「質的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 質的とは

2020-05-26

anond:20200525185824

追記ブコメ読んだときモヤモヤがビシッと言語化されていてすっきりした

頭良くてディベート出来て議論構築できる人が目立つべきだ。頭悪い人が目立っている状況は好ましくない

「黙れブス」は完全に負け犬の遠吠えなので言われた人の勝ち。

議論を支えられない人がフェミニストの顔になってるのは「黙れブス」の時代より質的悪化してると思います

「黙れブス」と言われるフェミニスト知的相手を圧倒し恐れられていたんです。今は侮られてる。

これ男女関係なく真っ当な指摘だと思う

「黙れブス」は「黙れキモオタ」にも置き換えられるよね

2020-05-25

かに世間フェミニスト像は変わってない?

昔は「頭いいブス」だった。

ブスっていうのは要するに田嶋陽子先生みたいな世間受け狙わないスタイルへの中傷だけど。

 

今は「頭悪い美人」なイメージ

美人っていうのは要するに自分容姿世間受けする感じに管理して活用もしようというスタンスのことだけど。 

 

誰とか具体名挙げると問題あるから挙げられないんだけど

こう、本業とか美人業の能力中途半端だった人が、ステップアップや存在感増強のためにフェミニズムにいっちょ噛みする感じ。

 

「頭のいいブス」と違ってリア充系なので機を見てしゃしゃり出て目立つのは上手いけど、そこからが続かない。

議論を支える知能が全然ない。ディベートの訓練も受けてない。

苛立つと掲げた理念矛盾するような暴言も吐いちゃう

そしてすぐ涙ぐんだり少女返りしたりする姿を見せて被害者ポジションに逃げ込む。

 

きっと「頭のいいブス」だって今もいるんだけど、「頭悪い美人」のような露出欲や功名心はないためこのネット時代には前に出てこない。

 

フェミニズムの名と威光は「頭悪い美人」に占領されてる状態

「頭悪い美人」は勝手に持ち出した旗への理解も支える知的腕力覚悟もないので、

したことない問答でもすぐ窮地に陥り、そうすとすぐ女の子っぽく涙ぐむ(「頭いいブス」はそういう醜態を自らに許さないので頭よくなってる)。

かくして「フェミニストは目立ちたがりだけど議論は全くできないだらしないバカ」の出来上がり。

 

昔のフェミニストは「ブスのひがみ」だの「ワケわからん難しいことをいうヒステリーおばさん」だのいう敵意や嫌悪は向けられていたけど、

今のフェミニストのように「言ってることもやってることも見え透いてる頭悪くてすぐ被害しゃぶって泣く馬鹿ねえちゃん」のような侮りは受けていなかったと思う。

 

 

まり何がいいたいかというと

フェミニズムは「頭いいブス」が牽引していった方がベターじゃない?

「頭悪い美人」を排除する必要はないけど、頭悪い人間達が目立つポジションを軒並み占めているのは頭よい人達の不甲斐なさだと思う。

 

 

追記

mogmognya 自分が気に入らないことを言う相手を「ブス」か「頭悪い」ことにして留飲下げる系の情けない文章ホッテントリに上がってくるということは、コロナ騒ぎも本格的に収まってきたんだなあと。

あのさあ。

この文章は「頭悪い」人のことは批判してるんだけど

「ブス」のことは全く悪く言ってないよね。

ていうかそもそも「ブス」のことをブスだとすら言ってないわけ。

 

エントリ自体が要するに、この人みたいに読解力滅茶苦茶な人とかがでかい顔をしないでほしい、っていう話なんだけど。

  

n-naname アベプラ小島慶子が「性差別のない世界が良いと思うなら男も女も関係なく皆フェミニストだ」と言ってて納得した。こういうフェミニストレッテル貼りは分断煽るだけで不毛だし、いつまでも前に進めないんだよな フェミニスト

2020/05/26

分断を煽るっていうけど

「頭の悪い美人」は分断を煽る側のムーブしますよ?

だってそもそもあなたのような分断しちゃダメだ!とか言う高邁な理想自体ないもの

自分ちょっと付随議論を支えられなくなれば「私が叩かれた!」ってなって「この名誉男性」とか「きもいどうてい」とか言い出しちゃったりするでしょ。

 

life_love 田嶋大先輩はじめ諸先生方のおかげで、すそ野が広がったってことだよ。なぜA or Bの発想なんだ?A+Bだよ。ブスでも美人でも女性と言うだけで受ける不利益があるんだよ。

2020/05/26

あのさあ。

「頭悪い美人フェミニズムから排除しろ!」とか言いましたか

頭良くてディベート出来て議論構築できる人が目立つべきだ。頭悪い人が目立っている状況は好ましくない

という話をしたんです。

 

「頭悪い美人いじめて下がらせろ」 ってどこにも書いてませんよね?

「頭いいブスがもっと前に出てほしい」って書いてるんですよ。

あなたが「美人」か「ブス」か(これは当然あなた男性でも適用できるカテゴリですよ、ここまでちゃんと読んでて頭が健常な人は誰でもわかる通り)知らないけれども

あなた頭が悪いです。

 

kuzumimizuku フェミニズムに限らず、「声のでかいバカ」ほど可視化され、目立ちやすくなって、真面目に頑張ってる人まで一緒くたにされて報われない世の中になったなあとは思う。

2020/05/26

そうね。

男性フェミニスト代表は?って言われたら

悪意とか悪ふざけとかじゃなく「勝部元気…」って浮かんじゃうでしょ。

 

nyakapokonyakapoko 「本当に困っている」って想像は出てこないのか。

2020/05/25

「頭悪い美人」は結局フェミニズムを使いこなせないのでかえって困った立場に陥ってる事例の方が多く見える。

彼女達が本当に困ってるんなら「頭いいブス」が寄って行って頭使うことを担当して助けてあげられてるならいいけど

なんかほったらかされてるように見えるよね。私もめんどい

 

komahana 女としての価値が低いものフェミニストである、と思いたい人が一定数いる。昔は「バカ」よりも「ブス」な女の方が価値が低かった。今は「ブス」よりも「バカ」の方。

2020/05/26

「女としての価値」というボンヤリした概念を「男から見た利用価値」だとして、

今でもバカよりブスの方が価値低いと思うよ残念ながら。

 

フェミニストがその「女としての価値」が高い存在だぞ、とアピールする為なら「頭悪い美人」は役に立つけど

それ凄いくだらないアピールだしそんなとこで勝負してどうすんの、と思う。

 

昔の「頭いいブス」はそういう価値基準を一切拒否したうえで頭の良さで勝負してた。

「頭悪い美人」はちやほやされる面もあるけど、ブスじゃないので価値があるし、頭悪いので侮りやすい。

やっぱり「頭いいブス」のほうがよくない? 

 

rocoroco3310 こうして思想信条問題すら「美人かブスか」を争点にせざるを得ない増田の様な存在が、フェミニスト必要性を世に知らしめるのだ

2020/05/26

誰がそんなことを争点にしてるの。

そもそもブスも美人もカッコ付きで散々内容物を限定してお断りお断りを重ねてるのにな。

私が論じてるのは徹頭徹尾「頭のよしあし」で、それは思想信条問題に直接影響する。

あなたという頭の悪い人が相手の話の正味すら捉えられずに口から無駄排泄物を吐き出してるように。 

  

というかもうこの人誤読とかそういうレベルですらなくて

「ブス」や「美人」というこの人にとって刺激の強い単語以外何にも頭に入ってないよね。

こういう人がしゃしゃり出てくることやこういう人に丁寧に「お前はどうバカか」レクチャーしてあげることの価値が全く分からない。

小学校先生は生徒の成長と未来を信じて辛抱するんだろうけど、成人ずみのバカ相手にする場合は?

 

font-da 私は昔から一貫して「ブス」と「バカ」の二大罵倒語を頂戴しているので、「もの申す女への悪口ワンパターン」という結論いいんじゃないかなあ。この手の悪口を言われてないフェミニストは見たことないわ。

2020/05/26

「ブス」は一切意に介さなくていいけど

「バカ」は本当にバカ可能性があるので「font-daの言い分がどのようにバカであったか」まで具体的に説明しながらバカだと言ってくる人間の話は検討した方がいいと思う。

「私がバカだと言われるのはモノ申す女だから」と言ってスルーしてたらほんとにバカで、治療の機会を逸するという可能性もある。

 

brain-owner フェミニズム男女平等を目指してた。そしてそれは知性ある人の世界では達成され、バカな男の世界では永遠にムリな事が解って来た。今のフェミ男女平等から女性上位を狙ってる。それは知性ある人にも嫌われる

このコメント矛盾点は簡単です。

「知性のある人の世界

そんなもんがどこにあります

平等の達成」

有史以来存在したことがありませんし、これからもそれは無理です。人間は頭が悪く差別する存在であるため。

バカな男の世界では」

男はバカですが女もバカです。ウジャウジャと、掃いて捨てるほどいっぱいバカがいます

「今のフェミ男女平等から女性上位を狙ってる。」

一部ラディカルな人達にそういうのもいるかもしれませんが、

いまフェミニズムに起きてる障害はそういう悪意の為ではなく単に頭の悪さの為に見えます。 

Arturo_Ui 正面から議論を挑む度胸も知力も無いのに、「女性の行うことは劣っている」という無前提な思い込みがあるから、とりあえず腐そうとしているわけだ。「変わってない」のは世間ではなく増田だろう。 お前に届け新型コロナ

2020/05/25

この人ってなんかid覚えてるんだけど、

威勢がいいわりに頭悪くて増田追記でよくけちょんけちょんに反論されてペッタンコになってるひとだよね。

 

確かこの人はブコメでもよく喧嘩してて、気に入らない・反論できないidは「ブロックした」と宣言して勝ち誇る癖があったはず。

なので、「正面から議論を挑む度胸も知力も無いのに」ってまさにこの人らがよく言われてた罵倒だった気がするけど

しかったorかっこよく感じてしまって使うことにしたのかな。

 

 

追記

natukusa 数日前にも書いたが、女叩きや性質叩きをする輩は、増田みたいに本人は冷静で常識的なツラして文面全てで叩いてくる。そういうネットの女叩きの反発で「フェミ」に傾倒する女性が増えたって話もあんね。

じゃあこの文のどこが女叩きなのか具体的に述べてください。

ちゃんと述べられたら私は心から謝って改めます

述べられなかったらあなたがその誹謗中傷と頭の悪さを謝ってください。頭の悪さは改まらないでしょうか。

 

これは明確に白黒がつく世界です。

あなた卑怯にも自分の主張すら説明できず無言で逃げ出したりしない限り。

さあどうぞ。

tomoya_edwtomoya_edw ブスやバカ文脈で読むべきでないかな。本来本文で補足することだと思うけれど、ここではちゃんイメージは示されている。悪口合戦時の言葉大事にしていない時のブスバカと一緒にするのは浅い。/ 靴の人かな。

2020/05/26

文脈で読む」なんて高度なこと求めてないんですよ。

本文の先頭で「このエントリでのブスと美人定義」を明確に示してる(そもそも顔面身体の造形の話ですらない)んです。

それすら読まずにとんちんかん反論してくる人はもう無理でしょ。

ブコメバカの中でも半分以上はそのレベルから根本バカです。

 

これだけ知性を問う話をされてる場所バカ丸出しで突撃してきてバカを誇ってるんです。

すごくない?

 

kincity 「ブス」と「バカ」の2軸でしか女を評価できない方々…それって小学校教室に必ず居たやつじゃね?w 語彙力…

頭が悪くてこれっぽっちの長い文章も読めないので

「ブス」とか「美人」とか「バカ」のような単語だけ拾って小学校時代アングルコメントする人。

小学校から頭があんまり成長してないのは誰なのか考える・・・のも難しいんだよねきっと。

 

hisa_ino 「具体名挙げると問題あるから田嶋陽子がブス、はOKなんだ。へー。

2020/05/26

田嶋陽子は「ブス」です。

私は「ブス」の具体名を挙げることに躊躇していません。

「ブス」なことは欠点だと思っていないので。 これはかっこつきでないブスについても同じです。

 

私が憚ったのは頭悪い人の具体名を挙げることです。

頭悪いことは恥ずべきド級欠点だと思っているので。

 

こんなことは健常な頭してればらくらく読解できている筈なので、あなた頭が悪いです。

 

また、はてなidなど実名ではないこと、なにより直接かかってきていることから

頭悪いはてなidを名指しすることは躊躇していません。

ついでに私がついうっかり具体名を出してしまっている著名「頭悪い美人」は勝部元気です。

 

REV 行動に対する「批判」はありうるが、容姿に対する「誹謗中傷」は避けるべきってさっき言ってなかった?「バカ」批判に該当しないような気もするが、「バカバカと言って何が悪い」って人も多いからな。

「さっき」って何の話か分からないので書き間違いでなければ人違いかなにか?

「ブス」というのは議論で勝てない頭悪い人間悪罵ですがしょせん負け犬の遠吠えだし、

「ブス」と思われないように頑張る必要はないと思います

 

「バカ」は、きちんと相手の言い分に反論したうえで「バカ」とつけるのは相手への評価です。

反論できずにただ「バカ」と言ってるだけなら遠吠えや逃走ですね。

 

 

skgctom 気に入らない事言う女を「黙れブス」と言って黙らせてきたらブスじゃない人が黙らずに出て来るので、今度は「黙れバカ」と言ってまた黙らせようとしてるだけじゃね?

2020/05/26

「黙れブス」は完全に負け犬の遠吠えなので言われた人の勝ち。

議論を支えられない人がフェミニストの顔になってるのは「黙れブス」の時代より質的悪化してると思います

「黙れブス」と言われるフェミニスト知的相手を圧倒し恐れられていたんです。今は侮られてる。

 

minamihiroharu どんな人間がこの文章を書いたかを思えば、無視で構わない文章だよねえ。

2020/05/26

頭悪い人間が日々どういう処理で生きているかが一目でわかる名文だと思わない?

論理的にきちんと反論できなくても「これを書いたのは悪い奴だから無視で構わない!」っていう。

ダメ大学生の「この授業は小難しくて社会で役に立たないと思うから捨ててもいいコマだよねえ」と同じなので際限もない。

要は自分の悪い頭を甘やかして負荷のかかるシーンを回避してるだけ。バカが治るわけもない。

 

ysync ブスの定義はしっかりやってるのに、バカ定義ガバガバ悪口に落ちちゃってる…。

2020/05/26 リスト

書くまでもないと思ってたからだけど、確かに書いた方がいいので今更書きますね。

 

私はなんら高度な物は求めておらず、

「書いてあることを書いてある通りきっちり受け取って応答が出来る」ならバカではないと思っています

その際の応答が賛成か反対かはもちろん問題ではありません。

 

そんなの出来なかったら知的障害でしょ!と思うかもしれません(私も昔はそう思ってました)が

少し抽象的な内容が含まれたり、少し長かったり、少し言葉定義記憶しなければいけなかったりする文だと

8割以上の人がまともに読めませんし会話も出来ません。

 

 

追記3

https://twitter.com/komahanachan/status/1265187661347602432

→頭悪いと判断しているのは貴方なので、本当にその人が頭が悪いのか、私には判断つきかねます

人は自分好みの考えを持つ人間を「頭良い」と判断したいですし、嫌いな人間の考えは「バカ」と言いたがると思う。

お互いの知能が違いすぎると話が理解できない、という話もありますし…

貴方の知能がどれくらいなのか分からないので何とも言えませんが…

一般論としてご指摘はその通りですが

追記を見て一目瞭然の通り、私は自分意見が違っていても「まともに応答が出来てる人」にはきちんと接していますバカだと思っていません。

 

私は頭の良し悪しを言うときに主張に対する価値判断は入れていません。

1.「相手の話を読んで普通の応答(強く反対でも可)出来るか」

2.「自分の主張に論理的検討を入れているか

3.「ちょっと窮地に陥った途端反論放棄して泣きを入れたり被害者ぶったり人格攻撃に逃げたりしないか

などのようなところを見ています

今回追記バカ呼ばわりしてケチョンケチョンにしたブコメはいずれも1すらクリアしていない人たちです。

 

→頭の良さで人間の訴えを判断することは間違っています

頭の良い人間けが主張できる、話を聞いてもらえる。逆に頭の悪い人間が何かを主張してもまともに聞いてもらえない。そういった状況はおかしいです。

まず、バカにも主張する権利はあります

そこは一度も否定していませんからちゃんと読んでください。

問題は、それに対して反論する権利もあることです。

上で見た1もクリアしていないようなバカは私はケチョンケチョンします。

こんな人達はどのような場でも目障りです。

 

そして今回私が述べた「頭の悪い美人」は2や3の中間ぐらいをフラフラする存在の想定ですが

彼ら彼女らはフェミニズムに敵意を持った人間から議論を挑まれときにやはり戦線を支えられません。

ですからフェミニストガバガバな主張をして突っ込まれ反論できなくなって泣く頭悪い美人」という構図が出来上がり

これはフェミニストにとって良くない状況です。

 

前に出てフェミニストとして世間認知されるのは「頭いいブス」である方がよく、

「頭悪い美人」にそのポジションが占められてる現状は「頭いいブス」が不甲斐ないこと。

というのが最初に書いたことです。

 

頭の良い人、頭の悪い人、美しい人、醜い人、みんなフェミニストで良いですし、主張することは否定されることではない。

あのねえ。

特定の誰かに主張する権利はないと書いてありましたか

「頭の悪い美人排除せよ」という話をしまたか

具体的に抜き出してみてください。

この問答は追記で2度目です。

私は誤字等除き本文を書き換えたりしないので隅から隅まで読んでみてください。

頭悪い人が代表フェミニストとして認知されている今の状況はフェミニストにとってよろしくないという話をしたのです。

 

もしそんなことで否定されるのであれば、フェミニストではなく、フェミニストの話を聞く人の問題だと思います

世間フェミニスト好意的であることを期待しながら「頭悪い美人」を旗頭にするより

世間フェミニスト好意的でないことを認めてきちんと議論できる「頭いいブス」を前に出す方が良くないですか。

必ずしも好意的でない人たちと折衝するときの隙の無い身だしなみ、程度を提唱しているのですが。

 

 

余談

また余談として、私のバカに対する処遇についてですが

私はバカは「お前がいかバカであるか」を説明したうえで罵倒します。

特に1は許しませんので徹底的です。2や3についてはあーあと見てるだけですが、2は気が向いたときは酷く言います

これは主張する権利否定や圧迫ではありません。みんなそういう荒野に生きています

 

私はバカに対してその人の知能を憎みますがその人の命は憎みませんので

発言者の身元に対して攻撃するとかそういうことはしません。(バカほどそういう分別がつきません)

全員匿名id世界などは私にとっては居心地がいいです。バカをひっぱたくことに何の躊躇も要らないため。

2020-05-17

anond:20200515233944

お酒は体質的に飲めない(お菓子に含まれてる分でも気持ちわるくなる)ので、全く飲んでいません。

2020-05-11

anond:20200511201034

「本編では結ばれなかったサブヒロインが今度はメインヒロインになる」というifの需要の話だから

エロゲキモはまさにそれだし、現在でその需要を満たしているのは、強いて言うなら二次創作しかない。

昔と比べて同人作家は遥かに増加したし、わざわざコミケへ行かずともPixiv巡回するだけで満足できるのだから質的には別物だよ。

2020-05-10

anond:20200510232058

今の自民党にまともな人はガチで誰もいない。

探せば若手議員にマシなのがいるかもしれないが自民党の体質的にその人達活躍することはない。

 

枝野さんや蓮舫さん、志位さんなど真っ当な政治家が国の舵取りをしないと日本は本当に取り返しがつかなくなる。

君や大事な人の人生もめちゃくちゃにされるんだよ。

2020-04-29

在宅フィットネスはOculusQuestが最高であると主張する。

なんかNintendo Switchが品薄だの、リングフィットアドベンチャー転売屋ヨドバシに押しかけただの、紐なし縄跳びが品切れだの、PS4が品切れだのとなってて、

何だ何だと思ったら、在宅での暇つぶしやらフィットネスやらが目的なのね。

まあ、俺もかつてフィットボクシング目当てで買ったSwitchは元々持ってるけど、

在宅でフィットネスやるなら、OculusQuestが最高であると主張する。


リングフィットアドベンチャーは持ってないか比較できないけど、少なくともフィットボクシングと比べた場合

没入度も楽しさも爽快さも圧倒的にOculusQuestが上であると、自信を持って断言する。

ウォーキングマシンエアロバイクも懸垂マシンもシットアップベンチも持ってるけど、

どれよりも楽しくて運動量が大きいのがOculusQuesutだ。(まあ、懸垂マシンとかシットアップベンチは筋トレ用なので、ちょっと目的が違うけど)


OculusQuestは、YouTube360動画やら、3DRPGスカイリムVRとか)やら素晴らしい物が色々あるが、

フィットネス目的であるなら、BeatSaberやボクシングゲームが最高だ。

OculusQuestの何が良いって、まあ、VRから当然なのだが、他のゲーム機と違って全てが「体験である点だ。

同じボクシングをやるにしても、Switchフィットボクシングあくまで画面上のコーチの指示に従って音ゲーやってるだけなのに対して、

OculusQuestのは(ボクシングゲームと言っても種類があるだろうが)遠くから眼前に迫りくる標的をバカスカぶん殴るのだ。没入度が比較にならない。

(っつーかフィットボクシングコントローラーの誤認識が酷すぎて、調子にのってやればやるほど、誤認識でMISSになった時に脳天クラクラするほどストレスになるのである


BeatSaberは言わずもがなである

普通二刀流で飽き足らず、剣豪っぽく片腕を後ろに回して片手で斬ったりジャンプ切りしたりと余計なモーションしてればすぐに汗だくになるほど運動量が上がり、やり足りなくても腕力が終わる。

周囲も自宅の室内など見えず、ギャバン魔空空間ってこんな感じじゃない? という前方も背後も頭上も足元もライブハウス的なサイケビームの飛び交う圧倒的破壊空間は、まさに歯車砂嵐小宇宙

ギャバンダイナミック連発しすぎで二の腕ヤバい

この文章打ってる間も、コーヒーカップを持つ腕がプルプル震えてて難儀している。

休憩がてら、YouTube360動画世界絶景を眼下に見下ろしたり、宇宙空間を旅するのも良い。

「家から出られずストレスたまる」とかどこの惑星の話でしょうなあ、という感じである


で、このOculusQuestは体質的に3Dがダメって人以外には超おススメなのだが、

そのままだとちょいと弱点があるので、一緒に導入するべき2つのアイテムを紹介しておく。


・1つはヘッドタオル

フィットネスをやっていると、すぐに汗だくで頭からずぶぬれになり、OculusQuest本体にも良くないし、不快感も高くなる。

ヘッドタオルをしてOculusQuestをかぶれば、汗をかく端から吸収してくれるので、思う存分暴れられるというものである

普通タオルでやると、結び目が太すぎてOculusQuestをかぶりにくくなってしまうので、ワークマンなどで400円かそこらで売ってるちゃんとしたヘッドタオルを導入すると良いだろう。


・もう一つは500gのリストウェイト。

これは別に首に巻くための物では無い。OculusQuesutの後ろに巻くのだ。

OculusQuestは、ゴーグル部分が重い。重いと言っても数百グラム程度で大した重さではないのだが、問題はそれが前方にだけ集中しているという点で、

そのまま装着すると、顔面(とくに目や頬のあたり)の負荷がきついのだ。常に顔面を引っ張られている状態になってしまい、しばらくするとズレて来るし、ものの数十分でもの凄く疲弊する上に、あまり美容にもよろしくなさそうだ。

他のVRゴーグルHTC Viveとか)と比較して、コードレスという点で圧倒的な自由度を実現しているOculusQuestだが、この「前が重い」という点だけが、没入感を妨げているのだ。

それが、後ろ側に500g程度のバラストを付けると、良い感じにバランスが取れて、1時間やそこら装着しっぱなしでも何ら余計な疲労感を感じずに済む。

このバラスト別に何でも良いのだが、ブン回しても脱落しない安全性と、汗をかいても大丈夫で、肌にも問題ない、という特徴を併せ持っているリストウェイトが一番手軽で安心できると考えている。場所が後頭部なので、余りゴツい重りだと痛くなりそうだし。

ちなみに俺はリーボックの親指穴がある水色のリストウェイトを使用している。これは非常にフィットして、装着中はまったく意識する事が無かった。


この2つの追加装備によって死角の消えたOculusQuestこそ、在宅フィットネスのマイベストであると強く主張する。

2020-04-26

ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)への違和感

はじめに

anond:20190329034939

この日記が物議を醸してから1年以上経った。

その頃自分M1からM2に上がりたてで、HCI系の研究室所属していたが特別ブラックというわけでもなく(直接指導にあたる教員との相性は悪かったが)、記事を読んでも筆者の境遇に思いを馳せるぐらいの月並みなことしかできなかった。

それでも、HCIは「一見役立たなさそうなおもちゃのようなものに、理屈をこねくり回して正当化させるのが多いように感じ」るという主張に心から共感したことは覚えている。「おもちゃ」という表現がぴったりだと感じたのだ。「ゴミ」とか「クズ」ではなく、「おもちゃ」。自分も含めて学士修士研究は大半がゴミ同然なのだろうけれど、どうしてかHCI研究の一部は「おもちゃであるように思えてならない。当時その理由漠然と考えてみたりもしたが、結局まとまらないうちにほとぼりが冷めてしまった。

今、自分修士課程を修了して労働をしている……が、このご時世なのでここの所はずっと自宅待機で時間を持て余している。だから、今のうちに寝かせたままのもやもやを整理し、言語化しておきたい。そういうわけで、増田に書くことにした。

一応断っておくと、これから書くことは修士卒の人間主観に満ちたお気持ち表明であり、HCI全体のごくごく狭い領域事情を述べているに過ぎない。HCIの学際的な領域は多岐にわたるが、その中でも自分記憶感情コミュニケーションといった人間精神的な活動コンピュータ技術支援しようという趣のことをやっていたから、余計におもちゃ性の強い研究に触れる機会が多かったのかもしれない。そのあたりを踏まえた上で、読んでもらえると幸いだ。

HCIはどのようなおもちゃ

HCIが立派な研究であるかどうかは、HCIおもちゃ問題を考える上で大きな問題にならないと自分は思う。正しく研究フォーマットに則ってさえいればそれは研究と呼ぶ他ないはずだし、研究質的議論は何もHCIという分野に限られたことではない。

HCIにとって真に重要なのは、人の役に立つかどうかだ。

学問有用性は、例えば人文学の軽視だとか、もっと次元を低くすれば三角関数を習う意味だとかで、これまたよく議論対象となる話題である自分としては、一般的学問に関しては直接的な人間への有用性という観点のみで議論されるべきではないと思っている。学問による間接的な恩恵や将来への投資無視するのはあまりに浅慮であるし、根源的な欲求の充足というのにも価値はあるはずだと考えるからだ。

しかし、HCIは例外だ。HCIは、人を対象とし、大半の場合エンジニアリング的なアプローチによる課題解決を目指しているのだから、人の役に立たなければ意味を持たない。しょうもないHCI研究は、道具・ツールとして失格の烙印を押されたガラクタの「おもちゃなのだ

自分は、ワゴンいっぱいのガラクタおもちゃの中にあって気持ちがみるみる冷めていったし、元増田の筆者もきっと同じだったのだろう。

おもちゃHCIの特徴

ここからは、自分おもちゃだなと感じてしまうHCIの特徴について列挙していく。

継続的使用が望めない、一回限りのモノである

おもちゃHCIは往々にして一発芸の様相を呈しがちである

遊ぶように楽しめる何かを作ること自体結構だが、課題解決を目指す工学において繰り返しに耐えないモノを作るのは全くのナンセンスだ。

それこそ、人間にとってのお役立ち度は、縁日の射的の景品やヨーヨーと全く変わらないということになる。

人間理解していない・理想化しすぎている

HCIの研究プロダクトが役に立つ前提として、人間というのは常に明るく元気で前向きで、人と繋がりたくってしょうがない生き物なんだと考えているんじゃないかと思わされることが何度もあった。確かに現在社会においてそのような人々は理想的で偉いのかもしれないが、現実を見ればそのような前提を掲げられるはずもないことは火を見るより明らかだろう。

また、人々に高度な認知能力要求するような例も多いが、そのような人々がいくらかエンハンスされたとしてもそれに対するHCIの貢献度は、はじめからA判定の生徒を受け持つ家庭教師のような疑わしさが持たれて然るべきだ。

他分野の援用に飛躍がある

これは元増田にも指摘のあったことだが、他分野を無理のある形で援用してトンデモ仮説を作るようなことが見受けられた。逆ソーカル事件といえるようなことが、あちこちで起こっているんじゃないかと思う。

射程が短い、もしくは長すぎる

大いなる研究の礎として失敗した研究存在するという考え方があるが、おもちゃHCIは礎たりえない。それは、そこに積み上げられるものが全くないか、あるいは逆にバベルの塔を建てようとしているからだ。つまるところ、未来が両極端なのだ

おわりに

ある程度もやもやを形にすることで、多少スッキリしてきた。

当たり前のことだが、何もHCI全体を否定しているのではない。優れた研究研究者は数多く存在しており、今後も我々の生活を豊かにしてくれるのだろう。

ただ、おもちゃHCIが存在するのも事実で、それに関わると残念ながら莫大なリソース無駄に終わってしまうからちょっと口出ししておきたかったのだ。

2020-04-13

anond:20200413151152

それは、接触した場所から何かを読み取る能力があるわけではなく、接触トリガーとして君の脳内感覚の混濁が起きているにすぎないのでは。対人的な不安感不信感といった脳内精神的回路が神経系と混濁してしま特殊質的な。

2020-04-05

anond:20200405164030

というか、女だって妊娠したら体質的にどんなことになるか分からないんだから

男はそのくらいは覚悟して結婚しないダメなんちゃうか。

その覚悟が無いなら、最初から選択小梨共働き避妊失敗率を考慮して、セックス無し。

の割り切り夫婦を選ぶしかないと思う。

2020-03-26

anond:20200326143544

🙅変質的(へんしつてき)

🙅偏執的(へんしつてき)

🙆偏執的(へんしゅうてき)

2020-03-20

すべての細胞は入れ替わるからの「いや脳細胞は増えない」ってヤツ

細胞(ニューロン)は新生しているし

少なくとも人為的に増やせるからね?


東京医科歯科大など、ニューロン細胞分裂を防ぐブレーキの仕組みを解明 (2017年9月19日)


ニューロン細胞分裂を防ぐブレーキの仕組みが明らかになりました。


○そのブレーキを解除する低分子化合物を同定し、脳梗塞モデルニューロン細胞分裂に成功しました


○ この研究JST戦略的創造研究推進事業さきがけ「分子技術と新機能創出」ならびに文部科学省科学研究補助金キヤノン財団研究助成テルモ生命科学芸術財団助成支援のもとでおこなわれたもの


JST戦略的創造研究推進事業
さきがけ「分子技術と新機能創出」

https://www.jst.go.jp/presto/moltech/


分子技術ってなんぞ?>

分子技術」とは目的を持って分子設計・合成し、分子レベル物質物理的・化学的・生物学機能を創出することによって、従前の科学技術質的に一変させる一連の技術である分子レベルでの物性創出とは、無限存在する分子から最善・最適の分子を精密合成技術理論計算科学との協働により自在設計・合成するという究極の物質合成で、分子の形状・構造電子状態集合体・複合体、輸送・移動を制御し、これによって真に産業競争力のある諸外国には真似できない物質材料の創出が期待できます


ぶぶぶ・分子〜♪ 分子分子分子イエー♪

2020-03-18

イタリアで死者が多いのは体質的問題

あるかもしれない

2020-03-16

anond:20200316093806

下戸(げこ)とは、体質的に酒やアルコール飲料を飲めない人のことを言う。

あなたが先に持ち出したWikipediaにおける下戸定義

特殊用法説明なく使う方が発達障害

っぽい

anond:20200316085850

全く飲めない訳ではないが弱くてあまり飲みたがらない人や

質的には飲めるけど好きじゃない人はもっと多いし…

2020-03-05

anond:20200305222602

知的障害は軒並み平均以下

発達障害ジャンルによって凸凹がある

この元増田テレワーク業務は人並み以上にできても

時間を守る(たとえば30分前に家を出るなど)が特別に弱いようだから凸凹状態になっており

それがキツくて日常生活に支障が発生すれば発達「障害」の可能性がある

ただ貧血、低血圧などの朝どうしても起きられない他の器質的病気排除してからの診断にはなるが

エジソン不登校児)のように診断名がつかないまま天才児として生きられる状況にあれば「障害」ではない

2020-03-01

anond:20200301183639

もっとシンプルな話だと思う


日本国民レベルを正しく反映しているだけ

多くの日本人が普段会社日常で行なっているしょーもないことを国家中枢で行なっているだけ


属人化大好き自分存在感を高めるために自分けができる状態にするの大好きでカイゼンする気がなく頑張りましたが無理でしたアピールが大好きで

常に自分以外が悪く自己責任を問われない国


ただしエリート専門家レベルは低いが下々の者もヒャッハーしてなく平和ではある

上も下も多くの日本人のレベルを反映しているからね

質的社会ってそういうこと

anond:20200301113205

・「親切/利他精神というのは生まれつきのギフトということ」

判断根拠として増田の出したウィリアム症候群研究は、「ある特定遺伝子に親切・利他精神」を左右させるものもあるという事で、

普通遺伝子を持つ大多数の人間適用できるものではないし、根拠として出す事は出来ない。

ラット研究も、「『不安を感じる事』は『親切』に関連し、抗不安薬は親切心を減らす」という哺乳類に対する仮説で、

「親切な人間にするには、「不安を感じる薬」を投与する必要がある」という根拠しかならず、教育でなんとかできる根拠にはならないし

寧ろ「不安を感じる部分」と言うのは形質的ものが大きいので、教育で何とかできないという事になってしまう。

・そしてウィリアム症候群は「不安や警戒感を感じにくいので親切」という性質を持つので、「不安を感じる事が親切につながる」という二つの研究は互いに反証になってしまい、

強材料として適切ではない。

・つまりあなたの出している研究自分の論の補強材料はおろか根拠となってない」ので「反論にも主張にもなっていない」

なんか攻撃的な文章に成っちゃったけどごめんね

2020-02-27

新型コロナ感(2月27日時点)

■わかっていること

1)全体の8割以上が無症状か軽い風邪根拠ネットでそれっぽいことが書いてあった)

2)肺炎の症状がでても結構治る(根拠肺炎の症状がでている人数と死亡する人の割合を見て)

3)重症化したり死亡する人のほとんどが年寄り根拠ニュース

4)満員電車でもあんまり感染しない(根拠:もし空気感染的に感染するなら都市部で大量の肺炎患者が出ているはず)

5)空気感染力は思ったより強くない(根拠:4より)

6)しかし、換気の悪いところに感染者と長時間いると感染する(根拠屋形船ダイプリ号、医者感染

7)ダイプリ号の大量感染は個室待機前に感染していた人が多い(根拠潜伏期間

8)接触感染力がかなり強い(根拠千葉スポーツジム時間感染ダイプリ号)

9)湖北では、1日当たりの感染者の増加数が減ってきている(根拠https://news.qq.com/zt2020/page/feiyan.htm#/


上記より、感染しないためには以下を守ればよいことがわかる。

1)物に触れた手で目や鼻や粘膜を絶対に触らない

2)とにかく手を清潔にする(ドアノブを触った手は汚染されている、スマホPCアルコールで拭いた方がいい)

3)マスク感染させないために重要だし、飛沫感染有効なのでするべき

4)よく換気する(換気の悪いところにいかない)


憶測

湖北感染者増加数、死者数が減っているので、あと2,3か月で収束しそう(希望憶測

ビュッフェ形式危険かもしれない(重ねた皿の前で感染者がくしゃみしてたらアウトだし、トングも危険

外食スプーンフォークの持つやカップの持ち手ところも危険なのでアルコールで拭いてから使う

学校は、よく手を洗うようにすれば感染を防げそうな気がする(お湯が出ればベター

給食学校は収まるまでは弁当の方がいいかも(皿の前でクシャミするヤツがいそう)

抗菌手袋みたいなものがあれば、有効かもしれない(手袋外したら消毒するとか)

雪まつりは触れる氷像とかあったのかな?

・屋外スポーツの観戦のリスクはそれほど高くないと思われる


■わからないこと・知りたいこと

ウイルス食べ物と同時に口に入った場合、どの程度感染するのか

→もし唾液や胃酸によってウイルス死滅するなら、口に入れるものに関してはあまり注意しなくてもよくなる。刺身とか。

・銅の殺菌力

→銅にコロナを殺す力があるなら、洗った10円玉ポケットに入れておいて、手でジャラジャラするのは有効かもしれない

・再感染危険

→これは、再感染して再度症状がでて重症化する割合がどの程度なのか知りたい。

若い人の重症化、死亡理由

→体質的に運が悪かっただけなのか、それとも大量のウイルスを浴びると若い人でもダメなのか




いまのところこんなところかな

2020-02-26

anond:20200226173643

質的に飲めないとかじゃないのなら、必要な時にちょろっと飲めばいいんでないの。

anond:20200226172531

質的人間共感で繋がってキャッキャするやつのことだよ

「同性同士が集まって、異性を品評する楽しさ」も、

いじめる楽しさを共有している複数いじめっ子たちの楽しさ」もホモソワチャワチャだよ

2020-02-20

anond:20200220012929

正字正かな遣いクラスタの用いる言葉バーチャルすぎて半笑いになる。

本人は格好つけている、あるいは意義があってそうしていると思っているのだろうが、例えるなら日本語文法おかしい人が一生懸命頑張ってるみたいに見える。

まずほとんどの彼らの用語には底本というか、基準がない。

正字正かなといっても

A時代明治大正末だとだいぶ違う。昭和戦前が一番イメージやすいだろう。江戸時代でも鎌倉時代でもいい)で異なるし、

B書かれる媒体新聞なのか随筆なのか、個人日記なのか)で異なる

今でもそうでしょう。

1999年頃の、ギリギリまだ怪しい雑誌に怪しいライターがひしめいていた時代のあの文章。思い出して欲しい。

ちょっとカタカナ混ぜたり、トカ? ゲーム批評のガップ獅子丸みたいな文章。今だいぶ雰囲気変わったでしょう。

逆にいうと、今風の? 切込隊長やよっぴ〜みたいな文章も、ネットで見られる時代象徴的な文章としてのちに振り返られるかもしれない。

20年でだいぶ違う。

そして、これらの文章ビジネス文章国会の答弁、ニコニコ動画コメントなんかとはまた質的ことなる。

当然、歴史のどこかの時期にもこうした現象は発生していて、ほとんどの正字正かな遣いクラスタはその事態対応できていない。いつどこの文章か定めていない。

自分の、なんとなく知っている文字用語だけを用いてネットに書き込んでいる。

本人たちは別に自分用語を選んでいるんだからいいだろ、という認識のようだ。それは別に選択からいい。正字正かな遣いクラスタをやるのはなんらも問題ではない。

だが、その用語選択はとても格好が悪い、あるいは選択センスが低いということだ。何回も言うけど、任意日本語のあるバージョン選択すること自体別に問題ではない。選び方のセンスダメ。全くダメ

新しいジャンルならセンスも何もないのだが、日本語表現なんていういつもいろんな人間が手を染めてきた分野だから、やってることの格好の悪さが際立つということだ。

例えるなら小学校高学年くらいの時に50音にそれぞれ謎の記号をつけて、オリジナル暗号を書いていた人はいるのではないだろうか。

正字正かな遣いクラスタのやっていることはこれに近い。大人オリジナル暗号やってるみたいな。

周りの人は「大人」だから読めるし付き合ってやってる。これくらいの格好の悪さ。格好の悪さの格調が低い。

さてどうすればいいのか。私案。

自分のお好みの時代媒体文章を徹底して模倣することだ。

ネットに書く時には様々な制約がある。異体字縦書き横書きの制約。「つんぼ」とか差別的意味合いが深まった表現とどう対峙するか。

俺だったら明治大正時代行政文書、あるいは室町時代日記あたりで挑戦してみたい。

相当原典にあたり言葉に詳しくならないとならない。「正字正かな」を用いると言うことはそういうことが必要だと思う。

要するに、正字正かな遣いクラスタは、言語用語にこだわっているように見えて、実態のところ非常に個人的で恣意的操作をしている。

このアンバランスが最高に格好悪いということ。

いわば言語オナニーしているようなもんなのだ

2020-02-16

古今伝授ウイルス

思うところあって中屋敷均『ウイルスは生きている』を再読。走り読みなので細部までは目が行き届いていないが、これを読んだ時に受け取った熱を思い出した。2016年3月初版発行からそう経たぬうちに読んだと思うが、今は随分ここから遠くに来た気がする。本書が今の自分とは縁遠いものという意味ではなく、寧ろ逆にずっと俺の心を捉えて離さなかった。自分世界認識に深く影響を与えた(与えている)ので、もっとずっと昔から自分の中にあったように感じていたが、たった4年前のことなのか。

思うところが何かを明確に言語化するのは難しいが、

古今伝授を真に理解するためには、それが中世社会特質と深く関わっていることを考えなければならない(古今伝授和歌という縦糸だけで説明しようとするからダメなんだ。中世という横糸を忘れている)。中世は壮大なコジツケの体系が構築された時代神仏習合本地垂迹説・卜部神道中世日本紀等々…の奇妙奇天烈世界観!古今伝授もその一環として見るべきではないか。コジツケと言われればそうだけど、それはその時代の人々にとってとても必要なコジツケだったのだ、という。もし積極的な意義を見出すのならその方向から説明しなければならないのだ。(古今伝授を受けた天皇を中心に優れた歌人が輩出された、だから歌学教育として意味があったとかバカか。優れた和歌とは何かという定義評価軸じたいが古今伝授支配圏内形成されるのだから、優れてるかどうかを論じること自体ナンセンス。)

古今伝授古今伝授になっていく過程、つまり古今集という単なる書物が、あるいは勅撰集編纂という律令制国家の一事業が、その枠を超えた何か大きな・尊い民族文化の精髄のように認識されていくそ過程において、付与された様々な言説――三木三鳥だの八雲神詠だの人麻呂がなんちゃらかんちゃら、後世から荒唐無稽とさんざ罵倒されることになるこれらの言説は、あたか胎盤形成におけるシンシチン(syncytin)のような役割果たしていた、と考えることはできないのか。異物を異物と感じさせない、捏造捏造と感じさせない仕掛け。それは、倫理的断罪とか文化価値の優劣の俎上に乗せるのはふさわしくなく、その仕掛けを通じて何が実現されたか、その何かはその仕掛けを用いずには実現され得なかったのか、をこそ見るべきではないのか。

本来ウイルスもつ能力自己の一部として、機能として取り込む。生物自己の維持に必要機能の一部を外部環境依存する。ポータブル外部環境としての細胞生命と非生命境界は我々が思っているほど明確に線引きできるようなものではない。我々の生命定義は、あまりにも我々が日常的に馴れ親しんだもの見方に、「個人」という概念にひきずられてやしないか・・・というのが本書の示唆するものの最も深い所だ。

契沖や子規の批判は分かる。俺も一個人としては古今伝授(に代表されるもったいぶったコジツケ家)はバカジャネーノと思う。が同時に、それは文化・知・個人といったものについてこっちの定義/概念押し付けてるだけじゃないの?とも思う。

根拠がない、合理的でない、和歌質的向上につながっていない、という。では何故根拠がなければならないのか?合理的でなければならないのか?なぜ質を向上させなければならないのか?

これらの批判は、文化とは何か、個人とは何かについての定義をすでに前提にしていて、その立場から加えられている(反論する側(古今伝授擁護する側)にもその立場から反論するやつがいからどうしようもない)。まず始めに個人がある、歌は個人気持ちを詠むものだ、しかるにコレコレの御方に入門しなければ和歌は詠めないのだとはけしからんしかもその御方の教えたるやひたすらややこしい制約ばかり、かつ透明性のかけらもない、おまけにそう教える根拠はどこにあるかと探してみれば無い、要はこいつがでっち上げた妄説じゃねえか、それで偉ぶったり金巻き上げたりするなんて悪どい奴らだ・・・、こういう自他の区別、新旧の区別、真偽の判別をつけずにはいられない、ある意味病的な正義感いかにも科学合理性に偏っている。

しかし、それとは全く異なる評価軸があって、古今伝授は(中世の壮大なコジツケ志向は)その軸からみればもっとずっと整合的に理解できるはずだ。

本書の示唆する構造は、外来文化自家薬籠中の物にする日本文化性質(漢字仏教等々)、中世の遺制としての近世身分制(身分的周縁論)、象徴天皇制(近代国民国家の中の「伝統」)などに比較してみると実に都合がいい。

本来異質な要素を自己の維持に不可欠な一部として取り込み、その「元異質たち」も含めた全体として再生産されていく。あるいは新しい政権が成立する際に、それ以前からあったが途絶えかかっていた慣習を改めて制度化し流用する。取り込まれた方は同一性が失われ単なる機能に解消されてしまことなく、細胞異変があれば細胞生物独立した生物としての振る舞いを取り戻すこともあり得る(少なくともあり得ると見なされる。226事件を想起せよ)。天皇機関説ならぬ天皇ミトコンドリア説。

文化じたいが多かれ少なかれこういう性質を持っているのだが、特に日本はその傾向が顕著というか、世界中に普遍的にみられる文化現象の一例というだけでは説明のつかない点が多い。(なぜ先端技術の粋を凝らした構造物を建てる前に、土地の霊を鎮めるための宗教儀礼をやるのか?なぜ参加者は誰もその宗教信者でないのか?わけがからない。)こういう部分を説明するうえで本書の示唆する構造は役に立つ。その応用系として、古今伝授についても似たようなことが云えるのではないか

anond:20200216141132

このシリーズ個人的に辛かったのは以下の事柄

テレビ

テレビが何かわからない。いや、わかるんだけど、例えば古いテレビと今のテレビ全然形違うじゃん。

昔のテレビの足はなぜ四つ足ですらっと長いのか? 昔の真空管や配電の機械ってとっても重い。それをすらっとした木製の四つ足で支える意味がわからないし、薄型で軽量になった今こそ細い足で支えるべきなのに、実際にはどっしりとしている。

そして大抵テレビというと番組付属する。「テレビ見る」はテレビを見るという意味ではない。テレビ番組を見るということだ。そしたらテレビテレビではない。ではテレビはなんなのか? そして、今はパソコンスマホテレビ番組見るんだが、私たち営為としては「テレビを見る」という営みと質的差異はない、あるいは少ない。わけがからなくなって俺はテレビ朝日を見る、とかネットフリックスを見る、永谷園CMを見るとか、かならず具体的なものをさすように言語表現するようになった。

手書き

これの意味がわからない。手で書く、という意味はわかる。一般的には印刷を用いないで書くことだろう。

ところが、たとえば砂浜に尖った流木で書くのは手書きか? 指で砂に字を書くのは手書きか? と考えるとわからなくなってくる。この二つ、似てるけど営みとしては異なる。

前者は流木書きで後者手書き(あるいは指書きといってもいいかも)とするべきで、そしたら鉛筆ペン文字を書くことはは手書きじゃないんじゃないのか。より手で書きうる手段があるのに手書きってのはおかしいんじゃないのか。

筆で書くことを手書きというか? 多分いう。文字だったら。抽象的な前衛書画は?

パソコンは手で打っているか手書きじゃないのか。この文字は俺の手で書いてる。

もう手書きという日本語は全く信用ならなくなってしまい、仕事では、手筆を以ってする、ゲルインクで書いた書類atok作成した文章みたいな日本語表現している。

印刷物の校正は頭がスッキリする。手書き校正メモ、と、印刷された本文、とは意味合いとしてスッキリ弁別されている。仕事がわかりやすい。ずっとやっていたい仕事だ。

2020-02-15

8年ぶりに目が見えるようになったので再起を誓いたい

夜中になると、なぜ自分がこんな目にあわなければならなかったのかと思い、涙が止まらなくなる。現在21歳、大学3年生。半年前に目が8年ぶりにちゃんと見えるようになった。中学1年生の頃からである。8年間本当に長かった。

8年前の秋頃、中学1年生だった私は小学校以来のゲームのやりすぎで視力が低下していた私は黒板の字が見えづらくなっていることに気づいた。眼科に行き、視界が悪くなっていることを告げられ、まだ外見などあまり気にしていない半分小学生脳だった自分メガネをかけることに決めた。いわゆるガチャ目で、左目が0.2とかなのに対し右目がほとんど見えない0.01みたいな状態だった。ゲームをやるとき姿勢が悪かったのが原因かもしれない

ここまではよくある話だし、目が悪くなるというのが怖かったとはいえ周りにもメガネをかけている子供はたくさんいたので、絶望感のようなものはなかった。メガネをかければ普通に周りが見えるようになったし、日常生活に支障はなさそうだったからだ。

しかしいざメガネ生活が始まると、以前とはどうしても変わってくることがあった。一つはメガネキャラが定着してしまたこと。もともとそんなに明るくない性格だったのがメガネをかけたせいでさらに暗くなってしまった。別に友達づきあいは変わらないんだけど、中3にかけて子供が見た目を気にしだすようになるなか自分の見た目の悪さも気になるようになってしまった。

そしてもう一つは激しい運動がフルでできなくなること。メガネをしているのでサッカーとか野球とかできるだけ端っこで見るだけになってしまった。中学の時はサッカーに無理やり参加してメガネ割れたことがある。中学3年生の頃には自分のことがのび太のように見えたし、周りからもそう言われるようになった。

ここで何故コンタクトを使わないのかと思うかもしれないが、これがこの悩みの大きな問題点だったのだ。自分はどうやらコンタクトが合わない体質らしく、眼科に行ってもガチャ目だからコンタクトが合わない、メガネじゃなければダメだと言われていた。実際コンタクトをつけてみると、とにかく気持ちが悪い。つけていると船酔いのような気分がして額から汗がだらだら出てくる。一回コンタクトをつけて学校に行ったことがあるが耐えきれずにコンタクトを外してしまった。いわゆる眼精疲労というやつなのだが、本当に眼精疲労?と思いたくなるような症状が出てくるので、いやいやメガネに戻さざるを得ない。

そして高校生活が始まると、この外見コンプレックスに散々悩まされることになる。もともとメガネが似合う顔でもなく、絶対ないほうが良いのだけど、メガネを外すことができない。この消せないコンプレックスが悩みの種で奥手な性格さらに奥手になり、高校ではあまり周囲に心をひらけなかった。別にいじめられていたわけではないのだけど、とにかく自己評価が低くて周りと上手く接することができなった。なんというか顔に傷がある感じなのである。だから人前に出るのがいやだった。

それだけ自己評価が低いので、常になんか暗いオーラが出ていた。自分の姿が嫌で写真に写りたいとも思わない。だから高校時代写真ほとんどない。だけど頑張れるところは頑張ろうと思って勉強は頑張った。順位が貼り出されて学年一位という経験もしたのだがクラス友達がいないためご飯を食べる時は一人という惨めな思いを味わっていた。今思えばそんなの気にしなければいい話なのだけど、それがいやでいつも教室の隅っこの方にいた。運動も十分にできないのでだんだん運動神経は落ちていき、本当に勉強のできるのび太くんみたいになっていた。自分長所勉強しかないのが嫌だった。

から高校1年生くらいの時から視力回復トレーニングを色々やって見たのだが、如何せん効果がない。あの手のトレーニングはたまにネット上で効果があったとか書いてあるが、ほとんど無理である。一度目は悪くなったら自力視力回復しないと思う。だから高校12年生の頃は本当にどうしようもなくて、とにかく外見コンプレックスに苦しんだ。

そうこうしてるうちに高校3年生になった。17歳という、人間として容色もっとも美しくなる頃、受験勉強とともに私のこの外見・視力コンプレックスさら肥大化した。大学受験の不安よりも私は一生このままなのか、見た目にコンプレックスを抱え続けなければいけないのかという不安の方が大きかった。本当にメガネが外せないのかと悩み苦しみ、勉強そっちのけで眼科に何件も通い、なぜかメガネを10本近く買った。大学病院での検査検討したが、大学受験との兼ね合いで断念した。そんなものからそれまで維持していた成績は下がり始め、大学受験は第一志望に受かることはできず、コンプレックスも解消されないまま大学に進学した。浪人という選択も考えたが、当時のコンプレックスははっきり言って異常で、浪人したら今受かっているところにも受かるような気がしなかったため浪人を断念した。

大学に入ってからもこの外見コンプレックスに悩まされた。最初の頃は無理やりコンタクトをつけて登校していたが、だんだんきつくなってメガネに戻してしまった。そしてメガネにすると人前に出られない(?)ので、サークルも次第にフェードアウト大学1年の秋には学内自然孤立の道を選んでしまっていた。そんな人間が生きる道はインターネッツで、授業から帰宅してはネットサーフィンをする毎日一年冬〜二年秋まで送っていた。ネットサーフィンをしているうちにコンプレックスを忘れようとしていたのかもしれない。だが、20歳になったタイミングでまた忘れていたコンプレックスが再発がした。成人というのは大きなイニシエーションで、私の忘れようとしていたコンプレックスがまた復活していたのである

今度はさら孤独コンプもこじらせていて、高校の同期が大学で楽しくやっている中自分は部屋で一人ネットをしているのがコンプレックスになった。正直もう外見なんか気にしないで普通に人と付き合えばいいというのはわかっていた。でももう二年が終り、就活が始まるという段階で今更人付き合いを増やせるとも思えなかった。だから二年の冬休みはとにかく暗くて、どうすればいいんだろうという気持ちになった。不安と苛立ちが爆発し、家族にわけもなく当たり散らすようになった。散財もするようになった。一種パニック症である。原因不明の病というのはどんなに軽傷でも人の精神不安にするもので、私の心は不安に押しつぶされていた。人間思い込みというのも一つの病だと思う。

そして2019年5月に、最後の望みをかけてそれまで行った事のない眼科受診した。もう大方視力回復に間することはやり尽くしていたので、唯一やっていなかった。オルソケラトロジーという治療法にかけてみた。治療内容はググって欲しい。結果、オルソケラトロジーでも視力回復せず、私のコンプレックスは解消されないみたいだった。

しかしそこで一つの衝撃的な事実がわかった。

オルソケラトロジーを行う際に渡されたレンズを目にはめても一切気持ち悪くなかったのである

オルソケラトロジーは夜間に角膜を矯正するためのレンズをはめて就寝し、翌朝になったら角膜が矯正されているので視界がよくなるという治療である。この夜間にはめるレンズを昼間につけていても、全く気持ち悪くならなかったのである

中学1年生以来、およそ8年の時を経て裸眼で見る世界はとにかく新鮮だった。少し度が弱かったが裸眼道路を歩ける。水泳もできるしサッカーもできる。近くのビルの社名が裸眼で読める。夜は月がブレずに見える。鏡をみてもあの忌々しいメガネはない。あの時は嬉しかった。私が8年間、青春の間ずっと苦しんできた悩みはいとも簡単解決したのである

8年間の悩みが解決した理由もよくわからないのだが、私はどうやら「ソフトコンタクトだと体質的に無理なのだが、ハードコンタクトなら大丈夫」という事だったらしい。理解不能である。確かに私はコンタクトなんてどれも同じと思って、安いソフトの方を買っていたが、そんな意味のわからない解決法はネットでどれだけ探しても見つかったことがなかったし、中学一年生の時から百回は受診したどの眼医者もしてくれなかった。

目が治ってから、私は号泣した。普通病気が治ったら嬉しいと思うかもしれないし、私もそうだろうと思っていたが、こんな意味のわからない理由が原因だったこと、外見コンプレックスのせいで今まで失ってきたものが多すぎることに嗚咽し、自暴自棄になり、さら家族に当たり散らすようになった。8年間もコンプレックスに苦しんだこと、そのコンプレックスが実はすぐに治ったことを受け入れることは難しかった。ストレスの度合いでは大学受験に落ちたことなんか大したことではない。私は12-20までの8年の間でもっと色々なことに挑戦できただろうし、もっと色々な人と仲良くなれたはずなのである

8年間の理不尽は私から自尊心を奪い、一気に自暴自棄に陥らせた。3年春学期の単位は全て落とし、gpaは目も当てられない数値になった。部屋は片付けなくなった。暴食を繰り返し、体重半年で10キロ増えた。家中の皿を割った時は家族から家を出て行けと言われた。

学生時代ほとんどを思うように過ごせず、就職というラウンドまで来てしまった。現実を受け入れられなかった。3年の秋はなんとか学校に行っていたが、授業を受けている間も病的にずっと後悔していた。後悔先に立たずだけど、あの時ああしていればというのをずっと考えてたら1日が終わるとかザラであった。留年したので就職なんてどうでもいい。21歳の誕生日家族以外誰も祝ってくれなかった。家族からも暗くて一言も喋らないから怖かったと言われた。

カウンセリングに年明けから行ったが、正直今できることをやれ、気にするなとしか言われず、自分でもそれしかないとわかっていたので行く意味はないと思ってやめた。しかテストを受けるまでずっと落ち込んでて、単位も半分くらい落としたと思う。せっかくコンプレックスが解消した顔は激太りした上にやつれきっていた。

ただテストを終えたくらいから、ずっとこのままでもどうしようもないというのは体がわかってきた。ようやく、現実脳みそが追いついて気がする。もう一度三年生が始まり就職活動も始まる。何一つ悪いことはしていないのだが、人生を再スタートさせなきゃ行けない。今まで失ってきた分、これからはい人生を歩みたい。

2020-02-14

酒飲まない人のお酒の味レビュー(まずい連呼)に色々言ってる酒飲みいるけど、あのレビュー気持ちもわかるんだよな。

飲めない人って「酒が(味や体質的に)合わないんだね」じゃなくて「こんなにおいしいものが飲めないなんて!」って言われること結構ある。

飲み会でもガタガタ言われたりアルハラされたりもする。

から、「うるせー!まずいんだよ!どいつもこいつも!」と言いたくなる気持ちわかるんだよな。

というか、酒でもジュースでも食い物でも何でも嫌いな人は「まずい。いらん」と思ってるんだから、無理に勧めるのはやめた方がいい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん