「血統」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 血統とは

2018-06-21

anond:20180621175214

膨大な数の馬主関係者騎手調教師等)全部に根回しとか無理でしょ。

許されてるのは、普通に内容が競馬愛とリスペクトに溢れているから、だと思うよ。

勿論過激描写もないし。

ヘリオスルビー引退した時は、ガチで「二人を結ばせてあげて」と訴えるファンがいたらしい。

(勿論血統的にあり得ないので馬主スルーしただろうが)

あとウイニングポストにこの二頭の子供という設定の架空馬がいたりする。それくらい影響あった。

「まだ今ほど同人だのコミケだの二次創作だのがメジャーじゃなかった90年代に、

そういう世界とは縁薄いであろう業界漫画擬人化捏造男女カプが広く受け入れられる」と言う現象

オタクから見ると割と面白い

2018-06-18

競馬なんて血統からしてこだわってるんだぞ

人間スポーツマンだってそこまでこだわってもおかしくないわ

人種遺伝子努力は勝てんよ

2018-06-11

HINOMARUは他の若者向け国粋主義ソングと何が違ったか

この手の血統による選民意識を擽る歌って昔からあったよね。「東京まれヒップホップ育ち」って部分だけが切り取られるあの曲だって、実際には「父と母に感謝」「日出ずる国に生まれ育ち」みたいな事が歌われてる。

HINOMARUが他の同類の曲よりもなんか気持ち悪いのって、身の回りの人への敬意とか土着的な愛国心とは離れた、フワフワしたネトウヨ史観というか、都合良く編集抽象化された「ぼくのかんがえたかっこいいにほん」っぽさが拭えないから。そして、幼稚で自己肯定感が低い人ってこういうのを好みそうだから。「例のラノベ」に近いものがある。

anond:20180611140718

だーかーらー

これまではブロンド男の娘にはなれてもお姫様になれなかったっていう現状に対して、プリキュアが「男の子だってお姫様になれるよ」って肯定を与えてくれたって話でしょ。

ていうかルッキズムだの血統だのグダグダ言い訳してデモデモダッテしてないでてめえでなりたいならなれるための努力しやがれって言いたいんだが。

あ、もちろん鴨川会長の「努力したものが全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる!!」っていうのは忘れないでね。

anond:20180611135830

プリキュアで言ってたのは、「どれだけ努力しても絶対になれない」んじゃなくて「努力をしていればなれる」っていうゼロイチってことがテーマなんじゃないのかね。

これ言うと絶対叩かれると思うけど、女性人権運動が始まった頃の「女には~~は無理」っていうのが時代の変化とともになれるようになったっていう。

血統大事とか言うとけどそれ必須ディズニープリンセスとかってみんな全員必ず100%由緒ある血統の人だっけ???

anond:20180611134906

努力してなろうとするのは当たり前だけど、それ以前にお姫様になれるだけの資質素養必要だよね。

ヒーローになりたい女の子たちだって普通女の子以上の力や度胸を最初から持っているはず。

少年ジャンプの各作品も、努力友情勝利以外に、事実上血統」も必要条件となってしまっている。

2018-06-08

anond:20180608155840

ファンタジーお約束として、現実と異なる点においては説明しろよってのはあるんじゃないの

バリバリ血族政治王家お姫様が流れ者の主人公と「ウチは恋愛結婚OKなの!」っていきなりくっついたら、おいおいどうやってお前ら血統維持してきたんだよって説明が欲しくなるじゃん

2018-06-07

anond:20180607000040

普段本を読まない人が「日本人血統まじ世界一!」という思いに浸るためだけに手に取るのが百田さんの本なんだろうな。他の作品に触れてないから内容の陳腐さ、薄さとかに気づかなくて支持してしまう。売れるから映像化もされる。でもいい加減その醜悪さもバレてきているよね。

2018-06-01

しばらく競馬から離れている人が知ったら驚きそうな最近競馬事情

大阪杯ホープフルステークスGIになっている

大阪杯は「春の中距離王決定戦」という位置付けで、春天宝塚記念とあわせて「春古馬三冠」を形成している。

ホープフルステークスは2歳の中距離路線向けということで、マイル路線朝日杯と区別され、阪神JFとあわせて2歳GIが三つあることになる。

海外レース馬券が買える

そのレース日本馬が出走するときにあわせて「海外馬券」として馬券を買えるようになった。

日本ダービー海外馬が出走できる

2010年以降、日本GIはすべて「国際GI」となっているので、ダービーとは言わず全てのGIで、ルール上は海外馬でも出走できる。

ジャパンカップでは10連続日本馬が勝利

ここ10年、外国馬は1着どころか3着以内すらない。

日本馬のレベルが上がったということもあるが、有力な海外馬がチャンピオンズデーやブリーダーズカップのほうを優先するという事情もある。

外国産馬の活躍も少ない

いわゆる「マル外」も、たまに短距離ダートGIを勝つくらいで、芝の中長距離路線で主役となった馬はやはり10年以上いない。

シンボリクリスエスタップダンスシチーあたりが最後か?)

史上最強スプリンターサクラバクシンオーではなくロードカナロア

ロードカナロアは史上初めて国内の短距離GI3連覇し、距離を伸ばして安田記念勝利さらに「凱旋門賞を勝つより難しい」と言われた香港スプリントを連覇した。

スプリントGI5勝は他に冠絶した記録で、スプリンターとして初の顕彰馬を期待されている。

史上最強マイラータイキシャトルではなくモーリス

モーリス安田記念マイルCSの両マイルGI制覇に加え、距離を伸ばして秋天勝利さら香港遠征してチャンピオンマイル香港マイル香港カップを制覇した。

ジャック・ル・マロワ賞を勝ったタイキシャトルの功績はいまなお讃えられるものの、実績ではモーリスがそれを上回ったとする声が多い。

史上最強牝馬ウオッカダイワスカーレットではなくジェンティルドンナ

下手をするとエアグルーヴあたりで知識が止まってる人もいそう。

ジェンティルドンナ牝馬三冠ジャパンカップ連覇、有馬記念ドバイシーマクラシックGIを7勝。

一つ上にオルフェーヴルが、同世代ゴールドシップジャスタウェイがいるなかで、獲得総賞金は牝馬史上最高。

顕彰馬にも選ばれている。

史上最強世代は98世代ではなく12世代

オールファンであれば、最強世代と言えばスペシャルウィークエルコンドルパサーグラスワンダーの98世代を思い浮かべるだろう。

しかし、98世代は有力馬の実働期間が短く、やや勝ち逃げ感が漂う。

12世代は、先に挙げた最強牝馬ジェンティルドンナに、GI6勝のゴールドシップ、中距離では世界最強と評されたジャスタウェイなどが揃う。

世代GI獲得数は史上最多で、特に同一GIの連覇が多く(必然としてGI2勝以上している馬が多い)、海外GIでの勝ちも複数ある。

印象で言えば異論もあるだろうが、実績では他世代を圧倒している。

最高獲得賞金馬テイエムオペラオーではなくキタサンブラック

馬主演歌歌手北島三郎ということで有名になったキタサンブラック

父はブラックタイド、母父サクラバクシンオーという地味すぎる血統

3歳秋からめきめきと実力をつけて菊花賞を勝ち、しばらくは「まぐれじゃないの?」と思われつつ(初めて一番人気になったのは4歳秋だった)、最終的にはGI7勝を積み上げた。

引退レース有馬記念勝利したことで、これまで一位だったテイエムオペラオーの獲得賞金を抜き去った。

ノーザンテースト父系は絶えている

2010年引退したマチカネタンホイザ最後ノーザンテースト種牡馬だった。

現在の主な種牡馬

サンデーサイレンスが亡くなった直後の2005年前後の馬が残った。

リーディングサイアーランキングはここ5年くらいディープインパクトが独走。

ディープインパクト産駒が今週末の英ダービーに出走する

ディープ産駒のサクソンウォリアーは、既に無敗で2000ギニー日本では皐月賞にあたる)を制しており、ダービーでも断然の一番人気。

馬主アイルランドクールモアグループだが、ダービーを勝てばクラシック三冠を狙うことを宣言しているらしい。

追記。

馬齢の数え方が変わった

のは2000年なのでだいぶ古いですね…

外国騎手短期免許ではなく通年免許を認められるようになった

というのは大きいですね。

ミルコ・デムーロクリストフ・ルメールはいまやJRA所属騎手です。

あと騎手関連で言えば、少し古い話ですが、地方所属だった騎手中央移籍することが増えたとか。

2003年安藤勝己正式移籍したのを皮切りに、内田博幸岩田康誠戸崎圭太らが中央移籍し、リーディングジョッキーを獲得しています

最強論争は荒れる

のはもちろんです。

もしリアルで話すとしたら慎重に、相手競馬を始めた年代を見極めて、当時の最強馬を持ち上げていきましょう。

キタサンブラック

追加しました。

地方交流GIも含めた最多GI勝利

は、ヴァーミリアンの9勝でも、ホッコータルマエ10勝でもなく、コパノリッキー11勝です。

2018-05-15

anond:20180515124911

あたまわりーな

他の親子丼義理親子丼やとしたら、これはただの血統上間違いのない親子丼


本人丼なら、

卵になるまえの細胞を入手、2つに分けて、ひとつは卵のまま保存、もう一人を成鶏まで育てる(クローン丼)

2018-05-11

anond:20180511171910

そういや何で遺伝子の繋がりのことを血で表してんだろうね

血を分けたとか血統血縁とかさ

肉統とか骨縁じゃだめだったんか

2018-05-07

最近ハーフ流行り?

最近ハーフ流行っているのかなぁと母親が話していた。

どうやらテレビに映る人々がハーフの人が増えている気がするというのだ。

具体的なデータもないし、別に血統人種にこだわる気はさらさらない。

ただ、クラスにもハーフ人間はいた。学部内でも同じ学年かいた気がする。

まぁ、黒人とのハーフも見たことはあるが大抵は白人とのハーフだ。

身体的特徴があるから認識できるのだろう。

クラスにいたやつは、割とよく見る気がする母親日本人パターンだ。

まぁ、彼の性格は良くなくて見てくれが良く慶応に進学した。

大抵の場合は怒る人も出て来るが、容姿主義的な流れはあるだろう。

大きな目やら、白い肌やら、高い身長で世の中気に入られたりするものから白人ハーフ人間が欲しいと思う人間も出てきておかしくない。

今日明日自分は汚い顔を晒して生きていくのだろう。

2018-05-03

「お前が復活しても俺の子孫がお前を倒す!」←毒親的発想

子供自分の夢を押し付けるな。

子供には職業選択の自由がある。

自分の夢は自分で決めていいんだ。

そう考えると、歌舞伎などの伝統芸能子供から自由を奪っている。

あいうのは、血統ではなく志願制にすればいい。

劇団四季ミュージカルと何が違うんだ?

2018-04-18

夫の姓や夫の家系に入るのを嫌うのに、夫の精子大事だと考えるのは

anond:20180418152748

夫の姓を名乗ったり、夫の家系に入ったり、戸籍をいれたり

または、夫の親と暮らしたりするのも、嫌いだというのは、わかる。

自分は、誰のものでもないし、独立したパートナーとして生きていたい。

夫の親が、要介護になって介護なんかしたくない。たいへんだと思う気持ちもよくわかる。

血縁なんか、糞くらえだと思う。


ところがだ。

自分の子供がほしいとなったら、急に血統が気になる。夫の精子がー。

いやいやいや。

夫の親、嫌でしょ?介護なんかやりたくないよね。夫の姓になるのはどうなの?と思ってるんでしょ。

血縁家族家系なんて、めんどうな付き合いしたくないんだよ。

それなのに、なんで、夫の精子大事なの?

アホなの?

子供にも、同じ思いをさせたいと思ってるの?

それとも、自分だけは特別から子供とその伴侶に世話させたいと思ってるの?

2018-03-26

anond:20180325155823

これを読んで最初に思い出したのは鄭大世だった。

血統的には立派な朝鮮人だが、育った環境日本日本北朝鮮どちらでサッカーした方が技術を磨きやすいかは、まあ少しでも考えれば歴然だろう。言葉についても、テセ自身朝鮮学校を出ているか朝鮮語が喋れるつもりだったそうだが、実際に代表チームに合流すると言葉が通じなかったそうだ。おそらく、北朝鮮で話される朝鮮語と、日本朝鮮学校で習う朝鮮語英語アメリカ英語くらい違うのだろう。

北朝鮮人達鄭大世についてどう思って居たのだろうか。

はい鄭大世は、大坂と違って祖国に媚を売りまくっていたので、そこまで悪い扱いを受けていないと思いたい。

2018-03-23

anond:20180323211035

それ縁故だろ

有能だから関係ないとこに相続するじゃなくて

有能だったら血統に取り込むだろ

いまでも嫁はあかのたにんの一般人からかえるわけで

屋号だけ他人族のまま相続せんだろ

anond:20180323162850

オリンピックの絵柄ひとつ「みんなでえらぶ」ができないのに選出するとか無理だろ

血統を守る以外に日本人伝統を守る方法なんてほかにないだろ

日本縁故でない人間が引き継げた伝統ってなにがあるよ

2018-03-13

anond:20180313202244

こうした連中って「ボクちゃん正義から何してもいいの!」

って考えだからね。橋下さんの時も「ハシシタ」だのと馬鹿にして

血統差別を平気でやらかしたりね。

2018-03-12

民族DNAについてだが

結論からいうと大した意味はない。

 

大した意味はないっていうのは、

結局ただその土地にあった進化が起こっただけだからだ。

 

インド人はもともと白人だった。

しかインドという土地で長年暮らすうちに、皮膚が黒いほうが日射に強くなるので、

当然のように肌が黒く変化していった。

まり、血なんてものは確固としたものとして存在しているものではないということだ。

みんな発祥理由としては、その土地風土に影響されてきた。

食べ物気候や日射や寒暖の差や風や季節や、

その土地で最適な体質に年月をかけて変わったというだけの話。

 

個人単位で見るとDNAや血は大きな運命を決める要素のように感じるが、

実際は人間が趣向をもって変わったのではなく、

単にその土地に影響された結果でしかなかったということだ。

まり重要なのはDNAのものではなく、DNAが発現したその土地特性のものだ。

そこでふるいにかけられ続けた結果、環境DNAを作った、まさにダーウィン進化論を元に分かれてきたのだ。

からどの血統がいいとか、悪いとかは話にならない。

血統を作り出す、土地特性こそが最も重要からだ。

そのため血統差別をする意味はない。

重要なのは土地を持つ人間が誰かということだ。

2018-02-28

東ヨーロッパ(+バルカン半島南コーカサス諸国歴史的英雄

中東アフリカはすっ飛ばしました。

anond:20180223194300

ウクライナボフダン・フメリニツキー(1595-1657)ウクライナコサックを率いてポーランド・リトアニア共和国に反乱を起こし、ウクライナ自治権を勝ち取った。その後、単独での防衛は難しかたこからロシア保護下に入ったことで、後のロシアによる支配を招いたとも言われる。ユダヤ人虐殺したこともあり、毀誉褒貶が激しい。
ベラルーシタデウシュ・コシチュシュコ(1746-1817)現在ベラルーシ、当時のリトアニア大公領に生まれアメリカ独立戦争に参加し、ポーランド独立のためにロシアと戦った英雄。なにがなんだか。一般には「ポーランドリトアニア英雄」とされるが、ベラルーシも「うちの出身やで」と主張している。ベラルーシ人特に民族意識希薄なため、他に民族的英雄があまりいないようだ。
モルドバシュテファン三世(1433-1504)モルドバ公国の公。その統治モルドバ歴史上で最も繁栄した時代だとされる。またフニャディ、スカンデルベグ、ヴラドらと並ぶ「反オスマン」の英雄であり、特に「ヴァスルイの戦い」での大勝が名高い。ヴラド・ツェペシュとは従兄弟同士で、親友だったとも言う。
ロシアアレクサンドル・ネフスキー(1220-1263)ウラジーミル大公国大公モンゴル帝国に臣従しつつ直接的な被害を免れ、むしろ敵対していたスウェーデンを「ネヴァ河畔の戦い」で、ドイツ騎士団を「氷上の戦い」で打ち破って勇名を轟かせた。スターリン独ソ戦の際に「かつてドイツを打ち破った」アレクサンドルを英雄として持ち上げたために有名になったとも。
アルバニアカンデルベグ(1405-1468)オスマン帝国支配下にあったアルバニア軍司令官だったが、フニャディ・ヤーノシュの反乱を鎮圧するために差し向けられると、逆にフニャディに同調して造反し、オスマン軍をアルバニアから追い払って独立を達成した。
ギリシャアレクサンドロス三世言わずと知れたアレクサンダー大王大王の出生地現在ギリシャにあるなど、古代マケドニア王国の大半はギリシャ領に含まれており、ギリシャは「マケドニア共和国マケドニアと名乗るべきではない」と主張している。しか地域としての「マケドニア」にマケドニア共和国が含まれるのも事実である
マケドニアアレクサンドロス三世言わずと知れたアレクサンダー大王現在マケドニア共和国に住んでいるのはスラブ民族であり、古代ギリシャ人との血統的繋がりは無いとされる。しか古代マケドニア王国ギリシャ人国家だったものの、都市国家形成せず、政治体制も異なるなど、アテネスパルタにとっては「辺境」「蛮族」の感が強かった。
クロアチアシップ・イェラチッチ(1801-1859)オーストリア帝国支配下にあったハンガリーの、さら支配下にあったクロアチアにおいて、クロアチア人たちの総督として独立志向し、オーストリア皇帝の命でハンガリー独立運動鎮圧するなどした結果、一定自治権を獲得した。独立運動先駆者評価されている。
セルビアミロシュ・オビリッチ(?-1389)セルビア王国騎士セルビアオスマン帝国惨敗したコソボの戦いの後、オビリッチは寝返ったふりをしてオスマン帝国皇帝・ムラト一世に近づき、そして刺殺した。コソボの戦いで戦死した王や騎士たちは後世英雄とされ、多く叙事詩の題材となったが、オビリッチもまたさまざまな伝説主人公となった。そらこんなんおったらオーストリア皇太子暗殺するわな。
ブルガリアワシル・レフスキ(1837-1873)革命家オスマン帝国統治下にあったブルガリア独立を目指して、国内革命組織ネットワークを作り、外国武力によらない独立を構想したが、オスマン帝国によって拘束され、処刑された。
ボスニア・ヘルツェゴビナリン(?-1204)ボスニアの「バン首長)」。もとは東ローマ帝国に属していたが、セルビアのステファン・ネマニャと共に離反し、ハンガリー王国庇護を得つつ、実質的独立を果たした。彼の統治のもと、ボスニア文化民族の土台が築かれ、いまなおボスニア歴史上で最も平和繁栄した時代と称される。
モンテネグロペタル二世ペトロビッチ・ニェゴシュ(1813-1851)モンテネグロ君主国家近代化に貢献し、オスマン帝国との軍事衝突を凌いだ。しかしそれよりも大きいのは詩人としての名声で、彼がものした叙事詩モンテネグロ文学史上の傑作と目されている。いくつかは日本語訳もされているらしい。
ルーマニアハイ勇敢公(1558-1601)ワラキア公。オスマン帝国敵対し、「カルガレニの戦い」でこれに大勝した。また、トランシルヴァニアモルダヴィア併合し、ルーマニア統一一時的にでも成し遂げたが、その翌年に暗殺されてしまった。
アルメニアヴァルダンマミニアン(387-451)アルメニア貴族アルメニア支配していたササン朝ペルシャによるゾロアスター教強制改宗に反発し、寡兵ながらササン朝大軍に立ち向かった。戦いには敗れ、ヴァルダン戦死したものの、ササン朝は譲歩してアルメニア宗教自由を認めた。
アゼルバイジャンスマーイール一世(1487-1524)サファヴィー朝建国者。サファヴィーとは教団の名前で、その狂信者兵士としたイスマーイールの神憑り的な軍事能力によって勢力を拡大したが、「チャルディラーンの戦い」でオスマン帝国に敗れ、意気消沈して晩年を過ごした。ちなみに当時のアゼルバイジャン現在アゼルバイジャン共和国領土はけっこうズレているらしい。
ジョージアタマル(1160-1213)ジョージア王国女王セルジューク朝の影響を排除して、ジョージア王国の最大版図を築き、文化的にも黄金期を現出した。中世グルジア文学最高傑作『豹皮の騎士』はタマ女王に捧げられた長編叙事詩である

2018-02-17

https://anond.hatelabo.jp/20180217093434

なるほど、確かに被害者がいる以上仕方ないことだよね。

商売上手なユダヤ人が儲けて、偉大なる血統を持ったゲルマン民族が貧しくなってるのも対策必要だよね。

教育の機会が満足に与えられず、社会福祉もろくに機能していないために貧困に陥った黒人が、犯罪を犯す以上これも対策必要だよね。

隔離しよう、全部被害者はいるのだから

2018-02-07

オタク

ワンピースオタクみたいなおまえオタクじゃないだろ感あるけど(失礼)、自分が猫オタクな気がしてきた。猫オタクの中でも凄い猫オタクってわけではないけど

実家で三匹猫を飼ってる(他動物いろいろ)

・猫マッサージ習得してる

・猫の血統種や模様の読みをしってる

複数猫カフェに遠出して行く

複数保護猫カフェに遠出して行く(寄付を更にする)

ツイッターで猫アカウント20以上(把握してない)フォローしてる

ユーチューブで3アカウント以上の猫アカウントフォローしてる

・猫の病気解説するアカウントを熱心に読んでる

パクツイ猫写真アカウントをもれなくブロックしている

・猫の鳴き声サイトリンクを保存してる(https://purrli.com/

・猫に関係する話題を見かけたら即読む

・猫を飼いたいと何度も何度も友人に話している

趣味は猫だと言える

・猫をいずれ飼うために仕事や住処を考えてしま

保護猫を飼うための準備を鼻息荒くしている

オタク今日から自称しようと思う

2018-02-06

anond:20180206101330

過密的な訓練期間は躁状態、それが3ヶ月以内しか持たないこと、それでその他の期間は概ねうつ状態、ということになれば躁うつ病可能性がある。

躁うつ病(≒双極性障害)とうつ病は、似ている部分もあるし明確にわけられない場合があるものの、「治療法が異なる」という大きな違いが存在する。

いまの診断がうつ病ADHDなのであれば、本当に躁うつ病ADHDでないのかどうか、担当医とよく相談したほうが良い。

なお一般的躁状態の症状は、睡眠が短くても平気、快活で爽快な気分、活動量の大幅な増加、多弁、新たな興味・感心、浪費傾向(場合によっては借金も)、血統妄想ナポレオンの生まれ変わりだ!)、などなど。期間は数日から数ヶ月であることが多く、過密的な訓練期間とやらが3ヶ月以内で毎回終わるのなら、該当する可能性は十分ありそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん