「おかしな話」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おかしな話とは

2018-07-13

ポリコレ棒で殴りたいやつは今の朝ドラ見てよ

例の「28結婚もしてない恋人もいない漫画もどん詰まり!私には何もない!」発言が軽い炎上騒ぎになったけど「当時はそういう価値観だった」で終わったよね。そこで終わればまだ良かったんだ…

ここ最近の展開と脚本はひっどいぞ!

以下キャラの口からでた言葉とか↓

無職より漫画家やってた方がヤバくて就職先が100均バイトのみ

28かぁーオバンだな

やしろ優ぽっちゃり)が「今度これ着るんですー」→キレイドレス写真→ゴーンと鐘の音

・嫁は流しの下からもらってきた方がいい(自分の家より低いところからもらってきたらうるさくないと解説つき)

他にもあるけど特に今日は酷かったど…ヒロインが初めての両思いだ!キャー!結婚だ!とかアホみたいに浮かれてるんだけど発言ヤバイ

・(4年に一度プロポーズされる謎理論の後)次のプロポーズは32歳だから高齢出産になる!私も人並みに子供育てたいから今結婚する!→よく平均結婚年齢が30越えた日本放送してんな…でもこれ一番の問題なのが、ゲイ友達の前で言ってるところ…人並みという言葉デリカシーなさすぎでしょ

・(ヒロイン面食いと言う話になって)ユーコ(既婚)には申し訳ないけど!→人の旦那の見た目下に見ててそれをわざわざ発言するヤバさ

とにかくこのドラマから「よく今放送できんな」ってのばっかり。女の価値は「可愛さと若さ」男の価値は「イケメンか金」しかない感じ

でもなんでポリコレ槍玉にあがらないのか?朝ドラなのに?

つまんねぇんだよ!!!

正直ポリコレ的なことより、雑な展開、魅力のないヒロインおかし脚本のせいでおかしな話し方する連中等々とにかくつまら!!!朝の楽しみを返してほしい!!!

ただ斎藤工はかっこよかった!!雰囲気が一人だけ異様だったけど笑

2018-07-07

国家意思としての麻原の死刑

 実名でやっているブログツイッターもあるのだが、そこで書くと炎上しそうで怖いため、増田で書くチキン野郎です、どうもすいません。

 さて、まずはこのまとめ。

https://togetter.com/li/1244367

 ブコメでは江川さんを称賛する声が多い。だが、正直に言えば、麻原の処遇に関して江川さんはわりと冷静さを失う感じがする。

 そもそも精神鑑定に関していえば、「行われていない」というデマが流れているというよりも、「まともな精神鑑定が行われていない」という疑問を呈している人のほうが多いのではないだろうか。

 麻原の精神鑑定については、西山医師による鑑定が行われ、「訴訟能力あり」ということになっている。しかし、その一方で、正式な鑑定ではないものの、複数精神科医面談の結果、訴訟能力なしと主張している事実はある。

(参考)

https://diamond.jp/articles/-/8876?page=2

https://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/63db65c218a5ee890796ceededb22c87

 上記以外で仄聞するエピソードと併せて考えると、麻原の精神拘禁によって崩壊したのはたぶん事実なのだろうとは思う。「詐病」と判断するには無理がありすぎる。

 だが、麻原の精神崩壊したということになると、とても困る人がいる。それは特定の誰かというより、日本という国家のものなのだろうと思う。

 もし仮に、麻原が「心神喪失状態に陥ったことを認めてしまうと、法律的に彼の裁判処罰が難しくなってしまうからだ。

(参考)

刑事訴訟法314条

被告人心神喪失状態に在るときは、検察官及び弁護人意見を聴き、決定で、その状態の続いている間公判手続を停止しなければならない。但し、無罪免訴、刑の免除又は公訴棄却裁判をすべきことが明らかな場合には、被告人の出頭を待たないで、直ちにその裁判をすることができる。」

刑事訴訟法第479条

死刑の言渡を受けた者が心神喪失状態に在るときは、法務大臣命令によって執行を停止する」

 だが、言うまでもなく、麻原は戦後最大のテロ事件の首謀者だ(個人的にはその点に関して疑いはないし、これ以上の「真相解明」にも正直まったく興味はない)。その麻原を裁けないとなると、日本法秩序に対する信頼が根幹から揺らいでしまう。いくら法律的にできない」と言っても、世論はまず納得しないだろう。麻原およびオウム幹部処刑することは日本国家意思だったと言えるのではないか

 「そんな法律は変えてしまえばよい」と言う人もいるだろうが、これは法律における根本的な思想ルール理解している者だけが責任処罰対象となる/理解できない者は対象とはならない)に関わっている問題なので、そう簡単はいかないのではないか愚考する。

 ともあれ、上記刑事訴訟法抵触することなく、麻原を死刑にするためには、麻原に「訴訟能力」「責任能力」があるということにしておかねばならない。だからこそ、形式的精神鑑定をやっただけで終わらせた。しか病気でないことになっているので治療もしない、ということになったのではないか

ここから蛇足だが、小坂井敏晶『責任という虚構』(東京大学出版会)には、次のような一節がある(p.157)。

自由から責任が発生するのではない。逆に我々は責任者を見つけなければならないから、つまり事件のけじめをつける必要があるから行為者を自由だと社会宣言するのである。言い換えるならば自由責任のための必要条件ではなく逆に、因果論的な発想で責任概念を定立する結果、論理的要請される社会虚構に他ならない。

 要するに、こういうことだ。何か事件が起きたとき社会には大きなストレスが発生する。誰かに責任をとらせ、「落とし前」をつけることで、そのストレスを軽減させなくてはならない。だから、その誰かには「その事件の原因となる行動をしない自由があった(=したがって責任がある)」ということにしておかねばならない。行動しない自由があったか責任が生じるのではなく、誰かに責任をとらせるために、そのような「自由」があったことにされる、というのが上記の指摘ということになる。

 この指摘を今回の件に応用するなら、麻原に「訴訟能力」や「責任能力」があったか裁判死刑になったという理解は必ずしも正しくない。そうではなく、死刑にしなくてはならないから「訴訟能力」や「責任能力」があったということにされた…という疑念が拭いきれない。

 もっとも、その是非については、判断はしない。国家の存続にはそういうフィクション必要だ、という考えも理解できないではないからだ。ただ、それでもモヤモヤした感は残る。

 そういう気持ち悪さが、今回の一件には、ある。

(追記)2018/7/9

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180708-00088579/

 江川さんのこの記事で、「詐病」とか言っている人がいるけど、この記事でもやっぱり2000年代初頭の話までしか書かれてない。これ以外の詐病を疑わせる記事も、逮捕当初から2000年代初頭までの時点での話しかない。そこから15年以上の期間があるなかで、麻原の精神状態に変化があったとしてもなんらおかしな話ではない。実際、上でリンクを貼っている加賀さんの面談2006年のものだ。

 上で述べられている刑事訴訟法規定は、「犯行時点の精神状態」ではなく「裁判死刑をする時点での精神状態」に関わるもの。したがって、犯行時点において麻原の精神状態責任能力が認められるものであっても、関係ない。

 個人的には日本法制度がそうなっている以上、麻原の死刑もやむを得ないとは思うが(そうでないと他の死刑囚とのバランスが取れない)、「麻原を死刑にしなくてはならない」という発想から、多くの人の事実認識が若干おかしくなっているのではないか、ということが気にかかるだけの話。

https://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/c34aa02a0f1770deebaa5ceafe30c3b0

さらに追加)http://www.aum-shinsokyumei.com/2018/06/03/post-416/

id:blueboy詐病」だと言いたがる人は、たとえ命がかかっていようとも、糞尿垂れ流しの強烈な悪臭が漂う空間で、汚物まみれの布団で寝る生活20年耐えられるかどうかを想像してみれば良い。無論、麻原の「宗教者」としての精神強靭さがそれを可能にしたと考えることもできようが、それでは麻原を凡庸な俗人とみなす詐病論」の人物描写との整合性がなくなる。むしろ、麻原が凡庸な俗人だからこそ、長期にわたる収監と死への恐怖によって精神に異常をきたした、というほうが説明としてはよほど合理的だと考える。

2018-07-04

いすゞ自動車について思ったこ

いすゞ自動車について思ったことは、日産自動車とのOEM契約を完全に撤退しなければならないと思います。(特にエルフ100 とか、 JOURNEY なんかそうです。)

なぜなら、主要株主トヨタ自動車からです。

あとは、JBUSはトヨタ自動車グループバス製造会社からです。(日野自動車いすゞ自動車提携しています。)

からこそ、トヨタ自動車グループ経済さらに加速させるためには、日産自動車とのOEM契約を完全に撤退しなければならないのです。

それができていない時点で、プリクラッシュブレーキとかi-MTが設定できないと思います

それで、JOURNEYについて思ったことは、JBUSが製造すればいいと思います

あとは、マニュアルトランスミッションについては、日産自動車とのOEM契約を完全に撤退することで、i-MTの設定が可能になるからです。

あとは、国内仕様海外仕様も、トランスミッションは、6MT(前進歯車6段 + 後退歯車1段)と9MT(前進歯車5段 + 後退歯車1段 + プラネタギア(レンジ切り替え:Low/High))と16MT(前進歯車3段(トップギヤはスプリッターギヤダイレクトシフト。) + スプリッターギヤ2段 + 後退歯車1段 + プラネタギア(レンジ切り替え:Low/High))にすればいいと思います

まりギヤ構造が6MTも9MTも16MTも同じです。


----------------------------

理由

日野自動車企業秘密とか、JBUSの企業秘密を防ぐためである

なぜなら、JBUSのいすゞ自動車ガーラ日野自動車のパワートレーンからである

あとは、いすゞ自動車フォワード(FORWARD)とギガ(GIGA)の衝突回避支援機能プリクラッシュブレーキプリクラッシュセーフティ)は、トヨタ自動車日野自動車の同じシステム使用している可能性があるからです。

特にいすゞ自動車ガーラ(GALA)の衝突回避支援機能プリクラッシュブレーキプリクラッシュセーフティ)は、明らかにトヨタ自動車日野自動車の衝突回避支援機能プリクラッシュブレーキプリクラッシュセーフティ)と同じだからです。

トヨタ自動車グループ日野自動車とJBUSとトヨタ自動車マツダ自動車職員に対して明らかに迷惑である

トヨタ自動車グループの益々の発展と健闘とご活躍をさせるためにも日産自動車とのOEMを今すぐやめるべきだ。

もちろん、マツダ自動車にも大迷惑だ。

マツダ自動車ファミリアバンと同じように、トヨタ自動車とのOEM供給をするべきである

マツダ自動車だって日産自動車とのOEM契約を完全に撤退して、トヨタ自動車とのOEM供給ができたんだから、それができてない時点でおかしな話だろうが?

よって、いすゞ自動車日産自動車とのOEM供給エルフ100とJOURNEY)を撤退しない限り、日野自動車とJBUSとトヨタ自動車マツダ自動車にとって、非常に毒なのである

まりいすゞ自動車日産自動車とのOEM供給エルフ100とJOURNEY)を続ける限り、主要株主トヨタ自動車日野自動車とJBUSとトヨタ自動車マツダ自動車)に対して、抹殺とか黙殺をしているようなものである

2018-07-03

anond:20180703121530

増田の言うエスタブリッシュメントはえらい狭義だな。

じゃあある程度合わせるために俺の言うエスタブリッシュメントを裕福層と言い換えよう。大体年収800万以上ぐらいの世帯のことだと思ってくれ(それで裕福層?って笑うのはナシだ。平均年収が400万だってこと忘れるな。本当は富裕層って呼びたいけど、増田的には年収800万は富裕層ではなさそうなので)。

で、この層を占めてるのは高学歴インテリだろう。

んで、裕福層だから子ども学力を高くできて子ども学力が高いか子どもインテリ層に入れてインテリ層だから裕福層になれてっていう再生構造があることは今更説明するまでもないことだけど、この構造支配構造と言わずになんと呼ぶんだ?といった感じ。

これをインテリ叩きだ真の敵のエスタブリッシュメントは見えていない、と言われても、見えないエスタブリッシュメントなんて陰謀論と何も変わらんしそれより見えてるお前らの権益(ここでは裕福層の再生構造のこと)を寄越せ、となるのは何もおかしな話じゃないだろ。

それを平和からできることって言うが、これが100年200年続くとなるとその先にあるのは平和か?

あと増田の話、自分たち現代エスタブリッシュメントだということを隠したいがためのインテリの嘘ではないということ、論証できる?

2018-06-30

anond:20180616140506

向き不向がある仕事

不向きが障害レベルまで振り切ってるから雇ってというのはおかしな話

2018-06-29

anond:20180629172054

どのレベルまでわかっていれば「わかっている」と言えるのか、っていう議論はあるにしても

この世のほとんどの事件に関してはてなー部外者、対してこの事件に関しては多くのブクマカ増田関係者なんだから

そんなおかしな話でもなかろう

2018-06-28

短文投稿サイトブログ

ブログで書こうと思ったが、HageX氏の事件についても触れるので増田にする。

どう書いてもPV乞食のそしりは免れないと思うので。

それとこんな長い文章を書くのは初めてなので、だいぶとっ散らかってると思う。まずはそれをご容赦願いたい。

この事件に関する言及最初に読んだのが青二才氏のブログだった。

イジリはやる相手を見極めな~、みたいな論調で、最初の三行だけ読めばいい内容だと思った。

後は青二才氏の自分語りなので。

どうでもいいが、青二才氏のちょいちょい入る自分褒めってすごいな、って思う。悪い意味で。

それで「あーイジリは良くないよね」って思ってたんだが、青二才氏を諫めるブロガー界隈がえらい反発してた。

あざなわ氏のが一番過激だった印象。

HageX氏が「いじったのが悪い」って有責性を求めるような青二才氏の論調に大いに引っかかった模様。

それももちろんあるのだが、自分は「イジリが招く尻馬に乗っかるイナゴたちが悪い=イジリよくない」みたいな印象だった。

イナゴが乗っかってくるからイジリ止めましょうね、っていうのもおかしな話だが

乗っかってくるイナゴのもたらす憎しみの連鎖効果を真っ先に連想したので、そこまでは意識が及ばなかった。

誰がやったことであれ、というか知名度が上がれば上がるほどイナゴは寄ってきて、ただ炎上渡り歩くだけの燃えイナゴも多数いるので、それらに見つからないためにイジリを控えたほうがいい、みたいな一般論だったのかな、と。

イジッてたから襲撃されてもしょうがない、というのは青二才氏の飛躍で。

オマエも弄ってんじゃねーか、と反論されたらぐうの音も出ないんだから雑だし脇が甘すぎるよな、とは感じた。

ただここまでで思ったのは、

どうも青二才氏含むブロガー界隈の人と、ごく最近ブログ始めただけの自分との間に意識の差がデカいんじゃないか? という疑問。

どの辺が理由だろうか、と考えてみたんだけど

短文投稿サイト隆盛以前と以後で、ネッツに対する意識が分かれてるんじゃないかと。

短文投稿サイト以前からブログが主戦場の人は

青二才氏と言えども長文で自分の考えをまとめて発信する能力はある(論旨が時々トンチンカンでも)。

いっぽうで、短文投稿サイト → ブログになった自分経験からすると

長文でものを書く習慣が絶望的に薄いので、論旨が雑になるのがザラ。

ここまで読んでいただいてもだいぶ明らかだと思う。自分としてはある程度整理した上なのだ・・・

その辺ははてなブロガーの人たちも納得してくれるんじゃないだろうか?

新参って青二才氏のレベルにも達してない青二才以下の雑な認識の人びとが多いって。

(こういうことを書いて青二才氏の目に留まったらまた増長しそうなんでアレだが、自分も含めてじっさいそう思う)

青二才氏がアレでもまだギリギリ相手してもらえているのは「バカなりに話が通じる」という最低線はクリアーしているからで、短文投稿サイトからブログに移ってきた人はその最低線にすら達してないから、青二才以下でも放置されてる、というところがあるんじゃないかな…と。

青二才氏はそれでも話が通じるから諫めるけど、それ以後、短文投稿サイトから移ってきたようなのはまりに雑過ぎるので相手にする気が起きない、みたいな。

古参はてなブロガー諸氏、どうだろう?

青二才氏を馬鹿にしつつも、「それより下」のブログもけっこう観測範囲に上がってきてませんか?

それらが増えたの、短文投稿サイトピークアウトと重なってる、みたいなところありませんか?

青二才氏以上に雑にHageX氏の有責性を責める論調ブログがうじゃうじゃ湧いてきたのを見てそう思った。

はてなブロガーが期待してるような民度はもはやネットにはない。

とりあえず乗っかりやす論調マウント取りやす論調に乗っかって強い言葉を吐くだけの蟲たちの寄り集まって作る蟲毒。

「いじり」というのは皮相な見方しかできない、そうした短文投稿サイトツイッターでもはてブでも)で練り上げられた雑でシンプルかつ間抜けな人々にとっては絶好の好物だった。

HageX氏も、ブロガーも、訴えたい、伝えたい内容はどうでもよくてただ炎上の熱が欲しいだけの蟲たちがもはやネットではマジョリティ、ということを痛切に感じていなかったのではないか

そういう雑すぎる人たちがブログを主戦場とするあまり、視界に入ってなかったんではないか、と。

ブロガーなら互いに意思疎通ができる。

青二才氏ですらも。

もはやそういう基本すらも崩壊しているのが、短文投稿サイトが席巻した後の、今のネッツ空間なのではないかしら、と狭い観測範囲ながら思う。

最後に。

個人的経験では、はてブよりツイッターFBの方がクソみたいな罵詈雑言飛んでくる確率高かった。はてな基準だと思っていると、世の中をよりマシな方向に誤解するかもしれない(少なくとも自分はそうだった)。

2018-06-26

社会的地位保証

https://blog.tinect.jp/?p=52254

記事の内容は(結論以外)だいたいうなずけるし同意なんだけど、社会的地位保証については首を傾げざるを得ない。

収入仕事提供するのは起業家資本家仕事かもしれないけれど、地位だの自己肯定感だのは文化範疇なんだから、そんなもの求められても困るでしょ。

いや、それが自己肯定感問題で、そこにダメージを感じる市民が増えると社会不安が噴出しちゃうので、社会的な課題として対処すべきだっていうのはよく分かるし同意できる。のだけど、彼らがそこにダメージを受けてるのって、すごく自主的ものだよね? 彼ら自身自分自身を痛めつけてるような、自分同類をだれかれ構わずリンチして卑下する文化をつくってるのが主たる原因でしょ?

今の政治が〜とか収入が〜とか税制が〜とかもっともらしい事を言う人がいるけれど、それらの指標において日本より遥かに劣悪な事情にある国だってもっと自分自身肯定して前向きに生きる文化の国、たくさんある。日本はもうおしまいでお先真っ暗だってマスコミはてな諸賢もそういう記事ばっかり巻き散らかすけれど、数字比べてみれば日本は裕福で恵まれていることは否定しようがないわけで、すくなくとも自尊心破壊されるほどの状況とは到底思えない。

いやいや日本国内にいる限り比較対象国内国外貧困国は関係ない、というのならば、まさに日本国内での相対的な皮革の話であるのだから多数派劣等感を感じるっていうのはおかしな話だ。多数派であるのならばそこが普通であって劣等感を感じるべきではないでしょう? どうかんがえても自分たちで奇妙に社会ハードルを高くぶち上げて、それに対して不合格からと周囲を断罪し、同じハードル自分ブーメランしてきて劣等感を感じているだけだ。

なによりたちが悪いのは、その部分が問題であり解決しようとしたとき、彼らにどんなに高い収入社会的なサービスを与えたところで「私は絶望してる! 傷ついてる! 保証と補助を要求する!」という要求を、原理的には排除できない点だ。内面問題なので「それが嘘だ」と断言することはできない。結局それって弱者居直り要求ビジネスだよね。

最初に述べたように、社会的に解決が望まれ課題であるというのはそう思うのだけれど、以上のような理由積極的な関与をするつもりには到底なれない。むしろ社会的な弱者が、弱者同士で同族リンチしたり自己嫌悪サボタージュする文化をやめた上で、その上で収入なりなんなりを要求してほしいよ。

2018-06-19

勇気がないのか?

40代ラノベ読んでるようなキモくて金のないおっさんの性欲は異常。

彼らは「俺に女をあてがえ!」と言うからすごい。めんどくさいという発想がなさそうなので、ちょっと個人的には共感できない。彼らはほんとに女が欲しそう。

彼らはそれだけ女を求めているのに、なぜか女に恵まれない。おかしな話だ。世の中、貧乏でとくにかっこよくもないおっさんでも結婚してたりするというのに。

40代ラノベ読んでるようなキモくて金のないおっさんくらい性欲があったら女の一人や二人できそうなもんだけどな。なぜできないのか。

2018-06-10

小山慶一郎の件

小山にも反省すべき点があるし、脇が甘かったのだろうから擁護するつもりはない。

だが19歳にもなって善悪分別がつかないとは理解に苦しむ。

我々の村はたった一人の女の私利私欲を満たすために焼かれたのか。

私が愛した男はたった一人の女のマウンティングのために利用されたのか。

馬鹿馬鹿しい。




これを読んでいないであろう小山慶一郎。

今、あなたファンは各所に必死メール要望ハガキを出している。

今回の件で番組がなくなってしまうことを阻止したいから。

こうなってしまったけど、それでもやっぱり今年はお祝いの年だから

何かをしていないと、気が収まらいから。

自分が詫びるのはおかしな話だと前置きをした上で、それでも今回の件を詫びて、嘆願をしている。

ただそれを「申し訳ない」と思わず、どうかそれだけ自分を愛してくれている人がいることを誇りに思ってほしい。

勝手代理謝罪をしている女からお願いだ。

ごめんね、は聞きたくないんだ。

「ありがとう」と言ってください

出来たら愛してください

嫌いにはなれないんだ。



そして相手女性

あぁ願わくば

遅刻ギリギリで飛び乗った電車快速絶望してほしい。

タンスの角に小指とかぶつけてくれ。

以上

2018-06-06

anond:20180606171831

加害者側が反省できるように整えてくれってのもおかしな話でしょ

そりゃそういうふうにできたならよかったろうけど歩み寄るのはどっちが先かという

2018-05-30

個人遭難信号発信機

山岳用のレスキューリンクみたいなのってないのかな

陸で遭難しているのに海上保安庁を呼び出すのもおかしな話だけど

Vtuberの界隈を見て、わかったことやわからない事。

バーチャルユーチューバー

これは、今に始まった事じゃない。キズナアイと名乗るキャラクターYoutubeで2016/11/29に動画投稿して活動した所からはじまる。

動画の内容は、二次元キャラクターが3Dで動いていて、VRを使った仮想現実を基に自分が思うままの動画投稿していた。

から見れば、ユーチューバーが3Dのキャラを通していろいろやっているだけだ。

2017/6まではいゆるオタクと言われる人に大方騒いでいるだけだった。

現に、キズナアイ動画からも伺えるが、再生数も基本10再生である。(記載日頃の再生数)

2017/7~2017/12にいわゆる四天王のと言われる人が活動を開始し始めた。

だが、ここでねこますというバーチャルユーチューバーに着目する。

見た目はキツネ擬人化した女の子だ、だが再生すると声が男性だったのである

彼は、自分の3D技術動画にして頑張っているところをYoutube投稿することで意欲を維持したかったようだ。

そして、クリエイターお金が無いという事を嘆いていたねこます氏は、

突然仮想通貨モナー融資が降ってきて今後の自分クリエイターとしてのスキルを上げる事が出来てるようだ。実際に動画にその節がみられる

ここで、ようやくクリエイター自分が頑張りで報酬が出るかもしれないと思うようになったのだろう。

次々とバーチャルユーチューバーが増えてきたのである

クリエイターだと絵を描くVtuber声優をするVtuber、歌を歌いたいVtuber作曲をするVtuber

3Dを作りたいVtuber自主制作ゲームを作りたいVtuberアイドルになりたいVtuber

かには、特撮系、擬人化系、LGBT系、ゲーム実況系、宇宙人系、ロボット系、執事メイド

ナース系、薬剤師系、兄弟姉妹系、学生系、ロリショタ系などなど、上げると限がない。

そりゃ既に3000人も居るわけだから仕方ない。

だが、こうやって増えていく中で非常に残念なことに、自分に迷走する人が目立ってきた。

何故Vtuberを始めたのか、そして、始めていく上で何か目標があったはずだ。

挑戦することは何も悪い事じゃない。だが、まだ周知もされていない程度で自分の実力の無さを嘆くのはどう考えてもおかしな話だ。

そもそもゲームクリエイターだってゲームリリースして、初めて人々の目に映り、人気へと繋がるはずだ。

作曲だって、曲を発表して販売してからファンの動向を知ることができる。

ユーチューバーYoutube動画投稿して初めて完成するのではないだろうか?

人気や利益動画投稿する前に気にしている人は抑々Vtuber界隈の人に失礼だと思ってほしい。

ちゃんと行動し、頑張りがちゃんと帰ってくる所、それがVtuber世界だと思ってほしい。

そもそも自分卑下しないでちゃん応援する人が居るという事を考えてほしい。

ファンは間違いなくあなたの味方なのだから

2018-05-29

anond:20180528132735

わざわざ増田で期待外のレスに不満ぶつけるのもおかしな話では。

増田ってそういうとこやぞ。

2018-05-28

anond:20180528125701

わざわざ増田を見にきておいて何も言わずにさっさと去れというのもおかしな話では。

増田ってそういうとこやぞ。

2018-05-22

便の大小

知っての通り、日本人間うんことしっこを「大便」と「小便」で呼び分けることができる。

この場合、「便」がさすのは人間排泄物総称ということになろうから、まさに「大」と「小」の部分にうんことしっこを区別する意味成分が含まれているということになる。

しかし、考えてもみればおかしな話である。大便は何が「大」で、対して小便は何が「小」なのであろうか?

大をうんこ、小をしっことするならば、すくなくとも「大」には「固形である」という意味が、「小」には「液体である」という意味が含まれていなくてはならない。しかし、そのような日本語の用例は他に類を見ない。探してないけど多分ない。

「大便」と呼ばれるものにも下痢便、液状便は含まれから、必ずしも「固形である」とは言えないのではないか、という反論が考えられる。しかし、それらは一般的な「大便」に対して、特に区別される必要があるために「下痢便」「液状便」などと呼ばれるのであるから、正常な状態の大便に対する認識はやはり「固形であるように思われる。

便を大小で区別するやり方は、人間の素朴な大小の感覚を反映しているとも受け取り難い。いったい小便に対して大便は何が「大きい」のだろうか?片方は固体であり、片方は液体である感覚的には大小を比べるべくもない。では量の多寡だろうか?それもその時々でまちまちである。少量の大便と膀胱にいっぱいの小便を排泄することもあるだろう。唯一、それらしいことが言えるとすれば、排泄にかかる労力の大小だろうか?

果たして、この「大」と「小」は、一体どこから来たのだろうか。そしてどこへ行くのだろうか?洗浄水にぷかぷかと浮きながら、わたしは考える。しかし、やがては沢山の水がやってきて、すべてはどうでもよくなるのである

2018-05-07

anond:20180507201224

被害者個人情報に限らず、不注意があったかどうかとか、家庭教育などの背景を第三者が詮索してる時点でおかしな話だよなあと思うよ。叩くとか言語道断

加害者に対しても、性犯罪を犯したっていう事実に法的な措置判断が下ったんだからそれ以上でも以下でもない。

加害者被害者のどちらにも、警察や法的機関以外の第三者がどうこう言うべきじゃないだろうに、口出す人多すぎ。所感は本人たちに向けるんじゃなく、自分の今後に活かせばそれでいいんじゃないのかな。

2018-05-03

anond:20180503124003

男性の家に呼び出されたから行きました。無理矢理キスされました。私未成年女子です被害者ですっていうのも、おかしな話だ。

それな

昨日も書いたが、知り合いのJKは皆そういう反応だった

男と女強制わいせつ、本当に男だけが悪いのか?

昨日、TOKIO記者会見を見ていた。

世間では、TOKIO山口さんの強制わいせつ話題でいっぱいだ。

別に私はTOKIOファンでも何でもない。

ただ私は世間の反応に違和感がある。

もちろん、TOKIO山口さんが未成年女子飲酒をすすめたり、無理矢理キスしたり許されることではない。

しかし、本当に一方的TOKIO山口さんだけが悪いのか?

少なくとも未成年女子にもスキがあったと考える。

男性の家に呼び出されたから行きました。無理矢理キスされました。私未成年女子です被害者ですっていうのも、おかしな話だ。

未成年女子にも自分自身の行動を見直すべきであると考える。

もしその女子達が断っていたら、こんな事件にはならなかったと考える。

男性の家に友達女子2人で行ったから、大丈夫と思ったのかも知れないが、女性男性の家に行くのは注意しなければならないことであり、もっと危機感を持つべきだと考える。

世間では、そういう意見はないのだろうか?と考える。そういう意見ブログで書くとセカンドレイプだなんだと言っている人もいたそうだが、そうではないだろう。

この事件から学ぶことは、男性女性に対して注意しなければならないということであり、女性女性で、もっと貞操感を持つべである

昔の女性は、男性の家に行くときも、もっと慎重であったと考える。

最近女性は、恥じらいであったり、謙虚さであったり、が低下していると考える。

今日では、セクハラだ、なんだかんだ騒いだら女性の方が強くなってる時代である

残念ながら、我慢できずにセクハラわいせつなことする男性が少なからずいる。

それについては、言語道断で罪である

しかし、

女性自分自身を大切にし、軽率な行動や服装をするのではなく、自分自身の体を大切にし、考えて行動するようにして欲しいと願う。

2018-04-27

プロデュースってなんでしょう?

最近アイマス界隈で一番話題となったことと言えば、やはり「アイドルマスターシャイニーカラーズ」がリリースされたことでしょう。

レッスン、お仕事オーディションからスケジュールを組み立ててアイドルを育成し、アイドルの祭典"W.I.N.G."での優勝を目指すという、

アケマスの頃のような初代のゲームシステム踏襲しており、古参Pから全くアイマスに触れたことがないという人まで、リリース開始当初

から、幅広い層で好印象を持たれています

自分もやってみましたが本当によくできてると思いました。初見ではほぼクリアできないであろう難易度アイドル界の厳しさをその身で感

じられるし、アイドル達とのふれあい二人三脚トップアイドルを目指しているということを実感できる、本当に「アイドルプロデュー

スしている」ということをその身をもって体感できるゲームになっていると思います

そんなアイドルマスターシャイニーカラーズ、通称シャニマスは前述のとおりネット上でも(特に古参の方々から)好印象を持たれています

「これが本当にやりたかったアイドルマスターだ」「これが本当のプロデュースだ」「最高にアイマスしてる」

そのような声であふれていました。




しかし、僕はこのような声を聞くと思ってしまうのです、

「じゃあ僕らが今までやってきたことはなんだったんだろう」って。

担当カードを手に入れるためにただひたすら画面を押し続けたり、無心になって音ゲーイベント走ったり、限られたお金を切り崩して

ガチャ引いたり、そういったことのすべてが否定されているように思えてならなかったのです。

普通に考えたらおかしな話なんですけどね。ただひたすら画面を押し続けることや音ゲーをすることが「プロデュース」だなんて。

でも今までそれをプロデュースだと信じてやってきた人たちがいる。その人たちがやってきたことっていったい何だったんでしょう?

先月、グリーアイドルマスターミリオンライブ!がサービスを終了しました。僕はこの5年間の歴史すべてに携われたわけではありません。

でも、ここでしか知れない、見られないアイドル達の一面がたくさんあって、あの劇場は、あの世界は、僕にとっても大切な場所でした。

中には本当に初期のころから熱心にプレイしていた人たちがいて、そういった人達の嘆きや悲しみも目にしました。本当に好きだった

んだなって、自分が信じたプロデュースをずっとこのゲームでやってきた人たちなんだなって。「ありがとう」という感情で満ちていた最後こそ、

グリマスが愛されていた何よりの証拠だと思います

そんなグリマスすらも否定されているように思えてしまうのです。ミリシタをやっているときも、自分は何をやっているんだろうという気持ち

なってしまい、イベントを走る気力すら起きないのです。




プロデュースってなんなんでしょうね?繪里子さんは、プロデュースの方法は人それぞれ、とおっしゃっていたのでそんなに深く考えるようなことじゃ

ないんだと思いますが。エンターテイメントなんだから楽しめなきゃ損ですもんね。

シャニマスは確かに初期のころのような、本当にアイドルプロデュースしている感覚が味わえるゲームになっていると思います。これ「が」アイマス

だと思っている人も多くいると思います。でも、僕にとってシャニマスは、これ「も」アイマスなのです。シャニマスに関して何をどう思うかは自由ですが、

ほかのアイマス否定するようなことはあまり言って欲しくないなと思っているのが今の僕の気持ちです。

まあ、悪気があって言ってる人はあまりいないとは思います(笑)。アケマスからやってたような人たちは本当にこういったものを待ちわびていたことで

しょうし、気持ちわからんでもないです。誤解がないように言っておきますが僕は普通にシャニマス好きですよ。

いろいろと思うことを吐き出しましたが僕も多分5th行く頃には忘れてると思います(笑)。少しでも僕に共感していただける方がいたらうれしい限りですが、

しがないミリPの一人が思っていることなんであんまり気にしないでくださいね(笑)最近何かと匿名ブログ話題になるので…。拙い文章でしたが、最後

まで読んでいただきありがとうございました!

2018-04-23

高須クリニック裁判を起こした本当の理由規制緩和の阻止

高須クリニックが起こした裁判記事が出てるけど名誉毀損なんてただのカモフラージュ

こいつが本当に潰したいのは規制緩和の方だ

記事には書いてないが元々の野党議員が話してた議題は

美容系の業務内容をきちんと宣伝出来るようにしましょう」

っていう規制緩和の答弁だったので訴訟すること自体そもそもおかしな話

じゃあなぜ裁判を起こしたのかって言うと規制緩和されると高須クリニックは困るんだよね。

美容外科業界は、倫理規定があって、業務内容について詳しい宣伝をできないの。

ウェブHPは、あれは宣伝じゃないというグレーゾーンで誤魔化してるだけで

雑誌テレビマスメディアでは、禁止ルールが活きてる。

そのタブーをまた裏技で独り突破して、ご禁制やぶりしてるのが高須

西原に「彼氏のことを漫画にしてるだけ」という大義名分乗せて、自分とクリニックの宣伝マンとして多額の金渡してる。

この裏技を独占で使って、他の同業者を出し抜いてるのに、規制緩和なんかされたら、裏技のために大金ぶっこんでる意味なくなる。

から業界規制緩和は、どうしても止めたいんだよ。

高須の真の意図はこれで規制緩和を潰すのが本当の目的

2018-04-22

風俗がBtoCなら

普通性的関係BtoB

 

自分性交(ビジネス)してもらいたいのなら

何よりも先に自分相手に売り込まなければならない

 

世の中のセクハラおじさんや

ミソジニー非モテオタク

なぜか自分を売りだそうとせず

取引先をひたすら罵倒したり

契約に至ってないのに商品を売りつけたりする

 

おかしな話

2018-04-14

郵便もそうだけど、日本人転職しないことが問題なのに気づいてないよね

給料低いとかいっても転職しないもんな日本人って

そのくせ労働運動もしないんだもん

経営者からしたらまじでイージーモードだよね

そんで世界通用しないわけよ

イージーモードクリアしたら世界ハードモードだもんな

河野太郎さんが研究者研究申請書類エクセルで糞フォーマットなの何とかしてくれって話もさ

あれもおかしな話だよね

書類一枚変えられないんだよ?

官僚研究者いい大学出てるのに

連中は書類一枚変えられなかったの

すごいよね 

誰かがルールを変えてくれるのを待ってるだけ

できることと言ったら愚痴ることだけ

2018-04-09

[]森ゆうこさん農林水産委員会の前に読んでおこうね

国会ウォッチャーです。

ただの議事録です。

よろしくご査収ください。

櫻井充

今まで石破四条件を満たしていた満たしていたと言っていますが、いかうそであるかということがお分かりいただけるかと思います。もう山本大臣、答弁結構ですから、いいです。

 さて、加計ありきのことは幾らでもあるわけですよ。

 四月の二日に、パネルがあるかと思いますけれども、(資料提示)まず、四月の二日に不思議なことが起こりました。これは、今治市職員首相官邸訪問しています

 国民の皆さんに知っていただきたいのは、首相官邸に入る際には首相官邸のどなたかアポイントを取らないと入れません。私はこの間、萩生官房副長官にお会いしたいんですがと言って断られて門前払い食いました。国会議員でも入れません。

 今治市職員は急遽呼び出されまして、四月の一日に急遽変わって、四月の二日の三時から四時半に首相官邸に行って何をしたのかというと、そこにあるように、獣医学部系の設置に関する協議ということを行っています。前日までは実は県の出先と、それからもう一つは内閣府に行くということだったんですが、急遽変更になりました。四月の一日に急遽変更になっていて、非常におかしな話なんです。

 誰と会ったのかというのが全く分からないんですが、総理、この三時から四時半の間というのは、この日は何をされていたんでしょうか。

内閣総理大臣安倍晋三君) そのときに私が何をやっていたかという時系列のことでございますが、私は今治市職員とはこれお会いをしていないということはまず申し上げておきたいと思います

 その上で、当時の記録を確認したところ、御指摘の時間帯でございますが、午後三時頃から河村建夫衆議院議員とお会いをし、そして、三時半頃から当時の下村文科大臣から四月七日に予定されていた教育再生実行会議説明を受けました。そして、午後四時頃から定例の安全保障に関するブリーフを谷内国安全保障局長から受けていたところでございます

櫻井充君 こういう都合のいいやつはみんな出てくるんです。都合の悪いのは全く出ておりません。

 さて、柳瀬参考人にお伺いしたいと思いますが、柳瀬さん、久しぶりでございます。柳瀬さんとは、特に原発事故ときには大変お世話になりまして、柳瀬さん、私、柳瀬さんと今日久しぶりにお会いするんですが、前にお会いしたの、いつだか覚えていますか。

参考人(柳瀬唯夫君) いつ頃でしたでしょうか、多分七、八年前でしょうか、ちょっと正確じゃございませんけれども。

櫻井充君 そうなんですよ。七、八年ぐらい前に財務省の当時の主計局長さんが会合を開いてくださって、官僚のこの方々が優秀で、これから先は日本の将来を担っていく人だから副大臣、お付き合いしてくださいと言われてお会いしたのが最初だったと思いますが、それでよろしいですよね。

参考人(柳瀬唯夫君) 財務省の方が当時の櫻井副大臣にどう御説明されたかちょっと私は存じ上げませんので、申し訳ございません。

櫻井充君 でも、まあそのときに宴席一緒にしましたよね。

参考人(柳瀬唯夫君) 夜、お食事をさせていただいたのをよく覚えてございます

櫻井充君 さあ、七、八年前のことを覚えていらっしゃるんですから、去年、おととしのことは覚えていらっしゃると思うんですがね。

 そうなってくると、これは記事しかありませんが、今治市と会ったのがその当時の柳瀬首相秘書官だと、そう言われているんですが、これは事実でしょうか。

参考人(柳瀬唯夫君) お答え申し上げます

 当時、私は総理秘書官として国家戦略特区成長戦略担当してございました。その関連で内閣府担当部局と打合せもしておりました。私の記憶をたどる限り、今治市の方とお会いしたことはございません。

 私が秘書官をしていました平成二十七年の前半までは、そもそも五十年余り認められてこなかった獣医学部の新設をどうするのかという制度論が議論されていまして、この後、先生の御指摘のあったよりも多少後に、今、石破四原則とおっしゃった、再興戦略二〇一五というのをまとめて、いわゆる石破四原則というのをそこで書いたわけで、その過程でございまして、制度を具体的にどこに適用するかというふうな話は全く、当時の段階では全くございませんでした。

 したがいまして、この段階でどなたにお会いしても、今治市がいいとか悪いとか、そういうことを私が申し上げることはあり得ないと思ってございます

櫻井充君 そうすると、簡潔に答えてください、今治市職員とは会っていますか、その日、会っていませんか。

参考人(柳瀬唯夫君) 私の記憶をたどる限り、お会いしていないということでございます

櫻井充君 それは否定されたということでいいんですね。

参考人(柳瀬唯夫君) 私の記憶する限りはお会いしていないということでございます

櫻井充君 済みませんが、それは事実としてもう否定したということでよろしいんですね。

参考人(柳瀬唯夫君) 事実しまして、私の記憶のある限りはお会いしていないということでございます。(発言する者あり)

委員長山本一太君) 速記を止めて。

   〔速記中止〕

委員長山本一太君) 速記を起こしてください。

参考人(柳瀬唯夫君) 記憶している限りはお会いしたことはございません。(発言する者あり)

委員長山本一太君) 速記を止めてください。

   〔速記中止〕

委員長山本一太君) 速記を起こしてください。

参考人(柳瀬唯夫君) 会った覚えがないということでございますので、それで御判断をいただくということだと思います

櫻井充君 それでは、和泉佐官今治市職員と会っていますか、その日に。

参考人和泉洋人君) 私は会ってございません。

櫻井充君 今のように、会っていない方ははっきりと会っていないとおっしゃっているんです。

 改めて、柳瀬参考人いかがですか。

参考人(柳瀬唯夫君) 記憶たどっても会っていないということでございます

櫻井充君 そうすると、総理首相官邸には、先ほど申し上げたとおり、誰かとアポイントを取っていない限り入れないんです。総理も違うとおっしゃるそれから萩生官房副長官はあの当時はその職になかった。この間は菅官房長官からも違うと言われた。

 であったとすると、今治市にはこういう記録が残っているんです。じゃ、なぜ、なぜですね、この一時間半の間こうやってアポが取れた。この点について、総理ですよ、総理、この点の疑惑を晴らさない限り、総理、こういう懸念おかしいじゃないかという懸念払拭できないと思いますが、総理いかがですか。

内閣総理大臣安倍晋三君) この今治市職員の方が誰と面会したかについては、既に萩生副長官が国会で答弁しているとおり、確認できなかったと承知をしております

櫻井充君 今回、私は参考人招致で今治市長をお呼びしたいと。要するに、今治市には明確な記録が残っているので、今治市の方に来ていただければはっきりすることだと思っています

2018-04-03

機械室で働いて心と体がぶっ壊れた一年後の話(追記あり)

 月手取り17万円、残業代交通費は別途支給賞与なし。

 人に誇れる収入ではあるまいが、ワーキングプア定義年収200万円以下」は辛うじて上回る。下を見ればきりがない昨今、地方都市女性派遣社員としては恵まれ待遇かも知れない。

 一年と少し前に、私はこういう記事を書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20170315161240

 今回の記事は、その後日談だ。





 前の記事には「5月くらいには再就職するはず」とあるのだが、一年以上経った今も、私は無職のままブラブラしている。情けないと思う一方で、当然だという気もする。

 何しろ就職希望面接に、ノーメイクで行くような非常識な女なのだ。その理由が「道々涙が止まらなくなり崩れたメイクを落とさざるを得なかった」という、年齢不相応の情緒不安定である面接の途中で気分が悪くなって退出し、トイレまで我慢出来ずに廊下嘔吐したこともあった。私が人事担当者なら、こんな人間採用しないし、それを採用するような企業で働くのは私も不安だ。

 どうやら私の精神は、重度の労働アレルギーになってしまったらしい。病院先生は「軽いアルバイトから始めてみたら」と仰るのだが、やはり面接中に泣き出してしまった。

 一年前の私は「自分で思っていたよりダメージを受けていた」という記事を書きながら、心のどこかで「すぐ回復する」と、やはり事態を軽く見ていた。バカは死ななきゃ治らない、というのは本当かも知れない。





 このアレルギーの原因は、前の職場環境だけではなく、退職後の傷病手当失業保険生活していた期間にもあると思う。

 傷病手当にせよ失業保険にせよ、支給額は「働いていた時の給与の何割か」という式で算出されるため、収入は激減する。

 その期間中に、私の貯金は随分増えた。おかしな話だが、収入が減って、貯金は増えた。

 理由簡単。働かなくなったことで、収入以上に出費が減ったのだ。

 仕事着のスーツを買わなくていい。当然クリーニング代も不要であるオフィスサンダルパンプスも、ストッキングも要らない。通勤電車でもみくちゃにされないので、服も鞄も傷まない。

 疲れて帰ってきて惣菜で夕食を済ませたり、寝坊してしまって昼はコンビニ弁当、ということもなくなった。冷凍食品も買わなくなった。残業帰りの夜道が不安バスタクシーを使うこともないし、楽しくもない忘年会歓迎会の会費とも無縁だ。

 娯楽にしても、平日の昼間はほとんどの施設安価で、映画レディースデー料金で観られる(働いていても夜の部を観れば良いのだが、私にはその余裕がなかった)。友達とたまにしていた夜の外食は、相手職場付近でのランチに置き換えてもらった。1回あたりの話せる時間は半分になったが、2回会っても出費は夕食の半分以下だ。

 通勤時間に読むための本を、無闇に買うこともなくなった。代わりに図書館に通ったり、書店で読む時間たっぷりあるので、通読して気に入ったものだけを買う。読み終わっている本を買うの?と怪訝に思われるかも知れないが、本好きとしては極限レベル妥協である

 そうした出費の減少が積もり積もって、私の総支出額は激減した。

 働いて得た収入の大部分を、働くために使っていた。仕事をやめる前と後の家計簿を見比べると、そういう結論に辿り着く。職を失って節約を心掛けていたにせよ、それだけで出費が半減するはずはない。

 私は確かに、月の半分は自分が生きるために働いていたが、残りの半分はそうではなかった。





 最近、人に食われる夢をよく見るようになった。私の内臓を食べている人は、前の派遣先上司であったり、PC操作を覚えようともせずに丸投げしてきた社員であったり、派遣会社担当者であったりする。

 私が自由に使えるはずの時間と体力、心の健康。それらを犠牲にした対価であるはずの雀の涙ほどの給与までもを、仕事が、彼らが貪り食ってしまった。夢の内容をそう解釈してしまうのは、私の心が病んでいるせいだろうか。

 夢に出てくる人たちのことを、悪い人だとは思っていない。だからといって、私自身も生きながら内臓を食われなきゃいけないほど邪悪人間ではないと思う。他に呪うべき相手は思い付かないけれど。

 子供の頃、仕事とは誰かの役に立つことだと思っていた。その時生じる「ありがとう、助かりました」を、お金に変換したものがお給料である。「えほんがすきだから、しょうらいはさっかさんになるの!」と同じくらい、子供らしくて純粋で、現実度外視した世界観だった。

 でも、人の役に立つって、本当はこういうことなのかも知れない。

 はらわたを食われる夢の中の私は、大抵そんなことを考えている。腸が滑らかに引きずり出されていく様、それが相手との間でぶらんと垂れ下がる様を、冷静に観察している。がらんどうになった胴の軽さ、残された骨の軋みを感じている。

 傷病手当も、失業保険も切れた。貯金が尽きる前に、労働アレルギーを治して、また彼らに食わせるための肉をつけなければ。そう思うのだが、それを出来る自信がない。





【同日22時過ぎ 追記】

 こんな文章を深夜に書いているのはおかしいと自分でも思い、一晩眠って心療内科に行ってきた。ついでに足を伸ばして博物館特別展を見て、一旦帰宅した後、五キロジョギングを終えてPCを起動させ、反応の数に驚愕した。

 深夜の病んだ精神状態をも発信出来てしまう、インターネットは怖いツールだ。

 職と収入を失ってから一年間で、私が更に失ったものがある。前の記事に書いた「たっぷり寝て美味しいもの食べてジョギングしてプール行って本読んで映画観てカラオケに篭もる」を実践した結果、体重が少しだけ、体脂肪率は5%も落ちた。

 失われた贅肉を惜しむ気持ちは勿論なく、体調に限って言えば自分史上、最も体が軽くて健やかな部類である

 心の方も、そう悪くもない。本文の通り、金はないが時間が有り余る生活謳歌している。

 あの夢は確かに不快だが、私が己の内臓差し出すような働き方をしていたのは事実であり、夢の中=過去の私は現実現在の私とは別人なのだ。夢は一年前の出来事を離れた所から、多少冷静に見られるようになった証のようにも思える。せっかく夢が警告してくれているのだから、次の仕事を探すときは、同じ過ちは繰り返すまい。

 その冷静さのせいで、家計簿を見て凹んだりもしたが、渦巻く気持ちネットの海に吐き捨てたら憑き物が落ちたようにスッキリした。この記事を読んで心配してくださった方、すみません。揺り戻しで自己憐憫に溺れることもあるけれど、私は元気です。

 吐き出しついでに考えてみたところ、労働アレルギー発症しているのは私の心ではなく、体のように思えてきた。

 犬を「散歩に行くよ」と騙して動物病院に連れて行くと、その後「今日は本当に散歩だよ」と飼い主が誘っても、「またぶっとい注射を打たれるんでしょ?」と拒絶することがある。

 あれと同じで、私の理性が「もう働けるよ、今度こそいい職場探そうよ」と呼び掛けても、動物的な部分は「また暗くて寒い場所に閉じ込められるんでしょ?」と尻尾を巻くのだ。動物から言葉による説得は通じず、泣いたり吐いたりして拒絶を示す。体の記憶は強固である

 労働環境はともかく、仕事の内容も職場の人も、私は結構好きだった。少なくとも理性の部分では、そう思えるようになった。あとは体が追い付いてくるのを待つだけだ。

 まず来てくれるのかが心配ではあるが、時間を掛ければ大丈夫だと、先人たちが証明してくれている。それまで貯金が持つよう祈りつつ、在宅の仕事支援制度についても調べてみようと思う。

 今度こそご心配なく。死にさえしなければ生きて行ける。






 ところで最寄りの書店ソファで昼寝している人がいるような大らかな雰囲気の上、店員さんには「読み終えようがレジには来る」という情報込みで顔を覚えられている。元々常連だったこともあり、いつもニコニコ対応される。

 が、書店迷惑ではないにしろ、本を買わずに読むという行為情報窃盗には違いない。図書館の利用にも似たような罪悪感がある。就労云々とはまた別に、早く好きなものを心置きなく買えるようになりたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん