「自然言語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然言語とは

2022-06-13

anond:20220610140206

そもそも自然言語によるコミュニケーションはいくつものフィルター」があって、誤りが発生しまくる、人間界におけるガン製造機だっピ。

フィルター」は言い間違いだったり、言葉定義の誤解だったり。誤解まで行かなくてもズレてたり(風呂に入ってない→湯船に入ってない、シャワー浴びてる…とか)

機械だったら、音声が乱れたり音質悪かったりする「フィルター」があるっピねぇ…

喋る側の「フィルター

電話の「フィルター

聞く側の「フィルター

メモって上司に伝える時の「フィルター

誤解が起きて、事故の原因になる。ガンみたいなもの産むっピ。

テキストによるコミュニケーションの方が幾分かマシっピ……

2022-05-21

anond:20220521224317

よくわからんけど

要するに

まともにコードかけんやつに更に下層のIT土方やらせようって話に思えるが

流石に今普通に仕事してる連中がそれで失業するか?

エーアイが要求やら要件定義自然言語入力自動でやってくれるとかならともかくさ

2022-04-13

酢豚

昨日の酢豚は美味しかった。今でも味を思い出せるが、脳みそ酢豚が保存されていて、それを再び食べる訳ではない。

脳みそには酢豚を食べた、酢豚はこんな味だったという「情報」が入っている。

厄介なのが「情報」を書き出すときも、読み取るときも誤差が発生することだ。

想い出はセピア色というように、自分記憶すら少しずつズレていくのに、他人とのコミュニケーションでは認識がズレまくりだ。言い間違いのオン・パレード、聞き間違いのバケツリレーだ。

我々はインターネットなんて造るべきだったか

インターネットでは様々な酢豚像が共有される。酢豚定義するところは、その平均、みんなの酢豚散布図の重心になる。

そんな誰もいない地点に酢豚像の焦点を合わせてどうする、誰が見る。見ろ、インターネットなんか使ったから俺の酢豚像はボヤけた。

我々に必要なのは酢豚を完全再現できる「誤差のない情報」の生成方法だ。

他人にも誤差がないとベターだけど、自然言語を介す以上難しい。

まずは自分の脳で再現できることが求められる。

脳に酢豚を。

2022-04-10

これってオープンレタープロトタイプ

緊急の呼びかけ > 【署名対象者変更につき4/10まで期間延長】賛同の呼びかけ:トランス女性に対する差別排除とに反対するフェミニストおよびジェンダーセクシュアリティ研究者声明 | ウィメンズアクションネットワーク Women's Action Network
https://wan.or.jp/article/show/8254


2019年2月末の記事っぽい


オープンレターが出るより2年以上前にこういう取り組みがあって、呼び掛け人には小宮友根、清水晶子、山口智美敬称略50音順)が含まれている

また、公開して2ヶ月ほどで2715名の賛同者を集めたようだが、今もなお彼ら全員の名前(と所属)を公開しているようだ


> なお、3,342名から署名が集まりましたが、同一の賛同者による重複署名、氏名の入力 がない署名、氏名ととらえがたい文字列署名については除外し、有効賛同者数には含めませんでした



オープンレター 女性差別的な文化を脱するために』では十分になされていなかった、もとい恣意的運用されていた不審署名者の除外は、こちらではきちんと機能したのだろうか?

また賛同人について、まだ全て把握できていないが、もしかして相当数が被っていたりしないだろうか……?



最後に、感覚的な話となってしまうが、この運動声明文とオープンレター本文と読み比べると、文体から非常に似たような雰囲気を感じた(言い回しにひどく既視感を持った)

不寛容」を「非寛容」と書きがちな北村センセの例のように、自然言語解析に掛けたら何らかオモシロい一致が見られたりしませんかねぇ




2022-04-07

anond:20220407184933

数学出来るのが偉いのではなくて、数学出来ないのは学者として資質がないと言ったほうがいい(文学歴史神学といったルネサンス以前からあるごく一部の分野ーこっちのほうが学問としては正統だがーを除いて)

数式を使わないで、自然言語だけで厳密に論理を展開できるのであれば問題ないけど、そっちのほうがはるかに難しい、てか究極的には不可能

2022-03-20

人類の敵こと陰謀論

2022年にもなってこいつが牙を剥くとはな。

1999年とか2012年とか、滅びるタイミングいっぱいあっただろ。

SNSかいう人と人を繋いで世界平和にしそうなツールが、自然言語かいう不完全なゴミを介していたため、エラー生み出し癌ガンガン製造機になっていたのだ。

2022-03-10

文系の胡散臭さ

何事も極めて極めて突き詰めれば理系的な要素がどこかに必ず出てくると思っている。

筋トレ美容を極めようと思えば生物化学世界に行き着くし

経済を極めようと思えば数学的な道具を使う世界に行き着くし

文学を極めようと思えば自然言語とはとか論理学世界に行き着くし

心理学を極めようと思えば統計学的な道具が必要になる

からこそ理系の対としての文系に対して胡散臭さを感じる。

数学が嫌いという逃げで文系選択するのは論外

2022-03-02

コロナ禍での修士課程を終えて

私はとある地方国公立大学修士である

昨日修論を提出し、修士課程の修了が確定した。それ自体は喜ばしいと思うのだが、この修士の2年間は灰色のものだった。例に漏れコロナのせいである。この場で2年間を振り返りながら、現在修士進学について私見を述べようと思う。

話は2020年2月から始まる。コロナ日本にも入り込みはじめるが、まだ人々は状況を楽観視し、国会ではモリカケの方が大切などと言われていた頃のことだ。私は卒論発表会を終え、最終提出する卒業論文と学会発表する論文とを同時並行で執筆していた。その頃の私は「学会発表のために研究室予算(=国の金)で旅行ができる」とワクワクしていたし、何より研究活動が本当に楽しかった。

しかし、年度が明け最初緊急事態宣言が出されると、それを追うようにしてあらゆる学会が軒並みオンライン開催に切り替わった。モチベーションの1つが完全に失われたわけである私自身は旅行好きな人間なので、学会を口実にした旅行しか他人の金でのそれができなくなったと知ったときの落胆はそれなりのものだった。

しかし、旅行云々が霞むような落胆がその先にあった。オンライン学会シンプルに楽しくないのである素人質問が飛んでくるとか厳しい意見で凹むとかでなく、例えるなら否定的コメントしか流れてこないニコ生のようなものからだ。あくまで私の周りでの話にはなるが、オンライン学会においては基本的に聴講者はウェブカメラをつけずに参加することになる。つまり、どれだけの人、あるいはどんな人が自分の発表を聴いているのか把握しづらいのだ。まさに、パソコンの向こうの虚空に向かって数十分もの間独りで喋り続ける虚無感に苛まれた。加えて、質疑応答では文字通り発表に対する疑問が、時に否定的ニュアンスを多分に含んで発される。学会とはそういう場だ、と頭ではわかっていても、相手の表情が見えない状態でそういった発言を向けられるのは恐怖でしかないのだ。

同様のことは学内発表でも感じられた。中間発表や修論発表において、見知った教授から質問とはいえ相手の表情が見えないと自分の答弁がきちんと質問に対する回答になっているのかをリアルタイム判断することが非常に困難なのだ。我々は自然言語だけで意思疎通しているわけではないのである

また、コロナの影響は研究発表のときのみに留まらず、コロナの影響で研究活動のものが停滞した時期もある。特に大きかったのが、大学施設利用制限だ。緊急事態宣言が発令され全ての講義リモートとなった2020年春、大学講義だけでなく、研究活動のために大学に来ることにも制限をかけてきたのである

具体的には、研究室への入室人数制限――部屋の定員の半分までしか同時に入室してはならないという布告4月末に大学から発せられたのだ。私の分野は研究室に行かないと実験ができず、これによる停滞は大きなものだった。実際に入退室を細かく監視してるわけではなかったが、万一にもクラスター感染が発生し経路調査が行われたときのことを考えると背くわけにはいかず、結局2020年曜日ごとに入室できるメンバーを分けての活動余儀なくされた。

さら大学は、感染者が出た研究室がある建物を消毒のために数日間閉鎖するという強硬策も同時に打ち出していた。案の定というべきか、私がいる同じ建物の別の研究室感染者が出てしまい、入室どころか入館自体ができない事態になったことがある。学会まで間もなくというタイミングのことだ。その時私は学会発表に向けて追加実験をしていたこともあり、「大学は我々に研究させる気がないのではないか」と本気で思ったものである

また、教授から指導を十分に受けられなかったのも、モチベーションの面で非常に大きかったと言える。大学教員というもの基本的には裁量労働制であり、与えられた仕事をこなせるのであれば労働時間場所制限されない。これにリモートワークが結び付くことで、頼るべき研究室ボスが――扉1つ開ければすぐに質問相談ができた指導教員がそこにいないという状況が完成する。つまり、真面目に研究室に来たところで、研究がどんづまればその日はもう終わりなのだ平時であれば教授の居室に駆け込み即席の個人ゼミをしてもらえたところが、教授相談メールを送って個人ゼミを後日に設定してもらう、という手間が増えたのである

手間だけならまだ良かったが、更なる問題個人ゼミオンラインしたことであった。私の研究する内容は数理に片足突っ込んでいるものであり、つまり図を使わないと説明ができない類のものなのだコロナ禍前は個人ゼミ室のホワイトボードが黒くなるまで教授と競うように図を描きなぐったものだが、個人ゼミオンラインしたことで図を即席で描いて説明する、ということができなくなってしまったのだ。正確にはZoomを用いれば画面上に何かを描くことはできるのだが、ペンタブなどがない限りうまく描けないし、うまくかけていない図で説明するのは図を用いずに説明するのとそう大差はなかった。つまり個人ゼミをしたところで何に悩んでいるのかをうまく伝えられず、先生から提案理解に苦しむことがあったのだ。こうなると研究の進みも悪くなり、また相談するがイマイチ解決しきれずにどんづまり…という負の連鎖が始まってしまう。

これら1つ1つは小さなことだが、それが2年間も続けば研究のものに嫌気がさしてくるというものだ。少なくとも私はそうだった。

私のこの体験談は、「リモートワークに向いていない人間愚痴」と単純化することもできるだろう。ただ、そうした人間を切り捨てるだけでは、その社会は進展は望めまいとも思うのだ。特に教育研究機関は、その意味を深く考察すべきだろう。

この春、私は新社会人として東京とある企業入社する。そこは去年、私が就活していた時点ではリモートワークを順次導入中ということであったが、私は嘆願書を出してでも出社させてほしいと主張するつもりだ。

2度としてあの灰色の日々を送らないために。

2022-02-03

雨降る日の橋の下ルンバが捨てられていた

家の埃と家で充電してきたバッテリーを餌として与える不良

帰ろうとする不良を子ルンバが追いかける

「ごめんな、うちではお掃除ロボは飼えないんだ…」

自然言語理解できず、それでも追いかけてくるコルン

「来るなよ!そんな目で俺を見るなよ!飼えないって言ってるだろ!」

そのときルンバから声がした

カスタマーサポートです。お客様、どうされましたか

不良の行動はすべてカスタマーサポートに筒抜けであった

2022-01-22

永久に繰り返す定義論争

どうも、言語ゲーマーです。

最近少女漫画定義論で盛り上がっていたみたいですね。

もう何回目でしょうか、この手の定義論争は。

少女漫画か否かレーベルで決まるなら移籍した途端に少女漫画でなくなるのか、などと、ラノベ定義論の時と全く同じことを言っています

まさにスニーカー文庫から角川文庫に移った実例がいくつかあったため、エッジケースとしてよく議論されていました。

外形は全く同じなんですよ。

ラノベ定義論争、SF定義論争、本格ミステリ定義論争、ハイファンタジー定義論争、ロック定義論争、メタル定義論争、渋谷系定義論争、ロキノン系定義論争、オープンワールド定義論争……

あのねえ、数学用語定義ならともかく、人の世に、はっきりくっきりここからここまでがこの言葉範疇ですって線引けるような概念なんか無いんですよ。

エッジケースなんて人によって判断が分かれて当然でしょう。

それでも、少なくともワンピース少女漫画ではないし、ガラスの仮面は誰に聞いても少女漫画といえる。

少女漫画という概念定義はなく、それでも明確に、皆に共通するイメージがあるんです。

それはレーベルだったり、内容だったり、読者層だったり、色んな要素なんです。

どれかひとつじゃない。

要素全部なんです。

全部なんですが、全部満たしていることが要件ではない。

少女漫画っぽさっていうのは、色んな要素でちょっとずつ結びついている。

あれとこれはここが似ている、こっちはこういう要素が似ている、似てる・似てる・似てるを繰り返し、あまり似ていない両端の漫画同士でも同じ少女漫画というカテゴリに入れられる。

これが家族類似性です。

ウィトゲンシュタイン「ゲーム」という単語定義でこれを説明しました。

一人でやるゲームもある。勝敗のつかないゲームもある。会話だけで行うゲームもある。

サッカーソリティアマインクラフトはその構成要素は全く似ていないですが、どれもゲームと呼ばれます。これらうまく包含してしかゲームでないものを含まないようにする定義など不可能なのです。

上に挙げた全ての定義論争はこれと同じです。

我々が扱っているのはそもそも自然言語だということを真摯認識すべきなんです。

どうして定義なんかしないといけないのでしょうか。

少女漫画とくくらずに、「少女漫画レーベルでは、」とか適切に限定した主語を使って語ったらいいだけではないのでしょうか?

2021-11-02

anond:20211101235529

タクシーをするには自動運転だけでは無理で、自然言語理解ができないとダメ

わかる。さすがプロは慧眼だな。

 

だが自然言語理解が、それほど遠いのか? という点でもうちょっと詰めたほうがいい気がするな。

アレクサだのsiriだのやってると80点ぐらいの指示理解はそれほど遠くないと感じるよ。

 

いや、俺だってガチ最先端中の最先端のことはしらんけど。

2021-10-16

anond:20211015131721

面白い・人に刺さる内容は才能の比重が高い

まずこの主張がたとえ正しかったとしても間違ってたとしても、文章お約束習得するのに才能が必要不要かという話とは独立してるんだよね。

お約束習得するのに必要な才能の比重が、面白い・人に刺さる内容を書くことよりも相対的に低いということであれば俺も同意するけど、決してそのような譲歩をする気はないんだろう。

いろいろ文章読本とか700ページ以上あるレトリック辞典なんかも熟読したが、俺にはお約束ものにするほどの才能もないから諦めたいというだけの話なのに、それすら認めてくれないのが謎。もちろん面白い文章を書く才能も同様に俺にはないと思ってるよ。比重に関する単純な程度問題なのだから、型を身に着ける才能がない、いわんや面白い文章を書く才能をや、ということは自明に導けることだよね。

数式がひいひいじいちゃんとかの代からあったものから写経しろってのも意味不明論理が飛躍してる。

ひいひいじいちゃんとかそれぐらい前の代からあるものなら、写経することで身につくものだ、という論理ただちに成り立つはずないじゃないか

だってそうやって遥か昔から数式や数学観念次世代継承されていくために全ての人間が才能を持ってる必要はないわけだから

一部の才能を持つ人によって数学もまた発展してきただけの話。

しかにそうやって発展させてきた人には数学書を穴が空くまで読んだり写経のようなことをした人も中にはいるかもしれない。

でもみんながみんな写経することで数式の意味理解できたりするようになるわけじゃない、ということぐらい考えればわかることじゃないのだろうか。

たとえば方程式を見ても、その答えを出せないという場合は、数式に沿った思考ができていないことを示唆しているだろう。

もちろん答えが当たっていたしても単なるまぐれ当たりかもしれず数式の理解を反映した結果とは限らないし、答えを出せない場合でも数式の意味部分的には理解できている場合もあるだろう。

とにかく位相幾何学でも微分方程式でもいいけど、そういうもの教科書写経させればみんながみんなその範囲内で初見の類題を出されても100%解けるようになっているだろうか。バカげている。

ましてやその領域上のことを発展させて新しい数学概念発見(発明ともいわれる)、つまりより一般的にいえば言えば今よりも対象可能概念、君が言う「中身」というものを増やすことが出来るような人は、さら根本的に理解を極められたごく一部だろう。写経という努力でなんとかなる?才能など不要?ありえない。

数式以外の自然言語についても写経哲学者並みに概念を扱ったりできるとは限らない。前にも書いたように「論語読みの論語知らず(現代風にいうならいわゆるチャットbotのようなものしかない)」になってしまうことがありえるわけだよ。偉人言葉いくら覚えても丸暗記の域を出なけりゃ間違った文脈(見当違いな場面で)でそういった言葉引用しかねないしその言葉が言わんとすることをさらに発展させること(たとえば素朴な記号論から生成文法へと発展させるようなことなど)は出来ない。

なのにそういうことわざを挙げてる箇所には言及してくれない。結局なんというか都合の悪い部分を意図的スルーして同じことをずっと強弁してる感じなんだよね。

2021-10-13

プログラミング精通するほどプログラミングが嫌いになるので

賢い奴から先にプログラムを書かなくてすむポジションに身の振り方を考えるようになる

ちょっと世の中を見てみれば、功成り名遂げたプログラマーは、自然言語文章書いたり人前で喋ったりする仕事をするようになっている

現在プログラミング言語は人間生理的に不自然で不完全なので、書けば書くほどプログラミングが嫌いになれる

プログラミングスクール流行ITエンジニア不足が叫ばれる昨今だが、あれは誰もプログラムを書く作業はやりたくないから、

代わりに嫌な仕事押し付け相手を探そうという陰謀に他ならないのだ

2021-08-14

世間本音本音としてあってもいいんだとは思う

不潔なもの、くさいものを好きだという人はあまりいないはずで、自分もそこに異論はない

ホームレスを助ける施設を作るな、という市民運動デモ活動プロ市民がいてもおかしくない

その一方でネコ募金が集まるのもおかしくない

問題があるのは、まず影響力がある人が子供みたいな二元論でそれを語ること

今回の、ホームレスを殺してネコを生かそう、も問題があるが、

ネコを殺してホームレスを生かそう、も問題がある主張のように思う

大人になるにつれて分かってくるのは、この世界は単純な二元論では割り切れないということ

例えば、この世界には正義と悪があるわけではない

寧ろ人の数だけ正義存在する

人と人が憎しみ争い合うとき、それは正義正義がぶつかっているということである

そういえば、昔小林よしのりが、正義正義ごっつんこなんておかしい、

漫画の1コマで描いていた覚えがあるが、自分おかしいとは思わない

人と人は永遠に分かり合えない

食い違う利益不利益によって人と人は争い続ける、それはおかしな話ではない

なるほど、そういう考えからいけば、

DaiGo利益ホームレスを殺しネコを生かすことなんだろう

ただ、ここで少なくとも自分はそうは思わない

自分ネコに対して思い入れはない、寧ろあまり好きでないと思ってもいる

外見の可愛らしさとは裏腹に、ネコに対する恨みつらみではないが不満がないわけではない

そもそも野良猫狂犬病ダニを介した感染症を保持している可能性が高い

野良猫に引っ掻かれる、噛まれると冗談抜きで人は死ぬことさえある

そもそも論として、ネコを気軽に買って捨てる人たちが悪い

野良猫全然気楽でも自由でもない、苦痛毎日を強いられている


そう、野良猫自由気ままでいいよな、みたいに言う人ほど、

ホームレス自由気ままでいいよな、みたいに言う傾向がある気がする

そんなはずはないだろう

もちろん、そういう人がまったくいないとは言わないが、

ほとんどの野良猫ホームレスも、毎日過酷生存と死の隣合わせの生活のはずである


ネコを優先しろ、いやホームレスを優先しろ、色々な考えの人がいるだろう

自分ネコホームレス、というか、ネコ人間、どちらの生命を優先するかと問われたら、

そもそも究極の選択という議論自体問題があるわけだが、

どちらか選べと言うなら、自分人間を選ぶのだと思う

これは単純にエゴイズムの話でもある

ネコ人間を天秤にかけ、人間の方を処刑する選択をすれば、

いつか自分がその天秤に乗っけられる可能性があり、それを恐れるからである

世の中には色々な人がいるが、自分は好き好んで敵を作ったり、他人に恨まれたいとは思わない

ネコ人間、どちらを敵にするか選べ、というなら自分ネコを選ぶ

それはネコ人間自然言語意思疎通できないことも含まれ

かつてLSD中毒科学者イルカ人間より賢い、

クジラの脳には生命誕生から地球歴史記憶されている、

そんな妄言を唱えていたが、彼こそ人間よりイルカ愛する人であった

しかし、現在イルカクジラに対する科学判断は当然ながら違っていて、

彼らは確かに互いにコミュニケーションを取る能力はあるが、

人間のような文明を築けるわけもなく、道具を作れるわけでもない

キツい言い方をするなら、人間にとって自然は敵でもある

もちろん、自然恩恵を受けて人間は生きている、農業が最たるものであろう

しかし、ホームレスよりネコを優先するという考えは、どこか自然優先主義を行き過ぎた、

エコとかロハスとか言いながら、反ワクチンを唱えながら、なんだかんだ電気を使っているような、

そんな薄っぺら環境保護団体人達とも似ているようにさえ思う

ホームレスという括りでなく、ひとりの人間としての括りで考えた場合

自分は単純に人類以外の動物種より人類を優先する

そうすることが自分利益にもなり、社会を維持するためにも必要から

無闇に動物種を絶滅させることは非常に問題があるが、

ネコが滅びて人類が生き残るか、それともその逆か、と問われるなら、

自分は迷わずネコが滅び、人類が生き残る方を選ぶと思う


補足として、ホームレスで臭すぎる人がいるのは確かであり、街中で見かけることもあると思うが、

常識的に考えて、本人が自分臭いが分からないはずはない

原因は様々あるだろうが、精神的な疾患が関わるケースが多いように思っている

そもそも知的障害があるとか、根本的な理由は単に不潔な人という話ではない

ゴミ屋敷もそうだが、あれも居住者精神的な疾患がある、

しか老衰し、ゴミを出す体力がない、

もしくは、近所のゴミ出し警察によってゴミを出しにくい、なんてこともよくある話である

社会統治する立場からしても、生類憐れみの礼を出したバカ殿様であるまいし、

人間より犬猫生命を優先するなどという話はあってはならないと自分は考える

シンエヴァの第三村にもネコはいたが、人間より優先されているわけではない

かといって、殺人鬼が人の前にネコイヌ虐殺するようなことを許していい訳もない

他人に向けた刃が自分に向かってくる可能性を考えない人はい

自分には理解できないが、そういう人はい

人と人は分かり合えないのだから、そういう人の気持ち自分には完全には分からない

寧ろ、その安直トロッコ問題の後側に鬱屈したコンプレックス不安を感じ取れる気はするが、

それを他人への攻撃に変換している時点で、他人は遠ざかっていくのではないだろうか

自分の抱えている不安があり、それについて他人社会システムに救いを求めるべきなのに、

それを他人への攻撃に変換してしまう人というのは確かに存在する

それは問題解決を遠ざけるだけなのではないだろうか

しかし、自分プライドから他人に助けを求めたくない、

もしくは他人に助けを求めたって裏切られるだけだ、だって今の社会はそういうもんだろ、

という厭世感がそうさせているのかもしれない

もちろん、そういう社会空気があるのは否定できない

そういう空気が醸成される社会不安があるのも理解できる、今問題コロナもそうだと思う

そうやって行った果てにあるのはデビルマン最終回のような世界である

もちろん、そういう世界を望んでいる人達なのかもしれない

しかし、それで本当にいいのだろうか

2021-07-30

anond:20210729203632

これって多分文系学問特有言葉遣いだと思うんだけど、「男性」と男性は違うんだよな。

まり社会学的な意味での「男性」と、生物学的な意味での男性は違う。

ここをごっちゃにしてしまうと、「男性批判自分に向けられていると勘違いしてしまったり、わけのわからない理由男性批判したりするようになる。(まあ、社会学的な「男性」というのも、もちろん我々一人一人の中にも内包されているものではあるけれども、それは我々の(ジェンダー・)アイデンティティとはまた区別されたところにあるはず。)

面倒臭いのは、文系学者の中にすらこの区別がついてない人もいるということ。

理系学問で言うと、理系用語としての「硫黄」と自然言語の「硫黄」は概念として異なるのに、理系用語の方が正しいとして誤用警察ちゃう人とかいるけど、それと同じ。

2021-07-09

anond:20210706022633

結論から言えば、やはりソフトウェアエンジニアが一番向いているんじゃないですか。

鼻持ちならない気位が高いわりにざっくばらんな文章を書くなぁと感じますが、

等身大自分を見て人々がどう思うのか率直な意見が欲しくて意図的にやっているんですよね?

出来るソフトウェアエンジニアには内面がこんな調子の人は多いのではないのでしょうか。

挫折についても、単に運がわるかっただけじゃないですかね。

あなたのような人にタスクを振るのは難しいのです。

簡単タスクはあっという間に終わらせてしまうし、かといって難しいタスクだとあなたが分からなかったとき上司の側が教えることが出来ない。

あなたタスクを振る上司は、あなたより優れたソフトウェアエンジニアであって、振るタスクのことを十分に理解していないといけないし、あなた限界をきちんと見定めていなければならない。

インターンだとどうしても日常業務から外れた、〆切りがなく失敗してもダメージのないタスクを与えることになるので、お互い不幸な結果になってしまうことはありますあなたには悪気はなく、十分努力はしたと思いますし、会社上司も悪気があってしたのではないでしょう。まぁそういうことはあります

まともな会社、まともな部門、まともな上司にあたればもうちょっと丁寧に導いてくれると思いますし、日本10人みたいな仕事はそうはありません。あなたくらいのレベルだと、おそらく仕事自然言語で書かれているが穴だらけの仕様書と、コメントのあまりない微妙だがそこそこの規模ソースコードを渡されて、不明な点を関係者(誰に聞けばいいかは必ずしも自明ではない)に聞いて埋めながら実装する、とかになると思っていて、多分それは出来るんじゃないですか?名前の出ている会社だともうちょっと丁寧な扱いをしてもらえると思うので、エンジニアインターンをやって自身回復させるとよいでしょう。

言語への書き換え、任せてさっとやってくれて、セキュリティなど聞くべき所を聞いてくれる人ってそんなにほいほいいるものじゃないですよ。がんばってください、いつか一緒に働けることを楽しみにしています

anond:20210706022633

結論から言えば、やはりソフトウェアエンジニアが一番向いているんじゃないですか。

鼻持ちならない気位が高いわりにざっくばらんな文章を書くなぁと感じますが、

等身大自分を見て人々がどう思うのか率直な意見が欲しくて意図的にやっているんですよね?

出来るソフトウェアエンジニアには内面がこんな調子の人は多いのではないのでしょうか。

挫折についても、単に運がわるかっただけじゃないですかね。

あなたのような人にタスクを振るのは難しいのです。

簡単タスクはあっという間に終わらせてしまうし、かといって難しいタスクだとあなたが分からなかったとき上司の側が教えることが出来ない。

あなたタスクを振る上司は、あなたより優れたソフトウェアエンジニアであって、振るタスクのことを十分に理解していないといけないし、あなた限界をきちんと見定めていなければならない。

インターンだとどうしても日常業務から外れた、〆切りがなく失敗してもダメージのないタスクを与えることになるので、お互い不幸な結果になってしまうことはありますあなたには悪気はなく、十分努力はしたと思いますし、会社上司も悪気があってしたのではないでしょう。まぁそういうことはあります

まともな会社、まともな部門、まともな上司にあたればもうちょっと丁寧に導いてくれると思いますし、日本10人みたいな仕事はそうはありません。あなたくらいのレベルだと、おそらく仕事自然言語で書かれているが穴だらけの仕様書と、コメントのあまりない微妙だがそこそこの規模ソースコードを渡されて、不明な点を関係者(誰に聞けばいいかは必ずしも自明ではない)に聞いて埋めながら実装する、とかになると思っていて、多分それは出来るんじゃないですか?名前の出ている会社だともうちょっと丁寧な扱いをしてもらえると思うので、エンジニアインターンをやって自身回復させるとよいでしょう。

言語への書き換え、任せてさっとやってくれて、セキュリティなど聞くべき所を聞いてくれる人ってそんなにほいほいいるものじゃないですよ。がんばってください、いつか一緒に働けることを楽しみにしています

2021-06-24

久しぶりに日本語文章を書いた。

普段プログラムを書いているのでキーボード入力別に不慣れじゃないはずなのに、プログラムを書くのと文章を書くのでは全然手の動きが違うのか、すぐに手が痛くなってしまった。

コードドキュメンテーションとか業務上コミュニケーションはすべて英語でやっているから、自然言語プログラミング言語との違いとかではなく、日本語特有問題な気がする。

普段Vimを使っているけど、日本語との相性が悪いので別のエディタを使っているからかもしれない。

日本語入力場合IMEの変換候補を確定するためのエンタキーを押す回数が英文/プログラミング言語比較して多いからかもしれない。

2021-06-18

anond:20210618173935

漫画と一緒にすんなよ

漫画知識法律だけを考えるくらいなら最初から新聞よめ。

被告原告法律バランスとるのが法廷なのになんで弁護士法律の間のことだけかんがえてるんだ

コンピューター運用でもしたらnullが出たりすることも気にするんだろうが自然言語では当然の解釈だよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん