「森博嗣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 森博嗣とは

2018-01-15

羽海野チカ作品森博嗣

ざっくり言うと羽海野チカ作品にはどこかに森博嗣のS&Mシリーズ犀川先生が居るんだけど(本人談。森氏に伝えてる)

その事実を知ってしまったため零ちゃんが犀川に感じてしまい(というか3月のライオン犀川だと思う)

ひなちゃんを想う気持ちはこれは犀川の萌絵へのイメージだなと思ってしまい(というかそうだと思う)

いやでもやはり違う部分もあり、しかしどうしても似てる部分もあり、オリジナル二次創作が混ざってる状態な気がしないでもないんだが

そのことに批判も喜びも感動も覚えるわけではなく、ただ普通に漫画を読みアニメを見るんだけど

時々こうやって羽海野キャラから犀川(とか萌絵)が離れなくなって同一人物化していくので

そういう気持ち自分以外にもたくさんの人に味わってソワソワしてほしいと、犀川先生を知ってる人にお裾分け情報

2018-01-14

anond:20180114020918

滅亡までは行かないと思うけど。需要がある限りは…。

研究者だし、かなキーボードで昔は今の倍くらい速かったという森博嗣も今はローマ字なわけで

ローマ字に合わせていくのが主流なんだろうね。

日本語自体が滅亡するかも…。

2018-01-11

森博嗣みたいになりたい

どうやったらなれますのん

2018-01-10

森博嗣風に言ってみよう

やり直すための最大の障害は「やり直すことなんて出来ない」という本人の思い込みである

2018-01-06

anond:20180106033225

いや森博嗣の話してたじゃんその前に

ロムれよ

anond:20180106033109

元々は理系で読める文章をかけるのって話だろうに森博嗣しか上げない時点でまずダウトじゃん

anond:20180106032903

森博嗣が良くて乙一ダメって、お前のさじ加減一つじゃないか

2017-12-13

時間の浪費

賞与は何処へ : 外から見る日本、見られる日本人
政府は「消費低迷」、企業は「消費者の財布のひもは固い」と訴えますが、私はミスマッチなのだろうと思います。つまり、欲しいものがない、あるいは欲しくても使えない、であります

それも勿論あるんだろうけど,私は時間を浪費しているのが原因ではないかと思う.

森博嗣か誰かが「時は金なりと言うが,それは時間過小評価している」って感じの事を言ってたけど,まさにこれ.

スマホゲームやインスタやLINEに追い回されて,貴重な時間をそうとは気付かずに浪費してしまって,だから買いたいものを見る時間も,何かを体験する時間も無くなってしまい,金銭消費をしないようになってしまっているのでは.

そもそも自分の欲しいものを探すってことすらしてないんじゃない? アフィリエイトみたいなものからしか,商品情報が入ってこなくなってしまっているのではないのかな.

2017-12-09

森博嗣って腱鞘炎(?)とかにならないんだろうか

森博嗣執筆スピード(2017現在

https://anond.hatelabo.jp/20171007152333

ここで言及されてる話。この記事は2017-10-07に書かれてる。

現在ブログを見ると、本当にここに書かれてる話がリアルタイムで進行しているのが分かる。

技術があったとして、それができる人だとして、指攣らないのかな…

2017-11-11

理系暗算速いとか記憶力凄いとかいう風潮

それをまき散らした作家はたくさんいて、天才の格付けとして使われていると思う。

ただし実際にそれができる作家はなかなか居ないというか、ほとんどいない。

それでふと昔読んだ気がする何かを思い出したのが、問題作家が居る。

理系」の「森博嗣」だ。

あの人、たしか素で暗算も速いし記憶力もとんでもない感じじゃなかったっけ。一度読んだ本の一文の行とページ覚えてるとか。

現実に居る以上、その描写おかしくないと言うしかない。

しかしだ、しか理系別に計算速くないと思う。記憶力も良くないと思う!そこんとこ、まじ、理解して、頼むわ。

2017-10-23

漢字が書けなくなってきている

学校卒業して10年以上が経ち、仕事でもプライベートでも漢字を書く機会が減っている。

この間手書き手紙を書くことがあり、久しぶりにペンを取ったが、基本的漢字さえパッと出てこなかった。

「あれ?なんだっけ?どう書くんだっけ?」

結局スマホで調べてしまった。

はいえ、漢字の容量分違う物が吸収されている(筈)なので、よしとする。

森博嗣漢字書けなくてもいいじゃんと言っていた気がする。


【追記】

脱字してたぁぁ!テヘペロンチョ(ʘ ʘ)

2017-10-09

本日森博嗣 https://anond.hatelabo.jp/20171007152333

http://blog.fuyushoten.com/

庭園鉄道工事には精を出しました。杭を打ったり、廃材を利用して土留めを作り、一輪車で土を運んだり、土手を拡張していますが、まだ序盤です。疲れますけれど、楽しい来年には、土も締め固まって、より安全な路盤になることでしょう。このように、土木工事自由にできるのも、だいぶまえに100トンの土を購入したからです。

ということ。

手元にある森博嗣の本と交換したお金は、見事土になりました。

2017-10-07

anond:20171007152333

森博嗣ブログとか俺が10000年後の考古学者でも

森博嗣ブログを信用するわけないやん、ほったゆみ浮気セックスたこと書いてないし」

と思うぐらいには適当だろ

もぐりですみません

森博嗣という人のwikiを初めて読んだんですが、名古屋大の助教授の方だったんですね。

科研費データベースで調べても38歳で基盤Aとか通ってて、なんでアカデミアに残らなかったのか不思議なくらい優秀な人ですね。

科研費シーズンで、休日も持ち帰って申請書書いてる私が情けないです。

科研費申請書を提出し終わったら、すべてがFになるを読もうと思います

https://anond.hatelabo.jp/20171007153723

赤川次郎の本を読んでいた子供を見て「父ちゃんのが面白いの書けるぞ」と作家になったのが森なので

多作赤川が生んだ怪物ともいえるな森博嗣

森博嗣執筆スピード(2017現在

筆が速い(なおキーボード)で有名で定期的に話題となる森博嗣ブログ7月から完全公開して3か月くらい経った。

毎日異常な文章量がブログ(実は3か所もあり、ほぼ毎日更新されている)に綴られているが、同時進行として勿論作品も書いている。公式サイトには出版予定があるのでそれを見れば分かることでもあるのだが

日記の中に作品の進行状況が書かれており、それを読むと現在森博嗣の相変わらず尋常じゃ無い執筆スピードが見えてきた。

なお下記に書く日付は少し前に書かれているのでリアルタイムでは無いそう。参照程度でよろしく。

10/8誤字訂正しました。以下に書いてあるのは簡単抜粋なので詳しくはブログを読んでみてください。)

2017年7月8日情報

2017年7月20日

2017年7月21日

2017年7月22日

2017年7月25日

  • 完成度33%。ピッチが上がるので抑える。

2017年7月28日

  • 完成度58%。予定通りの進捗。

2017年7月30日

2017年8月1日

2017年8月2日

2017年8月12日

  • 今日(8/7)から手直しを始める。毎日10%の予定。8/16に完成するはず。以前の予定より2日早いが、だいたい予定は前倒しになる。ゆっくりおっとり進めましょう。

2017年8月18日

  • 手直し85%完了明日(8/14)に終わりそう。そのあと1週間くらいは仕事を一切しないつもり。

2017年8月19日

2017年8月27日

(ここまで確認作業線路工事ぐらいの仕事

2017年9月12日

2017年9月14日

2017年9月15日

2017年9月16日

2017年9月17日

2017年9月18日

2017年9月22日

2017年9月24日

  • 96000文字まで書いて、完成度は80%。12文字では終わらないかもしれないがあと2日で書き上がると思います

2017年9月26日

  • 書き終わりました。12万6000文字でした。数日寝かして、手直しをする予定だが、たぶん1万文字は増えると予想。

2017年10月2日

2017年10月5日

  • 手直し65%くらい。既に1万文字は増えている。短くなることはありません。必ず長くなります
  • 以前短くと編集部から言われて、別のテーマで新たに書き直したことがある(楽だから)。

2017年10月6日

2017年10月7日

  • 午前中に書き終り、講談社へ発送。最終的には14万文字を超える。


ぜひ締切に追われる作家のみなさまも、このスピードを参考にしてみてください。

そうすれば年に文庫あわせて14冊くらい本が出せます。あと年々内容が面白くなります

2017-09-18

笑わない数学者」著:森博嗣

これの感想で「犯人途中で分かっちゃった~♪」というのを見るたびに

「いや…お前…ちょっと…待ってくれ…分かってない…その本のトリック分かってない…」ってコメントリプライ飛ばしたくなる現象

なにか名前を付けたい

2017-09-08

anond:20170908153822

天才といってもじゃあ森博嗣野依良治を比べてどっちが天才だみたいな話になるとアレだし

創作の中の天才を見て「こんなのは真の天才じゃない!」って偉そうに文句言ってる連中が考える「真の天才」が森博嗣なのかっていうと違うでしょ。

https://anond.hatelabo.jp/20170908145712

森博嗣自身天才なのであって、意図して天才を描く能力が高いのではないと思う。突然脈絡なく描写の甘い高級外車に乗り込むこと以外は、ほぼ本人の日常奇行をそのまま描いているだけなのではないだろうか。

同じような違う話だけど、ゼロ・グラビティとかドクターXが、話の筋を見れば全く意味不明なのに映像的にはきわめて正確に見えるのと似ているような。

https://anond.hatelabo.jp/20170908134203

元々の森博嗣本人のスキルにザ天才設定付け足したら超天才犀川ができただけではないのか

という考察もできる

天才キャラ定義

頭のよくない作者が書く天才と頭のいい作者が書く天才は違うとツイッター拡散されていた。

色々と意見はあるのだろうが、後者代表格が森博嗣の書く天才だという呟きが散見した。

何が違うかというと、前者は「IQ300、学校試験は全問正解、自他共に認める天才ICPOが協力要請する天才

後者は「言動に知性がにじみ出る派手な設定いらず」

ココでネット民が言う「森博嗣の書く天才」とは作者のキャラの中でも有名な「犀川創平」のことだと思うのだが

犀川が出ている出版物は全て読んでいる読者からすると

犀川は誰がどう見てもIQ高いし、多分学校試験は全問正解だったし(入試勉強いらずで難関私立合格していた)、自分はともかく他人が認める天才だし、ICPOではないが公安が協力要請する天才なので、前者にも当てはまると思う。

小学生ときプリンピア読破している犀川先生はやはりキャラ設定盛っている。

勿論後者の「言動に知性~」も当てはまると思う。

犀川言動殆どは知性と冷静と観察で出来ている。

犀川非凡なのだが、なんとか常識人に見せ現代社会適応しようと頑張っている天才であるので、ぱっと見凡人にも見えてしまう。

(隣りにいる令嬢が派手すぎて目立たないだけでもある)(よくよく知るとおかしい人だと気付かれてしまうが)

ドラマで付け足された「言動変人」とかアニメで付け足された「ファッションセンスが壊滅的」という設定は原作犀川には見られない。センスはあまりなさそうだが、無難な服を着ている様子で特に突っ込まれている様子は無い。ちょいダサくらいでとどまっている。不潔でも無い。

例えば交友関係も、突然ただの中学時代同級生とかに会いに行くし、親友も居る。嫁の保護者にも気に入られている。広くはなくとも狭くは無くコミュ症でも無い。

従来の探偵像とは明らかに違うという感覚は確かに今もある。

初期シリーズ原作の中で天才テーマにした作品がある。アニメ化ドラマ化も漫画化もされていない話で『笑わない数学者』という本だ。まず実写でやるには金がかかるのと、アニメ漫画にするにも、作品の裏に込められてる謎が難解で下手な脚本を書くと馬鹿がバレるので難易度が高く避けられているのだろう。トリックの都合上、この話の犀川は少しIQが低くも感じるのがミソだ。

そこで犀川天才変人浮世離れしている(意訳)と語るシーンがあった。しかし実際はそうでもなく、結局その天才自分より頭悪いと思い孤独を感じるような話だったように思う(感想)。

犀川創平というキャラクター探偵キャラ界隈のなかでも特に天才だと思う」という意見には同意する。

その犀川越しに見ると、天才を生み出すには最初に書いた『前者』と『後者』どちらかではなく、どちらも組み合わせることが必要になるのではないだろうか。

なお、

四季さんは、天才とか云々なしにしてもはや神様みたいになっているので、ちょっと当てはめて話すことができなさそうです。

2017-08-29

森博嗣作品主人公所詮血統で震えた

10年くらい前にSMシリーズをかじった程度の本読みだが、最近Vシリーズの「黒猫の三角」を読み、合わせて解説サイトも覗いてみたら、VシリーズSM犀川の母ちゃんが主人公お話だと知った。

なんだよ、ミステリ小説でも主人公血統かよ。と、一気にS&Mシリーズ世界観スケールがオレの中で小さくなった。

 

こういうキャラクターが、特に主人公血統とか血筋で箔を押されちゃうと、政治家世襲の話みたいに他人の入り込む余地がなくて腐すしかなくなっちゃうよね。

歴代総理家系図たどるとみんな親戚」みたいな話で、世界を一部の身内だけで回してるように感じられる。

 

まあ下層民読者でも何かしら親から継いだもの・子に継がせるものがあるにしろ、やっぱり主人公レベル血統との差は歴然なわけで。

物語なら、そういう上級身内世界をぶっ壊す側が主人公にならないと読者は燃えないよね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん