「技量」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 技量とは

2018-05-14

anond:20180514152515

それはお前の技量だとタマキンじゃなくてスネに当たるだろうな

涙出るほど痛いでは済まないぐらい痛いからそれはそれでいいんじゃね

2018-05-12

anond:20180512182508

いきなりはテクニカル的に無理だよ。

まずはフェラのみ、クンニのみで技量を磨くことが大事

双方ともに上手くできるようになったら、69を試すと良い。

2018-05-02

オカズにされる事前提か否かでは?

オカズにされる事前提の物を描いているか否かじゃないかな?
極論かも知れないけれど、苦境に立たせるために必ずしもエロいシーンは必要ない訳で、エロいシーンを入れなきゃ
苦境に立たせる事が出来ないというのは、作家としての技量不足だと思う。

エロに走るのは技量不足の部分への言い訳じみてるって思われてるんじゃないかな?

俺いわゆるリョナ絵描きなんだけどへのコメント

2018-04-20

まあ音楽業界全体がライブで食うみたいなことになったおかげで

下手糞でも容姿が良ければ重用されるみたいな枠は拡大してますよね

一方技量のみで勝負するような人はひたすらインフレが止まらなくて死屍累々みたいな

anond:20180420211231

お前が社長監督だったら歌手とか役者とかをどうやって決める?

純粋技量で選んだらもののけ姫おっさんとか音楽大学を出た太った30女とかだよ

そんなのかねを払って見る人いるのか

リスクがあっても枕を無理強いしたくなるような女こそ客が金を出して鑑賞したいメスなんだ

2018-04-18

尻切れトンボ

ここ数ヶ月のことのように思われるのだが、エスノセントリズムという言葉をよく耳にするように思われる。人間多かれ少なかれ他者より優れていると思っていたいし、人間多かれ少なかれ他者より劣っていると痛感することもある。

この時期は新しい生活環境となりストレスが溜まりやすいように思う。自分は早くも五月病発症しかけている。新しい環境に馴染めず、一歩引いて周囲を見渡さざるを得ない。すると周りの人間が皆馬鹿に思えてくる。皆、馬鹿、というこの二点に関しては少々誤解を招く恐れがあるので捕捉する。まず自分はさして頭が良いわけではない。このような文章をつらつらつらつらと長ったるくまどろっこしく書いている時点でお察しかと思われる。だから自分から見て全員、ではない。が、目立った言動が全て、というニュアンスで捉えて貰うのが的確かと思われる。馬鹿、というのは、浅慮である、くらいのニュアンスだろうか。自分でもなんと言っていいかからないので、便宜上こう書いた。

自分でこのことをつらつらと書いた文章不要な裏紙や日記に書き殴ったがどうしても誰かにこのことを述べたくてこの度こうして面倒くさいタイピングをすることになった。自分は今までそういった所に書いてきたので、整合性などがなく読みにくいかも知れない、これは自分技量が足りないせいだ。

ここでそろそろ本筋に戻りたい。人間万物尺度である、などという言葉があるがあれは全くもってこの世の真理を捉えていると思う、所詮人間など自分杓子定規しか物事をはかれないのだ。自分が嫌いな相手を、相手が嫌いだと決めつけてはなしをする。あるAという人物が居て、彼とはたかだか時間ほどのつきあいだが、それでももう既に彼が嫌いだと公言してはばからない人(流石にAの前では面と向かって言っていないが)にBがいる。BはAのこういう部分が(プライバシーに関わるので伏せる)ミンナ嫌いだというのだ。そのミンナの中にはA以外のその場にいた全てを指すので当然自分も含まれている。

残念ながら、私はBが嫌いだといった部分を逆に好いている。B以外のA叩きは個人感性問題なので同意することができるが、流石にBのこれにだけは閉口した。自分までそのミンナの側に入れられるのは溜まらなく不快であった。

ここでいうミンナ、というのは子どもおもちゃ屋に行き、そこにある玩具を指さし、ミンナ持ってるから買って、というのと大して変わらないものなのであろう。そういったことは私も十二分に承知している。だからわざわざその発言撤回を求めたりなどはしていない。

だが、その発言の裏には驕りがあるのではないか、と邪推してしまうのだ。自分の好きなものはミンナ好き、自分の嫌いなものはミンナ嫌い。そういう周りに対する言外の同調圧力のようなものを感じたのだ。

振り返ってみると今まで他人同調し、和合し、他者の中で揺れる人生を過ごしていた。そんな自分が始めて感じた違和感である。何かここにあるのではないかと思ったとき出会った言葉が冒頭のエスノセントリズムである人間多かれ少なかれ他者より優れていると思っていたいし、思っている人も多いだろう。そういったところから驕りが生まれてくるのではないか。現に自分とBが所属する集団は常にとある集団を劣っていると見なしている傾向がある。今までそれに疑問を抱かなかったことはないわけではないが、この一件を通してみると大きな疑問となって現れてくる。本当にその集団は劣っているのだろうか。確かにある部分では劣っているのかもしれない、だが、他の点では自分たちの集団より優位な点もあるのだ。それを無視して、劣っているとみなすことは単純だが愚直である。もう一度、自分と他との関係を見直す必要があるのでは無いか


だがこの文章を書いている自分も驕りがある!この文章は驕りに満ちているだけの空虚ものなのかもしれない。








 書いている間に睡魔が襲ってきたので正しく帰結たかからない。尻切れトンボのような文章だと思う。

2018-04-15

anond:20180415142658

始めた仕事について単価をあげよう。

単価は大まかに言って人件費の3倍程度。だから、時給3000-4000円程度はとっていい。それで断られるなら技量が足りないということではあるが、

それで受けれるのなら君の技術はやっぱり本物ということだ。それぐらい取るのなら、その収入で食っていくことができる。

それから、当然企業とは相性がある。自分仕事をとってきて集中してやれるというのは、大きい会社だと好まれないが、小さい会社だと好まれる。

で、多分エンジニア系だろうけど、その系の大学院進んだらどうだ?そうすれば、先生がいい会社見繕ってくれて推薦で1社受けたら自動的に通るようなことになる。

まあ、でも自分受託できるようなのなら、価格交渉をもうちょっときちんとやるようにして自営というのも手だけど。

後、マインドフルネスや478呼吸法もやってみよう。そういうガリガリできるやつは、落ち着いて振り返ることができないんだよ。

常に頭の中が今の技術のことでいっぱいだから。だけど、時々振り返って必要なことを見つけてしないと。

2018-04-12

anond:20180411093354

いわゆる文学小説トラブルとか事件の無い話結構あるでしょ

あの辺を参考にすればいいんじゃない

人間関係微妙な推移をメインに描く事になるだろうから求められる技量は高いと思うけど

anond:20180412014902

過去最高益だ! → 貢献した人はまず役員。ヒラで働いているお前には分け前の取り分がないというだけ。

昇進させるね  → 意欲を高めさせる良い上司。その上司よりも上にいる人間を納得させるだけの技量がお前にはないだけ。

昇給期待してね → 約束は守ってるじゃん。

給与額     → お前が気にしなければいいだけ。仕事に集中しろ

技術レベル   → 個人がそこそこならまずそこから高めていかないと駄目だろ。何でもかんでも会社に頼るな。

IT環境    → お前稟議書も書いてないだろ。

裁量労働制   → 文字通り裁量に合わせて労働環境を与えてるんだ。空き時間があったら仕事を回すのは当たり前。

転職するなら転職すれば?長続きしないだろうが。

 

2018-03-28

ジャンプで連載している全漫画の俺が最近好きな女性キャラを発表しま

キャロットワンピース

ゾウの人たちみんな大好きなんだけど、一人選ぶならキャロットちゃんかなあ。

いやほんと、ゾウの話よかった。そこだけ単行本買うぐらいには、全編通して一番好きな編だった。

・カチョウ、フウゲツ(ハンターハンター

生き残れー! 生き残れー! と願いながら読んでる。

あとPixiv毎日百合百合エロエロ画像がないか検索してる。

・たま(銀魂

ファイナルファンタジー編で大活躍してとても嬉しかった。

田中冴子(ハイキュー

田中先輩のお姉さんね。

超いい人だよね、現実にいたら超モテそうだと思うし、俺も好きになる。

萌えとかエロいとかいい女なんじゃなくて、いい人なのがとてもいい、好き。

秘書子(ソーマ)

モブかと思いきや的なキャラちんちん弱いんですう。

最近出番が背景や一言セリフが多いけど、

エリナ様の料理秘書子の薬膳知識が! 的な出番が約束されてるので、そろそろテンションあげる準備しておきます

喜多川真衣(ワールドトリガー

二次ガロプラ侵攻戦といい、A級遠征部隊選抜戦(加古隊、三輪隊、片桐隊、玉狛第二の四つ巴戦のことね)といい、大活躍した子です。

まさかキャラ造形に、トラッパーとしての技量も相まって、押しも押されぬ人気キャラですよね。

加古隊みんなのことが好き好きなことを隠さず3人とじゃれてるところとか、もう大好き。

僕としては、解説に出てたときから好きだったので、鼻高々です。

ラッパー同士の会議とか意見交換回とかも見てみたいですよね。

千鶴子火ノ丸相撲

第二部でなにしてるんでしたっけ?

すまん! しょうじき、第二部で名前キャラデザが変わったから、ついていけない! 単行本で読み返すまで適当に流し読みさせてくれ!!

梅雨ヒーローアカデミア)

いやもう、これは鉄板でしょ。

薄い本も買う程度にはエロ意味で好き。

ベル(ブラクロ

一番可愛いのに出番なくね?

・こゆず(ゆらぎ)

俺はおっぱいが好きな女の子が好きだってことは、みんなもうご存知ですよね。

そうです。

おっぱいが好きな女の子が好きなおじさんです。

・雛鶴(鬼滅)

天元の奥さんの毒使う人ね。

いや、あの、この人がいちばんの功労賞だよ!

この人いなかったら、確実に負けてたからね?

もっと褒め称えてほしい。

話も感動したし、いい話だった……

日向ハナビ(BORUTO

ヒナタの妹ね(ボルトのおばちゃん

アニメあんなに出番あるのに、漫画で出番ないの許せないんだけど?

おねショタ薄い本ください、作者は774さんがいいです。

ギルダ(ネバラン

最近出番ないっすね。

っていうか、ごめん、正直、今何で戦ってるのかわかってないや、なんかエマだけ逸れたあたりで一回読み飛ばしちゃってついていけてない。

単行本でまとめ読みするから許して。

真冬先生(ぼく勉)

えっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ

水着の回で思い出しオナニーします(単行本かおうかしら)

リリアン(石)

いやもう出番ない人だけどさ。

千空父編に出て来た歌が上手な人ね。

あの編よかったねー、あれはジャンプ名シーン十選は無理でも、百選には間違いなくいれるよー。

・いる?(ロボ)

女性キャラいたけ?

選択肢がねえよ(リコピン

じゃあ…… リコピン彼女で……

・読んでない(ぼうず)

ごめん!!!作品読んでるつもりが嘘ついたわ!!!

・雪ちゃんアクタージュ)

今のうち言っておくけど、この子絶対濃い設定あるよ。

誓うわ。

の子エピソード単行本3冊ぐらい必要な設定あるよ。

女の子候補が……(呪術廻戦)

いや、今まさに女の子の話だけど、まだどんな子かわかんないし……

先輩ちゃんはもう出てこないだろうし‥…

明日美(ものの歩

僕はね

おっぱいが好きな女の子の次に好きな女の子タイプ

女の子の格好をしている男の子女の子)なんですよ。

・二人しか候補いないけどまだ名前覚えてないや…… 死んでない方(ジガ)

あの人が「本来なら才能がないと使えない武器を、努力だけで使いこなす」とか

努力だけで才能を凌駕する」みたいな展開したら、この漫画好きになるけど、

そこまで連載続くかなあ。

2018-03-27

ウチの職場は「追い出し部屋」だった

今年、ウチの職場から正社員が3名、中途退職した。去年は1名、去年は3名。ウチ、まさに「追い出し部屋」なんだなと実感。

時系列をたどると、一昨年の三名の内訳はこの通り。

・50代の無能

→今までやらかしてたうえ、今までの自分粗相が心の傷になり。遂に制御不能になった。

・20代の無能

コイツは完全に「ゆとり教育」の弊害自分に対した実力もなく向上心もないくせにデカ仕事を望んだら対処しきれず自損。

新人

採用早々、職場学級崩壊してて。ヤベーと思ってか半年で辞めたのは慧眼だけど。果たしてそれは正しかったのかね?逃げられない連中の恨み、相当買ったぞ?

去年はこいつ。

・50代のコミュ力だけおっさん

→今から30年前、「借金の取り立て要因」として採用されたおじさん。コミュ力があるから、取り立ての役には立ったが、その後トータル的な技量が求められてきて「役に立たない人」扱いされた。実際、役に立たなかった。

そして今年はコイツら。

・20代のメンヘラ

職場オールウェイズ奇声奴なので、辞めてくれて嬉しい。

・50代の病気持ち

→意外と有能な方だったんだけど、睡眠時無呼吸症候群持ちで仕事中に突然居眠りしだす。日中ほとんど居眠りしてて、定時に仕事終わる筈ないから当然深夜まで残業。もちろん残業中も居眠りしてるから仕事が片づくはずがない。結局、いろいろ立ちいかなくなってリストラ対象に。

・同じく50代

→有能かつリーダーシップがあった方なんだけど、そのせいで仕事を抱え込んでしまい。仕事中に倒れて死亡、労災認定が望まれる。

ウチの職場、いわゆる僻地で。

どうやら県庁所在地におわす人事の連中はウチの職場産廃処分場とでも思ってらっしゃるのか、時々。いや毎年ヒデ人材をウチに送り込む。そうすると、長くても3年以内に立ち行かなくなって辞めてしまう。そういう意味では、ウチの職場はよくできた「やめさせ部屋」なんだなと思う。

そん職場に跳ばされて、もうすぐ五年になる。

2018-03-25

anond:20180228235610

僕だけがいない街」のママ高山みなみ)の北海道弁はやや違和感もあったけどなかなかだった。

そしてママ以外の北海道民キャラはみんな標準語でなぁ。

声優技量問題なのかなって思った。

2018-03-21

anond:20180321003149

そもそも組織づとめ、しか技量の差はあれ高が雇われの分際で、アレやだコレやだとかクソワロなんですが

2018-03-20

とりあえず自己顕示

狂気に憧れる凡人の話

 それはほかでもないぼくのことであるのだが。何よりもまずこのもったいぶっていかにも尊大そうな文章ケチをつけなければならないが、どうしてもこの文章じゃないと書けないのは、普段自分の頭の中をかけめぐる独白の数々がもう常にこの状態で、いくらケチをつかえようにも治らないのである。そしてその結果所々に綻びが生じる。そしてそれを許容するにはあと何十年も人生必要になるだろう。

 明け方明け方といっても現在午前19時である。日当たりのいる部屋に住むせいかカーテンを未だ閉めているせいか太陽を拝むことはないのだが、とにかくこの時間までぼくは寝れずにいた。寝れないときに頭を駆け巡るのはたいてい直近の過去反省か僕が主役の何かしらの劇的な映画である。ある時は正統を追い求めた結果化け物となる主人公を演じ、ある時は自分の人当りを恥じたり、ある時は海外旅行先で危うく性欲に負けそうなった事実を思い出す。現在過去からの逃避のためにぼくは狂気自分を追い求める。その狂気というのは目的達成のために没頭することができて周りを省みずそして周りもまた本人を認めている状態を指す。つまり自己実現自己顕示が両立した理想的状態に憧れる。そしてその状態過去いかなる自分構成している伏線を全て回収し、何等かの今現在の結果にすべて一本の柱で繋がることを求めている。求めているのである現実はそうはいかない。そのような狂気自分自分に舞い降りたことはなく、狂気の結果になったこともない。狂気を演じてみたこともあったがそこに生じたほころびはむしろ自分を苦しめることになった。つまりは結果が伴わなかったのだが、それはそうとしよう。なにより自分自身はどこまでも凡人で、その凡人さと、そして誠実さを追い求めていたという現実に直面したのである狂気理想、凡人も理想。でも現実は凡人。では理想は叶ったと思うが、これもまた難しい。この構造がよくわからない。凡人という層の上に狂人という層が乗っかっていて、その両方を求める自分がいるのであろうか。

 これはぼくの物語妄想に関連してくるのだと考える。ぼくの頭の中の物語、しばしばそれは12歳の頃から文章となって表現され印刷され、多くの人に読ませたりはたまた読まれたりしたわけだが、その妄想こそが平凡の上に狂気コーティングされている。つまり、世のなかに多く知れ渡るフィクションと全く同じ構造を取っている。具体的に言えばスターウォーズ

 例えば運命の申し子になりたがったり、運命に反逆し新しい法則を作り出す存在になりたがる。誰しも考える物語そうかもしれない。だからこの文章ありがちなものになり得る。それはしかし考え始めるとまた大変なので置いておく。

 まず、基本となる法則を追い求める。例えばスターウォーズでいう「フォース」であったり、よくある「運命」だったりする。「強大な支配者」だったりもする。そしてその基本となるものに、自分は「狂人」となり法則に準じて動いていく。妄想世界でこの法則絶対で揺らぐものではない。妄想世界ではぼくは絶対に間違えない。法則を間違えない。

 これこそがぼくの今の状態を作り出すのである。平凡の狂気の同居を求めるということ。つまりそれは究極的には平凡を求めているのかもしれない。絶対正しいとされることを妄信的に突き進めばぼくは幸せになれる、自己実現ができるという、ある意味思考停止を求めた状態なのかもしれない。価値観の氾濫するこの時代である。よく大昔の評論でいう「大きな物語」の終わった時代。それが昔。らしい。ぼくの生まれる五年ほど前にそれは終わり、今は価値観の氾濫する時代になっている。だからこそ強い価値観が生まれカウンタ―も強い。2011以後、それを強く感じている。もはや学べば学ぶほど何が正しいかからなくなり、そして終着点が分からなくなる。よくフィクションで言われる「それは己が決める」そうしたい。そうしたいし、それが正解だと思う。しか自分が間違える存在で、正しいところに合わせなければならず、もし自分がそれを踏み外せばそれすらしばしぼくの責任ではなく(大きく元を辿れば自分責任なのだが)、自捨を求められる「大きな物語」の中にいたぼくが、この物語の氾濫するなかでそれを選択し生きていけるのだろうか。しばしぼくらは尊重される。マイノリティだとしても悪いことだとしても、その個人尊重される。されるべきである。一方でぼくを取り巻く規範がぼくにどう作用するのか。二つの全く異なるコミュニティを行き来してきた僕に何がどう作用するのか。1984よろしく二重思考である「わかっちゃいるけどやめられない」「間違っちゃいるけど間違っていない」恐らくこの二重思考も誤りであるが。そしてぼくはどちらかを選択し逃避する。どちらも正しいと思うのに。どちらも正しいと思うから。これがまたややこしい問題を引き起こす。

 本当のぼくはとても乱暴狂信者である。属する二つのコミュニティ規範に対して。とても乱暴妄信的な狂信者である。その折り合いは結局、この22年間でつけることは出来なかった。そしてもう23年目を迎える。自己実現自己顕示などもう参照ファイルの一個としてもったいぶって時折閲覧する程度でいい時期である。それすらも間違っているのかもしれないが。ぼくのただの達観という自己満足自己実現の1つの妄想の中の確信の1つなのかもしれないが。だがどうしようもない。この疑い逃れに堕ちぬよう絶対を見つけるまで日向ぼっこしかないんだ。何日も何十年も雲のように漂って。とっつきやす欲望転々として理由を探していたけど。ある日ある事あって。また嫌になったんだ。これまでの世界にもこの文章にすらシラケてしまった。ぼくは戻っていった。あきらめと忘却千羽鶴のように歩む生活の往来に。さながら長澤知之である。回想を繰り替えし思考列車回送を繰り返しながらぼくは今日もぐるぐると回り先人を参照して一時満足しまた離陸して宙に浮いて厨二に入ろうする。三十分が経った。整理できただろうか。ぼくはこうして前に進めない。前に進み規範に折り合いをつける技量もない。面白いことに一年前のぼくの就職診断で出た答えは「開祖」であった。宗教をひらけというのだ。つまりはもうぼくはそのようにして列車を止めることは出来ないから、早く駅を作りその駅に留まりまた路線を作り走り出せというのだ。それしかぼくのような人間は生きることが出来ない。社会でやっていくこともできない。

 そしてぼくのようなものは、地球上にゴマンといる。恥ずかしいことにマジョリティなのである。なんとも哀れ。恥ずべきこと。マイノリティを求めること時代マジョリティの発想なのである。この世に溢れるマジョリティを求めるマイノリティ物語などすべてその逆でしかない。この文章自己陶酔の一役目しか果たしていない。道具に頼らないだけマシであるが。

 夜が明けた。今日が始まる。あまり酔った文章を書きたくないのでどう締めたらよかろうか。この自分状態も、外の状態も、宵が明ける。上手い。よしこれで終わりにしよう。

2018-03-16

作業引き継ぎにおいて

引き継がれた人間が引き継いだ期待通りの技量を発揮しなかった場合

その責任は引き継がれた側でなく引き継ぐ側にある

後継者技量不足でなく、元担当の引き継ぎ能力不足なのだから

2018-03-11

文句があるならお前が描けよ!」

イラスト系のSNS等でたまーに見かけるカウンターパンチですね。貫通ブーメランになっている事もあります

多くの場合は絵の短所破綻、または破綻していない点を破綻しているという事にして指摘したコメントに対して、非常に高い確率で返される発言です(ほならね?)

この発言自体に対しても、「スルーしろよ」とか「査定側の力量と審美眼関係性」がどうとか掘り下げると底が無いように思います

もし仮に「文句があるならお前が描けよ!」という発言に対して素晴らしい出来の答案(絵)が返されたらどうなるのか。そんな事を考える事があります

と言うのも、多くの人は絵に対して明らかな短所を見つけてもわざわざ指摘する事はありません。クソ面倒だから

更に少数の人が指摘したとして、「文句があるならお前が描けよ!」を返す人間もそう多くありません。クソ面倒だから

更に厳選された小数人間が「文句があるならお前が描けよ!」を返したとしても、それに対して実際に絵を描いて投下する確率はほぼ皆無と言えます。クソ面倒だから

私はそれが見たい・・・!クソ面倒の荒波を乗り越え「文句があるならお前が描けよ!」に対して完璧な答案を返すシーンが見てみたい・・・!

それに対する「文句があるならお前が描けよ!」主の返答が見たい・・・!ぐうの音も出なくなるのだろうか?大した事ねーな!と虚勢を張るのだろうか?

凄い技量を持ったスッゲー暇で嫌な奴にしか成しえない偉業。私はそれが見たい。20年程前からネット掲示板で廃れない発言だが、未だに答案は見た事が無いのだ。見てみたい。それだけ

え?クソ日記ですか?文句があるならお前が描けよ!

2018-03-09

anond:20180309203747

上手い人に触られるとすごく感じるけど、下手な人に触られてもイマイチ性器はだいたい誰が触っても感じるけど、乳首は責める人の技量の差がよく出る印象、

2018-03-08

お絵描き練習中こーすけ氏について

TwitterYoutube小学生の頃からイラストをアップしている「お絵描き練習中こーすけ」(OekakiKosuke)という子が居るんだけど、彼の技量は模写もそうでないものも非常に高く、ツイートによると中1にして美術系の大学予備校に通っているらしい。

たぶん同年代の子で彼に憧れている絵描きは非常に多いだろう。

ただ、俺は結構長い間彼を見てきているから思うんだが、彼のご父兄は、やや彼をデザインし過ぎでは無いだろうか?

彼が小学生時代Youtubeクラスメイトと共に撮影した紹介動画などを見た時は、とても子供思いの良い親だと思った。

だけどTwitterにおける言動の丁寧さ、非の打ち所の無い文章構成をずっと眺めているうちに、(彼は意識していないだろうが)彼の言動の4割以上が親に支配されているはずだと疑わずはいられなくなった。

ネットを何が何でも取り上げる親に比べたら素晴らしい親だ。だけど、単にパターナリズム以外の目論みで彼の発言を(高度な技術を以て)コントロールしてはいないだろうか?

彼がTwitterフォローしている相手が0人なのはパターナリズムだと好意的解釈するとしても、あのプロフィールを含めた一連の言動だけはどう見ても親の強い意志が介在している。あるいは親の顔色を常に窺って行動している子供のそれにしか俺は見えないのだ。

今は親の喜ぶ顔が見たくて行動しているところもあるだろうから、誰も損はしていない。

だけど俺は彼がいつの日か主体性を強く持つようになり真にやりたい事を見つけたその時、それが親の期待にそぐわない何かであった時、つらい気持ちになると思うんだ。下手すれば壊れてしまう。

重要なのは彼が今絵の大学を目指しているという点だ。親もそれを本気で応援しているということも見ていて良く分かる。

彼が目指している道は、彼の親が今やっている事からは縁遠い精神が求められる世界だと俺は思う。

今すぐにと言いたいところだけど、せめて高校生ぐらいになったら好きにやらせてあげて欲しい。我が子のやることに対してすべてを肯定してあげて欲しい。

(現状でも全てを肯定する「言動」は取っているだろうが、そういうことじゃなくて。)

2018-02-27

anond:20180227143047

Keep It Simple ,Stupid !! (KISS)

バカでも分かるように簡単な書き方にしろ!!

は、技量の異なるチームでプログラミングするときの鉄則じゃないかな。

2018-02-18

anond:20180218103823

羽生結弦には女の「夢」がすべて詰まっているんだよね、中々あんな逸材はいないと思うよ。

端正な美少年で、手足もすらりと長い。フィギアスケート技量に関しても、当たり前だけど超一流。

それから東北人独特の鬱屈した気質が、あの美少年雰囲気に見事にマッチしているだと思う。

男の俺ですらこれだけ分析できるのだから、女はもっと彼について独自見方があるのかもしれないね

2018-02-15

ニートに戻りたい

俺に夢があるとしたらもはやこれだけだ。

スキルを磨くのは諦めた。

普通に生きるのも諦めた。

友達も立派な趣味も、何気ない特技すらもういらない。

ただ願わくばニートに戻りたい。

だがニートに戻るには金がいる。

スキル習得を諦めた俺の技量では金は稼げない。

やる気を失った今の俺では長時間労働には耐えられない。

薄給まったりとまでは言わないが、一日の労働時間が休憩時間抜きで10時間を超えることが滅多にない程度の職場にはたどり着いた。

ぶっちゃけ給料アルバイトよりも低いかも知れない。

だけどアルバイトと違って、「出来て当たり前の事」を要求される機会はそれなりに減っている。

アルバイト業界はいまや熾烈であり、コンビニバイト級の処理能力を求められる職種も少なくない。

それを考えれば今の職場はまだマシな方だ。

だが問題がある。

1つはこの仕事が物凄くつまらない事。

そして、社長方針とソリが合わないこと。

なによりも俺が物凄くニートに戻りたいことだ。

もっと稼げる仕事についてニートになって10年ぐらいダラダラしたら首吊って死にたい

ニートに戻っても1年か2年も暮せば首を吊ることになるだろう。

そして、今やっている仕事で10年分ニートする金を稼ぐ頃には、既に老後が見えてくるだろう。

どうすればいんだ。

anond:20180215173556

横綱技量品格ともに抜群でなければならないという規定がある。

技量はともかく、「品格」については意見が分かれそうだね。

anond:20180215110116

会話盛り上がらないほど技量が無いんだから仕方ない。

てか、付き合ってて無言が楽しめないようじゃ上手くいかん。

2018-02-12

底辺中年絵師愚痴

なんだか同人活動での苦悩の吐露が多いようなので便乗して。

はいえ誰も共感してくれない話になるだろう。ごめんなさい。

 

俺は昔からPCで絵を描く事を趣味にしていた。

昔は絵を描く趣味イラスト漫画普通だったが、俺はドット絵や16色CGを描いていた。昔のパソコンファミコン以下の絵しか描けなかった。使える色も少ないし制限も多い。しかしその制限の中で絵を描くのが面白かった。制限がその機種の個性にもなっていた。使える色は多いけど解像度の低い機種、解像度は高いけど16色をやりくりする都合でセピア風っぽくなりがちな機種、CG性能は良いけどFDDでは役不足な機種、簡易アニメが作りやすい機種などなど。FDDが普及してCGが保存しやすくなり、高級品だったマウスも安売りで買った。

 

イラスト漫画ではなくドット絵CGを好んだのは、何度でもやり直しが出来る事と、画材の出費が無いからだ。当時のCGソフトのアンドゥ機能は1回しか後戻りできないものが多かったが、そもそも解像度の低いCGなので時間さえかければ幾らでも描き直せた。実は紙のイラスト練習してカラーインクなどを買ったりもしたが、失敗すれば紙1枚が無駄になる事が大きなプレッシャーに感じた。ホワイトなどで修正するほど仕上がりは汚くなっていく。CGならばやり直せるしゴミも出ない。

 

就職先もゲーム会社を選んだが技量もなく不採用で、しかCGをやめるという発想はなく、同人CG集を買うようになり、俺も同人ドット絵CGを描くようになっていった。

…ここまでインターネットのイの字も無かった頃の話。

 

90年代の中ごろには「草の根BBS」というものも増えて、電話代を気にしながら上手い絵師CGダウンロードした。

恥ずかしながら俺も幾つのサークルさんにお声をかけて頂き、ドット絵CGや素材を作った。

 

90年代同人事情というと、絵柄には個性があって当然という時代だった。絵を見れば作者がわかる。芸風とも言えるほどだ。デッサンの歪みなどはさほど神経質ではなかった大らかな時代で、初心者がしばしば眉毛を描き忘れたアニメ絵を描いているのも微笑ましかった。当時の同人でのアニメ絵趣味性と個性を主張するアイコンだったように思う。

当時の同人での絵師はまだCGより紙に描くほうが普通で、マウスをカチカチ鳴らして絵を描く人は案外と少なかったようにも思う。上手い人はとんでもなく上手くて真似できないレベルだったのと、俺より下手な絵師も多かったので、俺は落ち込む事もなくCGを続ける事が出来た。

 

90年代半ば、Windows話題となりインターネット流行し始めた。この頃ようやく現在CGイラストの元となる環境が世の中に広まったわけだ。解像度制限が(殆ど)無いフルカラー(最低でも256色)のCGイラストが描ける環境が整った黎明期だった。FDDには圧縮しても10枚程度しか保存できなかった事もHDDが当たり前になった事で解消された。

当時ようやくスキャナ一般的になり始めた頃でもあったが、まだまだ高級品で、アナログ画材の出費も惜しんでいた俺には手が出なかった。ハンディスキャナを買ったが歪んで使い物にならなかった。

 

この頃からCGイラストを描く事の楽しさが薄れ、苦労が付きまとうようになった。

そもそもWindowsが動くPCが高級品だった。専用ソフトも高いし、フリーソフト殆どなかった。CGソフトイラスト専用のものは少なく機能も貧弱だった。

俺の個人的事情では同人での活動が次々とトラブルに見舞われる事が続いた。参加したゲーム制作の中止が複数重なったり、同人ゴロ被害にあったりした。

 

しかし一番の苦労のひとつは、理解され難い事だったのかもしれない。

PCで絵を描いてもPCが無ければ見れない。親からは1日中パソコンに向かっているうようにしか見えない。世間ではしばしばアニメオタク趣味悪者として魔女狩りが繰り返され、時代アニメ絵ではなくポリゴン絵に移り変わっていった。…自分以外の何かを言い訳にしたい気持ちも大きいが、理解されない事をする苦痛結構大きい事も事実だ。

そしてもうひとつの苦労は、他ならぬ俺自身の才能の無さだ。

16色とかの制限の多い時代には才能の乏しさはあまり目立たなかった。描ける絵には限界があり、その最適解を探し出す事がドット絵だった。カラーパレットをどのように振り分けるか、どの色をタイリングで済ませて色数を増やすか、1ドット未満の線をジャギー消しの手法で描き、ブラウン管の光度差で滲ませる、才能ではなく技術でどうにかできた。しかし色数がフルカラーになった事で俺は途方に暮れた。CG技術ではなく才能こそが全ての世界になった。インターネットがどんどん一般的になって、上手い絵師けが評価される世界になった。…それが当たり前だという事を認めるのに何年もかかった。

 

00年代になると、90年代に人気だった絵師の多くが姿を消した。フルカラー90年代彩度の高いイラストは古臭いものとなりつつあったし、個性もさほど求められなくなったからだろうと思っている。90年代に人気だったプロイラストレーターの苦労も時々目にするので、90年代に人気だった同人絵師が姿を消したのも必然なのだろう。

00年代の俺は才能の無さは自覚していたので、当時流行していた3D-CGを始めた。当時の宣伝文句は概ね「絵の描けない人でも出来る!」だ。貯金を切り崩して六角大王海外製3Dソフトを買い相当練習したが、結果は失敗だった。数年我慢してMMDを学べばよかった。俺は才能だけでなく時代を読む目もなかった。

 

2010年代ドット絵需要懐古趣味しか無くなり、CGイラスト毎日毎日物凄く上手い人が出現し、俺はCG-TIPSを検索しては真似をしてなんとか時代に取り残されないよう苦労し続けた。しかCG-TIPSを学んでいて気付いたのは、CGの塗り方の流行結構短いスパンで変わってしまうという事だった。俺がなんとか使いこなせるようにあった頃には他の誰もがもっと上手く使いこなしていて、なんとか追いつこうとしているうちに次の流行に変わっている。CGネット上に溢れかえっているから、目新しいものが求められ、俺のような才能の無い微妙な絵はネットノイズしかなかった。

 

最近では長年CGを見続けてきた俺には誰が描いたのかまったく判別できない絵が増えてきてゾッとしている。とてつもなく上手いけど他の上手い人の絵と見分けがつかない絵。これはテレビアニメの多くがそういった傾向なので誰のせいでもない事だが、。

そして物凄く薄く繊細な塗り。フルカラーなのに明度差が微妙しか違わない繊細なグラデーションは16色のカラーパレットCGを覚えた俺には到底無理だ。こんな絵を目指さなければ人目を惹かないのかと思うと心が折れそうになる。しか他人CGからスポイトでカラーパレット拝借なんて出来ない。絵の才能だけでなく色彩センスもない俺自身が恨めしい。

 

上手い絵師には嫉妬心もわかず、ただ自分の才能の無さを思い知らされるばかりだ。

真似をしたところで言葉通りの劣化コピーしかならない。

本当に絵の上手い人の特徴はとにかく早い事だろう。イメージを迷うことなく描画する才能がある人ほど上手い。

俺はイメージが貧相だしラフを描いている時も悩んで時間がかかる。出来上がるのはピンボケの絵にしかならない。

 

俺にとってCGは既に同人ではなく個人的趣味しかなく、楽しいという気持ちも無い。苦労であり苦痛しかない。しかしいまさらやめるわけにはいかない。色々な事を犠牲にしてきたのに、やめたら本当に何も残らなくなってしまう。同世代の人はみんな趣味はほどほどに、結婚したり出世してしっかりした人生を歩んでいる。いまさらCGやめたって人生で得られなかったものが手に入るわけでもない。歳を取って健康不安が付きまとうようになってきた。いつ死んでもおかしくないが、死ぬ前に下手糞な絵の制作データは消去したい。

 

最近は愚直にデッサン練習をしているが、デッサン固執すると絵の魅力が薄れる感じもあって苦労している。正直に言うともう絵を描く事が好きではない。そんな底辺中年絵師の俺が誰に向けて描けばいいのか。ネットには上手い絵が溢れすぎていて需要なんてない。上には上がいる世界では下の物は叩かれるだけの存在だ。自分の為に描こうにも、俺が見たい絵さえググれば出てくる時代だ。

じゃあやめろよと言われるだろう。やめたら俺どうすればいい? 他には何もないんだ。

 

いつか自分が気に入る絵を描けたらいいなと思う。おっぱい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん