「「森」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「森」とは

2019-04-27

クルージングライブ

「湖」「空」「森」「風」自然の揺らぎの中で音楽とともにクルージングライブをお楽しみ下さい?

音響アイドル電波系ソングを流し、最終的に客にコール要求する、「東京から来た」「渋谷ワンマン」を主張するシンガー藤崎結朱とやら。

本人のカラー否定する気はそこまでないが、それはそれとして場を弁えて欲しい。

温泉ネタからってガチ電波入れるなよ…

2018-12-22

anond:20181222203500

御堂筋線リニューアルについて書いたつもりだったけど書き方が悪すぎてほとんど伝わらなかった。

いやでも森ノ宮駅のコンセプトが「森」て!

冗談街づくりすんのやめてほしい。こんなダサい街ない。

御堂筋線などの15駅、「個性的デザイン」に大改装へ:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASLDN5535LDNPLFA00F.html

2018-05-15

[]大村加卜

江戸時代初期の刀匠。

父親名字である「森」を分解すると、

大村」に「卜」を「加」えるかたちになるのでこう名乗ったともいう。

もとは外科医で、手術用のメスを自作するうちに、鍛刀の腕も磨かれていった。

最初越後高田藩、のちに水戸藩徳川光圀に召し抱えられた。

1704年複数人から闇討ちを受けて片腕を切り落とされるが、

加卜は切り落とされた腕を相手の口に捩じ込んで殺し、

また他の数人を返り討ちにした上で自刃した。

2017-06-17

歳取ってから野菜が美味過ぎる

茄子

子供の頃は、あのじゅくじゅくした食感が気持ち悪くて嫌いだった。今は最高だ。焼き茄子もイイし、生姜効かせて煮浸しにしても美味しい。熱々トロトロは美味いという方程式栄養ないって知ってショックだったけど食べるよ。美味しいから。もはや茄子嗜好品

オクラ

これは子供の頃から好きだった。柔らかいもの=美味しいものという方程式オクラには適用されない。少し固めに茹でて粗刻みにしてめんつゆにぶっ込んでご飯にかけるのがベスト。種がプチッと弾ける食感は中毒になる。

ブロッコリー

茹でてマヨネーズ付けて食べるだけでも美味しいが、最大限に魅力が引き出されるのはスープ物だ。あのブロッコリー「森」の部分が汁を吸った時のポテンシャルの高さは油揚げに引けをとらない。

・そら豆

他の野菜と比べるとやや値が張る。ちょっとした贅沢品だ。さやを開いて2個しか豆が入ってないと地味に辛い。焼くのもイイが、甘辛く煮るのもイイ。薄皮ごと食べるのがポイントだ。枝豆小豆もそうだけど豆は薄皮だよ。

ピーマン

子供が嫌いな野菜代表だが、自分はまあそうでもなかった。でもやっぱり大人になる程好きになる。ピーマンの肉詰めという料理を考えた人は天才だと思う。あれはハンバーグよりも上等だ。肉汁ピーマンという器が受け止めてくれるのだから

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523230654

「森」があってそこにフクロウが「住み着いた」、という場面設定からして好ましい。

そのフクロウとふと対話を試みた増田感性も好ましい。

日常のこういう小さなイイネの積み重ねが実は人生の豊かさなんだという気がしてならない。

増田は俺と同じものをだいじにしてる人だなと勝手に思った。

2014-03-30

例の人口調査結果がどのくらいヤバいデトロイト比較してみた


追記 2014/3/30 23:50

いろいろブコメトラバありがとう。やはり過疎地域の扱いについては議論が分かれるね。

合計特殊出生率について。ここ数年の上昇が「団塊ジュニアの駆け込み出産」だと見る意見があったが、言葉定義の問題なのではっきりさせたい。合計特殊出生率は15歳から49歳までの各年齢の出生率を足し合わせるという求め方をするので、世代間の人数の偏りの影響を受けない。合計特殊出生率への寄与度は世代の人数によらず同じということだね。

人口集積について。フォローしてくれてる人もいるけど東京一極集中という意味ではないよ。各地域で中核となる人口数万〜数十万の都市はたくさん必要だと思う。ちょっとアバウトなイメージでいうとJ3どころかJ4、J5(まだないけど)のチームが「俺達のクラブ」としてそれなりに盛り上がっちゃうぐらいの熱量(?)を備えた街だ。これって人口5万でも田畑や山林の中にバラバラに点在する5万じゃ多分だめだよね。でも集積して居住する中でなら3万でも成り立つかもしれない。俺は都市計画専門家じゃないんでわからないけど、税制面での優遇公共インフラへの低廉なアクセス、便利な公共交通行政、保育、教育介護医療サービスなどの面で他地域より優遇することで計画的中核市街地に人を集めていくような方法になるのかな?一部の人想像してそうな強制移住みたいなことは俺は想定してないんだけどね。そんなことしなくても中核市街地の魅力を高めることで勝手に集まるのが一番いい。それでもどうしても限界集落に残りたい頑固じいさんがいたら、最後まで面倒見てあげたらいいじゃんと思う。

余談。実際これにわりと近いことをやってるのが流山市で、ここは若夫婦に特化したマーケティングをしてるんだけど、立派な少子高齢化対策になってる。流山場合TX開通により「東京まで20分」という付加価値をゲットし、それに「森」自然」「子育て」という人気のキーワードを組み合わせてブランディングしてる。はてブ的には「恋愛届の街」って言ったほうが通りがいいのかな?あれもはてブでは不人気だったけど所詮お遊び企画だからね、個人情報がどうのストーカーがどうのと目くじら立てるほどのものじゃない。大したオペレーションコストもかけず、民間タイアップで安く認知度向上のキャンペーンやってるんだから大した工夫だと思う。もちろん、よく見ると緑とかやすらぎとか単なるイメージ戦略の域を出てないのでは?とギモンを抱くところもある。実質的メリット(保育料が安いとか子ども医療費無料とか深夜保育や休日保育にも安価対応できるとか公立幼稚園が安く充実してるとか)がバーーンと打ちだされてるといいんだけどその辺のアピールはない。それでも「意識高い系自治体」としてベンチマークしておきたい自治体ではある。




これな。

「2050年、全国の6割が人口半分…2割はゼロ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140329-OYT1T00081.htm

元ネタ国交省のこちらの発表資料
https://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku03_hh_000067.html

デトロイト日本人口推移を重ねてみたよ!

日本人口の中位推計っていうのに基づくと、人口減少のスピードデトロイト匹敵するくらい急激になってしまう。グラフにするとこんな感じ。

» デトロイトと日本の人口推移を重ねたグラフ

人口が減るとヤバいの?

ときどき日本人口多すぎ。減ってもいいじゃんみたいな意見もあるが、急激に減るのはマズいし、老人増えすぎのアンバランスな状態で減るのもマズい。

社会保障制度が成り立たなくなるし、デトロイトのように街がもりもりスラム化していって治安が悪くなる(デトロイトの画像検索結果)。社会の活力が失われ悪循環を生む。

逆に言えば、社会保障制度がついていけるスピードスラム街を取り壊しつつ、コンパクトな市街を再構築していけるスピードで減るならなんとかなる。

スラム化っていっても大都市圏は人口増えるみたいだし大丈夫なんじゃないの?

https://www.mlit.go.jp/common/001033672.pdf

増える地域大都市圏を中心に若干あるという話だが、これは本当にピンポイントで増えるというだけの話で、都市圏全体でみると、こちらの資料2ページ目によると、やはり増えるところは無い模様。

さらに問題は(これは全国的に言えることだが)老人比率が高くなりながらの人口減なので社会保障制度を始めとしてまったく大丈夫ではない。

「2割はゼロ」って当り前じゃん?

これはブコメ散見された誤解。日本森林ばっかだから2割の土地人口ゼロって別に驚くこともないじゃんという意見だが、資料によると2割は「国土の2割」じゃなくて「今現在人が住んでいるうちの2割」ということだ。人口減少のひとつの結果として、それなりに顕著な変化と言えると思う。

じゃあやっぱり過疎地域はなんとかしなきゃ?!

俺は過疎については仕方ないとも思っている。「2割がゼロ」になってもいいじゃないかとも思う。

国や自治体赤字を減らすためには、なるべく人間は固まって暮らしたほうが効率的だ。電気ガス水道、通信回線道路などの社会インフラの維持費は安く済むし、人口が集積すればさまざまな商業活動が成り立つため街も活性化する。公共部門支出が減り税収が増えれば、社会保障が充実する。少子化対策に割ける予算も増える。

増田なんで書いてしまうが、国も役所本音としては過疎地域は一刻も早く人口ゼロになってくれという感じじゃなかろうか。

出生率は増えている

さて、減る一方だというイメージのある合計特殊出生率だが、2005年の1.26を底に2012年の1.41まで少しずつ増えている。もうすぐ2013年数字も出るだろう。

これはネガティブな話題ばかりの少子高齢化関連のトピックでは唯一の光明だ。今後の数字に注目したい。

いやいや少しくらい出生率が増えたって焼け石に水。今さらどうしようもない

これもブコメ散見された残念な意見ひとつ全然「どうしようもなくない」。

同じ資料の1ページ目には、合計特殊出生率現在の上昇ペース(2005年1.26→2012年1.41)を維持した場合と、フランス並のペースで上昇した場合の2種類の人口推計グラフも掲載されている。

つっても誰もpdfなんか見ないだろうと思ったのでスクショとってアップした。関係ないが増田画像くらい貼り付けさせて欲しい。

» 将来推計人口(出生率回復の場合の試算)

これを見ると2050年で1.1億人弱、2100年で9100万〜9600万人の人口キープできるということで、中位推計(合計特殊出生率1.35)の2100年4959万人とは雲泥の差だ。

しか出生率2.07まで回復した上での1億人なので、人口減といってもいずれ減少はストップし、社会保障問題は大幅に改善され、今よりも暮らしやす日本になっている可能性が高い。

労働人口は十分にあり、税収も確保でき、子どもの養育・教育に国も自治体も家庭も十分に投資できる。

人口が適度に市街地に集積しているおかげでコミュニティバスは密に運行でき、老人妊婦子どもが市街のどこでも自由に移動できる。

公園にはゆとりある老後生活をおくるじーさんばーさんが散歩していて、子どもたちの元気な声が溢れる。

わりと暮らしやすそうな雰囲気が街に漂っているため若夫婦子ども産むのに抵抗がなく、出生率は2.1前後キープされる。

そんな2100年、人口9000万人台の日本に「まだなれる」。決して手遅れではない。

まとめ

なんとしても子どもを産みやす日本にして、合計特殊出生率をあげなきゃいけない。

人口減ってもいいじゃん」という認識あらため、「手遅れだから」「焼け石に水」と諦めないことがまず第一歩だ。

子どもいらねーー」「結婚したくないし」という個人の価値観を語ってみるのもときによかろう。それは否定されるものではない。

だが急激な人口減が及ぼす悪影響は人を選ばない。子どもが欲しくない者も、少子高齢化社会とは無関係でいられない。

国民のだれもが、少子化問題を深刻にとらえ、主体的に考える必要がある。

少子化問題が解決すれば、社会保障問題をはじめとして好影響はやはり人を選ばない。

国民すべてが享受することになる。

以上、ここに書いたことは別に俺個人の意見でもなんでもなく、わりと一般的に言われていることだと思っている。国交省人口増減メッシュ地図の件をフックに書いてみたものの、人口推計の数値自体は既に周知されているデータ引用しただけだし、少子化が及ぼす影響についても目新しいことは書いていない。異論がありそうなところとしては、過疎を積極的に肯定しちゃってるところと、出生率回復時の楽観的な記述だろうか?コメントトラバをいただけると嬉しい。

また機会があれば、少子化問題を解決するため政策行政レベルで取り組むべきことや一個人としてできることなどについてもまとめてみたい。

参考資料

日本データはこちらの「表1-1」と「参考表1-1」からデトロイトデータウィキペディアから拾ってきた。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/newest04/sh2401smm.html

あとはぜんぶ国交省の例の発表です。

https://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku03_hh_000067.html

2009-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20090725062201

ああ、お前か。

コメントしようかと思ってたんだけど承認制になってたからよしてたんだった。だからいま言うよ。

まぁ、ハックルちゃんと大体論旨は同じなんだけどさ。

非常に危険な領域

http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20090723/1248279206


お前はブログ界?でのルールを分かっていない

読みたくないなら読まなければいいのだ。

これな。引用された時点で俺が言いたいことは分かるよな?

公開してるブログって時点でお前にそんなことを言う資格はないのだ。

ましてや炎上前はコメントフリーだったのだ。

ましてやはてブは一応外部サイトだ。そこで何を言おうが自由だ。

しかもお前は、はてブの存在を知っていた。

その上、好意的な理由でホッテントリになるとしたならば、

それは好ましいことだと淡い期待はしていたであろう。

甘いんだよ。


「木を見て森を見ず」とはお前のことだ

ちゃんと読んでもらえれば、冒頭の「伯父の家族エピソード」というのは話の導入部にすぎず、「僕の問い」の本質は後半に集約されることがわかってもらえるはずだ。

なのに、書いた本人としてはどうでもいい(もっと言えば無くてもよい)前半のエピソードの枝葉末節をあげつらっての批判が大半ではないか。

ぜーんぜん、分かってない。

読者はな、お前がセクハラ云々のエピソードをメインディッシュとして書いたのではないことぐらい、百も承知なんだよ。

その上で、お前が何故叩かれたのか検討してみようか。読者の「森」が何か、考えてみようか。

つまりだな、「お前が言う『僕の問い』とかいう哲学的な思索だかなんだかを語る上で、

さらりと自分やらかしセクハラを、さして『気持ち悪い』とも思わずに公言してしまった厚顔無恥ぶり、鈍感さ、そこに起因する気持ち悪さ」に不快感を示しているんだよ。

自覚しつつ「俺ってきめぇでしょ?ブヒブヒ」とばかりにセクハラエピソードを入れたわけじゃないんだ。

思索のネタとして使う材料としては、あまりにも気持ち悪いエピソードを平気でチョイスできた、

お前の非常識ぶりに生理的不快感を示したんだ。分かるかしら。

いいか、そこが読者にとっての「森」なんだ。お前は気持ち悪い、と言いたがってんだ。いいな。

「お前の論点はどこにあるか」ってことなど、読者にとっては「木」なんだよ。

そこをお前は理解できていなかった。


いじめ」について

そんで、お前を叩いた読者たちの「森」がなんであるかを理解していただいた時点で、話そう。

そう、これはハックルちゃんの言うとおりいわゆる「いじめ」だ。お前の人格そのものを否定しているんだ。

お前の考えの正否などどうでもいい。

JKだかJCセクハラしてビンタされた後に、したり顔してはてななんぞに思索らしきものを書き、あげくのはてに『やれやれ』などと余裕ぶってるキモヲタネット弁慶」という人間を、とりあえず叩いているんだ。

「そういうことを書くあなたの人間性の根底女性への蔑視が隠されていて…」なぞをかます輩がいるかもしれないが、そういうイデオロギーの流布や僕の深層心理の分析は存分にやってくれ

さっきも言った通り、これは実にポイントがズレているんだ。

分析をしているやつがいたとしても、それはお前への批判の副産物だ。

いいか、「お前は『きめぇ』と数万人に思われた」。これは厳然たる事実なんだ。

そんでだ、いじめっこが弱者らしきものをいじめている場合、いつ興奮するかなんだが、

「よわっちいくせぇに虚勢は張って、でもビビってるのはバレバレ」って状況なんだ。分かるな。

ν速だのVIPだののスレのまとめブログとかを見てみることを勧める。

定期的に、彼らは「いじめ」をしている。いいかどうかは別として、している。

そんで、ターゲットは、大体「虚勢を張ってはいるが、実はビビってる」。

はてブ民はν速民と結構住民層がかぶってる気もするし、これは参考にした方がいい。

だいたいこのエピソード自体が全くのでたらめ、フィクションかもしれないではないか。

まさにこの状況、村上春樹的な「やれやれ」、である。

「読みの多様性」や「創造的な誤読」というのを僕は否定しない。

いま言ったような視点でこれを見てみろ。お前、ビビってんだろ?

いいよ。認めないでも分かるよ。それを悪いとも思わないよ。

ただ、虚勢を張ると彼らは面白がるよ。そもそも「否定はしない」とか言ってるなら、

あんなに長文で「やれやれ」などと愚痴らない方がいいよって話になる。


俺は常々こう思ってるし、子供ができたら「社会現実」として教えようと思っているのだが、

悪いのは、いじめるやつ。

原因は、いじめられるやつ。

ショックかな?でも、リアルいじめられてるやつの7~8割って大体変人だろ?そうなんだよ。

もちろんそれを「いじめる側の論理」として使っちゃいけない。いじめはいけない。悪いことだ。

ただ、実際に起こったら、いじめられてる側がそれを主張しても誰も聞いてくれないんだ。

そういうことなんだ。



勢いで書きました。

傷ついたかもしれない。だけど、これは分かってほしかった。

ちなみに自分いじめるつもりはない。ただ、君にはそいつらの一人にしか見えなかったかもしれない。

だとしたら、ごめんよ、とだけ言っておく。

ハックルちゃんと言ってること結構かぶってるけど、直接君に言いたかった。

どうしても怖かったら、別垢でブログを再スタートするのもありだと思うから、

自分の主張を世間に発表するのはやめないでほしいな。


追記:以後どうすればいいか

キモいって言われないように気をつける

・言われたら「(´・ω・`)ショボーン」となりつつも気にしない、少なくともそれに対するリアクションはしない(犯罪自慢等ならともかく「キモい」程度の炎上だったらガン無視した方が実害は少ない)

・ましてや「俺が言いたいのはそこじゃねぇよ馬鹿どもが」って態度をとらない

・「キモ認定された」記事(≒はてブ界での一種のトレンド)をネタにしてまた記事を書くと、「あなたそのもの」に「キモキモブランド」がつくので注意

増田愚痴るのも分かる人には分かるのでやめた方がいい

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん