「詭弁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 詭弁とは

2024-07-16

anond:20240716215556

それは人質論法詭弁だと思う。「お前が酷い目に遭わないために、俺が説教してやってるんだぞ!!」的な。

anond:20240716105151

「コアな支持層」にとって立憲への支持が広がることは必ずしも喜ばしいことではありませぬ

なぜなら、むしろ自分たち存在感希薄になってしまうからです

立憲支持が広がったって、あんなアレな思想が広まるはずもありませぬ

よって「コアな支持層」は自分たちの影響力が保持された状態でのみ立憲支持が広がることを望みます

そのためにありとあらゆる詭弁を弄して自分たち正当化

たとえ相手が立憲支持者であろうと、それに反抗する人々を激しく攻撃するでしょう

2024-07-14

なんでかというと個人的能町みね子死ぬほど嫌いなのにはてブみんが石丸叩きなら能町みね子ですらのっかるのをみて辟易した。

なんで能町みね子が嫌いかというと私が嫌いな「判断基準が私のお気持ち」な人だからだ。端的に言ってキモすぎる。

なので能町みね子石丸を叩き、アホなはてブ民がそれに考え無しに乗っかかってるのを見ると脊髄反射的に石丸擁護したくなる。

少なくとも能町みね子のいってる詭弁をわかりやすいとか言ってるアホなはてブ民みてるとほんとに石丸応援したくなっちゃう。

からはてブ民はアホでもいいからせめて能町みね子言葉に乗っかるな。

2024-07-13

落選詭弁から出まかせ石丸候補信者ってフィンランド信者に似てる

石丸信者フィンランド信者…似てる

1部だけ切り取って異常なほど持ち上げるとことか

すぐ政権批判するとことか

住みたいとか言っときながら住めないとことか

害悪なんだねうん

2024-07-11

anond:20240711125729

修士就職に強くて、博士ポスドクかい奴隷しか出荷先がないという世界観なので研究者技術者は消える

親が自分の年齢ぐらいの時から経済成長してない国で経営者になるのは不可解

玉虫色詭弁医学部入試不正な採点をすることが正当化されている入試システムなので医者職業というより博打

アホくさいので適当子供っぽい夢を語っておく

anond:20240711121437

被害妄想的にバカにされたと思うのと

相手バカにしようとしてる態度なのは普通に別の話だから

何て言うのかな、同じような単語を使いつつ発生源を入れ換える感じのよくある詭弁

成田悠輔とか石丸伸二とかさ

ひろゆきもだけど言ってることが薄っぺらくて行動が伴ってないんだよね

参謀タイプですとか言っちゃう感じで

若いとまだ見ぬ未来に期待してあういうのがキラキラして見えるのかな?自分は小さくても成果込みで言って欲しい

石丸さんは市町の成果すら伴ってないし

ホリエモン人間性はともかく一応ロケットやったりトライアスロン走ったりと行動も伴ってるし刑務所にも入ったか詭弁と逃走だけの人よりはマシ

2024-07-09

政治家VSメディアという詭弁

政治家本人も相当な発信力はあるわけで政治家VSメディアなんて詭弁でしょ。

リハックでの暇空対談なんて、(暇空を擁護する気ないが)わざわざ石丸のために弁護士呼んでたんやぞ。むしろ同じグループともいえる。

民衆VSメディア民衆VS政治家または民衆VS政治家メディアなら納得の構図だけども、石丸はわざとそこ誤魔化してるんだなあ

anond:20240708161558

「美味しければ→売れる」に対して

「売れたなら→美味しい」のか?のレスならともかく

「美味しくても売れなければ→価値が無い」

に対して

「売れたなら→美味しい」のか?のレス

ひろゆきみたいにすり替え誤謬詭弁が好きなのか読解力か

2024-07-08

日本学校教育ディベート取り入れろよ

そして石丸ひろゆきみたいな建設的な議論を阻害する詭弁家クソ煽り野郎には0点をつけろ

石丸氏、対人コミュニケーションに困難を抱えているのを必死で隠そうとしてるんじゃないか

 これまで実際に石丸氏が喋ってるところは街頭演説くらいしかたことがなく、それで、サイコパス気質の人なのかな? とか、橋下徹ひろゆきみたいな論破系の人なのかな? というふうに見ていたんだけど、都知事選が終わってメディアインタビューに答えてるところを見て全く印象が変わった。

 実際にインタビュアーとやり取りしている石丸氏はスマートな印象からはかけ離れていたし、橋本徹ひろゆきのように(詭弁も含めて)弁が立つというタイプでも全然なかった。ただただコミュニケーションが成り立っていなかった。実際の動画民放各社のyoutubeに上がってるから興味のある人は見てみてほしい。

 それでここから先は自分の印象以外特に根拠のない話ではあるんだけど、これまで自分石丸氏に対してものすごい思い違いをしていたのでは? と思った。

 石丸氏が地元メディア取材に全く答えになっていないようなひどい答えしかさない、という話を見て、そうやって煙に巻いてるんだなと思っていたけど、実は違ったんじゃないか。ただ単に質問に対してどう答えるのが適切か判断する能力が欠如しているだけなんじゃないか

 市議会地元メディア対立していたのも、そうやって悪者を作ることで自身既得権益と戦う改革者としてヒロイック演出するためにやっていたものだとばかり思っていたけれど、それも実は違うんじゃないか

 他人コミュニケーションを取ると、どうも噛み合わない。しかし、その原因を自身コミュニケーション能力の欠如に求めるのは「有能」というセルフイメージを傷つけるものであり受け入れられない。そうなるともう、噛み合わない理由を「自分相手対立してるから」や「相手馬鹿無能から」にするしかない。そうやってプライドを守ろうとした結果があの謎に攻撃的な態度なんじゃなかろうか。

2024-07-06

anond:20240706170754

結局、強者弱者かは自分が決める、って前提がなければ完全に破綻する詭弁だな。

そんな恣意的な線引きだと無限対立するし

不特定多数判断形成資する」ことを選挙活動の最高の価値と思ってない時点で民主主義の基本が理解できていない。

自分たち以外の「不特定多数」の人々の判断力や価値観を信じていない、見下してるんだよ。

それは人に伝わるからね。

2024-07-05

anond:20240705163104

こういう二択型の話は一種詭弁

本来存在するもっと安易で正しい選択肢隠蔽して

都合のいいやつに誘導してるだけなんだなあ

2024-07-04

結局、芸能人著名人政治的発言はアリなの?ナシなの?

岩下の新生姜の件とか、あとなんか漫画家の人も例の人の支持を表明して叩かれたりしてるみたいで、どうなのかなと思った。

小泉今日子さんが政治的発言をしたとき擁護した人も多かったと思うんだけど、そういう人も今回は批判側に回っているので戸惑う。

政治的発言をする自由はある。ただしそれを批判するのも自由

みたいな意見はてなブックマークなんかでは支持されるけど、これひどい詭弁じゃないかなと思っていて、

だってそれで顔や名前を出して活動してる人に自由発言なんて無理じゃない?

政治的発言してもいいよ。ただし不買するけど」

政治的発言してもいいよ。でも出演作はもう見ません」

こんなこと言われて自由発言なんて出来っこないよね?

匿名安全圏にいて不買もボイコットもされることがない人たちと違って、著名人会社作品を背負ってるんだから

喉元にナイフ突きつけといて「自由発言して良いよ❤︎」って、それはないでしょう?

本当に著名人政治的発言を「アリ」の社会にしたいなら、自分とは考えが違う側でも一切批判しない・叩かない・政治的発言理由に不買やボイコットもしない。

そこまで出来ないのなら「ナシ」と言ってるも同然なんじゃないかなぁ。

2024-07-02

暇はアシダカグモという話

最初に明言しておきたいのは、これ書いてる人は暇関連の動きを「信者アンチも先鋭化し過ぎてて議論の土台にないのウケる」と思っている人間である

あと都民でもないので、億が一にも暇が都知事になったとしてもまぁまぁ不利益を被らない。要するに安全からヤジ飛ばすだけのカスがなんか書いてるだけである

あと面倒くさいのでソース提示とかもしない。各位勝手に調べるように。

まずタイトルについて。

アシダカグモ、というのは見た目が死ぬほどグロい益虫である

見た目は本当に気持ち悪いが、コイツ害虫であるゴキブリを食う。よって、たとえどれほど不快でもなるべくには殺さない方が良いのだ。

さしずめ、暇空はそれである

自意識過剰言葉が汚く品性下劣で、頭脳を売りにしている割には基本的単細胞、その割には詭弁を好んで用いる、と概ね人として関わり合いになりたくないタイプオタクであるが、こと「有害政治屋攻撃する」という一点において社会的有益と言える。

というかもっと言うと今暇が殴りかかっている左派リベラル、なんぼなんでも敵作りすぎである。18日に判決を控えたColabo周りのキャンセルカルチャー記憶に新しいし、都知事選の仮想敵である蓮舫も言うに及ばない支離滅裂っぷり。

なんなら小池百合子ですら243月国家賠償訴訟高裁で通されている。国家賠償訴訟基本的自治体側が九割型勝つんでまぁまぁセンセーショナルなんだけどまぁ報じない。報道の自由ランクがまた下がってしまうな。

それを踏まえたうえでの岩下生姜騒動、完全に答え合わせである

要するに暇空の敵というのは「我々に賛同しないならお前も敵なのでバッシングしてもいい」という極めてリベラル的な価値観の方々なので、それに殴りかかる暇はどれだけ見た目が不快でも相対的に善人サイドに置かれるのである。変なグリッチみたいだがインターネットリベラルはもう「そう」なってしまったので仕方がない。

で、ここまで暇に肯定的な話をしてきたがじゃああれが政治家になっていいのかというと決してそんなことはない。ヤツが出来るのは喧嘩であって政治ではないかである。なんならたまたま戦っている相手が悪なだけであって、「自分思想を広めるよりも敵対者攻撃することを優先している」という点においてはそれこそ蓮舫とどっこいどっこい。どれだけ優秀なヒットマンがいたとしても、結局はそれは鉄砲玉なので権力を持たせてはいけない。アシダカ軍曹軍曹であり、将官になってはいけないのだ。

以上で書きたいことは大体書いたので筆を置く。都民人達は頑張ってマシなクソを選ぶ作業をして欲しい。筆者はそれを遠くから眺めている。

あ、ただし明確に言っておきたいのは、暇信者がやってる投票用紙晒すやつ、あれ普通に秘密選挙の根幹を揺るがす愚行なのでやめてくださいね

追記

Colaboの判決日めちゃくちゃ勘違いしてたので訂正。記事書くとき一次ソース当たるのは大事ってはっきりわかんだね。

2024-07-01

anond:20240701224348

おまえ、言ってること無茶苦茶

「これは今でも誰かがWebサービスに使いうる可能性がゼロではないでしょという意味で言っている」

だったら、平文保存されてる可能性もあるだろ?というか実際翡翠SINGSが平文保存で大炎上したばかりだ

平文保存されてる可能性もある以上、脆弱暗号化を利用するという意味合いでMD5を持ち出す意味はない

「実際他のトラバ見てると、誰かがワードプレスエンジニア揶揄しているように」

ワードプレスエンジニア揶揄暗号化の話とは関係ない、話をごっちゃにするな

「一つ平文がバレると推測できるようなパスワードではなく、ランダムパスワードを使うべきじゃないのと言いたいわけ」

ランダムパスワードでもマスターキー漏れ可能性が散々指摘されてるのに、

それをスルーしている時点でお前の言ってることは詭弁に過ぎない

最後に言うけど、この書き込み一つで発達障害増田なのがわかるので、

知ったかをやめろ

2024-06-27

anond:20240627202148

キモいから「許されない」にズラして反論するのは詭弁でしょ

キモいって言ってるだけだけど

雑記_議論、別意見の人々が話をすることの難しさついて

雑記。これがダメだとかやめさせたいという意図はなく、自身の思っていることをダラダラ書いてみる。あちこちに話がいきそうなので後で整理するかもしれない。

具体例として生成AIの話をしているが、本題は全くそこではなくて議論、別意見の人々が話をすることの難しさについて。

私のTLでも最近、生成AI話題が目に入るようになった。

フォローしている人にイラストレーター趣味で絵を嗜む方もいるので無縁というほどではなかったが、皆その話題意図的に避けている雰囲気はあり、私も実際のところ思うところがあり話題に挙げるのは避けていた。

※ちなみに今記載した生成AI話題というのは主に、人間キャラクター制作周りの話が多い。動物、背景、文字音楽etc…、これらは対象外なのか。そこについてもいつか書きたい。

なぜ避けていたかというと自分が色々表明したとしても今のところは、別の意見を持つ人との喧嘩の種にしかならないと思ったからだ。

からでも意見を受け付ける環境意見公開をやるなら解決はせずとも喧嘩はせず建設的な議論がしたいと思っているからだ。

前提として、これはインターネットに限った話では無いが建設的な議論というのは成立が難しいと私は思っている。

今、「私は」と書いたが、これが議論や話し合いを始める、やる上で最も大事だ(と私は思う)

例えば何かの事象に対して、賛成を表明する人と反対を表明する人がいるとする。

彼ら彼女らは思い思いにSNSなどで意見を書く。

SNSにはそういう気軽さがあり、良いところでもあり悪いところでもある。

そうするとなんとなく「賛成派」「反対派」になっていく。

目には見えないし誰もそのタグを改めて名乗っているわけではないが、この2つに大きく分けられる。ように見える。

話を聞いてみると賛成派の中にも条件付きで反対の人がいる。

反対派の中には過去の強烈な体験絶対に反対だと決めている人もいる。

賛成派の中には反対派の中の1人に個人的な恨みがあり、その人を否定することにこだわる人もいる。

反対派の中には個人の思いとしては賛成で、でも反対になったほうがより生活が豊かになると考えている人もいる。

こんな風に蓋を開けてみると、全員意見は異なるのだ。あえて言い切ると、1人として完全に同じ意見の人は存在しないはずだ。

賛成派、反対派とひとくくりにしたい場合議論前にその議論用のルールを決めておかないとただ話があっちこっちに飛び、喧嘩になるだけだ、と私は思う。

議論用のルールというのは例えば今回私が見かけている生成AIの話でいえば

人物イラストに限る

イラストレーター需要低下の問題に対してだけスコープを絞る

などだ。

たこれは相手同意を得る必要があり、「今私が話してるのはイラストのことだけでテキストの話なんてしてませんけど」と一方的土俵にラベルを付けるのは私は不誠実だと感じるので避けたほうが良いと思う。

明らかに相手が話していない範囲のことを持ち出して意見を投げ返すのもこれもまた勝手ルール設定だ。名前思い出せないけどそういう詭弁の種類があった気がします。詭弁、気を付けたい。

あとこのルール自体おかしいことだってある。

絵描きは全員苦労して絵を練習したことがある人々という前提で話を進めますが……」みたいなのはおかしい。そういう小説を書いて全員にそういう要素を付与することは可能だが、現実においては自分勝手に考えたルールに人を押し込んで事実を曲げることはできない。

 

このことから自分はそう感じている」といった方法でのルール設定は事実に則していない可能性が高いのでなるべく避けたほうがよさそうだ。

ここまで書いて思ったが、まずここまで書くにあたって前提として自分のことを書き忘れていた。

自分語り乙かもしれないが、自分語りしてもらったほうが何かを話し合おうという時は必要情報になってくると思う。

もちろんいらない情報もある。語りたくないものも無理に語る必要はないがその代わり後出しに対する批判への覚悟必要だろう。

でも何を書けばいいかなんてわからないよね。どちらかというと相手にも何らかの事情があるだろうと考えたうえで決して相手のことを決めつけないことのほうが大事かもしれない。

私について

10年ほど趣味で絵を描いている

・人体が描けず練習が続かないので自分身体や購入した商用可のポーズ集をトレスすることが多い

簡単プロンプトを用いてAIイラストを生成したことがあるがSNS投稿したことはない。

・生成AI技術についてはポジティブ気持ちを持っているが良い悪いときっちり決められるものでないと思っている。

・悪意を持って(持たず不可抗力だとしても)他人不愉快にさせた場合、それは技術問題ではなく個人間や法の範囲解決すべき問題だと思うが、「技術が無ければ起きなかったこと」でもあると思うし、技術が新しく法を調整する段階にあるのであれば「法が無いかOKか」には懐疑的気持ちがある。

テキスト生成は?背景イラストは?など法整備するならば考えることは膨大だと思っている。

これが私の前提条件。

長く書いてしまったが、要は生成AI話題に関しては考えあぐねている。

からどちらかに!と言われたらできない。

今そこで苦しんでいる人のために、と言われてもだ。

物事には多面性があり、誰かが被害を受けていたとしても、救われている人もいる。

というかそもそも私は「誰かが傷付いているかいないか」だけを判断にして生きていない。生きている人もいると思う。それは私には到底想像もつかない難しい生き方だ。

話を戻す。

大きく賛成派、反対派と分けて話を進めるのは私は建設的でないと思う。

意見を表明することは何らかのヒントにもつながるかもしれないが、それはあくま個人の表明だ。

個人を〇〇派として括ることの弊害だと思うが、それ関係でよく私が変じゃないか?と思うのが、

Aさんという反対を表明している人がいて、

Bさんという反対を表明している人がいて、

先にも書いたように細かい条件は全く異なっているのにBさんが行った発言をAさんに対して「この間は〇〇と言っていたくせに、ダブスタだ!」という人をそこそこ見かけることだ。

挙げ句の果ては

「同じ反対を表明しているのだからBの言動を改めさせなさい、そうでないなら同意見ということだ」などとAさんが言われていることだ。

こうなる人がいるのは理解できるんだが体感多いように感じる。本当に私の偏見による体感で、そんな人ほぼいないというならよいんですが…。

部活動とか会社とかそういう組織所属していて、それに対していち部員、いち社員所属イメージを損なわないように気を付けるのはそもそもルールとして設けられていることが多いか理解できるが、SNSにおいてたまに見かける連帯責任、これはおかしいとは思う。

本人が「私は連帯責任を負います」と言っているならいいが……。

私が思っていて吐き出したかたことは正直なところ、これだけかもしれない。

今話しているのは反対しているAさんであって、反対しているBさんではないということを意識しないといけない。

正語は人を強くする

汚い言葉を使っていると心が汚れていく気がする。

あのどうにもならなさ、地獄への導入。修羅道等活地獄に落とされるような感覚こちらが落ちてくるのを地獄の門番が手ぐすね引いて待っている。

やるせなさや無気力が、日々の心地よさや日常の楽しみを奪っていく。他者から奪うことでしか生きられないのか。ただそこにあればいいのか、何を感じたいのか。

一度にすべてを変えようとするとうまくいかない。一度で変えようとするのは自分人生への冒涜である現在の1秒の自分よりも、現在を形作った過去の蓄積の方がずっと自分だ。

どうして自分現在自分になったのか。なってしまったのかではなく、なったのかと考えたい。なってしまった自分を愛せないときに、自分自分になってしまったのだという。

誰も否定されたくないものだ。生きてきた日々を。正語はそれを変える一歩目である煉獄絶望怨嗟に包まれ状態では容易に己の手で脱出することはできまい。

からかに助けてもらいたいものだ。天は自ら助く者を助くという。天はどこにもないように見える。だが実は、そこここに溢れている。気がついていないのかもしれない。

もしも変えたいのなら気がつかなければならない。すると光が差しまれ、すでに輝き出している。

地獄の思い出は捨ててしまってもよい。生きていくには不要ものだ。捨てるという強い意志。前に行きたいというどこからともなく現れる渇望。

それ以前の、そういう意志や渇望を得ようとする戦い。そこに身を投げようとする決意。耐えることは美徳ではない。

耐えることが美徳とは、驕り堕落した者たちの自己防衛による詭弁である。耐えさせているのが彼らだ。何よりも逆襲を恐れている彼らなど恐るるに足らずである

そしてそもそもが、これは他人との戦いなどでは決してない。

人を愛せるのか。人から愛されたいから、愛されない恐怖が身を襲う。どれだけ人にやさしくできるか、どれだけ人を愛せるか、最後希望はそこかもしれない。

結末はここではない。闘志を得て突き進む者たちを人は応援し、誰よりも愛すものだ。捨ててしまえば手放してしまえばもう心は軽い。

軽やかなわんぱくライフがそこにある。

2024-06-26

ひまそらあかね氏の批判を書いたら反応が返ってきてて困惑しながら再批判している話

困惑している。

「ひまそらあかね氏の公約を真っ向から批判してみる」を書いて、一日ぐらい全く動いてなかったので「まあそんなもんだよね」と思っていたら、

昨日突然なんか反応が色々来た。

さらには、ひまそら氏ご本人まで意見ツイートしている。

しかも口の悪さは2段階減で、である

https://x.com/himasoraakane/status/1805466811674280183

正直なところ、再度言及するのは味を占めている感というか骨しゃぶり感というかがあり、反応するかどうかは迷ったのだが、

こちらの理解不足であった点、さらに疑問の生じた点などあるので、改めて言及していきたい。

なお、今回は政策note記事(https://note.com/hima_kuuhaku/n/n00a0ba9943d1)に加えてXの投稿もサッと眺めたが、

やはり他の場所言及している可能性はある。そこはご容赦いただきたい。

①公金チューチューをなくす

これについては、予算決議の時点で公金不正が無くなるように食い止める、という主張と思っていたが、

補助金受領不正手続きがあった場合返還を求める、という対応を強化する内容のようである

そして、その実現のための具体案が「チェックルームとチェックルールを作」るという内容と受け取った。

ここは私が誤解していた部分である

かに、暇空氏はColaboの件で領収書が揃っていないことを指摘している。

それに鑑みれば、現状の補助金不正手続きへのチェック体制は不十分と言えるかもしれない。

そして、それを是正すべきというのは私も同意する部分である

だが、現状でチェックが全く行われていないかというと、そうではない。

各種補助金手続きについては、各種補助金担当部署管理しており、不備・不正等がないかについても

その担当部署確認・指摘している。

各種補助金については、その担当部署の方が詳しく、内容の精査も可能だと思われる。

新たにチェック専門の部署を作ることはどれほど有益なのだろうか。

また、現状でチェックが不十分になっている要因についても一考する余地がある。

仮にその要因に「都職員モラルの低下」があるとするならば、たとえチェックルームを作ったところで

チェックルームのモラルを維持できず、結局チェックは十分に行われないであろう。

各部署が多忙でチェックにリソースが割けないのであれば、その部署人員を増やすことで解決可能である

不正が野放しである状態は、新たな枠組みを作ることでキレイ解決、といった類の問題では無いであろう。

既存ルールの中で当該問題解決しうるという点は、ひまそら氏も同じ見解であると思われるので、

問題の要因を踏まえて「抜本的」な解決をお願いしたい。

なおこれは揚げ足取りであるが「チェックルーム」の設置には東京都組織条例改正必要と思われる。

ひまそら氏が提示している方法では、「議会を通」さないのは難しいだろう。

東京都デジタルで楽しませる

まずクーポン用途について。

これはひまそら氏が根本的な勘違いをしていると思われる。

全ての経済政策には曲りなりにも意図がある。例えばコロナ禍の旅行支援飲食業支援は分かりやすい。

いわば災害のような不可避的な要因で、収益が得られない業種に対する補助が目的であった。

それでは、ひまそら氏が案として提示する用途限定クーポンはどうか。

「バズのため」というのは何なのだろうか。

これが「普及のため」などであればまだわかる。例えばマイナンバーカードは適正な利用が広がれば

国として非常に有益であることから、その普及のためにマイナポイント支給していた。

しかし、例として挙がっているのは「ファミレス」や「映画である。そして「バズのため」にクーポンを発行するとしている。

ファミレスメニューが人気になること、一映画が大きなヒット作となることがあれば、

かに経済活性化・税収増加の一因にはなるであろう。

だが、それらが「バズ」るのは政策効果なのだろうか?

「バズ」は都政によって生み出され得るものであろうか?

仮に生み出せたとして、都が主導して生み出すべきものなのであろうか?

用途限定したクーポンについて、その本質は「特定業種の業者への根拠なき補助金であると思われる。

どれだけひまそら氏が透明性を確保し、どれだけ分野を広げたところで、

その対象業種の選定に合理性が無ければ「趣味血税を使うな」の声は免れないであろう。

政治的繋がりがあること」が悪なのではなく、「無駄税金を使うこと」が悪なのである

そのため、私は前回に用途限定しないクーポン提案した。

ただ、ひまそら氏の「普段取らない行動もおのずから選択できるような設計施策」は非常にいい発想であると思う。

それを取り込むとするならば、用途限定は外したうえで、

同一ブランドまたは同一事業者経営する店での複数回利用を制限してはどうか。

こうすれば先述の恣意性を緩和でき、また長期的には普段取らない行動を促す効果が期待できる。

癒着」については、クーポン対象業者選定段階での、ひまそら氏以外の「癒着」についての疑問であった。

ひまそら氏が独断業者選定を行うことはまさか無いと思うので、どのように行う予定であったのかを尋ねたかった。

癒着」が無いことを示すのは、いわゆる悪魔の証明であるため、それを絶対に起こさないのは極めて難しい。

ひまそら氏は「透明化が一番の対策」としているが、それがなかなか難しい。

例えば、文書の残らない談合での口利きがあったとして、どう「透明化」するのか?

都でのアプリ内製化については、他に優れたプラットフォームがある現状において私は不要と考えるが

東京都がすることに意味がある」という主張は一理あると思う。

ただしこの政策において、ひまそら氏のアプリ設計運用知識が活きる場所は、

知事として行うべき職務の中には無いと思われる。

これは以前に述べた通り、アプリ設計運営知事職務では無いためである

これも揚げ足取りだが、「深く施策を見ることができる」と意見ツイート内にあったが

これは問題のある発言である知事施策執行する側であり、見られる側である

この手の誤りは政治家としては致命傷になりかねない。

慎重な言葉遣いをお願いしたい。


ひまそら氏の意見ツイートに対する所感は以上である

ついでに、いろいろと反応いただいた件についても取り上げたい。

なお、反応については要約して軽めの語尾にしている。

・代案出せよ

この指摘は一般的には詭弁である

問題存在→②解決策の提示→③解決策の問題の指摘→④代案出せ

上記の流れの④は、②で問題が発生していることを否定できていない。

ただし、代案が無ければ「思いつく限りでは②の解決策が①を解決する最良策である」は間違いではないし、

②の抱える問題が①の問題放置するほどに大きいか、という比較検討になる。

今回でいえば、「公金チューチュー」は無くすべきであるし、都民への還元策はあってもいいと思う。

何より、外からワーワー指摘するのは簡単だが、実際に作り上げるのは難しいものである

そこで、今回は①の問題所在について触れつつ、一部代案も提示した。

代案を提示せず批判に終始している箇所は、公約から文言を無くしてしまった方がいいのではないかと思っている。

・ひまそら氏って当選する気ないか意味なくね?

これは私はひまそら氏ではないために、なんとも言えない問題

ただ、立候補して政策を立てている以上は、それについて一考する価値はある。

加えて、支持者が手放しで称賛しているのを見て「いやいや……」と思ったため記事を出した。

公約の実現可能性を言ったら現職もそうじゃね?

その通りかもしれない。が、ひまそら氏はそれを批判しており、約束は守ると公言しているため

実現可能性について疑問がある点は指摘すべきだろう。

そもそも、「現職が公約実現してないから他の人もいい」にはならない。公職選挙法違反関連と同じ。

・こうやって取り上げるのがひまそら氏の利になるからそっとしといて

これについては賛同しかねる。

もし、この記事政策ブラッシュアップの一助となり、それによってひまそら氏の票が増えるのであれば

それはそれで悪くないことであると考える。

私はひまそら氏の支持者ではないが、アンチでもない。政策が良くなった上で票が増える分には何も問題ないと思う。

加えて、ぶっちゃけた話、この記事にそんなに価値は無い。利にもならない。

この記事を読む層、リンクを見る層、ひまそら氏の意見ツイートを見てキャーステキとなる層はごくわずであることは自覚すべきである

少なくとも、ひまそら氏が選挙戦を戦うにあたって取り込まなければならない層は見ない。

その上でなんでこの記事を書いているかと聞かれたら、自己満足しか言いようがない。

・暇空氏がオンブズマンから門前払い食らったのは知ってて書いてる?

知っている。「オンズブズブマン」というパワーワード誕生したのを忘れはしない。

オンブズマンにも問題があり得るが、これは調査される側である知事が口出しする内容ではない。

ただし重ねてになるが、この辺りの補助金の実績報告後の調査という点は、ひまそら氏は公約としては織り込んでいないと解釈している。

すなわち、補助金の実績報告時にしっかりチェックをする、という仕組み作りを目指しているようである

この点、支持層でも誤解している方はいらっしゃるのではないだろうか。

ネタマジレスするな

ヘイトスピーチ……

先ほども書いたが、あくま自己満足である

自分で「真っ向から」って言っちゃう

それはご指摘の通り。お恥ずかしい。

・ひまそら氏の人格否定したい左翼アンチ

人格否定はしていないと思う。「口が悪い」は言ったが、これは支持層共通見解なのではないだろうか。

他にもアイコンの件など思うところはあるが、可能な限り政策に関連するところに話をとどめたつもりである

以上である

ひまそら氏の性格からして、セルフ二番煎じである記事をどれだけ誰かがひまそら氏に見せたとしても、

ひまそら氏がタッチすることはないと思われる。

しろ、過度の提示は逆にブロック材料になり得る。

したがって凸は控えることを推奨したうえで、この記事を締めたい。

2024-06-25

anond:20240625185526

かに二枚舌を使っているうちに全く関係のない文章に関連があるかのように勘違いし、歪んだ人間が出来上がった、

そういうストーリーはあるかと思いますが、ちょっと関連性が低いですね。

こういう時はAIに模範解答をしてもらいましょう。

増田さんが詭弁を弄するようになった背景には、彼の独特な思考スタイルと、注目されたいという深い願望があります
彼はもともと好奇心旺盛で、物事の関連性を見出すことに長けていたため、若いから珍しい意見や異質な結び付けを提示することで、周囲からの注目を集めることが多かったです。

成人後、増田さんはこの才能をさらに磨き、自分アイデンティティとして「異端思考者」としての地位確立しようとしました。
しかし、その過程真実論理的整合性を度々犠牲にしてしまうこともあり、詭弁や無理な結び付けを用いることが多くなりました。このスタイルは彼の個性として一部から評価されましたが、信頼や尊敬を失う原因ともなり、孤立を深めることにもつながりました。

増田さんの行動は、承認と注目を求める彼の深い欲求から来ており、彼の人生自分意見がどう受け入れられるかに大きく影響されています
彼は独自アプローチで注目を集めようとし続けているものの、その結果としての孤独批判とも向き合う必要があるでしょう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん