「涼宮ハルヒ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 涼宮ハルヒとは

2022-05-18

音響について

ふとonkyo自己破産と聞いて、私はどうかしたらonkyo就職するかもしれない人間だった。だから書くわけじゃなくて、昔からちょっと思っていたことを書くきっかけになったので。書く内容はonkyo倒産とはあまり関係はない。個人的音響仕事をしたくない理由をつらつらと書いていくだけである

ちなみに私は今なんだかんだソフトウェアエンジニアをしている。30過ぎあたりで、就職と言ったら、10年前ぐらいの話になる。大学音響関係する学科がある大学に行った。音楽音響に興味があって、趣味で録音やら音響システムを弄ったりしていた。

でも、根本的に音響とか音楽関係するところに行こうとは思っていなかった。その根本的な理由をつらつら書いていこうかなと。

1. 音楽関係自体斜陽産業だったこと。

私が大学入学たこから音楽業界は斜陽産業だった。私の小学校中学校の頃はミリオンセラーが沢山出てきたり、無名音楽少年ブレイクして成功するみたいなサクセスストーリーとか流行っていた。私は読んだことはないのだが、beckやらnanaとかも流行っていたしね。そういえば、高校大学の頃は、涼宮ハルヒGod knows...やら、けいおんやらバンド関係コンテンツ流行っていたな。一方で、インターネットYoutubeだったりiTunesが出てきたりして、CDが売れなくなる時代でもあった。知っているレコード店やら、録音のスタジオやらもどんどん潰れたりしていた。だからこのまま、就職して音響屋や音楽屋になっても、ちょっと将来が不安だった。

2. 音質がこれ以上良くならない

根本的に「音質」とは?という定義があるかもだが、スピーカー場合電気信号音響信号に変換するのがスピーカー役割だが、例えばその電気信号音響信号にキチンと再現するのが一つ明確な「音質」の定義だと思う。他方、そういった機械物理的な定義じゃなくて、「良い音に聞こえたらいい音質」みたいな主観的定義もあり得る。そういう主観的な「音質」の追求はあり得るかもしれないが、物理的な音質(先ほどの信号再現だったり、他にも全可聴周波数帯域がキチンと出る)などの、そういった領域に関する音質は追及されまくっている。正直、1万円ぐらいするスピーカーアンプで、一般人は十分すぎるレベルの「物理的な」音質は得られるだろう。あとは、価格を下げるなり、ブランド価値やら、「主観的な音質」で勝負するしかない世界になってくる。もしくは、野外のイベントとかで、デカスピーカーで音圧をどれだけ出せるかとかね。あとはオカルト的な領域踏み込むとかね。

話は脱線するが、スピーカーの音質や良いスピーカーのことを話すと、ダブルブラインドテストやら二重盲検法を出してくる人がいる。正直あれは無意味というか、その前にやるべき評価をすっ飛ばしている。というのも、二重盲検法ってのは、

1. 被験者能力が良くない

2. スピーカー自体特性が良くない

どっちなのか判別つかないからだ。1万円のスピーカー100万円のスピーカーブラインドテストして、もし被験者識別できなかった場合根本的に被験者には聞き分ける能力がない、あるいは、スピーカーがその性能を出していないか判別つかない。だから、その前に、まず100万円のスピーカーと1万円のスピーカー周波数特性だったりを調べて、物理的な出力音響信号差があるかどうかをやった上で、ブラインドテストをやるべきだと思っている。

話を戻すが、「音質」はこれ以上向上しないってのは、一般人が聞き分けられるレベルでの物理的な音質の向上はおそらく期待できないだろう。なので、たとえば出力を弄って「ロック音楽聴くのにオススメ!」っとか、ノイズキャンセリングを入れる、外装のデザインとか、ゲームで有利になるような音にする、などで、付加価値を付けていく競争の方が重要で、音質の追求はこれ以上やってもニーズにはないからね。趣味とか研究の程度だったら楽しいのだけどね。

3. プログラミングが案外楽しかった

プログラミング大学入ってから学んだが、案外ハマってしまった。ぶっちゃけ上記の2つの理由よりもこれが一番でかいんだどね。音響屋の仕事といっても先ほどのスピーカー設計やら録音とか以外にも、例えば、補聴器やら、騒音測定やら、防音やらいろいろあるんで、そっちも考えたけどね。こうして、大学のころに学んだ大半は仕事につかっていない道楽的な知識になってしまったけど、こういう理由があるから仕方ないなという合理化をしてただけなんだな。

2022-05-06

平行眉と困り眉の流行

眉山を剃り落として平行あるいは困り眉にするのを即刻禁止しろ

生来のものなら良いが、後天的にやるのはやめろ

涼宮ハルヒみたいなキリッとした眉にしてよっ!

2022-04-30

夢に松任谷由実が出てきて年を取りたくないと直観した

 

 久しぶりに松任谷由実の曲を聴きながらこれを書いている。明け方の夢のなかに松任谷由実が出てきたからだ。

 ゆうべ私は、エイジングアンチエイジングについて書籍や文献を整理していた。だからしなまで、健全に年を取ってゆくとは何か、思春期が終わって中年期が始まって、それから老年期に至るとはどういった変化なのか、自分自身のことや家族のことや友人のことを考え続けていた。そうしていたら、今朝、悲しい夢を見て目が醒めたのだった。

 夢は、どんなに意味不明な内容でも、夢を見た本人には意味直観されることがよくある。今朝の夢もそうで、とりとめない日常生活連続からなるシーンの最後に、私は無意識からメッセージを叩きつけられた。

 古いスケジュール帳と、今は亡きはてなダイアリーの画面が夢のなかに現れて、そのとき松任谷由実リフレインが叫んでいる』が頭のなかに響いた。その瞬間、私は今という時間過去になりつつあることを悲しく思っていること、今を手放したくないけれども時間が押し流していってしまうことを直観してブルー気持ちになった。

 今が終わりに向かっていること、時間が流れていくことを、私は怖いと思う。

 たぶん私は幸福中年だ。私が、今の私でいられることをうれしく思っている。仕事はそれなり充実し、長く連れ添った嫁さんとの仲も良いほうだと思う。日本人夫婦セックスレスになっていくというけれども自分たちはそんなことはない。回数は減ったけれども、若い頃よりお互いのことをよく知っているか幸せ時間を過ごせていると思う。そして嫁さんはまだまだ綺麗だとも思う。

 けれども、そんな夫婦の今さえ永遠のものではない。時間が押し流していく。

 10代や20代の頃は無尽蔵に思えた性欲と精液が30代にはそうとも言いきれなくなり、40代になって更年期足音が聞こえてきた。インポテンツには遠いけれども、自分の性欲や精液を慈しむように、丁寧に取り扱わなければならなくなった。性欲や精液をどこに差し向けるのか、宛先が嫁さんなのか、アドマイヤベガなのか、かわいすぎる涼宮ハルヒなのか、ともかく、貴重な資源として分配しなければならないものになってしまった。性欲はもう、川から汲んでこれる水のようなものじゃない。いつか枯れる化石燃料のような資源だ。昔どこかの本に書いてあった「精液をケチ中年男性」というフレーズ意味が今は実感を伴ってわかる。若かった頃は、そんなバカなと思っていたものだが。

 そうでなくても、私も、家族も友人や知人も諸共に年を取ってゆく。体力や思考力にも限界がやって来る。時代だって変わってゆく。それが定めだ。時間に逆らうのは無駄だ。すべてを変えてゆき、すべてを押し流していく時間法則には絶対性が伴う。私たちは変化する存在で、変化する存在から、変わっていかなければならない:真実としてのそれを、私は学習経験と文献をとおして理解はしている。

 けれどもその理解に対して、私の無意識はそんなのは悲しいと叫び声をあげた。夢に松任谷由実を登場させる、というかたちで。ああ、本当は変わりたくないし、今がいとおしくてたまらないんだなとわかった。これまでの人生でずっと変わり続けてきたし、変わり続けることを良しとしてきたけれども、変わり続けることに不安や辛さを覚えながら、少し無理をして人生モードを切り替えてきていたのかもしれない。それでうまくいっているつもりだった。客観的にはうまくいっているほうだろう。これからだってそうするしかないことを知っているつもりだった。知っている。それでも無意識は、本能は、年を取って変わっていくことを悲しんでいる。

 そういう気持ち松任谷由実を久しぶりに聴いているなかで、今という季節が失われても、その思い出は甘く残るという予感が得られたのは小さな救いだった。今のこの幸福を、二十年後の私が松任谷由実聴くような気持ちで思い出せるとしたら、それ以上を望むのは欲深に違いない。だけどああ、今朝は、若さが失われて老いにとってかわる過程に痛みをおぼえる。10年や20年なんてあっという間だ。その頃の私は、もう今の私ではなくなっているだろう。

 まだしばらく、このままでいられたらいいのにな。いられないのだけど。

2022-03-03

涼宮ハルヒのなろう

東中出身涼宮ハルヒ

ただの人間には興味ありません

この中に

 

勇者パーティー追放された人間

神様の間違いでチート能力を授けられた人間

未開の辺境の地でひたすら鍛錬を続けた人間

大賢者だった前世記憶を引き継いだ人間

世界を救った勇者だけど今は一般人として生きている人間

 

が居たら私の所に来なさい 以上!

 

勇者パーティー追放された人間

世界を救った勇者だけど今は一般人として生きている人間

喧嘩始めてしまうンゴねぇ……

2022-01-10

anond:20220110074037

涼宮ハルヒ」でアニメ版を指すことができると思ってるあたりがまあなんとも当時のオタクっぽくてよい

俺がもはや若くはないオタクなんだなと実感したんは涼宮ハルヒときだな。

当時、オタク層はごぞって絶賛してたし

ももちろんハルヒムーブメントには乗っかってたけど

チョコチョコとした違和感にも気づくようになった。

感覚的なもので、例を出すのが難しいんだけど、

ハルヒってアニメーション手法として

実際の人の動きをトレースして作画する技法

ロトスコープを要所要所で使っていたんだけど、

それを大絶賛する空気?みたいな

すごい本当に人が動いているみたいな作画

すごい手間ひまかけてやってるんだろうから

すごいすごい、ってことを言い出す人らが大半だったとき

いや、それはアニメーターとしての仕事放棄してることになるんじゃなかったっけ?

という古い価値観が浮かんできてうまく乗り切れなかったときだ。

このへんの違和感があらわれだしたあたりで

ああ、おれは年老いしまったんだなあ、と実感した。

その証拠ではないのかもしれないが

それまでオンエアされてるアニメは全部見るという気持ち

フル稼働させてた2台のHDDレコーダー三菱のSVHSは徐々に稼働することがなくなっていくことになる。

から、そっからアニメがよくわからない。

京アニの全盛期(といっていいのか?)のアニメ群を

リアルタイムで見れていないこととか、まどかマギカを見てないこととか

アニメオタクだった時代自分だったら歯ぎしりして悔しがるだろうことに

こだわりがない。

から、そういう意味ではおたくではなくなったんだなあ、と書いていてあらためて気づいた。

追記

anond:20220110211950

2022-01-06

anond:20220106165916

そうなんだよな

涼宮ハルヒ男性だったら時間停止AV実現するだけで終わりそうなんだよな…

2021-12-21

涼宮ハルヒパッケージ管理

消失最後の方で、たしかキョン長門の恋心?が理解できてるのかよく分からんが、

長門がいない世界になったとしても、ハルヒ長門存在するように考えさせるみたいなことを言ってた気がするが、

当たり前だが、あの世界はハルヒが神みたいな前提で成り立ってるわけだが、

キョン長門だけでなく、すべての人、というか物質存在ハルヒによって成り立っているといっても過言ではない

まり、package.jsonだかgo.modだかcomposer.jsonだか使ってる言語にもよるわけだが、

すべての依存関係涼宮ハルヒと書かれてるようなわけであり、

まり、すべてのソフトウェア依存しているそのモジュールが改変されれば、

すべてのソフトウェアが影響するのと同じであり、

したがって、攻撃者は涼宮ハルヒに細工すれば、世界を思うがままに改変できるということである

まり涼宮ハルヒ洗脳するとか、思考誘導するとか、

なんらかの方法自分の意のままに考えさせることができるようになれば、

攻撃者は世界を思うがままに改変できて、それはそれで楽しそうに思えるのだった

俺がキョンならそれを試みると思うのだ

はぁ…

現実逃避終わり…

2021-12-17

涼宮ハルヒアニメ開始が来年4月17年前…

そろそろ完結してほしいし、履修フローを誰か整理してほしいところ

2021-11-24

anond:20211124165652

たとえば「涼宮ハルヒキャラクター小説の側面を組み込んでいるけど、作者の私小説的な部分も割と含まれますよ」ってどっかのインタビューあとがきに書いてなかったっけ?

書いてないだろ。「私的体験が反映されている部分もある」くらいの話だろ。

いかがでしたかブログを読んで純文学大衆文学私小説ライトノベル定義を把握しとけ。

純文学系のラノベがよみてーな」と思って検索した

純文学ラノベの違いは?大衆小説と真の芸術は何が違うのか。調べてみました!いかがでしたか?」

こういうのしかでてこねーんだけど。

いや違うだろ。

そう思いつつも

私小説っぽいラノベもよみてーな」と検索した

私小説文学ラノベの違いは?いかがでしたか?」

こういうのしかでねーんだけど

なんで?

たとえば「涼宮ハルヒキャラクター小説の側面を組み込んでいるけど、作者の私小説的な部分も割と含まれますよ」ってどっかのインタビューあとがきに書いてなかったっけ?

純文学定義って別に「超高尚!読んでると自慢できる!」とかじゃないでしょ。

どうせ太宰の人間失格みたいのさえも「これは超有名で教科書にも乗ってるから純文学!!!」って感じなんでしょ?

ふざけんなよどう見ても大衆娯楽の私小説だろーが。

まあ流石に山田風太郎忍法帖まで純文学だと思ってるアホはいないだろうが……いないのか?

いやあそこまでバリバリ能力者バトルキャラクター小説だろうと「これは超有名!それで古い!完全に純文学でしょ!」なのか?

ありえるな……ありえるだろう……

2021-11-16

今頃気付いたけど涼宮ハルヒの消失で綺麗に終わってた

アマプラ涼宮ハルヒの消失が上がってたから久々に見た

映画館で見て以来だと思う

クッソ長い映画だったことは覚えてるが、面白かった覚えもある

そんで見てて気付いたけど、あれって要するにキョン異世界人になって全員揃ったってことになってんだな

SOS団に参加するのに否定的だったキョン異世界に飛ばされてしまったけれど

実はそっちの方が正しい世界ハルヒのいる世界の方が異世界だったわけだ

キョンは正しい世界の住人であると自認してるからハルヒのいる世界意識的に戻ったことでハルヒのいる世界においては異世界人になってしまった

てことでSOS団は晴れてハルヒ宣言通り「宇宙人未来人、異世界人、超能力者」が揃った

涼宮ハルヒ物語としては綺麗に終わってるので続編も何も無く、涼宮ハルヒの消失で終了ってことか

ラノベの方は読んでないしグダグダということも聞いたので、きっと良い線引きなんだろう

2021-08-20

三大破壊と誤解の女性キャラ

ダーティーペア ペアなので二人いるが相乗効果惑星破壊可能なまさしくダーティーな二人組の犯罪トラブルコンサルタントコードネームラブリーエンジェルはもはやネタ枠でトラコン呼んだのに被害が拡大とか依頼者は笑えない。でも実際は彼女達がいたからその程度で済んだという事実。残念ながら世間はわかっちゃくれない。

リナ・インバース ドラゴンも跨いで避ける美少女天才魔道士世界滅亡の危機(やばい悪魔の復活)から世界を救っているけど、誰もが怖がる歩く厄災で恐怖の大魔王扱い。つい城を破壊したり地形を変形させたり、懐寂しさに盗賊団を壊滅させたりとちょっぴりお茶目ところが自業自得

涼宮ハルヒ 無自覚世界を振り回す女子高校生無自覚なので本人に責任があるかどうかは裁判的には微妙でも、周りは世界の中心として取り扱い注意の特別対応もっともそんなデーモンコアよりも危険な他称神様をいち男子高校生にお任せるのはどうかと思いますが。

2021-07-27

anond:20210727162354

頭が悪いのか知らないけど、京アニ涼宮ハルヒを作ったわけじゃねえんだよね。

京アニあくま映像化してくれって言われただけ。

それを京アニが悪いってのは違う話。

それを言いがかりっていうんだ

2021-07-18

京都アニメーションの性暴力について

京アニ放火殺人報道を知った時、アニメに興味が無い私でも当初は恐怖したし、悲惨事件だと思った。

その後色んな所で「京アニは素晴らしい会社だ、作るアニメはどれも素晴らしいアニメばかりだ」というような報道の仕方をされ、自分も少しだけ興味を持った

比較アニメが好きな知人にどれを見たらいいか聞いたら「最初ハルヒがいい」と言われ、名前だけなら知ってるぐらいの「涼宮ハルヒ」を視聴する事にした。

京アニジブリのような作品を作ってるのだと思いこんでいたので、気持ち悪い絵に戸惑ったが一応我慢して観た

2話まで観たところで、気分が悪くなって視聴を止めた。

ハルヒが同じ部員女生徒を無理やり人前で脱がして性的バニーガールの格好を無理やりさせ人前に出させる性暴力シーンに胃がムカムカしてこれ以上観る事ができなかった。

涼宮ハルヒ」というアニメがこんな性暴力シーンを堂々とやっているとは思わなかった。

紹介した知人になんてものを見せるんだ、こんなものを褒め称えてるのかと抗議したら「京アニ作品はどれも似たようなものだよ」と言い訳され、目眩がした。

このハルヒ以外でも、胸の大きい女性キャラ水着接客したり全裸が出てきたり男性目線性的消費を目的としたアニメを多く作っているそうだ。

京都アニメーションがそういう「性暴力アニメ制作会社」だという実態を知った時、私は放火事件に対する同情の気持ちも消え失せた。

燃やされて当然だこんな会社

京アニに限らず性暴力商売する会社人間も皆死ねばいいと思ってる。

から今回の事件天罰が下ったんだと思う。

ニュースでも「京都アニメーションは素晴らしい会社」と報道して、実際作ってるのが性暴力を売りにしたアニメだと世間人達はどれだけ知っているのだろう?

今一度、京都アニメーション100%何の落ち度も無い一方的被害者であるかどうか、皆さんも一度きちんと考えてみたほうがいいと思う。

義援金が何十億も入ったそうだが、まず自分達の前にあなた達がやってきた性暴力に苦しめられた人達のために使うべきではないのか?

2021-06-10

死ぬ夢を見た

昔勤めてた職場飲み会か何かで突然意識を失った。

救護室に運ばれるも、既に身体レベル意識も脈もなかった。

死因は急にどこかの血管がどうこうなったということらしい。

死んだけど意識ははっきりしていた。

遺体ってこんなに死んでも色んなこと感じるんだ、と死んだ人あるあるみたいなの考えていた。

遺体保護するのになんかいろいろ処理をされた。

葬儀でいろんな人が話しかけてくれた。

返事をしたような気もする。

両親には申し訳なかった。

寝返りをうったつもりだったけど死後硬直ということになった。

棺の蓋を閉める時は最後母親の顔を見ておきたいと思った。

暗くなって、あれ、これからもしかして嫌なんだけど、ちょっと!と思っていたら場面が変わっていて、それまで遺体視点だったのが宙に浮いていて朝になっていた。

父親お金のやりくりをしていたのでもうどうせ使わないから通帳から金を引き出してくれと言ったら「そんなわけにもいかないだろ」と言われた。何故か意思疎通が出来た。

でもこの前1歳になった息子がよちよち歩いてきて、抱きあげようとしてもできなかった。

そこで自分は死んだんだと本当に悲しくなった。

そこに涼宮ハルヒに出てきそうな人が現れて時間を戻して死因のリスクを全部取り除いて、死ななかった世界を作ってくれた。

無事に生き返ったがその後涼ハルヒ的な人たちと能力バトルをする夢に突入して、そんで目が覚めた。

もう二度とこのような夢は見たくない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん