「クラスメート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クラスメートとは

2021-08-03

「私の全部・・見て・・・触って・・・

ふむ、ならばオマエの心、記憶も見せて触らせてもらおう

ふむ・・・おまえは小学生ときクラスメートいじめていたんだな

どす黒い汚い心だ

最悪だな

別れよう

2021-08-02

京アニ見て「すごーい原作に忠実だー」とか思えるファンしかいないなら原作レイプでかまわんだろ

タイトルの通りだが。

京アニ原作レイプも大概にしろってレベルレイプ連発してるよね

 

けいおん第一期は日常ゆるふわとかけ離れてて、豊崎愛生が家でめっちゃ練習してるシーン入れて部活努力もの要素ぶっこんでるし

頻出するウサギとカメモチーフは「亀の歩みでちょっとづつ練習して形になってる」って意味合いだし

最終話はそういう努力学祭っていう小さな場でひとつの実を結ぶ話にしちゃってて。

やってる方向性ユーフォスパルタ部活価値観一緒。

あん努力要素が原作のどこにあったんですかね。

第二期は予想外の人気と原作枯渇で軌道修正しまくって、原作にない要素(クラスメートとか)をガンガン突っ込んでるし。

あのクラスメートたちのカット割りレベルでの目立ち方、単なるモブキャラっすか? 名前こそ出さなくても劇場版にまでつながるテーマ含んだ、オリジナル重要キャラだよね?

原作の「大学もみんな一緒」て展開に対して「モラトリアム高校までだろ、現実をなめんな」みたいな半ばサザエさんワールド4コマ原作無視したツッコミ入れるバカが出てきたの、

アニメ努力根性要素やクラスメートとの交流ていう学校3年間を強調する要素を突っ込んだせいで「原作をどう読むか」に影響を及ぼしたのデカいよね?

これ原作レイプだろ?

 

エロゲアニメ化もたいがい酷い。

京アニAIR原作蹂躙っぷりは周囲全員が愕然としてたし、

同じくKanonも話をまとめるためのオリジナル要素ぶっこんで、キャラ設定レベルまで改変。

キャラ解像度でいったら東映や出崎のがずっと上。

 

あれで「原作に忠実」っていって喜ぶファンしかいねえ、原作者も文句言わねえってんだもん。

ファンなんて原作理解なんざしてない。単に「思考解釈も面倒だから台詞も展開の順序も全く同じなら同じとこでテンプレで泣けて面倒くさくない」ってだけ。

そら脚本家だろうが監督だろうがプロデューサーだろうが、原作なんざ真面目に読み込む必要ねえよ、どうせ客は見ねえからってなるわ

2021-07-24

anond:20210724155811

(1)「現場に居た当事者じゃないから口出しするな」と言うお前は、当事者として和光学園イジメ現場にいたの?加害者本人?被害者本人?クラスメート目撃者?「当事者じゃなければ口出しするな」と言うならば、お前は当事者な訳だ。QJ関係者か?それとも、北尾修一・村上清・小山田圭吾か何れかの本人か?「当事者以外は黙れ」と言うのならば、お前自身が率先して口を閉じたら?それが出来ないからお前も口出しするんだろ?当事者でもないのに。馬鹿なの?

(2)記名記事執筆者名前を、匿名化する意味は全く無い。村上清を匿名化して隠避しようとするのは、マスメディア関係者の身勝手責任逃れ。記名で執筆した記事に対する責任は、顕名で引き受けるべき。

お前はお前自身が(小山田圭吾村上清を批判している人間とは異なり)冷静さを保っているかのように述べているが、お前の文章から教祖様馬鹿にされたから頭に血が上って書いたのが現れているぞ。

それとな、お前は俺のことを「デビルマンを読んだことが無い」というが、物語クライマックスで牧村家を襲撃して血祭りに上げたのは「デーモン」じゃなくて「普通人間たち」だよ。お前こそ、デビルマンを読んでねえだろ?サブカル馬鹿は、教祖様原理主義者の短絡思考から、そういう初歩的なミスをするんだよ、馬鹿

(3)それで出てくるのが「お前はライターじゃないか批判するな」かよ。じゃあ、お前は当時の、それとも現役のQJライター編集者なのか?まるでお前は全てを知っているかのような口調だが、当事者以外は黙ってろとお前が言うなら、お前自身が口を閉じるか、お前が当事者であることを示せ。初歩的な論理だろ。それも分からないぐらい頭に血が上ってるくせに「オレは冷静だ!」と装うから、お前自身馬鹿さ加減を自らの手で晒す羽目になるんだよ、頓馬。

それとな、お前は孤立無援のブログミスリードと主張するが、あれは「加害者側の一方的且つ身勝手な『ボクたちはトモダチだった』と云う言い訳によって、美化したり隠したりしている本質」を抽出しただけだ。

(4)既成事実化だろ。読んでもいない手紙の内容を、小山田圭吾村上清にとって都合の良い内容が書かれていたかのように言って、それがさも事実であったかのように「あの思いは通じた」とか書いたら、良く言えば「北尾修一は事実と願望の区別がつかない馬鹿」で、悪く言えば「長々と願望ポエムを書き連ねて、その末尾の方でコッソリと己の願望=事実であるかのようにすり替えて読者をミスリードしようと意図した卑怯者」だろ。北尾修一は、一体どっちの馬鹿なんだ?両方かもな。

よっぽど既成事実化と言われるのが嫌みたいだから、これからもオレは積極的北尾修一は既成事実化を意図したと主張することにするわ。

(5)村上清がイジメ被害者であることは、小山田圭吾と一緒になって雑誌の誌面で二次加害を行ったことを免責する理由にはならねえよ。馬鹿なの?

村上清がイジメサバイバーから何なの?それで村上に、他のイジメ被害者に対して「イジメエンターテイメントだ!」と村上清の勝手価値観押し付けて、剰え雑誌取材と称して押し掛けて、被害者とその家族の心の古傷を抉る権利付与されると思ってるの?お前みたいなサブカル馬鹿は、本当に自己中心的・お仲間絶対主義で身勝手だな。馬鹿

(6)冷静な意見加害者側の身勝手な主張だけを根拠に、イジメ正当化矮小化しているだけだろ。「加害者が『ボクたちはトモダチだった』と言っているから、これはイジメじゃなかったんだ!イジメ被害者との間に友情が成立していたんだ!」って、それのどこが「冷静」なの?DV加害者が「被害者を愛している」と言ったら、それを真に受けて「ああ、DVじゃなかったんだ」と納得して放置するの?お前の頭の中に、ちゃん脳味噌入ってる?DV事件現場では、加害者一方的な「愛情存在」を鵜呑みにする馬鹿がいたら批判されるよ。そういう「加害者側の一方的な主張」を根拠にして「これはイジメではない」と言うのは、サブカル馬鹿知識認識アップデート出来ていないことの何よりの証明だよ。それで「オレはお前たちと違って冷静だ!」とか、馬鹿なの?

それと、お前の言う「二次加害」って、誰に対するものを指して言ってるの?「一次加害」は和光学園在学中に行われたイジメと、その後に雑誌取材と称して被害者とその家族の心の古傷を抉ったことを指すと思うんだけど、お前の言う「二次加害」に先立つ「一次加害」は誰が誰に対して行ったものを言ってるの?頭、大丈夫サブカル馬鹿は、自己陶酔したポエムばっかり書いたり読んだりしてるから、話の筋を見失うんだろうなあ。

まあ、取り敢えず「当事者でなければ口出しするな」とお前が言うならば、先ず当事者ではないお前自身が口を閉じるか、それともお前が当事者であることを証明しろよ。間抜け

2021-07-23

p. 81

ストレス更新としての関係

エネルギー消費とエネルギー回復の間にリズミカルバランスを作り出すことは、肉体的ではなく感情的に複雑です。それでも、このアクションは、最適なパフォーマンスと完全なエンゲージメントにとってそれほど重要ではありません。たとえば、健全友情の繊細なダンスは、前向きなエネルギー更新の両方の強力な源になる可能性があります。 Gallupは、持続的なパフォーマンス重要な要素の1つは、少なくとも1人の親友が働いていることであることに気づきました。強い関係の脈動には、与えることと取ること、話すことと聞くこと、相手を大切にすること、そしてそれに見合った愛を感じることの間のリズミカルな動きが含まれますあなたが与えることのほとんどを行い、見返りとしてほとんど受け取らないという関係は、最終的には赤字空虚感を促します。自己吸収的な関係は、まったく関係ではありません。

Barbara P.が私たちに会いに来たとき彼女は1人の37歳のマーケティングエグゼクティブであり、友人や外部の関心がほとんどなかったこともあり、非常に長い時間仕事をしていました。彼女ほとんどの日を疲れ果て、憤慨し、そして絶望さえ感じて終わりました。私たちプログラムを経て、彼女パフォーマンス障壁に直面した後、バーバラは、気分が良くなるための1つの鍵は、体系的に彼女生活もっと回復を組み込むことである認識しました。彼女毎日仕事を終えた後、近くのヘルスクラブエアロビクスクラスを受講することから始めました。私たちが指摘したように、挑戦的な身体トレーニングは、しばしば前向きな感情更新の源として役立ちます案の定バーバラは常に彼女活動を非常に前向きに感じて終えました。彼女がより身体的に健康になるにつれて、彼女自分自身についてより良く感じ、要求を処理し、仕事での挫折対処するためのより良い準備ができました。

彼女の驚いたことに、バーバラにとって前向きな更新の最も強力な源は、彼女が途中で築いた関係から来ました。エアロビクスクラスは他の人とつながる方法提供し、彼女クラスメートの何人かと夕食に定期的に出かけ始めました。彼女は長い間、仕事孤立し、評価されていないと感じていました。バーバラリラックスして笑い、新しい友達自由に話すことができました。彼女は彼らが彼女と同じように彼らの生活投資するようになりました。

2021-07-22

やめるんだバイキンマン!って叫ばれながらクラスメートアンパンチを浴びせ続けられたのは

アンパンマンが悪いの?

anond:20210721231320

お互い高校生で単なるクラスメートに過ぎない

親子や夫婦医者患者関係と違って、なんの義務責任も発生しない

増田勘違いしている

そもそも最初から他人との間を取り持つようなことは一切しなくてよかった

普通に趣味のことだけ楽しくおしゃべりして、あとは知らん顔していたらよかった

そいつ別に増田に何かしてほしかったわけでも何かしてくれと頼んできたわけでもないんやろ?

勝手に「こいつは社会性がないから俺がサポートしてやらないと」と思い込んで勝手にあれこれやって勝手に疲れて勝手にやめて勝手に罪悪感にさいなまれている増田は、他人から見るとかなり奇妙だということに気づいた方がいい

別にそいつ最初から誰のサポート必要としてなかったんだから

人間はこうあるべき」と勝手に決めつけて他人勝手にその型に押し込もうとして挫折した それだけ

増田と仲違いしたところでそいつ絶対に困っていない 断言してもいい そいつ今日も我が道を行っているし、増田のことは記憶にもない

そいつが違う大学に進学して違う場所就職しても永遠にそいつサポートをするつもりだったのか? 物理的にできひんやろ?

他人のあるべき姿を勝手に決めて自分理想の型にはめようと見当違いの努力を続けることは金輪際やめた方がいい

2021-07-20

anond:20210720005640

「1人が1人に対して、おおげさにキモがって侮辱する。周囲が見て見ぬふりをする」

というイジメもある。

 

クラスメートはその様子を見ても、ぜったいに加害者咎めない。

それどころか、加害者とは仲良さそうに付き合う。

  

いっぽう、キモがられている子には、誰も味方がいない。

2021-07-18

[]

久し振りに仕事をした日刊スポーツに敬意を


日刊スポーツさん、五輪開会式演出責任者に『日本人しか読まないメディア(笑)』と笑われてしま

[2021年7月14日22時23分]

https://www.nikkansports.com/m/olympic/tokyo2020/news/202107140001278_m.html

原文ママ

『まあ、皆さんは日本人しか読まないメディアかもしれないけど(笑)

日刊スポーツさん、五輪開会式演出責任者の人選に怒涛の記事ラッシュ攻撃をしてしま

第一

[2021年7月15日21時41分]

開会式作曲小山田圭吾障がい者いじめ告白雑誌を入手 五輪理念に逆行

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107150000916.html

第二弾

[2021年7月16日5時0分]

小山田圭吾氏、音楽雑誌いじめ告白「僕はアイデア提供するだけ(笑)

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107160000019.html

第三弾

[2021年7月16日11時36分]

みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107150001383.html

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bc36c4d5c45021cfbb1582cd02267fd16a775fc

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202107180000298.html

ワシントンポスト来た!!!(でも食糞自慰強制ナシ)

自慰強制者の辞意表明はいつ?

https://www.washingtonpost.com/sports/olympics/japanese-composer-for-tokyo-olympics-apologizes-for-abuse/2021/07/17/b410080e-e764-11eb-88c5-4fd6382c47cb_story.html

https://www.theguardian.com/sport/2021/jul/17/tokyo-2020-composer-apologises-for-historical-bullying-of-disabled-classmates

https://www.telegraph.co.uk/olympics/2021/07/17/composer-forced-disabled-classmates-eat-faeces-masturbate-will/?utm_content=telegraph&utm_medium=Social&utm_campaign=Echobox&utm_source=Twitter#Echobox=1626523036

和田アキ子在日帰化から小山田インタビュー記事の中に朝鮮式挙手をしたクラスメート朝鮮人認定し虐めたっていう記述に反応したと思われ。

しかしこんなネタ日曜の朝の番組でよく取り上げたな。サンジャポといいこの番組といい凄い!今日休日なので動きがあるとしたら明日以降か?海外から外圧

どう展開するかな?たのしみ。

インタビュアーが「被害者の親の家に電話を何度もしたけど埒が明かないので家の最寄り駅の公衆電話から電話したうえで家を突撃」ってなこと

書いてある。これもひどいよね。この出版社エロ本出版社並みに監視対象とすべきでは?

デザインあについて

NHKにはヤバい共産主義者ディレクターがいるので、それが絡んでいるのかも。今の首相スマホ3大キャリア官製ダンピング強要したときについでにNHK受信料ダンピングしようかとなったとき高橋さんEテレをつぶそう

って進言してたけど、あれってその共産主義者の横暴ぶりが遠因らしい。日本下げしたいと無意識に思っているやつは小山田を使う法則

IKKOさんはすごくいい人

会ったこともないひと(被害者知的障碍者男性やその親)のためにカメラの前で涙を流せるっていい人。

2021-07-11

人生手遅れなのに生きていかないといけない矛盾

 俺の人生中学まで。そっからずっと谷だ。人生山あり谷ありというが俺の場合はずっと谷だろう。その谷も何かしらの行動をした上での低迷期なら糧になるだろう。でも、俺の場合は違う。ただ何もせず怠惰に過ごしてきたが故の自業自得の谷。だから、得られる者は時間無駄にしたという空しさだけ。年配の人からすればまだ若いんだからどうにかなるとでも言われそうだが、それは今まで積み重ねてきた者があるからどうにかなるのだ。何もしてこなかった自分土俵にすら上がれない。おまけに絶望的なコミュ症、ブサイクという重大なハンデを抱えている。当然だが、ハンデがあるなら人一倍努力しないといけない。母親に「あんたはブサイクから勉強を頑張らないといけない」とよく言われた。本当にその通りだと思う。今更だけどありがとうちゃん。そしてごめんなさい。あなたの息子は底辺として一生を終えます

 一生俺はコンプレックスを抱え続けないといけないのだ。学歴容姿性格経験どれも欠けてる俺は人生モブキャラにすらなれず。立派に生きてるやつを指をくわえて眺め続けるのだ。恵まれてる奴、苦労した奴、色んな奴がいるけど、みんな俺より実りある人生を送るのだ。俺はただ無為時間を過ごしてしまった。もう埋め合わせられない。俺が止まってた間に皆は前進して、その差はあまりデカい。仮に今からでも歩み出したとしても、その間にも皆は進む。絶対に追いつけない。何周も先にいるんだ。

 人生の各ステージには課題がある。それをこなして次のステージに進める。こなせなかった奴は次のステージで苦労する。俺は高校でつまづいた。学校では学力コミュ力どれも底辺嫌われ者だった。教師クラスメート、先輩、家族から馬鹿にされた。でも、明らかな虐めとかはなかった。いっそのこと虐めて欲しかった。それだったら被害者という立場に立てて、それを心のよりどころに出来た。でも、そうじゃないので高校時代辛かったのは全部自業自得だという現実を突きつけられる。高校コンプレックスをバネに勉強ガンバっていい大学に進学したら、克服できたはずだ。でも、それをしなかったので高校時代に植え付けられた強い自己否定は消えてくれない。無名公立大で高学歴を羨み続けるのが俺の人生だろう。今でも「お前はバカコミュ症でブサイククズ」と責め続けてくる。俺と同じで高校時代成績が落ちぶれた奴がいた。そいつクラスで虐められ、落ちぶれに落ちぶれた。そひて、駅弁大学すら落ちて私立大学に進学した。でも、そいつ高校のが嘘みたいに大学で頑張って余りにも眩しい。でも、俺は違う。高校でも大学でも落ちこぼれ大学時間たっぷりあるのだからそれを自分磨きに使えば輝けたはずなのに。貴重な機会を逃した。高校大学無駄にしたのだから、次はない。

 低スペでも無欲なら、楽しく生きられるはずだ。でも、俺は人並みに欲はある。誰かに認めてもらいたいし、女にも興味はある。だからこそ、欲求不満に陥る。飢え死にしそうなのに美味い食べ物を見せられているようで辛い。でも、それも欲をかなえる努力をしなかった俺の自業自得

 そうなんです。全て俺の自業自得なんです。ブサイクコミュ症なのに勉強を頑張らなかった俺が悪いんです。勉強以外でも何かしらの分野で頑張れた一芸に秀でた奴になれた。それで挫折があったとしても人生の糧になって成長できる。俺は何も成さなかった。今からじゃ遅すぎる。後悔、劣等感孤独を一生抱えていかないといけない。世間は悪くないんです。俺が悪いんです。社会を恨むのは筋違いだと分かってる。だから通り魔になんかにはならない。恨むなら自分を恨むしかない。

 俺のただ一つの望みは安楽死。こんな奴社会お荷物だし、生きてて誰も得しない。低学歴ブサイクコミュ症、人生経験なし。死んだ方がいいのは分かってる。でも、死ぬ勇気すら無い。俺はとことんクズ野郎だ。

 

2021-07-10

ゆるゆりがあるのだろうか

当方ガチレズ、目覚めは小学生友達同士で言う「◯○ちゃん大好き!」が私の場合だけちょっと違うよね、とクラス話題になると若干孤立し始め、自分が異質な存在であることを自覚したと同時に、これを隠して生きていかなければならないのだと子供心に思った。

当時はLGBTなんて言葉は見たことも聞いたこともなかったし、ゲイと言えばレイザーラモン氏のふざけたイメージで、レズもなんかAVとかエッチ業界言葉ってイメージだった。

高校生になっても小学校の頃のトラウマがあったせいか当たり障りのない関係は築けるが壁を作って過ごしていた。

一方で「私が男だったら◯○と絶対付き合ってる!」みたいなことを大声で話すクラスメートに酷くイラついていた、そんなこと冗談でも言うべきじゃない、もし相手女性のままのあなたを愛したいと心に秘めているかもしれないのに。

そんな言葉は全てを否定する言葉じゃないか、と。

2年生になる頃、私を含めたいわゆる同類人間たちが何となくお互いを察してよく会話するようになった。

皆で集まる訳ではなく、それぞれが個別で会っていた。

だって誰かが誰かを好きだったりしたし、私たちグループとして目立つことは避けなければいけなかったから。

そして私たちはいびつな生き物だったので、校舎裏とか、屋上とか、そういうところでそっと抱き締めあったり、隠れるようにキスをしていた。

教室でぎゃあぎゃあ騒ぎながら好きなアイドル彼氏について話すクラスメートを羨んでいたのか、見下していたのか、私たち恋愛感情はゆるい環境ではまともに育てられなかったので、先生にも友達にも家族にも見つからないように厳しく大切に育んでいた。

今はテレビに様々な性別性的指向を持つタレントさんが出演し、SNSでもLGBT関する話題が止むことはない。

不安定でか弱い年頃女の子が、他のクラスメートが和気あいあいと話す男の子話題と同じように、ゆるく楽しく好きな女の子について語れる時代が、来ているといいな。

2021-07-09

まれてこなければよかったと思う。

これは決して自殺願望があるとか生きているのがつらいという話ではなくて(生きているのは常につらいし僕は生に対して非常に消極的だが、それはそれとして)、それらと生まれてこなければよかったという考えの間にはまあまあ距離がある。

僕が生まれてこなければ両親は気は優しくて力持ちな長男と機転が利いてまめな次男の息子二人と幸せ家族をやっていただろうし、ちょっと冗談言っただけじゃんってへらへらしながら放たれた言葉暴力で傷ついたクラスメートはいなかっただろうし、嫌韓に傾いて俺○国人は顔見ればわかるんだよねという無神経な言葉を浴びせられる東アジアルーツ同級生も多分いなかったし、自分でも制御しきれていない性欲を向けられて怯える女の子も多分いなかったんじゃないかと思う。

どう考えても自分がいないほうが地球の総幸福量は多かったはずだ。よしんば僕が誰かに幸福をもたらしていたとしても、それは僕でなければ与えられなかった幸福ではないだろうし。

文章を書きたい気分になったから書いている。

僕は多分文章を書くのはそんなに好きじゃない。でも分かってもらうために仕方なく書いている。僕は物語を愛好するので、物語のための文章ならともかくだけれど、こんな自分の話してるだけの特段価値もないノンフィクションコンテンツのための文章なんて、本当に仕方なく、仕方なくだ。今の文章読点多すぎ? それとも一文が長すぎ? ほらね、こういうのが怠くて仕方がない。

若気の至りという言葉がある。

だって未熟ゆえにやっちまうことはあるよねそりゃ、みたいな意味だと認識している。

自分の行いは多分今までそういう言葉で見ないふりをしてもらったり許されたりしてきたんだろうし、来年30歳に手が届く僕も行き場をなくした心で暴れるティーンSNSで見たりするけど、まあ見なかったことにする。

昔の自分を殴りたい。それは言葉のあやだけど、お前それは人様に浴びせちゃいけない言葉だよ、ってちゃんと言って聞かせたい、みたいな欲求あるかないかで言えば、ある。

そんで多分、そんな風に30手前の僕が言って聞かせたところでティーンの僕は「体制に順応して何も言えない大人勝手にほざいてろ」くらいで何も刺さらないと思う。そんなもんだよ。

でもそれは別に僕が91年生まれ(正確には923月まれ)だからではないよね。逆にそれが91年生まれ特有だと思ってるなら思い上がりもいいところだし、その上でその振る舞いを選択したのは自分自身なのだから個人気持ちの整理をつけるのが筋だよね。もしも僕がそう思っているのなら、って話だけど。

昔の自分を殴りたいとか説教したいとか、気持ちで言えばないわけじゃないけれど、あんまり僕はそういう話をしない。

それは単純に恥だからというのと、今の僕がへらへらしながら「いやー、あの頃の俺ぶん殴ってやりたいですね、ヘヘッ」とか言ったところで当時クラスメートたちにつけた傷がなくなるわけではないからだ。

真摯謝罪ができないのなら、迂闊に許されようとしないほうがいいのではないか

僕は生まれしまったし、そして代替可能幸福しか生産できていないのに人を傷つけることだけ一人前以上に行ってきてしまった。それはもう取り返しがつかない。

故に、死にたいでも生きていたくないでもなく、生まれてこなければよかったと思うのだ。

どうだろう。どれほどの人がこの文章理解できるんだろう。

https://note.com/haruki839/n/nb87315bcbc5b

2021-07-08

anond:20210708222820

中学とき授業中にクラスメートの私語が五月蝿すぎて授業が聞き取れなかったけど自分ASDだったのかそれとも中学ガチャを外したのか

2021-06-20

FGOのマシュが苦手

Twitterだとマシュは大人気でフォロワーもぐだマシュ最高!ぐだマシュしか勝たん!!みたいなノリだし

かといって愚痴アカを作って延々と呪詛吐くぐらい嫌いってわけでもないからここに書く

マシュというキャラクター単体が嫌いというより、主人公とセットになってる時のマシュのノリと雰囲気が苦手

昔はそんなに気にならなくて、別段好きではないけど公式が用意したメインヒロインってぐらいの印象だった

出番が多いこともメインキャラだし、で流せた

いっそ主人公とマシュ統合して単体主人公にした方が話まとまるんじゃない?ぐらいに思ってた

他の型月作品の好きなキャラクターFGOに出るのでインストールし、個人的にはマシュよりも課金をして引いた推しFGO発で好きになった新キャラの方が自分相棒はこいつらだ!という思い入れもある

マシュの言動に引っ掛かるようになったのは一部のイベントや1.5部のアガルタぐらいからで、他のキャラとの会話を楽しんでるのに隙あらばメインヒロインはマシュ!正妻はマシュって主張したり他キャラが外堀埋めてきたりするのがなんかなぁ……と思うようになってきた

二部からはっきりと苦手意識が生まれて、というか性能が変化しバトルボイスも変わった

単純に使いづらくなって強制出撃するとき戦闘が辛くなった

これまではマシュ+マーリンor玉藻orアンデルセンみたいなサポートキャラ+高火力アタッカーで大体なんとかなってた

けど、防御バフの性能が落ちて「マシュで火力盛ってマシュで殴れ」って性能に変更されてからはなんか微妙というか、上手く戦闘が噛み合わなくてコンテニューの回数が増えた

ノーコストで味方の脆いアタッカーに防御バフにNP補助にタゲ取りでサポートできるのがマシュの強みだったはずなのに

ボイスも勇ましさより悲壮感が増したものに変更され、声優さんの演技が上手いぶん聞いててとても辛くなる

絶対勝つぞ!って気合い入れて挑んだボス戦で、あの追い詰められたような震えた声のボイスが流れると少しゲンナリするしカード積極的に選びたくなくなる、いっそ特定キャラミュー機能が欲しい

マシュの使い方を真剣に考えればバトルはもっと楽になるのだろうけど流石に性能もボイスも好きでないキャラクターについて深く考える気にはあまりなれないので、勿体ないと思いつつ石を砕きながらノロノロシナリオを進めてきた

極力マシュの存在を考えないようにしながら進めてきたが、流石に6章では彼女に焦点をあてた話になるだろうと覚悟していた

できれば強化されてスキル、モーション、ボイス等変更してほしいと願いながらストーリを進める

すると予想外にも、マシュ、実はめちゃくちゃ良いキャラなのでは?と思えてきだした

ネタバレになるが、マシュは記憶を失い現地の妖精達に拾われる

一緒に旅をしながら絆を深め、たどり着いた城の領主花嫁になる

つらい展開が来ると予想させながらも徹頭徹尾暖かく優しい交流が描かれ、しか最後の戦いでそのほとんどが滅ぼされてしま

マシュは旅をしてきたゴブリン兄弟結婚したライオン領主の思いを背負い未亡人騎士として立ち上がるーーという話だ

正直すごく胸に刺さったし、ゴブリン兄弟との別れはボロボロと涙を流しながら読んでいた

これまでのマシュならごめんなさい、で別れていただろう、しかありがとうと言いながらの別れは彼女の成長とこういうのが見たかったが詰め込まれていて6章前半の中で一番心に残るストーリーだった

戦闘も使いやすい一部マシュで、相方のハベトロットの性能も噛み合いノーストレス突破できた

からこそ今後の展開が不安になる

これまでの限定イベント剣豪勝負シナリオで「実はマシュいない方がおもしろくない?」と思うことが多々あった

そしてマシュも、主人公といない方が面白いストーリーが出てくことがわかってしまった

前半のラストで、マシュの記憶は戻り主人公と再会した

そのこと自体は喜ばしいことなのだが、これまで何度も出てきた「強敵攻撃を防ぐマシュとそれを令呪で支える主人公」の絵が出てきてまたか……とテンションが下がる

せっかくマシュが主人公いなくても輝けるキャラだというのを見せた後に「やっぱりこの二人がベストコンビだよネ!」と今まで何度もやって来た場面を見せられると、キャストリアの活躍を期待していたのもあって(後半に持ち越されただけかも知れないが)余計にがっくし来てしまった

追い討ちをかけるように「主人公はマシュの王子様」と外堀を埋められる

主人公で遊んでるのに王子様と言われるのはとても微妙気持ちになる、なんだか朝教室に入ったら特段好きでもないクラスメートとの相合傘が黒板に大きく書かれていたような、言葉しづらい感覚がある

微妙な気分になりはしたが、6章自体はこれまでで一二を争うぐらい面白いし続きの気になる引きだった

マシュと主人公は再び別れたので、また別のストーリーが書かれるのだと思う

願わくば主人公とマシュが自立した、互いに依存しない関係落ち着けること

スキルや宝具が進化してもうちょっと使いやすくなること

もっと欲を言うとあの陰気な前髪を切るかまとめるかしてさっぱりした外見に変わってくれることをお祈りしながら続きを待っている

2021-06-13

anond:20210613130652

歳とって正気になったらあの頃のクラスメートに対してマジですまんかったって思い出にしかならないんだが

重度だとそういうのもないのかな

2021-06-04

anond:20210604173020

いや、お前は死ねばいいと思うよ。

ていうか、なんかひろゆき信者みてえな返しばっかりだなあ。

血液型についての雑談で盛り上がってるクラスメートの輪に突っ込んでいって「血液型占い科学的信ぴょう性はない」ってずーっと粘り強く絡んでた、賢そうに見えるけどなぜか成績悪い、昆虫みたいな顔した奴のことをなぜか思い出した。

2021-05-25

背中を指でなぞると寿命が縮む、を広めたのは私

小学生ときなので、今から30〜34年ほど前の話。場所新潟県

いたずら好きな友達が私を驚かそうとして、背後からこっそりと背骨の上を人差し指で上から下へスーッとなぞって来た。

ビクッと驚いた私は、ジジくさい子供だったため「寿命が縮むかと思った!」という渋めの言葉を放った。

私のリアクションに味を占めた友達は他のクラスメート背中もなぞりに行った。もちろん「寿命が縮む」という言葉と共に。

そしてなぞられたクラスメートもまた他の人の背中をなぞっていったのだろう。

それから数週間後、中学生の姉から背中をなぞるのが流行っていると聞き、「背中をなぞった線をゴシゴシと消すと寿命が戻る」「下から上になぞると寿命が伸びる」などのルールが追加されていることも教えてもらった。

教室を超えて学校を超えて、ウワサ話や怪談はこうやって独自進化して広がっていくんだなと子供ながらに実感したのだった。

ちょうど少年マガジンの「化物語」でその話が出てきたので思い出した。

新潟県のある市の中だけの流行かと思ったら、西尾維新まで届いていたのかと驚いてしまった。

親が裕福だと子供いくら努力しても大したことないと面と向かって言い放っていいと誰が言ったのかしらね。私の高校時代クラスメート女子10人中7人が開業医お嬢さんだったけど全員ものすごいプレッシャーの中努力して医学部に入って行ったよ。

とかほざいてるクソボン学習障害脳味噌ヤンキーしかいないクソ田舎高卒両親をインストールして現実を分からせたい

2021-05-11

いじめ問題になった学校出身です

旭川事件を知って思い出した。

自分、一時期世間を賑わせたいじめ問題になった学校出身のものです。

前提として荒れてる学校だった。

近くに国立の附属中があって、こだわりある子供はまずそっちに行ってた。

私たち学校に来る子は家が近かったり、こだわりがなかったり、附属中なんか悪い意味で眼中に無い子達も多かった。

そんな学校から、成績ももちろん低くて私たち学校価値観で言うと県で50くらいの高校に入る子はそれなりに頭がいい子、偏差値43.4が普通、55-は神様みたいな領域ぐらいには低かった。

クラスメートも1人2人は授業に参加しない子がいたり、30歳と付き合っていることを大っぴらに話す子やタバコ酒自慢も結構あった。

授業もできないか先生たちは口うるさいヤンキーグループを抑えながら授業するしかなくて、刺激しないように接してたらそれを馬鹿中学生の頭では「自分たちは先生に認められた」と勘違いする奴らがあまり喋っていない俗に言う陰キャを構ってあげてる、という名目でのいじめをした。

それがいつの間にかおもちゃになっていじめに発展するのが決まりコース

いじめたヤツらにとって「自分たちは先生に認められた特権階級」って思っているし、先生たちも正直他の生徒が万引き喧嘩やらで外部に迷惑をかけているから内の問題に構う暇なんてなかったと思う。

というか真面目そうに見えて万引きする奴らよりも分かりやす問題を起こして馴れ馴れしく先生に話しかける彼らを先生可愛い生徒と思っていたかもしれない

結果、兄弟の学年で問題になってしまってマスコミに大々的に報じられた。

元々あった先生負担が倍増し何人かの先生が来なくなったし、ストレスや親が通わせたくないという意味での不登校児童も多発した。

マスコミ過熱してて、休日私服の私に「あの中学出身だよね?」と話しかけてきたりしていた。

いじめたヤツらは守られたりもして、さらに結束を強めたように見えたけど、親含む内部で罪の押しつけあいで最終的には分解した。

というか周りの生徒が孤立させてていじめグループ内でいるしかない状態だった。

教師に持ち上げられたか勘違いするいじめなんてするバカだったから、ほとんど高校も低い偏差値しか行ってなかった。

勉強してちゃんとした高校行っても同じ中学の人たちからリークでばれたりするから孤立して退学したりもしたらしい

自分中学を忘れようと高校は私しか進学していない高校に行ったけど、「あの中学出身」と言われていて、友達は出来たけどいじめ事件の事を興味本位で聞かれたりした。

地元には悪い思い出がほとんどで、同級生も帰っていない人達が多い。成人式も半分しか来なかった。

故郷の思い出は息が詰まる思い出と自分いじめターゲットにならないかとビクビクした記憶だったり、高校の時の「あの中学出身」っていうヒソヒソ話と人を死なせる要因をつくったという罪悪感でぐちゃぐちゃになる。

多分旭川の子達も同じようになるんだろうな。

強く生きて欲しい。

旭川ニュース見ないようにしていたけど偶然見ちゃって思い出したので整理つける為に書いておく。

----------------

追記

身バレ防止の為に兄弟いじめ問題になった学年って言ったけど文章的に合わないところ多すぎた。

自分いじめ問題になった学年と同じ学年です。

いじめ問題になったクラスは別クラスだけど、噂には聞いていて正直他のクラスよりまとまっていたクラスだった。

亡くなっていた子がスケープゴートになっていたのは外から見てもわかってたけど、皆自分が助かるためなら仕方ない、って感じだった。

よくいじめがあるクラスはまとまるって言うけどあれは自分がそのターゲットにならないように無理矢理合わせているだけ。見せしめと変わらないよね。

あと強く覚えているのはいじめた子の親がうちの家に電話してきて、うちの親に「マスコミに子を売ったのはお宅か?」と質問してきたりしたことかな。

近くに附属中があったからって書いたけど、うちの学校以外はみんな普通に過ごしていたし、成績も附属中よりも少し下だったけど、普通に過ごしていたから、本当にうちの学校のみの問題だったと思っている

今思えば小学校の時、附属中にいく生徒が皆一斉にやっていた習い事をやめて塾行き始めて、何となく附属中組と公立組に別れ始めた所から公立組は劣等感を感じ始めたし、そこから荒れる生徒もポツポツ出始めたな

----------------------

追記2

近くに国立私立があるからみんなそうって訳ではないと思う。

私の書き方が悪いから附属中ある公立校がみんな荒れてるって感じになってしまったけど。

現に1番その附属中に近い公立中学平和で全体の成績も良かった。

私の学校が荒れたのは周りの中学生からみて「荒れている」というイメージ中学で、成績も低くてバカ中って言われていたからそれの劣等感もあった。

先生の質も良くなかった。

荒れている→成績が下がる→質の悪い教師が赴任→さらに荒れる

という流れ

体罰もどうだろう。

そういう先生もいたけど荒れてたままだったから生徒たちの根本劣等感が消えないと意味ないと思う

夢日記

2011/1/16

こんな夢をみた.友人と車でお祭りへ向かう途中,交通事故あい幽体離脱.「あー死んじゃったかー」とか思ってグチャグチャになった車を俯瞰していると,僕の体は車から這いでて警察を呼び,友人と一緒に立ち去ってしまった.僕は取り残された.

2011/12/6

こんな夢をみた。僕は中学校にいて、何人ものクラスメートと顔をあわせた。それも男女問わず卒業から会わなくなった人達ばかり。最後に、初恋の人と食堂てんぷら定食を食べた。そこで僕は、彼女玉子が嫌いだったことを思い出した。あの中学校食堂なんてなかったことも。目は覚めた。

2012/1/21

こんな夢を見た.携帯が鳴り,研究室ソファから起き上がる.時刻は3時過ぎ.伸び上がって靴を履き,立ち上がる.と同時にソファで「目が覚める夢」から 目が覚めた.時刻は4時過ぎ.立ち上がる.と同時にまたソファで目覚める.時刻は5時過ぎ.6時,7時,8時.昼には諦めた.目は覚めていた.

2013/1/6

こんな夢を見た。温泉から上がり部屋で一息つくと、脱衣所での忘れ物に気がついた。取りにかえるも、その温泉に戻れない。あるのはロビーと地下への階段。 迷わず下る。1/3ほど照明の点いたバーで、3人が飲んでいた。女性は言う。「私が代わりに探してあげる」。忘れ物はついに思い出せなかった。

2014/9/15

こんな夢を見た。私は知らない農家の宴席で、その男の話を聞いていた。男は次第に興奮し、暴れ、自らの腹をナイフで抉った。私は取り押さえられた男の腹から一筋の血が流れる様子を眺めていた。「俺はあの牛なんだ」そう言い残した男は車で連れていかれた。

私は外へ出た。庭には一匹の黒毛牛がいて、気が違っていた。腰のベルトを外して叩きつけると、牛は逃げていった。それを横目で追いながら、川を越え、古いバス停腰掛けたところで、読んでいた小説を閉じた。タイトルは「牛の首」だった。私は街へ下りることにした。

大きな駅の向こう側へ行きたくなって、地下連絡通路を目指した。下って歩いて上った先で、一人のセールスマンが待っていた。私は家を探していたことを思い出した。マンションの一室へ向かう。「紹介するのはここと同じ造りのお部屋です

お客さんは運が良い。ここのご主人は昨日自殺したので、誰もいません。見るなら今日です」フローリングは酷く黒ずんでいた。部屋を検分していると、喪服の女が階段の上に現れた。木製で高さのある螺旋階段は、このマンションには不釣り合いに思えた。

女は言う。「見よ、あの牛を。涎を垂らし、目を泳がせる、あの醜い黒毛の牛を」それは「牛の首」の一節だった。「ご主人はどちらですか。あの男ですか。あの牛ですか」「牛よ」そう答えた喪服の女は声を上げて笑った。私は部屋を出た。目は覚めた。

2015/4/10

こんな夢を見た。高速道路トンネルに入ると何十もの真赤なランプが光っていて、渋滞のようだった。車が完全に停止するまでブレーキ踏み込み、サイドを引くと同時に、警官に声をかけられた。「車を降りてください。指示に従ってください。」私は他の運転手と同様に非常口へ向かった。

先には窓のない畳部屋があって、黒い長机と弁当が並んでいた。奥から二番目の空席に腰を下ろす。右隣の男性貧乏揺すりが続く。弁当はやけコントラストが低い。向かい女性は口を開けて呆けている。どこかでパキという音。戻ろう、戻ろう、私はつぶやきながら独り部屋を出た。

トンネル警官の姿は無く、ナトリウム灯がまばゆいばかり。私は車を捨てて歩いた。出口に辿り着いたが、無機質な車列は途切ず、青空の下とても静かだった。脇にはトンネル名が刻まれた石碑があって、それをなぞる。五文字目で指先に鋭い痛みが走った。目は覚めた。

2015/4/21

こんな夢を見た。夜祭の喧騒を抜けると、人のまばらな屋外ステージ中央で、男が何やら呟いていた。それらは全て、この地の死者が今際の際に発した言葉だという。石段に腰を下ろし聴き入る。殆どが呻き声でよく聞き取れないが、どれもこれも懐かしい。それらは確か、私の最期だった。

2016/11/10

こんな夢を見た。私は窓の無い病院に何年も入院していて、その日は定期検診だった。入院患者の列に混ざって待っていると、前の一人が脇の通路を指差した。「そこから外に出られるかもしれない」

患者達は一斉に走り出した。初めは様子を伺っていた私も、後に続くことにした。無機質な通路を抜け、いくつもの自動扉をくぐると、急に冷たい空気が鼻に触れた。外は夜だった。私は、電灯に照らされた公園と人工の川に患者達が散る様子を眺めていた。

胸許の携帯が鳴った。「早く戻りなさい。外は身体に悪い」それは心の底から私を案じる声だった。「しかし、みんな喜んでいます。こんなにも空気が美味しいのです。こんなにも自由なのです。」話し終えると同時に、別の電話が入った。「ボートを見つけた」

それは汚いスワンボートだったが、迷わず乗り込んだ。ボートは勢いを増す。川底の石を蹴り、橋を越え、カモメを追い抜いた。ついには岩に乗り上げてしまったが、川岸からボートを押していると、その人数は少しずつ増え、豪快な波しぶきとともにボートは川に戻った。歓声が上がった。

ボートに再び乗り込んだそのとき、朝の光が目に飛び込んできた。「もう戻らなければならない」そう思った瞬間、電話で使った『自由』という言葉に重さを感じた。その言葉意味に初めて気が付いた。目は覚めた。

2020/1/2

こんな夢を見た。私は講座「反境学」のガイダンスを受けるため、大教室の扉を開けた。百名以上が座っていたが、私だけ後ろ向きの席に案内された。私の背中女性講師が言う。「反境学について質問はありますか。」前を向いた学生の一人が手を挙げた。

環境学とは違うのですか」「環境学も反境学に含まれます」「社会科学ですか」「あらゆる概念が当然含まれます境界を無くす学問なのか、そう考えた途端、周囲の学生は消え、私は前を向いていた。講師と目が合った。「違います。」目は覚めた。

2021/5/11

こんな夢を見た。私は想い出の場所に向かうため、登山をしていた。久々の単独行。ペースは上がり、森林限界を抜け、雪渓差し掛かった。酷く咳が出る。雪渓は雪と砂が細かく混ざっていて、古い雪崩跡だと思った。視界の端に何かが映る。黒ずんで、痩せた人間の手が転がっていた。

足を止めた。酷く咳が出る。後ろから声がかかる。「ありがとう。○○さんは手伝ってくれるんだね。」初老女性だった。「なぜ、私の名前を知っているのですか」「あなたに会ったことがあるからです」やはり酷く咳が出る。足元の誰かを、背後の誰かと掘り起こすことにした。

女性は言う。「ごめんなさい。もう、そのシャツ臭いはとれないねしか腐臭は感じない。いよいよ咳は酷い。掘り起こした誰かは、結局腕しかなかった。それもぐずぐずに崩れてしまった。私は手を合わせ、先に進むことにした。咳は血を吐かんばかり。痰が喉でゴロゴロと騒がしい。

すれ違った何人かの怪訝な目に、染み付いた腐臭を初めて認識した。視界が狭まり、白黒する。歩く。歩く。そうして日が沈む直前に、山小屋に辿り着いた。咳をすることでしか呼吸ができない。硬い床に雑魚寝する。眠れない。だからきっと白昼夢だったのだろう。こんな夢を見た。

私はベッドに横たわっていた。寝返りうつと、そのきしむ音と合わせて時計が目に入った。時刻は午前二時五十分。外に錆びた自転車が見える。跳ね起きて質素な窓枠に足をかけると、不意に声がかかった。「子供はどうする」ようやっと、家族3人で寝ていたことを想い出した。目は覚めた。

2021-05-06

anond:20210506000234

レイプが辛いことはわかったけどレイプより辛くなさそうなことは被害じゃないというのはおかしいやろ。

同じ性被害の話でも痴漢は男女問わず恐ろしいと思うし(雨の日車で送ってくれたおっちゃんに太ももさすられたの怖かったわ)、クラスメートとのBLの題材にされてたとかもゾッとするやろ。

パワハラとかとも怖いで。

強くなる責任被害者に持たせようというのも、それと同質で怖いと思うで。

2021-04-24

5年間不登校だった息子

昨日、めでたく高校入学式に行った。

涙が止まらない。

 

不登校になったのは、小学生五年の時だった。

理由は、ゲームに熱中し過ぎたかである

しかし、他にも要因があって、息子が不登校になる前に、上の娘の方が不登校だったのである

娘は息子の三歳上だが、小学生六年の時、悪質な担任に当たり、とんでもない差別というか、エコ贔屓を超えたレベルほとんどいじめに近いことをされ、担任からなかなか原因が発覚せず(本人は自分が悪いと思い込んでいた)、相談相手最初担任なので、全然からなくて娘を叱ってばかりいた。担任が原因だと分かったのは不登校になって三ヶ月くらい経ってのことである

それは、なんとか解決したが、その時、下の息子は「学校へ行かなくてもいい」ということを覚えてしまったのである

最初は、親も全然からなかった。

今日はなんかしんどい

などとしばしば言っては、ほんとにずっと布団の中で寝込むので、親も仕方ないかなと思って休ませていた。

共働きから、昼間は息子しか家にいない。

実は、しばしば学校をそんなふうにして休んでは、親がいなくなると、ずっとゲームをしていたのだ。

それがエスカレートして、学校いじめられてるとか言い出し、問い詰めても誰がいじめてるとか内容とかをまるで言わず、娘の例があるもんだから、原因がわかるまで待つしかないとなった。

しかし、ある日、やはり息子はどこか嘘をついているという感じがしたので、「家にいてもいいけど、ゲームは親がいない間は禁止する」としてゲームを取り上げた時に、息子は半狂乱に近い状態になったのだ。

やっと、ゲームが原因だと分かったのは、多分5年生の夏休み前くらいだったと記憶する。

 

ところが、怒っても怒っても、息子は頑として学校に行こうとしない。

色々聞いてると、どうも不登校が続き過ぎて、クラスメートに恥ずかしくて学校に行けないという気持ちになったらしかった。

しょうがないので、保健室登校から始めようということになった。

ゲームは、この時、禁止したり、或いは時間制限したりはしていたが、たまに取り上げたりと、方針一定していなかった。

但し、不登校児童はできる限り自分意思学校に行かせようとしないといけない、と学校などから指導されるので、夫婦で話し合い、息子を叱るのはやめようとなった。

そして、一週間に1、2回だけど、保健室登校をするようになった矢先の出来事

妻のせいだとは思わないけど、妻が息子をこっぴどく叱りつけ、ゲーム機をバケツの水に沈めて使えなくしてしまったのである

その時息子に生じた不信感が、彼を五年間自宅に閉じ込めるきっかけになってしまったのだと思う。

 

正直、「どうして、あれほど息子を叱ってはいけないと二人で決めたのに……」とは思ったけど、反面で妻の方が、家にいる時間の少ない私よりは一生懸命対応しているので、責めはしなかった。

それから、散々、色々な関係機関への相談や、或いは、中学校を学区外にして、小学校友達に合わないようにしたり、色んなことをしたけれど、結局、この五年間、何も出来なかった。

そのうちに、引きこもりが酷くなって、息子は家族とも顔を合わさなくなった。

食事だけは、自室ではなく、ダイニングで取ってもらおうと、息子の食事は必ずテーブルに用意し、息子がリビングに出てきやすいように、夕飯時などは他の家族全員が顔を合わせないよう息子が食事の間は別の部屋に引きこもった。

 

そんな生活を続けて、とうとう、ほんとに顔を合わさな父親の私のことを、息子は大っ嫌いになったらしい。

何故なら、不登校になるそもそもの原因、任天堂Wii u とスプラトゥーンを、息子への褒美にと買い与えたのは私だったかである

一年間、自宅の風呂洗いを続けたら、買ってやると約束し、彼はきちっとそれを守り通したから、買い与える以外にはなかった。

どうして大嫌いになってるのを知ったのかは覚えていないが、私は息子と顔を合わせないどころか、自宅にいる間は咳すら我慢し、存在を消す以外になかった。そうしないと、あからさまに息子は自室のドアをバンバン蹴ったりして暴れ出すからだ。

 

そして今年かな、一月頃に、息子は私がブチ切れるざるを得ない行動に出た。

死ね

と、他もまぁ色々と書いてあったけど、そう書いた手紙を私のいる部屋の扉の下に滑り込ませたかである

怒り狂った私は、怒鳴り散らしながら、彼の部屋の鍵のしまっているドアを外から開け(外から簡単に開く)、送風機を持って待ち構えていた息子を布団の上に押し倒して二、三発軽く殴った。

その時、散々私は息子に色々なことを言った。確か、「「死ね」などと書いた手紙を書ける神経があるのは、お前が五年間も友達とかコミニュケーション取らなかったからだ!」みたいな話かな。

それまでの数年間、会話らしい会話どころか、息子の声すら聞いたことがなかった。

やっと話し始めた。

「本気で書いた訳じゃなく、パパのイビキとか咳とか聞こえてくるとめちゃくちゃムカついたから、冗談のつもりだった」

こちらが、あまり意識し過ぎたせいで、逆にちょっとしたことが息子には気に触るようになってしまたからだと思う。

 

それから少し経って、息子が「学校に行きたい」と、妻にLINEした。

息子が学校に行きたいと思っていること自体は、少し前から知っていた。

息子は息子なりに、このままではダメだと思っていた。

でも、親が何も言っていないのに自分から言い出したのは初めてだった。

から普通高校は無理なので、週少しだけ登校のある通信制だけど、いいか? と聞くと、行くという。

そして、その高校から提出書類をもらって、息子は所信表明のようなことをその提出用紙の一つに書いた。

そこには

友達が欲しい」

と書いてあった。

私が、「死ね」と書かれて息子に怒ったときに「友達コミュニケーション取らないからだ!」と言ったことに影響されたのかどうかは知らない。

でも、それを見た私は、ほんとに死ぬほど嬉しかった。

もちろん、それがぬか喜びになってはいけないから、現時点でもそうだけど、まだまだ様子見を続けなければならない。

 

だけど、きっともう大丈夫だと思う。

彼は、自分一人で、高校入学式に行った。

がんばれ、負けんな! 心の底からそう思う。

2021-04-20

[] #93-5「栄光の懸け箸」

≪ 前

そして結局の所は、俺自身この件について心根ではどうでもいいと思っていたりする。

どうせ、このやり取りも今日だけで終わるんだ。

よくある仲間内での些細な諍い、日常茶飯事。

いや、この時はラーメンを食べていたから、日常茶麺時か?

などと内心クダラナイことを考えていたが、実際この時の雰囲気形容するなら大体そんな感じだったんだ。

しかし俺が迂闊だったのは、この日で終わるはずだった四方山の話を自宅でしていたことだった。

文化マナーの話を持ち出したことも、箸の持ち方について言及したこと安易ではあったが、この点には勝らない。

なぜなら、自宅であるということは“弟が近くで聞き耳を立てている可能性”について見積もる必要があったからだ。

己の油断を嘆くべきなのか、弟の口の滑らかさに怒るべきか。

思春期だというのに、兄弟部屋を分けてくれない両親の教育方針を恨むべきなのか。

どこに原因はあったにしろ“後の祭り”だ。

後の祭り”の語源は、最も盛り上がる時間である“前の祭り”との対比からきているらしい。

そう考えると、ここからの展開はあながち慣用句ではないかもしれない。

…………

「……なーんてことを兄貴たちが話してたんだ」

案の定、弟は昨日の出来事をクラスメート達に話していた。

当然、弟のフィルターを通して語られているから話に繊細さなんてものはない。

「正直、俺はどうでもいいと思うが、ちゃんと箸を持てるに越したことはないよな」

「私、ちゃんと持ててないけど、うるさく言われたくはないわ」

タオナケの言い分も分かるよ。でも、それを気にする人がいるってのも分かるだろ」

「私もそれは分かるけど、“気にする気にしない”と“善い悪い”は別でしょ。ちょっと箸の持ち方に癖があったとして、それでアンタに迷惑かかるわけ?」

ちゃんと持ててないのに開き直って、気にする側を心の狭い人みたいに言うのは違うんじゃないか?」

「“みたい”じゃなくて、実際その通りでしょ。別に悪いことじゃないんだったら、それは気にする側の問題よ」

「おいおい、さすがにその言い草はないよタオナケ。ちゃんと箸を持てていない立場で、気にする方が問題とまで言ったら傲慢だよ」

傲慢ですって!? 箸をちゃんと持てるのが、そんなに偉いの!?

「そうだ! オレこそが最強の“ゴーマン”だ!」

「シロクロ、お前は傲慢意味を誤解しているし、その持ち方はクセがどうとかい次元を超えてる」

モメるのは決まっていた。

しかも、俺たちより年下で知識も語彙も少なく、コミニケーションの妙も理解できない同士だ。

そのグダグダっぷりは俺たちの時の比じゃない。

次 ≫

2021-04-12

anond:20210412215915

その地域電話持ってる人の番号は地域電話番号簿に全部書いてあるので、

緊急性の高い電話が通じないときは、例えば隣の家の人に伝言をお願いしたりとか、普通にしてたんよ。

学校クラス名簿にはクラスメートの家の電話番号は全部書いてあったし、

そこにプライバシーなんて概念自体が無かった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん