「ウツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウツとは

2021-06-20

anond:20210620220329

正しくない

世界が閉塞していると思い込んでる増田自身思考回路増田を追い込んでるだけ

それがウツってもんだ

2021-06-19

野良でやる自由恋愛はもう犯罪行為なんだよ

あきらめたまえ

職場趣味サークル学校バイト先なんかで出会った人間恋愛関係を持とうとするのはもはや問答無用セクハラやねん

告白して断られたらおとなしくしとけばいいとかじゃないんだ

告白した時点でもうアウツ アウツなんだ

キモいおっさんは独りで死ね、みたいな話ではない 高校生チェリーボーイも、19歳の女子大生も、みんな例外じゃねー

万人は万人に対して告白なんかしちゃいけないんだ

もうマッチングアプリしかないですよ

マッチングアプリしかないらしい

実際マッチングアプリしかないので、今すぐにでもマッチングアプリダウンロードして、やるべきなんだ 本当に恋人が欲しいのならね

なんらかのマッチングサービスを介さな恋愛行為は、すべて犯罪です あなた犯罪者です

目と目があってドキッとしたからなんだ そんな感覚は忘れろ 相手はなんとも思ってないか、むしろキショい奴と目があってイヤだなあなんて思ってるかも

とにかく、恋愛が絡むと人間判断力はまったくダメになってしまうので、実生活の場での恋愛全てをいっさい切り捨ててしまうのがいちばんええ

10歳以上離れてるとか、上司と部下だとか、元教え子だとか、そんな要素は全部どうでもいいんだ

なんだろうと全部ダメ、完全アウト、絶対恋愛をさせないからな すこしでもそんな雰囲気を出したら瞬間的に処刑される そういう社会を作っていきましょうよ 俺と一緒に

恋愛関係成立の可能性がほんの少しでもあるのがいけねえ

全部管理されてるのがいいよ

ゆらぎのないデジタル世界でよ、マッチング成立してるから脈アリ、成立してないから脈ナシ、そういう感じにすればええねん

それがええねん

2021-06-11

ビルメン言えるかな?

Hell or ease!

キミはもうアタリ職場つかまえた?

ビルメン151回辞めたキミもまだまだのキミも

ビルメン言えるかなに挑戦だ

アルチュウ ジコリュー ヤドナシ ビジョン

クダック クラック ズバット ギヤロック

サンザーイ メガウツ

パワハラ モラハラ マタハラ ハラハラ

サギシダネ!

アーホ ブイブイ ウツビョウ ヘヲブー

カビゴン カブデ カセイドン ジマン

ロリコン ディスダ デブトリオ ケンカ

ドガース ルージュラ ニャース シャブチュウ

クサイヤツ!

ラ・ラ・ラ言えるかな?

き・み・は言えるかな?

ラ・ラ・ラ言えるかな?

ビルメン渾名(なまえ)!

フウーン ゴースト イワーヌ ヒトサケ

ボッキー マッタ テガドリル コビル レアビル

プクリン ゼニゲバ ニョモレ クソキンギョ

ファイヤー ブースカー フーイン ブッパー

ストライキ

タヒー ジプシー シーモラ ライビョウ

ヒトデナシ 苦LOVE ニドミスン サンショクパン

ディスマオウ コジラセル

ボーボー タッツー ドーティ ジャンキー

ドブスハゲ

ラ・ラ・ラ言えるかな?

き・み・は言えるかな?

ラ・ラ・ラ言えるかな?

ビルメン渾名(なまえ)!

こっからガラッっとスタイル変えてみよう!

遺影オチコボレ ビンボ パラサイト

スリープ シンドル カブロス キショッイ

メ・タ・ボ・リ・ク!

サイコーン マタヲカク オジギソウ マメカス

ルター ゴンター リコーン フナッシー

ベ・ト・ベ・ト・ン!

ソッポ ウツボッチ フリン ケナシィ ベドベター

ルーラ ギャラパク ゴロータイ ビッコ

イ・シ・キ・タ・カ!

ビルファック ヒメナイト ビルセック アスファック

ネトラレ(メス)!ネトラレ(オス)!

ナ・ゾ・ノ・ガ・キ!

めっちゃ終わってんがな!


ラ・ラ・ラ言えるかな?

き・み・は言えるかな?

ラ・ラ・ラ言えるかな?

ビルメン渾名(なまえ)!

つぎは泣きながら歌ってみるってのはどう?

ヒロポン カモネギ ラブプラス ラフレシア

カナリブス ニドトコナ バカニート マダコナイン

モウケバナ バラス リタイア

ザンパン ヤラン バッタモン 高卒

ビビリジャマ!

ふしぎなふしぎな生き物

まともな社会にはすんでない

ビルディングメンテナンスちぢめてビルメン

ここまで読んでるなんてたいしたもんだ

でもネタギレするのはここからだよ

よーし一気にラストスパート

アカハラー アルハラー テクハラー スメハラ

カンキー スリッパー コージキー エタヒミン

マダミソジ テプラ モドリーノ インディアン

パクリュー ヨウツー ジュウコン ピアス

ペドロコンガ

バカフリー デブトリオ ニートキング モレスター

レジエン ニョモロ ゴロージン ロリコン ケンタッキー

キモータ モジャモジャ ミテリュウ ワンオペ

スマフォン シャメルー ボインデブ フリー

オ・コ・リ・ザ・ル!

ラ・ラ・ラ言えたかな?

き・み・は言えたかな?

ラ・ラ・ラ言えたかな?

ビルメン渾名(なまえ)!

ラ・ラ・ラ言えたかな?

き・み・は言えたかな?

ラ・ラ・ラ言えたかな?

ビルメン渾名(なまえ)!

あれ?ちょっと待って!

もしかしてはてなって時間無駄じゃない?

2021-06-10

共同作業をすると、自分だけ作業量が少ない気がして気まずい

もちろん、自分の分担が少ないこと自体は好都合なことではあるんだが、以後の業務でその復讐を食らうはめになる

あいつはあのときにろくに手伝わなかった!)んじゃないかと思って、職場に居ずらい気持ちになるのが嫌なのだ

そうやって借りを作ると返すのが面倒臭い。いつまでそのことに引け目を感じないといけないのか…というか。

そして、今日もそういうことがあって、職場を飛び出すように帰ってしまう。

十分に手伝えなかったことに対して「思い出しアー」にならないよう、頭を片手で抑えながら帰ってきたのだった。

作業ラクをした上に、一人でウツな気分になっているのだから職場人間から見たら意味不明な行動だろうとは思う。

いや、作業分担が一人ごとにきちんと明示されていればそういうことはないんだ。

ただ、先勝ちで業務を取っていったり、またはグループ的に割り当てられたりすると、その内部分担がわからなくなってしまう。

誰かが作業を始めてしまうと、その作業にどこまで介在していいのかわからなくなる。

作業を途中で取り返すようなことをするのはダメなんじゃないかと思い始め、

一応作業をサブとして手伝う旨は申し出るものの、そもそも作業をやりたいわけでもないので、

向こうが何も言ってこないとついつい放置して、いつの間にか終わってたりしてしまう。

また、「あれとあれやらないと~」みたいな手伝ってほしいだろうフリを聞いても、

その仕事の分担がはっきりしないことに面倒臭さを感じ(やりたくないものを、

わざわざ取り返すように「やります!」と言う気になれない)、やっぱり放置してしまう。

まり、私の場合、「これとこれやって!」と言われないと動けない指示待ち族。

共同作業ではたいていの場合、そんな明快な指示が飛んでこないので、なんとなく誰かがやってしまい、

職場でいつも気まずい思いをする。他人のやってる作業にどう関わればいいのか、

どう踏み切って介在すればいいのかがいまだによくわからない。子供ときに手伝いをするって大事だと思う。

2021-06-01

大坂なおみちゃん

ウツなんだね……。

まだ若い

そんじゃ可哀想だよなぁ。

元気そうに見えても

ホントのことは

わかんないんだもん

2021-05-24

anond:20210524194012

しかときどき断食するのは健康にいいように思った

ウツで食欲なくしてるだけだけど

飢えた状態で食べるとなんでも美味しくなりそう

2021-05-19

株もビットコインも下がっていく。

ウツだ。

もう寝よう。

2021-05-11

シン・オリンピック劇場版

クリステル「行きなさい選手くん!あなた自身金メダルの為に!!」

ユリコ「オリンピック本来の形を取り戻していく…」

選手「イケエ!!来い!!」

リカコ「選手…くん…」



11年後

クリステル「選手くん、あなたはもう何もしないで」

国民アスリートさん、オリンピックだけはやらんといて下さいよ」

選手「訳がわからないよ…僕はみんなに希望を与えるためにオリンピックに出ただけなのに…」


バッハ「トキョはいいね。トミンの生み出した文化の極みだよ」

バッハ選手くんとのシンクロナイズドスイミング…すごくいいよ…」

バッハ「これがトキョで行った3度目のオリンピックの結果だよ」

選手「そんな…僕はただイケエと一緒に泳ぎたかっただけなのに…」

スガ「まったく嫌な役回りだ…」


選手「イケエ!なんで一緒に泳いでくれないんだよ!」

リカコ「命令にないから」

選手「じゃあもういいよ!」

新国立競技場最深部

バッハ「駄目だ選手くん!嫌な予感がする…」

選手「この聖火でやり直すんだ!」


バッハ大丈夫、また会えるよ」


デンツウ「オリンピックに向けて、全ては計画通りだ」

五輪反対派「ガキ選手…助けてくれないんだ…わたしを…」

五輪反対派「医療関係者が来れるところまで移動するわよ」



東京選手

医療従事者「ワイは今この村で医療従事者をやってる。ワクチンも優先して打たせてもろうとるんや」

リカコ「水泳って、なに?」

国民選手くん!貴重なワクチンを打たないなんて失礼じゃないか!」

反対派「ガキ選手!いい加減イライラすんのよ!!自分で打てないなら、私がワクチンを打ってあげる!!」


ウツケン「俺は今東京村の都知事やらせてもらってる。選手にはこれから付いてきてほしい所があるんだ」


リカコ「選手くん、カップ麺置いていくわね」

選手「………」

選手「ズルズル…ズル…(泣)」


リカコ「私はデンツウの人形じゃない」

選手「イケエはイケエだよ」

リカコ「選手くん…あなたに会えてよかった。ありがとう


選手「僕も行かせて下さい!!」



反対派「なんで私が怒ってるのか分かった?」

選手「僕が金メダルを取る事ばかりで、国民生活を考えていなかったから」

反対派「少しは大人になったじゃない」


クリステル「選手くん、出場を許可します」

国民「どうして!アスリートのせいで私達がどんな目にあってきたか!」


選手クリステルさん、シンジロウくんにあったよ」



デンツウ「私はこの国を盛り上げたかっただけなのかもしれない」


バッハ「僕は選手くんの為に大会を開くことで、自分も救われようとしたんだ」


反対派「PCRワクチンも打たせて貰えなかった。だから批判するしかなかった」


リカコ「私はただオリンピックに出たかった」



選手さようなら、全てのオリンピック





???「だーれだ?」

選手テニスが上手いいい女」

ナオミ「さあ、いこう!」

2021-05-08

ねえねえネトウヨさあ、いつになったら中国ダム決壊するの???

秋になる前には三峡ダム決壊して中国は滅ぶってあれだけウッキウキだったのに、あの話はどうなったの?ねえ?

ダムが歪んでるだの、すでに放水して沈んだ村が1つや2つじゃないだの、あんだけ陰謀論垂れ流してたのにもうダンマリなの?

ネトウヨなんだから「本当は三峡ダム決壊しているが中国共産党隠蔽している」くらいのことは主張しなくちゃ駄目じゃない。

中国コロナ対策だって共産党隠蔽しているんでしょ?ネトウヨ的には。

経済成長中国共産党が全部改竄してたことになってるんでしょ?

あなたたちネトウヨの大好きなウツシイニッポンを超えて中国世界2位の経済大国にのし上がって世界中に影響力を持つようになっても、

中国共産党経済成長捏造してるってことにして明日にも中国は滅ぶ、って陰謀論を頑張らきゃ。

古い伝統が大好きなんでしょ?もう20年以上続いている由緒正しい中国すぐ滅ぶ論をしっかり守ってくれなきゃ困るよ。

しっかりしてよ、ネトウヨさん。

2021-05-07

私は今話題弱者男性毎日毎日ユウウツホント嫌になっちゃう。 でも実は私には理解のあるnull君が居

エラーが発生しました

問題解決しています

 

問題解決しています……

 

 

 

問題解決しています…………

2021-05-05

モンハンやってたらこれでいいんだなって気分になった

今年で30代も後半になる。当然ながら独身である

まあ、不安だ。彼女はいねえし、コロナ仕事の景気は悪いし、なんだか最近体力も減ってきた。

でも特に何か創造的なことをしようという気力もなかった。

そんなんだからゴールデンウィークも特段やることもなくて、同じように、特にやることもないような男友人連中にLINEを投げて、モンハンをやることになった。

最近発売されたモンハンライズであるディスコードで通話しながら、通信モンハンをやることになった。

俺達といえば、寄ってたかって独身で、多分日本人ランキングをつけたらみんな揃って下位に行っちまうような連中だった。

そんなんが4人でモンハンをやった。

一言で表すと、メチャクチャしかった。

百竜夜行(沢山モンスターが集まるタワーディフェンスみたいなやつ)で、大量に集まったモンスターになんかいつもボコボコにされる友人A。

ちょっとガチ勢チックなところがあるけれど、的確に閃光玉を投げることに誇りを持っている友人B(弱い)。

堅くなに「俺はリヴァイ兵長だ」というのを譲らずになんか双剣グルグル回って撃墜される友人C。

俺は俺で大剣使ってゴロン、大剣抜刀ころころしかできないオッサンである

そんなポンコツ4人組だから結構負ける。

でも、なんかこう、最近モンハンってすごいんだなって。

村の雰囲気がすっげえいいの。和風で、それで集会所もちょっとした旅館みたいっていうか、室内がすごい落ち着いた雰囲気が出てるんだ。

桜の花なんかも咲いてて、少し暗めの照明で、BGM和風な感じ。

そこでアイルーって猫ちゃんが作ってくれた団子食って、茶しばいてから狩りに行くモンスターをみんなで選ぶ。

まあ、結局一番楽しい部分ってのが、モンスターを狩ったり、モンスターを狩るために装備を整えてる場面じゃなくて、そんな集会所で皆で駄弁ってる時だった。

モンハンコープゲーのご多分に漏れず、アホみたいな恰好をして、アホみたいなポーズを決めることができる。

自称リヴァイ兵長が、鬼滅の刃の伊之助みたいな恰好で妙なポーズを取り出した。

「お前リヴァイじゃなかったのかよ」って言っても聞かなくて、「雷の呼吸!雷の呼吸!」って言ってウツ教官集会所にいるカカシ先生的な人)の前で奇天烈ポーズを取り始めた。

そこにきて怪人閃光玉男が、「お前もしかしてイノシシ頭持ってないの?」とか言って煽るもんだから、俺と百竜でボコられるやつも負けじと自慢のクソダサファッションに身を包みウツ教官を囲い始めた。

俺のファッションテーマは令和に現れた光GENJIである鬼のようダサいパン姿で、自称リヴァイの横でポーズをキメた。

百竜でボコられるやつは、「武装錬金」に出てくるパピヨンボーボボを混ぜたような頭のおかし恰好になってポーズを決めた。

俺達が装備を変えている間に酒を飲み始めていた閃光野郎爆笑しながら、自分イノシシ頭になってポーズをし始めたので、オリジナリティがないということで俺達全員でそいつを罵った。

教官がいるところは、外を流れる川の近くのテラス席で、水面は太陽の光を弾いて輝いていた。

俺達はそんな中で、ひたすら妙な格好をしてポーズを決めていた。

集会所の室内で桜が舞っていて、落ち着いた雰囲気BGM流れる中、アイルー太鼓を叩いていた。

イカれたファッションショーは20分程度続いた。ウツ教官は、文句ひとつわずに、ただそこに佇んでいた。

歳をとって、もしかしたら、俺も、世界も、ちょっとは変わったのかもしれない。電車に乗って社会に出れば、色んな責任がある身分になってしまった。

でも、男なんて、こういう馬鹿みたいなひと時があればいいんだなって、その時、ふと思ったんだよな。

ああ、ガキのころから、俺達は何にも変わっちゃいないんだなと。

ああ、楽しかったなあ。

ああ、死にてえなあ。

そんなゴールデンウィークだった。

弱者男性に決定的に足りないもの

それは妊娠できる体である

まりマンコと子宮が足りない。

マンコでものを考えるという言葉がある。

お気持ち至上主義などとも言われる。

あらゆる論理的整合性の全てを無効化してマンコを所有する人間気持ちが最大限に肯定されるのがマン特権であり、

弱者男性はそれを持たないかカスなのである

また子宮を持っていれば、出産に纏わるあらゆる事象を最大限に肯定化される。

妊娠する恐れがあるということでレイプなどの被害100%肯定化されるし、

妊娠したら不安定感情妊婦としての生きづらさが100%肯定化されるし、

万一流産したらあらゆるお悔やみワードをいただいて100%肯定化されるし、

産んだあとも産後ウツや夫及び社会無理解を嘆いて100%肯定化されるし、

子宮を持つことこそが全能にいたるのである

子宮を持たない弱者男性が悪い。カス死ぬべし。

2021-05-04

anond:20210421191718

この記事LINEオープンチャットグループTwitterで共有されてて読んでたけど、増田でも言及あったんだな

不妊治療当事者グループTwitterアカウントなので、割とみな同情的なコメントしてたと思う

思い詰めてウツになるのは界隈のあるある

2021-04-22

anond:20210421222830

なんか、20年もあったのに美しさだとかいわず

みんながやりだしたら

ウツくすさとか

パクリなんじゃね

2021-04-13

anond:20210413225616

やってるよー。やってても死にたいんだよー。

真面目系クズならぬ真面目系ウツだよー。

2021-03-26

個人情報漏れまくってるわ。ウツ

すこし怪しい感じの某サービスを利用したら、それからフィッシング詐欺メール毎日のように届くようになった。

あんなところにメインのメアド登録しなければよかったと後悔してたけど、今日SMSフィッシングメールが届いたわ。

サービスには、電話番号登録してないか漏れたのは別のところから

どっちにしろフィッシング詐欺界隈に、おれのメアドやら電話番号が出回ってると思ったらウツだわ。

ひらがな大好き❤️

なろうでよく見かける難しい漢字

蔑む|さげすむ…まあわかる

蔑める|おとしめる…難しすぎるよー

貶める|おとしめる…ふりがな感謝

貶して|けなすふりがな感謝

嗾ける|けしかける…こんな漢字あったんか

慮る |おもんばかる

顰める|しかめる

眇める|すがめる

這い蹲る|はいつくば

蹲る|うずくまる

揶揄う|からかう…やゆうー

蟠り|わだかまり…一文字で蝶番(チョウツガイ)を表してそう

漸く|ようやく…しばらくと間違える

暫く|しばらく…ようやくと間違える

態と|わざと…タイトー。態々態とを使う意味

甚く|いたく…はなはだ、く?あれ?しが迷子

蝙蝠 |こうもり蟷螂蜻蛉と蝙蝠を近くに置いて

蟷螂 |カマキリ…全体がぼんやりするまで離れると字が混み合ってて読めない

まだある?

2021-03-25

借金玉は頻繁にウツビョーでぶっ倒れるので雑魚

饅頭しか勝たん

2021-03-18

雑誌映画秘宝』の記憶(13)

前々回の投稿(11)で言及した『映画秘宝』内部で起きていた「業務の『私物化』」について、引き続き今回も述べようと思います

ムック形式が好評だったこともあり、90年代の終わりに雑誌化・大型化を見事に果たした『映画秘宝』は、傍目には順風満帆に見えました。しかし、初期の同誌を読んでいた方々ならばご存知のとおり、若者購読者を想定した誌面作りとはお世辞にも言えませんでした。初期の『映画秘宝』がそのターゲットにしていた購読者とは「子供時代70年代映画館テレビで観た映画についての記憶を、編集者ライター陣と共有する大人」だった訳ですが、当時そんな条件を満たしていた人たちは、私も含めて既に「立派なオジサン・オバサン、若しくはその仲間入りも間近な人たち」でした。そのままで購読者高齢化によって、ジリ貧に追い込まれるであろうことは明らかでした。

したがって、雑誌映画秘宝』が将来的にもビジネス継続して生き延びるためには、長期的な戦略として「より広範で多様な読者層を開拓すること。それも、特に若者層』と『女性層』を購読者として積極的に取り込むこと」を選択するべきでした。しかし、こんな事を今さら書いても、後の祭りです。

承知のとおり、それとは正反対戦略を『映画秘宝』は選択しました。いや、何らかの戦略選択したと言うよりも、むしろ「長期的な戦略など、当時の『映画秘宝編集者ライター陣は露ほども真剣に考えてはいなかった」と言う方が正確かもしれません。

覚えている方もいるかもしれませんが、高橋ヨシキが『映画秘宝』の表紙デザインとして、邦画から引用した「裸の女性が荒縄で緊縛されて馬に跨がる残酷エロ画像」をコラージュして仕上げたことがありました。この表紙について、町山智浩は「この表紙じゃあ女性が手に取り辛い(=買い辛い)」とボヤいていました(※注)。雑誌の「顔」である表紙がこんな状態だったぐらいですから高橋ヨシキの頭に「女性購読者を獲得すること」など微塵も無かったことは明らかです。

既に述べたとおり『映画秘宝』は「女子供から映画を取り戻せ!」をスローガンにしていた訳ですから、むしろいか女性が手に取り辛い(=買い辛い)デザインにするか」について考えた上で、高橋ヨシキ意図的かつ積極的に「女性が嫌がりそうなデザイン」に仕上げたのだと考えるのが妥当です。きっと、このような表紙を作っていた時の高橋ヨシキは「オレたち男だけの輪を乱すような奴(=女性)は、お呼びでないから帰った!帰った!」「この表紙デザインを見たら、きっと町山さんも喜ぶだろうなあ!」と云う気持ちを込めていたことでしょう。(※注:ところで、町山智浩も本気でボヤいていたのではないのだろうと私は思いますが、そう思う理由については別のところで述べます。)

近年は真魚八重子などの女性執筆者が『映画秘宝』に登場する機会が増えてはいましたが、それで町山智浩高橋ヨシキの芸風が改まったようにはとても見えず、むしろ却って「これでもオーケーなんだ!こんな芸風でも女は許容してくれるんだ!」と彼らの勘違い助長したと云う可能性すら有ると私には思えます。仮にそうだったとしたら、真魚八重子の頑張りが報われていなかったことになって、非常に気の毒な話ですが。

また、これも既に過去投稿でも述べたことですが、比較的早い段階から映画秘宝』は、ごく少数の寄稿者(例:山本弘)を除けば「アニメファン蔑視・敵視・嘲笑する」と云う態度を明確に打ち出していました。この「アニメ叩き」の姿勢は同誌において長く一貫していたと言ってもよく、恫喝DM事件が発覚する直前にも「『鬼滅の刃』は絶対に観ない!」と、訊かれもしないのに自分たちの方からアピールに励んでいました。

もちろん、思想信条自由に照らして考えれば、編集者ライター個々人が「何か」を嫌うこと自体は許されるべきです。だから対象が「萌えアニメファン」だろうと「女性」だろうと何であろうと、高橋ヨシキらが個人的に何かを嫌うことは自由範疇あると言えるでしょう。極端な話、内心だけに留めて現実世界で実行に移しさえしないのであれば、性的マイノリティ/人種民族etc.に対するネガティブ気持ちを持っていても許されるでしょう。

しかし、その上で問いますが、当時の編集者ライター陣がわざわざ誌面を使ってまで「女嫌い」や「萌えアニメ嫌い」を盛んにアピールしたり、ゲイを繰り返し「ホモ」呼ばわりして嘲笑し続けて、雑誌映画秘宝』を売ると云うビジネス全体にとって、何か良い成果を招いたでしょうか?結果的には、女性萌えアニメファン性的マイノリティはもちろんのこと、それらに該当しない人たちにすらも「何だか映画秘宝』は排他的雰囲気があって嫌だなあ。近づくのは止めておこうか」と思われ、遠ざけられただけに終わったように私には見えます

そうして「未来購読者」に成っていたかもしれない人たちも見す見す逃してしまって、長期的に見れば大きな損をしたのではないですか?もしも、編集者ライター陣の個人的な好みに拘ったことによって、ビジネス未来が失われたのだとしたならば、それについての責任を彼らはどう取るつもりなのでしょうか?

当時の『映画秘宝』の萌えアニメ叩きムーブに関しては、こんな出来事もありました。ある時、俳優加藤雅也に対するインタビューを行った際、わざわざ「最近若い奴らは、萌えアニメなんかにウツツを抜かしているんですよ!」と御注進に及んだのです。もちろん、そのインタビュー記事の中では、それに対する加藤雅也の「『萌え』ねえ…」というリアクション言葉を「例の見慣れた太いゴシック文字」で強調することも忘れませんでした。つまり当時の『映画秘宝』は「あの加藤雅也サンも、萌えアニメなんか好きな奴のことは見下して馬鹿にしているんだゾ!読者の皆も後に続け!」と、虎の威を借る狐のスタイル萌えアニメファン嘲笑することに勤しんでいたのでした。それにしても、何の脈絡も無く突然「萌えアニメが云々」とか言い出したので、インタビューを受けていた加藤雅也も反応に困ったのではないでしょうか。加藤雅也についての面白い/興味深い話を読みたい読者の立場からすれば「何でインタビュアーがいきなり『オレは萌えアニメが嫌いだ!』と自己主張を始めるんだよ。お前は主役じゃねえだろ。お前の自己満足にスペースを割くぐらいなら、もっと加藤雅也言葉を載せろよ」と云う感想を抱くしかありませんでした。きっと、このインタビュアー脳裏には、読者の存在及び読者のニーズなどは思い浮かびもしなかったことでしょう。

上で述べたような行動に熱中していた『映画秘宝編集者ライターたちは、ただ単純に「『自分たち欲求』が充たされて気持ちが良かった」のだろうと思います。もちろん自分欲求を充たしたいと思うことは人間として当然ですし、仕事を通じて欲求を充たすことが出来れば、こんなに幸せなこともないでしょう。しかし、それをするならば良識と限度が必要不可欠です。わざわざ無駄に敵を増やし、未来購読者を失ってまで「自分たち欲求を充たすこと」を優先したことは、仕事(ビジネス)として必要なこと、正しいことですか?

ひょっとしたら「眼の前の『利益』を捨ててまで『信念』(=嫌いな奴らを大っぴらに嘲笑すること)を貫くことが出来るから、オレたち(=『映画秘宝』)はスゴいんだ!」と、『映画秘宝切り株派は自分達に酔っていたのかも知れません。しかし、それは別にスゴいことではありません。

洋泉社としては、雑誌映画秘宝』の刊行を「遊び」や「無償ボランティア」として、ではなく「まっとうなビジネス業務」として行っていた訳です。それには先ず雑誌が売れること、それも短期的にだけではなく長期的に売れることが先決であり、その為には更に、購読者を増やすことが何よりも重要でした。したがって、これらの重要事項こそが『映画秘宝製作チームに対して洋泉社が何よりも先に求めたことだったはずです。「何よりも先に」です。

それなのに、購読者を増やさず、と言うよりも増やす為の努力を端から放棄して、逆に無駄に敵を増やすことにだけはキッチリ勤しんでいた訳ですから洋泉社にとって『映画秘宝』の編集者ライター陣は、さぞかし頭痛の種というか獅子身中の虫というか、実に困った存在だったと推察されます

こういった「まっとうなビジネスであれば求められて当然の事柄」には応えようとせず、何よりも先ず「自分たち欲求を充たすこと」を優先して仕事に臨む、これこそが私の言う「業務の『私物化』」なのです。

この文章を読んでいる方は、試しに想像してみて下さい。もしも貴方が何処かの会社などに勤務していて、社員一丸で協力して赤字解消や顧客開拓などに努めねばならない時に、赤字を垂れ流したり顧客どころか敵を増やす行動にばかり勤しむ同僚が社内にいたとしたら、しかも、それに勤しむ理由が「自分気持ちいから」とか「これをやると○○センパイが喜ぶから」とかだったら「テメエの『趣味』の為に業務を『私物化』するんじゃねえよ!」と言いたくはなりませんか?単に「職業人」としてだけではなく「社会人」としても失格でしょう。

このように『映画秘宝』の行動は、とても「長期的な利益を考えている」とは思えないようなものばかりでした。岩田和明による恫喝DM事件を見れば分かりますが、ごく最近の『映画秘宝』内部でも「長期的な利益を考えず、自分気持ち良くなることを優先する」と云う風潮が継続していたことは明らかです。更に、岩田和明が退職するからと云う理由だけで、のんさんの連載を打ち切って雑誌の「売り」を無くすように仕向けたことも、これまた雑誌全体のことを考えない「自己中心的な行動」でしょう。

仕事に関して「長期的な利益」について考えると云うことは「自分よりも若い世代に残す未来」について考えること、つまり責任感の伴う態度」です。これに対して「業務の『私物化』」とは、仕事に臨むに当たって「今」の「自分」のことしか考えないこと、つまり無責任な態度」です。

映画秘宝』は、彼らが「精神年齢の幼稚な奴ら」と見なして嘲笑していたアニメオタクや「馬鹿宣伝に騙されて底抜け大作を観に行く奴ら」と侮蔑していた女性と、彼ら自身とを勝手に比べて「自分たち(=『映画秘宝』の編集者ライター)はアイツらと違って『大人の男』なんだ!」と周りに向けて盛んにアピールし続けてきました。しかし、果たして彼ら自身は本当に「大人」と呼ばれるに値する人間だったでしょうか?

雑誌未来」よりも「自分たち欲求」を優先し続けてきたことを、中心メンバーによる「業務の『私物化』」と呼ばずして何と呼べば良いのでしょうか?「身体大人頭脳はコドモの幼稚な遊び」でしょうか?

高橋ヨシキら「切り株派」が居なくなった2号目にあたる『映画秘宝』に、アニメ作品の特集記事掲載されることが予告されました。この「居なくなった途端に」と言っても良い動きを見るに、おそらく「切り株派」が彼らの一存で他の派閥編集者ライターに対して「『映画秘宝』でアニメ作品を扱うなよ!」と有形無形の圧力を掛けていたことは、想像に難くありません。そのような圧力存在したとしたら、一部の人間の一存で企業努力可能性を封じられていたことになるのですから、これもまた「業務の『私物化』」です。

「今」の「自分(たち)」のことしか考えない「無責任な体質」なのだから、年下の女性に対して恫喝DM攻撃を行ったり、自分たちよりも年下のフリー女性編集者に対してパワハラを行ったりするのも、何ら不思議ではありません。告発を受けるまで、何一つ疑問に思わなかったのは「本当」でしょう。何しろ彼らの頭に有るのは「自分(たち)のこと」だけなのですから

奈良さんがパワハラ告発した後に柳下毅一郎が出した、あの謝罪文としての体を成していない文を読んだ時も「ヨシキくんが報われて欲しい」とか、被害者を置き去りにしたことを書いていて「本当にどこまでも『自分(たち)のこと』だけに終始するんだな」と私は思いました。東大を出たぐらいだから間違いなく柳下毅一郎は頭が良いはずなのに、被害者を含めた「他者存在」に対して満足に想像力を働かせることも出来ず、謝罪文一つまともに書けないとは流石に想像できませんでした。子供か。

映画秘宝』の中心メンバーとも呼んでもいい人間たちが「業務の『私物化』」をし続けても恥じなかったのは、彼らの根底に有る「ボンクラと云う『甘え』」の精神だと私は思います

しかし、長くなったので、一先ず今回はここまでにします。

2021-03-05

雑誌映画秘宝』の記憶(2)

映画秘宝』が特に美少女キャラクターの登場する漫画アニメ作品を敵視して、熱心にバッシングするようになったのは、ムック形式から大判化してからだと記憶しています

特にデザイナー読者投稿担当者高橋ヨシキが誌面の表に出始めて「切り株映画(※注)サイコー切り株映画世界真実を描いている!」と云う姿勢を明確に打ち出し始めた頃と、時期が重なると思います。(※注:人体が盛大に破壊されて血飛沫が飛び散るような作品ジャンルを指すとのこと。)

同じ頃、中原昌也と共著で『嫌オタク流』と云う対談本も出して、高橋ヨシキは非常に熱心に「美少女キャラクターが売りの漫画アニメコンテンツ」を叩いていました。

いったい何が、これほどまでに彼の情熱を呼び醒ましたのでしょうか?

一つ思い当たる事として、2004年イタリアヴェネツィアで開催された『ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展』において、日本館の出展物として「美少女キャラクターの小型フィギュア付きカタログ」が出されたと云う出来事が、彼にとっての大きな切っ掛けだったのではないかと私は考えています

高橋ヨシキや『映画秘宝』にとって、イタリアと云う国は「マカロニウエスタン映画ホラー映画モンド映画の国」として、特別存在だった。そんな国が、こともあろうに自分の大嫌いな美少女キャラクターコンテンツを、現代アート文脈とはいえ肯定的評価したと云う事実に耐えられなかったのではないでしょうか。

上記ヴェネツィアビエンナーレカタログに付けられたフィギュアは、メディアワークスから販売された美少女フィギュアブックレット商品週刊わたしのおにいちゃん』のフィギュア姉妹作品です。

そのため『映画秘宝』で当てつけるようにして「月刊わたしのおにいちゃん」と題するコーナーが始まりました。このコーナーそのものは数回で消えましたが、その後も「切り株映画ファンは悪いことをしないが、萌えアニメを観ているような奴らは犯罪者予備軍なので、どんどんお上通報しよう!」などと書いて、大変に盛り上がっていました。

一方、メディアワークス仕事をしている編集者が立腹してブログ批判したり、美少女キャラクターコンテンツが好きな『映画秘宝』読者から抗議・批判の投書が来たりと云う反応が起きました。

これに対して読者投稿担当者高橋ヨシキは「映画秘宝に書いてある事を真剣に受け止めて、本気になって怒る人はバカなんじゃないですか?アーメン」といった感じで威勢の良い回答をしておりました。流石は俺たちの高橋ヨシキ兄さん!格好良い!…と拍手喝采をしたくなるところですが、年季の入った『映画秘宝』読者たちは心の中でツッコミを入れました。

「それ、リリー・フランキーと某女性芸能人にも、同じ事を言えば良かったんじゃないですか?」と。

リリー・フランキーといえば、今でこそ「映画ドラマで頻繁に見かける売れっ子俳優」と云う感じですが、嘗ての彼は『映画秘宝』の常連寄稿者だった事を、若い人はもしかすると知らないかもしれませんね。

ある時、リリー・フランキーが某女性芸能人と熱愛と云う内容の記事週刊誌に載りました。これをネタに『映画秘宝』はリリー・フランキーが書くコラム欄の執筆者紹介文で次のように記してふざけました。「某女性芸能人(※実際は実名記載)とヤッてるんだから大丈夫!」と。

次の号で『映画秘宝』は「前号で事実とは異なる事を本誌に掲載しました。お詫びして訂正します」との謝罪文掲載。その後、リリー・フランキー寄稿者として同誌に登場する事はありませんでした。

さて、リリー・フランキーが怖かったのか、某女性芸能人が怖かったのか、何れの理由であったのかは今となっては定かでありませんが、唯一つだけ確かな事は、この頃には既に「『映画秘宝』は何となく弱そうな相手を選んでヤンチャな感じに振る舞うが、相手が怖いと判明すると速攻で尻尾を巻く」と云う行動パターンが完成していたと云う事です。

上記中原昌也高橋ヨシキの共著『嫌オタク流』の中で「萌えコンテンツは幼稚な性欲を満たす為のポルノ」と吹き上がっていましたが、吉田豪による町山智浩へのインタビューで発覚した「町山智浩高橋ヨシキによる女性尊厳を踏みにじる行動」を知った元『映画秘宝』読者としては「実際のところ『幼稚な性欲』を満たす為に『低俗な振る舞い』を実行していた人間は誰だったのか?」と嫌味の一つも言いたくなります。そういえば一時期の中原昌也は「石原慎太郎を●す為に筆を取る」というような趣旨発言をしていましたが、身近にいる町山智浩高橋ヨシキの振る舞いには特に何も思わなかったようですね。女性尊厳を歯牙にもかけず踏みにじり「近頃の若いモンは軟弱なコンテンツウツツを抜かしてケシカラン!」と説教を垂れたがるなんて、実に自民党的な昭和時代保守オヤジ典型的な行動事例だと思うのですが、もしかして中原昌也の目は節穴だったんでしょうか?

さて、元ミュージシャン性犯罪実刑判決を受けて刑務所に服役した男が、出所後に女性に近づく手段として「フェミニズム運動」に接近していたと云う話が最近ありました。近年の町山智浩らが熱心にポリコレ的な言動萌えコンテンツ叩きに勤しんでいた理由根底にも、この元ミュージシャンの男と似たような考えがあったのかもしれませんね。

気が向いたら、また書きますね。

アーメン

2021-02-19

anond:20210219154749

というか、自分精神疾患のある患者側なんだけど、

待合室で統合失調症?の、しかし見た目は普通どころか美人で隣に付き添ってる男性(夫?兄弟?)と両親らしい人がいたんだけど、

看護師女性と会話するたびに会話がまったく成立していない、

彼女が取り乱すたびに隣の男性がなだめたり、両親らしい人たちが悲しそうにうつむいてて、俺が医師なら対応できないよ

あと、痴呆老人も精神科範疇から、老化でいきなりズボンおろしウンコし始めたりとか一度だけあった

痴呆老人の方は重度の患者も来る病院で、今は引っ越したので行かなくなったけど、ときどき思い出してしま

見た目は普通統合失調症っぽい女性は今の病院で一度だけ見ただけだけど、

見た目とのギャップと付き添い人の多さにこれも今でもときどき思い出す

自分ウツとかそっちの方なので、この世がストレスに溢れてるように感じられはするけど、論理的思考はできているのだと思う

そうでなければプログラムは書けないし、数学物理も数式も使えないだろう

まあ、特殊なケースでは英語はスラスラ読める、数学天才的だけど、他のことはまったく異常という人もいるみたいだけど、

自分はgiftedとか天才だとは自分でも思ってないし、でも、論理的思考はできてる

この世界ストレスに耐えられないだけだ

そういえばシロクマ先生がなんかそんな文章を書いていた気がするのだけど、あとで読むのままだった

そして、いつもどおりブクマするだけで満足して、あとで読まないのだろう

2021-02-17

anond:20210216171259

お前のいう通り、男はウツになったら終わりという風潮があるから、例え理解あるツレができて社会的に復帰できてもそれを美談や自慢話として紹介するメリットがないんだろうな

2021-02-16

anond:20210216171259

そうだよね。「ツレがうつになりまして」ってタイトル通り、夫がウツなっちゃった話であって、鬱状態の男と出会って結婚して支えた話じゃないからね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん