「質的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 質的とは

2019-04-16

anond:20190416003148


被害者として捉えて欲しいのではなく他の疾患と同様にフラットに受け入れて欲しいんだ。

エビデンスとか探したら多分あるけど、うつ病遺伝やすい。でも器質的というよりから生い立ちだよね、親の愛着がうまくいかなくて自己肯定が養われなかった。そんな不安定自己のまま社会に出るから適応しきれず病になる。健全育児の推奨は必要だと思う。

自分小学校3年のときに両親が事故で亡くなり、自営業をしていた祖父祖母に引き取られたもの経営難で中3のとき首吊り自殺した。それからを境に祖母パワーストーンとか怪しいセミナーにのめり込んでしまった。私には安心できる時間ほとんどなかった。精神的に脆いという気質遺伝としてあったのかもしれないけど、誰かにこの話もできないし、死にたくなる夜はただ堪えるしかない。

2019-04-11

anond:20190411125708

わかる。年取ると診察券が異常に多くなるよな。体質的ものがあればなおさらだ

カードホルダー使ったらどうだ?

ポケットにというわけにはいかないけど、鞄に入れとく分には気にならない。

自分リヒトラブポイントカードホルダーとか言ったかな、それ使ってるが、マジックテープ式のやつなので、開けるたびバリバリいってちょっと恥ずかしい。

カードケース」とか「カードホルダー」で検索すると、安くて色んなタイプのが出てくると思うから自分に合ったのを選んでみるといいよ。

ところで後半、誤字多いな。

anond:20190410224200

“男”“女”という生き物がまずあってその中に個性という小分類がある、というわけじゃなくて、多様な個性を持った知的生命体を股間や胸部の形状で“男”“女”に分けてるだけなので、男はどうなの? と言われても、人による、としか……

トイレでのふるまい、とかはそりゃ異性のはわからんだろうし、同性どうしのまりでどういうコミュニケーションするか、というのは性差固定化されて受け継がれてゆくものなので、人間社会的生物である以上男と女がまるっきり同質的メンタリティやふるまいを持っている、と言い切るつもりもないけれど、恋愛の上でのメンタリティはさすがに個人差の方が性差優越すると思うぞ……

2019-04-05

世間的には同じSIerといわれる目立つ企業の話を書く

anond:20190326233147

に触発されて似たような記事を書く。

おそらく世間的には元増田SIerといわれる某目立つ会社の話をしよう。

この目立つ会社世間的には同じと見られているようだけど、意外と過ごしやす場所もある。

あくまで半径5m以内の話であって、もちろん環境の悪いところも結構ある。

開発環境普通

8GB i5のSurface Proとi7 16GBの開発用PCを使っている。営業メインの人はシンクライアントのみらしいが、開発部署なら

これぐらいは「頼めば」くれる。自動的にくれるわけではないのでそのへんは流行りのWeb系に比べると微妙かもしれない。

Windowsなのがクソといわれるかもしれないけどアルゴリズム関係の開発なので正直それほどこまってはいない。

Ubuntu環境必要場合は社内クラウドインスタンス立てるのも自由。また社員自由に使えるOpenStackクラウドとか

Slack風のチャットシステムGitLabもある。

上環境も普通

流石にアーロンチェアは買ってくれないが椅子はイトーキの5万円クラスのを支給される。机は個室やパーティションはくれないが

普通事務である

事務環境はだめ

流石に電話会議を自席でエンジニアが全員やるなんて光景は見たことない。

が、イヤホン音楽聞いてる人は基本的にいない。怒られはしないと思うのだが、雰囲気的に不可。

あとしょっちゅうしかけてくる人が多いのは結構うざい。

評価制度の納得感はない

完全に上司に気に入られるかどうかにかかっている。

古い方法へのこだわりはない

開発基準はあるが、「ちゃんと開発できる実力があるのならば」自由に開発できる。いつもチケット駆動で開発して

ユニットテストコードと同時に書いているが怒られたことはない。

ユニットテストコードと同時に書いて怒られる」という言葉意味がわからない人に説明すると、

SIerではユニットテストでN件以上バグが出ないと品質が悪いとみなされ、バグが出るまで延々とデバッグさせられる、

という文化がある。そのため、ユニットテストコードを同時に書いた場合ユニットテストの摘出バグ件数が0件と

認定されてしまい、追加でバグが出るまでひたすらデバッグさせられるという恐れがあるのだ。

ただそのようなプロジェクトは単にPL/PM無能なだけであり、最近ではそういう人は淘汰されてきた。

新しい方法技術の導入の難しさ

少なくとも開発部署として新しい導入の壁はほぼない。本人が開発できるのなら新しい技術でもどんどん使えという感じである

ただし、間接部署がとても足を引っ張る傾向がある。特に社内情シスは糞中の糞で、フリーソフトの導入ですら

1週間コース手続き強要してくる。MSDNライセンスを開発で購入しても、MSDNからダウンロードしたVisual Studio

情シスに無断でインストールしようものなら目の色を変えて説教しに来る。

残業時間評価

先程評価制度は気に入られるかどうか、という話をしたが、気に入られるかどうかに残業時間は大いに関係がある。

まり残業時間評価に直結する。なので私は去年度の月平均残業時間は-10時間程度である

何を言っているのか分からないという人もいるだろう。つまり、毎月の残業時間が60時間を超えるような人は

評価が下がるのだ。残業時間が60時間や80時間を超える場合上司幹部承認というとてもめんどくさい作業

しなければならなくなる。そんなのを毎月やってしまうような部下は当然だが評価は低い。

ちなみに残業は下命だからそれはおかしいという人もいるかも知れない。しかし、その目立つ会社はほぼすべての社員

裁量労働制採用しており、残業するかしないかはすべて個人裁量なのである

また当然だが残業代なんてもの存在せず、(たとえその月の残業時間が-50時間であろうとも)数十時間分の残業代相当が固定で支払われる。

スキル無関係の異動

業績のよい部署であればそれなりにやりたいことをやらしてくれるし、海外異動も基本は本人希望による。

ただし、業績が悪いところが解散するために徐々に人を無関係のところに放り出す、というのはよくある。

外資なら部署ごと売り払われることを思うとまだマシなのではないかとは思う。

社内技術への関心のなさ

社内でしか使われてない技術はみんな嫌いである。もちろんプロプライエタリソフトウェア製品をいくつか作ってはいるが、

出来が悪いものはことごとく嫌われている。その結果、糞アプリを量産していた部署の業績が悪くなったと

聞くが知ったことではない。余談ではあるがGitが使えないのは論外だし、SIerの標準言語であるJavaとその周辺技術は当然として、

若手はだいたいPythonの基本は一通りマスターしている。分析チームではそれに加え基本的Python分析ライブラリ

の使い方は大体マスターしているようである。40↑のおっさん連中は流石にそこまでではないが。

なんちゃってフレックス

コアタイム10から15時ぐらいである。そのため、私は12時ぐらいに出社している。

何をいっているのかわからないと思うが、コアタイム適用されるのは入社2年目までで、それ以降は

裁量労働制になるためコアタイムすら関係なくなるのである。ちなみに退社は19時ぐらいである。

リモートワークは予定さえあいていれば自由可能であるわたしは自宅にいることが結構ある。

人が均質的だがたまにすごいのがいる

尊敬できる人が少ないのはある。ただしたまにCVPRに通してる研究員や、現代的なReactのWebさらっと書いてしまうような

フロントエンド技術者、数千ノード分散システム開発者、競プロバリバリやってる人などを100人に1人ぐらいの割合ですごいのはいる。

未来のほの暗さ

これはイケイケのWeb企業でなければどこでも似たような感じなのではないかと思う。今の年収40歳手前で諸々込み1100万程度であるが、

かなりITバブル的な要素が多く、来年ぐらいまでは良いかと思うけど20201年以降はガクッと下がる可能性は高い。

転職可能

これだけ見るとSIerとしてはだいぶ恵まれいるかもしれないが、それでもやはり転職してしまう人が増えてきたのは確かである

今はITエンジニアバブルなこともあり、私と似たようなスキルの人では最高1500万のオファー結構あるときく。

大抵は1200万ぐらいでメガベンチャーあたりに行く人が多いらしいのだが、やはり年収と言うよりも

足を引っ張らない間接部署や、マネジメント業務なしの開発に集中できる環境を求めて出ていくようである

もちろんこの目立つ会社では、事務ソフトOfficeOutlookであるし、社内システムもクソで

MacBookなんて夢のまた夢だし、社内Proxyにいじめられる環境ではあるのだが労働時間の半分以上は開発に当てられており

残業時間マイナス年収もそこそこということを考えるとあまり転職モチベーションが沸かない。

一方で、一回ぐらい転職経験しないとスキル的にだめになってしまうのではないかという懸念はかなりあるので、

周りに転職者が出るたびに少し焦りがあるのも事実である

2019-03-27

これ見て思った事

anond:20190324040152

①今女性は叩く側に回っているけど、あなた自身はどうなの?という話

冒頭にて

男性オタクってひとくくりにすると「俺なんもやってないもん!」な人が出てくると思う。

そうだね。でも傍観してたよね。

たしなめてる人見たことないよ。

ってあるけど、

男と見るや否やこぞって無理やりにでも叩きに来てるフェミニストミサンドリー)の方々が吐く理不尽まりない言葉たちを、

何の罪もない男性たちを次の怨嗟に巻き込まないためにたしなめに行ったりしてないの?と思う。

まさかここまで言っておいて傍観してないよね?

傍観しながら直接叩きはしないまでも「オタ男どもめ、ざまあみろww」と溜飲下げる精神活動なんてしてませんよね?

無慈悲に叩かれる悲しみを知っているあなたは、第二のあなたを生まないためにも勿論止めに入ってますよね?

今の若い層の男性オタたちは、そもそもこの風潮に関与も傍観もしていない層が大半で、その人たちがまたも意味なく叩かれているって状況。

そのセリフが出るからこそ、この理不尽に巻き込まないであげてほしい。

オタク市民権を得ていた論について

00年代ではまだ差別的な風潮が残っていたものの、彼らが持つ突飛で変質的感性けが生み出せる独特の面白さが次々と形となり、

オタクであることをむしろステータス化する風潮も同時にできていたと思います

ここについては日常に潜む一部の天才的なオタク達の功績によるもの同意できるんだけど、

からといって「なに不自由なく伸び伸びできてた人達」とは全く思えない。

普通にリアルではもちろんネット上でアニメ見てる的な事言い出しても「アニオタキモい」と叩かれる場所はあったと思います

あと題意と逸れるけど、女叩きが出てきた理由の一つとして、

「これまで自分たちをさんざ迫害してきた立ち位置人間が、いざちょっと面白そうな界隈だなとなると露骨にすり寄ってきてる」

という事に気持ち悪さを感じた面もあると思うよ。

更にその他の理由として

女が少ない空間なので、女と明かすだけで持ち上げられる

→それを理解しているからこそ、匂わす程度に女アピをして承認欲求をある種不当に?稼ごうとする女性達が現れる

→それに反感を持つ層が現れる

という流れで「女とわかるアピールのものが嫌われる」という状況に至ったとも思える。

そもそも女性けが叩かれていたのか、という話

これ考えたんですが、女と明かすと叩かれる風潮はあったにせよ、同時に他の属性についても叩く風潮が十分強かった。

2000年代VIPでは、女が男を自称しなきゃならないのと同様に職業ニート引きこもり自称するのが普通だったし、

とにかく目に付くもの全部否定していく風潮が強かった。

からその中の一つとして女性叩きが入ってきていた。

女性けが叩かれていたわけじゃなく、多くのもの理由なく叩かれている中で、

悲しくもマイノリティであった女性という属性もその中の一つになってしまったんだと思います

勿論全く良い事ではないですけどね

男性オタクが女叩きを黙認していた論について

女性全般に言えるけど、2000年代オタクへの迫害具合って80年代90年代に比べて落ち着きを見せていたもののまだまだ根強いものがあって、

特に何もしていないアニメが好きなだけの男性」ってだけで格下の生物を見るような見下した目で見られる状況が続いてたんですよ。

で、この時女さん達殆どの方が黙認してましたよね?

少しでもたしなめようとしまたか

なんだったら言わないまでもメンタリティとしてオタクという属性を抱えていただけで見下す側にナチュラルに回っていたとすら思うんですよ。

この背景がある状態で、暗に「今、男性オタク女性オタクから一方的にぶん殴られてもしょうがない」

的な論調で来られましても困りますってのがあります

2019-03-26

5年いた富士通退職した理由

5年エンジニアとして務めた富士通を一昨年退職した。そろそろほとぼりも冷めたと思うので、書く。

真面目に書いている増田もいるが、僕は自分の半径5m以内で起こった幼稚な理由フォーカスを当てる。

開発環境がだめ

まずこれがトップにくる。

本当にだめだった。多分開発させる気なんてなかったんだろうなあ。ニートももちょっといい環境を使っていると思う。

メモリ4GBのセレロン使ってた。もちろんSSDじゃなくてHDDPC富士通製のミドルクラスノートPCしか支給されなかった。

Macなんか認めん!iOSアプリ富士通PCで作れ!(本当にあった話)。

上環境もだめ

いろんな環境にいたが、その中でもひどかったのは、もともと生産ラインがあった場所に机を置いて事務所として使っていた場所だ。机もせまかったし、気温も暑い寒いかのどちらかだった。

そこに協力会社を大量に押し込んで、ソフトウェア生産ラインを作っていたのだった。つまりライン工だね!

椅子もすりきれ、キャスターもついていたらまだいい方みたいな感じだった。自腹で買ってもちこんでいる人もいた。

事務室環境もだめ

電話会議をみんな四六時中している。

エンジニアが全員ヘッドセットしている異様な光景は、入社時、ここはコールセンターかと思ったほどだ。

だいたい協力会社と進捗会議しているのである。そんなに毎日電話したら、進捗するものも進捗しないだろう。

なので、ここのエンジニアはあまりコーディングをせず、もっぱら進捗管理している。僕はそのなかでもコーディングするレア人間だったので、うるさくてしょうがなかった。でもイヤホン音楽聞くのは禁止だった。

上長が君を呼んでいるのが聞こえなかったらどうすんの?だってさ。いや、みんなヘッドセットしてますやん。

評価制度の納得感がない

評価プロジェクトの成否にかかわらない。

じゃ、何を評価するのか。よくわからない。

一応目標は書く。達成しても評価低いときもあったし、未達でも昇格するときもあった。

数半期連続目標達成したのに全然昇格しない時期があって、上司に問うたら、「いや〜、うちは年功序列からね。。」だってさ。そうすると僕の目標は1年で10年分の年をとることだ。

古い方法へのこだわり

社内にとある開発標準がある。

これに従えばプロジェクト成功すると信じられている。というよりも、何かがうまくいかなかったときに「なんで開発標準に従わなかったの?」という責められ方をする。たちの悪いISOみたいなものだ。

内容は明らかに古く、ウォーターフォールシステム開発用にしか使えない。これを無理やりモバイルアプリ開発適用したり、Web適用したりする。Webウォーターフールでつくるもんだから、一度作ったら終わりの作りきりの製品になる。

工程だけでなく、品質についても言及されている。例えば試験項目の品質はいかにバグが検出されたかで測られる。

試験してバグは1件です!」

おかしい、もっとバグが出るはずだ!バグが出るまで試験しろ!」

新しい方法技術の導入の難しさ

開発手法にしてもアジャイルをなかなか実践できなかった。常にウォーターフォール設計だった。承認フロー差し込めないからね。未だにアジャイルウォーターフォールに対してどうメリットがあるのか、どう導入するのかを議論して、「なんちゃってアジャイル」(単なる細かいウォーターフォール実践)を導入してみたりする。

技術に関しても導入は難しかった。クラウドなんて信用できない。他社のしかも、どこにあるかわからない場所になんてデータが保管できるわけがない!

残業時間評価

僕のサラリーに一番影響するのは残業時間だった。正直残業しないと生活がしんどかった。

自動化

ふざけちゃいけない。全て手作業時間をかけて、丹精込めてビルドするんだ。

バグを埋め込むのもいい方法だ。残業時間が増えてサラリーも増えるし、試験も楽になる!炎上させて鎮火すると、上司評価もあがるぞ!

スキル無関係の異動

本人の志向スキルとはだいたい無関係に異動がきまる。

どう考えてもG Suiteを使えば一発でおわるのに、何番煎じかわからないアプリを作らされる。JSPで。こんなんを作りにきたんだっけ?

社外技術への関心のなさ

僕はまずはGit啓蒙から始めるのが通例だった。でもこれがまた苦労するんだ。

しかもだいたい信用してくれない。日付が入ったフォルダgitからコピったファイルをおいて作業している。それ、Git使ってる意味は??

なんちゃってフレックス

8:50から12:00がコアタイムフレックスだった。どうしても連日深夜作業したエンジニアを朝に叩き起こしたいらしい。遅刻にはかなり厳しく、評価にもダイレクトにひびくので、朝忘れ物して5分遅れそうだな、と思うと「体調悪いです」と言って午前休をとることも多かった。そこまでして8:50に出社しても、べつに特別業務があるわけでもない。

そこまでエンジニアの行動を縛る意味はあるんですかねー。

人が均質的

なんかみんなおんなじに見えてくる。自社の文化に染まってんなって感じの。ほとんど新卒しかいないから、他社の文化なんてのはなかなか入ってこないしね。

みんな真剣なようで真剣でない。悪い意味で真面目。面白い人や尊敬できる人はあまりいなかった。

個人時間のなさ

人の時間を奪うことに関して悪ではない雰囲気だった。自席にいるとすぐに呼び出されるので、どうしても仕事に集中したい場合会議室や打ち合わせスペースを予約してそこにノートPCを持ち込むようなハックが必要だった。僕は残業時間仕事時間を確保していた。会社にきているのに仕事時間を確保しないといけないとは。

会議特に時間泥棒なんだけど、上司が率先してやるもんだから、みんな船漕いじゃってもう。みんなが船こぐような会議必要

難しい顔しながら居眠りするのがうまくなった。

未来のほの暗さ

最近45歳以上のリストラがバズっているが、あまり未来が明るい雰囲気会社でなかった。景気の良い部門もあまりたことがないし、野心的なプロジェクトもあまりなかった。

個人でみても、特段給与もよくなく、昇進しないかかぎり給与はよくならないし、現状が特に良くなかった。給与サイトを見ると、平均年収比較的高い方だが、それは残業をした場合である最近残業規制も厳しく、あまりもらえないんじゃないかと思う。まあ、最終的には給与だよね。

ちょっと追記

まさかここまでバズるとは..

消したい衝動に駆られつつもまだ残しておきます

ここにかいたのは僕の観測範囲です。非常に大きな企業なので、もしかしたら良い環境部署もあるかもしれません。また、僕がいた時期と今は変わっているかもしれません。

2019-03-21

anond:20190320230453

コーヒー出されそうなら、

コーヒーじゃなくてお水もらえたら」って言えばいいだけやん

質的カフェインが合わなくて

っていえばいいだけだよ

2019-03-12

anond:20190312170252

俺の前の彼女もきらいって言ってた

なんか頭の中がやかましくなるとかなんとか

丁寧にやってたし他の人に苦情入れられてないから、やっぱ体質的問題なのか?性欲?

2019-03-11

anond:20190311095804

女性は体質的便秘になりやすい人が多いらしい

これは、単に小食だから男性でも小食になると便秘しがちになる。老人とかね。

腸が健康で困っている

女性は体質的便秘になりやすい人が多いらしい

(逆に男性下痢になりやすい人が多いそうだ)

増田も例に漏れ便秘体質だったんだけど

さすがに何日も腹に爆弾抱えて過ごすのは嫌だと思い食生活を改めて腸内環境を整えた

そしたらだいぶ健康になってきた

それはそれでいいんだけど今度は毎日かいうんこが出るようになった

「そろそろうんこ来るな」ってタイミングとかがだいぶ掴めるようになってきて

から晩までうんこのことを考える毎日になってしまった

健康な腸はもうこりごりだよ

健康増田おすすめの不摂生メシ教えて

2019-03-09

男は変質者を観測できない問題

anond:20190308115145

ので、男が変質者を観測するのは非常に難しい。(正直、警官や駅員になるか女性から又聞きするしか方法がない)

これに対して女が変質者を観測するのは非常に容易い。変質者の数が絶対的に少ないのは同じだが、変質者は変質的行為をするためだけに女に近づくからである

よって男と女の間の変質者観測割合は変質者の実質割合より遥かにギャップがあり、大多数の男にとって変質者は都市伝説か幻レベルに馴染みがないので、身近でない女性の恐怖に共感しづらいのである

2019-02-25

ひとくくりにして「デブクズ」と語るのほんとクソ

ブコメのグズ加減にビックリしたわ。

b:id:uxoru質的代謝が悪すぎて、1日の消費カロリーが低すぎるんじゃないかと。

これはまともだと思うけれど、その他の意見

b:id:atoh きっと、眠ってる間に誰かが口にシュークリーム押し込んでんだよ。

b:id:ikatama111 ジュースとかスープ飲んでるとかお菓子食べてるとか。

b:id:primedesignworks サボりぐせがあるかないかだけだと思う。

b:id:hungchang 観測下ではみるみる痩せていく不思議現象が起こり謎は深まるばかり。

ほんと馬鹿ばっかだな。

ひとくくりにして語るな!ってブコメはよく言うくせに

デブデブで、ガリガリでひとくくりにするのな。

・クッシング症候群

橋本病甲状腺機能低下症

あと食うのが遅いから!というのもあったりするよな。

anond:20190225093350

2019-02-16

ダウンロード違法化について

 ダウンロード違法化話題になっている。

 このことを考えるには「本とは何であるか」を今一度考える必要がある。

 本はもともとは「情報を記録してより多くの人に伝達する」ためのものだろう。

 「作者が金銭を得る」ことは本来なら「副作用」に類するものだ。

 「本とは何であるか」を見失ってしまたから複製が罪とされるのだ。

 もちろん、これは個人の感想に過ぎないが、もし間違っているなら教えてほしい。

 本とは一体何なのか?

 なぜ本を複製することが罪となるのだ?

※なお「本」をテーマとしているのは真偽は不明であるダウンロード違法化出版業界要請であるとされているため。

 もはや、この前提が正しくないのかもしれない。

 ミリオンセラーを出せば巨額の富を得ることできたのが、よくない。

 「良い商売」になってしまたか権力構造が生まれることになる。

 当初の目的は忘れ去られ、一部の人間のための理屈が全体を支配する。

 かつては「製本コスト必要」だったから、その費用請求したに過ぎない。

 しか現代ではデジタル技術によりゼロコストでの複製が可能だ。

 複製コストがかからないのなら読者は料金を支払うのはなぜか?

 「本を出したい側」すなわち「情報を記録したい側」「情報を伝達したい側」にとっては「無制限いくらでもデジタル複製できる」現代の状況は本来ならば喜ぶべきことではないのか?

 記録性や伝達性を高めるために生み出された手段としての本だが、逆にそれらを喪失しつつある。

 商売邪魔になるからと記録されなくなる。

 これでは本末転倒ではないか? 方向性を見失ってはいいか

 複製が悪と言うならばテクノロジーは間違った方向に進んでしまったのだろうか?

 複製コストだけじゃなく作者の生活費必要

 「本を売る」ということで作者の生活保障するシステムだ……、というのは一理あるだろう。

 だがシステムとしては欠陥まみれだ。拗れすぎてしまった。まるでスパゲッティコードだ。

 通説では「本を売るだけで生活できるようになれば生活のすべてを本を作ることに費やすことができる」とされている。

 しかし「売れること」への強迫観念質的変化をもたらしてしまった。

 競争はとても過酷だ。限られた人間けが「作者」になれる。

 「売れなければならない」から表現たかたことを切り捨てる。

 だというのに本は売れずに儲かりもしないなら怒りも沸くだろう。

 一体誰が得をしているというのだ?

 「本が売れなければ作者は生活できない」とは作者になれた側の理屈だ。

 現在システムでも切り捨てられている人間はいる。

 日の当たることのないものは闇の中へ葬られ、なかったことにされているだけだ。

 「本を出す」ということが「競争勝利した」という別の意味合いへと変容しつつある。

 半ば競技化した出版競争というもの他人を踏みつけた上にある勝利だ。

 ジャンルにもよるが、作品の中でどれほど綺麗事を語っていても、背景にあるのは血生臭い権利の獲得競争だ。

 トロフィー価値が下がるから「本は売れなければならない」という逆説的理論が構築される。

 目指すべきは「本が売れなくても生活できる」社会ではないのか?

 なら、いかにしてそれが可能なのか?

 ここで映画音楽の例を見てみよう。

 ところで映画音楽はいち早くダウンロード違法化を取り入れた。

 しか音楽なら公式MV公式無料配信され、映画なら地上波で放映されるものも珍しくない。

 有名な作品ほど、そうなる。

 結局はダウンロード違法化とは裏腹に無料デジタルコンテンツ提供されている状況だ。

 その一方で知名度の低い作品は人に知られることもなく消え去っていく。

 ダウンロード違法化によってデジタルデータ販売収益が得られるようになったのだろうか?

 どうやら、デジタルデータ販売とは別に収益を得ている様子だ。

 映画音楽と本の違いはなんなのか?

 キーとなるのは「施設」だ。

 映画ならば映画館が、音楽ならばライブハウスコンサートホールがある。

 他にもスポーツ場合でも施設があってプロがいる。

 野球ならば野球場、サッカーならサッカー場、バスケットボールならバスケットコートプールならプールゴルフならゴルフ場といった具合にだ。

 お金が欲しい人とお金を払いたい人が施設に集まる。

 施設を基点とする集金システムは、強い。

 「他人土地に無断で立ち入ってはいけない」という始原的なルールに基づいているためだろう。

 うまくいっているファンビジネスには施設があって、うまくいっていないファンビジネスには施設がない。

 本は施設との結びつきが弱い。

 「基盤となる施設の不在」こそが本の作者の食えないことの最大の要因であるとは考えられないだろうか?

 本にも書店図書館漫画喫茶といった関連施設があるにはある。

 だが、それらは作者の収入に直接的に結びついてはいない。

 デジタルデータのない時代、本は書店に行かなければ入手することができなかった。

 書店は「発売日に本を手に入れる」という日常の中でのプチイベント提供する施設であったといえる。

 しか現代ではデジタルデータがある。

 しかも売る側の人間が「本と電子書籍は同じ価値ですよ」と宣伝しているのだ。

 実物とデジタルデータは本当に同じ価値なのだろうか?

 書店でのサイン会のようなイベントは「宣伝になるから」という理由無償であることが慣例となっているらしい。

 むしろデジタルデータ無料サイン会が有料であるほうが直感的ではないか

 テレビ放送されてこそ「遊園地で僕と握手」というシステムがなりたつ。

 アニメ業界も同様に施設を持たないか金策に苦労するのではないだろうか?

 イラストレーターならアトリエアニメならアニメスタジオのような施設はあるが、これらは工場に近い。

 売れないといわれているアニメ業界だが、一部のアニメ映画はその例外のようだ。

 映画館という施設のパワーを借りたからうまくいったのかもしれない。

 それでは、どんな施設を作ればいいか

 それは出版業界人間が考えるべきことだろう。

 もし何のアイディアも思い浮かばないようであれば出版業界になんの存在意義があるのか?

 出版業界などダウンロード違法化と一緒に崩壊してしまえばいい。

 もしも作者と読者が直接的に結びついてしまえば出版社はお役ごめんだ。

 今後の生き残りを狙うなら出版社にも施設を用意する動機はあるはずだ。

 商業施設というのはただそこにあるだけでなく「関係性」を提供するものだ。

 演者と観客、対戦相手講師と受講生、提供する側とされる側といった関係性だ。

 お金を持っている人、お金を使う人、あるいは大勢の人との「関係性」を提供する「施設」だ。

 もしくは公共性を持った施設でもいいかもしれない。

 ここでいう施設というものはまったく新しい概念でなくてもかまわない。

 地図でも開いて目に付く限りの施設を本と結び付けて考えればアイディアひとつも思い浮かぶことだろう。

 本が売れないかダウンロード違法化というのは根本からしておかしい。

 それよりも適当施設を用意するほうがよっぽど現実的だと思うがどうだろうか?

2019-02-10

とあるオンライサロンをやめた話

ちなみにイケハヤとかはあちゅうではないし、ホリエモンとか落合とかでもない。

もっと良心的なオンライサロンだった。

ファッション系のオンラインサロン。わかる人にはわかると思う。

月5000円。まあ普通高いと思うよね。

だってこれ、ある意味友達代でしょ。

でもちょうど自分環境を変えたいという気持ちはあった。

新しい出会いから何か変わるかもという期待もあった。

サロン内では会員が優先的に買えるオリジナルの服とかあって、確かにかっこよく思えて何着か買ったりした。

またサロン主だけじゃなくメンバー動画配信して、こういう服買っちゃいました、とかおバカ放送したりとか、それなりに盛り上がってもいた。メンバーだけで勉強会を開いたりして意識も高かった。

自分積極的に参加しようと思って書き込みしたり、オンサロ内の歓迎会とかセミナーかにも参加した。

勉強会は参加してみてそれほど高いレベルではないかなと思ったけど、

歓迎会でいわゆるインフルエンサーっぽい人もいて、その人に話を聞けたのは確かに勉強になった。

あと、メンバーサロン内でサービス始めて会員内でお金稼ぐ事も推奨されてた。

それで会員内でお金が回る経済圏ができればいいねなんて事も言ってた。

でもだんだん違和感が募ってきた。

とりあえず個人的ファッションに対してそこまで深くハマりきれなかった。

コスパよく見栄えが良くなれば、くらいでよかったけど目立つメンバーの大半はやっぱりブランドガンガン買ってるし、それを見て引いてしま自分がいた。

あと、サロン内で優先販売してる服を見ると、確かに良いなと思って欲しくなってしまうんだけど

月5000円の会費+興味を持って買い出した服代+ラボ内で優先販売される服…と買っていくと

最初は熱に浮かされたようになっていた自分だんだん冷静になってきた。

そんなに恵まれ給料でもないし。

人生を変えよう、自分サービスを初めて稼ごう!なんて雰囲気もあったけど、

ファッションにそこまで熱意がない自分には、サービスとか副業を起こす意欲もなかった。

それでさらメンバーが始めたサービスまで付き合ってたら、とてもじゃないけど金も意欲も持たないと思った。

同じ興味を持った人たちが集い、いろんなカッコいい服についての情報が飛び交い、常に購買意欲を掻き立てさせられる環境。稼ごうとする側とただ受身でいる側がいるとお金の流れは当然一方的になる。別にサロン主がひどい搾取をしているわけじゃないとは思うけど、ここにいると消耗するな、と思った。だから抜けることにした。

繰り返し書くけど、このサロン搾取してひどい、と書きたいわけじゃない。

でもオンラインサロンという構造は危ないな、と思う。

ファンに会費を払わせる事で逆に所属意識を高めさせ、閉じられたコミュニティの中の同質的空気の中でさらお金を払わせる流れがある。悪どくやろうとすればそれこそカルト的な集団にできてしまう仕組みがある。

良心的なこのオンサロですら消耗したんだからちょっとこういう形態商売とこれから付き合うのは無理だなと思う。

anond:20190210110823

質的な物だと思うんだけど、生まれからずーっとそうだったかわからん

一説によると尿を出すことで尻の穴を守るから一緒に出すとか聞いたことあるけど。尻の穴を守る必要がないという事は、つまりお通じがスムーズな人なんだろ?

2019-02-06

anond:20190206144826

福音派の後追いイメージがあるんだが追い越したのかな。

社会インフラに対する感謝、敬意はも少し多い方が信者の内心でのジレンマが減って良いと思う。身の回りにも社会にも学べる相手、敬える方は沢山いる。

トップ暴走したとき離脱するすべがない。

体罰より教え諭すことが中心になった。

離婚はなかなかしにくいので未婚が増えている。

ハラスメントは他宗に比べて少ないが国外中心に他宗同様性的虐待が目立ってきて対応に追われている。今後の対応が真贋を明らかにするだろう。

発展途上国中心に信者が増えているが、天に復活すると信じ込んでいる人が増えて困っている。けど、トップ含め先人も質的には変わらない。

願わくばトップ社会さらされてより精錬されんことを。

2019-02-05

anond:20190205162808

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0702/046815.htm

チョコレートで気分不良。人体実験をすると・・。

このへん?あわない油分があるのかな?

栄養士さんのコメントがありますよ。

>頭がくらくらしてきて、胸焼けのような感じになって、吐き気がしてきて・・車酔いのような感覚

という症状からすると、アレルギーというより油に負けた時に似ていると思います

普通酸化した油(傷んだ油)を食べた時に出る症状です。

胃腸の弱い人や体質的に油に弱い人は特にやすいのですが、トピ主様は揚げ物を食べて気分が悪くなったことはないでしょうか?

私の夫が油に負けた時の症状が、トピ主様がチョコを食べた時とそっくりなんです。

油に弱い人がチョコの油分に負けたのだったら、割とありそうです。

一昔前には深海魚オリーブ油などの『食べなれない油』に負ける人も結構いました。

普通チョコでも3~4割※は脂質(油)なので、油に負けた可能性が一番高そうです。

対処法としては『食べる量を減らす』かな…すいませんお役に立てなくて(汗

2019-02-04

最近の鬼っ娘でよくある、角まで皮膚が張られてる感じみたいの

あれなんなん?めっちゃキモEんだが。

質的な感じなの?

2019-01-28

anond:20190128190403

答えはわかっておろう。

ホルモンと汗腺と常在菌等の体質的問題

治療すれば治るんだからコンプレックス抱えてるなら

医者行って根本から解決した方が輝かしい日々を送れる。

2019-01-22

anond:20190122171715

質的問題がなければ抗体が作られて基本的に再発はないらしいよ

なのでCAEBVになるかどうかは一発勝負かな

2019-01-17

anond:20190117203635

ヘアカラーメーカーが「髪を染めたら痴漢が減った」って広告出したとしたら普通に許されると思う

「染めろ」だと社会的質的に無理な人もいるだろと言う突っ込みはあるだろうが

(それでもスカートを長くしろってのよりは反発少ないだろうが)

2019-01-15

群発頭痛

※とても長いです

群発頭痛、群発性頭痛自殺頭痛

この病気存在をいつどうやって知ったかはよく覚えていない。

何かのまとめでも見た気がするし、世界三大痛のような誰かが勝手に作ったランキングにもあった気がする。

Discoveryチャンネルだったかドキュメンタリーを見たときにはすでに知っていた。

その映像では男性が痛みを抑えるためにマスクで何かを吸入していたり、大麻を薬用で使えないか

とか頭痛に関連することが色々出ていた。大変なんだなぁと思っていた。

ある年の冬。確か1月だったと思う。11月かもしれない。「1」という文字が入っていたはずだ。

ある日、変わった痛みに襲われた。

最初無意識に右目をぶつけたことを疑った。鏡で見た限り目立った外傷はなかった。

目を上から手のひらでゆっくり押すと、何とも言えない圧迫感?があると思うが、それに痛みが加わったような感覚だった。

こう表現すると少しも痛そうに思えないのが残念だ。実際はとても痛かったのだが。

痛みで目を開けられないし、ひどいときは眼球が破裂するんじゃないか不安だった。

毛布か何かを握りしめて丸くなったり身を捩ったりして2時間ほど過ごしたと思う。

「不摂生の賜物なんだろうな」となんとなく思っていた。

次の日もだいたい同じ時間に、痛みに襲われた。そこから2週間ちょっとで十回ほど、そういうことがあった。

継続する時間や発作(?)が始まる時間にずれや差がある場合があるものの、記録を見た限りではそこそこ定期的と言って良さそうだった。

このころには、これはあの群発頭痛ってやつじゃないか?と疑い始めていた。

痛くなる部位は目の周辺が多い。だいたい右目側だった。

痛みは頻繁に大小した。その大小の周期から、どうも脈拍のような定期的なものとは思えなかった。

さらに痛みは1時間から3時間、長いと寝るまで続く。ただあの痛みで寝れるとは到底思えないので気絶しているんだろうか、とも思っている。

その継続時間内でも痛みの大きさには波があって、これにも周期性のようなものはなかった。

痛みの質もほとんど圧迫感だけからかなりの鋭い痛みまでの幅で大きく変わるらしかった。

手の指の骨が折れたことがあるが、折れた指に突き指するような形で何かが強くぶつかったときが、その鋭い痛みと近いと思う。

痛みの質は数時間継続時間の中であまり急激に変化はしないらしい。

立っていられるが車の運転のような作業はしたくないくらいの痛みからだいたい始まり

徐々に寝た状態で丸くなって、何か握ったり噛んだり、痛みに反応して体のどこかしらが硬直するくらいになり、

ひどいときは目を開けられなくなり、眼球が破裂しそうな感覚、涙、声が漏れる、体を止めていられない、くらいになる。

何度か経験して、「確かにこれは、痛みの質や大きさ次第では目を抉られると言ってもいいような痛みだ」と思った。

ドキュメンタリー男性がベッドの周りを歩き回ったり唸ったりしていたのがよく分かった。

部屋が広ければ私も歩き回るだろうし、たまに唸っている。

この痛みの質なり大小なりがどう変化するのか、継続期間がいつまでか、わからないことが辛かったし、面倒だった。

時間、何日続くのか、わからない。

まず、予定を入れることができなくなった。

病気です、寝坊しました、交通機関麻痺していました、冠婚葬祭です」あたりは何かの予定をキャンセルできる理由だろう。

相手の方によく思われないかもしれないけれど、一応は相手も「そういうことは起こりえる」と判断してくれるからキャンセルできるだろう。

では「目の奥がめちゃくちゃ痛いです」というのはどうだろうか。

少なくともこんな理由で予定をキャンセルして、その後も付き合いを続けてもらえる、なんてことはあまりないんじゃないだろうか。

友人や家族なら別かもしれないが、理解なんて到底してもらえない理由だろう。

そもそもそんな意味が分からないことを言う奴と付き合いを続ける理由もないんじゃないか

そんなわけで頭痛の期間が明けるまで予定は入れられないようになった。

外出が怖くなった。

おそらく街中で、急に頭痛に襲われたら、例えば横断歩道の途中で。

渡り切れないかもしれない。頭痛が酷ければまず渡り切れないだろう。

階段も手すりなしではまず昇り降りできないだろう。

そんな状態で外出先から戻ってこれるのか、怖い。

一日に10人も通らないような雪道で数時間うずくまっていても死なないかもしれない、けれど確信はなかった。

次の頭痛が怖くなった。

一度、頭痛が始まると、「痛みから逃れるためなら何でもする」衝動が起きるようなこともあった。

この衝動が本当に怖い。平常時に比べると様々なアクションハードルがかなり下がっていると思う。

壁に頭突きをする、声を上げる、痛みを少しでも軽減してくれそうな動きはしてしまいそうだ。

頭痛時に周囲に銃とか刃物とか、開いた窓があったら本当に危ないのかもしれない。

医者は前に行ったところではCTMT半日待たされて撮影した挙句

「器質的異常はないですね。あとアレルギー性結膜炎です」なんてことを言われて結局何にもならなかった。

他でもらった鎮痛剤も効かなかった。

冬に外で数時間うずくまって動けなくなるかもしれないリスクを考えるとあんまりな成果だと思う。

頭痛がない時期に行けばいいんだろうか。

偏見かもしれないけれど、

「前痛かったけれど今は大丈夫です。でもまた次もきっと頭痛が来るので鎮痛剤なり予防薬なりください。」

なんてお願いが聞いてもらえるとは思えない。

そんなこんなで、ある日すうっと頭痛は起こらなくなった。

それから再発といったん静まる、を繰り返している。

前々回の頭痛期間はそこそこ長くて1か月ないくらいだったか

前回は10日と少しくらいで、前々回に比べると期間が短くなっていたこともあって

「徐々にマシになっているならいいな」なんて楽観的だった。

そもそも前々回と前回には2年の間隔があった。

私は群発頭痛というものには年単位の長い間隔なんてものはないと思っていた。

ネットで調べた限りそんな記述は見たことがなかったから。

から2年も感覚のあった私の頭痛群発頭痛ではなくて別の何かなのだろうと思っていた。

なんとなく東洋眼虫のような寄生虫を疑っていた。

最近、また頭痛が始まった。

一回だけで終わることを期待していたけれど違った。

今日調べなおしてみると群発頭痛は年単位で間隔があいたりするものらしい。

やはり群発頭痛なのだろうか。

寄生虫よりはマシなんだろうか。

医師に診断されたわけではないので、自分でそれらしいと考えているに過ぎないけど。

今は結構大事な時期で、予定をキャンセルできないこともある。

私は相当ダメなやつなので頑張らないといけないと思っていたところに

頭痛が足を引っ張ってきたので少しやる気をなくしている。

キャンセルした予定もある。目の前の人が急に丸くなって唸りだしたら誰だって困るだろう。

まだまだこれから頭痛でいろんなことがダメになる。

これまで積み上げたものは決して大層なものではないが、それでも何度も崩れるさまを見てしまっては積み上げるのは馬鹿らしく思う。

賽の河原のようだ。

ここで吐き出したのでまたやれるだけ頑張ることにする。

2018-12-20

anond:20181220140042

21時以降の食事をやめたらいい。睡眠の質が下がってグレリン(食欲ホルモン)が増えるんで、過食しやすくなる。

ちょうどプチ断食にもなって、体質的にも痩せやすくなるし、過食もなくなるぞ。

どうしても夜食べないのがキツいなら、プロテインキウイフルーツオススメ

寝る数時間前のタンパク質糖質キウイフルーツ摂取睡眠の質を上げるからね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん