「長野まゆみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長野まゆみとは

2019-02-02

anond:20190201211020

コバルト文庫蜃気楼

面白かったよね、蜃気楼的なのもそうでないのも。今のラノベというとハーレムものイメージがある(私が今持っている・またはそういう文脈で使うことが多い)けど、私にとってラノベコバルトとかホワイトハートとかだった。女の子向けエロ。母に「こんなマンガみたいな本!」と全部まとめて捨てられてた本。中学生ながらこっそり作家サイン会に行って、サインしてもらった本も含まれてたんだけどな……所詮子供大事にしたい気持ちなんか大人には関係ない。捨てさせられながら呆然ライトノベルとそうじゃない本の線引きを理解した気がした。……いや待て、なら長野まゆみやら宮部みゆきやらはなんなんだ。あと小野不由美。というか母としては表紙がマンガ絵だからアウト判定してただけで中身がマンガみたいだったかうから知らないと思う。であれば十二国記はセーフなはず……ってコバルト関係なかった。

閑話休題

引き込まれるとか読みやすいとか、文章が上手いのは圧倒的にコバルト文庫だった。他の文庫や、テキストサイトを巡ってきても、やっぱり安定して面白安心感ある文章なのはコバルトだった。オーラバとか『作家人間性がー』みたいな話を同人誌だかペーパーだかで読みつつ、でも話は面白いか作家の別作品も追ったりしてた。音楽のやつが好き。ちょーシリーズもとても好きだった。ちょーも好きなんだけど、なんだっけ、黒魔法も白魔法も「魔法善悪はない」ってずっと言ってたのは。コバルト文庫の何かだっけ? ……ちょーシリーズの子世代編の気もしてきた。あれはとても私の価値観に影響した。魔法じゃなくても、道具そのもの善悪はない。うん。あの人の、全体的にしっかり考えてるのにあっけらかんとした口調で気楽に読ませてしまうの本当にすごいと思うんだ。好き。あ、マリ見ては嗜む程度、多分1冊もちゃんと読んだ(借りた)ことないと思う。アニメイト方向から知識だけで構築されてる気がする。姉妹と書いてスールと読むんだよね。あと破妖? 途中から読めなくなってしまったけど。

ああでも、こんな懐古に浸って、あの頃読んでた何も今読んでない。新しいシリーズなら尚更。コバルト文庫コミュニティで読んでいた。布教文化というか、教え教えられ前提で読んでいた。くるりんFAXで盛り上がったりとか。高校卒業してから面白い本をその場で貸して翌日返ってくるなどというやりとりはなくなったし、自分の気になるものしか読まないから自ら新シリーズ開拓とかしなくなった。友達に勧められないとマンガしか読まない人間だったんだ、私は。今コバルト文庫を読んでない。かなり長い間読んでない。読みたいな。読もう。

ちょっと賑やかしに参加してこようと思います

2018-10-12

個人的感覚

さっきモーニング漫画賞で奨励賞とった作品を読んだんだけど

人類自然繁殖できなくなって卵を産むようになって

でも卵食べちゃうから滅びてしまった世界

生き残りが大自然の中にぽつんとあるドーム暮らしてる

少年が卵を産む

っていう

これでもか!!!ってくらいの長野まゆみテイスト作品だった

この作品には何の罪もない

素敵な世界観だと思った

 

自分個人的感覚なんだけど

こういう世界感といったら〇〇先生、みたいな認識があるせいか

〇〇先生っぽい作品、を見るとちょっと変な気持ちになる

嫌というか、自分でもよくわからないのだけど……多分あまり良くは思ってない感覚

でもそんなの自分心の問題だということはよ~~~くわかってる

から気持ち悪さを自分の中でぐるぐるさせる

たまにこういうことがあるんだ

なおしたいな

2018-05-18

anond:20180518034534

『霊応ゲーム』ハヤカワ 著・パトリックレドモンド

悪童日記』ハヤカワ  著・アゴクリストフ

『夏帽子』河出書房   著・長野まゆみ

 

真ん中は有名だから読んだことあるかも

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん