2021年05月26日の日記

2021-05-26

anond:20210525094510

google pixelホーム画面を左スワイプして出でてくるニュース(あれ正式名称なんていうの??)が大好きすぎる

元増田の言う使い方そのままのことをやってる

好きすぎて次トイレに行くのが楽しみなくらいだよ

おれに長野市周辺のおすすめを教えてくれ

素敵なバーとか

いい飯屋とか

なんでもいい

レッサーパンダを見に行く以外なにをするべきなんだおれは

たすけてくれはてなー

anond:20210526234417

わかるわ。飯食べる時間は必ず取る。

あなたは結局自分がいい人になりたいがために、

押し付けられた嘘を

私にさら押し付けようとしている

そのほうがあなたの望む美談にできるから

このいやらしさ、汚さ。

普通は本当に愛しているなら

こちらの話を訊くものだし

信じるものだ。

anond:20210526201302

なんだ、チンピラじゃねーかおめーも?

金なら余裕あるから、命だけは勘弁な?

anond:20210526234205

歩行者ならその理屈は通らないでもないけど、道路交通法上、自転車軽車両という車に分類されるなんだ

免許がいらないからといって何をやっても許されるわけじゃない

横断ていうより左側を走っていて道路の反対側に行きたくて急に車線変更したんだろう

しかも無灯火

2人組だったようだから友達につられて周囲をよく確認しなかったと考えられる

自転車にも免許証が必要学校安全運転教室やったときに配ればいい。もちろん違反したら点数引かれるようにする)

ネット数字に囚われる愚かさ

実際pixivブクマ数少ない作品でもめちゃめちゃ上手な作品ちょくちょく見るし

リアル系画力あってもツイッターでバズらないし

経験則で言うとドマイナー化石ジャンルでやってると最早一次創作のほうが評価されるまである

仕事だと美少女しか描けないイラストレーター名前が知れてないと使いづらいだろうけど、Twitterでは評価されやす

ネットでバズりにくい背景イラストとかは仕事では重宝される

大事なのは目的がどこにあるかなのかだからバズるのが目的ならバズりやす作風にするとか色々あるだろうけど

anond:20210526163142

アイドルって偶像っていう意味だもんな

偶像崇拝はたいていの宗教から邪教徒扱いだけどがんばれよ

性格の腐れねじ曲がった腐女子愚痴

私はADHD傾向のある腐女子だ。社交不安障害もあり、かれこれ四年間、精神科に通院している。

社会に出てこの方、ずっと漠然とした不安や恐怖と共に生きてきた。

思い返せば幼稚園の頃は潔癖症になって毎日しかったし、それがおさまってからもほんの小さなことが病的に気になったり、同級生全然喋れなくていじめられたりと、あらゆることで悩んでばっかりだった。社会に出ると更にしんどいことだらけで、無能の私は仕事も三回クビになっている。私はこの県で一番役に立たない人間なんじゃないかな、とも思った。

二十六歳の時に勤めた職場で、人生の何もかもが面倒になって衝動的に車道飛び込みかけ(今考えると迷惑な話ですね)、初めて精神科に行った。うすうす気づいてはいたが、自分ADHD傾向にあると改めて知った。

薬を貰うことで異常な確認癖は落ち着いたものの、どうにもならない部分もある。注意力散漫と衝動性は、長年の訓練もあって多少マシにはなったがやはり健康な人たちにはかなり劣る。コンサータADHDの薬)は効き方にかなり波があるので全面的には頼れない。今の職場にはアルバイトとして入っている。数少ない友人が紹介してくれたところで、穏やかな人が多く、今まで渡り歩いてきた職場に比べればまだ馴染めている(かなりギリギリだが)。今のところまだクビになる気配はないけれど、色んな事情であと一年くらいしか居られなさそうだ。

どんづまりな私の、唯一の趣味同人だ。

基本的流行りが過ぎたジャンルしかハマらないけれど、一ヶ月に一~二万字の話を二、三本ほど書いてpixivにアップすれば、感想をくれる人たちがそれなりにいる。本を出せば少部数ではあるけどちゃん完売する。

書いてる途中で飽きていやになっても、完成したらそれだけで嬉しくなるし、反応があってもなくてもまた書こうと思える。

いかんせん性格ねじ曲がってるので、自分の心の平穏のために他のジャンル民とは交流せず一人で黙々とやっているが、かなり楽しいし、これからも続けてゆきたい。

問題としては私の創作への原動力が『怒り』や『不満』や『恨み』であることだ。

日常がつらいほど、死にたいと思えば思うほど筆がのる。周囲の人間に腹の立つことを言われれば言われるほど、満足のゆく話が書ける。

今のジャンルも、書き始めたキッカケは逆CP腐女子ツイッターで自CP検索避けもせずにボロクソに言っていたのを見て、腹わたが煮えくり返るほどメチャクチャにムカついたことだった。

それで怒りを昇華させられるなら良いのだろうが全然されないし、三年たった今でもずっとムカついている。とにかく私は恨み深い。自分を棚に上げて、人にされたイヤなことばかり覚えている。

から承認欲求が満たされ過ぎると書けなくなる。前にいた旬ジャンル一年半ほどで移動したのもそれが理由だ。旬というだけで不当なぐらいにちやほやされるのは、嬉しいといえば嬉しいけどやっぱり合わなかった。

現実しんどいので趣味世界だけでも幸せな居場所を作りたいのに、私の創作活動はいつも何かへの憎しみに紐づいている。それがたまに辛い。

私が推しCPへの純粋な愛だけで話を書ける日は、二度と来ないんじゃないかと思う。最初は間違いなくそうだったはずなのに。

一億円あれば多少は心が豊かになるんじゃないかなと思って、宝くじを三枚買った。当たりますように。もしくは世界中のみんなが私ぐらい無能になりますように。

anond:20210526200629

そのうちマジで病気になる。

断ることをおぼえろ

あと話題をもちだせ 聞き上手になってやれ

孫がよく食べる以外のエンタメを与えろ

あー音楽って字のごとしで、音を楽しめればいい

それだけ。

anond:20210526225938

巨乳が出てくるエロならなんでも書けると豪語してる作家巨乳自己投影してるの?

広告代理店とコンペ

広告代理店で働く大部分の人は、Twitterなどで見かけるようないわゆる"Evil広告代理店"像とはかけ離れた環境の中で働いている。むしろ、悲しい局面も多くあり、今回はそれを「コンペ」という視点で書いていく。

1. 総合代理店

どの業界でも発注先を検討する際にコンペティションをすることはあると思う。広告代理店事業主からプロジェクト単位や年単位など開催されるコンペに呼ばれることがある。大体のケースが、クライアントからオリエンテーションの後、TVCMやキャンペーン企画などのクリエイティブメディアプラン提案していく。*代理店でいうコンペは、提示された予算に対しプロモーションプランをかなり具体まで詰めて提案することを指す。

そのため、ほぼすべての提案オートクチュール的というか、クライアントに合わせてすべてカスタムメイドする。予算単位が大きくなればなるほど、関与する人は増えていく。大きな提案になると、営業クリエイティブメディアPRデジタルプランナー、タレントキャスティングプロダクションなど数十名にも及ぶ大チームで、100枚・200枚を優に超える資料提案することもザラにある。TVCM企画1本の提案でも、2〜3名でチャチャっとできるものではない。

コンペフィーが支払われることも稀にあるが、言葉通り稀なので負けた場合赤字になる。参加している以上、負けて赤字になるのはしょうがないことだが、アイデアだけ使われてしまったり、クライアントサイドも2〜3社であればまだ良いもの10社近く声がけしていることもあり、フィードバックもロクにもらえないこともある。

アイデアやそこにかける時間リソースお金が支払われず、リスペクトがないのはとても悲しい。

2. デジタル

これは、デジタル広告代理店にある話だ。そこでも上記に書いたようなコンペが行われるが、いわゆる電通博報堂と言われる総合代理店と違い、デジタル代理店のコンペは「コスト効率」でほぼ勝敗が決まる。まず、デジタル領域のコンペは近年「クリエイティブ無償化」というのが主流になりつつある。配信するバナー動画の種類が多ければ多いほどABテストもでき、コスト効率改善されるため、"本数"が重要になるからである。まず、制作する人がいるのにコストが支払われないというのが悲しい。

また、数年前からゲームなどのドメインも持つA社を筆頭としたメディアマージンの値引きが常態化している。(片手%以下のマージン提示することも珍しくなく、資本力ゆえなのだ独占禁止法抵触しないのだろうか?)値引き合戦とセットで、クライアントからマージン開示要求も年々強くなっている。開示することでさらコストが買い叩かれるという構造であるデジタルといえど、裏側では、分析やオペーレションを行う人が多くいることを考えるとリソースが買い叩かれるのは、とても悲しい。

※注

もちろん、良いクライアントもおりコンペフィーが支払われフィードバックも丁寧で、代理店に適正な費用を払ってくれているところもある。

ロースペーサー?無けりゃギア間座でもぶち込んどけば動くだろ

キンドルアンリミテッドで読みたいものがない

1巻だけ無料とか逆に読まないことが判明した

このままだと半年かに1冊ずつ買ったりしたほうが安い可能性が

anond:20210526230942

スーパーカブってタイトルで、カブの偉大さを全編の軸にしてて、肯定的違法を書かれたら違和感しかないわな。

その「情けないカブ乗り」の話の後にこれ入れたんなら、単純に大ポカしてるわ。

ギャグ世界とかバイクが添え物の作品での違法とは意味がまったく違うことになる

食事が好きすぎる

まり他人と共有する内容でもないので、一般的レベルか否かはわからないが、自分食事がだいぶ好きだということに気づいた。食事という行為のものが好きだ。

そもそも苦手な食べ物も少なく、明らかに合わない味の(闇鍋のような)ものでなければ基本的に美味しいと感じることができているのは大きい。舌が肥えていないとも言うが。

コンビニ飯を食っていても、安い食パントーストにしたものを食っていても、毎回しみじみと「おいしい、幸せだ」と感じながら食事をしている。

安い普段食事でもそうなので、よりおいしいものを食べた時の感動は普段の数十倍である。日に3度もこの上ない多幸感を感じることができてありがたい体質だ。

よく「朝食は面倒なので食べない」とか「コンビニなどのまずい飯は食った気がしなくて作業として食べている」という意見を見かけるが、自分としては幸せに浸る機会を自ら削るなど以ての外だし、食事というだけで飛び上がるほど嬉しいので不思議に思って書いた。

anond:20210526231926

他の増田が言うように、実際には毛の生えているエリアを表したいわけだからVIO問題ないと思うが、

敢えて尻の穴を表現するなら、※ではなく、例えば*のほうがそれっぽいのではないだろうか。

それとも実は尻穴の周りにはほくろが4つ付いているのが標準的なのだろうか。

エリアの形を表現するという意味ではむしろIをⅡに替えるほうがより現実に近付くとも思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん