「直観」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 直観とは

2020-08-27

中学高校数学にいわゆるユークリッド幾何学不要

ここでいう「ユークリッド幾何学」とは、座標空間ベクトル三角関数微分積分などの解析的手法を用いないいわゆる総合幾何学のことです(*1)。2020年8月現在高校数学カリキュラムでいえば、「数学A」の「図形の性質」に該当する分野です。

ユークリッド幾何学不要だと思う理由単純明快で、何の役にも立たないからです。大学に入って、「補助線を引いて、相似な三角形を作って~」とか「コンパスと定規による作図」みたいなパズルゲームをやることは絶対にありません(*2)。これは常識で考えても分かると思います。たとえば工学研究で、ある物体の弧長や面積などを測定しなければならないとして、ユークリッド幾何学の補助線パズル適用できる多角形や円などしか測れないのでは話になりません。一方、座標空間ベクトル三角関数微分積分などの手法一般的現象記述する上で必ず必要になります

もちろん、たとえば三角比定義するには、「三角形内角の和は180度である」とか「2角が等しい三角形は相似である」といった初等幾何学性質必要になります。そのようなものを全て廃止せよと言っているわけではありません。しかし、高校1年生で習う余弦定理:

OABに対して、|AB|^2 = |OA|^2 + |OB|^2 - 2|OA||OB|cos∠AOB

証明してしまえば、原理的にはユークリッド幾何学問題は解けます。それ以降は、ユークリッド幾何学的な手法問題設定にこだわる必要はないと思いますし、実際それで問題ありません。

現状、少なくない時間ユークリッド幾何学に費やされています数学の1単元を占めているだけではなく、その他の単元にもユークリッド幾何学の発想に影響された例や問題が多く登場します。たとえば、複素平面において4点の共円条件や垂直二等分線を求めさせる問題など。そして最も労費されているのは生徒の自習時間です。以前よりマシになったとはいえ大学入試等には技巧的な図形問題が出題されるため、受験生はその対策に多大な時間を費やしています

高校数学では以下のような事項が重要だと思いますユークリッド幾何学を学ばせている時間があったら、このような分野を優先的に修められるようにすべきです。

これらの分野は数学手法としても非常に強力ですし、大学以降で数学を学ぶ際、現実的問題数学物理問題として正確に記述する際に必ず必要になります。仮にユークリッド幾何学が何らかの場面で応用されるとしても、微分積分などと同レベル重要だと真剣に主張する人っていらっしゃるでしょうか?

ユークリッド幾何学初等教育で教えるべきだとする根拠には、大雑把に言って以下の4つがあると思います

  1. ユークリッド幾何学では証明の考え方を学ぶことができる
  2. 図形問題代数や解析の問題よりも直感的で親しみやす
  3. ユークリッド幾何学問題を解くことで「地頭」「数学直観」などが鍛えられる
  4. ユークリッド幾何学歴史的重要である

しかし、これらはいずれも正鵠を射ていません。

まず①は明らかにおかしいです。ユークリッド幾何学に限らず、数学のあらゆる命題証明されるべきものからです。高校教科書を読めば、相加平均・相乗平均の不等式、点と平面の距離公式三角関数加法定理微分ライプニッツ則や部分積分公式など、どれも証明されていますそもそも数学問題はすべて証明問題です。たとえば、関数極値問題は、単に微分が0になる点を計算するだけではなく、そこが実際に極値であるかそうでないか定義や既知の性質に基づいて示す必要があります。したがって、ユークリッド幾何学けが特に証明の考え方を学ぶのに有効だという理由はありません。

②もおかしいです。図形問題を扱うのはユークリッド幾何学だけではないからです。ベクトル微分積分でも図形問題を扱います。たとえば、三角形の5心の存在や、チェバの定理メネラウス定理などはベクトルを用いても容易に示すことができます。また言うまでもなく、曲線の接線は微分で求めることができ、面積や体積は積分で求めることができます。また、ユークリッド幾何学手法問題ごとに巧い補助線などを発見しなければいけないのに対し、解析的な手法一般方針が立てやすく汎用的です。したがって、図形問題を扱うのにユークリッド幾何学手法にこだわる理由はありません。

③は単なる個人思い込みであり、科学的な根拠はありません。そもそも数学教育の目的は「地頭」などを鍛えることではなく、「大学や実社会において必要数学素養を身につけること」のはずです。また、これも上ふたつと同様に「ユークリッド幾何学以外の数学では、『数学直観』などは鍛えられないのか」という疑問に答えられておらず、ユークリッド幾何学特別視する理由になっていません。

④もおかしいです。そもそも歴史的重要である」ことと「初等教育で教えるべき」という主張には何の関係もありません。歴史的重要ならば教えるというなら、古代バビロニアインド中国などの数学特に扱わないのはなぜでしょうか。もっと言えば、文字式や+-×÷などの算術記号が使われ始めたのでさえ、数学史的に見ればごく最近のことですが、昔はそれらを使わなかったからといって、今でもそれらを使わず数学記述するべき理由があるでしょうか。

数学重要なのはその内容であるはずです。ユークリッド幾何学擁護する論者は、「(表面的に)計算問題に見えるか、証明問題に見えるか」のようなところに価値を置いて、一方が数学教育的に有意疑だと見なしているようですが、そんな分類に意味は無いと思います

大昔は代数計算方程式の解法(に対応するもの)は作図問題帰着していたようですが、現代でそれと同様の手法を取るべき理由は全くありません。記述する内容が同じであれば、多項式や初等解析のような洗練された方法重要な結果を導きやす方法を用いればよいに決まっています数学史家は別として)。同様に、ユークリッド幾何学も、解析的な手法で解ければそれでよく、技巧的な補助線パズルなどに興じたり、公理的な方法にこだわる必要はありません。

たとえば、放物線は直線と点から距離が等しい点の軌跡として定義することもできますが、初等教育重要なのは明らかに2次関数グラフとして現れるものです。放物線を離心率や円錐の断面などを用いて導入したところで、結局やるのは二次関数の増減問題なのですから最初から2次関数グラフとして導入するのは理にかなっています数学教育の題材は「計算問題証明問題か」などではなく、このような観点で取捨選択すべきです。

三角比などを学んだあともユークリッド幾何学を教えたり、解析的な手法では煩雑になるがユークリッド幾何学範疇ではエレガントに解けるような問題を出して受験生を脅したりするのは、意味が無いと思います。それは、「掛ける数」と「掛けられる数」を区別したり、中学連立方程式を学ぶのに小学生鶴亀算を教えるのと同様に、無駄なことをしていると思います

----

(*1)

現代数学では、n次元ベクトル空間R^n = Re_1⊕...⊕Re_nに

(e_i, e_j) = δ_i,j (クロネッカーデルタ)

内積定義される空間上の幾何学はすべてユークリッド幾何学に分類されます。したがって、上にあげた座標空間ベクトル微分積分、一次変換なども敢えて分類すればユークリッド幾何学です。しかし、ここではその意味でのユークリッド幾何学不要と言っているのではありません。飽くまでも、技巧的な補助線問題や、公理的な方法にこだわることが不要だと言っています

(*2)

数学科の専門課程で学ぶガロア理論では、コンパスと定規による作図可能性が論じられますが、これは「作図問題ガロア理論が応用できる」というだけであり、「ガロア理論を学ぶのに作図の知識必要」というわけではありません。

2020-08-11

anond:20200811074247

論理事実に基づかず観念論だけで愚策をとり続けるみたいなのを「日本型反知性主義と呼ぶのをあちこちで見かけたが、まだコンセンサス得られてないみたいだな。(ちなみにそれはご存じ?)

警察してるんだからもちろん知ってるよ。

それが誤用だと言ってる。

内田樹の『日本反知性主義』については山形浩生が5年も前に十分批判してるから今更付け加えは要らないだろ。

https://cruel.hatenablog.com/entry/2015/08/20/185544

上に書かれている"事実に基づかず観念論だけで"というのは、むしろ知識人エリートありがちな態度。

そんな象牙の塔に閉じこもって机上の空論をこねくり回して、実際の問題対処している下界の人間を見下す知識人に対して、

反-知性主義一般大衆の地に足つけた身体感覚直観こそが重要だと説く。

まりあなたが言う日本型反知性主義意味は、元の反知性主義意味とは正反対だ。

新しい概念に対して名前をつけたいという場面はあるし、それを今使われている言葉からそのままにせよ少し改変するにせよ持ってくることもある。

ただ、「すでに意味定義されている専門用語学術用語をそれとは正反対意味で使う」というのは、

わざとやってるなら悪質だし、気にならないなら言葉センスが無いよね。

まぁ日本型反知性主義とやらが使われている場面のほぼ全てが、単に対立者というか気に入らない人間に対する「バカ」の言い換えかレッテル貼りから、素直にバカを使ったほうが良いよという結論は変わらない。

2020-08-10

完全に理解した」と「無知の知

無知の知」って、単体だと直観的じゃない言葉だけど、「完全に理解」した人が「まだ知るべきことがあった。やっぱり自分はまだ甘い」となることを「無知の知」と呼ぶんだったら凄く分かる言葉になると思う。

ということは、「無知の知」とは「完全に理解した」の次の段階のことだと定義した方が世の中の知性の向上に資するのではないだろうか?と思う。有用な展開であればソクラテスも許してくれる気がするのだが、どうだろうか。

この着想についての評価がどの程度されるべきかをエロい人に教えてほしい。

らくらくスマホクソすぎだろ

この間祖父母の家に行った。

しばらく行かない間にだいぶ弱々しくなっちまったな、という感じがしたけどそれは今関係ないので割愛

-

以前はガラケーを使っていた祖父母が、お揃いのスマホ機種変してた。それが問題だった。

どうやらやたら使いづらくて困っているらしい。ショップ店員に勧められるままに買ってしまったとのこと。

店員から高齢者の方におすすめです、難しい操作がなく、必要機能最初から入っているので簡単です」と聞いてそれなら使いやすいだろうと買ったら大ハズレだったようだ。

-

実際それを見たところ、結論から言えばクソの中でもワーストクラスの超絶クソスマホだった。あくまでパッと見の問題だし個人の感想だが、簡単に言えばガラケースマホの悪いとこどりだった。

祖父母は「便利になると聞いていたけどよくわからないだけだ」と後悔している様子。

用途ガラケーの頃と同じで、元々メールもほぼ使わないしマジで電話から電話をかけることにしか使ってない。LINEインストールはしたみたいだけど、通知とかメッセージグループとかの概念理解してないしご友人からメッセージも未読どころか来ていることにさえ気づいていないくらい。全く使いこなせていない。

-

電話帳を開くだけでもガラケーならボタンひとつでできるけど、スマホだといちいちアプリを閉じたり画面をスクロールしなきゃいけないから「どこに電話帳があるのかわからない」らしい。

他のアプリ達も「どこを押せば開けるのかわからないし、そもそもどんな機能なのかもわからいから使えない」だってさ。

-

ネットは家にあるパソコンで事足りるし、その場でスマホブラウザを開いて見せたら「画面が小さいし文字も小さくて見づらいから使えないなあ」と。もうスマホである意味ないじゃん。

タッチの反応や文字サイズの具合の設定変更もどこからやればいいのかわからなかったらしく、それを設定し直したら「おかげで使いやすくなった、ありがとう」とお礼を言われた。試しに俺のスマホ(半年前に買ったAQUOS)を見せたら「これならいくらかマシだな、こっちの方がいい」って言ってた。

-

もうさ、らくらくスマホってなんなんだよ。老人向けと言いつつただの悪いとこ取りのクソスマホじゃねえか。スマホ自由度の高さと直観的な操作が売りじゃねえのか。

メーカーはよく聞け、お前ら実際の使い心地を試してみろ、いかにクソかがわかるぞ。こんなクソメカ作るくらいなら高齢者向けのアプリを作って普通スマホインストールさせた方がよっぽど親切だぞ。それでも高齢者向けの機種を作るならもっとマシなやつにしてくれ。せめて普通スマホみたいな自由度ホーム画面にもできるようにしてくれ。カスタマイズ余地を残してくれ。

-

買っちまったもんは仕方がないし勧めた店員にも作ったメーカーにも罪はないけど、せめて使いやすものを作ってくれ。ガラケー廃止の方向に動くのは別に構わないけどガラケーユーザー安心して使える後発品を作ってくれ。頼むから金出して買ってよかったと思うものを世に出してくれ。

オーストラリア人日本人正義・公正の感覚の違い

最近、興味深いエントリを見た。

Uber eats使ったことないけどやっぱりダメだと思った

https://anond.hatelabo.jp/20200805173410

注文したわけでもないのに勝手誤配達された食事誤配達側が処理してくれと言われたことに対して納得できないというものだ。

ちなみに、私はオーストラリア在住だけど、生まれも育ちも日本で、日本人的な思考感覚が染みついているせいか、この人に同意する。実際に、この人と同じように勇気を出して理不尽だと主張できるかどうかはわからないけれど。もし事実ならUber eatsはやっちゃダメなことやっちゃてるなーって直観的に感じる。

仕事柄、オーストラリアに住んでるいろんな文化的バックグラウンドもつ人々と話す機会があるんだけど、おもしろトピックだなと思って、周りのオーストラリア人にこの話をしたところ、「そんな細かいこといちいち気にするの!?」、「Uber eatsに電話したりするコスト考えたらそっちのほうが面倒だしバカじゃない?」、「その人、性格悪すぎ!」というようにみんなから驚かれた。

私はオーストラリアに住んでる人しか知らないので、アメリカヨーロッパの人々がこの話にどういう反応をするのかわからないけれど、おそらく欧米圏で生まれ育った多くの人は同じような反応をするんじゃないかなと思う。実際、オーストラリアに住んでる欧米から移民の人にも聞いたけど、同じような答えだった。

このUber eatsの話に対するオーストラリア人の反応はひとつの例に過ぎなくて、こっちに住んでると他にも日常生活のいろんな場面で、日本人と欧米人の正義や公正に対する感覚の違いを感じる。

たとえば、オーストラリアでは少額決済でもカード決済が主流だと思うんだけど、たまに現金で決済するときレジの人が細かいお金はお釣りとして渡さなときまれにある。小銭なんだし面倒だし渡さなくてもいいよねという感じで。

オーストラリアにはチップ文化もないし、彼らがお釣りを持ち合わせていないわけでもない。なので、ちゃんと「私はお釣りが要ります」って言えば、しょうがねーなーという感じで渡してくれる。

まり「面倒だし、そのくらいいいでしょ。」というのが彼らの常識的感覚なんだと思う。そして、オーストラリア人の客も多くはそれを自然なこととして受け入れているようにみえる。

まぁ実際、小銭なんだからそのくらいあげてもいいし、もしここにチップ文化があったら小銭ぐらい渡すことはやぶさかではないんだけど、なんかもやもやするのはなんでだろう。Uber eatsの誤配達を自分で処理してくれと言われたことに納得できなかった人と同じように、同意してないのに勝手にされたことを不正義だと感じてしまうからだろうか。このもやもや感をいろんなオーストラリア人に伝えたんだけど誰から理解同意が得られなかった。日本人は正義や公正について敏感過ぎなんだろうか。






追記

いろんなコメントをいただいたので、いくつか返信してみたいと思う。

オーストラリア人が寛容なんじゃなくて、オーストラリアごみ捨てが楽なだけ➝オーストラリアといっても、日本と同様に、地域によってゴミの捨て方が異なるようなので一概には言えないみたいだけど、少なくとも私が住んでる地域では、一般ごみリサイクルごみ植物の3つに分けられている。週に一度、回収車が来る日に合わせて、外にゴミ箱を置いておく。日本みたいにいろいろ細かく分別するってことはあんまりないんじゃないかな。なので、一般的には日本のほうがゴミ捨ては面倒だと私も思う。

レジお金合わなくなるのではというコメント➝私もいつも不思議に思っている。

・じゃあお金が少し足りないときでも、べつにいいよって言ってくれるの?➝そう言われてみて思い出したんだけど少し足りないときにべつにいいよって言われたことはあった。これがオーストラリア全土にわたる一般的傾向かどうかはわからない。

・「店員釣り銭めんどくさいから渡さない」という話は正直驚愕モノ➝オーストラリアに来てすぐの頃はいろんな違いに私もよく驚いてた。

日本人だから差別されてお釣りを返されなくてかわいそう➝身近な人に聞いただけなので、なんとも言えないけど、いわゆる白人オーストラリア人でもお釣りを返されなかった経験があるとのこと。アジア人から差別されたということではないように思う。


言いたかたことを伝えるための例が悪かったせいかゴミの捨て方が日本オーストラリアで違うから反応が違うんじゃないってコメントが多かった。たしかに、それは一理あるかもしれないけど、この話はひとつの例えであって、オーストラリアでの生活のいろいろな場面で日々感じる違和感について言いたかった。

・「以前話題になったスジ論対量論の話が参考になる。 https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/041100064/052100004/ 」➝納得。「常に規範を重視し「こうあるべき」を目指す理念追求型の日本人、現状に即した臨機応変合理性を重視する現実主義中国人」。多くのオーストラリア人もこの中国人とだいたい同じように私には思える。教えてくれてありがとう

2020-08-03

伸びたいのに伸びないネットクリエイター4選

絵師・字書き・音楽制作者など全てにおいて、ネット活躍する趣味クリエイターの伸びない奴の特徴を書いておく。

これは男性向け女性向け、全年齢エログロ百合腐女子、老若男女あらゆる属性において同じだ。

SNSで好き勝手言うヤツ

SNSなんだから好きな事呟くべき」という大義名分において、悪口愚痴政治的発言に至るまで好き放題喋るヤツ。

好きな事呟くという自由を盛大に掲げつつも、その結果敵を作ったり幻滅されたりすることが伴う事を知らない。

SNSで好き勝手呟く」と「大衆ウケる」は基本的に両立しない。好き勝手呟いてるように見えるあの人だって色々考えているのだ。

②「伸びない……」「また伸びなかった……」「あんなに頑張ったのに……」マン

別名:ダニング=クルーガー効果の住人。

大丈夫安心しろ、これを言ってる人間はだいたいクオリティが良くない。良かったことがない。

自分的には上手く出来た」と「人から見て上手いと思われる作品」は別物なのだちゃん勉強しよ。

オナニー量産機

「それお前しか楽しくないやつじゃね?」という作品ばかり創る人。

いや、創るのは構わない。むしろ自分需要にこそ最も強くお応えするべきで、この世にないものこそ創るべきかもしれない。

でもそれと「伸びる」を両立させるのは極めて難しい。何故なら「伸びる」とは、大勢需要がある事だからである

④「クオリティはいいんだけど……」さん

簡単に言えば広報の失敗。タイトルサムネイルSNS運用・導線整備などで盛大に失敗している。

イラストクオリティが良ければ直観的に伸びる為、一旦別のページにアクセスしてもらう必要がある漫画音楽動画に多い。

細部や機材に手間をかけてるのに、知識技術はあるのに、なんで伸びないんだ……とダークサイドに堕ちがち。

要するに

セルフプロデュースって知ってる?

2020-07-19

anond:20200719141641

直観光業見捨てると地方は割と地獄様相を呈すると思うんだが、皆自分大丈夫だと思ってるんだろうか。

都民はどっちでもいい人が大半だろうけど。

2020-07-01

anond:20200701153758

きょうだい児」は障害児や難病児のきょうだいである障害児や難病児をきょうだいに持つ)子供のこと

そうなんだ

ありがとう

何故”児”が着いただけでそんな意味になるのか・・・

直観的でない新語作らないで欲しい

2020-06-09

あらゆる内心の自由は無い

anond:20200609071250 はそのように書くべきだ。

何故なら、彼が(彼女が?)「子供性的にみる内心の自由はない」と主張するための根拠として示される以下の事柄は、「子供性的にみる」かどうかに拘わらず、すべての内心の自由に該当する事柄からだ。

憲法19条保障されている内心の自由は、国家が内心に干渉することを禁じる規定で、私人間では適用されない(三菱樹脂事件最高裁判決

従って、「内心の自由私人間では適用されない」事が或る内心の自由子供性的にみる内心の自由)が無い事の根拠になるならば、

内心の自由私人間では適用されない」事はこの世のありとあらゆる内心の自由が無い事の根拠にならなければならない。

これがいくら可笑しな主張に見えても、論理的に考えればそうなる。

では何故そうなるのか?選択肢は2つ。「直観と反していても「あらゆる内心の自由は無い」は真である」か、「前提が偽である背理法)」か、どちらかだ。

 

その後の文は数値は出るものの結局は抽象論に終始していて余り意味が無い(ついでに言えば、増田に付いたブコメも同様)、そもそもあなた達は、具体的にどうしたいのだろうか?

児童性愛であることが判明した人物直ちに強制的な”治療”と”隔離”を受ける社会へと現在社会を変えたいのか(「子供性的にみる内心の自由はない」という強い表現有意味である為には、その位しなければ成り立たない=そこまでしないなら「子供性的にみる内心の自由はない」を成立させられない、と思うのだが)

あるいは児童型のラブドール製造規制したいのか、それとも児童性愛者に罵声を浴びせても正義である社会にしたいのか、イラスト虚構も含めて児童の性を思わせる表現(直接的でない場合も含めて)を規制したいのだろうか?

なんというか、具体的に何をやるのかを伏せて、「子供性的にみる内心の自由はない」などと曖昧な事を主張して印象を上へ下へ動かしてみたところで、実際的には何も言っている事には成らないのではないかと思うのだが、どうなのだろう?

2020-05-30

anond:20200530211119

いや。おれもよく解らないなぁ…と思う時が多いよ。検索して攻略サイト見たりすれば解かるのかも知れないけど。それやるのがイヤで見ないようにしていると、本当に解からない。直観的でも無いし、説明も不親切だなぁ…と思う。なんで、みんなこれを平然とやっているんだろう?と。

2020-05-23

anond:20200523202358

しかにそうだな

信用できるデータなんてどこにもないし統計なんて意味がない

ただただ直観と印象だけで意見を述べるべきだ

2020-04-29

こんなご時世でもおれはせっせと働いているわけだが、在宅勤務だのステイホームだのなんだの理屈をつけて家にいる連中の分まで働かされて搾取されてちょろまかされている気がする

これは理屈じゃなくて直観だけど、かなり正しい気がしている

あーなんかムカついてきた金を払え金を返せ!!!

2020-03-12

anond:20200312224736

直観とは、膨大な経験によって磨き抜かれた叡智。

2020-02-26

日本人は本気でコロナウイルスを恐れていない

本当にコロナウイルスが怖かったら、マスクなんかじゃ防げないのは、直観的に分かるはずなんだよ。

マスクと肌のすき間からたっぷり空気が入り込む感覚を誰もが感じているはず。

マスク感染予防の意味は薄いなぁとアタマでは理解しているにもかかわらず、

ただなんとなく、顔にマスクがついていれば安心感があるので装着している。

その結果、あごマスクという、口も鼻もマスクを掛けないスタイル流行っている。


もし本当に感染を恐れるなら、外出しないことが一番だろう。

そしてやむをえず外出する時は、マスクだけではなく全身防護服を着用し、

ぜったいにウイルス接触しないぞという覚悟を示すべきだ。

2020-02-24

コロナ感染拡大まったなしの状況だが、なんとなく直観的に左翼の嫌いなタイプ議員感染しなさそう。

多分、立憲民主の誰かが感染する。

なんというか運ないもんね。

2020-02-03

anond:20200203170629

自分さがしをすると探す基準自分自身なのでそれが探しているものだったかいちいち確認しなくても直観でそれだと見つけ出すことができるんだよね

ひどいめにあわされたり みにくくおとしめられたり むりやりおさえこまれたりする そんな自分をさがして

そういうものを見つけ出してしまうんだよね

それはおまえちゃうぞっていってあげる人がそばにいないとかそばにいる人がそんな日本語形成する必要性思考する能力放棄してしまうような容姿だと

見つけ出してパブリッシュしちゃうんだよね

2020-02-01

なぜ旅人言葉必要だったかドラゴンの目、解説

anond:20200131142228

こちらの問題解説するで〜

問題と回答は元増田を参照してな)

旅人さんが「青い目のやつおるで」って言うたからみんなが自分の目が青いことに気づけたって話やんな。

でも、青い目のやつがおることは旅人に言われんでもみんな知っとったことやん。

なんせ、みんな他の人が青い目なんを毎日見とるんやから

せやのに、なんで旅人に言われるまで自分が青い目ちゅうことに誰も気づかんかったんか、不思議やんな。

なんでそんな不思議なことになるんか、おっちゃんが解説するやで〜

まずA氏は自分の目の色がわからんから

A氏「ワイは赤目やろうか青目やろうか。もしワイが赤目やったら……」

て考えるわな。

ここでもし、

オッサン「はぁ? 自分青目やん。なんで自分が赤目やったらとかありえんことを想像するん? アホちゃうん?」

とか言うやつおったら、オッサンの方がアホやってことはみんなええよな?

オッサンは確かにA氏の目の色を知っとるよ。けどA氏はそれを知らんやん。

自分が知っとって相手が知らんことを、相手も知っとるはずやとナチュラルに決めつけるんはアホやで〜

話戻そか。

A氏「もしワイが赤目やったらBはどう考えるやろか。そうやな……」

A氏の脳内のB氏「Aは赤目やんな。ワイが赤目か青目かはわからんけど、もし赤目やったら2人とも赤目やから……」

A氏「せや、Bはこんな風に考えるはずや!」

自分が赤目やと仮定したA氏はこんな風に考えを進めるわな。

ここで「A氏の脳内のB氏」なる人物が出てくるのがポイントや。

「A氏の脳内のB氏」≠「実際のB氏」やで。

せやから「『2人とも赤目やから』てなんやねん。自分以外の99人が青目なん知っとるんやから、そんなん考えるBはアホやろ」とか言うオッサンがおったらオッサンの方がアホやで〜。気いつけとき〜。

ほんで、A氏はさらに考えを進めるわけよ。

A氏「ワイの脳内のBの脳内におるCは、このときどう考えるやろか。そうやな……」

A氏の脳内のB氏の脳内のC氏「ほーん。AとBが赤目やから、ワイが赤目か青目かはわからんけど、もし赤目やったら赤目が3人やから……」

A氏「せやな脳内脳内Cはこんな風に考えるはずや!」

ここのポイントは「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」が出てくることや。

もちろん「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」≠「実際のC氏」やし、「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」≠「A氏の脳内のC氏」でもあるから気をつけるんやで〜。

「このC、3人赤目がおるとか有りえんことを考えとるわ……」とかアホなこと思わんようにな。

「実際のC氏」が「赤目が3人やから……」とか考えとったらアホやけど、「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」が合理的検討する可能性の中には赤目が3人のパターンもあるんやで。

ほんでまあ、あとは似たようなことの繰り返しになるんやけど、そのうちに「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏の脳内のD氏の脳内の……氏の脳内のZ氏の脳内の……氏の脳内のΩ氏」まで行き着くわけや。あ、とりあえず便宜上100人目をΩ氏ゆうことにしといたで。

で、この脳内脳内脳内脳内……脳内Ω氏はこう思うわけや。

「ワイ以外みんな赤目やな。もしワイが赤目やったらこの村は全員赤目やし、ワイが青目やったらワイ1人が青目や」

もちろん、これは実際とはかけ離れた想像よ? けど、脳内脳内の……って重ねまくって現実から遠く離れてしもうた想像上の世界におるΩ氏にとっては論理的合理的思考なんよ。

せやから「このΩおかしなことを考えとるで。アホや」て思うオッサンがおったらオッサンの方がアホなんやけど、ここまで脳内脳内の……って入れ子しまくった論理構造人間の処理能力を超えとるから、しゃあないで。人類みなアホ、人類みなオッサンや。

もちろん、実際のΩ氏は自分以外の99人が青目なんを知っとるで?

けどな、A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏にとっては「全員赤目」という可能性もあり得るんよ。

どんだけ「実際のΩ氏」にとってあり得ん仮定でも、想像世界ではそれがあり得てしまうんよ。

その直観論理が食い違っとる感じが、この問題を分かりにくうさせとるんよ。

さてここで思い出して欲しいんが、旅人おっさんが言うとったことや。

「この村青い目のやつおるで」て言うとったやんな?

この言葉が出てきた瞬間、さっきまで論理の彼方にあった「『A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏』が考える、全員赤目の可能性」が消え失せるわけや。

村人各々が自分の目で見て知っとる「村に青い目のやつがおる」って情報と、旅人が言う「村に青い目のやつがおる」って情報は、ここが違うんや。

なんぼ自分の目で見た情報があっても、「A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏」て具合に仮定仮定を積み重ねていくと、それぞれのA氏やB氏やΩ氏は自分の目の色を見ていないわけやから、それを1個ずつ重ねていったら「全員の目の色がわからん」のと同じことになるわな。

この仮定世界は実際の世界とはちゃうんやから現実で見たみんなの目の色は無意味や。せやから、みんな赤目みたいな実際とかけ離れた極端な可能性も、論理の彼方では成り立つんや。

せやけど、第三者旅人保証する「青い目のやつがおる」はちゃう

これは論理の彼方まで行ってしもうた「A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏」にとっても同じように有効なんや

から旅人おっさん発言があって初めて「全員が赤目」という可能性が、脳内脳内の……っちゅう想像でけへんような世界からも完全に消え去るわけやな。

あとは、まだ「99人赤目で1人が青目」みたいな可能性が、やっぱり脳内脳内の……の世界にはまだ残っとるんやけど、これは1日経って誰も村から去らんかった時点で消える。

同じように「98人赤目で2人が青目」の可能性は次の日になっても村から人が去らんかったことで消える。

そんで、そのたびに「脳内脳内の……」の入れ子構造も1つずつ減っていくわけや。

そないしとったら、そのうちに「1人赤目で99人が青目」の可能性だけ残っとるいう日が来る。

その日には論理入れ子になることものうなっとるから、つまりこれは「自分けが赤目の可能性」ちゅうことや。

その日が過ぎても村から人が去らんかったら、すなわち自分も青目やっちゅうことやね。急いで引っ越し準備や。

ほんで、翌日みんなでスタコラや。そして誰もいなくなった、やね。

結局この問題がわけわからんのは「脳内脳内の……」って具合に仮定の話を積み重ねていくと、だんだん現実から乖離していって「ん、これなんかおかしない?」って脳がエラーを感知してしまうからなんや

ほんまはエラーやなくて、仮定仮定を重ねまくった世界から論理的には成立しとるんやけど、直観的にはそれが納得できへんからけがわからんくなるんよ。

しかも、旅人の「青い目おるで」は普通に「言われんでも見たらわかること」やから増田みたいな疑問が出るのは当然のことや。

「見たらわかること」は仮定仮定を積み重ねた世界では消えてしまって、第三者発言は消えてしまわんのんやけど、これも直観に反するからけがわからんようになる。

そんなわけわからん問題やけど、こうやって丁寧に解きほぐしたら多少は分かりやすうなるからおっちゃんの解説で少しでも理解が進んだら幸いやで〜。

ほな!

2020-01-25

YOUTUBERきらい

YouTuberが嫌いだ。いや、嫌いというのは正確ではないかもしれない。理解できないものへの嫌悪との峻別がまだ十分にできていないような気がする。ある友人が仕事を辞めてYouTuberを目指す、と言い出してから本格的に分からなくなってしまった。人生を賭ける価値のあるものだとは思えない、というのが率直な感想だった。

しかし、人生を賭けて「YouTuberを目指す」と「野球選手を目指す」、あるいは「ミュージシャンを目指す」、「芸人を目指す」というのは本質的に違うことなのだろうか。直観として違う、とは思うのだけれど、未だに自分自身を納得させるだけの答えを見つけ出せていない。もしかして自分YouTuberという新しい職業理解できず、腹の底の方で単に舐めているからなのではないのだろうか、と。

「他と比較して圧倒的に高い能力提供を対価として生活の糧を得る」というものプロフェッショナルだと思っていたが、YouTuber果たしてそうなのだろうか。以前、HIKAKIN24時間に密着した動画を観たことがある。彼は本当に休む間もなく赤い目を擦りながら、セブン惣菜をかじりながら、働き続けていた。その時は「これはプロ仕事だ」と確信した。ただし、そのプロ仕事から出力される作品の魅力についてはあまり理解できていなかった。

単に流行りの、取るに足らないブームである、と結論付けるのは適切ではないと思う。そして、天ぷら屋で10師匠仕事を見続ける、あるいは有名どころの前座をし続ける、みたいな下積みのなさにその原因を求めるべきでも無いと思う。それでも30年、50年残り続ける、ある種の芸術的な強度みたいなものも感じられない。

自分無知ゆえなのか、これをうまく切り取るフレームが見つけられない。何を勉強したら理解できるようになるんだろうか。

2020-01-18

anond:20200117231709

どんな動物かわかる直観的なデザインだった。

ただケモ度が高いって事じゃないですかねぇ

ケモ度を上げるとついてこれない視聴者読者がでてくるのが諸刃の拳

2020-01-17

シートン学園の色

はじめキートン学園だと思った。

ところで、あのアニメで狼と猫がピンク毛色で描かれていてわかりづらい。

なんとかならなかったのか。コアラは緑だし。脳が混乱する。

シマウマ蘊蓄披露するならもうちょっとあったんじゃないかい。

その点、けものフレンズはすごかったんだと思う。割とどんな動物かわかる直観的なデザインだった。さすがたつき

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん