「血統」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 血統とは

2021-06-20

機械学習実践してみたく、競馬の予想をするやつを趣味で作った。試作品ができたので振り返りをする。

作ったのは過去レース結果を元に対象の馬が3着以内に入るかどうかの2値判定をする簡易的なやつ。テストデータでの的中精度はだいたい80%だった。まぁアルゴリズムも1種しか試してないし調整前だけどこのくらいかな。ネットで同じようなことしてる記事を見ても同程度のようだ。ちなみに下手な自分が気分で予想するよりかは断然高精度。

ただ、予想に影響する重要な要素としてわかったのは上がり3Fタイムとか騎手とかその辺りの情報で、まぁそんなところだよなぁと少しがっかり感ある。期待以上の隠れた結果は得られてない印象。もっと違うデータ必要かな。次は血統観点にしたい。

最近休日や平日夜はこの勉強とか調べ物とかをしていて、競馬予想するよりこの開発してる方が楽しいという本末転倒な感じになってきている…。

2021-06-09

ウマ娘ネタは尽きるところを知らない

たとえ現役の名馬からセントライト時代まで使い果たしたとしてもまだ外国がある。

近年でいえばフランケルアメリカンファラオもっと昔にダンシングブレーヴリボーセクレタリアトシーバード、その他血統表に名前が頻出する馬達。外国にはディープインパクト以上の名馬がたくさんいる。

それを使い果たしてもまだ三大始祖や多くのサラブレッド父系祖先となったエクリプスとPotooooooooなどがいる。

外国競馬歴史日本よりも古い分名馬の数が多い。

実在の馬を使い果たしてもまだミドリマキバオーシルフィードサードステージやギンシャリボーイなどの架空の馬がいる。

から元ネタ切れ自体は防げる。これで面白くなるかはわからないが。

anond:20210609145137

しかに食物依存症っぽさを感じるけどそれって腹もこわさず成人病にならず健康でいるのならもううちのだんなはギャル曽根血統だったとおもうしかないのでは

10年くらい連れ添った飼い犬が亡くなった。

ほんの1ヶ月前までは元気だったのに、調子が悪くなってからはすぐに逝ってしまった。

血統を感じさせる良い子で、特に躾をした覚えが無い程度にははじめから賢い子だった。

これまで一緒に暮らしてくれた分、老後数年間の介護で少しでもお返しができればと思っていたのだがこうもあっさりと……。

そこは手をかけさせろよと、初めて文句を言いたくなるくらい。

生きた温もりと死の冷たさの両方が自分の手に残っている。

急過ぎてまだ涙も出ていない。

ただ今、こうして書くことで、やっと心の穴というか、虚無さに気付き始めることができたような気がする。

ゆっくりおやすみ

2021-06-06

ファイアーエムブレム聖戦の系譜の子世代萎え

エーディン(女回復役)の息子が弓使いで、弓使いの男とくっつけることしか考えられていないゲームシステム限界を感じて萎えしまった。

あれだけ血統を重視した世界観なんだから、父母両方のクラス子供に受け継いでほしかった。

FEシリーズでこの不満を解消しているものがあるならやりたい。FE以外の別ゲーでもいい。


ゲームシステムのせいで萎えしまったので、シグルドの無念は晴らせそうにない。ごめんな。

2021-06-05

知性のサラブレッドはつくってはいけないのか?

競走馬サラブレッド血統が命みたいでディープインパクトかいう馬の血を引くやつが今でも強いんだろ?

優秀な遺伝子をかけあわせれば優秀なもの生まれる。

それが実証されているわけだ。

 

人間知的能力は単純に血統だけで保証されるものではないだろうけれど

それでも高い知性同士をかけ合わせていけばより高い知性が生まれるであろうことは充分に予想される。

 

人間社会進歩というのは凡人の不断努力

ひとにぎりの天才革新によって進歩するものだ。

天才と凡人の比率はどの程度の割合ベストなのかはわからないが、

なんとなくの予想では自然のままに任せていると天才割合が少なすぎるように感じる。

よりよい社会発展のために天才を生み出すための素地としての

知性の高い人間同士の遺伝子の掛け合わせ、

知のサラブレッドを生み出すことが必要なのではないのだろうか?

 

本当か嘘かわからないが昔の共産国家では超能力のようなもの真剣研究された時期があるという。

そんなことまでしている以上、知のサラブレッド計画が発動していてもおかしくなさそうなのだ

こっそりと何処かでやっていたりしないものなのだろうか?

2021-06-03

anond:20210603231547

犯人動機必要なように、魔王を倒せる力を持つ英雄にもそれだけの力を持っている理由必要

それを経験によらないものに求めた結果血統になるってだけではないか

なぜ経験によらないものになるかというとプレイヤー主人公からプレイヤーの知らない経験根拠に求めることができないか

たまたま強くなる資質があっただけ、では物語必然性が薄いと考える生真面目なストーリーテリングの結果

血統主義になってしまうというのはジャンプ漫画とかも一緒だと思う

「チームスピカ問題児しか居ない説」というウマ娘解説動画シリーズが素晴らしすぎるのでみんな見てくれ

どこにでもあるニワカの懺悔話。


私はウマ娘にハマりだしてから、いろいろウマ娘解説動画見て学ばせていただくようになりました。

最初はただただ解説動画感謝していたんですが、

いっちょ前に知識が身につきだしてきた頃、

私はニワカの宿命であるダニング・クルーガー効果発症してしまます

自分でちまちまと競馬マンガを読み漁り、気に入った馬について何冊か書籍などを読んでいくうちに

だんだんと「この動画はわかりやすいけれどここが物足りなんだよなー」とか、

なぜか自分が他の人よりちょっと詳しいようなつもりになってきていました。

特にトウカイテイオーについては実際の馬の見た目がものすごく凄く好みだったため、

興味を持って何冊か本を読みました。

そして、さらにこの馬のことが好きになり、ますます「語りたい欲」がムクムクっと湧いてきてしまます

ただ、途中からその馬のことが好きだからというよりも、

アニメアプリで語られてない部分を語ることで、自分より詳しくない人を相手にドヤを決めたい」という気持ちが強くなってきていたわけですね。

もうこれは馬のことが好きというより完全に自己顕示欲やないか・・・



んで、しこしこ動画制作方法なんかを調べながら、研究のために他の動画とかを見てたんですが……。

出会っちまったよ……。

自分が作りたかった動画自分より何倍もわかりやすく丁寧に、そして明確なコンセプトのもとに作ってる動画に。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm33239717

この動画本当に素晴らしすぎるので見て……

この動画アニメ二期が始まる前に作られたとは思えないともいえるし、アニメ二期が作られる前だったからこそできた動画だともいえます

申し訳ないけれど、今までみた他の解説動画が霞むような掘り下げが行われています

ただ実際のレース淡々解説してくれる入門動画Wikipedia情報ももちろんそれはそれでとてもありがたかったし

ニコニコ大百科のように編者の主観に沿って枝葉をそぎ落としながらすっきりとした読み物にまとめてくれている読み物も面白かったんですが

この動画はそれ以上です。

それぞれの馬の性格からレースでの走りっぷりまできちんと分析を行っており、

かつスピカ所属しているメンバーの元となった馬一頭一頭を「主人公」として、アニメとは別の形でストーリー構成しています

もうこの動画を見ると、

メジロマックイーン主人公だったウマ娘二期」のストーリー自分の中に浮かんできます

それは、アニメ二期と似てるようでちょっと違うのですね。

そして、この動画を見たあとでいよいよトウカイテイオー動画を見るじゃないですか。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm33345191

本人は「今回の動画はうまくまとめられなかった」って言ってるけどそんなことは全然なくて、ちゃんと母方の血統からきっちりと語られていて満足度は高いです。

アニメで飛ばされたレース、負けたレースについてもしっかりと原因がわかるようになっている。

自分解説動画を作ろうと思ってたからこそ、

自分が感動したポイント」をしっかり押さえつつ、それをただ列挙するのではなくストーリー仕立てにしてすっきりとまとめてるこの動画ほんとすげえ……ってため息しか出ない。

これからは、とりあえずこの動画見てくれってお勧めできる。

なんか憑き物が落ちたようですわ……。

と、私のだらだら語りはいいのでとにかく見てくれ。アニメ二期見た人ほど感動すると思う。

※なお、この動画には淫夢要素がありますので注意(遅い)

あなた特別な人だ、と語りかけるドラクエ血統主義

anond:20210602223511

ドラクエ血統主義気持ち悪いという意見をみたが、これに対する私見を述べる。

結論を先に言うと、ドラクエプレイヤーが愛されることを体験できるゲームからそうなるのである。以下、詳細を述べる。

ドラクエ主人公勇者というのは案外イメージしかなく、実際は勇者ではない主人公もいるのは既に言及している人がいる通り。しかし、ドラクエ主人公勇者王族、または勇者かつ王族であり、主人公特別存在だという設定になっている。例外は9のみだが、これも特別存在という文脈で見ると例外とは言い切れない。

さて、どうしてドラクエはこんなにも主人公特別存在なのだろうか?

それは、シリーズ一貫して主人公プレイヤーという形式を守っていることと表裏一体である

まり主人公特別存在であるということには、プレイヤー特別存在であるというメッセージが込められているのだ。勇者という特別称号を持つ人、王族という特別血筋を持つ人、あなたはそういう特別存在なのだと。

特別存在であるということは何故こんなにも重要だとされているのだろう?

個人的には、それは愛されることとほぼ同意義だからだと考える。

ドラクエにはゲーム中の世界があり、主人公はその世界にとっての特別存在である。ということは、プレイヤーはその世界に愛される存在である、と言い換えることができる。

あなた世界にひとりの大切な人です」というようなメッセージは、愛の言葉としてさまざまな媒体から流れてくる。しかし、ドラクエほど届く手法でこのメッセージを発している媒体を知らない。

何故なら、ドラクエではプレイヤー世界冒険を通じて自分はこの世界にとってかけがえのない人間であるということを自覚していくからだ。

そう、ドラクエ主人公にはもうひとつ例外なき特徴がある。それは、世界を滅ぼさんとする存在を討ち果たす者である、ということだ。

冒険の末にそれを成し得て、ただの称号でもただの血統でもなく、実として世界にとってかけがえのない存在になり、そしてそれと同等の意識プレイヤーも手に入れるに至るのだ。

そうしてこそ、プレイヤー自分が「世界にひとりの大切な人」であるというメッセージを受け入れることができる。自分世界に愛される人であるということを認めることができるようになる。

もちろんこの手法についての是非はあるだろう。本当はなんでもない人間なのに、ゲームの中でだけ特別人間だという意識を植え付けてどうするとの意見もあるだろう。それは正しい。

ただ確実に言えるのは、理想なら誰もが世界にひとりの大切な人であるはずなのに、この世界はそうはなっていないということである

そんな世界の中で、勇者称号王族血統など使えるものは何を使ってでも、あなたは大切な人であるというメッセージを発するゲームがあるということは、私には救いに思えるのだ。

anond:20210602071506

人間希少種に弱い。

伝説の英雄の血を引く人とかみんな好きでしょう。

我々にも天皇という人がいるわけだし。

世界中でも王政がまだ残っているし、人間血統大好きなんだよ。

有名な武将末裔とか、名家末裔とか、それだけで話題になるじゃん。

から伝説勇者末裔は、末裔というそれだけで重宝されるんよ。

DQ3場合アリアハンの名士であるオルテガの息子なわけだし、

旅立ちのほこらの人の話から、昔は多くの人物がここから旅立っていったとか言ってるからアリアハンは多くの名士や英雄排出してきた土地なんだろう。

そこから久しぶりにやってきた名士の血を引く人物から、やはりそれだけで重宝されるわけだ。

逆にその威光が通じないエジンベアとかでは田舎者バカにされて、城に入れてもらえなかったりする。

anond:20210602223511

最後に突然「個人的気持ち悪いなと感じるのは徹底した「血統主義であること」というゴリゴリサヨク思想が出てきて草。

でも左巻き連中っていつも発言ブーメランというか矛盾してるんだけどさ、彼らが崇拝する共産独裁主義の国って、たいてい血統主義なんだけどねw

で、血統を持たない者の場合は力づくの殺人粛清などで権力を掌握する、という。

血統ありき+粛清恐怖政治もあり、というダブル某国もあるがw

穏やかに権力が承継されていく血統主義よりも、サヨクが心酔する国々のようなやり方のほうがよっぽど気持ち悪いと思うよ。

血統だけで勇者を決められるという「形骸化」が起こるなら、それは平和の証と言えるわけで。

2021-06-02

書いたな、俺の前で、ドラクエ勇者の話を!

anond:20210602071506

ドラクエの「勇者」はざっくり説明すると「魔王」対峙するものである

まおゆうは言わずもながであるが、転スラの「勇者」と「魔王」関係ドラクエに近い。

ドラクエといえば「勇者」と思われがちだが、「勇者」が主人公ナンバリングは 1、3,4,11 と少ない。8 や 9 に至っては「勇者」の概念がかなり希薄だ。

また、先ほど述べた「魔王対峙する勇者」も厳密には 3,4,5,1011 のみとなる。

最新作の 11 は「勇者」らしい勇者であるが、作中では追われる立場にある。

勇者」を職業として見た場合デイン系の魔法ベホマズンが使えるのが特徴だ。ただし、「勇者」だけが使える特権というわけでもない。また、「勇者」のみが装備できる武具が存在し、それが「勇者」の証でもある。

それぞれのナンバリングでの勇者を見ていこう。

ほぼすべてのナンバリングに言えるがドラクエは「勇者」というよりも「血統主義」の方が濃いと思う。

1 勇者末裔

1の主人公勇者ロト末裔である

作中のセリフから推測するに、主人公以外にも「勇者」が旅立っているようだ。

ちなみにラスボス竜王のため、魔王ではない。

2 勇者末裔建国した国の王子

1 同様にロトの子であることが重要視される。「勇者」として扱われることもあるが、物語上は「ローレシアの王子」としての立ち回りが殆どである

サマルトリアの王子ムーンブルクの王女ロト末裔であるが、ロトにまつわる武具を装備できるのは主人公であるローレシアの王子だけである

ちなみにラスボスはh破壊邪神

3 勇者オルテガの子

クリア後に「ロト」という勇者称号を得る。

ドラクエにおける「勇者」の代表格。

ただし、旅立ちの際は勇者オルテガの子である

オルテガもその子も、魔王バラモスの討伐に旅立つことから勇者」と呼ばれるのだろう。

本作の醍醐味転職システムであるが、主人公転職できない。

4 天空勇者

地獄帝王ピサロ対峙するもの

まれながらに特別な力を持っており、勇者しか装備できない武具がある。

作中で、主人公以外に「勇者」と呼ばれる者は存在しない。

4 の「勇者」も 3 と並びドラクエ代表格であろう。

5 主人公の息子

主人公が「勇者」でない初の作品

4 と同じく天空勇者のみが「勇者」であり、それを探すのが主人公目的となる。

主人公の息子が、その「勇者」に該当する。

息子は 4 の「勇者」同様に天空シリーズを装備できる。

6 職業勇者

ダーマの神殿転職できる。特定職業を習熟すれば、誰でも「勇者」になれる。

ただし、主人公は他のキャラクターよりも「勇者」になる条件が緩い。

主人公は「勇者」ではないが、伝説の武具を装備できるなど、5 までの「勇者」に近い特性を持つ。

7 職業勇者その2

6 同様に「勇者」は職業の一つ。ただし、6 のように主人公勇者になりやすいなどの遊具処置はない。

主人公のみが装備できる武器存在するが、6 程に特別感はない。

主人公は、漁師の息子。ただし、実際は王族の息子である

8 クリア勇者

主人公デイン系やベホマズンが使えるので「勇者」的なポジションだが、作中ではドラクエ的な「勇者」の概念存在しない。

クリア後に「勇者」と呼ばれるシーンがある。3 のラーミアと同一とされるレティスとの関わりや、裏ボス竜神王であることから、これまでのナンバリングに則り「勇者」と呼ばれているような気がする。

ちなみに、竜人王族との間にできた子であり、やはり「血統

ラスボス暗黒神魔王ではない。

9 勇者なし

ドラクエの「勇者」的なポジションにすら該当しない主人公

転職システムはあるが、6、7 のような職業としての「勇者」も存在しない。

天使であるため人間ではないが、天使として特別血統を有するわけではない。

10 NPC 勇者

主人公は「勇者」ではない。基本的には、人間以外の種族冒険を行う。

勇者」は存在するが、NPC として登場する。

ロト天空勇者に近い特別存在である

11 勇者

4 以来の主人公勇者」。

まれながらに特別な力を持つ、さらに亡国の王子属性てんこ盛り。

デイン系やベホマズンが使え、専用装備も存在するなど、システム面でも過去作の「勇者」の特性を有している。

ただし、物語上は追われる勇者で必ずしも讃えらる存在としては描かれていない。

ドラクエらしい勇者は 3 と 4

まとめてみると、元増田イメージするドラクエの「勇者」は 3,4,5 ではなかろうか。

ただし、5 は主人公ではないけども。

魔王対峙するもの」と考えると讃えられるのは自然ではあろう。ただし、この賞賛は「勇者」=生け贄に所以するわけだが。

個人的気持ち悪いなと感じるのは徹底した「血統主義であること。

2021-05-30

ここ数年コントレイルアーモンドアイくらいしかからいくら競馬から離れてて、さっきダービー観たついでに宝塚記念投票しようとした時に気付いたんだけど、

クロノジェネシスかいイケメンディープ産駒牡馬)食い放題な血統牝馬

繁殖行ってから面白そう

日本ダービーの人気上位馬を適当に紹介する

エフフォーリア

いまだ無敗。今年の大本命。

皐月賞を三馬身差以上で勝った馬は軒並み名馬らしいぞ。

エピファネイアジャパンカップ菊花賞馬だし、産駒の傾向から言っても距離大丈夫な感じがする。

鞍上横山武史は、名ジョッキー横山典弘の息子。

まだ22歳の若手で経験の浅さが気になるが、彼が勝てば「戦後最年少のダービージョッキー」ということになる。

これまでの最年少は「僕はダービーに乗ったんじゃない、ヒカルイマイに乗ったんだ」で知られる田島良保か。歴史ですねえ。

サトノレイナス

牝馬でのダービー制覇」を目指す女傑。

これまで6頭のダービー馬を出しているディープインパクト産駒だし、

もともと末脚が自慢で桜花賞よりオークス向きだと言われていた馬だが、

これほど人気しているのはもちろん14年前のウオッカを想起するからだろう。

しかし7年前のレッドリヴェールのことも忘れてはいけない。

はたして勝利の美酒に酔えるか、それとも。

グレートマジシャン

あのフォイヤーヴェルクの弟、というだけで競馬ファンはドキッとするのではないか

デビュー前には「別の生き物」「凱旋門賞意識している」などと絶賛されつつ、いざ走り出したら負け続けでがっかり、ということで有名な馬である

ちなみに今でも現役で、障害重賞まで勝っているのだから普通に考えるとなかなか優秀なのだが、さすがに前評判が高すぎた。

というわけで、「フォイヤーヴェルクのように騙されるんじゃないか…」という不安意味でも、

「もしかしたら真の怪物は弟のほうなのかも…」という期待の意味でも、実績以上に注目されているのがグレートマジシャンなのだ

ちなみに母系ドイツ血統で、産駒の傾向から見ても、距離は伸びるほど良いのではないかと思われる。

ワンダフルタウン

鞍上和田竜二。あの覇王テイエムオペラオーの主戦だった男である

その彼が「オペラオーに近い」と絶賛する馬こそ、このワンダフルタウンなのだ

本当なの? マジでオペラオー? だったら鼻差圧勝してしまうじゃないか

青葉賞勝ち馬ダービーで勝てない、というのが競馬界のジンクスなのだが、はたしてどうなるか。

シャフリヤール

やはり見逃せないディープインパクト産駒。牡馬ではこの馬が筆頭格か。

兄に皐月賞アルアインがいる良血で、共同通信杯ではエフフォーリアに敗れるも、毎日杯で驚異のレコード勝ち

あえて皐月賞パスしてダービーに照準を合わせてきた。

鞍上福永祐一。3年前に悲願のダービー制覇を果たし、昨年は三冠馬ダービーを勝った男が連覇を狙う。

ヨーホーレイク

ディープ産駒なら彼を忘れてはいけない。

母クロウキャニオンは、毎年のようにクラシック戦線を賑わせる仔を産む名牝だが、

どうにもGIは勝てず「善戦マン」の印象がついている。

今年こそGIを、それもダービーを勝って、兄姉たちの無念を晴らせるか。

ちなみに馬主金子真人で、もしヨーホーレイクが勝てば、なんと5度目のダービー制覇である

ウマ娘的には…

エフフォーリアの父エピファネイアの母父がスペシャルウィーク

ワンダフルタウンの父ルーラーシップの母がエアグルーヴ

タイトルホルダーの父ドゥラメンテ祖母エアグルーヴ

タイムトゥヘヴンの母キストゥヘヴンの父がアドマイヤベガ

といったくらいであまり絡みがなかった。残念。

2021-05-27

ブラッドスポーツ」って血が流れるからブラッドスポーツなんじゃないの

競馬血統大事からブラッドスポーツと呼ばれる」って最近見るけど、そういう用法も増えつつあるのかな?

2021-05-22

なぜオタクは他の属性にくらべ、差別主義者に陥りやすいのかの考察

それはアニメ漫画ゲームなどのオタク趣味全般が「記号化の文化であることに起因している

 

例えば萌えキャラを考えてみよう

一般的に「可愛いとされる」要素を強調して描かれているのが分かる

丸顔、大きい目、甲高い声などがそうだ

 

少年漫画やなろう系なら、デザインだけでなく展開、ストーリーラインテンプレ化する

主人公血統」「トーナメント展開」「ざまぁ」「パーティ追放された復讐」などがそうだ

逆に、昨今の映画ドキュメンタリーなどは

このステロタイプ化を嫌ったり、お決まりの展開するよりも

煮え切らないエンディングで終わるものも多い

(それはある意味意外性につながり、アニメ漫画のようなお決まりとは違う楽しみ方となる)

 

「強調」「ステロタイプ化」する文化は奇しくもお笑いなどと似てる面もある

お笑い人間生活を強調して面白おかし描写するのが得意で、それがそのまま笑いとして提供される

アニメ漫画などが他のメディアに比べて「ギャグ」が多いのも記号化が助長している

吉本お笑い芸人に低学歴保守派が多いのも無関係ではない

 

では差別とは何か?

これは一言でいえば人物に対する「一時的記号化」にほかならないだろう

 

例えば無知アメリカ人日本人イメージする際

眼鏡出っ歯カメラ、細い目、ロリコンなどを思い浮かべるはずだ

これらはまさに「一時的記号化」によって、異なる属性にたいする処理を単純化している

未知のものにたいして自分なりの折り合いと、一通りの接し方を考えるうえで避けては通れないもの

 

しかし、現実は言うまでもなくそのような日本人ばかりではないので

当事者記号化した属性間で軋轢が起る

あくま一時的であるべきで、

その属性に対し深い理解をするか、口をつぐむかしなければいずれは諍いや抗争のきっかけとなる

 

ではオタクはなぜその「一時的記号化」から脱却せずステロタイプを好むのか? 

言うまでもなくオタクはそのステロタイプ

「好きだから」  

この身もふたもない結論に行きつく

 

女性性、性的要素を前面に出した萌えキャラ当人意志と反して好むのは

オタクがその記号を好むからであり

そもそも差別として認識すらしてないのである

 

記号化が無理解と表裏一体である事実無視して、そのイメージを嗜好することが

オタク文化圏では「尊い」「萌え」とされ

やがて「俺が純真でおまえたちのイメージを好んでやってるのに」と、自分本位なプラスイメージ昇華される

そのイメージ意見を呈するモノにたいして異常なまでの敵愾心を生じるのだ

 

これがオタク一般人とを分けるマインドの違いであ

2021-05-19

あるウマ娘に、自分京大入学した理由見出した。

私はずっと、京大に進学した理由を答えられなかった。

田舎出身勉強ができるなら、地方国立に行くのが普通。そういう風潮の中でわざわざ京大に行くというのは余程の理由があるのだろう。

そう思われて当然だと思う。

でも、全然理由が見つからなかった。理由を聞かれても、急拵えの答えが会話を上滑りしていく。

そのたびに自分に問いかけてきた。

——本当に何の理由も無いだろうのか?

あんなに必死に、二浪までして入ったのに。

そもそも何の理由も無く辛い受験生時代を乗り切れるものだろうか?

—————————————————————

よくある話だが、兄を意識していたのだと思う。

私の兄は地元の旧帝に現役合格していた。昔から成績は良く、才能はある方だと思うし、努力もそれなりにしていた。

ただ、勉強の才能は明らかに私の方が上だった。

兄弟で同じ塾に通っていたが、トップクラスコースに入るための試験は兄が数回受験していたのに対し、私は一度で通った。

兄と同等の努力をすれば、同じ大学には行けただろう。

しかし、青二才の、無駄に高いプライドがそれを許さなかった。

自分の方が才能に恵まれているのに、どうして同じ大学に行かなければならないんだ」

京大を目指したのは、おおよそこんな経緯だったと思う。

中学生までは神童扱いされ、高校で落ちぶれる」なんて、あまりにありふれていて陳腐さすら感じるだろう。

中学時代は学年1位以外取った記憶がないが、高校では10~40番くらいだっただろうか。

「塾で先取りしているか模試は取れる。定期試験無意味

ハッタリで自尊心を保った。しか高校レベルは低い。

東大京大なんて1人たりとも出せず、上位5%がギリギリ地元の旧帝に届く程度。国公立大学に行ければ優秀、私立に引っかかれば御の字。

学年の一定数は高卒就職をする。(このことを大学の同期に言ったら心底驚かれたことがある)

進学校としての看板は、とうに錆び付いている。

そのような環境トップ争いすらできない。

小学生の頃から「頭がいい」「天才」だなんて飽きるほど言われてきた。自分アイデンティティ崩壊することを、世間知らずの高校生が受け入れられるだろうか。

「もしかしたら自分天才なんかじゃないのかもしれない」

そんな思いを、必死勉強でひた隠しにしていた。

ただただ死に物狂いだった。

京大以外は受けず、京大に落ちれば人生が終わるとさえ思っていた。

息巻いていた私は、2度目の不合格絶望の味を知る。

1浪の先には希望が見えたが、2浪の先には何も見えなかった。

結果的に2浪で京大に滑り込んだ。

合格が分かった瞬間、喜びは感じなかったように思う。感じたのは、長年の桎梏から逃れられる解放感と安堵感だったような気がする。

まりにも複雑な感情の発露があったからか、涙が止まらなかった。

「もう終わるんだ」と思ったことだけは、唯一はっきりと憶えている。

ただ、このときに流した滂沱の涙が、何もかもを清算したようだった。

激闘の末に何もかもを忘れてしまったのだ。

京大の魅力、京大で何をしたいのか。

そして、なぜ京大を目指したのか、も。

合格してから京大に進学した理由はよく尋ねられることだった。

私は、その質問をされるたびにその場しのぎで答えてきた。頭の中に無い理由を慌ててでっちあげた。

研究に強いイメージがあるから」とか、「自由校風に惹かれて」だとか、適当過ぎて憶えてもいない。

初心なんて、忘れてしまったよ。

—————————————————————

そのまま大学卒業して大学院に進学したある日のこと。何気ない瞬間に、初めて腑に落ちる理由が見つかった。

それは、ずっと見えていたがうまく認識できなかった理由だった。

教えてくれたのは、ウマ娘というゲームキングヘイローというキャラだった。

現実競走馬としてのキングヘイローは、超がつくほどのエリートだ。

父も母も歴史に残るほどの名馬。しかデビューから3連続で1位。

そんな華々しい超エリートは、後に泥水を啜るような屈辱を味わい続けるようになる。

中央競馬で最も格式の高いG1レースで、10戦続けて敗北を喫したのだ。同世代の馬にトップの座を奪われ、長距離も短距離も結果が出ない。

しかし、11度目のG1高松宮記念栄光を掴み取った。

2012年高松宮記念CMから引用してみる。

2000年高松宮記念

その馬は、10度の敗北を超えて、血統証明した。

敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。

緑のメンコ。不屈の塊。その馬の名は…


ウマ娘キングヘイローキャラクターは、このような史実を受けて構築されている。

ゲームでの彼女は、自らに絶対の自信を持つ高飛車お嬢様でありながら、ストーリーがひたすらに泥臭い

アニメでは幾度も同期の後塵を拝し、悔しさから眉をひそめる姿が印象的だった。

負けを積み重ねるが、決してめげずに自分の才能を信じる。

とても気に入っているキャラだ。

ある日、Twitterで、ウマ娘二次創作漫画を見つけた。

キングヘイローがメインで、なにやらシリアス雰囲気だ。漫画の内容は、キングヘイロー高松宮記念勝利するというもの

説明してしまえばなんてことはない。ただ、私の目はキングヘイローの放った台詞に止まった。

「私には……才能があった……! そうでしょう、トレーナー……っ!」

ハッとした。

体の中心にずしりと来る感覚。腹に落ちるとはよくいったものだ。

長年の謎が解けた。単純なことだ。

私が京大受験に拘り続けた理由は、

「自らの才能を証明するため」

だったのだ。

高校生の私は、自信過剰な「天才少年を裏切ることができなかったのだろう。

井の中の蛙だとしても、昔の自分かわいいものだ。

ここで妥協すれば、昔の自分に顔向けできない。

落ちても、落ちても、絶対志望校を変えなかった。

それは、意地になっていたからというより、過去自分に縛られていたからだ。

自分天才で、その才能を証明しなければならない。

そして自分の中の天才イメージ京大のそれに重なった、ただそれだけのことだ。

くだらない自己満足。これが、私が人生を賭けた受験のすべて。

親や教師からの期待も、世間体も無い。

自分自分を納得させることだけに執心していた。

結局、私にとっての大学受験は「究極のエゴ」だったのだ。

物語登場人物は、「天才少年自分と、少年に振り回された青年自分

泥まみれで終えた闘いは、自己満足以外の何を私にもたらしただろうか。

将来の私が、闘いの意味をいつか掬い取ってくれる。

そう信じている。

2021-05-18

ウマ娘を始めてみて、JRACMを思い出した

5/22追記

ウオッカニホンピロウイナー表記誤りを修正した。

教えてくれた方、ありがとうございます

また、このCM企画者の方を知りたいと書いたら、こちらもコメントで教えていただいた。

本当にありがとうございます。久しぶりに通しで見ました。やっぱりかっこいい。

【DADADA.WORKS】 https://dadada.works/

----

表記の件をどうしてもどこかに吐き出したくて、アカウントまで作ってしまった。

書きたいことはタイトルのままだ。ウマ娘プリティダービーをなんの気もなく始めてみて、ストーリーを進めていく中で随所で標題CMを思い出した。

JRAの2011~2013にかけてのCMだ。

(ちなみに自分競馬場友達と数回行っただけの人間である

このCMシリーズは「THE LEGEND2013年)」「THE WINNER2012年)」「20th centuryboy(2011年)」に分かれていて、もう一言でいえば「めちゃくちゃカッコイイ」CMだった。

ナレーションも、BGMも、CM内に挟まれる当時の実況も、馬のフォトも、何もかもがビシッとはまっていてそのCMが始まるとずっと眺めていた。

自分は気に入った商品パッケージがあるととことん調べてデザイナーを探しておっかける程度のオタクなのだが(オタク情報収集が大好きだ)、このCM企画した方の映像はまた見たい。未だに探している最中である

ちなみに今のJRACMも、競馬場という場所に足を運んで貰おうという意味では正解なのだと思う。

でもやっぱり自分は前述のシリーズが大好きだ。「競馬場へ行ってみようかな」より、「競馬場ではこんな熱いレースが行われてるんだ!こんな名馬がいたんだ!」と思わせるCM

残念ながらJRA公式youtubeでは「夢のVS」のプロモが残っているだけの状態なのだが、いつか公式が前述3シリーズCMyoutubeにあげてくれることを祈る。

本当に本当にカッコいいCMだったんだ。以下、紹介されていた名馬を列記する。

◆THE LEGEND

メイセイオペラテスコガビーディープインパクトウオッカビワハヤヒデフラワーパークスーパークリークバブルガムフェローシンボリルドルフテイエムオペラオー

◆THE WINNER

キングヘイローメジロラモーヌアグネスタキオンライスシャワーエアグルーヴウイニングチケットニホンピロウイナーグラスワンダーサクラバクシンオーミスターシービータマモクロスサッカーボーイホーリックステンポイント

20th centuryboy

ミホノブルボンメジロマックイーントウカイテイオータイキシャトルサイレンススズカナリタブライアンスペシャルウィークエルコンドルパサーオグリキャップ

◆「夢のVS」

「夢のVS.」2019年日本ダービー編(シンボリルドルフ VS ディープインパクト

https://www.youtube.com/watch?v=fNtyk4DiGBk

「夢のVS.」2018年有馬記念編(グラスワンダー VS オルフェーヴル

https://www.youtube.com/watch?v=J_b6tK_feao

ブランドCM 「夢の第11レース」(1枠1番からサイレンススズカメジロマックイーンウオッカトウカイテイオースペシャルウィークテイエムオペラオーアグネスタキオンオグリキャップエルコンドルパサーシンボリルドルフナリタブライアンキングカメハメハミスターシービーディープインパクトエアグルーヴブエナビスタダイワスカーレットオルフェーヴル

https://www.youtube.com/watch?v=kcv3D26GjWA

------------------------------------------

今これを書こうと思ったのは、キングヘイローを育成中に、ファン感謝祭中、キングヘイローが「パン食い競争10回挑戦するも取れず、11回目にもチャレンジする」というシーンでこのCMナレーションがよぎったからだ。

テキストを進めるのを忘れて、二度見してしまった。キングヘイローCMナレーション

2000年高松宮記念

その馬は、十度の敗北を超えて血統証明した。

敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。

緑のメンコ、不屈の塊。その馬の名は、キングヘイロー

だったのだが、こういうところをゲーム内に挟んでくるところに運営の愛を感じた(これだけじゃなくて、他にも細かく細かく各ウマ娘史実を絡ませてくるのだが、この運営の本気を感じる)。

史実の馬も、ウマ娘キングヘイローも、不屈の心を持ったウマなのだ

絶対に勝たせてやるからなと思ったし、うまぴょいまで行った暁には「俺の愛バが!!!!」と呟いていた。何ならちょっと泣いた。

閑話休題

美少女化されて何のかんのは今も賛否両論だろうが、実際に競馬を知っている人こそ細かいところに気づけるゲームじゃなかろうか。

なので、動画でも実際に競馬ガチ勢の実況者がウマ娘を育成していると羨ましいと思う。

史実に基づいた小ネタに気づいて解説しているのを聞くと、すごく楽しんでいること、それから競走馬を愛しているのが画面越しにわかから

そして標題に戻るんだが、JRAさんは是非前述の3シリーズ公式動画で見せてほしい。

10年前に見た30秒程度のCMが、ウマ娘をやっていて思い出せるほどにはインパクトがあるCMなのだ

そして、その30秒程度を見るだけでウマ娘小ネタに一つ気づけるのだ。これってすごくないか

ビワハヤヒデナリタブライアン兄弟も、CMでは「ビワハヤヒデ 五馬身差の余裕」「ナリタブライアン 七馬身差の衝撃」となっていてここも好きだ。

でも3年分通して一番好きなのはサイレンススズカの「最速の機能美、サイレンススズカ。速さは、自由孤独か。」だ。

誰が考えたんだ、この歴代CMキャッチコピーは。天才か?)

とりとめもなくなってしまったのでそろそろ締める。

JRAさん、CMyoutubeで再開してくれた暁にはJRAさんに課金しますのでどうぞよろしくお願いします。

2021-05-14

地方競馬の馬って結構投げやりな名前が付いてるんで「高い買い物に適当名前つけてええんかいな」と思って調べたけど、競走馬血統よくないとそんなに高くないのね

2021-05-12

anond:20210512223456

ゼッタイやめた方がいい

友人にもわりとクソ家庭環境の子供多いけど、アル中ヤニカスの子供ですら知的ボーダーになる確率高い気がする(わたし身の回りだけの話かもしれないけど)

ほんとに生活困窮者子供を産まない方がいい

下手に少子化ナンタラカンタラ言って変な子供沢山生まれるくらいなら、少数精鋭で良い子供が生まれた方がいい 血統勝負しようや……競馬みてェによ……

anond:20210512192614

なるほど。8親等以上離れたところから探してきてるくらいだから血統を重視してただろうということだよね。科学的知見の無かった時代でも、武家庶民と違って皇統だからやはり血統は最重要とされてたってことかな。

ウマ娘やって競走馬について興味が出てきて色々調べてたんだが

ナチス真っ青のガチガチ優生理論やな

親や血統がどうだから脚がどうのこうのってこれウマ娘だったら人権派が暴れてたぞ

2021-05-06

anond:20210506111525

そもそも血統の繋がりもある馬達を同時に扱うのって難しくない?

同時は無理だから時系列通り、史実通りのストーリーみたいなことされても競馬ファン以外見る気しないと思うけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん