「ポリティカルコレクトネス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポリティカルコレクトネスとは

2019-05-06

anond:20190503141220

書いた人です。お疲れ様です。

一応最初から追記を入れる前から

"全年齢向けで注釈なく掲載した出版社"

"少年誌で書くのであれば"

"「…全年齢向けで描きたいだけ」…ではないと言うなら"

と書いてるんですけど、ゾーニングレイティングのことを言ってるんだと伝わりませんでしたかね。すいません。

僕の批判は、少年誌ジャンプラは「少年ジャンプ+」、これを青年誌と見做すとしてもレイティング無しの全年齢向けです)に注釈無しで載せるならば、という前提の話なんですよ。

今回の作品がR18の雑誌に載ってるならもちろん文句無いです。あるいは例えば会員登録必要サイトとか、閲覧にパス入力必要サイトに置いてあったのであれば自分としては何も言うことは無いです。

ですが今回の漫画は全年齢向けweb少年誌デフォ無料公開)に掲載の上、作者もtwitterの鍵無し垢で作品画像tweetしてました。もちろん「ジャンプ」のネームバリューの大きさも無視できない点です。

ポリコレ的にアウトだから直せ」と言ってるんじゃなくて、「全年齢向け少年誌に載せるならば、表現問題が無いか先に/再度問うてほしい」という主張です。また、読み手にも「こういう問題点を含んでいるのは理解した上で読んでほしい」と主張したつもりです。(そもそもポリコレポリティカルコレクトネスという概念自体ゾーニングレイティングの扱いも含まれてないですかね?政治的な正しさというのは絶対的正義意味しないので。)

なお自分記事を書いた時点で、『妹の姉』に対する反応はtwitterで数万いいねはてブではホットエントリー入りしていましたが反応の殆ど好意的肯定的な反応でした。(「変態/気持ち悪い、だがそこがいい」的な反応含む)

反響が大きいのは作者の力量だと思います、その上でその反響危惧を覚えたのでブログを書きました。

逆にあなたに問いたいのですが、なぜ"クジラックス作品(ここでは『がいがぁかうんたぁ』を想定)がコロコロ(ここでは『月刊コロコロコミック』を想定)に載るのはまずい"んですか?

それはあなたの「お気持ち」ですか?なぜ"まずい"のか、あなた言葉説明してもらうことは可能ですか?

2019-04-08

増田はいい加減弱者カースト原理を覚えなさい

anond:20190408171350

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たない

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/4666961341665668706/comment/senbuu

マジキチすぎる

何がAnti-Hateだよお前がヘイトまみれじゃねえか

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たないよ。男女だと女性マイノリティ。だから男性お断り」でも男性差別にはならない。ただし気を付けたいのは体は男性、心は女性という例。このような方は女性から


差別が絡む社会問題に関心を示す増田も多いが、その割にいまだこのような誤解がはびこっている。

そのせいで無用な衝突が生じている。

増田たちはそろそろこのような社会問題を論評する時、「弱者カースト」の原理理解した上で発言してもらいたい。

理解といってもこの原理を実際に適用すること自体には必ずしも賛成する必要はない。

増田自身意見は賛成でも反対でも保留でも構わないから、原理に従うとどのような論理構造になるか知っておく必要がある。

実際ダブルスタンダードだ、極論だと叩かれることも多いsenbuu氏のコメントだが、弱者カースト原理を知っておけば氏の論理展開が驚くほど簡明かつ一貫していることが分かる。

弱者カーストとは要するに、社会的弱者としての弱さの度合いが高ければ高いほど優先的に厚い配慮対象と見なされる序列のことだ。

言うまでもなくインドの元々のカースト制度とは逆向きで、弱者が優先される原理だ。

社会運動の救済対象を選ぶ基準として用いられることが多く、社会的トリアージと呼ぶこともできるだろう。

序列知識大学教員社会運動家らの間で広く共有されており、政治的正しさ(ポリティカルコレクトネス)、文化の盗用、権力勾配、非対称性など増田でおなじみの概念もこの序列に従って運用されている。

弱者カーストの中では性別(ジェンダー)、性的指向(セクシュアリティ)、国籍民族(エスニシティ)、人種、障がい、出身地などの社会的カテゴリーによって細かい序列が設定されている。

より弱いカテゴリーの人々を優先して配慮しなければならない。

マイノリティカースト」ではなく弱者カーストと呼ぶことが適切だ。

弱いことと人数の多さは必ずしも一致せず、中には特権的マイノリティ、あるいは多数派弱者といったカテゴリー存在するからだ。

マイノリティではなく弱者としてとらえることで、多数派形成する女性中国人の弱さを考慮し、特権を持つ移民国家白人の優先度を下げることが可能になる。

カーストの上位の者に対し、下位の者がネガティブ言動を及ぼした時にそれは「差別」と見なされる。

逆に上位の者が下位の者に及ぼした場合には「差別」とは見なされず、「対抗」「抵抗」などの認定を受ける。

まり同じ言動であっても、それが「差別」なのか「対抗」なのかは主体と客体がそれぞれ弱者カーストの中で占める位置によって規定される。

ここで注意しなければならないことは、社会における大半の人々は最上位でも最下位でもなく、中間的なカースト位置づけられることだ。

自分より弱者カーストの下位の人間に対しては大抵の言動が許容されるが、上位の人間からは何をされても耐えなければいけない。

同じ人間でもある側面では弱者と見なされるが、別の側面では強者と見なされることもあるだろう。

弱者カーストの中では、数多ある社会的カテゴリーそれぞれに弱さ・強さが定められている。

一人一人の人間の弱さは、彼女または彼が持つすべてのカテゴリーの弱さのレベルを合計して決まる。

弱者カーストと似た概念に「かわいそうランキング」があるが、ランキング順位はこの弱さの合計値によって決定されているといえる。

まりかわいそうランキングはそれ自体原理というよりも、弱さについての計算結果なのだ

弱者カースト機能している例を示そう。

事例1:埼玉全盲女子高生暴行事件

全盲少女が背後から蹴られた事件の悲しい結末

https://matome.naver.jp/odai/2141052638959681901

かつて、埼玉全盲女子高生が駅付近で何者かから暴行を加えられるという事件が起きた。

極めてセンセーショナル報道されたため、記憶に残っている増田も多いだろう。

当然、未成年女性、そして全盲という最重度の身体障がいを持っている人を攻撃したとあって、連日連夜評論家や各社社説が逃亡中の犯人非難する声明を発表した。

女子高生本人も記者会見を開き、犯人への批判を行った。

しかし数日後、警察捜査が進むにつれ浮上した犯人とは誰もが予想だにしなかった人物だった。

犯人は重度の知的障がいを持つ中年男性だった。

このことが判明したその日の夜には、いっせいにマスメディアの扱いは縮小し、評論家もこの事件についていっさい口を閉ざした。

やがて事件自体存在しなかったかのように、日々は続いていった。

この事件犯人像が明らかになった瞬間、報道風向きいっきに変わった理由は、弱者カースト原理説明できる。

未成年女性そもそも弱者カーストの上位に位置づけられる弱者だが、最重度の身体障がい者というカテゴリーは上位2位から5位程度に位置づけられる弱さを持つ。

仮に健常者の中年男性彼女危害を加えたとすれば、この男性社会的に死を迎えることになるだろう。

しか弱者カーストの中でも、最重度の身体障がいよりさらに弱いとされるカテゴリーが少数存在する。

その代表例が中度・重度以上の知的障がいだ。

この事件犯人は確かに中年男性だが、ただの中年男性ではなく受け答えも難しいほどの知的障がいを抱えていた。

彼が女子高生に加えた危害が不問となってしまうことも、増田なら理解できるだろう。

事例2:TERF-MtF論争

年末からインターネットを騒がせている例として、TERF-MtF論争がある。

TERF(Trans-Exclusionary Radical Feminist)と呼ばれるフェミニストの一部の女性たちが、MtF身体的に男性から性転換を経て女性になった人たち(いわゆるトランス女性)を女子トイレ銭湯などの女性限定の空間から排除せよと訴え始めた。

その理由とは、性転換しても肉体や染色体男性であるMtF潜在的シス女性(身体的にも精神的にも女性である人々)の脅威となり、性被害に対するシス女性不安払拭されないということだ。

中には過剰にMtF事件を取り上げて非難するような動きも起き始めた。

TERFに対してはMtF活動家抵抗し始めただけでなく、やがてジェンダー問題に詳しい大学教員社会運動家も批判声明公式に出す事態となった。

過去にはシス男性(身体的にも精神的にも男性である人々)から受ける差別に対して共闘することも多かったフェミニストMtFだが、twitter上での激しいやりとりが続いている。

TERFの中には反セクシズムの急先鋒として名をはせた人もいた。

かつて女性差別話題になった時には、大学教員から理論支援を受け、差別的な思想を持つ男性たちと戦いを繰り広げた人だ。

しかしTERF-MtF論争が燃え広がるにつれ、大学教員たちはTERFを見限った。

このことで、TERFの中には落胆の声を上げる者もいる。

大学教員たちがなぜ女性差別との戦いの局面では支援したTERFを切ったのか、弱者カースト原理によって理解できる。

かに二元的ジェンダーで見れば圧倒的に男性よりも女性の弱さが優先される。

しかトランスジェンダー(シスジェンダー)という別のカテゴリーに着目すると、弱者カーストの中でもトランスジェンダーシス女性を含むシスジェンダーよりもより弱い位置づけになっている。

弱者カースト原理では、TERFよりもトランスジェンダーであるMtFカースト上位として優先的に配慮対象となる。

大学教員社会運動家も弱者カーストに基づいて、TERFが訴え続ける不安感よりもMtF安心感を優先することにしたのだ。

実際、senbuu氏もこの問題では弱者カースト原理に忠実に従い、ラディカル・フェミニストの主張とは明らかに毛色の異なる以下のコメントを残している。

痛いニュース(ノ∀`) : トランスジェンダーとして女性認定された男が10少女強姦 スコットランド - ライブドアブログ

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1987624.html

性自認とともに性的指向女性だったと考えれば矛盾はない(性別違和かつ同性愛者ということ)。だからこの件で性的少数者バッシングしようったって、そうはいかない。ということで、あえて痛いニュースブコメ

もし社会運動専門家たちに瑕疵があったとすれば、それはTERFたちに勘違いをさせてしまたことだろう。

シス男性による差別と戦う局面で、TERFが訴える性暴力への不安感や男性に厳しい言説を専門家たちは全面的支援し寄り添った。

しかあくま専門家たちは弱者カースト下位であるシス男性への対抗だからこそTERFの言説を全面的に許容したにすぎず、同じ言説をカースト上位に対しては投げかけることは到底許されるものではない。

専門家たちが寄り添う中で弱者カースト原理存在をきちんと説明しなかったせいで、TERFの中には自分不安感にねざす主張がいついかなる時にも認められると勘違いしてしまい、刃をMtFに向ける者も出てきた。

結果として論争は混迷を極め、いまだ解決とは程遠い状態が続いている。

このような厳格な弱者カースト原理を、シス男性シス女性トランスジェンダー、そして社会問題に関心を持つすべての増田理解しておくべきだ。

2019-02-27

anond:20190227103652

私が考えているのは分断ということではなく

そのように厳密な定義要求することで議論を引き延ばして論者の疲弊を狙ったり

私のようなキモくて金のないおっさん議論が長期化することにより救済されることな健康状態悪化などで死に絶えることで

救済の必要がなくなることを狙う意図リベラル寄りの論者の方にあることが問題だと思っています

例えばポリティカルコレクトネス問題LGBT差別問題について意見が発信される際に

具体的にどういう基準でどこまでの範囲の人が困っているのか厳密に明示されないまま議論が進んでいくように

同性婚問題などもよくよく考えれば結婚を望んでいる同性愛者というのがどれほどの数存在するのか本当は自明ではありませんが重大な問題ということになっている)

厳密な定義がないと弱者の救済ができないということありませんし

キモくて金のないおっさん問題にだけ厳密な定義要求することそれ自体差別的だと思っています

時間がないのでまとまっていない書き込みになってしま申し訳ないですが

私はこのように考えています

2019-02-11

文化的盗用って西洋の自信の無さの表れでは?

西洋以外の特にアジア南米アフリカなどの文化を背景に持つファッション美術品などに対して、文化的盗用と言われたり、

ホワイトウォッシングのような言葉一般的になるなど、ポリティカルコレクトネスが広がっている。

しかし、多くの場所言及されているように、アジア人が洋服を着ても文化的盗用とは呼ばれないように、

彼らが言う文化には上下関係があり、上にある西洋は下にある他の文化をパクらないようにしようねという暗黙の了解がある。

しかし、この過度のポリティカルコレクトネスは、不安の表れのように思えてならない。

アメリカ文化すごいじゃん、他の物なんかをモチーフにしなくてもよいじゃないか

スシよりハンバーガーうまいだろ、オリエンタルモチーフを混ぜて奇をてらわなくてもTシャツジーパンでカッコいいはずだ、

という漠然とした不安の表れ。しかし、それを直接言うのはプライドが許さないので、

下の文化を盗まないようにと言っているのではないだろうか。

2019-01-10

anond:20190110193508

強者はそういう危険を受け入れなきゃならないんだよ。ポリティカルコレクトネスってのはそういう考え方なんだ。

女性だけ拒否するなんて卑怯なことは許されない。

2019-01-09

山口真帆さんのことについて

3年前にアイドルから離れた元オタクです。

AKBなどメジャーアイドルではなく、いわゆる中堅、具体的に言えばTIFのメインステージで昼間に出てくるようなアイドルですが、‪オタクは知っているけれど売れていない、というアイドルのみを応援していました。

アイドルを好きだったという過去を抱えている以上、ポリティカルコレクトネスとして女性性的搾取について正しい視点というのは持ち得ないかもしれないけれど、ただ、山口真帆さんのことはどこまでも気がかりです。

なぜなら、彼女はそういうことが起こりえないであろう、そう信じられている超大手メンバーだったのです。

彼女がそうならば、他のアイドルはどうなるのだろうか、そういう疑問に囚われてしまます

下位層であればあるほどその危険性は高くなるのではないか、と考えてしまます

いや、大手からこそ、枕営業と言われる、搾取があるのかもしれないです。ただそれは権力を盾にし女性を食い物にする男の存在、というどの事象でもありえるシチュエーションであります

それを踏まえてと、このような暴力を、身内から(これは特定されていませんが、全てを失う覚悟で涙ながらに訴えた山口真帆さんの証言を、ただの被害妄想や、虚偽だと笑う気にはなれません)‬受けてしまった、彼女のことを考えると、何もせずにはいられない気持ちになります

私はある程度マイナー、地下と呼ばれるにはファン運営嫌悪感がある、アイドル界では知られているグループオタクになったこしかありませんが、それでも、様々な、性に関する悪評は耳に入ってきました。それを知りながらただ目の前の快楽享受していた、私こそが彼女たちを本当に搾取してる存在だったのかもしれません。それでも、こうやって形を見せた搾取について、このまま何もなしに流れていくことはとても耐え難いです。

ここから、すべてのアイドルが、自らの肉体を、精神を、搾取していく存在へ、正当に逃走できる、そういう時流になればいいと思います

そして、いま、その場を享受しているオタクたちは、自分たち搾取に加担していないか、今一度それに向き合って欲しいと思います

2019-01-01

anond:20190101222601

キモくて金のないおっさん差別が解消された後にどうするかというのは

正直なところキモくて金のないおっさん差別が解消される前に私が死ぬと思っているので考えていませんでした

もしポリティカルコレクトネスによってキモくて金のないおっさんのような現在優先順位が極めて低い対象が本当に救済対象とされるような世の中なったとすれば

それはほとんど差別という概念自体がなくなっている世の中なのではないかという気もしま

それでも資本主義的な暴力によって傷付く個人というもの差別とは無関係存在しているでしょうし

そのような人々を掬いあげる新たな理論などが生まれてそれに準じて新たな主張をすることになるのかもしれません

また上のような特に根拠のない予測とは別に

私は差別が完全に解消されるなどということは実現できないと思っていてはじめから考えていないのです

なので差別を無くせという主張ではなく

キモくて金のないおっさん差別社会問題として認知されて解消に向けた動きが存在することが必要だという形で訴えています

極端な話私ははてな匿名ダイアリーのようなネットや或いは小説映画などでキモくて金のないおっさんのような存在いくら差別的な表現ヘイトに曝されていても

現実容姿差別や年齢差別によって雇用学習機会を妨げられないことや

アファーマティブアクションによってキモくて金のないおっさん雇用され十分な待遇を得ることなどが出来れば

それでいいと思っているのです

ただこの考えはあくまで私個人感受性によるものなので

同じキモくて金のないおっさんであってもキモくて金のないおっさん差別する表現が許せないという方もいらっしゃると思います

LGBTの方々などもこのあたりの問題については一枚岩ではないのではないかと思っています

そしてそれにも関わらずLGBT運動がここまで力を持っていることが本当にすごいことだとも思います

2018-12-03

anond:20181203010143

個人や知人の経験上ではLGBTの方にハラスメントを受けたことが何度かありまして

実感としてはLGBTの方々はヘテロの方々よりもトラブル発生率が高いと感じています

そのような実感によって人を差別してはいけないというのがリベラルポリティカルコレクトネスの発想だったはずですし

それは私も賛成なのです

私が希望しているのはそういったポリティカルコレクトネスによるキモくて金のないおっさん保護(具体的には容姿差別撤廃のための取り締まり等)であって

仲良くしてほしいということではないのです

仲良くしてもらうのが無理ということは理解していますそもそも相手になんのメリットもありませんし

ただ上記提案は長期的に見ればテロ抑制治安の維持などにプラスに働くしキモくて金のないおっさん以外の方々にもメリットがあるのではないでしょうか

2018-12-02

男の子プリキュアポリコレによる多様性の結果なの?

でも、ポリティカルコレクトネス称揚している人達が数年前に、男のプリキュアコス規制しろ

男がプリキュア恰好をしてると子供達がショックを受けるだろって騒いでたよね・・・

いつからプリキュア女の子のものってルールが変わったの?

公式美少年プリキュアになったら突然OKになるって、それ権威主義ルッキズムの極みだよね。

それがポリコレなの?

それにルールが変わったとして、しれっと手のひら返すのはOKなの?過去発言反省しないの?

あの騒動で傷ついた男性プリキュアレイヤーさん大勢いたのに・・・

からないにゃあ・・・

ポリティカルコレクトネス→『ポリコレ』なら

トーンポリシングは『トンポリ』かな?

トンポリって韓国にありそうな名前だな

ポリコレポリコレパリコレみたいだけどさ

2018-11-17

anond:20181117013757

キモくて金のないおっさん日本社会における被差別対象なので小綺麗にしたところで

キモい癖に必死になっているとバカにされるモラハラ対象です

喜ばれるといったことはありません

自分を貶すために書き込みをしているのではなくそういった状況を皆さんに理解してもらい一石を投じるため書き込みしています

この状況を変えるには容姿差別や年齢差別ポリティカルコレクトネスによって取り締まる社会にする必要があると思っています

2018-10-19

anond:20181019183313

そうですね

そういった被差別対象だって平等人権はあるというようなことは文字の上ではいくらでも言えます

現実ミクロ人間関係の中でキモくて金のないおっさんハゲ童貞に対するイジリに反抗することで

利益を得られる人がほとんど存在しない以上

その立場に立つ人が多数出て来るようなことは期待できません

LGBTポリティカルコレクトネスに関する運動とそこが全く違います

彼らは自分たちに協力することが社会的正義に与することであり利益になるというイメージを作る戦略が本当に上手なのだと改めて思います

2018-10-14

anond:20181014124305

わ!ただのレッテル貼りじゃんwww

差別」なんて言葉を持ち出す以上は、

  1. ポリティカルコレクトネス基準
  2. 過去の具体的な事例

を明示できなければ、説得力ゼロだよ?

 

今日増田は不作だな。

頭のいい増田がいる日といない日がある。どうやら今日はいない日のようだった。(完)

2018-10-09

anond:20181009161028

悲しいよな。

なぜか男性への容姿差別への反対をポリティカルコレクトネスに含めてほしいといってもどなたにも聞いてもらえないので悲しいです

それは女性に対しても同様じゃないか

「金が無い男=自己責任」と同じく「太ってる女=自己責任(食ってばかりで運動しない)」という味方が一般的だと思う。

ポリティカル・コレクトネスも今はまだ過渡期だから、これからもっと理解が進んでいくと思う。

anond:20181009160212

そうですね集団心理に抗って行動することの難しさはありますよね

からこそ理性によってれを自覚ポリティカルコレクトネスによって社会一定の正しさをもたらすことが必要だと思うのですが

なぜか男性への容姿差別への反対をポリティカルコレクトネスに含めてほしいといってもどなたにも聞いてもらえないので悲しいです

2018-09-28

anond:20180927171206

はてなでは容姿差別ポリティカルコレクトネス違反として取り締まってほしいというお願いをしましたが

その時は容姿で人を差別しないのは当たり前だと同意してもらえましたが

いまだにはてなでもその他のSNSでもキモい人間を叩くような言説は容認されています

職業訓練における年齢制限キモくて金のないおっさん職業選択の自由を認めない差別的な制度だという意見無視されています

2018-09-26

ポリコレ=建前

もともとポリティカルコレクトネスって単なる建前論じゃなかったのかな。

本心は別だとしても、公の場では表向きポリコレで振舞いましょうってやつ。

でも昨今は本心ポリコレ信仰してたり、他人内面までポリコレ押し付けようとしてきたりで異端尋問みたいな人も増えてきたし、ミサンドリストフェミ人権屋なんかも便乗してきたし、そりゃバックラッシュも起こるだろうよと。

2018-09-19

anond:20180919195044

id:envsです。


ヘイトスピーチ論に関してはルワンダ虐殺の例も含め、私の不勉強な面があります

ヘイトスピーチをどの程度規制するか、規制する際の法的手続をどうするか、検察刑事で訴えるのかそれとも民事で訴えるのか、民事で訴える場合誰が原告となりうるか権利制限するものから憲法に明記すべきではないかヘイトスピーチの事前抑制は認められるべきか、そしてヘイトスピーチ定義をどのようにすべきか(件の新潮45記事ヘイトスピーチか)、など、私の中で立場を決めかねている問題が多々あり、現時点で満足行く回答をすることができません。


ヘイトスピーチ規制は、ともすると、ポリティカルコレクトネスの徹底的運用による対立の深化・表現の萎縮や、ポルノグラフィティ規制論など、あまり私が望まない方向へと繋がりかねないのではないかという懸念があります
当然上記によって割を食う表現やその表現愛着を持っていた人の権利よりも、ヘイトスピーチ侵害される人間権利を守る方が重要ではないかという意見理解できます


現時点では、私の考えを上手くまとめることができません。不勉強申し訳ありません。

2018-09-15

ママであることは証明書でもないし、免罪符でもない。

https://mainichi.jp/articles/20180914/mog/00m/050/004000c

 さらに同紙は11日付運動面で、20年間セリーナ試合を見てきたという黒人男性記者が「我々はセリーナの行動を批判するときに、人種差別性差別と受け取られないか心配してしまう」と告白した。

 このあたりが多くの米国人本音だと思う。セリーナ審判感情を爆発させるのを過去にも見てきた者たちは「またか」と思った。しかし、米国では、テニス界の性差別人種差別に対して声をあげてきたセリーナ批判することは、「PCポリティカルコレクトネス)」に反するのだ。PCとは差別主義者と思われないための政治的に適切な言動だ。他国米国PCコードを共有しないので、セリーナ批判やすかったのだろう。

 スポーツだけでなく、社会でも規則は強い者が作り、適用する。マイノリティーが不当だとして抗議すべき時もある。でも今回は私もセリーナがっかりした。特に彼女審判に「私はずるはしない。娘がいるから間違ったことはしない」という内容の発言をした時だ。ママであることは証明書でもないし、免罪符でもない。

自分属性をフル活用してクロでもシロにしようとするヤカラがいたという話で、そういうヤカラは「人の親」という属性もフル活用する。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん