「定量的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 定量的とは

2020-05-22

ダメ出し

資料レビューしてくれって依頼がきた。

提出先はやや気難しいと言われるクライアントだけど、論理的説明すれば

理解してくれる人で昔、自分自身も鍛えられた。

そんな人相手なのでしっかりプランニングプレゼンしてるんだろうな

と思ったら、グズグズのプレゼン論理矛盾言い訳だらけ。

こんな指摘は複数回行っているが改善されない。

とても悲しい。

なによりもこの依頼主がかつての自分上司だったこと。

自分が部下だったころ、定量的かつ論理的説明してたのを散々

否定してくれたな、そういえば。

ただただ、悲しい。

anond:20200521200340

 話が違う。一行目は半ば真実で、理由は四つ。

プログラムによる既存業務効率化は目に見え易いので、非効率だった多数の人材自分匹敵する能力を持っていると勘違いやすい点。

オブジェクト指向プログラミング自体事象抽象化や細分化、項目化といった思考必要で、物事数学的把握が必要な点。

効率化によって職を失う人間はこの先も増えるが、自分達の仕事は減らないだろうという漠然とした思い込み

定量的数学的把握は説明がしやすく、業務プレゼンへの応用は楽だが、数値から漏れた部分や把握できないイレギュラー無視しがちである点。

4つ目は敢えて言うなら文系素養必要で、これを持っている人間が一流。プログラムにできない(し辛い)部分を把握するプログラマー自分仕事無意味さを認める事になるが、これを抱えたまま仕事をするのはメンタルの面からも大変。他に挙げるとすれば、専門用語が多く仲間内で親交をする傾向が高いので外部からの目に気付き辛い点、一種官僚化だろうか。

それから6つ目(笑)と言ってもいいかもしれないが、プログラムその物の社会的意義まで頭の回っていない人間が多い印象はある。業務効率化による収益増は当然、自分給料に反映されるが、そこから漏れた部分の責をプログラマは問われない。

 一例を挙げれば、(文書に限り)郵便事業が縮小による情報伝達の効率化という恩恵は万人が受け、効率化に伴う収益電子化業者郵便事業者と分け合ってきたろうと推測されるが、電子化業務従事者は封書葉書印刷業者や納品業者インク製造業製紙業界までに頭を回す事が出来ない。もっと言えばパルプの精製や原料の輸出入にも関わり、産業としてはまさしく革命が起きていると言っても良いが、それを自分仕事に係わる物だと捉えているプログラマーはまずいまい。

負の側面として電子文書は膨大な労力をかけてフォントや外字の整理を今も強いられ、ファイルフォーマットや送受信データ形式の細かな不整合放置したまま進んできたが、それに関して電子化業務から社会への問いかけといった視点はなきに等しい。加えて、数値化不能な(文書に限る)郵便業務の益は、配達員顧客コミュニケーション地域事情の把握、高齢者福祉に関わる面にまで及ぶのであり、それをモニターの前にいるプログラマが担うのは不可能である


 二行目に関しては特権意識とは全く関係がなく、言語による思考を行っていない人間言語で話しかけるのが間違っているのではないか、と考える。

絵描き作曲家の例を挙げれば理解は容易である。これらは頭を使っている、いない、の問題ではなく使い方が違うだけの話だ。

 そもそも、頭を使うの対義は身体を使う、になるのかしれんが、ヒトがどちらか一方だけを使うなど有り得ないし、その活動比重が脳に偏っていれば偉い、と言うのは思い上がりである

2020-05-09

anond:20200507235719

ブクマカは使ってる言葉が小賢しいだけで、中身はバカから

在宅仕事すると気分転換になる。ぐらいの認識を、

大げさに能率が、生産性が、と言い換えてるだけ

もちろん定量的に測定して確かに能率がアップしてることを確認したやつなど一人もいない

2020-05-04

anond:20200504142421

利権の度合いを定量的に比べられないの?

定性的に比べると、マスメディア見ている限り、ジャニーズAKB坂道系の秋元康グループも、同等に出演できているように見えるんだけど?

2020-05-03

同じ重さでも男を背負うのと女を背負うのでは感じる重さが違う

同じ時間でも男と過ごすのと女と過ごすのでは感じる時間が違う

感性は決して定量的ではないのだよ

2020-04-26

anond:20200425123105

コロナっぽい症状2日目

関節痛は概ね消滅した

咳や鼻水は全くない

俺は鼻の粘膜が弱く、風邪を引くと鼻が酷いことになるのでこれは不思議

なぜか便秘。食うものは食ってるのだが便意が全くない。二日ぐらいうんこしてない

頭痛継続。昼頃は目の奥が痛かったが今は痛みがない。

気になるのは発熱。今はかなり下がってる気がするが、昼頃は結構熱があった気がする。家に体温計がないので定量的にはわからない。

ネットコロナ発症者の体験談を読むと、熱が上がったり下がったりする。大抵夜になると熱が上がると書かれてるので、

これからまた熱が出るかもしれない

明日仕事だけど、休んだ方が良さそうだ

せっかくの有給病気で寝込むのに使うなんてもったいないけど、仕事できそうにないし仕方がない

2020-04-22

コロナにおびえず歯科医院に通おう。じゃないと死ぬよ?【追記あり

歯科医院に通う患者さんの数が減っています

もちろんコロナウィルス蔓延を防ぐために不要不急の外出は避けるという考え方は正しいものですし、最終的に来院するかどうかを決めるのは患者さん自身です。

しかしながら一部の報道等によってバランスを欠いた情報提供され、過剰に歯科医院への来院が抑制されることで、結果として患者さんの健康が害され命が奪われるのは本来あってはならないことです。

そこで、「歯科医院に通うことでコロナウィルス感染して死に至るリスク」と「歯科診療を延期することによって寿命が縮むリスク」を定量的比較してみました。


 歯科診療を延期するリスク:死亡率0.56%~9.44%上昇

 コロナによる死亡リスク 最悪ケース:死亡率0.0085%上昇

 コロナによる死亡リスク 現実的なケース:死亡率上昇は無視できる(死亡確率156億分の1)


【前提条件】

歯科診療で最も不急と扱われている検診・メンテナンスを延期した場合

・最も状況が悪い都道府県の一つである東京都感染者率を採用

東京都の平均年齢である44歳付近平均値として採用

ハーバード大学の試算である2年間のコロナウィルス蔓延歯科診療延期を仮定


結論としては、「歯科医院に通うことでコロナウィルス感染して死に至るリスク」よりも「歯科診療を延期することによって寿命が縮むリスク」の方がケタ違いに大きい(したがって延期期間が2年でなく1ヶ月の場合ですら圧倒的に歯科医院に通わないリスクの方が大きい)ということがあらためて確認できました。まあまともな歯科医師・歯科衛生士なら直感にわかっていることですが。

報道センセーショナルな内容で数字をとってなんぼなので、そのために人の命を奪うのはいものことですし、厚労省歯科医師会、大学病院にとっても、「歯科診療が延期されることで人命が失われても誰からも怒られないが、コロナウィルス感染者や死者が出るとすごく批判される」ので、自分の身を守るために診療を延期し患者さんの命を奪っているという現状もいたしかたないことなのかもしれません。

でも少なくとも、最前線で命を救っている歯科医師や歯科衛生士は、患者さんに正しい情報を発信し、いつも通り診療を行うよう努めたいですね。

患者の皆さんもおびえずしっかり歯科医院に通いましょう。


追記

1つ忘れてたので追記です。

歯科診療のうち特に歯周病治療糖尿病等を改善させることがわかっていますが、コロナウィルスの最大のリスク因子は糖尿病であるため、こういった口腔内の改善コロナウィルスリスクを下げる意味でも有効です。

コロナ以外の桁違いに大きい口腔内リスク改善のために歯科医院に通院するのはもちろんですが、コロナリスクを下げるためにも歯科医院に通うのがオススメです。


以下算出根拠

興味のある人以外は読まなくていいです


歯科診療を延期するリスク」の算出根拠

歯科診療で最も不急と扱われている検診・メンテナンスによる効果は長期的な歯の喪失の防止なので、『健康長寿社会寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス 2015』(日本歯科医師会から歯の喪失生命予後の数値を読み解く。

これによると、歯の喪失は死亡率を1.1倍~2.7倍に上昇させる、つまり10~170%の死亡率上昇を引き起こすとの結論に至っている。

平均余命 平成22年』(厚労省)によると、45歳の平均余命東京都の平均年齢である44歳付近採用)は36年間なので、この10~170%の死亡率上昇が36年間続くことになるが、一方でこれを引き起こす要因となる「検診・メンテナンスの断絶は一時的ものであり、今回は2年間と仮定しているので、[2年間÷36年間]の分だけ死亡率上昇が起こるものと考える。

したがって、

 10%✕(2年間÷36年間)=死亡率0.56%上昇

 170%✕(2年間÷36年間)=死亡率9.44%上昇

となる。


コロナによる死亡リスク 最悪ケース」の算出根拠

厚生労働省クラスター対策班の西浦博北海道教授が示された試算によると、「対策を全く取らない場合、約42万人が死亡する恐れがある」とのこと。

このうち歯科医院での診療受診によって感染する者の割合は(現時点では筆者はそのようなケースが見つけられないがそれだとゼロ%になってしまうので無理矢理ながら推定すると)現実的には数百分の1から数万分の1と思われるが、仮に「これ以上高いということはありえない」というライン100分の1と仮定する。

また、この死亡者は一度きりのものなので、一生にわたっての死亡率への寄与に換算する。

『令和元年(2019)人口動態統計の年間推計』によると年間死亡者数は137万6000人。平均余命は同様に36年間を採用

したがって、

 42万人✕(100分の1)÷(137万6000人✕36年)=死亡率0.0085%上昇

となる。


コロナによる死亡リスク 現実的なケース」の算出根拠

まず歯科医院でどのような感染が起こりうるかだが、まともな感染対策をしている医院であれば、治療のものにより患者さん同士の感染、もしくは術者から患者さんへの感染というのはありえない。もちろんゼロ%ではないが、現実的にありえないほど確率が低い。歯科医院では「すべての患者さんが何らかの感染症を持っている」と仮定し、感染が起きえないように強力な感染対策を常時行うのが一般的ポリシーからだ。(もちろん一部には院長・スタッフ無能さ・悪質さゆえに十分な感染対策が行われていない医院もないわけではないが)

したがって、仮に感染が起きるとすればただひとつ、「待合室で患者さん同士が接触感染が起きる」場合

コロナウィルス患者存在する割合は、最も状況が悪い都道府県の一つである東京都でも4/21時点で感染者は3,307-625人=2,682人、東京都人口(推計)は約1395万人なので、5,201人に1人が感染者ということになる。

したがって、「待合室で患者さん同士が接触感染が起き死亡に至る」には、ざっくりの推定


「5000人に1人しかいない感染者が」

5000分の1

体調不良をおしてなぜか歯科医院に来てしか奇跡的に医院でバレずに追い出されることもなく、もしくは無症状者で」

10分の1

「待合室で平均5分もない待ち時間の間に」※待ち時間については当院の場合もっと長い医院だと確率高まる

5分の1

奇跡的に知人などの関係で会話するなど濃厚接触の機会があり」

100分の1

しかもお互いに感染防止の意識が低くマスクもつけない・外しており」

10分の1

「実際に感染が起き」

10分の1

「死亡につながる」

50分の1

「通院を8回程度」(3ヶ月ごとメンテを2年間)

8倍


ので、156億分の1程度と推定される。

anond:20200422084811

自己責任論の問題点は、どんなことにも「自己責任」を見出すことはできるけど、結果に対してその「責任」とやらが何パーセントを占めてるかは定量的に示されないことにある。

たとえば、「無条件で1万円またはサイコロで6出したときのみ6万円」という場合サイコロを振って0円になった人間に対しては、一応「自己責任でしょ」とは言える。これは、結果に対する「責任」の割合100%からだ。だが、道を歩いていて隕石にあたった人に「自己責任」と叫ぶのは常軌を逸している。その時そこを歩いていて隕石にぶつかったのは事実だとしても、それを「因果」で結び「個人責任」に帰着することは、少なくとも事前に予見できることではない。

このことから分かることは、「自己責任」論というのは、物事が起こる「前」ならば有効であるが、「事後」から遡って論じる場合上記のような誤りを犯す可能性があるということだ。つまり、せめて後出し禁止としておかないと有効性が担保できない、脆弱な論だということ。それを忘れてはならない。

2020-04-16

「何故かマスゴミが報じない」フォーマットが便利すぎる

コメント欄では反証(○○紙では一面でしたよ、など)がなされているけれども、それにしたってこの手の「とても重要ニュースなのに、なんらかの理由があって、何故か日本マスゴミが報じない」フォーマットが便利すぎる。

反証にはコストがかかる。反証スピードリツイートの速さには及ばない。初手で仕掛けたほうが圧倒的に有利になる。

「何故かマスゴミが報じない」フォーマットはあまりに便利すぎるので、右でも左でも使うし、そしておそらく芸能人ファンスポーツファン特定ブランドの支持者、健康法実践者、陰謀論者、ありとあらゆる分野で通用する手法だし、実際にしているだろう。

現代では誰もテレビニュース番組も新聞紙も目にしていない。

現代では誰もテレビニュース番組も新聞紙も目にしていない。自分好みにカスタマイズしたタイムラインから情報摂取する。だから「山の向こうの里(=マスゴミ)では夏なのに雪が降ってる」と言われればみんなそれを信じる。

参照可能定量的ソース必要ない。そう信じたい、そうあって欲しいという一人ひとりの心が「何故かマスゴミが報じない」を現実にする。

2020-04-05

やっぱり婚活ってevilだわ

婚活構造って、人間性とか人柄、個々人が持ってる独特の特質みたいなのが完全に無視されて、画一化された評価になるんだな。特に男性へは定量的な要素が重視されやすいのは至るところで言われてるし。

そういう場に長く身を置いてると一次元的に人を評価するようになって、俺、私様が下のやつを啓蒙してやるよ的な思考になってるのがよく分かる。利用者運営アドバイザー)、どちらもな。

こういう奴らが信頼スコアみたいな物を推進しようとしてるんだろうな。

2020-04-01

満員電車コロナ

Twitterでmedtools氏が、満員電車におけるコロナ感染可能性について興味ありげだったので、ネットの海に放流

ちなみに、本記述は、増田定性的感覚に基づくもので、定量的データに基づく論考ではございません

監査対象は、増田が日頃利用している東京都西部および都心部JRが主で、各線それぞれの差異はあろうかと思います

テレワークオフピークにより、ラッシュ中央時間乗車率は下がっている

# 傍証として、明確な理由(人身、機器トラブル 等)以外の、一般的な混雑に伴う遅延は、三月以降ほぼ消滅している

・一方で、オフピークにより、ラッシュ中央時間以外の乗車率は上がっている時間帯もある

ただし、ギチギチ満員ではなく、あくまで以前との相対的混雑度アップ

・外気との定期的な換気 は、車掌による明示的な機器操作必要で、JR東では最近動作させているようだ(これより換気を行います というアナウンスがある)

・ドア開閉による換気 は、車両中央部まで効果があるのかは正直疑わしいが、同じことを考える旅客が多いのか最近窓が細めに開けられていることが多い

# ただし、窓が物理的に開かない車両もある

・咳、くしゃみチケットコロナ以後、劇的に向上

車内で無防備に咳してるひとは、ほぼ絶滅(たまにいても、ハンカチ使うかマスクしてる)

乗客マスク装着率は90%近い

といった状況に加えて、朝ラッシュ時は、基本誰も喋らないため、密閉、密集、密接それぞれの感染リスクはそれ程高くない と認識

一方、夕ラッシュ時は、17:30〜19:00前後の混雑がむしろ平時より悪化している感じで、車内で喋っているひとも多く(また、いっぱい話すひとに限ってマスクしてなかったりする)、朝よりは、密集、密接 のリスクが高い印象ですが、密閉 については前述の通り、対策されていると認識 なので、電車は三密には当てはまりにくいのではないかと思います

個人的には、家族恋人、友人知人、上司部下同僚との移動であれど、混雑した車内で無防備に喋りまくるのは、このご時世避けていただくと、こちらの心の平穏にも寄与するので、コロナ騒動が落ち着くまでは、公共交通機関ではあんまり喋らない というムーブメントが来て欲しいな と。

職掌柄、なかなか電車通勤を避けられない現場からは以上です。

2020-03-26

anond:20200326150846

まあ、岩田さんも定量的には言わずふわっと言ってるだけで日本pdfの方には重傷例0となってるんだから許してやれって。

(そろそろ放っておけば自滅するんだから

政治家もっと外出を中止しやすいように情報提供して

予定されてる宴会とか集まりいくら出自要請が出たって言っても

「でも◯◯さんのお祝いだし…」

「今しなきゃ今後はもっと厳しくなりそうだよ」

などと言われたとき、開催に反対しようにも反論材料がない。

「なんか危なそうだから」「都知事ダメって言ったから」じゃ説得できないし、こっちが雰囲気楽しいまりに水を刺そうとしてるKYみたいになるから中止を言い出しづらいじゃん…

もっと感染の増加率とか、潜伏の可能性がどのくらいとか、今後の拡大見込みとか、海外の状況とか、定量的定性的危機感がわかるよう情報提供してほしい

2020-03-24

anond:20200324174114

はっきり分かってたら国だってバカじゃないか予算投入してるだろ。はっきりしてないからそういう人が放置されてるんじゃないのか。

定量的なことが知りたいなら、研究論文の数、研究者の数なんかを横軸に、国際収支や一人当たりのGDPなんかを縦軸にして線を引けばいい。

ただしそれで分かるのは相関関係であって、因果関係でないから、結局はっきりしたことは言えない。ヤフー知恵袋で聞け。

2020-03-13

anond:20200311165317

ギョーカイ人傲慢さが嫌いです。

なんであんなに偉そうなんだろう?

コネが何よりも大事セレブには媚まくり一般人を見下し、そのくせファッション左派を気取る。

民放テレビ放送広告モデルで成立しているので、「ゴミ」の方が主体であるもの文化を作ってるとドヤ顔されても。

ゴミ」として制作されたものなかに芸術なり文化なり評価されるものがあるのは確かだと思うが、それを選ぶのは鑑賞者や批評家であって制作者ではない。

海外では定量的広告理論がずいぶん昔から主流なのに、日本独特の「感性マーケティング」の方を礼賛するとは恐れ入った。

オールドメディアハンドリングという既得権を仲間内でやりとりしているうちに、ネットメディアが出てきて廃れてしまっただけのこと。

anond:20200312181846

>種々のコストアウトプットを考えれば

これが定量的にわからないから最大限維持が安パイなのでは

2020-03-11

anond:20200311115606

そんなワヤな定義ではなくて、テドロスおじさんによると「定量的数字基準にした」定義があるらしいぞ。

定量的パンデミック基準ソースらしきものを見たことないんだけど。

2020-03-04

anond:20200304171409

家で一時間くらいなら、毎日時間ゲームをする、それ以外のとき対応するのでゲーム中は一人にして欲しい、と宣言してみるとか。頼みごとはテキストで送ってもらって終わったあとや翌日にやる。代わりにパートナーにも一時間くらいは邪魔されない時間担保する。一人でなんかするのが好きじゃない人だと成立しないが。

依存症かどうかは言う通り生活に影響が出ているのに止められないかなので、定量的には判断できない。もしパートナーの当たりがキツいのが辛かったり申し訳ない気持ちがあって、止めようと思っているのに止められないとかだとまずいかも。パートナーの許容度というか、自分がどうしたいと思っているか重要っぽい。専門家でもなんでもないので雑談程度に。

2020-02-29

anond:20200229162642

知らんけど、人々が全員同じ職業についているわけではないから同じもの徴収できない、ってところから発生して「定量的徴収できるもの」として貨幣を作り出した、ってのは割とわからんでもない。

2020-02-27



死亡率がインフル10倍やぞ

2020-02-21

池田信夫って橋下徹にだけは少し言葉遣い丁寧だよね。

池田信夫って橋下徹にだけは少し言葉遣い丁寧だよね。

2020-02-16

野口武彦鳥羽伏見の戦い』を読んで

野口武彦鳥羽伏見の戦い幕府の命運を決した四日間』(中公新書2010年)読了あとがき以外は面白いね。

あとがきの「閉ざされてしまった回路」(=あったかも知れないイフ)は興味深いが、この書名や慶喜に負わせる問題じゃない。そして一つ目の公議政体はともかく、二つ目の「天皇制ぬきの近代日本」は荒唐無稽。このような反論に著者は「こう考えることを妄想だとする向きは、話があまり大きすぎて歴史的想像力がついてゆけないかである」と予防線を張るが、それはそうじゃない。

歴史にはたくさんのイフがあり、それぞれの実現可能性にとってプラスに働く因子とマイナスに働く因子とがある。それら諸因子の大小強弱は定量的に計測できるようなものではないが、ある程度の序列はつけれられる(というよりつけなければならない)。野口さんの言ってるのは、「マイナス因子をすべて無視すれば別のイフもあり得た」というに過ぎない。

彼は慶喜よりもはるかに大きな他の因子、例えば思想史的要因を全く無視している。列強ひしめく国際社会へ出て行ったときに、来たるべき「日本人」のアイデンティティはどこに求められるのか。それは「皇国」以外にないだろう。それは鳥羽伏見のずっと以前から使われている言葉で、すでに相当な浸透力をもっていた(松陰を想起せよ)。たとえ慶喜が逃亡せず新政府首班に座る(=徳川勢力が温存される)としても、天皇権威を前面に押し出さなければ新たな公議政体での意思統一はできなかっただろう。となれば、それが天皇神格化神聖付与へ向かうのは自然な流れ。(来たるべき憲法の条文がどうなるかはともかく)

天皇制を32テーゼではなく著者のように定義するなら、慶喜が逃亡しようとしまいと、かなりそれに近い状態に達したと考えられる。

要するに「天皇制ぬきの近代日本」というイフにとって、慶喜逃亡はきわめて小さい因子に過ぎない。他にもっと強力なマイナス因子があるのに、それらを全部無視してイフを手柄顔で語られてもねえ…。

天皇制ぬきの近代日本はあり得ただろうか?」という問題提起は興味深いし意味があるが、慶喜逃亡が決定的な因子であったという主張は愚かしい。その意味で「この書名や慶喜に負わせる問題じゃない」と書いた。アルキメデス支点に立ってるように見えるのは、著者が戊辰戦争ばかり見てるだけのことじゃないの。

から、ここに至って、なんでこの著者と気が合わないのかもはっきりする。この人の本は面白いけど、同時に「面白い話を一発吹いて目立ってやろう」という助平根性も感じるんだよね。勿論この人はれっきとした学者であって、歴史作家のくせに歴史学者のふりして商売してる人種とは違う。だから猶更その根性が気になる。我々はワトソンより寧ろロザリンド・フランクリンであるべき。ワトソン剽窃者として謗りたいのでははなく、帰納的に考えることをおろそかにしてはならないということだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん