「正当防衛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 正当防衛とは

2024-06-16

今日無料公開最終日なので弱男が好きな増田

『阿武ノーマル』 を見るのだ、増田の大好きな弱男がヒロインしているぞ

 

不器用ながらも両親に認められる優秀な息子であろうとお勉強頑張って国立大を目指していたが、高校常軌を逸した凄惨いじめに遭う。

しかし両親に認められる優秀な息子でありたかったので、いじめられていると両親に知られたくなくて、何事もない風を装っていた為、

両親はいじめに遭っていることに気づいてくれない。

ある日、いじめ主犯格河原の家に乗り込んで来て、河原友達のように振る舞い、河原両親はあっさり懐柔されてしまう。

心の拠り所がなくなっては耐えられないと意を決して両親に打ち明ける。

河原あいつは友達なんかじゃない。あいつに俺はいじめられている」

母親「あの子がそんなことするわけないじゃない」

 

時は流れ、すっかり心折れて引きこもってた河原は、定職につくよう母親説教をされ続けて癇癪を起こし、手を上げてしまい、

無事、父親にブン殴られて、家から追い出される。

ネカフェに寝泊まりするもすぐに金は底をつき、絶望してたところに、ビックマウスが功を奏してなんか派遣仕事受かる。

だが、頭が悪いのでビックマウスと上から目線で周囲の大顰蹙を買い、主人公の阿武ちゃんに、秒速で会社を追い出され、再び、無一文になる。

 

そして、ヤケになり、阿武ちゃんを襲うことにする (違和感・飛躍あるが、阿武ちゃんの異常性を際立たせて物語の起伏を作るために仕方がない)

 

が、クソ雑魚ナメクジなので、主人公の阿武ちゃんに、返り討ちあい、足を滅多刺しにされる。

サイコな阿武ちゃんは躊躇いもなく、『正当防衛が成立するので殺しますね』と河原宣言する。

河原は死にたくなくて、命乞いをしようと考えるが、碌な言葉が出てこない。

 

"男なら当たり前に社会に出て金稼いで、結婚して、子供作って、老い死ぬ

そんな人生が今どきどれだけハードルが高いか考えもせず

それが普通?ふざけるな!!人間には向き不向きがあるんだよクソがクソが!!"

 

(スン)

 

"阿武・・・、お前はいいよな。地頭が良くて、仲間にも恵まれ

当たり前のことが当たり前に出来る、そんな人間だよ

お前は・・・"

 

"・・・理不尽"

 

滅多刺しにする気満々の阿武ちゃんに命乞いしようと思ったが、あれこれよく考えたら、別に生きてる必要ねーなって気づく河原

 

河原疲れた・・・好きにしてくれ」

 

"死んだ方がいいな。殺されなかったら自殺しよう"

 

 

阿武ちゃん「では、結婚しましょう」

 

 

阿武ちゃんは、誰でもいいか結婚して普通になりたかったので、河原結婚することにした。

なお、河原は阿武ちゃんとチューすらしたくないし、結婚なんて論外で、隙あらば逃げたいが、足を怪我してるし、

うまく逃げても河原実家に何するかわからないし、そもそも金もないので、勢いで結婚を前提とした交際を申し込み、なぜか阿武ちゃん受理される。

 

このあとも高校時代いじめ主犯格タコ殴りにされたり、阿武ちゃんにとってグッピー(魚)よりは上の存在になれたり、

阿武ちゃん無慈悲にも結婚前提で付き合っているからと河原両親に宣言、いや脅迫いたことされてるんだがと両親に訴えるも今回も信じてもらえず、

なんやかんや同棲続行中。

2024-06-10

美少女に生まれれば人生楽だったのに

美少女人生ってホント羨ましい

美少女なら就職の事を考えずに好きな芸能界選べるし

世間には痴漢がどんどん増えてるから正当防衛考えても楽々殺人でける

就職も楽したいなら事務とか派遣とかでちょっと働いてればいい

マッチングアプリをすれば簡単交際できるし

金欠になればマッチングアプリ食事代を相手に払わせるみたいな節約もできる

50歳くらいになったら真面目に結婚して高年収一般男性を捕まえれば専業主婦パート主婦になったり、ヘタクソなイラストみたいな絵を二科展に出して自慢していくこともできる

こんな人生イージーモードルックスに1/10000000の確率でなれなかったのマジ不公平だよな

家系図ガチャがこの世で最も重要

2024-06-02

anond:20240602081536

パワハラされたりいじめられたりしたら拳を握ってアッパーカットで撃沈できるから

はいままでそうやって何人ものアゴを撃沈させてきた

パトカーがうちにきやがったこともあるがあいつらには正当防衛つってんのにすーぐ暴行がどうのこうのいいやがって留置所いきよ

ケッ

2024-05-25

anond:20240525005352

正当防衛結構全然認められない

増田が言うようなパターンも過剰防衛になりかねない

でも心情的には、反撃やむなしってのは共有されてるから

反撃で殺害してしまったみたいなのも不起訴になることがある

ようするに法的にはなるべく被害者がいない状況を目指してるけど、

運用現実を見て恣意的判断されてるって感じかね

強盗への正当防衛ってどこまで可能なんだろう

相手が襲ってきてバット頭蓋骨破壊したら過剰防衛になるのかな

昔、詳しく解説していた弁護士いたのにURL忘れちゃった

2024-05-24

クレーマーに対する暴力正当防衛にしたらすごく面白くなりそう

ジャッジするのは暴力を振るうがわ!

2024-05-11

女性支援団体Cの不適切会計を追及するHAと揉めて最近ネットから姿を消してるHH、

以前はHAもそこまでやらんでも…と思ってたけどどうやらわりと正当防衛だったみたいだな

Cの親衛隊存在のC軍団がHHに肩入れしてあれこれ手を出してきて

これはC軍団活動を乗っ取るいつものサヨクムーブかなとみてたら

HHが大暴れしてC軍団でも制御できなくなって戦力増強どころか尻ぬぐいに振り回されてむしろ削られる羽目に

HHを鉄砲玉にするつもりがそのお守りに忙殺されてる彼らに同情を禁じ得ない

2024-05-10

anond:20240510023757

殺人容疑を認めてる人が情状酌量余地ありなのか、今回は該当しないだろうが正当防衛に該当するのか、は裁判で明かされる話だからいま一方的立場外野がアレコレ言うのは違うよね。

そもそも結婚するしないが絡んでる事件なのに、十数年前に息子が離婚した理由を深く聞かないでいるレベルの身内にコメントを取りに行くマスコミも喋る身内も読む外野もさあ…。読んだ自分含めだが。

2024-05-06

告発漫画家の汐街コナが永井豪先生殺害を考えていた件

漫画家の汐街コナ氏は、以前SNS上で「永井豪漫画が原因で、現実でもスカートめくりなどの性加害行為が発生した」という、永井豪先生に対して批判的なポストを行っていました。

https://twitter.com/sodium/status/1612993220979621888

このポストをした汐街コナ氏は、ネット外のリアル環境の場において、永井豪先生殺害示唆する発言を行っていました。

以下は、汐街コナ氏がリアルの場で語っていた事の概要です。

申し訳ありませんが、こちらの身バレ防止のため、場所時間・状況などは伏せさせていただきます


永井豪ハレンチ学園を描いたせいで日本中に性加害が蔓延した、許せない。

タイムマシンがあったら過去に戻ってハレンチ学園を描く前に永井豪を殺しに行く。

・むしろからでも永井豪は殺してやりたいと思ってる。

永井豪が拡大させた性被害者の規模の大きさを考えたら、私達側が永井豪殺害しても正当防衛は十分に成り立つ。

・今はドローンも発達してるからやりようは幾らでもある。


言った証拠はあるのかといわれたら、私が実際に見聞きした、としか言いようがありません。

前述のように身バレを防ぐためどういう状況下であったかは詳細に書けません。

永井豪先生をどうやって殺すか、というような会話を笑いを交えて話す人に、自分に身元を知られるのは恐怖でしかいからです・・・

ただ、実際に上記のような会話を汐街コナ氏がリアルに行っていた事は、私がその場で見聞きした事実です。

2024-04-28

チー牛は愛されるがDQN顔は迫害される

いわゆるチー牛、眼鏡で横顔がEラインではなく鼻が低く口が突き出した顔

あれは馬鹿にされるが、「あいつチー牛」「俺もチー牛」と自称者や身の回りにいるという者がわらわらいる、単に日本人によくいる顔だ

イケメンではなくぬぼーと生気がない感じというのが主な批判点だろうが、真面目そうで大人しそう賢そうともいえる

学者や士業など頭脳職の人はチー牛が多い

一方、DQN顔というもの存在する

大阪によくいる顔」などと称される

チー牛がぼんやりして丸みがある印象なのに対し、DQN顔は目力がありごつごつしている

旭川夫婦殺傷事件で亡くなった被害者はまさにDQN顔と言えよう

彼の小学生の娘が近隣の無職ハゲ男性の家にいたずら→ハゲ女児を怒鳴りつけ、女児カバンを蹴りつけ、氏名と住所を書かせ帰らせる→被害者ハゲ宅を訪問ハゲ被害者を滅多刺しにし死なせる

被害者20所以上刺されて死亡したにも関わらず、DQN顔だからネット上では叩かれまくっている

「どうせこいつが逆ギレしたんだろう、刺されなければハゲの方が殺されていたかもしれない、ハゲ正当防衛だ、ハゲ無罪しろ

こんな調子である

被害者がチー牛だったらそんなこと言わなかったよね

真面目で優しそうなお父さんだったのに可哀想、ってなってたよね

ネット上だけでなく、ハゲ自身も「被害者風貌などからくる恐怖感」から正当防衛をしただけだと主張している

被害者がチー牛だったら殺さなかったんだね

「雇われたヤクザチンピラだと思った」とも証言

被害者がチー牛だったらそうは思わなかったんだね

被害者別に金髪にしてるわけでもピアスジャラジャラなわけでもない

普通黒髪別に華美でもない、ただ顔つきがDQNっぽいだけ

それだけで殺人正当化される

チー牛だったら殺してもしょうがないなんて言ったら大炎上だろ

でもDQN顔だったらTwitterでも叩きがバズる

被害者20箇所刺され、妻は途中でハゲに体当りして止めようとして、それで妻も10箇所刺され、一部始終は小学生の娘の前で行われた

娘は「みんな殺してやる」と言われたと証言

隣人がハゲを羽交い締めにして止めなかったら娘も刺されてたかもしれない

こんな状況でも顔が気に食わなかったら正当防衛だって

anond:20240428075850

顧問が怒鳴ってきたなら戦いにきたってことだろ

お前も怒鳴り返して張り手の100発でも食らわせればよかっただろうが

俺はそれやって暴力事件沙汰になったが正当防衛として停学になったが後悔はしてねえ

2024-04-19

anond:20240418212609

孤独とinternal dialogueについては興味深い洞察だと思う。

サイコ』のノーマン・ベイツもヘンリー・ダーガーも確かに自分自身一人二役して会話していた。

それが孤独という苦痛ヘの慰めのために行ってるというのはあまり一面的すぎる。

それは『さかしま』、『オブローモフ』が提示するように社交的関係によって発生する苦痛からの逃避としての孤独存在する。『ツァラトゥストラ…』でも最終的には孤独が称賛されている。これらは文化的批評領域であり、現実とは無関係だと思うかもしれない。

だけれども、文化とは文化圏の象徴的秩序を内包しているためフィクションと隣合わせに語られることは常に避ける事ができない。現代でも『ジョーカー』とかその元ネタと言われる『タクシードライバー』がこれら議論に対して抱き合わせのように引き合いに出される。

これら文化批評を取り除けば、他者に対しては振る舞い以上のものを我々は知る事ができない。

仮に合意形成の結果から相手心理状態類推可能なら囚人のジレンマは発生し得ないことになる。

復讐意図弱者男性が持ってるかは動機主観的決定とその不可知性のため客観的な振る舞いからは推し量ることはできない。

そして主観的には人間自己幸福を測り間違える。

これはデイヴィッド・ベネターが統計引用して例を挙げてるが人というのは身体障害知的障害を抱えていても幸福を感じる人々の割合は健常者と変わらない。そして、自己幸福度の位置づけは相対的に決まる傾向がある。

どの立場であれ心理抑制環境によって与えられる不自由さの裏に悪意を見いだせばそれが防衛として他者に対して闘争行動をする動機付けになる。

隷属か破壊かはニーチェが扱っている議論だが、

ニーチェ正当防衛についてこう述べている。

━━正当防衛一般正当防衛道徳として是認されるならば、いわゆる非道徳的な利己主義ほとんどあらゆる発現もまた是認されなくてはならない、人は、自己を保存するためにまたは自己を守ったり個人的な禍いを予防するために、害を加え、奪い、殺すのである(中略)意図的に害を加えることは、われわれの実在または安全問題となる場合には道徳として許容される『人間的、あまり人間的』

そこに合意形成が介入する余地はなく、個々の主観的評価正当防衛基準が決定する。法が予防効果を維持する事を放棄した時、法は犯罪を事後的にしか処理できなくなる。

一方で社会システムに着目すれば、反対者あるいは敵対者は結局のところ対象としている前駆的社会構造寄与している。よって社会機能を一部担っていると言える。《弱者》や《敵》無くして強者価値付けの基礎となる社会進歩前進はありえない。

社会弱者はその機能故に巨視的観点では無くならないだろうし、目に見える弱者としての存在搾取する主体である強者必要としてるからこそ残り続ける。

まり、救っても救っても《弱者》は存続しそれを識別する指標であるスティグマ流行規定するモード存在する限り形を変えて生産され続ける。これは共同体幻想において神に等しい絶対者である絶対者の在り方は超時代的ではない。問題は疎外化された周縁に位置する人間たちがサイコパス/ソシオパスのような生得的悪というレッテルを貼られて尚、否、初めて絶対者剥奪し得ない自由意志による行動決定権が与えられる所にある。(シェリング)

万人は万人を殺す事ができる。野蛮な闘争状態規制しているのは社会報酬である。それが除かれた場合上記行為当事者にとって合理的行動である。ただし、万人が合理的決定を行うわけではない。

しかし何も対処しようがない訳ではない。社会上の功利性の総和を考える時殺人社会的に避けられないものならそれに方向性を与える事は決して無益ではない。これが畜群智慧である

2024-04-18

anond:20240418124417

お前はどうしてそこでその知的障害者に喝をいれてやらねえんだ

俺は知的障害者タックルされたことがあるがきちんとルールに乗っ取って正当防衛顔面や腹や膝や腕や足を真っ赤に腫れるまでやってやらあぞ

そのあとクソサツがきて止められたが

だったら責任持ってお前らが崖下にこいつを投げ捨てろ!って言ったら留置所いきだったな

お前もそんくらいの度胸をみにつけろ

2024-04-14

共同親権反対派

ハーグ条約批准するな

福原愛子供愛で仕方なく連れ去った

もう思考が蛮族なんよ

法の支配って概念インストールされていない

近代国家の住人でいる限りは「なんか嫌だから法は破って好き勝手やってよい」とはならないのよね

法を破らない範囲で生きてほしい

かに一発殴られたら、私刑ではなく法律に任せる

正当防衛の成立条件も結構厳しいからそれは理解してほしい

2024-04-11

はてなーの生態

ブコメにもこういう感じの奴がわいてるが

典型的勘違いがある


暴力の是非」というテーマで話すとき

正当防衛でもただ殴られろって言うのか?みたいなひろゆきムーブというか


普通

まずもって「暴力ダメ絶対」を定義して

例外事項を決めるわけだ

そして、例外事項は行動を「評価」して判定される


んじゃ、「権利者が絶対的に振舞った挙句道義を外れた」ケースは?

絶対的に振舞った」のが前提として

このケースで「絶対的に振舞った」ことはどう判定されるべきだ?

その時点の行動にスタジオ側が意見を言ってないなら

それは「問題なし」だ

その時点でスタジオ側が文句を言っていたのなら

それはその時点の行為性を判定されるべきだろう

契約に沿った行動であったのか、どの程度の無茶があったのか

そして、その後の行動として

道義を外れた批判をぶちかましたことは

遡って絶対的に振舞ったことを否定可能なのか?

逆説的に、原作者自身の行動の結果を受け入れていれば

絶対的に振舞うことが許容されるべきという主張なのか?

そもそも、「原作者絶対」が何に掛かっているのか


あきらかに問題点がずらされているのに

ブコメで「原作者が悪いぃぃぃぃぃいぃ!!!111!!」と吹き上がっている

人として恥ずかしい

2024-04-09

anond:20240409073946

暴行罪とか侮辱罪とかの明らかな法律に触れない範囲いじめに対して逆上して反撃したら、暴行罪とか侮辱罪で逮捕されるんだからやめておけとしか

いじめられる側って訴えられない範囲を弁えてないし、その場の感情に突き動かされて正当防衛範囲を超えた反撃をするから犯罪者として逮捕されるのはいじめられる側なのよ

まぁそう言う社会に生きる人なら持っている「程々」の感覚を共有してないからこそいじめられる訳なんだが…

2024-03-01

すぐ弁護士案件にしよつとするやつは…

それは弁護士さんに

相談したほうが良いですよ

みたいなクソコメントとばす奴って

過剰な正当防衛が法で許されるなら

もう、◯した方が早いですよ

正当防衛になりますとかも言うんだろか?

2024-02-26

anond:20240226071608

お前みたいな陰キャは、ナイフ持っててもすぐ奪われて逆に正当防衛で殺されるから大人しく防犯ブザー持っとけ

2024-02-16

はあ?だから何?

父親による虐待を止めなかった母親も同罪なんだから正当防衛扱いで無罪でいいだろ

https://twitter.com/Phoalbatrus/status/1758276936902848951

あほうどり

@Phoalbatrus

そんな理由24年になったんじゃありません。止めに入って刺され、殺された母親への殺意認定されたんです。一方で父親教育虐待は明白に認定され、それが無ければ本事件は起こらなかったとも。

引用

うさ

@Splatoon2_usagi

·

5時間

朝のnhkニュースで、教育虐待を受けて父親殺害してしまった19歳の子裁判官が「父親には愛情があったか教育虐待したんだろう^^」って24年の懲役判決出してて声出た

それはダメだろ!

2024-02-13

TNOK

学生相手強請っても大した金取れないだろうしボコって病院とか行かれたら暴行罪でしょっぴかれかねないし身体で払えば考えてやるよ(寛容)したのに射殺されるとは思わなかっただろうな

3人が死体隠して逃げたらアウトだろうけど、自首して正当防衛主張すれば助かる可能性が微レ存

2024-02-11

anond:20240211125423

法律論というか法律家の選択した論理構成の枠組みを理解せずに語るからなぁ

あと裁判員裁判事実認定を含めた裁判手続き一般の人の感覚を反映ってのはあるんだけど、それでも大枠は維持されてるわけで

正当防衛だって要件に沿った上で認定されてるわけで

物事一面的しか捉えてないなぁってのは多いね

2024-02-02

車にしがみついている人がいる状態で車を走らせて「殺人未遂」になる案件が納得できない

止まったら車にしがみついてるキチガイに殺されちゃうじゃん

普通に考えて正当防衛

悪くても過失傷害未遂でしょ

2024-01-20

anond:20240120101826

正当防衛とか緊急避難って気軽に言うやつ多いけどめちゃくちゃ要件厳しいからな

震災発生4時間の段階での飲み水の確保なんてまず「現在の危難」には当たらんだろ

2024-01-15

身体拘束の容認派と反対派の議論が平行なのは何故か?

ネットで見ているといわゆる精神医療など身体拘束の容認派と反対派の議論が平行に感じる。

というより今一つ嚙み合っていないように感じる。

その違和感の正体は両者の前提の違いではないだろうか?

容認派→身体拘束が要件(切迫性、非代替性、一時性)を満たし正しく行われる事を前提としている。

その為に身体拘束を行わなかった場合に起きる問題にどう責任を取るのかという意見が出てくる。

反対派→身体拘束が正しく行われていない、違法行為が後を絶たない事を問題としている。

その為に身体拘束の要件を緩和したり、拘束できる例外を追加することは悪意のある者に「口実」を与えるだけと考え反対する。

これではないだろうか。

ちょっと極端な例えをするなら(善悪とか賛成反対ではなくて、例え話として比べて欲しいが)

護身用(正当防衛)の銃所持を認めるべきか】という議題があったとき

賛成派→なんで自分の身を守ったらいけないのか?正当防衛権利ではないのか?

反対派→こんな危ないものダメだろ(犯罪もっともらしい口実に悪用される)

とこんな感じですれ違っている印象である

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん