「ミニー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミニーとは

2021-12-20

架空キャラにのめり込めない

ミッキーもいないしピカチュウもいないしドラえもんもいないし炭治郎も禰豆子もいないしマリオもいないしトトロもいないしキティちゃんもいないしスヌーピーもいないしくまモンもいないしVTuberも実質いないしアンパンマンもいないし孫悟空もいないしガンダムもいないしエヴァもいないし綾波もいないしゴジラもいないしプリキュアもいないし仮面ライダーもいないしぜーーーーんぶ嘘だって思っちゃって、世の中のみんなみたいに楽しめない。

ディズニー行って、がんばって予約してシェフミキー行って、ミッキーとかミニーサインももらったし、アンパンマンミュージアムでアンパンマンしょくぱんまんに囲まれ写真取ったし、USJマリオと一緒に写真取ったし、ポケモンセンターにも行ったし三鷹の森ジブリ美術館も行ったしドラえもん空き地再現したところにも行ったし動くガンダムも見たし、その他もろもろ行ったけど、やっぱり全部嘘だって思っちゃってのめり込めない。どうせディズニーランドのミッキーの中には人がいるって思っちゃう。悲しい。みんなみたいに楽しみたい。

2021-11-29

ディズニーランドの星になった

ある日、インフォメーションにひとりの男性が暗い顔でやってきました。

「あの‥‥落とし物をしてしまって」

「どういったものでしょうか?」

サイン帳です。

子どもミッキーミニーちゃんサインが欲しいって、

園内のいろんなところを回って書いてもらったものです。

あと少しでキャラクター全員のサイン

そろうところだったんですが‥‥」

インフォメーションにサイン帳は届いていませんでした。

心当たりの場所にもかたっぱしか電話をかけてみましたが、

どこも届いていないという返事でした。

「ご滞在はいつまででしょうか?」

「2泊3日のツアーに参加しているので、

2日後のお昼には帰ることになっています

「では、このあともう少し探してみますので、

お帰りの前にもう一度こちらにお立ち寄りくださいますか?

それまでには見つけられると思いますので」

そのキャストサイン帳の特徴を詳しく聞き、男性を送り出しました。

男性が帰ったあと、さらにいくつかの小さいセクションに電話しました。

サイン帳のことを伝え、さらにほかのキャストにも声をかけてもらって、

大勢でパーク内をいっせいに探して回りました。

ところがどうしても見つからなかった。

キャラクターサインがあるサイン帳だから

誰かがそれを拾ったとき、うれしくて持って帰ってしまったのかもしれません。

2日後、この間の男性がインフォメーションに現れました。

「どうでしたか?」

たぶん見つからなかっただろう、という口ぶりでした。

キャストは残念そうに答えました。

「大変申し訳ございません。全力で探したのですが、

サイン帳を見つけることはできませんでした。しかお客様‥‥」

1冊のノート差し出されました。

「どうぞかわりにこちらのサイン帳をお持ち帰りください」

渡されたノートを開いてみると、そこにはなんとキャラクターサインが書かれていました。

しかキャラクター全員分のサインちゃんとそろっていたのです。

キャストは落としたサイン帳と同じものを店で見つけてきて、

いろんなエリアを歩き回り、キャラクターたちにサインを書いてもらったと説明しました。

男性は顔をくしゃくしゃにして喜び、何度も何度もお礼を言って帰りました。

この話はこれで終わりではありません。

後日、一通の手紙が届きました。

先日はサイン帳の件、本当にありがとうございました

じつは連れてきていた息子は脳腫瘍わずらっていて、いつ大事に至るかわからないような状態だったのです。

息子は物心ついたときからディズニーのことが大好きでした。

「パパ、いつか絶対ディズニーランドに連れてってね」

毎日のように言っていました。

私は、そうだね、行こうねと答えながら、

ももしかしたら約束を果たせないかもしれないと不安に思っていました。

命は、あと数日で終わってしまうかもしれない。

から、せめていまのうちに喜ばせてあげたいと思い、無理を承知ディズニーランドへ連れて行きました。

その息子が、ずっと夢にまで見ていた大切なサイン帳を落としてしまったのです。

息子の落ち込みようは見ていて苦しくなるほどでした。

しかし、あなたが用意してくださったサイン帳を渡したときの息子の顔が忘れられません。

「あったんだね! パパありがとね!」と

本当に幸せそうな顔でした。

ほんの数日前、息子はこの世を去りました。

ずっとサイン帳をながめていました。

ディズニーランド楽しかったね。また行こうね」と言い続けていました。

眠りにつくときも、サイン帳を抱えたままでした。

もしあなたがあのときサイン帳を用意してくださらなかったら、

息子はあんなにも安らかな眠りにはつけなかったと思います

息子はディズニーランドの星になったと思います

あなたのおかげです。本当にありがとうございました

手紙を読んだキャストは、その場で泣き崩れました。

2021-11-13

[]11月13日

ご飯

朝:りんごカップスープ。。昼:ズッキーニピーマンウインナーソバソース炒め。目玉焼き。。夜:白菜ニンジン鶏肉エノキシメジの鍋。お雑炊

お菓子禁止継続中。

調子

むきゅーはややー。お仕事は、おやすみん。

近所の公園ウマ娘コスプレをした人たちが写真を撮ってた。

流石人気コンテンツだけあるなあと思って横目で見ながら通り過ぎようとしたら、思わず二度見してしまった。

というのも、3人組でサイレンスズカ、シンボリルドルフミニーザレディだった。

いや、ミニーザレディのコスプレする? 自由だよ、自由だけどする? 自作なの? それっぽいのを組み合わせてそう見せてるだけなの?

など色々考えて思わず二度見してしまったけど、パーカーで、目になんか付けてて、ウマ娘の耳で、完全にミニーザレディだった。

こだわりなんだろうなあ。すごい。

グランブルーファンタジー

四象ゴリゴリに周回して、青龍槍3種5凸。

いや、マジでこれ大変だったので、ちょっと次の属性からはなにか緩和してほしいなあ。

使う未来も見えないしさあ……

ワールドリッパー

期間限定の赤レーヌの武器を完凸。

マルチボスピックアップファングライダー超級武器も3種類全部完凸。

ほぼほぼ1日で全種終えれた、やりゃあできるモンだね。

これで超級武器集めが終わってないボスは、妖狐とグリズリーの二匹。

来週にはそのグリズリーと妖狐もあるので頑張ろう。

2021-11-01

声優ライブに行った結果、自分の腐った心根が見えてしまった。

書きながら文章を纏めている。

かに読んでもらいたいような文章じゃなく、思考の整理がしたいだけなので許してほしい。

俺はオタクだ。

来年3月24歳になる社会人2年目。

趣味アニメ漫画ゲームお笑いボカロ

友達は少なくないが彼女はいない。

オタクである自負はあるが、周りの目を気にし、最低限身だしなみは整えるようにしている。

1~2ヶ月に1度美容院に行き、ファッションも気にし、筋トレをして体型維持にも気を遣っている。

これが俺だ。

今日は大好きな声優ライブに行くために、会場である舞浜アンフィシアターへ向かった。

俺はその声優の大ファンで、ファンクラブにも入っている。

ライブは全部で3公演あったが、俺は最終日の千秋楽の夜公演だけを取った。

舞浜アンフィシアターに行くには、舞浜駅からイクスピアリを抜ける必要がある。

イクスピアリに足を踏み入れた時、俺は愕然とした。

ミッキーミニーの耳が生えたキラキラした人々で溢れていたのだ。

それもそのはず、舞浜ディズニーランドのお膝元。

カップルでいっぱいの店内は、1人でやってきた俺には眩しすぎた。

なんとなく憂鬱な気分になっていたところで、よく見るとそういったキラキラしたカップル家族ばかりでも無いことに気がついた。

俺の目の前には、示し合わせたかのように同じような柄のチェックシャツを着てジーンズを履いた3人組。

よく注意して会話を聞いていると、どうやら俺と同じ声優ファンらしい。

ちょうど昼公演が終わり、夜公演までの時間潰しに来ていたのであろう。

あぁ、よかった。同じ穴の狢だ。

俺はそんなこと思っていなかった。

明確に「俺はこいつらとは違うな。」と思っていた。

そんな考えをしていることに気づいた時、ハッとした。

なんて最悪な人間なんだろう。

しかも、中途半端だ。

イクスピアリを歩いているキラキラしたカップルのような人間にもなれず。

友達と楽しそうに喋りながら歩いているオタクにもなれず。

キラキラしたカップルから目を背けて、同じオタク馬鹿にして。

本当はどちらにもなりきれない半端な俺が1番ダサいのに。

そして気がついた。

俺はどちらにもなりたかったんだろう。

オタク友達オタク話をしながらライブにも行きたかった。

でもあいつらとは違うという変なプライド邪魔をして、界隈に友達を作ってこなかった。

女の子と2人でイクスピアリを歩く人生を送りたかった。

でも自分から能動的に動かず、最低限の努力しかしていない俺に振り向いてくれる人はいなかった。

どちらにもなろうとした結果、どちらにもなれない半端なモンスターになってしまった。

いや、そもそもその2つをまるで相反するかのように考えているのが間違っているのだろう。

現実に気がついた時、泣いた。

俺には何も無い。

ライブMC中、演者がこう言った。

「今回のライブ、この公演が初めてだよーって人!」

チラホラと手が上がる中、俺は手を挙げられなかった。

何となく、気恥ずかしかたから。

「じゃあ3公演全部来てるよーって人!」

はいはいはーい!と会場中で手が上がる。

俺は中途半端だ。

ファンクラブに入っているほどファンのはずなのに、公演は1度しか行かない。

全通するほどの気合もないし、そんなにお金もかけられないと思っている。

でもきっと本当のオタクなら、そこにかかるお金なんて関係ない。

推しのため、推しが全てであり、いくらもつぎ込むんだろう。

俺は1公演しか行っていないのに。

ライブはもちろん楽しかった。

でも、どこか疎外感を感じざるを得なかった。

今年のクリスマスFCイベがあるらしい。

演者が言う。

「まだ迷ってる人いる〜? もしかしてクリスマスに予定があるんだろう!この〜!」

クリスマスに予定などない。

これから入る見通しもない。

でも俺はまだそのイベントに申し込んでいない。

クリスマス声優ライブに行くことを、心のどこかでどうなのかと思っているから。

好きなのに、中途半端だ。

からどこにも居場所がない。

帰宅電車ネズミの耳をつけた高校生カップル声優オタクが同じ車両共存した。

でも俺はそのどちらにも属せない。

そのどちらにも居場所がない。

場所自分で作るものなのに、それを怠っている。

心の中でプライド自虐が入り混ざっている。

無頓着オタクとは違うというプライドと、どうせ俺はオタクからという自虐思考

このゴミのようなマインドをどうすればいいのか。

それはきっと全ての人を認めること。

好きなものを全力で追っている姿はかっこいい。

自分を磨く努力をし続けている人はすごい。

自ら能動的に動くことができる人たちは尊敬できる。

しかしたら、今ここで気が付けてよかったのかもしれない。

今の俺には何もないけど。

今日から頑張ろう。

から頑張ろう。

胸を張ってオタクができるように。

2021-10-19

ミ〇キー

小学生の息子が最近「チ〇コチ〇コ」うるさい。小学生男子ってなんであんなに下ネタが好きなのか。

今日裏声で「やぁ!ぼくはチ〇コミッキーだよ!」と、某ネズミの真似をしてたので、「お前のチ〇コはミニーだろ!」と言ったらガチ凹みしてた。

正直すまんかった。

2021-09-20

ものすごくいい加減なディズニー映画史

ディズニー映画に埋もれた名作などというもの存在せず、有名なやつは出来がよく、無名なやつは出来が悪い。

以下、備忘録をかねてウォルト・ディズニーアニメーションスタジオ制作長編アニメ映画史を概観したい。

メイクマインミュージック』以外はディズニープラスで全部見れる。

1. ディズニー黎明期白雪姫』(1937年からバンビ』(1942年)まで

おすすめ作品:『白雪姫』『ファンタジア』(ミッキーのやつだけ)『ダンボ

ディズニー長編アニメ歴史アニメ史に残る傑作『白雪姫』とともに幕を開ける。この作品はとにかく作画が凄まじく、戦後日本人が衝撃を受けたという逸話も納得の出来である著作権が切れているのでYoutube等でも見れるが、できるだけきれいな画質で見たほうがいい。7人の小人たちの非モテ自助コミュニティ描写ピカイチで、増田を見ているような人々は目を通しておいて損はないと思う。

ディズニー映画はこの頃から一貫して「教育的で」「社会的にただしいとされる」物語を描こうというはっきりとした意思を見て取ることができる。そのため、作品の背景には常に制作された時代価値観垣間見える。

例えば『白雪姫』の3年後に公開された『ピノキオ』では、主人公ピノキオを導く良心象徴としてジミニークリケットという名前コオロギが登場する。この「ジミニークリケット」という名前ジーザスクライストの言い換え語らしく、つまりここでは創造主の似姿として作られた人形が様々な誘惑と戦いながらも最終的にはイエス・キリストに導かれ、ただしい人間性を獲得するという物語が展開されるわけだ。

ピノキオ自体は退屈な作品ではあるものの、歴史時代背景を含めて見ていくと別の発見があり、それはそれで豊かな体験である。ちなみに当時のディズニー自身はむしろできるだけ宗教色を薄めたいと思っていたらしく、この辺は社会要請されてやむなくという側面が強いのかもしれない。

ほか『ファンタジア』中の「魔法使いの弟子」と『ダンボ』は見ていて単純にたのしい良作。『ダンボ』のお母さんの健気さは泣ける。

2. 最初の低迷期 『ラテンアメリカの旅』(1942年からイカボードトード氏』(1947年)まで

おすすめ作品:なし

バンビ』のあと『シンデレラ』まで長編物語映画はなく、とくにおもしろ作品はない。とはいえ日本人としては、バリバリ総力戦をやりながらアニメを量産していたアメリカの国力にむしろ驚くべきかもしれない。

この頃の作品群には「丁寧な植民地主義」とでも呼ぶべき傾向があり、具体的にはアメリカ開拓時代の美化とラテンアメリカへの観光的関心、キリスト教的な価値観三位一体となった教育映画制作されている。この辺はおそらく当時のアメリカ外交安全保障戦略と密接に結びついており、いわばアメリカ流の国策映画だったのではないだろうか。

丁寧な植民地主義的な傾向はこの後も非常に根強く、形を変え品を変え、ディズニーらしさの1つの要素として受け継がれていくことになる。

3. ディズニー復活期 『シンデレラ』(1951年から眠れる森の美女』(1959年)まで

おすすめ作品:『ふしぎの国のアリス』『眠れる森の美女

シンデレラ』は物語の大半を出来の悪いトムとジェリードタバタ展開が占め、あまりおもしろくはないもの興行的には大成功を収め、低迷期の脱出成功する。

眠れる森の美女』は『白雪姫』以来の超絶作画であり、これ以降の作品と見比べてもダントツクオリティが高い。一方で興行的には制作費の回収すらできず、総じて失敗作と見なされたようだ。ディズニー作品作画技法は『眠れる森の美女』でひとつの頂点に達し、以降はべつの方法論を模索していくことになる。

ほか『ふしぎの国のアリス』のチェシャ猫や芋虫悪夢的な描写は見たものに強いインパクトを与える。一方で登場人物にだれ1人としてまともに会話の通じるキャラがおらず、集中力の維持が非常にむずかしい作品でもある。

ピーター・パン』では全能感と成熟の拒絶というYoutuberの原型のようなヒーロー像が描かれる。ピーター・パン症候群とはよく言ったもので、本家ピーター・パン未成年淫行炎上する未来を強く予感させるキャラクターだった。

わんわん物語』では都市自由謳歌していた野良犬ペットとして不自由幸福を手に入れて物語が終わる。ここで描かれるペットたちのむき出しの奴隷根性は、前述の植民地主義無関係ではない。『ピーター・パン』『わんわん物語』ともにおもしろくはないが、それぞれ見どころのある作品となっている。

4. えんぴつ作画期 『101匹わんちゃん』(1961年からくまのプーさん 完全保存版』(1977年)まで

おすすめ作品:『101匹わんちゃん』『くまのプーさん 完全保存版』

眠れる森の美女』のアーティスティックで洗練された描線から一転、『101匹わんちゃん』以降はえんぴつで描かれたかのようなラフ描線作品構成されていく。『眠れる森の美女』以上のものを作り出すことが現実的不可能であり、見劣りを避けるという意図があるのか、あるいは端的に制作資金が枯渇しただけかもしれない。

技法的にはやはり『くまのプーさん 完全保存版』でひとつの完結を迎え、以降ディズニー映画は再び模索と低迷の季節を迎えることになる。

『おしゃれキャット』は金持ちペット使用人をブチのめす話で、一方『ロビン・フッド』は貧乏人が金持ちをブチ殺す話だ。この時期のディズニー節操のなさがすごい。

5. 模索時代ビアンカの大冒険』(1977年からオリバー ニューヨーク子猫ものがたり』(1988年)まで

おすすめ作品:『オリビアちゃんの大冒険

この時期の作品群の特徴を一言で言い表すならば、「リアリティへの接近」ということばになるだろう。それは一方では作画技法への3DCGの導入というかたちで現れ、他方で物語上では善と悪の単純な二項対立の脱却が図られることになる。

前者は『コルドロン』の奥行きのある大胆なカメラワーク作画法、『オリビアちゃんの大冒険』『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』での部分的3DCGの導入に見られる。後者は『きつねと猟犬』での人種対立メタファーとして描かれた動物間の争いや、多人種共生する複雑な現実を猫の姿を借りて描いた『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』に象徴である

『きつねと猟犬』はこれまでのディズニー作品に見られた家畜たちの奴隷根性を初めて批判的に描いた作品であり、『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』と合わせて「社会的にただしいとされる」物語像の変容を見て取ることができるだろう。ただしこの時期の作品群は総じて地味で魅力がない。どうやら創業者ウォルト・ディズニーの死や主要スタッフの大量離脱の影響があったようだ。『コルドロン』は興行的にも大コケし、ディズニーの低迷を象徴する作品となった。

シャーロック・ホームズ翻案であるオリビアちゃんの大冒険』がかろうじて見ていられるという程度で、単品の映画作品としておもしろものは少ない。『オリビアちゃんの大冒険』では、冒頭からネズミ女児パンチラという一体どこに需要があるのかわからない謎サービスカットがあり、視聴者集中力が乱される。

6. ディズニールネサンスリトル・マーメイド』(1989年からターザン』(1999年)まで

おすすめ作品:『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン

この時期ディズニー批評評価興行収入の両面で復活を遂げ、一般に「ディズニールネサンス」と呼ばれているらしい。本稿でもその表現に従う。

しか作品クオリティ過去10年とは比べものにならないほど高く、ルネサンスと呼ばれるのも納得の時期である。一方で技術革新価値観の変容は停滞気味で、歴史の流れとしてはさほどおもしろくないというのが正直なところ。ルネサンス言葉通り、ある種の保守回帰時代に当たる。

おそらくこの時期、真に革新的だったのは、作品の表層に現れる技術テーマ設定ではなく、安定して高品質作品を量産する社内の体制組織づくりの技術にあったのではないか

個別作品として語れる部分は非常に多く、『リトル・マーメイド』は作画がよく、『アラジン』は見ていてたのしい。

美女と野獣』でははっきりと他者理解テーマに打ち出し、また女性主人公男性から求婚を拒絶する主体性を獲得するなどプリンセスものとして出色の出来栄え他者尊重することを覚えた野獣が救われ、他者存在最後まで容認できなかった村のヤンキー破滅する。主人公読書好きでヤンキーと話が合わないインテリとして描かれる点も珍しい。ただしこの他者理解プリンセス側に一方的負担を強いるかたちとなっている側面が強くあり、なかなかむずかしい部分もある。

ポカホンタス』は白人によるアメリカ侵略植民地化を矮小化し美化するかなり最悪のお話で、案の定ネイティブアメリカン民族団体にかなり怒られたようだ。引き続き怒られてほしい。

ターザン』もインディアンゴリラに変えただけで『ポカホンタス』とほぼ同類型のお話ではあるが、最後白人研究者たちがゴリラ部落に居残ることでギリギリバランスを取っている。ここにはターザンポカホンタスの男女差が絡んでおり、単純にターザンのほうがいいとも言いがたい。

ノートルダムの鐘』は強引にハッピーエンド化されているという不満はあるものの、子供向けの大作映画障害者活躍を描いた点は積極的評価されてよいだろう。そもそもディズニー作品には『ノートルダムの鐘』以外にも障害者がやたらとよく出てくる。アメリカ社会には障害者積極的に受け入れる土壌があるからできるのだとは思うのだが、日本コンテンツおよび社会全体でも頑張ってほしいポイントである東京ディズニーランドでもべつに障害者見かけないし。

そのほか『ムーラン』『ターザン』ではそれぞれ3D技術進歩を見て取ることができる。

7. 3Dへの過渡期 『ファンタジア2000』(2000年)からホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』(2004年)まで

おすすめ作品:『リロ・アンド・スティッチ

みたび低迷期である。『ダイナソー』に代表されるように3D映画への本格的な移行が始まり2D映画最後の全盛期に当たる。

作品としては『リロ・アンド・スティッチ』がずば抜けてすばらしい仕上がりで、商業的にも大成功を収めた。『リロ・アンド・スティッチ』は王子様に救われるというプリンセスもの物語類型とは異なる、弱者同士が助け合う疑似家族モデルを明確に示した重要作品である

自分欲求をうまくコントロールできない少女リロと、破壊衝動を植え付けられ誕生した人工生命スティッチが、貧困家庭ネグレクト問題SFアクションを背景に成長していく姿が描かれる。キャラクターデザインはかわいらしく、作画からかい小ネタに至るまで非常に丁寧に作られており、娯楽作品としてもすばらしい。リロの姉・ナニの恋人もいいヤツで好感が持てる。

残念ながらディズニー映画ではこのあと疑似家族的な想像力は発展せず、プリンセスものという旧来の枠組みのなかで無理やり「価値観アップデート」を図ることになっていく。

アトランティス 失われた帝国』はディズニー映画には珍しく人がバンバン死ぬ作品で、ふしぎの海のナディア宮崎作品みたいなものアメリカ人が真似して作るとこうなるのかといった印象。ガバガバ設定とご都合主義が目につき、リアル路線なのかファンタジー路線なのかどっちつかずの失敗作だった。ただし主人公オタク青年採用されている点は注目が必要で、これ以降ディズニー主人公イケメンマッチョではなく非モテオタク主体となっていく。

白雪姫』で人間扱いされていなかった非モテ小人たちが「社会的にただしいとされる」物語主人公となる時代を迎え、しかもそれが日本アニメの強い影響化で発生しているわけで、価値観の大きな変化を感じ取ることができる。ただし、『白雪姫』の王子様はあれはあれで人間味のかけらもない平板キャラクターではあるので、モテ非モテという面ではそこまで単純明快な話ではない。

ブラザーベア』は殺した相手の子を育てるというなかなか攻めたお話ではあるのだが、最終的にファンタジーに着地するせいでどうも軸がブレる。

続く

https://anond.hatelabo.jp/20210920162554

2021-07-22

そんなにみんな好きなのかと思うもの

ミッキーミニー

スヌーピー

くまのプーさん

なんでかというと、ユニクロとかフェリシモあたりでコラボ柄の服をよく売っているからだ。

子どもが好きだからって親も着るのかね?というか、子どもが好きなのはディズニーならアナ雪とか最近キャラだろうし、スヌーピーは違うだろう。

かに熱いファンがたくさんいるの?

それともフリー素材的に使いやすいの??

あ、いらすとやさん元気かな。

2021-07-06

anond:20210706095942

なにが引っかかるのか不明だけどミッキーミニー普通にキスするぞ

プラトニック関係性的関係(または性的な想いを抱いた関係)はフツーは分けられてる

日本以外は年齢制限も掛けられる

anond:20210706094133

ミッキーミニー恋愛関係にないっていう人は先進国では珍しいと思う

ミッキーマウスとミニーマウスの存在を知らないならともかくな

2020-12-04

?「いいかよく聞け、世界複数ある」

そんな事を急に言われて信じる奴が居るだろうか?

だって信じない。俺だってそうだ。

から俺はまず訊ねた。

「お前は誰だ?」とね。

すると奴は答えた。「別の世界から来たお前だよ」

けがからない。だが奴は、別の世界から来た俺と名乗る奴は話を続けた。

「この世界を救いたいなら、俺の言うことを聞け」

「はぁ?」

「俺の世界は滅亡した。だがこの世界なら……」

男は顔を伏せ、再び顔を上げると目が合った。

「……救えるかもしれない。だが、それもお前次第だ」

「俺が?」

「ああ、そうだ。俺の世界は駄目だったが……なぁ、おい。お前……といっても俺だが。……この世界を愛しているか?」

「そりゃ……もちろんだとも」

俺には愛する妻も子供も居る。だからこの世界を愛している。

「だったら安心だ。頼むぜ、この世界の俺!」

男はにやりと笑うとその姿は次第に薄くなり、蜃気楼のように目の前から消えた。

「……何だったんだ今のは」

俺は他の世界から現れた自分を名乗る男に戸惑い、男の言った言葉呆然としていた。

だが世界危機は、そこまで迫っていた……

これは俺が、俺が居る世界を守るための物語――



「『この世界のカター・スミニー』かぁ、きっと面白い映画なんだろうなぁ!」ドキドキ

2020-11-04

anond:20201104004948

そんな事を言い出したら、キティちゃんミニーなどの「可愛いもの好き」の女性は全員が名誉男性扱いしなければならなくなるぞ。

日本人女性の7割が名誉男性とかすごい世界線だよ。

2020-09-14

会議愚痴

今日会議で嫌な思いしたから書く。

GIGAスクールとやらで、子ども一人一台パソコンが入ってくるらしい。

オサレiPadではなく、ダサいChromebookというのが入ってくるらしい。

今日はその運用についての会議があったんだ。

Chromebookは見るからに安いパソコンのものダサい。でも、ネット子供自分の好きなステッカー(ミニーちゃんだったと思う)貼ってデコってるの見て、あれならイイじゃんって思ったんだ。

から今日会議提案した。

自分の好きなステッカー貼ったら誰のか分かるし、愛着も湧くし良いんじゃないですかって。

まあ、当然反対された。

学校備品なんだから好き勝手ステッカーなんか貼らせるわけないだろって。

それは別に良い。そこまでは予想通り。

でも、そこから地獄

野球部のために教師やってる生徒指導ハゲが、それなら名前ベル貼れば?とか言い出した。

ふざけんな、この野球頭!

名前シールだと?

どこの中学生がお名前シール貼ったパソコン愛着もつんだよ!

お前、お気に入りスニーカーにお名前書いたか?小遣い貯めて買ったギターにお名前シール貼ったか

ギターケースにお気に入りのカッコいいと思うステッカーベタベタ貼ったろ!?

名前シールなんか貼り付けられた瞬間に、これは俺のものじゃないって確定だよ。

やめてくれよ。

そのハゲ散らかした頭レフトスタンドまでかっ飛ばしてやれば中学生の頃のこと思い出すか?

でも、ご存知の通り生徒指導発言力は強い。

みんな、それは良いですねーとか適当なこと言い始める。

誰も、子ども気持ちなんて考えてない。

思えばいつもそうだった。

やりたいことは全部ダメって言われて、やりたくないことばっかりやらされて、それが嫌で、変えたくて先生になったのに、結局、なんにも変えられない。

自分に配布されるパソコンに好きなステッカー貼る程度の自由すら認めてやれない。

提案すること全部ダメって言われて、コロナ休校の間にzoom使いたいって言ってもダメSNSで連絡取りたいって言ってもダメ

そういうアレやコレやが頭に湧いてきて、つい食い下がってしまった。

どうせ貼るなら名前シールより自分ステッカーの方が愛着湧きますよって。

そしたらベースボールハゲ激怒だよ。

年下に意見されるのに慣れてないから全力で否定しに来た。

曰く、イジメの原因になるだの、悪ふざけする奴が出てくるだの、家庭の経済格差がなんだの、まあ、まくしたてる。

周りはなだめるが、明らかに俺が悪い空気

結局謝罪させられて、お名前シールを貼ることで決着した。

なんかもう、しんどいし悔しい。

あのハゲ頭にお名前シール貼ってやりたい。あいつのスマホダサい名前シール貼ってやりたい。

愛着持たせないと一人一台なんて無駄だと思うんだけどなあ。

自分仕様カスタマイズした道具の愛おしさは異常なんだけどなあ。

俺も野球やればいいのかなあ?嫌だけど。

2020-07-18

YouTubeで見られるミッキーの話がひどい

ミッキーマウスロードレーサーズというアニメYouTubeディズニー公式から見れるのだけれど、話の内容が酷すぎる。

ロードレーサーイケメンミッキーが仲良くなる話っぽいのだが、イケメンの車がとにかく酷い目に遭う。

グーフィーは泥とケチャップマスタードを車にぶっかけるし、ミニーはその車をとにかく酷いセンスデコレーションする。

別にイケメン悪者ミニーグーフィーがそれを懲らしめているとかいう筋でもない。ミニーグーフィーも単なる理不尽

ディズニーアニメ映画は全方位に様々な配慮がされているものだと思っていたけど、肝心のミッキーの話はなぜこんなに酷いのか?

分からん

2020-07-13

ミッキーミニーっていつ結婚するんだ

付き合ってるのか付き合ってないのかハッキリさせないで

視聴者の関心を釣るYouTuber

カップルチャンネルのやうなことはやめて頂きたい

2020-07-09

anond:20200709101819

コロナ前はベリーミニーのため仕事辞めて毎日行ってた人が横を通りますよ、そして社会復帰できてませんよ

2020-06-15

TDRもツイステも好きな人がふと思ったこと。

最初

このダイアリーは【前提】【本編①】【本編②】【閑話休題】【つまりなんだってんだよ】で成り立っています

必要文章はCtrl+Fの検索を使って上をコピペして探してください。

【前提】

皆様は「TDR」をご存じだろうか。

そう、日本が誇る大型テーマパーク東京ディズニーリゾートである

その中にある「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」は開園より多くのお客さんで賑わう、日本に無くてはならない施設となった。

ミッキーミニーといったメインキャラに加え、プリンセスといった等身の高いキャラクララベルといった初期作品キャラ出会えることが良い。

アトラクション豊富で、その背景であるバックストーリーも魅力の1つ。

飯が美味い、景色がすごい、作りこみがやばい

何よりキャストさんたちの「ゲストを精一杯おもてなししたい!」という気持ちがひしひしと伝わる。

一度行けば疲れ果てて帰っても「ああ、また行きたい」と思ってしまう素晴らしい施設だ。

さて、一方の黒馬こと「ツイステ」をご存じだろうか。

「ツイステットワンダーランド」という今年頭に配信されたディズニー看板を背負ったアニプレックス発のゲームだ。

TDRに行く東京民なら必ず通るあの動く歩道の傍にある大きな看板

配信からプッシュを続けた為、存在を知っているDオタ民は多いだろう。私もその1人だ。

私は正直言って、乙女ゲーに興味がない。正直カワイイ女の子ダンスしたり敵船を撃破したりといったゲームが好きだった。筆者は女性である

だが、Twitterフォロワーがやっているのを見て。「何だろう、面白いのか?」と思ってダウンロードした。

最初推しなどは居なかった。声を聴いて1時間くらい誰にするか悩んだ。

ツイステは「リズム」と「バトル」を組み合わせたゲームアイドルマスターポップンミュージックのような正確さは求められない。バトルもFGOのような難易度を求められることは無い。

だが……初期のころは正直言って「クソゲー」だった。

リズムゲームはズレまくっている。音を聞いて押すとGOODになる。バトルに関しても何も連絡がないままじゃんけんバトルだと気づくのに多少時間が掛かった。ごり押しした。

昨今は調整され、音も聞きやすくなった。最近リズムマークの速度調整に気付いた。いつからあったんだ。

魅力は何よりも個性の強いキャラである

ディズニーヴィランズを”インスパイア”されたキャラクターが複数存在する。ここら辺は公式サイトを見てもらおう。

文字通り十人十色キャラ存在し、それぞれめちゃくちゃ個性の強いキャラが居る。

更にストーリーもとても面白いと来た。

前提として、「各寮にはそれぞれ寮に入るために持ち合わせた信念が云々」といった、いわば某魔法使い映画のような世界にやってきた主人公

そこで元の世界に戻るために寮生たちと過ごしていく……という設定だ。

ネタバレになってしまうかもしれないが、キャラクターは全て文字通り「ツイステッド」、「歪む」。

自分の信じていた前提が覆されるとキャラクターは「闇落ちバーサーカー(本編での呼び名)」である「ブロット堕ち」になる。

そういった彼らの「バッドエンド」を「ハッピーエンド」に変えていく……といったストーリー

ハッキリ言おう。ストーリーはすごく面白い

ところどころ散りばめられたディズニー映画彷彿とさせるセリフ回し、本編は全てボイス付きである

デザインは有名漫画家を起用。私はリドル君を見た時に「あ、赤い……〇〇〇くんだ……」というのが最初の印象。ここら辺は多分ググればわかると思う。

ツイステの人気はやはりここにあると思う。キャラクターの良さとストーリー面白さ。

誰一人「嫌い」と呼べるキャラが居ないのはとてもいい。

また、ゲーム内容は「育成放置可」のため某ゲームの様に育成の度にいちいちコマンド入力しなくてもいいのだ。リズムゲームもある程度やれば放置で構わない。優秀。

以上が、ツイステの魅力である

長々と語ったが正直もっと語れる人物は居ると思う。

解ってるよこんなもんよぉ!って人は飛ばせばいいと思う。今更だが。


【本編①】

さて、前提としてTDRとツイステの話をした。

昨今問題視されていることがある。それはDオタとツイステ民の衝突だ。

Dオタはともかく、ツイステ民は民度が低い、など言われがちだ。言ってしまえばハマる年齢が相応のため、仕方ないと言えば仕方ない。まだ花も笑う年齢の方は多いだろう。箸が転げても笑う年齢も。

最近は「公式二次創作の事を聞きました」なんていう物があるが、古のオタクとしては「公式に……二次創作をしているなど知られれば……!!」と危機感を抱く事がある。そういう事例がたくさんあったから。

じゃあDオタはいいのかという話。Dオタ、詳細に言えば「TDRオタ」というのが正しいのだろう。

TDRに来て、各々の発見した楽しみ方を実践する、いわゆる「プロTDRマニア」というべきだろう。正直尊敬する。

ショーパレを見る人、キャラグリを楽しむ人、1人のキャラに愛を注ぐ人、景色を見る人、花々の変化を楽しむ人。様々。

こう見ると「なんだ、ただのオタクと変わらないじゃないか」と思うがその通りである

対象が「二次元」か「TDR」の差だけである

ここで話題に上げる「懸念」の前に、ひとつお話をしておこう。

皆様は「ディズニーアトモスフィア」をご存じだろうか。多分これを言った瞬間何人かは「あっ!」と思うはず。

アトモスフィアとは元々「大気」を表す単語だが、ディズニーでは「キャストによる突然のショー」の総称である

何処からともなく現れては音楽ダンス披露し、ゲストたちを楽しませる彼らの演目の1種である

基本的アトモスフィアはいつ行われるかのリストはない。が、何度か言っている人であれば何となくこの時間…といったことが解るらしい。すごい。

その中でディズニーしからぬ異質を纏ったアトモスフィアが、あったことをご存じの方は多いはず。

2015年ハロウィン場所TDS。突如現れたその名は

「ザ・ヴィランズ・ワールド」、通称「手下」である

ディズニーヴィランズの手下たちをイメージした手下たちが歌やダンス、観客に近づくと言った中々心くすぐられそうな存在である

死ぬほど画像などが転がっているので見てほしい。イケメン美女ダンスしたり悪いことしたりする魅力的な作品だ。

ちなみに筆者は2015年ごろに今は離れてしまった友人がこのアトモスのために年パスを買い、2018年には先輩が見たいと言ってなぜか2日連続ディズニー経験した。

皆が見ている間近辺で行われていたシェリー・メイのグリに並んでいた。シェリーちゃんカワイイ。一度グリしてほしい。

この手下たちは余りの人気で2018年までほぼ毎日やっていた。

大体これが行われるタワーオブテラーの前には行列や人だかりができていた。

手下を求める女子黄色悲鳴の背後ではホテルハイタワーによる呪いで恐怖の叫びが木霊している。非常にシュールな図ではある。

大人気を勝ち取った手下たちだったが、一部のDオタからは白い目で見られることとなってしまった。

気づきの方は多いだろうが、「手下目的」の人が多く来てしまった事である

「いや、たかだかアトモスでしょ?!その間他のアトラクとか行くんでしょ?」という声が上がりそうだが違う。

手下ガチ勢は朝から終了まで、ずっと手下を見ていたという声がちらほら上がる。

なんというか……すごい。そこまでの待てる熱量というのはやはりオタクライブイベントでの待ち時間と比べると大差ないのかもしれない。

1日に何人もの人だかりを見たことがある。その度に「人気だなあ」と感じていた。

エレクトリックレールウェイから見える時、ものすごい人だかりの中で頑張る手下たち。正直すごい。

ディズニー暗黙の了解として「走らない」というのはご存じだろうか。否もはや暗黙でもない。

開園直後にキャストさんが必死に「走らないで下さい!!」と叫んでいる。毎日見る光景だ。

私も一緒に来た人には「ボスケテ精神で行こう」と提案している。それは「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」に登場する文字である

ボス助けて」を略してしまったため、「ボス 決して走らず 急いで歩いてきて そして早く僕らを 助けて」と勘違いされたあの名言

この「決して焦らず 急いで 歩いてきて」というのを心に我々は歩いてディズニーを回る。

まず手下に対してこの条件が当てはまっていなかった。

席は抽選ではない。いい席で見るために誰よりも先に前に行き、席を取ることに必死になった。

こんな情景実はどこでも見るところだが、ディズニーは異質中の異質である

「席を取られた」と言って殺気立つ客が現れることとなる。本来ディズニーには無い空気が漂う。

走って席を取るのも他のゲストにとってストレスになる。走ることで他のゲストが触発されて走ることが多くなる。

まだその時はアプリFPを取ることが出来なかったため、「彼らが何処に向かっているか解らないゲスト」たちが「乗り物FPを取るために急がなきゃ」と走る。

誰も歩かなくなり、こける子供も多発する。来て早々泣く子供に親は困り果てる。悪循環がいっぱいできる。

まあ、既に終わったことではある。現に2018年を終えて手下は終了した。

このほかにマナーの悪さなどが際立ち、「ハロウィンの時期にはディズニー控える」といったDオタが増えている。

……多分以前よりこういうことは多々あったのだろうが、Dオタたちが揃って「やばい」と感じたのはこの手下が私の認識では初めてだった気がする。

なお、筆者はイケメンを見ると心がざわついてしまうので手下は見なかった。

近辺のベンチで座って先輩たちを待っていたら、目の前で帰っていく瞬間を見ただけである

ちなみに帰り際の待ち伏せも手下好きの人はやっているが、グリ目的マナーの良いDオタもやるのでここは触れないでおく。

この案件懸念が行きつく先は、「ツイステの人気にあやかって手下の復活が…あるかどうか?」である

正直、この件に対しては余り考えていなかった。どちらかというと本編②で話すことが若干懸念

だが、今このツイステブームコロナによる自粛によって開園出来ない事を踏まえると「客足が多かった手下が復活する可能性」は否めない。

そうなると再び、Dオタと手下沼の人たちによる溝が出来てしまう。

純粋ディズニーを楽しみたい人、純粋に手下を楽しみたい人。どちらも楽しみたい気持ちは一緒なのにマナーの違いで大きく出てしまう。

なんかそれは……嫌だなぁって感じ。TDRはみんなで楽しみたいですからね。

アトモスと言えば海賊もあるけどそこはとりあえず、スルーで。

閑話休題①】

描くことに疲れてきたので何か話をしよう。

ディズニーは飯が美味い。

兎に角飯が美味い。ワンコインでめちゃくちゃ美味い物が食える。

ちなみに筆者のおすすめTDS販売されている「ホットドッグ」と「ユカタンソーセージドッグである

なんと筆者はパンが嫌いである。口内の水分を取られる感覚が嫌いすぎる。

だがこの2種はパン。肉が挟んであるとはいえパンだ。

まずホットドッグこちらは400円か500円くらいで食べれる。

ホカホカのパンとそこそこあったかソーセージ。まずソーセージデカい。

パンの1.5倍の長さはある。そしてとてもジューシー。めちゃくちゃ美味い。

お好みでケチャップマスタードを掛けて食べる。腹にたまる。片手食べれる。

食べ終わった後は包み紙を見て、その店をアメフロ内で探すのがディズニーに行った時の習慣になっている。

ユカタンソーセージドッグフランスパンのような硬めの記事の間にあらびきの長ウインナーが1本入ったものである

一口食べれば肉汁がじゅわり。だが安心してほしい。肉汁は全てフランスパンが吸い取る。

まりどうなる?知らないのか。パンが美味くなる。

もう滅茶苦茶うまいビックリするほどうまい。そして早々に売り切れる印象がある。

タダの見た目も映えないパンダと思わず、買って食べてほしい。500円。

なお、筆者は1人でディズニーに行き餃子ドッグを3本食べた。

今は多分もう食べれない。

【本題②】

もう1つの懸念がある。それは「ツイステ民の侵略である

言い方がひどいが、正直Dオタにしてみれば間違ってない……と思っている。

まず、ディズニーヴィランズのモチーフという事はそのディズニーのメインストリーがある。「白雪姫」「不思議の国のアリス」「リトルマーメイド」など。

特にリトルマーメイド」「アラジン」はディズニーにもしっかりテーマエリアがある。「不思議の国のアリス」はレストランがある。

ツイステは正直グッズ展開がめちゃくちゃ早い。あと戦争。私も好きなキャラのグッズを買おうとしたらドコも鯖落ちして「今の時期珍しいな」と思うくらいだ。

鯖落ち戦争に勝ち抜いてグッズを買わねばらなず、更に転売が息づく世界だ。再販も早い。

オタクというのはグッズを置いて写真を撮ることもする。なぜか。単純に「推しとその世界」を撮影したいからだ。

ディズニーはツイステ民にとって格好の的、というかほぼそこしかない。

ありとあらゆるところでツイステを見ることになる可能性はほぼ100%に近いと思う。

ちなみに古のオタク好きな物公表することが恐ろしいと感じる傾向がある。

簡単にいうと「オタクバレ」である

日常でもオタクとバレたくない人はそのグッズを付けたりはしない、家で楽しむことが多い。と思ってる。

私の見解なのでこれが100%ではない。今でもオタクグッズを付けて外に出る古のオタクもいるだろう。すごいぞ。私にはできないぞ。

まず、ディズニーはツイステ民だけではなく一般の人も来るというのはお察しだろう。

Dオタだけの世界ではない、遠くから来た人、子供連れの人など老若男女様々だ。

正直、そんな方々に引かれないかとおずおずしている。他人の事なので自分に降りかかるわけではない。

例えるとしたら人がいっぱいいるのでその場からすぐに退散したいイデアの気分になる。なぜか自分に降りかかると思ってしまオタク。厄介である

撮影が「ダッフィー」やら「ミッキー」やらのぬいぐるみやアクスタならまだしも、どこぞのイケメン写真を撮ってるのは案外異質な光景かもしれない。

私もたぶんツイステを知らなかったら「あんスタのキャラかな?」と思うかもしれない。ちなみに筆者はあんスタでは渉推しである

いたるところでツイステキャラと写真を撮るのは、オタク特有だが周りを見れば一般人もいる。

一概に「それはマナー違反だ、やめろ!」とは言わない。し、やってもいい事だと思う。ディズニーはそういうの禁止してないし。

ツイステ民の私の心は「解る、解るよ…!」であります

ただDオタの私の心は「なんか、痛いなあ…!」と思ってしまうので許してほしい。許して……。

後はディズニーハロウィンである

ご存じDハロコスプレオッケーな世界である

家族アナ雪のコスプレをしたり、全員ピーターパンとか結構ありがち。

皆さんはご存じだろうか……Dハロの許容の深さを。

ディズニー作品ではなく、ディズニーチャンネルキャラですらOKである

悪魔バスタースターバタフライ怪奇ゾーン グラビティフォールズ、キム・ポッシブルマイロマーフィーの法則 などといったアメコミキャラオールオッケーなのだ

更に日本代表する人気作品キングダムハーツ」よりソラ、リク、カイリはOKをもらっている、マーベルNGである

ゲームに登場する他社キャラクターは認められていない」とのことなのでクラウドエアリスといったFFキャラ、そのほかオリジナルキャラシャドウNG

Dオタの私が懸念しているのはここ、ハロウィンである

看板に「ディズニー」を背負っているツイステは入る可能性が高い。

まり下手をするとどこでもツイステのキャラを嫌でも目に入れなければならない。此れにはツイステ苦手なDオタの方は憤慨すると思う。

私はコスプレは好きだ。見るのが好き。コミケとかもコスプレ目当てで行くことがある。

だがDハロ場合は別だ。ディズニー映画キャラディズニーチャンネルのキャラを見たい。小さい子がアリスの格好してるとほのぼのするが、ほぼ毎回見る。

Dハロは「ディズニー映画キャラを中心にコスプレする」人が多い。

その中にツイステが混じると「えっ、このキャラ……何のキャラ?」と思う人が多いかもしれない。

人はそれに対して言及はしないけれど、「ディズニーキャラかな…?」と思わされることは多い。

ディセンタントというディズニー映画は知っているが一般の人はほとんど知らない映画だろう。ツイステ好きの人は是非見て。キャメロン・ボイスに最高の感謝喝采を。

彼女たちを見た時に「あ、ディセンタントだ。」と思う人は少ない。

じゃあツイステだっていいじゃん!って思うだろう。書いてて私もそう思う。悪い事じゃないじゃん。そう思う。それな。

ただDハロの時にツイステを見るのは正直言ってしまって「秋葉原コスプレをして歩くオタク」のような感覚が強い。

なんだろう、イケメンからかな?ディセンタントやキム・ポッシブルといった映画アニメは「実写!」「カートゥーン!」といった色彩が強いからだろうか。

ツイステでは恐らく「イケメンコスプレ…!!」と感じるのだろう。イケメンを見ると心がドキドキする。

(恐らくツイステのコスプレOKになったとして、オンボロ寮主人公NGだと思うのでお気を付けください。あくまキャラ対象だと思うんですよ……。)

懸念してる事なのでこれが現実になるかは分からない、ならないかもしれない。むしろなってもならなくても節度ある方がコスプレしているだろうから特に問題はないと思う。

2020-05-22

anond:20200522093502

これだけ女性クリエイターが増えてる日本コンテンツに対して

「男キャラは”普通”で女キャラは睫毛とリボン」というのも色々ぶったまげるんだけど

話が論理的に繋がってないんだけど。それクリエイター性別関係ある?

あとお前が見てるような美少女だらけのオタクアニメは「女キャラ=睫毛とリボン」なんて単純な区別の付け方はしないけど

子供向けの非人マスコットっぽい系だとそういうの多いぞ。

(その手ので人間キャラなら「女キャラ=髪が長くてスカート」とかになるけど。

絵が単純なほど顔で性差がつけにくいからそういう単純記号性差をつけるが、その際には「男キャラが無徴で、女キャラに『女の記号』をつける」ってなるのが普通

まあそれもミッキーミニー辺りが元祖っぽいが、日本コンテンツでも普通に山ほどある。

2020-04-12

今年の出生数、やばそう。

多分、80万人割るんじゃないか

濃厚接触禁止ってことは、当然、セクロスもアウトでしょ

あと、病院も余裕がないから、不要不急の出産のためにリソース割けない


妻と子供を同時に亡くしました

http://yui-george.com/2020/04/11/mywife-child/

2020年3月28日夕方

妊娠10カ月。

この日は、陣痛おしるし

いくつかある出産サインが出たため

子供を産むつもりで一緒に病院に行きました。

しかし、子供は産まれる直前で亡くなりした。

そして、その数時間後、3月29日日付変わってすぐ妻も亡くなりました。


常位胎盤早期剥離という胎児母体をつなぐ胎盤が剥がれてしまう症状で

この症状にかかると

子供は半分以上は助からない、もし助かったとしても高確率で障がいのある子になる。

そして母体も危ない。

そう医師から言われました。

急ぎ、帝王切開子供を取り出してもらいましたが

子供心臓は動いてませんでした。

手も足も耳も鼻も立派に付いてるのに。

3024gもあるのに。

時間前は妻の中で動いていたのに。

その常位胎盤早期剥離から帝王切開の流れは

通常に帝王切開より妻の体に大きく負荷がかかるらしく

血が止まらなくなるDICという状態になるそうです。

子供が生きていれば

リスクはぐっと減るみたいですが

子供は死にましたので

リスクはぐっと上がります

かかりつけの産婦人科では輸血量や処置が追いつかず

大手病院搬送されました。

コロナの影響か

近くの大手病院は受け入れられず、少し離れた大手病院搬送

その救急車の中が妻と最後の別れでした。

あの時は、まだ手を握り返してくれたのに

もう手は冷たく

握り返してくれません。

ベッドにいたのが

棺の中になり

今は壺の中にいます

なんなんですかね。

これは。

昼まで元気だったんですよ。

家に帰ったら

子ども服、抱っこ紐、ミニーのお布団などあるんですよ。

でも、誰もいないんですよ。

なんなんですかね。

これは。

2020-01-28

初恋ミニーに会った話

16年前の冬、ディズニーランドに行って衝撃を受けた。

北海道田舎から親に連れてきてもらった自分はいつも正月と冬のイベントの間の激安北海道ウェルカムウィークという期間にディズニーランドに行っていた。

連れて行けてもらえるだけありがたいし贅沢だというのはわかっていたが、ディズニーファンを読んでいた自分はどうしても期間限定イベント漠然と憧れていた。

ホテルに帰るぎゅーぎゅーのバスの中、次の期間限定イベントの告知を見ながらいいなぁと思ったのをずっと覚えている。

そして2006年の冬、2005年ディズニープリンセスデイズの様子がバスで流れていて衝撃を受けたのを覚えている。

ディズニーファンを読んでいたし、テレビ特集で去年見ていたはずなのに、その時バスで聞いたブーケオブラブを未だに忘れることが出来ない。

そしてこのイベントを生で見たいと思ったことも二度と無理だろうと思ったことも覚えている。

イベントが始まる日、それは私が北の国に送り返される日なのだから

北の大地に帰ってからも忘れられず生まれて初めて自分CDを買った。沢山色んな家の雪かきして買ったそのCDを一生忘れないだろう。

小学校PCを借りてイベントの様子を調べたりした。

そして曲を聴いている内にもしかしたら来年は何かカレンダーの都合でイベント1日目にはいけるかもしれないという根拠のない期待をしていた。

結局その期待は叶わなかった。ディズニープリンセスデイズは翌年タイトルミニー衣装も変わってしまった。

それを知った時なんだかとても悲しかったのを覚えている。

なぜ田舎で生まれたのだろうかとか、どうしてもっと努力して自分の力でお金を稼いで(そんなの雪かきどんなにしても無理とわかっているが)イベントに参加しなかったのかと考えて落ち込んだ。

いつか王子様もやって来ないし自分で動かなければ田舎の小娘では何も叶えられないと初めて思い知った。

そんなことを忘れていた16年後、無力で必死田舎小学生だった自分浦安から東京出稼ぎする無気力OLになっていた。

舞浜には年パスがあるものの、誰かさんの顔と声帯が変わってからというものの足が遠のいていた。

そんな2020年1月10日、朝お腹を壊して会社を休んで家で寝ていた。

しかし家で寝ていると昼には快調し、家にいるのは勿体ないそんな気分で舞浜に向かった。

その日からイベントがあることは知っていた。ディズニープリンセスデイズの衣装が選ばれていないことも。

しかたまたまアプリ抽選して当たって向かったショーベースで何の期待もせずに見たイッツベリーベリーミニーを見て、ブーケオブラブを聴いてボロボロに泣いてしまった。

そしてあの時無力だった小学生自分が報われたようなそんな気がしてしまった。

顔と声帯が違っていて衣装が違ってマリーではなくクラリスと並んでいても、デイジーと笑い合って歌う素敵なミニーがそこにいた。

もう二度とパークで会えないと思っていたのに、頑なだった子供の私を赦してもらえたような魔法があった気がした。

そしてまた来年は会えないということも思い出してしまった。

またいつか会える魔法があると信じて、今はアプリ抽選し続ける。

たとえ使い回しと指摘する人がいても、私は救われた。

まり当たらない魔法だし、自由席並びに行ったら突き飛ばされたり外から見ようと待ってたら押されたり酷い目にあったりするけど、今だけは何があっても貴方を見ていたい。

もうあの頃のパークと今のパークは何もかも違う、きっと戻ってくることはないのでしょう。

でもミニーのおかげで、とても大事気持ちを思い出せた気がする。

2020-01-14

anond:20200113195929

好きも嫌いもねえ...

ミッキーだのドナルドだの、なんちゅうかただただ「遠い」んよね。

ポパイとかの時代キャラでしょ?

子供ニモやらアナ雪好きってのはわかるよ。僕らがドラえもん好きだったのと同じや。

ミニーとかグーフィーとか、名前と姿は知ってるけどそれ以外一切知らん。背景のストーリーとか設定とか。

ネズ公ランド遊園地として行き届いてて楽しいから人気らしいというのもわかる。でもそこのメインキャラについて俺は何の情報も与えられていない。

なんでみんなふつうミッキーマウスが好きだったり嫌いだったりするの?俺あれ知らないんだけど

2019-11-18

ミッキーミニーのお誕生日らしいです

みんな幸せになぁれ♬
 ∧,_,∧ 
(`・ω・)つ━☆・*。
⊂   ノ    ・゜+.
 し’´J  *・ °”
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん