「連想ゲーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 連想ゲームとは

2019-05-18

anond:20190518004235

よっしゃ、猫も一緒に冷凍したろ!

追記

幼女片思い

コールドスリープ

・猫

連想ゲームもできないの?うそやろ……

2019-04-16

推しカプを拗らせてしんどい

腐女子です。もうかれこれ三年ほど推しカプを拗らせていて本当にしんどい。

ここに書いて何か変わる訳じゃないだろうけど、いい加減一人でうだうだ考えることに気が狂いそうになったので吐き出す。

四年前、推し(以下Bと呼ぶ)のことが好きになった。今までのオタク人生の中で一二を争うぐらいのめり込んだ。ちょうど一人暮らしを初めて自由に使えるお金も増えた時期だったから、たまに出るグッズを買ったり、それまでずっとROM専だったのに専用のツイッターアカウントを作り、拙いながらも絵や文章を書いて楽しんでいた。

色々とおかしくなってきたのはハマって一年経った頃だった。

きっかけは神が描いためちゃくちゃ最高な推しカプ(A×Bとする)漫画に対し、B×Aだ!と逆カプだと勘違いして喜んでいるツイートを見たことだった。

私は左右固定厨だ。

正直、それまではたまにTLで見かける逆カプをなんとも思っていなかった。でも一切読みはしなかった。そもそも興味がなかった。

でも、そのB×Aだと喜んでいるツイートを見て、なんで?作者さんはA×Bだって書いてるのに。B×Aに見えるの?と疑問と怒りを覚えた。

その漫画がBがAのことが好きだという内容だったから、そう勘違いする人がいてもまぁおかしくはないのかもしれない。けれど、当時の私はわざわざA×Bを逆に変換して喜んでいる人を見て、もしかして世の中B×A推しの方が多いのではないか絶望した。

それから私はピクシブツイッターで逆カプを調べ上げ、推しカプと比較した。

推しカプはおそらくジャンルの中でマイナーと呼ばれる規模のカップリングなのだが、それでも逆カプより倍以上作品数があった。

それぞれのカプ名を検索して、ツイート数を一月単位で数えた。それも推しカプに関するツイートの方が多く、私は心の底から喜んだ。

私は逆カプが大っ嫌いになった。この世で一番尊いのは推しカプであるA×Bであって、逆カプなんて邪道だ、意味がわからないと思った。

数は推しカプの方が多い。それでも、逆カプを生産している人は0ではなかった。

逆カプ推しアカウントブロックし、極力目に入らないようにした。

本来ならそれで住み分け完了!あとは楽しくオタク生活を楽しんでね!となるはずだった。

それから私は異様に地雷である逆カプを気にする生活を送っている。もう自分でも頭おかしいんか?と思う。実際おかしい。

本当に逆カプが大嫌いなので、そのカプ名を字面でも見たくないし、逆カプの作品を見るなんてこの上なく嫌だ。

じゃあ見なきゃいいじゃんと思うだろう。私もそう思う。でも気になって仕方がなくて、わざわざ何もブロックしてないリア友用のアカウントから1日何回も逆カプを検索して、ツイート作品が増えていないとこに安堵したり、増えていたら絶望したりしている。

逆カプの作品存在することが嫌だ。書き手存在することが嫌だ。

もちろん、そんなことを直接書き手に言いに行ったりなんかしない。そんなことをしたらそれこそ頭のおかしい奴だ。こんな自分勝手な感情誰にも言わない。

フォロワーの中に、同じくA×Bを推しているけどリバも大丈夫な人が何人かいる。

その方々の書く推しカプ作品は本当に最高で、いつもお世話になっているし大好きだ。だけど不意に逆カプをRTしたり呟いたりする。それがものすごく怖い。

もちろんミューワードを設定しているので、漏れない限り私のTLに逆カプが現れることはない。だから私の目に入らないのでオッケー!と言えるのならばこんな風になってない。

私は同じBを推している人や、推しカプの攻めであるAを推している人をツイッターで見かけると、その人のユーザー名+推しカプ名、または逆カプ名で検索して、どちら派の人か調べる。

それで過去推しカプのツイートをしていることがわかると大喜びし、逆カプツイートをしていることがわかると殺意の波動に呑まれる。

私と同じようなA×B固定厨で信頼のおけるフォロワー過去B×Aもいけていたことを知った時はものすごく裏切られた気分になった。

正直、今は推しカプのことを考えるより逆カプのことを考えている時間の方が多い。むしろ仕事中なんか、ほとんど地雷のことについて考えている。

ちなみに地雷は逆カプだけではない。先にも述べた通り左右固定厨なので、誰が相手であろうとA受け、B攻めがゲロ吐くぐらい嫌いだ。実際嫌いすぎてゲロを吐いている。

地雷検索した時に気になったものを不意に思い出して、それが何も手につかなくなるほど気になって、スッキリしたくてわざわざ見に行って、致命傷を負う。それをずっと繰り返している。

推しカプのことで気になって手につかなくなることなんてないのに、逆カプや他の地雷ではしょっちゅうある。気になって気になって、それが仕事中だったらもう仕事なんてしていられなくなる。そのことで頭がいっぱいになって、何もできなくなる。もう生活に支障をきたしている。

私は頭の中を整理するために壁や地面に指で文字を書く癖がある。それを所構わずしてしまものから(一応人に見られないように隠しているつもりだけど)、もしかして周りバレていて不審に思われているかもしれない。

ブツブツ小声で呟いて整理したりもするのでそれももしかしたらどこかで聞かれていたらどうしようとも思う。

私の頭の中はもう地雷支配されている。そんな生活がかれこれ三年だ。

どうしたらいいのかわからない。考えたくない。でも考えてしまう。この生活が辛い。違うジャンル漫画を読んでいたり、違うことをしていても、とあるワードが引っかかり連想ゲームみたいに地雷のこと思い出してしまうのなんて日常茶飯事だ。今日地雷検索して後悔した。毎日が全く楽しくない。

もう嫌になって、ツイッターをやめた。でもやっぱり地雷のことを考えてしまう。

いっそBのことを、A×Bを嫌いになってしまえたらと思うが、やっぱり好きだ。でもこれは好きというより執着なのかもしれない。

もはや病気なんじゃないかと思う。いっそ病名がついたら楽なのに。自分では強迫観念なのかもしれないとなんとなく思っている。

本当にこれが病気なら、治るんなら病院に行きたいと思った。実際メンタルがやられすぎて一度だけ行ったことがあるけど「私は腐女子で逆カプが〜」なんて説明できるわけなく言えなかった。

抱えていたことをやっと吐き出せた。

書きたいこと書いたので文章めちゃくちゃかもしれないけどもう知らん。

こんな悩み頭おかしいって分かってるから、誰にも言えなかった。そもそも周りに自分オタクだとか腐女子だとか言ってないから、打ち明けたところで理解してくれるわけないんだけど。腐女子リア友ほしい。

拗らせてるのは推しカプだけじゃなくて推しであるB単体に対してもなんだけど、ここからBのことを書き連ねるとなると文章ハンパないことになるからやめておく。でもBのことも大概拗らせててしんどい。なんでこんな思いしてまで好きでいなきゃいけないんだろうね。でも好きなんだよ。つらい。

2019-03-04

anond:20190304122918

できる限り誠実に読んだつもりだが、連想ゲーム以上の物には見えなかった。

ほとんどの例で元の単語意味を知らない限り絵の内容がつかめず、ベーシックイングリッシュ単語論理的説明できているようには見えない。

2019-01-10

anond:20190110095812

無茶な連想ゲームへの反論コンテンツラバーという意味でのオタクからだいたい出尽くして市民権を得ているけど

人権表現の自由って唱えてるオタク借りパク連中は、それでコンテンツ制作側がどんなに迷惑してるかさえ1ミリ理解しない寄生虫

2018-10-29

江戸の敵を長崎で討つ先生が多い

池内教授も、自分の関わった番組別にパーソナリティがそんな人じゃなかったのに女のタレントが物を知らない人の役をやらされているのが許せなくて、キズナアイもその連想で叩きました。みたいな事言ってたし。

岩淵潤子氏も、こっちが留学でマジメに勉強しに行っているのにイタリアで気軽に声掛けてくるイタリア野郎にむかついていたから。という全く何それ?な理由萌えキャラ叩きに勤しんでたらしいし。

なんで連想ゲームみたいなので、何かを猛烈に批判しだすの?

2018-08-20

となりのトトロみたいなアニメを作れば売れると思うんだ

となりのトトロみたいなアニメを作れば売れると思うんだ。

辻褄なんてあわせず、説教臭いメッセージ性なんて考えず、子供の夢のように無茶苦茶で、撮りたい絵をつなぐだけ。

でも、すべてのシーンが連想ゲームみたいにつながる、そういうアニメ

なんで、だれも作らないんだろう。

2018-08-12

個人主義資本主義は違うんだけど

最近ベンチャー経営者何人かと話したけど、その人たちはたまたま

弱い人を助けようとか、差別是正しようと考えに難色を示す人ばかりだった。

もちろん公ではいけないことだというポジションを取っているが、

酒の場の本音ベースでは、弱者は運が悪かっただけでしょ(ならまだいいが、酷いと努力不足でしょ)で一蹴。

しろ、なぜ成功者幸福さらなる追求を抑制するのか、という考えだ。

それどころか、全体の利益を考えるなんて共産主義で、共産主義は失敗した体制で、

なぜ失敗を辿るのだ?というスタンス

資本主義なんだから自分のことを中心に考えるのは当然の権利であり、

競争社会他者を蹴落とす自分達が正しい、というようなことも言っていた。

まるで中学生のような短絡的な考え方だが、そもそも定義を間違えているし、

別の定義言葉連想ゲームのようにテキトウに繋げて信じ込んでいる姿にはがっかりだ。

 

彼らは財を成すことには成功したが、全ての面において妥当な考えをできるわけではない。

そういう人たちが力を持ち、力を持ちやすい現状の社会では、

みんなが求めているような不満が解消されることは難しいんだろうなあ。

ちょっとがっかりたここ数ヶ月の食事会でした。

2018-06-28

Hagexさんを問責する言説の否定という流れ

件の事件Hagexさんを問責する言説を否定することに、自分同意という前提で。

「Hage批判を許さない」

というワードがフワッと浮かんだ。ただの不謹慎ネタだ。そして、連想ゲームは頭の中でつづき私も刺す側の人間になっていた可能性があるという言説に

「HageToo」

ということばが浮かぶ。こういう、事件に対して茶化してしまう、下手をすると酷い誤配を産む可能性があることばをどこかに流したくなる。汚言症的な衝動かもしれないと思った。

2018-06-08

FGO帝都聖杯炎上理解できない

本当は知らない人に向けて経緯とかイチから書くべきなんだろうけど、そもそもまりに苛々して筆をとったのと帝都原作も読んでないのでやめておく。何もかもすっ飛ばして書く。調べればすぐわかることもかもしれないで書いているが意見表明の類じゃなくて愚痴なので勘弁していただきたい。

ツイッターで広まっていた「FGOをやっていないいわゆるネトウヨたち」と「悪質なデマ鵜呑みにした韓国FGOプレイヤーたち」が怒っている、というのが真実であれば良かった。いや、真実なのかもしれないが、如何せんハッシュタグだけを検索するとそうは見えないのが実情であるハッシュタグ機能は簡易的なTLを構築する機能とも言えるので当然のことではある。

悪質なデマ、というのは「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚がWW2の日本敗戦を覆す話だ!許されない!」というような、あるユーザーが流したハングルで書かれたもの複数人確認しているようであり流れていたのに間違いはなさそうだ。

だが日本人やその他外国人(というとくくりが広すぎるが中国人アメリカ人らしきアカウント確認した)と韓国人の間で交わされるやりとりを見て、今盛り上がっている人たちの中ではどうもそういう話ではないらしい、というのを理解した。そして頭が痛くなった。

彼らの言い分はこうだ。

そもそも加害国である日本が、未だに被害者が生きている第二次世界大戦を娯楽として消費するのは許されない」

バナーに1945と入っている。終戦の年であり被害を嫌でも連想させる。無礼である

はあ???

いや開いた口が塞がらないとはこのことである連想ゲームも大概にしろ。あと艦これかにも言っとけ。大昔にAxisPowersヘタリア韓国だけで大炎上したのも当然なのだなあと感じた(あれはww2だけではないけど)

他、「多国的に展開してるゲームなのだから他国事情も当然考えるべき」などもあったが、まあこれは某ラノベの件にも通ずるものがあるのでわからなくもない。単なるリスクヘッジとしてだが。そうでなきゃ今頃パールヴァティーとか抹殺されてる。(あちらの案件に関しては言い分はわかるが)

ちなみに「何故それが日本作品にだけ適用されるのか」という当然の疑問に関しては、(そもそも大東亜戦争関係いから、という身も蓋もない真理以外に)「日本は過ちを公式に認めていない」という反論があった。私はこれについて語れるほど多くの材料を持たないし、政治的な話をしだすとキリがないので深くは突っ込めないが、1960年だかの日韓合意清算は終わっているはずである河野談話とかあのへんもある。最近にも安部総理が念押しで条約を結んだはずだ(ふわふわ認識ですまない)。お金を払えばいいというものではないとか言われそうだがこれ以上の誠意の見せ方がどこにあるというのか。

というか仮に公式的に国家が認めていないからといって、それと民間ゲームになんの関係があるのだ。国が悪けりゃ民族全員悪いのか。流行ヘイトスピーチ理屈ではないのかそれは。まず戦勝国はいいのか。いいんだろうな韓国関係いから…

これに対しての日本その他のユーザー反論は、上記理解しているものもあれば既に的はずれなものもある。的外れ、というのは、

・上述の「悪質なデマ」への訂正。帝都聖杯奇譚の原作国内の、WW2ほぼ関係ない(作中世界では起こってすらない時期の)、当時の人物も一切出ない話であり、実質コラボであるFGOイベントもまだ概要らしき概要不明である。というような旨。デマ鵜呑みにしていただけの人には納得してもらえるのかもしれないが、前述の通りそうでもなかった。

・これはフィクションである現実との区別をつけろ、という一般論。実際FGOの起動画面にはその旨がしっかり書かれている。個人的には大いに同意するが、これも某ラノベの件とかと同様、擁護意見としてはあまり意味を成さな場合が多い。フィクションからってやっていいことと悪いことがある、と返されるだけだ。

嫌なら見るなプレイするな。これも擁護意見としては以下略。ただ正直ボイコットしてもDWTMは一向に気にしないのではないかとも思う。親会社は知らないが。

とこのような感じである的外れというか、効果がないか場合によっては火に油を注ぐ例である

さてここから問題で、効果的な反論とはなんなのかという話になる。

…私には思いつかない。論破されたとかじゃなくてどこから突っ込めばいいのかというか、まるで意味わからんぞ。

日本が加害国であることに固執しすぎてはないのかというのは、加害側が言うことではないだろうから置いておくとして。しかし加害側はいつまでも加害側なのか。1941〜45をフィクションにおける空白期間として扱わなければならないほどに??

1945がWW2を想起させるということに関しては、少なくとも私が観測したところでは、もっともっと手に負えない。それは、彼らは頑なに「WW2を安易に扱ってはならない」と言うのである。悪質なデマデマであるということを理解していると言った上で、そう主張する。

から!!WW2!!関係ないって!!言ってる!!

問題があるということを認識していないのが問題」などと言っている日本人らしき人もいたし、日本人の中にも安易に扱うべきじゃないと言う人も存在する。だが、帝都聖杯奇譚は本当に問題安易に扱っていると言えるのか?イベント始まってもないどころか詳細すら不明なのに?そもそも、ここまでの経緯を追った上で再度主張させてもらうが、問題が本当に「ある」のか?

まだまだ抑えられないのだが趣旨はあらかた言い尽くした気がするのでここらで黙ることにする。どうかディライトワークス他には粛々と、何事もなかったようにイベントを始めてほしいと願う。

繰り返すが、デマに大半が踊らされているだけだと言うのならそれで良い。ここまで書いて恐縮だが私は韓国語が読めない。日本語と英語ツイートを追っただけだ。しかもっと根本的なところに彼らの言う問題があるというならDWTMがどんな説明をしたところで無力であると思う。

ハッシュタグで呟いているのが今のところほぼほぼ韓国人だけであるということは付記しておく。賛同がほしければ英語中国語でも発信してみたらどうか。北米中国プレイヤー同意してくれるかどうかはわからないが。

2018-03-09

ブコメセンスが足りない

見返すとマジレスしてるのばかり


それでも適度に同意見の人からスターもらえてるからありがたいが見てる面白さがない


上位のブコメ面白かったりついスターつけてしまいそうなブコメが多い

この記事を読んでいてどうやったらそれを思いつくんだっていうのもいっぱいある


センスが足りてないと思う

そろそろ10000ブクマに届きそうだというのにあまり成長してないと思う


普通に読まず連想ゲーム的な発想が必要なのだろうか

うーむ難易度高い

2018-03-08

私の頭の中のベルトコンベア

頭の中に速さの違うベルトコンベアが二つある。

速いほうでは絶えず言葉が流れている。

それは連想ゲームのように繋がっていたり、繋がりがまったく無関係に思える単語だったりする。

一人目の俺はそれを監視していて、何か気になった言葉があれば、それを二つ目ベルトコンベアに乗せる。

実際に俺の中で思考として成り立っているのは、この二つ目ベルトコンベアのほうで

二人目の俺はここに乗っている言葉吟味して、使えるか使えないかを振り分けている。

そうして使えるほうに入った言葉を拾い上げて、三人目の俺が日本語として成り立つようにアウトプットしている。

 

こういう感覚、わかる人いない?

2017-07-19

夕張市絶望に寄せて

夕張市が大変だ、と。

それでまあ、いろいろと思うことがあるのだけど、世の中に一発逆転の政策なんて都合のいいものあんまりなくて、結局は地道にいろんなものを積み立てていくしかない。

割と、バブル世代より上のオジサンたちに顕著なんだけど、一発逆転の秘策に走りやすい。

まさに、起死回生の復活策に賭けて、倒れた夕張市がこれ以上、無謀な掛けには出ないだろうと信じたい。国がついてるから、悪手もなにも無理なんだけど。

それはそれ、夕張市の再浮上に、全く目がないかと言えば、いくらかはあるだろうと思っている。

具体的には炭鉱

炭鉱が閉じたのは石炭が取れなくなったわけでも不要になったわけでもないのだ。

強烈な円高が進行した結果、単純に海外で買った方がはるかに安いから輸入に切り替えられただけだ。

しかし、長らく経済は停滞しており、日本国内賃金は20年近くも据え置かれている。

対して、石炭輸出国は一様に賃金が上昇しているのだ。国によっては日本と現地での賃金格差の逆転が起こっている国もある。

まりは、そのうち石炭自国で掘った方が安い、という事態の再来もあるのではないかというくらいは連想ゲーム的に考えることができる。

これは別に石炭に限らず、重工業でも軽工業でも『世界工場である中国東南アジアから撤退国内回帰が始まっていることを考えると特段、突飛なことを言っているつもりもない。

ただし、極端に人手不足のこのご時世、他の国内回帰産業や単純業務、一次産業輸送業建設業公務員ヤクザまで、必要人員を確保できないであえいでいる。

あえて、北の僻地炭鉱夫をやりたい人もすくなかろ。

結局は難民でも受け入れられなければ、夕張に限らずどこも、需要はあるけど生産施設が回せないで絶望が続く、広がるのかな、と思いますわな。

2017-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20170605142135

日本人の髪は元々黒色だろ、なんで黒を選択したんだなんて考えないか連想ゲームは始まりません

2017-05-27

なぜかたまらなく好き

外国有名人について、

日本で例えるなら◯◯かな」

かいう話を聞くのがなぜか好き。

映画とか見てて、この俳優って完全なコメディアン的な立ち位置なのかなとか思ってたのが、

日本で例えるならタモリ」とかいうのを聞くと、

定番といった趣とか、博学とか、ニッチとかそういうのも、含まれるわけ?」

っていうように、自分想像の余白があるのもおもしろいし、

その目線で見るとその俳優の他の作品での扱いとかの意味合いも違って見えてきたりもおもしろいし、

いやいや、そうじゃなくて、自分タモリに抱いてたイメージの方が例え話をしてくれた人とずれてるんじゃないかとか考えるのもおもしろいし、

とか、いろいろ楽しめる。

タモリっていう一語なのに、それがあたか拡張言語のように多くの意味を持っていて、それを介してコミュニケーションしてるのが楽しい

連想ゲームと正確な情報伝達のあいだ位のいい感じのバランス楽しいし、

例のアレ的な阿吽の感じもいいし、

なんかもう、いろいろ良い感じ。

そういう一覧があったら一日中眺めてられる。

大晦日にその人達が一同に会して、互いに握手するイベントとかあったら熱いなー!

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513160801

そんな適当連想ゲームでいいならどの言語にも何か一つくらい見つかるんじゃね?

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170406183902

宅八郎のせいだね

森高千里ファン宅八郎キモいオタク宮崎勤ロリコン

こんな感じの連想ゲーム

これが短略化されて森高千里ファンロリコンとなった

このイメージが強烈すぎて未だに拭い去られずにいる

中身のない話の広げ方実践編!

http://anond.hatelabo.jp/20170405022829

上から目線な言い方になってたら申し訳ないけど、元増田君はやっぱりちゃんと努力ができて頭の良い男性なんだと思ったよ!どういう会話・状況で困ったのかを具体的に示して、謙虚アドバイスを求めているところとか仕事とかもきっと丁寧なんだろうなと思った!


>例えば、その場に居ない、かつ、ほぼ私の知らない友人の記念日を祝ったら、その子が感動して泣いた。(元増田くんのトラバより引用)


これね、あるある、よくあるよね、「進研ゼミでやったやつだ!」くらいよく出てくるやつだね。「へー」としか言いようがないやつね!

元増田君ならきっと良い女性に巡り合うと思ったけど、それでもその出会った時に成功する確率を高めるために役に立てたらいいなと思ったので下記「返答に困る会話への返し方パターン3選」、私の独断偏見ですが書いておくね!まだ見てるか分からないけど…


パターン1(難易度★☆☆☆☆):自分の「普通」の相槌より2倍大げさに、2倍大きい声で相槌する。

意外と相槌って自分が思ってるより人から見ると反応薄く見えるものなんだよね。特に物静かな男性結構面白いと思って「へえー」とか言ってても、人から見ると表情の変化とかも薄くて、「あれ、つまんなかったかな?」って内心不安にさせてることはあるんだよね~。

しかも、「つまんなかったかな?」って思われると、それ以上は話してくれなくなるの。だってこれ以上つまんないやつって思われたくないじゃん。

そこで「大げさ相槌」ですよ。

以前営業やってたんだけど、お客さんの話はかなり大げさに「知らなかったです!!そうなんですね!!!(目を見開いて驚きの表情)」とか「確かにおっしゃる通りです(眉をひそめて大きくうなずく)」とか「すごいですね!!!(深く感心した表情)」とか「それはめちゃくちゃ面白いですね!!!!(満面の笑顔と明るい笑い声)」とかって自分普段出してる音量の倍の音量で大げさに相槌打ってます

そうするとお客様は、「あ、この話、この人の興味を引いたんだな!」って思ってどんどん勝手に話してくれて、営業に使える情報たくさんもらえます

大げさでわざとらしいんじゃ・・・って思うじゃん?それが意外とわざとらしくないんだよね。

もちろん、静かでおとなしい男性が好きな女の子もいるし、元増田君がもしそういうタイプだったらそういう個性を消すことになる諸刃の剣でもあります

ただ相手の話に興味があることを一番簡単に分かりやすく示せるのがこれなので、普段は静かでも、会話してる中であるタイミングだけ一回これやってみるとかで相手の話をもっと引き出せるかも。


パターン2(難易度★★★☆☆):何言われてもとにかく相手の子を褒める方向に持っていく

褒められて嫌な気持ちになる人はほとんどいないというのと、こういう中身無い話する女の子特にひねくれた一面も無いので褒められたら否定しつつも心の中では素直に受け取るタイプが多いか有効です。

褒める時はおおげさじゃなくてさらっとね(褒め言葉は相槌と違って言葉自体に力があるので大げさに言うより控えめに言った方がほんとっぽくて効果がある)。


・例1:

女「友達のお祝いをしてあげたの」

男「友達想いなんだね。準備とか大変だったでしょ?」

・例2:

女「昨日上司に怒られちゃって最悪」

男「それでも負けないでちゃんと頑張っててえらいなあ!」

・例3:

女「仕事忙しくて全然寝てない」

男「寝てないのにそんな肌綺麗なの!?


たとえこから会話続かなくても、人の良いところを素直に褒めてあげられる包容力のある男性という印象を残すことが出来るよ。女の人は共感してもらったり褒められることで相手男性自分を受け入れてくれる器があると感じやすいです。

恋愛工学」はDisれって言うけど、そういうの慣れてない男に急にDisられても不快なだけなの。若くてまだまだ遊びたい!って女には有効かもしれないけど、20代後半以降とかの落ち着きたい女性は、優しくて穏やかで包容力のある男性を求めてることが多いから下手にDisるよりこっちの方が絶対愛されると思います


パターン3 (難易度★★★★★):会話の中に出てきたキーワードを深堀して質問する

会話をどんどん膨らませて盛り上がりたい場合はこれ。例えば「友人の誕生日をお祝いしてあげたら友人が感動して泣いた」という話には、キーワードとして「友人」「誕生日」「お祝い(サプライズ)」「感動」「泣く」という5つが含まれているんだよね。

そしてこの5つのキーワードはそれぞれ深堀する余地が多分にあって質問の仕方によっては無限に会話を膨らませられるんだよ!

なお、相槌もせずいきなり「キーワード深堀り」をしちゃうとただの自己中だと思われるので相槌はもちろんしてからね。以下の例ではファースト相槌を全て「へえ~、いいね!感動屋さんなんだねその子。」で統一します。


・例1「誕生日」:

女「友人の誕生日をお祝いしてあげたら友人が感動して泣いちゃったの」
 

男「へえ~いいね!感動屋さんなんだねその子。他の友達誕生日とかもそうやって祝ってあげてるの?」

女「うん、やったりやらなかったりだけどだいたい祝ってるかな!」

男「へえ~いいね。ちなみに女ちゃんの誕生日はいつなの?あ、待って、当てるわ!8月(笑)

女「え、なんで8月なの?(笑)

男「いや、雰囲気が明るいから夏生まれかなって(笑)

以下本当の誕生日を教え合う等…


・例2「お祝い(サプライズ)」

女「友人の誕生日をお祝いしてあげたら友人が感動して泣いちゃったの」

男「へえ~いいね!感動屋さんなんだねその子。お祝いとかサプライズとか愛があっていいよね~。女ちゃんはサプライズされるの好き?」

女「友達とかにされたらうれしいかなあ」

男「プロポーズサプライズがいい?」

女「どうだろう!そうかも(笑)

男「てか結婚願望とかあるの?(笑)

以下結婚恋愛観についての話…


このキーワード深堀は自分の中に引き出しが無いとなかなかむずいかもしれないけど例2みたいに連想ゲーム形式でどんどん話題が進むという特性もあります

彼女がその「友人の誕生日お祝い」の話をもっとしたそうだったら聞けばいいし、「泣いちゃったの」で終わりなんだったらこうやって「キーワードを深堀して質問」していくと会話が途切れず彼女からいろんなことを聞き出せます


以上3選でした。

人はとにかく自分の話をするのが大好きなんだけど、でもそれはアカベコに話してるんじゃ意味ないんだよね。ちゃんと興味持って聞いてくれてる人がいるか楽しい訳で。

上記3つのどのパターンも、「君に興味があるよ」「その話面白いよ」というメッセージを伝えることが目的なのね。

あと前提として、「本当に興味を持つ」というのは意外と重要だと思うよ。少なからず「良いな」って増田君が思った女の子なんだから、その子の考え方とか過去の行動とか知りたいでしょ?俺とは違う考え方なんだ!とか俺と一緒だ!とかいちいち驚いたり共感したりしながら「本当に」楽しんで聞いてみたらどうかな。

きっと話してる方も楽しいし、そうすると「この一緒に話してる楽しい人の事もっと知りたい」って相手もなってきて会話が自然と成り立つと思うよ!

ありきたりのことしか書いてないけど、少しでも役に立ったらうれしいなあ。頑張ってね。

2016-12-05

日本死ね」はなぜ燃えたのか

結論から言うと、ウヨとサヨの対立から

言葉遣いが悪い」「子供に真似してほしくない」といった否定の声が上がっているけれど、言葉遣い問題なんてたいした可燃性はない。実際今回の流行語大賞では「ゲス不倫」というとても綺麗とは言い難い言葉が選ばれているけれど、それが言及されるのは「日本死ねはいかがかという話題のついでに触れられる程度で、まったく燃えていない。反発を招いている根っこは言葉遣いにはなく、わかりやす攻撃できる箇所として言葉遣いの汚さが選ばれていると見るべきだ。

根っこにあるのは党派対立であり、右翼たちの反発を招くポイントが含まれているがゆえに右翼たちによって燃やされているのだ。

では右翼たちの反発を招く真の炎上ポイントはどこか。

ひとつめは死ね対象日本であること。

そしてふたつめは野党に利用されたという点だ。

右翼たちは愛国を掲げている。日本は素晴らしい国であり、日本攻撃されることは許せない。

そんな右翼たちにとって、「日本死ね」は感情的に反発せざるをえないフレーズだったのだ。

石原慎太郎氏は件の増田に対し「こういうこと言うんだったら韓国でも中国でも行ったらいいんだよ」と発言している。また、流行語に選ばれたあとのネットの反応に「日本死ねがいいんだったら韓国死ねもいいのか」というものが見受けられた。

元々の話題日本の保育行政待機児童問題であったはずのものに対して韓国名前が出されるというのはかなり唐突に感じる。

しかし、日本死ね反日韓国という連想ゲームがなされたのだと考えると非常に自然理解できる。

元は単なるネット上での話題に過ぎなかったもの民主党(当時)の山尾志桜里氏が国会で取り上げたことで全国区話題となり、流行語大賞において受賞者に選ばれたのも山尾志桜里であるというのも重要ポイントだ。

右翼たちにとって民主党民進党)は敵である。敵が手柄を上げてニコニコしているというのはこれはもう大いに気に食わない。少しでも攻撃できる箇所があるなら叩かずにはいられないだろう。

ここで議論の発端となったつるの剛士氏のツイートを見てみよう。

@takeshi_tsuruno

(´・ω・`)oO(『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。

皆さんは如何ですか?#流行語大賞

2016年12月2日 08:18

ここで批判対象となっているのはまさに山尾氏である。これは「民進党叩きツイート」であり、であるがゆえに民進党を叩きたいネットユーザーたちが共感を示し「炎上」に至ったのだ。

と、ここでこう疑問に思う人がいるだろう。つるの剛士別に右翼じゃないし、党派性から民進党叩きしてるわけじゃなくて素朴な感想を書いてるだけでしょ、と。

確かにつるの剛士氏は右翼として認識されているタレントではない。しかし、彼は右翼言説の影響を大いに受けているはずだ。

以下に彼がツイッターフォローしているアカウントの一部を列挙する。

百田尚樹

櫻井よしこ

高須克弥

WiLL編集部

西村幸祐

山際澄夫

石平太郎

石井孝明

三橋貴明

竹田恒泰

KAZUYA

青山繁晴ファン「淡交」

青山繁晴有本香語録

青山繁晴BOT

武田邦彦bot

この他に自民党維新の会議員も多くフォローしている。

はっきり言ってこいつをフォローしてるのは一発アウトだろと思うような偏った人物が何人もフォローされており、表に露骨に出さないだけで相当に右翼言説の影響を受けていると推測されるし、彼が中立立場からモノを見ているとみなすことは難しい。ツイートにわざわざ「日本人としても」などというフレーズ差しまれているのは右翼言説の影響なのだろうか…と穿った見方もしたくなる。

そして、左翼たちからすると関心の重点は待機児童問題にあり、言葉遣いが悪いだのなんだのいう論点はまったく本質的でない、もっともらしいだけのただの難癖に感じられる。件の増田の怒りに対して共感を覚えるがゆえに言葉遣いがどうのといって怒りが相対化されることが非人間的に感じられる。例えばいじめ被害者加害者を殴ったら暴力はいけないと言われる場合のように。

から左翼左翼で「日本死ね」叩きには反発をするし、左右で殴り合いになるのだ。

俺はネットでのクソの投げつけ合いが大好きだからこういうガソリンみたいなエントリを書いてるけど、建前ではこんな話はくだらなくて待機児童問題解決こそが大事だよなーと思います

来年はい一年になるといいねハム太郎

2016-09-12


フォロワーフォロワーが死んだ。

不謹慎インターネットで遊ぶタイプの人だったようで、

ほかで見た追悼のpostも田舎ヤンキーの葬列のようだった。

俺たちあんなに馬鹿やったじゃねえか、

お前のことこれからも思い出してネタにしてやるからな、なんて。

twitterで近くて遠い他人自殺の話を聞くと不思議な気分になる。

インターネットアイコンパッケージで、

そこから紡ぎだされる世界ははふわふわお菓子

いつまでもいつまでも頬張っていたいけど、

中には人がいて、外側とは違って渋かったり酸っぱかったりもする。

自殺は、そのふわふわを剥いでもないのに突然に種が出てくるようなものだ。

ヒトひとりぶんの重さでもって現実を教えてくれる。

死にそうから連想ゲームで、最近見ない人の名前検索してみた。

フォローしてて結構好きだったひとだ。

うろ覚えIDスクリーンネーム検索したらいなかった。

フォローしてそうな人のフォロー欄を遡ってもいなかった。

検索ボックス名前を突っ込んでも、居るわけはなかった。

二次元キャラクターと同じ名前から検索しても沈むんだろう。

たぶん。

それか、私の探し方が悪い。

もしくは、これが一番しっくりくるけど、死んで垢消しした。

知らないうちに消えてく人は何も残してくれない。

感情が芽生える種もフワフワにくるんで持って行ってしまう。

それはそれで本人の望むところであるし、

名前を出すのは無粋だから何もできないのだけど。

それでも、寂しいという感情のかけらの重さくらいはあるみたいだった。

2016-09-04

日本会議千葉八千代支部反日妄想歌詞面白かったので俺もやってみた。

http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12138001630.html

このブログ、「pefect human」が反日歌だと主張しているのだが、糖質も思わず是正してしまいそうな破綻性を帯びながらも

ジェット大気圏突破してしまたからなのか、ある種理不尽ギャグとしても通用するのではないかと思った。

nakata→千代田など常人では考えも付かない狂気のこじ付けを行うにはいささか躊躇があったが試しに何曲かやってみた。

まずは国民的なキャラクタードラえもんから

ドラえもんのうた

こんなこといいな→日本社会を思い通りに操りたいという勢力本音

みんなみんなかなえてくれる→あまりにも思い通りに行くので笑いが止まらない様子

ふしぎなポッケで叶えてくれる→不思議ポッケ、つまり特権を駆使してナマポ受給する在日の話

そらを自由に飛びたいな→日本領空侵犯する戦闘機

ハイタケコプター!→hi take cop tard(copは警官の意ではなく、日本国土を守る自衛隊意味する。takeから殲滅、始末を馬鹿(tard)な自衛官を殺せという意味合いが取れる)

アンアンアンとっても大好きドラえもんunは勿論、国際連合意味する。とっても大好きとは現在国連事務総長である潘基文に忠誠を誓えと日本に対して服従を迫っているのだ。三回繰り返すのは清王朝伝統儀礼である三跪九叩頭の礼に由来する。

と軽く書いてみたが、この時点で大分生命力を吸い取られた感が凄いのなんの。だが中々上出来ではないだろうか。コツとしては抽出的な文に主観を入れて改造すること。要は連想ゲームと同じである

リンゴ→血の色のように不穏なワードに直結させればいいだけの話だ。

これでやれば軍歌でも反日ソングであるとこじ付けられる。では軍歌と言えば定番の曲で妄想歌詞言ってみよう。

軍艦行進曲

守るも攻めるも黒鉄くろがね、つまり東京大空襲で爆撃された焼夷弾に焼かれ黒焦げになった日本人死体

浮かべる城こそ頼みなる→浮かべる城、浮かぶ巨大物といえば空母である中国海軍軍拡遼寧空母を導入したのは記憶に新しい。つまりそういうことである

浮かべるその城日の本の→空母日本に浮かべる、日本国の固有領土である尖閣諸島近海空母を浮かべろと主張しているのだ。

仇なす国を攻めよかし→これは説明するまでも無い。完全に宣戦布告であり有事の準備のために、即座に核武装果たすべきだ。

ネトウヨの物マネをしてみたがいかがだっただろうか?正直これだけで精神値が減少を留めないので、これ一回でやめにしたいと思う。

犬路走らば~の格言通り、適当に遊んでいたら何時の間にか・・・なんてホラー映画ばりの展開もあるかもしれないからだ。

それにしてもこんな糖質記事よく量産できるよなぁと、天然物は贋作を易々と超えてしまうのだなぁ。

2016-03-25

いわゆる構ってちゃん?

人間関係を作っては(無自覚に)壊し、作っては壊しして、

「みんなが僕を嫌う」「なんで僕ばっかり」「もう誰も信じられない」

「僕がみんなを繋いだのに」「あんなに仲が良かったのに誰も味方になってくれない」

というようなことを知り合ってから15年近く何度も何度も定期的に言い続けている友人がいる。

自分場合中高生の頃は頻繁に顔を合わせていたので地元の友人として仲良くつるんでいたけど、

基本的相手からメールや声をかけられなければ、自分から用事がないと連絡を取らないという自分性格もあって、

彼が引っ越し大学生以降は自然一定距離を保って付き合ってきたので、まだ交友関係が細く続いているのだが、

知っているだけでもどうやら高校クラスメイト大学サークルバイト複数大学院研究室、そしてネット趣味の集まりなんかの人たちが、みんな離れていったようだ。

その中には友人を経由して自分とも友達になって、その人は友人とはもう連絡を取らないけど自分とは今もそこそこ連絡を取り合うような人も割といたりする。

彼と関係を断った人たちと話をすると、「女々しすぎてしんどい」「察して欲しい、構って欲しいみたいな欲求が強すぎ」

「考え方が極端な上に押し付けて責めてくる」「付き合えば付き合うほど性格の根っこがどうにもならないほどクソなんだとしか思えなくなってもう無理」みたいな話が出てくる。

20代前半の頃には「お前そのままじゃちょっとヤベェよ?」と心配してみんなで説得を試みたこともあったのだけど、結果的にその趣味グループは離散した。

観察している限り、どうも彼自身他人の為と信じて疑わずお節介を焼きまくって気をつかいまくるタイプのようで、

第一印象としてはとても親切で優しい人という感じになるので、大体人の輪はすぐに作れるみたいだ。

ただ、同時に彼は同じぐらい他人自分お節介を焼いたり気をつかったりして欲しいようで、段々と周囲に不満を持ち始める。

そんな中、多少お礼をしたりしてレスポンスをくれた女子がいると、彼はそんなに時間がかからずにその子に惚れる。女の子の見た目はあんまり関係ないみたいだ。

が、相手にその気がなかった場合即座に失恋状態に移行し、心配して気遣ってモード全開のメンヘラ臭を放ち始める。

これが面倒で、少しでもその失恋相手を思い出させるような話ができなくなる。

そういった話が出ると遊びの最中であろうとみんなで出かけている最中であろうと、深いため息をついて沈み始め、テンションがガタ落ちする感じ。

その割に「どうしたの?」と聞いても「いや、別に……」「言いたくない……」「なんでもない……」としか言わない。

例えば「山田さん」に失恋した後は「山田」はもちろん、山の話は当然できなくなるし、

山田さんの好きな場所やモノを思い起こさせてもダメだし、苗字が多いみたいなところから連想するのか佐藤さんの話とかもダメになる。

なんだったら「昨日どこかに出かけて」という関係ない話をすると「ああ、前に山田さんと出かけた○○は楽しかったなあ……」とか急に虚空に言い出してそのまま沈む。

さらに、失恋つながりで過去失恋経験も引っ張り出してくるようで、中学生の頃の彼女が好きだった食べ物や歌まで地雷になる。

自分はともかく他の周囲の人たちはそんな昔のことなんか知らないから気を付けようがないし、

なんならなんでも失恋状態のことに絡めようとする感じで受け止めるから気にしてたらもう何も言えないので、

いちいち相手にしてられないんだけど、彼から聞き出したところによると、そんな状態の時彼は

「傷つきやす状態だと伝えているのに配慮してくれない」←連想ゲームの果てに失恋と絡められるから周りとしては回避不能感

「僕が傷ついていても誰も慰めてくれない」←一般レベルでいうところのかなり気をつかった状態(名前さないとか)にはみんなしてる

「僕は友達失恋したら絶対僕にできる範囲で何でもして慰めるのにって思う」←別にまり慰めない。っていうか失恋した知り合いが鬱陶しいという悪口を彼からちょいちょい聞く。

ものすごくかなしい」←ええー……もう部屋で一人枕濡らしてなよ

みたいな被害感や疎外感を味わってとてもとてもとてーもつらくなっているらしい。

そしてちょいちょい「気遣いが足りないんじゃないか!!!」って感じで周囲に文句とか言っちゃう

まあ、みんな疲れるし面倒臭くて自然距離開けて、それを察知してさらに壁を作って解散っていうのがお決まりの流れ。

たまに相手の子好意を受け入れてくれたりもするのだけれど、まあ大体あまり長続きせずに別れて同じようなルート突入する。

長続きしない理由が、一緒にいる時間が長くなると、彼が少し気持ちが落ち込んでいるときに何気ない行為言動から

「以前好きだった人との悲しい思い出(本人はトラウマと言う)を思い出して勝手に傷ついて配慮を求める」から

女の子が付き合いきれなくなって一緒にいるのがしんどくなる感じでもうどうしようもない。

あと「僕が好きだった人を君にも好きになってもらいたい」みたいな理屈で、

本人は一切悪気なくめっちゃ今カノが会ったこともない前カノとか昔の片思い相手の話とかをしまくるし比べる。正直これもないわーって思う。

けれど彼にはどちらも周囲が自分から距離をとる理由がどうしても納得いかないしわからないらしく、「また裏切られた」だのなんだのブツブツ言う。

そして彼の去った後のコミュニティの残骸には、結構な高確率で割と幸せカップル(片方は彼が好きだった女子)が生まれるという不思議な感じになる。

そんな彼は、どうも完全に一人でいるとさびしすぎて、すぐに心のお医者様にかかり始めるレベルで堪えられないようで、

割と何をどうやってるのかわからいくらい次から次へと新しいコミュニティを作っては異性を見つけて好きになる傾向がある。

毎回「もう恋愛疲れた」「2度と彼女は作らない」って言ってるけど、言いながらもう別の女の子と「この子友達から」ってメールしてる感じ。

最近、いつの間にか同棲までしていた彼女と別れたようで、Twitterとかで今触ると面倒そうな感じがバリバリと出ているのだけれど、

それがどうも今回は職場でも出ているっぽくて、急激に職場の人たちから距離をとられて、やっぱり理由がわからなくてさらに凹んでいるようだ。

こういう人、世の中にそこそこの頻度でいる気がするんだけど、みんなどうやっていなしているんだろう。

今回の沈みっぷりを見るに、今週末あたりそろそろ彼から連絡がくるような気がするので、

いかにうまく地雷を踏まずに面白おかし意味不明空想話に持っていくか考えておかないといけないなー。

2015-07-07

連想ゲーム

エキサイティング

超!エキサイティング

腸液サイティング

FPSプレイヤーエイ技術か何か。きたねえ。

2015-05-02

千葉雅也のアンチエビデンス論について」について

10+1 web site|アンチ・エビデンス──90年代的ストリートの終焉と柑橘系の匂い|テンプラスワン・ウェブサイト

千葉雅也のアンチ・エビデンス論について(最終版) | しんかい37(山川賢一) | note

 最初リンクを「アンチエビデンス論」、二つめを「アンチアンチエビデンス論」と呼ぶことにする。もちろん、この文章アンチアンチアンチエビデンス論と呼ぶ必要はない。

 千葉雅也の「アンチエビデンス論」が出たとき個人的にはそれなりに楽しく読んだけれどその評価別にして、まあ批判は出るところでは出るだろうなとは思っていた。と思っていたらしんかい37氏が「怪文書」なんて比喩まで出してけなし始め、氏がまとめた批判が二つめの「アンチアンチエビデンス論」。(最終版)となっているのは、この文章はいくつかのバージョンが発表されたらしく、(完全版)を読んだつもりがまた新しいのに更新されたということのようだ。この調子で(究極版)とか(最終版・改)とか(帰ってきた完全版)とか出してみてはどうか。そんな正論はともかく、これから取り上げるのは後者の「アンチアンチエビデンス論」についての感想、とりわけその文体についての雑感である

 しんかい氏は、まず千葉の主張をこのように要約する。

千葉は論考の冒頭で、些末なことや自明なことにも過剰なまでに論拠や説明責任を求める態度をエビデンシャリズムと呼び、こうした態度が現代には蔓延している、と述べました。さらに、インターネットの普及した現代では、人はさまざまな行動の痕跡ネット上に残してしまます。そのため、人はエビデンシャリズムによる際限のないあら捜しにさらされてしまう。千葉によると、このエビデンシャリズムは、現代社会を窒息させるものなのです。

 そして、その上で読者にこう問いかける――

まずこの主張、みなさんはどう思われますか。率直に言って、最近になってそんな過剰にエビデンスを求められる息苦しい社会に移行した、という気もしないのですが。

 不思議なのは、ここで「そんな気がするかどうか」という「実感」についての話からこの論を始められる図太さ、というか、ふてぶてしさだ。過剰に説明責任を求める態度をエビデンシャリズムと呼び、それを批判する千葉の態度をアンチエビデンスと呼ぶなら、さらにそれを批判するしんかい氏の態度は、普通に連想すれば、説明責任擁護エビデンシャリズムの擁護となるだろう――そういう予感を持って、読者は、というか私は、読みはじめた。どのような根拠でもって(説明責任果たして)氏が主張を正当化していくか、それが私がいちばん期待していたことだ。もちろん「アンチアンチエビデンス論」の議論の射程は鋭く、こうした「実感」に訴える論法を手厳しく批判している。この論の最後

エビデンスを求めようとしなければ、人の思考個人的な実感のまわりをくるくると回るだけですし、明晰さが求められないなら、言葉をつき混ぜて一貫性があるかに錯覚させるような議論がいくらでも可能になってしまます

という風にして終わるのだ。仮に、しんかい氏の主張が〈個人的な実感のまわりをくるくると回る〉だけに留まらないと仮定すれば、〈そんな過剰にエビデンスを求められる息苦しい社会に移行した、という気もしない〉と主張するに値するほどの、根拠が示されるはずである――そう期待して読む私は、またすぐに裏切られる

しかに、インターネット上の失言が多くの人に拡散され批判される、ウェブ炎上という現象は近年目立つようになって来ました。エビデンシャリズムという概念は、そうした事柄をさしてもいるらしい。

実感に則さなくても、当てはまる事例があることはすぐに認めている。いったい、しんかい氏の「実感」を裏づけする根拠は、いつになったら出てくるのだろう? (「落ち着いてください!」と隣にいた貴婦人が言う。「まだほんの初めの方の十数行を読んだばかりじゃありませんか。議論は始まったばかりです。これから先も慎重に読み進めていけば、きっと〈個人的な実感〉なんかとは無縁の、素晴らしきエビデンスとやらに出逢えるはずですよ! さあ、続きを読んでください!」)

 さらに読み進めていくと、千葉文章引用したあと、しんかい氏はこのように述べている。

このくだりを読むと、今の企業ではどんどんマニュアル化(「機械的、事務的処理を行き渡らせることで、非定型的な判断の機会を限りなく排除」)が進んでいて、ロボットのようにふるまうだけで給料がもらえる状況になってきている、といっているように思えます。えっ、世の中そんな風になってますかね。フリーターならともかく、現在でも正社員ともなればみなさんいろいろな判断要求されていると思いますけど。むしろ日本では長い不況のせいで、高度な「ケース・バイ・ケースの判断」の判断要求される仕事が、しばしばアルバイト待遇になっている気さえします。

 「思えます」! 「思います」! 「気さえします」! 実感に訴える主張のオンパレード! 「フリーターならともかく」――どのような根拠でこの要素を除外したのか? 「長い不況のせいで」――いったいいつからいつまでのことなのか? こんなにも曖昧表現で何が指し示せるというのか? 「高度な「ケース・バイ・ケースの判断」の判断要求される仕事が、しばしばアルバイト待遇になっている」――さっき例から排除されたフリーターはこの例には含まれないのだろうか? 確かに最初の例のフリーターが、元からアルバイトなんかしていなかったのなら辻褄は通るけれど……ところで、引用されている千葉文章は〈企業で、行政で、大学で。社会のいたるところで〉といった範囲の広いものであるのに、しんかい氏は勝手企業だけの話にすり替えているし、しか千葉文章に〈給料〉という言葉はひとことも出ていない。

マニュアル化が仮に進んでいるとしても、それは効率化のためであって「個人の責任回避」するためじゃないでしょう。企業に、各社員責任をいちいち回避させてあげるインセンティヴなんてありませんから

 なぜ「効率化のため」という目的だけに話を限定できたのだろう? もし仮に、企業(そもそもなぜ企業だけの話になったのか? しんかい氏がそうすり替えたからの話でしかないのではないか?)が、しんかい氏の思いつきによる目的で動いているとしても、そうすれば、そもそも前段のマニュアル化が進んでいることを否定するような数々の圧倒的「実感」とはいったい何のために書かれたというのか? これらは全てただの思いつきで、論旨を整えずにただ手当たり次第に条件反射的に反発してみただけのことで、最初から根拠なんかなかったのだろうか? 〈千葉はその不明瞭な文体のせいで不評を浴びたわけですが〉と、その次の「不明瞭な文体について」の章で氏は書いているが、確かにしんかい氏の文体千葉に比べればまったくもって明瞭ではある。場面ごとに言いたいことは分かる。ただ、自身の主張に対する根拠ほとんど書かれていなくて、全体を繋げると辻褄が合わないというだけのことだ。しかし、最初から言葉をつき混ぜて一貫性があるかに錯覚させるような議論〉がしたいのならともかく、アンチアンチエビデンス論としては、これは致命的なことではないのだろうか?

 この後も、しんかい氏は「アンチエビデンス」的な、説明責任を果たさず、ただの思いつきで主張を言いっぱなしにするだけの批評を展開している。

ぼくもひどい評論ハンターとしていろいろひどい評論を読んできたわけですが、この手の文章を書く人って粘土細工作るみたいな思考回路評論というものを考えてるんですよね。思考論理によってつなげようとするのではなく、とにかくぐちゃぐちゃつき混ぜてれば一体になるにちがいない、という信念に導かれている。

この手の人は、どうやら混ざっている粘土の種類が多ければ多いほど強い、と錯覚している節もあって、批判されるとすぐ、もっと勉強してくださいとか文脈を読んでくださいと言い出す。見ろ!こんなに多くの粘土を混ぜているんだぞ!このすごさがわからないのは、お前が粘土の種類にくわしくないからだ!というわけ。一般社会には通じない理屈ですが、文壇アカデミズムには粘土細工愛好家が一定数いて、ほう見事なマーブル模様ですのうと褒め称えたりするので、彼らの自信はますます高まっていくのです。

 対象になる文章に「粘土細工」という比喩を与えて、その粘土細工のイメージ攻撃する。ありがちな比喩の乱用だが、このあとソーカルによって批判される「科学数学」の乱用に比べれば、反証のしようがないために、確かに優れた方法ではある。

ただし、いまや世界的に、ドゥルーズ的な文体にたいする風当たりはかつてより強くなりました。

 これなどはまだいい方で、一冊の参考文献が提示されている。そのピーターバリーによる教科書引用部分だけで、どうして「世界的」な思潮についてここまで断定的なことが言い切れるのかはさっぱり分からない。

バリーが述べていたように、いまや世界的に「詩的に書く自由」は認められなくなってきたわけですが、じつは、そうした変化を引き起こしたのは、一冊の本でした。二人の物理学者アラン・ソーカルとジャン・ブリクモンの共著『知の欺瞞』。そしてこの本が刊行されたのは、九七年のことなのです。

 また「世界的」なことを一冊の本だけで理解している。しんかい氏は〈千葉が、九〇年代エビデンシャリズムからいまだ自由時代だったと称えている〉ことと、ソーカルの影響によってポストモダニスト難解な記述スタイルに〈致命傷を与えた〉話を、そのまま繋げている。〈それを踏まえると、〇〇年代以降エビデンシャリズムが強まっていったという千葉の主張と、見事に合致します〉。……。時系列ごとに並べると、受験生に嬉しい真っ白な年表ができそうだ。これも千葉世代論に比べると、中身をスカスカに抜いたからとはいえ(ほとんど粘土は混ざっていない)、確かに言いたいことは分かりやす世代論ではある。そこにエビデンスがあるかはともかく。

 だいたい、千葉ポストモダニスト的なよく分からない文体を使っている(これもしんかい氏の主観であり、論の後半にはある部分の引用について〈率直に言ってぼくにはほとんど意味が取れません。おそらく全人類にとってそうなのではないかという気がします〉などと豪快なことを言う。論の冒頭で〈発表直後はネット賞賛の声に包まれました〉という例示と「批判の声」を対比させたのは何だったのか、賞賛の声を上げた人たちは最初からしんかい氏にとっての人類には含まれていなかったのだろうか?)ことと、過去に著名なポストモダニスト問題と論争を巻き起こしたことには、いったい何の関わりがあるのか? ただの連想ゲームしかないのではないか? こうしたカテゴリー混同した主張と、「ジャック・ラカンは、虚数無理数混同している」といった事実に、どのような違いがあるのだろう? 

 しんかい氏はなぜ、ソーカル事件千葉雅也を結びつけて論じようと思ったのだろうか。「おそらく……」などと仮定を挙げてエビデンスのない主張をする気は今のところない。それよりも、根本的な疑問がある。「アンチアンチエビデンス論」において、しんかい氏は、アンチエビデンス批判するどころか、むしろそれに則った、説明責任なんてお構いなしの自由闊達批評をしている。それはそれでいいことじゃないかと思うし、それとは逆にエビデンシャリズムを徹底させた批評の道もあるのではないかと思う。しかし、今回のように、ある種の世代論や、ある人物をどのように評価するかなど、すでにある程度の文脈が与えられた人文学的なテーマ場合科学数学におけるような厳密な方法論などないし、徹底して証拠を走査することは(この私の文章のように)不毛ものになりがちなのではないだろうか。そもそも戦う土俵を間違えているんじゃないか、という疑問がある。「アンチアンチエビデンス論」において批判されている(かのように見えるが、どういう理屈でかははっきりしない)「実感の正当化だって、たとえば何らかの世代論であれば、いくつかの本から有益そうなところを引用して、それなりに理解が深まれば、反事実的条件と現実世界関係に関する考察などといった面倒そうなところから論を始めなくても、それで充分なのではないか、という気はする。これは純然たる思いつきである

 貴婦人はとっくに寝てしまったので無駄話を続けると、だいたい意味が分からないかどうかで評価するのなら、数学科学プログラミングなどの高度な専門書だって(〈一般社会には通じない理屈〉とまで表現するかはともかく)私個人にはまったく意味不明ものだし、別に大陸哲学だけの話ではなく分析哲学の本でさえ、少し高度になるといまの私にはさっぱり分からない。意味不明なことを言っているのと意味がないのは(いわゆる「説明と理解」といった哲学的テーマになるのだろうか)まったく異なるはずだし、ここを突き詰めて考えると分析哲学的にも絶対にややこしい問題に直面すると思うのだが、しんかい氏はその辺りをどうも曖昧に片づけている気がする。

 ところで、「形骸化したエビデンシャリズム」それ自体は、いつから・どの程度顕在化したかはともかく、いかにもありそうな話ではあると思っている。最近某所で話題になっている広島大学モニタリングの話とか分かりやすいんじゃないだろうか。

徹底した大学のモニタリング | 広島大学

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん