパブリックな場ではなく、プライベートコミュニケーションにおいても同じく妥当する。ただ、政治的な話をすることというのは、それ自体が嫌がられるし、議論となるともっとそうだ。特段の配慮必要でもある。学問的な話なら、それが宇宙人存在についてであってすら、正しさはむしろ娯楽のために重要である。それが(学問ではなく通俗的意味での)文学的な話ではないと相互了解があった上ではあるが。つまり、「タコ型の宇宙人って歩きにくくない?」から始まる会話は科学的正しさによって楽しもうという意思は見られないので、それはまるで漫才相方のように応じればよいのである。{正/偽}をコードとしない意外と多くの場面でも正しさというのは実用的にも楽しさの面でも重要なのであり、それが、「知的レベルが合っていないと楽しくない」というのがよく言われる原因でもある。もちろん、賢いなら相手に合わせることもできるのだが、それは冒頭の話に戻る。そのパターナリスティック対応は、相手尊重しているのですか、と。

2020-05-11

anond:20200511202702

散々嘘をついてきた政府の言うことなど全て嘘であり、僕らの怒りは正当性があるのだ!!

立ち上がるんだ!!

(とか良い大人が何言ってんだか)!

anond:20200511202702

散々嘘をついてきた政府の言うことなど全て嘘であり、僕らの怒りは正当性があるのだ!!

立ち上がるんだ!!

(とか良い大人が何言ってんだか)!

anond:20200511163605

ツイッターもそうだし他のほとんどもそうだけど

信憑性も大して確保できないネットのやりとりを

妙に真剣に受け止めすぎるのもどうかなと思うんだ

所詮いい加減で不安定場所

攻撃する、あるいは御旗にする正当性を確保できると思うのは間違いな気がする

anond:20200511115224

ロックダウンできないがぶっちゃけ保幼小中高の再開延期し続ければ結構市民は協力せざるをえないと思うわ。それは行政範疇だし、緊急事態宣言出てる間は正当性もあるし。

anond:20200511013453

批判正当性に正面反論することから逃げて、品格()とかい尺度を持ち出すこと自体論法の幼稚さがたしなめられてるのだよね。

理解しよう?

 

しかもその品格()の判定がガバガバ恣意的だし。

批判する人間批判される人間より無益で醜い!とかいうもはや論理不在の今井絵理子憑依してるだけやんけ。

 

別になにか追放署名とかされたわけでもなく、

単に「知りもしない他業界のことは語るな」とか

コミュニケーション教育を偉そうに語って推進しておきながらの一般人未満のコミュ力見せつけるな」とか

ほんまに最低限レベルツッコミ要請受けただけ。

これでやれいじめだリンチ表現機会の剥奪だの品格だのと強い言葉被害者ぶったって

よほどのバカ以外だまされないよね。

 

anond:20200511000018

批判正当性ではなく公共性品格の欠如を語っているのに、批判が正当だという反論しかないのは論点理解できていない。

2020-05-10

anond:20200510204043

そもそも

税金とか言って人の鐘を徴収する政府正当性なんてないんだよ

山賊と変わらない

2020-05-07

anond:20200507171805

同じような境遇から本当に共感した。

元増田意見正論だけど

本来弱者にとって最適解な

男性から降りる』事をしにくくしているのが男性社会からジェンダー問題解決した後なら男性から降りることには一定正当性があるとも思う。

自分達の境遇には障がい者差別による不利益も含まれいるか障がい者が生きやす社会を求め社会運動に参加することも必要だと思う。

2020-05-06

ファミレス名前

ファミレスで待ってる時の名前ってペンネームとかで書いちゃダメなのかな。自分でこれはわたしだって判別できれば、そのとき正当性か抜きに呼ばれたときに反応できる、っていう目的は達成できそう。同様に、おそらく個人情報(住所、電話番号等)を求められつつも使うことはないであろうお店のポイントカードとか懸賞応募とかだめなのかな。他人の家とかにつながったら厄介だけど。そもそも使いもしないはずなのに個人情報を書くこと自体抵抗があるし何の目的?って思う。逆にどこになんのペンネームを書いたかを控えておいて、どこから情報が洩れて変なDMが届くか検証、って使い方もできそうだけど。

2020-05-05

anond:20200505080055

アドバイスありがとうございます。多少の表情や言動無視して図太くできるようにするというのがすごくいいと思いました。初対面との雑談なんて増田人生にはほとんど関係ないという補強が、多少無視することに自分のなかでの正当性を与えてくれるのでとてもこころ強いです。トライしてみます

いただいたアドバイスとは別に、どんな意見にたいしてもすぐネガティブ反論を思い付いてしまうのははてなブックマークの読みすぎかなとも思ったりしましたので、はてなと少し距離をおくのも試してみたいと思っています

(→たぶんこの締めに対しても「増田アドバイスくれっていっといてブクマカのせいにするとかはてな迷惑マジクズ」みたいなこといわれるんだろうなあ、、、とか。)

「実力と重要性を背景に強気な態度を取る人」を目指してしまっていた

それを「実力があるがゆえに他人言動を揺るがされないカッコイ大人」だと勘違いしていた。

人生設計根本的に間違えていた。

自分がなりたいと目指していたモデルタイプそもそもクソ野郎だったことに気づいてしまった。

人生方向性にずっと違和感があった。当たり前だ。

私はそんな人間になんてなりたくなかった。

技術力を身に着けたかったのは自分を安売りせず正統に取引を行えるだけの力を身につけるためであって、自分他人ぞんざいに扱う側に回るためじゃない。

必要不可欠たる存在を目指したのは不当な圧力をかけようという気を削ぐためであって、自分が誰かに対してマウントを取るではない。

私は自分目標を見誤っていた。

ヒーロー番組に憧れた子供が「正義理由暴力を奮って自分正当性をこれでもかと主張できる存在」を目指してしまうのと同じ心理だろう。

虐げられることがない力を手に入れて目指していたのは平穏に暮らせる社会構成者の一員となることだ。

自分が今までやられた分誰かに理由をつけて心身を痛めつけて溜飲を下げることじゃなかったはずだ。

間違えていた。

この歳になりようやく気づいた。

力があって高値自分を売れるから他人を買えるほどの金があるから、そんなことを理由にして横柄な態度を取っているやつなんてなにも格好良くない。

俺は強いから俺がやっていることは正しいと喚き散らす猿山大将なんて目指してどうする。

そんなものを良しとするのは欲求の段階が原始的本能レベルで止まっている蛮族だけだ。

ようやくそのことに気づいた。

技術力、経験、人脈、そういったものを身に着けて次にやることが、他人に対してマウントを取ることだなんて人間として情けないにもほどがある。

なんで俺は、そんなものに憧れていたんだろう……

2020-05-03

降板署名喧嘩の仕方を知らない弱者によるメッタ刺し

  

例の岡村降板署名への嫌悪感はなんだろうと考えた。

 

はっきりいって、もうね、100対0、1回コールド勝ち、相撲なら1.0秒押し出しレベルで、完膚なきまでに岡村は負け。

矢部が致命的と表現したように、どっからどう考えても岡村ダメ発言したんですよ。

個人的にも、全く賛成というか擁護のしようのない発言だとは思う。

でも、「降板」を求める署名ってのはやり過ぎで、吐くような嫌悪感がある。

 

謝罪放送が出るまで一週間間があって、

その間に、上げた拳、相手を殴った拳の始末が分らなくなくなっちゃったんだろう。

  

相手人間性が見えてない状態、「女性を物としてみてきた旧弊」という抽象的な物を攻撃してたつもりが、

コンプレックス満載で、コミュ障で、人間関係を築けない48歳のおっさん」という「個人の顔」が見えてきて、

攻撃してる方が戸惑ってしまったのだと思う。だから降板」は求めるが「追放求めない」とか支離滅裂になってきた。

 

人を刺して血が流れたのを見て、初めて相手が人だったと分って戸惑う少年犯罪っぽさがある。

矢部岡村人間性を全てさらけ出す説教を聞いて、

初めて、「抗議した相手抽象的な悪の象徴でなく、人格ある具体的な人間だった」と気づいた。

しかし「降板を求める!」と思いっきり殴ってしまった。自分の行動の整合性をつけられない混乱が見て取れる。

岡村を思いっき批判していた活動家が「岡村の混乱が分った」というが、混乱してるのはお互い様だろう。

 

今回の件、簡単に言うと、「喧嘩慣れしてないやつは加減が分らない」というやつだ。

岡村批判派は、どっからどう考えても勝てる正当性という武器を持ってる。岡村の敗北は確定してる。

丸腰の相手正義という超有力な包丁を持ったうえで喧嘩に臨んでる。

 

で、その武器を加減せずに使ったら、返り血浴びて、相手意識を失ったのを見て、我に返って自分のしたことに気づいた状態

 

喧嘩慣れしてる人間なら、自分が強い武器を持ってる時ほど、その扱いに気を付ける。

相手に重傷負わせて返り血浴びるようなとこまで、相手のことを傷つけない。

だけど、一発目から致命傷の刺し傷与えちゃうのが、そもそも喧嘩慣れしてない弱者

 

法医学者によると、遺体に40箇所メッタ刺しみたいなとき犯人凶悪犯罪者ではなく、むしろ弱者

相手が反撃能力を失ったのに、メッタ刺しでダメージを与え続けるのは、

普段から喧嘩してないから加減が分らない弱者の行動らしい。

 

攻撃を辞めたら反撃されるという潜在恐怖が抜けていない。

喧嘩慣れしてる人間は、必要以上のダメージを与えず、最低限で仕留める。

 

岡村謝罪を受けても、意固地になって署名を集め続ける若い人達の行動は、

返り血を浴びて、相手人間だと言うことを認識したが、今の攻撃を止める勇気も無く、

また、反撃への怖さから、メッタ刺しをし続ける、喧嘩慣れしてない少年のように見える。

 

反撃できない相手にメッタ刺しをし続ける、そのやり過ぎた残酷から、周囲が引いているのも気づかずに。

  

攻撃を止めたら負けと頑なに信じて、強迫観念で、相手攻撃し続ける。

 

それが、若さというのかもしれないけど。

 

私は、そこに、嫌悪を感じる。

すごいよね、何でアベノマスク発注先を言わないんだ!!って吹き上がって

いざ公開されたら発注企業嫌がらせ始めるの

そうなるってわかってたから隠してたんだよ!!って国に正当性持たせてどうすんだ

2020-05-01

anond:20200501113925

正当性という権利を与えられるのは声のでかいやつ

から頭のおかしいやつはいつも徒党を組んで大声でがなり立てる

anond:20200501101241

大衆はvalid argumentを求めてなどいない。それっぽいイベントが起きて演出してペーソスに訴えれば論理正当性議論など吹っ飛んでしまって、発信者の好きなように真実が書き換えられる。みんなが正しさを正しく認識できるわけじゃない。ごまかされちゃうことだってある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん