「ペンション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ペンションとは

2021-12-05

anond:20211205105924

ペンション殺人事件っていうAVでも観てみ。

映画みたいな感覚AV観れるよ。観たことないけど。

2021-09-28

極道ペンションを開くよ

庭は掘っちゃだめだよ

2021-08-17

本日最後の開館日になります。どうぞ作品たちを愛でていってください。」

美術館の受付人が私達二人にそういった。

私達。そう私ともう一人なのだが、そのもう一人は顔のはっきりしない男だった。彼は誰だかはっきりしない。だが、ただ寡黙な男であるということはわかっていた。普通に考えたら、私達と言っているのに、もう一人がわからないなんておかしなことだが、この場所ではそれが不思議にも不思議ではなかった。そういうこともあるのだ、と受け入れることが当たり前となっていた。

私達は今日たまたまこ美術館へ来た。私達は、避暑地旅行しに来ていて、もう何日かペンションに泊まっており、ずっとペンション敷地からは出ずに、あたりを散策するだけだった。しかし出不精な私達でも、それにはだんだん飽きてきたので今日は車を運転していつもより遠くにでかけてみることにしたのだった。昼過ぎに降った雨で濡れた新緑の葉をくぐりながら林道を車で走らせた。この近辺は店も民家もほとんどなく林道にも誰もいなかった。しばらく車を走らせていると、遠くに平屋建ての白い建物を見つけたのだ。それがこの美術館であった。

しかし、何ということだろう。たまたま見つけて入った美術館が、この美術館最後だなんて。

蝶ネクタイを締めた落ち着きのあるこの老人は、たんに受付人ではなくこの美術館支配人なのかもしれない。髪の毛はつややかとは言えない細く硬そうな灰色で彼の長い人生を思わせたが、きれいに整えられていて品格が漂っていてた。

私達はレセプションで彼を後にし、画廊のほうへ歩いた。長い廊下の床は黒檀でできており、天井の照明や壁の白が反射していた。床の静かな光沢は、長い年月ニスが塗り重ねられてきたことを物語っていた。歩くたびに、その空間に私達の足音けが浮き上がった。入館したのは陽もすでに傾き始めた頃だった。そのためか、廊下を奥に進んでもやはり誰もいなかった。重厚な窓から差し込んだ斜陽が、誰もいない長い廊下の黒檀の暖かさを気づかせた。

足を進めるごとに油絵画材のにおいは強くなって、外界との距離を離していった。まるでこの黒檀が音や光、時間さえも吸収してしまうかのようだった。足を進めるたびごとに時間の軸は消失して、存在だけの、絵画だけの空間になっていった。

つづく

2021-08-09

anond:20210809102034

ゴルフと鮎釣りじゃ先細る。

日光はせっかく遠足で1回は来て貰えてるのに、また来たいと思わせる体験を与えられてない。

東照宮華厳の滝ルートに入れてしまうと、高原湿地帯の魅力を伝えられないままタイムアップ。それに、神社仏閣が主力にも関わらず、外国人を増やそうとする意識が少ない。

那須アクセスがいいせいで日帰り客をターゲットにした安直施設アウトレット土産物屋、民家を改装したペンションばかり。

首都圏から行きやす温泉付きの渓谷としては優秀なはずなのだが、スキー客を那須日光と奪いあいスキー人気の低迷と同時に廃墟群になりつつある。

鬼怒川那珂川は立派な観光資源だが、現在のところ釣り人の集客しか考えてないのは視野狭窄だと思う。

首都圏から行ける観光やなは貴重だし、温泉もあるんだからプラスアルファがあればもっと集客出来るはず。

ツインリンクもてぎがあるのに、その周辺が観光が弱い。那須ハイランドパークとサファリパークが立地や敷地面積はなかなかなのに、バブル期以降投資してないのでしょぼい。立地にかまけてる感が強い。

食べ物は美味しい。

イチゴ餃子以外にもご当地グルメはあるが、全くアピールしていない。

まとめると、観光資源は悪くないが、日帰りでは伝えきれてない。

投資が場当たり的で、ブランディング出来てない。

リピーターを増やす努力必要

プロ野球プロサッカーチームでもあれば、あるいはガルパンあの花みたいなアニメコンテンツでもあれば、リピーターが続出、栃木県の魅力が伝わり、箱根京都と肩を並べる観光地になれるだろう。

2021-06-19

昨日みた夢の覚書

 夢のはじまりは夜だった。私は友達三人とどこか温泉街のような場所旅行に来ていて、ホテルチェックインを済ませたところだった。私に一緒に旅行ができるような友達は三人もいないはずだから、その友達が誰だったのか、どんな顔だったかはもう思い出せない。あるいは高校修学旅行で同室になった同級生たちだったかもしれない。

ホテルは十四階建てくらいの、温泉街にしては大きくりっぱなホテルで、私たちは四人で一部屋の和室に泊まった。皆で浴衣に着替え、宴会場のようなところでにぎやかに夕食を食べた。酒を飲んで心地よくなった私は「先に部屋に戻るね」と言って、友達三人を残して宴会から抜け出した。私には昔からこういう空気が読めないところがあって、だから友達もいないわけで、やっぱり三人もの友達旅行になんて行くわけがない。

部屋に戻ると、すでに四人分の布団が敷かれていた。食事の間に用意してくれていたようだ。私は自分の布団に潜りこんだ。眠気はすぐに訪れた。

さらに夜が深くなり、あのまま眠ってしまったらしい私はうっすらと目を開けた。部屋の電気はついたままで、けれど室内に他の三人の姿がみえない。敷かれていたはずの他の布団も見当たらない。まだ微睡んでいる意識の端でふと、私はもどる部屋を間違えたのかもしれない、という可能性を考えた。アルコール思考が鈍麻していた私は、それでもいいかと思ってそのまま目を閉じた。

翌朝、目を覚まし、今度は完全に意識覚醒した状態で室内を見渡した。何度みてもやはり、其処には私一人しかいなかった。

思ったとおりだ。私はもどる部屋を間違えてしまったんだ。

とくだん焦ることもなく私は冷静に自分荷物をまとめ、スマホの充電がいっぱいになるまで少し待って、部屋のドアを開けた。

ホテル廊下が続いているはずのそこには、明るい外の景色があった。それも、よく見慣れた、私の実家玄関を開けたときに見える畑と砂利道と住居と、そういう眺めが目の前に広がっていた。

私はさすがに驚いて、たった今まで自分が寝ていた部屋を振り返る。ホテルの部屋だと思っていたそこは、私の実家に替わっていた。もう誰も住んでいない、置いていかれた家具がなんとか朽ち果てずに残されているだけの、異質な存在感を放つ廃墟が私の背後にあった。

私は酔っぱらって、ホテルの部屋に戻ったつもりが実家に帰ってしまっていたんだ!

情けない気持ちになりながら、とりあえずホテルまで戻ろうと外に出たところで足が止まる。実家からあのホテルまでのルートなど私が知るはずもない。途方にくれたが、私はそれでもホテルを目指して歩いた。そしてすぐに気づいた。あのホテルは私の実家ほとんど真裏に建っていた。

視界にあらわれたホテルは来たときよりも小さく、ペンションのような見た目に変わっていた。

しばらくホテルを見あげて立ち尽くしていると、入り口から引率の先生のような中年男性がでてくるのが見えた。いなくなった私をさがしに来てくれたらしい。友達四人の小旅行だったはずの旅行がいつの間にやら、修学旅行か何かに変わっている。気づけば私は当然のように学生服を着ていた。

「一体どこにいたんだ?」

小走りで駆けよってきた先生が私に尋ねる。私はその瞬間、廃墟となった実家で一夜を明かしたことを話せば奇異の目で見られるのではないか不安になり、曖昧に口ごもった。まごつく私に先生もそれ以上追及することはなく、私をホテルロビーまで連れていってくれた。

ホテルロビーでは、先生に付き添われて私は誰かを待っていた。友達三人のことを待っていたような気もするけれど、はっきりとは分からない。それでもただ、私は待った。ロビーには私のように先生に付き添われ誰かを待っている人が他にも何人かいた。あてどないような、茫洋な表情を皆そろって浮かべている。それを見るうちに私は、昨夜の出来事をすべて先生に話してしまいたくなり、これまでの経緯をとつとつと先生に打ち明けた。

「私、本当はやっぱり、実家出るの嫌だったってことなのかなぁ」

最後にそうつぶやくと、先生は私を見て黙った。それからゆっくりと、正面の大きな窓に目をやり、その向こうに見える立体駐車場を指さした。あの駐車場は昔は駐車場じゃなかった、あそこには誰かの住居があった、でも今はもうない。そうやってすべては変わっていくものだと、先生はしょぼくれた私を励ますように喋り続けた。

私はぼんやりと、良い人だなあこの人、でも、たとえ話は上手くないなあと思いながら、熱心に語られる話を右から左へ聞き流した。

 

目が覚めた。今度こそ本当に、そこには現実の朝があった。

まだ夢の記憶が鮮明な私はしばらく体が弛緩したようになり、とても起き上がる気になれなかった。まったくなんて夢だろう。

来月、転職が決まっている。新生活スタートだ。もうあと半月と経たずに、私は生まれから二十数年を過ごしたこの家を出る。夢の中ではすっかり空っぽ廃墟になっていたあの家に、現実の私は今、まだ、あともう少し、住んでいる。

住み慣れた我が家の廃れきった姿、それでもそこに帰ろうとした夢の中の自分を思うと、切ないような気持ちがこみあげてたまらない。

そう遠くない未来に私が抱く郷愁の味を、私は既に知ってしまったのだ。

2021-04-19

1ページで終わるものを、「つぎへ」を押させまくるニュースサイト

しかも、結論(結果)の情報は無い。

このサイトしか情報も無いので、どうなったのか調べようもない。

「ある岩を偶然見つけたこから医師団に隔離措置を取られた男性」っていう情報であれば、

最後まで見ても「隔離されたんだよ(原因は一切不明)」で終わり。

途中途中関係ないどうでもいい情報を何度も何度も表示させ、「つぎへ」を少なくとも20回は押させる。

途中途中、「宝くじで一攫千金みたいに稼げるかも」「石が売れるかも」「ペンションだか何だかを彼らは購入したかったのだ」とか

クソみたいな情報を100文字足らずの文章でまとめて、「つぎへ」を押させるクソみたいな商法

糞過ぎるので、Google検索から消えてほしい。

2021-01-31

気分転換旅行しようかと思った

一人でふらっと軽井沢ペンションあたりに行こうかと思った。

でも、鬱病から暇さえあれば死にたくなる。暇が怖い。

2020-09-28

30代

31になった。

区切りから1年たつがまだ20代の気分というか実感がわかない。

仕事もそれなりに責任が増えてきた。

新卒の頃の責任感は今思えば気負いすぎと思うが今もあとから思えばそうなんだろうか。

実力に見合わずポジションややる仕事や指示することが多くなった。

完璧主義なところがあるので気持ちに踏ん切りがつかないとエンジンがかからない。

ここ数カ月そうだ。

なにが踏ん切りなのかはわからない。

結婚する気はない彼女との関係の罪悪感、実家の親の病気、今の仕事をやりきれるだろうかという不安元彼女への未練、もっとチャレンジしてステップアップできたキャリアへの選択の未練、溜まっただけで労働意欲を失わせ続ける貯金

楽しい楽しいと思い込んでいたけど最近仕事が楽しくない。

手につかない、集中できない。

会議の度に誤魔化すことしかしていない。

後輩に無能認定されてんだろなあ。

あんなに長かった通勤も短くなった、家も1k、虫が出るボロ家じゃなくなった、仕事裁量も増えて、理不尽なことに合うことも少なくなった、毎日パスタばかり食うこともなくなって、ある程度好きな物も買える。

でも虚無感は一切減らないどころか、エネルギーがなくなった。

這い上がってやる、焦燥感がなくなった。

昔嫌いだった、わざと頭の悪いふりをして、さぼって楽をして後輩に仕事押し付ける先輩に、なりつつある。

仕事はまだまだ成長する要素はある、奥は深い。

あの頃憧れていた、雲の向こうにいるように思っていた先輩と同じ役職、同じ仕事をしている。

あの頃と同じくらい魅力的な目標や成長すべき要素もある。

でも虚無感が酷い、手につかないのです。

あの頃の方が肉体的に疲れていたはずなのに、今のほうが労働時間は短いはずなのに、もう疲れた

あれがあれば、これがあれば、でもがいて手に入れてきても結局今か。

料理も粗末だけどできるようになった、いつか食べさせたいと思って密かに練習して、継続していたから。

仕事がんばるのってかっこいいって、疑わずエネルギーを向けられていた時が懐かしい。

昇進に息巻いて、ライバル意識していたのが懐かしい。

もう、どうでもいい。

20代は、陰鬱だったけど熱はあった。

30代というかここ数カ月は陰鬱で、熱もない。

ひたすら森のペンションで鳥の声を聞きながら森林浴してあったか飲み物を飲みたい。

どうでもいい 髪も伸びた ヒゲも伸びた

森にこもりたい

2020-08-13

高速道路バカでも通行できるように金掛けて整備されてるんだからサンデードライバーはまったく脅威にはならん

別荘やペンションが立ち並ぶ狭い山道に来る県外ナンバーの連中がマジでヤバい

2019-12-18

anond:20191213233819

ペンションにはレームはじめとするSA幹部と警備兵、そして「お相手」の美青年が数人いた

2019-08-27

女性専用車両増田雪山ペンション金田一と一緒に閉じ込めたら

「無、無実無関係のオレを疑うなぁああああああん

「ほっといてくれ!オレは部屋に戻るっ!」

って言って翌日死体発見されそう

2019-06-19

別荘地に私立学校があるのはなぜ

逗子箱根など別荘地に私立学校があるのはなぜ

旅館ペンションの子どもが通うために

もうひとつは、別宅に住む妾の子どもにも高等教育を受けさせたいという需要があったか今日初めて知った、驚き びっくり…

2019-03-14

anond:20190314093211

「こんど二人きりで旅行しない? いい旅館ペンション知ってるんだよ」

で本当について来たのならなんとなく女性覚悟ができてるんじゃないの

女の「子」だと親が男と二人きりでの旅行は許さんだろうけど

2019-01-11

anond:20190111005959

それらすべて体験できるペンションでも開いてはどうか。

宝塚っぽい演し物とか、強制的に見させられるの。

俺一回くらいは行きそう。

2018-09-14

一流アスリートインタビューする人をぶっ叩くチャンスを伺う友達

オリンピック野球中継バラエティ番組なんかで芸能人記者アナウンサーが一流アスリートに話を訊く場面はよくある。

その様子がテレビに映し出されると、俺の友達はいつもムスッとした顔になり、ピリついた雰囲気を出す。

それから必ず、芸能人たちにブチ切れ始める。

「『どんなお気持ちでしたか?』じゃねえよカス。このバカ、ほんと死ねや!!」

「うわ、こいつありえねえわ……馴れ馴れしくしてんじゃねえよ、相手誰だと思ってんだよカスタレントのくせに」

俺が見る限り、いっつもこんな感じで怒りまくってる。

正直言って、一流アスリートと絡む側にこれといった粗相があるようには思えなかった。

仕事上当然聞かなければいけないお約束質問を投げかけたり、笑顔を浮かべて朗らかに接したり、そういった全く問題のない言動や振る舞いを槍玉に上げて友達がブチ切れまくってるようにしか俺の目には映らなかった。

アスリートの側が最初から非協力的な態度を取ったり、機嫌を損ねてたりしてるのが画面越しでも見て取れるときなんかはもう友達は大爆発。

「偉大なるアスリート様を不快にさせるなんてとんでもないクソ野郎だ!!問答無用無礼者だ!!」

というテンション撮影クルー記者への呪詛を吐き続ける。

レッドソックス時代上原スポーツ番組が密着したときなんかがまさにこのパターンだった。

放送を見た友達は後日、

シーズン真っ只中にわざわざ時間を取ってくださった上原を怒らせる最低のマスゴミ連中」と怒りまくってた。

ちなみに、その放送は俺も家で見ていたけれどあれは上原がとにかく酷かった。マスゴミだなんてとんでもない。

記者がいるだけでムカつくんだよ」とでも言わんばかりにカメラの前で終始イライラし続けて、

ディレクターからのごくごく普通質問に対しても「だから、そんなん〜に決まっとるやろ…」なんて痺れを切らしたように噛み付く。

その密着でどっからどう見ても横柄で胸くそ悪いのは上原だった)

でも、友達はそんなことは意に介さない。

どんな経緯があろうともアスリート不快がらせたのなら、いや、アスリートとただ相対しているだけで、芸能人マスコミ関係者を「無礼カス!!」と顔を真っ赤にして糾弾する。

俺は内心でこの友達はなんかのメンタルヘルスを患ってるんじゃないかと疑っていた。

天皇への不敬を咎め右翼なんてレベルじゃなかった。理由もないのに怒りまくる。ほとんど通り魔的といってもいいくらいだった。

元来、この友達情緒不安定なところがある。

例えば、旅行先でペンションチェックインする際にオーナー

「遠いところわざわざご苦労さまです」

挨拶した途端に表情をクワッと変えて

「遠いところわざわざご苦労って……てめっ、おめえいい加減にしねえとよお。まあいいや、早く鍵よこせや」 

などと爆発しかたことがあった。オーナーは呆気にとられていた。

部屋につくなり俺は、なぜ突然怒り出したのか理由を問いただしたのだけれど、5分以上かけて意味不明説明をされた覚えがある。

「こっちが予約して金を落としてやってるのに『遠いところわざわざ』だなんて、俺たちが突然やって来て驚いた、想定外の客だみたいなリアクションしやがって。人間失格

みたいなことを言ってたような気がする。

とりあえず、意味不明独りよがりな俺ルールを振りかざして、いか自分の怒りが正当で礼儀に則っているかをずーっと熱弁していたことは強く覚えている。

正直、友達がこういう老害性が強烈な男であることはもう嫌というほど分かっているから、アスリート万歳が転じた無差別激怒も、ひとえに彼のキチガイ性の表れの一つだろうと納得していた。

でも、この友達レベルの奴がどうやら世の中にはかなりいるようなんだよね…。

Twitter始めてから気づいてびっくりした。 

アスリート天皇みたいに神聖視して、インタビューや対談や番組出演となったら「どこが失礼なの?なにが問題よ?」っていうようなことでタレント記者を叩くツイートしてる奴の多いこと多いこと。

どうやら、アスリートに笑いかけるだけでも、心境を尋ねるだけでも、打ち解けて盛り上がるだけでも不敬の極みに思えるようで。

俺の友達と完全に同じ。

アスリート戦時中天皇くらいに崇め奉って、あらゆる絡みも問いかけも無礼だといきり立ってるようなキチガイって意外と多いようだ。

頭が痛くなる。

俺の友達と同じタイプだっていう自覚がある人はどうか精神科の診察を受けてみてほしい。

絶対病気人格障害だと思う。

大坂なおみ記者会見でも案の定こういう奴わきまくってたし。

今、テレビ玉川徹

「優勝した大坂なおみにセレーナに関する質問ばかりするなんて!って批判殺到してるけど、

あんなもん世界的に注目されてる出来事なんだから記者がそれにまつわる質問するのは当然。文句言ってるやつはおかしい」

って怒ってたけど全く正論

アスリート尊皇思考ヤバい人はやはり世の中にはたくさんいる。

2018-05-22

もっと幸福夫婦とか家庭の話を世の中に流して欲しい

不幸話じゃなくて、希望溢れる幸せな家庭の話を流してくれよ!そこら中が地獄に見えるじゃねえか!

夫婦脱サラして楽しくペンションやってますとか、子育てしながらマイホームも建てて順風満帆とか、何かそういうのだよ!なあ!

メディアは明るく楽しい話をもっとくれよ!

2018-05-14

[] VRかまいたちの夜をやりたい

OculusGoとかちょっと触れさせてもらってVRおもしれーと堪能しながら、どんなゲームが今後出てほしいかと考えて、出たのがかまいたちの夜だった。

ペンションシュプールVRで完全再現してリアルタイム殺人事件が起きる様子を見守る。

主人公視点犯人当てしていくモードと、神視点事件が起きるのを眺めるモードが搭載。

続編で、金田一少年の事件簿十角館の殺人とか本格ミステリVRゲーム化。

2017-10-20

google

"がーがる"だと出一番上に"E-girls" (なにそれ)

"ぐうおえぐる"だと一番上は"恋のお味はモンブラン" (は?もつ煮込み味だろ)

"がんがる"だと一番上は"モビルフォース ガンガル" (パチモン

"ぐーげる"だと一番上は"GUGEL ドイツソーセージハムボンルパ】"(美味しそう)

"ぐらんぐおぐる"だと一番上は"ペンション るぐらん" (旅行行きたい)


アルファベットじゃないと全然出てこない

2017-09-21

ラブジェネレーション

長野温泉地でペンションに泊まった。特にそこじゃなきゃダメって訳じゃなく、部屋が空いてて値段がお手頃だったのを選んだ。

着いてチェックインしてペンションの周りを散歩してたらカップルに声を掛けられた。

「ここってラブジェネレーションっすか?」

「は?」

2回くらい聞き直した。何のことか分からすみませんと別れたあとググったらどうやらここがロケ地だったらしい。

1997年ってもう20年も前のドラマだけどキムタクってそんな前からいたのか…。

温泉はすごく良かった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん