「合理性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合理性とは

2018-05-16

中国企業模倣戦略は正しい

中国企業世界でヒットした製品サービス、あるいは事業システムそっくり真似て商売を行うため他の国の人からまれることが多い。しかし、彼らはその戦略で成果を出してきた。中国人メンツを重んじる国民だと言われているが、ビジネスに関しては非常に合理的である経営にかかるコストを最小限に抑え、メンツよりも実を取る。もし彼らが模倣したものに改良を加えるようになれば世界経済中国を中心に回るようになるだろう。もうすでにそうなっているのかもしれない。私もおかしプライドを持たず彼らの合理性を見習おうと思う。

2018-05-13

anond:20180513150251

ゲーマーなんてもともとモラルを信奉する社会体制側みたいな気質の人はいない。

効率合理性を信奉し、常識や慣習に囚われてチンタラやってる人間嘲笑い、最短距離であざやかに問題クリアしていく姿勢をカッコイイとする人種だよ。

そのためにはプログラミングを学んででもチートしたり、不正境界ギリギリの「使える」バグを解き明かしたり、肉体やハードウェア限界までも追求したりするもんだよ。

モラルなんて綺麗事の前に足踏みして自分を納得させてる奴は決してゲーマーになれないし、成功者として社会的地位を得たプロゲーマーだって表で綺麗事いっててもモラルに囚われないマインドを必ず持ってるんだよ。

しろモラルを訴えてるプロは、後発を失速させようっていうポジショントークである

2018-05-08

一億円の純資産を手に入れる方法 その7

人間本質について学ぶべきこと

ギャンブルには一切関わらなかった。賭け事は胴元のみが儲かるようにできている。宝くじも同様である還元率が五〇%未満であるあたりいっそうたちが悪い。宝くじを買うような人は十中八九お金持ちにはなれない。やればやるほど損する仕組みになっているのだから当然である。そして合理性に欠けた人は、偶然大きな金額が当たったとしてもすぐに散財して終わる。

マカオは二度訪れて、いずれもカジノ見学を楽しんだが、1パタカも賭けることはなかった。やってもいいかと思って足を踏み入れたのだがからだが賭けることを拒んでいた。カジノ運営される様を見ることができたのは有意義であった。カジノでは一つの洞察が得られた。すなわち人間とは合理的な生き物ではない。そして人間は、意識的にせよ無意識にせよ、その本性として不確実性を好む。

もし賭け事に関わらざるを得ないとなったならば、賭ける側ではなく、賭けさせる側、ギャンブル主催する側に立ちたい。それ以外の選択肢はない。

楽して儲けたいとは誰もが思うことだろうが、その欲求に流され丁半博打で儲けようとするようでは、お金が貯まるわけがない。愚かな人間お金は居つかない。

仮想通貨も同様である仮想通貨を巡る人々の様子はバブルに伴う狂騒そのものであった。

そういえばバブルについて学んだことはたいへんためになった。バブル歴史テーマにした本は数多く出ているので、これらは読んだ方が絶対に良い。そこには人間本質についての洞察がある。バブルは案外、頻発する。人が一生を生きるなかで何度も直面する事象なのだ

要するに、人間についての理解が全てといえる。人間を観察し人間とは何者なのか、どんな存在なのか、それを通じて自分自身とは何者なのかについての理解が得られる。自分自身理解が土台となって初めて、自身人生意識的に形作ることができるようになる。

(次)一億円の純資産を手に入れる方法 その8「常識を疑うべきこと」

https://anond.hatelabo.jp/20180509000814

(前)一億円の純資産を手に入れる方法 その6「精神世界をばかにしない」

https://anond.hatelabo.jp/20180506093300

2018-05-01

もういちど、妊婦様になりたい

母親典型的毒親だった。今も毒しか吐き出さない。しかし、最近ようやく理由がわかった。第2子が産めなかった苛立ちと劣等感子どもに向かっていただけだった。いつも両親は口論していた。基本的に父の言い分が正しかったけれど、母の女性特有感情の揺れを少しでも理解していればもっとマシだったはず。

大学進学、結婚出産……18歳を過ぎた人生は人それぞれ。経験として子どもを産んでみたかった。実際、ほぼ予定通りの時期に子どもが生まれ妊婦向けビジネスの大きさや新生児の子育ての大変さ、仕事育児の両立の厳しさを知り、視野は広がった。同時に、家事子育て自体は好きにはなれず、向いていないとわかった。母も不向きだから、半ば放棄していたわけだ。3歳の子どもは「ママだいすき」と寄ってくることもあれば、「ママ嫌い」と逃げ出すこともある。自分母親になど、物心ついてから抱っこなどせがんだ記憶はない。改めて歪んだ生育環境だったと知った。

毒親の不幸の連鎖は断ち切らなくてはならない、と思いつつ、<一人出産した女性は2人以上の子どもを産まなければならない>とDNAが指示を出すとは知らなかった。そして、なぜか、子どもが欲しいと思うと巣となる家(新しい住まい)を求める。しかし、夫は子どもは一人で十分、引っ越しが面倒だから住み替えたくないといい、時間概念なく子どもと遊び続け、夫婦2人目の時間は一切なく、このままだとできるはずがない。ますます母と同じように苛立つ。

結婚出産できなかった女性は既婚女性を妬み、一人しか産めなかった女性は2人以上産んだママを妬み、2人以上産んだ女性の多くはお金がない、自分時間がないと嘆く。一人ひとり違って当たり前なのに、モデル例と比較し続けてしまジレンマ。それでもストレス度は後者のほうが少ないと気づいた。

今の日本は不幸だ。出産子ども経済的合理性判断し、授かりものではなく、自ら授かるために動くものになっている。調べたところ、今や20人に1人が不妊治療の結果、生まれ子どもという。体外受精でもいいか出産して、再び妊婦としてせめて婦人科受診時だけでも褒めてもらわないと承認欲求が満たされない。欲しいものは、モノではなく、達成感と承認欲求だ。

日本は、日々満たされ楽しく過ごす人と、劣等感と未達成感ばかり感じ、他人を羨み続ける人に二極化が進むだろう。本気で少子化傾向を解消したかったら、出産コントロール権は女性にあるべきだ。医療の発展で長寿100年が当たり前になるかと思うと、ぞっとする。あと60年、2人目が産めなかったことを後悔し、行き場のない怒りを抱き続けるくらいなら、もう十分に生きたのかな、と思う。理想人生は短く、自由に。

2018-04-26

差別と戦うすべての人へ

ここでは差別区別を論じ、そして問いたい。

まずは、差別区別の違いは合理性の有無、もしくは合理性包含量にあるという仮の出発点から話を始めたい。

アメリカ黒人公然差別されていた頃、差別をしていた白人はそれを差別だと思っていたのだろうか。

否、全く合理的区別だと思っていたのである

あるいは江戸時代、えた・ひにんへの迫害や、癩病患者への扱いは、支配層にとってば全く合理的区別だと捉えられていたのである

現代では上記の例のいずれも、謂れなき差別と捉えられている。

ここで鑑みるべきは、人の合理性認識時代場所によって劇的に変化しうるということであり、先述の例はその証左に他ならない。

さて、問おう。

あなたは全くどんな人をも「区別」しないのか?

区別はするとしたら、それはなぜ「実は差別」ではないと言い切れるのだろうか?

あるいは、自分合理性を感じられるもの区別で、そうでないもの差別なのだろうか?

それならば、あなたのその主観正当性はどのように担保されるのだろうか?

それとも差別区別の違いは合理性ではないのだろうか?

それならば、その2つの違いはどんなもので、その違いによってなぜ差別は批難され区別は許容されるのだろうか?

もしかして差別区別には違いはないのだろうか?

もしそうなら、そしてあなたが何らかの人的区別をしているのなら、それはどのように正当化されているのだろうか?

からない。私にはまったく分からない。

山月記に出てくる李徴氏のように、理由も分からないまま、ただ「差別ダメ。でも区別はあり」という世界に生きている。

諸兄の忌憚なき意見を聞きたい。

2018-04-25

オーダーを受けた人が合理性を感じられない命令が増えるとその組織死ぬ

理由は今は言えないがとにかくやってくれ」

「実はきちんと外部に出してる情報なのだ広報都合で言わないでくれ」

「しがらみについて全て説明するのが大変なのであとで」

このようなオーダーが蔓延組織は、メンバーが頭を働かせなくなる、働かせる必要がないかである

困っている人がいても合理的に手を差し伸べられなくなる

本当に頭を使わずに働かせている最底辺人間には働きやす環境思考停止してれば給与がもらえる

ステークスホルダー全てに対する合理性を常に考え続ける頭脳はどんどん抜けていく

不正が働かれてるように見えても何か理由があるんだろうと押し黙り自浄作用も失われる

組織死ぬ

2018-04-24

anond:20180424214334

大学でかじっただけだけど、こういう場合利益衡量の原則が使われるんじゃないの?

児童人権エロコンテンツ知る権利よりも優先されるのが社会通念に照らし合わせて明白。故にブロッキングがひとまず合理性推定される

でも漫画著作権侵害知る権利との兼ね合いで児童人権侵害ほど重くない。だから議論余地がある

主観問題ってわけじゃなくね?

anond:20180424082154

よく分からんけど、問題になるってことは法令違反になって事業者がなんらかのペナルティ対象になるんじゃない?

道路運送法運行計画あたりの。合理性がないのは分かるんだけどね。

2018-04-23

anond:20180423221132

貴方も分からない人だ

から、繰り返すけど、一定数の女性女性専用車両に乗っているなら、その分、不安が減っているわけでしょう。であるなら「男性には何のメリットもない」は言い過ぎ。「不安の量」は変化している。

列車全体におけるトラブルメーカーの量は変わらないのに、トラブルメーカーの乗る電車を減らしても、残りの車両トラブルメーカー密度(遭遇率)が上がるだけでしょうが

なぜなら、女性専用車両にのる一部の女性以外にも、トラブルメーカー存在するから。(そもそもトラブルメーカー女性専用車両にの理由がない)

そりゃ、女性専用車両に乗れる女性は遭遇率下がるかもしれないが、それは女性専用のメリットであり、減ってる「不安の量」は女性のモノでしかない。

男性トラブル遭遇率はむしろ上がってる。

その上、乗れる車両はへる。

これのどこに男性メリットがある?

貴方のいう、男性メリット実体はどこにある?

それとも何か?「女性様のメリットは俺のメリット」とでも言うつもりか?

それを言うなら根拠も定かでないのに「男性には何のメリットもない」とは言うべきではない。

根拠は散々書いてるのに、貴方が頑なに認めないだけ。女性専用車両のせいで男性は乗れる車両がへり、痴漢は減らず、そして冤罪も減らない。

そもそも差別者側こそ効果証明をしなければならないのに、していない。

上にも、そして何回も挙げた通り、女性専用車両トラブルを他の車両に皺寄せしてるだけの、何の合理性もない差別

違うというなら、男性メリット具体的に何か一つでも挙げておくれよ。

減りもしない不安以外にさ。

是々非々で語るも何も、何一つ是が無いものは完全否定あるのみ。

2018-04-22

https://anond.hatelabo.jp/20180421165110

経済的要因を戦争の原因として重視する人が一定数いる

戦争なんて経済合理性の局地みたいなもんで、その金勘定の生々しさを覆い隠すために「大義」とか「正義」っていう立派な看板掲げてるわけだろ?言い換えれば戦争っていうのは若者の血を金に換金する経済活動でしかない。

戦争の原因に経済問題が絡まなかった事案なんて古今東西いたことが無いんだが

2018-04-21

anond:20180421223144

そう。君の言うとおり。

戦争というのは経済合理性に見合った行動ではない。

から、「メフォ手形の隠れ借金外国から収奪で回収する」ことを目的

戦争をしたという主張は間違いなのだ

anond:20180421222929

経済を要因とするっつーのは経済合理性に適った行動を行うっつーのとは違うんだけど

キミ一体何なん?ちょっと引くわ

2018-04-18

anond:20180418202442

なるほど。考えたことなかったけど、意外に合理性がある

他の学生キャンパスライフを綺麗な思い出にするとか、配慮対象はいろいろあるしな

anond:20180418145037

科学的」「論理的」には合理性があるだろうよ

科学的、とは男性にも年齢リミットがあると分かったこと。したがって年齢リミット女性だけに付与する必要はないしましてや育児期間に関しては男女関係ない。

そのため男女共に少子化を抑えるための労働抑制などが図られてもいいはず。現状は出産可能年齢の男女共に、出産育児がしやす社会環境ではない。

論理的なまちがい、とは非文明期に間違った知識女性蔑視を植え付けた性の人が、また時代に逆行することの非論理性。

anond:20180418143213

文明人はそのように、男性理由小梨もすべて女の責任にしてきた歴史があったということも、今の女性権利への意識が高くなる理由の一つでもあるので、

ここまでは分かるが、

女の権利抑制する方向での少子化対策感情的にも、科学的にも論理的にも合理性がないんだよね…。

ここは分からない。上の文章とつながりがないと感じる。

感情的」にはわかるが、「科学的」「論理的」には合理性があるだろうよ。(そもそも、「感情的」な「合理性」って何?

無論、男性理由不妊への対応(検査義務化)や、男性収入へのテコ入れ必要だろうが、

「女の権利抑制する方向での少子化対策」はなかなか合理的プランだろうよ。(不可能ってことを除いては)

しろ女性社会進出を促進しながら少子化対策をする方向の方が、合理性に欠けると思ってる。

が、女性が一旦手に入れた権利を手放さないのもわかるので、この問題はもう、諦めてる

anond:20180418142618

蓄積された経験談大凡理解していた

文明人はそのように、男性理由小梨もすべて女の責任にしてきた歴史があったということも、今の女性権利への意識が高くなる理由の一つでもあるので、

女の権利抑制する方向での少子化対策感情的にも、科学的にも論理的にも合理性がないんだよね…。

減点方式合理性がわからない。

ひたすらモチベーションさげていくだけじゃないの?

加点方式のほうがいいじゃん。

2018-04-17

anond:20180417151417

でもたかが200年もないような伝統なんですよね? 相撲と何が違うんですか? 別に合理性がなければ踏みにじっちゃってもいいんじゃないんですかぁ?

2018-04-16

車離れ、クルマ離れは良いことだ。

クルマ離れのメリット

交通刑務所懲役リスク回避交通刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車乗り) 懲役となれば人生台無し前科者に。

・それに伴う交通凶悪犯としての実名顔面公開リスク回避自動車で重大事故起こせば犯罪歴として永遠にネットに残る。

自動車依存による運動不足が招く癌などによる早死にリスク回避(すべての移動手段のうちアクティブ移動である自転車利用者は最も長生き)

・高い事故率、死亡率の回避統計によると自動車運転手及び同乗者の年間死者数は約1300と多く自転車のおよそ3倍の人数死亡しており、自転車より事故率も死亡率も高い)

・不合理的で重大な維持費の回避クルマは持たないが最善の負債というのは資産運用常識でもある。

クルマ離れすればするほど事故離れ、不健康離れ、懲役離れになるし環境にも良い。

若者は善良で利口になったということだと思います

中高年もクルマ離れという合理的姿勢を示している若者を見習ってもよいのでは?

もう、オウム真理教みたいな自動車カルト時代は終わったとみてよいでしょう。

交通統計を見ても重大事故の元凶はほぼ全てが自動車

そして自動車運転手及び同乗者の年間死者数は約1300人。

歩行者の年間交通死者数もほぼ同数。

そして自動車乗車中、歩行中それぞれの死因の元凶自動車ほとんどを占める。

クルマ離れは重大事故離れなのは統計を見ても一目瞭然と言えます

クルマ離れの良い点はそれだけにとどまらず、クルマを減らせば減らすほど公害渋滞も不健康も減る。

からこそ現代先進諸国都市部では事故公害渋滞を不健康を減らすために自動車を減らして自転車公共交通利用を増やす政策が進められている。それが公益になる為。

ノルウェー首都に至っては自家用自動車マイカー公道走行違法化を進めているほどですからね。

いかクルマ離れが善かを如実に示しています

それに資産運用観点からしても

自動車は持たないが一番の"負債"』

という常識がありますし、若者ネットでよく情報仕入れしまから自動車を持つことのコスパの悪さ、不合理性に気付いているということでしょう。

2018-04-12

土俵に女が上がれないのどこがあかんの?

男の男による男の為の戦いの場とする方が、ある種のブランディングになるだろ

スポーツとしての側面で女子を取り入れるのは良いが、プロ興行として成立させるには神聖化等それなりのイメージ戦略必要になる

プロ土俵のみ特別扱いすることは、それなりの経済的合理性あるじゃん

演劇は女のもんじゃないが、宝塚が女の聖域とするこで成功してるようなもの

あるいは海外宗教観光地なんかでも女人禁制をしいて神聖化してたりするがそれとも一緒だろう

おそらくその逆、男子禁制もあるだろう

格式権威などのブランディングには、性別に対して排他的にするのは全然あり得る話

逆に何があかんのだ?と問いたい

2018-04-10

コインチェックに預けてた通貨が盗られましたっていうたら「ざまぁ」とか「自己責任」で終わりだけど

金庫にしまっておいた現金が盗まれました言うたら一応は同情されますから

合理性だけで動いてるとこういう差に刺される

2018-04-09

anond:20180409222120

丁寧な回答ありがとうございます

キモい・カネがない・おっさんという要素によって発生する不利益とその解決策が明快に示されていて、とても参考になります新卒一括採用とか何の合理性もないし。ぜひ応援したい。

……ってなるのが弱者男性の救済に向けた第一歩じゃないですか。でもこういう具体的かつ建設的なやり取りってまっっったく見ないよね。弱者男性が登場するのはフェミ叩きのTwitterブコメだけ。おかしい。

別にフェミ叩きするのはいいけど、そのダシに弱者男性を使わないで欲しい。あるいはダシに使うにしても弱者男性本人が窮状を訴えているならそれに耳を傾けるべきだと思う。

2018-04-08

婚活年収を聞く/聞かれるという件について

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1215905

ブコメの多くが年収を聞くことを問題なしとしているが、ポイントがずれていると思う。とくに会社採用面接給料を聞くことと一緒くたにしているコメントなどはまったくわかっていない。

しかに、よりよい結婚相手を求めるという目的のもとで、年収を含めた相手属性を聞くことには十分な合理性がある。そのかぎりでは聞いてしかるべきだし、聞かれた方も素直に答えるのが誠実だろう。

問題は、その質問場合によっては(とくに聞き方によっては)相手尊厳を傷つける(あるいは相手をモノとして扱う)ことになるという点にある。もちろん気にしない人もいるだろうが、それはセクハラ発言を気にしない人もいるとかそういうレベルの話でしかない。

なぜこの質問尊厳に関わるかというと、年収多寡一般男性性役割上の評価に結びついてるからだ。簡単に言うと、「年収が低いのは男としてダメ」という烙印を押される傾向があるということだ。

この不当な社会的規範が十分に解消されないかぎりは、年収を聞くことは無害な質問とは言えないだろう。ツイートコメントのいくつかにもあるが、性別を逆にして、女性に対して女性の(不当な)性役割に関わる質問をすることを想像してみればいい。

もちろん合理性にもとづいてそういう質問をするかどうかは個人自由だし、それに答えるかどうかも個人自由だが、それを問題なしとするのはちがうだろう。

2018-04-07

ポリコレ棒怖い」みたいな人

LGBT気持ち悪い人の本音 「ポリコレ棒で葬られるの怖い」 - withnews(ウィズニュース

https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

気持ち悪い」と感じること(内面)とそれを表明すること(行動)を混同している点は論外だが、それはともかく、こういう人が「ポリコレ」によって萎縮してしまう(もっと言えば被害者意識を持ってしまう)ことは実際問題としてある。

なぜ萎縮するのか。

ポリコレ」側が必要以上に強い言葉を使うことで萎縮させてしまうという側面もあるかもしれないが、それよりもむしろ、萎縮してしまう側が何か勘違いしている側面が大きいんじゃないかと思う。

ポリコレ怖い」みたいな態度は、アンチ嫌煙者がよく言う「嫌煙ファシズム」みたいな考えとも通底するものがある。

嫌煙側が権力を振りかざして喫煙者自由を奪っている」みたいな考えだ。

一言でいうと、この手の考えは、合理性ベースにした強制権力ベースにした強制混同している。

ポリコレしろ嫌煙しろ、まともな考えの持ち主であれば、何かを端的に権威暴力によって強制しようとしているわけではなく、理屈によって(つまり特定の前提と妥当な論証によって)強制しようとしている。

要するに「こういう理由からしかじかの場所タバコを吸うな」とか「こういう理由から性的指向多様性配慮しろ」ということを言っている。

理屈強制ベースにあるということは、逆にその理屈に対する反論が理に適ったものであれば、その強制は効力を失うということだ。

ポリコレを怖がる人は、この点を(意識的にかどうかはしらないが)無視しているようにしか思えない。

理屈ベース反論する権利は、つねに与えられている。

単純に、自分立場が正しいと思うなら議論を通じて正当化しろ、それができないなら自身立場の不当さを認めろ(そして行動を改めろ)という話だ。

実際「ポリコレ棒を振るう」ケースの中にも、理屈が通ってなかったり感情で動いていたりするケースはたくさんあるにちがいない。

そういうのに対しておかしいと思うのであれば、理屈でやり込めればいい。

反論が十分に理に適ったものであれば、まともなポリコレ勢は聞く耳を持つ。

逆にそこで、「ポリコレ勢」の方が声が大きいとか時流に乗っているとか権威があるとか多数派であるとか憎まれたくないとか、そうした理屈には無関係事柄を気にしてしまうとリンク先のBさんのような萎縮した態度になるのだと思うが、この手の話題において批判されるべきなのは、まさにそのような不合理な心性(とそれがこの手の話題において許されると思っている甘えた態度)だろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん