「却って」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 却ってとは

2017-06-17

id:maicouのくたびれはてこ化を危惧する

http://b.hatena.ne.jp/entry/h.hatena.ne.jp/maicou/299855181131497802

まあ確かに、フェミ理論を気軽に振りかざして、女の理不尽ワガママ差別的感情すらセクハラ認定する雑な女子(笑)にはほとほと困り果てるけどさ

でもそんな女がいるのはある程度はしょうがないことだし、それをフェミと強弁するのは筋違いですよ、と、

かるーくたしなめる程度で済ませておけばいいんだよ

ところがはてな政治的正しさには潔癖症なところがあるから

これは許されないと一旦思い込んだら一斉に攻撃し始めて、

まるでネットイナゴネットリンチ様相を帯びてくるところが困りもの

増田にちょいとハイクトラバしただけのエントリに、

ここまで執拗ブクマ付けて徹底的に叩いている

こうまでされると引っ込みがつかなくなるみたいなんだね、

却って態度を硬化させてしまうようだ

くたびれはてこがまさしくそんな感じだった

アイヌ差別問題やり玉にあげたところ、

はてな界隈で徹底的に叩かれて、

そこからくたびれはてこの様子がだんだんおかしくなっていった


id:maicouにもその兆候がある

メタブで「ブコメで騒いでいる連中は誤読している、読解力がない」旨の発言をしている

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/h.hatena.ne.jp/maicou/299855181131497802

これはいかにもマズい

ここからだんだんこじらせていくんじゃないかという危惧を抱かざるをえない

もうお前ら、この件は一旦収束させた方が良くないか

貴重なはてな女子なんだから、もう少し大目に見てやれよ

2017-06-14

メールを読んでもらいたい

ラジオメールを読んでもらいたい。

声優ラジオでも一般AMでも。

ふつおたとか大喜利とか。最近色々送ってみてるけどなかなか読んでもらえない。いつもの常連の人のメールばっかり読まれる。

メールを送ってなかった頃は、パーソナリティがほかの人のメールを読んでると自分も一リスナーとしてその会話に参加できているような気がしてた。

自分メールを送るようになると、今までと同じやりとりでも一人だけ輪の外にいるような感じになって却って疎外感がある。

はてなにいるオタクの人はハガキとかFAXの頃からラジオ聞いてそうだし、なんか読まれるコツとか、私も読まれことないよ!とか教えてくれると助かる。

2017-06-11

http://anond.hatelabo.jp/20170611065437

グローバルな職業はどんどん居場所がなくなっていくだろう

OSアプリちょっとしたアップデートなんかは確実に人の仕事じゃなくなる

医者はどこの国行っても医者

自動車はどこの国でも売れる

ならAIロボットやらせれればいいよね

こういう仕事却ってやばい

しか保守的職業というのは生き残りやす

みんな中国人の血が入った政治家なんて大嫌いだろ?

フィンランド人板前なんて気持ちが悪いだろ?

在日芸能人は国に帰れとか思ってるだろ?

まりいい事でもないが、日本みたいな国は案外生き残るかもしれない

政治コンピュータ任せにするかというと、流石にそれはない気がするし

2017-06-02

なぜ男はレイプするのだろうか?

自分は男。「女もレイプする」というだろうけど、ここ最近ニュースや、それ以外のことが溜まっているので、厨二っぽいことを呟かせてください。

例のジャーナリストや、AV強要といった話題が相次い亭で、表沙汰になること自体進歩だろうけど、却って気も滅入る。実は二つくらい挟んだところでも嫌な話を聞いていて、それもあってここ数日、こういうことが頭から離れない。

なぜ男はレイプするのだろうか。なぜ男は女を虐げることを喜んでやるのだろうか。世にヤリチンはもてはやされてもヤリマン軽蔑されるのはなぜだろうか。

よくレイプは性欲ではなくて支配欲だという。だいぶ前だが、当時つながりのあった人物が別の男性彼女を寝とった話をニタニタと話しているのを聞いて、心から不愉快になった。そういう実体からして、性欲と支配欲が一体になる様子は十分に理解できる。女とセックスすることが女を支配すること(もしくは他人から支配権を奪うこと)と同義で、そうであるがゆえに相手の心情を問わず暴力的セックスすることが目標になるタイプ男性がいることは明らかだ。誤解しないで欲しいのは、そういう人間は全体ではごく少数で、十分な数の男性は、(高圧的な権威欲こそあれど)暴力支配欲とセックスを切り離しているということだ。

ぶっちゃけAV好きだ。でも、レイプものは見ない。映像でも、女性が嫌がっているものを見ること、ましてや苦しんでいる姿を見るのが苦痛だ。だから、見ない。可愛い子とイチャイチャするAVが大好きだ。気持ちよくないことは嫌いだ。

性犯罪報道を聞くと、正直AVが見づらくなる。自分がまるでそういうゲス人間と同じ人間なのかと錯覚しそうになり、ヘドが出る。そうでないと言い聞かせるためにさらAVを見ようとするくらいだ。

人類が生まれてすでに数万年文明を得てからも数千年経つというのに、まだこんな身近な問題解決してないなんて、本当に呆れる。様々な宗教が性欲を強く禁じていて、自分はそういうのはきつくて嫌だけど、一方で人類を統御するのに必要措置なんではないかとも思っている。そうでないと、女性は逃げるしかなくなる。

神様、早く世の中からレイプを消し去って、男女ともに仲良くできる世界を作ってください。

2017-05-23

自分しかできない仕事で忙しい時に愚痴がはけない問題

現在体制では、自分しか出来ない専門性の高い仕事とか

他の人に任せると著しく品質の下がる仕事とか

自分しか理解できていなくて周りがただただ混乱してる仕事とか

他の人に任せようとすると、却って自分時間が取られる仕事とか

 

そういうので残業になるのがつらい

 

特に、誰かの尻拭いみたいな時

 

何で俺がやらなきゃならないんだ! → ああ、俺しかできないじゃんかこれ

何で俺がやらなきゃならないんだ! → でもやってって言ったら説明を求められるから言わない

何で俺がやらなきゃならないんだ! → そもそも周りが状況を理解できていない

 

この堂々巡り

 

ここまでいかないタスクもある

振ったほうが良いタスク、でもそういうのも疲れてると振る気力すらなくなっていく

マネージャー相談したところで、結局自分しかできないのでまるで意味がない

本来作業を後ろにずらすべきだが、「予定」も「割り込み」も「緊急性の高い重要タスク」にカテゴライズされてしまうような組織では、言う前に諦めてしま

 

作業者マネージャーを選べない

 

いや、選べるか

正社員じゃないし

 

 

ふと思ったんだけど

俺より遥かに頭のいい人って世の中にいっぱいいるけど

そういう人たちも、良くない組織に属したらこういう感じ人なっちゃうんだろうな

かわいそうというか、しょうもない

TeamGeekって本に、「安全地位まで昇進しろ」ってものがあるんだけど

こういう時いつもあの章を思い出す

Googleでさえ同じなんだ

2017-05-19

この条約が締結される頃の東アジア世界は、近代国際法を掲げながら、実際には弱肉強食を旨とする西欧列強が浸透してくる時期にあたる。当時朝鮮は清の冊封国であったが、鎖国政策を国是としていたため、国際交流は非常に限られていた。しかしそのような朝鮮にも1860年代以降国際化の波(外圧)が押し寄せ、海上から西欧諸国が訪れるようになる。朝鮮西欧列強との出会いは、概ね芳しいものではなかった。たとえば1866年にはフランス軍キリスト教徒虐殺事件丙寅迫害)の報復として軍艦7隻総兵力1000人で朝鮮江華島攻撃占領する丙寅洋擾が発生し、1871年にはアメリカ合衆国ジェネラルシャーマン事件1866年発生)の報復として軍艦5隻総兵力1200人艦砲85門で朝鮮江華島攻撃占領を行っている(辛未洋擾)。丙寅洋擾と辛未洋擾は朝鮮通商を行うための侵略であったが却って斥和碑を建てるなど攘夷につながった。

当時朝鮮政権を担っていたのは高宗の実父興宣大院君である清朝から西欧列強情報を得ていた大院君は、断固として鎖国を維持する姿勢を貫いた。これは中国における西欧側の非道を知ったこともあるが、朱子学以外を認めない衛正斥邪という思想政策積極的に推し進めたことから分かるように、大院君は中華思想的発想の持ち主であり、その点から西欧諸国夷狄視していたことも理由の一つである。その強い姿勢は「西洋蛮人の侵犯に戦わない事は和議をする事であり、和議を主張することは売国行為である」と書かれた斥和碑を朝鮮各地に建てたことに窺うことができる。このように当時の朝鮮では攘夷熱が高まっていた。

また朝鮮では、文禄・慶長の役時に、中国朝鮮を守ったため、今回も中国朝鮮を守ってくれるに違いないという立場であり、小島毅は「中国東アジア全体にとっての親分だというのが朝鮮認識ですから親分である中国自分を守ってもらおうとするわけですね」と述べている[2]。

日朝間の懸案:書契問題[編集]

他方、西欧列強が迫っていた東アジア諸国の中で、いちはや開国明治維新により近代国家となった日本は、西欧諸国のみならず、自国周辺のアジア諸国とも近代的な国際関係樹立しようとした。朝鮮にも1868年12月明治政府樹立するとすぐに書契、すなわち国書対馬藩の宗氏を介し送った。江戸時代を通じて、朝鮮との関係は宗氏を通じ行われてきたためであるしか国書の中に「皇」や「奉勅」といったことばが使用されていたために、朝鮮側は受け取りを拒否した。近代的な国際関係樹立は、はなから躓いたといえよう。

この問題は、日朝双方の国交に対する思惑がすれ違ったことが原因である日本側は従来の冊封体制的な交隣関係から条約に基礎づけられた関係へと、日朝関係を変化させることを企図したのであるが、一方朝鮮側はこれまでどおり冊封関係にとどまり、その中で日本との関係位置づけようとしていた。前近代における冊封体制下において、「皇上」や「奉勅」ということばは中国王朝にのみ許されたことばであって、日本がそれを使用するということは、冊封体制の頂点に立ち朝鮮よりも日本の国際地位を上とすることを画策したと朝鮮は捉えたのである

なお近代以前の日朝関係については朝鮮通信使に詳しい。

征韓論を唱えた西郷隆盛。ただし江華島事件及びその後の日朝修好条規締結に対して義に悖ると批判していた。

1868年以来、何度か日本から国書がもたらされたが、日朝双方の思惑の違いか両国関係は円滑なものとは言えなかった。書契問題を背景として生じた日本国内における「征韓論」の高まりに、大院君が非常な警戒心を抱いたことも一因である。また釜山においては日朝両国官僚同士が険悪となっていた。長崎出島のごとき釜山倭館限定した国交を望む朝鮮側と、対馬宗氏から外交権を取り上げて外交を一元化し、開国を迫る日本との間に齟齬が生じたのである釜山倭館朝鮮側が日本特に対馬藩使節商人を饗応するために設けた施設であったが、明治政府対馬藩から外交権を取り上げ、朝鮮との交渉に乗り出そうとした。その際、倭館をも朝鮮側の承諾無しに接収日本公館としたことから事態悪化したのである。結果、必要物資供給及び密貿易の停止が朝鮮から宣言される事態となった。

日本側も単に国書を送りつけるだけだったわけではない。版籍奉還という日本国内の難問を無事に乗り越えた1870年朝鮮との国交交渉を有利にするため、冊封体制の頂点に立つ清朝と対等の条約日清修好条規を締結した。これにより冊封体制の維持を理由に国交交渉忌避する朝鮮を、交渉テーブルに着くように促したのである

1873年に対外強硬派の大院君が失脚し、王妃閔妃一派が権力を握っても、日朝関係は容易に好転しなかった。転機が訪れたのは、翌年日清間の抗争に発展した台湾出兵である。この時、日本朝鮮出兵する可能性を清朝より知らされた朝鮮側では、李裕元や朴珪寿を中心に日本から国書受理すべしという声が高まった。李・朴は対馬藩のもたらす国書に「皇」や「勅」とあるのは単に自尊意味するに過ぎず、朝鮮に対して唱えているのではない、受理しないというのは「交隣講好の道」に反していると主張した。これにより朝鮮側の対日姿勢がやや軟化した。

条約締結までの経過[編集]

国交交渉[編集]

国交交渉再開の気運が高まり1875年交渉が行われた。日本側は外務省理事官森山茂と広津弘信、朝鮮側は東莱府の官僚交渉テーブルに着いたが、やはり書契に使用される文字について両者の認識に食い違いが生じた。この他森山洋服着用など欧米スタイルを貫こうとする姿勢朝鮮側が嫌悪感を示したことで交渉ははかばかしくなかった。交渉の停滞に業を煮やした森山4月には砲艦外交を行うことを日本政府に上申した[3]が、三条実美の反対があり、川村純義の建議により日本海軍砲艦二隻(雲揚および第二丁卯)が5月派遣され朝鮮沿岸海域の測量などの名目示威活動を展開した。その後雲揚は対馬近海の測量を行いながら一旦長崎に帰港するが、9月に入って改めて清国牛荘(営口)までの航路研究を命じられて出港した。

江華島事件[編集]

詳細は「江華島事件」を参照

9月20日首都漢城に近い江華島付近で、雲揚所属の端艇が朝鮮砲台から砲撃を受ける事件が発生した(江華島事件)。雲揚は反撃し、永宗島要塞を一時占領、砲台を武装解除し、武器旗章楽器等を戦利品として鹵獲した。この事件における被害は、朝鮮側の死者35名、日本側の死者1名負傷者1名(のち死亡)であった。事件朝鮮側が日本海軍所属軍艦と知らずに砲撃してしまった偶発的なものとされ[4]、この江華島事件の事後交渉を通じて、日朝間の国交交渉が大きく進展した。

条約交渉における日本側の基本姿勢[編集]

ボアソナード

明治政府のお雇い外国人ボアソナードは、事件を処理するために派遣される使節への訓令について、以下を決して朝鮮に譲歩すべきではないと具申した。

釜山・江華港を貿易港として開港する。

朝鮮領海航行の自由

江華島事件についての謝罪要求

またこれらが満たされない場合軍事行動も含む強硬外交姿勢を採ることをも併せて意見している。これらの意見ほとんど変更されることなく、太政大臣三条実美を通じて訓示に付属する内諭として使節に伝えられた。さら朝鮮に対する基本姿勢として、三条はこの江華島事件に対して「相応なる賠償を求む」べきとしながら、使節団の目的を「我主意の注ぐ所は、交を続くに在るを以て、・・・和約を結ぶことを主とし、彼能我が和交を修め、貿易を広むるの求に従ひときは、即此を以て雲揚艦の賠償と看做し、承諾すること」だと述べていた(強調、加筆者)。これは欧米列強干渉を招かないよう配慮すべし、という森有礼の言が容れられたものである

さらボアソナードのいう軍事行動も含む強硬外交姿勢も、日本は忠実に実行に移している。使節団一行には軍艦兵士の護衛がつき、威圧効果朝鮮側に与えようとした。また交渉が決裂した場合に備え、山縣有朋山口県下関に入り、広島熊本両鎮台の兵力をいつでも投入できるよう準備していたのであるさらにいえば、日本砲艦外交姿勢は無論朝鮮の屈服を促すものであったが、同時に日本国内の「征韓論」を唱える不平士族の溜飲を下げることも狙ったものであった。

ただこのように軍事的高圧な姿勢を表面上見せながら、当時の日本は軍費の負担という点からいって、戦争が好ましいとは考えていなかった。また戦争の発生がロシア清朝の介入を許すきっかけになるかもしれず、その点からも極力戦争は避ける考えであった。

以上をまとめると日本側の交渉の基本姿勢は、以下の二点に集約される。

砲艦外交を最大限推し進めながら、実際には戦争をできるだけ回避すること。

江華島事件の問罪を前面に押し出しながら、実質的には条約を締結し、両国の懸案で長年解決しなかった近代的な国際関係樹立すること。

また対朝鮮政策は、実質的には朝鮮宗主国である清朝政策でもあり、清朝干渉をなくすべく事前に清朝の大官たちと折衝を重ねることも日本は行っている。19世紀欧米列強アジア侵略に対抗するため、清朝朝鮮ベトナム琉球などの冊封国保護国化あるいは併合することによって皇帝を中心としたアジア伝統的な国際関係をそのまま近代国際関係へと移行させて清の地位と影響力を保持しようとし、冊封国に対して保護国化、モンゴルチベット新疆などの保護国に対しては植民地化を強めようとしていた。

この時期の東アジアは、日中朝そして西欧列強の間における複雑な絡み合いが相互作用する場が形成されつつあった。日朝間の国交交渉再開もその結果としてもたらされたものであると同時に、また別の歴史事象の原因でもあったのである

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518161424

匿名ダイアリーを2、3日埋めつくすってやり方が下手過ぎるだろ

結局、とっちらかって元増田たちが何が言いたかったのか意味不明になってしまったし

飽きたら連投終わり

興味のない人、少し興味が有ったぐらいの人は却ってこの話題への嫌悪感しかまれない

2017-05-13

文章とか、お金とか。人とか。

この長さの怪文書を投稿することにためらいはあるけれども。

偶には、言いたい事を思い切り言ってもいいかなと思う。

商品」としての文章

まず自分のことを書くと、稀にしか更新しない覚え書きのようなブログをやっている。あと好きな文章を書く人は結構な頻度でチェックしているくらい。

自分新参だけれど、新しいタイプブロガーの人が使う、押しが強めの手法がじゃっかん苦手である

新規ブログを始めた際、こちらのブログは全く読まずに(本人には割と分かるものです)、宣伝のためにスターを付けてくる人が一定数いる。まあ当然、興味を持たれる文章を書けないこちらに非があるわけですが、「貴方のことは気にならないけど私の書いた文章はぜひ読んでくれ」と受け取ることもできる。

露出を求めて「記事お題」を引用し、全く関係のないことを書く人も多い。例えば「雨の日グッズ」というお題を引用しておいて、いつもの調子日記を書く。露出したいのは分かるけれども、そのばあい読者が読みたいのは傘や長靴の話であって、職場愚痴とか趣味の紹介とかではない。

あと、リクルートの適職診断、またはリクナビNEXTのグッドポイント診断を薦めるエントリ。MIIDASの適正年収診断、dTVの紹介。日常会話みたいな感じでお勧めされるんだけれど、あれは紹介料が入るからやっているのだそうで。道理で数が多いと思った。…あれはステマにはあたらないのだろうか。「PR記事」とかの表記がない分、「選挙前にさりげなく電話をかけてくる友達」みたいな感じがして、個人的には警戒してしまう。

CGMは、そのコンテンツの持つ価値判断が難しい、とは思う。それは人によって違うし、ネットでの人気には「親しみ」も大きな要素である

ただ分かりやす基準として、例えば、寄稿出版の話が来る人にはそれだけの実力と、その人固有のブランドがあるわけで。

なので余計に、「とりあえず100記事書きましょう」「SEOを勉強しましょう」「PVを稼ぎましょう」と、クリックしてもらうことに血道を上げる風潮がどうもよくわからない。読み手客観的価値提供できているのかな?と、不安になることはないんだろうか、と。(言うまでもないことだけど、価値がある/ない、という話ではない。「価値のものさしはどこにあるのか」という話)

ここで、いやらしくも。商業文章出版物の話をする。

はてなの人なら、自分なんかよりよほど熟知されていることと思うけれど。執筆され、編集の手が入り、校正されてデータ印刷所に渡り、取次を経て本屋に巡ってきたり電子書籍になる、それだけの手がかかった、色々な「出版物」は本当に凄いなと思う。

個人がもっている「有益情報」には限界がある。取材して一次情報にあたるプロに、正確性や量で比肩するのは正直、むずかしいのではないだろうか。

比肩しなくてもいいけれど、そこから発生する「収益」は最大限にしたい、というなら、それはインターネットが役に立たなくなるわけだと思う。

媒体が紙でもネットでも同じことで、例えばキッコーマンサイトを見ると、料理の基本から旬の料理から詳しく載っている。歯の健康について知りたいときは、クリニカ辺りのサイトが役に立つ。商品の紹介記事しろエッセイしろ企業がやっている媒体掲載されている文章をみると、何歳ぐらいのどんな経歴の人が書いているんだろうと思う。

コード料理商品になるように、文章もまた商品として存在することは確かだ。ただ、コード個人お金にするにはそれなりの手順が必要だと思うけれど、文章はなぜか、個人ネットに上げるだけでも「儲かる」。

他にも、ネットにアップするだけで儲かるものは色々あるけれど、合法かつ元手がかからず、特に技術習得をしなくてもできる「稼ぎ方」として、「文章を書く」というのは確かに適しているのだろうとは思う。

個人メディア」ができること

ここまでを踏まえて。「商業クオリティ情報量には敵わないが(※ケースバイケース)、読んだ人に満足を与えるような文章を書き、お小遣い程度の利益を得られる、Win-Win取引(読者が読む時間によって「収益」を発生させるなら取引みたいなものではと思う)」を考えてみる。(ものすごく飛躍しているような気がするけど気にせず進めます

商業ではなく、市井個人が書くことに意味がある文章とは何か。

それは、「その人にしか書けない文章を書く」ということではないだろうか。

別に個人情報を晒せということではない。出身地職業家族構成は確かに、その人を知る大事情報だけれど、同じような属性を持った人が世の中にはごまんといる。

他者から客観的に見た自分」と、「自分演出したいキャラクター」には、往々にして懸隔がある場合が多いと思う。シニカルに渋く決めているかと思えば、愚痴悪口を書いてしまったり。写真にお洒落な加工をしていても、背景がどうも決まっていなかったり。「本当の自分らしさ」は、他者からの反応や自省によって得られるもので、見たくもない自分を見せられることも多いし、自分評価されたい項目と他者から評価される項目が違ったりもする。

それでも。「自分の良いところ、推せるところ」を見つけて、「それによって他の人を満足させ、楽しませる」ことが、「個人としてメディアをやること」の強みなのではと思う。

その人にしか言えない言葉、できない話。培ってきた価値観文章テンポ言い回し自分なりの軸による知見や考察。人によってはイラスト作品。例えブログ名や使っているテーマを変えても、文章ならば増田に書いても、「ああ、あの人だ」と分かってもらえるかどうか。

「その人にしか書けないブログ」こそが、個人ブログ存在意義なんじゃないだろうか、と。

商業に出来なくて個人ブログならできること」は多くある。言及合戦ボールの打ち合いもそうだし、商業の連載や肩書を背負ったブログと違って、思ったことを好きなように、題材も自由に書ける。

日記を見ると、今日したこと、最近興味のあること、生活感情の移り変わりを感じることができる。例えば料理写真ブログであっても、書いている人のキャラクターが違えば、受ける印象は全く違う。

「その人らしさ」が感じられるなら、面白くないブログなんてひとつもない。どんな個性でも、ネットに上げれば一人くらい、それを楽しんで、好きになってくれる人がいる。それがCGMの良いところで、インターネットが普及した利点であると思う。

さらに言えば。有名ブロガーの人たちを見ていると、やっぱり「読者を楽しませること」にとても力を入れているなと感じる。

スタイルは人によって様々だけれど、重い段落がつづくとその人のやり方で空きを入れたり、ボケてみる。自分の愛されている分野以外のことはあまり書かない。反応がよかったらまた掘り下げる。とか。(まあ、こうやって分析されるのも嬉しくないのかもしれないけれども。)

当たり前に、お互いがWinWinになっている関係で。それは愛されるよなあ、と感心したりする。

交流勢について

互助会」という言葉について書くにあたり、ブログをやっている人を便宜的にタイプに分けます

A)古参はてダ時代からやっているような人。総じて文章が上手い。更新頻度は低め。交流はあまりしない。

B)新参。好きなことを書いてあわよくば若干の収入を得たい感じ。更新頻度が高い。交流が好き。

C)アフィリエイター。以下のようなタイプがあるように見える。

ガチのアフィの人。それなりの戦略があるタイプ。「かわいい画像!」とか「速報・芸能ニュース」とかそういうやつ。よくダッシュボードの右に載っている。他にも色々やっていると思われる。

・何を考えているのかよく分からないタイプ。ほぼ中身のない記事にひたすら広告を貼る。偏狭そうな人が多い。

・「ブロガーとして」明確に互助を目指し、ブクマ不正している、らしい。偶に増田告発されているけど割とスルーされている印象(興味がないのでよく知らない)。

よく見かける「互助会」という言葉は、B)に向けて使われる。「お互いのブクマコメントブクマ数を稼いでいるんだろう!」というやつ。

でも、実際のところ。「当たり障りのない敬語コメント」は、「相手好意をもっていて話しかけたいから」「交流が楽しくて」やっているのだと思う。

その証拠に、「スターブクマフォローしたけど返してくれなかった!PVが伸びない!」なんて愚痴を書いている人は誰もいない。(このクラスタは素直な人が多いので、そういう気持ちがあったらたぶん正直にそういう記事が書かれ、誰かの目に留まるのではないかと思う)

ブクマしてほしい」という気持ちももちろん多分にあるだろうけれど、自分リアクションするにあたっては、利益を期待してやっているんじゃない、と思う。

嘘だと思ったらそのへんの、自分が「互助会」と呼んでいるブロガーに聞いてみたらいい。相手言葉をなげかけるのが楽しいから相手のことが好きだから。たぶん、思うより多くの人が、そう答えるのではないだろうか。

そうはいっても、はてブ的には馴れ合いコメントは確かに鬱陶しいだろうと思う。では、コメント欄を使えば解決する話ではないのか、とも。

そう考える人はもちろんブログを書いている側にもいて、読者に向けて「ブクマでなくコメントで交流しませんか」という提案をするブロガーもいる。読者が何百人レベルになってくると、はてブ側に気を遣ってのことだと思われる。

Twitterとの連動など、利点はあるようだれど。言葉をかけたいだけなら、ブロガー本人が「互助会」と叩かれるリスクをとる必要もないのではないかコメント欄もっと気軽に使っても良いように思う。

もうひとつ別にお互いに便宜を図っているわけでもないのに、「互助会」と呼ばれるのは何だかおかしい気がする。「交流会」「ひつじ会」とかのほうが実態を表しているのではないだろうか。(「ひよこ会」とかでもいい。何かかわいい名前がいい)

マネー勢について

で、じゃあ「スターブクマフォロー利益を得ることを目的とした行為」はないのか!というと、うんざりするほどある。

C)のアフィリエイター系。これが本当にしつこい。見るからに書いていて楽しくなさそうな、NAVERまとめ的なブログからリアクションがそこそこの頻度で来る。凄かったのは、同じ記事に2度3度つけてくる人。無言でそれをやられても、ただ気味が悪いだけで、何かを返したいとは思えないのだけれど。

相手の人格や思いを無視して、金銭のためにブクマをつけて何が楽しいのか、と。他人の顔が札束しか見えていないような、うわべだけの文章を読みたいとは個人的には思わない。まして広告クリックなんてしない。

これは自分に矛先が向くことを恐れているとか、好きな人擁護したいとかでもなく、単純にクラスタの分類として。交流勢よりも、こういった「機械的な無言のリアクションによって、露出や返報を期待する」アフィリエイター勢のほうが、真に「互助会」と呼ばれるに相応しいのではと思うのだけど、どうだろうか。

ネット上で、文章で稼ぎたいのは勿論、悪いことではない。でも、個人的に読みたいのは、誰でも書ける情報のまとめとかではない。

アフィリエイトをやっている人であれば、どうしてそれを始めたかとか。情報収集はどうやってしているかとか。ライバルはいるかとか、作業するときにかけている音楽とか。その人にしか言えない言葉面白い話。そういう文章が読んでみたい。

「読む側」としてのスタンス

はいえど。面白かったり為になる文章無料で読みたい、というのもある意味、何というか難しい話だとは思う。

医学辞典なんて手元にないかネットでいいや、とか。先述のように、企業宣伝のために作成しているページを利用する、とか。「ネット」と書いたけれど内訳は、キュレーションサイト個人がアフィ目的で作ったサイト質問投稿サイト個人ブログのどれかが引っかかることが多いのではないだろうか。

それが確実な情報源でないことは、もちろん周知の事実である。それでも取り敢えず適当情報がほしくて検索する人がいるから、それにあわせて少ない労力で情報を供給し、利益を得ようという流れが自然に出てくる。

「分かりやす出所の確実な情報」ならば、上述のように、出版業界商品に頼るのが却って近道ではないかと思うことが最近増えている。「集合知」は確かに無料だけれども、「文章」にクオリティを求めるならば、書籍を買うか図書館に行けばいい。紙が面倒ならデータの形で入手すればいい。

商業としての出版を信頼しているから、例えば某警察官やめたブログ暴露されていたように、CGMのふりをして売名する商業があるとしたら個人的には少し悲しい。プロとして作り上げたものプロモーションされたものに、正当な敬意を払いたい。

…ここまで書いてきて心配になったのだけれど、出版業界の回し者ではなく、ごく普通の読書好きのオタクが書いています。信じて欲しい、としか言えないけれども。

逆に言えば、ネットで、商業ではなく個人が発信するとき、それは受け取る側となんら変わらない、「普通の人」なわけで。文章を発信する側は全ての責任とリスクを負うべきで、受信側は何を言っても良い、ノーリスクハイリターンな立場である、とは自分には思えない。

ネットを使っている人であれば誰でも、ある程度の文章は書けると思う。たまには「発信側」になってみるのも、悪くはないんじゃないかと思ったりする。

同じ人間が一人としていないならば、誰にでも、「その人にしか書けない文章」があるはずで。私はそれが読みたい。

色々書いてきたけれども、これが正しい見方であるとは自分で思っていない。誤りや偏りの指摘も含めて、議論一助になればと思う。

2017-05-06

父が自分より少し上の女性AVを持っていたら

父がAVを隠し持っていた。

パッケージを見る限り若い女の子が出ているらしい。

母以外の女の人で抜いているなんて思わなかった。

自分より何世代も下の女の子発情するなんてキモい

このAVに出ている女の人は、私より何歳か上に過ぎないと思う。

そんな人が出てくる動画を見ているなんて。

私を見る目が時々やらしいことを知っている。

じいっとおっぱいを見ることがある。

私が視線を父の方に戻すと、そんなとこは見てなかったかのように振る舞う

男の人は胸に興味があるのは知っている。

娘の胸を見ることをしなくていいんじゃないか。

普通に接している時はなにもないけど、ふと気が付くとジッと胸やお尻を見ている父を知っている。

実の娘のおっぱいも気になるのかな。

性的な目で見ているなんてないと思う。

でもそれなら胸なんて見ないと思う。

男の人だから自然に目が行くのかな。

そうと思う。

年相応のものを持ってほしいと思う。

まり若い娘の出るAVなんか見ている場合じゃない。

おない年ぐらいの女性が出てくるのがいいんじゃないかな。

おない年ぐらいの女性なら熟女もののAVになる。

けど、それはそれで気持ちが悪い。

若い女の人に目が行かないなら却って心配になる。

けど自分とおない年くらいの女の人が出てくるAVなんて見てほしくない。

要は葛藤している。

自分より少し上ぐらいの女の人の出てくるAVを父が持っている。

そんなものを見て興奮する父を考えたくない。

家に同級生とか連れて来づらくなる。

2017-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20170502174946

少なくとも指摘すれば、その事については大概の人は黙るようになる

指摘されて却って発狂して騒ぐような狂人なら本物だから、放っておけばいい

2017-05-01

http://anond.hatelabo.jp/20170501001621

わたし専門家ではないが,双極性障害人間うつ病の薬は飲んではならない(飲むと却って躁・鬱の振れ幅が大きくなる)と複数の本で読んだことがある.

今かかっているお医者さんに行きづらいのならば,セカンドオピニオンのつもりで,別のお医者さんに相談してみるのも手かも知れない.

2017-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20170408201211

へー

lengthと最後の要素のインデックスが一致するから

もう

for(i = 0;i<len(array);i++)</p>

みたいなので慣れてしまたから俺は却って間違えそうだが。

まあ1始まり言語はiterativeな要素をリストとして返してそれぜんぶにt

だるくなった

適当に補完しといて

2017-04-04

彼氏と初めてホテルに行ったら吐いた。死にたい

20台半ば女です。

先月から大学時代友達とお付き合いを始めました。

お互い経験あるのは知っていたし、付き合い始めたんだし、今度デートする時にセックスするかという流れになったんです。

それで当日、顔合わせた瞬間からお互いに超緊張してるの。付き合った経験無い高校生カップルかってぐらい。お互いに長年友達だったので、却って緊張しちゃったみたいです。

彼氏が、情けないけどこれだけ緊張してると勃たないかも、などと申告してくるので、私も緊張してるし、軽く飲んで勢いつけてホテル行こうってことに。

普段彼氏のほうが飲むんだけど、飲みすぎるとそれはそれで勃たないから、と彼氏は控えめ。

逆に私が彼氏に勧められるままについついグイグイ飲んじゃって(彼氏自分意識して控えるモードだと人にお酒勧めるのが上手い人なんです)。

私酔っ払う。記憶はあるけど歩くのがつらいくらい。

彼氏が気を遣って、そんだけ酔ってるなら次回にしようか? と聞いてくれて、今にして思えば素直にそうすべきだったのですが、変に意地になっちゃって、行こうよ! と私が言い張ってホテルへ。

部屋に入ったところで気が抜けたのか私盛大にリバース。私のコートが死んだ。私も死にたい

彼氏風呂場でコートを洗ってくれた。死にたい。やっぱりこれクリーニングに出さないとダメだねーとか言ってるよ。死にたい

  

そのあとセックスしてタクシーで帰りました。

2017-04-02

虐めてきた奴らのヨダレ面を思い返してみれば

あの種の狂犬らに長い間苦しめられたと言って死んでも

却ってわざわざ喜ばせてやるのみで得るところはないので、

生きているという事実復讐してやろう 

楽しい生活などというもの漫画の中の虚であって見せかけ

人の親切は人をからかうためのもの

まあみろ殺せなくて残念だったな

2017-03-29

サヨクに足りないのはチカラ

森友の件、相変わらずどっちもどっちだな

ただサヨク権力を叩くことがとにかく重要と思っているか必然民進には評価が甘くなる

サヨク本人らの自意識の中では民進よりも政府をより強く叩く、というつもりなのだろうが、

反対勢力からすれば民進の杜撰さに対して甘い・忖度している、と映るのであろう

まあ土地問題はどうかとは思うが、

権力クリーンなわけねーっだろって思うし、ぶっちゃけどーでもいいとも思うわ

土地口利きなんてふつーにあんじゃねーの

ましてや童話利権が関わってるっていうならなおさらだ

ロッキード事件みたいにアメリカも巻き込んだり、

リクルート事件みたいに大勢政治家官僚が絡んだりってほどのものでもないだろ

それよりドサクサに紛れてミサイルどんどこぶっ放してる北朝鮮問題とか

働き方改革とか言ってっけどまともな中身なのかそれとか

やることいっぱいあんだろと

それに100歩譲って政権打倒のために今回のスキャンダルを目一杯利用するってのも戦略としてアリとはしよう、

だがそれにしちゃ民進は明らかに力不足も甚だしいよ

何やってんだこいつら無能だなー、という感想しかない

民進を支持しているサヨクの連中も、力不足の民進を批判したりすることもなくただひたすらアベガーアベガーと繰り返すばっかり

勝てるわきゃねーだろこんなんで

サヨクに足りないのはチカラだチカラ

罵倒ボキャブラリばっかり達者で、

敵の弱点をクリティカルに突いて相手を追い詰めるという戦略的なチカラが圧倒的に不足している

仲間を増やしてよってたかって敵を罵倒し続ければ相手を倒せると思っている

ガキのケンカみたいなことやってんのがサヨク

そのやり方が幼稚だから仲間も増えずに、却って自分たちに対する罵倒が増えているという始末

それに対してまた罵倒を繰り返して、

はいつまでたっても倒せないばかりか増える一方

何やってんだろうなこいつらほんとに

今の安倍政権がいいとは思わんが、こんな無能サヨクよりはマシだよ

まあはてなでこんなこと言っても通じはせんだろうがな・・・

2017-03-26

弁護士業務の密かな歓び「陳述書」

弁護士として仕事をしていて,楽しみな仕事が「陳述書」だ。

これは,当事者の言っていることを(訴訟に不利にならない範囲で)自由に書いて良い。

裁判所に対して主張をアピールするのは「準備書面」で,これには法的に理屈の通る主張や反論を書くことになる。

依頼者が主張したいことでも,なんでもかんでも書くと,法的に理屈が通ってないことにより却って不利になることもあるから

そういう場合には依頼者に対して「気持ちは分かります裁判に勝ちたかったらそれは言わない方が」とか「少し主張の仕方を変えて」とかサジェストすることになる。

当然,依頼者は不満をためるし,下手をすると「オマエは俺の弁護士だろ,俺の言うとおりやれ!」なんて依頼者もいる。

陳述書は違う。

明らかな嘘や,逆に正直すぎて決定的に不利な供述は書けないけど,そうでなければ依頼者の言うとおり書くことが出来る。

これが最高に楽しい

陳述書は,依頼者に話を聞いて,まとめたのを弁護士が作って,依頼者に見せて問題なければ署名押印をもらうという手順で作っているのだけれど,

依頼者に見せた段階で「先生,こういうことが言いたかったんだよ。上手くまとめてくれたね」なんて言われることがあって,密かに歓びを感じたりする。

まあ,陳述書で依頼者の好き勝手を書いているときってのは,もう訴訟では負け筋だからガス抜きしてるって場合も多いんだけどさ。

2017-03-20

森友問題が、懸念しているとおりの展開になってしまった

私はこの問題、とにかく土地問題の正面突破のみをやるべきと考えていた。

かなりでかいヤマであり、しっかりと証拠を積み上げていけば、安倍政権の首を取ることも可能だと考えていた。

唯一にして最大の懸念は、野党側の追及の下手さ加減。

証拠がためもせずに拙速に走ったり、テレビ映りや世論煽動目的とした批判のための批判などの展開をされたら、

却って安倍政権に有利になるような敵失状況が生まれるのではないか、ということを懸念していたが。

果たして完全にそのような流れが出来かけている。

菅野完が出てきた時点で相当やばかったのだが、

政権批判的なはてブユーザーも、民進党と同じく、

本人の資質に対するリスク過小評価して、ただひたすら蛮勇で突撃することを目的としていしまっていた。

「おいおい、菅野完なんか出てきて大丈夫かよ」という慎重さが、無かった。

しろ彼をいっぱしのジャーナリスト扱いする向きが多勢だった。

そして今度は赤旗誤報を出した。

これに対してつくブクマがことごとく保守右派系のユーザーばかりで、

安倍政権打倒を旨とする人々の釈明や懸念といったものが皆無だった。

これこそ、戦局悪化に対する反省ができず、

ただひたすら一億総玉砕ブレーキも効かずに特攻していった大本営愚策のものではないか

安倍政権野党のこのグダグダを見逃すはずはないだろう。

せっかく千載一遇の追い詰めるチャンスを、

戦略のなさでもったいないほど毀損している。

安倍政権側が劣勢なのは変わらないし、世論調査でも軒並み支持率が下落している。

まだまだ攻め入る隙は十二分にある。

ただここで追求する側も変わらないとするなら、

自民党の劣勢もいつまでも続くことはないだろう。


残念ながら、追求する側が変わるとは私にはどうしても思えない。

からこそ、たくさんの綻びがあるような安倍政権の長期在任を許してしまっているのだろう。

これほどまでに穴だらけの自民政権を打倒できないようなら、

この日本野党はその自民政権以下との無能烙印を押されるのもやむを得ないことだろう。

2017-03-09

就活恋愛と同じだと言うのなら

よく就活恋愛に喩えられるけれど、恋愛と同じなら志望動機なんてそれこそ「何となく」でいいと思うんだけど…

だって恋愛だったら、相手を選んだ理由として条件を並べられたら却って引かないか

顔がいいから、収入がいいから…そんなのいつか失うかもしれない。

それなら何となくいいと思ったからの方が好感持てるんだけど

2017-03-03

あらためて考えるとワケわからなくなる、という話。

事情英会話学校への入学を考えていて、体験レッスンに行った。

 

まずはレベルチェックでネイティブ講師と会話したり、質問を受けたりした後で

日本人事務員から自分レベル解説された。

その中のチェック項目で「(日本人が苦手だとかいう)LとRも区別できてます」と言われたんだけど

(そう言われたんなら、できているんだろうけど)

そもそも自分区別しているとか、できるできないとか自体を考えたこともなかったので

「え、LとRの差…??? ってなんだっけ? 自分はいつもどう発音していたっけ?」と

却って迷うようになってしまった。

2017-02-24

国有地売却

そもそも国有地却って、だいたい相場よりかなり安く売られてるみたいだけど

そこに問題はないんだろうか。

法律漫画一般サラリーマンでも家建てるために普通に買えるみたいに紹介されてたし。

まあ役所とかで普通でない手続きしなきゃいけないという面はあるけど、書士費用の一部国持ちなんだから

その程度の手間で数百万円浮くって構造自体がアレなのではと。

2017-02-14

何がなんでも責任を取らせようとするから却って見苦しい責任逃れを産むんだよ

いま為すべきことは果たしてそれなのか

2017-02-12

過労

長時間労働とか人数不足もあるけど、IT化や効率化で却って時間の余裕がなくなったり仕事が増えて忙しくなるってところもあるのかもしれない。

今まで8時間かかってた仕事が4時間で出来るようになっても一日4時間労働とはならずに8時間労働仕事量が2倍になるだけだし

無職日記

 まず、スマホをやめることにした。仕事電話メールはもう来ないし、妻や恋人はおろか、親しい友人さえいないのだから、誰に気兼ねする必要があろう。思えば、朝は天気予報を調べ、通勤中はニュースを読み、昼はゲームに興じ、帰宅後は着信を知らせるランプを頻りに確認するのが、働いていた頃の日課となっていた。それに比べて、現在たいへん快適だ。さすがに貯金も心細くなりつつあるので、そろそろ職探しに本腰を入れるつもりだが、また働き出しても、できる限りスマホから離れた生活を送りたい。このご時世では中々難しいだろうが。

 次に、鏡を見ないことにした。現代社会には鏡に毒された人間が多い気がしてならない。なるほどメイクやらスキンケアやらで多忙女性が身だしなみに敏感になるのはある程度はやむを得ない。大体、鼻毛が飛び出ている女とのデートなんかお断りだ(無職とのデートなんかお断りよと聞こえてきそうだが)。しかし、自らの容姿を念入りに観察するような男には、どうも違和感を覚える。そんなに見惚れるほどでもないのに。そんな暇があったら中身を磨けばいいのに。と言っても、仕事中は何より外見を重んじていた私に、彼らを批判する資格があるかどうかも疑わしい。出勤前には寝癖のチェックが欠かせなかった。昼食におにぎりを食べたらお手洗いに行かねば気が済まなかった。或いはこれはビジネスマンとして当然の振る舞いなのかも知れない。ただ、私は少し疲れてしまった。誰とも会わない今なら、髪がボサボサだろうが歯にノリが付こうが一向に構わない。実に清々しい。

 そして、髭を伸ばすことにした。人生初の試みである。頭の隅に浮かんだのは、エイブラハム・リンカーンまさか彼みたいな美髯を目指すほど私も阿呆ではあるまい。単なる憧れだ。少年のころに図鑑の中で触れた、第16代アメリカ大統領の威容は、今なお私の脳裏に鮮やかに焼き付いている……と、ここまで書いて、我ながらちょっと呆気にとられてしまう。私は無職になって、悲しむどころか、むしろこの状況を楽しんでいるかのようだ。楽観主義も度が過ぎれば身を滅ぼす。けれども、信じられないかも知れぬが、私は実際、ほとんど常に悲観的であった。考えれば考えるほど思考は悪い方へ傾き、夢も希望も見出せず、自暴自棄に陥る。他人との比較が癖になり、酷い劣等感に悩む。「怠けた頭は悪魔仕事場」という外国の諺には、一つの真理が含まれるのではなかろうか。私は毎日悪魔暮らしているようなものだった。

 ある夜、都心の休憩所のベンチに腰掛けコンビニで買ったアメリカンドッグシュークリームを食べていた。妙な取り合わせだが、たった二百円でできる贅沢は他に無い。いや、正直に告白しよう。懐が寂しかったのだ。無収入生活がいつまで続くか見通せないため、財布も満足に使えなかった。林立するビルディングの明りの下を、仕事帰りのサラリーマンOLが、揃って足早に過ぎてゆく。車や電車の走る音がかまびすしい。デパートの買い物袋を提げた婦人たちの笑い声が耳を打つ。ふと、「どうしてこうなのか」、と思う。孤独を感じた。大都会の喧噪が却って私を独りにするようだった。周囲のベンチに座っているのは、単独の人が多いようだけれど、誰かとメッセージのやり取りでもするのだろう、彼らはスマホを熱心に操っている。私の存在に気付く人など何処にもいない。だが、ここで泣き出す訳にもいかない。

 その後も無為徒食の日々は変わらなかった。公園の木陰でぼーっとしたり、広場に群がるハトを眺めたり、日が暮れるまで彷徨したり、諸方の社を参詣したり。どこへ行っても充たされず、空腹は甚だしくなる一方で、足はいよいよ痛くなる。かといって、すぐに働く気も起きない。虚しかった。行き着いたショッピングモールトイレで用を足し、自らに課した戒律を破って鏡を見ると、生気に乏しく、いかにも自信のなさそうな、無精髭を生やした男が一人、救いを求めるような表情で立っている。そこにリンカーンの姿は無かった。足を休める場を求めて店内をさまよう。が、既に老人らが座を占め、熟睡しているらしい。安心しきった寝顔にみえる。帰りの難儀を憂えつつ、やむなく出入口へ引き返す。「いらっしゃいませー」「ただいま30%引きでございまーす」という若い店員のいきいきとした調子がなぜか辛い。女子学生愛嬌も、年配夫婦の微笑みも、母に抱かれた赤子の眼差しも、私には全てが辛かった。ようやく家に到着してテレビの電源を入れれば、アスリートの勇姿を目にするたび、怠惰自分を痛感し、アナウンサーの顔が映るたび、鏡の自分を想起する。私の居場所はいずこにありや。やがてテレビも見なくなった。

 さて、私はこの日記を「吾輩は無職である名前は言えない。」で始めようかと思った。己の憐れを笑い飛ばせるくらいの朗らかさが欲しかった。ところがこの通り、筆致はだんだん暗くなっていく。まあ無職から仕方ない。最後に、ついこの前、海へ行った話を綴って、明るい気持で筆を擱こう。それは、とてもよく晴れた、穏やかな日だった。太陽の光が海のおもてをきらきらと照らし、寄せてはかえす波の音がたえまなく響く。突堤で腕組みして獲物を待ち構える釣り人、のんびりとウォーキングを楽しむおばあさん、浅瀬に浮かぶカモの群れ、軽やかな足取りのミニチュア・ダックスフント、波打ち際できゃっきゃ言いながら貝殻を拾う女の子と、それを嬉しそうに見守るお父さんお母さん。おや、あそこの男の人は、どこか悟り澄ましたような目つきで大洋のかなたを遠望している。同志だろうか?(失礼)

 「明るい気持で筆を擱こう」と書いた。でも、このかぎりなく静かで、平和海岸に臨み、やわらかな潮風に身を任せていると、明るさも暗さも、楽観も悲観も、全部きれいに吹き払われて、どこかへ行ってしまう。不安や焦燥はしぜんに消え去り、自分無職であることさえ、いつしか忘れている。そこには何もない。あるのは広い海だけ――青空をのびのびと泳いでいるのは、カモメカップルだろうか。仲睦まじく羽を交わしている。幸せそうでちょっとむかつくけれど、もう人(鳥)と比べるのは止そう。カモメには、カモメカモメによるカモメのための鳥生があり、私には、私の私による私のための人生がある。お前らは、勝手にいちゃいちゃしてればいいのさ。

2017-02-09

港区女子」を「新垣結衣」に置き換えてみたら全然モヤモヤしない。

東京カレンダーネットうんこを撒き散らし続けているウメキが妙なモテ自慢エントリーを書いている。

鮨さいとうに、誘う女 https://note.mu/umeki/n/nd4d2cad41eb7

すごくモヤモヤする内容だけど、ちょっとした工夫でモヤモヤ感は消えるし、ウメキのウンコさが香り引き立つ感じなので、ご提案したい。

ちなみに元の文はこれ。

--

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ一介の港区女子がサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは女だが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

--

新垣結衣さんに置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ新垣結衣さんがサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのはガッキーだが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

モヤモヤするものが全くない。払う、払わないとかそんなことは誰も気にもしない。暗黙のルールなんて沸き立つ間もない。ガッキー正義。】

篠崎愛さんに置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ篠崎愛がサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは篠崎愛だが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

【なぜ焼肉じゃなく鮨なのだろう、とか、水着で来てくれるのかな?とか思う。】

友達美人女医に置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ友達美人女医がサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは友達美人女医だが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

【全部払ったら却っておかしい。お支払後、自然に割り勘分を渡されそう。まあ、友達美人女医なんて空想上の生き物ですが。】

年老いた母に置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ年老いた母がサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは年老いた母だが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

【めったに出来ない親孝行なんだから、払う、払わないの問題じゃないだろ。母がどんなに頑張って息子のために予約を取ったのかと思うと涙が出てくるわ。クソみたいな話にしやがって。このウンコ野郎

広瀬アリスさんに置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ広瀬アリスがサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは広瀬アリスだが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

アリスちゃんは多分財布を出す。で、なんとか引っ込めさせて、ニコニコしながら俺が払う】

広瀬すずさんに置き換えた

食べログ全国1位になったこともある店の予約を、なぜ広瀬すずがサクッと取ってこれるのかという疑問だ。もう一見さんでは予約を取るのがなかなか難しいことでも有名である

次に、一般人が予約がとりにくい店に「行かない?」と誘ってくるという点。相手女性は、決して年上の美魔女ではない。誘ってきたのは広瀬すずだが、会計は男持ちという暗黙のルールが我々2人の間には漂っていた。

モヤモヤする。圧倒的なモヤモヤ感。払うつもりないだろお前。つうか、払ってくれる人なら誰でも良かったんだろ。】


と、いうことで、「港区女子」は「新垣結衣」に置き換えればなんの問題もないし、「広瀬すず」に置き換えると理解が進む、ということだ。

2017-02-06

目薬のアロマオイルが欲しい

あの鼻に突き抜ける感じのアロマが手軽に味わいたいのです

目薬を指しすぎると却って毒だと思うので、アロマ社の人お願い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん