「知恵袋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 知恵袋とは

2017-09-23

元ネタ知ってる人がいたら教えて欲しい

https://youtu.be/R_RItQ-99co

このイントロ、というか最初のエレピっぽい音。

メロディラインリズムも(おそらく使用音源も)まんまの曲が洋楽であるんだ。無断サンプリングかと思うくらいまんま。

ラジオで何回か聴いた曲なんだけど曲名を知らない。ここ何年かののチャート系だと思うからわかる人はわかると思う。

ここでダメなら知恵袋に行くしかいかな。

2017-09-22

anond:20170922130519

ちょっと前にあったキラキラネームの読み方も知恵袋からパクリだったのにめちゃめちゃ伸びてたな

その内2ちゃんで伸びたスレパクリ増田とか乱立するんじゃね?

2017-09-21

最近の若者は...

最近の若者けしからん....

....

と思ってるそこの大人。そう、お前だ。

高校生から物申したいことがある。

知恵袋にも同じ投稿をしたが、より多くの人の目に触れてもらいたいと思いここにも投稿することにした。

最近の若者は〜」

嫌でも耳に入るこの言葉。だがおかしくはないだろうか。

その若者に影響したすべてのコンテンツはお前たち大人が作っているだろう?

スマホゲームゆとりetc...大人以外が作ったものが一つでもあっただろうか。

「それはどこかの野郎が作ったものだ!一括りにするな!」

若者を一括りにしてる大人だって同じことだろう。

三つ子の魂百まで、という言葉がある。幼い頃の性格や習慣は年を取っても変わらないという意味だ。

子育てを終えた大人たち...お前は自分の子社会に出ても恥ずかしくないように育てたか?幼い頃にお前が与えた影響の延長線上にしか子供は育たないぞ。

私はこのことに気づいた。だから反面教師として自分の子には社会に出ても恥ずかしくない子を育てようと思う。

しかし気づかない若者は...悲劇を繰り返すことになるだろう。

そうして生み出された言ってみれば劣化コピーが今後の日本を作り上げていくのだ。

つまるところ何が言いたいのか。「最近の若者は〜」という言葉は裏返してみれば「俺たちのしてきた教育の結果は〜」という自虐しかなっていないのである

「俺たちだってその上の代からの影響しか受けていない!」

当たり前だ。しかしお前はこの事実に気づかなかった。気づけなかった。気づいてもやらなかった。

それがこれからを担う若者に影響してくるのだ。

これを見ている若者に問う。お前は自分の子劣化コピーにはしたくないよな?

「使う前より綺麗に」

掃除でよく用いられる言葉だが、この精神必要なのだ

自分の上をいく子を作れ」

最近の若者は〜」と言う前に自分たち教育がどうだったのか見直してみろ。全ての答えはそこにある。

2017-09-17

おっさん知恵袋

「景気がいいかいかなんてな、そこらへん歩ってる女でわかんだよ

景気が悪くなると、本物のおっぱいと偽物のブランドカバンぶら下げてっからよ」だそうです

2017-09-13

hot chip

do do do you kow の歌詞ハゲ乱入してビーム放つPVだけ覚えてて、検索しても全然出てこない

PVは覚えてる人もいたけど、知恵袋とかスレバンド名教えてください!みたいな書き込みしてスルーされてる

2010年代 バンドで調べても同じようなコピペブログばっか出てきて話にならん

最近洋楽スレ見て片っ端からバンド検索しようと思ったところに偶然hot chip名前見つけてすべて思い出した

覚えにくい名前つけてんじゃねーよマイナーバンド

でもいい曲

しか00年代から洋楽はほぼ死んでるな。特に日本では

2017-09-09

anond:20170909003321

兄妹婚で44%、いとこ同士で10%は実測データからhttp://0dt.org/000996.html

お前の出したもの机上の空論、ただの数式、かつ真贋すら不明知恵袋で、データでも何でもない

2017-09-05

anond:20170905111900

確かにおそ松さん前の小町知恵袋への投稿に対しても嘘松と言っている投稿があってうんざりしている

2017-09-03

きちがい』って、何で規制対象単語なのだろう?

話題になってるけど、それの擁護とか、逆に攻めるとか、そういうのじゃなくって、単純な疑問で。

障がい者の『害』の字の話のようなのは何となく分かるのだけれど、『気』『違い』だから単語単位だと悪い意味じゃないと思うんだよな。

軽くググった範囲で、知恵袋で『昔は精神障害の一部の言動症状を示す』その後に『差別的意味で使われるようになり』というのは見つけたんだけど、それ※ についての一次に近い資料が見つからんかった。

 ※「きちがひ(幾知可比)」の初出ではなく、近年に精神病に関連して使われ、差別的意味として変化していった経緯のほうね

・追記

書いた後に気付いたのだけれど、はてなキーワード規制対象になった経緯が書いてあった。灯台下暗し

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%C1%A5%AC%A5%A4?kid=44445#p2

ただ、これの

「これらのコトバによって、治療が停滞し、家族は萎縮し、

 回復期にある患者にショックを与え、ひいては異常な状態を起こす一因

 ともなりかねないという事実医学的に存在する……」

の『医学的に存在する』っていうのは、どこ出典やねん…と、結局は同じような疑問点が残るけれど。

2017-09-02

悪友Vol.2 恋愛「夫のちんぽが目覚めない女」について感想を述べたい

劇団猫さんの悪友シリーズVol.2「恋愛」。

今年の夏コミ販売されたこの本について感想を述べたいと思う。

私は今年、夏コミには行かなかった。その前週に自ジャンルオンリーイベント一般参加していたこと、また個人的引越しが決まっており、夏コミ

その直後の日程であったため、関東への遠征を躊躇ったためだ。だから私はこの本を夏コミ終了後、通販で購入した。

まず、私は現時点で本書の17ページまでしか読んでいない。

表題にもある「夫のちんぽが目覚めない女」の項までである

こういった感想の類はそれを最初から最後まで全て読んでから行うべきだとは思うのだが、如何せん、私はこれを書くまでこの続きを読むことが出来そうにない。

から読了を待たずに記述を始めしまっていることを、どうかご容赦いただきたい。

さて、本書はすでに読み終えている17ページに至るまでにも、既に様々な恋愛をする女の話が書かれており、各々に大変興味深く、その全員が愛すべき女達であると感じた。

故にそれら全てに言及するのも吝かではないのだが、そうなってはこれを書き終えるのがいつになるのか、何字を費やすか分らなくなってしまう。

それでは困る。

本書の続き、17ページ以降をいつまで経っても読めないではないか。私は続きが読みたい。

しかし、読んでいて、どうしても感想をしたためたくなってしまい、いてもたってもいられなくなった。

ひとまず「夫のちんぽが目覚めない女」について、感想を述べさせてもらいたい。

「夫のちんぽが目覚めない女」と題された本書16~17ページに書かれるのは既婚女性28歳、初恋相手名古屋稚空というチンアナゴさんという方である

この初恋相手名前の読み方と、何の漫画に出てきたキャラクターかがすぐに分かった私は、それまでの項と同様に早速読み進めた。

チンアナゴさんにはEDの夫がいて、1年半になる結婚生活の中で一度も本番行為をしたことがないという。

私にとってはそれだけでも、大変共感できるような内容だった。

読めば読むほど、そうだよそうだよと頷ける部分が次から次へと出てきた。

私には5年8ヶ月付き合っていたが、その交際の中で一度も本番行為をしたことがない彼氏がいた。

その彼との関係共通する内容がこれでもかというくらい多かったのだ。

彼のオタク趣味鉄道で、自分オタク趣味アイドルであること。

食べ物趣味も好きな漫画も似通っていること。

それに何より、彼に向ける性欲。それが私のそれとぴったり一致していた。

私もチンアナゴさんと同様、挿入と射精のない性行為に達成感のなさや苛立ちを感じていたし、

今日は立つかもしれないと期待させられてだめだった時のやるせなさを幾度と感じてきたか知れない。

また、私は彼との交際中に彼以外と性行為をしようとしたことはなかったが、チンアナゴさんが

友人男性と実際に行為をして感じた、「好きな彼に挿入されたい」という気持ち。それが痛いほど分った。

痛いほど、というと月並み比喩表現になってしまう気がして、正確に私の気持ちを伝えられない気がしてあまり使いたくないのだが、本当に心が痛くなった。

はいくつかの行を泣きながら、時に何か呻き声をあげながら、読んだ。

特に「夫は優しくて、私には過ぎた良い人で、大好きだ」という部分は、涙が止まらなかった。

そして本稿は、「だけどこれからもずっとこの生活が続くかと思うと真っ暗になる感覚がある。」という文で締めくくられる。

そこには、どうにかしたいがどうすることもできない、という悲哀と絶望が満ちているように思った(あくまで私が感じただけだが)。

私もまた、この悲哀と絶望を知っていた。

これまで私はこの悲哀と絶望自分だけのものであるかのように錯覚していた。

何故なら、私の知る限り、このような感情を抱いている同じような人というのが全くいなかったからだ。

普通恋人がいて長く付き合っているのであれば、セックスしているということは、当たり前であり、普通なである

5年付き合っている恋人がいると話すと、それだけで、性行為を前提としてその関係を捉えられてしまう。

から普通ではないと他人に思われることが嫌だった。

聞かれることに適当に頷いておき、性行為を前提とした普通カップルであることを装った。

せめて周囲が思い描いている姿くらいは、普通の、当たり前のようにセックスを伴う恋人同士であって欲しかった。

から私の悲哀と絶望は、誰にも打ち明けられることはなく、私だけのものとして胸の奥に仕舞い込まれていたのだ。

おそらく、ネット上であれば、例えば知恵袋的なもので同様の相談が見つかるとは思った。

しかしそれを探すことはあえてしなかった。

本気で悩んでいたからこそ、インターネット匿名性が生む、無責任な回答を見る気にはなれなかった。

例えば、誰かがある犯罪について自分意見増田か何かに書けば、同時にそれに意見する様々な意見反論生まれる。

ネット上に生まれ意見達はそれが賛同であれ反対であれ、切っ先が鋭い物が多いように思えて、恐ろしかった。

から私の悲哀と絶望は、胸の奥に仕舞い込まれ続けた。

(それでは何故今こうしてこんな増田を書いているのか?と、鋭い意見文字通り切り刻まれしまいそうだが、

「もう仕舞い込みたくない」というたったそれだけである。この増田の行く末を私は一切見ないつもりだ。)

からこそ、この「夫のちんぽが目覚めない女」に胸を打たれたのだ。

同じような気持ちを感じている、私とそう年も変わらず、同じオタクでもある彼女共感せずにはいられなかった。

私は気付いた。

私の胸の内が完全に晴れなくとも、私と似たような経験をしている誰かが存在しているという事実、それがあるだけで、私は救われたような気持ちになれた。

誰かに相談すること、質問すること、それに対して意見をもらうこと、そして解決されること、そのどれもが絶対必要ものではなかったのだ。

悪友Vol.2 恋愛同人誌である

ネット上の掲示板増田のように投書に対して必ず反論意見を伴うという媒体ではなく、一つ一つ、一人一人のエピソードを紹介する形式のものだ。

同人誌と私。それだけで完結している関係だ。

それが、私を救った。感謝した。

きっとこの2000字程度の文章にこのエピソードがまとめられるまでに、チンアナゴさんは多大なエネルギーを要したのではないか

そう思って、感謝気持ちはより強くなった。

「だけどこれからもずっとこの生活が続くかと思うと真っ暗になる感覚がある。」という最後の一文からも分るように、彼女の悲哀と絶望はまだ終わっていないのである

過ぎ去った過去のことを思い出したり、自分の中で決着が着いたことを書くのであれば、そこまで負担は大きくない。

しかし、現在進行形の内容であれば、その主体である自分自身をある程度客観的に眺める必要がある。

それが、現在進行形であればあるほど、難しく、エネルギー必要なはずだ。

からこそ、チンアナゴさんに感謝と賛辞を送りたい。

ありがとう

存在してくれて、ありがとう

自分主体勝手な謝辞になって申し訳ないのだが、一先ず、そう言わせてもらいたい。

最後に私の話を少しだけする。

私がチンアナゴさんと決定的に違う点を挙げる。

それは、私がもう彼とは交際していない、という点だ。

先ほど書いた通り、「私には5年8ヶ月付き合っていたが、その交際の中で一度も本番行為をしたことがない彼氏がいた。」のだ。

過去形である

今まで散々、共感できる、と言い続け、なのにオマエは別れとるんかい!と、自分でも思うし、少し後ろめたいがもう少し続ける。

別れは彼から告げられた。

彼の誕生日ビジネスホテルで1泊し、相変わらず本番行為もなく、プレゼントを渡した後、関東に戻る彼を

見送った後、ラインがきた。

ラインには、

私との付き合いに限界を感じていて、もうそろそろ手放して欲しい、私のことは好きだし

話をするのも楽しい尊敬もしているが、付き合うという感じではなくなってしまった、

という旨のことが書いてあった。

そこには彼の、その誠実な人柄が表れていて、私はそれを読んで一人、部屋で号泣した。

ラインで良かったと思った。直接言われたり電話なんかだったら、きっと泣いて泣いて、何も言えなかっただろうから

泣きながらでも、今までありがとう、元気でね、と返事が打てて本当に良かったと思う。

それがちょうど6日前の話だ。もう6日も経ったのかとも、まだ1週間も経っていないのかとも思う。

何はともあれ、彼にとって私は「付き合うという感じではなくなって」しまっていたのだ。

ものすごく平たく言ってしまうと、話すのは楽しいけどセックスは出来なくなってしまった、ということだった。

私達は別れる前日まで、ものすごく楽しく会話や食事をした。

「付き合う」という言葉に唯一当てはまらなかったのはセックスをしなかったというその一点だけだったので、そう解釈して間違いはないだろう。

彼は別にEDという訳ではなかったと思う。

付き合っている間にそれを本人に確かめたわけではないが、もしEDであったなら、「付き合うという感じではなくなった」という表現にはならないはずだ。

から「私が彼にとってセックスをする相手として選ばれなかった」というのが真実だったのだ。

最初からそうであったわけではないとは思う。

事実最初の2~3年くらいまでは彼が私に向ける性欲を感じていたし、私を前に立たせているのを何度も見たことがある。

しかし、お互い童貞処女同士で何となく本番が上手くいかず、時間が経つにつれて、いつしか欲望を抱くのは私だけになっていた。

別れは、その事実を明確なものにしただけだった。

私は「この悲哀と絶望自分だけのものであるかのように錯覚していた」と前述したように、それを自分の胸の内だけに押し込めてきた。

彼にそれをぶつけたことはなかった。

ぶつけてしまったら最後、誠実な彼はきっと私に真実を告げるだろうと、私達は一緒にいられなくなってしまうだろうと、そんな予感があったからだと思う。

から私は性行為について、最後まで彼に自分気持ちを述べたこともなければ、彼の気持ちを確かめたこともなかった。

もし、この本を夏コミの会場で手にしていたらどうだっただろう。

まだ彼と別れる前の自分が読んでいたら。

事実」がハッキリと分かる前だったら、今よりももっと共感していたかもしれない。

しかしいずれにしても、「夫のちんぽが目覚めない女」は私を救ってくれた。

5年8ヶ月付き合った彼と別れた直後で、まだそれを全然受け止めきれず、整理のついていない私の心を救ってくれたのだ。

からもう一度言う。

ありがとう

存在してくれて、ありがとう


それでは、心置きなく、悪友シリーズVol.2「恋愛」の続きを読むことにしよう。

2017-08-31

https://anond.hatelabo.jp/20170830205112

"私にとってInstagramは、気軽に一般の気が合いそうなアカウントフォローして、おばあちゃんの知恵袋的なTipsを得られるのが面白いところ"

斬新過ぎてビックリした

2017-08-30

2017年にもなって、Instagramでのステマに騙され、炎上、閉鎖を見ている

(どうも。増田です。一晩経ってこんなに話題になってて驚いた。タイトル含め少し追記修正しました。)

さらに追記。hk_9060が消えてしまったので、このアカウントフォローしていた人がコミュニケーションできるよう、交流アカウントをつくってくれた方がいるので紹介。過去Instagramへの投稿が一部見られます

https://www.instagram.com/karin_diet0331/


一時、一世を風靡し、多大なバッシングを受けた通称ステマステルスマーケティング手法

芸能人著名人、有名サイトがやっちゃうものと思いこんでいて、まさか一般人(に見せかけた企業)のアカウントにしてやられる事があるとは思わず、私も騙されかけていました。という話。

私にとってInstagramは、気軽に一般の気が合いそうなアカウントフォローして、おばあちゃんの知恵袋的なTipsを得られるのが面白いところ。

もちろん玉石混交だけれど、中には他で聞けない参考になるような一般人投稿もある。さら一般人アカウントがよいのは、気軽にコミュニケーションできること。そこには等身大のやりとりが存在して、ビジネス目的としたPV稼ぎやフォロワー稼ぎではない、信頼ともいえる関係性がそこにはある。と思っていた。この件があるまでは。

私はあるダイエットアカウントフォローしていた。30歳2児の母、と書かれたアカウントには生活感があふれていて、親近感や信頼があった。よくあるInstagram人気アカウントと違い、あまりインスタ映えしない等身大写真も良かった。ただ彼女カリスマ性があったとするなら、それは、彼女独自ダイエットによってなんと10キロも痩せたといい、その方法を紹介していること。それからフォロワー質問にきちんと返してくれること、だった。

私も出産を経た中年太りに悩んでいたところ、彼女アカウントを見つけ、フォローした。

彼女実践して痩せたというダイエット方法は、青汁を飲みゆるい運動をする、というもので、とても手軽に思えた。それで10キロも痩せられるというのだ。

フォロワーとのやりとりで青汁はどんなのを買っているかと聞かれれば、いろいろ見てこのサイトが参考になった、と暗に紹介していた。宣伝みたいになるのが嫌なので、検索ワードだけ紹介します!というような形で、彼女は、あるサイトを紹介し続けた。

そう、このサイトは、彼女が勤める会社運営するもの

ここを経由してたくさんの人が青汁を買うことで彼女会社の売り上げにつながる仕組みになっていたのだ。

私やその他フォロワー(2万以上いたと思う)は、簡単に騙され、青汁をのみ、ゆるトレをした。彼女の真似をして。

一向に痩せる気配がなかったが、まだ継続必要なのだろう、健康にもいいし、と信じて続けた。心が折れそうになるとInstagram彼女質問をして、励ましてもらい、また頑張ろうと続けた。そうして、いそいそと青汁を買い、飲み、まんまと騙され続けた。

(唯一、救いだったのは、誘導されたサイトいろは青汁から購入するのが面倒で、そこからわずに近くのドラッグストア適当ものを買っていたこと。)

そんな構造になっていたのが何故判明したかというと、なんと彼女Twitterの鍵付きアカウントに、この「お仕事」について垂れ流すツイート書き込み、あろうことかフォロワー愚痴まで書き込んでいて、それに気づい人がいたからだ。

何よりショッキングだったのは、彼女ダイエットInstagramアカウントを開始する前、会社命令により、わざと10kg太ってからInstagramを開始し、痩せる(というより元に戻す)ことにより、ビフォーアフターを演じていたという事実

これは裏Twitterアカウント彼女自身が明かしているばかりか、暴飲暴食をしても太れない悩み、もともとあまり食べられない悩みなどを暴露していた。

こうした情報は、InstagramTwitter両方をフォローしていた人がいて(それも普通に考えたら彼女が把握できるはずなのにどうかと思うが)Instagramで見せる顔とTwitterで見せる顔のギャップを暴き、2chへタレコミがあったことから発覚。Twitter投稿スクショして見せてくれたため発覚したのだ。それによってインスタフォロワーの不満は爆発、一般人にもかかわらず2chに専用スレが立ち、あれよあれよとコメントが伸びた。そこでは、ステマ事実だけでなく、Instagramフォロワー馬鹿にする発言が多々あった事実や、それに端を発した怒りから彼女過去発言家族などのあらゆる情報が暴かれた。

おそらく本人はこの時点で2chへの投稿気づきTwitterフォロワーやその他アカウントの整理をはじめるが、時既に遅し。

当然、Instagramアカウントしか知らない多くのフォロワーには、これらのことは検索しなければ分からないはずなのだが、不信感をもったフォロワーからInstagramコメントに、噂を聞いたのですが…という書き込みが入ったことから2chスレ誘導される形で多くの人の目に触れるところとなった。そこで真実を知った、私を含む多くの人の怒りを買い、2chでの怒りのコメントは膨らむばかり。

事態を重く見た運用元の会社対応に出た。該当のInstagramアカウント自己紹介欄に、ビジネスアカウントであること、ステマ事実、そしてお詫び文へのリンク掲載

2017年8月30日時点でまだ有効アカウントであるものの、このアカウント9月1日18時付けで閉鎖すると告知されている。

Twitterの裏アカウントさえなければ、割と巧妙な手口だったと思う。でも、騙されたことが分かった瞬間に猛烈な怒りに変わるので真似はしたくない。

悔しいので、うっかり騙されないようにしたい。嘘を嘘と見抜けない人に…というやつだ。

ちなみに、該当のスレはこれ。

Instagramアカウントこちら。(9月1日18時閉鎖予定とのこと)

@hk9060_diet

一連のアカウントサイト運営元の会社はここ。

http://www.fly-ltd.jp

お詫び文はこれ。(pdfが開く)

いろは青汁」および弊社運営のInstagramアカウントにおける一連の騒動に関しまして

http://www.fly-ltd.jp/owabi.pdf

(追記)

個人は、彼女ステマをしていた事実のものではなく、ステマをする裏で、Instagramフォロワー馬鹿にしていたことに、怒りの原因があると思う。少なくとも私はそうだ。

これってインターネット内の氷山の一角なのだろうけど、そのことに気づくきっかけをくれた人に感謝

ますだ〜!!

モヤモヤした時は言語化させて書き出すと自分気持ちが整理される。それに、いつどんな事があったか証拠や記録になる。

日記帳だと人に見つかりそうなのと、言い回しを変えたりカットペーストしたりの編集しづらい。

フェイスブックインスタグラム個人的な事は書きたくない。

ツイッターは140文字制限があるから長文を書く気が起きない。あと、重要なことを書いても何気無い思いつきのようなツイートにどんどん押し流されて行ってしまう。

知恵袋2chは論外

から増田 わたしは何かあった時に増田 アノニマスダイヤリー増田 ああ増田

トラバブコメでいろんな人から人生アドバイス貰えたりするのもボーナスポイント

2017-08-27

Youtubeでもニコニコでも2chでもTwitterでも知恵袋でも

ネットならどこでも罵詈雑言が飛び交ってるけど、現実でそんなことしてる人を一度も見たことがない。いや、全くって言うと嘘になるかもしれないけど、少なくともネットみたいに毎日は見ない

じゃあそういうことを平気で言う人たちってどこにいるの?

それともリアルでは普通の人でも、ネットでは化けの皮が剥がれるの?

しかしたら、ネット本来は交わるはずではなかった、交わるべきではなかった世界の人たち同士を繋いでいるのかもね。

なんか異次元の扉みたいだね

2017-08-26

知恵袋の鬱カテゴリ

気持ち的に少し辛いところがあって、自分と同じような人がいないかと思って行き着いたんだけど。

なんというかひどい有様だなぁと。

 個人個人で大きく考えが違うものっていうのは理解してる。

医学界がどう言っているかはともかくとして、個人レベルで「鬱は甘え」と「鬱は病気」という考えの人間がいるのもわかってる。

 それでもちょっと厳しすぎるというか。

あん鬱病親族でも殺されたのか」ってくらい語気の強い人とか、強く責め立てる人が多くてなんだかなぁと。

 

 

中国 ネット書き込み実名登録義務化の話

悪くはないと思える。

言いたいことが言えないなんて言ってる人もいるが、実名登録によってバカだのクソだの言っていておよそ話にならないような猿のやり取りから

個人が互いの主張と意見のぶつけあいが出来て、猿の卒業ができるようになるのではないだろうか。

まともに話そうとしても3行でまとめろだ、チラシのうらに書いてろだと話にならない輩も

おいそれと腐ったレスはできなくなるだろう。

誹謗中傷のやり取りばかりになるような匿名掲示板も潰れるチャンスだし、ろくに機能していない知恵袋機能するようになるだろう。

2chにかぎらず、頭のおかしいようなレスで溢れているネットに変化を与えるチャンスではないだろうか。

それでも、言いたいことも言えないという人が居た場合に、その人は一体何を言いたいのか?と思う。

正しいネットマナーを知り、ネットリテラシーを学んでいれば言いたいことは言えると思われる。

言えない言えない叫ぶ人は、日頃から他人への誹謗中傷しかしとらんでしょう。

2017-08-21

知恵袋

知恵袋チョーまれて、ウザ、と思って

そいつアカウント検索してみたら、やべーやつだった。

レスする前にアカウントチェック必須だな、と思った。

てか、同じアカウントで何年も嫌がらせ続けてるって、すげーな。

本物のサイコだな。

2017-08-20

ステマにやられた

自分だけはステマなんかに騙されないと思ってた。女だてらに10年以上も2chで書込みして、スレたてして勧告無意味に叩き、自民擁護して民主を叩く。主義主張はないけれどそうやって10年以上も過ごしてきた。2ch住人は、情報最先端をいき、ネット情報操作しているという自負さえもってやってきていた。

最近でははてなにも進出したけど、それでもやっぱり自分は2ch住人だと思ってる。はてなに行っても知恵袋にいても、発言小町にいてもその自負は変わらない。

何故なら2chこそが情報最先端であるから

そんな私が、情報最先端をいっている私が

ステマにやられた・・・

2h歴10年、ニート歴5年。

会社を辞めてどっぷり2chに浸かって5年。

この5年の間に体重が1.5倍ほどになった。

ここまで体重が増えると恥ずかしくて外にでも出れない。

20代であれば、将来のことなんて微塵も感じなくても生きていけるけど、30代に突入するとそういうわけにはいかない。

特に女性であれば、結婚出産意識しだす。

2ch住人であってもそれは変わらない。

から痩せたい。外に出たい。男が欲しい。そして結婚したい。

そんな気持ちを踏みにじられた。

私は痩せるためにネット上の情報を集めまくった。集めまくった結果、騙された。

よもやネット上の口コミほとんどステマなんて気が付かない・・・

騙された商品はエクスレーヴという、骨盤矯正下着。

流行りの履いてるだけで痩せる系だ。

今にして思えば、騙される要素満載の商品。当時の私は痩せたいという気持ち一心で、そんなことにも気が付かなかったのだろう。

また、口コミ検索している時点で彼らの術中にはまっているのだろう。

何故なら、口コミ検索している時点で、「自分に都合のいい」情報シャットアウトしていたのだから・・・

例えば、私が検索した結果見つけた口コミサイトはこういう感じのばかり


https://twitter.com/tanyuuno

https://twitter.com/moaimo3

http://xn--ickomx5qwcsc5cx348b.biz/

https://twitter.com/AgnesHerrmann3

本来精神状態であれば、こんなステマ中のステマに騙されることはないのに、感情むき出しで調べてるときは騙されるみたいだ。

からステマってなくならないんだなと思った。

こんなの騙される奴いるのかよっていうものでも騙されてるやつは多いみたいだ。

2017-08-18

そーいやヒ素って摂取したら薬物中毒になるのかな

なんか知恵袋変な話だったよな

近所人たちみんなヒ素持ってたとか

ブクマの数半端なかった

2017-08-13

スペース区切り起源

ずーっと昔から文章をスペース区切りで書く文化起源が気になっていた。

増田でも知恵袋でもブログでもたまに見る気がしていて、個人がやっているにしては数が多いのに日本語でスペース区切りなんて明らかに一般的ではない。

で、さっき気づいた。これドラクエ由来だよ!!!

西暦2017年携帯小説死滅した!

だが死に絶えていなかった。奴らは時として嘘松、知恵袋、女増田に姿を変え牙をむき君達に襲ってくる。

彼はそんなやつらから君達を守る為に地獄の底からやってきた正義使者……なのかもしれない。

2017-08-11

影響力の武器みたいな本が読みたい

っていう本を読んでるんだけど、めちゃくちゃ面白い

どういう本かっていうと、人がほとんど無自覚に受けてる影響を法則としてまとめたもの

例えば「返報性の法則」っていう、受けた恩はつい返したくなるし、返さないでいると罪悪感が生まれるっていうのがある。

これを読んで思い浮かんだのは、昔、百貨店内でクーポン配布のバイトをやったとき全然受け取ってくれない人が多かったこと。今思うと、みんなスルーしてたのは、「試食を受け取ったら何か買ってあげなくちゃいけない」っていう心理的圧力が少しでもかかるのが嫌だったんだと思う。

あの時は「受け取った方が絶対得なのになんでだろうなー」って思ってたから、すごくすっきりした。

こういう「人の原則まとめ」みたいな本がもっと読んでみたいので何か教えて欲しい!!

知恵袋に書けって言われそうだけど、はてなの方がゼッタイ物知りおじさん多いし!


(うーん、書きながらこれってジャンル的には行動経済学なのかな?って思い始めたけど、ななめ上の答えがありそうだからこのまま投稿する)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん