「村上龍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 村上龍とは

2022-11-26

anond:20221126060741

限りなく透明に近いブルー』(かぎりなくとうめいにちかいブルー)は、村上龍によって書かれた小説村上龍デビュー作であり、代表である

第19回群像新人文学賞受賞を受けて、『群像1976年6月号に掲載された。同年7月5日、第75回芥川賞を受賞。7月9日講談社より単行本化された。装丁は著者自身が手がけている。

発行部数単行本131万部(2005年)、単行本文庫本の合計で367万部(2015年)[1] に達する。芥川賞受賞作としては史上1位(単行本部数のトップ又吉直樹火花』)。

詩的な表現過去前例の無い文章表現などを多用し、当時の文芸界に衝撃を与えた作品である。荒廃していく若い男女を描いたために、よく石原慎太郎の『太陽の季節』と対比される。ストーリー村上龍20代の頃過ごした福生市での体験を基にしている。当初の題名は「クリトリスバターを」であったが、露骨な性表現のため改題した。

2022-10-12

ブクマカが好きな作家ベスト77

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20221010215654

ブコメが興味深かったので、2022-10-12 1:50時点までの全387コメントを集計した。

著者名が書いていないのは勝手に調べて補完したので、間違っている可能性もある。

集計ミスしている可能ももちろんある。まあ大体よ。

三票以上のみ掲載

ブクマカが好きな小説ベスト108はこち

https://anond.hatelabo.jp/20221012100742

1位 16票

2位 11

3位 10

4位 8票

7位 7票

10位 6票

19位 5票

29位 4票

46位 3票

感想

ブクマカが好きな小説ベスト108

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20221010215654

ブコメが興味深かったので、2022-10-12 1:50時点までの全387コメントを集計した。

著者名が書いていないのは勝手に調べて補完したので、間違っている可能性もある。

集計ミスしている可能ももちろんある。まあ大体よ。

二票以上のみ掲載

ブクマカが好きな作家ベスト77はこち

https://anond.hatelabo.jp/20221012102001

1位 6票

3位 5票

7位 4票

16位 3票 (22作品)

38位 2票 (71作品)

感想

追記

2022-02-23

anond:20220223221256

うーんピンとこないね。そんなので明治維新戦後のように国民が頑張れる気がしないね

そういえばもう20年以上前の本だが村上龍希望の国エクソダスに「この国には何でもある。ただ、『希望』だけがない」ってあったが、

20年経ってさら悪化している気はする。

2022-02-14

anond:20220213092456

前に増田に書いた通り、あの時は村上龍がべた褒めしていたので行った。

https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2009/0914/ だったからもう10年以上も前か...

正直、聞いたことがないお店だったので好奇心で行ってみた。

2022-02-13

anond:20220213090459

ちなみに俺はカンブリア宮殿で取り上げられた時に妻とサイゼリヤに行ったんだけど、それ以降行ってない。

村上龍コスパ最高とめちゃくちゃ褒めていたからどんなクオリティなんだろうと思って行ったんだな。

パスタか何かを頼んだら、前の人がつけたであろうチーズがべったり残った皿で料理が出てきた。

テンションダダ下がりで、妻に文句を言ったほうがいいか相談したら、「恥ずかしいからやめろ」的なことを言われた。

妻にしてみれば、安いお金しか払っていないのだから、そういうものが出てくるのは当然とのことで、値段相応と諫められた。

それ以来、安かろうは悪かろうでも仕方ないと割り切って生きている。

2022-02-01

夢を叶えるって難しいね

なんで作家になれないんだろう。

ろくに私の小説を読んだことがない母親に「こんな小難しい文書いてるから受賞できないのよ!私の言う通り書けば賞が取れるのに!」などと言われた。

喧嘩した。私は私の文章が好きだ。三年、自分の好みの文章にするために小説を書き続けてきた。

公募評価では文章は書けてると言われている。だから能力は無いわけではないはずだ。私は母親のために小説を書いてるわけではない。なのにどうしてここまで言われなければならないのだろう。

母親の言うことを聞けば何もかもうまくいくと教育されてきた。高校私立マンモス高、女だから短大に上がり、大企業就職して鬱病になってやめた。それでなんか知らんが小説家を目指した。私は精神障害者だ。その上身体がめちゃくちゃ弱い。どのくらい弱いかと言うと1キロ歩けなくてタクシー常連都内就職したくても通勤で倒れてしまう。だから家でできる職業を目指した。それがどんなに非現実的かも知らずに。

努力しても意味ない、と言う本を読んで本ごとゴミ箱に投げ捨てた。そんなのわかってる。才能業は私に向いてない。私は私の物語主人公にはなれない。それがわかってるからしかった。落ちた公募コンテストは二十を超える。これで一次で落ちるなら諦められた。でも毎回そこそこの成績を叩き出してしまう。少なくとも一次で落ちたことは最初一年、片手くらいしかない。だからまだ才能があるんじゃないかと思うんだ。

今までもココでだいぶ愚痴った。増田のみんなは優しいから、もうちょっと頑張れるよって言ってくれる。現実人達はいい加減現実見なよ、底辺が成り上がれるわけないじゃんなんて言う。村上龍だか誰かが13歳のハローなんたら(検索避け)で作家は最終手段なんて言ってた気がする。最終手段にも手が届かないって死んだ方がいいのか。

頑張ってる人はいっぱいいる。Twitterで傷の舐め合いをしてると、自分から行動して努力してる人は沢山いる。同業の作家志望者はその人たちを馬鹿にするけど私はすごいなあと思う。

諦めたくないなあ、と思うけどタイムリミットはある。三十路になったら現実を見ようと思った。あと一年。まだ努力が足りない。いくら努力すればいいんだろう。

小説家を諦めてシナリオライターになろうとした。派遣社員で。結果は全社落選派遣でも落ちるって何?私はやっぱり才能ないのかな。

もう嫌だな。

私は誰かに頑張れって伝えられるような話が書きたかったのにな。

今は異世界転生悪役令嬢ですよって言われて、書きたいものは売れてから書けばいいじゃないですかって言われる。

でもそれじゃ遅いんだ。早くしないと自殺する三十歳に間に合わない。もうOD後遺症でだいぶ身体にガタが来てて、痙攣が止まらなくなった。薬漬けであんまり長生きは出来ないだろうなと思ってる。だから死にたかったのに、こういう時に限って、サイトに知らない人から応援メッセージが来るんだよなあ。私の小説が誰かの頑張れになってるならもう夢は叶ったんじゃないかなあ。もういいか

でも私は欲張りだからもっといっぱいの人に頑張れをあげたいんだ。夢を叶えるって難しいね

2022-01-14

anond:20220114121935

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐き言葉なんです。途中で病院に行くのを止めてしまうから無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「途中で病院に行くのを止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります

村上「いやいやいや、順序としては『病院に行くのが無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」

村上「?」

ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力で病院に通わせる」

村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」

村上・・・んん??」

ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間も通ったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」

村上「いや、一週間通ったんじゃなく通わせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミしか現実として通ったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には無理だなあ」

(『日経スペシャル カンブリア宮殿』より)

2022-01-06

村上龍の「テニスボーイの憂鬱」を読み返して、不倫相手との関係性について考えた

村上龍テニスボーイの憂鬱Kindleで読み返した。

18歳の夏、高校時代の友人の家でこの本の存在を知った。

現役で慶応に入って、体育会所属していた彼(おまけに男前)は

なんだかキラキラしてまぶしく思えた。私は浪人生だった。

「なんかよくわかんないけど、エッチ小説だよ。」とのことだった。

翌週、その本を買い、その後30年程の間に、何度か買い直して

今はKindleの中に入っている。合計10回くらいは読んだと思う。

“誰かを幸福にすることなどできない、他人にしてやれることなんか何もない、

 他人をわかってあげるのも無理だ、他人自分をわかって貰うのも無理だ、

 他人支配するのも不可能だし、支配されることもできない、他人に対して

 できることはキラキラと輝いている自分を見せてやることだけなのだ

キラキラと輝いていなければ、その人は死人だ。キラキラと輝くか、輝かないか

 その二つしかない。そして、もし何か他人に対してできることがあるとすれば、

 キラキラしている自分を見せてやることだけだ。キラキラする自分を示し続ける自信

 がない時、それは一つの関係が終わる時を意味する。”

ある程度本を読んできたと思うけど、自分の行動原則みたいなものに最も影響を

与えたのはこの小説のこんな言葉だったと思う。

50歳で既婚者の私には彼女40代前半、既婚者、デートしだして1年3ヶ月)

がいるけど、私が彼女にしてあげられることなんて何もない。彼女お金には

困ってはいないし、気持ちいいセックスだって私以外に提供できる人はたくさんいる。

私が彼女に何をしてあげられるかっていうことじゃなく、私が楽しく生きている私で

あり続けて、そして、そんな私と一緒にいることが、彼女に楽しさみたいなもの

感じさせるってことなんだろう。

28歳くらいまで、商売がまあまあうまくいっていて、3~5人くらいの女性と定期的

デートし続ける生活を続けていた。(当時独身)、まあ女性からしてみればクズ死ね

っていう人間だったと思うけど、それはまあガンになって死にかけたので罰も少しは

あたっているし、今後も小さな十字架は背負って生きていくので許して欲しい。

それで商売がうまくいかなくなったときは、自信をなくしてしまって、おまけに病気

(別の病気、ガンは5年後)にもなったりして、けっこうしんどかった

そうしたら、仲良くしていた女性達もみんな私から離れていった。

商売がうまくいっているといっても、金持ちとかそんなレベルではなく、おいしいご飯

女性達と食べたりすることができるくらいのレベルだったので(車も持ってなかった)

金の切れ目がってことではなかったんだろうなと思う。(回数を減らせば同じデートはできた)

楽しそうにしていない、不安を抱えている私と一緒にいることは女性にとって

楽しくないことで、それがゆえに私から離れていったんだろうなとだいぶ後で思った。

2020年10月に今の彼女と初めてデートして、そこから1年ちょっと商売調子もいい。

基本、私は陽気な人ではあるんだけど、仕事調子よくて、さらに陽気な人になって

いただろうと思う。そして、それもあって、彼女とこの1年3ヶ月程関係性が継続できて

いたのかもしれないなあって思う。セックスでどれだけ彼女気持ちよくさせたとか

そんなことはあまり関係ないんだろう。

楽しそうに生きている私がいて、そして私は彼女のことが大好きであるっていう事実

がそこにあればいい。彼女に好かれたいとは思って、グチグチ悩んだりもするし、

そのために、彼女が読んでる本をかたっぱしに買ってみたり、ジムいったり、ランニング

したり、たまにはプレゼント買ってみたりもする、もちろんそれはマイナスではないだろう

けど、リスクだけある関係においては、あんまり大きなことではないんだろう。

幸い、大きめの仕事が決まりそうなので、今年1年くらいはキラキラしていられそう。

今年1年、彼女と仲良くやれたらいいなあ。

2021-12-28

anond:20211227172243

確か村上龍自由研究は「世界拷問歴史」みたいなやつだった筈

昔だから、そういう奇抜なやつも受け入れられた

2021-09-23

アイドル恋愛禁止ミソジニーだとして、じゃあ男アイドルは?

[B! 恋愛] うゆだ on Twitter: "もう絶対にこれの表れでしかないんですけど!?!!って毎度なる。 絶対に看過したくない。 https://t.co/2UgQks5yXf" https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/Uyudna3/status/1440662399460069388

これマジで面白いんだけど、女アイドル恋愛禁止ミソジニーだとして、じゃあ男アイドル恋愛禁止はどうなのかっていうと、

アイドル交際相手の女や男アイドル自身が女ファンに対してミソジニーを発露しているって話にされてるんだよね。

嵐・二宮和也結婚したとき結婚相手ブログニノと付き合ってる「匂わせ」をしてたと話題になった。

まず交際相手らしき人物ブログ監視して「匂わせてる!」といちいちキレてる時点で相当気持ち悪いけどまあそれは自由だわ。

そんでアイドル結婚してファンが悲しんだりキレたりするのも、まあ自由だわ。ネット誹謗中傷をばらまいたり直接危害を加えたりしない限りは。

ところでネット上のフェミニストにはジャニオタ腐女子を兼ねている人が結構ます

そうした人々の一部がニノ結婚ときにどういった言説を行ったかの一例を提示しよう。

https://twitter.com/mijiyooon/status/1194369092636958720

私がこんなこと言うすじあいもないんだけども、匂わせって、無邪気に自分気持ちがあふれるだけならいいけど、そこに微量でもマウントが入ってるとかぎ分けちゃうもんなんだろうなって。

んでこんなこというと、フェミなのにミソジニー…みたいな感じもあるかと思うけど、男性をめぐって自分のほうがより知っている愛されている、みたいなことでそれ以外の人に知らしめたいという感覚のほうが、ミソジニーを基本としていると思ったりもする。

男性をめぐって女性同士は競い合うものっていうことを内面化している人はもちろんいて、自分もそういう考えに毒されていたこともあったけど、たぶんそんな気持ちは実はいらないのではないかって。

周囲の人に影響を受けるので、父親がそんな風に母親と娘を競争させる感じに持っていく人とかに育てられると、未就学児でもそんな感じになってたりするのを見たことがあって。お母さんがすでにライバルなの…。村上龍父権の高い男に育てられた娘はモテる女になるみたいなこと言ってたけどこれかって。



https://twitter.com/hd_dondon/status/1195989080154075136

アイドルが匂わせする相手結婚した件、前にあったUV◯Rworldのやつみたいな「男性アーティスト女性ファンを見下している」に当たるミソジニー案件だと思ってたから、フェミニスト自認の人たちが女性ファン批判の方に流れてるの見て驚いてしまった

男性ファン女性アイドル処女性を求める」ことと「女性ファン男性アイドル偶像性を求めること」って背景が異なると思うんだけど、そこを無視して男も女も一緒!みたいにするの、ミソジニストのやり口と変わらないと思うんですが

別に女性無罪論を唱えたい訳じゃないけど、アニオタによるジャ◯ーズの女オタク叩きって昔から酷かったし(今回も見た)、あの手の話題が殊更荒れるのって「イケメンが好きな女性」に対するミソジニーも含まれてるからじゃないかって常々感じていたので。



結婚相手女性に対して「匂わせ女」だとして誹謗中傷混じりの非難が行われている状況に対しての言説の一例がこれ。

「匂わせ女」を叩く女性ファン言動よりも「匂わせ」をする側の方がミソジニーである、という理論。すごいよね。

仮にそうだとして、交際相手女性一人に対して大勢ファンネットでぶつける非難の方がどう考えても巨大なミソジニーだろ。どうなってんだ。

他にも「交際相手の匂わせ行為を許しているのはニノ自身女性ファンに対するミソジニーの発露」とか、

アクロバティックな理論アイドル側を加害者とする理屈を唱える者なんかがマジでいて、それにいいねがたくさんついて共感される状況が展開されていた。

腐女子フェミニストとかもおんなじだけど、男の文化(と思っているもの)への普段苛烈非難に対して自分趣味不思議なまでに例外処理を行い、

どんな状況からでも「女は被害者・男は加害者・男におもねる女は名誉男性加害者」という構図を維持しようとする努力マジですごいなと思います

2021-09-14

anond:20210913220503

村上龍なんて春樹の親戚か?くらいしか知らんのだけど

限りなく透明なブルーみたいな感じか?

2021-09-01

anond:20210901112814

ワタミ社長「『自宅療養が無理』というのはですね、嘘吐き言葉なんです。途中でICU入院させてしまうから無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「途中でICU入院させてしまうから無理になるんです。途中で入院させなければ無理じゃ無くなります

村上「いやいやいや、順序としては『自宅療養が無理だから→途中でICU入院させてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中でICU入院させてしまうからから自宅療養が無理になるんです」

村上「?」

ワタミ入院させないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力で自宅療養させる」

村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう自宅療養が無理とは口が裂けても言えないでしょう」

村上・・・んん??」

ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間も自宅療養やったのだから。『自宅療養が無理』という言葉は嘘だった」

村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミしか現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『自宅療養が無理』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には無理だなあ」

2021-08-26

anond:20210825122148

違う。文字通り、ホモ単一の ソーシャル社会 で、同質性がベースになった集団の事をいう。例えば村社会的な。

ジェンダー分野では男性だけの価値観が共有される共同性の事を言う。そこに女性が入ると外様お客様扱いとなる。女性女性同士の関係性を保持したまま入ると拒絶される。

そう言う関係性は「外部」を扱うことが出来ないか公共的ではない。

この男性同性愛者=ホモソーシャルという安易連想上野千鶴子もやっていた。

 

あと、好きなもの擁護したいもの批評するにあたり批判的な感想を持ってはいけないというルールはこの15年のネットでのオタク批評だけの約束事が拡大されただけに過ぎない。

当初のオタク社会から迫害意識が強かったのでそれがルール化した。それ故アンビバレント感情を扱うという事が出来なくなった。

一番極端だったのは全共闘世代でわざわざ己らに対して否定的挑発的な批評を好んだ。村上龍の「我々の前に道はない我々の後に道はある」なんてのが有名。

90年代ベンチャー募集広告等でも好まれ会社説明会で「この会社明日にも倒産します」とぶつの流行したりした。

文学者福田和也は「血塗れた女衒の倅だる我ら日本人」というような言い回し評論でして反日扱いされていたが、当然これも挑発的な批評だ。

 

から元増田の誤解は元増田がこの15年位のネット言論にどっぷり漬かりすぎているという事を示している。

2021-08-10

anond:20210810112140

そんなことより、元増田氏の年齢層が知りたい。バブル期以前の世代っぽいなぁ。村上龍70年代作品だし。

2021-06-25

女性に対する「良い偏見」は素晴らしい物と扱ってよいのか?

「今回の裁判女性裁判官の割合が高ければ結果が違っていたであろう」って言説も、女性個々人の意思存在無視して、女と言う属性ならこういう結果が出る筈だっていう偏見のものだと思うけど。それは良い偏見から良い物だ!って扱う人ってどうかと思うんだけれど。

政治的には正解かも知れないが納得出来ない。

昔、村上龍のやっていたリューズバーってテレビ番組村上龍が「女性は素晴らしい。それに比べて男は情けない」という話を頻繁にしていて、現場ゲストもその内容を表立って批判はしにくいから、なんとなく「そうですね」みたいな感じで終わっていて、個人的にはどうも釈然としなかったんだけれど。

2021-06-09

anond:20210609184728

ワタミ社長「既に7日平均でも90万超えてるんだから、実質1日100万の目標は達成目前ということです。」

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐き言葉なんです。途中で止めてしまうから1日100万回が無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります

村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」

村上「?」

ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく1日100万回できるまで全力でやらせる」

村上「1日100万回」

ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」

村上・・・んん??」

ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に1日100万回もやったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」

村上「いや、1日100万回やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミしか現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には無理だなあ」

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん