「明るい人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 明るい人とは

2020-09-24

占われメモ

質問

ギクシャクしている友人との関係実態

出たカード

過去 ソードの6逆位置

現在 カップの6逆位置

未来 ワンドの5

友達気持ち ワンドの3

増田気持ち カップの4逆位置

終結果 ワンドの2逆位置

アドバイス ソードの8逆位置

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソードの6の逆位置

他人の話を聞かない。仲間を信用できない。

感情的に行動する。思い出に縛られる。努力放棄する。慎重さが足りない。その場しのぎの嘘を連発する。失言が増える。物事妥協で済ます。ゴールまで回り道しがちになる。進歩の欠如、ゆっくりとした治癒、閉じ込められた、遅れ、立ち往生、圧倒され、問題を引き起こす、揺れ動く、計画を変えたり放棄する、地面に立つ、どこにも行けない、嵐のような関係不安定旅行の中断や中止、旅行から帰る、駆け落ち洪水、水の事故

https://uranai-times.net/six-of-swords/

カップの6の逆位置

カップの6のタロットカードは、過去の思い出や記憶好意物質などの授受を意味します。過去の思い出や記憶を思い出し郷愁に浸ることや、反省経験を活かして成功することが出来る状況などを意味します。同じ過ちを繰り返さず、前に進める状況や、経験人生にとっての貴重な勉強になることを意味します。告白をすることやされること、プレゼントを与えることや貰うことなども暗示します。

カップの6の意味と逆位置解釈の仕方

新しい状況や可能性の中で、将来への明るい兆し成功への道筋が見えてくること。未来に向けての幸せな思い出を作り上げていく過程気持ちを受け止めることなどを意味します。

成長。啓発。育成。未来。将来。挑戦。希望前進新規。進展。真心好意告白。贈り物。可能性。心機一転。新しい気持ち気持ちの授受。

新しい事業などに着手し成功を収めることができる。過去経験反省を活かして精神的に成長すること。新しい恋愛出会いの中で幸せを感じ満足すること。新しい気持ち物事に取り組み、順調に前進できる。明るい将来性や新しい可能性を感じることができる。自分が手掛けてきたことが認められ将来につながる。

https://uranai-times.net/six-of-cups/

・ワンドの5

▼ワンドの5の意味と正位置解釈の仕方

混乱した状況の中でも、友達ライバルと競い合うことで、気持ちが高まり技術などが磨かれていくこと。周囲の人間関係との軽い衝突や問題が浮上してくることなどを意味します。

競争対立。信用。信頼。影響。進歩共闘。仲間。協力。挑戦。刺激。娯楽。向上心。好敵手。練習試合。痴話喧嘩。友人関係。交友関係。遊ぶこと。複雑な人間関係の中で新しい恋愛や友人を見つける。状況は混乱していても次第に気力が湧いてくること。適度な距離がある方が互いの気持ちが前向きになる。激しく競い合うことで実力や才能、技術進歩する。混乱した状況の中で新しい可能性を見つけ出すこと。ライバルや仲間、恋人に刺激されて気持ち高まる

https://uranai-times.net/five-of-wands/

・ワンド3

▼ワンドの3の意味と正位置解釈の仕方

新しい状況や新しい人間関係を迎え、より肯定的で前向きな環境に身を置くこと。肝心な最初の一歩を踏み出すことや、幸先の良いスタートを迎えられることなどを意味します。

旅立。信頼。尊敬社会計画形成。門出。出発。始まり目的地。方向性。一歩前進軌道に乗る。新しい舞台。良い人間関係。上のステージへ。

新しい状況を迎え、より明るい可能性が見え始める。新しい人間関係の中で、充実した気持ちで居られる。パートナーと共に、明るい未来への道を歩き始める。成功に続く道の最初の一歩を踏み出すことができる。信頼できる明るい人関係形成することができる。明るい希望や将来への期待が目の前に広がり始める

https://uranai-times.net/three-of-wands/

カップ4の逆位置

カップの4のタロットカードは、状況への欲求や不満、人間関係不和孤立する状況を意味します。マンネリ化した状況への不満や不安、悲観的な考えから訪れる自信喪失などを意味します。考え過ぎや過度な期待が、現状への不満や不安に繋がることを意味しています精神的な面での苦労や閉鎖的な状況を意味し、人間関係不和孤立した状況などを意味します。自制のできない欲望なども暗示します。

位置では、目の前の状況に対して不満や不安ばかりが募ること、望む状況とは違うことでストレスが溜まってしまうこと、目の前の物では満ち足りずに欲が出てしまうことを意味します。逆位置では、次第に状況が好転して目の前の環境に対して満足できること、欲しいと思っていたものが向こうから自発的に訪ねてくること、正直に心の内を明かすこと状況が明瞭になることを意味します。正位置位置共に、心に抱えている不安や不満とそこに対しての変化、心を素直に表に出せないことなどを表します。

様々な状況に対しての満足感や充実感を得て、前向きな気持ち積極的姿勢になれること。固く閉ざしていた心を開き始め、本音を出して周囲との関係を築くことなどを意味します。

充実。円満。充填。充満。満足。援助。輔佐支援。助力。救済。同情。共感。再会。再婚。手助け。協力者。支援者。後援者。出資者共感者。

次第に状況を受け入れて、満ち足りた気分になれる。目的成功は近くまで迫るが少し努力必要になる。相手の考えや行動が理解でき、心から満足すること。恋愛関係形成において心底満足することができる。協力者や理解者が手助けしてくれ万事が順調に進む。良い人間関係に満足でき、心が喜びと平和に満ちる。

https://uranai-times.net/four-of-cups/

・ワンド2逆位置

カップの2の意味と逆位置解釈の仕方

一方的思い込み関係ばかりで、信頼性が無く落ち着かない片想いの状況が続くこと。色々と望むことが実現せずに心が満たされずに不安を抱えていることなどを意味します。

別離破局。分離。別れ。離婚。重荷。片恋心配不安負担。恋敵。片思い。体だけの関係気持ち押し付け恋愛観の不一致。セックスの不一致。

気持ち一方通行不安定関係が続いていくこと。気持ち押し付け一方的思い込み関係悪化根本的に相性が悪く問題解決することができない。安定した信頼関係形成できずに、不安材料が残る。セックスの相性が悪くて、心から満たされない関係。嬉しくない告白プロポーズが突如として舞い込む。

ソード8の逆位置

ソードの8のタロットカードは、拘束された状況や何も出来ない状況、しがらみなどから抜け出せないことなどを意味します。混乱した状況や行き詰っている状態に対して、自分では何も身動き取れないような状況などを意味します。人間関係責任問題などのしがらみから抜け出せず、八方塞になってしまうことを意味します。窮屈な思いをすることや、閉鎖的な環境に閉ざされてしまことなども暗示します。

抑圧的で拘束されていた状況から抜け出すチャンスや、実際に抜け出すことで前向きな気持ちになること。足の引っ張り合いから開放され、自由な状況や時間が訪れることなどを意味します。

自由解放。出口。脱出。退路。突破。救済。克服。改善。改良。改革開封。快方。転出出所。開所式。無制限自由化。殻を破る。困難克服。

将来への可能性や発展性を見出して前向きになれる。制限干渉がなくなり自由な状況が見えてくること。好機を獲得し拘束的な状況を抜け出すことができる。相手との関係を進展させるきっかけが手元に訪れる。行き詰っていた状況を改善する機会が巡り来ること。不運な状況を改善する強い力意志を獲得すること。

位置では、周囲の人間関係環境から完全に孤立してしまうこと、打つ手が何も無くなり八方塞になってしまうこと、状況や立場に絡め取られてしまうことで身動きできない状況になることを意味します。逆位置では、自分への干渉障害時間と共に次第に解消されて行き、自由な身にになって行くこと、八方塞の状況から開放されていくこと、窮屈な立場環境からぬけだせることを意味します。正位置位置共に、窮屈な環境四面楚歌状態、閉鎖的な環境に身をおくことを表します。自由に振舞うこと。束縛しないこと。立場を超えること。制限しないこと。外の世界に飛び立つこと。または「相手を束縛していませんか」というメッセージかもしれません。

恋人自分に不満があるようだけど、何が原因かわからない……という状況でソード8が出てきたなら、相手あなたに束縛されていると感じている可能性があるでしょう。自分でも自覚があるのなら、恐らくそれが原因です。あなた相手繋ぎとめておきたいと必死になればなるほど相手の心は離れていくでしょうからもっと気楽になって、相手気持ちやペース、生活尊重すると良いでしょう。

2020-09-10

公私でストレスをかけられ続けたら人間はどうなるの?

行き着く先は過労死かな

それでも明るい人を演じていたい

2020-07-26

防犯カメラ死角必死で探したことがある

実家に帰ってきて親のいない茶の間水ようかんを食べていたら、この家でこんなにしずかな時間を過ごすのは久しぶりだと気づいた。

それは両親が旅行(といっても彼らも私も都民なので県をまたいだ移動をするのは悩ましく、近場のホテルをとって普段よりすこし贅沢みたいなことをしている)で不在にしているのはもちろん、私が人との同棲結婚離婚を経てひさびさにひとりになったからというのもある。

10代後半から20代前半にかけては、親の不在期間はそのまま、好きな男の子を家にこっそり連れ込むためのタイミングだった。

いま、ひどいときには収入が5ケタになるような弱小フリーランスの私とはちがい、両親は当時から地に足のついた仕事をしており、なおかつ良くも悪くもバブル世代的な人たちだった。10年ほど前、実家の駐車スペースには黒くでかいベンツ流線形銀色外車が並んで置かれていて、家族であるから見てもそれらは笑ってしまうほど「金持ち象徴」然としていたので、落書きやいたずらの被害によく遭った。

カイジ第一話がそんなシーンで始まるよと人から聞かされて笑ったのは大人になってからだったが、ベンツという車は本当によくエンブレムを折られる被害に遭う。

私は両親の車に対して特に思い入れがなく、そういったことがあったと両親が警察相談しているのを見るたびに、ひどいな、お母さんを困らせないでよ、とかるく憤ったくらいだった。

というか正直にいえば、自分はまっとうに企業就職できる気もしないし、両親のような裕福で明るい人たちには一生かかってもなれないのだという予感が10代のときにはすでにあったから、どちらかといえば感情移入してしまうのはベンツマークを折ることでしかストレスを解消できない人たちのほうだったような気もする。いずれにせよ、両親には申し訳ないけれど、免許証も持っていない自分には、その被害はあまり関係ないできごとだと思っていた。

が、ちがった。私がある日高から帰ってくると、玄関には見覚えのないスニーカー業者の人のものらしきカバンがあり、母がニコニコと「うちの前に防犯カメラつけるからね」と言った。

そうかそれで車の被害が防げるならいいよな、私も部活帰りの夜道が怖いと思ったことあったしな、と考えながら洗面所に向かい、はっとする。

あさって、彼氏をこっそりうちに呼ぶつもりだったじゃないか! どうしよう!

両親は2日後に旅行にいく予定で、私はそのあい留守番をすると約束していた。「夜は駐車場ライトつけといてね、夜のあいだだけカメラの録画しとくから、なにかあったら再生できるようになってるからね」と母に言われ、一瞬で血の気が引いた。

その日の晩、母が夕食の買いもので家を開けた瞬間から、私は業者が置いていった防犯カメラ説明書鬼のような速さで読んだ。

くもんで速読やっててよかった、生まれて初めて役に立った、お母さんありがとうと母につよく感謝した。

もちろんうしろめたくもあったが、思春期、初めて心から好きな彼氏ができたばかりの私にはどうしても千載一遇のチャンスを逃したくない気持ちのほうが大きかった。私は2日後のためにポトフコーンスープレシピ必死で覚え、産毛処理かみそりをソニープラザで買い、メガネからコンタクトに変えたばかりだった。

説明書を読みこむと、この防犯カメラは3つの角度から射程内を映せるということがわかった。1階がまるまる駐車スペースになっており、玄関階段を上がった2階部分にある構造の私の実家場合は、①駐車スペースの真正面、②駐車スペース右脇の私道、③駐車スペース左脇の公道〜家の階段 がその3つにあたる。

実際にカメラボタンをカチカチといじってみると、たしかにその3か所がよく見える。リアルタイムで家の前を通る人たちの顔立ちや背丈もはっきりわかった。もし夜中にこっそりベンツエンブレムを折りにくる不届き者がいたり、私が彼氏と浮かれながら家の階段を上がったりしたらすぐにわかるだろう。クソッ!

母はたぶん買いものから20分ほどで帰ってきてしまうし、父も仕事が早く終わったらいつ帰ってくるかわからない。焦りと、操作をもし間違えて業者に連絡が行ってしまったりしたらどうしようという不安のなかで泣きそうになりながら、私は必死防犯カメラ死角を探した。

家の正面は鮮明に映ってしまうからぜったいに通れない。家の裏にある公園の柵を越えて敷地内に入ればカメラに映らなそうだ。でも、夜中に公園の柵を男の子ふたりで越えているのをもし近所の人に見られたらどうなる?

うちは商店街の中ほどにあるから東京にしては近所付き合いがさかんだ。公園管理者さんの顔も、そのさらに奥の住宅に住んでいる家族の顔ももちろん知っているしなんなら毎週回覧板を回しにいっている。見られたらおしまいだ。クソッ!

父が帰ってくるまでの15分ほどで、私は持たせてもらったばかりのガラケー防犯カメラの画面の写真を撮りまくり、背景に映っている観葉植物アパートの窓の高さを彼氏身長に頭のなかで換算し、カメラからは見えない範囲必死予測した。

彼氏は素直な人だったから、私が事情説明し、「申し訳ないけど、近所の人に見られてしまうからからは別行動でお願いします。うちの裏についたらこ公園の脇を抜けて、奥の家の窓から見えないように、ものすごく低くしゃがみながらこのルートを猛ダッシュしてほしい。階段は這うように上って、ドアを開ける際には音を立てないでほしい」とめちゃくちゃなことを言っても「うん、おけ」とうなずいてくれた。

2日後の晩、防犯カメラの画面をにらみながら彼氏を待っていた5分間以上に長い時間を私はいまだに知らない。夏がはじまる前のすずしい日だったのに汗だくの彼氏玄関のドアを開け、「さっきアリが靴んなか入った」と笑いながら倒れ込んだとき気持ちをきのうのことのように思い出す。彼氏コンビニで買ってきてくれたロールケーキは潰れ、ビニール袋が破けて中身が出ていた。

けっきょく旅行あいだ両親のベンツはまったく無事で、帰ってきた両親は別にいちども防犯カメラを見返したりなんてしなかった。

けれど、彼氏を連れ込んだのはあっさりばれた。旅行から帰ってきた翌日、母が食器棚を開けて「あんたひとりだったのにお皿はぜんぶ2枚ずつ使ったのね?」と言ったのだ。使い終わった皿の位置! 私はそのとき自分のことを本当にばかだと思った。

さっき、誰もいない実家でひとりぶんの食事適当につくろうと食器棚を開け、その前面に並んでいるのが湯呑みやひとまわり小さいサイズの茶碗ばかりに変わっているのを見たときに、急に昔のことを思い出してこれを書いた。

家の前のライトを消しておけば防犯カメラにはなにも映らないと気づいたのはハタチを越えてからで、でも結婚していたここ数年はそんなふうに人を家に入れる必要もなく、いま防犯カメラ防犯カメラとしての役割だけを担ってくれている。家の車もいつの間にか音の小さい国産車に変わっていた。この10年、一瞬だった。

2020-06-23

大人になって歯列矯正した

子供の頃は家が貧乏歯列矯正してもらえなかった。

口呼吸もあったか結構出っ歯だったし、下の歯もガタガタだった。歯軋りもしてたから奥歯も変な方向向いてた。

そのまま大人になったしもう一生これでもいいかと思ってたけど、ちょっとお金が貯まってなんとなく歯列矯正やってみた。

100万くらいかかったけどやってよかった。整った顔してる訳でもない自分歯列矯正やったところで…って思ってたけど、そういうの関係なくようやくちゃんとした人間になれた気分がしている。

今度ホワイトニングもしようと思ってる。

矯正始めてからなんとなく人の歯を見るようになったけど、口を開けてたくさん笑う明るい人はみんな歯が綺麗。

逆にあんまり笑わない人は、よくよく見ると歯並びが悪いってことに気付いた。(まあ自分もそうなんだけど)

子供ができたら、絶対歯列矯正させようと思った。歯に自信がないとあまり笑えない人間になるし、性格にも影響出るんじゃないかなと思う。

2020-05-25

なぜキリスト教徒は明るいのか?

多くのキリスト教徒は明るい。

明確な宗教を持っていない人も明るい人はたくさんいるがキリスト教徒は飛び抜けて多い。

理由は三つある。

一つは神に愛されている実感があるからだ。自分が愛されている実感がない人が明るくなることなんてできない。

二つ目教会存在だ。性格は違ってぶつかることはあれど、同じ信仰を持って集う人間本質的孤独から逃れることができる。本当に孤独人間は明るく振る舞うことができない。

三つ目はイエス・キリストの教えだ。イエスの教えはとびきりに明るい。マタイ11にあるように重くて仕方なかったものが、イエスの伝える神を信仰することで、軽くなる。これほど軽い荷であれば誰でも運べる。自分が楽な状態にいないと明るくなることなんてできないんだから

2020-05-03

anond:20200503141956

日本はごく普通一般人性格がひねくれているのが怖い。海外だと良くも悪くももっと単純で明るい人が多いけど、日本人はどこか歪んだ性格してることが多いのはなんでなんだろう。同調圧力で心がひん曲がってるのか?

2020-02-11

両親が不仲だった自分語り

02/13 23:36 追記ちょこっとしました。

床屋勤務だった父に、美容院勤務だった母はハワイ旅行中に出会い結婚したらしい。

物心がついたころにはもう父と母は不仲だった。父は仕事休みがちで、私が小学生低学年の頃にはもう職場転々としていたのを覚えている。

つの職場に留まらず、職場を変えるものからもちろん給料も上がらない。父と母は夜な夜な電話口や居間喧嘩していた。

それは深夜だった時もあるし明け方の時もあった。長いことアパート住まいで横にも上にも寝ている家があるのに家に居る母は金切り声を上げていた。

でもほとんどがお金問題で、まだ小学生自分にはできることが無いことが分かっていたので家の手伝いをして、3歳年下の妹の面倒をよく見た。

父が仕事から帰ってくるとき帰りは母の車の迎えを頼んでいた。母はまだ小学生の私と幼い妹を乗せて車で最寄り駅まで父を迎えに行く。

その車の中でもお金の話で揉めていた。

夏のとある日、いつものように父を車で迎えに行った時に自販機で何か買う?と母が私に聞いてきたが私はペプシが欲しいとはその日言えなかったのを今でも鮮明に覚えてる。

両親を困らせないようにいろんなことを毎日考える日々が続いてた。

今も昔も趣味ゲーム。私が幼稚園の頃テレビの下スーパーファミコン仕舞ってあるのを見つけて以来ゲームの虜だった。

コンポジットケーブル繋ぎ方を覚えてひたすら「スターフォックス」の1面を遊んだ。これ一つで随分と長いこと遊んだ

小学生になって私以外にもゲーム好きな人が沢山いることを知り、お家によくお邪魔して遊ばせてもらった。

父は気まぐれにゲームを買ってきてくれた。

F1 RACEhttps://youtu.be/-isADihL65Y とか「役満https://youtu.be/H-Nc1_9bXpQ とか。

でもスターフォックスの次にハマり込んだのがゲームボーイカラーで出た「ポケットモンスター銀https://youtu.be/Lfy93rW7zRs だった。

幸い、テレビさえ占拠しなければ父と母はゲーム理解を示してくれており、妹と一緒にゲームボーイカラーの画面をよく覗き込んだ。

ただ、その間にも父の帰りが遅かった事を責めたり、やはりお金の話で父と母が声を荒げる日が続いていたので、もうゲームソフトを買ってもらえるなんて無いんだろうなとポケモン銀を手にしたとき思った。

小学生にもなると、友達が増え色んなことを知り、考えることが増え、自分と友人の違いをよく知ることになる。

私はある日ゲームボーイカラーのソフト、「ポケモンでパネポン」https://youtu.be/yYfZPb4nqa4 (以下ポケパネ)を友達に遊ばせてもらった。

パズルゲームスーファミで家にあった「マジカルドロップ2」https://youtu.be/NN5JIwbNG1U を遊んだことはあったけどそれ以上の爽快感で遊べたポケパネは衝撃的だった。

どうしてもこれを家でも遊びたい。でもゲームソフトをせがむのは両親を困らせる。また今夜パパとママ喧嘩するかもしれないし、普段よりもっと大きな喧嘩になるかもしれない。

その時小学生ながらにとった手段は『友達から盗む』だった。うまいこと友人からポケパネを盗み、買ってもないゲームを遊んでいるのがばれるとまずいからと、家では音量を消し

放課後には公園で一人でポケパネを遊んだ。でも親は子を見ている。買ったはずのないゲームソフト気づき、ひどく怒られ、翌日友達へ返すくだりとなった。

その時、今となってはどう思ってそんな発言をしたのかも覚えていないが確かに私は言った。

「返すの?友達は盗まれたこと気づいてないよ?」

母は泣いた。でも私は両親に負担をかけずにゲームソフトを手に入れる純粋手段として盗みを働いたつもりだった。

盗みはダメだと諭され、母と一緒に友人の家に行きソフトを返した。友人は特に気にした風もなく、小学校卒業するまで一緒に遊んでくれた。

夜な夜な喧嘩が続くが中学生になってある日突然、父がマンションを買った。

正直当時は驚きのあまり意味が分からなかった。お金ないんじゃなかったのかな。どこかで貯めてたのだろうか。大人になるまで、ずっとこのアパートで過ごすのかと思った。

引っ越ししてマンションに住み始め、落ち着いてきたあたりで

とうとう父は働かなくなってしまった。

マンション引っ越し中学生になった私と小学生の妹はそれぞれの部屋をもらったが父は妹の部屋に入り浸った。

妹のベッドで眠り、昼食に袋麺を食べ、また妹の部屋で引きこもる。妹は母と一緒に和室で眠った。

あっという間に妹の部屋はたばこ臭くなり、ベッドの布団はぺたんこになった。

母は時短で働かせてもらっていた職場をやめて夜勤も挟みながら働くようになった。夕飯を作るのも私と妹で作るようになった。父の分はない。

初めて作ったのは野菜炒めだった。今でも覚えてる。切って洗った野菜を炒めるのに油が跳ねて妹と大騒ぎして、父に怒鳴られた記憶がある。

ほどなくして車で買い物に出かけた帰り、マンション駐車場で母が助手席に乗る妹と後部座席に乗る私に向かって「ママ、パパと離婚することになったの」と言った。

私はまぁ、そうなるよな。と思った。驚くべきことに部屋を占拠されていた妹は泣いた。

そうして私と妹は母に引き取られ、マンションと父を残して出て行った。

家庭裁判所に行った。家庭裁判所の人は私と妹が望めばいつでも父と面会できる旨を伝えてきた。

でも私達から望んで面会を申し出たのは今までで一度もないままだ。

養育費は二人分。私と妹が高校卒業するまで。その養育費最初の2ヵ月払われて、それっきりだった。

私と母と妹はアパート住まいに戻った。

私は高校生になった。アルバイトをはじめ、携帯代は自分で払い、月にいくらか家に入れ、欲しいもの必要もの自分で賄った。

たまに妹を連れて原宿かに連れて行ったりもした。

アルバイトというのが地元ショッピングモールに入っているラーメン屋だったのだが、オーナー社員おっさんにとても良くしていただいた。

絵を描くのが好きと知れば誕生日画集画材を頂き、美味しいものもたくさんごちそうになった。


ある日、自分で夕飯の買い物袋を両手に下げてアパートに帰ってきたときなんだか急に悲しくなって声をあげて泣いた。

私以外にも高校生で、両親がいない中買い物袋を提げて帰ってくる子もいるだろう。

でもなんだか理不尽さと寂しさとどうしようもなさ、あとはなんで私がこんな環境にいるんだろうという気持ちで家に母と妹がいないことをいいことに、両手に買い物袋を提げて立ち尽くしたままうわーんと泣いた。

本当に「うわーーーーん」だった。


私は高校卒業したら就職するつもりだった。(ちなみにこの時はまだ養育費が払われているものだと思っていた。)

母に高校卒業したら就職する。と言ったときの母のあの喜んだ顔は今でも夢に出るほど覚えている。

スーツ用意しなきゃねとも言った。

高校卒業したら就職するんです。とアルバイト先のおっさんにも言った。

そうしたらそのおっさん「あのさあ、人生よくやり直しが効くとかいうけどそんなことないよ?」と言い出した。

どきっとした。

わがまま言ったらいろんなものを困らせると思って黙っていたことがむき出しにされた気がした。

勉強したいことがあるなら今のうちだと思うんだけど」

ゲーセンで知り合った友人に相談した。その友人は通っている専門学校デザイン学科があるよと教えてくれた。

資料をもらって穴が開くほど眺めて悩んだ。そして母に言った。

「ごめん、就職したいと言ったけどこの学校に通って勉強がしたい。2年制でいいから、通わせてほしい」

その時の母の落胆した顔も覚えてる。この顔も良く夢に出る。

それでも母は奨学金手続きを一緒になってしてくれて、無事私は専門学校デザイン勉強をすることができた。

2年制だったから、うんと居残ってphotoshopillustratorを覚え、プレゼン勉強をして、就活を終えた(新卒で入った会社がクソブラックだった話はまたどこかで。失せろクソ会社


もちろん、あれからバイト代が入ればちょこちょことゲームを買い、ゲーセン音ゲーでも格ゲーでも遊んでいたのだが

無事社会人として安定してきて、switchスマブラ友達と遊んでいた時の事。

友人と二人でいろんなキャラオンライン対戦で遊んでいた時、5連勝くらい続いたあたりで

「なんか勝ち続いちゃってる。」としれっと攻撃を食らったりアイテム取り損ねたりして手を抜いてしまった。

これは高校生の時よく遊んだスーパーストリートファイターⅣ」でもかなりの頻度で起こった事象だった。

格闘ゲームで遊ぶ以上、ミスも弱さも自身のせいというのが基本なのだが、勝ち続けて嫌われたくない、気分を不快にさせたくないと

幼少の時に培った「相手のご機嫌伺い」が発動してしまって対戦ゲームでなかなか気持ちよく遊ぶことができない。

ご機嫌伺いはゲームだけでなくいろんなところで作用し続け友達は本当に少なく、それなのに変に性格明るい人間になってしまった。


なんでもかんでも両親のせいにするつもりはないけど、子は親を選べないし、ここまで女手一つで育ててもらった母には感謝もしているけれども

なんであんな男と結婚したのか、なんで喧嘩するくらいなら生んでしまったのかとこの間ちょっとノイローゼになったとき思っちゃった。おわり。




-----------

今。妹は素敵な旦那結婚して1児の母に。もうすぐ2人目が生まれる。姪っ子にはクリスマスぽぽちゃんベビーカーポポちゃん用のエルサの服をプレゼントした。

妹は育児四苦八苦しながらも旦那、姪っ子と部屋を飾りながら私の手放しに楽しそうに生活している。

私は一人暮しのため住んでいたアパートを出たので母は久しぶりの一人暮らし満喫し、フラダンスにハマった。

父はしらない。

>うちは早くに見切りをつけて子の物心つく前に離婚して一人で育ててるが、金銭心配はなく楽しく二人暮らしのつもりが、子がこんな思いを抱えてたらどうしようと思った

金銭的な事情きっかけに過ぎず、みんなが当たり前に持っているものが私達にないというこの状態こそが、買い物袋をぶら下げて立ち尽くしてしまう最大の理由なので、出来る事なら子には友人や人とコミュニケーションがたくさん作れる・取れる環境を作ってあげるのが大事だと考えてる。

その環境さえあれば、足りないものは徐々に補えるようになるはずで、そうなるように出来ている。

今思えども急にマンション買った下りは本当に意味不明で笑っちゃう

まぁ多分、良い暮らしをと思ってマンションを買ったのだろうけど良い暮らしはそこに無かったと言う訳。

>お母さんのリアクションが、逆ではないんだね

私達と真逆環境に居た人ではあった。

>落ちがないのがなんかい

落ちてないから落ちがない…という落ち…

たくさんの人に読んでもらえてたくさんの人に文章を褒められて嬉しい

ありがたや

2020-02-07

スマホの画面めっちゃ明るい人

眩しすぎ!目が強すぎるのでは?

2020-02-05

都内の地形を表す地名バス停)のマッピング

都営バス停留所名前から、谷や池や江や台など、地形を表した漢字マッピングしたもの

地図地理好きはもとより、地学歴史明るい人には興味深い資料

https://www.stamprally.net/chikei-project/

東京って、地形が複雑なんだよね。

キャンペーンで、GPS付きスマホを持ってその場所へ行くと荒俣さんの解説を見られるらしい。

2020-01-04

メンヘラってもう古くなってない?

10年くらい前はメンヘラは構ってもらえたけど、いまは底抜けにただ明るい人の周りに人が集まる感じがする。

何でなんだろう。

2019-12-02

乳の大きさに気づけない

高校とき、席が隣になったんでちょくちょく喋っていた女子がいた。

まあ明るい人だ、俺とは住む世界が違うなあ、すごい地黒だけどなんでなんだろう 程度のことしか思っていなかったんだけど、ある日となりのクラスの男がこう言ってきた。

「お前○○さんと席となりでいいよなあ、めっちゃ胸でかいじゃん」

マジで?と思った。そんなこと言われると気になるので次の授業のときチラッとみてみたが、言われてみればでかい気がする程度の印象しか受けられなかった。

こういうことが多い。

よっぽど薄着だと流石にオッと思うのだが、そんな薄着さはネットで目に入る「巨乳エロ」みたいなものの話で、現実に出くわしたことはない。

男が集まって下世話な話をするときに「○○さんは巨乳だ」みたいな話がでて初めて巨乳だったのかと気付く。貧乳だって話にしても然りで、ボンヤリけっこう胸があると認識してた人が私はものすごい貧乳だと語っているのを聞いて驚愕したことがある。

乳に性的に興味がないわけでもないのになんでこんなに認識できないんだろうか。

まあ別に気がつく必要はまったくないし、むしろ乳の話なんて全然しなくていい世の中になればいいですねと思うんだけど、それはそれとしてちょっと不思議だ。

みんなどうやって認識してるんだ?

2019-11-19

anond:20191119144743

関係いかもしれないんだけど

デモデモダッテのネガティブ友人に愚痴ってたら

明るくない増田さんなんて、増田さんらしくない!増田さんじゃないよ!」って言われてブチ切れたことある

私のことを勝手定義すんな!悩みだって暗いときだってあるのに"明るくないとダメ"みたいに言うなボケ」ってキレた。

励まそうと思ったんだろうなぁ。「増田らしくないよ」の何処が励ましなんだか、今更だけど問い詰めたいわ。

自己評価という錯覚妄信していたせいで他人真実を指摘されてキレ散らかしてしまったのが元増田だが

友人から評価は「いつでも何でも明るい人!どんなつらいことがあっても明るい能天気!」

いや、友人が馬鹿だろ。何言ってんだお前。

表面上明るくとも内心辛い思いしている奴も居るっていう考えが無い友人がアホ。

他人真実を指摘されてキレ散らかしてしまったとあるが、見る友人が変われば「真実」が変わるなんて

それは真実ではないんだなぁ。馬鹿だなぁ本当に。

2019-11-10

anond:20191110054420

もちろん明るい人のほうが人として付き合いやすいのだけど、それは初対面とか付き合いが深くなる予定がない人にとってというだけで、長く付き合いたいなと思うのは「自分自分感情コントロールできる人」と「自分意志がしっかりある人」だなと最近思うよ。

とっつきやすさは大事。だけど自分を追い込むまでしては身がもたないよ。もっと自然体で生きていきたいよね。

anond:20191110054420

「暗い人間より明るい人間の方が関わりたいと思ってもらいやすい」と思い、ここ1年程は明るくユーモアのある人間だと思ってもらえるように振舞ってきました

手首を切って泣き喚いた方が構ってもらいやすいの変形なんや

笑顔でいるのに疲れた

はいわゆるメンヘラ気質で、リスカODはしないのですが、昔はやっていた時期もあります

「暗い人間より明るい人間の方が関わりたいと思ってもらいやすい」と思い、ここ1年程は明るくユーモアのある人間だと思ってもらえるように振舞ってきました。

頼れる友達もたくさんいます

すごく幸せです。

それなのに最近ひとりの時間に涙が止まらなくなって苦しくて苦しくてこんなに幸せなはずなのにどうしてだろうって思っちゃう

絶対にもうしないって誓ったはずの自傷行為に走りかけて、明るく笑顔の絶えない人間のすることじゃないなって自己嫌悪に陥ってしまます

明るくて素直な女の子になりたくても性根が腐ってるから自然体で笑顔になれない。どうしよう。

2019-11-04

二重整形したら人生変わった





元々激重瞼のほぼ一重に見える奥二重で、何をどうしても芋にしかならない絶望的ブスだった。

あとオタクコミュ障友達は片手に数えられるくらい。彼氏なんか出来たこともない。

もちろん周りの人間コミュ障ばっかりで、自分の話ばかりする女に囲まれうんざりしていた。



まあ色々あって病んで、大学進学を機に整形した。二重埋没法。

プチ整形からしたことないんだけど、自分にとっては人生最大の決断お金は親に頭を下げて出してもらった。

手術後は内出血した目で大泣きした。コンプレックスが消えて、解放されたような気分だった。治りが遅くなるから本当は泣いたら駄目だけど。



1週間ほど引き篭ってDTを乗り越え、完成した顔を見たとき思った。

あれ、私、可愛くないか

色白でぱっちり二重の女の子が鏡の前にいた。今までコンプレックスだった部位も可愛く見えた。目が変わっただけで、こんなに印象が変わるなんて。

じゃあ最初から綺麗な二重の人はきっと生きるの楽だったんだろうな。とか、虚しい気持ちになったけど、次には嬉しさが勝った。これからの私は生きるのが楽になるかもしれない。

私は顔が綺麗なことで得られる様々な利益が欲しかった。美しい容姿には必ずメリットがある。そう信じていたし、実際それは正しかった。


大学入学とき入学式で隣がたまたま男子だった。思い切って話しかけたら、友達になれた。革命的な出来事だった。


高校時代の私にとって、男は恐ろしい生き物でしかなかった。

全ての男性がそうとは言わないが、少なくともクラスにいた男には好かれていないと思っていた。オタクキモイとか、陰キャが喋るなとか、ブスは顔見せるなとか。

入学式の彼は違った。オタクでもなければコミュ障でもない。自分の話ばっかりしない。優しい。面白い

私は憧れた。彼のようになりたかったし、彼と友達になれるような明るい人間になりたかった。


そこからはがむしゃらだった。女友達は欲しかったけど、まず一番は彼氏だ。男子に手当たり次第に声を掛けた。

男と話す中で、自然可愛いと言われた。

好きな色は?と聞かれて、ピンクだよと答えたら「へえ、可愛いね」と照れながら褒められた。今でも覚えてる。いやピンクが好きな事実は可愛くないじゃん。可愛いのは私でしょ。

女友達も増えた。

新しく出来た女友達に「正直自分の顔に自信あるでしょ?」と半笑いで聞かれた。そんなことないよ、と答えたが図星だった。

だって行く先々で可愛いと言われるのだ。

いつもと違う系統の服を着たら可愛い友達が言う。教習所のおじさんが「でもあなた可愛いから引く手数多でしょう」とからかってくる。

他にもあったけど、忘れてしまった。「可愛い」は言われる度にその価値が低くなっていくことを知った。高校時代は、決して忘れず日記にまで書き留めていたのに。

あるいは、自分可愛い自覚してる子と話せるようになったことで衝撃発言を聞いた。その二重美人は言ったのだ。

「泣いた次の日、一重になっててびっくりしたんだよね。すごくブスだった。私、一重に生まれてたら本当に死にたかったと思う」

一重とは死にたくなるほどのブスのことらしい。悔しかった。けど、私はそのブスを克服したのだ。私を元一重ブスだと思う人間はもういない。「そうなんだ」と笑顔彼女対応できた。


何よりの変化は、人と目が合うようになったことだ。

今までは街を歩いても視線なんて感じなかったのに、今はすれ違う人がちらりと私を見る。大きな違いだった。美人は注目されるのだ。

綺麗な人はこんな世界を生まれた時から見ているなんて。虚しかった。二重になっただけで、私を取り巻く世界は優しくなった。

もちろん、私に自信がついて振る舞いが変化したのも理由の一つだろう。でもその自信の源は、二重だ。

私もまた、顔に振り回されて生きている。

2019-10-28

anond:20191027123143

痴漢することで女の明るい人生に水を差したい。男が怖くなってほしい、セックスが怖くなってほしい。

あーなんとなくわかるわー

「女の明るい人生に水を差したい!!」

とか言いながら犯罪行為ターゲットにするのはカップルの女でもその相手幸せそうな男でもなくぼっち根暗で不幸そうな女ばっかりなのほんと何なんだろうな

2019-10-27

俺が痴漢になったのは恋愛至上主義のせいなのか?

はじめて痴漢をしたのは大学生2年生、満員電車での通学中の時だった。

満員電車でいつも俺は「女が近くにいると冤罪かけられそうで怖い」って思ってた。

でもその日は違っていて、近くに女子高生がいたんだけど「冤罪怖い」とは思わなかった。

「あれ、普通に触れるんじゃね?」って思ってしまった。

おそるおそるお尻に手を出してタッチするも女子高生は何も言わない。

やばいことしてるという思いがありつつも結局女子高生が降りるまでは手が止まらなかった。

こんなに簡単に触れるんだ。

俺は彼女いない歴年齢、女友達もなし、風俗にも行ったことない。女性に触れる日なんか一生来ない

と思ってたのに。満員電車ちょっと手を伸ばすだけで!

そして、自分でも不思議感情があった。

痴漢した帰り道に記憶に残っていたのは女子高生のお尻の感触ではなかった。JK電車降りる時の怯えた表情だった。あのなんとも言えない硬い表情。

怖がっていたんだろうな。。もしかしてトラウマなっちゃったっかも?

でも、俺はかわいそうとは思えなかった。

気持ち悪いと思うんだけど、「この体験があのJKにとってのトラウマになってほしい!」と思った。

恋愛市場からつまみ出されてる俺。彼女がいないだけで肩身がせまい日々。コンプレックスを道を歩いてるだけで刺激される日々。

深夜の路上同級生カップルパジャマで歩いているのを見かけた時の嫉妬心

勉強しても何しても彼女とかカップルかい言葉を聞くだけで萎えしまう俺。

女がラブラブセックス彼氏としていることを想像するだけで腹立たしい。

陽キャに「お前童貞だろ?」と煽られたりもした。

彼女がいないってだけでなんでこんな思いをしないといけないんだよ!

それをぶち壊してやりたい。って心の片隅で思ってたのが、初めての痴漢で爆発した。

痴漢することで女の明るい人生に水を差したい。男が怖くなってほしい、セックスが怖くなってほしい。

それからは狂ったように痴漢をしてしまっていた。

お尻を触ったり下半身押し付けたり。トラウマになれ!トラウマになれ!と念じながら。一生フラッシュバックしろ!って。

性的興奮も当然あったけど、支配感みたいなものが心の中で大きくなってた。

俺がこの女の人生台無しにしてる!って。

ま、半年逮捕されたよね。

女に手を掴まれて男に羽交い締めにされて。

罰金程度で済んだんだけど、学校に噂が流れてしまって辞めざるを得なくなった。

実家に帰ったんだけど当然そこでも肩身がせまい日々。フリーターで細々食いつないでる状態

ま、当然の報いだと思うよ。

もう満員電車には近づかない。痴漢したくないし。

今でも女の人生台無しにしたいみたいな思想ぶっちゃけ少しある。

ただ逮捕された瞬間、酔いが冷めたようにだいぶどす黒い感情は引いたんだよね。

満員電車が作り出した催眠術みたいなものだったのかな。

でも、いまだにバイト先でのカップルとかクリスマスイベントとかを見ると心の奥が疼く。

から絶対絶対満員電車には近づかない。ここに記す。

◼︎追記

死ね死ね言われても何とも思わないけど、京アニの時に「1人で死ね」って言うのよくないみたいな風潮なかったっけ?

俺が無敵の人性犯罪者バージョンになることを怖がったりしないの? 不思議

やんねえけどね。捕まりたくないし。

2019-10-06

妊娠したい人のためにボランティアをする

明るい人生は僕らの手の中

http://xn--n8jwhq50gpwudxq.net/

詳細はここに書いた。

最近結婚できないけど子供がほしいとか、旦那不妊妊娠したいという人が増えている。

そういう人のために妊娠の手助けをしたい。日本少子高齢化のために少しでも貢献したいと思ってこれを書いた。

精子バンクも高いみたいだし俺は無料で手助けすることにした。

一緒に頑張ろう。不妊を諦める必要はない。

2019-09-12

イエーーーーーイ皆、熱の伝わり方3つ言えるかな~~~???

イエーーーーイ!熱の伝わり方3つ言えるかーーーー!!!

科学明るい人なら絶対言えるから、言える人はオラの文章ツッコミを入れ始める前に黙って好きな駄菓子を書いてブラウザバックしよう!

熱の伝わり方には3つある!!!!熱伝導、熱伝達、熱輻射だ!「あーあったあった、それさえわかれば説明できるわ」って人は口から糞を垂れる前に好きなカップ麺を書いてブラウザバック!

熱の伝わり方3つを知っておくと日常ちょっと楽しくなるし、君が暖房器具を買いたいなら参考になるかもしれないし、君が料理をするのであれば、料理がうまくなるかもしれない!君がヨッピーなら銭湯が楽しくなるはずだ!しっかり覚えよう!

・・・

・・・

一つ!熱伝導!熱というのは、固体なら分子がブルブル震えている状態のブルブル度合いのことだ!金属なら自由電子運動の度合い、液体や気体なら分子が飛び回る速さの度合いだったりもする!とにかく熱というのは原子分子電子運動の度合いなんだ!ただし、運動の度合いといっても、時速100キロで飛ぶ野球ボールが、静止している野球ボールより熱いことにはならない!あくまでも原子分子電子という極めて小さいスケールでのランダム運動の話だ!

ブルブルしている物体がブルブルしていない物体とくっつくと、ブルブルは、ブルブルしているほうからしていないほうに移動する!そういう物理的な接触によって熱が伝わることを、科学世界では熱伝導と言う!

試しにプリンを震わせたあとに、そのプリンを震えていないプリンにくっつけてみよう!やってみたかな?やれ!オラはやってないけど、きっと2つのプリン最初に震わせたときのブルブルの半分くらいのブルブルで震えているはずだ!こんな感じで、物体がくっつくことによって分子運動が周りに伝わって熱が移動する現象が熱伝導なんだ!ちなみにだけど、熱い金属を触ると、同じ温度プラスチック陶器より熱く感じるよな!これは、金属が、金属中を自由に飛び回っている電子を持っていて、その電子がオラたちの皮膚に高速で衝突するからなんだ!プラスチック陶器物質中に電子をもっているけど、金属が持っている電子のように自由に飛び回っているわけではない!だから衝突もしない!だから金属ほど熱が伝わりやすくないんだ!

熱がどのくらい移動するか、というのは、3つのそれぞれの伝わり方で伝わった熱の量の合計で決まる!熱が伝わるという現象が起こっていれば、ほぼ必ず、3つの熱の伝わり方の全てがはたらいていると思っていい!技術者が熱を使った機械設計するとき大事なのはどの熱の伝わり方で熱を伝えるのか、ということだ!例えば、主に熱伝導を使って熱を伝える調理器具としてはフライパンホットプレートがあるし、調理方法としてはソテーや炒めものがある!暖房器具としてはカイロあんか、湯たんぽなんかがあるな!

・・・

・・・

二つめ!熱伝達だ!対流熱伝達とか、単に対流って言うこともあるな!対流っていうのは、あの対流だ!味噌汁をほっとくと、ぐるぐる渦巻くよな!あれは、冷めて比較的低温になった味噌汁の表面付近の汁と、変わらず高温を保っている内側とで温度差が生じて、温度差が生じると密度差も生じるから起こるんだ!密度が違うということは重さが違うということ!冷たくて重くなった味噌汁の表面の液体は、味噌汁の中に沈んでいく!逆に熱くて軽い味噌汁内部の汁は表面に浮上するんだ!これが対流!対流によって熱を持った物質物質ごと動くことで起こる熱の移動が熱伝達だ!味噌汁のように、外からエネルギーを与えなくても勝手に熱や物質が移動する現象自然対流と言う!でも、自然対流があるなら人工対流だってあるはずだ!もっとも人工対流という言葉存在しない。でも代わりに、人工的な対流のことを「強制対流」と言う!プロペラポンプを使って生み出した流れを強制対流って言うんだ!パソコンなんかは強制対流で部品を冷やしているな!車もそうかもしれない

自然対流と強制対流のことを合わせて「対流」と呼ぶ!対流は流れが発生する物体しか起こらないから、起こるのは気体と液体だけだ!固体では起こらない!何?マントルは固体だけど対流してる?うるせえ!知らん!

対流を使って熱を伝える調理器具としては、蒸し器とかフィリップスノンフライヤーなんかがあるな!調理法としては、蒸す、揚げる、煮る、茹でる、なんかがある!暖房器具だとファンヒーターエアコンだな!

そういえば、君は、「サウナは気温が90℃もあるのに何故火傷しないんだろう」と思ったことがあるはずだ!火傷しないのは、流れていない空気があまり熱を伝えないからだ!気体は固体の1000倍も体積がある!固体と比べて気体はスカスカからまり熱を運ばないんだ!ところが、空気に流れをプラスすると、熱を伝える性質が一気にあがる!サウナで急に動いたり、急に息を吸ったりするとめちゃくちゃ熱いのはこのためだ!サウナ扇風機を使ってみるといい。すぐに火傷することだろう!水風呂だってそうだ!水風呂はじっとしていれば言うほど寒くない!ところが、じっとしている最中おっさんが入ってきて流れをかき乱すと、途端に超寒くなる!イエーイ!ヨッピー見てるか?

・・・

・・・

3つ目!熱輻射!ねつふくしゃと読む!これは熱が光線によって伝えられる現象だ!ここで言う光線というのは、目に見える光だけのことではない!目に見えない光、たとえば赤外線とか、マイクロ波のことも指す!これらの光線の正体は、光子という粒の移動だ!!光も電磁波電波赤外線紫外線ガンマ線マイクロ波X線も、すべて光子という粒の移動に過ぎない!ただ光子が持っているエネルギー(波長とか周波数とも言う)が違うだけなんだ!とにかく、物体から光子が飛び出たり、飛び出た光子物体が吸収したりすることで熱が移動する現象を熱輻射と言う!

温度を持った物体は必ず光子放出して代わりに自分温度を下げようとするんだ!おぼえておけ!溶けた金属が赤く光っているのを君はテレビで見たことがあるだろう!赤く光って見えなくても、温度を持った物体は、必ず何らかの光線、多くの場合赤外線放出して自分温度を下げるということを行っているし、逆に他所から飛んできた光線を吸収して温度が上がるということもしている!こうして光子のぶつけ合いで熱が移動することを熱輻射と言う!

よくわからないだろうか?具体例をあげよう!太陽あいつが出ているとめっちゃ暑い!じゃあなんで暑いんだろうか。太陽は遥か彼方にあるから、熱伝導で直接ブルブルと熱が伝わっているわけじゃなさそうだ!宇宙空間空気はほぼ無いから、対流によって熱が伝わっているわけでもない!なのに地球9月も半ばだというのに暑いし、日陰はそうでもないけど日向特に暑い!この現象の原因は、太陽が出す光線にある!もっとも、光線といっても目に見える光は問題にならない!目に見える光よりもっとエネルギーが低い、赤外線と呼ばれる光線が原因のほとんどを占める!太陽はめちゃくちゃ赤外線を出しているし、ほぼ全ての物質赤外線を吸収する!だから日向は熱いけど、光線がシャットアウトされている日陰に入った瞬間に涼しくなるんだ!

バーベキュー炭火や、魚を焼くグリルや、オーブンなんかが赤外線を使った調理器具だな!「遠赤外線で内側からふっくら焼きあがる」なんて話を聞いたことがあるだろう!確かに赤外線はある程度は物体を通り抜けるから、熱伝導や熱伝達を使った調理法よりは内側から加熱することができる!でも騙されてはいけない!赤外線は、物体の表面の1ミリほどで、ほぼすべてが吸収されてしまう!だから内側から加熱できるといってもせいぜい表面の1ミリくらいの話だ!その証拠に、太陽光線の熱さは、ちょっとした日傘でガードできるだろう!だから赤外線を使っても言うほど内側から加熱できるわけではないんだ!

熱を運ぶ光線は赤外線だけじゃない!身近なものだと、マイクロ波がある!マイクロ波は目に見える光よりエネルギーが低い赤外線よりさらエネルギーが低い!これを応用したもの電子レンジがある!電子レンジのことを英語でmicrowaveって言うよな!大抵の物質マイクロ波を吸収しないから、マイクロ波で温めることができない!でも、幸運なことに液体の水分子マイクロ波で温めることができる!しかも、マイクロ波はなかなか吸収されないから、かなり内側まで浸透する!バーベキューで肉の表面を焦がしたことはあっても、電子レンジ食品の外側だけが焦げたことはきっと無いはずだ!レンジパンを温めすぎるとかならず内側も焦げる!インチキ商品広告に書かれがちな遠赤外線の「内側から温める」と違って、マイクロ波は本当に内側から温めることができるんだ。もっとも、赤外線で焼いたほうが美味しいことも多いけどな!

暖房器具としては、ハロゲンヒーター暖炉こたつ、まあいろいろある!岩盤浴なんかは熱輻射を使って赤外線で体を温める方法だな!見てるかヨッピー

・・・

・・・

以上が熱の伝わり方3つだ!熱伝導、熱伝達、熱輻射だ!名前なんてどうでもいいから、ブルブルのアレ、対流のアレ、光線のアレでおぼえてくれ!正直これは知ってるとめちゃくちゃ役に立つぞ!どうしようもなく暑いとき寒いとき、美味しいものが食べたいとき、アツアツのものをアツアツのまま食べたいとき、アツアツのものを早く冷ましたいときサウナでキマりたいとき、悲しいとき、悲しいとき、必ず君のためになってくれる知識だ!

2019-09-05

傷付くっていうのやめない?

あの送別会増田

段取りおかし幹事のせいでたのしみにしてメシ食い損なった」までは共感するんだけど、「これが何年も働いてきた私への評価か」とか言い出すのはちゃうやろ。

そうやって情緒的に話を深めて「傷付く」のやめろや。誰も得しないしその快感が癖になるから

「傷付く」って後天的に獲得する腐った感情処理回路で、少女漫画とかで習得させられてる。

それに気づいて捨てるだけで明るい人間になれるんだよ。

お前のせいで美味しいメシ食い損なったやんけ、って幹事無能さを憎むまでは正当。

話を深めて傷付くのはやめろ。

「あの店をスゲー楽しみにしてたのにやってくれたなこのボケ」って本人に言え。

anond:20190904191741

2019-07-20

好きな同級生アイドルだった

もう終わりにするつもりなので、今の気持ちを書き留めたくなったからここに書く。

私の好きな人アイドルだ。芸能系とかじゃない、普通科高校同級生だ。同じクラスになったのは一度だけだ。多分向こうからしたら顔すら曖昧認識だろうと思う。それは無理もなく、彼は明るい人間で、運動部活躍していたそうだから中等部の頃からとても目立っていた。かたや私は文化部で、部員の少ない部活だったから具体的な名前は避けるが、まあ、文芸部とか生物部とかあのへんだと思ってくれたら大体正解だ。彼がヒエラルキーの頂点なら私は最下層だ。彼の情報も大概は言伝のそのまた言伝を盗み聞きして得たようなもので、生きる世界が違いすぎる。まあそんなことこんなところでくだを巻いている時点でお察しだと思うが

好きな理由は色々ある。主にとても彼の身体が好きだった。手脚が長くて太いところと、骨盤位置が高いところが特に。正直私は(当時は)女みたいだった彼の顔をまったく美形とは感じていなかったが、アイドルになるくらいだしきっと美形なんだろう。入学して間もない頃に校内で歩いてる彼を見かけて好きになった。それからしばらくして、彼が教室のドアを音をたてないように閉めているところを見て本当に好きになった。我ながらわけがからないと思う。その頃から私は彼の周囲を嗅ぎまわり彼に関する情報をかき集めては妄執にとらわれるようになった。彼に絶対迷惑をかけないようにというのは念頭に置きつつ、あまりここで書きたくないようなこともした。人生で一番猿に近づいた時期だ。でもこの頃が一番幸せだった。

具体的な時期を書くのは避けるが、彼が芸能事務所に入ったことを知ったのは多分同級生のなかでも結構遅かった。同じ部活の後輩が自慢げにSNSに書いていたのを見て知った。その時は驚きこそしたが「まあまあ」と思った。どうでもいいとか思っていた。恥ずかしながら私は(今もだが)そういう芸能界みたいなのに疎くて、なんだかよく聞く読者モデルとかそういうものなんだろうと考えていたからだ。

そこから特にイベントも無く、たまに彼のクラスの前を通って窓の隙間から彼の姿を見ては満足することに終始した。それで結構幸せだった。だがいつからか彼が学校にあまり来なくなったあたりからその楽しみも失われた。ただでさえ少ない遭遇の機会が気付けばゼロに近い値になった。

私はネットが好きなくせに意識的アイドルとしての彼を調べることを避けていたが、そこで初めて彼の名前検索した。ショッキングだった。知らないことがたくさん書かれていた。あんなに知りたかった彼の身長血液型家族構成がすぐに判明した。それが誰でも読める状態であるというのが衝撃だった。ツイッター検索すると私と同じように彼のことが好きな人が把握しきれないくらい無数にいたのも胃液が口から飛び出そうになるくらいストレスだった。学校にあまりいなくなった理由は、多分彼のアイドル仕事が忙しくなったからだった。簡単なことだったし私はそんなことも知らなかった。でもネットで読めた彼の言葉を何日もかけて読み込んで、彼は私の認識していた通りの彼であることがわかり幻滅しなかった自分に心底ほっとした。何を言ってるかわからないと思うが涙が出る程嬉しかった。

それから私は偶然スマホを水没させて数日インターネットを絶ったのをきっかけに、私はもう彼のことを忘れるようと努力しはじめた。インターネットを介して彼を知るほどまた好きになってしまって、でももう私だけの彼じゃないと思うと酷く辛くて何も手につかなくなった。学校集会などでたまに彼を見かけることもあったが意識的に見ないようにした。この頃から受験勉強にも追われ、親しかった友人は内部進学を決めたので自然と外部受験の私とは疎遠になり、本当に孤独で、静かな場所に一人でいるとずっと彼のことを考えてしまうからなるべく雑音の多い場所勉強をして時間を潰すようになった。成績は上がった。親がとても喜んでいるのが複雑だった。そしてテスト順位が忙しい彼とたいして変わらないことをクラスメイトの会話を介して知ったときは暗い興奮を感じた。おかしな話、彼はすごい奴なのだと誇らしかった。

そういう期間が長くあって、それはそれで精神の安定した時期でもあったのだが、決定的なことがあって全てが終わった。いつのことかはぼかす。

きょうだいテレビを見ているそば勉強をしていたら、よく知った声が聴こえてきて、画面を見たら偶然彼が出演していた。文字にすればそれだけのことだった。でもそれが、今までで最大の耐え難いほどのショックだった。そのショックの出処はわからない。なんでこんなに悲しいんだろうと考えることすら悲しくて悲しくてやりきれない気持ちになった。

それから色々なことをとめどなく考えた。今まで思考を避けていたぶん苦しくて数日頭痛が止まらなかった。もし私が彼と同じクラスになることがたくさんあったら同じ部活に入っていれば何か変わっていただろうかと考えることもあったが、きっとどう運命が変わったって私と彼が交わることはなかったのだと自分にわからせるのはそれなりに時間を要した。

自分は、彼がもう恐ろしいほど遠い世界人間になってしまたことを、スマホの画面や私の視界のような小さく個人的ものではない、大きなテレビ画面に映っている彼を見て、初めてそこで自覚して動揺してしまったのだと、客観的に考えればわかる。だがあの時の私は錯乱状態でそんなことがわからずただ真っ暗な悲しみの中でどうすることもできなかった。

そしてある日学校帰りに街で彼の顔がプリントされたグッズ?をカバンに着けている同年代くらいの女を見かけて反射的にふらふら着いて行ってしまった。彼女地下鉄に降りていった。私はもしかしてと感じて彼の名前検索してしまって、彼の出演するライブが丁度その日あると知った。今思えばなんでそんなことをしたのかわからないが、私は気付いたら地下鉄に乗ってその会場に向かった。調べた最寄り駅で降りるとなんだかそれらしい女達がたくさんいて、私はそれだけでオドオドしてしまって早足で彼女らを追い抜くようにしてホームを出た。彼女らのざわざわした話し声の中に時々彼の名前が現れて心臓バクバクして背汗が止まらなかった。地上に出てからもっとたくさんの彼の、もしくは彼と同じグループの人のファンらしき人間がたくさんいて、それらは皆一様に同じ方向に歩いていて、あっちかあの方向に彼がいるのかだからみんなあっちに歩いているのだ、と私も突き動かされるようにそれに倣った。よく晴れていたからかなんなのか、汗が止まらなくてしょうがなかったことを鮮明に覚えている。

辿り着いた先は大きな建物だった。綺麗だけど変な匂いがするところだった。ぞろぞろとファンらしい女達がいて、たぶん入場待ちみたいなことなんだろうか。この全員が彼のことを好きなのだと思うと漠然とした恐怖に襲われ、あまり近づけず遠巻きにそれを見ていた。彼の顔がプリントされた様々なものが何度も視界を過った。巨大なモンスター対峙したような無力感に襲われて、私はここへ来て何をするつもりだったんだ?と自分自分を責めた。

すると、わりと近からず遠からずな場所に立っていた二人組の女達がちらりとこちらを見た。偶然かと思ったが次は力強く二度見されて、確実に私を見ていることがわかった。私は怖くなって俯き携帯を触っていると彼女らは何事かひそひそ話始めた。ほとんど聞き取れないような声量だったが「あの制服」と言っているのだけははっきりとわかった。

次の瞬間に私は来た道を引き返していた。話しかけてこようとしているような素振りもあったがそれでも走って逃げてしまった。奇異の目だった。あそこにいた彼女らの大半の容姿はとてもかわいい女の子といった風で、私はあの場で死ぬほど浮いていた。気付いてしまった。私が彼を好きでいるのはおかしくて迷惑ことなのだ。そうはっきりと自覚して、今まで何年間も彼のことが好きだった幸せ記憶フラッシュバックして、その幸せと同じ分の後悔が押し寄せてきて潰れてしまいそうになった。体力が無いのに全力で走ってしまたか息切れて、もう惨めで惨めで涙と塩辛い唾液が止まらなくて、駅のトイレで吐いた。

私はこの日の夜に、初めてはっきりと「もう好きでいることをやめる」と決めた。今まで彼への感情から逃げることはあっても「やめる」とは明言していなかった。そう決めてしまうと、急速に自分の中を占めていた彼の存在が萎んで、不思議なくらい気持ちは落ち着いた。

でもまだ自分の中に彼が残っていた。完全には消えなかった。こうやって彼とのことを物語的に書くことで自分の中で完結させて切り離そうと思った。それは私の勝手であるからどう責められても仕方ないと思う。彼が特定されるような記述はなるべく避けたつもりだし多少筋が曲がらない程度に嘘も交じっているが、別にもうどうなってもかまわないと感じているのも本音のところで、最後に彼に迷惑をかけてみたいと思っている自分がいる。でも一生私のことを知らないでいてほしいのも本当だ。一貫性がない。最悪だ。だいぶ長くなった。推敲とかもしてないから色々おかしいと思う。もう好きではないけど、彼を好きでいたこの数年間はたぶん一生忘れないと思う。

最後に。何かの間違いでここに辿り着いてしまった彼へ。これからも頑張ってください。応援は出来ないけど、あなた人生神様が後押ししてくれるようここから祈っていますあなたの全てが上手くいきますように。

2019-07-18

anond:20190718170026

もう終わりにするつもりなので、今の気持ちを書き留めたくなったからここに書く。

私の好きな人アイドルだ。芸能系とかじゃない、普通科高校同級生だ。同じクラスになったのは一度だけだ。多分向こうからしたら顔すら曖昧認識だろうと思う。それは無理もなく、彼は明るい人間で、運動部活躍していたそうだから中等部の頃からとても目立っていた。かたや私は文化部で、部員の少ない部活だったから具体的な名前は避けるが、まあ、文芸部とか生物部とかあのへんだと思ってくれたら大体正解だ。彼がヒエラルキーの頂点なら私は最下層だ。彼の情報も大概は言伝のそのまた言伝を盗み聞きして得たようなもので、生きる世界が違いすぎる。まあそんなことこんなところでくだを巻いている時点でお察しだと思うが

好きな理由は色々ある。主にとても彼の身体が好きだった。手脚が長くて太いところと、骨盤位置が高いところが特に。正直私は(当時は)女みたいだった彼の顔をまったく美形とは感じていなかったが、アイドルになるくらいだしきっと美形なんだろう。入学して間もない頃に校内で歩いてる彼を見かけて好きになった。それからしばらくして、彼が教室のドアを音をたてないように閉めているところを見て本当に好きになった。我ながらわけがからないと思う。その頃から私は彼の周囲を嗅ぎまわり彼に関する情報をかき集めては妄執にとらわれるようになった。彼に絶対迷惑をかけないようにというのは念頭に置きつつ、あまりここで書きたくないようなこともした。人生で一番猿に近づいた時期だ。でもこの頃が一番幸せだった。

具体的な時期を書くのは避けるが、彼が芸能事務所に入ったことを知ったのは多分同級生のなかでも結構遅かった。同じ部活の後輩が自慢げにSNSに書いていたのを見て知った。その時は驚きこそしたが「まあまあ」と思った。どうでもいいとか思っていた。恥ずかしながら私は(今もだが)そういう芸能界みたいなのに疎くて、なんだかよく聞く読者モデルとかそういうものなんだろうと考えていたからだ。

そこから特にイベントも無く、たまに彼のクラスの前を通って窓の隙間から彼の姿を見ては満足することに終始した。それで結構幸せだった。だがいつからか彼が学校にあまり来なくなったあたりからその楽しみも失われた。ただでさえ少ない遭遇の機会が気付けばゼロに近い値になった。

私はネットが好きなくせに意識的アイドルとしての彼を調べることを避けていたが、そこで初めて彼の名前検索した。ショッキングだった。知らないことがたくさん書かれていた。あんなに知りたかった彼の身長血液型家族構成がすぐに判明した。それが誰でも読める状態であるというのが衝撃だった。ツイッター検索すると私と同じように彼のことが好きな人が把握しきれないくらい無数にいたのも胃液が口から飛び出そうになるくらいストレスだった。学校にあまりいなくなった理由は、多分彼のアイドル仕事が忙しくなったからだった。簡単なことだったし私はそんなことも知らなかった。でもネットで読めた彼の言葉を何日もかけて読み込んで、彼は私の認識していた通りの彼であることがわかり幻滅しなかった自分に心底ほっとした。何を言ってるかわからないと思うが涙が出る程嬉しかった。

それから私は偶然スマホを水没させて数日インターネットを絶ったのをきっかけに、私はもう彼のことを忘れるようと努力しはじめた。インターネットを介して彼を知るほどまた好きになってしまって、でももう私だけの彼じゃないと思うと酷く辛くて何も手につかなくなった。学校集会などでたまに彼を見かけることもあったが意識的に見ないようにした。この頃から受験勉強にも追われ、親しかった友人は内部進学を決めたので自然と外部受験の私とは疎遠になり、本当に孤独で、静かな場所に一人でいるとずっと彼のことを考えてしまうからなるべく雑音の多い場所勉強をして時間を潰すようになった。成績は上がった。親がとても喜んでいるのが複雑だった。そしてテスト順位が忙しい彼とたいして変わらないことをクラスメイトの会話を介して知ったときは暗い興奮を感じた。おかしな話、彼はすごい奴なのだと誇らしかった。

そういう期間が長くあって、それはそれで精神の安定した時期でもあったのだが、決定的なことがあって全てが終わった。いつのことかはぼかす。

きょうだいテレビを見ているそば勉強をしていたら、よく知った声が聴こえてきて、画面を見たら偶然彼が出演していた。文字にすればそれだけのことだった。でもそれが、今までで最大の耐え難いほどのショックだった。そのショックの出処はわからない。なんでこんなに悲しいんだろうと考えることすら悲しくて悲しくてやりきれない気持ちになった。

それから色々なことをとめどなく考えた。今まで思考を避けていたぶん苦しくて数日頭痛が止まらなかった。もし私が彼と同じクラスになることがたくさんあったら同じ部活に入っていれば何か変わっていただろうかと考えることもあったが、きっとどう運命が変わったって私と彼が交わることはなかったのだと自分にわからせるのはそれなりに時間を要した。

自分は、彼がもう恐ろしいほど遠い世界人間になってしまたことを、スマホの画面や私の視界のような小さく個人的ものではない、大きなテレビ画面に映っている彼を見て、初めてそこで自覚して動揺してしまったのだと、客観的に考えればわかる。だがあの時の私は錯乱状態でそんなことがわからずただ真っ暗な悲しみの中でどうすることもできなかった。

そしてある日学校帰りに街で彼の顔がプリントされたグッズ?をカバンに着けている同年代くらいの女を見かけて反射的にふらふら着いて行ってしまった。彼女地下鉄に降りていった。私はもしかしてと感じて彼の名前検索してしまって、彼の出演するライブが丁度その日あると知った。今思えばなんでそんなことをしたのかわからないが、私は気付いたら地下鉄に乗ってその会場に向かった。調べた最寄り駅で降りるとなんだかそれらしい女達がたくさんいて、私はそれだけでオドオドしてしまって早足で彼女らを追い抜くようにしてホームを出た。彼女らのざわざわした話し声の中に時々彼の名前が現れて心臓バクバクして背汗が止まらなかった。地上に出てからもっとたくさんの彼の、もしくは彼と同じグループの人のファンらしき人間がたくさんいて、それらは皆一様に同じ方向に歩いていて、あっちかあの方向に彼がいるのかだからみんなあっちに歩いているのだ、と私も突き動かされるようにそれに倣った。よく晴れていたからかなんなのか、汗が止まらなくてしょうがなかったことを鮮明に覚えている。

辿り着いた先は大きな建物だった。綺麗だけど変な匂いがするところだった。ぞろぞろとファンらしい女達がいて、たぶん入場待ちみたいなことなんだろうか。この全員が彼のことを好きなのだと思うと漠然とした恐怖に襲われ、あまり近づけず遠巻きにそれを見ていた。彼の顔がプリントされた様々なものが何度も視界を過った。巨大なモンスター対峙したような無力感に襲われて、私はここへ来て何をするつもりだったんだ?と自分自分を責めた。

すると、わりと近からず遠からずな場所に立っていた二人組の女達がちらりとこちらを見た。偶然かと思ったが次は力強く二度見されて、確実に私を見ていることがわかった。私は怖くなって俯き携帯を触っていると彼女らは何事かひそひそ話始めた。ほとんど聞き取れないような声量だったが「あの制服」と言っているのだけははっきりとわかった。

次の瞬間に私は来た道を引き返していた。話しかけてこようとしているような素振りもあったがそれでも走って逃げてしまった。奇異の目だった。あそこにいた彼女らの大半の容姿はとてもかわいい女の子といった風で、私はあの場で死ぬほど浮いていた。気付いてしまった。私が彼を好きでいるのはおかしくて迷惑ことなのだ。そうはっきりと自覚して、今まで何年間も彼のことが好きだった幸せ記憶フラッシュバックして、その幸せと同じ分の後悔が押し寄せてきて潰れてしまいそうになった。体力が無いのに全力で走ってしまたか息切れて、もう惨めで惨めで涙と塩辛い唾液が止まらなくて、駅のトイレで吐いた。

私はこの日の夜に、初めてはっきりと「もう好きでいることをやめる」と決めた。今まで彼への感情から逃げることはあっても「やめる」とは明言していなかった。そう決めてしまうと、急速に自分の中を占めていた彼の存在が萎んで、不思議なくらい気持ちは落ち着いた。

でもまだ自分の中に彼が残っていた。完全には消えなかった。こうやって彼とのことを物語的に書くことで自分の中で完結させて切り離そうと思った。それは私の勝手であるからどう責められても仕方ないと思う。彼が特定されるような記述はなるべく避けたつもりだし多少筋が曲がらない程度に嘘も交じっているが、別にもうどうなってもかまわないと感じているのも本音のところで、最後に彼に迷惑をかけてみたいと思っている自分がいる。でも一生私のことを知らないでいてほしいのも本当だ。一貫性がない。最悪だ。だいぶ長くなった。推敲とかもしてないから色々おかしいと思う。もう好きではないけど、彼を好きでいたこの数年間はたぶん一生忘れないと思う。

最後に。何かの間違いでここに辿り着いてしまった彼へ。これからも頑張ってください。応援は出来ないけど、あなた人生神様が後押ししてくれるようここから祈っていますあなたの全てが上手くいきますように。

2019-05-22

希望する女性の条件は「体力」です

と、答えたら結婚相談所アドバイザーに笑われた。

見た目とか年齢とか趣味が合うとか収入とかじゃないんですか?と。

いやいや、体力が一番重要ですよ。

価値観性格が全く合わなければ、そもそもお付き合いにならないので、

それ以外の条件で言ったら体力が一番。

体力あれば一緒にいろいろ遊べるし、メンタルも元気で明るい人が多いし、

キツイときも一緒に乗り越えられるし、女性特有の浮き沈みも少ない場合が多いし、

ご飯も美味しそうに食べてくれるし、SEXも応えてもらいやすい。

ほら。体力ある人、魅力的だと思わない?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん