「旧態依然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 旧態依然とは

2022-06-25

anond:20220625144558

結婚相談所業界ってシステム旧態依然としていて、

「初回のお見合いでは必ず男性側が奢るルール(どっちが出すでグダグダやらないようにだろうけど)」とか

お見合い成立後の最初の連絡は男性から」とかみたいに、未だに男性リードする恋愛観ばかり押してくるんよね。

言わずもがな交際中やプロポーズも。

2022-06-12

BL/百合漫画こそ規制しろ

敵は内部にあり、とはよくいったもので。

一般的漫画よりも、むしろ一部のBL/百合漫画差別を大きくしている気がします。


男の子/女の子同士でなんて、おかしいよね……」というLGBT葛藤のある漫画

あるいは、生まれつきLGBTでない主人公登場人物が同性相手に恋心を抱きかけ「いやいや、まさか……」と誤魔化す漫画

そういったある種の『葛藤』が登場する漫画は、正直な話規制して然るべきだと思います


この様な葛藤表現は、平成初期から現在に至るまで、定型的な文脈として漫画中に用いられてきました。

割合として見れば昨今は減少傾向にありますが、母数を考えれば絶対数は増加しているはずです。

からこそ、性に寛容な現代においては一考の上で、規制されるべきだと考えております


いささか短絡的ではありますが、この様な葛藤を描くことは現状の自由恋愛制度/LGBT権利獲得への妨害に他なりません。

こういった漫画存在は、LGBTの方の「自分たち性癖矯正されないものである」という抑圧を強化し。

一方で、一般人には「異性愛こそがやっぱり正しい」「ホモ/レズおかしものだ」という深層心理の植え付けを発生させます

その様な状態が続いては、現代社会においての『平等』なぞ約束されるはずがないのです。


『こういった葛藤こそが百合BL醍醐味』『一種伝統芸』という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そういった旧態依然伝統などは周囲の風潮に従って変容するものであります

特に今回の様な、人々の思考根底に影響を与えるものならばより早期に解決せざるを得ません。

どうせ後々受け入れられなくなる/風当たりがきつくなることのならば、早めに摘み取ったところで何ら問題はありません。


決して過去作品群に文句を言うわけではありません。

しかしそういった葛藤の入った作品分別が付くまでゾーニング/年齢による閲覧制限をした方が良いでしょう。

また私の意見は全ての百合/BL漫画規制するものではないことも明記しておきます

多くのBL漫画/百合漫画葛藤が無くても良いものが描けていますし、あるいは既にLGBTが受け入れられ/一般化した状態で話が進むものもあります

そういった作品たちは今後については推奨……こそできませんが、発展していくべきだと思います


時代の奔流に合わせた進化規制による淘汰を、私は求めています

以上、長文失礼いたしました。

2022-05-31

anond:20220531125240

いや逆にテレビ見てるか?

せいぜい「岸田総理が○○した」、ばかりだぞ。

自民党が素晴らしいとかとか言ってるやつ居ない。

支持率比率として考えたら、「立憲民主党党首が○○した」「自民の○○を厳しく批判した」なんてむしろ多いぐらいだ。

 

かに別にフェミから表現規制から自覚的に反立民になった人は少ないだろうが

でも俺は、やはり、フェミ表現規制代表される、立民の姿勢支持率低下につながってると思うね。

旧態依然としたリベラル基調にある感じというか。

リベラルしか見ずに国民を見てないというか。

テレビが立民の言い分をちゃんとある程度報道することで、むしろ支持が離れていってる現実があるよ。

2022-05-06

在宅勤務のザイは『罪』なのか

上層部が今年の始めぐらいか

「在宅勤務のザイは『罪』です。」

「その辺りを深く自覚して『ザイ』宅勤務に励むよーに」

的な事を繰り返し繰り返し言い続けたり、メーリングリストでも回してるせいで

優秀な人材や若手からどんどん退職していっている。


現場を見ている管理職(課長部長クラス)はまともな人の方が全然多いし、社長リモートワーク含めた

新しい働き方をバリバリ推薦派なんだけど、三代目の社長と先代(下手したら先々代)とも付き合いが深い上層部

対立しているし上層部権限を手放さないので、こういった上の判断無視する動きをする上司達を制止出来ない状態


昨年も、まんぼうが開けた瞬間に「リモートワーク解除しまーす、全社員出社再開しまーす」をやり

社長もその時は体調不良で長期入院中だったので誰も止められる人間がおらず、リモートワーク前提で遠距離

家を買っていた人達(希望者は今後も在宅勤務が可能という事になっていた)が、これは駄目だと年末までに全員退職した。

そりゃ毎日2時間以上の通勤新幹線出勤を強いられるのだから無理だろうなって皆話していた。

交通費も狙った様に上限○円までしかさない様になっていたから、実質超遠距離通勤不可能だったし。


社長が復帰してさすがにその辺りは〆られたっぽいんだけど、今でも「指導、訓示、通達」の名目

罪宅勤務がどうこうを言っているから、他に行ける人達がどんどん退職転職していっている。

上層部は『コロナ禍で社員同士の結束が弱まっているのが原因』だとして、月2回の飲み会を開催しようとして

社長にチクられ全体会議で直接正論で〆られて断念してたけど、そういった取り組みは手を変え品を替えてやってくる。

チームMTや面談理由に、「定時後」に自社に出勤してやるとか……


旧態依然会社とか、業種的にリモートワークが難しい会社ならまだ分かるんだけど、生憎と弊社はIT系企業

派遣もやってるけどメインは自社開発や受注開発。

ぶっちゃけ大半の社員がフルリモート出来る状態だし、事務とか営業も一時はフルリモートで、現在もやろうと思えば

月1出社とか週一出社、あるいは都度出社で対応出来るらしい。

上の意向でそれらの社員は全員フル出社だし、開発サイドも色々理由つけられて全然在宅勤務出来てないけど。


自分は年齢もいってるしスキルも大して高く無いか転職も難しいし、下手に転職するぐらいならフリーランスになった方が良いけど

自分原因で二の足踏んでいる状態、夫や子は賛成してくれているけど、やはり社会的立場を考えると苦慮してしまう。

自分みたいな社員いるから、こんな馬鹿上層部支配している会社でも存続できちゃうんだなって思う。

若手や転職していく人達が正直妬ましい……

2022-04-14

変化に対応できない人たち

レコードからCDへ、さらには配信形態が変わるたびに

何とか今の旧態依然の現状を肯定するメリットを出そうとするけど

自分がとどまるのはともかく、周りの変化は止められないよ?


配信以外にも、電子書籍しかり、完全無線ヘッドフォンしか

問題は移行を妨げようとする行動


サンプル)

> 改訂した時、電子書籍自動で最新版ダウンロードされてしまうので、改訂のものが二度と参照できなくなるのが問題

必要があるから改訂してんのよ、改訂前が読みたいのは読者の勝手理屈問題になんかならない。

そんなことより新装版とか電書でも出てるけどどんな整理?

2022-04-08

anond:20220408113630

違うと思う

彼女はいわゆる「女の幸せ」みたいなもの自分容姿性格もろもろの理由から自分は手に出来ないとわかってしまったの

その悔しさや悲しさを直視せず、「女の幸せ」が旧態依然として間違った悪しきものである、とすることで恋愛結婚出産等全てを批判することで自己バランス取ってる人沢山いると思うよ

ちょっとフェミとはズレたけど、Twitterみてるとこの手の女ウジャウジャいる、なんだかんだいって「寂しい」が一番の行動原理

2022-04-05

やっぱお役所仕事ってクソだわ

役所に出す書類和暦ありきなのがめんどくさい。せめて和暦西暦選べるようにしてくれ

和暦なくなれと思うほど過激派じゃないけど和暦しか対応してませんっていう極度の和暦優遇みたいなのには旧態依然お役所仕事を感じた

2022-03-28

anond:20220328214952

その産み落とされた障害児とやらが長じて、マーベル母親もろとも俳優として採用され、父親復讐する形でポリコレ映画新作の主演を張る未来を期待したい。

旧態依然とした日本映画界なら期待できる余地はないが、アメリカではその手のIFが急に現実として来ることもあるから面白い

2022-03-25

最近読んだBLと非BLとがんばって読んだ耽美

海辺エトランゼ』(紀伊カンナ

あらすじ

 小説家志望の駿は、沖縄離島で親戚のおばさんの営む宿に間借りして住み三年になる。彼は、毎日独りで海を見つめている男子高校生が気になって仕方がない。男子高校生の実央(みお)は孤児で、いまはよその家に世話になっているというが、その家には帰りたくなくて海を眺めて時間を潰しているらしい。

 駿は実央に一目で惹かれてしまったのだが、実央は駿が自分憐れみの目でみないところに惹かれていた。

 だが、実央は本島の施設に移り、そのままほぼ音信が途絶えてしまった。ところが三年後、大人になった実央は駿のもとに帰ってきたのだった。

増田感想

 以前、続編の『春風のエトランゼ』を前提がよくわからないままなんのこっちゃと思いつつ読んだけど、こういう話だったのか。なるほどねー。

 『春風の―』を読んだ時にも思ったが実央が攻めで駿が受けなのが意外だ。でも、商業BLでは年下攻めというのは案外多いらしい。攻めが未成年場合はとくに。

 絵が隅々まで綺麗でいいけど、絵に誤魔化されている感があるというか、素敵なシーンばかり見せられている感があるというか。ゲイの苦悩葛藤がなんか取って着けたように見えて仕方がない……。実央の「ノンケだけど駿のこと好きになっちゃったから大丈夫!」っていう能天気さが、ファンタスティック過ぎて私は着いていけないのかもしれない。

 それに、北海道出身という設定の駿が家の為にゴリゴリに古風な祝言上げるところだったとか、元婚約者桜子さんの大正浪漫昭和レトロ中間的なお嬢様ぶりなところとかなー。北海道ってそんな旧態依然としたお土地柄なの? そうとは聞いたこと全くないのだが。結婚式は会費制くらいのことしか知らんけれども(そのさばさばした印象がつよいのか)。

 個人的にはあまりハマれないなこれ。絵は綺麗でかわいいけど。(だがむしろ作者は百合の方が描きたいのでは? というくらいに脇役がめたくそ百合百合していた。メインのBLが霞むくらいに。そこもハマれない原因のひとつかもしれない)

 今ならシーモアで丸々0円で読めるよ!


『鳩の栖』(長野まゆみ

概要

 短編集。男子中学生たちを主人公にした、耽美レトロ物語。ちなみに、『紺碧』と『紺一点』は単行本『紺極まる』に続いている。

増田感想

 長野まゆみ先生持ちネタが詰まっている。水琴窟とかバードベルとか義兄に恋しちゃう義弟とか。同じネタを使って毎度似ているようで違う話を作り出すのすごい。ストーリーの内容がどうとかいうよりも、物語バリエーション文章構成の素晴しさに感動してしまった。

『栗樹ーーカスタネア』の冒頭に、

瓜はめば子等思ほゆ栗はめば況して偲はゆ

と、山上憶良長歌の出だし部分が引用されているのを見て、『左近の桜』の『瓜喰めば』の章を思い出したので、再読してみた。↓

左近の桜』(長野まゆみ)の第5章『瓜喰めば』とついでに第4章『骨箱』を再読。

左近の桜』のあらすじ。

 主人公の桜蔵(さくら)は、男と男の忍び逢う宿〈左近〉の長男高校2年生。彼はゴシックな体質を持っている。というのは、彼はこの世ならざる者を拾い、交わることで相手成仏させてしまうようなのだ。そんな彼のことを、父の柾(まさき)や〈左近〉の常連客の浜尾は〈女〉と呼んでからかう。桜蔵は年上の女ともだちがいて男には一切興味がないので、〈女〉呼ばわりは不本意だと憤るのだった。

 これは桜蔵がこの世ならざる者達に引かれ、此岸彼岸の境目を彷徨う、妖しくで耽美短編連作集。

『瓜喰めば』のあらすじ。

 夏休み、父の柾に連れられて弟の千菊(ちあき)と共に池畔の別荘地にやって来た桜蔵。父との夏休み満喫する千菊。一方、桜蔵は柾に雇われ高額のバイト代目当てに雑用をこなす

 柾と千菊が出かけている間、バンガロー掃除に勤しむ桜蔵。彼の前に不器用西瓜を売り歩く男が現れて……。

増田感想

瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ 

いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ

銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも

 山上憶良長歌とその返歌だ。

 章のタイトルにこの歌を冠した通りに、柾が息子を可愛がる話なのだが、ただし柾がかまう相手は実子の千菊ばかりだ。柾の実子ではない桜蔵は柾から息子を息子とも思わぬような扱いをされているが、桜蔵も柾とは血縁関係のないことをわきまえ雑用アルバイトに徹している。……という、そのわきまえっぷりが地の文に長々~と書かれているんだけど、これだけわきまえてますから! とばかりに書かれると、負け惜しみに読めるw 桜蔵が実際に弟にやきもちを焼いて当たったり父に文句を言うような場面は、シリーズ中に一度も出てこないのだが。

 桜蔵にとっては柾は単なる父親というよりは父性あるいは大人の男という概念が具現化したような存在であって、血の繋りがない事なんて大した問題ではないらしい。だが、血の繋りがないだけに、父性への憧れがなんかこう、恋心めいているように見える。

 この章でもまた、桜蔵はこの世ならざる者に魂を抜かれて危うく死にかけたが、彼は窮地を柾によって救われたのか、桜蔵の欲求がそんな幻覚を見せただけのかは曖昧だ。

「(死人に)喰われたくなかったら、蛙のふりでもしてろ」

 と桜蔵に言う柾。これは、

人来たら蛙となれよ冷やし瓜

 という、小林一茶俳句から引用。これを私は、さすが風流なことを言いますなぁ、くらいにしかずっと思っていなかったのだが、今回再読して思った。瓜にそんな事を言い聞かせるのって何故? →自分が食いたいからに決まってるじゃん。

誰かが来たら蛙のふりでもしてろ。あとで私が食ってやるからさ(^_-)

 え、そういう!? そういう意味だったのかぁーーー!?!?

 激しく萌え散らかした。(だが、送られた当の桜蔵がそういう意味で受け取りときめいたかキモがったか、あるいは意味わからんと首を傾げたかは謎のまま、物語は終わってしまった)

 後に、何章だったかで柾は選ぶ権利は〈男〉ではなく〈女〉にある(柾ほどの男でも〈女〉から選ばれなかったこともある)と言う場面が確かあった。選ぶ権利は〈女〉である桜蔵にあるからといって、俳句なぞ送ってアッピールしたろというのが柾の魂胆なのか、単に桜蔵をからかっただけなのかは不明だが、個人的には前者に賭けたい。

次はついでに読んだ第4章『骨箱』。

『骨箱』あらすじ。

 第3章にて謎の男の手により背中一面に蝶を転写されてしまった桜蔵だが、いまだに蝶を消すことが出来ないでいる。学期末となり秋の修学旅行費用を支払わなくてはならないので、桜蔵は背中の診察もかねて柾の診療所を訪れる。旅費を出すことを二つ返事で了承した柾が桜蔵に手渡したのは、現金ではなく〈骨箱〉という銘の徳利と手書き地図。柾は桜蔵に、〈骨箱〉を質屋〈八疋〉に売って金を工面しろと命じる。桜蔵は地図を頼りに〈八疋〉を探すが、たどり着いたのは「望月」と表札のある民家で……。

増田感想、というより反省

 この章に登場するチャラ男幽霊は桜生(さくらお)じゃないか。桜生かもしれないと思ってはいたが、かもしれないじゃなくて明らかに桜生だった。なんでそんな事も読み取れなかったの過去の私……。

 桜生とは、桜蔵の戸籍上の伯父であり、過去に柾と付き合っていた人でもある。『左近の桜』の続編『咲くや、この花 左近の桜』で初めて名前が登場する(その時は高校生時代容姿で桜蔵の目の前に現れる)。柾がちょっとひねくれた男を好んで愛人にしがちだということが他の章で書かれていたが、桜生もまたちょっと、いやかなり癖のある人物だ。後に、桜生に男を寝とられた〈女〉(生物学的には男性)が、桜生への報復として柾を寝とり返すというエピソードがあったりするくらい。

 桜生のもとへ桜蔵は柾から預かった「桜生の形見の品」を持って訪ねて行くことになったので、桜蔵は柾の差金で桜生と出会わされたと読んでもいいのだろうか。

 なんの為に桜生に会わなければならないのか? 単に修学旅行費を稼ぐためばかりじゃなくて、桜蔵の背中に転写された蝶を消してもらうためだろう。

 桜蔵が桜生のもとを訪ねたとき望月家の界隈では水神祭が催されていた。また、望月家の庭には水神井戸がある。『左近の桜』シリーズに登場する〈男〉と〈女〉が水神に関する何かだというのは『その花の名を知らず 左近の桜』で書かれていたので、水神祭の日に桜生が現れるのは偶々ではなさそう。

 ということに気づかず読み流していた私の読解力やばすぎ。もっと落ち着いて丁寧に本を読もう、と反省。これまでの人生で読んで来たその他の本も大いに誤読してたり理解してなかったりしそうだから、あとで再読してみようと思った。

 桜蔵は桜生と出会言葉を交わしてそれ以上のこともするが、桜生のほんとうの相手である柾は桜生を見ることも出来ないらしいというのが、切なくていい。

長野まゆみ偏愛耽美作品集』より『狐』(泉鏡花

概要

 浮気者若旦那とその新妻の両方を狐が美女美少年に化けてだます話。


増田感想

 泉鏡花文章って私にとっては古文範疇なのだが、古文というほどに現代語とかけ離れてはいないせいで現代語訳がないので、調べながら読むのが難しい。だからとても苦手。それで、『長野まゆみ偏愛耽美作品集』のページをめくる手は『狐』のとこで数週間止まっていたのだが、せっかく買ったものを積んでおくのもなんだから、頑張って読んださ。七ページしかなくてよかった。『海神別荘』みたいにくっそ長かったら辛かったから短くてよかった。

 ちなみに、『海神別荘』を辛い辛いおめきながら読んだのは、『シャングリラの鳥』(座裏屋蘭丸)のなかで語られるおとぎ話元ネタがそれだったから。あーなるほどと思った。

 『狐』に話を戻すけど、耽美からすごいというよりはオチ面白い話だった。




その他に『僕らの地球の歩き方』(ソライモネ)も読んだけど、これはあとで気が向いたら感想を書こう。Kindleプライム0円で読めるよ!

2022-03-20

伝統という言葉に罪はないのかも知れないけど

伝統という言葉を乱発して旧態依然を良しとして新しいこと、効率がいいこと、利便性がいいことを手抜き根性なしと言う連中は嫌だ

2022-03-10

anond:20220310162229

Windows10時代UIでの設定画面と、旧態依然とした、Windows2000時代から続く設定画面が

ごちゃ混ぜになってるのが困る。

とどのつまり、どっちの設定画面で設定したら有効になるのかみたいな・・

2022-03-04

anond:20220303221635

違う、男は稼ぎ手たるべしという旧態依然ジェンダーバイアスを捨てねばならない

家事育児重要性を認めた上で、共働きも稼ぎ手+専業主フも多様性のもと認めるべき

男性にも家事育児に専念する選択肢を認めれば、稼ぎ手たらんと望む女性にとっても選択肢が広がり益となる

性別関係なく、世帯単位で各個人特性にあわせ有価労働家事育児の分担形態を変えるのがジェンダーフリー

価値観アップデートしよう

2022-02-22

anond:20220222084920

「安寧を求める性向」は、エンジニアに不調をもたらす?

——登さんくらい常に気持ちフラットにできればいいのですが、仕事ストレスで参ってしまエンジニアも多くいます

そうですね。ストレスを感じる理由はさまざまあると思いますが、一つ例をあげるなら、仕事目的が「お金を稼ぐこと」それ自体になっている人は疲弊やすいかもしれませんね。

稼ぐことを目的としている人のゴールは、おそらくご自身の「安寧な暮らしの実現」にあるのだと思います。それがとても大事ことなのは言うまでもありませんし、否定するつもりも毛頭ありません。

一方で、私や私の周りにいる人たちは、現状の成果に満足せずに得たお金を次の進化のために再投資しようと試みる人ばかり。どちらが良いとか悪いとかではなく、価値観が違うだけのことです。

ただ、前者の「お金を儲けて安寧な暮らしがしたい」という人にとって、仕事から受ける疲労や気分の落ち込みというのは、ある種当たり前のことだとも思うんですよね。

——というと?

どこかで成長を諦め、安寧な生活を望むような性向が、かえって心身の不調やフラストレーションを生み、パフォーマンスを落とす一因になっているのではないかと思っているんです。

お金を稼ぐためだから、しょうがいか」と思ってやっていること自体が、ストレスになるのではないかと。

登 大遊さん

でも、こればっかりは人の価値観ですからね。変えようと思っても、すぐに変えられるものでもない。

どんな価値観で生きるのかを選ぶのはその人ですし、どんな人生を選んでもリスクはついて回ります

安寧な生活や休息を優先する生き方には、仕事に対するストレスやそれに付随する心身の不調などの副作用があるということに過ぎません。

ただ、一つ言えることがあります日本において、「大義を持って働く」生き方選択をした人は、これから大変有利だということです。

——どういう意味でしょう?

自分の手で未来を変えようと野心に燃える人が世界中から集まるシリコンバレーなどでは、埋もれてしまうかもしれない人であっても、日本旧態依然とした組織の中では、同じことをするだけで、比較相対的価値が高くなりますから

技術者がわざわざベンチャーを立ち上げ、投資からお金を引き出すために詭弁を弄したり、ニーズでっち上げたりしなくても、日本大企業にはストレート解決すべき課題いくらでもあります。そしてそれらの問題を、自分自身頭脳を用いて解決しようとする時は、必ず、従来とは異なる方法解決する必要があるのです。

なぜなら、まさに従来手法では解決できなかったこからその問題放置または堆積されているためです。

——その場合は、どうすればいいのでしょうか。

その問題を一旦一般化・抽象化した上で、これを解決することができるより低レイヤーフレームワークのようなものを作ってしまうことが重要です。一定の労力はかかりますが、それによって生じた汎用的成果物は、他の業務や他の組織においても普遍的価値を持つようになります

ここで重要なのは目的を「業務上の特定問題解決から昇格させ、「その特定問題本質的類似しており、かつ既存の最適な解決方法存在しない、新たな汎用的解決方法の実現」という、より価値の高い目標に設定する必要があるということです。

登 大遊さん

——目先の特定問題をその場しのぎで解決するのではなくて、普遍的価値を目指すと。

その結果、問題がうまく解決され、成果物が出たならば、サラリーマン的な自分自身個人)と自組織にとっての短期的な狭い利益だけでなく、同時に「世界における技術進歩」という長期的で大きな価値が生じます

具体例を挙げると、たとえば「UNIX」を構成する重要機能、たとえばシェルプロセス通信パイプgrepといった機能。これは電話会社であるAT&T社の特許部門における、膨大なテキストファイル全文検索するという特定業務解決しようとした同社の社員たちが、単にその社内問題解決にとどまらず、さまざまな組織目的で汎用的に利用できる仕組みを考案し、プログラミングして実装したものです。

結果として、「UNIX」は汎用的に利用される価値を有し、単に一企業業務に留まらず、全世界的に普及し現在サイバー世界の基礎となっています

このように考えれば、ICT技術者は、これまで組織内で放置または堆積されてきた多種多様課題について、目先の解決ではなく、「正しい普遍的方法解決する仕組みを作る」という気概で、真摯に向き合えば、自然に世の中に貢献できる成果ができるわけです。

2022-01-21

anond:20220121225401

最近女性から積極的に動くよう促す相談所も増えてきたけど、未だにお見合い男性がおごるもの交際男性が頑張るものプロポーズ男性がするもの、っていう旧態依然とした価値観で全体が動いている感があるな。(お見合いシステムの闇というか、全体設計をしてるIBJも何とかしろよと思うけど)

男性交際終了で傷ついてもアプローチを続けて、女性はそれほど気乗りのしない男から下手くそアプローチを受けて、みんな疲弊していくっていう。

anond:20220121231057

一応都会の人間相手お仕事のはずだし、職種的にそんなに旧態依然ものだとは思えないから余計にがっかりしたのはある。

2022-01-19

anond:20220119030319

そうやって不安気持ちがあるのになぜ結婚をもちかけないのか全く不明

旧態依然とした男女観に縛られて男からプロポーズお姫様よろしく待ってんのかね

一夫一妻の結婚制度が誰の為に存在するのか理解してないんだろうか?

彼女」なんて立場客観的・法的に見てセフレと何も変わらん

よっていくらいい男でも結婚する気が無いならセフレ扱いしてくる男でしかないし

結婚しないまま付き合い続けるってことはセフレ扱いを受け入れるってこと

まあ内縁の妻って抜け道もあるがいずれにせよだ

2022-01-18

定年は誰のため

定年制度を廃止して生涯現役社会にすれば、少子高齢化しても影響は随分緩和される、みたいな話を時々目にするけど、定年があるからこそ年寄りは慣れたやり方を無理やり変えて、ガタの来た体と頭で嫌々働く必要が無くなるし、若者にとっては「邪魔しょうがない給料泥棒老害」を堂々と会社から排除できる口実なわけで、働くのは嫌だがカネは欲しい高齢者はともかく、旧態依然の働き方で仕事邪魔になる老害が嫌いで早く死んで欲しい、さっさと消えて眼の前からいなくなって欲しいと思っている若者にとっては願ってもない制度なんだけどな。

2022-01-02

旧態にNOを言うということ

日〇会議とかその他旧態依然政治屋ジジイ共の主張って、

まったく論理的じゃない割に変に押しつけがましくてキモい

 

そういうジジイ共がこよなく愛する「コミュニケーション」って、

男尊女卑・家父長制とか、年功序列での上下関係とか、愛国教育とか)

「今の時代にそんなん頭悪いしありえんよね」って全廃止の方向で議論されがちだけど、

冷静に考えると今後どうすれば人間がうまくいくのか、今の時点では誰も分からないんだよな

 

これまで数千年のあい人間はどんな時代の一瞬を切り取っても基本の部分はずっと似たような生活してて、

ここ100年とかいう短い期間で、地球史で考えてもどの生物だってやったことない生活コミュニケーションを始めたもんだから

体の姿かたちはもちろん脳ミソだって原始的状態(それでも数千年はうまくいってた)のまま、置いてけぼりになってる

 

Zoomで会話しても全然分泌されないセロトニンが、直接会ってハグするだけで簡単に分泌されるし、

外国人LGBT障害やらのマイノリティ自分迷惑になってなくても本能的に忌避する人間が多いし、

更に積極的排除して集団との連帯感とか他害の快感享受したりする

 

「他の個体とこういうコミュニケーション異端排除とか)すると生存に有利だから、実行したら快感物質あげちゃう」って仕組みを肉体は用意しているのに、

そのコミュニケーションが軒並み使われなくなっている

 

いま世界的にみんなでやっつけようとしている非合理的な旧態は、

ポリコレに一切興味を持たない昔の人が数千年暮らした結果自然にできあがった「合理的な」もの

 

何が言いたいかというと、

旧態を捨てるっていうと、「個人意識と行動を変える」「ポリコレ違反ジジイtwitterとかで燃やして冷笑する」で済むと思いがちだけど、

ちゃん認識インストール済みの人であっても、これまでの本能に頭ではもちろん肉体でも反抗しなきゃな場面が少なからず出てくるので、

意外と手ごわい敵として見たほうがいい気がする

 

おわり

2021-12-18

anond:20211218105606

俺もイライラしたわ

なんか「旧態依然日本企業に巣食う、世の中のニーズ無視して自分の勘で企画して部下を奔走させる老害上司」的なものを思い浮かべちゃった

コロナ予算イカオブジェ作った自治体ニュースを見たとき

「こんな無能年功序列でそれなりの地位を得て日本支配している、マジで終わりだろ」

みたいな感覚を思い出したね

あと関係ないけどおっさんyoutuber始めたりすると「見てて痛々しい」「カメラ代の無駄」とかボロクソ言うくせになんでこれは絶賛されてるんだろう、不思議

2021-12-14

なぜ校則は変わらないのか。その一考察

https://anond.hatelabo.jp/20211213182433

上の記事を読んだので、書いてみることにした。

身バレしても困るし(しないだろうけど)、当方アメリカ日本それぞれの教育機関でそれなりの経験ありとする。

現在日本とある高校先生

こういうことを書くと出羽守みたいになるから普段はできるだけしないようにしているけど、はてな村の皆様の意見をもう少し聞いてみたいと純粋に思ったので書くことにしました。

以下前提として、アメリカ学校の様子しか知らないので、全てアメリカとだけの比較で語っています

日本学校校則も含めて、アメリカと比べると軍隊みたいだし、北朝鮮であると私も思います。もちろんアメリカ学校も様々ですが。

じゃあ私が今日本の学校先生側にいて、校則をどんどんなくそうと声を上げているかというと、上げていません。

なぜかというと、アメリカ学校のことを思い出すからです。

私がいた、あるいは見聞きしたアメリカ学校には校則はだいたいありませんでした。私学だと制服があるところもありますが、ごく少数派ではないでしょうか。

高校などでは、ドラッグや銃、刃物といった犯罪のものはもちろん禁止で、あとはギャングにまつわるものギャング連想させるようなファッション等は禁止といった程度でした。

服はもちろん自由だし、髪をそめてもよく、ピアスも舌ピや鼻ピも全然オッケーで、タトゥー全然ありました。というか、例えばオセアニア地域ルーツを持つ生徒だと、タトゥーを入れるのが文化であるので、普通に入れていますディズニーモアナ登場人物を思い浮かべてもらえればだいたいあの感じです。

多様さを尊重するのがポリティカリーコレクトですから、そのような生徒のタトゥー指導するなんて言語道断です。文化尊重するのが当然です。

髪をレインボーに染めている生徒もいます。これはLGBTQ+を背景とした場合も多いので、当然尊重します。

これらの生徒の容姿指導するなんてことは、許されるでしょうか?

許されないでしょう。

日本にこうした生徒がいても、尊重されるべきだと思います

しかし、ここからです。

こうした生徒は、日本社会において果たしてどれくらい許容されるでしょうか。

駅や、公園や、ファミレスや、分かりませんがそのへんのいろんなところに、タトゥーを入れた生徒や髪をいろんな色に染めた生徒や、ピアスをした生徒やいろんなファッションをした生徒が中高生として歩いているときに、どれくらい日本の今の社会はそれに耐えられるでしょうか。

私はかなり疑問です。

もちろん、上記のような生徒のバックグラウンドがわかる場合には、ちゃんと許容できる人も多いと思います。たとえば、ああ、この生徒はオセアニアバックグラウンドがあるからあのタトゥーをいれているんだな、ちゃんとしたルーツに基づいたものなんだな、とか、この子はおそらく性的マイノリティからこういうスタイルなんだ、とちゃんとわかれば、許容できる人も多いでしょう。

しかし、生徒は本当に多様です。そのように、「ちゃんと」わかるような子だけではありません。また、ぱっとみで「ちゃんと」しているように見える子だけではありません。どこまでが、たとえば「ちゃんと」オセアニアバックグラウンドを持っていると判断できるのか、どこまでが、たとえば「ちゃんと」性的マイノリティ当事者であるといえるのか、そんなクリアな線引きは存在しません。

君のバックグラウンドは「ちゃんと」したものから、君にはそのスタイルを認めよう、しかし君のバックグラウンドはそれ「ちゃんと」したものじゃないよそれ、自称だろそれ、そんな物言いが許されるでしょうか? 許されるわけがありません。

いや、そんな0か100かの子供じみた極論ではなくて、ケースバイケースで丁寧にやっていけばいいんだという意見もあるかもしれません。しかしそれこそが理想論です。

なぜなら、こっちの生徒は「正統な」理由を持っているのでかくかくしかじかの身なりを認めて、こっちの生徒の理由は「正統」ではないのでその身なりは認めない、こんなことを1から100まで全部やっていられるはずがないのです。そんなことは理路をきちんと通そうと思えば無理です。

いや、実際校則がなくうまくいっている学校日本にあるじゃないか、という意見もあるかもしれません。しかしよく見てください。全てとは言いません。しかしその多くは、本当に多くは、いわゆる賢い学校なのです。地域でも、あの学校進学校で難しくてすごい子が集まっている、と認識されている学校ほとんどです。だからほとんどの場合、そうした学校の生徒は一線を踏み外すことはありません。地域の人たちから眉をひそめられて、学校を十把一絡げにあの高校は厄介でひどいやつらだと後ろ指さされるほど集団で間違ったことはしません。たとえびっくりするようなファッションをしていても、でもあの子は賢いんだよねと地域の人も思うし、実際その期待を大きくは裏切らない行動の範囲にとどまるものなのです。

校則がなくてうまくいっている学校というのは、校則がなくても「ちゃんと」した行動ができる生徒たちがいる学校なのです。

私も日本先生をしていますから、なぜこれがだめなんですかと生徒から聞かれることがあります。あるいは直接そういうふうに聞かれなくても、なぜなのかとお互い思いながら生徒指導をしているなと感じる場面はあります。はっきりとブラック校則とまではいえなくても、これはまあ理詰めで生徒から聞かれたら最終的にはなぜダメなのか答えるのは苦しいよなぁと思うことは多々あります

しかし、じゃあこれをやめましょう、これをやめましょう、というふうに話をもっていくかというと、私はしないです。

なぜか。

そんなことを言い出したら、学校が「このスタイルはだめ」などと言える理由は、理詰めでいけば無いからです。実際、アメリカ上記のような学校ではそんなルールはありません。無理が出るからです。

日本学校に今ある校則を一つずつ撤廃していった場合、どこかで、ここまでは撤廃だけどここからは残すわ、となります。じゃあ、なぜここまでは撤廃してここから撤廃しないんですか、ここの線引きには根拠があるんですかと聞かれたら、最終的にはそんな絶対的根拠はないでしょう。法律違反でもしていない限り。しかもその、ここまではオッケーでここからはだめでしょという線引きは、人によって違うのです。先生によっても違う、保護者によっても違う、地域大人によっても十人十色です。万人が合意できる、ここ、というライン存在しないのです。

ですから校則撤廃していくというのは、非常に難しく、また不毛作業なのです。不毛というのは、議論したところで簡単結論が出ないのです。

職員会議で話し合うとしても、先生によっても全員そのライン感覚は違うし、地域大人日本社会に生きる大人たちの感覚想像しそれを折り込みながら議論すれば、それこそ千差万別すぎてラインはそう簡単に設定できないのです。結論がでません。そういう意味でその議論不毛なのです。

結果、どうなるか。

校則を変えようという議論は、非常に保守的で、非常に遅々としたものになります

まり、これはもう誰がどう見ても、誰がどう考えても時代遅れおかしくて、撤廃するのが当然だという結論が明らかだろう、地域社会の誰がみてもまあ撤廃で納得できるだろう、という、一番おかしものから、やっと撤廃されていくのです。それより先は、上記のような不毛結論のないところにのみこまれていくことが目に見えているので、先生たちも誰も積極的にどんどん変えていこうとならないのです。そんなことに日常の限られた時間を際限なく費やしていくわけにはいかないのです。

ですからブラック校則ということが声高に世間で言われ始めたのはとてもよいことだと思います

それでなければ、校則にまつわる物事は進まないのです。

しかし、私はいつもブラック校則という言葉を聞くたびにおもうのです。

それをいうなら、なぜタトゥーはだめなんでしょうか? もちろん、日本には刺青という西洋とは異なる文脈を持った文化があることは承知していますしかしでは、オセアニアバックグラウンドにもってルーツに誇りをもって文化としてタトゥーを入れている生徒がでてきたとしたら、それも禁止したり指導したりするんでしょうか?私は当然認めたいと思います。じゃあ、オセアニアにバックグランドがあるんだと主張してタトゥーを入れた生徒がいたとして、それが疑わしい場合ルーツ証明するようなことを迫るのでしょうか。そんなことは人権的に許されない。オセアニア以外にも様々な理由で、おそらく私たちが思ってもみなかった理由タトゥーをいれたり、タトゥー以外にもいろんなスタイルを求める人が現れるでしょう。そのどれを認めて、どれをおかしいとするのか。そんなことを最終的に誰が決められるのか。

そんなことを考え出すと、旧態依然とした、すでにある校則でそのままいきつつ、絶対おかしいとなったことについて対応していく、ということしか、なかなかできなくなってしまうのです。

現場からは以上です。

追記

書き忘れましたが、日本でも定時制高校では制服などはありません。校則基本的にないところも多いです。これは、働いている生徒も多いし、そもそも制服だのなんだの校則を作ったところで運用が難しいという背景もあります

しかし、これは非常に問題のある発言になることを承知でいいますが、そうした学校の多くは、地域のある一定の人たちからは、後ろ指さされていたり白眼視されていたりすることが少なくないでしょう。私もそうした高校で勤務していたことがあります日常的に苦情の電話が入って、現場にいって謝ったり対応したりしていました。一生懸命やっている生徒たちに対して、心無い言葉を投げられたことも何度もありました。生徒たちの容姿のことを言われたこともあります。確かに例えば女生徒ものすごいミニスカートを履いていたりもします。しかし、それが何だというのでしょうか? でもそれは、そのこのことをよく知っている教員から思うことであって、見知らぬ人からすれば違う見方をしてしまうのも無理のないことだと思います

そうしたトラブルは、多少しんどい学校であっても校則制服も含めきっちりおさえてかためているところでは、少ないのも事実なのです。

2021-12-10

anond:20211210014646

自ら改善を進めてる自衛隊肉体労働旧態依然とした政治家を並べて語ってること自体自衛隊肉体労働馬鹿にしてるって自覚も出来ないのか。

2021-11-25

anond:20211125112349

中ソの共産主義者暴走たから、「共産主義」に偏見があるのは理解できる

だが、共産主義者自体は、戦時中反戦運動したりして、表現弾圧された方だから

本来なら】、ガチ表現規制反対派のはず

でも彼らは、もうお年寄りが多くてな

旧態依然とした価値観を認めないと、支持が得られないのよ

結果として「我々は表現の自由を守るが、いかがわしい表現はその限りではない」みたいな矛盾を平然と垂れ流しちゃう

2021-11-19

温泉むすめだのDappiだの

はてブTogetterだと、「日本の一大事」みたいな感じで言及されるけど

世間では何の関心も持たれてないんだよな

この辺の乖離が、野党が負けた理由だろうな


温泉地にしてみれば「温泉むすめ」で来る人は、こんな炎上関係なく来る

知らずに来る人は日本全国ありふれた萌えキャラの一つ程度(言ってしまえば何もないのと変わらない)

実際、国の表彰対象になる程度には地域に貢献していたし、フェミクレームを入れまくるという営業妨害しなければ、変わらず貢献するだろう

この活動萌え起こしがなくなるとは思えない

んじゃ、旗振りの著名活動家は除いて、SNS上だけで批判賛同し、オタに反論することしかしない、似非フェミ活動が何に寄与たかって言うと、「なんにも」という所だろう

あえて言えば、「議論が深まっ太郎」か




Dappiもそう

選挙前に満を持して文春砲まで使ってぶちまけたけど

誰も気にしないで自民投票された

大体、Dappi程度のことで野党に入れなきゃって人は、とうに投票に行って野党に入れてる人で、それで鞍替えって考えられないだろう?

Dappiをありがたがる人間はもとからネトウヨで、それで鞍替えって考えられないだろう?

でも、マスコミ動員してスクープぶち込めば、世間が変わるに違いないみたいな、旧態依然とした意識活動ちゃう

国民を「知らずに扇動されてる道化」と見ちゃうから「知れば扇動できる道化」と考えちゃう

みんな、手元にツール持ってるんだからさ、肌感覚でわかるんだよ

Dappiみたいな存在がどういう物か

やるならもっと無辜市民とかを装わないとダメ

中学生を装ってみたりさ・・・




浮かれ騒いでる人ら、もっと普通の人と付き合った方が良いよ

自分がどれほど異常な環境いるか、感じた方が良い

まぁ、左右オタフェミわず多くの人は、ネット上で議論ごっこを遊んでる自覚があるとは思うんだけどね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん