「総体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 総体とは

2020-05-14

anond:20200514231953

20代の子が、震災時の民主党がひどかったって言ってたよ。

何がひどかったのって聞いたら、原発事故対応がとか言うんだけど、彼ら当時は高校生とかなんだよね。

からしたら菅・枝野100%とはもちろん言わぬが総体としてまともな対応だったという認識で、

しろ自民下位互換みたいな野田政権イメージが最悪なんだけど。鳩山は、ええと、まああれだ。

で、なんか思ったのは、その後の自民による反民主キャンペーン結構効果を発揮してるのでという

感想を持ったのだった。

2020-05-09

anond:20200509125009

何でマイノリティって自分に当てはまる属性総体自己と同一視して発狂すんの?

淫夢ホモだ何ちゃらもお前じゃないんだから気にする必要なくね?

2020-05-08

演劇人は今後口の利き方に気を付けるべきだな

あの辺の人たちって普段から薄っすらと、いやいやわりと露骨総体として日本のことバカにしてたじゃない。

からいざ困って国に支援を求めても、大衆の反応が「知るか、河原乞食らしく野垂れ死ね」となったわけだ。

まあね、日本演劇なんて太い実家含むパトロンの援助と可哀想若者搾取で成り立つ市場に背を向けたシロモノだから所詮一般大衆のお前らなんて客じゃねえ、ってことで言いたい放題バカにしてきたんだろうけど。

国なんぞに頼らねぇって無頼も気取れないなら、せめて国民大衆に嫌われない程度の「演技」はしてみせないとな。

2020-05-01

転売屋について雑に書く

医療関係者は、需要が高まったら、価格を上げてその利益によってマスクが高額であっても買えるというのが自由市場担保されている場合だが、実際は、保険制度などによって医療関係者は、保護されている代わりに、医療費を恣意的に引き上げることができないようになっている。そのため、国(われわれの総体)が、医療関係者の代わりに高額になったマスクを買い、差額を補填することで医療関係者を守る必要がある。

問題仕事のために外出する人や、持病のために感染が致命的になる人のためのマスクが足りていないのだから転売屋転売行為禁止すべきという声があることだ。

まず、感染自体自然災害であり、誰にも責任を問うことができない問題である。つまり、この問題に対しては、われわれ一人ひとりがそのリスクを負い、対応するべき問題である

国は、医療関係者のように社会的保護することで、一定サービス保証することに価値があると考えられるものに対しては公的支援対象としているが、そうではない対象であるわれわれ個人に対しては、そのような保護はしていないし、されることも望んでいない。

それは、基本的に我々は経済活動の中で、価格任意に決めることができる自由を持っていることも意味する。そのため、需要供給バランス需要が大きい場合は、供給量が変えられなければ、価格を上げることになる。

しかし、現実的にはメーカーはそのような一時的価格上下を嫌う消費者の信頼を失うことをおそれ、価格を変えない。そこで登場するのが転売屋だ。転売屋価格調整をする役割果たしている。つまり、我々の経済活動 = 価値の交換においてお金を使うことでその需要供給バランスをとっているのである

この転売屋禁止するというのは、その交換できるものを、「お金から、「時間知識技術」に置き換えているだけである。つまりマスク販売している実店舗ネットショップで購入できる時間知識技術があるものけが買えるように差別しているのである

お金」というのは最もコモディ化された価値交換ツールであり、さまざまな方法で獲得、保持、交換できるインフラが整った最も平等に使えるツールの1つである

お金は、時間知識技術のように獲得の方法能力、機会に偏りがあり、貯蓄したり交換したりすることが難しいツールよりもずっと公平性があり、そのお金を使って解決する方法提供する転売屋による調整は、他の方法より公平だと考えるのは自然である

もちろん、お金を稼ぐ能力環境によって差別しているという主張は甘んじて受け入れる。しかし、それよりマシな方法ってあるのかなあ?

2020-04-28

anond:20200428213712

多様性を残した方が総体としては生き残りやすいのかもしれない

2020-04-26

二次創作ガイドラインによる二次創作公認でも黙認でもない。

東方など二次創作ガイドラインが出ているコンテンツに対する二次創作公認でも黙認でもない。

公認→2者が個別交渉して合意した契約書を交わしての使用許可

黙認→二次創作ガイドラインが出ていない作者のコンテンツを用いた二次創作で、作者がクレームを付けないもの。法的には黒に近いグレー。

この2つの単語を使うと実態を反映しない。

あえて言うなら約款による合意でしょう。

約款とは。

https://www.weblio.jp/content/%E7%B4%84%E6%AC%BE

約款(やっかん)とは、多数の相手と同一の内容の契約を結ばなけれなならない性質取引において、あらかじめ定型的に定められた契約条項総体のことである。厳密に「普通契約約款」「普通取引約款」「普通約款」「普通契約条款」などともいう。

2020-03-07

画像修正技術が進み過ぎて

現実の女の顔見るといつもがっかりちゃう

総体としてみれば、画像修正なんてしないで実体価値を(相対的に)高く保った方が有効な気がするが、

個人としては、がっつり画像修正して自分を美化していく方がメリットあるのでしょうね。

僕のちんぽが再び立ち上げる日は来るのでしょうか。

2020-02-17

ラブコメは最も執念があった人に勝ってほしい

お話の中ぐらい公正世界を求めたいです。

恋愛における公正とは、執念の順に望みのものをゲットするということです。


恋愛とはつまりは執念、執着です。

みっともない、正しくないものです。

たとえば「相手幸せであれば自分のものにならなくてもいい」というのは

よりステージの高い心であって恋愛ではありません。


相手幸せは願うとしても

それは当然自分と一緒での幸せでなければならない。

断じて他の人間に渡したりはしない。

ライバルを押しのけてもいじましいアピールをしても相手を手に入れたい。


そういう欲望エゴ、みっともなさ、

仏教三毒人間根本的無明である貪欲

それが恋愛です。


具体的に何が言いたいのかといえば

『5等分の花嫁』のあの勝者は私には面白くないということです。


の子は確かに立派です。

道徳的です。

姉妹のうちで最も心が清いと言ってよいでしょう。


けれども恋愛は心の清い人が勝つべものではありません。

長い期間片思いというなの執着を燃やし続けたり、

普段なら絶対やらないような行動に出たり、

好きな相手や親しい人に必死でみっともない姿を見られたり、

そういう恥さらしな人こそが勝つべきなんです。


からニセコイも当然小野寺さんが勝つべきでした。

長年片想いしながら意中の人を観察し続け、

機会を掴んでは本人なりに必死になって距離を縮め、

ようやく手にした快適な友人関係を失う覚悟告白する、

こういう欲望と恐怖と勇気を見せてくれた人に勝ってほしいでしょう?

そういう人を差し置いて、後から来て物語終盤で恋愛感情自覚した人に余裕綽々でホイホイッともっていってほしくないんです。


5等分で言ったら、

最初敵愾心むき出しで暴言を吐きまくってたのに

途中から好きとか言い出して、誰が見ても突っ込みたくなる恥さら状態

自分でもディスアドバンテージ自覚しながらそれでもがんばるという人とか、

姉妹の中でお姉ちゃんとして常に自分を抑えて大人の振る舞いをしていたのに

ちょこちょことせこい贈り物作戦好感度稼ごうとして反応に一喜一憂していたり

途中からぶっ壊れて妹達に変装して情勢操作をもくろむという大反則に打って出る人とか、

そういう人の方ががぜん応援したくなるんですよ。


あの勝者の子は何ですか。

見苦しい手や汚い手を一度も打たなかった。

誰に対しても恥ずかしくない振る舞いしかしなかった。

ライバル姉妹を出し抜いてでもアピールするような心がなかった。

モラルを捨てて汚い人間になって恥をかくことをしなかった。

こんな子に勝たせちゃダメでしょ。



男の方も不見識です。

ただただ一番自分のことを支えてくれた、害を及ぼさずに利益を与えてくれた女を選ぶんです。

なんてつまらない男でしょう!



追記

ストーカーヤンデレ、腹黒属性のあるキャラが必ず勝っていつも正ヒロインになってしまうってのはちょっと多様性がないと思わんかね

あーもー長々例示つきで書いたのにこういう全然わかってないレスが来るとがっかりちゃう

小野寺さんはストーカーヤンデレや腹黒だった?

長女と次女だって別にサイコ的な人物じゃないでしょ?


ヤンデレとかストーカーとかそんなもんなんにも面白くないんだよ

それらはそういうジャンルキャラ造形として最初から設計されて宣言されて受容されるっていう退屈なお遊びだよね


ちゃんとまともな社会的人物として生きてきた、普段そんなことしない人として立てられたキャラが、

そこを踏み越えて汚いことや恥ずかしいことをしちゃう、そういう総体がいいんだよっていってるでしょ


というかねえ、ヤンデレだのストーカーだの腹黒だの、人の人格をそういう極端な類型説明してしまうような創作あんまり程度高くないと思います

そんなんばっかり読んでるからもう少し解像度の目の細かい話してる人間に向かって「つまりヤンデレやな?」みたいな粗雑なまとめでかえしちゃうんですよ

あなたの脳が粗雑な創作によって型にはめられているってことなんですよそういうのは、もっと危機感持った方がいい


まり増田姉弟子派だな!

モチロンソウヨ

イカちゃんも期待してたんだけどまさに粗雑なヤンデレキャラという第一印象のままフェードアウトしてしまってもう影すらない

ジョバーと化して小学生大天使にすら負けるし、女子最高の才能とはなんだったのか・・・

anond:20200216204655


kuzudokuzu 残念ながら増田の言い分自体が「俺には執念がある!だから俺の執念を通せ!!」なので、それに気づかない人ぐらいしか「よしやってやろう!」と話に乗ることはない。

2020/02/18

誰が「俺の執念」とか、私個人の話やリアルの話をしてるんですか。

「よしやってやろう!」というのも何をやってやるのかわからないし。

上の雑な人と違って何言ってるのか全く分からない。

大丈夫なのかこの人。


追記

お話の中ぐらい公正世界を求めたい」はフィクションに対する愚弄であるフィクション現実的であってもなくても理想的であってもなくてもよいのだ。皆、好きに作るべきだし、私も好きに読むし、君も好きに読め。

2020/02/18 リンク Add Star

こんなの勿論私の趣味・私のお気持ち表明であってこれが世間ルールになるべきとは思いません

ただ自分趣味をこうやって整理して熱弁したらみんなもその趣味をどう思うかとか自分趣味はこれであるとか言ってくれるでしょう



自分を信じて『夢』を追い続けていれば、夢はいつか必ず叶う!」って言ってた人が負けるのは許せない派?

これは確かに断りを書き忘れた私の落ち度です

学園ラブコメで言ったらライバルいじめ対象にして蹴落とすとかそこまで行ったら肯定しません。

私が挙げたキャラもみんなそこまではいってない。

また、ジュビロそもそも恋愛を描いたのではなく「執着が人を不幸にする」という世の真理の方を描いたと思います

一時期萌えおじさんになって恋愛を描いてましたが(蛇足と言われてるけどあの村の3姉妹とか好き)、

「行き過ぎた執着で自分も周りも不幸にした悪のおっさん」を描くことのほうがずっと多いです。

ニセコイで一番執念あったのマリーな気もするが

設定的にはその通りなんですが

ぶっちゃけ作者から「この子の目はありません」という目配せのような扱いのギャグさがあったのと

マリーを例にすると特定キャラへの思い入れで言ってると思われそうなので

千棘と最後まで競る形だった小野寺さんを挙げました。


追記3

まぁ押しが強いキャラって、当て馬というか、主人公ガンガンアプローチすることで正ヒロインがやきもち焼いたり、気付いていなかった恋心に気付かせる役割ばっかりなので、まず勝てないってのは哀しくはあるな…。

その問題は原因が3つあると思っていて

1.積極性が強い=「遊び人」「フシダラ」という古来の非難や敵視の目線

2.創作において古来から固まったパターンを疑わない踏襲主義

3.押しの強さの中で粗密やドラマを作るという複雑なことに挑戦出来なかった技術不足

ですが、

どれも現代では解決されてると思います

そういう意味では2が本当の敵かなと。


ごめんなさい、truetearsとschooldaysがまじったタワゴトを書いてました。

どっちもしってて全然違うのになんだこれ怖い。


その論で行くと、マリーさんは千葉県に嫁ぐことになるな

あの漫画の中で最も執着と献身性、純白の狂気を見せてくれたのは千葉県さんだからね、しかたないね


恋愛は執念ではないわ。見た目等の自分の売りのステータスを伸ばし相手好感度を上がる選択を選ぶのが大前提!突き進むだけの猪では現実でもバウムクーヘン確定よ。/変態仮面は清楚では無い二号ヒロイン選んだな。

恋愛ゲーのあのシステムも一面の正しさを含むかも知れないけど、それ以上にあのはっきりしたステータス主義の結果として「そうか、中スペの自分恋愛は無理なんだな」と考えて身を引く奥手男性結構生み出したのではないかと思っています

ステータスを伸ばしてからどうこうっていうのがそのまま役に立つの恋愛というよりむしろ婚活のような気がしますがボリューム世代で未婚が増加した後の日本ではもう手遅れなかんじ


伝説藤崎詩織さんのあの振る舞い(デフォステータスでは一緒にいるのが恥ずかしいといって偶然出くわして一緒に下校することすら拒む、ステータスが上がると寄って来るし高ステータス時にデートに誘わず放置してるとキレる、これで問題のある高慢ヒロインではなくメインヒロインという設定)を作った人

恋愛工学創始者並みに恋愛シニカル嫌悪ながら見てたのではと思う


お前の攻撃には執念が足りんぞ

あの概念凄く好きです

昔の少年漫画で敵が言ってくることとして相当凄いですよね

お前の攻撃には欲望が足りん、執念が足りん、そういうアドバイスが出てくる世界

その後の無想転生は我執を捨てた境地ですが


伊藤伸平先生「素敵なラブリー・ボーイ」はいいぞ。電子書籍版は驚くほど画質が悪くて驚くけど。どういうデータなんだよ

読んでみます

伊藤伸平は『はるかリフレイン』がすき。

夕焼けでぱっと終わるラストシーンがね。


自分の考えが支持されないのはどう考えてもお前らがおかしい」というお気持ち表明。春だなあ。

いやそういう話じゃないって言ってるでしょう。

あなたがそんな読解力のないコメントをするのは意外だし残念です。

書き換える前のコメントの方が良かったな。


完全にストーカー理論やんけ、怖いわ。むしろ恋愛がもたらす煩悩的な執着をしないほうを人は選ぶよね、というメッセージとして作品が成り立ってるのに。自分だって執着するだけの相手選ばないだろ…知らんけど

なんかやたらストーカーストーカー言う人達がいるんですが、

この人達は「ノーマル恋愛」を清いものだとかいかぶっていると思います


増田ToLoveるについての見解を聞いてみたい

ちゃんと読んでないからアレなんですが、あれは恋愛漫画じゃないと思います

確か宇宙人の妹がハーレム志向提唱しだしていたとおもいます

一種の優しい世界としての勝ち負けなしのハーレムで終わればいいんじゃないですか。

そういう風に終わったのかは知らんけど。


五等分の花嫁は読んでないけど、「ただただ一番自分のことを支えてくれた、害を及ぼさずに利益を与えてくれた女」って主人公に一番尽くしてるってことじゃないの?公正さを求めるなら、むしろ選ばれて当然なのでは。

「私の考える」「恋愛における公正」がなんなのかは文頭で説明しましたよね?

あなたが言ってるのはあの子が一番性格が清くて善だということです。

それは私も同意しています

あなたも私の話をよく読んでください。


増田根本的に勘違いしている。これは読者層で違うんだよ。少年漫画なら、控えめな優しい女が勝つ。少女マンガなら、努力する気丈な女が勝つ。例。「恋はつづくよ どこまでも」 / 男の願望と女の願望は違う。

そうでもないです。

少女漫画でも気丈に努力してアピールしてきたハイスペ美人が振られて途中まで「あいつのことなんてどうも思ってないし」とかとぼけたこと言ってた主人公が勝ったりします。同じくそばでジッと主人公を狙ってた男もよく振られます

ヒロイン失格」はどうや?イケメンの幼馴染という特別地位に甘んじて舐めプしてた主人公ノーマークの地味喪女BSSされたショックをバネに物凄い顔芸を繰り出しながらイケメンに縋り付くパワー系ラブコメ

あれの作者は主人公イケメン偏差値低そうな人間ばっかり自覚的に描くのがすごいですね

このみ確立してて作家性だと思う

アマゾンレビュー主人公が卑しすぎるとか最終巻表紙の笑顔マジキチすぎるとか怒ってる声多いけどわたしは楽しみました

ただし逆転で捨てられた地味子がベタメンヘラビッチになるのだけはいらなかったと思うけど

主人公イケメンのやったことがそれぐらい人を傷つけることだと作者は自覚し認めてるんですよね

同作者の次の漫画がまた主人公友達イケメンの先輩(たしか留年)も全員偏差値低そうな感じで笑いました

うどんちゃん世界を楽しくポジティブに生きてる感じ


追記4

気持ち分かるけど空灰で野球で落ち込んでる男にウザく絡みまくった幼なじみが振られる話好きなんだ

あれはフィクションでやたら予定調和的に上手く行く「あえてきついことを言って奮起を促す」コミュニケーションが実際は上手くいかんやろみたいな試みですよね。

ただあの子最初はそんなことしようと思ってなかったけど全然取り付く島がなくてああなったんだし怪我のことも知らされてなかったしあの場のコミュニケーションを間違えたというより最初から上手く行く選択肢が出てなかった感じ。

そしてあの球児のほうは何の誠実さもなく甘やかしてくれるだけの青田買い打算女に励まされて復活するのですが、次の試合ぐらいでメタくそに打たれて敗退することが別の話で示唆されています


スネイプ先生最後に勝つハリーポッター的な?もうお母さん死んでるけど。

スネイプ先生はしょせん最初から最後まで死者を追い続けてるので自分は何も報われずに死すところまでが美しいんですが、

ハリー女生徒だったりスネイプ先生女性だったりしたら一点してキワキワの危険人物になった可能性ありますよね。

そのケースの生の匂いと厄みが増大したスネイプ先生も見てみたかったです。


ラブコメではないが、ハイキューの田中と潔子なんかは増田にとって理想のゴールインだろうなあ

あそこはあんまりそういう目で見てなかったので「え!?」ってなりましたよね。

潔子先輩が大好きなんですが、それゆえに後日談でもあの中の誰かとくっついたりしないだろうなと思ってたら

え、田中? 一途に頑張れば普通に手が届く存在だったんだ???

みたいなちょっとリアル不思議気持ちを味合わせてくれたのでそっちの意味であのオチはとてもよかったです。

振り返ってみるとちょっとしたハーレムもの主人公みたいな田中

なんとなくサイボーグについて考えていた。

いわゆる脳を残してあとは機械でもいいのか悪いのか的な。

ゆるく考えるにあたって、以前見た「NHKスペシャル シリーズ人体」が思い出された。

最近医学常識化していることとして、「脳は司令塔ではなく内臓一種である

という考え方が主流になってきているとかなんとか。

例えば腸から脳へと信号が送られ、それを脳が受け取って情緒が変化するなど。

そして欠損した人は欠損部分に近い臓器が欠損臓器の信号などを代替する。

全身サイボーグ化する事自体、こういう相互関係を失うことでもある。

いかいかと言われると、総体として人間ではなくなってきていることは確か。

人間機能としては後退しているように思える。

繊細で壊れやす情緒的だから人の体には価値があるような気がする。

2020-02-14

イトーヨーカドーイラスト無断使用の件

丸く収まったことでイイハナシダナーしてるけど

先に殴られた圧倒的に弱い側が寛容さと円満解決自己演出しないといけないの地獄じみてると思っちゃう

強硬に出たところで、現場トカゲのシッポ切りしておしまい総体としては気まずく終わるだけなのは分かるけどさ。

2020-01-13

アノニマスという意識総体は新しく生まれ変わるよ

そう信じる

多重人格解離性障害増田が実は、

合意施設アノニマスダイアリーで吸収した意見を持つアノニマス

みんなという総体の……何だろう?どのくらい搭乗してるか

2019-12-15

anond:20191215120536

①に関してはグレタは別に特定の国に対して特別思い入れがあるわけではなさそう。

トランプとかブラジルトランプ揶揄してるから個別に反応したり、セクシー大臣演説念頭においた表現を用いたりすることはあっても。

大意として「世界各国」に温暖化危機への対策を訴えてる感じ。

個人的にはアメリカ中国インド個別で言った言わないに固執することはグレタの環境思想に対しての是非の判断をつけるものではないので詭弁範疇に思えてしまう。もちろんそれを批難するつもりはない。

②これはたぶんグレタが思ってることにかなり近い。ただグレタが念頭においてるのは個人ではなくそ総体として各国だと思うので、「具体的な環境政策を示してる国はもっと頑張って、示してない国は頑張って」っていうスパルタ環境少女がグレタだと個人的には思ってる。

③だけど、グレタが批判してるのは化石燃料発電の中でもとりわけ二酸化炭素排出効果が高い石炭火力発電のことだと思われる。

COP25で日本化石賞贈呈してた環境シンパ団体日本を批難するのも、日本G7で唯一、新規国内外石炭火力発電の新設計画を控えてたり、石炭火力発電へのファイナンス度が最下位みたいな日本特有国内事情があるからだと思われる。

で、基本的にグレタは「今すぐ止めろ!」みたいな超絶過激派ではなくて、石炭火力発電漸減自然エネルギーでの代替を求めてる感じ。本人的には「今すぐ止めろ!」ぐらいは思ってそうだけど。

④グレタの個人的アクションとしてヨットで移動したり菜食したりしてるだけで、温暖化対策同様に世界各国に求めているわけではなさそう。

ただ「極力環境負荷の低い行動を心がけましょう」みたいな「ハイレベル倫理」を内面化してそうなので、グレタと親交関係を持てば半ば強要される可能性はありそうだと個人的には思う。

つーか個人的にはグレタさんは、ある時は未成熟な16歳の少女、ある時は成熟した環境論者、みたいな光と闇が両方そなわり最強にみえ特性を備えてるので関わりたくない。

2019-11-18

世の中には、他人物事批判するときに限って、現実フィクション区別がつかなくなる人、二次元三次元区別しなくなる人、文化実用を同じ俎上にあげてしまう人がいる。

結局の所、怖いのだ。そうした無自覚混同に至るのは、自分理解の乏しい分野が伸長してくることが恐ろしく、脅威に感じられるという、無知ゆえの恐怖に他ならない。

ほとんどの場合、その恐怖は杞憂である人類総体は、一人ひとりが認識しているよりもはるかにまともであり、良くオーガナイズされた動きをする。創発のようなものだ。

だいたいのアクティティは、門外漢が取り沙汰し介入せねばならぬほど悪辣ものにはなり得ない。

バランサーはどこにでも存在する。外野からはそれが存在しないように見えていても。

その領域内独自ルール自然発生し、なんらかの形の自主規制に基づいて、守るべきライン形成されていく。それは動的であり、だからこそ発展していくものだ。

海外の(観光客からみると)おっかないエリアであっても、そこに住み日常を営んでいる人たちがいるのと同じように。過度に干渉したりケチつけたりすべきではないのだ。

世の中のあらゆる人々や物事は、多くの側面を内包している。その側面一つ一つごとに発展の度合いも方向性も異なる。

そのうち一側面の要素を一つの尺度で「ひどく拙く粗野だ」と詰って発展段階を批判したとしても、その主体価値がそれだけで毀損されることはない。

けれどもそれが可能であるかのように誤解させ、一事が万事のように誘導し、その主体のものを潰そうと息巻く人々が、事あるごとに出てくる。

それは、前述のように恐怖からくるのだが、同時に、疲れているのだろう。疲れている人がたくさん居るから、そのような一つの現象を生むのだ。

世の中が多様になりすぎて、受け入れるだけのキャパティを超えてしまった人たちの、許容疲れなのではないか

疲れている人とそうでない人とでは、その視野認知能力も噛み合いようがない。それが理論の屈折と、議論の非建設性を増長することになる。

この「許容疲れ」の解消こそが、21世紀課題だと私は思っている。モダンでありながら生きやす社会のために。

今までは、そのキャパティ物質的(経済的)にも精神的にも余裕のある成熟した人でないと拡張できなかった。

それをテクノロジー拡張できるのではないか

単にインターネットを通じていろんな立場の人の声が聞ける・読めるようになった程度では、人々の意識の器は拡張されなかった。

しろ、一気に大量のタスクを渡されたせいで混乱しカリカリと殺気立っている人、のような状況に陥っている。

インターネットがより意識の低い一般大衆に浸透すればするほどその傾向が強まってきたように感じられる。半端に意識を高められ、排外排斥および他責思考が強まっている格好だ。

これは過渡期的な、一時的現象だろうか。いや、そうではないだろう。

おそらく、インターネットハイパーテキストの先にはソリューション存在しない。

情報通信の分野の中にはあるだろうが、まったく異なるプロトコルによる情報摂取体系の普及が必要になるだろう。

多面的でファジー意識を、負荷なく脳に取り込む――可能ならば他人の脳そのものリンクして、認識統合する――

仮にそれをHCTP、ハイパー・コンシャス・トランスファープロトコル、と呼ぼう。

それが実現したとしたら、どのような形で運用されるだろうか。

ドラえもんなら、岡部太郎なら、あるいは長門有希なら、その答えを知っているだろうか。

2019-11-09

anond:20191109045142

おかしいなあ

コミケ女性の方が多いようにしか見えないのに

もちろん島によっていろいろだけど総体としては

2019-10-23

日赤献血ポスターの件、太田啓子弁護士に対するバッシングは目に余る。

あの程度のささやかな異議申し立てすら認めない日本社会特にオタク村の住民雰囲気は、もはやファシズムと評されて然るべきである

ポルノ買春まみれの日本社会において、オタク村はもはや体制であり権力になったようだ。

俺に言わせれば、太田啓子弁護士によるオタク批判はむしろ甘いわけ。

もっと徹底的に批判したらいい。TPOを問わず女性差別的なオタク文化総体を徹底的に批判してもいいと思う。

太田さんの言う程度の異議申立てすらバッシング対象となる日本社会は、もはやファシズム社会だと言ってよい。

2019-10-01

anond:20190930125547

とりあえず原則的な話としては歴史義務教育に入ってるのは将来国民国家主権者の一員になるため。

歴史を全く知らずに政治的判断投票とか)はできないし、同じ国の国民としての意識涵養が無いと近代以前のアジアアフリカの一部の国みたいに国の命運を私利私欲でズタズタにしたり※派閥争いですぐに殺し合ったりするから。いわば主権者が共同で国に責任持つための仕掛け。仕掛けの善し悪しは別にして。

次に、理科だってフロギストンが間違いだったり、個体発生が系統発生を繰り返すとかが消えたり研究の進展で「正しい科学知識」は結構変わる。さら歴史人間がその時代に合わせて作ったものから、余計変わりやすい。

人間社会経験総体という意味での歴史は今まで生きてきた無数の人々の無限相互作用の積み重ねだから、そんなもの簡単に整理してこれが正しい歴史ですなんて言えるわけがない。なので整理された歴史っていうのは、混沌の中から重要もの」をその時代価値観から選び出し整理して(解釈して)作られた、人類経験ジャングルの中で道に迷わないための見取り図しかないわけで(年号とかは見取り図記号みたいなもん)。

それでも見取り図がなければ、人類経験認識することもみんなで語り共有することもできない。言葉がなければ人と会話もできないけれど、言葉時代によってどんどん変わってしまう。だからといって言葉なんて曖昧ものを覚えても仕方ないとはならないみたいなもの

まぁこんな感じでどうかな。却って歴史なんていらないと思われそうな気もするけどw

2019-09-20

anond:20190920223313

ほぼ一年前の記憶の中の出来事を断言調で書いたこ自体が良くなかった。そこは反省

単純に事実だけの話をするなら、「フェミニストを名乗る人が大勢意見引用した」ことと「フェミニスト大勢いた」ことは確かに別だね。

しかし「フェミニスト一人一派」「男も女もみんなフェミニストでなきゃ」のスローガンを掲げていた界隈での言論総体が、「フェミニスト主体ではない」と言い張るのは流石に無理があるような気がしなくもないが。

ところで、その違いを明らかにして結局何を主張したいの?

というか、最初に言ったけど私怨が混じってるのは自覚してるので。もうちょっとリハビリ期間が必要なんだよ。

まともなフェミニストを教えて欲しい。まともだと信じていた人がとんでもないことを言い出すのをもう見たくねぇよ。皮肉とかじゃなく。

それなりに女性差別問題話題にするまともな人、ならそれなりに知ってるけど。その中にはフェミニストを自認してる人もいるんだろうけど。↓に書いたように、そういう人ほどあんまり「私はフェミニストである」と明言してくれない。する必要がないと言えばそれまでだけど。

anond:20190920220331

自分ももフェミニスト名乗るのはやめちゃったし。めんどくさくて。

2019-09-19

彼方のアストラスペオペジュブナイルですごい

原作未読でアニメ全話見た。

このマンガがすごい!とかマンガ大賞とかそういう話はずっと聞いてたから、宇宙ものであることくらいは知っていた。表紙もそれっぽいし。

それで縁があったら読んでみようかなのままアニメ放送が始まったので、アニメを見た。

ネタバレ回避しまくって完全に初見

宇宙ものですごいすごいと言われているのだから、きっと見たことないようなギミックあっ!と言わせてくれるのだろうと期待した。

で、見た。毎週見て、全話見終わった。たしかにすごかった。

ものすごく古臭い話だった。

十五少年漂流記的な宇宙もので、少年少女が力を合わせて問題解決して絆を結んでいくって話の構造も、出てくるガジェットも話のギミックも、昔何か古いやつで見たことあるものばかりだった。

たとえば乗員の中に刺客がいるって話のときは思わず石頭!って言っちゃった。それくらい知ってる昔の何かしらに結び付いてしまう。期待していた目新しさなんてなかった。

唯一カナタらが地球ではなく惑星アストラを目指していたことが明らかになるシーンは、頼れるキャプテンのカナタが一瞬にしてエイリアンであるかのような印象を持たせる演出あっ!と言わされたが、翌週穏当に話し合うところから始まって、その話し合いも良き所で軟着陸していて、まあそうだよね……と納得しつつ、ガッカリもした。

その後明かされた地球アストラに関する真実も、俺が視聴後10分で予想したけど「いやこれは直球すぎるしもうちょっと捻ってるでしょさすがに」と感じた説ほぼそのままだったことにもガッカリした。

それはいい。

それでもなお俺は「彼方のアストラすごい!」と思っているから、そんなことは別にいいのだ。

なぜすごいと思っているのか。

おっさんが古臭いと感じてしまう話が今ウケたという事実が本当にすごいからだ。

スペオペとかジュブナイルとか、カビが生えたんじゃないかと思っていた言葉が復活したように感じたからだ。

いやだってさ、少年少女宇宙冒険って40年くらい前の流行りでしょ?違う?20年じゃきかないし、30年くらい?とにかくすごく前に滅びた、少なくとも目立たなくなったジャンルだよね。ガンダムガンダムってジャンル独立しちゃったし。

それがこのマンガがすごい何位とかマンガ大賞とかポップ付けられて本屋アピールされて置かれてんだぜ?これかなりすごくね?

単に話の中身だけを見ていると、これ知ってるやつー!ってなるから言うほどすごく感じない。けどその知ってるやつ同士を組み合わせて面白くして、今これをヒットさせたことがすごい。

今のSF少年漫画の状況とか、篠原健太漫画力とか、あるいはジャンプ+という媒体ポテンシャルとか、そういうのの総体で「このマンガがすごい」。超すごい。

何が言いたいかというと彼方のアストラSFかどうか、どんなSFが優れているのかより、彼方のアストラすごいって話をしましょうよ。

2019-08-27

女性専用車両性差別なので反対。日本最大の恥の一つだと思ってる

痴漢冤罪問題だが、冤罪問題痴漢に限った話ではないので痴漢冤罪だけを問題視するのは欺瞞

・私(男性)も痴漢被害経験があるので、「女性男性と違って被害に遭ってる!」とか言われても「そーですか(ハナホジ」程度の感想しかない。暗数暗数と言うなら男性被害者の暗数のこともほんの少しでいいか想像してくれ

・ハンコや安全ピン如きで騒ぐのは集団ヒステリーしかないだろう

痴漢被害経験者として言えば、声を出すよりハンコや安全ピンの方が心理的障壁が小さいのは普通感覚だと思う

安全ピンは推奨はしない。赤信号を渡った程度で大騒ぎをするのもアレだが、わざわざ赤信号を渡る必要はない。ハンコにしよう

・ハンコはあくまで「威嚇」であるべき。ハンコ如きを裁判証拠にしてはいけない

・ハンコ如きが証拠になるようなら、批判すべきは司法痴漢被害者の責任ではない

・どう頑張ったって冤罪は0にできないし、「真犯人が野放し」なる状況も0にはできない。しかし法の原則から言えば、たとえ真犯人を逃してでも冤罪は最小限に抑えるべきだろう

・何でもかんでも被害者に責任押し付ける連中、嘘つき呼ばわりする連中にはヘドが出る

被害だって見間違えも勘違いもあるんだから、「痴漢かも?犯人はこの人かも?」くらいで通報してあらゆる証言全面的証拠として採用されてしまうと、それこそ冤罪が怖くて通報もできないだろう。被害者に責任押し付けないためにこそ推定無罪原則は守られるべき


追記

・「性差別」と言ったのは、男性差別でもあり、女性差別でもあり、その他あらゆるセクシャリティに対する差別でもあるということ。それらは互いに相反する概念ではない

・「日本最大の恥」と言ったのは、それ自体差別であること、それを求める声が上がるほど痴漢被害が深刻であったこと、肝心の痴漢犯罪および根本的な原因の一つである満員電車放置されていること、国民はそれらを甘んじて受け入れていることなど、諸々全てを指して「恥」とした。個々の問題がどうこうではなく、その総体日本という国の現状のあり様そのものなのだろう

海外にも似た事情があるなら、「日本の」と特定するのは不適切だったかもしれない。指摘を感謝しま

・「どれだけ恥でも今すぐ撤廃するのは現実的ではない」と言われれば、納得はしなくとも呑み込むことはできる。一方で、それに反対している人にも様々な事情があるのだから、彼らをクソ雑レッテル侮辱するのは控えるべきだろう

・私は女性専用車両と全く同じ理由男性専用車両にも反対です

・私は死刑反対派です

しかしずいぶん丁寧に「おまえらの誰にも味方しない」と書いたつもりだったのだが、それでも言ってないことを透視する人々に絡まれるのだからヘル日本と言うしかない

2019-08-07

anond:20190807165331

違うぞ

KKO全体をひとつ総体とみなして何か差別とかしようなんていちいち考えたりしない

単にKKO個体に対して善悪判定を行えば個体差にかかわらず自動的に悪判定が出るというだけだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん