「公理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公理とは

2018-06-11

anond:20180609214104

増田です

ブコメで主張のはげしい人がいるので反論しておきます

http://mazmot.hatenablog.com/entry/2018/06/11/111600

まず僕は「テスト教育をしよう」と言ってます

テスト理解度をはかるための指標です

教育産業対策するから意味がないと書いておられますが、

僕は勉強公理、基礎となる技術についての話をしているので

対策をされても問題がありません

例えば、あなたは「高速フラッシュ暗算」の対策を塾で教えてもらえばできるようになるでしょうか

もしできるようになるのだとしたら、それは何も問題がないですよね

この基礎となる技術を使って、より複雑な計算問題を高速に解くことができるようになります

僕はそういう基礎的な技術を身に着けるための授業とテストをしようという話をしています

暗記術というものがありますが、これを教えることも重要です

なぜなら暗記はその後の資格勉強などにも応用が効くからです

それを高い金払ってやらせるのではなく、学校でやるのはとても有用です

実際わたし記憶原理理解し、暗記術を勉強してから勉強効率が圧倒的にあがりました

そもそもあなたはなぜか教育産業を敵視しているようですが

自身塾に通って数学の解法や対策の仕方を教えてもらって、その後の勉強でもすごく役にたっていて

困ったことがありません

数学に限らず、国語でも論理の整理の仕方などは多いに役立っています

ただ、塾ではリーチできない部分がたくさんあるので、それを学校でやるべきだと主張しています

もしこの部分に対策があって、塾がやってくれるなら、それはとでもよいことだと思っています

あなたは「わかっていない」ですよ

2018-06-06

anond:20180606024043

定義できるとして、無理に定義できるほどの意味を感じないというか。

乗法元と零元の存在を認めないならば、乗法記号採用する意味もない。

1*1=2である公理系を仮に認めるとして、じゃあ2*2は何なんですかと。

まとめブログ理系文系ネタ仕入れ知識文系がひけらかしてるという印象を感じるんだよね。

anond:20180606023738

公理系が定義できない世界に住んでるの?ぼくは異世界に迷い込んでしまたかもしれない

anond:20180606023738

横だが、これはたとえ話ではなく、 

XXXという公理系を「定義」できます

ということだから、みたことあるかどうかは知らんけど、「定義」できることには変わりはないのでは。

anond:20180606023004

1*1=2になる公理系って見たことないけどどの分野の話してるの?

それともただのたとえ話?

anond:20180605063957

ぼく「1掛ける1が2になる公理系も定義できますよ」

無能公理系という概念理解できない)

2018-06-02

anond:20180601225244

C「そもそも1+1が幾つになるのかは公理系によるので、Aさんの発言もBさんの発言も解を一つに限定している点で同じ間違いを犯していますよね」

さて、Aの間違いを指摘して悦に言っていたつもりが、窮地に立たされてしまったB!

間違いを指摘されたときのBの反応は?

2018-05-19

anond:20180519115315

おまえ、法律無視するの?そうじゃないよね?

特殊な枝葉の話に行く前に、まずは根幹を押えておくのは議論の鉄則。(MECE

最初から一般論基準として「刑法」をまず検討してみようって言ってるじゃん。

 

しょうがいから正解を言おう。

リスカ有害理論簡単に組み立てられるし、証明もできる。前提となる公理定義を入替えれば、無矛盾理論は誰でも提示できるんだよ?(ゲーデルの本とか面白いからお勧め

刑法は全ての事象カバーできる完璧価値体系ではないわけ。新しい犯罪が登場したら常に更新しないと対応できない=不完全。「刑法」は完璧じゃないことを示せば、次の土俵に進めるわけ。

法律意味や欠陥は、日本人にとって盲点かもしれないね元増田以外も知っておいた方がいいよ。外国サイコパスもっと狡猾からね?

 

もう出かける時間から、これでいったん止めるけど、楽しい一時をどうもありがとうございました。

増田も良い1日をお過ごしください。

anond:20180519105501

黄金律という詐欺

宗教黄金律には、人類共通する「良いこと」と「悪いこと」の定義が抜けている。証明もできない。(定義の前提となる「公理」すら示せていない)

数学を学べば一神教詐欺簡単理解できる。(リベラルアーツ重要

2018-04-27

ロジカルからといってうまくいく訳ではないのが現実

 忙しい方向けに結論を先出しすると、

・「『正しい前提』でないと、いくらそこから説明ロジカルでも誤った結論しかでないのが上手くいかない原因」

人間論理の誤りを検出するのは得意だが、自分の見てきたものしか世界を把握できないために前提の正しさの検証が苦手

場合によっては、論理整合性を保つために現実バイアスをかけたり自分に嘘をついたりして前提をでっちあげてしまうこともある。

いくらロジカルで筋がよくても、なんかもやっとするときは前提を疑おうね。

という話です。

数学論理学をベースとした理論では論理的であれば必ず正しくなります。そこで、世間では理論に限らず様々な場所論理性を活用して物事を上手く回しているように見受けられます

しかしながら私は、とりわけBtoCの現場では論理であるからといって必ずしもうまくいくわけではないことに気付きました。そして何かを考えたり作ったりする上でロジックに全幅の信頼を置くのをやめました。

最初はこの気づきを上手く言語化出来ず、ロジックを信奉している方々になぜそうなのか説明してもなかなかうなずいてもらえなかったのですが

この度何故自分がそう考えるかの「ロジカルな」説明がおおよそ形になりました。

(尚、ここで言うロジカルとは、AでA⇒BならBだよねとかAでBだからA∧Bは真だよねなど、何かしらの真なる前提の元にそこから言えることを組み立てるという方法論をさします)

理論では、究極的な大元になる前提(公理)が存在し、それを前提に論理を組み立てることで様々なことを言っていきます

要するに「前提が正しい、論理が正しい、だからそこから言えることは正しい」なわけです。

逆にいえば、論理が正しくとも前提が誤っていればその結果は誤りうるわけで、標題の主張の根本はここにあります

現実で何か提案問題解決を行う際にも、何か前提があり、そこに論理を入れることで、結論を出すわけですが、ここで正しい前提を設定しないといくら論理の筋がよくても結論が誤ったものになります

 では正しい前提とは何でしょうか。多くの場合、主張する当人が正しいと思い、その場で意思決定をする人間がそれを否定することが出来ないことが正しい前提として扱われるのではないでしょうか。

論理学や数学における公理のようにそれ自体地球上の何億人という人間によって否定できないならまだしも、実際の現場ではたかだか数人が否定出来ないことによってそれが正しいように扱われます

言ってしまえば、その場で意思決定する人間全員が否定できなければいくら誤った前提でも通ってしまうのです。

 じゃあもっと広い人にその前提を検証するためにユーザーテスト市場調査を十分に行えば問題いかと言えばそういうわけでもありません。現実問題として潜在的ユーザー全員を調査することは困難でありますし、例え全員を調査できたからといっても、調査した人それぞれが自分感覚を正直に言葉にできるわけではありません。時には真逆のことを言ってしまうこともあります

 そういった制約のなかで、本当にその前提が正しいのかを検証することは困難です。説明論理的かどうかは多少勉強をすればわかります論理的でないことを捉えるのも簡単ですが、自分が立った前提が正しいかどうかは「少なくとも自分世界や調べた範囲では当てはまらないものがない」ということでしか検証できないため、広い世界で本当に現実に即しているかを把握することは非常に困難になります

 また、これは仕事で成果を出さなければならないという状況下で顕著ですが、筋が通っていなければ提案否定されるということを理解している人が、筋の通った説明をするために自分バイアスをかけて真実を歪める場合があります。たちが悪いのが、成果を出すこと=意見を通すこととなってしまった場合自分自身そのバイアスに本当に気づかない、または気づかないフリをすることがあるのです。

 要するに、前提が間違ってていいならロジカルであることなんて簡単で何にでもロジックをつけてしまえるということでして、本当に難しいのは正しい前提を見つけることなんです。

 だからこそ、本当に成功したいのであれば他人の「ロジカルな」説明を聞いて「ロジカルから大丈夫だろう」などと考えてはいけません。貴方が話を聞いて正しそうに感じるけど何か引っかかるのであれば、それはおそらくこねくり回された理屈の都合の悪い部分が前提に隠されているのを感覚で感じているからです。前提を疑いましょう。きっとなにか隙があります

2018-03-13

この国では「他人を傷つけず自分も傷つかない」ことこそ、あらゆる行為支配する「公理である。したがってわれわれ日本人他人から注意されると、その注意の内容がたとえ正しいとしえも、注意されたことそのことをはげしく嫌う。

中島義道

2018-03-10

無知の知

自分バカだという自覚は、自分改善するための第1歩となる。だからバカである自体は悪いことではない。成長の途上なのだ

 

自他の区別

世界を観察するとき相対的視点に立つと、「自分」と「他人」という区分を設けてしまう。

この2点に問題があることを指摘しておきたい。

怒りがおさえられなくなり、攻撃したくなってしまう。

怒りや攻撃性は、自分他人を違うものとして扱うことから生じる態度だ。自分自分攻撃したいなら、それは自虐趣味だ。

 

確証バイアス

いやたぶん人間は多かれ少なかれみなそうだと思う。

「~と思う」と言っていることから分かる通り、その考え方は「仮説」の一つに過ぎない。実証により確認された「真実」ではない。

憶測思い込みで、物事をとらえると、間違った前提から間違った帰結に至るケースが多い。

自分判断が正しいという「思い込み」は捨てなければならない。

 

論理世界では、属人性消滅する。「自分が~」とか「他人が~」とか、個人に由来する正しさは存在していないことが分かる。例を挙げよう。

ペア公理選択して、「1+1=2」と言った場合、誰が言っても正しいものは正しいし、間違っているものは間違っている。

天皇が「1+1=3」と言っても間違いだし、乞食が「1+1=2」と言っても正しい。

まり論理は「誰が言ったか?」という属人性関係なく成立している。

 

公正世界仮説の欠点

公正世界仮説(just-world hypothesis)とは、この世界人間の行いに対して公正な結果が返ってくる公正世界(just-world)である、と考える認知バイアス、もしくは仮説である

因果律検討する場合、「時間差」を考慮しないと、間違った観察になる。

変化が発生して、伝達されるには、時間がかかるのだ。もっとも早い光速でさえ、秒速30万キロしか伝達できない。音速なら時速1225キロ。熱ならもっと伝達が遅い。変化が伝わるには時間差が必ず生じている。

自分のやったことがすぐに返ってこなくて、遅れたり、返ってこないように見えるのは、変化の伝達に必要時間考慮していないことが原因なのだ

 

あったことをなかったことにすることはできないし、逆になかったことをあることにすることもできない。

あるものはある。ないものはない。1か0の2つに1つだ。

情報が発生する根源的な場では、0から1が生じたり、1から0が生じたり(消えたり)している。その観察が不足しているのではないか

 

真実を知るためには、まずは自分に嘘をつくことをやめて、自分ありのままの姿を観察することから始めたら良い。

自分自身の本質を知れば、自分他人が同じ動作原理で動いていることが分かる。

 

情報の二相理論

人間意識研究する学問はたくさんある。

まだデイヴィッド・チャーマーズを読んだことがないなら、一読をお勧めする。

 

anond:20180310170341

anond:20180310151330

プログラミングとは、コンピューター計算させる命令記述です。

電子計算機は0と1の2進数計算しかできません。従って、その根本的な動作原理シンプルです。ペア公理と1+1=2が分かる人間なら電子計算機動作原理理解できます

 

みんな、頭でっかちになって、難しく考えすぎていませんか?

プログラミングをやったことがない人にとっては、ブラックボックスで難しいものと恐れをなすかもしれませんが、実際に経験してみたら理解できます

(1+1=2が理解できない人にとってはプログラミングは難しいでしょう。残念ながら、そういう人も皆無ではありませんね)

2018-02-18

勉強が「下手」な人のたった一つの特徴

勉強が「下手」な人のたった一つの特徴

勉強が「下手」な人の特徴は「ささいなことにこだわりすぎる」こと。

こだわりすぎて無駄時間を費やす

規約」だとか「規則」だとか「慣例」だとか「公理」だとかについて、その成り立ちの理由を深掘りしようとする。それらを素直に受け入れてどんどん先に進むことをしない。英単語が出てくる度に「なぜ『りんご』は『apple』というのか」を延々と繰り返す。

また、全体から見て重要ではないことや例外的なことに多くの時間を費やす。一生使うことのないような内容の勉強時間をかける。

無駄時間を費やした結果、成果を上げられない

私たち勉強において二つの意味での時間制限に縛られている。それは「勉強するために費やす人生時間制限」と「勉強した内容を用いる時間(時期)制限である

勉強をするための時間無限にあるならば時間をかけて勉強してもよいだろう。勉強した内容を吐き出す場が10年後ならば時間をかけて勉強してもよいだろう。

しか現実では勉強するための時間は限られているし、それを用いる時期というのはそう遠くないだろう。「受験勉強」は典型的な例である

2018-01-29

????「ですからなないものをあるないものをあるというのはというのは悪魔の証明と言いますが」

僕「質問者公理名を尋ねてないだろボケ

2017-12-23

「匿名が卑怯」という言説は、理性に対する反逆

純粋論理には属人性がない。誰が言ったかではなく内容のみが対象となる。

よって匿名実名も、その本質において差はない。

 

ペア公理を前提として)

  • 有名な人が「1+1=3」と言っても間違い。
  • 無名の人が「1+1=2」と言っても正しい。

2017-12-14

数学って最初の授業を聞いてなければそのあとぜんぶ分からんことになるから苦手だった。

数学を学ぶ意欲がないと最初につまづいてそれっきりで終わり。

国語社会理科もそんなことない。

ごんぎつね」を読んでないと「こころ」が分からないなんてことはないし。

算数はわりと一つ一つの公理を学ぶ感じだからまだついていけるんだけど。

真実に属人性がない理由

数学論理説明すると、真実には属人性がない。色がまったく付いていない。

ペア公理で「1+1=2」が正しい言説だった場合

  • 偉い人が「1+1=3」と言っても間違い。
  • 馬鹿が「1+1=2」と言っても正しい。

属人性=誰が言ったかは一切関係がない。真実自分他人という区別がない状態しか存在していない。そこには「各人」という概念が入り込む余地がない。

増田増田であり、増田以外の何者でもない状態と似ている。

2017-11-01

社会学インチキ大学では不要ではないか

於・現代風俗研究会2015年9月例会

加藤秀俊社会学者):社会学インチキ大学では不要ではないか

高田公理日本では今までは国が道楽を黙認してきたのでは。

ttps://twitter.com/hikaru_sth/status/645132749817319424

最近、某(自称社会学者テレビ差別発言をしたとか話題になっているが、あれは社会学者はいえない。

そもそも社会学という学問存在するかどうかもあやしい

少なくとも私は、デュルケームウェーバー以外の「社会学者から学問的に重要なことを学んだ記憶がない。

http://agora-web.jp/archives/1665734.html

社会学者」が奨学金学費について不満を述べるほど、奨学金を拡充したり学費を下げたりすることへの

支持が下がっていくとしか思えないので、黙ってた方がいいよね。

学生がああいう人たちの講義を受けたり、彼らに給与を払うために税金を投入したいと思う人いないでしょ。

ttps://twitter.com/rionaoki/status/698348305382658048

学生支援機構奨学金に対する批判の相当部分は、同機構のウエブサイトすら見ていないレベルのものなのだが、

まともな同業者がそのレベル議論相手にするインセンティブは小さいかもしれん。

いやそもそも多くの研究者が○○学者同業者認識(略

ttps://twitter.com/mana613/status/697763623633035265

日本社会学者は3600人、世界10パーセントと推測されるが、

研究重要性の指標とされる引用率(ほかの論文研究引用される率)は1%はるかに割っているという。

http://japan-indepth.jp/?p=30462

価値学位全米ワースト8

1. 社会学 2. 芸術系 3. 教育学 4. 神学 5. 観光 6. 栄養学 7. 心理学 8. コミュニケーション

http://www.professorshouse.com/the-most-useless-college-degrees/

2017-10-26

プライド=ヤカンのフタ

メンタルヘルス自己管理は、しっかりやったほうが良い。

不安に感じることがあれば、1人で抱え込まないで、信頼できる人に相談しておこう。

みーんーなーがーわーらーって、わーたーしーをーわーらーって、わーたーしーをゆーびさーしてー、ゆびさして、ああ!

プライド他人から良く思われたいという気持ちを持つと、自分価値観ではなく他人価値観に合わせて生きることになる。

他人が良いと思う事、他人価値観なんて、コロコロ変わる不安定ものから、あてにすべきではない。

まり他人から良く思われようと思わずに、自分自分が良いと思える=納得できるライフスタイルを選んだ方が良いと思う。

プライド

プライドが高いと、他人の話やアドバイスを聞きいれるのが難しくなる。

すなわち、プライドとはヤカンのフタである

どんなにヤカンの容量が大きくても、フタをしていたら、水を注ぎ入れることができない。

 

自分他人立場を離れて、第三者的自分を見る訓練をした方が良い。

これは、案外簡単で、数学論理と一緒。

まり好き嫌いなどの感情論理的に正しいことは直交する概念であり、別の話。

自分他人という立場でも、これは同じこと。

からプライドによって、自分の考えにこだわり過ぎて、冷静に見れなくなっているときは、いったん自分他人区別から離れることが大事

上記の例え話で言えば、前提条件(公理)が何をチョイスしているのかを冷静に見るように努める。

 

ちょっと曖昧説明になったけど、プライドに陥ると、失敗する可能性があるから、そこを気を付けようということ。

自分不安に対して、他人からもらったアドバイスをPros/Consリストに書き出して、冷静に検討してみよう。

起業不安に陥るのは誰でもあること。、不安に押しつぶされないで頑張れ!(うつ病の人に「頑張れ」は禁句だけど大丈夫だよね?)

2017-10-12

やはり人間は間違ってはならない

誤った理屈によって他人否定する奴がいる。

彼の発言を追うと、どうやら「誤った公理」とでも呼ぶべき考え方を持っているようだ。

かに思想発言自由だが、だからといって誤った理屈により特定属性他人否定して良いわけではない。

そういう誤った人間性を持った者は、本質的に「悪人である

「ヒト」が社会の中において「人間であるためには、悪人とならぬよう努めなければならないのは言うまでもない。

それを放棄した奴はもはや人間などではないのだ。

2017-10-01

anond:20171001111916

うん、その何を間違いとするのかに段階があるよね。という話。

詩人(天文学者)はすべての、物理学者は一つの数学者は少なくとも一面が、哲学者はそれは羊なのか。

それぞれに求められる段階の厳密さで話をしてる。

中学校国語と、大学論理学で求められる厳密さは同じなのだろうか?

「書いていないことはないものとする」という公理(その段階が浅いかどうかは別にして)を前提にした正当な論理はあるのではないか

例えば、大学入試三角形内角の和を問う問題で、曲率0(ユークリッド空間)であることを明記している問題を見たことはないよ。

それを書いていないことを慮る忖度と言っても間違いではないし、前提を疑える可能性はあるけれど、その厳密さは国語に限らずどの教科でも求められてはいないよね。

すべての問に対して、「回答できるほど厳密でないので不定」という答えは誰も望んでない。

写真を取るときに「いちたすいちは?」と問われて、

10(二進数)

・0(Z/2Z上の演算)

田んぼの田(なぞなぞ)

と答えないのと同様に

2017-09-16

まだ言語コミュニケーションで消耗してるの?

時代電波コミュニケーションやぞ。

テレパシーなら心のイメージがそのまま相手に伝わるから言葉なんかより絶対に正確だ。

イメージ直接伝送を行えば公理価値観の違いすら手に取るように伝わり、どこで齟齬が発生しているのかすらも一瞬で把握できるのだよ。

さあ言葉なんて捨ててテレパシー交信を使うのだ。

パルパルパルパルパルパルパルパルパル

パルパルパル

パルパル

パルパルパルパルパルパル

2017-06-22

https://anond.hatelabo.jp/20170622062931

社会学は、社会学者自身が「インチキ」だと言うほどの似非学問

於・現代風俗研究会2015年9月例会

加藤秀俊社会学インチキ大学では不要ではないか

高田公理日本では今までは国が道楽を黙認してきたのでは。

ttps://twitter.com/hikaru_sth/status/645132749817319424

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん