「事実確認」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 事実確認とは

2020-05-22

【至急】アルコール消毒液から精子匂い

これって精子混入されたのか

それとも消毒液のデフォなのか教えてください

もしデフォなら、女性アルコール消毒促して匂い嗅いでみてって言って反応楽しむセクハラ可能となってしまます

至急、事実確認お願いします!

2020-05-09

プリンセススイートTVおかし

プリンセススイートTVについて。

うちの子どもが大好きで、一緒にいる分もう結構な量の動画を観てきたんだけど、この2年くらいで傾向が大きく変化してる。プリ姫は、家族で出演してワイワイするタイプファミリーYouTuberチャンネルなんだけど、個人的な予想では、離婚たかママ重篤病気罹患していると思う。ただ、このチャンネルはあまり説明をしないので、いち視聴者としては非常にモヤモヤしている。モヤモヤを吐き出したく、個人的考察を残す。時系列が必ずしも正しいかからないが、私の記憶を頼りに記していく。

変化のきっかけは「もとちゃん」のファミリー加入。2018年くらいだったと思う。20代後半くらい?の爽やかイケメン男性で、歌のお兄さんのような明るい立ち振る舞いをする。実際歌手活動を行なっており歌えるし、筋トレもやっているようで細マッチョ無人島サバイバル出来そうな知識も持ってるし、頼り甲斐があって、顔よし体よし性格よしの万能タイプだった。

この新規加入は、チャンネルの幅を広げる狙いだったのだろう。実際、動けるお兄さんが入ったことで、話の流れを先導したり子ども達をフォローしたりという動きが生まれて、その効果はあったように思う。

もとちゃんの加入あたりから、まずパパの出演が減った。毎日アップされる動画は主にパパが編集しており、それまでの動画内でも「編集などで忙しい」と度々ぼやいていた。もとちゃんを入れてパパが編集に注力できるようにするのも狙いだったのだろう。

次に姫ちゃん(長女)の出演も減った。彼女中学生になっていたので、学校部活動など忙しくなったのかもしれない。ここの理由はあまり定かでない。

そのうち、ママ・おうくん(長男)・もとちゃん旅行動画が出てくるようになる。パパと姫ちゃんの同行はない。それって夫婦的に大丈夫なのか?!とも思うが、姫ちゃん学校あって旅行に行けなかったら、まあ動画編集もあるしパパは残るのも致し方ない…か…?国内に留まら海外にも行っていた。

他に気になるものとして、もとちゃんと同世代くらいの男性が何名か出てくるようになった。俳優業もやるようなイケメンと、コメディ担当のような若者、計6名ほどだろうか。女性はいない。この若者達が出る動画姫ちゃんが出てくることはほぼ無く、いてもおうくん。若者ママだけのものもあり、その時はママ女王様のように振る舞う瞬間が度々見られる。ママ若者達に自分の衛兵になれと命じ、ママの良いところを順番に言えと指示した時は、見ていて気持ちの良いものではなかった。ママ若者に囲まれてはしゃいでいるように感じた。

プリ姫は登録者100万人を超える人気チャンネルで、ママはその主導権を握っていた。若者達は恐らく出演させてもらっている立場であっただろうと想像している。

そして2019年(厳密には2018年末ごろ?)、プリ姫はまた舵を切る。姉妹チャンネルを2本立ち上げた。

ひとつ姫ちゃん個人チャンネル。プリ姫では出来なかった、姫ちゃんがやりたいことに挑戦する、というコンセプトだ。こちらのチャンネルはパパと二人三脚で取り組むという。最初姫ちゃん自作人形劇などやっていたが、普通にプリ姫側でアップしても良さそうな内容ばかりだった。今ではほぼゲーム実況投稿チャンネルと化している。普通におうくんも出るし、主チャンネルとの差異は薄く感じる。

もうひとつは、もとちゃん若者達だけの動画。「プリ姫クラスター」というチャンネルで、プリ姫の看板は背負っているものの、もとちゃん以外のファミリーの参加は無い。内容もプリ姫に絡むわけでもなく、「やってみた」系の動画のようだ。私はあいにくこちらのチャンネルはあまり視聴していない。

この頃になると、ママはもとちゃんかおうくんとしか共演がなくなっていた。正直この時のおうくんはどこかぎこちなく、パパや姫ちゃんとの共演時はのびのびいつも通りの様子に見える。

そして、同じくらいの時期に転居したようだ。いつも撮影していた自宅でもなく、撮影スタジオでもない場所が出てくるようになる。のちに新しい家具搬入する動画が上がり、新居だと分かった。家の中を走り回る動画もあるが、見たところこの新居にママの影はない。別居が始まった。

服装も変わった。これまで、ファミリー動画ごとに、徹底して全員同じ色の服装統一していた。姫ちゃんもおうくんもパパももちゃんも、動画の内容に合わせてピンク、青、緑…。特に姫ちゃんは常にドレスで、ポニーテールリボンお姫様だったわけだ。

ところが、ママの共演が無くなったあたりからラフ私服になり、髪型も決まったかたちはなくなった。

そして2020年2月ひとつ事件が起こる。加藤紗里がもとちゃんと付き合っていたことをうっかり暴露したのだ。

実はもとちゃんがプリ姫に加入した時の設定では、もとちゃんは異国の王子で、姫ちゃんの元フィアンセとしていた。もとちゃんが国を追われたところを、姫ちゃんが迎え入れてあげた、という程だ。その関係なのか、もとちゃん恋愛禁止令がしかれていたらしい。

もとちゃん本人は以前の交際を認めたものの、プリ姫の活動時期とは被らないと主張。しかし最終的にもとちゃんファミリーから外されることとなった。

そしてもとちゃんの出演した動画は全て削除されてしまった。若者達とのものも含め、私がこれまで書いてきた事象の多くは、もう動画がなく事実確認ができない。純粋に良い出来の動画もあっただけに、残念なことだ。

また、この脱退に至ったことについて、最近までプリ姫公式ブログ記載されていたが、それさえも消されてしまった。

サブチャンネルのプリ姫クラスターは、クラスターDXと名を変え、新たなスタートを切った。

もとちゃんがいなくなった今、ママはもう出演がない。動画内でも、不自然なくらいママ話題は出ない。ママという単語すら出てこない。

パパが率先して頑張っている様子が見て取れる。自分動画を切り盛りするんだと、懸命に振る舞っているようだ。今まではファミリー撮影編集もしていたが、第三者カメラを持っている場面も見られるようになった。

2020年3月までは、公式ブログママ運営しており、動画とは関係ないママ雑談が多かった。食事に行ったとか、手相がどうとか、こだわりの香水とか。

ところがそのブログさえ、4月からパパの運営に切り替わった。トップ記載されていた「子ども達はミルクなし完全母乳で育て上げた」とか、明らかにママ目線メンバー紹介も、消されてしまった。

ここまでが、最近までの流れである

他人の家庭に首を突っ込むのは野暮だと分かってはいるが、プリ姫はもはや芸能活動に近い。芸能事務所所属して、オリジナルソングやグッズ販売を展開し、舞台もやった。

ママももちゃんもそれらに深く関わった主要メンバーなのに、何の説明もなくいなくなると勘ぐりたくもなる。

オンラインサロン登録者なら、何か分かるんだろうか?

2019年12月ブログに、ママ意味深文章がある。

ママはずっと姫ちゃんおうくんの味方だよ」

「忘れないで」

「これから応援しています

すでに子ども達と物理的に距離があるように感じる。

以前からママは持病があることも示唆していた。元気に過ごしていることを祈る。

2020-04-16

自転車修理出したら...

先月の中頃、自転車修理出した

チェーンがボロボロだったので取り寄せになると言われた

4月頭には届くと言われ待ってたけど全く連絡がない

4/6にどうなったか電話したら来週にはお渡し出来ますと言われた

遅いなーと思いつつ分かりましたと伝えた

週が開けても連絡がないので電話したらまだチェーンが届いてないと言われた

流石にキレた

伝えられた納期より一週間以上遅れてるのに連絡もしないのはどういうつもりだと言った

店長出せといった

店長事情を把握してなかったようで、事実確認して再度連絡するように伝えた

店長から電話が来て、こちらの発注ミスでチェーンが発注されていませんでしたと言われ謝罪された

頭に来たが責め立ててもどうにもならないので受け入れた

頭のおかしクレーマーみたいな風に思われてたら嫌だな

最初対応したやつが余りにふざけた口を聞くのでお前は舐めてんのか?とか言ってしまった

2020-03-21

JFEエンジニアリング社員による誹謗中傷

夕部 様

職員SNS投稿 トイレットペーパーデマ拡散米子医療生活協同組合おわび

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/03/05/kiji/20200304s00042000407000c.html

こちらは個人発言でした。

今回の件ですが、本人が個人でやったと認めておりません。

彼が逃げ出してしまった以上、

個人ではなく会社とての責任を問うしかありません。

該当のツイート

会社業務でしょうか?

確認および協力はいただけないのでしょうか?

JFEエンジニアリングは、

会社業務として匿名SNSを使った誹謗中傷を行っている。

ご返答ありませんので、

いずれこのような告発をさせていただきます

ご返答ないので告発

総務部 広報グループ担当者

JFEエンジニアリングホームページ

JFEホールディングスホームページ

どこに連絡しても相手にされない。

事実確認すらしないのでは?

2020-03-13

地域の車窓から

 コロナの影響で人の減った通勤電車に乗り込むと、一人のお婆さんが目に留まった。  

 彼女は、世界中の不幸を煮しめたような顔をして、車窓から外を眺めていた。  

  

 彼女は不幸なのだろうか?  

 私は思った。日本という国に生まれ、老婆になるまで生き、病室のベッドではなく、公共交通機関に一人で乗れている。  

 客観的に見て恵まれ人生だろう。私が彼女と同じ年齢まで生きてられるとは思えないし、また、生きていたとしても、寝たきり老人になっている可能性が高いと思う。

  

  

 思慮に耽っていると、電車のドアが閉まり、発車のアナウンスが流れた。  

 長閑な田園風景現代の速さで流れ去っていく。  

 ぽつぽつと見かける草がぼうぼうに生い茂る自然帰化した田んぼをみると、未来に対する不安と一抹の寂しさを覚えた。

 老婆の方に目をやると、先ほどよりも険の取れた面持ちで、窓の外を眺めていた。  

 どこか哀愁のある表情は忘れ去られた田んぼ自分を重ねているのかもしれないと思った。  

 私は風景に飽きると、スマートフォンを取り出し、ネットニュースなどをチェックすることにした。

  

  

 暫くして、次の駅への到着アナウンス流れる。  

 老婆の方に再び目をやると、表情は見えなかったが、しっかりとした足取りで、座席から立ち上がるところだった。

  

 彼女は本当に不幸なのだろうか?  

 降車する背中見送りながら、私は彼女の表情や仕草勝手に不幸な人だと決めつけてしまたことに気が付いた。  

 そこには彼女に対する事実確認はなく、また、私は彼女のことを全て想像で決めつけていたのだ。  

 私は自分のしたことの恐ろしさやおぞましさが何とも気持ちが悪く、自分がそんな人間であるということがとても恥ずかしい。  

  

 増田達もそういう経験があったら教えて欲しい。

2020-03-11

国会を止めてるのが野党でなく政権であることの説明

法務委員会予算委員会で紛糾中。これでまた与党支持者は、「野党ボイコット」「仕事しろ」と騒ぐのだろうけれどちゃんちゃらおかしい。いかに簡潔に説明する。

https://youtu.be/YPGNfxYCb-A?t=8229

今もめてることの発端は、3/9の参院予算委員会集中審議。ここでの小西議員質問からの森大臣の答弁である

「昨年の11月内閣法制局担当部長審査が終わり、長官にも審査資料が入っていた。その段階で勤務延長は、一言も条文にはなかった。つまり政策として勤務延長は必要ないと森大臣以下法務省全体で理解していたわけであります。そこからどのような社会情勢の変化が生じて勤務延長が必要になったのでしょうか。」

この質問に対して、森大臣の答弁。

「(略)昭和56年当時と比べ、どのように変化したかということでございます

 (原稿から目を上げて話しはじめる)

例えば東日本大震災の時、検察官福島県いわき市から国民が、市民避難していない中で最初に逃げたわけです。そのときに身柄拘束をしている十数人の方を理由なく釈放して、えーっ逃げたわけです。そういう災害ときも大変な混乱が生じると思います

(ここから原稿に目を再度落としながら読み上げる)

また、国際間含めた交通事情は飛躍的に進歩し人や物の移動は(不明瞭)になっているうえ、インターネット不況に伴い捜査についてもですね、様々な多様化、複雑化をしているということを申し上げておきたいと思います。」

そもそもこの答弁もおかしい。なぜなら、(1)9年も前のことを昨年11月の段階で勤務延長を条文に入れず、なぜ今年になってから急に入れたのかの説明になっていない。(2)東日本大震災の時に終局処分をせずに釈放したことと定年延長は全く関係ない。「警察官が足りなくなり、参考人聴取などの捜査が困難になるから」と当時の次席検事が述べている(3)そもそも最初理由もなく釈放して逃げたは嘘。政府見解ではない。

本来であれば、(1)、(2)を議論するべきなのに、それ以前の低レベルな答弁をするから建設的な議論ができなくなる。

以下、個人的見解。とりあえず野党をディスっておけばいいという風潮を安倍総理や菅官房長官が作ったことが、この暴走につながったと思う。官僚の用意した原稿を読み上げるだけにしておけばよかったのに、サンドバック状態鬱憤が溜まっていたのかね。なにかミンシュトウの奴らをぎゃふんと言わせたろというノリで、自分あやふや記憶をもとに喋ったと受け止めている。

こんなノリで国会で答弁することを許すなら、適当な答弁して後からそれを指摘されても「すんません、それは個人見解ですぅ」で済んでしまうことになる。そしてその事実確認という不毛なことに貴重な国会審議の時間を費やすことになる。これは明らかに政権側が国会サボタージュしているということ。野党国会をサボってるというのは真っ赤なウソということを与党支持者の方々は理解していただきたい。

2020-03-05

anond:20200305102056

2月21日加計学園に書面で事実確認を申し入れたが、1週間後に「担当者から連絡します」と言ったきり回答することはなかった。

これにもなんか事情があるの?

2020-03-03

上司から一方的非難された

上司「お前が〇〇してるという話があるけどどうしてやってるの?」

こっちの言い分は聞かずに事実認定なんだな...

普通事実確認が先だろうが

2020-02-29

JFEエンジニアリングに殺されかねない

「殺されかねないほどの身の危険を感じております

メールを送ったがスルー

事実確認必要かもしれない。

でも、無視ってどいういうことですか?

連絡いただけないのでしょうか?

2020-02-23

ラブライブパネルを見て

A「このスカートの皺と影の表現下半身が透けているように見えるんだけど……」

B「どれどれ……うーん、これはスカートの動きで生まれた皺と影だから、透けて見えるように書いたわけじゃないよ。でもアニメを見慣れていない人にはそう見えるのか……もしかしたら、アニメ以外の多くの人が目にする場では、誤解を生んでしまうかもしれない表現なのかな」

こうならないで、

A「このスカートの皺と影の表現下半身が透けているように見えるんだけど……」←まずこの元ネタ発言確認してない

B「スカートは透けているのではなく、皺と影を描いたもの」←こう発言するならわかる

でも

B(なんで皺と影を透けていると勘違いするんだ?)←考える

B(そうだ!ラブライブが気にくわないか文句をつけているに違いない!)←決めつけ

B(自分の好きなアニメを潰したいと思っている敵から攻撃だ!)←思い込み

B「フェミ乙!ラブライブが標的にされている!」←思い込みから被害妄想

C「またフェミか!あいつらまたオタク攻撃してる!」←事実確認せずに、他人からの伝聞を鵜呑みにして拡散

別の人が

D「別にラブライブ攻撃されているんじゃなくて、このスカート表現公共の場だと誤解する人が生まれから、一度考えたほうがいいってことじゃないの?」

BC(俺たちの意見に反対している!あいつは敵だ!)←議論をせずに敵認定

BCフェミがなんか言っている!ラブライブは既に世間に認められているというのに!」←もう要点と関係ないことを言ってる

パネル撤去される(この対応が適切だったとは思わないけど)

BC「またフェミアニメを潰した!!!

E「許せねぇ!俺フェミアカウント潰してくる!」←妨害行為

BCE「フェミは敵!フェミアニメを潰す!フェミ差別的!」

以下ループ

地獄だなこれ。

2020-01-08

アルバイト

先日、といってももう数ヶ月前の話だが店のアルバイトの子が近くの店舗に異動した。

原因は簡単にまとめると私とソリが合わないそうで、その後散々SNSに私の愚痴を書かれた。

上司からアルバイトの言うことなので受け止める所は選ぶようにと言われた。

その後お店が特定できてしま可能性があったので本社のサーチに引っかかったらしく彼には上司の方からSNSの使い方の指導があったみたいなのでもう該当する投稿はない。

事実確認で掻い摘んで見せられた程度だけど読んでいて刺さるものがあり、反省しようと思った。

そして最近、彼は異動先でも同じようなことをしていると他のスタッフ伝いに聞かされた。

実際に見せてももらったが、彼は私に対する投稿と似た内容の投稿をしていた。

お店が分からないようになっているので上に報告したりする気は一切ないが、あぁ彼もアルバイトなのだなとふと思った。

彼は今大学生だが、今までに色々な種類のアルバイト経験しているため飲み込みも早く、それなりに評価もされていたし、私からも上にこの子はいいぞと後押しをしていた。

本人もそこには自信があったようで、自分アルバイトではあるが他のアルバイト自分は違うといったようなことを口にしていた。

だが、私の件にしろ他の人の件にしろ本人が気に食わないと言っている内容があまりにもアルバイトと言った内容で、アルバイトしかしたことのないアルバイトはやっぱりアルバイトなのだな。と思った。

そういう私も前の会社病気になって以降、社員として働くのは厳しいので今は契約社員である

契約社員のいる会社で働いたことは無いが、社員から見た契約社員はどれだけ仕事が出来てもやっぱり契約社員なのだろうなと思う。

何が言いたいかと言うと、彼はどれだけ自信たっぷりに働いてもそれは優秀なアルバイトの域を超えることはないのだろうな、ということだ。

自身、今までの経歴や生い立ちから自分は周りより大人で落ち着いていて優れている社員のような能力を持ったアルバイトと思っているのだが、それが間違いまでは行かなくとも彼の成長の邪魔をしていると気が付かない限り、ずっとそのままなのだ


社会経験大事なのだなと、思った。

2020-01-04

anond:20191223183625

増田マジレスすんのもアレだけど、山口という人物がどういう影響を及ぼしていたのかは謎だし、観測された事実自分妄想をごっちゃにして語るのは迷惑からやめろと本気で言いたい

https://twitter.com/telmin_orca/status/1212927225890144256

山口かいうクソがなんのコントリビューションしたんだコラと憤慨したい気持ちはあるし、あいつのせいで俺らの仕事がどれだけ邪魔されたと思ってんだと真剣にキレてるからやいところ消えてくれと願っている

https://twitter.com/telmin_orca/status/1207303862899527681

てか損害賠償請求したいわ。具体的には52億ぐらい

https://twitter.com/telmin_orca/status/1207303964732952576

俺らの成果だとか業績を疑い始めたら助走つけて殴るからな。伊藤某の判決で騒ぎたい連中はそこら辺考えて発言しろ

https://twitter.com/telmin_orca/status/1207304400600887296

事実確認

山口敬之がPEZYに関連付けられるのは齊藤社長責任

詐欺脱税齊藤社長犯行裁判中。脱税会社設立当初から毎年で確定。 山口敬之は詐欺にも脱税にも無関係

結論

山口敬之と政党財団を立ち上げた齊藤元章元社長が悪い。山口敬之のコントリビューションがなければ元社長の見る目がなかった。山口敬之に損害賠償とか、事実妄想区別できない人間しか言わない。

自分の願望が世界真実だと思い込むのは病気だぞ。病院行け

https://twitter.com/telmin_orca/status/1208624350120665089

医者でない人間が診断するのは、病院迷惑だぞ。

2020-01-03

RIZIN20大晦日後出てきたいくつかの問題点検証1

何やらRIZIN20大晦日後いくつかの問題点

TL上を賑わせている様子なのでまとめてみたいと思います


ハムソヒによるエージェント諸岡秀勝の横領告発

シューズ問題

バンテージ問題

修斗コミッション事務局長日本修斗協会広報小島邦裕氏によるDEEPRIZIN誹謗中傷ツイート




まず①に関してですが

ハムソヒ選手によるインスタでの

ハムソヒ選手エージェントであった諸岡秀勝氏のファイトマネー横領告発が発端です

https://www.instagram.com/p/B6xswOan5-R/


この件に関しては諸岡秀勝社長の言い分も聞いてみないと分かりませんが

それとは別にこういうエージェントによる不正

アジアでは以前から横行しているようで

ONEはいち早くこの問題に着目し対策をしています

https://www.onefc.com/press-releases/one-championship-strengthens-its-agent-certification/


この辺は詳しく格マスコミにも取材して問題提起してほしいですね


ハムソヒの言い分

諸岡秀勝社長の言い分

ONE対策の詳細と効果の程

日本の各団体はどうするべきなのか


そして各団体エージェントまかせにするのではなく

ONEのように不正をするエージェント排除積極的に行っていってほしいところです




次に②のシューズ問題ですが

何やら話が独り歩きしだし

マネケイプのシューズ問題」と曲解されているようですが

そうではなくて事の発端は大沢ケンジさんのツイートから始まって

https://twitter.com/kenjiosawa/status/1212021658841579521

それに関係者が反応し話がいろんな方向に独り歩きしだしたようなんですが

大沢さんは別にケイプがシューズはいていたから勝った

という意味ツイートしたのではなく

たまたまシューズが目に入ったので

前々から思っていたことをツイートしただけなんですが

https://twitter.com/kenjiosawa/status/1212039609447698432

タイミングが悪すぎたのとシューズに対するネガティブ意見だったので

変に話が広がり独り歩きしだしたようです


ただこの問題RIZIN公式HP等にもルールの詳細が公開されておらず

何故そのようなルールを設けたのかとか

シューズを履いた場合と履かない場合制限事項などの記述がないのは問題です

この辺はRIZINにしっかりしてほしいのと

大沢さんもこんなことをツイートで言っても誤解を招くだけなので

何か意見があるならちゃんRIZIN運営に直接意見してください




そして③のバンテージ問題ですが

今回RIZIN20において三人の選手の手の骨折がありました

石渡選手、ムサエフ選手パトリキー選手

激しい戦いとその破壊力故に起きたとも取れます

実は前々から関係者の間で

RIZINバンテージの巻き方のルール問題があると言われていたようで

https://twitter.com/_nodoitaidesu/status/1212609231255265281

もしそれが原因で手の骨折が増えたのであれば

至急ルール見直し必要ですので

RIZIN運営には事実確認調査をお願いしたいところです



(つづく)


RIZIN20大晦日後出てきたいくつかの問題点検証2】

https://anond.hatelabo.jp/20200103105459


2019-12-12

anond:20191211231413

人事に相談しよう。本人に事実確認が入れば客観的よろしくない事態になってるって気付くかもだし。(その程度には聡い人なんじゃないだろーか)

2019-11-28

anond:20191120223042

その件は報道個人記者問題があって、事実確認被告弁護人が何を挙げたかが全く報じられていない。だから事実誤認でないとも言えない。

検察被害者遺族は「暴力言論の自由封殺した」と言っているので、「罵倒も茶化しも問題ではない」としたらしいことは分かるけど。

あと、この記事ができそこないな可能性もある。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20191120-00151672/

信用できるのは判決文だろう。

2019-11-22

総理大臣調査する仕組みって検察以外ないの?

検察しか首相疑惑を追求し事実確認取れないというのなら

検察を押さえれば首相って無敵の職業になると思うんだけど

2019-11-14

anond:20191114110342

いや、本当に事実確認中なことはあるよ。

たとえばおたく社員犯罪起こしましたよ~ってときとか。

広報が「事実確認中」と「当社が発表したものではない」は言うとき

その報道が当たっているということ。

たまに広報がこういう対応をして「ほら、飛ばしだろ!」って噴き上がるパターンがあるけど、飛ばしだったら広報は「そのような事実はない」と否定する。

それが否定できないときに「事実確認中」やら「当社が発表したものではない」という言葉が出てくる。

もし事実無根なら早急に否定した方がいい。事実無根なのに曖昧な返事をするメリットはない。

2019-11-05

東トルキスタンの話、追記

https://anond.hatelabo.jp/20191104220236 に対し、謎の嘘扱いコメントやら、先日の匿名ダイアリー(https://anond.hatelabo.jp/20191104)自体に大量の荒らし記事投稿されて流されてしまったので追記


上記記事に参考として追記したURLを調べる際に気付いたが、どうも東トルキスタン(現〜自治区)に関する諸々は今でもニュースになっているようだ。

少なくとも、複数検索サイトで2018〜2019年記事が大量に見つかる程度にはホット話題らしい。

個人的感情こそ強く動くものの、現実問題として日本に居ながらにして事実確認ができるわけでなく、今すぐ自分が何かできる訳でもないので続けて言及する気は無かったのだが……

しかし、これを投下した日に荒らしが発生するというのは非常に面白い。自惚れと思うが、まるで本当に当局関係者監視しているかのようだ。

これで再び荒らしが発生するようなら、もっと色々な所に匿名投稿してみようと思う。

2019-10-23

セクハラ告発して人間関係がギクシャクしている

職場の後輩の女性に、セクハラに遭ったことを相談された。被害女性20代、加害男性専業主婦奥さんと娘がいる40代

被害女性は「こんなことがあったんですけど、仕方ないですよね。社会人ってそういうものだし」と言っていたのだけど、

内容を聞いていてあまり侮辱的というか、酷かったので、

被害者がこのまま泣き寝入りして加害者悪事がバレることもなさそうなことについて、私のほうが怒ってしまった。

そしてそこからの行動がまずかったのだけど、被害女性確認をとらずに、私が勝手に総務に通報した。

うちの会社ハラスメント対策などしっかりしているので、すぐに被害女性・加害男性それぞれに対して事実確認面談が行われ、

加害男性が加害内容を認めたので、加害男性が別の課に異動になった。

時期も変で、理由もよくわからない異動だったから、「なんで?」みたいな雰囲気にはなったけど、

セクハラ理由であることや、被害女性が誰なのかという噂は流出していなかったはず。

そしてしばらくして加害男性自己都合で退職した。それが今年の8月のことだったんだけど。

関係ないけど加害男性に人望が無さ過ぎて、勤続年数が長かったのに送別会すら開かれていなかった。こんなこと滅多にないっていうか異常な事例)

その件があってから、今に至るまで、後輩女性との会話がギクシャクするというか、なんだか怖がられているような、遠ざけられているような感じがする。

後輩女性は元々おしゃべりなほうで、前はプライベートの話とか結構しかけてくれていたんだけど、それが無くなってしまって、

関係おかしくなってしまったと思って、彼女意向を聞かずに勝手通報してしまたことに思い至って、

勝手に動いてしまって本当にごめん、総務がしくじってあなたセクハラ被害であることが社内でバレてしまリスクもあった、

まずあなた意思尊重すべきだったのに浅慮だった、本当にごめんなさい」と謝ったのだけど、

増田さんに動いてもらえて加害男性さんがいなくなったので安心できる。私のためにありがとうございました」的なことを言われて、

でも本心ではそう思ってなさそうというか、私のことを避けているままに見える。

取り返しがつかないので、もう私からグイグイ行くのは余計ストレスを与えるだけでダメだなと思って、今は距離を保つようにしている。

もうずっと元通りにはならないのかな。個人的相談内容を無断で総務に通報する人間だと一度思われると、もう元には戻らないんだろうな

2019-10-09

anond:20191008001042

認知行動療法っていうのがあるけど、

やっていること(趣味)と気持ち意識を集中して、

自分がこんなことをやっていても凄い物なんて一生できないんだろうな」とか

「今から始めたってどうせ無駄だ」みたいな考え(こころつぶやき)が出た!と思ったとき

自分がこんなことをやってい…あ、またこれ考えてるな」という感じで、

やっていること(趣味)と気持ち意識を集中し直すのをひたすらやっていくのが良いと思う。

誰かから評価価値幸せだとしんどいので

やっていることそれ自体楽しいという感じになっていくと生きやすいのでは。

そうできない自分を責める必要もないので

とりあえずなんかネガティブなこと考えてたと気づいたとき

「あなんかマイナスなこと考えてますワロス」を語尾にするといいと思う。

ネガティブ思考が出てきたじぶんを責める必要はない、ただ「考えてますわ~」という事実確認でよい)

2019-10-04

auひかりの悪質な訪問営業に対するKDDIの返答があまりにも無責任

https://anond.hatelabo.jp/20191004110543

の続き

日頃よりauをご利用いただき、誠にありがとうございます

KDDIお客さまセンター メール窓口担当 ●です。

このたびは、弊社代理店による対応について、たびたびお問い合わせいただく次第となり、お手数をおかけしております

訪問営業を停止する手続きについて

改めてのご案内ではございますが、お問い合わせいただいた弊社代理店による対応につきましては、当窓口から、弊社担当部署を通じて、社内共有を行っております

しかしながら、当メール窓口では、担当部署から事実確認、ならびに、その内容について、個別にお客さまへの回答はおこなっておりません。

また、弊社から代理店による訪問営業などを停止する手続きは、停止を希望するお客さまの情報を元に承っております

恐れ入りますが、停止を希望するお客さま情報がない場合、当窓口より、訪問営業を停止する手続きを承ることができません。

なお、訪問営業を停止する手続きは、担当部署を通じて周知させていただくものとなるため、すべての代理店への周知が完了するまでお時間がかかる場合がございます

そのため、本件の「株式会社●」、ならびに、当該代理店以外の代理店から訪問営業が行われる可能性があることをご理解ください。

引き続き、弊社代理店による●様に対しての訪問営業を停止する手続きをご希望場合は、先にご案内の「ご確認いただきたいこと」をご確認の上、以下の「お知らせいただきたいこと」へご返信くださいますようお願いいたします。

------------------------------------------------------------

■お知らせいただきたいこと

※すでにお知らせいただいている項目についても、改めてお知らせください。

訪問による今後のご案内:希望する/希望しない

訪問営業を停止する方のお客さま情報について

・お名前

フリガナ

・ご住所:

都道府県から、番地、建物名、部屋番号までお知らせください

・お電話番号

※お問い合わせいただいている方と、訪問営業を停止する方が異なる場合には、以下の情報もお知らせください。

・お問い合わせいただいている方の氏名(フルネーム):

・間柄:

代理店情報について

担当部署へ引き継ぎする際に必要のため、改めて詳細をお知らせください。

営業担当者の部署名または代理店名:

営業担当者氏名:

営業担当電話番号

営業勧誘があった日時:

▼本メール管理番号:042219100400001

※「希望しない」とお知らせいただいた場合は、前述の【ご確認いただきたいこと】にご了承いただいたものとしてご対応を行います

お客様個人情報は、このたびのお問い合わせに関する回答以外の目的には利用いたしません。

------------------------------------------------------------

■今後のご対応について

本件の弊社代理店による、当窓口からご案内できる内容は、以上がすべてでございます

恐れ入りますが、弊社代理店に対する対応に際し、訪問営業停止手続き以外のご対応については、当窓口にて承ることができません。

そのため、繰り返し同様のお問い合わせにより、●様の貴重なお時間を頂戴することを避けるためにも、今後、「訪問営業停止手続き必要となる情報」以外の本件に関するお問い合わせをいただいた場合は、当窓口からの回答を控えさせていただきます

当窓口からのご案内は以上でございます

文末ではございますが、弊社では営業停止手続きを承るためにお客さまの情報必要となることをご理解くださいますよう、重ねてお願い申し上げます

KDDIお客さまセンター:●

※本件以外のお問い合わせについては、改めてお問い合わせください。

セキュリティ上の観点からメールに添付された画像ファイル等を確認することはできません。

auひかりの悪質な訪問営業に対するKDDIの返答があまりにも無責任

KDDIお客さまセンター メール窓口担当 ●様

訪問しないで下さい。押し売り止めて下さい。とごく普通対応をお願いしてい

るのに、

(4)弊社代理店へご連絡を止めるお手続き完了するまでの間に、訪問によるご案内が行われる場合がございます

となるのはおかしくありませんか?

このメールで4通目です。

最初のメール代理店名前担当者名も記載しております

また、本件に関し、当窓口を介した対応を行うことで双方の情報齟齬を生じさせる可能性があることを避けるため、ご契約時のご案内などにおける不明点につきましては、●様から直接、契約代理店へご確認をお願いしておりますことをご理解ください。

高圧的で強引な営業でした。心身ともに負担になるので、そのような方とお話することはできません。

また、訪問された方が、本当に代理店社員なのかすら分かりません。

KDDIの方で責任を持って代理店担当者の方に事実確認をされた上で、

訪問営業問題がなかったか

契約はどうなっているのか」

ご返答下さい。

この件はすべて記録しております

すべて公開させていただくつもりです。

責任のある方が責任を持って対処していただくことを望んでおります

(2019/10/03 15:46), au Support wrote:

日頃よりKDDIをご利用いただき、誠にありがとうございます

KDDIお客さまセンター メール窓口担当 ●です。

このたびは、弊社代理店によるauひかりのご契約について、たびたびお問い合わせいただく次第となり、恐縮しております

また、当窓口のご対応に際し、弊社代理店訪問営業の停止手続きに関するご指摘を賜る次第となりましたことは、心苦しい限りでございます

今後、弊社代理店から訪問によるご案内が不要場合は、当メール窓口から担当部署へ報告し、ご訪問を控えるお手続きを承ります

お手数をおかけいたしますが、今後、お電話でのご案内を控えるお手続きをご希望場合は、以下の【ご確認いただきたいこと】をお読みいただき、当メールへのご返信にて、●様のご意向を改めてお知らせください。

■ご確認いただきたいこと

(1)ご連絡を停止する手続きにあたり必要お客様情報を、弊社代理店へ開示させていただきます

(2)弊社代理店から訪問によるご案内を控えるお手続きを行った後は、弊社からキャンペーンなどのご連絡も控えさせていただきます

(3)弊社サービスを正常にご利用いただくために、早急なご案内が必要となる場合や、ご利用中のサービスの終了時などは、弊社からご連絡を差し上げる場合がございます

(4)弊社代理店へご連絡を止めるお手続き完了するまでの間に、訪問によるご案内が行われる場合がございます

※恐れ入りますが、弊社から訪問によるご案内を控えるお手続きに関し、上記の内容について、予めご了承くださいますようお願いいたします。

------------------------------------------------------------

■お知らせいただきたいこと

※すでにお知らせいただいている項目についても、改めてお知らせください。

訪問による今後のご案内:希望する/希望しない

訪問営業を停止する方のお客さま情報について

・お名前

フリガナ

・ご住所:

都道府県から、番地、建物名、部屋番号までお知らせください

・お電話番号:

※お問い合わせいただいている方と、訪問営業を停止する方が異なる場合には、以下の情報もお知らせください。

・お問い合わせいただいている方の氏名(フルネーム):

・間柄:

代理店情報について

担当部署へ引き継ぎする際に必要のため、改めて詳細をお知らせください。

営業担当者の部署名または代理店名:

営業担当者氏名:

営業担当電話番号:

営業勧誘があった日時:

▼本メール管理番号:042219100200072

※「希望しない」とお知らせいただいた場合は、前述の【ご確認いただきたいこと】にご了承いただいたものとしてご対応を行います

お客様個人情報は、このたびのお問い合わせに関する回答以外の目的には利用いたしません。

------------------------------------------------------------

お知らせいただきたい内容は以上でございます

なお、本件について、お客さまのご契約特定するため必要となる情報が不足しており、当窓口では、該当するご契約に関してのご案内を差し上げることができません。

また、本件に関し、当窓口を介した対応を行うことで双方の情報齟齬を生じさせる可能性があることを避けるため、ご契約時のご案内などにおける不明点につきましては、●様から直接、契約代理店へご確認をお願いしておりますことをご理解ください。

お手数をおかけいたしますが、ご返信をお待ちしておりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

KDDIお客さまセンター:●

※本件以外のお問い合わせについては、改めてお問い合わせください。

セキュリティ上の観点からメールに添付された画像ファイル等を確認することはできません。

2019-09-10

教育委員会は嘘つき」か?

また一人が自殺という傷ましい結果に向かう出来事があった。その発端に「いじめ」があったことは、おおむね事実と考えたい。その上で、各社が見出しにしているこの文言、そして取扱方は全くフェアではなく、ハッキリ言って問題解決には何の役にも立たないどころか有害であると私は思う。

まず、記事引用

教育委員会は大ウソつき” 15歳男子生徒が自殺 埼玉 川口2019年9月9日 18時16分:NHKニュース

埼玉川口市の中学校に通っていた当時いじめを受けたとして、自殺未遂を繰り返していた15歳の男子生徒が、8日、自殺したことが分かりました。いじめについては、市の教育委員会調査を進めていましたが、生徒の部屋には、「教育委員会は大ウソつき」などと書かれたノートが残されていたということです。

関係者によりますと、8日の未明埼玉川口市の小松田辰乃輔さん(15)が市内のマンション敷地内で死亡しているのが見つかり、屋上から飛び降りたとみられるということです。

小松田さんは中学1年生だった3年前、部活動の先輩や同級生から悪口や仲間はずれなどのいじめを受けたと訴えましたが、学校対応失望し、自殺未遂を3回繰り返したということです。

その後、おととし11月になって、市の教育委員会第三者委員会を設置し、いじめ調査を進めていました。

中学校卒業した小松田さんは別の学校に通っていたということです。

自殺したあと、小松田さんの部屋から見つかったノートには、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる」と、教育委員会対応批判する内容が書かれていたということです。

川口教育委員会指導課の三浦伸之課長は、「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした。教育委員会への不信感を訴えて自殺したことを重く受け止め、対応問題がなかったか確認したい」と話しています

教育委員会は大ウソつき」

小松田辰乃輔さん(15)の自宅の部屋には、市の教育委員会対応への批判が書かれたノートが残されていました。

ノートには、「教育委員会は、大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。ぼくは、なんのためにいきているのか分らなくなった。ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。くるしいくるしいくるしいくるしいつらいつらい。ぼくの味方は、家ぞくだけ。くるしいつらい」と書かれていました。



そう考える理由

まず、この生徒と教育委員会は直接面談できていない。

課長「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした」

どんないじめ事件であっても、片側の言い分だけで解決することは難しい。周囲から意見も、バイアスがかかるので参考程度にしかならない。あくまで「本人」から聞き取り必須の要素である。もちろん、保護者はしばしばそう考えない。それは「ウチの子が嘘を言うわけはない。それはずっと育ててきた私たちには分かる。この子には問題などない。実際いままでは問題なかった。なのに今この子がこんなに苦しんでいるからには、周囲に問題があるはずだ。」と、そう考えるからだ。

だが、教職員、あるいは教職員出身教育委員会事務局関係者はそうは考えない。どんな子も状況次第で嘘をつく可能性はある。その子をずっと育ててきてはいないとしても、何十年にわたって同年代の子供を千人以上見てきた経験からそれは言える。問題の無い子などいないし我が子を過信しない親というのもまずいない。これまで他との関係性の中では起きなかった本人自身問題が、別な関係性の中で発現することも充分あり得る。場合によっては、そのことを直視自己問題(それは保護者との関係性の問題である場合もある)に気づくことが本人の成長に必要なことさえある。だから、苦しんでいること自体はその子の非責任性(その子責任がないこと)の証明にはならないし、いずれにせよ、周囲に問題あるかないかも含めて本人への聞き取り必須だ、と考える。教育職のプロフェッショナルなら、誰しもそう考える。

そして、それを阻害していたのがおそらく保護者だ。

本人「ぼくの味方は、家ぞくだけ。」

この家族は、生徒本人に「味方」と認識されていたとのことだ。それ自体は間違っていない。結果として防げなかったとしても、味方がいると信じさせることが命を救うこともある。だが、「生徒から味方と認識されること」は重要だが、それは「自分たち以外の全てが敵だと認識させること」とイコールであってはならない。家族は、問題を適切に解決に導けるよう、教育委員会と協力して問題にあたることが必要であり、可能なら、自分たち利益に沿って動いてくれると信じられる適切な第三者(たとえば代理人としての弁護士)をたてて交渉した方がよかった。教育委員会立場上、加害者とされる生徒も含めて「両者の利益を最大化するように」動くのは当然であって、何ら問題ではない。教育委員会が、真理を解き明かす(捜査能力のある)機関でもなければ、罰を下す(司法機関でもなく、教育を通して社会全体の益を最大化するための機関である以上、それは当然のことだ。そのためには、当然「いじめた側」の話を聞き取る必要もある。当然ながら、それはあくまで「片側」の聞き取りに過ぎないから、話半分にしか聞かないし、「いじめられた側」に「~と言っているがどうですか」と聞くのは、単に双方に対する事実確認以上のなにものでもない。にも関わらず、

いじめた人を守ってウソばかりつかせる。

というような受け取り方をされるのはどういうことか。生徒本人と会えていない以上、これは、保護者がそういう伝え方をしたと考えるしかないわけだが、「いじめた側」の言い分を聞くことが「相手に味方することであり利敵行為だ」と捉えるような見方保護者がしていたのでは、事態解決に向けた健全な協力関係を作っていくこと自体が難しい。

そのような状況で、教育委員会への不信を連ねた(極めて一方的な言い分を)書き連ねた遺書見出しに掲げることに、一体どのような意味があるだろうか? 上記を踏まえれば、教育委員会が「嘘をつかせた」というのは明らかにおかしい上に、教育委員会はそんな嘘をそもそも「信じていない」可能性の方が高いだろう。問題は、あくまでそのような状況における教育委員会家族の協力を台無しにさせたそのような敵対的関係であり、ではそのような敵対的関係を作り上げたのは何かと言えば、このように不安を煽るマスコミセンセーショナリズムがその一因ではないのか。

もちろん、教育委員会の極めて「お役所対応」が保護者の不信感を買うことも、事態の一つの側面ではあろう。その点については、できることは重々反省した方がいい。しかし、この件で教育委員会対応に特段の問題があったようには自分は感じない。強いて言えば、なんとか家族を説得して、生徒本人と経験豊富指導主事なりが対話できればよかったが…という位だ(それができなかったからこうなったのだが)。それができたら生徒は死ななかったのか、と言われれば、私は「おそらく死ななかった」と答えよう。直接会えば、生徒も「教育委員会の人も敵ではない」ということを理解できた可能性はあるからだ。教育委員会の人も「僕を守る人」だということを理解できたかもしれないからだ。これは、家族批判しているのではない(そんな死体蹴りがしたいのではない)。家族(と本人?)をここまで頑なにさせてしまったのは何か、という話だ。

ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。

そう思わせたのは何なのか? 学校教育委員会が100%悪? それでいいのか?

そもそも自殺した」ことをもって、その人を全肯定する理由とはならない。たとえばマスコミは、この生徒の「いじめられた」という主張が実はいくらか大げさであり、周囲の生徒から困惑コメントに対して「あいつらは嘘をついている」と意地を張りたい生徒があてつけで自殺未遂を繰り返した、みたいなケースについては想定したのか。そのような場合であっても、同じような見出しを付けて教育委員会問題を指摘するのが適切な報道と考えるのか。いずれにせよ私は、このような形で自殺した生徒について大げさな報道を繰り返すのは、そしてその後についてはまともな調査報道もしないというのは、ただのセンセーショナリズムでありゴシップ誌の発想でしかなく間違ってもジャーナリズムではないと考える。


事実というのは、そんな単純に善悪を切り分けで説明できるものではない。少なくとも、このような事件に絡んで「教育委員会が悪いから生徒が死んだ」という極めて単純なストーリーしか描けないとしたら(言い換えれば「教育委員会を罰すれば問題解決する!」とか思うのは)、それは単純な正義感を振りかざす危険人物であり報道だと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん