「血統」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 血統とは

2017-12-04

anond:20171204194037

どこが間違ってるのか分からない 一旦混ぜたら発現してなくても遺伝子が入ってるんだから出てくることはあるだろ

から血統という概念があるし時々混ぜないと環境の方が適応して淘汰されていくんだろ

2017-12-01

anond:20171201130729

才能が運だと認めない馬鹿のためにリアリティ要因として血統理由にしてやるしかないんよ

2017-11-28

王子が姫を救う話よりも、平民が姫を処刑する話が欲しい

ボジョレー・ヌーボーを飲んでフランス気分でいる。

父親ビジネス書を読めといわれたので、ひねくれて遠藤周作作の王妃マリー・アントワネットを読んでいる。

ビジネス書は苦手だ。

王子騎士が姫を救う話ではなくて、虐げられていた者が姫を処刑するフィクション必要だと感じる。

日本アニメ漫画といったフィクションを見ると権威主義ものばかりである

主人公上級国民だったり、特殊能力がある奴ばかりだ。

古典時間光源氏が出てくる源氏物語在原業平活躍する伊勢物語に苦闘していたが、昔から日本人権威が大好きなのかもしれない

政治経済においてもそんな傾向である気がしてならない。

まぁ、イギリス魔法の話もそんな感じだったりするからヨーロッパも似たところがあるのかもしれない。

しかし、そんなもの血筋能力もない自分には合わない。

顔が悪い自分からしたら、イケメン王子が姫を救うなど嫌味でしかない。

容姿が醜くて、いつだって底辺だった自分には血統能力というものは虚しく響く。

そうではなくて、普通人間や、それ以下とされている人々の嫉妬や執念、感情、何かを得たいと思う心が滲み出ている物語のほうがよっぽども素晴らしい。

王子英雄が姫を救うよりも、プロレタリアートが姫を処刑する話のほうがいい。

しかし、自分の通う頭の悪い大学のウェイを見る限り上の階級人間平民もクソなのかもしれない。

2017-11-23

https://anond.hatelabo.jp/20171123190259

ハーフ選手はいわゆるアジア人体型より恵まれた体格の選手だった?

もしかしてお母さんは単純に見た目の感想を言っただけかもしれないよ。

体格いいなぁ→ハーフからだよなぁ→

ただの日本人選手より代表に選ばれるの有利だよなぁ→

この選手より努力したけど体格の差で代表になれなかった子もいるんだろうなぁ→

純粋日本人(のポテンシャル)じゃないよね」っていう

日本人」っていう単語血統的な意味じゃなくて、

いわゆる日本人遺伝子とは違う遺伝子の持ち主くらいの意味で使ってるんだと思うんだけどどうだろう

なんて表現したら適切だったんでしょうね?

2017-11-20

そもそも何で子どもを作る必要があるのか俺には分からない

かわいいとかかわいくないとかの話じゃない。

なんで?

子どもが欲しいから?

自分遺伝子を後世に残したい…から

それってどんな意味があるの?

自分が死んで数世代後に血統が途絶えるかもしれないのに?

そもそも世代目には自分塩基配列と似ても似つかないような感じの情報になってるのに?

もっと言えば遺伝情報が似てるってだけで、子どもですら他人でしょ?

生殖細胞を元に細胞分裂を重ねるわけだけど

体を構成する有機質・無機質は食事から取り入れた別の栄養素を元に構築されてる

幼少期から育てていて遺伝的に似てるからってだけで親近感を覚えてるけど実質的構成要素は他人でしょ

愛してる人との結晶を作りたいから?

うーん、分からん

産まる前から100%死ぬと分かってる命を作る考えってどこにあるんだろう。

人形作るのとは違うって感覚はあるんだよね?

使命感?

自分が新しい命をこの世にもたらすとか恐ろしくてとてもできないんだけど。

からの授かりものかいったって、

実質中田氏して仕込んでるんだから作ってるの自分らじゃん。

新しい命をレゴブロックする勇気は俺にはないわ。

そいつがもし産んで欲しくなかったって言ってきても責任とれんの?

俺の実在しない息子と娘はお父さん私たちを産んでくれなくて本当にありがとう!って感謝してるよ。

本当に謎だ。

こんなこと現実では決して言えないんだけど、

なぜそこまで新しい命を作ろうとするんだ。

やはりきぼうの中で生きてる人間たちは産まれること=善だと思考してるんだろうか。

俺は産まれることは置いておいて、とにかく死にたくない。

死にたくないっていうか俺の知る人、知らない人すべてに死んでほしくない。

この文章を読んでるあなたにも死んでほしくない。

死ぬという絶対が嫌い。

けどどうにもならないから諦めるほかない。

子どもが死にたくないって言ってきたらどうすんの?

俺らの方が先だから

みたいなので誤魔化す勇気は俺にはないわ。

お前が死ぬのが織り込み済みで、俺の満足のために中田氏しましたって面と向かって言えるくらいの勇気があれば、

そのときはやっと俺も親になることができると思うが。

そんなのは永遠にこないわけど。

無関心にも成りきれない私は当然のように欲しいとは思えないわけで。

それがとても間違ってるのは分かるけど、答えがないのに信じられるのも理解できない。

みんなはどう考えてるんだ。

考えてはいないのか。

どれだけ大きな愛情があれば確信に繋がるのか新しい不幸の種を植える可能性は全く考慮の外にあるのだろうか。

魂がどこからきてどこに帰るのかすら分からないのに、

人為的に新しい魂を呼び込むことをさも当たり前かのように行い続けてきた文化がひどく恐ろしく俺には思える。

一体何にこの大きな流れを決められているのか真相すら見ていない。

2017-11-13

まれから養子縁組以外で姓が変わらない、固定的な「夫婦別姓」においては姓は家系血統のおおまかな指標

結婚によって姓がどちらかに統一され、子にその姓が継がれる「夫婦同姓」においては、姓は家族単位のおおまかな指標

選択夫婦別姓においては、姓はそのどちらをあらわすとも言えない、特に意味のないもの

 

選択夫婦別姓は、自由選択肢などではなくて、「姓は特に何も表さない」という単一価値観制度押し付け

2017-11-10

ハリー・ポッターって

まり良く知らないんで間違ってたら指摘してほしいんだけど

アジア系少女登場させたり、舞台版ではハーマイオニー黒人だったり

ポリティカル・コレクトネスに凄く配慮していて

作者もリベラル系の人なんだと思うけれど

マルフォイは親子揃ってあれだし、ダーズリー家も家族一同あれだし

一方ハリーの両親は正義の人でって具合に

血統に関してはその限りにあらずって感じるんだよね

2017-10-26

anond:20171026082302

何言ってんだ。当たり前じゃねーか。

下流から這い上がる主人公に重ね合わせたら、上り詰めた主人公と我の差が「自分努力していないだけ」ってなるだろ。

そういう努力自分にはできるわけがないことが分かるからこそ、そういう下剋上系の主人公感情移入できないんだよ。

それに対して、自分がもし血統がよくて努力しなくても実力が高く周囲に支持されているくらいの才能を持って生まれてたら…というifを夢見られるからエリート系の主人公のほうが感情移入されやすいの。

anond:20171026082302

血統がよくなくても天才でなくても努力さえすれば活躍できる場面がある」

という物語が、この努力の報われない時代に信じられなくなっただけ

だいたいそういう凡人設定のキャラだって後付けで「実は才能ありました~○○の血を引いてました~」

とかで展開に合わせて都合よくパワーアップしていくのが昔からお約束だしさ

anond:20171025191437

その批判対象となる「血統がいい主人公物語」もドラゴンボール悟空のような貴種流離譚は別なわけでしょ。

身近な主人公と思ってたのが実は…みたいなのとは違って、最初から主人公としての血統や家柄の正当性保証されてる物語モヤモヤする人が多いわけで。

となると、今の政治と結びつけるなら、上流だ下流だという話ではなく、中流家庭の現状肯定が支持されているのではないかしら

anond:20171025191437

何か分かる、けど

殆ど若者というか殆ど人間は「血統がよくて努力しなくても実力が高く周囲に支持されている主人公からほど遠い所で生きているのに

何でそれを支持するのかねえ。

殆ど人間はそちら側ではなく、画面の片隅で主人公の巻き添えで殺される側のモブだろうに。

いや、架空物語主人公として好きか嫌いかって話なら分かるんだよ。

そういうのを「俺たちにできない事を平然とやってのけるそこに痺れる憧れる」と言う気持ちで好んでいるというだけなら。

でも最近は、実際にそういう主人公自分を重ね合わせるかのように考えている人が目に付く。

自分あくまモブであり、主人公の為に巻き添えで殺されても構わん、と言う覚悟があるならそれはそれでいいけれど、

どう見てもそういう感覚ではなく、自分主人公側としか考えてないよねああいうの。

小学生ならそれでもいいけれど、高校生かせめて大学生になったら「自分モブ側」という事に気付くべきだと思うけれど。

2017-10-25

平成末期の主人公

最近漫画小説主人公は、血統がよくて努力しなくても実力が高く周囲に支持されているケースが多くて、読者はそんな主人公の行いを妨げる展開が苦手…とくれば、若者自民支持も分かる気がする。

巨悪と戦いながら下から泥臭く這い上がっていく主人公は支持されない。それは高度成長期昭和主人公からね。

平成末期の主人公世襲元総理の息子とか、孫とかのほうがいいわけ。まあ公募議員のあの体たらくを見れば、幼少期から訓練されてもののわかっている世襲のほうがマシかもしれん…とは思う。

2017-10-17

私は教育という投資について考えたい。

私は教育という投資について考えたい。

投資は余剰資本によって行われるべきである。この一般論異論を挟む余地はないように思われる。しかし持たざる個人にとってこのような正論は役に立たない。はたして、余剰資本を持たない貧乏人は投資に参加すべきではないのか?ここで、この国において貧富の差を問わず参加の権利を認められている投資活動について考えたい。教育である

教育とは投資である教育投資における余剰資本を考えよう。たとえば金銭的、血統的、文化的資本が考えられるだろう。実家の太さはこれらを包含する象徴的な資本の例である。持てる個人にとっては、これらを余剰資本として子の教育投資に用いることができる。これは論を待たない。では持たざる個人にとっての教育投資不可能なのだろうか?

ここで教育投資が持つ独特の構造に注目したい。種々の投資の中で教育投資を特徴づけるものは何か?受益者負担者が異なるという点であるしかしながら、これらが一致するような教育投資不可能ではない、と私は信じたい。受益者たる本人が同時に負担者となる場合を考えるのだ。負担できる資本を持たない個人は如何にしてこの投資ゲームへ参加すればよいのか?残念ながら諦めることもその1つである。いわゆる「地方」においては極めて一般的選択の一つである

持たざる個人ー自らに教育投資を行おうとする者ーの戦略は、どこかでこの持てる者の手続きに割り込むことにある。たとえば宝くじを当てて金銭資本を獲得することができる。たとえば独学ー負担者によらず受益者自らが負担を負う覚悟責任をもった自己教育ーを実践することができる。たとえばはじめから優秀に生まれつくこと(これは定義により天才であるとする)ができる。どれも極めて厳しい道である近代日本では、身分可能性として開放されたが、階層は依然としてゆるやかに固定されているのだ。

ここで資本としての「優秀さ」を考えてみたい。優秀さは高い給料、良い職場人間関係、豊かな教養などの形で資本へと交換することができる。通常、これらの資本は子への教育投資となる。しかし、優秀さは自分自身への教育投資資本とすることもできるのだ。就業前の学生においては、通常の優秀さではなく、「際立った」優秀さはこのような異なる価値を持つことを主張したい。際立った優秀さは給付金サイドビジネスと言った形で金銭資本時間的資本へと換金が可能である。これを元手に自己への教育投資を行うことができる。

ひとたび優秀さを手に入れることで、持てる者と同じ正のスパイラルへと入ることができる。むしろその後天的経験は強みですらある可能性がある。しかしながらこのような、負担者と受益者が一になるような自己教育を、戦略的に発生させることは可能だろうか。どのような制度設計が、このような自己駆動的な自己教育を誘発することができるだろうか。

2017-09-29

H高校の生徒→教師暴力の件、義憤は必ずしも正しくない

高校教員です。

あれほどまで授業の成り立たない高校で教えた経験はありませんが、

同僚などから聞く話等も含めて思うことを。

1.なぜ生徒は教師を殴るのか

2.なぜこの事件拡散されるのか

3.隠蔽体質問題なのか

の三点から考えてみた。

1.なぜ生徒は教師を殴るのか

 例の動画の様子からそもそも教師と生徒の間に一切の信頼関係が築かれていないことがわかる。

 これはい高校教師の力量のみで解決するのは難しい問題だ。

 所謂教育困難校の生徒たちは、小学校中学校段階では教師から忌み嫌われ、問題児扱いされてきた生徒たちで、

彼らの中には大人教師)=敵という図式ができあがっている。さら高校で同様に問題児扱いされてきた生徒がが集まることにより、

団結して大人教師)=敵に抵抗することが、彼らの連帯を生んでいる。

 さらに言えば、教育困難校の生徒たちの保護者の中にも、経験学校教師をよく思ってないひとが多い。

子供基本的には家庭と学校のどちらかにしか居ない。同様に教育も家庭と学校の二つで行われて然るべきなのに、

教育(というより躾)を放棄した家庭も少なくない。小学校担任に「箸の持ち方を指導してくれ」と頼む保護者もいるそうだ。

多分その保護者は正しい箸の持ち方で食事をしていないのだろう。

さらに悪いことには、教育(躾)を放棄するばかりか、学校での教育を軽視する保護者一定数居る。

教育困難校の荒れた生徒たちの友情は、「教師に反抗するという同質性」を頼りにした友情なのだ

 「閉じた集団の中で何かを共有すること」、例えば同じような服装髪型をすることで連帯するヤンキーガングロギャル流行たことなどは、

「チャムグループ」という言葉説明できる。「似ていることを条件に入れる仲間グループである

教育困難校の生徒たちの間でつくられた「チャムグループ」は、教師排除したり軽蔑し続けることで安寧が保たれる。

Uくんはそのチャムグループ代表して教師を殴ったのだと思う。半ばヒロイック自己陶酔も感じながら。

それを囃し立てる仲間たちも痛快だっただろう。

 そして残念だが、多分そういうチャムグループ教師の間に信頼関係が生まれることは期待できない。

 信頼関係さえあれば、例えば軽い冗談の言い合いだとか、生徒教師相互に多少の「いじり」みたいなものが有っても愉快なのだが、

信頼関係のない「いじり」はいじめやハラスメントになる。信頼関係のないところには教育は、まともな人間関係絶対に生まれない。

 そもそも信頼することを教えられなかった生徒たちは不幸だ。そういう育て方をした親や小中学校教員に多分に責任がある。

 また別の話になるのだが、今回の件で騒ぎになったUくんもきっと、学校を信頼しない保護者になっていくだろう。

学歴社会的格差はそのようにして再生産されていくのだろうな。

2.なぜこの事件拡散されるのか

 匿名ネットユーザー性質として、教室では「素直で真面目な良い子」を演じてきた人間が多いのではないだろうか。

公の場では「素直で真面目な良い子」である一方で、匿名で誰かを吊し上げるのには、

いわゆる不良グループやお調子者が幅を利かせているパブリック空間に対してのささやか復讐意味合いがあるのはないか

 また、事件拡散簡単だ。リツイートボタン一つ押すだけだから

自らが汚い言葉を使ったり、誰かを攻撃している感覚は無い。むしろ悪事を白日のもとに晒すことに、一定正義さえ見出せそうだ。

抑圧されてきた「素直で真面目な良い子」の復讐心と、お手軽簡単リツイートボタンがこの事件拡散を相乗的に早めたのだろう。

3.隠蔽体質問題なのか

 いじめ自殺問題で「いじめはなかった」とする教育委員会などが隠蔽体質と叩かれることが多いが、 わたし隠蔽体質で仕方がないと思っている。

 例えばいじめ加害者実名報道されれば、彼らがネット上で叩かれ、後の人生でも様々な場面で偏見を受けることは

免れないだろう。

 それは当然の報いなのかもしれない。人を傷つけたら、そのくらいの懲罰があって当然だとも思える。

 一方で、その社会的懲罰は初期段階のいじめ構造が変わっていない。多数派が少数派を一方的排除攻撃することによって、

多数派の安寧を保つという構造だ。例えば第二次世界大戦中のドイツゲルマン民族という多数派血統のために少数派のユダヤ人殺害したのと同じように、

ネット上の「素直で真面目な良い子」だった人々が、悪事を犯した少年社会的抹殺したいだけなのではないか

 もし、教育委員会が「いじめが原因で自殺した」と早急に認めれば、

加害者への攻撃のゴーサインが出たのと同義だ。

教育委員会が「いじめはなかった」と言って槍玉に挙げられて居る限り、加害者への攻撃は及ばなくなるのだとすれば、

加害者を守るために隠蔽をするのが教育委員会仕事なのだ

 被害者感情はどうなるのか? そこは難しい問題だ。上のような説明をしてもなかなか納得はしてもらえないだろう。

 あるいは事件があるていど沈静化してからいじめはありました」と認めることで、世間の関心をひかない形で収めるのが関の山か。

 ともあれ、今回の事件に関しては顔も実名所属校も割れていて、拡散も限度を知らない状態だ。

 動画の内容もショッキングなだけに、ネットワイドショーで、かなりの批判がこれから湧いて出ることだろう。

 せめて知的大人ならば拡散はしないでほしい。それは正義ではないから。義憤は必ずしも正しくない。

2017-09-23

anond:20170923003822

いや、アイマスはそういう作品からね。そういう血統というか。

元が古いギャルゲーみたいなノリだし、そういう俺嫁気質オールドタイプオタク性癖に合わせてつくられたフィクションなんだから、仕方がないよ。

まあ時代に合わせてマイルドになったり変化してはいるけどね。アニメのPは保護者的な色が強いし、デレステコミュ辺りではアイドル同士の交流を描くのが主だし。

それでも台詞の端々に出てくるPへの色目が気になる?

そんな今風の感性アイドルものを楽しみたいなら、最近アイドルもの等で合うものがあるはずだから、そっちを楽しんで、アイマスなんてどこ吹く風ってスタンスで消費するしかない。

合う合わないがあるのは仕方ないんだよ、世の流行りがどうであれね…

2017-09-19

憲法二条改正論

序論

安倍首相が、「2020年を新しい憲法施行される年にしたい」と憲法記念日ビデオメッセージ発言したことが、改憲論議を活発化させている。

安倍首相改憲の焦点として挙げているのは第九条だ。また、第九十六条改正して改正発議要件を緩和すべきという議論もある。しかし、第二条をめぐっては、天皇の退位の問題に関連して言及されることはあっても、改正すべきという議論は聞こえてこない。しかし、第二条ほど改正必要とする条項は他にないのではないだろうか。

日本国憲法二条は次のような条文だ。

皇位は、世襲のものであつて、国会議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

問題は、皇位世襲のものとしている点だ。世襲制度の採用合理的か否かはケースバイケースだが、現行の天皇制世襲制度を維持することに、果たしてどんな利点があるのだろうか。むしろ弊害のほうが大きいのではないか

本稿は、皇位世襲制度は廃止すべきであるという立場から、この問題を論ずる。

日本国憲法二条問題点

日本国憲法二条が定めている皇位世襲制度には、次の二つの点で瑕疵がある。

以下、詳論する。

人権侵害

ワタミフードサービス電通ゼリア新薬ベネッセコーポレーションLDHのような、長時間労働強要洗脳退職勧奨、暴力行為といった、社員に対する人権侵害常態化している企業は、「ブラック企業」と称される。企業社員とは言えないが、天皇が置かれている境遇もまた、あたかブラック企業社員のごとく、人権侵害が甚だしい。

天皇に対する最大の人権侵害は、職務過酷さだ。天皇職務過酷だと思わない者は、所功天皇の「まつりごと」』を読むとよい。そうすれば、天皇仕事量がいかに膨大である理解できるだろう。

信教の自由を奪われていることも、天皇に対する人権侵害の一つだ。天皇信仰を許される唯一の宗教神道だ。明治維新までは仏教信仰も許されていたが、それ以降、天皇仏教帰依することは暗黙のタブーとなっている。

天皇職務過酷さも、信教の自由侵害も、その原因は世襲制度だ。天皇職務過酷であるのは、天皇という一人の人間に二人分の職務が課せられているからだ。すなわち、国家機関としての天皇が果たすべき職務と、祭祀王としての天皇が果たすべき職務は、それぞれが一人分の仕事量に相当する。天皇信教の自由侵害されているのも、天皇祭祀王を兼任しているからだ。

皇位世襲制度を廃止するということは、国家機関としての天皇と、祭祀王としての天皇との分離を意味する(後者呼称は「天皇」以外のものに改称されることが望ましい)。天皇二名に分離すれば、職務過酷さの問題も、信教の自由問題解決する。新たな制度における国家機関としての天皇は、宮中祭祀の重責から解放され、信教の自由も獲得するだろう。

余談だが、現行の天皇制において人権侵害されるのは、皇嗣として生まれてきた者のみに留まらない。その者の配偶者もまた同様だ。

皇嗣の配偶者になることは自身自由放棄することだ。誰が喜んでそんなことをするだろう。雅子さまも、本人の意思によって浩宮さまと結婚されたわけではない。Newsweek誌は雅子さまThe Reluctant Princess(不承不承のプリンセス)と呼んだが、この言葉彼女の身の上に何が起こったかを的確に表現するものだ。来る悠仁さまのお后選びでは、このような悲劇が繰り返されないことを願いたい。

天皇資質

子供は親のクローンではない。ゆえに、鳶が鷹を生むこともあれば、逆に鷹が鳶を生むこともある。世襲制度を厳格に運用した場合、もしも生まれてきた者が鳶ならば、鳶が何らかの地位継承することになるが、これは悲劇を生む蓋然性が高い。

次のような事例がある。

https://twitter.com/osakadenshi/status/863981952474300416

ウィキペディアによれば、この学校がこれまでに輩出した卒業生の数は3万人だそうだ。しかし、現状がこれだとすると、4万人に到達する日は永遠に来ないだろう。

この学校が急激に衰退した原因は、世襲制度だ。生まれてきた者が鷹ではなく鳶だった場合は、どこかから鷹を連れて来て禅譲すべきだった。世襲制度に拘泥した結果がこの悲劇だ。

現行の天皇制もまた、鳶が皇位に即く危険性と無縁ではない。皇位世襲制度に固執し続けるならば、日本はいつか、鳶が天皇即位する日を迎えるだろう。天皇庶民の前に姿を見せる必要がなかった時代においては、鳶であろうと雀であろうと問題はなかったかもしれないが、象徴天皇制における天皇が鳶に務まるかどうかは心もとない。

皇室血統伝統いかに維持するか

皇位世襲制度を廃止すべきという主張に対して、おそらく保守派の人々は、「万世一系血統」乃至「皇室伝統」というような議論を持ち出すだろう。しかし、国家制度において血統伝統を維持することにはいかなる合理的必要性もない。さらに、皇室伝統には宮中祭祀という宗教的活動が含まれているが、これは憲法第二十条規定される政教分離抵触しているおそれがある。

おそらく日本国民の大多数は、皇室保有している血統伝統はいかなる価値もないという主張には賛同しないだろう。ゆえに、それを維持すべきであるという主張にも一定合理性がある。しかし、何らかの組織血統伝統を維持するために、それが国家機関であることを必要とするだろうか。血統伝統を維持している民間組織枚挙に遑がない。

皇位世襲制度を廃止するということは、国家機関としての天皇と、祭祀王としての天皇との分離を意味する」と上で述べたが、それらが分離されたとき、それと同時に皇室民営化されるべきだ。そうすれば、憲法第二十条抵触することな宮中祭祀を維持することができる。

世襲制度に代わる制度

本稿の目的は、皇位世襲制度は廃止すべきだと主張することであり、それに代わる制度について述べることは本稿の目的ではない。しかし、世襲制度に代わる制度について、付論として筆者の見解を述べておきたい。

世襲制度に代わる制度としては、公選制度が望ましいとする意見が出されることが予想される。しかし筆者は、皇位公選制度には反対だ。その理由は、天皇の人選には反知性主義的な見解が反映されるべきではないと考えるからだ。天皇は、今上陛下がそうであるごとく、正しい歴史認識を持つ者でなければならないが、公選制度によって選出された天皇がその条件を満たすとは考え難い。

世襲制度に代わる制度設計する上で参考となるのは、元号の選定の制度だ。なぜなら、元号の選定もまた、反知性主義的な見解を避けなければならない制度の一つだからだ。元号は、漢文学国文学関連の有識者候補を考案することになっていて、決して一般公募ではない。しかし、これに対する異論寡聞にして知らない。大多数の国民DQN元号キラキラ元号を望んでいないからだろう。

結論

日本国憲法二条規定する皇位世襲制度は、人権侵害及び天皇資質に関する懸念があり、廃止すべきだ。

そして、憲法第二十条規定する政教分離抵触することを避けるため、宮中祭祀実施する主体である皇室民営化すべきだ。

2017-09-18

文化的盗用っていいたいだけちゃうんか

流行言葉使ってれば頭悪いこと言ってもいいって風潮なんなん?

anond:20170917102216

これって普通感覚なんかね?

なんかこういうの見ると、日本国籍血統主義なのって、ちゃんと国民の総意に基づいてるのかなーなんて思うね。どっちにしろ頭悪そうだけど。

法律で定める国籍の話はまあしょうがない。実務上の線引きは今のところ必要だし、何を基準にしたところで恣意的ものであるのは間違いないんだから、逆に何を基準にしても別に間違いじゃない。日本国民の子供は日本国民。それでいい。

  

でも文化っていうのはそうじゃない。そんなこと中学生でも二分間スマホから目ェ離して静かに考えれば分かる。

たとえ日本人の血が一滴もはいってなくても、物心つく頃から二十年、いや十五年でも日本しか暮らしたことがなければ、その人は(文化的に)日本人しかなれない。

日本語しか話せなくて、論理的思考日本語で行っていて、幼少期の体験が全て日本社会に結びついていて、生活必要な全ての知識日本社会用に特化していれば、その人は日本人しかなれない。血統がどうだろうと、別の国の国籍を持っていても、何なら無国籍でも、その人は日本人以外の何者でもない。

その(文化的日本人名前日本風であることのどこに不都合があるのか?(文化的日本人日本名を名乗ることの何が盗用なのか?

いうまでもない(と思いたい)が「名前」っていうのは言葉であり文化であり、また個人アイデンティティーだ。クレリカルな法律の側でなく、文化の側にそして個人に属するものだ。

日本人日本人感覚自分にとって自然名前を使う。日本人認識されるために日本風名前自分に与える。どこにも間違いはない。

改めて言っておくが、法律上国籍とは何の関係もない話だ。

  

からも、なんの文化も盗まれてない。被害がない被害者面はみっともない。日本文化的に。

2017-09-12

anond:20170912092121

1.君主がいない。

であってる。

イギリスには女王がいて、日本には天皇がいるので、両国とも共和制ではない。(立憲君主制

ちなみに、君主というのは、血統で代々引き継がれる者と思ったら良い。

アメリカフランスには、そういう君主は居ないので、共和制

Wikipedia元首 の項がわかりやすい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E9%A6%96

2017-08-31

https://anond.hatelabo.jp/20170829172010

本文も挙げられた例えも分かるが、それに一つ付け加えたい。

 

「不遇の天才主人公に、恵まれ環境努力ライバルという設定だと燃える

 

ライバルは、2世血統付きだけど才能に恵まれずそれを努力で補う。

主人公は、才能で何でもこなすけどそれ以外に恵まれず芽が出ない。

 

スラムダンクの例だと、海南の神は、最強校に入ったのに力不足は才能でなく努力で補う。

関東コンプレックス」さんへ ちゃんと感想ください

マクド関東コンプレックスからきてるとかお前のほうがきっしょいぞ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

試しに関東コンプレックス紹介しとくか

まずな、

飯は高いくせにまずいわ

家賃高くて狭いわ

移動にひたすら時間かかるわ

新宿は人多すぎてダルい

東京で手に入るもの大阪でも手に入るわ

電車乗ると先天的ではないおっさんキチガイホームで何かわめいてるわ

スマホ落とすと拾って平気で盗もうとするやつがいるわ

道中で人が倒れてても無視するわ(3回見たことある)

外人コンプレックス丸出しだわ

本当は出稼ぎ労働者で他県からやってきて方言隠してる口で大阪京都ディスってるわ

仕事では自分ミスなのに頑なに認めようとしないわ

絶対仕事振ってこないのに愛想だけは振りまいてハッキリNOと言わずコネクションだけ持とうとするわ

行列しょっちゅうできる地域なのに毎回運営行列慣れしてないバイトレベル対応だわ

道は好き勝手歩くから混雑するわ走り回るリーマンかばんぶつけまわっても平気だわ

あと外人コンプレックス丸出しだから海外ではマクドが主流の略語つったら反論せず無視するか精神崩壊するわ

挙句の果てにこいつら全員が自分らは賢い人種だと勘違いしてるわ

単にお前ら全員いい歳こいてリア充になれなかった中年のキョロミドルしかないっつーの

お前らが楽しめることとかせいぜい結婚した後の不倫不倫ドラマくらいだから

そのクソスペックでもかろうじて人口のおかげで食っていってるようなもんだから

お前の家は実家田舎であってベッドタウンの今借りてる家じゃねえよ

お前の家はお前の「生まれ育った家」だよバーカ

育ちが東京でもお前の両親はカッペ星人だろ、ちゃんとカッペ血統じゃねえか

僕はニュークで働いたかニューヨーカーなんだ!

(笑)

 

マジでカスしかいないな死んでも住みたくないわ

狭い家から仕事や飯や買い物や娯楽施設行くのに毎回30分以上移動して行列に並ぶとか知能を失ったゾンビしか言いようがない

仕事がないから?あるけど糞スペのお前にまわってこなくなったか東京に逃げてきただけだろ

近いところに住めば?と、自分東京とは名ばかりのクソ田舎に借りてるやつが何言ってんだか

住むメリットがないっつってんだろ馬鹿

 

コンプレックス持っててすまんのお

2017-08-29

森博嗣作品主人公所詮血統で震えた

10年くらい前にSMシリーズをかじった程度の本読みだが、最近Vシリーズの「黒猫の三角」を読み、合わせて解説サイトも覗いてみたら、VシリーズSM犀川の母ちゃんが主人公お話だと知った。

なんだよ、ミステリ小説でも主人公血統かよ。と、一気にS&Mシリーズ世界観スケールがオレの中で小さくなった。

 

こういうキャラクターが、特に主人公血統とか血筋で箔を押されちゃうと、政治家世襲の話みたいに他人の入り込む余地がなくて腐すしかなくなっちゃうよね。

歴代総理家系図たどるとみんな親戚」みたいな話で、世界を一部の身内だけで回してるように感じられる。

 

まあ下層民読者でも何かしら親から継いだもの・子に継がせるものがあるにしろ、やっぱり主人公レベル血統との差は歴然なわけで。

物語なら、そういう上級身内世界をぶっ壊す側が主人公にならないと読者は燃えないよね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん