「オメガバース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オメガバースとは

2021-09-15

anond:20210915121458

なんかこれ系の設定のマンガあるけどまじで意味分からんのよね

オメガバースとかもそうだけど

男と女っていう名称無くしただけで男と女じゃん

絶対頭が悪いやつしか読まないやろ

2021-09-06

BLコレクション 3

過去に書いた商業BLレビュー


https://anond.hatelabo.jp/20210810121557

https://anond.hatelabo.jp/20210810152212

https://anond.hatelabo.jp/20210825165035

※一部商業BLじゃないものがまざってる。

https://anond.hatelabo.jp/20210803115324

https://anond.hatelabo.jp/20210807105902

https://anond.hatelabo.jp/20210816004742

前回までのBLコレクション

https://anond.hatelabo.jp/20210905133926

https://anond.hatelabo.jp/20210906004549

見ての通り、読書範囲死ぬほど偏っているうえに、あまり量読んでいない。

では、BLコレクションレビューつづき。

『ハレの日』(朝田ねむい)

 これはKindleでは売ってなかったのでhontoで買った。短編

 BLアンソロジーCanna掲載された作品なので、一応BLカテゴリーに入るんだろうけど、BL要素はあまりない。

 妻にゲイであることがバレて離婚し一人息子を育てている作家の話。作家は息子もやっぱりゲイであることを知り、昔の自分と息子を重ねて見てしまうが、息子は自分を越えていっていると気づく、という話。

 面白いかというと微妙淡々としていて、すごく心揺さぶられるようなものではない。いい話ではある。つまらなくはない。わざわざ単話で買うよりは、短編集や他の作品の巻末読み切りに収録されたらついでに読むくらいでいいんじゃないだろうか。私はわざわざ買ったけど。

 一人息子を育てている作家の話というと、よしながふみ先生の『こどもの体温』(BLではなかった気がする)という作品を思い出すんだが、それとこれとが似ているのかというと、別に似てはいない。

リカー&シガレット』(座裏屋蘭丸

 前にレビュー書いたような気がしたんだけど書いてない? 書いた? うっ、最近記憶力が……まぁいいや。もしも書いていなかったとしたら、たぶんそれはこの作品の攻めてが私の苦手なタイプキャラ(優しげだがねっとりとした言葉責めをするロン毛)だからじゃないかな。座裏屋蘭丸先生作品は好きなんだけど、拝読してもねっとり系言葉責めイケメンへの苦手意識は治らなかった! 『シャングリラの鳥』の無口な攻めアポロの無口ぶりがありがたすぎる。アポロにはずっと無口でいて欲しい……。

 ともあれ。攻めのカミロと受けのテオは幼なじみ。カミロは煙草屋で、テオはカミロの店の向かいで酒屋を営んでいる。ただの幼なじみ同士だったはずが、テオはカミロが自分に対して並々ならぬ熱い思いと視線を向けていることに気付いてしまう。そんなとき、街は毎年恒例のお祭りの準備が始まる。酒屋のくせに実はお酒が一滴も飲めないテオは、祭りで行われる利酒大会に出ることになってしまった。テオはカミロに利酒特訓に付き合ってもらう。だがそこで助平が起こる! という話。

 世間的にはカミロはカッコいい攻めなんだろうけど、私は、あああああいやああああああああ!! と、ナメクジとか毛虫とかに遭遇した時の気分になってしまうので、頑張って読んだ。ツルツル褐色肌のテオがひたすら可愛い。好きな漫画ではあるのだけど、肝心なところで鳥肌が立つの微妙だ。作品がというより、私自身が。

 すごく人気のある作品ストーリーを楽しむというよりは、絵の美麗さとエロエロさを楽しむ漫画体位の妙で局部修正を最小限にするすご技が使われているので、エッチなわりに18禁ではない。あと受けに激甘。

コヨーテ』(座裏屋蘭丸

 この作品過去レビューを書いていないとしたら『リカー&シガレット』と同じ理由で書かなかったんだと思う。攻めが苦手。でも少しは慣れたかもしれない。いやどうかな。

 マレーネ(攻め)は飲み屋ピアノを弾いて暮らしている。リリー(受け)はマレーネピアノ聴くため飲み屋に通うようになった。男同士なのに互いに相手女性名あだ名で呼んでいる二人。マレーネリリーに想いを告げるものの、リリーはなかなか受け入れてくれない。ある晩、リリーのあとを追ったマレーネは、リリーの正体が人狼であることを知ってしまう。そこで助平が起こる!

 ……なんて冒頭のあらすじだけを書くと、まるでエロしかない作品のようだが、長きにわたって対立していた裏社会組織がついに正面衝突する、スリリングストーリーベースものすごいエロ幸せ系)があるというタフな作品である

 『リカー&シガレット』同様体格差カップリングと見せかけて、攻めと受けがほぼ同身長同体格。あれっ、目の錯覚かな? って思った。

 肝心のマレーネ(攻め)が苦手であるもの作品自体はかなり好き。そんなこと、もしも作者が読んでも、全然喜ばないと思うけど……。だがここは増田なので、馬鹿正直に書いてしまう。

『水底に棲む子どもたち』(あずま香夜)

 作者は『親愛なるジーンへ』の吾妻香夜先生と同一人物だろうか。

 『水底に棲む子どもたち』はサンプルを読んで、自分には合わなさそうと思ったのだが、誤って購入してしまい、案の定合わなくて泣いた。

 あまりにも合わなさすぎて、内容を完全に忘れていたが、このレビューを書くために頑張って読み返した。

 まだ新米副担任を任せられた教師が、不登校の生徒の家を訪問する。生徒はネグレクト状態にあり、酷い汚部屋に独りで住んでいた。教師毎日生徒の家に通い詰めるが、内に秘めていた欲望を生徒に見抜かれた挙げ句に生徒をレイプしてしまう。翌日、別人のようにすっきりした格好で登校してきた生徒。教師は生徒から復讐されるのではないかと怯える。という話。

 90年代後半の絵柄とテイスト

『泥中の蓮』(ためこう)

 ためこう先生作品を集めることに挫折する前に買った。ガチ兄弟もの。弟が攻めで兄が受け。

 兄弟は早くに両親を亡くした。兄は売春をして弟の生活を支えるが、弟は知らない男を頻繁に家に連れ込む兄を苦々しく思っていた。という話。

 人気作ではある。情念系だけど、ストーリーがすごいかといえば、そこまででは。BLってこんなものなのかなーと思いかけたが、BL読書の幅が広がるにつれ、もっと面白い作品はたくさんあると知った。

リバース』(麻生ミツ晃)

 たまには自分が到底読まなさそうな作品を読んでみようかなーと思って買った記憶がある。サンプル読んでもピンとこないと思いつつ、まあ読書の幅を広めたいだけだし? といって買ったら案の定合わなかったが、別に嫌いじゃないしおもしろくないとも思わない。むしろ面白いんじゃないかな? 裏表紙(がっつりネタバレが載ってる)を読まなければね!

 二時間サスペンスドラマっぽい作風オメガバース。αの刑事×Ωの作家。二人は同じ施設で育った幼なじみにして番(つがいである。幸村(攻め)は番の円のために仕事セーブしているせいで、優秀なのに出世ができないでいる。円はフェロモン分泌異常を持っているため、番がいるというのに他のαを惹き付けてしまうのだ。異動後、幸村は病死したΩの遺体遺棄事件担当するが……。

 あまり趣味ではないせいか、謎があって面白かったということしか覚えてない。面白かったのは確か。



これくらいかなー。

あと、最近スリピングデッド』(朝田ねむい)を紙の本で買った。紙の本の発売からKindleでの電子発売までに20日以上あって、つい待ちきれなかったので。

 以前に雑誌掲載されたぶんの感想を書いたし、単行本で内容の大きな変更があるわけでもないので、単行本感想は「案外萌えが多い!」とだけ。

今月は『Badass』(ハジ)と『コヨーテ Ⅳ』(座裏屋蘭丸)が発売されるのが楽しみ。それまで頑張って生き延びる。

BLコレクション 2

https://anond.hatelabo.jp/20210905133926

つづき。

ショートケーキの苺にはさわらないで』(凪良ゆう)

 小説オタクアンドロイドを買い受けて世話する話。

 ごく普通大学生ライフから始まって、途中で日本他国戦争を始めてしまうという展開になるのだが、開戦のきっかけがまりにも生々しいので、読んでて胃が痛くなった。

 胃痛に耐えながら読み進めると、涙と鼻水でぐしゃぐしゃのずびずばになってしまった。戦争が背景にある話だけれども、実際の戦闘シーンや戦場凄惨描写はない。そういう当たり前に泣く場面ではなく、登場人物ちょっとした言動とかでめっちゃ涙を搾り取られる。

 辛すぎて二度は読めない。

『スケベの青春』(畠たかし

 主人公はドスケベなことで定評のある高校生(攻め)。おうちでも学校でも堂々とエロ本を読めるほどのエロマスターだ。そんな主人公だったが、ある日同級生の爽やか系イケメン(受け)が人前で全く服を脱がないことに気付き、それが気になって仕方なくなってしまう。

 全体的に90年代後半の雰囲気のある絵とストーリー。脇役の「お茶山くん」がいい味出しまくっている。お茶山くん最高。たまに読み返したくなる。

『百と卍』(紗久楽さわ)

 BL漫画の中でもかなり有名なタイトルなので詳細は何も言うまい。ていうか、前に増田レビュー書いたような気がするような気がするけどまあいいか。もはや芸術領域に入った春画である

『にいちゃん』(はらだ)

 あれっ、これももしかしたらレビュー書いたかな? わかんないや、まあ書こ。

 子ども性犯罪被害を描いた作品主人公は幼い頃に自らに性加害をしようとした「にいちゃん」のことが、高校生になっても忘れられないでいた。ある日、ついに「にいちゃん」に再会した主人公だが、「にいちゃん」は主人公のことを恨んでいた。主人公は「にいちゃんから脅迫され、「にいちゃん」の部屋に呼び出されては性的虐待を受ける日々を送ることになる。

 未成年を狙う性犯罪者×性犯罪者を慕う未成年被害者 という禁断の共依存ネタだが、数年前に話題になった『幸色のワンルーム』(現実に起きた未成年略取事件から着想を得て描かれたとされる)みたいな夢のような展開があるわけではない。主人公ガチで「にいちゃん」に逆恨みされて凄惨虐待を受ける。が、やがて「にいちゃん」もまた虐待サバイバーであることに主人公は気付き、「にいちゃん」を救済しようとする。

 性虐待シーンが凄まじすぎて誰得レベル。これで抜くのは絶対許さんと言わんばかり。

 いわゆるメリバというやつで、苦味のある終わり方をする。


『ぼくの可愛い妊夫さま』(七川琴)

 小説産婦人科医×特異体質の大工男性妊娠を扱ったストーリーだけれど、オメガバースではない。たしか後天的妊娠能力を獲得してしまうという特異体質の男性が稀にいるという設定だったかな。そんな特異体質の男が、ある日突然月経になってしまったのを何かの病気勘違いして、主人公産婦人科医の勤める総合病院に駆け込んでくる。

 わりと描写が生々しいが、妊娠はしても出産とその後のことはパーッと流されて終わった。男性妊娠ものは読みたいが子育てBLは嫌い、という人にはいいかもしれない。

 購入した時には、まだムーンライトノベルズ最初から最後まで無料で読めた(のに、わざわざお金払って買ってしまった。)んだけど、今は知らん。文体増田文学っぽい。

オールドファッションカップケーキ with カプチーノ』(佐岸左岸

 同作者の『オールドファッションカップケーキ』の続編。ノンカプチーノの方が綺麗なエンディングでまとまっているため、withカプチーノ蛇足ではないかという向きもある。けど私はこれも好き。

 なんだか名言量産機になってしまったという指摘もあるが、それは否めない。でもそれ言ったら、作者のデビュー作『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』もけっこうな名言量産型なので、これが作者の芸風だから諦めろ、とも言える。

 主人公野末さん(受け)の同期のお二方がいい味出していて好き。外川(攻め)が転職して野末さんの部下ではなくなってしまったのが、ちょっと寂しい。

『箱の中』(木原音瀬

 小説痴漢冤罪により逮捕された主人公(受け)は、容疑を否認し続けたために実刑判決を受けて刑務所収監されてしまう。そこで同室になった受刑者(攻め)に妙な懐かれ方をしてしまう。

 作者は、作風がとても重くて痛いことで知られている。だけど、話のへヴィーさよりも、痴漢冤罪問題をこんな風に扱ってしまう作者の倫理観に私はついていけなさを感じたので、この作者の作品を読むことはもう無いと思う。主に女性向けに書かれるBLというジャンルで、女を背後から撃つようなことを書いて、何が楽しいんだろう。

リビドーアンドデストロイ』(チッチー・チェーンソー

 何でも屋の黒枝さん×「なんでも屋のどぶ六」の社員のユキチくん。あックンからの依頼でハメ撮りをしてくれる人を探していた黒枝さんは、通りかかった「なんでも屋のどぶ六」に、可愛い店番がいるのを発見可愛い店番で「どぶ六」の社員のユキチくんは来るもの拒まずなので、黒枝の依頼を安請け合いしてしまう。

 クレイジーストーリーで、しかキャラクターの描き分けが微妙なので訳がわからず、五、六回読み返してしまった。パッと見で個体識別可能なユキチくんが可愛い個体識別余裕だからね。それに、ムチムチしとるし。

 なんか、すごくハチャメチャだったなー。

2021-08-21

お題箱に来る特殊設定のリクエストが嫌だから閉じようか迷っている

自分二次創作とある界隈で文字を書いている。二次創作というものは界隈の外から見たらそれだけで既に特殊ものな訳だが、今回はその前提は差し置いて話をさせて欲しい。

自分はお題箱を設置している。このエントリを読んでくれているということは使ったことある・聞いたことあるという方が多いだろう。お題箱の説明割愛する。

自分のお題箱には有り難くも定期的にリクエストが来るのだが、時々顔を顰めずにはいられないリクエストが届く。

それが、オメガバースなどの特殊設定だ。

誤解なきように言っておくが、べつにオメガバースだとか逆行だとか諸々の特殊設定の存在否定する気はさらさらない。好きな人は好きでいいと思う。

自分はその手の特殊な設定については全くと言っていいほど食指が伸びない。だからもう5年くらい作品pixiv投稿し続けているが、その手の設定の話を書いたことは一度もないし、Twitter上でも話題に上げたことは一度もない。好きとも嫌いとも言及したことがない。相互さんが仮にその手の作品を書いたとしても、全く反応しない。そういうスタンス活動を続けてきた。

ちなみに余談だが私がオメガバースなどの特殊な設定を書かない理由は、自分創作スタンスが「原作世界線の中で物語を作る」であるからだ。繰り返しになるが二次創作というものを行なっている時点で作品世界から逸脱していることは理解している。だが、それでも「性別を変える」「物語のあり方を決定づける出来事をひっくり返す(例えば死ぬはずの登場人物生存している)」

といったことはしないというのが自分の中でのルールとしてあるのだ。あくま自分の中のルールから、他の人が書くことには何も思わない。書きたければ書けばいい。

だが、書けない・書かないものを求められると話は変わってくる。前述の通り自分オメガバースなどの話は微塵も触れずにいるし、100以上あるpixiv作品にもイベントで出した本にも一切その手のものがないのだから、「この人はオメガバースとかは書かない人なんだな」と察せそうなものである。にもかかわらず時々やってくる「オメガバース書いて」のリクエスト。文面から察するに同一人物ではなさそうだ。ただ、そのどれもが「オメガバース(あるいは逆行など)で◯◯な話書いてください/がいいです」という、さもこちらが当然その設定を好きで書いているかのような前提なのだ

たとえばこのリクエストが「貴方が書いているのを読んでみたいです」という文脈なら受け取り方も変わるだろう。だがしかし自分の元に届くのはなんでもいいからこういう設定のものが読みたい、そう感じるようなものばかりだ。本当にリクエスト主は自分文章を好いて読んでくれているのか? もしかして手当たり次第該当CPの人に送り付けているだけなのでは? と邪推してしまう。そしてそんな疑り深い自分が嫌になる。

自分場合、これらの特殊設定を「書かない読まない」というだけだが、当然これらの設定が地雷だという人も存在する。もちろんどんなジャンルどんなCPどんな傾向設定でも誰かしら地雷に思う人がいるのは当然だとは思うのだが、オメガバースや逆行などは明らかに作品の外部から持ち込んだ特殊な設定なわけで、「両片思い」とか「悲恋」だとかそういったものに比べたら当然地雷率は上がるはずだ。何度も言う。これらは特殊な設定なのだ

からこういう特殊な設定をリクエストする場合は、リクエストを送る前に果たしてその作家がその特殊な設定を扱っている人間か、というのを確認して欲しい。既に書いている人なら問題ないだろう。作品にその手のものがないし普段から話題にも挙げていないのであれば、そのリクエストはやまたおいた方が無難だと自分は思う。世の中には自分地雷を◯◯は地雷だと大声で話す人もいれば、こっそり見ないように・かかわらないようにする形で地雷自衛している人たちもいる。

そしてオメガバースをはじめとするバース系や逆行、転生、成り代わり入れ替わり、生存ifなどが「特殊な設定」であることをくれぐれも認識しておいて欲しい。ちなみに今あげたのはパッと思いついたものだけなので◯◯も特殊設定では?とかそういった野暮なツッコミはご遠慮頂きたい。

最近は夏のせいかまりにもこのタイプリクエストが多いのでお題箱を閉じようか迷っている。ミュートで対応はなんだか角が立ちそうだし特殊設定にあたる用語やその略称を全部ミュー登録するのはあまりにも億劫からだ。

こんな文句を垂れているだけの、文字書きとは思えない駄文を読んでくれたそこの貴方、読んでくれてありがとう

2021-08-09

一年半ほど商業BLばかり読んでいて考えたこと。

漫画ばっかり読んでるからほとんど漫画の話。



それはそうと、百合オタクとかTLオタクの人の百合作品紹介やTL作品紹介文を、私は読んでみたいなぁ。

追記

id:ichigocage

両方読みたいです♪

2021-07-31

anond:20210730164344

最近商業BLは攻めと受けの体格差が少なくなってきているそうな。

なので、数年前はニッチ趣味だったマッチョ受けというのが、一般の受けの筋肉増量により稀釈されて目立たなくなったらしい。

そして、男性同士で恋仲になることへの障害の少ない世界観物語が多い。

一応はポリコレ配慮作品も出てきており、危険な性行為を描かない作品で人気のものもある。成人×少年BL少年同士での18禁はあまり見られなかったりする。

BL禁忌性がめっきりなくなってしまった昨今だけれど、数年前に海外発のBL文化オメガバース」が輸入されてきた。これは自然発生的なブームではなく、出版社ふゅーじょんぷろだくと意図的流行らせたものだ。

オメガバースによって格差恋愛が復活してきた。また、オメガバースのおかげで海外BL特殊設定に興味が持たれ、Dom/Subユニバース(主に遺伝によってSMのSかMとなることを宿命づけられているという設定)も輸入された。

そして、BLに限らないけど、最近では格差恋愛可能にする設定として時代もの異世界もの獣人ものがある。最近結婚ものというか輿入れ譚が流行ってるようだ。本屋のTL(中高生の好みそうな少女漫画的な作風で男女の恋愛を描いた、エロあり18禁ジャンル)の棚の端から端までどの本の表紙も結婚している……。

2021-07-10

女体嫌いの女好きなので、受けをメス化してしま

どうしてBL同人で受け役になった男は、言動が女っぽくきゃわゆく描かれるのがメジャーなのか。

それは、腐女子の中には女体嫌いの女好きがかなり多いからなんだろうな。

女体は見たくないが、女の子みたいに照れたりキュンとしたりする言動は好きだし、そんなかわいい存在が男女恋愛テンプレをなぞって女役として愛されたり挿入されたりしてるのが好き、という多くの腐女子のホンネが、受けを女の子っぽくするのだ。

ケンコバ自分のことを女体は好きだが女嫌いと称したけど、その反対だな。

(ちなみに、ミソジニー男を叩く時に「女体好きの女嫌い」を使う人が多いけど、ケンコバ自己言及が元だと知らない人が多そう)。




ケンコバ他者である女についての好き嫌いだったけど、腐女子の「女体嫌いの女好き」は自己嫌悪が混じってくるのでグチャグチャしてるんだよな。

しろ自己嫌悪こそが核心なのかもしれん。

物語には女キャラが少ない方が嬉しいけど、現実女性アイドルは好きですみたいな腐女子は、女体全般ではなく自分の女体への嫌悪デカい故とも考えられる。

リアルアイドルの女体は感情移入しづらいのであくま他人存在と感じやすいが、物語の女体は自分を重ねて読んでしまやすい、だから物語で女キャラが目立ったり性に絡むと苦痛、という心理だな。

自分の女の体は嫌いだしそれを思い出させられるのも嫌だけど、女性的な振る舞いをする存在はかわいくて好き、男女恋愛テンプレに則った交際セックスが好き。

そして受けちゃんを女化したうえで自己投影することで、自分の女体は脱ぎ捨てつつ、女性人格承認され、女性っぽく愛されてる気持ちになれる。

浅ましく感じる人もいそうだけど、別に悪いことじゃあないよなコレ。過剰に浅ましく感じる人は、自分の女的欲望を憎んで抑圧してるから解放した方がいい。

ただし、男役女役の恋愛テンプレが大好きなくせに、表面的な肉体が男キャラBLを好んでるってだけで「腐女子ジェンダーフリーだ、先進リベラルだ、マイノリティ理解がある」みたいな態度を取る腐女子はよくない。

自分の女体嫌いと女好き欲望不一致を無理矢理解消してるだけじゃねーかっての。

世間一般の男女恋愛に馴染めなかった私たちって異端だよねフフ、みたく悦に入ってんじゃないよ。女体嫌いという意味では少数派だけど男女恋愛規範好きという意味では多数派から、思ってるほど異端じゃねーよ。

オメガバースなんかも「男役、女役は完全固定! 世界設定として覆らないことにします! だけど女体は嫌いなので、体は男同士でもアルファオメガという性別を加えておきます! 女体を見ることなく男女恋愛テンプレに則った話をどんどん書こう!」って欲望発散に便利だからあんだけ流行ってる。

オメガバは悪くないが、オメガバがセンス・オブ・ジェンダー賞の大賞もらったのは流石にガバガバよって感じだ。

BLオメガバも、ムリヤリ大義名分を持ったり社会運動に繋げずに、真面目に快楽エンタメとしてやってけってね。(真っ当にリベラル思想からやってるタイプBLだったら、それをかかげるのは正しい)




ちなみに、「女体好きだが女は嫌いなケンコバ」の反対としては「男体好きだが男は嫌い」も考えられる。

こっち方向だとミサンドリー腐ェミっぽさが強くなる。

もちろん、腐ェミと非フェミ腐女子はパッキリ別れるわけじゃない。

「女体嫌いだが女好き」という、自己肉体嫌悪と、かわいく優しく柔らかい人格への好意に関心が強ければ、イチャつきメス化恋愛作品を楽しむ腐女子っぽい活動が多くなる。

「男体好きだが男嫌い」という、男の肉体への好意と男の人格への憎しみが強ければ、腐ェミとしての活動が多くなる。

ちょっと脱線したな。




ということで元増田のこの疑問の答えもわかることでしょう。

なんで自分に自信満々な筋骨隆々ガハハな男が、突然内股になって下げ眉困り顔で頬赤らめて生娘みたいな貞操観念の鈍感男になって「ふぇっ?」とか声あげて攻め「可愛い…っ!」ってなんのよ

受けの皮を被ったそいつは誰なんだ

そいつは受け男の皮をかぶった腐女子ちゃんです。

anond:20210629070253

2021-07-08

anond:20210708110204

BL「受け」だ…

あとオメガバース「Ω」だ…

キャラだけど完全に女漫画家・女読者の苦しみが仮託されてる

2021-07-06

本当にポルノ垂れ流しにさせろ腐女子はどうしようもねぇなってお気持ち

いつもの増田 (anond:20210706062440)

> うーん…

> 例えばオメガバースの出来た経緯は、英語表記カップリングだと読むまで攻め受けが確定しないからα=攻め、Ω=受け、みたいに、攻め受けを固定したい英語圏腐女子の方々が作ったものみたいだけど

> それが今かなり王道の設定として使われてるんだから、攻め受けを気にしてたひとも少なくなかったんじゃないか

 

そんな事実は無いです

トランスマスキュリン(trans masculine)だとかトランスフォビア(transphobic)だとか退行的(Regressive)だとかは言われてるけど、

「攻め受けがしかったんだよ!!!!」とかはやって無いです

 

そして非道徳的な悪い要素を含んでいるけど『ポルノ』だから分別を持って適切に公開されてるならいいじゃない『ポルノ』なんだしって感じです

 

ところで受け攻めを固定してる日本の単なるフェチポルノの BL(やおい)はちゃんと 『ポルノだって認めましたか? 

anond:20210729104227

 

 

いつもの増田

> それにサウスパーク公式CP地雷公式凸した人っていうのは「受け攻めに厳しい腐女子」の枠に入らないの?

局所的な話をされても困ります

というかそれBLでなくて同性カップルファンでも異性カップルファンでもただのおかしな人では?

anond:20210706061602 anond:20210706062052

「含まれる」=「全部だとぉキィー」

海外にもいる」=「スタンダードだとぉキィーー」

具体的には?引用すれば済む話でしょ?

しろ無知からおかしなこと書いてるのならあるが?

   

いつもの ↓ 

(キッズアニメ図書館に対して)

増田:全部アングラコンテンツじゃねーか

増田:"『受け攻めとかいポルノフェチ押し付け基地外文化』が英語圏一般的って主張でいいか?"

   だからいいですけど

増田: AとBってキャラがいたらA/Bみたいにしてスラッシュ入れて、先に来る方がタチ

増田:例えばオメガバースの出来た経緯は、英語表記カップリングだと読むまで攻め受けが確定しないからα=攻め、Ω=受け、みたいに、攻め受けを固定したい英語圏腐女子の方々が作ったものみたいだけど

増田:それが今かなり王道の設定として使われてるんだから、攻め受けを気にしてたひとも少なくなかったんじゃないか

増田サウスパークやおい回とかそんな話じゃなかった?

増田:PG(年齢指定なし)

anond:20210706060753

うーん…

例えばオメガバースの出来た経緯は、英語表記カップリングだと読むまで攻め受けが確定しないからα=攻め、Ω=受け、みたいに、攻め受けを固定したい英語圏腐女子の方々が作ったものみたいだけど

それが今かなり王道の設定として使われてるんだから、攻め受けを気にしてたひとも少なくなかったんじゃないか

それにサウスパーク公式CP地雷公式凸した人っていうのは「受け攻めに厳しい腐女子」の枠に入らないの?

2021-07-05

anond:20210705141040

オメガバースってなんかみんなで共有するには

変に複雑なわりにそれ独自のうま味みたいなのが薄いと思うんだよね

オメガバースってあるじゃん

あれってさ

クラスの隣の席に獣人がいて発情期が来るとフェロモンまき散らして周囲の男がみんなその気になっちゃ

っていうエロ漫画と同じ構図だよね

2021-06-27

宇多田ヒカル出産たかどうかとノンバイナリーかどうかは関係ない」って言ってる人…

出産した時点で女性自認だと判断するのは当たり前では?この人の中ではそうじゃないの?

何だろう、オメガバースとかの世界に住んでる人なのかな…

anond:20210627121008

オメガバースオメガっぽいよね「普通の女」。

オメガ蔑視されているかオメガであることが分からないように生きなければならないという設定もしっくりくる。

そりゃ蔑視されるでしょ…ってなる性質

2021-04-20

同人女は占われたい

※これは占ってもらった結果の備忘録です

二次創作だけど人を驚かせるような面白い小説を書きたい そんな気持ちが去年の冬ごろからずっとあった

二次創作はすぐに読者がつくけれど読む人間の数が限られる

から思い切って新規読者開拓のためにオリジナルを書き始めようかと冬の終わりに思った


から思い切って占い師に占ってもらった

なぜ周りに人間相談するではなく占い師を選んだのかというと

単純に相談して失敗したかである周りは私の欲しい意見を持っていなかった


彼女たちにとって二次創作交流であり

自分の考えた最強のカプ論を積み重ねた努力作品昇華させるというものではなかった

私ははぐれメタルだった


その方は神奈川県占い師をやっている方で 自身二次創作をしているので同人に明るい方だった

その方に占ってもらったのは2回 3月と4月に占ってもらった

直近で2回とか自分でも馬鹿だと思っている


1回目は緊急事態宣言もあったので電話選択した

電話だと移動時間ないし メモも沢山取れるし良いと思ったのだ

これ間違いだった 自分メモをとるとメモに集中してしまうたちだった

私は占星術でいうところの厄年にあたっており

開口一番「今日は書くのを止めないでとお伝えしに来ました」と

言った彼女に「大丈夫ですか?」と心配されてしまった

メモに集中しすぎて話聞いてないだけだったのだが

気がつけば1時間ほど話していた

「大変な時期ですからまた何かあったら電話して下さい」

何かとはどんなことを言うんだろうか?

私は真剣に考えあぐね 曖昧な返事をして通話は終わった


本当は自分作風とか創作に行き詰ったとき対策を聞きたかったのに

呆然としてしまって聞けなかった 反省した

占いするのに事前準備は必要だし

占う方法も人には向き不向きがあると学習した

占いをしてくれた彼女Twitterには面白そうな体験談がいくつもRTされており

私も彼らのように作風とか 制作の仕方とか 活動スタイルとか

そういうのを教えてもらったのに厄年で全て終わってしまった

ここは「よっ、さすが厄年!」というべきなのか


というわけで4月某日リベンジした

占い師さんがTwitterで「今日は予約が無くて暇」とツイートしているのを見て

私は乗り換えで躊躇したものの 結局電車に飛び乗った

「やらないで後悔するくらいなら、やって後悔しろ」というタイプなので

乗り換えを間違えたら諦めて帰るつもりだった

結果私は乗り換えを間違えなかったし 店にも無事着いた


「前に電話で占ってもらって厄年だって言われたんですけど

作風とかあんまり変わらない部分なら見てもらえるかなと思って

今日は思い切って来たんです」

さな部屋に置かれたテーブルにつくと

かいに座る占い師に私はつとめて明るく言った


作品の傾向について】

占「あなた二次創作という名の一次創作する方ですね」

私「あっ、はい 確かに全く関係ないパロディでなん万字も書いたりしま

 二次創作楽しいんですけどずっと界隈で浮いている気がして、オリジナルやろうと思ってるんですけど どうでしょうか?」

占「何かからインスピレーション受けて制作するタイプなので二次創作向きではあるんですよね

 でも二次創作の皮かぶった一時創作なんでオリジナルも行けると思いますよ!」

私(インスピレーション受けて一次書くなんて 厄介な奴だ)

占「作風は…刺さるもの書けますね。あと 深い話が書きたいタイプです

 エロもいけますね ラブコメっていうか…なんか変なシチュエーションを大真面目に書くタイプ

 キャラ人外がよくて 道具プレイとか良さそうですね!」

私「刺さるは言われますね(占星術の筈なのに、どっから出てくるんだその情報?!)」

占「客層は二次創作なので原作好きが読まれるのは勿論ですけど

 あなた作風が好きでついている固定ファンが多いです 放っておいてもどんどん寄ってきますね」

私「ああ、確かになんも考えてないのに泣いたって感想ますね」

占「なんも考えてないわけじゃないと思いますよ;」

私「通り魔みたいに刺して、読み終わった後もしばらくは悩んでいて欲しくてw」

占「刺されて死んだ人たちがどんどん寄ってきますよ」

私「死者の軍団を引きつれるとかネクロマンサーかな?」

占「いいじゃないですか!ネクロマンサー目指しましょう!

 ずーっとこの作風何かな~って考えてたんですけど虚〇玄ぽいです

 心温まる話に見せかけて地獄に落とす 虚〇玄を目指しましょう!」

私「んふふw」

占「厨二心を思い出して書くと良いですよ!」

私「厨二www」

創作するときアドバイス

占「集中力もありますし エネルギーアイディアもあるし…特にいうことないですね」

私「え?(他の方は時間決めてやるとか言われてたのに?!)」

占「あえて言うなら目標ですかね。目標さえ決めればそこまで一気に突っ走れます

 突っ走れるだけの集中力エネルギーあるので 火がつくと一気に書けちゃいます それに任せるだけです」

私「確かに1週間で1冊とかやったことありますけど でも これってどうなのかな?と止まることもあります

占「止まるからダメなんです 振り返っちゃうダメ 振り返るとしても終わってから

私「ふーん…そうすると、やっぱり(目標は)同人誌なんですかね?」

占「うーん……商業出来るんですよね」

【これから活動について】

私「あ、これから活動をどこに向けてやるかじゃなくて

 目標設定が必要ですよねって意味です」

占「ああ そうですね 締め切り必要なので同人誌作るといいですね!

 今は厄年というか テコ入れの時期で

 次の段階に行く為に意識改革されていくタイミングなんです

 だからプロを目指していくというのはいいと思います

 しばらくツラい時期は続きます

 今年は土壌を耕す期間だと思って1年やれば

 来年にはものになっていると思います

 2月に転機が…いや 4月に転職しそうなので

 4月から商業に移りそうです」

私「て、転職してまだ数年なのに…」


自分でもホロスコープ調べましたが2月問題解決

 4月転職兆しがあるようです


【他に占ってもらえたこと色々】
・何かにハマる時期

私「占いって色々分かるんですね~おもしろ

占「新しいジャンルにはまる時期とかも分かりますよ!

 えっと…来年1月ですね」

私「来年1月…じゃあやっぱり今年で現ジャンル卒業か」


創作の仕方

占「付箋とか使ってアイディア出しとくといいですよ」

私「付箋に出来事書いてプロット書くやつですか?」

占「いや、付箋に思いついた台詞とか場面を書いて それを貯めて置く箱を作っておくんです

 とっておいた付箋からインスピレーション受けるタイプですね」

私「あー、心当たりあります

 書きかけの文章とか取っておくんですけど 書いた当初はそれ以上思いつかなかったのに

 忘れた頃に見ると新しいアイディア出るんですよね」


同人誌の流通について

私「この間オンリー合わせで本出したんですけど 思ったよりも通販動かなかったです」

占「イベント出た方がいいです 通販なぜか動かないタイプですね

 イベントで動くタイプ イベント行くとエネルギーもらうんでいいです」

私「DL無料頒布は130ぐらい出たんですけど…通販は50もいかなかったですね

 DL通販は別物なんでしょうか?」

占「通販だと買いにくいって人結構ますよ」

私「今は出たくないんですよね」

占「友達には会いたいけど 隣近所の人に興味ないタイプですしね」

私「ふふっw(バレてやがる)」


同人誌作るうえで気を付けること

占「装丁を凝るといいです!」

私「え?そうなんですか?」

占「私のおススメはエナメルで白飛ばしです!」

私「いいですね(すっげぇエロすすめられるな)」

占「装丁凝ってイベント行って 目にとめてもらうのが一番いいです」

私「じゃあ今度は白飛ばします!」


メンタルについて】

占「オリジナルでは書く時はキャラキャラだと思って書いて下さい 自分重ねてしんどくなるタイプです

 二次創作の時は大丈夫なんですけど オリジナルになると自分を出したくないのに自分投影して苦しむことになります

 メンタルを持ってかれてしまうので そこに気を付けて下さい」

私「え?二次創作だけどしんどいんですけど 周りから受け君と考え方同じタイプって言われてマジでしんどかったのはその性?」

占「……(優しい微笑み)

 エゴさしちゃタイプでもあるのでスマホ触る時間を予め決めて あまり触らないようにするといいですよ」

私「分かりました! コロナ対策でやったので余裕です!」




こんな感じで楽しく同人創作活動について話せて大満足して帰りました

恥ずかし過ぎて誰にも言えなかったんですけど

商業が出来る方ですから来年商業やられてるかも」

と言われてとても驚いたと共に嬉しかったです

前にオリジナルやろうとして挫折したときがあったので


二次創作ではなくオリジナルやりたいと思ったのは

単純に万人受けするものが書けないからです

ブクマ数を目標にするのは限界があると感じました

占い師に指摘された「目標を掲げるといい」というのは

まさにここにも繋がってきます

努力して超えるハードルが私は欲しかったんです


ちゃん系とか 〇〇掲示板とか んほぉ喘ぎとか

女体化とか オメガバースとか ラブラブとか

私はライト層向けの話が書けない

読みやすく 万人受けし 絶対多数を味方につける

理屈を分かっても書きたい話じゃないので

pixivランカーには決してなれないんです

私は目の前にあるハードルを越える力はない

入っても100位以上 50位以下 そんなもん


ジャンルの衰退に関係なく沢山の人に読んでもらいたい

自分自身技術を磨いていきたい

そう思ったときに「ここにいちゃダメなんだ」と思いました

単純に数に振り回されてメンタルおかしくなるし

周りの人間関係を気にしてストレスが増える

そして二次創作自分技術が上がったかどうか確かめるのは

とても難しいことなんだと気づきました


なにより交流せずにひたすら書きたいタイプなので

交流がなくなって行くごとに私の作品は読まれなくなりました


交流しなくても感想はもらえます

二次創作では交流宣伝力に直結しま

宣伝されない作品は単純に読まれません


だって誰かが評価した作品が読みたいんです

確実に面白い作品が読みたいんです

私もそれ読んだよって友達と話したいもんです

それを批判する権利は誰にもありません

そこには楽しいこと 面白いことを誰かと一緒に共有したいという

大きな人の流れが確かに存在しているだけなんです


私にはその大きな流れを乗りこなす技術もなければ

乗りこなしてやるぞ!と思う気もないんです

ただ目標を作って超えたいだけなんです

簡単にいうと、毎日成長したいだけなんです

生きている限りスモールステップしていきたいんです


なので私はこれから違うハードルを設定して

それを乗り越える努力をしていきたいと思います

ダメだったらダメでいいんですよね 死なないんだから

次の場所に行こうと思う気持ちを誤魔化すのは

これでもう終わりにしようと思います


占ってもらう動機

自分のことを全く知らない人間に 自分の悩みを聞いてもらいたい」

で私は十分だと思っております

2021-04-18

同人日記

なんか最近苦手だとおもえるやつ

・にょた学園もの女装学園ものカフェパティスリーレストラン殺し屋戦争・同世界転生(モブ多め)

ネタはよほど上手じゃないかぎり帰ってくれ 取材がたらん 検品せずに納品書にサインする間抜けな味方描写がおおすぎる(でも敵はちゃん検品する。敵方就職しなおしてOJTうけたほうがいいぞおまえら

オメガバース男性妊娠)はギリギリ通れ、だが遊郭おまえはダメ

オンラインコントロール玩具ギリギリOKだがご都合触手とご都合媚薬、ついでにご都合自白薬、おまえらはかえれ

とりあえずなろう系転生はアニメ化でもしなきゃふれないことにしてるけどな

 

JJTKISN(原作)のなにが偉いってななみ○やい○じがいるとこやで まあ編集者がいててもギリギリ通れなんやけど

MTカラス存在が都合良すぎるけど自己ツッコミできてるのと里襲撃があったのがギリギリリアル

DRSTNは材質の強度計算たまに無視してるの気になる(トンの圧で潰れない・割れない竹が生えてたら切るの大変やろ)

SRIM転すやつ、いいスライムと悪いスライムがご都合すぎてハーレム欲見えすぎ

2021-03-21

anond:20210319130223

なんというか、男と女で描くと「そうはいっても女だって楽しんでいるんだろ」とか「それでいい思いさせてもらえるんだからいいだろ」みたいになっちゃうんだけど、男と男だとド直球に「それは人権侵害以外の何者でもない」となる感じはする。

オメガバースに関しては、古風な夫婦観や家族観をそのまんま持ってきてるものと、男女の夫婦観の非対照性を乗り越えて対等のバディとしてやっていこうというもの、両方があるようだ。

2021-03-19

anond:20210312110733

なんで腐女子って男娼とか美少年奴隷オークションスパダリ石油王落札みたいな人権侵害構造が好きなの?

オメガバースとかも女が女のために作るフィクションにおいて先天的特性地獄生殖地獄が描かれていて、なんでこんな地獄に興奮してんのって引く

元増田は知らないけどポリコレがどうのとかTwitterで主張しながらオメガバース好きな腐女子とか本当に意味不明

2021-03-15

anond:20210315221729

そもそも「昔の藤島康介漫画とかバブル期創作」と悪役令嬢でも20年くらい時代が違う気が

BLだって風木とC翼とオメガバースじゃ大分違うし

具体的にどんな要素を指しているのかわからん思い込みも激しそう

2021-03-09

anond:20210309234625

尊い辞書を見れば答えが書いてある

 

もうひとつはこれだが定期的に同じこと聞いてるよな。知的境界線を感じる

エロチャも有料だしオナニーを見ていてあげるのも有料だぞ

なんで腐はBLオナニーしてることを隠さなきゃいけない感じなのか

別に本人はアナルに興味ないのに、エロはすべて自己投影という世界しか知らない派の人から

SNSとかで突然腐女子ちゃんアナル興味あるよねはあはあみたいな扱いを受けるのがめんどくさいわけですね

>(そんな奴おらんやろとおもったら居るみたいなことがある世の中なんですね)

ロリコン性犯罪者やろ?と界隈の内部事情をよく察してない部外者の異性からぶしつけに責められる的めんどくせ~~~~さがあるので

>全員淑女ですことよ!!!!!ということにしておくのが一番害が少ない、少なくとも現状は

まぁそうなんだろうなと推測する

嗜好のイデアが先にあるってわかった上でも、

ヤプーイース人みたいな女性権威主義(ちんこやす)をやりたいだけ違う?

オメガバースとかも出産代行の子宮畜(ヤプム)じゃないのぉ?とか思わず頭を過ぎるもの

もちろんそんなことはなくて、嗜好のイデアが先に来ているのだから必ずしも自己投影では無いが正解なんだけどね

かに『全員淑女ですことよ!!!!!ということにしておく』のが一番面倒が無さそう

あと他の増田にあった、

ホモソーシャルの鉄の掟で「BL自分の性欲を持ち込むなど言語道断の不届き者、晒し首にして市中引き回し、末代まで被差別身分にしてやる」レベルなのよ

体育会系集団の「同性愛など言語道断、この恥さらしの軟弱ゲイ野郎」みたいな感じかな。とにかくすごいホモソーシャル圧力

最近ではウーマン・リブ的な感じで「BLオナニーしたっていいじゃん?」という腐ェミニストのツイートがようやく数百RTくらいはされるくらいにはなったが、まだまだだよ。

だな

2021-02-25

腐女子だけど、BLやらTLに出てくるセクハラ紛いだの無理やり描写だのには心底うんざりしているよ

価値観アップデートしろって思ってるよ

無理やりからの「体は正直じゃねえか」から大団円って流れ、男性向けエロ女性向けエロわずクソだわ

追記

そういえば好きではないけど、BLに増えたオメガバース設定は発明だなと思ってる

あい舞台装置があればまだ見られる気がする

男性向けにオメガバース流行らんのかね

2021-02-18

人形遊びをしてこなかったので

人生のうち3回ほどアニメゲームにハマったことがある。

私は飽きっぽいイケメン大好き人間なので、ピンとくるイケメン運命出会いを果たした時にオタクになる。

1回目は中学生の時。

2回目は大学生の時。

そして3回目が現在

中学生の時はSNSが普及していなかったしすぐにバンギャになったので別として、大学生でハマった時からムズムズすることがあった。

推しを「バブちゃん」と呼んで赤ちゃん扱いする文化と、ぬいぐるみを愛でる文化。ムズムズする。

これらがどうにも慣れない。同じような人がいないか検索をしても、現れない。わたしだけでしょうか。

赤ちゃん扱いに慣れないのは推しには男らしくあって欲しいと思ってしまうからだと思う。男性キャラに男らしさを求めるなんてステレオタイプで令和に合っていない。わかっている。善処します。

それ以上にぬい遊びという文化がムズムズする。

キャラクターのぬいぐるみを着せ替えして遊んだり、シチュエーション毎に複数キャラを並べて撮影して一つの物語に仕上げる。

かわいいメチャクチャかわいい

女の子といえば着せ替えとお人形ごっこ遊び。それらを極めし大人女の子たちの嗜み。

なのに私は慣れない。どうにもむずむずする。

ぬいぐるみ自体を持つことは平気だし、大きくてブサイクぬいぐるみや、某うさみみパーカーを着た可愛らしいぬぐるみを持っていたこともある。カフェにも持っていった。

なのに、友人がぬいぐるみを持って私のぬいぐるみに話しかけた途端、フリーズする。私も、私のぬいぐるみも。初めてぬいぐるみ越しに話しかけられた時はさながらスペース猫状態だった。

そういえばリカちゃん人形シルバニアファミリーも持っていなかった。ぽぽちゃんは持っていたけどおもちゃベビーカーに乗せて家の中を走り回っていた記憶しかない。

メイクができるのっぺらぼうのバービー人形の顔は、マッキーでお手製の目と鼻と口をつけてあげていた。

幼稚園児のくせに、どうやって遊んだらいいかからなかった。今もわからない。

小学生の頃友人とリカちゃん人形遊びをしたとき、遊び方がわから一言も発せなかったので無言で暴れる狂人を演じていた。友人たちはリカちゃんをピョコピョコ跳ねさせて可愛く会話していた。以降私はお人形遊びに呼ばれなかった。最初最後のお人形遊びである

そうしてお人形遊びをしないまま20代半ばになり、お人形で遊べなくて困っている。

ぬいぐるみ漫画なんかにも登場する。「ぬ〜〜」と喋っているし、セックスもする。

もう大混乱である。スペース私。

何度見てもびっくりする。正直オメガバースよりびっくりした。

オメガバースってオメガが産むからオメガバースなんですか?

ぬい文化に慣れない人っているのでしょうか?

疑問を解決するためにも見聞を広めたいと思います。おわり。

2021-02-05

ジャンルのおば臭さがきつい

別におばさんで同人やるなって訳ではない。

自分のこと考えても年取ったくらいでオタクやめられるとは思っていないし。

だけど同人垢が子供の話、旦那愚痴上司部下の愚痴コロナ話題政治に対する愚痴にまみれてると流石にしんどい。

本当にその辺のカフェでだべってるおばさん達の世間話みたいで、これ同人垢だよな?ってわかんなくなる。

自カプの話してると思って見に行くと、原型とどめてないパロか下品レベルエロを垂れ流し。

ジャンル規模はそこそこだろうけど、供給がないとこうなってしまうんですね。きっつい。

まり考えたくないけど実体ベースであろう妊娠ネタとか家族パロとかが嫌いなんだよ。原作でかっこいい推したちはそんなに所帯じみてない。

エロ系も恐らくほかで見たシチュとかを無理やり推しカプに当てはめただけのやつ。オメガバース、お前のせいだよ。

二次創作なんて自己満足だろうけど、見る側がどう思うのかも勝手だよね。

おばさんになると恥とかなくなるのかな。「おばさん」って心の中で呼んでるのも本人が年齢を匂わせるツイしてたか憶測ではない。

自分もあと数年後にはゆく道だとしても、あん下品な女にはなりたくないね…本当に…。

おばさん達も日常がつらいか同人活動が人生のうるおいになってるんでしょうね。

私も同人楽しいからやってるからわかる。

でもあのおば臭さは何とかしてくれ…傍から見るとおばちゃん文芸教室みたいできついんだ…。

最近は一々見る必要もないことに気が付いて全部ミュートにした。

自分の垢もワンクッション置いて作品上げるだけにしたらすげー快適になった。

でもたまに気になって覗きに行くと前と変わらずなのでこのままにする。

すごい失礼な自覚はあるから匿名で吐き出したかった。

すっきりした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん