「家庭裁判所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家庭裁判所とは

2020-02-11

両親が不仲だった自分語り

02/13 23:36 追記ちょこっとしました。

床屋勤務だった父に、美容院勤務だった母はハワイ旅行中に出会い結婚したらしい。

物心がついたころにはもう父と母は不仲だった。父は仕事休みがちで、私が小学生低学年の頃にはもう職場転々としていたのを覚えている。

つの職場に留まらず、職場を変えるものからもちろん給料も上がらない。父と母は夜な夜な電話口や居間喧嘩していた。

それは深夜だった時もあるし明け方の時もあった。長いことアパート住まいで横にも上にも寝ている家があるのに家に居る母は金切り声を上げていた。

でもほとんどがお金問題で、まだ小学生自分にはできることが無いことが分かっていたので家の手伝いをして、3歳年下の妹の面倒をよく見た。

父が仕事から帰ってくるとき帰りは母の車の迎えを頼んでいた。母はまだ小学生の私と幼い妹を乗せて車で最寄り駅まで父を迎えに行く。

その車の中でもお金の話で揉めていた。

夏のとある日、いつものように父を車で迎えに行った時に自販機で何か買う?と母が私に聞いてきたが私はペプシが欲しいとはその日言えなかったのを今でも鮮明に覚えてる。

両親を困らせないようにいろんなことを毎日考える日々が続いてた。

今も昔も趣味ゲーム。私が幼稚園の頃テレビの下スーパーファミコン仕舞ってあるのを見つけて以来ゲームの虜だった。

コンポジットケーブル繋ぎ方を覚えてひたすら「スターフォックス」の1面を遊んだ。これ一つで随分と長いこと遊んだ

小学生になって私以外にもゲーム好きな人が沢山いることを知り、お家によくお邪魔して遊ばせてもらった。

父は気まぐれにゲームを買ってきてくれた。

F1 RACEhttps://youtu.be/-isADihL65Y とか「役満https://youtu.be/H-Nc1_9bXpQ とか。

でもスターフォックスの次にハマり込んだのがゲームボーイカラーで出た「ポケットモンスター銀https://youtu.be/Lfy93rW7zRs だった。

幸い、テレビさえ占拠しなければ父と母はゲーム理解を示してくれており、妹と一緒にゲームボーイカラーの画面をよく覗き込んだ。

ただ、その間にも父の帰りが遅かった事を責めたり、やはりお金の話で父と母が声を荒げる日が続いていたので、もうゲームソフトを買ってもらえるなんて無いんだろうなとポケモン銀を手にしたとき思った。

小学生にもなると、友達が増え色んなことを知り、考えることが増え、自分と友人の違いをよく知ることになる。

私はある日ゲームボーイカラーのソフト、「ポケモンでパネポン」https://youtu.be/yYfZPb4nqa4 (以下ポケパネ)を友達に遊ばせてもらった。

パズルゲームスーファミで家にあった「マジカルドロップ2」https://youtu.be/NN5JIwbNG1U を遊んだことはあったけどそれ以上の爽快感で遊べたポケパネは衝撃的だった。

どうしてもこれを家でも遊びたい。でもゲームソフトをせがむのは両親を困らせる。また今夜パパとママ喧嘩するかもしれないし、普段よりもっと大きな喧嘩になるかもしれない。

その時小学生ながらにとった手段は『友達から盗む』だった。うまいこと友人からポケパネを盗み、買ってもないゲームを遊んでいるのがばれるとまずいからと、家では音量を消し

放課後には公園で一人でポケパネを遊んだ。でも親は子を見ている。買ったはずのないゲームソフト気づき、ひどく怒られ、翌日友達へ返すくだりとなった。

その時、今となってはどう思ってそんな発言をしたのかも覚えていないが確かに私は言った。

「返すの?友達は盗まれたこと気づいてないよ?」

母は泣いた。でも私は両親に負担をかけずにゲームソフトを手に入れる純粋手段として盗みを働いたつもりだった。

盗みはダメだと諭され、母と一緒に友人の家に行きソフトを返した。友人は特に気にした風もなく、小学校卒業するまで一緒に遊んでくれた。

夜な夜な喧嘩が続くが中学生になってある日突然、父がマンションを買った。

正直当時は驚きのあまり意味が分からなかった。お金ないんじゃなかったのかな。どこかで貯めてたのだろうか。大人になるまで、ずっとこのアパートで過ごすのかと思った。

引っ越ししてマンションに住み始め、落ち着いてきたあたりで

とうとう父は働かなくなってしまった。

マンション引っ越し中学生になった私と小学生の妹はそれぞれの部屋をもらったが父は妹の部屋に入り浸った。

妹のベッドで眠り、昼食に袋麺を食べ、また妹の部屋で引きこもる。妹は母と一緒に和室で眠った。

あっという間に妹の部屋はたばこ臭くなり、ベッドの布団はぺたんこになった。

母は時短で働かせてもらっていた職場をやめて夜勤も挟みながら働くようになった。夕飯を作るのも私と妹で作るようになった。父の分はない。

初めて作ったのは野菜炒めだった。今でも覚えてる。切って洗った野菜を炒めるのに油が跳ねて妹と大騒ぎして、父に怒鳴られた記憶がある。

ほどなくして車で買い物に出かけた帰り、マンション駐車場で母が助手席に乗る妹と後部座席に乗る私に向かって「ママ、パパと離婚することになったの」と言った。

私はまぁ、そうなるよな。と思った。驚くべきことに部屋を占拠されていた妹は泣いた。

そうして私と妹は母に引き取られ、マンションと父を残して出て行った。

家庭裁判所に行った。家庭裁判所の人は私と妹が望めばいつでも父と面会できる旨を伝えてきた。

でも私達から望んで面会を申し出たのは今までで一度もないままだ。

養育費は二人分。私と妹が高校卒業するまで。その養育費最初の2ヵ月払われて、それっきりだった。

私と母と妹はアパート住まいに戻った。

私は高校生になった。アルバイトをはじめ、携帯代は自分で払い、月にいくらか家に入れ、欲しいもの必要もの自分で賄った。

たまに妹を連れて原宿かに連れて行ったりもした。

アルバイトというのが地元ショッピングモールに入っているラーメン屋だったのだが、オーナー社員おっさんにとても良くしていただいた。

絵を描くのが好きと知れば誕生日画集画材を頂き、美味しいものもたくさんごちそうになった。


ある日、自分で夕飯の買い物袋を両手に下げてアパートに帰ってきたときなんだか急に悲しくなって声をあげて泣いた。

私以外にも高校生で、両親がいない中買い物袋を提げて帰ってくる子もいるだろう。

でもなんだか理不尽さと寂しさとどうしようもなさ、あとはなんで私がこんな環境にいるんだろうという気持ちで家に母と妹がいないことをいいことに、両手に買い物袋を提げて立ち尽くしたままうわーんと泣いた。

本当に「うわーーーーん」だった。


私は高校卒業したら就職するつもりだった。(ちなみにこの時はまだ養育費が払われているものだと思っていた。)

母に高校卒業したら就職する。と言ったときの母のあの喜んだ顔は今でも夢に出るほど覚えている。

スーツ用意しなきゃねとも言った。

高校卒業したら就職するんです。とアルバイト先のおっさんにも言った。

そうしたらそのおっさん「あのさあ、人生よくやり直しが効くとかいうけどそんなことないよ?」と言い出した。

どきっとした。

わがまま言ったらいろんなものを困らせると思って黙っていたことがむき出しにされた気がした。

勉強したいことがあるなら今のうちだと思うんだけど」

ゲーセンで知り合った友人に相談した。その友人は通っている専門学校デザイン学科があるよと教えてくれた。

資料をもらって穴が開くほど眺めて悩んだ。そして母に言った。

「ごめん、就職したいと言ったけどこの学校に通って勉強がしたい。2年制でいいから、通わせてほしい」

その時の母の落胆した顔も覚えてる。この顔も良く夢に出る。

それでも母は奨学金手続きを一緒になってしてくれて、無事私は専門学校デザイン勉強をすることができた。

2年制だったから、うんと居残ってphotoshopillustratorを覚え、プレゼン勉強をして、就活を終えた(新卒で入った会社がクソブラックだった話はまたどこかで。失せろクソ会社


もちろん、あれからバイト代が入ればちょこちょことゲームを買い、ゲーセン音ゲーでも格ゲーでも遊んでいたのだが

無事社会人として安定してきて、switchスマブラ友達と遊んでいた時の事。

友人と二人でいろんなキャラオンライン対戦で遊んでいた時、5連勝くらい続いたあたりで

「なんか勝ち続いちゃってる。」としれっと攻撃を食らったりアイテム取り損ねたりして手を抜いてしまった。

これは高校生の時よく遊んだスーパーストリートファイターⅣ」でもかなりの頻度で起こった事象だった。

格闘ゲームで遊ぶ以上、ミスも弱さも自身のせいというのが基本なのだが、勝ち続けて嫌われたくない、気分を不快にさせたくないと

幼少の時に培った「相手のご機嫌伺い」が発動してしまって対戦ゲームでなかなか気持ちよく遊ぶことができない。

ご機嫌伺いはゲームだけでなくいろんなところで作用し続け友達は本当に少なく、それなのに変に性格明るい人間になってしまった。


なんでもかんでも両親のせいにするつもりはないけど、子は親を選べないし、ここまで女手一つで育ててもらった母には感謝もしているけれども

なんであんな男と結婚したのか、なんで喧嘩するくらいなら生んでしまったのかとこの間ちょっとノイローゼになったとき思っちゃった。おわり。




-----------

今。妹は素敵な旦那結婚して1児の母に。もうすぐ2人目が生まれる。姪っ子にはクリスマスぽぽちゃんベビーカーポポちゃん用のエルサの服をプレゼントした。

妹は育児四苦八苦しながらも旦那、姪っ子と部屋を飾りながら私の手放しに楽しそうに生活している。

私は一人暮しのため住んでいたアパートを出たので母は久しぶりの一人暮らし満喫し、フラダンスにハマった。

父はしらない。

>うちは早くに見切りをつけて子の物心つく前に離婚して一人で育ててるが、金銭心配はなく楽しく二人暮らしのつもりが、子がこんな思いを抱えてたらどうしようと思った

金銭的な事情きっかけに過ぎず、みんなが当たり前に持っているものが私達にないというこの状態こそが、買い物袋をぶら下げて立ち尽くしてしまう最大の理由なので、出来る事なら子には友人や人とコミュニケーションがたくさん作れる・取れる環境を作ってあげるのが大事だと考えてる。

その環境さえあれば、足りないものは徐々に補えるようになるはずで、そうなるように出来ている。

今思えども急にマンション買った下りは本当に意味不明で笑っちゃう

まぁ多分、良い暮らしをと思ってマンションを買ったのだろうけど良い暮らしはそこに無かったと言う訳。

>お母さんのリアクションが、逆ではないんだね

私達と真逆環境に居た人ではあった。

>落ちがないのがなんかい

落ちてないから落ちがない…という落ち…

たくさんの人に読んでもらえてたくさんの人に文章を褒められて嬉しい

ありがたや

2020-01-30

anond:20200130020419

じゃあ今度は下の名前もやってみ?

こっちは家庭裁判所での審理(っていうのかなあれ)が必須から面倒臭さで言えば姓変更よりはるかに上回るぞ

2020-01-11

妹が子どもを失い、命も失った。

妹が去年自死した。

4年前、妹は元夫と離婚した。2人の間には、当時4歳になる息子(僕からすると甥)が居た。

妹と元夫は子どもが生まれから夫婦関係が冷え込んでいて、幾度か相談を受けていた。

子どもの将来があるのだから、しっかり話し合ってほしい」と言っていたが、あるとき大きな夫婦喧嘩をして、元夫は甥を連れて実家に帰った。

妹は元夫に連絡を取ったが、互いに冷静になるためと言い、別居をすることになった。

月に二回、妹と甥は2時間度会っていたという。それが、元夫の弁護士の、通常の面会交流時間だという言葉を信じて。

妹は家庭の修復を願っていたが、元夫はその気はなかったようだ。何度も話し合い、離婚をすることになった。

幼稚園は○○で通ってるから、途中で変わると子どもいじめられる。君は母親から親権が無くなってもいつでもあえる。」

元夫と義父母のそんな言葉を信じて、妹は離婚し、息子の親権を手放した。

妹は自分のことよりも、息子のことを一番に考えていた。そして、なによりもひとを簡単に信じすぎた。

いや、子どもに会えない時間が長すぎて、疑う気力が残っていなかったのかも知れない。

僕が離婚の話を聞いたのは、久しぶりに実家に帰ったときで、既に離婚が成立した後だった。

妹は以前よりやつれていて、悲しそうに疲れたように話していた。

しかし、このあと妹はもっとひとの悪意に触れることになる。

離婚が成立すると、元夫はあれこれ理由をつけて妹に息子を会わせることがなくなった。息子が怖がっている、息子の前で涙を見せるな、息子に会うとき挙動不審から精神を患っているのではないか

妹は月に1回から2ヶ月に1回、そして会えなくなった。

元夫は共通の友人に、妹が虐待親だから親権を得られなかったのだと吹聴して回った。妹の周りからは友人が去っていった。

甥は徐々に妹にどう接して良いかからないようなそぶりを見せるようになった。

おそらく、前々から準備をしていたのだろう。元夫は再婚した。

妹は、元夫や義父母に、息子に会いたいと何度も頼んだという。

それでも、元夫や義父母は、離婚ときとは打って変わり、「もう母親ではない」「新しい母親と仲良くやっているから関わるな」と会わせるのを拒んだそうだ。

家庭裁判所に面会交流調停申し立てても、妹が息子に会えるのはほんのひとときだった。家庭裁判所調停後も、元夫は理由をつけて妹に息子を会わせなかった。

妹は電車に乗ると子どもと同じぐらいの歳の子を見て辛くなると言い、家から出なくなった。

去年の寒い朝、妹は命を絶った。

離婚とともに、妹は子どもを奪われ、僕たち家族は妹の命を奪われた。

妹はただ子ども幸福を願い、成長を見守りたいと願っただけだった。

2019-11-29

anond:20191129123038

家庭裁判所「お? 俺らに喧嘩を売るつもりかな?」

最高裁判所「お前を死刑にしたってこっちは心は痛まんのやぜ?」

2019-11-21

医学部5年生だけど親と絶縁して住む家が消滅した

【要約】

クズ親を引いた結果家が崩壊し、俺の精神崩壊した

【経緯】

高2くらいから親の仲が悪くなり、俺精神を病む。そのせいで狙っていた大学より1つランク下の大学に行くことに。まあ、それでも医学部入れたからいいんだけどね。

大学3年の頃、ついに父親が家を出、離婚調停が始まった。

決定的な理由としては、

母親不貞行為父親出張中に男を家に連れ込んだ)(父親側の主張)

父親疑心暗鬼ぶりに怖くなった(出張と嘘を付いて実際に男を連れ込んだ現場にのりこみ大暴れする。具体的には植木鉢とか食器かめちゃくちゃ割った。家の中の盗聴までしていた)(母親側の主張)

と、両者で食い違っていたので、本当は何が真実なのかは分からない。正直、どっちもあったんだと思う。

父親が家を出てから自分精神状態悪化がぶり返し、大学カウンセリングルーム通いになる。

そして、4年の終わり頃に、ようやく離婚が成立した。父親は住んでいたマンションを売りたがっていたのが、母親はそれを拒否し、結局親戚に立て替えてもらいつつローン返済することになった。なお、その時のダシとして、「俺くんは実家から通いたいと言っている」と主張するよう、母親から迫られた。まあ、この時は、父親と暮らすよりはまだ母親と暮らす方がいいだろうと思っていたから、別にそれはいい。父親暴力性にビビってたので。

その後、5年生の1年限定で、大学近くに一人暮らしをすることに。医学部5年は、BSLといって実際に病院内で実習するので、朝早かったりして忙しいのだ。

一人暮らし費用は、父親7割、母親3割くらいの比率で出してもらえることになった。レストランで、泣きながら、ごめん、本当にごめん、、、と言って父親から金を出してもらえるよう説得したことを、今でも鮮明に覚えている。

しかし先日、母が自分のいない隙に男を連れ込んでいた(たまたま連絡無しで帰ったらいた)。自分激怒して絶縁を言い渡した。というのも、母親不貞行為疑惑の時、母親自身はただの友人として弁明し、俺はそれに対して「誤解されるようなことをする時点で倫理的ダメだ」と、かなり厳しく言ったはずなのに、今回も同じような状況にしていたから。

今回もただの友人だと言って泣いていたけど、正直信用できない。一度下宿まで母親がやってきたけど、ドア越しに蹴りを見舞った。

その後、俺は電話口で激しく罵った。絶縁だ、医学部の周りは家庭環境良好で裕福な奴らばかりだ、こんなハンディキャップを植え付けやがったこと、一生恨んでやるからな!……そう言って電話を切った。

だが、直後に父親も、既に新しい女と新生活を始めていたことが判明した。母親が泣きながら弁明した際にバラしたのだ。

父親は、新生活資金のために、母親マンションの残りローンの一括返済を迫っており、また今家庭裁判所協議しているらしい(俺には教えてくれていなかった)。

どうも、父親は家を出るときから既に女がいたらしい。

もう母親と一緒に実家暮らしたくない。気持ち悪くて仕方がないから。

でも、金銭的な問題で、どうにもならない。

女を作っていた父親とも、もう話したくない。

医学部は6年制で、あと1年ちょっと残っている。

6年の終わりには国家試験もある。

こんな状況で乗り切れるか、不安で仕方がない。

元々精神科医になりたくて、医学部を目指していたのに、今じゃ精神科医に患者として世話になる始末で、情けないったらありゃしない。

最近はもう、なぜ大学に行くのか、なぜ生きているのか分からない。

俺は客観的に見て可哀想なのか? それとも甘えなのか?

最近、某Vtuber中の人も、相当な毒親持ちと知った。どうやら年齢もほぼ同じらしい。

その毒親エピソードを聞く限り、俺よりもかなり酷い。でもその人は今日も何の苦労も見せずに、楽しい配信提供し続けている。

その人の存在けが、今の俺の救いだ。

どうすればいいんですかね。(なおこの文章は貰った抗不安薬を飲んだ状態一気呵成に書いている)

anond:20191120222150


家出します。探さないでください」の置手紙はしておくべき。


経験から言うと

失踪

パソコン携帯ジャンジャン鳴らされてゲームもできないので家に置いていった)

から手掛かりを探される

Facebookに「増田失踪した。見つけた人はご連絡を!!!

家族会社から警察に捜索届

→外へ出歩けないのでネカフェに籠る

→親も心配して遠方の実家から仕事休んで探しに来る

7年逃げ切れば死亡扱いだ!

第30条(失踪の宣告)

不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。

2019-11-13

anond:20191112221554

婚姻費用の分担を求めて家庭裁判所調停申し立てるという手はある。

そんなの夫婦の話し合いで決めろや、という気もするが、そういう話し合いがまともにできない夫婦というのは確かにいて、家庭裁判所調停審判はそういう夫婦のためにもある。

2019-10-31

名前の読みを変えたら人生楽しくなった

なんで100点満点の女の子に生まれることができひんかったんやろな。

  

まれてこのかた自分は「歩幸(ほさき)」(仮名)だった。

自分は5歳ぐらいからこの名前が好きじゃなくて(なんだか女の子みたいで気持ち悪かった…)、中学生のころには周りの人間に下の名前をなるべく明かさないようになった。それは高校ときも同じで、一時期は一人称苗字だった。

大学に入って、一人暮らしを始めて、高校までの自分を少し断ち切ってネカマキャラがしたいなあと思って、通称名前をもじったあだ名にした。みんなから“やさきちゃん”と呼ばれる時、不思議本名で呼ばれるような嫌悪感は無くて、いつもと違う自分になれた気がして楽しかった。

それでも心の中にはみさきちゃんという手枷みたいなものが残っていて、自分ジェンダーを無理やり女の子のほうに引き寄せてくる。

嫌になって、実家母親相談した。20分笑われた挙句ビンタされ、「苗字を変えるのであれば親子の縁を切ります」と言われた。

(母親旧姓はびっくりするほどダサかった。だからイケ苗字父親結婚したんだと思う。ただ、その後父親発達障害が発覚しちゃって、最近話題チュートリアルみたく抵当を溜めて、めでたく離婚という運びになった。まあそれも10年前の話。でも、離婚すれば苗字旧姓に戻せるものを、しなかった。これアレですよね。苗字ロンダリングですよ。保険とか銀行かに改名手続をするのが面倒だったんだってさ。というわけで、自分父親苗字父親の付けた名前をを持つ女の子のまま生きることになった。母親自分(小生)のほさきという名前の響きが大好きだった。父親文学的センスは認めていたんだろうね。それを変えると相談されれば、母親普通にブチ切れるのも納得行くだろう。小生が、惰性で遺した苗字得体の知れない名前を持つ謎の女の子になってしまうのだから)

普通にしんどくて、今年の4月府中市役所に行って、「歩幸(ふゆき)」(仮名)になってきた。

これはライフハックなんだが、名前の読みは市役所に行けば気軽に変えられる。家庭裁判所なんか通さなくていいし、親に相談する必要も無いのだ。

ゆきくんになった時、自分はふゆきくんだ!もう親に縛られる必要は無い!と思って、メチャメチャ肩の荷がおりた。

部活の同期にも、学科先生にも、自分本名はふゆきだよと胸を張って紹介できる。オカマのやさきちゃんと素のふゆきくんという、自分好きな人格だけで生きていけるようになった。

  

半年以上が経って、今、ものすごく生きやすい。実家に帰ればほさきちゃんだ。でも、もう自分の心はふゆきくんだし、法的にもふゆきくんなので、安心の圧が全然違う。みんなには分からいかもしれないけれど、名前が変わるだけで、こんなにも心が落ち着くんだよ。そして楽しいあんなに愛するふりをしていた母親を裏切って暮らす毎日ものすごく楽しいよ。娘の名前に縛られて生きる親に施す親孝行?クソ食らえって感じだ。今は令和でしょ?今さら時代人間に何を追従するのよ。まあ、気が向いたら介護してやるよ。

あと、なんだか他者に対して寛容になった。周りの人間がやる迷惑なこと全部許せちゃうだって自分迷惑ボーイなんだから。やがて自分が生むであろう自分の娘が、どんなに自分信条反駁しても、きっと許せるだろうな。クソ左翼になって国会前でデモに向かうことがあったとしても、おにぎり作ってあげると思う。

名前変えて、人生最高やわ。もう二度とほさきちゃんには戻らないで生きるさかい。今宵もまた、作った名前で走り出す20の夜やで。

追記 誤字を直しました

2019-07-30

苗字名前を変える権利があってもいいじゃん

やむを得ない事由によって氏を変更したい場合戸籍の筆頭者およびその配偶者

家庭裁判所許可を得て届出をすることで氏の変更ができる(戸籍107条1項)

苗字がかっこよくなくてイライラするので変えたいとかそういうのもやむを得ないじゃん。

佐藤かい名字とかどこにでもあることで不快感が増すだろ?

例えばフルネーム佐藤光だったとしよう。微妙だろ。

  

でもこれが「軍神」だったどうだ?

軍神光、かっこいいだろ? あるいは「覇王」だったら覇王光、うんうんってなるだろ?

更にいえば、例えば職業苗字にしたらそれこそいい感じになるだろ。

「王肉屋」とか「文房具」とか「事務用品」とか

そういう風になればみんなが便利になるんだから権利として認めるべきだろ。

2019-06-11

anond:20190610210937

とりあえず介護義務じゃないんだぞ。あるのは親への扶養義務だけだ。だが、これも配偶者や実子への扶養義務よりも強制力が低い。自身生活に支障をきたしており、かつ虐待もある。この証拠(日記でも手紙でも第三者証言でも信憑性が高ければ可)があれば、親への扶養義務から外される可能性がある。家族のみでの解決が難しかったら家庭裁判所もある。

寝る時間もないだろうがこのままの環境増田人生を良い方向には向かわせないと思うから何か行動するべきだ。

https://toyokeizai.net/articles/amp/257374?page=1

2019-05-14

anond:20190514103941

殺害予告児童クラブ補助員を逮捕2015年6月兵庫県西脇市役所や市内の保育園に「子どもを殺す」などと記した封書を郵送し、業務妨害した疑いで、加古川市臨時職員児童クラブ補助員(女性、50歳、姫路市)が11月22日までに逮捕された(威力業務妨害容疑)。容疑を認めている。差出人に自分の両親の名前を使っており、「子どもを狙い、両親に迷惑をかけようと思った」と話している。2014年10月2016年8月に、県内家庭裁判所飲食店などにも脅迫文書を送ったという。(時事、11月22日

この件の威力業務妨害は「子どもを殺す」などと記した封書を郵送」にかかっており、「ペドフィリアである」ということではない

園児強制わいせつ疑い、元保育士の男逮捕保護者相談携帯電話から動画も 愛知

「行動に出た」から逮捕された。「ペドフィリアであった」から逮捕されたわけじゃないぞ?

ガチクズ日常的に女児へのわいせつ行為を繰り返しツイッターで自慢していた男性保育士発見される

同上。

実際に私が治療にあたった100名を超える小児性犯罪者の中には、小学校先生もいれば保育士スポーツインストラクターもいる。

ある保育士はすでにベテラン領域に達する年齢だった。様々な保育所での勤務経験があり、その各所で小児性犯罪を繰り返してきたが、彼の特徴は女の子にも男の子にもそうした性暴力を繰り返していたことだった。

彼はトイレ問題行動に及ぶのだが、子どもたちを連れ込む口実を「トイレトレーニング」と称していた。

同上。

欲望消せない人間欲望を強く惹起される環境にいるとやって良いこととやって悪いことの区別だんだんわかんなくなるんだね

そりゃ欲望が「ある」と口にした時点で首にしといたほうがいいわ

これは君の妄想であり、なんらエビデンスのあるものではない。差別の口実としても下の下だな。

君が列挙した判例はすべて「行動」にかかってるんだよ。

性的少数者である」ということはなんの罪でもない。それが罪なのは差別主義者の脳内だけだ。

anond:20190514103336

威力業務妨害保育園の例

 http://daycaresafety.org/news_2016.html

殺害予告児童クラブ補助員を逮捕2015年6月兵庫県西脇市役所や市内の保育園に「子どもを殺す」などと記した封書を郵送し、業務妨害した疑いで、加古川市臨時職員児童クラブ補助員(女性、50歳、姫路市)が11月22日までに逮捕された(威力業務妨害容疑)。容疑を認めている。差出人に自分の両親の名前を使っており、「子どもを狙い、両親に迷惑をかけようと思った」と話している。2014年10月2016年8月に、県内家庭裁判所飲食店などにも脅迫文書を送ったという。(時事、11月22日


https://www.sankei.com/west/news/180913/wst1809130029-n1.html

園児強制わいせつ疑い、元保育士の男逮捕保護者相談携帯電話から動画も 愛知

 

http://jin115.com/archives/52178450.html

ガチクズ日常的に女児へのわいせつ行為を繰り返しツイッターで自慢していた男性保育士発見される

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56389?page=3

実際に私が治療にあたった100名を超える小児性犯罪者の中には、小学校先生もいれば保育士スポーツインストラクターもいる。

ある保育士はすでにベテラン領域に達する年齢だった。様々な保育所での勤務経験があり、その各所で小児性犯罪を繰り返してきたが、彼の特徴は女の子にも男の子にもそうした性暴力を繰り返していたことだった。

彼はトイレ問題行動に及ぶのだが、子どもたちを連れ込む口実を「トイレトレーニング」と称していた。

 

欲望消せない人間欲望を強く惹起される環境にいるとやって良いこととやって悪いことの区別だんだんわかんなくなるんだね

そりゃ欲望が「ある」と口にした時点で首にしといたほうがいいわ、本人のためにも

2019-05-10

anond:20190510130300

とりあえず、異世界からたことは内緒にしておいて、

記憶の無い子供を見つけたということにしましょう。

就籍許可申立事件(しゅうせききょかもうしたてじけん)は、日本において1988年に身元不明記憶喪失の人物に対して戸籍作成することを認めるように家庭裁判所就籍許可申し立て事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B1%E7%B1%8D%E8%A8%B1%E5%8F%AF%E7%94%B3%E7%AB%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6

日本法律では自分名前すらはっきりと言えないような幼い捨て子が保護された場合などに、このような二重戸籍になることを容認して仮の戸籍作成される事例はある

2019-03-21

家庭裁判所ホモセックス

酒の席だが職員のH氏から奇妙な話を聞いので書きとめておく。H氏はエロい。まずそのホモ室は家庭裁判所の中にあるらしいが結界により外から存在認識出来ない。ゴム無し。離婚裁判やら離婚調停で暴れる寸前までなった輩が問題起こす前に転送される。「え?!」と思わずH氏の発言に酔いが覚めた。更にそこではハッパも吸い放題であり合法特区めいているだとか。いやいやヤクは良くないよピエールだがだがコレコレH氏はエロい職員だ「だって離婚発狂する人てこうでもしないとイライラまらないでしょ?」精神科パートナーが悪いて騒いで終わり行かないよ絶対にwあと暴力ダメなんだよ、弱い方に来る圧力ダメなんだよ。いやいやいやヤクやってもね薬ダメダメ。という話が場末飲み屋の深夜まで続いた。

2019-02-08

anond:20190207004137

児童相談所 拉致 静岡市」などと検索すれば、当事者(親)が発信する記事を閲覧することができる。Twitter実名発信すら行っている。

彼らの主張と、裁判所認定事実とを対比しながら読めば、恐ろしさが伝わってくると思われる。

-----

損害賠償請求事件

東京地方裁判所平成21年(ワ)第25349号

平成25年8月29日民事第44部判決

口頭弁論終結日 平成25年4月25日

       判   決

(第1,第2 省略)

第3 争点に対する判断

1 認定事実

 前提事実に加え,後掲の証拠及び弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。

(1)本件小学校入学前後の経緯

ア 原告Q1は,原告Q2及びQ9との同居を始めた平成19年2月頃,Q9が時間を守らないこと,嘘をつくことを矯正させる必要があると考えて,原告Q2との間でQ9へのしつけの方法について話合い,その結果として,原告らは,Q9が小学校入学した同年4月頃から,Q9が上記の点について原告らの口頭での指導を守らなかった場合には体罰を与えることとした。

 原告らの体罰は,当初は頭を軽く叩く程度であり,その後顔を平手打ちするようになり,同年6月頃からは,Q9に木製の子ども用バットを持ってこさせて,臀部をバットで叩くことなどがあった。

(甲4,75,原告Q1本人)

イ(ア)Q9の所属するクラス担任であるQ12教諭は,平成19年4月頃,Q9の顔に痣があったこから,その痣について聞いたところ,Q9は,タンスの角にぶつけたと述べた。Q12教諭は,その後,Q9の顔の別の位置に痣があることを発見した。

 Q12教諭は,同年5月下旬頃,Q9が忘れ物をして登校してきたため,どうしたら忘れ物をしないようにできるか尋ねたところ,Q9は泣き出して,自分学校の支度をしていることのほか,原告Q1は殴るので恐いこと,原告Q2はQ9を守ってくれなくなり,原告Q1と一緒に怒ってばかりいるが,以前はそうではなかったことなどを述べた。そこで,Q12教諭は,Q9に対し,先生はいつも君の味方であり,先生が守ってあげるなどと述べた。

 原告らは,同月31日,本件小学校担任教諭保護者との間での連絡帳に,Q9から先生が守ってあげるという発言があったと聞いたが,その発言真意確認を求める旨の記載をした。

(イ)本件小学校のQ13教頭は,同年6月5日,原告ら宅を訪れ,原告らと面談した。その際,Q13教頭は,虐待の疑いがある場合についても適切な対応をとる必要がある旨述べ,原告らは,今までQ9はしつけを行われずに育ってきており,Q9を良くするのは今しかないこと,しつけの方針として,悪いことをしたら殴ること,虐待を疑っていることは理解していることなどを述べ,Q12教諭上記(ア)の発言について,Q12教諭からの直接の謝罪要求した。これを受け,Q13教頭は,一旦本件小学校に戻り,Q12教諭と共に再度原告ら宅を訪れ,Q12教諭上記(ア)の発言について,誤解を招く発言であったとして謝罪した。

 Q9は,同日以降,Q12教諭に対し,先生が来てくれてから殴られなくなったと述べた。

(ウ)Q9は,同年6月29日,右大腿部,右肩に赤色の跡があり,Q12教諭が,Q9がプールに入る際にその跡について聞いたところ,Q9は,原告Q2から叩かれたと述べた。

 また,Q9は,同年7月2日,右目の下部に痣があり,Q12教諭からその痣について聞かれたところ,原告Q2に殴られたと述べたが,Q13教頭からその痣について聞かれた際には,Q9は転んで怪我をしたと述べた。そこで,同日,Q13教頭原告ら宅に架電したところ,原告Q2は,Q9が2日続けて許せない嘘をついたこから原告Q2が殴った,私も人間から感情的になると述べた。

 原告Q1は,同月3日,本件小学校架電し,Q13教頭に対し,原告らは冷静にQ9をしかっていること,同じ状況であれば原告Q1であっても殴っているはずであり,原告Q2も同じ方針であることなどを述べた。これに対し,Q13教頭は,殴らないで育てることをまず考えるべきであるなどと述べた。

(エ)Q12教諭は,同月4日,原告から,本件小学校教育方針等についての意見記載された手紙が送付されたため,同日午後3時頃,原告ら宅を訪問した。その際,原告ら及びQ12教諭居間にいて会話をしていたところ,原告Q2は,一旦居間を離れてQ9の部屋に行き,Q9を叩き,居間に戻ってきた際に,「今私,Q9のこと,叩きましたから,守って下さい。叩きました。嘘ついたから。」などと述べた。

 その後,本件小学校のQ14校長教務主任及び生徒指導主任原告ら宅を訪れ,原告Q1から学校で行う教育と家庭で行う教育区別をしたガイドラインを示してほしいという要望があったため,Q14校長ガイドラインを示す旨述べて,同日午後8時30分頃にQ14校長らは原告ら宅を離れた。

(甲11,17,18,乙ろ2の12,乙ろ15,証人Q13)

(2)本件一時保護に関する経緯

ア Q14校長は,同月6日,静岡市教育委員会に対し,前記(1)イの経緯を報告した。静岡市教育委員会は,同月10日,静岡市α区の要保護児童対策地域協議会児童福祉法25条の2参照)の定例実務者会議において,Q9を要保護児童として提示し,Q13教頭が前記(1)イの経緯をまとめた報告書(乙ろ2の12の1ないし6丁)を提出した。上記会議に出席した静岡市児童相談所の所員は,同日,本件小学校に対し,Q9は保護を要する児童であるため,今後Q9に痣等があった場合には児童相談所に通告するように指示した。

イ Q9は,同月13日の登校の際,左顎及び左目下部に痣があり,Q14校長がその痣について聞いたところ,Q9は,嘘をついたことを原告Q1に怒られて殴られたと述べた。そこで,同日「Q14校長は,静岡市児童相談所架電してQ9について通告した。また,同日のプールの授業の際,Q9の大腿部及び背中に痣があることが確認された。

 静岡市児童相談所は,同日,上記通告を受け,子ども虐待対応の手引き(平成19年1月23日付け雇児総発第0123003号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知。乙ろ2の10)及び静岡県中央児童相談所作成家族支援ガイドブック(乙ろ2の11)に基づき,上記アの会議に参加していた所員等による緊急受理会議を開催し,Q9に行うべき支援及び援助の内容を判断するための虐待処遇アセスメント指標(乙ろ2の6)で判定をしたところ,虐待の程度は,5段階の上から2番目(打撲,広範囲の軽外傷等)であり,調査格付は,生命を脅かす(又は高い可能性がある。)状態として,直ちに立入調査を行うこととなる「R-1」と判定された。また,静岡市児童相談所のQ15主任主事ケースワーカー)等の所員3名が,本件小学校に立入調査をして,Q9の顔から足にかけて痣があることを確認し,Q9に聞き取りをしたところ,Q9は,原告からは,Q9が時間を守らないという理由毎日殴られること,原告Q2の方が多く殴ること,原告Q1からおもちゃバットでいろいろなところを殴られ,原告Q1から殴られた際に血が出たことがあることなどを述べた。静岡市児童相談所は,上記立入調査をした所員からの報告を受け,上記虐待処遇アセスメント指標及び所員の合議に基づき判定をしたところ,Q9の支援・援助格付は,直ちに一時保護必要となる「AA」と判定された。

 静岡市児童相談所長は,Q9に痣があり,Q9も原告から殴られていることを認めたこと,本件小学校から家庭訪問をした後も原告から虐待継続していることが確認できたことに基づき,Q9を一時保護し(本件一時保護),その後に原告ら宅に架電し,原告らに対して本件一時保護したことを告げた。

 Q9は,同日,静岡市静岡病院のQ16医師の診断を受けたが,同医師作成診断書には,「全身に打撲によると思われる皮下出血を認める」として,〔1〕両下眼瞼,〔2〕左顎部,〔3〕右肩甲骨上,〔4〕左大腿背側,〔5〕右下腿膝下部前面及び〔6〕両殿部について,「いずれも鈍器,または靴による打撲跡と考えられる」,「上記外傷について全治一週間と診断する」との記載がある。

 静岡市児童相談所は,同日,静岡県中央児童相談所の一時保護施設にQ9の一時保護委託した。

(甲11,乙ろ2の4ないし6・12,乙ろ15,16,乙は3の1・2,証人Q17,証人Q13)

(3)本件一時保護開始後の経緯

ア 原告らと静岡市児童相談所は,本件一時保護が開始された平成19年7月13日以降,電話等でやり取りをしたが,次のとおり,原告らは,Q9に対する体罰虐待ではなく,親である原告らの意思無視して本件一時保護継続することは不当であるとの意見を繰り返し述べた。

 原告Q1は,同月20日,静岡市児童相談所のQ15主任主事との電話で,虐待はしていない旨述べ,暴行肯定されると考えているかとの質問に対して「ええ,肯定されますよ。当たり前じゃないですか」「一時的感情だとかそんなことで虐待を繰り返してきているわけじゃないんだ」,「責任ある体罰っていうのだってあるんだ」などと述べ,静岡市児童相談所のQ18統括主幹との電話で,同月27日,「Q9をおたくらに任せますけど,やつが20歳ぐらいになったときにまともな,私らが考えているような大人になってなかったら,抹殺しますんで。おたくらも含めてよ。」,同月30日,「子どもがこう,おれらの考えてたとおりに教育できなくなったときに,おまえらどういう責任とる。とらなかったときは,おまえ,リンチしてもいいか」,同年8月1日,「根本からお前らの育て方とか教育論が間違ってるのに,何で間違ってる奴らと俺らが話し合わなきゃいけないんだよ。」などと述べた。また,原告Q2は,同年7月23日,Q18統括主幹との電話で,「私達は少なくとも体罰体罰だって考えてるんですね。私の思う虐待と言うのは自分憂さ晴らしですね。」,「体罰っていうのは暴力とは違う」などと述べた。

 静岡市児童相談所のQ19主任主事心理士)及びQ15主任主事は,同月20日から同年8月31日まで,一時保護施設を訪れてQ9と面談,行動観察,心理テスト等を行った。Q9は,同月8日以降の面接で,原告らと会いたくなく,施設から帰りたくない旨訴えた。Q19主任主事は,Q9について,同年9月20日開催の静岡市健康福祉審議会児童福祉専門分科会児童処遇審査部会に「現段階では,本児の家庭に対する拒否感が強く,両親と距離を置き,守られた環境下で,本児の話に耳を傾け,個別には母性的で受容的な対応が望まれる。」,「これまでの養育環境により本児の情緒面での成長が阻害されてきた結果が示されており,今後,両親の養育態度に改善が望めないようであれば,家庭との分離はやむを得ず,児童養護施設への入所が適当であると考える。」との心理診断の結果を提出した。同部会では,Q9の入所措置承認を求める申立てを行うことに異議は出なかった。

 静岡市児童相談所のQ20所長は,上記原告らの発言心理診断の結果及び上記部会の結果を踏まえ,原告らによる暴力継続される可能性が高く,Q9も帰宅拒否していることから児童養護施設への入所が適当であるとして,同年9月25日,入所措置承認を求める申立て(本件申立て)をした。

(甲11,14,乙ろ7の1ないし7)

イ 原告らは,同年9月28日,静岡市児童相談所を訪れ,Q20所長,Q17参事平成20年4月1日に静岡市児童相談所長となった。以下「Q17」という。)等の所員と面談した。この面談の際,Q20所長らは,本件一時保護の経緯や,Q9については児童虐待防止法2条1号所定の暴行が行われたもの判断していると説明したが,原告らは,「体罰虐待はこれ別物ですから」,「しつけの段階で,あざができるほどたたかなきゃいけなかった」などと述べてQ9の返還を求め,静岡市児童相談所はこれに応じなかった。

(甲9,10,乙ろ7の10)

ウ Q20所長ら及び原告Q1は,本件承認審判及び本件勧告がされた後である平成19年12月21日,静岡市児童相談所面談した。原告Q1は,本件承認審判の「二度と虐待に該当するような体罰をさせない」という文言から虐待に及ばない体罰については容認されたもの解釈している,体罰主体にしない努力はするが,目的によっては必要なこともあるなどと述べたのに対し,Q20所長は,しつけ自体否定するわけではないが,体罰を伴うしつけは子ども心理的な影響があり好ましくない,本件勧告を受けて,静岡市児童相談所から原告らに対する指導方法について年明けに提案する旨述べた。また,原告Q1が,原告らがQ9の通学している安西小学校に面会等を申入れることは問題となるか確認したのに対し,Q20所長は,今の状態だと問題となる旨述べた。

 静岡市児童相談所は,平成20年1月頃,上記提案として,Q9と原告らの家族統合に向けた「ご両親への支援プログラム」(以下「支援プログラム」という。)を作成した。支援プログラムでは,〔1〕目標は,「Q9君が安心して生活できるような家庭づくり。」であり,〔2〕方法として,原告らが静岡市児童相談所を訪れ、概ね1か月に1回2時間程度を目安に面接実施し,面接以外にも課題の提出をお願いすることがあること,〔3〕2月から3月頃にQ9の気持ち確認し,写真ビデオレターなどを通した親子交流を始めること,〔4〕Q9が原告らに会いたいという気持ち確認し,5月から6月に児童相談所内で原告らとQ9との面会を実施し,6月から7月初旬に親子での外出を実施すること,〔5〕面会・外出時の親子の様子,Q9からの外泊希望確認し,児童相談所所員による家庭訪問実施した後,7月初めに家庭への外泊を開始すること,〔6〕外泊が繰り返される中で,良好な親子関係が認められ,引取り後の支援のあり方について共通理解が得られれば,家庭引取りとなることが記載されている。

 Q20所長ら及び原告Q1は,同年1月11日,静岡市児童相談所面談した。静岡市児童相談所のQ21心理士支援プログラムについて説明するなどしたところ,原告Q1は,支援プログラムは本件勧告無視したものである原告らは体罰をしているのであって虐待暴力ではない,一時保護自体間違っている,おれは日常生活の中で普通にやっていく中で必要であれば絶対体罰は使う,まずはQ9を帰してもらいたいなどと述べた。そこで,Q20所長は,再度提案をする旨述べた。 

 Q20所長ら及び原告Q1は,同月24日,静岡市児童相談所面談した。Q17が,本件勧告に基づいてQ9を帰宅させるためには,虐待に該当するような体罰はしないことが条件になる旨述べたところ,原告Q1は,裁判所原告らが虐待をしていないと認めており,Q9をすぐに返してもらった上で静岡市児童相談所による指導を受けるというのが原告らとして譲歩案の全てである静岡市児童相談所原告らの意見を聞かずに一方的な主張をしているなどと述べた。

(甲9,10,乙ろ5の2,乙ろ7の11・12)

エ Q9は,平成19年12月31日,静岡ホームで転倒して頭を打ち,CT検査をしたが,脳に異常は認められず,頭部挫傷と診断された。

 静岡市児童相談所は,原告らに対し,上記転倒事故を通知せず,原告らは,平成20年3月7日に静岡市個人情報保護条例に基づき開示を受けた文書により,上記転倒事故の発生を認識した。

(乙ろ1)

オ 原告Q2は,同年2月1日,静岡市児童相談所に対し,Q9の毎日の詳しい言動や様子を報告しない理由等の回答を求める質問状を送付した。また,原告らは,同月8日,静岡市児童相談所を訪れ,本件抗告棄却決定に対して特別抗告申し立てた旨伝えるとともに,親権行使するとして,Q9の毎日の一時保護施設及び小学校での言動を報告することを求めた。さらに,原告Q1は,一時保護期間の7か月でQ9の身長が2.4センチメートル体重が1キログラムしか増えていないという理由で,Q9への精神安定剤等の投与を疑

2018-12-28

anond:20181228131232

この手のって、本当に両者の本心レベルまで聞かないと判断出せないし、家庭裁判所調停委員くらいしか正しい意見言えないよ

かに物損は酷いけど、奥さん交際結婚出産~当日までどうだったか。その日の朝の喧嘩で0から一気に100だったらやべぇけど、99から100だとよくあることだし、そこに旦那責任皆無とかまず無い

プラモだと匂いとかがメインかな。あと集まりとか週末部屋に引きこもりとか。そこに家事手伝いほぼ無しなら旦那擁護出来ない

2018-12-20

anond:20181219014954

 とりあえず、法律的には「家出した」というパパさんの行動は、ママさんが別居に許可をしていないのであれば、「悪意の遺棄」にあたる可能性がありそうです。

 https://tanteinavi.com/malicious-abandonment/

 ↑が「悪意の遺棄」について詳しく書いてあります

 

 悪意の遺棄ということになると、ママさんはパパさんへ慰謝料請求できますし、パパさんが有責配偶者となると、パパさんから離婚請求することが難しくなるようです。

https://www.bengo4.com/c_3/c_1025/b_675342/

弁護士ネットの「悪意の遺棄」が離婚したくない時のメリットについて書かれたものです。

 

 また、離婚希望していない場合家庭裁判所に「夫婦関係調整調停」というのができるようです。

https://tanteinavi.com/family-court-conciliation/

↑「夫婦関係調整調停」についてです。

 他の方が指摘している相続関係こちらでできるようです。

 また、夫婦関係調整調停過程で、離婚する方向へ切り替えることもできるようです。

 

 こういう解決の仕方もありますよー という程度に読んでいただければと思います

 なお、パパさんと相手女性に対して不貞として裁判などを考えている場合ですと、弁護士さんなどにきちんと相談された方が良いと思います

 

 大変だとは思いますが、一日も早く解決できて、平穏な日々が過ごせますようにお祈りしております

2018-09-23

後見申立てに関する覚書

親族横領するので、後見人に選任しません。」

「 有資格第三者を選任します。 」

「 それが裁判所最近方針です。」

N家庭裁判所

2018-09-15

anond:20180915005519

原則禁止通達で実際の運用各自治体に委ねられるだろうから実際どうなのかは現場じゃないと分からんよなぁというのが正直な話

通名変更も日本人改名と同じ条件にして家庭裁判所判断するようにするのが一番公平なんだけどね

anond:20180915004714

日本人場合家庭裁判所許可いるから相当に難しいのは間違いない

凶悪犯も(偽装結婚苗字変えるくらいしかしないし

2018-08-22

万引き犯はどんどん警察通報すべき

元増田創作かどうかはともかく、世間が誤解してるかもしれないことについて書く

https://anond.hatelabo.jp/20180821175309

万引き犯通報しても、人生は壊れない

(1) 最終的な処分の見込み

未成年万引き犯警察通報したときにどうなるか。

最初問題は、その少年(※1)が逮捕されるか否かである

少年(ら)が犯行を認めている、②初犯、③被害金額が少額、④家庭環境に重大な問題がなく、身元引受け人がいる、などの典型的なケースの場合逮捕される可能性は極めて低い。

なので、このような場合逮捕されて人生が狂う、ということは考えにくい。(※2)

逮捕されない場合少年は自宅に返され、身柄が自由状態警察捜査をすることになる。

その後、事件家庭裁判所送致され、処分の有無等が決まることになる。

このとき結論には、主要なものでいえば、①処分されない、②保護観察処分、③少年院などがある。

結論の内容を決めるのは、犯罪の重大性や少年の家庭環境である

上記典型的な例でいえば、まず③少年院ということはなく、①処分されない可能性が高く、されたとしても②保護観察処分だろう。

保護観察は、定期的に保護司のもとに通うなどするもので、少年院と違って身柄を拘束されたりはしない。

以上のように、万引き犯通報しても、最終的な処分が極めて重いものになるというのは、例外的場合である

(後述のように、その例外的場合においては、重い処分をした方が少年のためになり得る。)

(2) 前歴の扱い

万引き犯通報されて捜査されたことは、警察に記録され、少年の前歴となる。

もっとも、前歴が就職活動で聞かれることは極めてまれであり、ほかに前歴があることで特に非常に不利益があるということもない。

警察家庭裁判所の関与が少年の更生につながることがある

万引きが発覚しても警察通報されないと、少年は、犯罪を軽く考え、その後も犯罪を繰り返す可能性がある。

また、少年の心身や家庭環境に重大な問題があり、公的機関の関与が必要なことが、万引き犯通報で発覚することもある。(※3)

そのような場合において、通報しなかったときには、問題の発覚・手当てが遅れることになっただろう。

また、前述の処分については、教育心理専門家が関与して少年の更生に適した処遇を考えることになる。

3 終わりに

上記のとおり、万引き警察にどんどん通報すべきである

少年法は、少年を罰して苦しめる仕組みではなく、少年を更生させ、その未来を明るくするための法律なのだ


※1 男女は問わない

※2 なお、逮捕される場合は、その後、勾留されるか、観護措置がとられる(鑑別所に入ることになる)か、などの分岐がある。

観護措置までいくと、約1ヶ月、身柄を拘束

されることになるので、それなりに不利益ではある。

もっとも、そこまでいくのは、それなりの事件であり、その不利益を受けても、少年問題点の発見改善をした方が良いと言える場合も多い。

鑑別所に入ると人生が狂う、とまでは言えないだろう。

※3 極端な例としては、少年の心身の問題点が極めて重大であり、少年院で教育しないと改善できない、という場合がある。

このような場合問題点を放置し、少年が成人になってから犯罪を犯したとすると、前科がついてしまうため、少年院に入れることが少年のためになり得る。

2018-07-22

婚前カップル登録制

14歳以上のカップルは、両者の合意に基づいて、婚前カップル届けを役所に提出することができる。

登録された婚前カップルは、合法的に性行為を行うことができる。

登録カップルによる性行為は、たとえ合意の上であっても刑法上の不法行為とし、刑事罰を科す。

婚前カップル当事者未成年(=18歳未満)の時は、その親権者が、婚前カップルの解消を家庭裁判所申し立てることができる。家庭裁判所審判により、必要と認める時は、当事者意思にかかわらず当該カップルを解消することができる。

婚前カップル婚姻とは違い、戸籍上の変更はない。

婚前カップル婚姻とは違い、財産関係に影響はない。

婚前カップルは、当事者のうちの一方が破棄をパートナーに通告し、解消を役所に届け出ることにより、解消する。

婚前カップルが解消した場合財産分与は行わない。

婚前カップルは未婚のもののみが登録でき、ひとりの人間が属することのできる婚前カップルは同時に1つだけである

婚姻と同様に、婚前カップルにおいても、不貞行為民法上の不法行為である。また、同時に、刑法上の不法行為でもあり、刑事罰を科す。

個人は生涯において、合計19組までの婚前カップルに属することができる。過去に19組のカップルに属している場合、新たなカップル形成するには、家庭裁判所審判を経なければならない。

同一の婚前カップルに属している期間の長さに応じて、各種税が控除される。同一のカップルを維持する期間が長いほど控除率が大きくなる。

婚前カップルから同一パートナーとの婚姻に移行した場合、同パートナーとの婚前カップル期間分を遡って婚姻していた場合の各種税および保険料の控除額を計算し、差額分を返還する。

2018-07-19

名を変更した話

増田だけど(笑)、名を変更した。氏ではなく。つまり例えば、増田佳美から増田宏実になったような話。名を変更するには家庭裁判所許可がいるけど、許可が出たあとの話をする。

TL;DR

本文

私は他人と性行為をしない人なんで一生結婚しないと思うから、氏を変更することもないだろうと思う。だから、名の変更はい人生経験になったと思う。

家庭裁判所申し立てるまでも大変なんだが、許可が出たら長型○号かなんかの封筒定形郵便審判謄本がペらッと送られてくるので、いささか拍子抜けするかもしれない。審判書の謄本というのは、審判書をコピーしたやつに書記官が「謄本である」とか書いて記名押印したやつ。これを持って役所に届け出てはじめて、名が変更される。

準備

金融機関とかの要らない口座は、なるだけ解約しておく。そうしないと、もっとめんどくさくなる。要る口座も、現住所に変更してないやつがないか確認しておく。

電力ガス水道とかは本人確認書類なしでもいいことが多いので、あらかじめ契約名義を変更しとくとラク。(電話は無理)

運転免許証も住基カード個人番号カードマイナンバーカード)も持っていない人は、マイナンバーカードをあらかじめつくっとくといい。可能なら、原付でも小特でもいいか運転免許をとっとく(有料)名の変更がすぐに反映される顔写真入り本人確認書類からパスポートは、戸籍抄(または謄)本も必要で日数がかかる。マイナンバーカード住基カードは受け付けてくれない業者もあるので、運転免許証が万能。

届出

名の変更の届出先は、本籍地か住所地の市町村東京特別区含む、以下同じ)。政令指定都市なんかは実際には区役所に行くと思う。本籍地と住所地で市町村が異なる人はどっちでもいいんだけど、本籍地から戸籍謄本を取り寄せないといけないとはいえ、住所地の方が便利だと思う。なぜなら住民票に即日反映されるから

持ち物は、

名の変更手続経験が少なそうな市町村ならば、前日かなんかにあらかじめ連絡しとくとスムーズになる。そうしないで奇襲すると大騒ぎになるかもしれない。私は奇襲攻撃をしたけど、住民票の写しをとって国民健康保険証を再発行しても1時間くらいで完了

国民年金の人は、手続き要らないらしい。年金手帳も、氏名変更を載せたければ勝手に書いていいって言われた(笑

住民票がとれたら

住民票には、旧氏名のところに取消線が引かれた状態で新氏名が載り、備考欄とかにも経緯が載るので、履歴がわかる

運転免許を持っている人は、すぐに記載事項変更手続本籍記載住民票を持って警察署(または運転免許試験場)に行く。裏面に書き加えられ、ICチップの内容も書き換えられる。こいつは万能型本人確認書類になる。完璧

金融機関

そして、新氏名の金融機関口座をつくる既存の口座でも、本支店で即日変更可能金融機関もあるかもしれないけれど、罠にハマる可能性がある。というのは、いままで口座自動振替(自動引落)とかで使っている口座だと、口座の氏名変更で引落し不能!ウェッってなることがある。滞納とか言われることもある金融機関や、それと事業者の間の契約の内容によっては、口座の氏名を変更しても引き継がれることもあるけどケースバイケースで、いちいち確認して言質をとっとかないとヤバい

自動引落をやっている人は、口座をつくるのと同時に申し込んどく。公共料金とかは金融機関店頭で申し込めることが多い。けどこれが切り替わるまで1か月くらいかかると思うので、気長に待とう。それまでは既存口座の氏名変更手続はやらない。

ほかの、銀行とか証券会社とかの変更手続は、可能なところからやっていく。住民票とかでやれるところと、戸籍抄本出せというところがある。後者戸籍抄本を取り寄せてからなので期間がかかる。反対にPaypalみたいに氏名変更でさえも本人確認書類撮影してアップロードすれば済むという金融機関もある。(どっちかってーと、撮影画像の方が改竄検出に特殊技能要らないから、コピーを郵送させるよりもラクなんだと思うよ実は。)

届出印と氏名が変わってしまった人は、改印届も一緒にやる。証券会社の入出金口座は口座名義と一致している必要があるから、さっきつくった銀行口座を使う。

クレジットカードを持っている人とか、発行会社との手続めんどくさそう(デビットは良いね)。住宅ローンとか自動車ローンとかで借りている人は、そっちも重大だよね。

各種社会保険

国民健康保険国民年金でない人はおそらく、手続が要る。つまり協会けんぽ健康保険組合とか、厚生年金とか。要は職場関係

そのほか

図書館カードとか、各種会員とか、大学の校友会とか。

戸籍抄本の取り寄せ

NTT固定電話加入権などは、手続戸籍抄本が要る

不動産所有権の氏名変更登記も、法務局の人に訊いたら、戸籍でないとダメって言われた。

私の大学の校友会は、戸籍抄本のコピー要るって!

感想

詰むことはないはずだけど、金銭と期間と労力がかなりかかり、地道にやっていかないといけない。

こうして経験してみると、結婚で氏が変わる人は多いはずだけど、それも物凄く面倒くさいんだね。いわゆる「できちゃった婚」だと、結婚してすぐに手続やっていく余裕なんてないだろうなあ。さっさと選択的別姓制度やれや!

2018-03-26

anond:20180326090415

離婚していて養育費を払ってくれないというお話なら、

法的にやるか、あるいは自発的に払おうという気持ちにさせるかの2種類です

法的には、まず家庭裁判所へ行って、養育費請求調停申し立てます

これは裁判ではないので、弁護士不要で、費用事務手数料程度です

弁護士に頼むこともできますが、弁護士出しても結果に影響しないのであまり意味はないでしょう

しろ相手の態度が硬化してあなたと子の父親との関係は完全に敵対し、法的手段以外の交渉方法選択肢を以後完全に失うでしょう

養育費請求調停場合養育費算定表というものがあって、それでほぼ争点なく機械的に決まるでしょう

そうすれば調停調書が作成され、法的拘束力を持ちます

調停結果にかかわらず、子の父親養育費を支払わない場合は、

次の段階、強制的差し押さえることになります

弁護士に依頼するか、自ら裁判所へ行って自力でやるかのどちらかでやればよいです

仕組みとしては、子の父親の勤務先に対して彼の給与差し押さえることになります

裁判所をとおした法的強制なので、勤務先の会社はよほど社会的おかし会社でなければ唯々諾々と従います

これで最大で手取り収入の半分が子の父親の勤務先の会社からあなたの口座に入るようになります

ですが、この法的強制では、ごく一部のケースを除いて最終的には養育費は支払われなくなるでしょう

なぜそうなるかは具体的にはここでは書きません

もう一つ、自発的養育費を出そうと思わせるほうですが、

簡単なことです。子の父親に対して、子供と接する機会を与え、増やしてあげることです

また、子の成長に対して関与する権限を増やしてあげることです。

そうやって、父親の子への愛情を増大させることです

その父親自分の子へ親としての愛情を感じるならば、お金ぐらい自然と出すでしょう

ですが、多くの離婚した母親は、そういったことに拒絶反応を示すでしょう

ですから、それができないならば、この方法不可能です

2018-02-17

anond:20180216231257

相手転職をしてない場合給与差し押さえ可能です。

不動産等所有している場合差し押さえはできます

賃貸場合敷金差し押さえもできます

これはわたくしが実際に弁護士に頼まずおこなったもので、法律家でなくても簡単にできます

家庭裁判所に問い合わせると丁寧に教えてくれます

諦めずに頑張ってください。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん