「誤植」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 誤植とは

2019-08-15

anond:20190815074314

それっぽいこと書きつつ誤植を混ぜて突っ込みブコメ集める増田手法にそろそろ名前を付けてほしい

2019-07-26

私はゲーム立ち上げ期から刀剣乱舞ファン(あえてオタクとは言わない)だ

テニスの王子様から来てるので、割と公式がはちゃめちゃでも受け入れる心があるつもりりなんだけど、刀ステだけはどうしても肌に合わない

私は全てのメディアミックス追えてないとオタク自称できないと思っているので、あえてファン、に呼称を留めている(勿論自分に対してだけのルールなので他人には求めない

さて、前述通り私は刀ステだけはどうしても合わない

でも刀ステが好きな人批判したい訳ではないし、単なるちっぽけな気持ちを吐き出させてほしい

そもそも、なんで刀ステが肌に合わないか、大きな理由推し描写が私の解釈と違って、所謂二次創作でよく見るステレオタイプパターンにはめられたからだし、その後の描写もなくヌルッと終わってしまたからだ

勿論あんなに刀剣男士がいる中で、選抜していただけるだけで有り難いことなのだし、そう自分に言い聞かせてたけど、その後の作品を見ていると、私には刀ステはお気に入りを好きに動かしたいだけで、お気に入りが凄いことを比較するために私の推しは駒にされたんだと感じてしまたからだ

さらに今回刀剣男士の名前誤植に際して、刀ミュと刀ステで全く違う対応がなされ、即座に修正し交換対応も行った刀ミュ側に対し、刀ステ側は修正せず、バレなきゃいいだろう精神誤植販売を続けるらしい

単なるキャラ名(それでも良くないけど)ならまだしも、刀剣男士達の名前実在する刀剣名前であり、誤植修正しないと言うことが刀剣乱舞原作ニトロプラスだけでなく、その刀に携わってきた何万、何億人の人々に不誠実だということに何故気づかないのか

それってつまりその程度でしか運営物事を考えてないんだなと否応なく感じてしまうし、そんな考え方の団体を指示したいとは思わない

刀剣乱舞って、今や単なるゲームというジャンルから外れ、当初は考えつかなかった途方もない拡大を見せている特異な作品になったし、実績もある

からこそ、一つ一つを丁寧にしてほしいと思うのは私の我が侭なんだろうか

2019-07-18

尾道尿道空目したせいでラーメンってこれ誤植だよなとか色々混乱した。

2019-07-17

anond:20190717223455

あー、たしか安倍阿部とか安部表記する輩は理解できんな

しか安部ヨイショ層がその誤植やらかしまくってるから、「ネトウヨって馬鹿なのかな?それとも支持者のくせに気にしない失礼な奴かな?」って思う

2019-06-30

anond:20190629192946

...という中で保育園無償化が始まる。

こういうのの是正に対して補助金を出す仕組みにすればよいと思うのだけれど、現状維持金持ち保護者お金をばらまくシステム

まず、保育園収入結構あるんだけれど、保育士いくら払うかは確か保育園で選べるのね。

人件費割合一定以上ないと補助金を出さないとか言わないと、保育士収入は増えないんじゃない?

あと、園児当たりの保育士割合も多ければ多いほど指数的に補助金額が増えるようにしてあげたほうがいいんじゃない

あと、保育料の上限も職員数とその給料を考えたら安すぎるよねって思う。もっと累進性を強化して、収入の多い人にちゃん負担してもらったほうがいいと思う。

あと、この園については何で手書き至上主義なのって思う。これだけスマホが普及して、保護者手書き文字を見なくなったら、手書きサービスというより単に癖があって読みにくいだけなのだけれど。それに加えてコピー禁止となると、園の安全管理はどうしてるのって思う。コピーなら誤植があっても園側で確認、訂正ができるけれど、手書きだったらそれが不可能だよね。人間コピー機はパソコンスマホも使えない老害自分たち時代の悪癖を若者押し付けているようにしか見えない仕組みだと思う。

最後に、労働環境についても、定時で帰れないのが当たり前になっているということ自体おかしいよ。保育士って高度プロフェッショナルじゃないよね?だとしたら、残業代が付いていないのは違法じゃないの?これってちゃんと出社時間、退社時間を記録して、証拠を集めて労基に駆け込み、未払いの残業代を求めて裁判起こせると思うけど。

あと、大企業なら今年から中小企業でも来年4月から残業は月45時間が上限で、罰則規定もあるんだけれど、大丈夫か?

https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/overtime.html

2019-06-26

名探偵コナンの最新話で誤植

まぁこういうのってよくあるんだけど、ちゃんとしっかり考えて読んでる人はその誤植にはすぐ気付くようになってる。

具体的には「17年前」の出来事が「18年前」と書かれてしまった。

過去に作中で何度も17年前を連呼してるので今更変わるわけの無い事実であり、18年前にはなりようがない。

しかしその誤植を元にニワカが赤井の年齢分かったーって騒いで拡散させトレンド入りさせた。

結果まとめサイトさらにそれを拾って、赤井の年齢発覚!!!と間違った情報が広がっている。

うーん、ニワカって怖い。

まぁ二次創作に年齢って大切だもんね…分かるけど…原作読もう?

面白い誤植誤変換?を集めてみたい

「とうもろもし」(とうもろこし

「ブッロコリー」(ブロッコリー

キューイ」(キウイ

「マツゲリータ」(マルゲリータ

「キャベチ」「キョベツ」(きゃべつ

「マヒィンケーキ」(マフィンケーキ

他に何かある?

2019-03-13

誤植が異常に多い本vs俺、どちらが間違ってるのか本気でわからなくて困ってる

2019-02-24

から思ってたんだけどうんちが集まってるやつ

8体のときと9体の時があるよね?

誤植

2018-12-09

年俸公開やめちゃったら残念だなあ

年俸のものはそれほど興味ないんだけど

毎年どこかが面白い誤植をしているので、探すのが楽しいんだよ

2018-12-05

[]うたわれるもの 二人の白皇 PS4

面白かった

でも結局初代の焼き直しで、初代は超えられないのかなあと思った

ただ最初四面楚歌の状況から逆転していく展開は、初代よりもしつこいくらい丁寧に描写されてるからよかった

初代は戦争勝っていくのがあっさりしすぎてたからね

ただやっぱり誤植がちらほらあったのと、テキストが読みづらい部分が多くてイライラした

初代だとこんなことなかったのに複数ライターはやっぱりあかん

それでも偽りの仮面よりかはよかったけど

シナリオオート進行にしたときメッセージ送りが早すぎる

偽りの仮面ときからそうだったけど、メッセージ送り速度を最低にしても早い

3行テキストあったら読みきれない

オートでテストプレイしてねーだろこれ

戦闘は偽りの仮面よりだいぶ改善されてた

1,2発くらったら即死なクソバランスじゃなくなってた

でも今度はダメージが少なくなったか無駄時間かかるようになった

敵がやたら回復したりするせいだわ

特にショタホモ3人組がうざすぎた

3回連続攻撃プラスダメージプラス回復とか、ほんとイライラした

ストーリー上でもうざかったし

れいちゃおしまいだけど、余計なことしなけりゃみんなふつう幸せなまま暮らせたのになってのが多くてイライラする

すげー大災害起きちゃってるし

ネコねは意外と胸があるのがお風呂シーンでわかった

でも偽りの仮面に比べたらシナリオボリュームあるし戦闘もよくなってるしでかなりよかった

主人公いくらなんでもキャラ変わりすぎだけど

結局初代ハクオロさんの焼き直しにしかなってなかった二人のハクオロでのハクは

偽りの仮面ホント無駄だったなあと思う

あれのボリューム圧縮して二人のハクオロと合わせて一作にまとめるべきだった

41時間くらいだったかエンディングまでで

でもこれでPS4トリロジー全クリしたな

30+30+40で100時間遊んだ

2018-11-29

[]うたわれるもの 偽りの仮面 PS4

ストーリーが尻切れトンボってのは知ってたし、アニメ放送時に全部見てたから、だいたいそういうもんだとわかっててプレイした

そしたらほんとストーリーがひどいしライターもひどい

日本語が変ですげー読みづらいし、誤植もすんごい多い

うたわれ初代はもっと読みやすかったのになあ。。

あとシミュレーション要素でディスガイアFFタクティクスみたいな感じのバトルがあるけど、それがクソすぎる

HPが400くらいしかないのに雑魚敵が一発で350とか下手したら400以上食らわせてくる

明らかにバランスおかし

近接攻撃キャラが死んでる

装備やら技やらいろいろあるけどそんなんが機能するレベルに達してない

基本的バランス調整がおかし

レベル上げをしようにも、普通に戦うだけじゃほとんど経験値入らなくて上げられないし

最終作の二人のハクオロに引き継ぎするためにレベルマックスやらボーナスポイントマックスやらあるのを知って、

最初はやるつもりだったけど、ことここに至ってはこんなクソなゲームからはさっさとおさらばしてさっさと最終作やろうと思った

2018-09-06

星界の戦旗VI

待望の新刊だぜヒャッハーーーーーーーー!!!

ネタバレにならない程度に気になったところを。

2018-08-28

ラオスブラックジャック賭博詐欺に引っかけられそうになった話

外務省海外安全情報 - ラオス

http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbcrimesituation_020.html

だいたい上記1.(2)と同じような内容です。

場所首都ヴィエンチャン

登場人物

俺 - 俺。20代大学院生。休学してニート中。

メガネ - 50代くらいの自称ラオス人のメガネおっさん

ハゲ - メガネの甥?自称64歳カジノディーラー男。

女 - ハゲの嫁。

白髪 - ハゲが嫌いな大金持ちの男(見た目70代)。

詐欺の導入について

事の発端はメガネに話しかけられた事です。

一人でぶらぶらしているところ、“Japanese?”とだけ声をかけられました。そうだと答えると、日本のことや俺のことについて聞かれたのでしばらく話をしていましたが、この時点で相当怪しい臭いは充満していました。職業収入、旅の資金のこと、親の仕事、使っているスマートフォン価格などを聞かれていたのです。姪?娘?が日本に行くからなにかと教えてあげてほしいと言われ、怪しみつつも約束をして翌日会うことになりました。(この時にラオス詐欺情報について調べておくべきでした。)

翌日、すでに怪しんでいたこともあり意図的に予定の3時間後に約束場所に赴きましたが、メガネはまだいました。この時の俺は「こんなに待っていてくれるなら怪しくないのかな」という謎の思考により、少しばかりの猜疑心を抱いたまま彼の家へ向かうこととなります

メガネの家で

トゥクトゥクで向かったメガネの家では”ato “という名のハゲとその嫁である女を紹介されました。初めは少し雑談をし、旅のことなどを聞かれつつ食事を勧められましたが、ちょうど昼食を食べたあとであったために水だけをいただきました。(水は開封済みのペットボトルを渡されます。一瞬睡眠薬混入が頭をよぎりますが、俺は一瞬で忘れて気が緩んだ際に飲んでしまいました。結果的に水には問題は無かったようですが、飲むべきではありませんでした。)

その後日本のことを教えてほしいと言っていたことなどなかったかのように、ハゲカジノの話を始め、日本でのカジノの開始に伴ってディーラートレーニングのために日本に呼ばれたことがあると言い出し、ハゲディーラーをやっているブラックジャックルールレクチャーが始まります。この流れでなぜかイカサマレクチャーを始め、お前がカジノで俺の卓にこれば勝たせてやるよと言われました。その後、”Lee”の名を自称する白髪ハゲが嫌いな大金持ち)からハゲ電話がかかってきます。この時ハゲ白髪適当にいなしますが、しばらくして白髪ハゲの家へ訪れると、ハゲがいいチャンスだから白髪から金を巻き上げようと提案してきます。なんとタイミングのいいことでしょう、俺の猜疑心は膨れ上がる一方です。俺は自信がない、難しいからそんなことはできないと伝えましたが、メガネ帯同のもと強引に白髪とのブラックジャックが始まります

ここで教わったイカサマ、および実際のゲームにおけるイカサマはかなりお粗末でした。白髪カジノ常連だと聞かされていた俺は、こんなのに引っかかってたらカジノなんて負けばっかりで行かないだろうと感じました。詳細は後述します。

ゲームについて

このゲームでは、はじめに資金としてハゲから1000USD渡されます

当然そのゲームで私は勝ち、次のゲーム、またその次と次第にベット額が上がっていきます。私はハゲのいうままにcredit(信用払い?)を利用してゲームを続けることになります

5ゲームほど交わし、この時は一度のドロー以外全て俺が勝っていました。ここで白髪は負けたままでは帰れないと言いだし所持金全て(10センチぐらいの100USD札束2つ)をベットしてきます。ここではゲームは続きますが、その後の3,4戦で白髪の持っているチップカジノなどで用いられる現金証明となるコイン)が尽きようかというタイミングで、お前の支払い能力が信用できないからという理由で、現金又は金のアクセサリーなどで証明を求められました。

詐欺だとほぼ確信した俺の防戦

はじめにハゲは所持金の提示を求めてきます。私はバッグの中を隠しつつ、所持金の一部分である100000キップ(約1300円)、および2000バーツ(約7000円)を出します。ハゲメガネはバッグをオープンにして全て出せと言いますが、私は探していて聞こえないふりをしてしのぎました。(この金額は、所持金としておかしくなさそうで、かつ失っても我慢のできるものしました。特に強引にカバンを見られる、奪われると言ったことはありませんでした。)

当然100USD札の束に敵うはずもありません。

ハゲは俺を別の部屋に呼び出し、ハゲサポートできる現金の額や、金のアクセサリーを知らされました。

私はここで詐欺だという確信が持てました。それは、ハゲの妹が入院していて金が必要だと話されたこと。それほどの現金必要な人が金のアクセサリーをいくつも持っているはずがありません。また、以前に白髪ハゲイカサマ片棒を担いだことがあるというのです。そんな人がどうしてこんなに雑なイカサマに引っかかるようなことがあろうか。いや、ない(反語)。加えて、ハゲが口にする俺が用意するべき金額が二転三転し、どうにも定まらないのです。しかし、下手に拒否することで手荒な真似はされたくないと思った私は、ハゲデビットカードクレジットカードでも良いと言ったことにすかさず反応し、話を遮ってトイレを借りることにしました。なぜなら俺は幸運にも、数百円しか残高のないデビットカードを持っていたからです。

トイレでは、クレジットカード現金をより安全で外から見えづらい場所に移動させました。クレジットカードを入れていた財布の中には前述の、現金が数百円しか入っていないS○Iの国際キャッシュデビットカードのみを残します。ここでこの行動をとったこと、および残高のないデビットカードを持っていたことはとても幸運かつ英断であったと思います

トイレから戻ってきた俺の前には、女(ハゲの嫁)から金を借りるハゲという構図のリアリティーを持たせるための演技がなされていました。

そして俺はデビットカード保証ゲーム続行を求めますが、白髪はおそらくそれがデビットカードであったことを理由に、プラスチックは信用できないとゲーム続行を拒否します。

私は再度ハゲに別室に呼ばれ、なんとかハゲサポートできない範囲現金や金のアクセサリーを用意してほしいことを伝えられます。(メモの内容ではスマートフォンでも良いようでしたが、口頭では何も言われませんでした。)ここでは旅の詳細や大学院学費なども聞かれ、ハゲはお前にも現金必要だろうと言いますが、俺はさっき渡した現金、加えて宿にある200USD相当のタイバーツ提示したデビットカード10万円程度、残りは全て親に預けてあり、すぐには引き出せないと頑なに言い張ります。渡した現金以外の金額および親に預けてあるということは全て出鱈目です。クレジットカード提示要求されますが、私は学生であることを理由に持っていないと嘘を続けました。ここでも強引にカバンをチェックされることはありませんでした。

やり取りを続けていると、所持金のことは諦めたのか銀行に行って預金を引き出すよう言われます。私は提示した銀行の口座に残高が無いことを知っているので、とにかく外に出られるということに歓喜しつつ快諾します。

ここで厳重体制で俺に勝利確信させる作業が入った後にゲーム状況の保存をします。しかしそれ以前にも手札を残して私が部屋を離れる機会が存在するため、勝利確信させるためには不十分な体制と言わざるを得ないでしょう。

手札や掛け金などを俺と白髪の双方で厳重チェックの上でゲーム状況を保存し、すぐに銀行へ向かいます

銀行に向かうトゥクトゥクの中では、ハゲから親の職業、俺の収入などについて質問がありますが、嘘を織り交ぜつつ、俺にも親にも金がないことをアピールしておきます

ちなみにこのトゥクトゥクドライバー最初メガネと乗ったトゥクトゥクドライバーと同じでした。おそらくグルなのでしょう。

銀行へと到着し、ハゲトゥクトゥクに残してメガネ現金の引き出しに向かいますが、残高オーバーのため当然引き出すことはできません。私は金はあるはずだがなんで引き出せないのかと言った演技で乗り切り、メガネは15分くらいのうちに10回程度引き出しを試みますが遂に引き出すことはできませんでした。

メガネは諦めてハゲの待つトゥクトゥクへと向かい引き出せないことを伝えると、ハゲは口座には金がないのかと俺に聞いてきます。俺は引き出す意思アピールするために、金はあるが銀行か口座にトラブルがおきているのだろうと伝えますハゲは俺に対して、今日ゲームキャンセル出来ないか白髪に打診してみようと言い電話を掛け、私に交代します。口座がトラブルで使えないこと、ゲームキャンセルする意思を伝えると、負け続きの白髪はその提案を快諾します。

俺が協力の意思偽装していたことが功を奏したのか、メガネハゲは俺を騙せていると確信したのでしょう。ハゲ白髪に隠して抜き取っていたという100000キップと2000バーツを俺に返却し、今日は帰れ、また数時間後に電話すると言います。俺は前日にメガネに教えていた国際通話およびローミングのできない番号(実際に日本で使っている電話番号です)を使えと伝え、トゥクトゥクの料金だという100000キップのみを徴収されて無事その場で解放されました。

解放後すぐにラオス詐欺情報や宿へのルートを調べたかったのですが、道中をメガネハゲに付けられていた場合iPhoneを所有していることがバレてしまうとの考えから、何も調べることなくなんとか宿へとたどり着きました。

宿ではすぐにラオス詐欺について調べ、同じような手口が多数報告されていることを知りました。

私に連絡を取れないメガネハゲ白髪がどうしているかはわかりません。すでに宿と私の名前は把握されているため多少の恐怖感はありましたが、今後夜は出歩かないこと、昼間でも細心の注意を払って行動することを心に誓いました。

イカサマのお粗末さについて

後述するとしていたお粗末なイカサマ手法についてです。ここではブラックジャックの基礎知識があることを前提としています。(この基礎知識というのはもともと俺が持っていた多少のもの以外、全てハゲから教わったものであるため、間違いを含んでいる可能性があります。)

ここでは、私が常にブラックジャックにおける子であることを前提にレクチャーが始まりました。

ディーラーであるハゲが親の背後から手札を盗み見て、各指に割り当てた数字を利用して伏せられた親の手札を俺に知らせると同時にデッキの一番上のカードを俺に見せるというものです(親指から1,2,2,2,2で、ハゲが立てた各指の数字の合計、また、じゃんけんにおけるグーの形は10を示す。例えば、親指と人差し指を立てていれば3を示しています。)。

また、ベットレイズコール方法は、親に勝利していれば常にオールイン、およびコールしろというものでした。

俺はこの時点で、流石に雑すぎるのでは?と感じました。トランプを用いたカードゲームはただの運任せではなく、勝ち確時のチェック、少額レイズ、負け確時のハッタリなど、心理戦の要素を多分に含むものでしょう。現に白髪は一度としてフォールド、チェックを行うことはありませんでした。

白髪との実戦では、私に勝たせるためにレイズオールインの嵐です。この実戦でもイカサマ手法のお粗末さが現れていました。

ハゲは伏せた白髪カード番号を教えるために私に指を見せる必要があるわけですが、なんと白髪のすぐそばで卓に叩きつけるようにして目立たせて私に示します。いくらなんでもそんなものは怪しまれるでしょう。また、私のサポート役としてすぐ横に配置されていたメガネ白髪にはサポートだと知らされていない設定)は、私に逐一取るべき行動を耳打ちしてくるのです。それも白髪の見ている目の前で、白髪にも聞こえているであろう声量で。

これに全く気づかない白髪は負け続け、全額ベットへと誘われるわけです。

以上がラオスヴィエンチャンにおけるトランプ詐欺の詳細です。

まり文章を書くことが得意ではないので、読みづらいところ、誤植一人称のブレなどあるかもしれません。めんどくさいので詳しくチェックしていないです。

もしあなたラオスに行く、知人がラオスに行くと言うことがあれば、このような詐欺存在をぜひ頭の隅にでも留めておいていただければと思います。(この詐欺手法ラオス以外の国でも使われる場合があるようです。)

ラオス密度こそ低けれど、とても綺麗な観光地もあり良い国だと思います。もし機会があれば一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ただ、宿泊していた宿のオーナー、およびハゲが言うところによると、首都ヴィエンチャン面白いところが何もないそうです。自然が素晴らしいバンビエン、街が世界遺産指定されているルアンパバーン 、そして古い寺院遺跡にほど近いパクセをオススメされました。たしかヴィエンチャンメコン川バスターミナル以外何もない気がします。

キレが悪いですが、めんどくさいので以上です。この出来事の後に帰った宿で、オーナーマリファナを一本だけもらったことはまた気が向けば書こうと思います。(向きません。)

以下、同様の詐欺に関する記事です。

http://imokennpi1989.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

https://3bakayottu.com/blackjack/

https://life-traveller.com/swindle-in-asia

http://iphonedocomoss.com/201412298360

https://amazing-taraland.hatenadiary.com/entry/2018/04/08/174501

http://omomuki-tabi.tokyo/2018/01/27/%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E8%A9%90%E6%AC%BA%E6%9C%AA%E9%81%82%E3%81%AB%E9%81%AD%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A9%B1/

https://ameblo.jp/cultureguesthouse/entry-12295627100.html

2018-08-24

手掌多汗症

手掌多汗症

きっとこの記事を見る人も、尋常じゃない手汗で悩んでいるのではないだろうか。

残念ながら治し方や対策が判明したわけではなく、手汗で悩まされてきたことをただただ書こうと思う。

誰にも相談したことがないから、吐き出すことで少し楽になりたい。同じような症状で悩んでいる人が他にもいるということを知りたい。

ここに書くのは初めてなので、長い上に読み辛く申し訳ない。要するに手汗に対するただの愚痴こぼしである

小さい頃から手汗の量が多かった。

今は大学生になったが未だに治っても、改善してもいない。

私の場合は手足の汗がひどい。心配症、緊張しやすいという原因もあると思うが、なんでもない時も汗が出てきてしまう。

幼稚園の時は、手汗のせいでうんていが出来なかった。他の子はすいすいやってみせるが、私は地面の砂をたっぷりつけてから挑んでも、すぐに滑って落ちてしまう。

棒登りもできなかった。ツルツル滑って、全然上に上がらなかった。体育中心の幼稚園なだけに辛かった。

しかし、運動神経が悪いだけなのだろうと、私も周りも思っていた。自分でもまさか手汗が原因だとは思わなかった。

小学校は、テストの度に悩まされた。テスト用紙が汗で濡れるから、手が紙につかないよう書かないといけない。しかしどうしても付いてしまい、机のワックスのせいか、汗と混じって茶色の染みがテスト用紙にできる。他の子の用紙を見ても、誰一人そうなっていない。小学校はなにかとテストが多いため、その度に汗を書いていた。

折り紙が折れなかった。学校行事で鶴を折った時も、すぐふにゃふにゃになってしまう。折り目が白くなり、完成する前に破けてしまう。そのため、折り方がわからないと誤魔化し、他の子に折ってもらっていた。

皆で仲良く手を繋ぐ、ハイタッチも出来るだけ避けた。体育の際の二人組は、皆も運動して汗をかいているため平気だった。

中学高校でも改善しない。日直はプリントを横の列に均等に配る、ということがよくあったが、それも辛かった。自分の汗がついているプリントクラス全員に行き渡ってしまうという恐怖である

この頃から小学生の時は平気だった気がするのだが、後ろの人にプリントを配ることすら億劫になった。前の人から渡されるまでに、必死ハンカチや服を握って汗を拭こうとした。プリントが配られる度に自然と身構えてるようになってしまった。一番後ろの席になった時は天国だった。

サンダル類が履けない。汗で滑るため、非常に危険である靴下を履いてもおかしくない靴しか履けない。そのため夏でも暑苦しいスニーカーを履くしかない。サンダル靴下、というコーデが流行ったような気もするが、正直変であろう。その組み合わせを考えた人はまさか多汗症だったのだろうか。

スマホが普及し、私もスマホを持つようになった。

予想はしていたが、相性は最悪であった。まず手汗のせいでまともにタップができない。そのため、音ゲーリズムゲーは最悪であるプレイする時は手元にタオルを用意し、無反応が続いたときは一旦止め、画面と手を拭いてから再開する。中断ができない協力プレイといったものはまず出来ない。

電車スマホをする時も、汗で画面がドロドロになる。周りの人が(こいつ手汗すごいな…)と思ってなかろうかと、更に手汗が出る。周りの人はふつうスマホ操作している。それがとても羨ましい。ちなみに、つり革に掴まる時も、汗が付いてしまうためなるべく捕まらないよう意識している。

大学生になった。手掌多汗症について検索したとき、「大人になれば治った」という記事を見たことがあったのだが、私は逆に悪化してしまった。人が多いため、余計に緊張してしまうのだ。

ある日、講義普通に聞いていたとき特に緊張もしていなかったのだが、汗が垂れたのがわかった。スカートを見ると、一滴分の染みが出来ていた。手から垂れたのは初めてであった。他の人に見られていないか不安で堪まらなかった。その日から授業中ずっとハンカチを握るようになった。

大学以前はハンカチがなくても授業中は平気だったのに。

バイトを始めた。初バイト定番といえば飲食ホールだが、汗が付いた皿で食品提供してはまずいと思い、選択肢から外れた。近場ということもあり雑貨屋バイトに決めた。面接の時も言わず、そのまま辞めるまで誰にも言うことなく終わった。レジの度に汗をかいた。レシートが一瞬で濡れてしまうため、小銭を置いて誤魔化した。一度お客様から文句を言われるほどであった。雑貨屋定番ラッピング地獄だった。汗で包装紙がふにゃふにゃになる。しかお客様を待たせるわけにはいかず、何度もタオルで拭きながらラッピングした。後輩も先輩も難なくこなしているのを見て、自分には向いてないと思い、辞めてしまった。手汗が酷くても出来るバイトを、現在検討している最中である

こうして書き連ねてみると、小さいことが多い。命に関わるわけでもないし、大したことないのではないかとも思う。しかし、普通の人ならこんな小さいことで悩む必要ないのだと思うと、とても悲しくなる。

あの時もこの時も、あれもこれも、手汗がなかったら、普通に出来たのに。

実際のところ、他の人に手汗について指摘されたことはほとんどない。周りはそこまで気にならないのだと思うが、私は毎日毎日悩まされている。

ここまで書いて、恐らく他にもまだまだあるだろう。私より症状が重い人もいるだろう。改善策を何度も調べても、有効ものは出てこない。治療は高いうえ、やはり完治は困難らしい。他の人はする必要もない手術に金を出すことも虚しく感じる。

この記事も手汗による誤反応と戦いながら書いたため、誤植があるかもしれない。夏は特に汗が酷い。しかし、吐き出したことで少しスッキリした気がする。

だらだらと書いてしまったが、結論としては、

誰か改善策を教えてください。

2018-06-22

anond:20180621181221

出版サイド増田っす。略して出増。

まずそもそもの話誤字脱字だのTypoだのがない文章を書くってのは不可能で、まずは書いてみてその後問題箇所を修正するというワークフローになります

そして誤字脱字の発見コストって一箇所あたりが等価ってわけではなくて、同じ書籍に1000箇所誤植があるとき960箇所(−40箇所)にする発見コストと、100箇所あるとき60箇所(−40箇所)にするコストでは、後者のほうが圧倒的に高いわけです。これは散らばってる範囲のうち問題箇所が少なくなるに連れ見逃し率が上がるという事実の反映です。それに対して「読者が見つけた誤字脱字の報告がアレば直せるだろう」という声もあるのですが、その場合報告の取りまとめコストが高騰します。誤字脱字が少なくなればなるほど、なお見つかったそれを直すコストは跳ね上がるってのをイメージしてもらえばわかりやすいと思います

そんな現実を踏まえた上で、現在出版ビジネスモデルとしては「できる限り直すんだけど、ある閾値を超えた時点で残りは放置」って言うことになっているわけです。大事なのは、今の出版物の提供数や提供速度や提供価格は、そういう見きったビジネスモデルを前提に組み立てられているということです。

誤字脱字が今よりもずっと少なく迅速に修正されるモデル理論上は組み立てられるのですが、その場合出版物の点数や速度や価格もまるで別のモデルになるわけで、それはビジネス的な判断で見送られているわけです。

もちろんこれは出版擁護でも居直りでもなくて、ユーザー圧倒的多数が誤字脱字を1%減らしてくれるなら値段三倍でも出すっていう意見になればそういうビジネスになると思います既存出版社がアホ面で旧モデルにしがみついてても、新興の外資とかIT系とかがそういう需要を汲み上げていくでしょう。そうなればそれが正しい企業顧客関係だと思います

anond:20180621181353

どうでもいい誤植なんてないよ

もしどうでもいいとしても

それは文章提供した人と読む人が各々判断すること

これくらい問題ない、という場合もあれば

なんでここでミスちゃうんだよ~ってガッカリすることもある

誤植しちゃった人はミスしてんだから気をつけろと思う

anond:20180621181221

そういう誤植誤用放置で、後世の言葉の変化に影響を与えることもあるから面白いんだよな。

2018-06-21

anond:20180621181221

びっくりするくらいどうでもいい誤植でも電話来たりするんだぞ

あいつら暇を持て余して文句言う対象を探してるから誤植探し大好き

もう校正でもやれよってレベル

本の誤植

誤植って指摘するんですかね皆さん。

僕(これ間違ってるわ、メールで指摘したほうが良いのかな。。。でもそんなどうでもいい小さなミス指摘してくんなってうざがられるかな。。。もしかして、読者は皆気づいているけど分かりきっている誤植からスルーしてるのかな。。。)

とか思っちゃうわけですよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん