「村上龍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 村上龍とは

2020-08-06

どのみち兵役がない富野世代に言われても響かんよな。

なんだかんだ言って宮崎さんも富野兵器へのあこがれが捨てきれてないし。

村上龍石原慎太郎アメリカを痛烈に批判したり、時折鬱になりながらアメリカ好きを隠せないでいる。

いかめしい顔でもっともらしいこと言っても、体験がないから相反する感情を抱く。

2020-07-28

anond:20200728192435

パク・ミンギュ『近所』『黄色い河に一そうの舟』

森博嗣スカイ・クロラ』『赤目姫の潮解』

村上龍トパーズ

山田詠美『無銭優雅

川上弘美センセイの鞄

古川真人『縫わんばならん』

吉本ばななキッチン

中上健次軽蔑

2020-07-07

台湾シンガポール五分後の世界

台湾オードリータン(a.k.a鳳たん)大臣に関するニュース最近よく目にする。

台湾が優れた人材組織によって優れた施策を迅速に展開できるのには当然様々な理由があろうが、最も直接的で大きい要因は、国としての危機感ではなかろうか。

ご存知の通り台湾はその成り立ちから常に中国からの脅威に晒されている、九州程度の大きさの「小国」だ。

ここで自然と思い出されるのがシンガポールで、近年何かといい意味の脚光を浴びる彼の国もマレーシアから追放された州が母体で、建国の父リー・クアンユー追放の夜に泣きながら国民に団結を訴えた放送は有名だ。

東京23区程度の広さの資源産業もない島を土産住民ごと追放された絶望感と、危機に立ち向かう強い意志が感じられる素晴らしいスピーチなので機会があれば聞いてみてほしい。

私はシンガポールに住んでいたが、徴兵制が敷かれ軍事パレード戦闘機によるデモンストレーションも盛んで、国防国民全員の、日常レベルでの喫緊課題である

両国に強く共通するのは、常に存亡の危機に瀕している小国、という点。

ゆえに、卓越するか死か、という選択肢リアリティをもって全国民日常的に突き付けられている。

それが今日両国が卓越している最大の理由だと思う。

翻って我が国もかつて存亡の危機に立たされ、(敢えて言うと)残念ながら一旦「滅亡」した。

滅亡しなかった別シナリオを描いたのが村上龍代表作の一つ、「五分後の世界」だ。

大昔若かりし頃に読んだきりなので詳細は忘れたが、描かれていたのは第二次大戦降伏せず、人口が数十万人に減りながらも全員で地下に潜って世界から尊敬されながら抗戦を続ける日本の姿が描かれていた。

大人になって思うのは、あそこで描かれていたのは細かい点を大胆に切り捨てて言えば、今の台湾シンガポールだった。

存亡の危機と隣り合い、全てに卓越せざるを得ない状況で優れた技術統治機構精神性を生み出し、世界から羨望のまなざしを受け尊敬されながら、誇り高く危機と戦う国。

現在の「存亡の危機と隣り合わせでない」日本をつくった先人達を大いに尊敬感謝する事は大前提で述べるが、「危機感に裏打ちされた卓越」には美しさがある。

現在日本にはそのような美しさは無いが、その代わりに存亡の危機も(当面は)無い。

個人にあてはめてみても同じで、安泰や安定と、生き様のある種の美しさはトレードオフである

得るものがあれば失うものもあるという凡庸結論とはなったが、一方で隣の芝は常に青い。

2020-06-13

AKIRAコインロッカーベイビーズ

4Kリマスター版が出たことで話題だ。

さえぼう先生ブログ言及されている。

https://saebou.hatenablog.com/entry/2020/06/12/000000

私が無知なだけで十分論じられているのかも知れないが、AKIRA村上龍の「コインロッカーベイビーズ」のプロットはかなり似ていないだろうか。

表年は「コインロッカー~」の方が先だがほぼ同時期で、金田と鉄雄の関係はかなりキクとハシの関係に重なる所がある。金田も鉄雄も施設育ちという設定ではなかったか

物語全編を流れるスピード感が一番両作品共通しているのだが、コインロッカーの方でも物語の終盤でハシがオフロードバイク疾走するシーンが出てくる。

最大の違いが、さえぼう先生が言うようにAKIRAの二人が性愛拒否するのに対し、コインロッカーの方はもろ「性」そのものテーマである点だが、自らの出生に関わる「性」から解放され別の「生」を掴む物語は、少年自我の目覚めや自意識から解放という意味AKIRAと重なる点も多いように思われる。

鉄雄の自滅とハシの覚醒という二つのエンディングは、実は似たようなものなのではないだろうか。

2020-06-02

anond:20200602212623

うーろんちゃはなんだろ、なんか中国語っぽい感じがしないか

龍のこと「りゅう」じゃなくて「ろん」って読んでるし

村上龍ドラゴン)のことを日本語村上ろん とは呼ばんだろ。

うのこっけいは言葉のどこを切り取っても日本語っぽい読みをしてるのにあえて「うのこっけい」と呼ばずに「う・こっけい」と呼ぶのがなんか気持ち悪いです。

2020-05-13

anond:20200512212124

この辺の感覚は、村上龍が一時期よく書いていたよ。料理小説集とかかな。

食材ではないけど、料理になってなお「生命をそのまま食べている感覚」みたいな。

2020-05-04

昔、表参道村上龍フェラーリ328に乗っているのを見かけたが、車体と比して村上龍の頭があまりにも大きいので、前方から「顔が走ってきた」ように見えた。

2020-05-01

1980年代

与党、というか、自民党批判するのって昭和笑点(に限らないけどわかりやすい例で)のときからのながれでさ、歌丸やら、いまは圓楽か? あいつらが定期的に型にある批判して笑いじゃなくて拍手が起こるの。

そういうのクソだせえという価値観精通から刷り込まれてるんだよね。

政治について語るのはダサい

この価値観は令和になっても覆らないね。しみじみそう思う。

ぜんじろうだっけ?政治について語らない芸人役者に疑問とかあるツイートがバズったけど答えとしてダサいってのがあるのよ。

ダサい理由ないでしょ?それこそTwitterで人気の「お気持ち」ってやつでさ。

その「お気持ち」にしても表面化するのはダサいってあるよね。

からオフラインだとみんなおくびにも出さずにおとなしくしてるんだろうし(例外はあるだろうが)。

たぶんルーツを探るなら、学生運動の混乱から反動とか、それをも含めた1970年代文化への否定としての1980年代があったと思われるがともかくそういうことですよ。

1980年代空気体感してないひとにはわかりづらいと思う。いま振り返ってもおかしな感じだった。時代のせいにするのはダサい村上龍はいってたけど思春期をどの環境で過ごしたかっていうのは重要とは思うんだ。

ダサいから滅せとはいわんよ。そういうのもダサいから。それが1980年代空気じゃないかなと。否定はする。disるネタにする。でも、そのために存在重要。そんな感じ。みんなそうであって欲しいとは思うが主張はしない。それが1980年代の(以下略

2020-03-18

anond:20200318151124

でも文芸タレントっていうのは、ふつうは賞があってからタレント化じゃん。

石原慎太郎とか村上龍とか田中康夫とか、小説うまいからタレントみたいにテレビに出て政治家にまでなる。

 

又吉の文芸が、文章単体でそれに値したはもはや判らないんだよ。

ましてや、文学ジャンルだよ。エンタメだったら面白けりゃなんでもいいですむけど。

2020-03-06

安倍批判するために昔の民主党は良かった、震災対応は素晴らしかったと言う奴らは本当に馬鹿

追記

id:Ri-fie

まず、コロナ簡単コントロールできると言いたげなトーンが、もう既に違うわね。安倍は過失大だと思うけど、それでも、現状世界中の大半の国で水際で止められてない。もうひとつコロナ震災を同じ天秤に乗せて民主党賛美をしていること自体を、自分批判している。しか捏造してね。安倍が駄目なことと、菅直人が駄目だったことは、両立して良いわけです。

id:kangiren

最近、気に入らない意見があると「正常バイアス」だの「生存バイアス」だのと書き逃げする人が増えて、非常に不快ですね。

そもそも自分は、安倍批判するために震災対応が素晴らしかったという記憶捏造をやめてくれと主張・お願いしているだけであって、こちらはそれなりに真剣な思いで真面目に書いている。

私が何の記憶にどのようなバイアスをかけているのだろう? 民主党菅直人震災対応が素晴らしかったと言えるのは何故か説明してください。エビデンスとまでは言いませんので。



【ここから記事

安倍批判する人に対しては、自分は何も感じない。その通りだと思うからだ。

もちろん、ぜんぜん関係ない事柄にまで安倍批判適用して暴れ回るブコメは少々うざったいが、まあ好きにしてよと思う。

自分が気に入らないのは、安倍批判をするために、昔の民主党は良かったとか、菅直人震災対応は素晴らしかったなどと、過去捏造する人々がちょいちょい現れることだ。

リベラルは、第二次世界大戦における日本を美化・肯定するようなあらゆる言動を「歴史修正主義」と言って猛烈に批判する。

それなのに、同じその口で、10年前の民主党政権や菅直人を美化するのである



村上龍の「すべての男は消耗品である。」というエッセイを読み返していたら、東日本大震災から1年後の記事があった。

 3・11から1年が経って、「実は、福島第一原発事故発生当時、首都圏3000万人の避難も考えた」などと、政府関係者が実情を明かすようになった。当時の首相菅直人も夜のニュース番組で同様のことを話していた。本当に無責任恥知らずだと思う。まるで首都圏一般庶民が安閑としているとき政府は3000万人の避難まで視野に入れていたのだと、そういった口ぶりだった。

 大使館員をはじめ、ほとんどすべての外国人被爆を恐れて東京から出て行っているときに、「首都圏東京はだいじょうぶだ」と脳天気にかまえていた人は一人もいない。誰もが避難を考えていたはずだ。現にわたしは、幼児がいて関東以西に親戚や知人がいる友人たちには、しばらく東京を離れるようにとアドバイスしていた。

 (略)東京及び首都圏の人々が西へ大移動をはじめて、パニックが起こるかもしれないという不安があり、わたしは当時、新幹線下りと、西へ向かう飛行機の便の混み具合を毎日チェックした。

 だが、パニックは起きていなかった。圧倒的に多数の人々が、東京にとどまったのだ。西へ逃げても住むところも働くところもないとか、友人や家族、それにペットを置いていくわけにはいかないとか、おそらくやむにやまれ事情があったのだろうが、それでも、ほとんどすべての外国人が逃げ出してしまった東京パニックが起きなかったのは奇跡ではないかと思う。非常に多くの人が、不安に怯えながら、とどまることを選んだのだ。安閑として東京に居続けたわけではない。「実は、首都圏3000万人の避難も考えたんです」という物言いがなぜ恥ずかしいかというと、3000万人の移動など実際には不可能なのに、堂々と口にするからだ。いったい3000万人をどうやって、どこに避難させるというのだろうか。また人がいなくなった東京治安をどうやって守るつもりだったのだろうか。

 非常に多くの人が、不安に耐えて、日々を生きていた。(略)普遍的で強烈な不安に怯えながら、それでも、何とか毎日を過ごし、この1年を乗り切ってきた。わたしは、そのことを忘れないようにしようと思う。

この文章を読み返す中で、自分震災当時の記憶リアルに思い返された。

菅直人震災対応が素晴らしかった?

ふざけるな。

菅直人がやったことは、とりあえず現場に行って現場をかき乱したことだけだ。つまり専門家邪魔をしたわけで、専門家意見を聞こうとしない安倍と何が違うのだろう。

思い出してほしい。

自分もそうだが、村上龍が書くように、心の底から菅直人を信じた国民など当時ほとんどいなかった。そして政府対応盲目的に信じたわけでもないし、リスクを軽視したわけでもない。

誰もが怯えたし、みんな毎日報道を見まくっていた。しかしそれでもパニックにならず、冷静に専門家意見を聞こうと努めた。

ここまで書いて念のため言い添えておくけど、ここで言いたいのは、逃げた人がどうこうという話では全然ない。

逃げたかったけど逃げられなかった自分を含む東京の人々の多くは、必死情報を集め、冷静になり、パニックにならないことで、戦うことを選んだのだと思う。

まり10年前も今も、専門家意見を聞こうとしたのは大多数の国民で、聞いていなかったのは首相10年前の菅直人安倍、結局同じだよね。



最後にもう一度書く。安倍批判結構だが、安倍批判のために民主党政権や菅直人震災対応は素晴らしかったなどと過去捏造するのはやめてくれ。震災被害者への冒涜だ。



ちなみに言うと、枝野、彼も別に素晴らしい対応をしたわけではない。

前面に出たこと、作業服を着て必死感を出したことと、事実必死になって情報を集約しようとしたことはとても良かった。だがそれだけだ。対応としては、右往左往しただけで、別に素晴らしくはない。

でも自分は、未曾有の大災害に対して適切な対応がすぐに取れるとも思ってなかったし、素晴らしい対応ではなくとも枝野ベストを尽くしたと思っている。

今回のコロナも実は同じで、未曾有とまでは言わなくとも、どの国も水際で止められていないのは同じで、過去に類例の少ないレベルの話なのである

から枝野みたいに、「必死情報を集め、必死右往左往する政治家」がいれば、国民感情もちょっとは違ったのかなーと思う。

2020-02-22

政権悪夢と罵るかつての民主党政権はしばしばその無能さが批判の的になってたように思うけど、現政権無能さもあるがそれ以上に邪悪さがやばいよね

村上龍の愛と幻想ファシズム世界なら、前の政権交代すら自民以外の政党評価を下げて国民に誰がやっても変わらないという諦念を植え付けてから再度政権をとって独裁を敷くっていうシナリオもありそうなくらい

まあ現状で無能さをアピールする必要はないのにこのありさまなのでそんなことはないんだけどさ

2020-01-03

村上龍江口洋介共通している謎

二人とも経済番組を長期でやってるのに、社長の話をふんふん聞いてるだけで、経済に詳しいようにも興味があるようにも見えない。

あれだけ長くやってるんだから鑑識眼が磨かれそうなものだが、どこにもそういうところを語らない。

社長の話を聞きながら心の中で「いや、それ違うよな」「うわー、凋落するパターンの人だ」と思ってるのか空っぽなのか。

江口洋介なんか「ザ・何も知らない人」って感じで10年通していて狂気すら感じる。

2019-11-05

anond:20191105210502

そうかこれ違和感ある文体なのか。

私これわかる。

なんだろう…どこの文化を経るとこういう文体が出てくるようになるんだろう。

多分80年代から90年代のどこか。

村上龍流行ったあたりの何かだったように思う。

イエローナイフ行方不明になった女性

今急に私が死んだら、流石にあの人もあの人も傷ついてしまうというか、

単純に滅茶滅茶迷惑をかけるので旅行計画に頭をすり替えている。

2014年イエローナイフ行方不明になった日本人女性のことをたまに思い出す。

1人で行って、消えてしまうことができるんだな…。とたまに彼女のことを思い出す。

クミコ、ザ・トレジャーハンターのこともよく思い出す。

(あまり人気のない映画だと思うけど、逃避用にディスクで買った)

だって、あの航空券を取ることができるんだな…と銀行口座数字を思い出しながら思う。

100万円強。どこかにいきなりとりあえず行ける金額はある。

流石に今、いきなり私が死んだら、あの人やあの人は随分と厄介な感情を、人生の重荷を、ずっと抱え込んだままになってしまうだろう。

何にしても、死ぬよりはマシだ。

友だちの親が首を吊った時期、近くにいたことがある。

あれはとてもきついだろう。

それを誰かに押し付けたいわけでもない。

今の私は昔と違って、自分がいない世界の方が綺麗に回るという思想に取り憑かれているわけじゃない。

昔は取り憑かれていた。

母は小学生の私に「このマンション死ぬなよ、私たちがここに住めなくなるんだから」と言った。

そして「そんな暗い顔をしてるから嫌われるのよ」と言い捨てた。

そうか私はそんなにも鬱陶しいのか、と思い続けていたけれど、

もうなんでもいいやと思い色んな人に投げやりに頼んでいたら、意外となんとかなり続けた。

村上春樹を読んでニーチェの話をしていたらモテた。

なんでみんな自分を押し殺す?

春樹読んでニーチェの話して、村上龍の話をしだした男の子の胸に耳を当てて「これは俺の歌だ?」と言うとモテる。

そういう人にさえ好かれたら、200人に1人くらいに好かれたら人生は十分だ。

これは私がものすごく投げやりだった頃の話。

母の気持ちを今想像することができる。

肉体が40歳くらいで、仕事家事(私の父は家事ができたが)もあり、疲弊していて、

母は自分がどうして欲しいか、私にコミュニケーションを取ることをあまりしなかった。

私も近づくと嫌味しか言われないのであまり近づかなかった。

母は寂しくなっただろうし(父は精神的なケアをするタイプではない、家父長制の毒もないけれど)、

単純に、疲弊をしていたんだと思う。

身体中が痛くて、マッサージも高く感じて、ジムに行くというのがメジャー時代でもなかった。

母が随分と私を鬱陶しく思っていただろうというのはわかる。

かなり鬱陶しく思っていたんだろう。

今わかるよお母さん、疲れていたんだろうね。

でも言っていいことと悪いことがある、それで一生信頼しないことにした。

わかることと許すことは違う。

私は母を自分精神的支柱部分から切り離した。

私を傷つける人、として認定して、そしてそのまま切り離した。

尊敬には値するけれど、私の精神的な支えには今後ならないだろう。

孫が生まれたことで、母は分かりやす幸福の証を取ることができて、どうやら落ち着いている。

1ヶ月分丸々残してある睡眠薬、例えばこれを持ってあの人のようにイエローナイフに行ったら、と時折思う。

睡眠薬と100万円。

どう考えても死ぬほど追い詰められた生活じゃないこともわかる、

だけど昔から20年前から、この気持ちは消えないんだよ。

イエローナイフ行方不明になった彼女のことが気になって、久しぶりに調べたら、白骨死体発見されていた。

ストーリーをつけるのは簡単だ。何パターンもある。

でもふわふわとしている。

ふわっと、台湾に行くみたいにチケットを取って、飛行機に乗ってしまえばぼんやりと進むことができるだろう。

私がニュースで見たのは、普通にダウンジャケットを着て明るい店内の椅子から立ちあがる様子を映した防犯カメラ映像

あんなふうに、消えてしまうことはできるだろう。

睡眠薬を処方されるときに、これは1000錠飲んでもまぁ死にませんから、と話題に出された。

きっとOD死ぬことはないんだろう。

何かを組み合わせなくては。

例えば一酸化炭素、例えば氷点下の外気。

彼女ドキュメンタリーがあるらしいのだけど、日本からアクセスしても見られなかった。

村をあげて探さなくてはいけないというのは大変だろう。

そっか、そんなにも大変か…と思いながら、彼女気持ち勝手にわかった気になっている。

ふらりと消えたくなる、別にこの命で長生きしたいというのでもないし。

だけど流石に迷惑だろう。

でもそんなの、よくわからないんだ。

私が死んで悲しいのは、私じゃないんだもの

あの人やあの人が死んだら悲しい、そんな世界を生きたくないと感じる。

でも、私が死んでも悲しいのは、私じゃないんだもん。

痛いのも苦しいのも嫌だけど、

ここにある薬とパスポート、やれることはまだあると知っているけれど

2019-08-22

知識人読書量・知識ランキング

SSクラス 江藤淳柄谷行人、廣松歩、栗本慎一郎谷沢永一村上泰亮中村元

クラス 小室直樹浅田彰福田和也渡部昇一、呉英智蓮實重彦永井陽之助中村雄二郎すが秀実佐伯啓思高澤秀次筒井康隆小谷野敦菅野覚明養老孟司 見田宗介佐藤誠三郎大森荘蔵西部邁

クラス 丸山眞男吉本隆明長谷川三千子丸山圭三郎橋本治村上陽一郎佐藤優松岡正剛伊藤貫、猪木武徳坂部恵坂本多加雄大澤真幸中川八洋永井均野矢茂樹小浜逸郎飯田隆河合隼雄片岡鉄哉鎌田東二梅棹忠夫竹内洋山本夏彦山口昌哉、入江隆則

クラス 猪瀬直樹坪内祐三中沢新一御厨貴橋爪大三郎鷲田清一北岡伸一池田清彦中西輝政立花隆山本七平宮台真司桶谷秀昭宮崎哲弥司馬遼太郎古田博司市川浩東谷暁苅谷剛彦秋山駿関岡英之加藤尚武浅羽通明松原隆一郎東浩紀

クラス 中島岳志鎌田哲哉兵頭二十八内田樹森本敏村上龍西尾幹二仲正昌樹大江健三郎齋藤孝森岡正博富岡幸一郎小泉義之井沢元彦、桝添要一、中西寛中島義道鄭大均山内昌之村田晃嗣山形浩生林道義松本健一

クラス 斎藤環福岡伸一副島隆彦榊原英資梅原猛寺島実郎佐藤健志大塚英志五木寛之笠井潔潮匡人高橋源一郎岸田秀山田昌弘竹中平蔵池田信夫萱野稔人大川隆寛、大森望櫻田淳上田紀行手嶋龍一和田秀樹藤原正彦中野剛志

クラス 佐々木中村上春樹三橋貴明田原総一郎木村太郎池上彰竹田恒泰切通理作島田雅彦酒井信、夏野剛苫米地英人上野千鶴子姜尚中、鷲田小爾太、竹田青嗣小阪修平佐藤亜紀

クラス 糸井重里加藤典洋中上健次勢古浩爾北田暁大藤原和博小熊英二佐々木俊尚西條剛央玄田有史城繁幸茂木健一郎岩田温千葉雅也、岡田斗司夫

クラス 小林よしのり宇野常寛勝谷誠彦荻上チキ鈴木謙介勝間和代伊坂幸太郎濱野智史赤木智弘坂本龍一いとうせいこう上杉隆酒井順子

クラス みのもんた久米宏古舘伊知郎ハマコー太田光水道橋博士テリー伊藤、リリー・フランキー、コシミズ、香山リカ森永卓郎、ホリエモン、津田大介ひろゆき中村うさぎ雨宮処凛桜井誠

2019-07-22

トーキョー・ミッドナイトレイン

 

愛の情動肥大し、同一化を強いる時、その欲望一時的に鎮静する。

拡張を禁じられたそれは行き場を無くす。ただし、その状況においてのみ、幻想と共に永遠享受できるのかもしれない。

自分が無条件で受け入れられる存在さえいれば良いんだって

あるいは、僕はもはや幻想と共に生きるしかないのかもしれない。

 

 

 

 

 

真夜中の中でも特に25時は、ひどく孤独にさせる魔力を帯びていると思う。そんな時、僕はiPhoneを手にとって、LINE友達リストを繰り返し眺めるのだけど、目的もなく連絡を取ることが苦手な僕は、ただ彼らのアイコン画像から今の状態を推察して、理解に努めようとすることしかできなかった。

それではいけないと思って、ほんの少し勇気を絞り、旧友をご飯に誘った。一緒に地元浪人をしていた同級生は、4月から福岡に転勤になったから、LINEでのやり取りだけだったけれど。

彼は今クレーンを売る会社営業をやっている。向いていない仕事も数年もすれば、彼の人格に少なくない影響を与えているようで、当時から想像もつかない調子で言った。

「本当に連絡をくれて嬉しいよ。いきなり電話をかけてごめんね。でも本当に嬉しかったんだ。リュウも元気にしてるのか?仕事は順調か?きっとお前は今も活躍活躍を重ねていて、回りに感謝されて仕方ないんだろうな。お前は昔から、誰よりも頑張ってたもんな。」

意外な反応だった。僕はきっと妬ましく思われているのだろうと思っていたけど、そうは思っていない人もいたのだ。彼は僕の孤独がただの思い込みだったと教えてくれた。

今の僕は周りに感謝されるというよりも、文字通りお荷物のような存在だと思うけれど、彼が力強く伝えてくれた「嬉しい」という言葉は僕を前に進めてくれた。残すのはきっと、あと一人。

 

 


 

「本当にごめんね。今仕事の方が炎上していて、ずっと会議だったの。トイレに行かせてくださいって言って、ようやく連絡できる状態だったから、待ち合わせのギリギリ時間にかけることになっちゃったけど・・」

2年ぶりだった。彼女が待ち合わせに遅れると言ったので、僕は新宿紀伊国屋小説を買って、それから近くのスタバアイスコーヒーを買って時間を潰していた。

「実はこの本、ずっと読みたかったんだけど、なかなか読む時間が作れなくて。ちょうどよかったよ。冒頭からすごい面白いんだ」

「誰の本?」

村上龍だよ。五分後の世界っていうんだ。パラレルワールド日本の話。」

「そう言ってくれてよかった」

「予約してたお店、さっきキャンセルしちゃったんだけど、行ってみようか。」

そう言って僕は氷が溶けきった残りのアイスコーヒーを流して、不燃物ボックスに捨てた。

 

予約をキャンセルしてしまったワインのお店は新宿3丁目にあった。幸い、予約をしていなくても入れるくらい穴場だったから、僕はホッとした。

「今職場新宿からは近いんだよね?仕事はどんなことしてるの?」僕は聞いた。

営業だよ。営業って言っても、クライアントヒアリングに言った内容を社内各所で調整するだけだけど。これできる人いませんか〜?って。そのアサインで今難航しててね。」

「いろんな人に迷惑かけてない?大丈夫?笑」

「かけまくりだよ!もうはわはわしてる笑 まあ、だいぶ慣れてきたけどね」

仕事楽しい?」

「私は仕事楽しいとかそういうの、全くわからいからね、早く帰りたいよ笑」

 

仕事に楽しさを見出そうとすることはもしかしたら部分的な偏りで起きていることなんだろうなと僕は思った。

 

 

 


24時を回った。大学時代の話から社会人になってからの話、趣味の話や最近聴く音楽の話、好きな小説の話。そういう話をひとしきりしていたと思う。

彼女は僕が誕生日プレゼントに買った香水を、毎晩寝る前に部屋に振りまくようになって、そこから香水が好きになったと言っていた。

「この前ドライブに行った時に、こんなことがあってね」

あいちゃんはもう少したわいもない話とかできないの?笑」

「全く、手応えを感じたくなるとダメだね。議論始めちゃうから笑。そういえば俺たちってドライブしたことあったっけ?」

「あったじゃない。ほら、猪苗代湖見なかった?楽しかったよ」

「あ、そうかあの時か。あの時は楽しかったな。なんの目的も決めなかったけど」

「そうだね」

 

・・・他にもさ、実は特に印象に残ってて、こびりついて離れないことがいくつかあってさ。」

「どんな?」

「うん、誕生日か何かを祝ってくれた時、俺なんでか覚えてないんだけど、怒って帰るって言い出しちゃってね。会計して、改札でお別れする時に、今日あいちゃんと一緒に居たかったって言われて」

「・・そんなこと言ったね」

「あれとか、なんで俺・・・いかけなかったんだろうって。」

「うん」

「他にもね、ゴムが破けて一緒に朝一で病院行ったじゃん。あの後ガストでさ。今でも鮮明に覚えてるよ。俺はメロンソーダを飲んでた。もうあいちゃんとはエッチしないって。どうして?って言ったら、だって責任取れないでしょう?って。なんであの時、何も言わなかったんだろうって。」

あいちゃん友達だよ。」

「うん。じゃあ、ずっと居てくれない?」

「いいよ。とりあえず、飲もう!」

「ええ、まだ飲むの?笑」

「そうだよ?グラスワインオススメってついてるやつ、下まで全部飲むの!」

「ええ、もう結構、無理なんだけど笑」

僕はきっと、あの時の後悔をずっと引きずって生きてきた。大学2年生の冬だったと思う。

なぜずっと会えずにいたか、そしてなぜ今会いたいと思ったのか。

その答えは、いまだ僕にもまだわかっていない。

その日の会計は2万円を超えた。最高新記録だった。

 

 

 

 

 

 

25時を過ぎた新宿は、僕たちを阻むように雨を降らしている。

彼女が行こうと言って立ち上がった。傘を持っていなかった僕は、彼女の小さな折りたたみ傘に入れてもらいながら、近くのコンビニビニール傘を買うと、彼女の折りたたみ傘を畳み、それをバッグにしまった。そうして左手彼女の左肩を寄せて、互いに小さくなりながら歩き出した。

新宿通りの3丁目の交差点を渡る途中、僕は込み上げてきた何かをぶちまけるように、ごめんねと言った。

「あの時、好きって言えなくてごめん。」

交差点渡りきった時、僕は彼女と向き合って言った。

「好きだよ」

「どうしてそういうことを言うの?どうして・・・

「どうしても、言いたかったんだ。」

「どうして今になって言うの?」

「どうしても、今伝えたかったんだ。」

「私どうしたらいいの」

「どうもしなくていい。ただわかってくれていさえすればいい」

「ねぇ、チューして。」

僕は傘を放り投げると彼女の頬を両手でそっと包み込んで、顔をほんの少し上向きにした。僕は少しだけ前かがみになって、少しだけ顔を右に傾けて、優しく目を閉じた。

25時を過ぎた新宿の雨は、僕らを包みこむように汚していった。

 

 

 


 

金曜日。外はもう白んでいる。

彼女の首筋から指をつたっていると、胸元に消えかかった痣を見つけた。

僕はクスっと笑って、その痣をふわりと撫でると、彼女が言った。

あいちゃんは今、どんな気持ちなの?」

その鋭い一言は全てを見透かしているように感じられた。僕はおもわず閉口してしまった。

「う〜ん。複雑な気持ちがするね」

苦し紛れ言葉だった。

「なにそれ笑。複雑な気持ちかあ」

「うん。複雑な気持ち

僕はその跡を見て見ぬフリをすることもできた。でも、その時に僕が彼女発見したこと示唆したことは、確かに不可解な行動に映ったと思う。

「さっき俺は複雑な気持ちがするって答えたじゃない?その時のことを思い返していたんだけど」

「うん」

「今までは、自分のことを無条件で受け入れてくれる存在必要とした。その時は、相手意思関係なく、自分が受け入れてもらえていると感じられさえすれば良いと思った。でもそうではなくて。自分が無条件で受け入れられる存在さえいれば良いんだって。思えた」

「なんだか急に哲学的だね」

「うん。だから、今のは忘れていいよ。」

そう言って、僕は彼女の白い背中を後ろからそっと抱きしめた。

 

本当の事を言えば、僕はその質問意味理解していた。

彼女は僕に「マナー違反だよ」と言ったのだ。

でも僕があのとき伝えたかったのはそういうことじゃない。少なくとも僕が失礼な事をしたわけではないことだけでもわかってほしかったのだと思う。

僕がその時伝えたことは、僕がじっくりと時間をかけて大切にしなければならないことだと思った。

 

 

 

 

新宿の雨はすっかり止んでいた。歌舞伎町を抜けて東口に向かう道すがらは、以前よりも静寂だった。

信号が青になるのを待つ。僕の左手彼女右手を握り、寂しそうに爪を撫でている。綿よりも軽く、だらんとした右手をそれ以上強く引くことはしない。きっと、これからも。

改札を抜けた僕たちは「じゃあね」と言ってそれぞれのホームに向かおうとする。僕が中央線の方を向こうとするも、それができなくてほんの一瞬立ち往生したのを逃さなかった彼女は、まるで子供をあやすような表情で、手を振ってきた。

「そういうところだよ」と思った。相変わらず、君は僕のことを知っている。

僕は仕方なく手を挙げて、力なく振り返した。彼女ホームに向かうのを確認してから背中を向けて、ゆっくりと歩き出した。

 

 

 

 

 

 

 

2019-07-14

ふとした時に本音が出る

僕と弟は村上龍コインロッカーベイビーズ的な記号のような名前を付けられた

それが僕はとても気に入っているし、弟も嫌だとは思ってないだろう(少なくともキラキラネームとかの話題自分のことを取り上げたことはない)

祖父母は僕と弟の名前をよく間違える

それは単に似ているからだと思って過ごしてきたけども、さっき「もっと普通名前にすれば良いのに」と

こんなこと言うのは初めてで、なんとなく触れては行けないような気がして、キッチンを離れベランダに向かった

本当になんでもない、しらす丼を作る祖母が突然本音を出したんだなと思った

2019-06-19

東京ラブホテル打順組んだ

異論は認める

1 ホテル六本木(六本木)

2 グランベルホテル新宿(新宿)

3 ホテルSENSE(新宿)

4 ホテルiroha(六本木)

5 ホテルSARA2(錦糸町)

6 ホテルグランシャリオ(新宿)

7 ホテルアルファーイン(麻布)

8 ホテルバリアリゾート(新宿他)

9 ホテルプリンスドゥギャル(渋谷)

控え ホテル迎賓館(川崎)、ホテル竹峰(新宿)、湯島御苑(秋葉原)

1 今年の冬に改装改装前はどこの廃墟?という風情だったが現在日本で一番大人ラブホテルに。地下にBARがあったりしてさすが六本木。本年度における利用回数No.1ホテル

2 ラブホではないがデイユースの設定がある。バスビューのあるマチュアダブルが至高。ようやくWeb予約対応になり使いやすくなった(以前はカウンターで直接受付)

3 折鶴がアイコンモダンジャパニーズラブホテル。広さ清潔さインテリアのおしゃれさ全てが満足度高い。新宿No.1ラブホ

4 文句なし日本一。ラブホテル星人が攻めてきたら任せるのはこやつしかいない。ギャラリーのような外観。落ち着いたインテリア六本木というロケーション全てがおされ

5 コスプレ楽しむならここは外せない。診察室、電車部屋、社長室など面白い部屋があって選ぶ楽しみがありすぎる。予約できたら神ホテルになれる

6 SENSEが出来るまで新宿No.1の座を守っいた。もちろん今でもハイレベルなのは間違いない。土曜のお昼に整理券を貰って並ぶのがかなり照れくさいので付き合いの浅いカップル時間を選べ

7 ネタとしてここ以上のものはない。あまりエキセントリックさに村上龍短編小説に紛れ込んだかのような感覚に陥る

8 鉄板。迷ったらここ。新宿本店は混むので、スマートに行きたいとき東新宿店の方に行こう

9 インテリアが本物感ありおそらくオーナー趣味なんだろう。本気でパリのアパルトマンに住んでる気分になる。一室だけ猫足バスタブがあってさらに気分が上がる

控えは順に「ヘルタースケルター」「温泉」「貴重なアキバロケーション

こちらからは以上です

2019-06-01

齢70になる父に書籍を贈るとしたら何が良いか

父の日が近い

毎年父の日には4〜5000円くらいの予算で何かしら送ることにしてる

9割がた食品飲料なのだけど5年前くらいか血圧とかコレステロールとか血糖値やらに制限がかかり選択肢がなくなってきてる

去年はコーヒーを送ったのだけどあまり喜ばれた形跡がなく

なら今年は高級茶でも送るかなとか思ってるけど若干物足りない気もする

なら物にすれば良いじゃないかと思われるかもしれないが

そもそも父は仕事や今は亡き祖父母の世話にかかりっきりで趣味という趣味ほとんどない

運動不足もあって最近は出不精で 世間への興味も薄れ 家でテレビパソコンを見てごろごろしてるようだ

そんな父に何か送るとしたら何がよいか

押し付けがましいものを送って使ってくれなければ意味がない

などと考えていて気づいた

そういえば割と父はインテリで ちょうど大学闘争世代だったのもあり若い頃は政治経済の本とかニーチェとか読み漁ってたと聞いたことがある

最近は小難しい本を読んでた気配はないけど私の部屋から村上龍小説やらを持ち出して読んでたりもしたようだ

なら本を送ってみたらどうか それも現在未来世界に再び興味を持ってもらえるような

だけど70歳の読解力がどの程度なのかも分からなければ そもそもそんなジャンルの本がいまいち思い付かない

何かあるだろうか?

とりあえず今のところ思い付いてるのは大前研一の「日本の論点2019〜20

まあ送ってきたら正直ビビるだろうけどとりあえず読んでくれはしそうな気がする

2019-05-17

昔、表参道村上龍フェラーリ328に乗っているのを見かけたが、車体と比して村上龍の頭があまりにも大きいので、前方から「顔が走ってきた」ように見えた。

2019-05-15

anond:20190515144641

ワタミ社長「『鬱』というのはですね、嘘吐き言葉なんです。笑わなくなってしまうから無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「笑わなくなるから鬱になるんです。笑ってしまえば鬱じゃ無くなります

村上「いやいやいや、順序としては『鬱だから→笑えなくなる』んですよね?」

ワタミ「いえ、笑わなくなるから鬱になるんです」

村上「?」

ワタミ「笑わせるんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力で笑わせ続ける」

村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう鬱とは口が裂けても言えないでしょう」

村上・・・んん??」

ワタミ「鬱じゃなかったって事です。実際に一週間も笑ったのだから。『鬱』という言葉は嘘だった」

村上「いや、一週間笑ったんじゃなく笑わせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミしか現実として笑ったのですから鬱じゃなかった。その後はもう『鬱』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には鬱だなあ」

(『日経スペシャル カンブリア宮殿』より)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん