「いなほ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いなほとは

2017-11-19

あなた自分の"感情"を信じられますか?

躁うつ病、正確には双極性障害II型と診断されて四年。たぶん"ふつうの人"にはあまりピンとこない、でも想像してみると面白いかもしれない話。

双極性障害社会生活に支障をきたすレベルで気分が変動する障害で、例えば鬱の時は何週間も全く家から出られなくなるのに、躁の時にはアイデア雪崩のような頭から溢れ出し、病的に饒舌になるというような嘘みたいなほんとの障害

この障害を診断され自認するようにってから、ひどく骨を折ったのは「自分感情を信じないようにする」ということだった。

たぶん「自分能力が信じられない」という人はよくいると思うけど、「自分の"感情"が信じられない」という人はあまりいないと思う。例えば、泣いてるときに「いま私は泣いているが、私は本当に悲しいのか?」と自問する人はそんなにいないと思う。でもこの障害だと、喜怒哀楽すべての感情に対して、「私は本当に〜」とやる必要に迫られる。というのも自分喜怒哀楽を感じる対象が余りにもコロコロ変わるために、それら全てを自己として認識することがふさわしくないように感じるからだ。

この「自己感情への懐疑」に思い当たった時、酷く動揺したのを今でも鮮明に覚えている。考えてみて欲しい。自分感情というのは、当たり前だが、自分にとって最も馴染み深いもので、最も自分らしさ規定してきたもののはずだ。自分感情自分を切り離すというのは、いったいどういうことなのだろう、切り離した自分というのはいったい何だろう、そこに何が残るのだろう、というような訳のわからない疑問だけが頭に浮かんだ。

私自身がそうだったのだが、鬱の気持ちがわからないという人は結構いると思う。でも実際自分が鬱になってみて、変な話だが鬱の気持ちというのは自分でもよくわからない。鬱の時の思考感情というのは、自分にとっても馴染みのないもので、全く新しい自己の一面のようにも感じてしまう。しかし、鬱が長引けば長くほど、果たして自分とはなんだったのか、自分自分と思っていたもの考え方、ものの感じ方の方が間違っていて、本当の自分とは、ベットの上から起きて、生理的欲求を満たして、またベットの上に戻ることしかできない、今の姿なのではないかと思えてくる。まさに深淵を覗くような気分である

それでも何週間か経つと今度は世界を変える男はこの俺だ!といったいような誇大妄想を持つようになる。自尊心が増大し、酷く横柄な態度を取るようになり、病的におしゃべりになる。そんな気分のジェットコースターを何度も何度も繰り返した。これではいくつ心があっても足りない。

2017-11-16

なんでもかんでも社会の色んなパーツを解体して美味しいとこどりだけしたいってだけだろ

飽きないなほんと

2017-09-30

イケてるリーダーとかCEO必要資質

これはもう、豊かな頭髪、それが全てだと思う。

豊かじゃないとイケてない雰囲気が出ちゃうから

こんなスタートアップありますーってーと、見る写真見る写真みーんな豊か。フッサフサ。もう頭髪障害とかありえませんからー!みたいなほどに。

あ!でも、某プロバイダで有名な方々は別ね。むしろイケてる感すごくある。神経質かつロバストに24/7ちゃんとやってくれる高品質感がものすごくある。

仮に豊かな奴が説明してても、なんだこいつどうせ嘘言ってんだろ的な、ベストエフォート言いやがってこの野郎的な、信用全く無し感すごい。

あれ、なんでかな、リーダーとかCEOとかって、ちゃんとやってなくても雰囲気だけでオッケーな仕事ってこと???

2017-09-29

このまま共産党が躍進すると

古参やれやれ最近若い奴は『資本論』もろくに読んでないのか情けない」

若い奴(40代)「うるせーそんなの知るか!老害は去れ!」

みたいなほのぼのした会話が頻発するんだろうか?

2017-09-27

ロリータ貧乳とは違うのかもしれんが小学生ギャルみたいのって特にグッと来ないな

やっぱり幼少期は芋っぽかったけどギャルファッションに目覚めて調子に乗るみたいなほうが好きだ

2017-09-11

https://anond.hatelabo.jp/20170911140100

つか交換財としてメリットがあるんだったらわざわざ禁止せんでもええでしょ。

まだ「貴人は純血を保つために近親相姦OK庶民はどんどん混血して卑しくなれ」みたいなほうが分かる。

2017-09-07

[] 銀ブラ

ぎんぶら

銀座を歩くこと。仕事で歩く場合には使われず、散歩特に目的もなくぶらつく場合に使われることが多い。

・ただし、最近はあまり使われないのか、若い世代の人には通じないことが多い。

銀ブラとは、銀座にある「カフェーパウリスタ」でブラジル豆のコーヒーを飲むこと、という説も言われているが。

しかし、「『銀ブラ』の語源を正す―カフエーパウリスタと『銀ブラ』 」(星田 宏司、岡本 秀徳 いなほ書房 2014年)によれば、

この説は、「日本最初喫茶店ブラジル移民の父」がはじめた」(長谷川泰三 文園社 2008年)によるものであり、

歴史根拠のないものとしている。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E4%A5%D6%A5%E9

スポーツでもアイドルでもひどい愛称あるじゃん

anond:20170906211054

体の一部だけ愛称にしておいて「愛してるからこそだ」とかひでえなーっていつも見てる。

 

まあ一事が万事それで、ファンってのは気がくるってるんだから熱が冷めるまで放置してやんなよそんなの。

リアル彼女とも授かり婚子供が生まれたら子供になんかそういう名前つけてよそ見は収まるんだろうよ。

 

でもはてなに書いちゃうとアレだ、

本人降臨でその弟説得するから対談に出せって

いよいよ突き止められたらはいすいませんネタでしたなんてつまらない展開なんじゃねーのって

実は弟じゃなくて妹であちらが不倫報道になるから合わせられませんとかさ

2chにでも書いてればまだ目に触れないのになー・・・

わきまえない若い人多いよなー

追記:ブクマで釣れてくれるのはいいんだけど「それ蔑称や」って例示にほんとの蔑称あげてたけど

声優さんから訴えられても仕方ないことしてると認識したうえではやく消してくださいid:mouseion

おまえみたいなほんとのバカに書いてるんじゃねえんです。

2017-08-09

コザクラインコ、自ら体重計に乗る

生後4ヶ月ちょっと体重50g。

まれて1ヶ月半くらいで挿し餌してた頃の体重が空腹時で50g、満腹時で+5gだった。

それが一人餌への移行や初飛行で一時は44gまで減っていたので、やっと元に戻った感じ。体型もセキセイインコみたいなほっそりとした姿からコザクラインコらしいずんぐりむっくりになってきて、飼い主増田としては大変喜んでいる。

体重毎日量りなさいといわれるが、なかなかこれが難しかった。

乗るのを嫌がるし、じっとしてない。

先日、ふと思い立って


「ここやで、トントン体重計の台を指で叩きながら)」

指に噛みつくつもりでなんとなく体重計に乗る

「よくできました!」といっておやつをあげる


みたいなことをやってたら、3日で自発的に乗るようになった。

あっさり覚えたので拍子抜けである。今までの苦労は何だったのか。

次は何を覚えてもらおうか。

2017-07-10

https://anond.hatelabo.jp/20170709180422

「気を失う」と「知らないうちに眠りに落ちて起きたら10時間経ってた」の違いが分からぬ。

私は汎血球減少症に伴う貧血のために一瞬(?)意識を失ったことはあるけど、気絶した経験はないなー。

全身麻酔も打ったことないし。

元増田場合は、てんかん発作だったりも考えられると思うので、神経内科あたりに一度受診してみては?

ていうか、コトの重大性に対して本人が不釣りいなほどに無関心なのって「美しき無関心」っぽいなぁと感じてしまった。

2017-06-17

同じく今の増田の年齢にもよる

https://anond.hatelabo.jp/20170617024529

あんまり人生相談の答えに関係ないけど

HTMLファイルをよくわからんCMSテンプレートとして当て込むだけのことを長年やってきたおじさん」

これに近い経歴のお方を、派遣会社からの紹介でお断りしたことが多々...

だって急募即戦力ってオーダーに、PHPできるJSできるJavaもやってました!って触れ込みだったのに、CMS触ってたのがメインの経歴で、質疑応答曖昧に「本読めばできます」「頑張ります」と言われても。

まあこの場合は単なるミスマッチしかないし、こういう作業が今後なくなるかはよくわかんない。

つっても全く同じ経歴の人が2人いたとしていざ面接ってなったら、年齢とか、真面目そうとか、話が合いそうとか、本人の資質と全く関係ないところで選ばれてしまうと思うんだよね。

だってCMSやってただけじゃプログラマ資質わかんないもん。

逆にWordpressメインでやってきましたが、脆弱性回避のためにこんな事をやってきました!プラグイン同士相性悪いのをこう対処しました!みたいなほうが期待できそう。

今後プログラマとして飯喰ってくつもりだったら、先のトラバでも言われてたとおり家で趣味プログラムとかしたほうがいい。

正直、CMS展開はプログラマ仕事じゃないと自分は思ってる。

もっとも書いてある経歴から察すると、ディレクターの方向に舵切ってみるのもいいんじゃない

CMSや、PHPある程度でも判るWebディレクターって重宝するよ。プログラマからすると鬱陶しいけど。

それでも最終的に言うとしたらタイトルの内容になります

こんな感じ?

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516122417

欧米左派知識人たちもなんだかんだいってコソボ空爆イラク戦争を支持していたりするので

しろ今みたいなほうが国際標準だとも言える

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170512171928

実際に使う側からいうと

大多数の人は一度出て終わった頃を見計らって戻る。

たまーに相当時間放置しっぱなしのアホがいるが…。

俺はスマホ時間をつぶすか買い物に出る。

お店で雑誌を読むは少数しかいないし大体コインランドリー雑誌はあまり更新されていないように見える。

そもそも店内で洗濯時間を過ごす俺みたいなほうが少数派だしそういう人もだいたい今はスマホか精々ゲーム自分が持ってる本を読むかだろう。

店に何か置くとか正直気にしなくていい。

仮に何か置くにしても雑誌だけでいいだろう。おそらく雑誌もいらないと思うが…。

しいて言うなら両替機はあればいいというか、あってほしいな。

たまに自販機置いてそこでジュース買って両替しろみたいなとこあるがあれはちょっとね。

後、コインランドリーに一番必要ものはずばり清潔さだと思うわ。

2017-04-11

フワっとした質問だけど、人間が好きですか?と問われたら、

自分はどちらかというと人間が嫌いなほうだと思う。嫌いっていうか、苦手って感じ。

といってもひとけがなさ過ぎても寂しいんだけど

2017-04-08

Pay to Win

適当に訳すなら「金を払って勝つ」みたいな感じだけど、ちょっと味気ないなあと思う。

基本無料」になぞらえて「勝利有料」みたいなほうが、皮肉もより利いてて好きだなあ。

2017-03-13

ぼくはきみの服の中のオッパイを見たかった

Mはぼくと同じ高校で一学年下の女の子だった。

まるで男の子のようなショートカットの髪、金八先生に出ていた時の上戸彩みたいにCUTEな美少女だった。

ぼくの君に対する第一印象はただひとつ「胸がでかい」それ以外のことをぼくは何一つ思いつかなかった。

小柄なきみのカラダに不似合いなほど、その胸の隆起は際だっていた。

きみは一時期、ぼくと同じ学年の男子と付き合っていたね。

から学校への道を並んで来る姿、帰る姿をぼくは覚えている。

そのときぼくは思ったよ。

あいつはあの大きな胸が目当てなのか」と。

もちろんそんなことはなく、彼は知的でCUTEなきみが好きで胸なんかはただのおまけだったのかも知れない。

しかし、どんな言い訳をしたってきみの第一印象が胸であることは疑いのない事実なのだ

それに「どうせ胸が目当て」だなんて高校生の言うセリフじゃないだろう。

自慢じゃないがぼくのいた公立高校男子童貞率96%、つまり童貞クラスに一人くらいしかいなくて、

しかも在学中に処女童貞を失った場合浪人率は100%という恐ろしい世界だったから、だから禁欲正義だったんだ。

もちろんぼくも受験勉強に精を出し、オナニーで精を出す一人の純朴な高校生だった。

受験勉強甲斐あってぼくは現役で大学合格し、その喜びもつかの間、片想い女の子にはあっさりとふられ、童貞期間更新中だったぼくは、翌年の春にきみが関西のある有名私大合格して大学生になったことを知った。

当時のぼくは手紙をよく書いたよ。在学中にちょっとした面識があったのできみにも合格のお祝いと自分大学生としての近況報告のような手紙を書いた。そうしたら一度京都を案内して欲しいという返信が来た。そしてぼくは思いがけずきみとデートできることになったんだ。

大学生になったきみの胸はさらに巨大化していた。

巨乳というのは裾野が広いんだ。

富士山裾野が広く伸びていてるみたいにね。

「えっ、こんなところから胸がはじまるのか!」と思うほどにきみの胸の隆起はクビのすぐ下からはじまっていた。

ぼくはきみの目ばかり見て話をしていたが、視線を下に落とせばそこには胸があった。

かい合ってる男が自分の顔ではなく胸を見ながら話してるなんてすごく不愉快じゃないか

からぼくはいつもきみの目を見て話をしていた。視線を伏せることなんてできなかった。

今思うとなんてもったいなかったのかと思う。サングラスでもして視線を隠して、思う存分胸を見ればよかったじゃないかと。でも、当時はそんな才覚はなかったんだよ。

京都でのデートの後で、ぼくは卑怯にもきみへの手紙の中に「好きだ」というフレーズを書いた。

しかし、そのときのぼくは本当にきみが好きだったのか、それともきみの胸が好きだったのか、正直言ってよくわからない。

ぼくは知的でCUTEなきみを本当に素敵な女の子だと思っていた。

しかし、その100倍くらいぼくはきみの胸が好きだったんだよ。そんなこと手紙に書くはずないけど。


秋になって、いろんな大学学園祭の季節になって、ぼくはMを伴ってN女子大学園祭に出かけた。

高校で同じクラスだったことがある仲間由紀恵みたいな黒髪の純日本風お嬢さんに誘われたからだ。

実はぼくはその仲間由紀恵のこともかなり好きだった。もしもその美女を射止めることができたならば、ぼくは同じ高校のあのさえない童貞軍団を見返してやることができたはずだし。そう、ぼくのあこがれの大本命は実は仲間由紀恵であり、Mの存在価値は「自分とつきあってくれる女」という点にあったわけだから

女子大学模擬店でぼくは仲間由紀恵にMを紹介した。仲間由紀恵はMをみて、Mの胸をちらりとみて、それから妙につっけんどんな態度になった。

あなたはこんな乳のでかい頭の悪そうな女が好きなのね!」と仲間由紀恵は思ったのかも知れない。

そんなことはないんだ。Mは決して頭の悪い女なんかじゃない。

とっても聡明で話していて退屈しない女なんだ。

でもそんな言い訳をするチャンスはなかった。

だって仲間由紀恵はその後ぼくに手紙をよこさなくなったし、彼女が風の噂にお医者さんと結婚したと聞いたのはその数年後のことだ。

女子大学園祭の後に控えていたのは京都大学11月祭だった。ぼくはそこでMと腕を組んだり、手をつないだりして歩くことができた。

普通カップルのように彼女学園祭デートをするなんて幸福をぼくは手に入れた。

しかし、ぼくは手をつなぐ以上のセクシャル領域に足を踏み入れることはどうしてもできなかった。

その理由簡単だ。ぼくは童貞だったから。どうやってその先に進んだらいいのか、ぼくは全くわからなかったのだ。

手を伸ばせばいつでも触れられるような距離にありながら、その胸はぼくにとって相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであったのだ。

そのままお正月が過ぎ、春になった。ぼくはMと初詣住吉大社に出かけ、そこから阪堺線チンチン電車に乗って浜寺公園に出かけた。

潮の香りのするコンクリートで固められた護岸の上の散歩道をのんびり歩き、座って話をした。おだやかな一日だった。

あの頃ぼくたちはいったいどんな話をしていたのだろう。

そうして休日には手をつないで歩き、一緒に映画を見たりしたぼくたちはまぎれもなく「つきあってる」という状態だった。

しかしぼくにとってきみの胸は相変わらず不可視のものであり、かつ不可触のものであった。

どうすればぼくはその二つを可能にできたのだろうか。

まだ20歳にもならない自分はその方法を何一つ知らなかったのだ。

もしもできることなら今の自分が当時の自分に憑依して、知りうる限りの恋の手練手管を用いてその困難を可能にしてあげただろうに。

ぼくは免許を取り、中古車いすゞジェミニを買った。それでMとドライブすることになった。

Mに向かって「どこに行きたい?」と聞いたら「鞍馬」という意外な答えが返ってきた。ぼくたちは鞍馬おもちゃみたいなケーブルカーに乗った。

汗ばむような陽気の中で、同じようにデートしているカップルが居た。

ぼくたちとの違いは彼らがキスをしていたことだった。

ぼくは赤面した。

キスとは、ああキスとは、それは限りなく遠くに存在する行為じゃないか

まだぼくは胸を見たこともないのに・・・

いや、それは違う。少なくとも胸を見るという行為は、キスという行為さらに先に位置するものであるはずだ。

ということは、自分が胸を見たいとか触れたいと思っていたことは根本的な間違いであり、それを実現させたかったら

先にキスという段階をクリアしておかなければならなかったのだ。キスとは、胸を見るための必要条件である

もちろんキスをしても胸を見るところまで到達できない場合もあるだろう。しかし、キスをしないで胸を見るなんてことはどう考えても変だ。

まり自分は、「胸を見るためには先にキスをしなければならない」という恋愛の発達段階の重要法則をそのとき発見したのだ。

ストレートに胸に到達しようと思っていた自分が間違っていたのだった。

乳首を舐めたかっらたまず相手の唇を舐めろ!」

ぼくはその真理をここに理解したのだった。

しかし、破局は突然にやってきた。

Mが教会に通い始めたからだ。

学生のぼくたちがデートできるのは日曜日に限られていた。

その二人のための貴重な日曜日を、Mはこともあろうに私ではなく神に捧げてしまったのだ。

ぼくは一度Mにくっついて教会に一緒に行ったことがある。Mのスクーターの後を、ぼくは実家にあったヤマハパッソルで追走した。

当時はまだ原付ヘルメット着用の義務はなかった。そうして教会に出かけたのも一度きりだ。

ぼくにはきみの胸を見たいという願望があったが、教会聖書を見たいとは思わなかった。

僕に必要なのは聖ではなくて性であり、聖書ではなくて早くぼくを童貞から卒業させてくれる性書こそがぼくにとって必要書物であった。

「汝、姦淫するなかれ」という神の教えは、その反動でぼくの心をますます君の乳房への思いでいっぱいにした。

ぼくは教会についていくのを止め、ぼくたちの仲は自然消滅した。

ぼくがMと最後に会ったのはぼくが大学卒業した春だ。

そのとききみはブラウスボタンを二つもはずしていたから、ぼくは思わず「うっひょ~」と心の中で叫んだ。

そのとき、きみのオッパイはぼくの心の中で永遠憧憬になった。あれから34年経つけど、今でも君の胸は成長を続けているのかい

2017-01-15

ミソジニーミサンドリーって自慢だよね…異性嫌いなほ人間関係

困ってない

自分は対人恐怖症で回避パーソナリティ障碍

家族以外は同性の知人も異性の知人も一人もいない

当然ながら同性と異性を比較しようがない

同性と比較して異性を嫌いになれるくらいの人達コミュ力があって知人が多いんだろうな…文化資本社会関係資本みたいのがあるというか

ミソジニストミサンドリスト社会的強者だと思う

本当に羨ましい

普通弱者なら家庭環境や対人関係で悩むのに ミソジニストミサンドリスト性別比較できるくらい人間関係作れるんだもんなあ…強者以外の何者でもないよ

「異性を嫌いになれる程度には人間関係作れますけど何か?」みたいな自慢と嫌味と余裕を感じる

男女対立を楽しんでる連中も社会的強者なんだろうなあ

普通弱者なら同性内にも貧富や身体能力格差も感じる

それを感じずに男女対立を楽しんでいるってことは社会的強者ってことだ

「ま~ん」「ジャップオス」なんて言葉強者しか使わないし強者の余裕っていうものだよ

あーあ 社会的強者が羨ましいなあ

自分も異性を嫌いになれる程度に人間関係を作れるくらいのコミュ力が欲しかった

同性異性関係なく他人が怖くて仕方ない

2016-12-13

奥さんがスマホソシャゲに夢中なんだけどどうしたらいいかな。

いや課金とかは自分の小遣いの範囲でやってるし、専業主婦じゃないんで家事がおろそかになってるってわけでもない(仕事中については知らない)。

でもあれなんだよ、仲良くしたいじゃん。二人きり(子供いねーんで基本家では二人きりなんだが)の時はオレを見て欲しいじゃん?

あんまりベッタベタでも困るけど、オレがメシ食ってようがテレビ見てようが寝てようがそのゲーム絡みのことしてる。

いや別に常に必ずってわけではないんだ、ある程度会話もあるし、蛇蝎のように嫌われてるとか、無視されてるとかじゃないんだよ。

じゃないし、オレはオレでソシャゲもやればツイッターとか増田とかに貼り付いたりもするし、お互い様のところはあるんだけど。

なんつうか、小町とか鬼女みたいなほどの案件じゃなくて、ちょっとオレが不快and不満なだけなんだけど。

なんだけど、結構オレの感覚からしたら入れ込みすぎって感じるんで、ん~~~~????ってなる。

このモヤモヤどうすれば。

2016-10-20

元に戻ってしまった

今朝、起きて鏡を見たら、目の周りが青く腫れて、ほうれい線がくっきり、顔が丸く、疲れた顔の中年のおばさんがいた。

41歳の私。

ほんの1週間ほど前は

目の周りは腫れておらず、ほうれい線も薄く、顔もしゅっとしていて、疲れた表情はなかった。

体重も、今より3キロは痩せていた。

たった1週間でここまで人間って変われるものなんだな。

ここまで変わってしまったのは、夫のDVが原因です。


全身あざだらけになり、肋骨が3本折れるまで殴られて精神をやられ休む暇も考える暇もなく

ただひたすら子どもたちや今後についてあちこち奔走し

それでも食欲だけは失ったら最後だと思い、半ば自暴自棄で食べまくっていた

その結果がこれです。

毎日ランニングしていたけど

DVで歩くのもやっと、骨折もしてるから、走るのはおろかワークアウトもできず身体は衰える一方。




……と、昨日までは自分自分で同情し、仕方がないよ、今はしょうがないと言い聞かせたのですが

それすら馬鹿らしくなりました。




諦めたのではないのです。

逆です、完全に逆。


今の環境自分に負けたくない。

DVに負けない。(あ、もう次やられたら死んでしまうので法的処置を進めている最中です)

人のせいにしない。

1週間で変わったものなら1週間で取り戻せるはず。


鏡を見た時は

本来の、ポジティブな私と対峙した瞬間でした。


ダイエットを開始したのが今年の2月。

成功して、キープして、ランという新しい趣味も見つけ

とにかく充実していた日々から一転

また、どこにでもいるような、いや、もっと、見た目も心もだらしないこきたないおばさんに戻ってしまった。

悔しい。

悔しすぎる。


今日、鏡の自分をじっくり見た。

薄っぺらだった身体は、厚みを取り戻し、青あざだらけ。

細かった足も、割れた腹筋も、どこかにいってしまった。

見た目では、きっと私以外の人はわからない程度の変化だけど

この、元に戻った身体がとにかく嫌だ。




変わります

というか、また元に戻します。

1週間で。

決めました。







くしゃみをしたら、折れた肋骨がほんとうに痛くて泣ける。

人生初の骨折がDVって、笑えないなほんと。

2016-10-03

ブログ運営報告って需要あるのか?

今月は何万PVいくら儲かった、みたいな。

どちらかというとこんだけやっても全然からない、みたいなほうがリアルだと思うし見てみたいんだが

そういうことを実際に書いても表に出てこないから儲からないブログなのだろうか。

2016-07-12

つれぇ

元カノ結婚してた

正確にはTwitterハネムーン帰国報告してた

結婚してた

まぁわかっちゃいたけどさ

未練がないかと言えば嘘になるけど3年も経って未だに凹むって女々しいなほんと

笑い飛ばしてくれる友達もいないし、限界

オレは肉親、友人、恋人、全てを失った状態

どうやって乗り越えてるんだこれ・・

今誰もいない、仕事のつながりの人間しかいない

詰んだ

2016-07-10

いざ選挙

たった一票で何が変わる?

自分の一票が日本を変える?


そう思いつつ、どこに入れようか、誰に入れようか、つらつら考えてみる。

アベノミクスはどうだろう、消費税はどうだろう、財政は、福祉は、憲法は、、、あれこれ考えてみる。

たかが一票で。ちょっと滑稽にも思えるけれども、投票所の前に掲示されているポスターの顔を眺めて、この男性ステキだとかこの女性はあの子に似てるとか、そんな理由で選ぶよりはずっといい。

いやむしろ投票価値は、考える時間にこそあるのではないか

日本を変えるかはわからない。でもたった一票のために費やす釣りいなほど濃密な時間は、すくなくとも自分を変えてくれる。この国を形づくる一員としての自分を、磨き上げてくれる。

政党候補者の主張を見比べながらそんなことを思った。


さあ、いざ選挙だ。

2016-07-09

世界転生して凄く強い英雄になってモテモテならまだ筋が通っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160708004344

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」みたいなコミュ障ぼっちのままクラス問題を影ながら解決して

限られた理解者とは言え周囲からマンセーされて美少女二人からモテモテみたいなほうが個人的にはずっと気持ち悪い。

自分自身コミュ障ぼっちのままで成長せずしかし周りから認められたいっていう願望ダダ漏れじゃん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん