「長風呂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長風呂とは

2019-09-05

来年JDになるのに……

夏休みも終わり、既に肌寒ささえ感じる今日この頃。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

社会人の皆さまは休みが無かった人もいるかと思います。今年もあと四ヶ月です。頑張りましょう。

自分ははつい先程、トイレでぶちまけた下痢便を泣きながら処理したところです。

今年の夏、めちゃくちゃ暑かったじゃないですか。去年ほどでは無かったかも。だからか、急に裸族に近い者になってしまったんですよ。家の中だとどうしても服を着ていられない。肌着で済ましちゃう。寝るときも昨日までそんな格好だったからかな。身体が丈夫な方なんですけど、最近お腹ゴロゴロ言ってるな〜って思ったんです。でも下痢なんか滅多にならなくて、その上腹痛に悩まされたこともなかったので、スルーしてました。

今日湯煎沸かしていたので、超超超長風呂したんですよ。

スマホ眺めながら、あ〜きもち〜一生ぬるま湯に浸かっていたい〜ガチャ課金処女捨てちゃうかな廃人になりたくないな〜こういう人たちってなんで15万とか使っちゃうんだ。脳みそ酒に浸してんのか?う〜んどうしよう便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意!!!、!、!!、!!、、!z、っz、、z、っ便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意便意z、、z、z、z、z、z、っっz、z、z、、!!!!!!!!!!!!!!、、!!!!!!!!!!!便意

頑張れアナル耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!、、、!!、!!!!!!!!!!!おま、なんのための若さだよ!?待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って待って

……………………………………………………………………………………………………………











静寂




























完全に某餅木の漫画冗談半分で読んでた。完全に某弁護士脱糞音盛りすぎだと思ってた。AVスカトロってすごいんだな。

2019-08-28

チンコ使わないと小さくなると聞いて、定期的にオナニーしてます

子供も生まれて嫁と完全にレスになったので、チンコ使わなくなりました。

ただ、チンコ使わないと小さくなると聞いて、それは嫌なので、使うことにしました。

でも、風俗お金がかかるし病気が怖いです。

ナンパは仮に成功しても、家に帰らないといけないので、平日の仕事終わりにホテル行ってセックスしたら終電逃すので無理です。

出会い系も、休日家族サービスしたいので、デートかに時間使いたくありません。

どのみち素人女性浮気するとしても、セックスするまでに風俗行くのと同じくらいのお金がかかりますよね。

そうなると、もうオナニーしか選択肢が無いのです。ただ、オナ禁もしてるので、まずは出すのは一週間に一回にしました。

でも、外のトイレでしたくないので、基本家トイレかお風呂ですることになります。そうなるとオナネタに困ります

スマホ持ってトイレに入ったら嫁に不審がられますエロ画像プリントアウトして畳んで持ち込むことも考えましたが、万が一見られでもしたら大変です。

それに、あまり忙しなくオナニーしたくないので、トイレは落ち着きません。お風呂であれば長風呂なので怪しまれませんが、オナネタ持ち込みが不可能になります

よって、想像力だけでエクスタシーに達しなければなりません。

そうなると、嫁や知り合いの女性芸能人などをオナネタ想像することになりますまさかここに来て中学生のようなオナニーをすることになろうとは。

とりあえずしばらくは嫁や元カノなど、セックス記憶がある相手ネタにシコシコ頑張りたいと思います

2019-07-21

銭湯シャンプー香りが髪から香る

無料で使える据え置きの大きなボトルシャンプー

決して高級品ではないが、いい香り

ゆっくり湯船に浸かって長風呂して、リラックスした記憶も合わさって、癒される香りだなぁと思う

昨日行ったところだけど、また行きたくなった

2019-07-20

[]

もう日付かわったから昨日

夜9時半くらいまで起きてたけどそれから23時半まで寝てしまった

風呂入らないつもりだったけど、起きたときにあまりにも首周りがかゆいのと、かいたら爪の間に垢がたまってポロポロ落ちるのがキモくて、めんどいからだをおして風呂場へ

体を洗った

湯船にはつからない

湯船つかったら出るのがしんどくなって長風呂になるから

風呂から出てトマトジュースのん爪切りしてハミガキした

1週間風呂はいらないのはこの季節やっぱりやばい

朝に豆腐カレーうどん、昼におにぎり個食たから空腹感はないから夜は食べない

久しぶりに1日2食食べた

2019-07-19

がっつり長風呂して肌の調子が良かったので、続けようと思ってたのだけど

顔の皮脂が落ち過ぎたのか、なにか乾燥して痒みを感じる

痒みの一歩手前くらいのムズムズ

落としすぎるのもよくないんだな

2019-07-18

長風呂のおかげか肌のコンディションが良い、くすみレス

ちょっとだけテンション上がる

2019-07-16

三連休は完全に普段どおりだった

1日おまけがついてちょっと掃除して長風呂した

今日から平日であー行きたくねーってのはあるにしろ

割と気持ちが前向きだ

よく休めたんだと思う

2019-07-14

[]

きのう

朝方おきあがって歩いてるとき視界の真ん中あたりが白くなってチカチカしてた

ねてばっかでまともに飲み食べしてないせい多分

朝7時くらいにごはんたべた

トマトクレアおばさんギョニソ卵レンチンしてオートミール

昼過ぎまで起きてた

雨はずっと降ってた

2時過ぎか3時前くらいから寝た

途中で2,3回おきたけど夜までずっと寝た

22時すぎに起きた

風呂はいった

3日ぶりくらいか

頭かゆくなりはじめてた

今日外出するかもだったか

かなり長風呂した

0時半すぎに風呂出た

風呂上がり体重49切ってた

きょう

豆腐うどんレンチンしてカレースープ粉末まぜたの食べた

また体重49.6くらいに戻った

48を切ったらたぶんほんとにやばそうだなって感じする

2019-07-10

[]

昼つづき

果汁グミみかんを食べたらなんかかなりおなかいっぱいになった

そりゃ普段この時間にこんなに食べることないからなあ

そんで久しぶりに薬のんでそのまま夜まで寝てしまった

何度か目さめたけどそのまま寝てた

最後おきたのは19時半

風呂はいった

3日連続風呂はいった

今日長風呂じゃなくて早めにでた

それでも30分くらいはいってたけど

豆腐うどんレンチンしてカレースープいれてたべた

ちょっとカレー味あきてきた

明日豆腐味ぽんで食べよう

明日ゆめタウンで31アイス買うのとスタバ行く予定

2019-03-26

やまゆり園の事件って、ああして死にたいやつ多そう

障害者に死んで欲しいフレンズも多いんだろうけど、まぁそこはどうこう言わない。色々事情あるだろうしな。

人間って老いるじゃん。ある程度老いたら、みんな障害者になるよな。

からおかしくなればいいけど、頭からおかしくなる奴も多い。介護士セクハラしたり、気に入らなくてぶん殴ったり、なんも考えず徘徊したりさ。ボケる被害妄想激しくなるらしいぞ。

普通に考えて、そうなりたいわけがない。

どこどこまでおかしくなっても生きてたい。それはそれで正しいと思うけど、自分らしいうちに人生を終えたいってのもおかしくないじゃん。

完全に自分らしくなくなった時点で死にたいってのも、わかるっしょ?

でも、ある程度きたら腹を決めて消える、ってわけにもいかないじゃん。自主的に消えたってバレたら申し訳ないし。そもそも決断ができねぇ。

完全に死ぬまで醜態さらしたいか?いやじゃね。

人一人生かすって大変だし、協力する理性失ってりゃなおさらな。金で解決させたらかねかかる。

生きてる限り家族負担かけるわけだ。

しかしたら孫がいて、その教育資金困ってて、おじいちゃんいるからねって夢諦めたり。おばあちゃんいるからって便利なとこに引っ越せなかったりするよ。

そんな負担強いて嬉しいか

からって刃物振り回されたらビビって泣いちゃうと思うが、少なくとも家族負担はここで終わって、自分たちを責める理由はないんだなってふと思うんじゃないか

お前はそう思わないかもしれない。うんこ投げつけられても家族は常にお前が好きで、管だらけに繋がれても人生謳歌できるお前はそう思わないかもしれない。

やまゆり園で殺された中にはそんなこと微塵もわず、単に幸せだった奴もいたろう。辛うじて生き残って、神に感謝たかもしれない。

俺は実際刺されたら意見変わりそうだが、今はありと思う。だからって犯人が正しい訳じゃないんだが。

年食ったら長風呂しとけ、風呂場の死亡事故はかなり多いし、脳溢血って死因としてポピュラーだぞ。

2019-03-23

性的虐待かもしれなかった話

昔の話をする。

詳しいことはカウンセラーにも誰にも話せなかった。多分増田はこういう時に使うのだ。だから今日書く。

最初最後になると思う。

実家所謂毒家庭だった。

父母私弟の4人家族、全員軽度の障害を持っていたように感じる。そんなわけだから親戚付き合いもなかった。父と母は家庭内別居理由父親浮気だった。

弟は私とだいぶ歳が離れていた。

半ば育児放棄気味だった母親の代わりに面倒を見ていたが、私はちゃん母親はやれていなかったと思う。

よくヒスったし、なんで私だけと思った。その時私は中学生だった。みんなが遊んでいるのが羨ましかったのだ。

弟の性の目覚めは早かったと思う。小学生の半ばくらいの時だった。

男性ならわかると思うが床オナにハマったらしかった。でも正しくは床オナじゃなくて、寝てる私の顔面局部押し付けてオナっていた。

私は嫌だった。嫌だったから助けてと言った。それを聞いて母親は笑っていた。私を見て笑っていた。

別に弟は恨んだりしていない。

性の知識もない年齢だ。まぁしょうがないよね、と思う。

嫌だったけど私は弟を完全に性的なことから断絶して育ててきたので理解してなくてしょうがないと思う。

でもなんで母親は助けてくれなかったのかな、大人になって色々理解して、最近あれは性的虐待だったんじゃないかなと思いはじめた。

思えば長風呂していても「風呂で何やってんだか」と言ってきた母親だった。(私は動きがトロいから長い)多分お前風呂でオナってんだろ(笑)的な意味で言ったんだと思う。

母親母親じゃなくて女だったんだなとその時わかってしまった。

なんで助けてくれなかったのかな。それだけが辛くて最近自殺を決意した。

子供と同等であった弟に性を完全ブロックしていた私も毒親だった。

自殺に失敗しても絶対子供は産まない。それだけの話。聞いてくれてありがとう

2019-02-19

anond:20190219151725

風呂良いよね。

防水の音楽プレーヤーとかスマホとか本とか持ってっちゃうから1時間はあっという間。飲食はしないけどする人もいるよね。

冬はもちろんだけど、夏も長風呂して、上がったあとアイス食べながらガンガン冷房の効いた部屋で涼むのも最高。

風呂は最高だよ。

2019-02-08

餃子レモンサワー増田望む園出す魔をー和讃漏れと座うょ着(回文

関西関東で比べちゃう関東の人は

何かぱっと見テンションが低そうな人が多いんだけど、

関東人みんながみんな高田純次さんみたいなテンションじゃないのよね。

いつかまた大阪出張行きたいなぁと思いました。

おはようございます

最近もう夜遅いときは食べずに寝ちゃう方が目覚めが良いわって思っちゃうのよね。

逆にその時間リソースをお風呂に使えるから

結構毎日しっかり長風呂できます

長風呂って言ってもお風呂物理的に長いんじゃなくて、

風呂タイムが長いってことよ。

平日の疲れはなるべく持ち越したくないしね。

風呂入ったあと録画した溜まった番組マツコデラックス見てるんだけど、

たまたまチャンネル変えて出てきたマツコさんをずっとみてて、

その時の内容は

わたしロケ弁のお弁当2つ食べてなかったら餃子40個いけんだからね!

って言いつつ結局餃子40個を平らげてしまって、

やっぱり餃子と合うのはレモンサワーよねって言ってて

それからずっと私もレモンサワーを飲んでみたいんだけど、

ストロング系のレモンサワーはなんか翌日頭が痛くなっちゃうので、

ストロング系じゃないレモンサワーを求めるか、

もうこうなったら、餃子の旨さで定評のある

大阪王将餃子王将か分からないけど、

この際どちらでもいいか餃子レモンサワーを一緒に味わいたいし、

天海祐希さんが沢村一樹さんに

からレモンサワーがあうじゃん!って力説したいわ。

あれはから揚げだったけど。

でもさ、

居酒屋とかである

わりと脇役的な餃子より、

うちは餃子だけでやってますけど、それが何か?と言うぐらい、

うそれは餃子王将なのか大阪王将なのかはどちらでも由来の元は知らなくていいんだけど

元祖とか本家とか真打ちとか

そのぐらい本格的な餃子専門店

焼きたての餃子

やっぱり餃子は喉ごしだね!って

餃子のことを知ったかぶって一丁前にあらよっと言ってみたいわ。

食は王将にあり!

餃子1日100万個!

食は万里を越える!

って言って最後に食べ終わりましたーってドーンって銅鑼を鳴らすの。

散々餃子レモンサワー食べて飲んだのに

伝票見たらお会計906円とか!

しかも税含まれてるし。

もう丸ごとこの餃子専門店お店ごと買えちゃうんじゃない?って勢いで

油ぎったいい感じの年季っぷりな床でトリプルアクセルを飛びそうになったわ。

うふふ。


今日朝ご飯

最近やっぱりエビ流行ってるのかしら?

エビサンド見かけたので買っちゃいました。

エビサンドタマサンドです。

最近出た本で卵とパンサンドイッチのムック本があって、

もうタマサンド好きにはたまらなく結構ツボった内容で、

私も思わずタマサンド美味しいのが作れちゃうんじゃない?って思うぐらい。

ぜひ書店で見かけたら表紙だけでも見てみてね。

デトックスウォーター

ホッツ緑茶ウォーラーしました。

朝のホッツ緑茶ウォーラー作ったついでに

ボトルにそれつめて持って行こうと思ったけど、

家に置いたままでもってくるの忘れちゃったわ。

帰ってから飲みます

きっと良い具合の頃合いのぬるさね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-02-01

病みダイエットしようとしたら勢い余ってODした話

病みダイエット【やみ-だいえっと】(名)

利尿剤や下剤などの薬物服用、過食嘔吐などを含めた不健康ダイエット方法のこと。通称病みダイ

※この記録は無理なダイエットお勧めするものではありません。むしろ、心身ともに破壊されます絶対にやめましょう※

私は幼い頃から食べることが好きだった。朝も夕飯も机に一汁五菜は軽くないと拗ねる父親と、料理大好きでそんな父のリクエストにも軽く応えてしまえる調理師免許持ちな専業主婦母親の元で育った。ちなみに、お昼は幼稚園高校と全て私学に通ったせいで給食というものに縁がなく、15年毎日母親手作り弁当をぶら下げていた。

想像に難くないと思うが、育ったのは年齢だけではなく横幅も順調に大きくなった。なんと小学校6年の頃は160cm 75kg、高校卒業する頃には165cm 120kgと、小さい頃から大きくなるまで痩せていた期間がまるでないエリートデブの道を歩み続けた。

高校卒業後は医療系の大学へ進学し、日々講義試験、実習に追われる中で次第に「このまま社会人になってもあまりにもデブすぎて患者さんに説得力ないよなぁ……」などと思い始めた頃に、1年を通した病院実習が始まった。その実習では、比較的学年の中でも声の大きい男子を含めた3人と一緒になった。

声が大きいだけで真面目というわけではなく、講義サボるし実習も出来る限り出ない。課題は出来る学生のものを借りて写す。テニサーの女好きで、まあ、いわゆるクソみたいなパリピ存在のやつだった。

あー、多分実習の課題は全部私が見せるんだろうし、代返もさせられそうだし面倒だなと思っていたところ、実際その通りの展開となった。「どうせ君真面目だから全部見ていくでしょ?俺早く帰りたいから早めに抜けるわ。悪いけど、学生1人いれば先生の班への印象もいいもんで最後まで残っておいて」などというお願いは日常茶飯事で辟易していたが、文句を言って関係が悪くなるのも嫌で黙って従っていた。

そんな折に彼が別グループ男子学生たちに向かって、休憩室で「いやまじアイツと一緒とかないわwwwこう、もっと可愛い女の子と一緒に実習できるの期待してたのにあのデブスと一緒なのはマジ最悪www」とこれ見よがしに言っているのを聞いてしまった。

実際彼としては本心なのだろうし、普段なら受け流せた発言だったはずだ。エリートデブとして培われたデブやブスといった単語に対する免疫力を舐めないでほしい。ただ、その時は課題のことや出席のことなど散々肩代わりしてやっていた頃だったため、「(お前散々人に迷惑かけといてその言い草はなんなんだよ)」とそっち方面イラついてしまった。

そして、このままではあまりにも自分デブ過ぎて医療関係者としての説得力にかけるという自覚もあったために、ダイエットを決意した。

実習は忙しく、生活自体が気をつけないといとも簡単破綻する。食事制限するにはもってこいだった。まずは食事イベント(上の先生が奢ってくれる、友達ご飯に行くなど)以外では極力摂らなくなった。

しばらくすると、何かを食べようとしても食べることへの罪悪感から物が胃に収まらなくなった。友人たちと食事をして帰宅するとそのまま猛烈な吐き気に襲われて、トイレで全部吐いてしまう。食べることは好きだけど、そのままでは太ってしまう。味を感じられればあとは吐けば良い。そういった思考に陥り、ここから過食嘔吐生活が始まった。

ご飯はそこそこ食べるのだが、しばらくすると吐いてしまう。そして吐いたことによってスッキリする。体重計に可能な日は朝夜寝る前と乗り、前回より10gでも増えていると耐えられなくなった。市販の下剤を飲んだり、長風呂で汗をかい数字だけは減らす日々。最終的にはあんなに好きだった食べることさえも苦痛となり、ほぼ絶食状態へ。

ただ、流石に缶コーヒーを週で2本しか飲まなかった時は、病院へ行く電車に乗ろうとして意識ブラックアウトしてしまった。電車ホームの間に落ちた私を助けてくれたOLさん、サラリーマンのお兄さんには感謝しかない。

そして体重の推移を事細かに記載し続け、2年で50kgほどの減量に成功した。max125kgはあった体重が、75kgまで減った。

途中、1ヶ月で20kgほど体重を落とした際は体重減少性無月経や低体温に悩まされたりもしたが、体重を落とす速度を緩やかにした結果改善した。一時食事が食べられなくなってしまった身体は、母親献身的な支えによって今まで通りに食事が取れるまでに回復した。

今考えると人外かというレベルの三桁デブ卒業した私は、その後は一応デブ人間として生きることができた。なにより、デブ御用達の大きいサイズ専門店ではなく、その辺の普通のお店で服が買えるようになったことが一番嬉しかった。

大学卒業し、リバウンドもなく2年間は社会人として仕事を続けた。3年目になり、異動した先の職場はかなり激務だった。食生活も乱れまくり、気がついたら体重は10kgほど増え、85kgほどになっていた。流石にこのままではやばいと思い、再度生活見直しを始めた。なるべく体を壊さずに、ジム通いや食事内容の変更をするように心がけた。その後、通っていたジムの周辺で連れ去り殺人事件が起きたこからジムだけはやめてしまったのだが。

そんな折に職場の同僚が、長らく付き合っていた彼女遠距離の末に別れたという話を聞いた。何やらとても美しく優秀な女性だったようで、彼としては結婚も考えていた相手との破局に未練タラタラだった様子であった。

「君も早く彼氏作ったら?」

「いやー、私デブだしブスだし無理かな。今は仕事も忙しいから、そのうちね」

私も親からここ数年結婚に関しては強く言われ始めていたが、自分容姿一般男性ウケしないことは誰よりも重々承知していた。だからこそ、まずは自分の見た目をなんとかしてからでないと、恋愛結婚を考えるなど分不相応だという気持ちが強かった。男性からしたら、こんな見た目の女に好かれても迷惑しか思えない。

別に同僚はただの同僚であり、入職から今までなぜか常に私に対しては上から目線が強かった男だった。そんな彼からの面倒な詮索に関しても、適当にあしらって話を終わらせて帰ろうと思った。しか自分元カノ容姿性格その他ひたすら褒め続けるのを聞くのにも疲れた適当自分卑下して話の腰を折り、さっさと撤収に限る。しかし、それがなぜか彼の変なスイッチを入れてしまったようだった。

「どうせ自分の見た目がダメから、とかいうんでしょ?正直言ってそれはそう。太ってる女が好きな男はまずいないから。俺も細い子が好きだしね。男はね、女が男の顔しか見てないのとおんなじで身体が良ければ顔とか性格は割とどうでもいいんだよ。」

「はぁ……?」

突然何を言いだすんだこいつ、と思ったが彼の勢いは止まらない。

「君はまず痩せること。痩せればモテるよ。胸もデカいし、綺麗になると思う。だから明日から君はご飯食べちゃダメファスティング!!筋トレ!!!わかる?ファスティング筋トレからね!!」

「」

「あと男を見つける努力が足りない!!ちゃん婚活とかしてる?あ、みんなで出かけた帰りとかよく飲み屋街でナンパされてるの見けど、あーいうのに着いていけば良いじゃん!簡単に男できるし、新しい世界が広がるよ」

「いや、そういう明らかに一杯飲んだらこのあとホテルへ的なのは……」

実はこの1年前くらいに、知らない男に夜道で車に無理やり乗せられかけたことがある。そのとき抵抗して逃げ切ったが、今でもあの時のこのまま車に入れられたらどこかで知らない男に犯されていたかも、下手したら殺されていたかもと言った恐怖が色濃く、それを伝えた上であまりそう言った話題は、とお願いした。通っていたジム付近での殺人女性が連れ去りの果てに殺されたというものだったため、余計に怖かったのである

「んー、俺の彼女もよく声かけられてて大変だったけど、そんな雰囲気なかったよ」

「それはすごく美人さんだから、手軽に犯せそう!みたいな軽いタイプが選ぶ相手じゃなかったんだよ。意外とそういうところは相手選ばれてるよ」

「ふーん。まあ、君の場合身体から始まる関係もありじゃない?まずは行動あるのみ!今度はそういうのにも着いて行ってみなきゃ!世界を広げよう!!」

愕然とした。こんなに気軽に性犯罪に巻き込まれるかもしれないような提案をされたこと、そうでもしなければ男なんかできないと言われたことがショックだった。

かに私はデブだし、ブスだけど私にも人を選ぶ権利出会いを選ぶ権利はあるはずなのに。ほぼ同じ内容のことを、その日の夜に別の同期と3人で出かけた時にも言われた。別の同期がトイレに立つと、私に言いたいことをぶつけてくるという状態であった。

それ以来精神的に参ってしまい、同期がいる前では満足に食事をとることが出来なくなった。それでも腹は減るため、職場我慢した分家ではありえないほど食べてしまう。そうすると罪悪感で吐く。過食嘔吐が再発した。マロリーワイス症候群のようになり、血を吐いたりもした。

この時、別の同期は3人で卓を囲んでいた時もその時の飲み会での私への態度が酷かったことに、ひっそりと気付いていたらしい。

あいつには後から言い過ぎだぞって言っておいた」

「気を遣わせてごめんね、ありがとう

「でもあいつなんて言ったと思う?『あのくらい言っても良いくらいの関係は築いてるから大丈夫』とか言ってんだぞ?クズか?」

親しき仲にも礼儀あり、とはよく言ったものである過食嘔吐に苛まれながら、さら職場で彼と会うことが苦痛になった。なんと、それ以来私にあれだけ断食しろと言っておきながら

パン余ったんだけど、食う?」

飲み会やるんだけど、来てよ」

と、職場で声を掛けてくるのだ。パンなどは断ったが、もしかしたら飲み会などは誘いに乗るしかなくて物を食べている私を内心馬鹿にしているのかもしれない。お腹が空いてごめんなさい、ご飯を食べてしまってごめんなさい。後で全部ちゃんと吐いて綺麗にします。

エスカレートした被害妄想は止まらなくなり、仕事に行きたくなくて、消えない食欲の罪悪感から彼の顔も見たくなくてしょうがなくなった。でもデスクは隣だし、仕事も被っている。どうしても無理だ。昼休みを隣のデスクで過ごすことも苦痛で、女子ロッカー椅子腰掛けて過ごすようになった。

何らかの方法で胃を悪くしてご飯が食べられなくなれば彼は許してくれるのではないか。ふと、そんな考えが頭をよぎった。

これは名案かもしれない。

簡単に胃をやるとすれば、数年前にダイエットしていた時に一番効いたのは、アイスコーヒーの1Lパックを1日で2本弱飲み干した時だった。なるほどカフェインは胃酸の分泌を亢進させる働きがあるから、胃は傷めつけられそうだ。ついでに利尿効果もある。ちょうどいい。

カフェインについて調べると、そういえばエナジードリンクと錠剤の併用が原因らしいという死亡事件が一時期話題になっていたことを思い出した。カフェイン人間個体差はあるものの、ある程度摂取可能だが、その他の哺乳類にとっては猛毒である。また、人間にとっても中毒域と致死量の幅が狭い。嗜好品としてのコーヒー程度ならば問題ないが、錠剤の多量摂取は気軽にやると急性カフェイン中毒を引き起こすし、下手をすれば死んでしまう。

ならば、中毒域に入らない程度でカフェインを飲んでいい感じに胃を悪くしてやろうと思い立ち、ドラッグストアカフェイン剤を購入した。

家に帰って1回2錠1日2回までと書いてあった箱を開けると、茶色い錠剤が20錠出てきた。とりあえず2錠飲んでみたが、何の変化もない。

時計を見ると17時半。明日から仕事であることをまた思い出し、次第に同僚に会いたくない気持ちと恐怖と嫌悪感がむくむくと頭をもたげだ。いっそ身体が壊れればしばらく休職できるかもしれない。頭の中でカフェイン中毒量と致死量計算した。体重換算で一箱飲んだら中毒量は超えるが、致死量全然超えない。まだ両親も健在で、死ぬわけにはいかない。全部飲んでも死なないなら、いっそ全部飲んで身体さえ壊れてしまえばいいのでは。仕事休みたい。

気付いた時には20錠分の空のPTPシートを手にしている自分が、床に座り込んでいた。

タイミングよく実家母親から電話が来た。何を言ったのかは朦朧としていたためにあまり覚えていないが、同期が嫌で仕事に行きたくなさすぎて薬を飲みすぎてしまたことは伝えた気がする。

4時間半ほど経ち、動悸と頭痛、冷や汗と吐き気に苛まれているところに焦った母親が高速を飛ばしてやってきた。ベッドに横たわる私と、ゴミ箱の中の薬の空き箱やシートを確認すると、

「そんなくだらない男のためにこんなことしないで。死のうとするならママも一緒に連れて行って」

と泣き崩れてしまった。

大丈夫致死量は飲んでないか気持ち悪くて胃が悪くなるだけで、そのうち薬が抜けたらよくなるから……この量じゃ絶対死なないから。計算たから……」

その後のこともおぼろげなのだが、職場への救急搬送は意地でもされたくなかったため、一晩母親の付き添いで明かした。朝、立って歩くこともやや覚束ない状態となった私は上司電話をしたが、ODのことは踏ん切りがつかずに伝えられなかった。

気持ち悪くてずっと吐いてます今日仕事は出られそうにありません……」

腸炎か?ノロ流行ってるからなぁ。君、一人暮らしだろう?飯も食えない、水も飲めないだともう入院したほうがいいんじゃないか?受診手続きを整えるから

そう言って電話は切れた。上司はどうやら感染腸炎を疑っているようだった。母親病院で補液をして早く血中濃度を薄めるように、という。まず、上司や先輩たちは私が精神的に不安定だったことを知らない。ODを疑われる要素は職場には絶対にない。もし、血液検査異常などで疑ってかかられたとしても、抗不安薬抗うつ薬などと違って、カフェイン中毒はそれを念頭に置かないとバレる可能性は低いだろう。

そしてそのまま感染腸炎疑いとして入院となった。血液検査異常も少なく、ODはまるで疑われなかった。母親自分自身の通院があるため、入院手続きだけして実家とんぼ返りした。部屋を出る際、再度泣きながら

「もうこんなことしないでね。もし死にたくなったら一緒だからね」

と言われたことを覚えている。

気持ち悪さに苛まれている間、何よりも強く思ったのは少しくらい太っていてもいいから、本来なら美味しくご飯が食べられる身体大事にしたほうがいいということだ。

あれだけ好きだったお粥も、お魚の煮付けも、サラダも、まるで喉を通らない。無理に食べても全て数分後には吐き出している。制吐剤を打ってもらわないと夜は眠れないほど胃が辛い。切り取って水洗いしたいほどに苦しく、ベッドの上でひたすらのたうち回っていた。睡眠不足でうとうとすると悪夢が見える。同期が笑いながら私を蔑んでくる。はっとして起きると、気持ち悪さで苦しい。夜通しその繰り返しだった。

しかし、致死量までは飲んでいないのも本当で、制吐剤と補液で徐々に改善傾向にある。食事お粥半量程度なら口にできるようになった。それでも頭痛と心窩部不快感は残っているのだが。

こんな苦しい思いをするのなら、そして親に多大な心労をかけるならこんなことしないほうがマシだったと思う。

でも、食事が取れるようになってくると、再度食事をすることへの罪悪感が生まれてくるようになって来ているのも事実である。あまりにも辛かったこからODは2度としないが、もしかしたら退院できてもまたしばらくは過食嘔吐や拒食からは抜けられなくなるかもしれない気はしている。

ダイエットを考えている方々には、こんな自分身体を痛めつけるようなことはやめるべきと伝えたい。適度な食事制限と、運動が遠回りに見えても何よりの近道だ。むしろ少し太ってたって、美味しいものを美味しく食べられることは、こんな風に身体ボロボロにするよりは幸せかもしれない。

ダイエットしている人や、太っている人が周りにいる人は、その何気ない一言相手の心を大きく傷つける可能性があることを今一度考えて過ごしてほしい。私は思いとどまれたが、私も両親という枷がなければ勢い余って致死量まで飲んで死んでいたかもしれない。

自戒を込めて、記録に残そうと思った。

まだベッドから降りて動き回るのはつらいが、そろそろ退院と自宅療養が見えてきた。今は身体が辛くて精神も持たないため、今後の仕事での身の振り方や、今回の件に関しての相談をどうするかについては身体が良くなったら考えることにする。

2019-01-14

ズボラ野郎ユニットバスでやってしまうこと(お風呂ぬっくぬく編)

・湯船に浸かって3分で体を洗いはじめ、1時間長風呂に備える

・湯船に浸かりながら棒っこの先にスポンジがついたお手軽お掃除アイテムトイレ側のおそうじ

・湯船に浸かりながら髭を剃る

・湯船に浸かりながら爪を切る

タブレットを持ち込む(もちろん防水非対応

ノートパソコンを持ち込む(防水なんてあるわけない)

カップ麺を持ち込む(緑のたぬき

カップ麺を持ち込む(わかめラーメン

コンビニ納豆巻きを持ち込む(おいしい)

・できたてホヤホヤチャーハンを持ち込む(おいしい)

・バブを2個いれてしま

ボディソープシャンプーが切れていることに気づくも後の祭りなので容器に水を入れて振って泡をごまかす

排水口のゴミ受けに髪の毛がワッサとたまっていてもなんとなく見逃す

持ち込む系はぜんぶ便器の蓋の上に置くよ

2019-01-03

一週間独り身生活

嫁は義父とスキー合宿へ。

楽しそうな写真見て一安心

私も誘われたけど、寒いの嫌いだからヒキコモリ

家の掃除して、読書して、喰って呑んで、長風呂して寝る。

一週間くらいだから楽しいんだろうね。

明日から仕事。終わったらデリヘルかな。

あと3日。楽しもう!

2018-11-10

今日やりたいこと

シーツ洗濯

部屋掃除

模写する漫画を決める

買った本から1曲選んで聞く

30分歩く

長風呂する

晩御飯つくる

2018-11-02

上司風呂に誘われる

「飲みに行こう」みたいな感じで「風呂に行こう」って結構な頻度で誘われる。

ってか飲みには誘われない。大勢飲み会はあるけど。

今日も行ってきた。体ポカポカ。

でも正直あんまり行きたくないんだよなあ。

十中八九長風呂強いられることになる。

あとサウナも長い。風呂ハラってあるのか分からないけど若干そんな感じ。

何で誘われるようになったんだろう。どういう意図なのかも分からない。独り身だから誘いやすいのかな。

たまにならいいけど風呂代もかかるし断る勇気が欲しい。

2018-10-09

長風呂上がりの性欲

なくなるからふつうやる前はシャワーなんだな

ちぃわかった!童貞だけど!

2018-06-22

ケラセアすげえ

男なのにトチ狂って高めのボディソープ買ったら肌がふわもちになった

男だから肌がふわもちになったところで何の意味もないのだが、とにかく感動した

こいつで肌の状況が改善しないなら長風呂のし過ぎかあかすりのし過ぎか脂質の摂りすぎか汗の放置による不衛生か睡眠不足病気かのいずれかだろう

…あれ、意外と肌荒れの原因いっぱいあるな? まあいいけど

とにかくボディソープすげえ、正直なに使っても一緒だと思ってた

2018-05-20

【再上げ】正社員を辞めてリゾバ始めた 

 東京まれ東京育ち23区外で働いたことがなかった俺が、ド田舎にそびえたつホテルにリゾバで3か月働くことになった。

リゾバを始めた理由のんびりしたかたから。某温泉街ということで、日中は働いて夜は温泉に浸かってゆったり過ごす。そんなイメージを持って飛び込んだ。

勤め先のホテルすぐ近くに社員寮があるらしく、そこで暮らしも楽しみだった。

派遣会社担当者も「ここは離職率が低く、長く務める方が多いよ」と礼儀の"れ"の字も知らないような口調で推薦してきた。

 癒しと多少の出会いを期待しつつ初日面談を迎える。簡単過ぎる説明名前を書くだけの書類への記入を終えて午後14時頃、これから住む寮に案内された。

真っ白な外観に等間隔に並ぶ窓、陽当たりが悪いせいで肌寒く薄暗い階段廊下。渡されていた鍵で自室のドアを開けた。

 軽い木のドアを引くと、3つの段ボールと畳の上に畳の敷物が敷かれた床に冷蔵庫、少し足が高いテーブルに置かれたテレビが部屋の隅っこに置かれていた。

その寂しい光景を目の当たりにした俺は「田舎だしな」と妙に納得してしまった。

3つの段ボールは俺が予め実家から送っていた荷物だ、PCや着替えが入っているので雑に開封しPCを床に設置した。

その後も使えるわけのないLANケーブルなどを引っ張り出しながら自分の部屋を作り上げた。

布団を敷いて、ここまでの道中で買ったいろはすを飲み切った。

 部屋が完成した頃にはもう夕方で、陽が落ちる前に近場を散策しようと考えていた俺は急いで外に駆け出した。

都会では見られない山々、徒歩15分圏内にある滝をなんとなく見て部屋に戻った。

 一日通してそれなりに歩いたので疲れが出始めた、このまま寝てしまう前に風呂で汗を流そうと黒いシャツジーンズを素手で持ち従業員用の入り口から

このホテルご自慢の大浴場に向かい意気揚々と服を脱ぎ少し重たい扉を大袈裟にガラッと開け、ひたひたと足音を鳴らしながら風呂場を見て回った。

露店風呂はお客専用とのことだが、サウナや"温泉ソムリエ"推薦の湯舟は従業員でも利用可能らしい。

温泉ソムリエという聞いたことのない言葉に、鼻で笑った。

 俺は大の温泉、いや風呂好きだ。温泉でないと寛げないわけではない。

実家の縮こまって入る風呂もまた好きなのだ、お湯ならなんでも良いのだ。

しかし、やはり温泉街温泉は格別だ。これまで旅行してきた各地で温泉街はなかったし、行きたいとは思っていたが何故か足が伸びなかった

そういった事情もあって、非日常からくる高揚感に包まれながら体を手早く洗い、ケロヨンの桶を懐かしみつつ"温泉ソムリエ"推薦の湯舟に浸かった。

 サウナからの水風呂も済ませ、一通りご自慢の温泉を堪能した。

少し長風呂をし過ぎたか足元がふらふらするので木のベンチに座りながら着替えを済ませて脱衣所を後にした。

 自室に戻ったころには体力が尽き、眠りについた。ふり絞った気力ではスマホアラームをAM7:00にセットするのがやっとだった。

 その後は、その後は、その後は。

何もなかった。ここでの仕事など東京でしていたことより簡単だった、簡単すぎた。寮での交流なんてなかった、なかったはずだ。

出会いなんてもってのほかだった、女性なんてどいつもこいつも初老の翁達にちやほやされて喜んでいる者ばかりだった。

挨拶を返しもしない奴らなんかこっちから願い下げだ。「グレムリンみたいな顔しやがって」

寮のトイレが汚く、使う気になれなかった。掃除してもすぐ汚れて放置されるので近場のコンビニトイレを借りていた。

田舎だしな」と妙に納得していた俺に俺は憤って3か月の任期を終えた今無言で怒鳴った。

 寮に集まっていた人間は俺と同じ東京やその他の地方から来ていた人間ほとんどであること。

それに気づかずこの土地やこの田舎独自空気感に俺が合わないからどうしようもないんだと勘違いしていたこと。

「俺はどこでもうまく生きていけないなぁ」

今では趣味だったギターも辞め、友人との飲み会億劫だ。

何を始めれば何を終えればいいのかわからPCの前に胡坐をかく。

熱湯の湯舟に浸かれば火傷を負う、ぬるま湯に浸かれば風邪をひく。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん