「いなほ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いなほとは

2022-01-27

史実を基にしたフィクション

みたいなほんのちょっと複雑な概念が出てくると

「つまり本当のことだろ」

って奴等と

「いやフィクションって書いてあるじゃん

って奴等が現れて一生争ってる

2021-12-28

anond:20211228145226

家計支えて異例の長期産休とってあまっちょろいとか際限ないなほんと

2021-12-11

anond:20211211090904

そこは子どもいなほうにムチじゃなくて、子どもがいるほうにアメでいいのでは?

なんで罰を与えたがる?性格悪いよ

2021-10-24

https://anond.hatelabo.jp/20211024230626

逆だよバカ

はてブつけられたくねえんだよ。

お前みたいなほしがりさんばかりだとおもうな

前の投稿夢精音とかいキチガイはてブつけられていい迷惑だったわ

2021-10-17

ワクチン接種会場ガラガラ、予約も取り放題

めんどくさいことはギリギリまで後回しにしてしまう俺でもさすがにそろそろかなと重い腰を上げてワクチン接種の手続きをしてみたら、接種日も時間も選び放題だし、会場もガラガラ

たぶん、射つ意思がある人はとっくに接種してるんだろう

だとすると、俺みたいな接種するつもりはあるんだけど怠惰性格でなかなか予約手続きする気にならんみたいな人の接種率を上げるために予約不要飛び込みで接種できるように出来んもんだろうか

こういう、怠惰なひとは自発的に日時と会場を予約してくださいよりも、ある程度限定された日付に指定された場所に予約せずに行くだけで接種できる。みたいなほうが腰が上がりやすい気がする

2021-09-19

anond:20210918235723

数日前にも昔の男外食ばっかりだったみたいなほんまかいなと思う増田がいたけど、この昔の男ふつう自炊ができないって増田たまたま回りにいた人がそうだったってだけの話なんだろうなと思ってしまう。

客観的数字ないのか探してみたけどググって簡単に引っかかってくれるようなところには無さそう。

象印調査 https://www.zojirushi.co.jp/topics/jisui.html を見ると、10年ほど前の20代女性より男性のほうが自炊率が高かったらしい。20代後半に関しては誤差のような違いだから同等に毎日自炊していたと言ったほうがいいのか。女性もっと自炊してたんじゃないかと思ってたからこれもまた意外だった。

2021-08-15

顔面コンプがここまで人を狂わせることを初めて知った

いくらお金がたくさんあっても、人に自慢できるような華やかな仕事をしても、フォロワーの数が桁違いなほど人気があっても顔がブスだと結局何も課も台無しになるんだって昨日今日で初めて知った。

すれ違いざま知らない人にブス!と暴言を吐かれたことがないだけでも自分いかに恵まれいるかを知った。

顔のコンプレックスはいくらほかの部分を磨いても全く解消されないどころか拗らせてしまうって、怖すぎる。

顔で嫌な思いをしたことがないので、顔の不出来を嘆く人を見ても「顔を言い訳にして逃げているだけの人」だとかなり真剣に考えていたけど、それは間違いだったみたい。

私が見てる世界とブスが見てる世界ってどのくらい違うんだろう?

私は顔で嫌な思いをしたことがない代わりに内面否定された経験は人並みにあるけどそっちもなかなかつらいと思う。

でもブスは内面を知ろうとさえされなくて、外がブスな分必要以上に心のキレイさを求められると思うと気の毒すぎ。

ブスかわいそう。

2021-08-04

自民党政権がなぜクソなのか

半世紀以上にわたるしがらみにより利権にがんじがらめにされていて、いか税金をかすめ取るかしか考えてないやつらの支援を受けた人物政権を担っているので、一般国民生活二の次で、そういう利権に群がる蛆虫みたいなほぼ実質反社みたいなのに牛耳られているからクソみたいな政策しか実行できない。

何はともあれ政権交代しかこの自縄自縛から逃れるすべはない。

2021-08-01

キャラデフォルメした時に西岸良平みたいなほっぺになるのってなんでなん?

かわいくない

2021-07-08

anond:20210708162926

トップアスリートみたいなほぼ会う機会のない人に対しては全然なんとも思ってないけども 中堅どまりリタイアしたアスリートくずれ体育会系は十分に警戒してる

2021-06-30

石焼きに馳せるご飯が焦げる思いの増田須磨の芋折る下戸願はゴルセハニキや恣意回文

おはようございます

あのさ、

鰻の白焼きしてるのをそのまま食べる方がなんか海原雄山さんっぽくない?

こだわってる食べ方というか、

通の美食家グルメ番組でありそうなものだけど。

よくさ、

なにか人生分岐点に立たされたとき

塩かタレかって迷うことってあるじゃない。

私それ注文メニューを見て頼もうとしたとき

店員さんに、

それこそ人生の岐路!

塩とタレどちらにしますか?って聞かれたの。

私は一瞬どちらが人気ありますか?ってすっとこどっこいな店員さんに聞かれても知らねーよ!って思われてそうな100点の返答をしそうになったけど、

これじゃ優柔不断だなって思われるのもシャクなので、

塩!って即答風の私分かってます!って顔して答えをしたのよ。

ちょっと爽やかなドヤ風を吹かせながら顎はちょっとしゃくれがちの顔のドヤ顔で言いながら

なんか塩タレ問題で困ったら塩!って答える方が美食家っぽいと私は思ってるんだけど、

本当はどちらでもいいし、

なんでもいいし、

そんなに対して味の違いなんて分からいから、

結局バターの味で決まっちゃうのよ。

でも鯛のお刺身ちょっと刺身の切り身の角にちょっと塩付けて食べるタイプとかまさにそうじゃない?

こだわって塩なのね!とか。

でもやっぱり迷っちゃうときがあるから

塩・タレルーレットってのを作ってお店のテーブルに置いて置いたら、

誰しもがもうこの人類が悩みに悩み続けてきた歴史の塩タレ問題を唯一解決する冴えた方法なのよ。

で、

その塩・タレルーレットは細かく円グラフが十等分されていて塩・タレ・塩・タレって交互に並んでいるんじゃなくて、

円グラフの50パーセント50パーセントの大きな正に二択とも似つかわない、

大味な円グラフの塩・タレルーレットで、

1つのマスにカチカチって止まるスリルとかもう全然無いタイプルーレットで、

ぜんぜん塩かタレかどちらかに決まるか!?ってハラハラもしない、

もう半分の大きな円を占めているから、

回転が遅くなって、

塩かタレかのゾーン手前で勢い弱くなって、

カチッと境目を超えても勢いが弱いか

もう見るからに明らかに塩かタレかハラハラもドキドキもしないタイプルーレットなのよ。

そんなに人生って甘くはないのよ。

べ、べつにタレにかけて甘いって言ってるわけじゃないんだかんね!

から

そう言った塩かタレか迷って入りシチュエーションコントなんかを見ると

女性で塩かタレか、

そしてホルモンって飲み込むタイミングが分からなーいって言ってる人とか!

その二択で迷ってる人を

私はその人生の岐路の分岐点でもある選択肢からガレレナイ、

シオカタレカ明美命名することにしたわ。

あ!あそこにも居たわ!

シオカタレカ明美さんが!って

きっとあなたの周りにもシオカタレカ明美さんがいるはずよ。

もう本当に

この6月は日替わり定食のことをすっかり忘れていて、

6月の日替わり献立表をもらいに行くのをすっかり忘れていたイエスタデ

やっと6月の日替わり献立表をもらいに行ったのよ。

でさ、

もらいに行ったついでの手前、

今日の日替わりなにかしら!?って日替わりをと注文決め込むつもりだったけど、

6月限定ブラックペッパー石焼きチャーハンのポップが

私の目の中に飛び込み前転で飛び込んできたの。

こ、これは!

6月限定ブラックペッパー石焼きチャーハンを食べねば!ってことで、

もうすっかり現役の役目を果たしたソフバンペッパー君とは大違いなほど、

悲しくもお寿司屋さんで働いていたペッパー君はただたんに画面の端末になってしまって、

でも、

手も足も無くなっちゃったけど、

そこにペッパーのイズムは受け継がれているし、

意思疎通が出来たときペッパー君の目が青く光るあの眼差しを私は忘れはしない。

父さんがくれたあの眼差しに、

母さんがくれた一切れのパンナイフとランプを詰め込んで

40秒で支度したことを私は忘れはしないわ。

ありがとう

ペッパーくん!!!

そう思いながら私は今月6月イチオシ

ブラックペッパー石焼きチャーハンを注文しようとしたら、

店員さんに

塩かタレかどちらにしますか?って聞かれたの。

そこで伏線回収。

そう言うことだったのよ。

一瞬迷ったけど、

店員さんにもどちらがいいですか?って聞こうと思ったけど、

ここは私は私の確固たる意志

塩!って言って注文したの。

ちょっと爽やかなドヤ風を吹かせながら顎はちょっとしゃくれがちの顔のドヤ顔で言いながら。

熱々に熱せられた石器に盛られた熱々チャーハン

私がスプーンでそして頼んだ塩ダレで、

塩かタレか言ってるのに塩ダレでって言うのもややこしいけど

要は塩の味の付いた調味液体をぐるっとかけ回して入れると

その石器の中で一盛り上がりあるのよ。

ジュージュー!って

そして、

私は急いでスプーンで美味しくかき混ぜるんだけど、

石器が熱々すぎて、

底の方にこべりついたイベリコ豚の肉の具とチャーハンの米粒がいい具合に

お焦げ演出する覚えたての言葉を使いたいメイラード反応でいい香りを立たせていて

一部混ぜきれなかった分がお焦げとして完璧にその石器の中で成し遂げる役目を果たすの。

最後ちょっと煎餅感覚というか、

サクサクしたところがロンドンで食べてもパリパリなの。

何が言いたかたかって言うと

塩かタレかで迷っていて

塩・タレルーレットを回している人を見たらあれはシオカタレカ明美さんと呼んであげて欲しいってことよ。

それが私が一番言いたかたこと。

日替わりもだけど月限定メニューも見逃せないわって。

石器時代の人はいつもああやって石器で熱々に熱してジュージューな美味しい石焼きチャーハンを食べていたんだと思うと、

思いを馳せらさずにはいられないわ。

うふふ。


今日朝ご飯

野菜サラダサンド

トマトフレッシュ

クリームサワーソースがまたより一層美味しさを引き立たせている感じがしてとても美味しいわ。

ただハムタマサンド完売だったのが残念だったけれども。

デトックスウォーター

ちゃんウォーラーしました。

アメリカの輸入イチゴは果肉がしっかりしているから、

刻んでイチゴウォーラー簡単にできちゃうから

国産苺も甘くて美味しいんだけど、

ちょっとデトックスウォーター向きではないかも、

まったく向かないわけではないか

誤解しないでね。

アメリカの輸入苺ベリーの方がベリーマッチなの。

なんちゃって

まあそんなアメリカベリーウォーラーよ。

甘過ぎもなく酸味があって、

私は好きナンだな。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-06-25

ネット上で不人気な小説書きをしている。

 一次創作二次創作も書く。普段これといって対人トラブルには見舞われないけど、稀に嫌なこともある。

 数年前に、珍しく旬ジャンル二次創作をしたら、私にしては珍しく多くの人に作品を読まれた。そしたら、やっぱりジャンルに人が多いだけに、厄介な人も多くいて、うっかりそのうちの一人と関わってしまい、嫌な目に遭った。顛末以下の通り。大したことってほどでもない。

 自称「絵がクソクソのクソに下手な底辺新米絵師」という人が、私の小説を気に入ったといって、Twitterにて一方的感想絵を送り付けてくるようになった。私はお礼を言い、絵のどこが特に好きでどういうところが素敵だと感想を書き、絵をふぁぼし、RTしていいか許可を得てからRTした。けれども、私はその人の絵を自分作品の表紙にも挿し絵にもしなかった。その理由相手方邪推して怒り出した。最終的には向こうは「底辺絵師からって馬鹿にして!」といって私のツイ垢支部垢をブロックした。

 ま、書き出してみると本当に大したことのない話なんだが、当時の私にはけっこうストレスがかかったのだ。

 私は元から小説にはキャラの表紙絵や挿し絵は要らないと思ってるので、別に絵師さんの技量がどうとか関係なく、一方的に送りつけられても表紙や挿し絵に使う気はない。もし相手が表紙や挿し絵を書きたいと言ってきても断る。

 一方で、私の小説を読んだ人がそれをもとに絵を描くということは、自作と称して漫画化するみたいなほぼパクり案件でなければ自由だと思う。

 そういう、難しくもないことであるのだけど、理解されないこともたまにあるのだ。

 前述の私に絵を送り付けてきた人の場合は、コンプレックスを拗らせたあまりにああいうことをしてきたのだろうけど、コンプレックス理由他人に当たっちゃダメですな。私は作風普段ツイートからして、言いがかり着けても泣き寝入りしそうなタイプだとナメられたんじゃないかなとも思う。

 こういう揉め事があったので、今でもたまに私は「表紙や挿し絵要らないので、送ってこられても採用しない」とツイートするんだけど、送られてもいないうちからそんなツイートするのも傲慢ちっくで嫌だなぁ。しかも、別に何も悪いことをしてない、他者小説の表紙・挿し絵描くのが好きな絵師さんが、私のツイート見てショックを受けてしまうことがあって、ごめんって思う。あくまで私個人主義だということで。

2021-06-06

30歳だがお金が欲しい

多分私と同世代は「定年まで今の職場に居続ける」ってこと自体が難しくなるんだろうな

40~50歳くらいになったら早期退職を迫られ、年金は当然まだ貰えず、派遣みたいなので糊口をしのぐってのがいずれスタンダードになりそう

それにともなって人の自尊心をくすぐるような詐欺も増えそうだな

前にあった搾取されるオンラインサロンとか投資詐欺とか、ああいうの

でもまだ今はそうじゃないんだ

まだ早期退職日本全国のスタンダードではないんだ

実際そうなるかもわからないけど、少なくとも「そうなる」という前提で動いてお金を稼いで、ならなかったらラッキーって思うようにしよう

Uber Eatsみたいなほとんど誰でも参加できる仕事は人手が増えすぎて仕事の取り合いで逆に稼げないようになりそうだから、仮に真面目にやっても稼げるのはここ数年、私が中年になった頃には全然稼げないものと考えよう

体力的にもキツそうだしね

じゃあ誰でも参加できなさそうで、かつ本業以外で何やるかってなると、趣味関係でアテはある

はー、多分辛いけど、がんばろう

ひとりごとみたいな決意表明

10年後にも増田があってこれを読み返したときに「あのとき奮起して良かったな」って思えるように行動しよう

2021-05-24

anond:20210524141220

しかにね。

スターウォーズみたいなもの

逆に言えば、頻繁に新作見たいならニチアサみたいなほどほどのブランド力がいいってことなのかな。

ほどほどってのは、ブランド化してるけれど、新しいことに挑戦していかないと消えちゃう、ぐらいなポジションのこと。

あんま人気ですぎちゃうと、新作を作るリスクのほうがデカくなって、返って作られなくなるのは、理解できた

2021-04-30

ボーダレスネーム広告業界描写微妙すぎて、あまりにもあまりにも

少年ジャンプ+で人気連載中(日間ランキングで1位取ってるし人気でいいよね)の「ボーダレスネーム」、かつてマンガ家の夢を捨てたアラサー女性が、再びマンガ家になる夢を見つけ歩み始めるというマンガです。

主人公女性現在仕事広告代理店アートディレクターAD)で、イケメンだけどぶっきらぼう上司や、物腰柔らかなマンガ編集者などに取り巻かれながら、仕事や将来の夢に向けて悩みながら、成長するという、この20年くらいの青年誌お仕事マンガフォーマットにある程度乗っかっていると言えるでしょう。(それがジャンプ+で連載されるというのは面白いです)

1話目を読んだときは、ああ、これで広告会社やめてマンガ家修行始めるんだろうな、で、編集二人三脚してるうちに恋が芽生えたり、イケメン上司からちょっかい受けたりしつつ、マンガ家として成長するんだろうなと思っていたんですが、あれ? 2話目で女性コピーライターが出てきたよ、しかもまだまだ広告会社の話が続くみたいだよとなって、僕は正直、困惑しています

というのは、広告会社描写がかなりおかしい。こんな広告会社はありえない(正確に言えば、なくはないがこの規模の会社だと考えられない)のに、広告会社お仕事マンガとして進んでいるので、やばいんです。このマンガ読んで、広告会社disられても困るし、逆に広告会社に入りたくなってもやばい描写おかしいのにちょくちょくお仕事専門用語解説が入る(そこはいちおう内容はあっている)ので、ものすごくもやもやする。というのを立て続けに見せられてるんです。

なので、2話までの中でのおかしポイントを列挙して、何にもやっと来るのかを指摘してこのもやもや業界がわからない人と共有したいと思いました。

 

1話: https://shonenjumpplus.com/episode/3269632237331072609

・P5 何人か指摘してますが、31歳で入社10年目って、この人何歳から働いてるんだろ? 総合代理店AD職で美術短大専門学校卒で働くとなると、主人公学生時代、相当優秀な方だったんでしょうね。賞でも取ってたんでしょうか。

・P8 34歳のイケメンCD(34歳でCDも相当若いですが、まあ優秀だったんでしょう。岸勇希みたいな人なのでしょうか)が、オリエンに連れていきます。まあ、クライアント名を出さずにつれていくのはいいでしょう。そういうやり方の人もいます。でも、そんな雑な今から時間あるでオリエン連れてくな。急に入ったオリエンなら、まずはお前ひとりで聞いてこい(いや、CD一人で行くのもちょっと違うが、それは後述) 広告会社ADなんて死ぬほど忙しいんだ。そんな今から連れてくみたいなやり方でスタッフィングされたら他案件との調整が地獄になるわ。あと、肩たたいて声かけるな、現実で今どき、それやったらパワハラ案件になるぞ。

・P9~12 この回、最大のツッコミどころ大手出版社看板雑誌の60周年広告を競合でなく指名発注しかも、担当者広報2人に若手編集1人。それありえる?? そのキャンペーン、ひいき目に見ても出版社も全社総がかりでやる規模の案件だぞ。編集長どころか担当役員が出てくる案件だぞ。少なくとも競合で6社は呼ばれて、納期バジェット提示されて年間キャンペーン総合プレゼンさせられる案件だぞ。この会社出版社ハウスエージェンシーかなんか? そして、何よりこの広告会社営業いないの? CDが一人で直接話を聞きに行くなんて、怖くてさせられないよ。せめて、一人CPクリエイティブプロデューサー、ざっくりいうと広告予算スケジュール管理をする人)くらい連れて来いよ。CDにそこまでさせたら、普通会社だったらパンクするぞ。出版社出版社だ。こんなでかい案件で、オリエンペーパーも作らないのか。予算いくらとかキャンペーンスケジュールがいつなのかとか、KPI、KGIとか広告で達成したいこととか、現状の雑誌のコンディションとか、ADが「どんな広告がいいですか」とかふわっとした質問をして、編集が「見た人に夢を与えられるものですかね」とかふわっと答えて、それでGOするなよ。主人公も苦手なオーダーだとか思ってるけど、誰だってそんなふわっとしたオーダー苦手だよ。そして、イケメンCD、こんなでかい案件、一人のADに丸投げするな。俺がCDだったら社内で3チームは立てるわ。まあ、社内競合とか文化がない会社なのかなと思ったら、2話目で社内競合かけられてるし、2話目の案件より、こっちのほうが規模ははるかにでかそうだぞ。

・P16 主人公他人案件勝手に引き取るな。せめて上長に手伝ってもいいですかと聞いて一緒にやれ。というか、上司が丁寧にディレクションしてるのに勝手に引き取るな。このモブの後輩もありがとうって面するな。ちなみにこの付箋を見ると、マーケ部云々書かれてるので、マーケいるの? というか、マーケ企画書CDが赤入れてるの? そんなことされたら、戦争はじまるぞ。

・P17 やっぱり社内競合ですらないし、営業もいない。続きを読むとこれ、プレゼン前日だよね。プレゼン前日の打合せに営業いないし、紙だけで社内打合せするな。誰もノートPCすら持ってないのか。それともこれは2019年ですらなくて、2012年くらいの話か?

・P46 途中の徹夜作業するところとかはまあいいけど、この人、ADメインの人だよね。コピーから企画から全部ひとりでやるのは、あまりにも抱えすぎじゃないか。それと上司、直前打合せで追加案なんて出したら、それこそメンバーからヒンシュク買うし、ADは心折れるぞ。そういうのは面倒見がいいとは言わない。ただ、こういうのをやってくる人、たまにいる。某佐々●宏とか。でも、逆に言うとそれくらいの人じゃないとそういうことはやらない。あんなふわっとしたアドバイスじゃなくて、ちゃんと前日打合せの場か、そのあとにADを呼び出して、ちゃんと伝える。その方針で1つ追加できないかと聞く。

・P49 やっぱり営業がいない。ほんとにいないでいいのか。この会社CD営業マーケもやるのか。というか、出版社サイドもそんな即決していいのか。60周年だよね。

・P66 「営業マーケティングなどいろいろな分野の人たちが案件ごとにチームを組んで広告制作を行います!!!??? この会社にもいるの? なんでプレゼン営業来ないの??

 

まあ、1000倍ひいき目に見て、必要ない登場人物は省略したとしよう。しかし、この省略はお仕事マンガとしてあり得ないレベルで省略してると言わざるを得ません。

ゲーム会社でいえば、バンナムスクエニ規模のゲーム会社プログラマー一人でゲーム企画案を作って、自分コーディングしてゲームを開発して、自分で納品してるみたいな感じ。

IT企業でいえば、基幹システムの開発を一人でスケジュールもなしに作ってる感じ。

それくらいの違和感があります

 

 

2話: https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496293826525

P3 これはいじわるかもしれないが、この編集さん、プレゼンのあとは作業から外れたのかな? まあ忙しいもんね。でも、せめてこういう感じ始めますってのは、広報から編集部に事前に共有されるよね。メールアドレス知ってたら、せめてその時点でメールするよね。まあ、忙しくて忘れてただけにしておこう。

P16 いくらなんでもこんなに面倒見が悪いトレーナーだったら外れもいいところ。というか、この会社、全体的に人を育てる感じがないよね。

P21 トレーナーになんで自分がこの人を見るのかの周辺事情ちゃんと伝えるのが会社というものです。そうじゃないとこうやって、自分を見放した上司と競合する仕事をしないといけなくなります。あと、今時、広告会社なんて(特にCR分野なんて)オタクだらけです。キラキラ女子みたいなほうがよっぽどレアです。だってアニメゲームマンガなどのコンテンツ重要情報源なんですからそもそもアニメゲームじゃなくてもオタクじゃないとCRの引き出しは枯渇します。

P23~24 ここがいちばん問題CRの打合せなんて100本ノック1000本ノックなんて当たり前。まして、この子コピーライターでしょ。コピー無限に書き続けるのが仕事みたいなもんだよ。一万歩ゆずってプレゼン前なので、そろそろ方向性を絞れって話なら、主人公が打合せ前にディレクションしないといけない。つまり、この子が怒られる筋合いは一ミリもない。

P32 上司、そこにいるなら、主人公相談にのってやれ。社内競合で負けたらお前の評価にも影響するんだよ。ほんと、この上司、何にもしねーな。主人公は早々に見切って、全スルーして上と直接話するようになったほうがいい。

 

2話目はこのコピーライターの子がとにかく不憫転職してきたばっかりでこんな目にあったら、俺だったらすぐに転職サイトを開く。

で、うすうす気づいたが、このマンガ広告会社って、主人公の成長のための舞台設定だけなんだよね。早くコピーライターの子と一緒に仕事辞めてマンガ家になれ。どうせそういう話にするつもりなんでしょ。で、ここまで書いて気づいたけど、この2話目の案件も社内競合なだけで、コンペじゃないんだよね。広告会社マンガで成長を描くためにコンペを使わないのって、相当奇妙なんだけど、そこに何か理由があるのだろうか。というか、社内競合のライバルをこんなに嫌な人に描写してるの、社内の摩擦がすごそうで嫌な会社だなあってなるんだけどいいのだろうか。

 

以上、広告業界関係者がとにかくイラっと来た部分を書きました。

2021-04-28

車を止めてはいけない駐車場を修理した話

私は昔、機械駐車場建設、整備を行う仕事をしていました。

マンション等に住んでいる方なら実際に使ったことがあるんじゃないでしょうか。

ボタンを長押ししたり、自分の車が止めてある番号を選択して呼び出すタイプ駐車場です。

平置きとは違いスペースが無くとも複数の車を止めることが出来るので都市部などではよく見られるかと思います

地方特に田舎だとほぼ無いでしょう。駐車場土地が確保できないなんて事は希ですし余程のことが無いと建てないと思います

からこそ、あの村で見たボロボロ装置は私にとって不気味で仕方ありませんでした。




数年前の夏、暑さもピークを迎え汗が吹き出るようになった時期に、知らないアドレスから仕事の依頼が届きました。

元請けからではなく利用者の方からの直接の依頼は珍しかったので興味本位で詳細を伺うことに。

私は主に関東エリア仕事をしているのですが、今回の物件東北地方の某所にあるらしく修理に来て欲しいとのこと。

距離問題で断ろうかとも思いましたが不釣りいなほどの金額掲示され、誘惑に負けて受注することしました。

症状を聞く限りひどくても2,3個部品を交換すれば済むだろうと判断し、機材を乗せた車で先輩と二人で向かいました。


現場周辺に着いたことを電話で報告し、案内をしてもらいながら到着すると確かに写真で見た装置がポツンとそこに存在していました。

間近で見ると錆や腐食がすごく本当に動いていたのか不思議なくらいでした。

装置自体は上段下段に一台ずつ駐車でき、ボタン操作で地下のパレットを呼び出すというポピュラータイプ

下段を呼び出したあと下降しなくなったとのことで上段は自分の頭の位置ほどの高さにあります

よくある故障なので早速作業に取り掛かろうと開始連絡を入れた際、依頼者の方から二つ忠告をされました。

装置が治っても絶対に下げきるな」「そこに車を入れるな」

普段仕事をしている上で聞きなれない注意でした。後者はともかく前者に至っては正常に動作するかの確認ができません。

いくら説明をしても頑なだったので諦めて作業を始めました。


装置についてですがまずメーカー不明部品をいくつか見ればだいたい分かるのですが業界歴が長い先輩も特定できませんでした。

そして作りが非常に雑。適当というよりは素人何となくで建てたようなずさんな構造

恐らく新品の状態でも車を入れたら壊れるだろうな、と思ってしまうほど幼稚なものでした。

作業自体は至極簡単ものでいくつかの配線と電気部品を交換しただけで動作するように。

下降しきってはいけない、とのことだったので半分くらいまで下げてみたところ、壁に絵が描いてある事に気がつきました。


カブトムシの幼虫のような顔をした全裸女性の絵で、肩や腕は不自然な箇所で膨れていたのを覚えています

気味が悪かったので下段を最上部まで呼び出し、現着時と同じ状況にしてから依頼者に報告を行いました。

その際、壁に描かれた絵を途中まで見たことを伝えたら「彼女の目は見てないか?」と聞かれました。

上半身まで見ましたが目は無かったですよ」と答えると「そうですか。お疲れ様でした」と言われその場をあとにしました。

帰り道、先輩がふと「お前は本当に見てないのか?」と聞いてきました。

私は見ていない事を伝えると「俺は見たかもしれない」と呟くように漏らしていました。

動作確認の際、私は装置の正面から見ており、先輩は裏に回り込んで見ていました。

角度的に気付かなかったものの私の足元にも絵があり、先輩はそれを見たそうです。



それから一年ほどで私は退職しましたが今でもその先輩と交流があり、先日飲みに行った時に話題に上がったので記事にしてみました。

私は所謂洒落怖都市伝説などが好きでそういった話を調べたりしているのですが似たような話を聞いたことがなく、

もし知っている方、詳しい方がいらっしゃいましたらコメントにて教えてくださると嬉しいです。

2021-04-23

anond:20210423005307

美少女であることにおごって「私は高価なのよ、そう扱ってよ」ってタイプ

ブスの「わきまえてますんで気を遣わないでください」みたいなほうがいいのか

2021-04-01

anond:20210401163728

人によると思うけど、開業するともう個人金持ちだとか貧乏だとか、家とか高級車とか、っていう議論がどうでもよいというか無意味ものに見えてくるというか、

キャッシュフローいか社会還元に直結してるかとか無駄かいがないかとか設備投資できてるかみたいなほうが重要になってくるきがする。

雑魚弱小零細個人事業主だからこういう意見だけど、実際に稼ぎまくってる人だと金持ちになるためにガツガツ稼いだりしてたり、意識が高いレベルなのだと思うけど。

2021-03-29

タイトルで満足して、中身見たいと思わない動画

ゴキブリが耳のなかで育ってなんかヤバいみたいな動画

漫画動画(?)だったけど、全く見たくなかった。

結末は気になるけど、ゴキブリイラストでも嫌いなほど苦手だから無理。

タイトルサムネしか見てないけど

寝る時怖かった。

2021-03-24

anond:20210324004231

本当に駄作だったら評価数字となって現れると思うけど、そうでなかったらただの好き嫌い感性の違いになってしまうよね。

何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよみたいなほうが界隈は賑わうと思う…。

2021-03-17

anond:20210303070010

なんかマイノリティ意味とか総攻撃定義とか俺の生きてる世界とは少し違うんじゃないか?って思える

如月駅みたいなほんのり変な違和感

2021-03-13

anond:20210313155026

そんなだから日本の子自己肯定感が低いんでしょ。中国人女性みたいにブスなのに自信満々に自撮りするくらいなほうが健全だし、そういう自信満々な人間が多い国に勝てないよ。

2021-03-09

anond:20210309232836

裏切ったんだというより

ああ、こんなかんじかって虚無感みたいなほうが近いだろ

2021-02-22

セックス大好きなAV嬢って興奮する?

https://twitter.com/suya_yororo/status/1363025201311571968

ゲスから生活に困って淫乱のふりしてます」とか「タレント志望だったけどしかたなくAVに来ました」みたいなほうが興奮する。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん