「ブラスター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラスターとは

2017-12-08

[]チャック・グリーン(デッドラジング2 CASE:WEST)

名前

チャック・グリーン

Xboxハードでの出演作

デッドラジング2 CASE:WEST

CASE:0 2本編 に関しては前回の記事を参照)

デザイン

おっさん。子持ちだけあって渋くていい年。前作主人公フランクさんよりもカジュアルな感じ?

見た目はCASE:0や本編と同様なのだけど、制限時間がキツキツだったので着せ替えを楽しむ余裕がなかった。

ゲームキャラとしての特徴

フランクさんと協力

基本的には本編やCASE:0と同様なのだけど、今作ではフランクさんという超強力な相棒が常に付いてくれる。

本編でもサバイバーを連れて行くとだいぶ楽になったのだが、さらフランクさんはコンボ武器を装備できる。

そのため、レーザーソードや剣と鎌のコンボ武器などの、範囲の広い近接武器を持たせると超楽チンにプレイできる。

○好きなゲームスキル武器

インパクトブラスター

今作で追加された新コンボ武器

イメージ的にはパイルバンカーが釘じゃなくて平べったいのを発射する感じかな。

超至近距離しか当たらない武器なのだが、当たった時の威力が超凄い。

初期ライフが割とあり、回復アイテムも多いため、ある程度のダメージ覚悟でこの武器を当てに行くのが、自分としては気楽にプレイできて楽しかった。

最後ボス戦でも活躍できて、満足。

○名台詞

「ほらよ世界にはフランク・ウエスト必要だ」

1の主人公フランクさんに、ゾンブレックスを渡しながらの一言

チャックが「家族のため」に戦ったのに対して、フランクさんは報道の力で世界のために戦えることを示唆しているのかな。

はいえ、そんなフランクさんも仲良しのイザベラさんを製薬会社に連れ攫われていて、その辺のラブロマンス的な要素もありそう。

なんにしろ、1、CASE:0、2、CASE:WESTと続いて来た物語は、まだ終わりそうもなく、3、そして4に続いていくのだろう。

カリートアメリカ社会への復讐というテーマはこれ以上ないぐらい成就していて、もうここからゾンビ駆逐しましたチャンちゃんでは話が終わらないと思うので、このカリート気持ちにどうケリをつけるのか、いや死んでるからつかないけど、その辺に着目していきたい。

2017-12-05

スプラトゥーンシューターが強すぎる

と思う。1でも2でも強すぎる。厳密にはシューターというより中距離シューター+αって感じですが。

ナワバリガチマでのチーム分け時を思い出してください。

開始0秒で死を覚悟する編成ってあると思います

たとえばチャージャー×4とかハイドラント×4とかブラスター×4とか。

それに対してスプラシューター×4ってそんなにじゃないですか。少なくとも上に比べたら。実際そういう時代もあったわけですし。

傘も同じくらいまぁいいかって感じしますよね。

これって取り回しのしやすさに起因しているんだと思います

1つの行動、位置取りごとのリスクの少なさというか。

使いやすいのはいいんですよ。使いやすいのがシューターと言われれば確かにそうですし。

それで得られる結果に差があればね。

でも使いやすシューターの1キルと他のブキの1キルは同じ1キルです。

その後のことまで考えたら、塗り広げられる分シューターの方が上じゃないですか。

なんなんですか。くそお。

シューターってブキ、ローリスクメリットもでかいことがとても許せません。

取り回しのよさは長所として残すとしても、倒した敵の復活時間がはやまるとか、そういう調整をしてほしいです。

ローリスクなんだから、ローリターンにしてほしい。

傘も同罪。

運営甲子園で傘とシューターしかいないこと、どう思ってるんですかね。

この状態のまま全国大会まで行って、スプラトゥーン2がこんなに成長してくれたって感慨して泣いてたりしたらどうしよう。

2017-11-02

switchオススメゲーと見せかけてポッ拳の話

いつも楽しく増田を読んでいるけれど、あんまコアなゲーマー意見が書かれていないので、ゲーム日記的なエントリを書いてみようと思う

ポッ拳DX

いきなり結論から言います

私はポッ拳DXがswitchで一番好きなゲームで、万人にオススメしたいと思っています

鉄拳パロディしたタイトルですが、製作チームはソウルキャリバーのチームで、強くなる方法がわかりづらいという欠点を持っていたソウルキャリバーブラッシュアップした非常に優れたシステムになっています

オススメポイントを順番に紹介していきます

ポイント1:簡単操作

使うボタン

十字キー:移動、構え変更

・L:サポートポケモン呼び出し

・R:ガード

・B:ジャンプ

・Y:弱攻撃

・X:強攻撃

・A:必殺技

これだけ

一見多いように見えますが、1つ1つのボタン役割独立していて混乱せず、初心者にも優しいです。

そして、何よりも重要なのが、「コマンド技」が、ありません。

236+Pだの、レバー一回転だの、下溜め上キックだの。そういうの一切ありません。

十字キーを「前、後ろ、上、下」に入れる事で出る技が変化します

から、他のゲームなら波動拳コマンドや一回転コマンド必要な大技も、レバー入れワンボタンで出てしまいます

なので、マリオのようなアクションゲームができる人ならそれだけですぐに格闘ゲームが始められてしまうのです。

ポイント2:ガードが優秀

このゲームのガードは超優秀です。

・立ちガードで中段も下段も完全防御

・めくりも完全対応

と、なっています

格ゲー初心者が「意味わかんね!クソだな!」ってなるポイント

ガードしてるのに攻撃をくらっちゃうって事だと思うんです。

それが一切無いというのが素晴らしいです。

ポイント3:反射神経が不要で、戦略性や読み合いの比重が高い

ポイント2とかぶる内容ではあるのですが

このゲーム、反射神経の高さを必要としません。

基本的ボタンを押してから攻撃が出るまでのタイムラグが長めのゲームデザインとなっています

なので、相手攻撃を見てから何かしても「基本的に」間に合いません。

からでこそ、「相手は次に何をする」というのを読んで「打撃・当身・投げ」の3すくみをいかに勝つか

その比重ものすごく高いです。

から、1戦目で負けたとしても、2戦目で相手を知った事によるアドバンテージで勝ちやす

1勝1敗の最終ラウンドにもつれ込みやすゲームデザインになっています

ポイント4:ゲージさえ使えば圧倒的に有利になれる

ポケモン共通で2種類の消費できるゲージを持っています

サポートポケモンゲージ

共鳴ゲージ

の2つです。

サポートポケモンは、選んだサポートポケモンを呼び出して状況を有利にします

影響度は低いけれど頻繁に出せるポケモンから、1試合に1度しか出せないけれど超強力なポケモンまで全32匹が存在しています

共鳴ゲージについては、消費する事で平均12秒の超強化状態になり、HPも大きく回復ます

その強化状態ポケモンごとに個性があり、100ポイント満タンになるポケモンから、400ポイント満タンになるポケモンまでと多彩です。

強化後の強さも、頭1つ抜けているメガゲンガーや目立って強くならないダークライと多彩です。

ポイント5:即死コンボが無い

格闘ゲームと言えばコンボであり、ポッ拳もほどほどにコンボがあります

そのコンボも、中々に高性能なコンボボタン連打だけで出せるので、初心者上級者が活用するコンボ簡単に出せてしまいます

ですが、そういうコンボゲーにはたびたび「即死コンボ」「9割コンボ」と呼ばれるクソみたいな連続技が出て、初心者お断りになってしまう事があります

ポッ拳には即死コンボがなく、一定回数ボコられると「フェイズチェンジ」と呼ばれるモードチェンジ実施されます

フィールドフェイズ:飛び道具を撃ち合って主導権を奪い合うフェイズ

デュエルフェイズ:使える飛び道具が減って、大ダメージの接近戦を挑み合うフェイズ

この2つのフェイズをいったりきたりする事で仕切り直しが行われるので、意味からないまま負け続ける事が少なくなっています

ポイント6:キャラバランスが良い

格闘ゲームでよくある事ですが「3強」「3弱」などの蔑称で呼ばれる強すぎるキャラや弱すぎるキャラが頻繁に発生します

ポッ拳DXは、前作のポッ拳から5キャラ増えて21キャラとなりました。

その中で現在オンラインランキング特別多いキャラというもの存在しません。

21匹のポケモン群雄割拠している状態です。

大会に参加するポケモンも、ほぼ全ポケモン決勝トーナメントの壇上に上がっています

アーケードで弱キャラと言われていたグレッグルも、switch版は立派に強化されて強くなっています

ポイント7:ランクマッチ面白い

このゲーム、私の場合プレイ時間の9割はランクマッチです。

ランクマッチでは

自分の直近20試合リプレイと、その中から厳選して保存した試合リプレイ

プレイヤー世界ランク国内ランクの確認

・使用ポケモンごとの勝利回数ランキング

任意の条件で試合検索してリプレイを探す

という事ができて、プレイするモチベーションが高まります

そして、ランクマッチも快適で、練習用にランクに影響が出ないフレンドリーマッチや、身内と楽しくプレイできるグループマッチ等もあります

特筆すべきはマッチングの早さで、10秒以内に次の相手が見つかる事がほとんどです。

ランクのものも、スプラトゥーン2のように異様にランクが上がりやすいという事がなく、

・E:始めたばかり

・D:初心者

・C:中級者入門

・B:中級者

・AとS:上級者、一握りの異才

と、なっています

SをAとひとくくりにしたのは、現在世界でSランクプレイヤーは2名しかいないからです。

ランク自然とそのプレイヤーの適正な腕前の箇所に落ち着くようになっており、格下に常勝できて格上を食わなければ上がらないようになっています

ポイント8:大きな大会が複数ある

https://www.twitch.tv/videos/184091242?t=6h30m45s

こちらは、先日開催された「タイトー主催、闘神祭2017」のトップ4チームによる決勝です。

EVO、闘神祭、WCS等のゲームメーカー主催の大会が多くあり、

日本国内で優秀な成績を出せば、海外世界大会に招待される事もあります

WCSは株式会社ポケモン主催する国際大会で、日本国内数ヶ所で開催される予選大会を勝ち抜く事で、アメリカで全世界の強豪と闘う事ができます

観るだけでも楽しいし、参加すればもっと楽しいです。

ポッ拳DXは、初週はたったの5万本しか売れませんでした。

ですが、一ヶ月経った今、売上は10万本を突破し、新たなバトルトレーナーが増え続けています

はてなー達も、switchを手にしたなら是非ともポッ拳を買って

格ゲーっていつの間にかマニア向けになって敬遠してたけど、やっぱり面白いじゃん」って気持ちを味わってください。

SFCやPSの頃に格闘ゲームを楽しんでいた人達向けのゲームです。

小学生層も遊んでいるので、オンラインで勝てないって事もないハズです。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

時間泥棒ゲームです。寝不足注意!

歴代ゼルダシーケンスブレイクと言うか、自由操作の結果想定された順路を飛ばせてしまうような事が極力無いように作られてきました。

ですが、今作はそれを割と簡単に起こせます

それだけでなく、冒険・探索をする楽しさが満ち溢れています

欲を言えば敵の種類が多いけれど少なく感じてしまう(種類は多いけれど、どの地域も似たりよったり)という欠点次回作では解消してほしいところ。

時間が溶けていくゲームです。

スーパーマリオ オデッセイ

割といつもの3Dマリオです。

違う所と言えば、キャプチャーよりも「パワームーン」がスナック感覚で大量に手に入る所でしょうか。

ちょっと怪しいなと思った所には無造作に置いてあります

全部で何個あるのかわかったもんじゃないです。

難易度についても、ノーマルモードでもライフが3もあるので割とゴリ押しでなんとかなりますし、それでもキツイ人はお子様向けのお助けモードを使う事でライフ9で遊べるので

ボス戦はまず負ける事がなくなるので、ゲームがヘタな人も楽しめます

そして、WiiUタイトルであったゼルダと違って、ジョイコン操作のHD振動が心地よく

新しい体験による楽しさが満ち溢れています

スプラトゥーン2

面白いと思います面白いとは思うのですが、惜しいタイトルです。

switchで一番売れているのですが、今作だけ買って他のタイトル買ってない人が本当にもったいない

まず、amiiboを使った写真撮影

クソ手抜きですわ。アオリホタル椅子に座って撮影できないとか撮影箇所変えられないとか

ちゃんとユーザーに満足してもらおうって感じが無いです。もっと良くできたハズです。

ストーリーモードにしても、ホタルちゃんの事を2で初見の人にホタルちゃんの魅力を伝えられるような内容になっていないと感じました。

カラジオ2は最高です。フルコンボとパーフェクトの2種しか記録しないというスパルタンな姿勢はどうかと思いますが、マジでいいです。

バイトはクソです。慣れてしまえば9割がた勝ててしまうのでスリルがなく、ギア経験値も溜まりませんし服装自由も無い。新しいギアが出たらやるけど、面白いとは思いません。クリアし終わったヒーローモードステージを何周も繰り返すような苦行に感じます

ガチマッチは、新しいルールが無いってのがもったいない。せっかく2なんだから新しいルールの1つや2つあってしかるべきかと・・・。それぞれのガチに関してはルールが変わったのは良いと思うのですが。

ブキのバランスについては、ブラスター使いなので特に不満は無いです。ブラスターは全種面白い楽しいです。ダメブラスターなんて1つとしてありません。

スーパーボンバーマンR

良いゲームだと思うのですが、難点が多いです。

ストーリーモードは、歴代スーパーボンバーマンに比べてゲームスピードが早いので、注意してても死にやすいです。

死んでも過去作と違ってその場復活で残機もほぼ無限と言っていいので、ゾンビアタック攻略している気分になって、ステージクリアしたのに負けてる感じが強いです。

オン対戦は、改良はされましたが、それでもラグと言うか、ヌルっとすべるような感じがあり、うまくボム連鎖が組めない感じでモヤモヤます

ですが、それらの問題差し引いたとしても、バグラーやスパボン2初出の凶悪ボンバー5人衆が名前ちょっと変わったけど出ているので満足感は高いです。

今度、アップデートランブルローズANUBIS等のKONAMIゲーのキャラが加わるようなので

長く楽しみたいタイトルです。

スーパーボンバーマン新作なのにハドソンキャラじゃなくてKONAMIキャラが出まくってるとか過去作BGMなんも無いとかどうなのそれって所もなくはないけれど

ボンバーマンってやっぱり楽しいって思います

他にも書きたいタイトルもあるけどここまで

みんな、switchスプラトゥーン2だけで終わらせるのほんともったいないよ!

2017-09-01

スプラトゥーン1のカンスト勢が考える「2」での立ち回り - ガチエリア ステージ

https://anond.hatelabo.jp/20170817192200

の続き

自分用のメモも兼ねているのでたまに更新しています

Twitterなどで拡散していただけると喜びます

最終更新:20170905

ずるいかもしれないですが「私の勝ち方」を整理したものなので

参考意見程度に流し見ください。


実際にはどうしようもない負け方も多々あります

そういうときに「今何がきついか」を観察して次回、敵を相手に同じことをできるように心がけています


ガチエリアでの立ち回り】

ガチエリアでの基本的な立ち回り方針は「エリアを確保して時間を稼ぐ」です。

自分のブキと相談してエリアを確保する時間を増やすか、キルをして相手時間を奪うかの割合を考えます

ブラスターなどのキルできるブキなら、キル:塗りが8:2くらいの意識で動こうとか、そういうニュアンスです。

基本的方針を定めたあと試合中に細かくチューニング意識すれば良いと思います

キルブキでも「エリアが取れそう。ぬったれ」というようにです。


スシコラなど、どちらの立ち回りもできる場合は敵味方の構成を見て都度考えましょう。

キルブキが多ければエリアにふれる回数を増やし塗りブキが多ければ接敵回数を増やします。


エリアに苦手意識がある方は、エリアを塗るタイミングと、敵を倒すタイミングスイッチの切り替えが苦手なんだと思います

これは画面上部のイカの数を見て優位なら塗り、不利なら潜伏(もしくは帰宅)、同等なら前述の方針どおり、という方針で良いと思います


前回の記事で書いた「ウェイブ」が最も重要なのがエリアなので慣れると最も勝率が安定して楽しめるルールだと思います




【各ステージごとの立ち回り】

私はエリア大好き勢なのでエリアオンリーです。

バッテラストリート

橋が重要ですが橋の上だとエリアに絡むことができないのが難しいという、奥ゆかしいステージです。

クリアリング重要拠点 = 橋の上 という認識でいましょう。

橋の上を抑えていれば「敵のカウントが進む」ということは抑えることができます

ただ「自分達のカウントを進める」必要があり、タイミングを見て塗りにいかなければいきません。

味方の立ち位置に応じて臨機応変に立ち回る必要があり、方針を定めておきましょう。

味方のキル性能が高い = 橋下の塗り重視

味方のキル性能がイマイチ = 橋上でクリアリング

いずれにせよ、スペシャルの使い方で大きく状況が変わりやすステージなので上記の方針を徹底していれば大きな負け筋は潰せると思います


エリアをとったら入り口の下辺りで正面の入り口をひたすら封鎖するか、橋の手すりに立ちでひたすら塗りをおこなって

進軍を遅らせる動きをしつつ相手が降りてきたら安全位置からジェットパックを撃ちます

ジェットパックに慣れてない方だと、ジェットパックを撃ちながら前に詰めていくのですが固定砲台でも十分強いです。

確実に倒せるときだけ前に詰める動きをするようにしましょう。






逆にとられたら正面からの打開は無理です。

脇のルート安全位置からインクを垂らして死なないようにヘイトを寄せ、

スペシャルタイミングを合わせて打開です。

打開時は、上記方針を頭にいれ橋の上に「厄介な相手」がいたら、まずそちらに向かいます

例え方が難しいのですが、ノヴァや52など相手が極端な短射程ならエリア塗りの邪魔をされませんし一時的放置でも大丈夫です。

フジツボスポーツクラブ

敵の位置把握が困難です。

人数差がとにかく重要なので、外周沿いに移動して挟み込む動きを意識して1枚でも倒せると好転やすいです。エリアを確保し固めたら安置からボムを投げまくってるとスペシャルがきます

いったん逃げ、味方が生きていればスペシャルカウンター

死んでいれば少し待機して複数の進入口から入り打開です。


ガンガゼ野外音楽

前作のアロワナです。左右高台をとってるほうが勝ちます

違う点としてアロワナは左右高台エリア塗りに適してましたがガンガゼ高台は進入口を封じるポイントという点です。

安全スペシャルを使う位置として活用されやすいので抑えておくと大きく時間を稼ぐことができます

右側高台は強い進入口、左側高台はその抑えです。


ただエリア塗りに関して、高台はそこまで強くないので敵がエリア干渉してる状態であれば居座るほどの価値はないです。

シューターは左高台からヘイトを寄せながら死なないように下段の塗りをしまくってスペシャル撃退できれば御の字という程度。

時間を十分稼いだら切り替えましょう。


あとは右側の金網ルートから裏取るするのが相手にとって嫌な行動です。

攻め側がとても不利な地形で正面から入るのはタイミングが良くないと無理です。

あと中央ステージに立ってるとまず死にます

から裏どりがくるので中央から入るときは右側よりを意識すると事故死は減ります




ジェットパックは、アンプ?の上から使用すると相手射撃が届かなくなるので有効活用しましょう。

(ジェットパックの浮上位置は地面から一定の高さなので、オブジェクト分高い位置に浮上します。)


ステージの特徴として、エリアを確保している側(防衛側)がかなり有利です。

進入口が低い位置 or 入り口が狭い箇所で地形的に敵を倒しやすいです。


他方、若葉や銀モデなどの塗りがめっちゃ強いブキの場合アンプに隠れて塗ってるだけで勝利することができます

海女美術大学

重要ポイントが1つ。エリア中央の柱の下あたりの位置にいると死にます

エリアのスペースの外周沿いに移動して中央エリア塗ってる相手を倒す感じで動くのがおすすめです。

固めは中央の塔から相手側の高台に入ってスペースを塗りたくればほぼ勝ち確です。

(敵の後衛ブキに、スペースに降りると死ぬという感覚を与えることができれば10秒くらいは稼げます。居座る必要はないです。塗って、後はボムを投げ、敵が降りてきそうな気配がしたら左右の安置で潜伏。)

入るほどの時間がない場合は左奥の坂を登るスペースあたりに潜伏をしていると

敵が正面を向いた状態で近づいてくるので横からしましょう。

タイミングが良ければそのままスペースを確保できます


エリアを塗るの後回しにして良いくら相手側のスペースに入る動きが強いです。


コンブトラック

シューター勢としてはここは、超苦手です。

同格のブラスターバケツにはどうあがいても勝てませんwww

少なくとも安定はしません。


ブラスターからするとメインの撃ち合いよりジェットパックが鬼怖だと思うので

左右でスペシャルを貯めてジェットパック撃ちまくりエリアを取ってるだけでなんとかなったりもします。

味方のブキ性能が敵よりも不利ならばエリア無視して「そもそも侵入させない」という方向にシフトし、敵側のエリア手前で無防備はいってきた相手を倒してるほうがうまくいきます

落下箇所は段差が少ないので中央よりは勝機があります

中央から詰める動作マップ形状的に有利不利があります

右手出し撃ち」の法則からシューターは右から敵側のブロック右に抜けて詰める動作が強いです。(このとき落下すると不利になるので気をつけてください)

敵側のブロックあたりの位置を確保できたら、そこに長居はせずなるべく高い位置を維持しながら左奥側の山のあたりに敵を寄せていくという動作イメージです。

かためた後にボムなりスペシャルなりで一掃します。

タチウオパーキング

中央の塗りあいになりがちですが、塗り合いだけだと運ゲーになります

エリア無視して2段目のスペースでどんだけ時間を奪えるかの前線勝負です。

高台の確保をとにかく優先しましょう。

前線シューターは左側から攻める立ち回りをします。

ここの撃ち合いは、手すり部分のわずかな高所やインクレールの玉などオブジェクトをうまく使うのが秘訣です。

右側からインクレール進入可否は高台にいる相手のうまさによりますw

ボムを投げまくって好機を探るのも有りですが左側進入のほうが成功確率が高いです。


若葉など塗りが強い場合は「カウントを進ませない」という意識で坂側から右側のエリア永遠に防衛してるだけでもかなり強いです。

エリアがとれていないと、詰める動作をおこなえないためです。


坂側を選択するのは、詰めてきた相手より高所という点、自陣高台の味方のカバーにすぐ行ける点、ジェットパックがきたら下側に降りると数発耐えるだけの死角一時的にできる点などメリットが多いからです。


チョウザメ造船

楽に勝つならバケツを持てばOK高台か段差でバシャバシャ塗ってるだけで勝てます

シューターならエリア奥のスペースで勝負するのが強いです。

このステージスシコラはあまり強く感じないです。

相手側の高台をとったあとは、ひたすら塗ってるだけで数十秒稼げるのでキル優先ではなくポイント優先という考え方で立ち回ると良いでしょう。

若干運が絡みますが焦った相手広場に降りてくれることが多く、高台からインクかぶせ味方のアーマーか自分のジェッパで一掃できることが多いです。

相手ウェイブが崩れたら広場で潜伏キルを狙いスキを見て高台に帰りましょう。


ホッケふ頭

「スポンジが膨らんだら後ろに敵がいる」というのを意識すると詰めやすいです。

通路で眺めておいて、膨らんだ瞬間に突撃すると2人くらい倒せます

シューターの打開は平面が得意なので右からブラスターバケツの打開はコンテナ上などに移動できる左からおすすめです。


マンタマリア

なにげに「塗りゲー」のステージです。ポジションごとの役割を分解して考えると動作を整理できます


前後中央高台:抑えている方が近い陣地側の通路を確保することができます。確保することで敵の進入を遅らせる効果がありますエリアの塗りには適しません。

左右広場:少し高台になっている部分でエリア塗りに適しています

柱周辺:エリアもっとも塗れるポジションですが位置が低いためキルされるリスクもっとも高いです。


敵の構成に応じて、前後中央高台と左右広場のどちらを確保すべきかを考えて動くと勝率が安定します。

もう少し整理すると次のようなポイントがあります

高台下など潜伏できるポジションも多い

・主に撃ち合いが発生する中央下=エリアのため塗り状況が良いほうが盤面的に有利 = エリアをとれてるほうが有利

エリア確保のために必要な塗り面積が2エリアのため広い


端的に書くと相手のほうが塗りが強ければ左右広場を確保、キルよりの構成なら中央高台をとって進軍を遅らせた後エリアをずっと塗ってスペシャルがたまったらブッパという立ち回りをすれば安定します。

※2エリアというのが重要自分がキルされないで片面を塗ってればポイントは進みません。


意地でもエリアを確保したい場合リスキーですが柱下から柱に隠れながら無理やり塗ったくればエリアをとれます

エリアをとりさえすれば、かなり有利になるステージなのでどうしようもないときにはおすすめです。

以前リーグマッチをしているときに無理矢理エリア確保を狙ってくる銀モデラーがいました。カーリングボムラッシュをひたすらしてくるんです。

前半はこちらが優勢だったのですが後半になるにつれ味方との歩幅がずれ、盤面をひっくり返すことができない程に塗りで圧倒されました。



【サウンドプレイの勧め】

ヘッドホンをつけると、どこから何がくるのか音でわかるようになります

1 よりもスペシャルがうるさいので潜伏音は聞き取りずらいですが、慣れです。

慣れると、ホッケ埠頭などで一つ奥の通路や隣の通路に敵がいるかはわかるようになります

スプラトゥーン楽しいよ】

ガチマッチもっと気楽に楽しもう!ってかたも大勢いらっしゃると思います

「たくさん塗ってアーマーを貼りまくる。回数をどんどん増やして、打開のきっかけになろう。」とか

チャージャーで打開のきっかマンを撃ち抜く」とか

「とにかく殺しまくる」とか

それぞれで好きな立ち回りを楽しめるのがこのゲームの良いところだと思います

ネガティブ批評もチラホラありますが、ポジティブな部分もたくさんあってとにかく楽しいです。

これからどういうアップデートが入って、どう環境が変わるのかも楽しみですねー

初心者向け講座】

Yugo1 さんが動画あげてたのでおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=azu7PVW_6fs

2017-08-22

プラ劣等感コントロールして楽しもう

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

雷でswitch壊れたっぽいから書く。

確かにスプラトゥーン中毒性が高い。

その中毒性をコントロールすると楽しくなる。

劣等感コントロールすると言っても良い。

結果、ウデマエの上達にも繋がる。

そもそも本当に今、S+になって楽しいかって話だ。

1の頃にS+のウデマエを下げるのが嫌でプレイしなくなる、というネタがあったが、あれは事実だ。

たとえば、疲れて家に帰ってきてS+の戦場に行けるかというと、これがきつい。

少なくとも自分場合は。

S+にも色々なプレイヤーがいる。

手癖でプレイしてS+を維持できるプレイヤーもいるだろう。

だがリアル調子が悪いと、あっというまにウデマエが溶けるプレイヤーが大半じゃなかろうか。

しかも新ブキや新ステージが、今からどんどん追加されるタイミングだ。

もしも今S以上に苦労して上がったとして、気軽にガチマッチで新ブキを試すのは気後れするだろう。

新ブキはナワバリで試せば良い、というのはもっともだ。

しかガチマッチでの使用感こそ知りたい場合も多いだろう。

クラッシュブラスターとか、ナワバリだと勝てないけどガチだと強かったりする。)

とは言えA帯が至高とか、B帯のままが楽しいというわけじゃない。

自分が一番楽しめるペースで、上を目指すのが良いのでは?と思うのだ。

から「どうすれば自分はS+への道中を楽しめるだろう?」と考えて、試してみてはどうだろう。

そういうわけで、劣等感コントロールする方法の一例を紹介する。

自分が1の時にやって、有効だった方法だ。

方法1.試合ごとに必ずブキを変える

ガチ・ナワバリわず、ブキを1試合ごとに変える。

必然的に苦手ブキを使うこともある。

というか、得意ブキ以外の方が多いだろう、ふつう

すると、ほとんどの試合が「このブキで負けても仕方ない」という心境でプレイできる。

勝てば「意外とこのブキ合ってるのでは?」という楽しさもある。

この方法で遊ぶ内に、各ブキの得意なこと、潜伏位置、サブの使い勝手が分かるようになる。

スペシャリストになれなくても、ある程度知っていることが後で役に立つ時がくる。

なにより、今のタイミングであれば「自分に合うブキを見つけ出す」楽しさが味わえるだろう。

方法2.サブがビーコンのブキだけで遊ぶ

ビーコンは使っているだろうか?

自分がビーコンを使うようになると、仲間のビーコンも有効に使えるようになる。

またビーコンを設置する位置が、攻め・守りのボーダーラインであることも多い。

敵に壊されない安全圏であり、ビーコンが見えない位置が設置には好ましいからだ。

すると、各マップについての理解度が大きく向上する。

攻め時でどこまで上がるのか、打開のルートはどこか、ビーコン設置を通じて学ぶことができる。

マップを見るクセも付けられるだろう。

方法1と合わせて、色々な射程のブキをローテーションしながら、サブのビーコン先生に教えを請うのだ。

この方法はビーコンだけに限らない。

特定のサブ・スペシャルを集中して使うことで、楽しみながらウデマエが上がっていくだろう。

以上。

方法は他にもあるだろうが、要するに勝ち負け以外の要素にフォーカスすれば楽しめる。

明示されないが「ビーコン設置のスキルが1上がった!」「タチウオマップ理解度が1上がった!」という、ちいさな経験値が確実に貯まる。

よく「散歩しろ」とか「試し打ちで練習しろ」っていう、ガチめなアドバイスがある。

自分場合はそういった方法が合わなかったので、試合を通して楽しむ方法を選んだ。

勝つためだけに散歩するのは気が進まないが、ビーコン設置ポイントや、スプリンクラー設置ポイント探す散歩は楽しかったという話だ。

もちろん誰もがこの方法で良いわけではない。

S+の戦場が適温の人だっているだろう。

しかし、自分と似たような人にとっては参考になるかもしれない。

ちなみに1の時、自分のフレンド数は0で、1日あたりのプレイ時間は40分程度だった。

プラは疲れて帰ってきたときも、遊びたいゲームだったのだ。

・・・あーあ、switchこわれて悲しいなぁ。

2016-10-13

最近スプラトゥーン仲間の塗りポイント低すぎ現象

ナワバリ専なんだけど、最近敵味方ともにリザルトの塗りポイントが低い。

1年前はもっと塗りポイントが高い印象がある。原因について考えてみると、あるひとつ無理解で全てが説明できるとわかった。

それは「塗り意識である

最近説明書を読まずにゲームをするのがアタリマエだという。

説明書を読まないということは、ゲームヘルプも見ないだろう。

ということは、ナワバリガチルール理解せず試合に臨むプレイヤー一定数いるということになる。

これが結果に現れているのではないか、これがひとつ

ただし、塗れないブキが塗れてないのはいものこと。1年前もブラスターの塗れなさ、リッターの塗らなさ(リッターは状況により塗れるし1位を取れる)はおなじみだった。

最近の塗れないプレイヤーは、スプラシューターやらバケトスロッシャーやらスピナーやらと、割と塗れるブキを担いで塗り500pt未満。

ふつうTPSにはない「塗り意識」という概念が、割と高等なものであると気付かされる。

ちなみに最近ランク50でもひどいので、新規勢に限らないので若干タイトルあおり気味(ベコベコベコry

ランク50はまあ同一アカウント複数人プレイと考えれば納得もできる。

2016-05-01

趣味テレビゲームです

昨今ではテレビゲームの種類も多岐に渡り、一概に「趣味テレビゲームです」と面接で言っても自分がどんな人間か伝わらない。

からゲーム名も言うべきでは?

それで次は「好きなテレビゲームサンダーストームロードブラスターです」と言うつもり。

これで今度の面接受かるだろうか?

2015-12-10

アルコール入ってるのにブラスターでガキンガキン言いながらナワバリ20キル取ってしまった。

同じランク50なのにあいつら雑魚すぎだろ

2015-09-03

スプラトゥーンで簡単にS+にする方法

ノヴァブラスターで復活短縮ギアつけて、ガチヤグラステージアロワナ油田の時だけプレーしてればいい。

以下どうでもいい駄文

ガチマッチは得意ルール得意マップだけプレーする。

S+動画を見ても、エリアだけしかアップしてない人

ヤグラだけしかアップしていない人

ホコばかりの人、投稿しているルールが偏っている。

それどころか、マップも偏ってる

すべてのルールでうまくなる必要はない。

人は実際の実力よりウデマエのアルファベットしか見ていない。

おすすめノヴァブラスター使ってアロワナ油田ステージの時にガチヤグラ

ダイナモローラーでガチエリア

ヤグラ戦のノヴァブラスターエイ必要なくただヤグラに向けて撃ってるだけでいい。

ヤグラにも基本乗らなくていい、復活短縮とカムバックギアをつけてヤグラの前にでて前方を適当に撃ってるだけで

敵は死ぬし、死んでもすぐ復帰できる。ヤグラを奪われてもヤグラに向けて撃ってるだけでどんなバカでも

15キル10デスぐらいに落ち着く

ダイナモガチエリアは遮蔽物からエリアに向けて雨乞いしてるだけでいい

それだけで安定する。

ガチホコは味方依存度が非常に高く、馬鹿なS勢を率いて全部自分でやらないと安定して勝てないので避ける。

武器は96ガロンデコ、スプラシューターコラボノヴァ、ホッカスローラコラボカーボンローラーあたりを使う。

ダイナモを使うならエリアに絞る。

チャージャー、スピナーはどのルールでも、どれだけ敵を倒しても、味方シューターが相手シュータータイマンで撃ち負けると

ガチエリアタチウオですら何もできなくなるぐらい味方依存度が高いので野良では使うべきではない。

ローラーもシューターが撃ち負けると前に出れない味方依存度が高いブキだが

ヤグラとガチホコは敵が必ず自陣に着てくれるのでまだ自活の余地はある。

と言うかサポート系ブキは野良では避ける、サポート意味理解してくれる仲間に出会える事がほとんどないどころか

味方アタッカー2人を1人で処理できる敵に出会うだけで何もできなくなる。

野良ガチマッチS帯は実力差が本当に激しいので、自力で活路を見出すことが難しいブキは避ける。

バカリザルトのキルデスしか見てないので、シューターの足場塗ってたりしてもフレンド登録と一緒にファンメッセが着たり

15k12dみたいな必要ないキル、必要ないデスを繰り返す馬鹿Twitterで「これだけ倒してるのに負ける」などと晒されるので

すぐ死ぬ馬鹿が居た時にルールに則った最適な行動が取れるブキを選ぶ。

2015-08-28

スプラトゥーン-ガチマッチSランク武器使用

とある日(2015/8/28)のガチマッチ、ウデマエSランクのブキ使用率です。

書いている私がSランク(A+と行ったり来たりの下位層ですが)のため、サンプルが多いので採用しました。

ガチヤグラ - Bバスパーク、モズ農園

総数160。

順位比率カウント ブキ
1 20.0% 32 プラシューターコラボ(含: オクタシューター
2 13.8% 22 プラローラコラボ
3 11.3% 18 .96ガロンデコ
4 7.5% 12 .52ガロン
4 7.5% 12ホットブラスターカスタム
6 6.3% 10ノヴァブラスター
7 3.8% 6 プラローラ
7 3.8% 6 わかばシューター
9 3.1% 5 カーボンローラ
9 3.1% 5 リッター3K
11 2.5% 4 ダイナモローラ
11 2.5% 4 プライムシューター

その他

2カウントのブキ: スプラスコープワカメ、N-ZAP85、ボールドマーカー、ダイナモローラテスラ、バレルスピナー、ラピッドブラスター、3Kスコープ、ロングブラスター

1カウントのブキ: スクイックリンα、ホクサイ、ホットブラスターバケトスロッシャー、もみじシューター、スプラスコーププロモデラーRG、スプラチャージャー、スプラチャージャーワカメシャープマーカー

ガチエリア - デカライン高架下、タチウオパーキング

総数83。

順位比率カウント ブキ
1 21.7% 18 プラローラコラボ
2 15.7% 13 プラシューターコラボ(含: オクタシューター
3 9.6% 8 .96ガロンデコ
4 6.0% 5 ホットブラスターカスタム
5 4.8% 4 プラシューター
5 6.3% 4 カーボンローラ
5 3.8% 4 わかばシューター
7 3.8% 3 プライムシューター
7 3.8% 3 シャープマーカー

2カウントのブキ: リッター3K、ダイナモローラー、ダイナモローラテスラ、バレルスピナー、.96ガロンボールドマーカー

1カウントのブキ: パブロ、ホクサイ、スプラスコープワカメデュアルスイーパー、ホットブラスター、.52ガロンノヴァブラスター、N-ZAP89、リッター3Kカスタム

ガチホコ - ハコフグ倉庫ホッケ埠頭

総数69。

順位比率カウント ブキ
1 21.07% 15 プラシューターコラボ(含: オクタシューター
2 13.0% 9 プラローラコラボ
3 11.6% 18 わかばシューター
4 7.2% 5 リッター3K
5 5.8% 4 カーボンローラ
6 4.3% 3 ノヴァブラスター

2カウントのブキ: ダイナモローラテスラシャープマーカー、N-ZAP85、.52ガロン、.52ガロンデコホットブラスターカスタム、.96ガロンデコスクイックリンα、スプラチャージャーワカメ

1カウントのブキ: ジェットスイーパーカスタム、.96ガロンシャープマーカーネオプライムシュータープライムシューターコラボ、スプラスコープ、スプラスコープワカメ、スプラチャージャー、バレルスピナ

2015-08-24

スプラトゥーンでの立ち回り S+になったよ!

先日、辛いS停滞期間を乗り越えS+になりました。

カンストはまだ無理。S+維持ができればOKというレベルです。

 

S停滞時になかなかポイントを積めずに苦労しました。

グーグル先生にコツがあるか聞いてみたのですが役立たずでした。ポンコツです。

同じようなライフサイクルをサイクルしてるイカに有意義情報提供したいと思い、改めて立ち回りの知見を共有したいと思います

 

  

◾︎自己紹介

 

中距離シューターが好みのイカ。

黒ZAPを良く使います

イカったらスプコラを使います

 

ナワバリでは、紅葉を片手にノーキル縛りでポイズン当て逃げを繰り返す毒ガンジープレイ

イカったら赤ZAP。

ナワバリに96デコを持ってくるゴジラを見かけたら、なんとなく縛りを解禁。

スプコラを持っていってます

 

たまに遊びでスクイックリン持っていきます

βを持ってないのですがストーリー

 

 

立ち回りをしやすいように塗り塗りしてるのが好きです。

 

スパショを撃ってるときに足元を塗ってくれるイカ。

不意打ちに失敗したローラーをフォローするイカ。

ダイオウイカバリアからの注意をそらすイカ。

 

そんなイカがいたら9割私です。

 

 

イカと言ったな。すまん、ありゃ嘘だ。

サポートが好きといったな。すまん、それも嘘だ。

本当はキル友が欲しいだけです。

 

 

  • 「塗り」について

私の目安は下記です。

 

自陣:最低限引っかかりがなくなる

敵陣:ヒット・アンド・アウェイの導線をつくる

 

個々人でかなり意見割れると思います

私は隅々までキッチリ塗る必要はなく導線があればOKというタイプです。

 

 

防御ガン積みしてましたが相手全員が1確ブキという

恐るべき自体に遭遇したとき死にギアになってることにきづきました。

 

どうせ1発で殺られるなら着てないのと同じ、まさに裸の王様。防御ガン積みは露出狂変態です。

 

回避重視、宮田くんカウンター戦法にすることにしました。

 

イカ速度を積むと、ローラーさんの振りかぶりから緊急脱出できる機会が増え

「わかってたのに!」がグンと減ります

 

防御ガン積みの変態露出プレイは1確ブキ達をメタれる

長距離シューターほど向いてると思います

 

 

◾︎立ち回り

 

ブキの性質再確認

シューターは、キル性能がローラーやブラスターに劣りますが塗り性能と、そこそこのキル性能を備えています

 

自陣の塗りと敵陣への導線確保、敵の導線封鎖です。

 

→自陣塗り

 →主要ポイントについたらカニ歩き撃ちを1回やっておけばまぁ大丈夫

 

→敵陣への導線確保

 →塗り方

  →手前から徐々ではなく縦に深く塗るのを意識

   →相手は、背中を向けたくないので勝手に後退してくれます背中を見せたらやっつけます。

   →放置するようなら奥に侵入して後ろから回りこんでやれます

 

 →質より量

  →一箇所を広く塗るよりも複数の導線を縦に深く開けます

   →ローラーさんと相性がすごく良くて勝手無双

    →桃太郎を送り込む老夫婦気持ち

     →桃太郎が何度も殺られるようなら復讐しに行きます。本性は猪なので。

 

 

→敵の導線封鎖

 →進入路は塞ぎます

  キッチリやる必要はなくて、相手の塗り終わりに入り口にペッと塗るだけで侵入は防げます

  たまにバシッと音がしてそのまま狩れます

 

 

相手が多数になるなど塗りが大事な場面がまま出てきます

そんなときボム投げは致命的です。

ボムは投げず「あいつのエネルギー無限大か」と思わせる塗りを繰り返します。

 

  

 

■ブキ別対策

タイマンが熱いです。うまいほうが勝つ。シンプル・イズ・ベスト

面倒になったらスパショでも撃っておきましょう(暗黒微笑)

 

キッチリ相手をできれば楽ですがかなり怖いです。

どんなに細いラインから突っ込んでくるので導線を塞いでおきましょう。

 

ローラーがノコノコ出てくるときは、だいたいダイオウイカに取り憑かれるので

お約束的に追いかけっこに付き合います

 

最近、進路を変えて別のイカを倒しに行く人が多いのでガン逃げせずに注意を惹きつけつつ自分のほうに誘導します。

大体6-7秒。4秒目を過ぎた辺りから、回りこんで帰り導線を封じます

 

味方がダイオウイカに追われてたらガン撃ちして気を逸らします。

冷静な相手なら逃げますし猪なら刺し身にします。

 

あと、ローラーはショットガン認識すべきです。飛沫に対するヘイトが薄れます

 

 

 

ローラーがショットガンならブラスターマグナムです。

S帯のブラスターは、エイムがヤバいイカがいるので

どうしようない場面以外の立ち会い自体を避け、不意打ちに徹します、

ブラスターは塗り性能がないのでどのブキよりも不意打ちに弱いと思います

不意打ちするときはピョンピョンにつられず、むしろ若干足元よりを狙い逃げを封じます

 

私はヒト速度を若干盛ってることもあり

グッと近づくよりもカニ撃ちで徹底的に撃つほうが勝率が高いようです。

 

 

1. 倒すには、気づかれないように近づいて撃つかスパショ。

2. どかしたいだけならボムポイー。

3. チャージャーを置物にする。チャージャーの死角になる位置で他のイカと戦う

 

本気でやばいS+チャージャーに会ったことがあります

エイムがまじで凄まじい。(A+以上は大体そう)

スパショの当たらない地点を心得てる。

・移動しまくってて篭っている位置が掴めない。

・撃ってくるときだけチラっとするのでスパショが壁に吸われる。

ていうか、安置から殺りにくる。

・近づくとスパセン。インク回復も合わせボマー化。

 ボムを6発投げてくる。エイム神相手に5/6避けないと勝てない。

・誰もいなくてもテンプレ立ち位置に潰し撃ちを頻繁にしてくる。

 しかもそれが撒き餌になってる。

 →要所塗られとる〜 → 塗り塗りー → バンッ。

 

 

■その他

・味方にローラーが2人以上いる

 2人ともビーコンを置きに行くと開幕の競り合いでまけるので少し引き目で維持します。

 ボムを使わず維持と導線作りに徹していればダイオウイカうまいことやってくれます

 

・味方がチャージャー3人とか極端

 引き目で維持してればうまいことやってくれます

  

ローラー/ブラスターがいない

 自分がキル神様になります

 

スパショの撃ち方

 とにかく、連射せず良く狙って撃ちます。なれると良く狙って連射できます

 最近クレーンゲームの要領で縦にラインを作って、イカダッシュ → 横から隠れてるイカを撃つというのにハマってます

 

 放射状に撃った後に残ったラインを利用したセルフ裏取りもなかなか効果的です。

 

ボムの投げ方

 見えない位置に投げるのを意識します。

 →相手の後ろです。

 →キューバンは壁に貼り付けて、わかりやすく逃げると釣れます

  高台に張り付いてるイカを倒すとき死角に張っておきます

 

 →スプラッシュボムもっとストレートにあのへんでいるだろって感じで投げておけば充分です。

 

・対シールド

 最近、急増してます

 - シールドの真上から相手側に置くイメージボムを投げると、破裂したインクが相手に降りかかります

  失敗しても、突進してくることはなくなるので2回くらい投げちゃいましょう。

  対策全中距離シューターに周知し、シールド使いを減らしましょう。

 

 - うまいシールドの人はシールドとの境目を行ったり来たりするので、

  出来ればシールドの真横からつのが良いと思います

・対バリア 

 これも最近少し増えました。基本的に逃げます

 どうしようなないときは相手を中心にグルグル撃ちして混乱の渦に叩き込むと3割くらい運良く勝てます

 スクイックリン相手にこれをしたときは、至高のエイ時間を奪い申し訳ない気持ちになりました。ごめんなさい。 

 

 

■その他のその他

マッチング

 一時期は、S以下のランクになる機会が多かったのですが最近改善した気がします。

 S帯同士のマッチングが増え、半ば理不尽な減少が減るので

 今後はS+が増えると思います

 

ガチマッチ勝利のコツ

 最初の立ち会いでチームの力関係を測ります

 明らかに負けてるときはキル専。

 五分五分ときは、塗りもそこそこに。

 安定しているときは、ヒャッハーします。

 つまり7割はキル専です。

 

 相手チームに、明らかにヤバイというイカがいる場合粘着します。

 

タッグマッチをやってみたいです。

 22時-2時くらいで仲良くしてくれる人はいないでしょうか

 他ブキの練習もしつつなので、軍隊みたいなコミュニティは怖いです。慣れないブキでキャッキャウフフしたいです。

 あとスカイプ等でのコミュニケーションは勘弁してください。

 Twitterなら、つくろうかな。

  

フェス

 キリギリスでした。赤ZAPを持っていきました。

 偶然スプリンクラー4人チームになり、非常に鬱陶しい構成だったと思います

 

 

イカよろしくー。

2015-08-06

スプラトゥーンガチマッチA+99のジェットスイーパーカスタムが教える立ち回りの極意!!

明日からアップデートSクラスが解禁されるため、最後カンストになるかもしれないので記念に。

自分スキルについて

・正直そんなに上手くはないと思う。自分で大量にキルして試合の主導権を握るのではなく、そういう人をサポートする立ち回り。

・仲間が10デスしてる場合も3デスとかザラ。でもキルも3程度。たまにマヌケな人やダイオウイカが噛みあうと多くなる。

・とにかく死なない立ち回りを心がける。死んで意味あるのはガチマッチノックアウトする最後の足止めだけ。

ギア逆境1、スペシャル増加2(メイン1+サブ3)、スペシャル延長1(サブ3)、イカダッシュ1、メイン効率1(orスペシャル減少1 ※ヤグラの場合

基本的な立ち回り

・基本引きながら打つ。ジェットスイーパーカスタム(以下ジェッカス)はシューターでは最長で、かなり遠くまで届く。

ブラスターローラーと対峙した場合100%相手は近づいてくるので引いて撃つくらいが丁度よい。(B帯以下の人は射程を意識していない人が多いと思う)

シューターでもプライムや96ガロンは射程が長く威力も高いので気をつける(正直苦手)開幕での相手武器のチェックは必ずする。

・引きながら打てるように常に足場は自分の色で染めておく。

・逆に近距離は弱い(弾の威力が弱くキルに時間が掛かる)ので自らは絶対に近づかない。高台から相手と撃ち合いになった場合も大抵負けるので逃げる。(ブラスター特に

遠くで撃ち合いになり、相手の射程が短い武器ダメージを受け後退した場合のみ、前進する。

・やむ終えず近距離になった場合は、ジェッカスでは撃ち負けるのでクイックボムで相手を回りこむように応戦する。囲まれてるならスーパージャンプで自エリアに一旦回避死ぬより百倍マシ。

チャージャーとも基本打ち合わない。こちらが先手をとっても遠距離だとA+のチャージャーは超反応返り討ちに合う。

相手にチャージャーがいた場合ガチエリアなら射程にはいらない死角でひたすら塗りに徹する。これが一番嫌だと思う。

もし撃ちあうなら左右にジャンプしながらキルする。(それでも変態には通用しない)

ガチエリア特にキルより、塗りに徹する。ジェッカスは綺麗に塗る能力は低いが、遠くまで届くため塗り性能は悪くない。

ガチヤグラ特攻しない。開幕直後に乗ってもA+の相手が揃っている状態でまず押し込めない。ヤグラに乗るのは相手をある程度キルしてから

ダイオウイカの使い所

ギアを見ても分かるようにダイオウイカになるための構成

アップデートで弱体化してよく弾かれるようになったが、逆に逃げずに撃ちあう人が増えたためキルできる機会が増えた気がする。

逃げられるのが一番イヤ。

・イカダッシュをつけると撃ち返された場合も左右に振って掻い潜ると案外イケる。

スペシャル延長をつけると終了時間を相手が見誤って案外イケる機会が多い(気がする)

フィールドが相手の色で染まっている場合は、A+ではほとんどキルできない。

まずは自分の色で染めて逃げ場をなくしてから使おう。

・相手と対峙して一旦隅に逃げると相手が近づいてくるので、そこでダイオウイカ使うと決まりやすい。

高台の死から相手の上に飛び降りる途中で使うと、ジャンプ扱いになり落下しながらキルできる。

・ヤグラでは自分エリアの死守と最後ノックアウトのためにとっておく。

・ヤグラで攻めてる時もチャンス以外は自軍近くにいたらキレイに塗り固める。ダイオウイカ溜まったヤグラ上の味方にスーパージャンプ

状況によっては着地前にダイオウイカになる。

ガチエリアマップオススメ場所

▽シオノメ油田

中央エリア自分側の奥の高台。相手にチャージャーやスーパーショット持ちがいる場合は、少し下がった斜めの傾斜の場所

相手の弾は当たらないが、こっちは一方的エリアを塗りつぶすことができる。ガロンの弾やボムの爆風でダメージを受けたら全快までこまめに回復

▽Bバスパーク

中央高台の真東、坂部分。相手にチャージャーがいる場合もまず射程にはいらないし、自分&相手側のエリアも塗れる。

ある程度押している場面では高台の上から、相手を牽制

ハコフグ倉庫

中央箱の西側。ここも相手にチャージャーがいる場合死角になる。相手側のエリアも塗りやすいしキルも狙える。

相手側の通路も射程の長いジェッカスなら確実に足止めできる。ここ覚えてからほとんど負けてません。

ホッケ埠頭

自分側のエリア反対側の高台自分エリアが攻めこまれ場合自分側の高台からいっても相手も意識が言っているため、

かなり押しかしづらい。下の通路なんて問題外無駄死にするだけ。最初にイカで移動しやすいように、塗りつぶしておく。

デカライン高架下

中央エリア自分側西の高台カベ密着。ここもチャージャーの死角エリアも塗りやすい。

高台から顔を出すのは味方が制圧してる場合のみ。

モズ農園

苦手。エリア獲られてる場合は無理に攻めず、カベ越しにひたすら塗り塗り。

ネギトロ炭鉱

チャージャーがいない場合は裏取り防止も兼ねてエリア反対側の自分側の渡り坂。

初手ではダイオウイカ貯まるまで絶対おりない。チャージャーいたら、自分側奥の高台

ここでもダイオウイカ貯まるまで基本おりない(笑)

タチウオパーキング

チャージャーいなければ、いつもチャージャーさんがいる例の場所

いたらその横の低いカベを歩きながら中央を塗り塗り。ダイオウイカ貯まったら敵陣突入

▽モンガラキャンプ

相手エリアの右側。相手側にいないとダイオウイカが生かせない(笑)

必ず奥から塗り固め、無理だと判断したら素早く引く。生きてるだけで味方のスーパージャンプ着地点として

非常に役立つので。押し込んでる時はリスポーン近くまでなるべく自分の色に染めて足止めをする。

ガチヤグラについて

ダイオウイカの使い所を見極める。ただそれだけ(笑)

ちなみにフレンドも募集しているので、フレンドになってくれる方は「そうだね」もしくはフレリクお願いします。

https://miiverse.nintendo.net/posts/AYIHAAAEAAASVZKbtyLXZw

2015-08-01

ジェダイでもないのにライトセーバーにこだわるグリーバスを、ジェダイのオビ=ワンがブラスターでぶっ殺すシーンめっちゃ好き。

2015-07-30

スプラトゥーンでの立ち回り2

前回の記事を見ていただいてありがとうございました。

しかったです。続きです。

ガチガチシューター系A+です。その他のブキの人はすみません。 

 

http://anond.hatelabo.jp/20150727154851

 

==

 

■シオノメ

苦手なので長くなる。

・キルスポット

 → 激戦地中の激戦地

   → 対通路だけなら、手前の柱を登った細い高台が有利

   → 基本的ガチガチの殴り合い。

     防御アップ2つと安全靴つけとけばいーんじゃない(適当)

   → 突進するときは、端っこギリの落ちるスレスレを狙うと途中で詰まらなくてうまく行く気がする。

    → 何度も書くけど基本殴り合い。

 

 → 先手必勝。

 

 →ガチでは無視。やめろ、いくなぁッッ!

 →ナワバリではスプリンクラー投げとくと初心者を釣れる。

  →ラスト30秒に北からガチ勢が降ってくるので、怖い人は自陣側の高台で待っとくと広場ウンマーできる。

 

エリア

開始

・味方のブキ構成を見て立ち回りを少しだけ変える。

 

 →通路へダッシュ

 → 正面へのボムは奥の角を目掛けて投げるとあたりやすい。

  →多分逃げようとしても反転が間に合ってない。

 →撃ち合い

  →相手より味方のほうがシューター多かったらゴリラプレイ

   →ボムをポイー。→一緒に突進→爆発!→相手がアタフタしてるので倒せる、最悪相撃ちになる。

   →相手にローラーがいたらバシンてされる。

 →相手が重めのシューター場合は、初回の撃ち合いでは引き目。

  →相手が引いたらフルバーストジャンプ突進。

  →助走中に倒すくらいのインクは補充できるよ。

 →下の通路を視界端でチェックする。

  → 裏取りマン発見

  → なんか怖いので気持ち早めに撃ち合いから引く。

   → 裏取りマンに戦犯タンプ。(インクバシバシ)

 →テンプレここまで。

 

 →上から降ってくるローラーの恐怖。広場へ登れる柱を2つを塗る

  →うまく通路のシューター勢を手前に釣れるとローラーさんが潰してくれるか恵みの雨を降らす。

   →ナイス連打。

   →柱を塗らずにローラーさんを正面に立たせるのは可哀想だ。

 →柱を塗るのうまいので塗らない。

 →通路の中央入口横の壁を塗ってエリアに入り時間稼ぎ役を買って出る。

  →エリア側の相手通路に爆弾を投げて、相手の突進勢を引かせる

  →柱を撃つときオブジェクト射撃をガードするのを意識するといい感じ。

   →たまに相手の早足ローラーが奥に走ってるので、満面の笑みでキル。ホッホッホッ。

 →自陣通路から正面入口を狙うリッターが相手にいたら、オブジェクトに隠れましょ。

  →正直あんま怖くない。

 →確保されたら無理。

 → 「1人2殺がノルマな。」スタートダッシュ。広場通路を攻略できたら相手側高台の裏を確保してリスボン地点で嫌がらせして時間稼ぎ。

  →遠投を積んでいると通路側の高台から相手の降り口へクイックボム攻撃できる。

   →着地点を塗ると、入り口で足を止めるので高台からRボタン連打してアボン

    →たぶん相当恨まれる。

  • ビーコン持ってないのに北にダッシュしてるイカがいる。

 → 肉ビーコンをご所望のようだ。

  → 味方が何人デスしてるか確認して北へ走るか検討すべしおすし

 

・味方が裏取りに走った!!

  • !? 味方に精神的奇襲とはやりよる。

 → 前線でできるだけ時間稼ぎ。

 → ブラスターローラーは最初不利っぽいし許す。いってらっしゃい。

 

■確保された。

 →柱を登ってチョロチョロ → 釣れたイカさんをダイブキル → エリア侵入 → 入口を通って通路側へダッシュ、敵の通路確保マンをかき乱す。

 →侵入できないほどガチガチに固められたら、畜生と叫んでボムを入口近くに投げておいて通路側へダイブ。上から通路確保勢に八つ当たり

 →通路がとれたら3パターンの攻め。

  1. 通路からX字にインクを投げ込みまくって導線を開ける → 隙があれば突進。 →入り口を通るときに置きボムして追跡できないようにする。

  2. 通路側の壁を塗って、広場壁に起立。 → ボーッとしてる相手がいたらパパパボシュン → 中央高台ジャンプ → 後は臨機応変。

  3. トルネード先輩やっちゃって下さい。 → なだれ込み。

 →本物の猛者はクイックボム連打して突進する。

 →通路側のエリアをしっかり塗るとカウントストップしやすい。

  →後ろにたっぷり引いてて手出しできなかったイカちゃんが怒り顔になって近づいてくるよ。

 → 確保されてる小山への突進は、相手が小山端の通路にヌーって行くと結構割合でまけるので絶対やらない。

 → 小山分岐点で向こう側からゾンビアタックされる。

  →1人でも残ってるとゾンビアタックされる。

   →とにかくゾンビアタックされまくる。

    → 実際、私も守りが一人になったら、猛烈に逃げて、助けてカモン連打する。

     →降り立つダイナモ神の神々しさ。まじゴット。ゴットダイナモ

  → 自陣側の柱に登ると向こう側の様子がまるわかり。

   → インクを上からかけまくって、引いた隙に小山を確保する。

     → 高台をとれたら後は追い込み漁

     

 → 真下までインクを塗れればスピード勝負。(ズシャッ ババー!)

 → アロワナチャージャー退治はチキったら負ける。

 

確保時

  • 通路2人、中2人がベストだと思う。

 → チャージャーさんはお芋さんにならずに高台移動して通路側の攻撃対応してもらえるとマジイケメン

 → 移動を頑張ってるんだしチャージャーさんの命1つくらいあげる。(さっきまでそいつ敵だったし。)

 → 最初に裏取りしてくるイカは確保されたら、裏取りもっかいしてくるよ!

  → たまにダイナモが裏取りしようとして下からインクが見えてすごく面白い

  → 攻めが大人しい気がしたら嵐の前触れ。 

 

■ヤグラ

 → わざと確保させて敵勇者をアボーン

 

・ 敵に確保された

 

・ 取り返した

 → 余裕があれば、高台への柱を塗っておくと制圧を逃したときリカバリが容易。

スペシャルを使うならここ。

 → インクバシバシ相手に顔を出させない(照準をつけさせない)

 → 下りに入ってからはインク補充の暇がないのでボムはなるべく使わない。

  • 敵通路側通過時

 → 下からインクバシバ

 → ガード陣は、ヤグラから少し離れて2キル目標に動くと2ターン目で制圧やすい。

  →一人目でゴールまで行けることはかなり稀なので割り切って囮にする。

   →ごめん。でも、生贄こそが真の勇者だ。

  →丁寧に書く。勇者が死んでヤグラに飛ぶ前にリスボン地点にいるイカを倒さないと

   進められないので囮がいるうちに倒しに行く。

 

 

デカライン

・キルスポット

 →中央に立ってると死ぬ。相手側に寄ると死角になる。

  自陣側の壁を塗って戻ろうとしてはいけない。

 →窪みの壁を塗りまくると奇襲がポンポンきまるよ。

 →逆に、自陣側で前に出ると壁に張り付いたイカに奇襲をうけるので、適当ボムを転がししながら左の坂道と右の坂道を塗って前進を妨げる。

・そのほか

 チャージャー狩りや追い込みのときだけ使う。

  • 道は使わず奇襲以外しないようにするとキル稼げる。

中央の窪み部分の壁を意識的に塗るとローラーさんイッキイキ。敵陣前の右側のガードレールを優先して塗る。

事故が起こりまくるので自陣側が塗られてたら、塗り替えす。

 

 

エリア

キルはあまり取れないけどなんとなく投げとく。(そーい!)

 

  • 後にさがってカニ歩きで自陣塗り

→ そんなこんなやってると右側の坂から凸してくるイカがチラ見できるのでジャンプ突進すると大体倒せる。

  → 坂なので相手は引くとインクが届きにくくなる。

 

  • まずったら、とにかく左後ろの角まで退避。
  • 最初の動きが一巡すると普通は塗りあいになってスペシャルか奇襲による事故で均衡が崩れる。
  • チャージャーが敵にいたらかなりうっとうしい。

 ボム投げる → チャージャー逃げる →壁塗って突進 → チャージャークイックボム乱舞 → いったん逃げてもう一回コンニチワ(ニッコリ) → 大人しくなったチャージャーにバシバシ。

 →できると良いけど、大体壁に登る余裕がないので、スパショ確殺。

  →スパショは縦照準を気にしないで良いので

   横のエイムだけを気にすると忙しくても当てやすい。

  

・ヤグラ

  • 陣地の進入口が山場。かなり激しくなる。

 →守りで高台に行けない場合は、広場のスペースを塗りまくった後に、壁にある自販機の上で待機をおすすめ

  ヤグラと高さが同じくらい。ヤグラに複数のイカが乗ってることが多く虚をついて全倒しできる。

  →攻めの人は左か正面に夢中でボーナスステージ状態。

 → スペシャルがない場合左側に逃げると高台から死角になって落ち着いて行動できる。

 → ヤグラが昇ったら高台ジャンプ。2人着地できたら勝ち確。

・ヤグラでの中央広場は、ラインランナーが非常に多いので外周走行を心がけるとやられにくいよ!

 

 

ホッケ

・キルスポット

左右から狙われること、狙えることを頭に入れとくと立ち回りしやすい。

・地道に網の目を塗って、異変を感じとれるようにしとく。

 広場側が有利なので、ミスったら逃げる。

・進入は左右の通路

 →気にするの片側だけ!

  →敵が中央入り口から出てきたら横からカモる。

 

エリア

  • スタートしたら、左右高台どちらかの通路を開ける。左優先。打開ルート
  • 戦況把握が難しいので、画面上のイカでキルデスを確認して前線の位置を調整する。

優位なら、ゴリラプレイ推奨。マンドリル

 

  • 確保された!

 →通路から前進している味方と合わせて左高台から進軍。

  通路前にボムを投げて敵を引かせつつ、通路とガチエリアにあるオブジェクトへの道をつくると味方が進軍してくれる。

 →うまく行かなそうだったらいったん引いてカモン連打。

  味方2人がエリアに流れ込めると何とかなることが多い。

 →塗る前に降りるのはダメ絶対

 →キルされたら右側から2回目のトライ

  →斜め右前に突進して中央口の壁裏から出口確保するマンに攻撃

  →難しそうであれば敵エリア確保マンになる。置きボムして逃げ。→相手エリアの角につくまで絶対振り返らない。

 

・確保中は敵陣で分散して守る。

 →味方イカ「ぬわー!」 残骸インクでジタバタ。私「ぬわー!」これが最悪。

 

・ヤグラ

  • 攻め

 →前半は細かい裏取りをしまくる。

  左右の通路を確保できるとみんなが奇襲しまくるはず。

 →ガチエリア広場の相手から見た死角にビーコンがあると惚れる。

 →攻めは、左通路の上に入り込めると有利。

  ヤグラ前は、後ろからヤグラがきて逃げ場がないセルフ袋小路

  →死亡確率80%(あっひょ)

  →登れかった場合はヤグラと反対側に進む。

   →裏取り狙うマン退治をしつつ守りイカの裏取り。

 →ゾンビアタック応酬になるので、少し引いた位置のビーコンが強い。

  ヤグラ勇者になる場合は、反復カニ歩きでフルオートしてるとA帯でも2体ぐらいは安定して狩れる。

  • 守り

 →高台射程ギリギリから、放物線撃ち。

 →最後の直線に入られたらゾンビアタックの餌食になるので正面からは無理。

  →攻め側のほうがヤグラが高台だしスペシャルゲージあるしで有利すぎる。

  →左側高台から裏取りを狙う。

 

 

ネギトロ

・キルスポット

 →人数が多いほうが勝つ。

  →多人数を相手にしなきゃいけない場合テンプレ

   →十時の高台に登って振り下ろし撃ち → 逃げ →自陣側でパパパ → 追い詰められる→自陣側台座裏の壁に逃走→出たり引いたり潜伏からの不意打ちしたりして時間稼ぎ

    →助けがこなかったらあぼーん

 

 →しょっぱな裏取りやめろ。やめてくれ。

  →2人以上裏取りにいったらむしろ付いていく。

   →裏返ったァッッ!ガチエリア復活ッ!(×8)

 →長距離強すぎ。

  ガロンジェット高台からシャーシャーやられるだけで負けかねない。

  →退治無理。スパショ。

 →立ち位置は外側エリアラインあたり

  →ひたすらカニ歩き撃ち。

   →内側は裏取りに対応できない。

  →相手の立ち位置テンプレなので、真ん中にたってのスパショが鬼。

  →逃げ道の壁は塗っとく。

   →相手が片方に寄ったら反対側から進入する。

    →突破するタイミングがとにかく大事

 

  • ヤグラ

 →守りの左、攻めの右

  →相手にヤグラ取られた瞬間なら対応できるので、最初は右側進行のほうが好み。

   →ヤグラに乗って壁を登る瞬間は13階段。無理せず降りようね。いのちをだいじに。

   →絶対殺すマンのときは、壁を登ったら右側にグッっと進んで広間を塗ると超有利。

  →最後の押し込みはスペシャルが無いとこじ開けるのかなり難しい。

   →ヤグラが邪魔で相手に攻撃できない。

    →絶対殺すマンピンチ

   →仕方がないのでヤグラの壁に張り付いて勇者が屠られたら、実は私もいるよー!ってダメ押す。

   →それか左か下に進んで肉ビーコン。

  →カオスに巻き込まれるとインクに潜れずセルフ煽りイカになってる間に試合が終わる。

 →防衛ときは高いところからシバシ。

  →撃ち合いには付き合わない。

  →上に行けなかったら、発射ボタンを押したままイカセンプク移動を小刻みにやる。

   →撃ってりゃ当たるくらい込み入ってる。

    →「はいはい、そこ通りますよー。」って後ろからフルオートで駆け抜ける。

     →ほんで、「やっぱ、やめますよー。」って逃げる。

      →ナワバリで遊んでて初心者イカに不意をつかれるあの感じ。少しほんわか。

 

モズ

・キルスポット

 →高台自体は案外平和

 →でも居座るとやられる。

 →移動にだけ使うと奇襲の起点として優秀。

 →困ったら高台登ると現状把握ができるのでクセづける。

 

エリア

  • 正面入口は罠。

 →正面、高台、左(リッター)の3点から攻撃される。

 →正面に入る場合は左の味方に合流する。

 →突入後正面に向かうと塗られていない中での撃ち合いなのでかなりリスキー

 →それでも勝てる猛者がたまにいるので恐ろしい。

 

  • 確保された!

 →トラウマが蘇り、奥歯ガチガチマン。ガチガチイカ。

  取り返すのがかなり難しいので丁寧にいく。

 →絶対1人で突進しない。味方の復活を待つ。

 →ダイナモ神がいれば金魚の糞戦法。なんとでも言え。ウンコマンだけはやめろ。(増田成分)

 →左から入ったら右に進む→高台死角活用して正面口の味方と合流。

 →なんか左からは無理っぽい!

  →時間に余裕があればバクチ撃ちしましょう

   →右の裏取りルートに進入してカモン100連打。

 

 しっかり守るだけー 以上。

 倒さずにヘラヘラ守って、時間稼ぎ。たまにスパショ。

・ ヤグラ

 - 高台積極的に登って状況把握を頻繁にすると

  不意打ちできる可能性がグンと増えて撃ち勝てる

  →これはマジ。高台の細い通路から飛び降り撃ち強い。

 - 攻め

 →広場に入る前に金網から撃つマンが絶対現れるのでヤグラがない方向から撃つ。

  →相手はヤグラ見てるので、危険なく倒せる。

 →最後広場差し掛かる前に壁から爆弾を降らすと1イカ倒せる。

  →爆弾でボンか、通路に炙り出し。

 →最後の押し込みまで行けたらスパショ。正面だけでなくて横にも絶対撃つ。

  →押し込み失敗するときは正面から攻撃じゃなくて横からの奇襲ってことに気づいたとき世界が変わる。

  →坂にダイナモ神がいると背筋が凍って息を飲む。(ハァッ....マンメンミィ。)

 →最後の押し込みに乗り遅れたらヤグラに乗ろうとせずにポテトマンからの肉ビーコン。

 

 - 守り

  →とにかく真正面だけはやめる。→斜め前でも良いから真正面だけはやめる。

  →高台めざしましょ。中央高台、金網(歩ける位置までいっちゃダメ

  →坂はいつでもおすすめ

   →リスクが少ない細かい裏取りがいっぱいできるよー。

 

 

 

疲れたので書くのやめます

イカよろしくー。

2015-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20150727154851

いい記事だった。元記事シューターA+ということなので、ローラーA+の視点から補足する。

ダイナモちょっと立ち位置が違うので、スプラローラーとカーボンローラーが対象ね。

立ち回りの基本概念は以前こちらの増田にまとめて書いたので参照してほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20150705064858

トラバの元記事武器ごとの対応が書いてあって適切な内容だった。

記事に書いてないことで重要な部分は「キルすべき相手の優先順位と、どういうキルが求められてるのかしっかり把握する」ということ。

優先順位は当然武器による。味方がつらい相手をキルしてあげることが重要。「どういうキル」とは、相打ちでもいいのかダメなのかということ。場合によっては相打ちでも

ローラーはキルする能力が高い。そして相打ちでもいいなら、チャージャー以外の相手をキルするのはそこまでむずかしくない。また隠れて相手を待つなら、一方的なキルはむずかしくない。

ここから2通りのパターンに分けられる。

■味方が不利な状況

相手のキーマンをキルする必要がある。相打ちでもいいからキルする、そうすれば味方が活躍することだろう。武器ごとの優先順位を超えて重要なのは、相手の一番上手い人をキルするということ。味方が死ぬ原因を取り除くことが最優先。

武器別に見ると、ローラーやダイナモブラスター場合は突っ込む、そして相打ちを取ってくる。味方のシューターチャージャーにとっての不利をつくるキーマンはたいていローラーやダイナモなので、この辺りは最優先でキルする。ローラー対ローラーで勝てないとチームは勝てない。

チャージャーの場合は手が出ない。なので、味方の足場を塗る。味方にチャージャーがいるときは、優先的にチャージャーの足場を塗る。そうやって味方がチャージャーを倒しやすい状況をつくる。

■味方が有利な状況

味方有利な場面で怖いのは、相手が4人揃って一斉に反撃してくる状況。なので相手がばらばらになるように、確実なキルが効果である

基本的には、相手がエリアに入ってくるルートの入口で待ち伏せから攻撃がいい。1対1ならキルも簡単。

まれに1箇所に2人3人の相手が一緒にくる場合もある。その場合は、相打ちでもいいから突っ込むのもあり。2人をキルしておけば人数で有利になる上に、相手にスペシャルゲージを溜める時間を与えなくて済む。

スプラトゥーンでの立ち回り

思ったよりコメント貰えてマンメンミ!

 

自分用のメモを兼ねて適当に書いたものだったので少しだけ書きなおしたよ。

続きもそのうち書こうと思います

 

仕事に戻る。

 

→ 書きました。

http://anond.hatelabo.jp/20150730032903

 

==

 

スプラトゥーン楽しんでいらっしゃいますか?

 

CMが公開され、8月の大型アップデート期待感が益々高まっているようです。

新規ユーザーも続々増え、「初心者狩りやめろよ。」と悲痛な叫びが聞こえています

初心者の方々も「今に見てろよ。」と怒りを携えネットの海を徘徊してると思うんです。

 

少しネットに目を向けると、とにかく視界に入る「立ち回り」

 

この記事では、うまい立ち回りをするために蓄積してきたノウハウを紹介します。

私は、ガチガチシューター系A+なので

チャージャー、ローラーの人はすみません。あまりアテにならないかもしれません。

 

駆逐されて下さい。

 

【立ち回りを紹介する前に】

プレイする時間帯について

スプラトゥーンは、ネットゲームなので作業時間によってプレイする人の傾向が微妙に違うようです。

いつもと違う時間帯だと、ノウハウが通じずらく何故か勝てない現象に陥るので

無理をせず仲間のサポートに徹するのが良いと思います

私は社会人プレイヤーなので、22時〜3時くらい。

土日の夕方にやると攻撃性が高いユーザーが多くあまり勝てなかった。

 

 

【立ち回り解説 ・ 基本】

■デスを減らす

前線でインクを塗ってるだけで価値があるので死なないことがベスト

 

■自陣塗り

移動中はパパッと塗ってヌーって移動するのが早い。飛び撃ちは多分ロス。

前線についたら、最前線のやや後ろ側で導線を確保するのを意識して丁寧に塗る。

 →デカライン中央にある段差を塗るとローラーさんが立ち回りやすい。

 …ように味方が動きやすい導線をなんとなく考えて塗り塗り。 

ローラーや重めのシューターが多い場合はより丁寧に塗る。

 → 攻撃陣が大暴れ → ヘイトが集まり狙われる → 自分は狙われない → 奇襲できる! → 攻撃陣がデス → 復活まで逃げ惑い自陣を塗り塗り → 繰り返し。 → 相手の能力によって自分攻撃に加わるかを考えて動き回ると勝率あがる。

・ 味方にチャージャーがいる場合

  - チャージャーさんの射線内で戦う。

  → 死角から出てくるように障害物ごしにビシャビシャ&ボムポイー。出てきたら自陣側へ逃げる。

  → 自陣をしっかり塗ってると敵の足がモタついてチャージャーさんが撃ち抜いてくれる。

  → 信用できないチャージャーはいないものとして扱う。

 

■撃ち合い

・撃ち合いでは敵の正面に立たずに横・後ろをとる

・正面に立つ必要がある場合は、3つの鉄則。

 1. まずボム投げ。退路を断つつもりで少し後ろを目標に投げる。倒せたら儲け。

 2. 撃ち合いでは、カニ移動やカエル飛びで照準をずらす。

 3. 2秒立ち会って倒せなかったら後ろを向いてでも逃げる。

・重い系のシューターと撃ちあう場合は相手のインク管理を考えると勝ちやすい。

 - 相手の射程ぎりぎりから塗り替えして煽る。かなり引き気味で良い。

 - 相手がインク補充で引いたら斜め前に追っかけると焦ってエイムがバラつきやすい。

   → 立ち往生しだしたらインク切れカチカチ山。

   → 読みを外したり相手がうまいと冷静にやられる。

 

エイ

咄嗟の撃ち合いで必要になる。

自分視点プレイヤーではなく、画面中央の照準に向けることを意識するとかなり定めやすいよ。

 

■有利な立ち位置

・高い位置

 - 下から上はエイムが難しく足が止まりやすい。止まってる相手をカモ撃ち。

 - 真下は不利なのでボムを落としましょう。

 - ブラスター場合は無理。逃げましょう。

 - チャージャーが常にあなたを見ている。居座るのは危険

死角

 - 相手の視線に入らない壁際

  → 角に立つとローラーが突っ込んでくるので

    キャラクター3人分くらい引いてインク塗り塗りしてましょう。

    いったんインクを止めて5秒くらい待ってるとダイブしてきます

 - 味方色のインクが多い場所

  → 言わずもがな

 

【立ち回り解説 ・ 相手ブキ対策

■ 相手ローラーが暴走してる。ヤバイ

絶対に近づいては駄目。

 - 奇襲でもダメ。相打ちにもってかれる。

  → 必殺ダイオウイカ。イカ速積んでるダイオウイカやばい。キルカメラで応援したくなる速さ。

 - 中距離でもやばいので、いったんグッと引いて射程ギリギリから狙う。

・壁や死角に潜んでる。

 - そこからの正面の侵入は無理。

 - 斜めから撃って3秒待つと変な角からピョーンと飛び出してくる。

  多分あの人たちキル行動がパターン化してキリングマシーンになってる。

・相手陣地を減らすのがベスト

 - ローラーはとにかく奇襲が怖いので、近寄れないようにするのが一番良い。

 - ローラーは特に高い場所への攻撃が苦手なので、高い場所からインクを丁寧に塗りなおす。

危険地帯クリアリング

 - 自分の前にボム投げるだけで少し時間を稼げるよ。

 

ダイナモ

・いるだけでヤバイもげろ

 - 塗り合戦で勝てない。怖い。

 - ヘイトの獲得量が高すぎて味方をイノシシに変える。

 - 神リッターと組まれるとハッハッハッ!ってなる。

 - 相手のシューターが神を防御してる場合は、更にハッハッハッハッ!

・基本は足元にボムポイ。

- ボムがない場合は足元潜るしかない。

- 振りかぶってからの動き出しでは無理。復讐を誓って逃げる。

ダイナモ神のインク消費は激しいので、逃げてからフルバースト突進すると抹殺できる場合がある。

 

■相手ブラスターが跳ねまわってる。ヤバイ

死角に隠れる、高所が有利とか、セオリーが通じない相手なので一旦逃げるべし。

・実は撃ち合いに弱いので、左右に振るか距離をとって「ほーん」って感じでバシバシすると倒せる。

グッと近づくのも有効だけと玉を当てられかねない上に、相手陣地に近づくので倒しても他の選手が後ろに控えてる。

 - 近づくとバリア張り出す。わかば様以外のバリアは許さん。

 

■相手チャージャーが活躍してる。ヤバイ

・倒そうとしても神経張り詰めてる。こちらが不利。

 - 無視できる死角ルートがあるなら無視する → チャージャーは塗りが弱いから無視されたら結果マイナス

・ヘッポコっぽい。

 - 成長すると勇者になるので容赦はいらない。ボム投げ & 直線移動でトラウマを植え付ける。

  ジグザグ移動すると相手の射撃回数を増やすし、自分の姿を見せる回数も増えるので避け際に一瞬横にズレるくらいで良い。

 - 正面にご鎮座なされていてどこにいてもコンニチワ。

  →怒りを込めてボム投げ

  →定位置からずらすのが目的

  →落としてもきづいたらコンニチワしてくるので、粘着してやっつけよう。

  →相手自陣まで追っかけるのは駄目。カモにされる。

  →リッターは、一滴かけるとクイックボムダンスを始める。

   スーパーテンツクだと思って慌てずにMP切れを待とう。

  →うまいテンツクだと完全密着して殺りにくるので暴れだしたら一瞬だけグワッと離れるのが良い。

   →クイックボムを一発外せばほぼ勝ち。

ボムがない

 - 濡れる系のサブならポイしてく。導線をつくるのが目的

  →死角スプリンクラーはまじで嫌だと思う。(知らんけど)

  →導線ができた!味方が近くにいることを確認して突撃

   失敗したら死角に逃げないとカモられる。死角がなけれご臨終。

  →ポイズンセンサーをポイってしてるとイケメンスパショを放ってくれる。

   特にポイズンをあてるとテンツクになれないからストレスマッハだと思う。

  →高い場所にいる場合真下死角から放物線画いてバシバシやってると落ちてくるときがある。

スーパーショット

 - さぞ怖かろう。知ってる。あてるコツは照準を合わせてスイッチ

  連射するよりも丁寧にやるほうがキルできる。

 

イレギュラー対応

地雷がいる!

地雷になろうと思って、地雷になってる人はいない。(借金も同様)

 - 彼ら、彼女らなりの理由があるはずなので汲み取った上で自分の立ち回りを考える。

  → 裏取りマンならリスクを抱えてまで倒そうとせずに前線を維持すればOK。

  → お芋さんなら自分が前に出ればOK

  → イノシシどころではないマルマインはどうしようもない。

    → 相手にキラーマシンがいるので特定する。大体ローラー。

  → 本気で謎の行動をする場合はカモンやナイスコミュニケーションを試みる。

  → マジデヤバイコイツは、まじでやばいので、やばいんだ。

  → 練習中なのもかね。ってことで倒してくれたらナイスしよう。

 - 相手が地雷とき自分地雷なのかもしれない。(哲学)

 

■味方が落ちる

 - 大前提、その時点で無理。

 - スピード感をもってキル アンド キル

  → 相手の血しぶきで塗るのだ。くらいの気持ち

  → 2ターンぐらいすると相手が冷静になってやられるまでがお約束

 

【立ち回り ・ エリア

・裏取りはエース以外は駄目。まじでやめろ。

エリアに入らない。デスされるとインクがはじけてかなりいたい。

前線に出たら相手の塗り担当を優先してやっつける。

 相手の塗り効率を抑えることができればめちゃくちゃ有利。

・塗りで勝っていたら相手を倒す必要がないことを意識する。

 - 射程に入らない地点から焦らせて隙があるようなら倒すくらいが丁度いい。

  →塗り合いならスペシャルが貯まりやすいこちらが有利。

 - 味方攻撃陣の足元を塗ってると暴走してくれるよ。

 

【立ち回り ・ ヤグラ】

絶対のるマンと、絶対倒すマンは極端なので改める。

・小刻みに進めるマンがおすすめ

ステージごとの山場超えたら絶対のるマンになるA+は多い気がするけど

 山場でデス量産してもひっくり返される。

 →4人全員がスペシャルゲージを貯めて突っ込んでくる恐怖。

・ヤグラにのったらインクをばらまく。隠れてても2・3秒耐えるだけであまり意味がない。

攻撃された!

 - 近くに仲間がいるかで状況判断

   →自分含めて相手より少なければ降りる。ヤグラの壁に張り付いて登ってきた敵に奇襲するか

    少し引き目でヤグラの左右からインクをのぞかせるようにして耐える。

    自分の真横にヌーッと出ようとするイカがいたら、漏れ無く倒しましょう。

 - 近くに仲間が3人以上

  迷ったらとにかく乗っとくとどうにでもなる。

  スペシャルテンヤワンヤするとなんか進む。

  よく見ると落ち着いてビシャブシャしている敵がいるので巻き込んで倒す。

・味方がのった!

 - 素晴らしい。勇者です。

 - 自分前線に立つ歩兵として敵陣を蹂躙しましょう。

 - 近すぎるとヤグラが立ち回り上、すっごく邪魔なので少し離れる。

 - 勇者倒すマンを倒しやすい位置に移動する。できれば高台

 - 激戦地内のちょっとした休憩スペースで陣地確保を優先すると肉ビーコンにもなって味方の生存率があがる。

  → でも勇者はすぐ屠られるので、無茶な裏取りして離れすぎない。

・敵陣間近。ヤグラジャンプ自分ひとり。

 ・ イカジャンプジャンプ中に絶望する→ ボムと一緒に着地 → 生き残れたら自陣側へ1区画分くらいダッシュ→ 少し引いた位置でインクをまいて進行を遅らせる。→ 引いて守るを繰り返す→ 5・10秒耐えたら仲間が駆けつける。

・敵がのった!

 - 圧倒的にこちらが有利な場所が各ステージにあるので、まずはそこを目指す。

  →死角とか高台とか。

  →相手に対策されても余り関係ない。

   視界に入っていなくてもインクは放物線に飛ぶので嫌がらせする。

 ・ 定番ボムポイー。

 ・ 2回くらい投げつつ自陣を広げるとかなり有利になってるはず。

 ・ 敵のスペシャル乱舞。その場で待っててもキルされる。逃げつつもっとも近い裏取りを狙う。

  →うまくいけば安全から全ての敵を倒せる。

 ・ヤグラのライン上に立つのはなるべく避ける。フルバーストの敵射線でゆっくり近づいてくるので死ぬ

  モズクの最後とか顕著。

  

【立ち回り ・ ステージ

ステージごとにキルスポットがある。

この位置で、この立ち回りだとやられる!というのを極力避けると良い。

 

アロワナ

・キルスポット

 - 中央高台広場

  → 上から狙撃されまくる。死ぬに決まってる。

  → 中央交差点なのでここを抑えるとかなり有利。移動以外で入る必要はない。

 - 広場へ続く坂

  → 確度が急なので上からエイムが難しい。下から上のほうが意外と撃ち勝てる。 

  → 自分が上のときジャンプ撃ちするといい感じ。でもやらないほうが良い。

  → 登る際は狙われるのでとなりの壁の上辺を塗って登る。

 - 左右の狙撃

  → 中央広場にいる敵との駆け引きでとにかく先手必勝。

  → うまいリッターは後ろに逃げる。

  → 自陣右側は防御壁があるので、壁に隠れながらでも攻撃できるのでボマーにおすすめ

 - 相手陣地を蹂躙する人がいるけど警戒されるだけであまり意味ない。

  →冷静に考えると防げるのは坂の入り口だけだし、相手にスペシャルを貯める余地を与えるし。

  →狙撃台を裏取りするなら左右をチョロチョロ進んで下からつのが良いと思う。 

 

エリア

  • 左右3箇所にある自陣側の狙撃台と突撃用の坂がある。

 塗り効率安全地帯反比例のような関係になっていて下記のような感じ。

 ・塗り効率高 / 安全性

  坂→右側の入り口→左側の金網に囲まれ狙撃台 →右側の狙撃

 ・ どれだけ急ぐかでリスク選択をしていく。

  相手を倒したら、これらの侵入を防ぐイメージ。相手側の右側入り口を塞ぐと有利になりやすい。

 相手のチャージャーに嫌がらせ、隙を見せたらボムスパショで良いと思う。

 →しばらくするとローラーとブラスターが突っ込んでくる。

  壁の上辺を爆弾で塗っておくと着地の瞬間にモタつくので倒しやすい。

 →倒しきれなかったら逃げる。

  →イカちゃんはブキを右手に持ってるので、壁からの右半身出し撃ちが強い。

 

・ヤグラ

 →3人倒したら乗って、陸地までいけたらカモン連打。

  →坂の右下で待機されるとかなり厄介なのでボム射撃でヤグラ上からクリアリング

   →これをできるのは乗ってる自分だけ。

   →相手がガロンちゃんとか、ゴリラがいたら狙撃台に逃げて金網ダイブ。上から急襲。

    →味方がいっぱいいたら、急襲せずに上のスペースを確保するのオススメ。   

  • ヤグラに乗ったまま陸地にいったら上から攻めてくるのでボムスパショで吹き飛ばす。

 →小刻みに進めるマンを丁寧にやって、最悪でも坂の横までヤグラを戻らせないようにすると自然と勝つ。

  

ハコフグ

・キルスポット

 - 中央広場の箱の裏

  → 中央にいるとキルを稼げない上に狙われて死角はいやばい

  → ボムは箱の上に乗せるつもりで投げるといい感じに敵の頭に落ちる。

 - 中央よりも左右の空き地をしっかり確保してからボム投げ→突進したほうが有利になる。

 - 中央から攻める場合リスク承知で、箱上に乗って1イカ殺し逃げが良い。

 

エリア

 - そのままキルスポットなので、左右の取り合いで負けなければ勝てる。

 - ガチガチに確保されらた左から打開するのがおすすめ

  → 中央で暴れてるイカに奇襲後に手前から自陣に逃げて合流する感じ。

 - 中央から打開する場合は、中央へ侵入して左のエリアなだれ込むと、おっかけてきた相手をプチ奇襲で5分5分まで持ち込める。

 ・ 右の細道は、警戒されるので裏取り以外はあまりきじゃないなー。

  →しかも自陣に逃げづらい。

 

・ヤグラ

 - 相手陣地側を登るところが山場。

  → ヤグラから右の高台に移動して相手陣地側の高台スムーズに確保できるとほぼ勝ち確。

    ここにビーコンあってゾンビアタックできると惚れる。

  → 左から進むとヤグラが邪魔して敵を倒せない上に一網打尽されやすい。

    多少モタついてもヤグラを伝って上に行ったほうが良い。

 

■Bバス

Bバスは奇襲がやばい

 

・キルスポット

 - てっぺん高台周辺

   → てっぺん高台をとれるとかなり有利

    → というより、ここを無視すると勝てない

 - てっぺん高台周辺の左右の広場のんびり歩くと奇襲をうけるので広場の真ん中はあるかない。

 - 塔の壁周辺をぐるっと塗ると色々便利

  →塔の手前の金網部分はシューターに対してちょっとした安置。困ったらここに逃げると一息つける。

 - 自陣側のくぼみの壁を塗り忘れると逃げれないので絶対塗る。

 

エリア

 - 塗りというかキルデス勝負。 奇襲口をつくりまくって奥にいるチャージャーの邪魔をするのが良い。

  →相手の前線左右の壁2つと、塔部分の壁を塗っておくといつでも奇襲できる。

    →そんなわけで奇襲しまくるマンのダイナモ神がいると詰む。

    →味方にいる場合は壁を塗りまくるとローラーさんの笑顔やばい。マンメンミ!

    →相手に塗られていたらボムで上書きしておきましょう。

  →ガチガチに確保されたら前線左側の少し壁になってる箇所の上に立ってインクをばら撒く

  →無理そうなら右側。

   →塔の上には爆弾投げつつ右側に戦力投下。敵チャージャーは右側が見えずらく攻めが弱い。

    いても頑張って追えば倒せる位置。

 - エリア右側の広場から奇襲する場合は、段差を塗って下から上に行くよりも

  壁を上まで塗って降りるように上から下に行くようにすると勝ちやすい。

  →先に進んだ細道で倒しそこなったら相手前線側の壁に飛び込んで逃げるともういっかい奇襲できる。

 - 逆の立場になったら右半身撃ちをすると有利。

 

・ヤグラ

 - なぜかあまりやっていない。

  安全地帯から落ち着いて狙撃するマンが防衛に現れるので

  最後の直線でスパショを放って倒すと勝てる気がする。

 

 

 

 

 

疲れたので途中でやめます

2015-05-22

ノエル一匹検挙するよりも、うんこブラスター検挙して(推定

ノエル一匹を威力業務妨害検挙するならば、うんこブラスター推定100万匹)も検挙しろ

ノエル ← 予め飛ばすなって告知してたのに飛ばそうとして、”警備を強化させ、業務を妨害した疑い”⇒タイーホ

うんこブラスター ← 予め紙と大便だけ便器のなかに入れろと散々告知してるのに”清掃負担を大幅に増大せしめ、業務を絶賛妨害中” ⇒ なのに絶賛放置中!!

2013-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20130510210424

でもこの映画が後の創作作品に与えた影響の大きさは凄いよね。

モロパクリなの(敢えてタイトルは出さない)も含めて、“『ブレードランナーの子供達”は数知れないもん。

自分はあの“ブラスター”の詳細が最近になってハッキリした時、「生きててよかった…」とか結構マジに思った。

もう少し安価レプリカが、もっと入手し易く売っててくれればいいんだけど。

2012-05-10

PSYクオリアに落ちるのは簡単

http://anond.hatelabo.jp/20120507234609

2010-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20100612001707

こういう話をしてあげなさい。

ある男がファイナルファンタジー2をプレイしていました。

絶え間ないパーティーアタックHPは10000越え。ちから、たいりょくはほぼカンストしているにも関わらずMPは5、せいしんちせいまりょくオール1、その他ステータスも見るも無残な状態になっていました。

しかし10000越えのHPと力カンスト伊達ではなく、ラスダンのパンデモニウムまではなんとかたどり着くことが出来ました。

さあもうすぐクリアだがんばるぞというところで、男のパーティーはクアール即死攻撃「ブラスター」を浴びて全滅しました。

何度挑んでも何度挑んでもクアールに殺されます。回避率と回避回数を上げなかったからです。

運よくクアールの群れを倒せたとしても、MPが5しかないので蘇生回復が間に合わず、次のエンカウントで全滅します。

事ここにいたって男は後悔しました。自分の取った戦略が間違っていた。やはり回避率を上げつつ魔法も活用すべきだったのだ。

しかし今更鍛えようにも莫大な時間がかかります。

男はいいました。

「あーあ、ブラッドソードと本装備で乗りきっちゃおうかなあ」と

あなたはこの男の発言をどう思いますか?あなたはこの男と同じような恥ずべき行いをしようとしてるのですよ、目を覚ましなさい。

こう言っておやりなさい。

そうすればきっと女性は目を潤ませて、目を覚まさせてくれたことへの感謝言葉を述べるとともに、

「どうしたの?そばにきて・・・」

「はやくきて じらさないで・・・」

とあなたを誘惑してくるに違いありません。

2009-06-22

Shinamon Song

ほんとのことが知りたくて

嘘っぱちの中旅に出る

やる夫が手を振ってるよ、さよなら

学歴屁理屈と向こう見ずを

はてなに群れるハイブロウ気取りへ

君がわかってくれたらいいのに、いつか

ホッテントリ行きの発射台(ブラスター)へ

いざなえよギークな僕たちを

この胸の高鳴り(ビート)誰が知ろう?

虚ろな思い遥か越えて

匿名増田を歩くだろう

世紀の釣りストーリー)へ!僕は女の振りをして

狂乱のパーティへ!オタを煽る火をかかげて

はるかなブクマ数(グローリー)へ!経歴詐称と学習法で

瞬間の自演ムービー)へ!彼女増田に現れて

遠くまで行く2chを見にゆく

出鱈目に見える挑戦は続く

コピペから改変ネタへと

disる声の中胸張って進む

諸刃の剣かただの炎上

ほんとのこと知りたいだけなのに勤務時間はもう終わり


http://anond.hatelabo.jp/20090620124618

2007-03-05

やられた

anond:20070304202122 のせいで、愛用している某豆がツンデレメームとしか読めなくなってしまった。

何か他にもありそうだな、と少し考えてみた。

ローリングツンデレ、て。

2006-11-17

http://anond.hatelabo.jp/20061117022534

「なぜ正しい言葉を入力しているのに変換されないのだろう、このIMEは壊れているんじゃないだろうか?」

「なぜ正しい言葉を入力しているのに変換されないのだろう、このIMEは壊れているんじゃないだろうか?」

皿万田(←なぜか変換できない

度丼派値(←なぜか変換できない

紺虎(←なぜか変換できない

栗きんとん(←なぜか変換できない

閃光のロンド(←なぜか変換できない

セイントドラゴン(←なぜか変換できない

がルが(←なぜか変換できない

弾丸(←なぜか変換できない)フィーバロン

怒号送検(←なぜか変換できない

ガンダーラ(←なぜか変換できない

せんげき(←なぜか変換できないストライカー

(←なぜか変換できないブレイザーズ

漠と月重訂(←なぜか変換できない

早急愚連隊(←なぜか変換できない

ダンクーが(←なぜか変換できない

茨(←なぜか変換できない

大旋風(←なぜか変換できる)

湾岸戦争(←なぜか変換できる)

飛翔鮫(←なぜか変換できる)

鮫!鮫!鮫!(←なぜか変換できる)

海底大戦争(←なぜか変換できる)

虫姫(←なぜか変換)

達人王(←なぜか変換できる)

逆鱗弾(←なぜか変換できる)

疾風魔法大作戦(←なぜか変換できる)

婆娑羅(←なぜか変換できる)

阿修羅ブラスター(←なぜか変換できる)

斑鳩(←なぜか変換できる)

紫煙龍(←なぜか変換できてない)

奇々怪々(←なぜか変換できてない)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん