2020年07月30日の日記

2020-07-30

anond:20200730233732

まぁカラオケ界隈は息が長いというか、おっさん臭いというか、懐古的というか、そんな感じだからなぁ。

まぁでも、「甲賀忍法帖」以外には「God Knows...」が思い浮かぶけど、こっちも10年以上前だし完全にメタルって感じでもないしなぁ。

もう寝る時間なのにうさぎ駄々をこねて自分小屋に入ってくれない

土日がうれしくない

連休がうれしくない。

仕事もしたくないけど休みもうれしくない。

休んでもダラダラするだけですることないしな。

どうしたもんか。

暇だから増田にちなんだゲームでも何か作ろうかと思って

🐉を飼育して💩を肥料として農家に出荷して億万長者を目指すゲームとかどうかなと思ったけど

良質な💩を生産するために🐉を鍛えようとかそういう方向になっていくと

ただの育成RPGなっちゃいそうなんだよな

独自性を出そうとするとゲーム企画って難しいね

持続化給付金

副業禁止されてない会社から個人事業やってたんだ。持続化給付金100万が入ってた。誰にも言えないけど、やったぜ!

もう寝なさい

俺は寝ないけどな

転職ババ抜き

20代前半女。大卒ベンチャーに勤めて今まで部長サポートをがんばるやり手秘書ポジションに甘んじていたらいきなり今月から部長になってしまった。

転職ってババ抜きみたいなもんだと思うんだよね。国立文系卒のわたしには手に職がない。わたしiPad適当に書いたラフ画を後輩に見せて「お客さんにこんな資料作ったらいいと思うんだよね!でもイラレとインデザどっちで作った方が楽かな?」と相談したら「どのみち俺らが作るんで増田さんは手動かす必要ないですよ!」

って年上の後輩に言われて。後輩たちはわたしがいじるくらいしかできないイラレやらフォトショやらなんでもすぐマスターしてすごいと思うけど、こうやって手を動かす仕事しかできないと思うと残念に思う。逆に言えばわたし役職こそあるけど、たまたま今の会社において人に指示することしかできない。実務で誇れることなんて特にない。

わたしはどこに行っても輝ける、認めてもらえる、つぶしのきくという人材では決してないから、次のカードを引いてババだったら嫌だなぁと思う。働き方改革とか生きがいとかいいつつなんだかんだみんな輝ける場所を見つけることがミッションで、手放したらもったいないからね。今のいきなり部長にされて苦しんでるポジションも逃げたくなるけど、逃げなかったらもっといろんなことが見えると思うからがんばろうかな。

anond:20200730194755

ブコメにもあるけど、この作品で一番の邪悪彼氏だと思う。女を一人前の人間として見ていないミソジ。

anond:20200730233245

ワイはだいがくいちねんせいのとき中国語とったんやぞ!5単位も!

天は二物を与える

上位20%の男に女は集まる。

上位数%の富裕層に富は集まる。

有能な人間には仕事オファーが集まる。

天は二物を与える

anond:20200730153505

コロナで道端で急死する映像あったけどあんな感じだよ

普通ってなんなんだろうな

僕は恵まれている

年収が800万~900万代のいわゆる中流家庭(異論はあるとは思うが)に生まれ、兄は中高一貫校男子校から慶應大学に進み僕は同じく中高一貫校男子校から早稲田大学に通わせてもらっている(親は老後の蓄えなどないという)

これまでの21年間で特に経済的に困窮した覚えはない(すべて親のお陰である

かに厳しい部分もあったがそれもすべて僕らを思ってのことであろう(いまだにここでは書き表せない罵詈雑言暴力存在するが)

僕にとっての一般家庭というもの他人がどうであろうと僕の家族のものなのだ

朝起きれば朝ごはんは用意されていて夜帰れば夜ご飯存在し、自分の服は洗濯物おきばに置いておけば洗われ、自分の布団までも1週間に一度は綺麗になっている

きっと僕は恵まれているのだろう Twitterでは「私はこんな家庭で育った」や「親の思惑等に振り回される人生」などの悲痛な叫び毎日のように叫ばれている 僕には全く想像もつかない家庭の在り方だ

また、最近ではこのようなインターネットという環境のお陰か、「普通」という言葉にもピンキリであることが常識になっている 私の「普通」はあなたの「普通」ではないのだ

上記の通りの僕の「普通」とあなたの「普通」は違うことは重々承知しているつもりだ しかし近年インターネット特にTwitterを見ていてわからないことがある

この自分の「普通」が他人とは違うものだということを理解しているのか理解せずしてなのか、他人の「普通」を自分の「普通」と比べて口を出し、あげく激高する人々の存在

僕は若干21歳になったばかりだがこのような人々は昔から存在したのだろうか?それともSNSの発展に伴い可視化されるようになっただけなのか?

他人の「普通」に気軽にずけずけと土足で、また事情など何も考えず”評論”や”批判”する者のなんと多いことか 前提が違えば「常識」も違うというのに(このような僕の普通他人にとっては普通ではないのかもしれないことは十分留意すべき点ではある)

ちなみに僕の「普通」は、JOJOは当然、7部まで読み終わっており、AKIRA攻殻機動隊銃夢を知らなきゃ話にならなく、バキやゴルゴ13エヴァハイスコアガールその他多くの漫画作品を広く深くさらっていることだ(アニメはあまり得意ではない)

こう見ると漫画ばかり読んでいるように聞こえるが勿論、一般書や哲学書新書等、自分の興味ある分野の本はこれまでも多く読んできた自負はある(昔から兄の影響が強いことはわかっている)

少し、本や漫画といった文化的素養に話が偏ってしまったが、僕の「普通」が他人のそれと全く違うことが当然、わかっているし理解している(その「普通」を理解できるかどうかは別であるが)

7/30現在、TLには「普通」の恋愛をしたいという女性エッセイ漫画話題になっている これは30代の女性が「普通」に恋愛したいのに諸々の事情理由をつけたりプライドイデオロギー邪魔して恋愛ができないというもの

なんと馬鹿らしい

他人他人なのである

なぜそこを割り切れないのか

所詮理解しようとしても無駄なのである

たとえ似通っていた部分があったとしてもそれは偶然に過ぎない なんと愚かなことか(僕はこんな期待を他人にすることはないなぜなら”理解”しているから)

こんな感じで物申してるのもダサいように感じられるが匿名であっても自己主張というかなにかしらの考えを発信をしてみたいと思い立ったことが初めてなので許してほしい

自分を棚にあげて他人を”評価”という名のもとに批判することのいかに楽しく簡単なことか(今現在僕がしていることは目をつぶってほしい)

自分かいたことと矛盾するかもしれないが、ただ他人自分が違うことを理解できない人がいることに理解ができないのである 僕は

7/30 23:45 自室にて (結構酔ってる)

マスクするのに化粧する意味

私が仕事をしていたらマスクでも化粧するし

友達に会おうと言われたら化粧をするのだが

仕事してないし誰にもさそわれないか

化粧をする機会がなくなった

とあるトークイベントに参加しようと思ってて「久しぶりにメイクするかー」って思ったけど、「でもマスクするんだからメイクしても意味なくない?メイクしてマスクしたら色々と面倒くさいことになる」とすっぴんで行こうと思い直した…

化粧品、たくさん持ってたけど消耗品から母親のところに送りつけた。母親仕事毎日メイクしているらしい。

私がメイクするとき化粧品を色々と買い直さないといけない。だからなおさら腰が重い

おしゃれがしたくてネックレスイヤリング指輪をたくさん買ったのにまだ一度も使ってない

新しい服もまだ一度も着れてない

たとえマスクしていても、プライベートマスクをしてお洒落な格好をしている女性はたくさんいる。私もそっち側の方が素敵と思いつつも楽な方を選んでしまう。

メイクの仕方を忘れてしまうからコンビニ行くためにメイクしました」なんて女性もいるけれど、私なんてすっぴんパジャマコンビニ行ってしま

コロナによっておしゃれをする気持ちも奪われてしまったのか

メイクするときのわくわくするあの気持ちが失われてしまったのか

でも、今のすっぴん生活はとっても楽だし肌も負担がかからいからピチピチしている。

マスクせずにメイクがしたい

マスクしないといけないの嫌だ

イベント関係は必ずマスク着用しなければならないので、せっかくイベントのために外出しても、やっぱりすっぴんになる。

友達に誘われたらメイク用品買うけど消耗品からすっぴんでいるときものすごく長いんだからまた無駄になるかもしれなくて

コロナ収束してから会いたいなと思う。そしたらいつになるんだ?

コロナのせいで生活の彩りを奪われてるな…

おうち時間が増えてるからそっちを充実させるしかないんだけど

anond:20200730232046

OPじゃないけどアイカツでそんな感じのがあったな

国民年金の追納

するか悩む。

学生納付特例の追納の期限が近いのだが、そもそも年金もらえるのかも怪しいしな…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん