「負け惜しみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 負け惜しみとは

2018-01-23

anond:20180123100732

こういう事言っちゃう低能に限ってギタギタにしてやったら鼻水垂らして負け惜しみうから哀れで誰も相手にしねーのな。

2018-01-18

anond:20180118173219

いや、横増田だけどさ、元増田も出費がある前までは引越治療できるぐらいは蓄財はあったんだと思うよ。

から偉くないよ、元増田どんぐりの背比べだよ。むしろそれでえらーいとか言ってて、負け惜しみだろうけど滑っててすげーはずかしいよ。

2018-01-15

anond:20180115140522

負け惜しみって言ったら、そうだけど、相手も同様の間違えはしてるし。こんな面倒な女に時間使ってたのかって

一緒に居たらストレス溜まってただろうし、良い教訓になったわ

都合の良いとまでは言わないが、アバウトで通じる相手を探すわ

anond:20180115135358

経験上、こういう女は婚期逃す。かまってちゃんの癖に、人に厳しくて、結果人が来ない」

「狙ってた女だったから残念だ」

負け惜しみしかみえなくてきもい

2018-01-08

47都道府県蔑称リスト

都道府県蔑称由来
北海道試される大地北海道庁によって決められたキャッチコピーだったが、過酷環境揶揄する意図で使われることもあり、今ではキャッチコピーも変更になったようだ。
青森
秋田
岩手日本チベット開発が遅れ交通の便が悪いことから昭和の頃から使われだしたらしい。
山形マット県中学校でのいじめで死者が出た山形マット死事件の経緯から村八分が起きる陰湿な県という意味で使われる。
宮城リトル・トーキョー宮城というか仙台のこと。東京の真似をした地方都市に送られる蔑称
福島ふぐすま東北弁の訛りから東北全体でトウホグと呼ばれることも。
茨城ちばらき千葉風土が近いため、一纏めに馬鹿にするニュアンスで使われる。
栃木日本一影の薄い県テレビ番組ランキングから
群馬グンマー職務質問群馬出身と答えたらグンマーという国から来た不法入国者扱いされたという2ちゃんコピペから
埼玉埼玉タモリによって付けられたダサい埼玉という意味造語
千葉ウン千葉特に意味があるわけではなさそうだが、2ちゃんなどで使われることがあるようだ。
東京トンキン大阪民国と呼ばれることに対抗する形で生まれ蔑称2ちゃんニュー速発祥
神奈川神奈川埼玉ウン千葉と並べて使われるらしい、悪口と県名の合体系。
新潟
富山越中強盗北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
石川加賀乞食北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
福井越前詐欺北陸三県県民性を表す言葉として古くから使われる「越中強盗加賀乞食越前詐欺能登はやさしや土までも」から
山梨甲州商人農産物がとれにくく、地域を出ざるを得なかった甲州出身商人商売に精を出したこから、金にがめついといったニュアンスで使われる。
長野
岐阜名古屋植民地存在感が薄く、モーニング名古屋巻きなどの文化名古屋に取られたこから使われる言葉
静岡アニメ不毛の地静岡関東広域放送圏と中京広域放送圏に挟まれながらも、隣接する二県と比べて極端にTVアニメ放送数が少ないことから
愛知名古屋県県名より都市名前の方が知名度が高いよね、というよくあるパターン蔑称
三重伊勢乞食ケチ倹約家だという意味蔑称。もとは近江泥棒伊勢乞食と言って、江戸っ子が繁盛する近江伊勢商人への負け惜しみで使った言葉
滋賀滋賀京都人滋賀県民に対して「田舎者め!」というニュアンスで使う言葉
京都凶都当て字系。この蔑称とはあまり関係ないが、京都人はなにかとプライドが高いとか陰湿といったステレオタイプでいじられることが多い。
大阪大阪民国韓国人が多いとか民度が低いというイメージから大阪日本ではないというニュアンスで使われる蔑称
兵庫
奈良奈良県名+悪口パターン
和歌山
鳥取
島根鳥取鳥取の左お互い認知度が低く漢字がにてることもあり、鳥取とセットで語られることが多い二県。特に島根県民が鳥取扱いされて怒るシーンが多い気がする。
岡山大都会岡山徳島出身アンジェラアキ岡山に来たとき大都会だと思ったという発言ネット住民が食いつき、コピペコラ画像が作られた。
広島ケロカスなんjで広島カープファン広島県民に対して使われる蔑称。由来はわかると思うのであえて書かない。
山口
徳島
香川うどん県うどん名産で、県民であることからPRのために使われることもあるので蔑称かは微妙ではある。
愛媛
高知
福岡修羅の国暴力団が多かったり手榴弾がよく見つかることなから
佐賀福岡植民地長崎植民地植民地ネタは他県でもよく見られるが、九州では佐賀に対してよく使われるようだ。
長崎
熊本肥溜め肥後の肥をとってこう呼んでいる書き込みを幾つか見たが、もしかしたら同一人物かもしれない。
大分九州宮崎と合わせてこう言われていたようだが、宮崎が割りと有名になったので大分だけに使われることになってしまった。
宮崎
鹿児島
沖縄

追記

2018 01/09 山形山梨島根に追加

2018-01-05

スゴ本が凄いと思えない。

読書家の問題として再読をするかどうかというのがあって、私はかなり再読を重視するので、どうしても読める本が減ってしまうがために読破数では勝てない以上、負け惜しみかもしれないとは思うけれど、彼(彼ら?)の読書の仕方は表面をさらって冊数を稼ぐような物にみえるし彼のブックレビューにはどうも心が惹かれない。

実際、私が割と熱心に再読してる作品レビューを見てみたらただ文書引用してトンチンカンコメントをつけているだけのものでとてもがっかりした覚えがある。

毎年大量に出版される本やこれまた大量にある過去の名作に対してひたすら冊数をこなして引用集を作る事が読書醍醐味ではなく、5回読んでもまだ面白く汲みつくせない本を探しだす事こそが読書醍醐味であると再読派の私は思う。

2018-01-04

元カノ結婚した

というのを年末実家で知った。

学生時代にながーく付き合っていたけれど、

社会人になって5年以上連絡もとっていないし思い出すこともなかった。

それなのに胃の辺りがずっとモヤモヤする。

朝は単純に仕事が嫌なのかと思ったり思い込んだりしたがこれは違う。

みんなこんな経験しながら生きてるの?それとも自分おかしいだけなのだろうか?

ちらっとだけ見せてもらった じっと見ることができなかった 花嫁姿の写真が脳裏から離れない。

この気持ちが何かわからないような わかるような わかりたくないような 叫びたいような 少し泣きたいような

それでも負け惜しみでなく、直接伝えることはできないけれど

末永く幸せに。

2018-01-02

FGOが気に食わない

これは、典型的な「自分でやっていない、なにやら盛り上がっている作品を、気に食わないと上から目線批判する文章」だ。

本文は『月姫』と『Fate/stay night』のネタバレを含む可能性がある。特にFate/stay night原作を未プレイで、劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel]』の続きを楽しみにしている人は、ネタバレを含むため読まないでほしい。

Blue Blue Glass Moon, Under the Crimson Air.

私が奈須きのこ作品出会ったのは2003年月姫月姫PLUS+DISC、歌月十夜の3作が収められた『月箱』であった。いわゆる型月ファンとしてそれほど古参というわけではない(型月における古参とは、竹箒に連載されていた時代の『空の境界』読者――とまでは言わないものの、最低でも2001年には『月姫』に触れたレベルを指すものだろう)。当時『ONE』『Kanon』『AIR』に心酔する所謂鍵っ子」であった私は、もちろん月姫の噂は聞いていたものの、手を出すきっかけを掴みかねていた。月箱が頒布されたのは、そんなときである歌月十夜まで一揃えで化粧箱に収められたそのパッケージは、初めてのTYPE-MOONとしては最適であった。同時期、彼らが商業へと移行し、次回作Fate」は商業ゲームとしてリリースすることを発表したことも背中を押した。群雄割拠エロゲ界についに鳴り物入りで乗り込んでくる新進気鋭の代表作を、体験しておかねばならぬと考えたのだ。

果たして、私はTYPE-MOONの虜となった。

月姫』は衝撃であった。連綿と積み重ねられてきたビジュアルノベル恋愛アドベンチャーゲーム文法に沿っていそうに見えながら、しかし決定的に異なる「それ」は、私に新しい刺激を与えてくれた。私はシエル先輩が好きになった。この文章を打っている2018年に至ってなお、人生オールタイムベストシエル先輩だと胸を張って言える。もちろんそれだけではない。ファーストインパクトとなったアルクェイドが醸し出す寂しさを、そして、ひまわり畑で微笑む琥珀さんの愛おしさを、今なお昨日のことのように思い出せる。

月姫の魅力のひとつに、不思議ノスタルジーがあると思っている。あの文章グラフィックと音楽には、懐かしいナニカを思い出させるものがある。去り行く少年時代を描いた作品だからだろうか。遠野邸の遠い記憶がそうさせるのかもしれない。

PLUS+DISC、歌月十夜まで一気にプレイした私は、そのまま『MELTY BLOOD』も楽しんだ。シエル先輩を動かせるのが楽しかった。弓塚さつきの話が出ると抜き身のナイフのようになる志貴を思うと切なくなった。琥珀さんが楽しそうで涙が出た。G秋葉ゲラゲラ笑った。

したらばのTYPE-MOON板にも入り浸った。それまで葉鍵板が主戦場であった自分が。当時、すでに「月厨」は鬱陶しい存在として認知されていた。私は努めて無関係な場ではTYPE-MOONの話をしないようにし、型月板でその分、目一杯、楽しんだ。たくさんのアンソロジーコミックにも手を出した。武梨えり佐々木少年磨伸映一郎……(そういえば特に好きだったこのお三方はみな現在商業作家として活躍中であり、同時に、シエル先輩ファンであった。当時、武内崇は「シエル先輩が好きな作家さんは漫画力が高い人が多い」というような趣旨の発言をしていた記憶がある)。

だが。不思議もので、このとき私は『空の境界』にはハマらなかった。もちろん原作は読んだのだが。当時、マルチシナリオ形式のビジュアルノベル未来を見ていたためか。あるいは、純粋に趣味に合わなかっただけなのか。後年、空の境界アニメ映画化され大ヒットを飛ばすことになる。

――――――体は剣で出来ている。

2004年、ついにTYPE-MOON商業作品第一弾『Fate/stan night』がリリースされる。もちろん発売日に予約して買った。事前の雑誌での情報を見ていて、藤ねえお気に入りだった(まさかあんなことになるなんて)。ライダーさんはビジュアルだけ見て絶対アサシンだと思っていた。体験版の段階でクオリティが大幅に上がっていることは明らかだった。心が躍った。世界が変わる瞬間が、目の前にあった。

魔術師英雄跋扈する本作を終えて、私は思った。私は優秀な魔術師でも高潔英雄でもなく、なんでもない、取るに足らない、醜い人間が好きなんだと。だから私は、間桐桜衛宮士郎物語が好きになった。

桜は魔術師ではあるが、本作においては魔術師としてよりも、もっと違う存在として描かれる。衛宮士郎もまた、魔術師ではなく魔術使いとして描かれる。そしてラストシナリオであるルートでは、桜は家族呪縛から解き放たれて人間として生き始め、士郎は正義の味方に憧れたロボットからひとりの人間に生まれ変わる。魔術師英雄が闘い続けた果てにたどり着いたのが、ふたり人間の、人間としての歩みであったことは、とても感動的で、同時にこれが、奈須きのこが幻の弓塚さつきルートで実現しようとした未来なのではないか想像した。

そして絶望する。ご存じの通り、桜ルート批判された。当時の型月板は荒れた。セイバールートと凛ルートが絶賛されるとともに、桜ルートは徹底的に批判されたのだ。

イリヤスフィール物語オーバーラップして主題が分かりづらいという主張には一理ある(一説にはイリヤルートを作るリソースが間に合わず、桜ルートに混ぜた、と言われている)。描写不足であるという批判も、ある意味では仕方ないだろう。だがそれ以上に、ファンたちは、「多くの人間を殺しながら幸せなエンドを迎える桜」と、「正義の味方であることを諦めてセイバー犠牲にした士郎」を批難した(正確には、彼ら2人に対してというより、そのようにある物語を避難した)。私は憤慨した。衛宮士郎の、何を見てきたというのだ。

正直に言うならば、私はセイバールートや凛ルート衛宮士郎が嫌いだ。凛ルート遠坂凛も苦手である。はっきりと言ってしまえば、物語として楽しみながら、登場人物たちに対しては苦々しい思いを抱き続けてプレイした。そんな彼らが、桜ルートで丸ごと好きになった。桜ルートでは、みな、人間として生きている。それが愛おしかった。

同時に、TYPE-MOON作品のふたつの側面のうち、ファンに望まれる側と、望まれない側が見えた気がした。考え過ぎかもしれないけれど、私がより好む側は、望まれていないように見えた。

それは、未来を取り戻す物語

これ以降、私はTYPE-MOON作品と少しずつ距離を置くようになっていく。厳密に言えば『Fate/hollow ataraxia』は心から楽しんだ(アンリマユとカレン・オルテンシア物語はとても好みだ)。だが、『DDD』は未読、『Fate/Zero』は同人誌として頒布された際に1巻だけ読んで断念、『Fate/unlimited codes』『Fate/EXTRA』には手を出さず、期待した『魔法使いの夜』はプレイしたものの、それほど心惹かれなかった。この間、各種メディア展開で楽しんだものは、佐々木少年による漫画版真月譚 月姫』のみであった。パスタ先輩のことは一生許さないよ。

時は流れ、2014年7月27日。もうTYPE-MOONに何の期待もしなくなった私は、それでも「Fate Project 最新情報発表会」をニコ生の中継で見ていた。そこでUBWのテレビアニメ化や『Fate/strange fake』の正式出版化に並んで、ひとつの新作が発表された。『Fate/Grand Order』。通称FGO。ついにソーシャルゲームをやるのか、と私は冷めた目で眺めていた。むしろ発表会本編終了後のサプライズHeaven's Feel劇場版制作決定の発表の方が魂が震えた(今でもあの瞬間の、観客席からの絶叫と、涙を流しながら挨拶をする下屋則子さんの姿をよく覚えている)。

私はソーシャルゲームほとんどやらなかった。手を出してみたことはあるが、純粋に楽しみ方が分からなかった。というよりそれ以前に、私はいわゆるオンラインゲーム全般が合わなかった。だからFGOが楽しめるかどうか不安だった。2015年サービス開始に合わせてダウンロードし、序盤をプレイした。だめだった。まったく合わなかった。どう頑張っても楽しむことができなかった。私はFGOをアンインストールし、Twitterタイムラインに流れてくるFGOプレイヤーたちの悲喜こもごもを眺めるだけになった。年を重ねてしまった、と感じた。

やがて、現実人間関係の中でも、FGOの話題が上がることが増えてきた。2016年末のイベントの様子はTwitterでも見ていたが、彼らはとても熱っぽくFGOがいか面白く、衝撃的で、とてつもないかを語った。私は羨ましかった。もうTYPE-MOON作品でこんなにも熱く語れることはないだろう。そう思った。

私はFGO本編をプレイしていない。いろいろと明かされたアレやソレを、なんとなく知識で知っているだけだ。そうした立場評価するのは御法度であろう。それでも私はFGOが気に食わない。これは負け惜しみだろうか。それともただの老害しかないのだろうか。私が好きだった奈須きのこTYPE-MOONの描く取るに足らない人間たちの物語は、もしかするとFGO本編でも繰り広げられているのかもしれない(琥珀さんルートや桜ルートが好きで、かつFGOのシナリオがそれと同様に面白い、という人がいたら、ぜひ魅力を語ってほしい。皮肉ではなく、ぜひ知りたい)。だけれども、数多くの英雄スマートフォン上で戦い続け、それをプレイするファンたちが嬉々としてお気に入り英雄が引けたことをTwitter上に報告する様子を、どこか冷めた気持ちで眺めてしまう自分に気付く。私がTYPE-MOONに求めていたものは、これだったのだろうか? 幾度となく繰り返されてきた、単に自分が望むような創作から外れていってしまった存在を寂しく思うという、これはきっとただそれだけのことなのだ。つまり、八つ当たりと取ってもらって構わない。

劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』は、公開初日に映画館に観にいった。素晴らしかった。須藤友徳監督の、間桐桜と桜ルートに対する圧倒的な「理解」に目眩がした。アバンで桜と士郎の「それまでの日々」をたっぷり描いた時点で、完全に勝利だった。FGOで得た利益でこんなにも素晴らしい映像作品が作れるのなら、FGOに感謝すべきであろう、などと思った。第二章も楽しみだ。

なんて無様だ。意味もなく生きてるのはおまえのほうだろ

聞くところによると、FGOの世界には死徒二十七祖(という概念)は存在しないそうだ。私が好きだった奈須きのこワールドとは違う世界がそこにあるのだな、と改めて思った。繰り返すが、これはただの八つ当たりだ。

2017年末も、FGOは盛り上がっていた。きっと酸っぱいに違いないと、私は新年からこのような文章を打っている。2008年4月、月姫リメイク制作決定が発表された。今年、ついに発表から10年が経過する。優先順位があることくらい私だって理解できる。だからもう「月姫リメイクはよ」とは言わない。そのようなファンに耳を貸す必要だってない。FGOを楽しむ人々に向けて頑張っているスタッフの皆さんに、おつかれさまです、と声をかけたい(年始メンテおつかれさまです)。FGOという作品批判する気もない。そもそも批判できるだけの素地すらない。何しろプレイしていないのだから。本当に申し訳ない。

結局のところ、私はTYPE-MOONが、奈須きのこ世界が好きだったのではなく、ただ『月姫』という作品が好きだっただけなのだろう。あるいは、月姫が生まれた、あのころが。

これは八つ当たりだ。私はFGOが気に食わない。ただそれだけの、書き初めである

2017-12-22

anond:20171222003848

そもそもはあちゅう氏の騒動以前からネットの一部では金持ち馬鹿にしたり、ファッション化する傾向があった。(資産家はボンボンだとか、最近では高収入世帯への増税とか)

自分金持ちだが、この種の「金持ちいじり」には心底ウンザリしている。

そりゃあ、清貧に生きてきた人からしたら、負債の一つも持つことも出来ない成金なんて屑に見えるかもしれない。人間として、擁護しようのない欠陥を抱えているように見えるかもしれない。

けどな、そんな俺だって曲がりなりにも何十年も生きて来たんだ。それは他の人からしたら下らないものかもしれないけど、俺自身は一応満足している。自分キャパを超えるような商品を買ってローンを返す人生よりも居心地がいいし、痛風ではあるけれど悪いことばかりではないと思っている。

そんなの負け惜しみ金持ち強がり?ふざけるな。何で赤の他人に、貧困経験がないこと、返済を日常的に行う相手がいないことだけで、人生価値勝手に決めつけられなきゃいけないんだ。何で金持ちはこういう人間だと決めつけられなきゃいけないんだ。金持ち資産家も、その人の情報をまとめたラベルじゃない。スーパーで売られる商品は、ラベル殆ど全ての情報がつまっている。けれど、俺は人間だ。どこにもラベルは貼られてない。

金持ちを誇る気なんて一切ないし、心中金持ち馬鹿にしたいのなら大いに結構別に内心の自由にまでケチをつける気はない。けれど、それを公言したり、一方的イメージ金持ち押し付けないでほしい。ただただ、金持ちという事実をほっておいていてほしい。

「こんなこと書いてるから金持ちなんだよ」なんて誹謗を目にすることのない時代を、求めさせてほしい。

2017-12-19

考えがあってそうしたわけではないのに、後から言い訳する

考えがあってそうしたわけではないのに、後から言い訳する。見ていてイライラする。

何故このようにしたのかと問われて返ってきた言葉は「特に意味は無く、なんとなく」

じゃあこれは止めてほしい、気分の良い物では無いと言われて帰ってきた言葉は「そんなこと言われるのは初めてですあなた感性が独特なのだと思います。世の中私の考えが標準です」

見ていてイライラする。後から根拠も無くこんな事を言い出すなら、始めからちゃんと考えて物事をすべきだし、間違っていても考えの上でならここまでイライラはしない。

何となくでやった間違いなら、済みません、次から気を付けますで済むこと。

考えもせずにやって、後から負け惜しみみたいなことを言って、やっていることが矛盾していないか

2017-12-14

童貞オタクは優しいという風潮

「俺たち童貞オタクこそが優しいのに、リア充チャラ男イケメンDQNこそが一見女に優しいようで女を物扱いするクズなのに、リア充チャラ男を選んで俺たちを選ばない女は馬鹿だ!」ってよく聞くけどさ、

童貞オタクって優しいか

ネットで見るに耐えない女叩きしたりセカンドレイプしたりするじゃん。女子中学生誘拐されたときなんか被害者女子中学生悪女と決め付けて叩いてたじゃん。そんな奴ら地雷しかしないじゃん。勿論童貞オタク全てとは言わないけどさ。

逆に考えてみろよ。

「私達ブス喪女こそが真に男に優しいのに、一見男に優しいようで奢らせたりATMにしたり男を物扱いしてるスイーツ()美女を選んで私達を選ばないから男は馬鹿!」

って言ってる女がいたらどうよ?

ブスの負け惜しみだと思うだろ?

ましてツイッターレディースみたいなのがそれを言ってたらどうよ?

お前らどこが優しいんだって思うだろ?

内心なんてわからないんだから、表面だけだろうが優しくていい思いさせてくれて顔のいい人間に惹かれるのは当たり前じゃないか。そうでない人間とかマゾかよ。

2017-12-13

anond:20171213183747

からなに、って、言外のことまでちゃんと説明すると、

異性愛を憎んでるなんて負け惜しみに決まってんだからそんな言葉つかまえて批判してやんなよ」

ということ

2017-12-09

彼氏欲しいなーいらないけど

ちょとそろそろ彼氏いた方が良いかもしれないと思って街コンとかアプリとかやってたけど、まず人を好きになる感じ分からなければ頻繁に連絡来たり、付き合ったらこの人とばかり遊ばなきゃいけないと思ったら気持ち悪かったわ。

好き合える人が欲しいって訳じゃなく、付き合える彼氏っていう存在だけ欲しかっんだなー。

向いてないなと思ったし、ドラマとか漫画創作洗脳されすぎてたなって気づいてしまった。

他人から負け惜しみって言われようが、1人で気楽に暮らす方が私には幸せなんだと思うから、堂々と1人で生きていけるカッコいい女になりたい。

2017-12-06

anond:20171206132436

ホーラ、案の定そこが頼りか

他所数字出した上で開発系までいるわけだけど

なんで同じことができないわけ?

無能なのはお前のところだけでーす

もう周りに認知されてるから異動がスムーズなんだろ

負け惜しみかさねましょう

2017-11-27

anond:20171127080853

「諦めた」が負け惜しみになると言うのが意味不明だが…

「諦めた」って「負けを認めた」と言う意味だけど。

anond:20171127080531

そりゃあ「本当は結婚したいくせに諦めたなんて負け惜しみを言ってる」と思われた方が絡みがうざくなるからだよ

痛々しいと思われるとかそういうのはどうでもいい

2017-11-26

anond:20171126163535

それが日本の歪みの根源だよな

正義は勝つ→勝つには個人努力集団の一致協力が必要

こういう真っ当な意見

敗戦=誤り、にできないせいで主張できなくなる

勝てば官軍というのが日本では

正しいことを成したものが勝つって意味じゃなくて負けた方が間違ってないって負け惜しみから

その理屈のせいで勝つために団結できない人が出るんだよね戦後世界

2017-11-21

anond:20171120220227

でも、結局そーゆー女が好きなんでしょう。

負け惜しみしか聞こえない。

2017-11-09

例えば地元首長選挙自公相乗りの現職がもう何をどうやっても勝つに決まっていて、

共産党の推薦候補はただただ無駄税金を使わせる嫌がらせのためだけに出馬してくるような状態で、

そんなんだから有権者も呆れちゃって、投票率が30%台まで落ちて今回もそうなる見込みなんだけど、

からって投票率の低さを理由に信任されてないとか言うのは単なる負け惜しみしかないよね

2017-11-07

anond:20171106221506

何言ったって負け惜しみを言うだけだから無視するのが一番でしょ

2017-10-29

Good Loser(潔い敗者)のススメ

損切りタイミング

しろ時間がかかるネタなんかでやってる僕が愚かなだけだ。

俺も1回目の起業は失敗した。

 

(1)受託開発から(2)自社開発への移行ができなかった。(自転車操業で終わり)

どこで区切りをつけるかは、あらかじめデッドラインを決めておいて、一線を越えたら潔く撤退しても良い。

(俺の場合自分だけでなく他人を巻き込んで迷惑をかける段階をデッドラインにしてる)

 

前いた会社で、退社して起業したけど失敗して、出戻りの人がいた。

俺もその人のことを思い出して、失敗後は社畜生活に戻った。

 

縁起でもない話だが、もしも失敗してしまった場合でも「ただでは転ばない」という気概を持って欲しい。

自分体験たことをよく観察して、失敗の原因をよく理解したら、それは無形の財産になる。(負け惜しみかもしれないけど)

自分直接体験は、他人から教えてもらった間接伝聞よりは、比べ物にならないほど、たくさんの情報が詰まっているからね。

 

ブラック損得勘定おかしい?

前項で述べたように様々なマネジメントスキルなしで、いや、マネジメントがなくても、なんとか物を完成させようとしてブラックになったんだよなとも。

でも、前にも述べたとおり、日本人は人のアドバイスを聞かないし、指摘もできないから、

日本人って、ある意味クソ真面目なところがあるよね?

日本近代史を学ぶと「なんで無謀な戦争をやったんだろ?」とか疑問に思うけど、当時の日本人は「玉砕美学」だったんだろうなと思う。自己犠牲を厭わないことは立派だけど、今の世代から見ると当時の人は損得勘定おかしいと感じる。

翻って今の日本人はどうか?実はあまり変わってない可能性もあるね?(過労死自殺するまで働くって、意味が分からない。)

 

生きている限り、「捲土重来」で1回目はダメでも撤退して力を貯めて、再び勝負することはできる。

もしも、大幅な軌道修正必要になって、いったん体勢を立て直す必要が生じたら、そのときは失敗を認めても良いと思う。

 

失敗のとらえ方

俺の考えでは、(研究開発を一生続ける限り、)

失敗とは「終着点」ではなく「通過点」であり、プロトタイプ(試作品)の一つにすぎない

ということ。

 

 

インタビューで彼が強調したのは、「失敗から学ぶ」という姿勢

人生には、自分自身の「失敗」だけでなく、予期せぬ不幸や様々な「挫折」がある。

人間は「挫折」した時に、<その後、どう生きるか>で真価が問われる。

 

投資家ジョージ・ソロスは、Fallibility(ファリビリティー、人間判断誤謬性)を主張した。

失敗はゼロにできないが、失敗をいかに早く軌道修正できるかでその後の結果は全く違うものとなる。

大切なのは、素早い判断軌道修正であり、新規事業プロジェクト管理ではOODAが有効方法になる。

 

オペレーションズ・リサーチ効率的意思決定

システム開発をするときリスクマネジメントを学んでいると思う。

いろいろな準備が必要だが、最悪の事態を避けるための「保険」をかけておきたい。

 

物事の展開は、

  1. 最善:今より良くなるパターン
  2. 最悪:今より悪くなるパターン
  3. 現状維持:今と同じパターン

の3パターン以上を想定して、各々の場合対応できる準備をしておかなければならない。特に悪化したとき対策重要だろう。

自分がやっている仕事に応じて、しっかりと安全策、保険を用意しておき、ダメときはなるべく損害を最少にして退避できるようにしておこう。

 

負けを認めることは、恥ずかしいことじゃない。

賢い人ならただの敗者ではなく、「Good Loser」になれる。(また後で挽回のチャンスを作ればいいだけの話)

  • ダメで元々
  • できれば儲けもの
  • 失敗してもクヨクヨしない

割り切っていこう!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん