「さぶ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: さぶとは

2018-09-17

銀魂最終回を迎えた

※完全ネタバレなので今週号(42号)のジャンプを読んでいない人は読まないように。

 

 

 

今週号のジャンプ最終回カラー掲載された銀魂を読んだ。

 

この4号前に銀魂があと5回で終わるという告知があったので、今週で銀魂最終回になるということは、私含め銀魂ファンはみな覚悟していた。

それぞれが色んな思いをもってジャンプを購入し、銀魂のページをめくったことだろう。

 

 

結論から言うと、銀魂は終わらなかった。

与えられた話数で話を畳むことができず、最終回を描くためにジャンプGIGA移籍することが決定した。

ラスト数ページで唐突テニプリっていいなのBGMが流れ、桂は「ページ数が足りない」と断言し(正直ここはかなり面白かった)、

 

そしてラストページは銀さん

 

「俺たちの戦いはジャンプGIGAからだァァ!!」

 

これで、終わり。最終回

 

 

読み終えた私の第一声は、

 

「……は?????」

 

である

なんだこれ。今まで読んできた漫画のなかで、こんなにひどい最終回があっただろうかと、そう思った。

 

しかし、ネット上でのファンコメントはそのほとんどが、

 

さすが空知!

これぞ銀魂らしい最終回

銀魂から許される!

 

で埋め尽くされていた。銀魂好きな人ほど、ファンであるほど口をそろえて皆、こういう絶賛の声をあげた。

…マジか、と思った。私はとてもそんなふうに思うことは出来なかった。

からネットのそうした意見を見ているうちに、私が

銀魂らしさを分かっていない」「クソ真面目な野暮を言う奴」「ノリが悪く銀魂ギャグに水を差している」「銀魂ファン失格だ」

と言われているような圧力すら感じた。

事実そうなのかもしれない。銀魂ファン失格。だから表では言えず、こうして匿名で吐きだしている。

 

 

銀魂から許される』

 

はたして、許されるんだろうか。

私は1話からずっとジャンプ銀魂を見てきたいわゆる古参銀魂ファンで、

一番好きな漫画は? と聞かれれば迷わず銀魂です」と答えるくらいには、銀魂が大好きだ。

 

からこそ、今週の銀魂ラストページを見た瞬間に沸きおこった感情は、失望だった。

いやもちろん、まだ銀魂が読めるんだ!と嬉しく思う気持ちもやっぱり、ある。かなりある

だけどそれでは払拭しきれないくらい、この最終回を読んで、銀魂に寄せていた信頼をボロボロに崩されてしまった。

 

終われなかったことを責めているわけじゃない。

終わらないって分かっていたなら、どうして『終わる』なんて嘘をついたんだ、と。そのことへの憤りがとにかく大きい。

 

銀魂があと5話で終わると告知された回で、銀魂はまるまる1話を使ってゴリラの話をやっていた。

この時点でおそらく、空知先生担当編集は残り5話で最終回を描くことは無理だと諦め、もう好きに描いていたし描かせていたんだろう。

 

そこから今週号にいたるまでのジャンプ本誌での展開、一向に回収されない伏線に、読者もうすうす「これ本当に終わるのか?」と思いはじめていたし、

私も何度か「終われるのか?」とは思った。

でも、まさか読者に嘘をつくことはしないだろうと、あくま銀魂と空知先生を信じて連載を見守った。

 

その結果が、「やっぱり終われなかったァァァ!!」→ GIGA移籍! だ。

 

いや、終わらないのかよ。

だったらあと5話で終わるなんて言うなよ…。

せめて、あと5話で重大発表があります! くらいの告知にしてくれればよかったんだ。

最終回という読者がデリケートになる単語をわざわざ提示して、ファン銀魂とのさよならを準備させたくせに、それをどんでん返しのように最後最後に覆した。

「これをやっても許される」ことが前提の、少しも悪びれることのないギャグみたいな軽いノリでそれをやった。

 

ギャグって、何だ?

ファンギャグとしてこれを受け入れるのは当たり前のことなのか?

 

 

たとえば、プロ野球選手は、どんなにひょうきん者だったとしても、

自らの引退試合スピーチで「やっぱり辞めないことにしました」とは言わない。

(その後シーズンオフに色々あって復帰する例はなくもないが)

 

著名なアイドルだって、大掛かりな卒業コンサート最後に「やっぱりまだ続けます」とは言わない。

 

ファンはその終わりの日を最高の日として迎えるために、大好きな選手歌手アイドル背中を押してやれる自分でいるために、

「やめてほしくない」という気持ちにけじめをつけて心の準備をして会場にやってくる。

そのファンの思いに誠実に応える場が引退試合であり、ラストコンサートであり、漫画で言うところの最終回なのではないのか。

「まだ終わらない」と言われたらファンはそりゃあ嬉しいかもしれないが、嬉しいだけではいられない。

じゃあどうして終わるなんて言ったんだ…という複雑な気持ちはどうしたって無視できない。

プロ漫画家と読者も、そういうもんなんなんじゃないのか。それとも銀魂けが例外なのか。

銀魂ファンけが

銀魂らしいからw」

銀魂ファンは鍛えられているからw」

という理由で、ニヤニヤしながら終わらなかった最終回を受け入れなければいけないのか。

私には無理だ。

 

 

これからジャンプGIGA移籍した銀魂を読むとき、私はきっと、以前より少し冷めた気持ちで見てしまうと思う。

私は一度、銀魂の連載にさよならをするために気持ちを用意したのだ。その気持ちを今回、折られてしまった。

先週まであった前向きな情熱が、今週号を見てフッとなくなってしまった。

 

私は銀魂にとって一読者という取るに足らない存在かもしれないけど、

私にとっての銀魂はすごく大きくて大切なもので、終わりを受け入れるために気持ちを整えるのは大変なことだった。

銀魂が終わる」ことへの寂しさに情緒を揺さぶられて、ちょっと泣いたりもした。

 

初めて自分お金で買った漫画銀魂だったこと、

友達銀魂単行本を無くされて初版だったのに…と泣く泣く買い直したこと

受験勉強をしながら息抜きに読んだ銀魂のこと、

就職活動の手応えのなさに不貞腐れながら読んだ銀魂のこと、

はじめて二日酔いを味わって最悪だった日にそれでもベッドの上で読んでいた銀魂のこと、

さいしょに銀魂を読んだ小学生あの日からずっと、14年間のいろんな銀魂わたし人生の中にはあった。

 

その銀魂に「終わってほしくない」「いやだ」と思ってしまわがまま感情を、

「今までありがとう」「お疲れ様でした」の色に寄せるために、

銀魂との思い出にひとつずつ折り合いをつけ、ようやく真っ直ぐなきもちで「今までありがとう」と思えるまでに心の整理をつけた。

 

それなのに、銀魂のほうからあっさりと「まだ終わらないよ」と言われてしまい、私はもうどういう気持ちを持ったらいいのか分からなくなってしまった。

感情冷凍保存もきかないし雑誌みたいに切り抜きもできないから、

今回の最終回のために整えた気持ちを、次の最終回ときまでそのまま取っておくことはきっとできない。

 

GIGAに移ったあとで「今度こそ本当の銀魂最終回です!」と言われたときに私はまた、銀魂の連載とさよならをするための心構えを作り直さなければいけない。

それも、次はきっと(また何か仕掛けがあるんじゃ?)という期待と不安を抱きながらになる。

そんなのはもう無理だ。

だめだ。気持ちが折れた。

銀魂のことが信頼できない。

 

 

こういう意見に対し、文句を言うんだったらもう読むのやめたら、と言う人もいるだろうけど、そんなことは誰からも言われたくないことだ。

わたし銀魂が好きだし、銀魂いちばん好きな作品で、落ち込んでいたとき銀魂を読んで笑えたことで救われた一日がたくさんある。

読むのをやめられるわけがない。だからこそ、これほど不満を抱いてしまっている。

 

本当に、銀魂にも銀魂以外の作品にも、二度とこんなやり方はしないでほしい。

こんなやり方は、「やめないで」というファン心理に甘えた不誠実だと私は思う。サプライズだとしたら傲慢だ。

空知先生も、ジャンプ編集部も。

ファンを騙すことをギャグにしないでほしい。

私は今回の最終回、ショックだったよ。ガッカリした。すごく。

 

 

ただ、それでも私は銀魂ファンからジャンプGIGAで迎える本当の最終回が、空知先生にも読者にも納得のいく良い最終回になることを願っています

長い間、週刊少年ジャンプでの連載ほんとうにお疲れさまでした。

2018-09-14

anond:20180914010807

追記

かもしれないじゃなくしてました。チンポコははめてないとのことだけど、どうだか…。

なぜこれをしたの?→寂しかたから。最近男として見られていない気がしたか

全然納得がいかず、リビングで丸まっている。私も寂しい。女として見られていない気がする。男とラブラブLINEをしようかな…。

相手には「こんにちは妻です。この人は結婚しているのでこういうやり取りは止めてくれ。止めないと訴えちゃう。」っていうメッセを送ってみたけど、別にこの相手と仲良くするのを止めてほしいわけじゃないんだわ

そりゃ私だって夫以外に心揺さぶられるときはあるけど、こんなやり取りしたりはしない。夫を傷つけるから

自分はまずやらないと思うことを、相手も当然やらないと思ってたのに、別にそのボーダーラインは共有してなかったことがめちゃくちゃ衝撃だった。

こうなると復讐したいという気持ちが出てきてしまい、女性風俗の利用を検討したりしている。残念ながら私はモテないので、ラブラブLINEじゃなく金を払わされる。とほほ。

2018-09-11

被災した

揺れで起きたのかスマホの警告音で起きたのかもう覚えていない。自宅付近震度6弱だった。

ベッドをものすごい力で揺さぶられるような揺れで、マットレスに顔をおしつけて早くおさまれと思うことしかできなかった。

そのまま呆然としていた後に起こった停電で、とりあえず職場の状況を確認しなくてはいけないと思い、懐中電灯をつけて身支度をした。停電しているのにメイクまでして、今思えばこの頃はすぐ復旧するだろうとタカをくくっていたことがわかる。

職場で状況確認や各所への連絡を済ませ、タクシーに乗ったのは14時頃になっていた。スマホバッテリーがもったいなくてほぼ開いてなかったので、運転手の方に色々情報を聞く。停電からの復旧の目処は立っていない、今はガソリンスタンドや色々なお店に長蛇の列ができているとのことだった。

途中でも様々なお店に行列ができていた。

から何も食べておらず、どこかコンビニにでも寄って帰ろうと思っていたのがどれだけ甘かったのかとこの時やっと気付いた。

行列ができていない店はもう閉めており、ガラスの向こうに商品が見えていても、こちらにお金があったとしても買うことはできないのだった。

彷徨ったあげく住宅街の中にひっそりあるコンビニ話題セイコーマートだ)が青空営業をしているのを見つけ、なけなしの商品の中からお菓子を2.3個買った(それしか無かった)。どうせ食欲なんて無いのだ。

自宅では何もすることがなく、ただ呆然と座っていた。

普段自分がしていることで電気を使わないことは何かと考えを巡らせたが、拭き掃除と本を読むこと以外思いつかなかった。

掃除は水が出ないので却下し、日が沈むまではお菓子を食べながら窓辺で本を読んだ。ここだけを抽出するとすごくゆったりした休みみたいだ。

陽が沈んでしまい本を読めなくなると、本当にすることが無かった。この時一度恐る恐る開いてみたスマホで得た情報では、復旧まで1週間かかるとあったせいで、懐中電灯電池がいつ切れるかということすら心配だったのだ。

もう寝てしまおうかと思っても、ベッドに横になると揺れた時の事を思い出してしまって落ち着かず、ソファにもたれてぐるぐると色々なことを考えた。

お店の前で行列を作っていた人のうち、一体どのくらいの人が本当にその時必要ものを買いに来ているんだろう、家に本当にまったく食べるものがない人があんなにいるんだろうか、あれはきっといつ終わるかもわからない停電中、人々が集まっているのを見て、なんとかして自分の取り分を確保しようとして必要のないものまでかき集めているだけなんじゃないか

災害時なんだからいつもの食事をしようとしなくたっていいし、じっとしていればガソリンも減らないのに。

あれは一種ヒステリー症状であるのと同時に、停電ですることを奪われてしまって、とりあえずみんなが群がっていることに倣ってるのかしらと。

今日そうやって走りまわって、よしあと1週間でも大丈夫だ!と今安心している人がいるのかもしれない、じゃあ私はこれからどうする?あ、そういえば水でも20分くらい入れておけばカップ麺が食べられる状態になるって何処かで見たな?

と、とりとめもなく考え事をしていたら、急に電気が復旧した。陽が落ちてから4時間くらい、ソファにもたれた姿勢のままうとうとしていたらしい。

電気をつける前になぜか懐中電灯で照らしてPCの電源を入れると、薄明るい光が部屋を満たした。

2018-09-09

アフターでアナ雪の少しも寒く無いわって歌ってくれたお姉さんは、何も考えることなく僕の膝の上に乗ってくれた。先輩と別れて、それぞれ別の部屋でカラオケをすることになったのだった。アルコールのお陰で、何も出来ずに終わったし、半分、こういうのは仕事みたいなものだよなって思った。それに、お姉さんから「あ。彼女だよ」みたいな揺さぶり?急にそんなことを言われて、いや彼女と言っても数ヶ月付き合ったばかりで、って話を、そう言えばこのアフターに来る前にキャバクラ店で話していたんだった。先輩に冷やかされていた話を憶えていて単に思いつき言われただけなんだって思っても、どきっとして何も出来なくなった。なんだか、もっと直接的なスッキリみたいなことが、風俗みたいなことが起こるかと思ったけれど、特別なことはなく、まー、キスぐらいはしたけど、10分前のお知らせがなったら「延長したらお金高く掛かるよ」って言われたやんわり断られたのかなって思って。なんか、先輩達二人組は、どうやら先にカラオケから退店していたようだったんで。お姉さんを送ろうとした。楽しかったよ、ありがとって言われてズボン越しに軽く手の平で触れられて、そしてタクシーに乗る前になって、「8000円ぐらい掛かるのよ」って言われたタクシー代を請求されてしまったが、後腐れ無く付き合うにはそれぐらいの出費は社会人として当然のマナーなのかなって思って、福澤ゆ吉さんを出した。香水の良い匂いのする髪の長い女の人だったなって印象。はー、何をやってるのかと思い、サウナで一泊した後で、ボロアパートに戻った。さすがに飲み過ぎて半分ぐらい記憶が飛んでいる。そもそも自分でも何を歌ったのかも憶えていない。 

2018-09-07

人と比べないようにするのってどうやるの?

欲望レベルゼロになったときは人との比較が気にならないけど何もしたくなってしま

やる気があるときは人の行動や評価に心を揺さぶられて気持ちが悪くなることが多い

人と比べない、比べても心は平穏って人の存在が信じられん

どうすりゃいいんだ

2018-09-06

人生疲れた感がある(21歳・大学生

院試もなんとか乗り越え、研究も一息つき、爆睡してたら走馬灯のような夢を見た。

今頭がぼーっとしているが、眠くない。顔をあげるとPCが転がっている。

そんな状況で適当に頭の中を出力してみる。



実家では姉が癇癪持ち、母は他人に無関心なくせに過干渉父親ネガティブ性格で、認知症気味で、鬱で自殺首吊り死体も見た。

大学に行くと言ったら両親が猛反対、勉強できない姉が大学行くことに対して嫉妬勉強してこなかったお前が悪い)、

受験3ヶ月前に父親自殺、同時に自分メンタル崩壊し、毎日のように頭痛が止まらなくなり、生きてることへの現実味が何もなくなり、

実家を抜け出したいと思いながら不登校になり、家に引きこもる。

頭がいっぱいになりながら試験を受け、奇跡的(?)に国立理系大学に受かる。

一人暮らしを始めるが、高校までの嫌な記憶でいろんな記憶で頭が一杯になり、同じく死んだような顔で過ごす。

時間はあるが鬱屈しかない、サークルに通ったが、まあ、変な言動をして、

幼児的万能感丸出しメンヘラ男に執着され、更にメンタルを悪くする。

大学勉強はやればできるが、やったらできただけだとしか思えなくて、あんな家庭に生まれなければという18年間への後悔、

これからも死んだように引きずりながら生きていくしか無いと思った。

どうせ死ぬのになぜこんなことをしているんだと絶望感を引きずりながら死んだように布団にくるまる。

いつからだったか忘れたが、バイトサークルも辞め、

人間関係を一切断ち切り、映画小説マンガ歴史、心の病気の本、とにかくなんでも読み漁った。

ネルギッシュなもの、鬱になるもの哲学的思考を揺さぶられるもの

自然科学や、それが工学に応用されていること、哲学的思考は誰でもすること、世の中そんなにきれいにはできていないこと、大体の人は自分のことで精一杯で、他人に興味がないこと。

幼児的万能感は誰でも持っているもので、年齡と言うよりは、いろんな物事経験量によるもの

絶対他人自体観測できないことは、改めて考えると、普遍的で非自明ものと思う。(いや自明だろ)

自分学校や家庭で感じていた違和感が解消された気がした。

自分がこんな環境で育ったことなんて他人は知る由もないし、自分もまた他人の家庭環境なんて知りえない。

結局観測できることなんて限られていて、どれが地雷かなんてわからない。

血がつながっていたとしても自分以外は他人しかなく、それがよくわからないものである

そんな自分以外の他人がいる中で生きてきたし、今もこれからも生きていくしか無い。

死なない理由死ぬ理由がないからじゃないかなあ。

結局自分は何も知らない、ただ視界の狭い、家の人間となんとなく入った運動部のような人間しか見ず、

視野が粗野で、卑屈で、思い込みが激しい、ただ一人の、長い歴史のなかの一般人であって、結局はその事実しか存在しない。

ということが、ようやくわかった。

いまは漫画小説が好きな新しい友人ができ、学業も以前より面白く感じてきて、研究も(考えるのは)楽しくて、

ようやく正常に戻った、いや人生の中で一番頭ゴミが少ないような気がする。

こう書いてみると人の過去なんて文章しかならないし、そんなもんだなーと思える。

ボーッとした頭でも今読み返すと、こいつ将来に対する漠然とした不安にめちゃくちゃ苛まれているなーと思う。(今は昔よりまし)

ここで書いていることは、後悔というよりは反省にはなっている(といいな)。

なんだかなーこれからどーしよっかなー、やっとモラトリアムの始まりか??

とりあえず今は研究読書かなあ。生きやすくしたい。

やっぱ眠いしねるわ。悔いはない、と思う。

2018-09-05

強く儚い者たちの歌詞

歌詞勘違いしてた。

あなたお姫様は誰かと腰を振ってるわ」っていう歌詞を読んで

てっきり彼女は本当に浮気してるのかと思ってた。

実際はそんな事なくて、歌い手相手の男を誘惑するためにそういう事を言って揺さぶりをかけているだけか。

そう思うとこの歌の歌い手が気の毒になってくるな。

2018-09-03

ふざけんな

結局日本広告代理店には、

・親が金持ち

・なおかつちゃんと愛してくれて

結果的自己肯定感全開

人材しかいないんだ。

何がグローバル人材だ。

何がダイバーシティだ。

そんな人達が集まったところで

いわゆる「ステレオタイプ物事しかまれない。

ステレオタイプ幸せ家族

ステレオタイプ楽しい学校

ステレオタイプな生きがいのある社会

ステレオタイプになんかとらわれる必要ないよ、って発言するステレオタイプキャラクター

海外広告代理店がどんな風なのか知らないけど

日本広告代理店(って言っても実質2社くらいなもんだけど)がもし

本当にこれから社会を揺さぶりたいのなら

文字通り、もっともっといろんな人材を採ってくれ。

それかもう、本当に無くなってくれ。

君たちはいから最先端じゃ無くなったんだ。

しろ年々中身が乾いてカサカサになっていないか

私は広告代理店に行きたかった。

キトー中学受験して、テキトーいい大学に入った私の、初めて現実味のある成りたいもの、なりたい夢だった。

なぜ落とされたのかわからない。

結局誰もが知る別の製造業に就いたし、

平均より良い給与ももらっているけど、

やりがいもなにもない。週末に爆買いするくらいしか、ない。

お金があればなにか満たされると思ってたけど、むしろ週末が怖い。

毎日ずっと仕事がいい。

「やりたいことをやれる世の中」

っていうのを、社会最近は目指しているらしいが

うそつけって、思う。

私みたいなこんな片親育ちで辛いことがあるとWebに書きなぐっちゃうような根暗には、やりたいことすらやらせてもらえる権利も何もないんだと思う。

また明日が来る。

失恋が終わらない

少し前に、片思いしてた相手に実は婚約者がいた(というか結婚報告された)という失恋したんだけど、夢にその失恋相手が出てきてデートしてた。

夢の中の私は浮かれて気張って、普段絶対買わないけど初給料が嬉しくて買った高めのかわいいワンピ―スを着てて(現実では買ったものの一度も着て出かけたことがない)、失恋相手と並んで何故か地元近くの景色がきれいで有名なスポットを歩いていた。

あれ?でもコイツそういえば既婚者になったんじゃん、と思って「奥さんいいの?」と聞いたら相手はきょとんとした顔して、「いないっすよ~」と笑うから、あ、そうなんだ、いないんだ、わたし勘違いか。じゃあいいじゃん!とテンション上がって手をつなごうかつながまいか悩んでいたら目が覚めた。

失恋相手職場の同期だから今日は顔合わせたくないな、と思ってたら定時過ぎてもやってこない。「今日●●くんって休みでしたっけ」って先輩にきいたら「休みだよ~、奥さんと式場の見学行くんだって~」といらん情報まで知らされてしまった。

結構いい感じにきれいな失恋できそうだったのにかさぶたはがされた気分、いや自分勝手に見た夢なんだけど。

業務上伝達しとかなきゃいけないことがあったかLINEして、ついでに「みんな働いてる平日に優雅に休む気持ちはいかがですか」って言ってみたら「最高」という返事と共においしそうなランチ写真送ってきたんだけど、その奥にぼやけて写る奥さんと思しき手と、ぼやけながらも存在を主張してくるマリッジリングさらに私のライフを削る。明日休みたい。そろそろ前向きに立ち直りたい。

愚痴ごめんなさい。

2018-09-02

月ノ美兎に学ぶ男を落とすガチ恋ムーブ

前置きを書くとすごく長くなりそうなので割愛

 

無意識だと思うが、委員長は極度の愛され体質を持っている

これは訓練すれば再現可能だと思う

配信者だけじゃなく、創作家にも再現してもらいたい

 

委員長を例えるなら「イキり小動物」だ

基本的にクソザコである

学力が残念だったり、常に事故を起こすドジキャラだが

所詮男は女より優位に立ちたいので、クソザコな女は嫌いではない

(ただしただのアホだと嫌われる、コミュニケーションが取れない存在だと思われてしまう)

 

しか自分がクソザコであることを半分は認めない

悔しがり、「○○くらい分かりますよ。バカにしないでくれますか?」とナチュラルに言えると良い

この際震え声だとなお良い

居丈高になろうとするほどガキっぽくなるところがポイント

男、というか人間はそんな存在を弄りたくなる

猫に猫じゃらしを振るようなもの

 

そのような「いじられる」状態を、適度に反論しつつ適度に「満更でもない」雰囲気を出すのがポイント

相手に「ひょっとして自分のほうが遊ばれてる?」と一瞬思わせる程度が良い

ここまでできれば「可愛い天然イキり後輩キャラ」の完成である

 

男のようなガサツな言動重要

男は男のような女、女は女のような男が好きだとよく言われる

もちろん男が好きそうな趣味精通していると非常に強い(漫画ゲームアイドル系)が

口調、行動にちょいちょいダメ男っぽさを出すのも親近感が増す

同時に放っとけない印象を持たせられる

実際委員長の口調は結構キツイほぼほぼヤンキーである

また部屋が散らかっていたり、ガスが止まっていたり、LINEのノリが苦手だったり、ほぼほぼおっさんである

 

しかし、男性的なガサツな言動は時として反感を買う

 

イキった後のムーブについて

イキったりオラついたり悪口を言ったりすると、もちろん相手はムッとするのだが、それを緩和する方法がいくつかある

1つはひたすら笑ってごまかす

委員長はとにかく笑う、これによってどんな失礼なことを言ってても悪い空気になりづらい

もう1つは出川ムーブ

出川ムーブは「イキって2秒で謝る」ムーブのことで、出川哲朗の技の1つである

これは「イキり小動物」で考えると、犬が「ワン!」と威嚇してきたあと2秒でビビって逃げるようなイメージ

その際、必要以上に腰を低くすることでクソザコ感が増す

 

ノリがいい、可愛らしい言動+照れ

ノリがよかったり、可愛らしい言動が男受け良いのは分かるだろうが

やりすぎると痛々しかったり恥ずかしくなる

これを回避するために、やったあと2秒で即照れる(照れ笑い、ハニカミ

上記出川ムーブ基本的には同じだ

やるけど2秒で行動を撤回する。それでも足りなければ笑ってごまかす

 

ここまでできればもう既にかなりヤバイ

「友人として近づいてきたらいつの間にか落とされてた」までいける

ここから先は少しやりすぎるなので注意が必要だと思う

 

変な趣味理解しがたいこだわりを持つ

若干怖いレベル、引く趣味でも良い

理解しがたさというのは好感度一定まではマイナスに働くが、一定以上はプラスに働く

既に落ちた奴がこれを受けると、理解したいのにできない苦しみで忘れられなくなる

男たちは頑張ってLINEニュースヨーロッパ企画を好きになるのだ

ちなみにミステリアス要素を加えても同様だ

 

笑い、歌、絵、ものまねなどのセンスや特技

何らかのジャンル一般以上のスキルを見せると、これまでとは別軸の評価を加点せざるを得なくなる

MAXと思われていた好感度に+αがついて臨海を突破するのでヤバイ

それは男が持ってる特技と同じでも、全く異なるものでも良く、能力の強弱に関わらずプラスに働く

 

男は、ある意味で下に見ているのに、時より対等で、ある面では尊敬でき、近づいたかと思ったら理解しがたい遠い存在になるという前後左右に揺さぶられる感覚を覚え、コロッといってしまうわけだ

また、クソザコムーブをすることでアンチも定着しづらいメリットも有る

「イキり小動物アンチ」なんて恥ずかしくてやってられないのと、主張が一貫できないためだ

(ただし男が面倒くさい超ツンデレ野郎になるリスクは有る)

 

まだ何点かあるが眠いのでここまでにする

昨日百物語徹夜だったか・・・

[] #61-7「一人暮らしバイト

後日、俺はマンションで起きた怪奇現象を、大家に包み隠さず話す。

大家は疑うわけでもなく、あっさりと話を信じた。

そして、確認のために俺の部屋である104号室を見に行くことになった。

すみません、タケモトさん。今日休みだったのに」

「まあ、同意の上でとはいえ仕事を紹介したことに負い目はあったからな」

その場には、証人としてタケモトさんと弟も来ていた。

「じゃあ、104号室。入りますね」

大家が104号室の扉をあけようとした、その時ーー

俺は出鼻を挫くように一つの提案をした。

「その前に、103号室を見てもいいですか?」

「え、そっちは空き家ですよ」

やはり空き家だったか

だが、驚きはしない。

「ええ、でもそこから内線がかかってきたのが気がかりなので、確認のために」

「はあ、分かりました。でも何もないと思いますけどねえ」


103号室に入るが、大家の言うとおり空き家から何もない。

「ほら、何もないでしょ」

当然、そんなことは承知の上だ。

だが、この一見すると何もない場所で俺は“真相”を導き出す。

「俺は心霊現象だとか、そういうのを信じないタイプなんですよね。でも案外そうじゃなかった」

俺は唐突にそう語り始める。

大家は要領を得ず、生返事するしかない。

「はあ、そうなんですか」

「心のどこかではまだそういうのを信じていたから、そういう考えになってしまった。そんなものに気を取られず、もっと冷静に考えればいいだけだったのに」

勿体つけるように、迂遠言い回しをしながら室内をグルグルと回る。

「えーと、つまり何が言いたいので?」

とどのつまり“前提”なんですよ。今まで起きた出来事を“どういう前提”で考えるかが重要なんです。これまでの出来事は“心霊現象という前提”などではなく、“初めから人為的ものによって起きたという前提”で考えるべきだった」

俺がそう言った時、大家の顔が一瞬だけ引きつった。

「例えば、エレベーターの窓から人が見え続けていたのは、そういう形をした、裏表で絵柄の違うステッカーなどを貼っていたからでしょう。その後は見かけなかったので、すぐに剥がされたのでしょうけど」

畳み掛けるように、俺は自分推理披露する。

「103号室から来た内線は何てことはありません。実際にここ103号室からかけてきただけです。この部屋に堂々と入ってね」

その他、俺の身に起きた心霊体験も全て否定することは可能だが、長くなるのでこの辺で本題に入ろう。

さぶるなら今だ。

「そんなことが出来る人間、そんなことをしても咎められない立場人間……そうなると答えは自然と導かれます

俺は大家の方を強く睨みつける。

弟とタケモトさんの視線も、大家に集中した。

「な、何を……なぜわたしがそんなことをしないといけないんですか」

「それはこっちが聞きたい」

俺たちの視線を浴びて、大家は酷く狼狽している。

「そんな推測で疑われても困りますよ。わたしがここに入った証拠もないのに」

証拠ならありますよ。この部屋にあった青い布の切れ端。あなたが今着ているのと同じだ。つまりあなた最近ここに入ったということ」

「ち、違う! それは自分のじゃない。昨日だって赤い服で……あっ!」

当然、これはブラフだ。

俺が長々と喋っている間に、弟にこっそりと服を切らせた。

「語るに落ちたな」

相手自白してくれるよう他にも証拠をたくさん作っておいたのに、まさかここまで早く落ちるとは。

こんな間抜けなヤツに今まで踊らされていたかと思うと、我ながら情けない。

「まあ、とりあえず……社会的制裁は勘弁してやるから、俺の個人的制裁に付き合ってもらおう」

こうして俺の一人暮らしバイト夏休みの終わりと共に終結した。

夏休みボケを治す一環のバイトとしてはビミョーだったが、上等だと思い込もう。


…………

後にタケモトさんからいたことだが、どうやら俺の住んでいた部屋はかなり状態が悪かったらしい。

大家リフォーム代をケチたかったが、このままだと誰も借りてくれない。

そこで大家は、あえて事故物件として売り出そうと考えた。

案外そういうところに住みたがる物好きがいるらしい。

その自作自演に、俺は付き合わされたってわけだ。

「このテのパターンだと、怪奇現象の中の一つは本当の幽霊仕業だったとかいオチ鉄板だけど、ことごとく大家仕業だったなあ」

「アレだ。“人間が一番怖い”ってパターンだ」

「いや、そのパターンにしても今回のはくだらなさすぎるだろ」

とはいえ怪奇現象心霊現象なんて冷静に見れば大体くだらないものなのかもしれない。

「あ、ひょっとして、よくよく考えてみたら怖い話ってパターン?」

「お前は一体なにを期待しているんだ」

そして必要以上の期待をするものでもないってことなのだろう。

まあ、そもそも期待するようなものでもないんだが。

(おわり)

2018-08-27

駅が停電して電車が止まった😨😨😨

十分待っていて気がついた

これは飲むやつだと🤔🤔🤔

酒のほそ道かなんかの漫画で言ってたが、台風ときに吹きすさぶ風や轟く雷の音を聞きながらの酒は

まらんそうだ👨

しかしそこは日本鉄道

早々止まることはなく、そんな機会は訪れることはなかった...😰

と思っていたら今日きた😝😝😛😝😛😝😛😛

これは絶対に逃してはならない

今日は謎な時間昼ごはんを終えていたのでBARにいくことに

早速駅の方に行く

そして音から予測はしていたが大雨☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔☔

そして駅に今ついたらしき人々、衣服が肌に張り付いてるようなびしょ濡れぶり。

普段天気予報理由もなく信頼していない私はもちろん傘を持っていない

目の前の豪雨を傘なしでは切り抜けられない。

いや、切り抜けられる。

切り抜けられるがびしょ濡れになってしまっては肝心の非日常飲みに集中ができない。

ならば傘は買うしかないのだ。買わなければ...買わなければ...!

でも傘を買う傘がない

目の前には二十メートル先にコンビニ

そして下北沢改札には電車が動くのを待っている人々がたくさんいた

🤔...😉💡

駅前ビニール傘を肘にかけながら文庫本を読んでいるダンディーなおじさんに声をかけた

🙇「すぐそこのファミマで傘を買うのですが、傘を貸してもらえませんか」

🙆「いいですよ」

すごい優しかった!!!ありがとう文庫本を読んでいるおじさん!!!

そしてここで会社で培った根回し力も実は炸裂していた💥💥💥💥

🧓📲プルル

👱「はいファミマ下北沢駅前店」

🧓「傘、在庫ありますか?」

👱「そうですね...なかなかありますよね」※原文ママ

圧倒的大雨のなか、傘の在庫がないとは限らない

無駄足にならないよう事前に確認をした😍😍😍

そして安心して傘を買い、文庫本お兄さんに傘を返したらバー直行😊😊😊😊😊

バーではなんかアンチョビとか突き出しチーズを日替わり白ワインとやったりした😊😎😊🙂😉🙂

あと、三千円でマッサージも受けといた

今回は腕前は普通だった

でも非日常を思わず体験できたのでオッケー👍👍👍👍👍👍👍👍👍👍

明日は朝から10時なのが玉にキズだけどそんな感じ😚🙂😊🙂😊🤗😋🤗😊🤗😊😚🤩😚🤗😚🤗😋🤗😋😋🤗😊🤗😚🤗☺️😋🤗😊🤗😊😍😂😄😁😉🚯🛂🚯🛂🚯🚰🚯🚮⛔😁😎😊🙂😊🤗😋😊🤗😚🤗😊🤗😋🤗😂🤗😂😍☺️😎😂😍😂😍😉😚🤗😊🤗😉🤗😆

ちんちん満身創痍

オナニーによる摩擦で擦り傷ができたりかさぶたができたりして痛いかゆい

多分オナ禁して治癒に専念しないとセックスには使い物にならないだろう

でもセックス予定など無いのでぼくはしぬまでオナニーはやめない

2018-08-26

プールに行くと

からくるぶしあたりにかけての虫刺され?みたいな小さい傷がいくつか出来る 

上がってからかいーなとおもってかくとかさぶたになってて剥がしちゃって血が出る

なんなのこれ

愛される奴が嫌いだ

から愛される奴は自分の事しか考えない。人から見れば短所だと思う事を平気で笑いにする。感情を素直に表現するだけで周りが勝手に愛してくれる。

お前は俺に興味が無い事を知っている。俺はお前にいろんな事を話した。お前はそれを知ってるはずなのに俺をキープして弄ぶ。

お前が他の男に愛想を振りまいている時、俺がどんな気持ちなのかを知っているのか。いや、お前は自分の事しか考えないから知らないだろう。

周りの人は言う。「悪気はないんだよ」

そんな事はどうでもいいんだ。悪気がなければ何をしても許されるのか。俺はお前のその性格を好きになった。今となっては、その性格憎悪している。思考回路がずぶ濡れになった気分だよ。

お前は人の気持ちを考えない。絶望的に考えない。頭の片隅にすら無いんだろう。俺は笑ったよ。お前は片思いしてるんだってな。俺に素ぶりを見せといて何なんだそれは。

俺がこんなにも、お前の事を考えているのに、お前は一回たりとも考えてないんだろうな。

まぁもういい。アイドルを好きになって事件を起こす奴の気持ちちょっとだけ分かったよ。

憎悪するしか無いんだ。悪い奴じゃなければいけないんだお前は。

俺はお前の名前を一生忘れない。

お前の笑顔脳みそに刻みつけて眠るよ。

こんなにも、こんなにも心が揺さぶられる事がこの世にあるなんて夢にも思わなかったよ。

俺は大人だ。この感情を押し殺してお前と向き合っていく。

上手く笑えないかもしれない。素っ気ない態度を見せるかもしれない。

優しくて頼りになると言ってくれた俺が変わってしまったと思うだろう。

悪いな。先に謝っておくよ。

大丈夫お前は俺から愛されなくても、皆んなから愛される奴だから

そして、時間が経ったら、お別れしよう。ありがとうさよなら

2018-08-24

anond:20180824224843

そういう映画じゃないからね。

お姉さんとおっぱいぼくのなつやすみ妄想世界の具現化というかつて男の子だった時の夢を叶えてくれる映画から

男にとってのペンギンハイウェイの先にあるものは心揺さぶるお姉さんとおっぱいであり、最後にお姉さんのおっぱいに顔を埋めたアオヤマ君は無事たどり着いたんだよ。

そしてまた新たなおっぱいとの出会いに向けてアオヤマ君のペンギンハイウェイは続いていく。

その姿を見て自分気持ちを新たに自分ペンギンハイウェイを歩もうという気になれる素晴らしい映画

2018-08-21

携帯料金が4割も安くなる。そんなことはない。

菅ちゃん意味不明なことをいって携帯キャリア株価を下落させたので、書く。

議論の切り口は

である

最初に言っておくが、菅官房長官のこの発言は来月20日自民総裁選を見据えたもので、

携帯料金の値下げ」発言政策根拠はなく権力闘争の一手段だと忖度する(=推察する)

総裁選立候補するのは石破茂野田聖子だが、

の2つの効果を狙っているのではないか

できもしない「無茶な政策」を口にすることで暗に「総務相からおろすぞ」と脅しをかけ、

国民に受けがいい携帯料金をだしにして支持率をあおっているように思える。

石破氏に対してはどうなのだと言われてもそれは知らない。私が言えるのは石破ちゃんの顔がアンパンマンに見えるということだけだ。


世界からみた日本携帯料金

検索すればいくつかブログもヒットするが、日本携帯料金が世界からみてことさら高いということはないのである

電気通信サービスに係る内外価格差調査

これは東京ニューヨークロンドンパリデュッセルドルフソウルの6都市携帯料金を調べたものだ(総務省自身調査だ)

平成28年度の調査結果

http://www.soumu.go.jp/main_content/000493771.pdf

平均的な利用パターンとして、月5GBの場合金額抜粋した。

都市金額
ニューヨーク 6,187円
ソウル 4,640円
デュッセルドルフ 3,937円
東京 3,760円
パリ 2,554円
ロンドン 2,505円

もちろん各国の物価は異なるし他にも様々な要因があるので単純比較はできない。

だが、これをみて「携帯料金を4割も下げられる」と思えただろうか。いや、無理な話だ。

海外では公衆Wi-Fi日本よりも多い。日本では携帯電波が津々浦々まで届いているので、公衆Wi-Fi流行らなかったのだ。

またヨーロッパでは新しい電波(4Gとか5Gとか)の普及が遅く、一世代前の通信速度しかでない地域も多い。

まり日本携帯キャリアインフラによく投資しているのだ。

コストをかければ料金もあがるのが道理だが、このランキングは必ずしもそうなっていない。

電波利用料

次に電波利用料について考える。

携帯事業免許ビジネスだ。国から電波仕入れて、ユーザーが使いやすい形にして売っている。

では携帯キャリアが国にいくら電波代を払っているかみてみよう。比較のためにテレビ局金額も合わせて表にする。

主な無線局免許人の電波利用料負担

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/fees/account/change/h28_futangaku/index.htm

ドコモ 209億円
ソフトバンク 168億円
au 137億円
NHK 22億円
日テレ 5.1億円
TBS 4.9億円
テレ朝 4.9億円
テレ東 4.7億円
フジ 4.7億円

ひとくちに電波といっても周波数帯が異なるし帯域幅も異なる。伝送方式も違うしそもそも利用方法が違う。

はいもの民放の30倍から40倍の電波利用料携帯キャリアは国に納めている。

さらテレビアナログ放送から地デジに変わっただけだが、

その間に携帯2G3G→4Gと次々に設備を更改し、通信速度は1000〜10000倍に向上した。

ここで少し視点を変えて、従業員の平均年収をみてみよう。

公的データではないが以下のサイトから数値を借りることにする。正確さは求めずに雰囲気だけみていただきたい。

平均年収ランキング

https://heikinnenshu.jp/ranking.html

フジ 1482万円
日テレ 1453万円
TBS 1441万円
テレ朝 1342万円
テレ東 1256万円
NHK 1160万円
au 905万円
ドコモ 833万円
ソフトバンクモバイル 748万円

テレビ携帯の順番が逆転している。これでも携帯キャリアが儲けすぎだといえるだろうか。

参考として自動車業界年収も載せる。

トヨタ 783万円
ホンダ 773万円
日産 701万円

平均値というもの実態を正確には表さない。

本体子会社年収が大きく違うということもあるし、同じ会社でもホワイトカラーブルーカラー総合職一般職が混ざっていたりする。

しかし業種全体でみれば大まかな傾向は読み取ることができる。

このランキングNTTドコモは143位となっている。日本の平均年収よりはかなり高いが、大企業年収としては「並」の部類といっていいだろう。

逆にテレビ局テレ朝10位となっておりテレ東を除く4社が10位内にランキングしている。テレビ業界ランキング上位を席巻しており、これは明らかに特別」であり「異常」だ。

ここまでの内容を振り返ってみよう

問おう。

携帯料金を4割安くできるか?」

否。菅ちゃん、君をマスターとは認められない。

もし本当に携帯料金が4割も安くなったら

国が無理やり民間ビジネスに口をだして値下げさせるとどうなるか。

ろくなことにならないだろう。

携帯ショップ携帯キャリアではなく販売代理店運営していることがほとんどだ。

携帯キャリア収入が減れば最初煽りを受けるのは販売代理店だ。携帯ショップが4割少なくなるかもしれない。

次にインフラへの投資が抑えられ、田舎電波はまた過去のように悪くなるだろう。

そして世界で5Gが普及し1Gbpsで通信できるようになっても、日本ではまだ100Mbpsで通信してるかもしれない。

最後あらためていうが、今回の官房長官発言自民総裁選に向けた権力闘争のためのものであり、携帯キャリアスケープゴートにされているのだ。

ほんとしょうもないことをする。次の選挙自民党にいれるのやめよっかな。まぁ他に投票できる政党もないんだけど。

2018-08-16

ゴムTENGAしてたの。

久しぶりに中出ししたくなって、ゴムつけずにヤったの。

したらばちょっと後悔した。というか、不安になった。

使い捨てを想定されたブツを洗いもせずゴムつけて使い回してたから、雑菌大量におったかなって。

それを粘膜系に直につけて擦るとか。今更ながらこわい。でも性欲抑えられなくてパコってしまった。

それはそうと、僕の身の回り女性、謎にみんな合意のない中出しをされた経験あって、酷い男も多いものだ、と思いつつ、僕はゴム無しでしたことはなく、彼女達は「子供ができないように気をつけたら合意のもとなら生でも…」なんて言ってて、性教育の敗北だなぁ感じながらも、そんなこと言われたら生でしてみたくなるうぅ揺さぶられつつ、こんなオナホであぁ性病、と思い留まるのであった。

anond:20180816152236

adblock切らないと見せない・使わせないサイトってすげーイラつく

そう設定してるお前もプライベートブラウザでアドブロック入れてるだろうがって首根っこつかんでガクガク頭ゆさぶってやりたくなる

anond:20180816185744

『伝わる・揺さぶる!文章を書く(PHP新書) 2001/11/1 山田 ズーニー』

自分文章苦手さんだったが、これ↑読んで「おおぅ」となった。なんか著者の名前がヘンテコだが、進研ゼミ小論文指導してた人なのでそれなりに信用できるかと。

ついでに話し下手とも思ってるなら、同じ著者のこれ↓もいいかもしれない。

あなたの話はなぜ「通じない」のか(ちくま文庫) 2006/12/1 山田 ズーニー』

まあ文章指南の本は腐るほど出版されてるので、自分の好みに合う本を選びに書店Amazonに今すぐ行け

2018-08-12

anond:20180810215302

イケメンに熱湯かける通りまでも現れないかなあ

さぶただらけの顔になったとたんみんな離れて絶望するそいつに世の中顔が全部だと証明してほしい

2018-08-09

エモいとは感情というベクトルの大きさだけを抜き出す表現

エモい」は、「趣深い」とか、「情緒ある」の謂いなのかな?

僕は「心揺さぶられるけど、うまく形容し難い体験やモノに接したとき気持ち」だと思っていたけど。

感情ベクトルのようなものだと考えたとき、その「向き」はどうあれ、「大きさ」が大きいことを示す表現っていうか。違うかな?

から、平易に言い換えるとしたら、「心揺さぶられる(=エモーショナル)」なんだと思うんだけど、

ベクトルの大きさだけを示すシンプル言語表現って新しくていいじゃない。

ベクトルの「向き」を言葉で正しく伝えられるように、ちゃん感情因数分解して正しく表現できるようになろうね、という批判ならわかる。

でもその時の言い換える言葉は、「趣深い」とか「情緒ある」ではないと思う。

2018-08-03

善悪がわからなくなりつつある

人の立ち位置を考えて、なぜそう思ったのか、なぜそんな行動をしたのか、そういったことが理解できるようになってきた。

なぜ物事はこうなっているのか、どんな経緯でシステムがこうなったのか、どうしてこういう思考が発生するのか、この思想の源流はどこか、なぜそれを思いついたのか、なぜこの人からこの発言が出たのか、どういう人生を送ってその発想が生まれたのか、いまどんな環境にいるのか、どのような生活を送っているのか、感情ストレスはどう変化しているか、ということを考えるようになった。

気付けば「世界とはそんなものだ」という感覚が身についた。怒りも笑いも悲しみもない。あるのはそこに横たわった現実と、それをどう変えればどれが解決するかという発想だ。

ぼくには目的がない。自分自身感情を強烈に揺さぶらせる、雄大で荘厳な、人生をかけたいと思うような目的がない。ある意味怖いのかもしれない。目的自体はたまに思い浮かぶ。どれもこれも解決が困難な課題だ。ただ「人生をかけたのに達成できなかったら……」というブレーキが働き「人生をかけるほどのものではない」とたかをくくってしまう。この先何十年もそれに邁進するという選択が取れない。

自分が何をしたいかがわからない。自分が何を考えているかからない。ぼくは刹那的に、そしてただ外部からの刺激を受け取って、過去のできごとの蓄積から考えをアウトプットしているパブロフの犬しかなかった。今もそのことは変わらない。変わらないが、それを自覚して、ぼくは自我が芽生えたとでもいおうか、ぼくはぼくが動物機械であることを知った。

ぼくは知識貪欲に求めるようになった。世界はまるで子どものころのように新鮮に見える。ぼくはほとんど何も知らない。毎日知らなかった概念発見する。そうなると1ヶ月前のぼくはぼくではなくて、ぼくはだんだんぼくでなくなっていく感覚を覚える。知らないことを知ること、知らなかったことを知ったことで、他者が何を考えているか想像やすくなった。知識はぼくの心の渇きを忘れさせてくれる。ぼくが何者かを考えさせないように没入させてくれる。ぼくにとって、ぼくが暇であることは毒なのだろう。

ぼくはきっとそのうち悪の道を選びそうだ。わかりやすいし自由を尊びたいし、善の道は舗装されているからだ。

ともかく、ぼくはこうしたなんとなくの切なさと寂寥感を抱えて、今日も元気に一日を過ごそうと思う。

2018-08-01

さなタイム」と聞いてぼんやり考えたことは

さなぎを揺さぶったり叩いたり外殻を剥いたりして羽化を促す国家プロジェクト、は~じま~るよ~♥

ホントに始まるかどうかは知らん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん