「ブラック企業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラック企業とは

2017-06-25

オタの定義とは

私は音楽オタである

作詞作曲楽器演奏ライブフェスも行くし、聴く音楽邦楽洋楽JAZZクラシックなんでも聴く(演奏してた)ので、音を楽しむという点においてなんでもやる!

さらにな音楽を人に届けるためにどうしたらいいか(マーケティング)や、演奏力(ITでいう技術力)、グッズ販売におけるチャネル芸能としての個人へのプロディュースなどいろいろ考えてしまう。これが、音楽オタだと思っていた。

でも、実はこれがいけない。

結果として何者にもなれず(何オタかわからない)、中途半端に世の中をバランス良く行きてる人とのレッテル貼られ、今に至る。

話は変わるが私は若い頃はミュージシャンを目指して高校中退し、フリーター派遣ブラック企業、今は一部上場企業、、、と経験してます。→ちなみに年齢は35前後半。

時代の流れに流されないよう、良くも悪くもわがままに蔑まれ、認められ行きてきました。

で、話を戻すと、、、オタの定義として、個人的には何かに詳しい人!と思っていたが実は違うんだな。と思い出した。もしくは、詳しいの定義が幅広くなればなるほどオタにはなれないのか。

結果、私はオタにも真面目にも、、、そして、起業家芸能人にもなれず、どこにも所属できないまま生きてくしかないのか。

ちなみに、田舎村社会多様な価値観を認めない社会)も嫌いで都会に来てます

はぁー。何が言いたいのか。

とりあえず、増田の書き方知ったので書いてみました。(ぽちぽちしてみました)

2017-06-24

就活生へのたった一つのアドバイスは、「就活を語る奴を信じるな」だ


就活アドバイスをもらうこと」は限りなく無意味だ。

もし意味があるとするならば、それはそいつがどんなポジショントークをしているか

あるいはどの程度自身客観視する能力があるかを測ることが出来るという程度のものだ。

就活必要なのは誘導性のない客観的情報」と「自分客観視するためのほんの一部の利他的な助言」であり、

必勝云々だの絶対云々だの面接官に響く云々だのには目もくれないことだ。

そして無論、このように聞かれてもいないのにアドバイスを始める胡散臭い輩も冷静に見つめ、

その行動で誰にどんな利潤が生じるのか、その利潤の対価は何なのかを常に意識しておくことだ。


就活というイベントはおおよそ考えられる人間の闇をせっせと集めてくったくたになるまで煮込んだ汚泥のようなもので、

そこに群がり、それを積極的にかき混ぜようとするやつらも当然その汚泥の一部である

自分スタンスをわきまえ、真に学生の力になろうとしているほんの一部の人種はまだいい。

しかしそうした人たちは自分にとっての利得にならない範囲主観客観を切り分けた情報提示してくれる稀有存在であり、

大半の汚泥は耳障りの良い言葉阿呆学生鼓舞し、金払いの良いベンチャーブラック企業にせっせと学生斡旋していくのだ。

そもそも就活というのは大半の学生にとっては今までの人生の中で最も大きな意思決定の場でありながら

今までの人生の中で最も激しい情報の非対称性に投げ出される場でもあるのだから、人の人生斡旋して飯を食う汚泥に捕まるのも無理はない。

「あのおじさんは色々なアドバイスをしてくれるし、企業まで紹介してくれる素晴らしい人なんだよ!」などと

目をキラキラさせる学生のなんと世間知らずなことか。

そうしたイメージを与えておきながら裏で儲けを数えてほくそ笑む汚泥のなんと醜悪なことか。

更に性質が悪いのは就活を終えたのち、こうした立場へ身をやつす学生一定存在することだ。

彼らはそうした資本主義搾取構造理解したうえで、それを再生産するシステムに自ら身を投じていく。

後輩の夢を後押ししたいとか何とか言って一般性に限りなく乏しい成功体験饒舌に語り、承認欲求を満たしていくのだ。

就活恋愛のようなものなどという手垢でべとべとの、しかも的を射てもいない持論をぶちまけ、

自らの利己的な動機にすら気づけないレベル自己分析をもって感覚的なアドバイスを繰り返す。

全ては説明会学生を押しこむことで貰える報酬と、人脈作りという名のセフレ探しのためだということに君は気付いているか

そんな汚泥どもに、利己的でありながらそれをひた隠そうとする汚泥どもに、一度しかない人生ふいにされていいのか?

憧れと好奇心が殺すのは決して猫だけではない。



自分で考えて自分で決めろ。それが君の人生を生きる君の義務だ。

自分さえよければいいの縮図

ブコメ読みました。

結論から言うと「自分さえよければいい」ということか。

はてな政治的正しさに沿えばと語っている方がいたけど、本当にそう。普段いっていることと違うんじゃない?が子育てブコメでは散見される。

自分会社を棚に上げてブラック企業叩きしてるのすごい滑稽。自分が勤めてるところも大概じゃない?子供学校行事理由に休めないってブラックじゃん。

自分の勤め先の融通の利かなさを棚に上げて、学校サイドに無駄行事をなくせ(無駄行事って具体的に何?)って学校責任転嫁してんの笑う。


https://anond.hatelabo.jp/20170623154241

https://anond.hatelabo.jp/20170624200420

こういう分かった風な口聞くはてサ多いけど、就職率や正社員採用率が改善していて、ブラック企業対策教師待遇改善教育無償化にも動き出していて、女性社会参画をごり推ししてる現実とかをガン無視するのはどうしてなの

2017-06-23

歴史を繰り返しても若い人は興味が無い

あなた20代の時あなた40代の人に怒られましたか

怒られて時どんな怒られ方をしまたか

あなたが30,40代になった時あなたには部下ができました

部下への怒り方は20代のときと同じですか?

あなたが30,40代自分より役職が高くて若い上司がいました

「気に入らない」からあなたは怒りました

上司に怒ることをあなたは20代の時しまたか

同じ怒り方をしても今の若い人は何も感じませんよ?

自分でも書いてることがさっぱりですがやっぱり底辺底辺生き方しかしてないんだなと思いました

どんな会社にもおかしな人はいるけどブラック企業と呼ばれるとこはその割合が異常なんだな

世の中押し付けられる人罪にはそれなりの理由があると思いました

転職頑張らないとな

2017-06-22

自立も就職も贅沢になる時代がくる

最近おそ松さんの二期をやると知り、一期を見ていた頃「自立も就職も贅沢だ」というセリフを聞いた時、なるほどなと納得したのを思い出した。制作陣が意図した事かどうかは知らないけど、自立や就職が”贅沢で高望みな行為”だと思われる時代が来るだろうなと、アニメを見ながら思ったんだよ。

説明するまでもない事かもしれないけど、昔は普通で当たり前だった事が、今や普通でも当たり前でもない事なんてたくさんある。恋愛結婚子ども代表的になるのかな。収入の少ない家庭で問題が起きれば、すぐに「金がない癖に子どもなんか作るからこうなる」というレスが大量につくし就職も同じだ。就職口が見つからなくて困っている若者が、休日がまともに取れない企業は避けていると言えば「ブラックを避けてりゃ見つかるわけないだろ」と、傲慢さを指摘するレスが大量につく。

お金がないのに子どもを作ったりするから、不幸になるのは仕方ない」とか、「お前程度の人間ブラック企業しか働く術はないのだから、消耗させられてもありがたく働け」というのは、ものすごい地獄を感じる。でもそういう批判にもちゃんと理屈があるし、間違ってるとも言えない。そして、そう言わせる様な社会の方が狂ってる事は皆わかってると思うけど、社会はそう簡単には変えられないから、仕方ないんだよね。リスクを避けるしかまともに生き延びる方法がないんだから、「リスクを避けない方が悪い」としか言えない気持ちはよくわかる。

それはともかくとして、今や結婚していない事、結婚していても子どもがいないことは普通の事で、就職できなかったり、就職できても会社ブラック企業であったり、ブラック企業で消耗する事、そして悲鳴をあげる暇もなく誰かが消えていく事は、どこにでもある、ありふれた光景になってるってことが言いたい。そういう話題新聞記事やらまとめをやら増田を、一体いくつ読んできたか。実際に自分の身近な人間から、何度聞いてきたか。本当に嫌になるね。

正社員派遣社員じゃ身分が違う」というのはもうよくきく話だけど、「正社員になること」が真っ当な大人の当たり前の通過点とだとは思われない時が、すぐ来るんだろうなと思う。というか、これはもう来ていると言ってもいいのかな。簡単には正社員になれないから、先が見えなくても派遣契約バイトで働いて、とりあえず今を生きるのが当たり前になるんだろう。「就職したり正社員になって安定した収入を得る事は、もう当たり前なんかじゃない」とか、すぐ言われるようになる。いい歳してフリーターってのも、馬鹿にできなくなるよ。そうなれば、経済的にひとりで生きていく事、つまり「自立」も難しくなる。「独り立ちして、家族干渉されない自分だけの空間時間を持ちたいなんて贅沢な望みだ。なんて傲慢なんだ」、とか言う叩き文句が当たり前になる未来なんて、簡単想像できる。

パラサイトシングルって言葉もあったけど、もうどのメディアも使ってない死語だ。むしろ大人になっても一緒に暮らせる様な家庭環境を持っているなんて、幸せなんだなとすら思える。もっと言えば、働かずに親に「寄生」していると蔑まれニートだって、働かなくても親の資産労働で食わせてもらえる、「家や環境が裕福な生まれながらの勝ち組」扱いになるのかもしれない。(というか、今考えても実際そうなのでは?)

「そんな事言っても、将来どうするの?親が死んだら?老後は?病気になったら?」という批判不安も生まれると思う。でも、来年、数ヶ月後、今月末の生活も見えない不安定な状況で、10年後20年後未来に備えるような余裕がある人がいるんだろうか。「将来の為に備えたくない」とか思う人いないでしょ。誰だってもしもの時の為に備えておきたいでしょ。でも、やりたいけど出来ないのが現実なんじゃないのか。逆に、将来に備えられない程の厳しい現実をとっくに受け入れて生きている人の方が、もう多いんじゃないか

そう考えるとほら、もう「自立も就職も贅沢」って言われる時代が来るかもな〜って気持ちになってこない?恋愛結婚他人と深く繋がること自体が難しくなっているいま、親兄弟と協力して経済的不安を分け合って生きていけるなんて、羨むような幸せなんじゃないか無職ニート貧乏孤独死も、明日は我が身なんだよ。

ギャグアニメをみて、自分も親兄弟と仲良くしときゃよかった!!って本気で後悔する日が来なきゃいいけどね…。

ある派遣社員のみじめ体験ランキング

ようやく正社員内定を得たので、派遣社員時代(今もだけど)にみじめだと感じた体験を振り返る。

大学卒業後1X年、正社員の職を転々としていたらブラック企業に引っかかり、精神肉体共に限界に達したため退職して派遣社員になった。

再び「しばらく派遣のんびりしたいな」と思った時に読むための覚書として記す。

10

就職が決まらないので契約更新して、次のチャンスは3ヶ月後か…と思う時 (契約更新タイミング以外で辞めることはできない)

9位

座席表の一部の席にある謎のマークが、派遣社員の席を示すものだと知った時

8位

何もかも派遣社員に丸投げするぼんくら正社員出世したことを通達で知る時

7位

正社員にはない出費がある時 (自費で定期券を買う、6月に1年分の住民税を払いに行く)

6位

与えられたメールアドレスコンピュータ名と同じだと気付いた時

5位

正社員の職を求めて活動することを「転職活動」と言えない時 (派遣社員就職している状態ではないような気がして「就職活動」と言っていた)

4位

正社員が楽しそうに夏休みゴールデンウィークの話を振ってくる時 (派遣社員には夏休みがないし、ゴールデンウィークは無収入なので大迷惑)

3位

書類職業選択欄で「派遣社員」を探す時

2位

職業を聞かれて「派遣社員です」と答えて、うわ…聞かなきゃよかった…という空気が流れて、あわてて明るくフォローする時

1位

名刺がないので、名刺交換の場で一方的名刺をもらう時

2017-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20170618222039

過去クズデータ集めて、現代にどう反映させるかが、テーマなのかな。

確かに、右も左も関係なく、クズは、クズ批判したらいいんだろうけど。

安倍首相が、このクズと同列かということには、ならんでしょ。

はてな増田にちょこちょこ書いてても、影響力、超小さいしな。

日本の伝統だよね。経営者とか、幹部クズっていうのは。

欧米も似たようなもんかもしれないけど。日本よりましか

一般庶民は、とりあえず、政治のことよりもブラック企業から転職することを第一に考えたほうがいいよね。

はいっても、はてなにいるような人達は、一般社会では、少数派だしね。

自民党が嫌だといって、民進党投票したくなるか?

2017-06-18

ブラック企業で働いてる自慢クソうぜぇ

結局の所、彼奴らが言いたいのは「毎日遅くまで働いても辞めようとは思わないぐらい会社仕事楽しいぜー!」って話なんだよ。

部活で土日まで練習してて大変でさー(でもそれぐらい熱中してるぜー!」と同じなんだよ。

クッソむかつくね

あいった輩は内心では普通に働いてる人間を「やりがい搾取を恐れて好きだった道を諦めた負け犬」とでも思ってんのさ。

道場なんてしてやる価値は微塵もねえ。

「でもさ、やっぱ好きだからその道に進んだわけじゃん?」が合言葉ならそっちだけ使ってやがれ、「ブラック労働辛いよー死にたいー」なんて嘘っぱちを軽々しく吐いてるんじゃねえ。

人生楽しみつつ同情もされてえとか欲の皮が突っ張りすぎだろ。

そういう精神構造純粋気持ち悪いんだよ。

いかいかじゃなくて、単純に気持ち悪い。

そういう気持ち悪い人間のくせにさも自分無垢で善良とでもドヤ顔ブラック自慢してる事に吐き気がする。

同情という形でこっちの感情を揺さぶろうとしてこなけりゃ、こっちの心が不快という形で揺れ動くことも無かったんだろうな。

不愉快だ。

いい加減にその口から出る言葉ネガティブポジティブかのどっちかに統一しろ

団塊の世代人口が減れば日本社会は良くなるんじゃないか

思考実験

団塊の世代と言われる戦後まれベビーブーマーが年休受給者になっている。

年金財政が逼迫するのは当然だ

その上、未だに働こうとしているか若者仕事が奪われる。

若者の下でキツイ危険汚い3k仕事団塊の世代がやってくれればよいが、それは3k仕事若者押し付けから若者ブラック企業しか働けない。団塊の世代が楽で給料が良い仕事についてしまっているから、若者負担ばかりかかってお金が回ってこない。

だいたい、団塊の世代社会人になった時は若者が一杯で年寄りは少なかったか仕事も遊びもキャッキャウフフだったろうが、増田社会人になった時は老獪な団塊の世代がひしめいていて若者ばかりに仕事押し付けジジイどもは楽をしていた。

団塊の世代学生運動とかで社会を混乱させたり日本社会害悪を撒き散らした。その上バブルシッカリ遊び狂って、その負債若者押し付ける。

現在日本社会に閉塞感が漂っているのは団塊の世代のせいだ。

じゃあ、どうするか。

単純に団塊の世代人口が減れば解決すると思うが減らす方法が分からないので、読者諸兄の知恵を聞かせて欲しい。

2017-06-17

ブラック企業って辞めるしか選択肢なくね?

激務薄給会社って、それでしか採算があっていないことがほとんど。

ってことは

雇用条件改善収益悪化倒産失業

ってなる可能性が高いわけだ。

 

じゃあ、どうせ失業するならうだうだ言わずに辞めればよくね?

2017-06-16

ブラック社員自体違法にすればブラック企業がなくなるって案どうなったの?

かなり下記的だなと思ってたんだけど増田の案。

キツい上に安い給料前科者になるとか割に合わないと

脳が正常な判断できるようになるから社会変わると思うんだけど。

もし意図しない働き方で犯罪者になりたくなっつんなら会社側にちゃんと帰れって言わせるのを義務化させたらええやん。

仕事したいんだー!みたいなやつは普通に残業代もらって仕事しろや。甘えんなコラ。

2017-06-15

長時間労働は誰の責任ランキング

長時間労働過労死は誰のせいなのかランキング作った

4位.会社員

会社員の非効率のせいで残業は起こっているという説

しかに少しはあると思う

生活残業とかね

でも生産性の高い人も残業している

生産性いくらあがっても現状、目標が上がり続けるので残業はなくならなさそう

3位.労働組合

労働組合が弱いせいで労働者長時間労働をしているという説

これもある程度正しい

しかし、経営層との折り合いもある

労働組合が強すぎると会社が潰れるのではないかという恐怖

結局、競合他社が残業しているとこちらも残業で戦うしかない

2位.経営

近年ホワイトを全面に出してくる企業が増えた気がする

実態はわからないけど

要は経営層が社員長時間労働を禁じればある程度解決する

しかし、先程のとおり競合他社が長時間労働をしているとこちらだけホワイトにしているわけにいかない

ブラック企業というのは競合他社にも迷惑

1位.政治

断トツで一番悪いのは政治

36協定かいガバガバなのを変えればいい

長時間労働を完全に禁止すればいい

個人的には10分の残業現行犯逮捕社長終身刑でいいと思っている

変わらない理由大企業経営層が政治に口を挟んでくるから

国民政治に対する圧力がまだ弱いか

2017-06-14

ブラック企業就職する奴が悪いって増田の得意論法だと思ったが

影響されやすものが野放図にされているなら影響された人間は悪くないってのはダブスタ

2017-06-12

anond:20170608095146

ありがとうトラバ遅れてすみません。読んでもらえるとうれしい。

しかに、人権をどこまで認めるかは元記事ブコメのように意見分かれまくりるし

経営として判断するならこの問題にそこまで手間とコストかけるか?って話になりそう。

もっとも、そういったDB管理のためにマイナンバーが始まったと思ってた。今ある仕組みもうまいこと活かしてほしいよね。

他にキリ排除について生活保護を例にするなら受給金額見直しや期間に応じて金額低減するとか?(弱者締め付け!!!って声むっちゃ上がりそう)

いっそユルめの職業訓練から課題クリアに応じて生活保護給付の額が変わるとか。もはや保護する気がないって言われそうだけど笑

感情論の話で、

「働いている人にぶらさがって働かずに暮らしてる奴らが働いている奴より金もらってる」

って状況に反感が湧くんなら、やっぱり最低賃金の話になるんかな。もしくは↓の人材側に必要技術力が身についていることが前提になるのかも。


公的機関による就労支援重要だとは思うのだけど、近頃はどこも人手不足なので、

「もうこの際、未経験でも既卒でもなんでも良いから来て。OJTするから。」ってとこ今後は増えてくる気がする。

あくま希望的観測だけどね。「え、そんなレベルの人も採用ちゃうの?」って事案を周りでよく目撃する。

それに加えて雇用流動化の徹底しかいね就職やすい代わりに首も切られやすい。

元キリだろうと一念発起すればスルリと社会に滑り込めるようにするしかない。

使えん!とすぐに首切られたって、すぐにまた就職できれば問題なし。

あと主体的に辞めやすくもなるので、ブラック企業駆逐される可能性も高い。

イカレポンチなバブル世代が退場して、ある意味リアリスト氷河期世代

社会の主導権を握ってから正念場だと思ってる。そんなに遠くない未来だ。

そうなのか!現状を知らなかった。

でもたしか労働者不足は叫ばれてるから再雇用について悲観することもないか

ただ個人的には「技能がないためにどこへ行っても結局低賃金で働く人」っていうのがいるとしたら、すくい上げる仕組みがあってほしいと思ったんだ。

社会に求められる技能を身に着けられる仕組みのためなら、俺はどんどん税金使ってもらって構わん気持ち

話聞いてると人材が流動的になることが状況を大きく改善しそうな気がする。どうしたらより促進されるんだろう?調べることたくさんあるわ。

2017-06-11

ニートから会社員になったら心が楽になった

ニートだった頃は社会に出たら今よりもっと苦しくなると思っていたのに。

形の見えないタイムリミットに追われる毎日よりも、形のある納期に追われる毎日の方がマシだ。

仕事疲弊する方が、自分自分を傷つけて疲弊するよりもマシだ。

何もしないで金が減っていく毎日よりも、少しは金が増えていく毎日の方がマシだ。

よく分からない恐怖から逃れるためにネットでよく分からん事書いたり調べたりしてた頃よりも、今のほうが趣味に使う時間があるような気がする。

なんてこった。

ブラック企業で働くのでもなければ、ニートとして暮らすほうが社会人より過酷だったのか。

なんでこの事に気づかなかったんだろう。

2017-06-10

難民とかごみ拾いで1日一ドル稼ぐ人とかカカオ収穫してる人たちが、もし日本人ブラック企業とか過労死とか鬱とかいって社会文句言ってることを知ったら、甘えるなって怒ると思う。

2017-06-09

共感力の低さとは

私は共感力が低いらしい。

友達に「これだから温室育ちは」「苦労を知らない」などと言われたので。

私も部活人間関係のいざこざに巻き込まれたり、ブラック企業で月1しか休みのない生活したり、

まぁまぁ一般的な苦労はしたと思うけど、それは置いておくとして。

温室育ちの何がいけない?

私の家はどちらかというと貧乏なんですが、

親はめっちゃまともで(自分から見てもすごいと思うが)かなり平等私たち兄妹を育ててくれたし、

学費問題で断念したところもあったが)大学まで出してくれたし、

ラッキーなことに犯罪にも巻き込まれず、友達もそこそこいて楽しい社会人生活をしてます

それって悪いことなんでしょうか?

親と仲が悪いと、人に親切になれるんでしょうか。

友達が少ないと、共感力高まるんでしょうか。

彼氏ケンカして涙で枕を濡らす経験がないと、誰かの気持ちに寄り添えないのでしょうか。

家で兄弟と会話をしないことで、得られる経験値は貴重なものなのでしょうか。

友達存在価値がないと罵倒されたことがあるほうが、将来幸せになるんでしょうか。

私の親は「なるべく『しなくていい苦労』をしないように」って、育ててくれて、

それをさも悪いことのように言われるのは腹立つ。

共感力が低いのは、たぶん環境のせいじゃなくて私個人資質だよ!もしくは君の求める共感力理想値が高すぎる!!!






あと

『しなくていい苦労』をしないように

ってうちの親は育ててくれたけど、私の名前すっげーーーーーーキラキラネームから!!!

おまえ!!!!誰でも性別がわかって誰でも読める名前つけてもらってるの!!!!なんなん!!!!!

それならお前も私のこの名前の苦労に寄り添え!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017-06-08

ブラック企業からグレー企業転職した

会社内で怒鳴り散らす人間がいない

・前職の管理職は威張って踏ん反り返ってるだけの存在だったが、現職の管理職は一応タスク管理してる

サービス残業は相変わらず多い

給料ちょっと増えた

結婚してる人間が多い

・見るからに不健康そうな人がいない

通勤時間が3倍に増えた

http://anond.hatelabo.jp/20170607233559

どうも、元キリ今アリ増田です。

アリキリ区別タイミング認識によるから難しいよな。

別の課題を設けることで社会に貢献する意思を示してもらってキリ排除とか?

結局主観の話で難しいかなぁ…

そうなんだよ、ここが頭をもたげてくる。

配給した金を使用した際の領収書提出の義務付けと

勤労意欲学習意欲の有無(例えばハローワーク訪問証明書などの提出)、

担当者による月一の近況面談強制、くらいはしないとアリキリ判別は難しいだろうな。

上記の減点方式でアリキリ判定する。アリには温情ある対応を、キリには現物支給だけに絞る。

ただここまで徹底すると、基本的人権やらその他諸々に抵触しそうだ。左翼激おこだろう。

しょせんお役所仕事人件費やらシステム構築にも莫大な金額が掛かるだろうしね。

ただITもっと役所現場レベルに落とし込んで、DB一元管理すれば出来なくもない気がするけど。

労働力不足!一億総活躍!とかのたまうなら、これぐらいやってほしい。労働人口は減り続けるのだから

キリギリスリスタートはどうなんだろう。

前に比べたら新卒至上主義既卒不遇も減ったんだろうが、まだまだこれからが本番だろうな。

これから10年以上後を見据えて需要がありそうな技術を身に着けられて状況改善できるキャリアプランを描ける公的機関があるといいなぁ。

どうだろう、元キリ今アリの貴方はどう思う?

公的機関による就労支援重要だとは思うのだけど、近頃はどこも人手不足なので、

「もうこの際、未経験でも既卒でもなんでも良いから来て。OJTするから。」ってとこ今後は増えてくる気がする。

あくま希望的観測だけどね。「え、そんなレベルの人も採用ちゃうの?」って事案を周りでよく目撃する。

それに加えて雇用流動化の徹底しかいね就職やすい代わりに首も切られやすい。

元キリだろうと一念発起すればスルリと社会に滑り込めるようにするしかない。

使えん!とすぐに首切られたって、すぐにまた就職できれば問題なし。

あと主体的に辞めやすくもなるので、ブラック企業駆逐される可能性も高い。

イカレポンチなバブル世代が退場して、ある意味リアリスト氷河期世代

社会の主導権を握ってから正念場だと思ってる。そんなに遠くない未来だ。

[]

今回はモアイで読んだ、第71回ちばてつや賞の感想

一部追加されたようなので、感想更新

ブラック企業新卒 座敷山童子の入社 (第71回ちばてつや奨励賞

ブラック企業という題材を、キャラクターや情景含めて程よく描いているバランス感覚が上手いと感じた。

リアリティをどう描くかってのは個人裁量が分かれるところではあるけれども、私としては漫画あくまエンターテイメントなわけだから、卑屈に描くにしろコミカルに描くにしろその範疇をどう意識しているかだと思うんだよね。

反面、登場人物の一人である座敷山の設定が馴染んでいないというか、ちょっとプロット調整すれば成立する構成なのが気になるところ。

グラスホッパー (第71回ちばてつや奨励賞

情景描写が丁寧で引き込まれるね。

プロット自体の皆無っぷりはそれを際立たせている側面もある。

ただ、象徴的なものであることを考慮しても、やっぱり中身のないストーリー構成に物足りなさを感じるのが正直なところ。

20XX年地球記念日 (第71回ちばてつや奨励賞

クライマックスまで話のテーマを開示させないストーリー構成に感心した。

そのせいで話にのめりこむまでにやや腰をすえないといけないかもしれないが。

あと絵の乱雑さはやはり気になる。

画風と割り切るには粗すぎるので、ネーム段階のものなんだろうけれども。

ただ構図とかはしっかりしているので地力は間違いなくあると思う。

エイト (第71回ちばてつや奨励賞

まず小奇麗な絵が引き付けてくれる。

終始コマの大小関係なく一定クオリティなあたり、デジタルの強みを存分に活かしているね(いや、もしかしたらデジタルじゃないかもしれないけれども)。

プロットは、まあ悪くないと思うんだけれども、言語化しすぎなキラいがあるかな

セリフの長さと多さがストーリーまで冗長にしてしまっている印象がある。

心臓は、つめたい (第71回ちばてつや賞佳作)

後半から終盤にかけての、キャラクターたちの人間模様の多側面的に描いていたのは面白いと思うんだけれども、それくらいかなあ。

絵が無個性なのと、プロットが所々不自然に感じるから、総括としては印象が薄かった。

今回、他の作品がどれもレベルが高かったり、個性的ものばかりだったせいもあるんだけれども。

絆創膏のためのメヌエット (第71回ちばてつや賞佳作)

絵の部分で読者を飽きさせないようにする工夫が丁寧だと思った。

コマ割とか構図とか、漫画としての絵の見せ方がすごく上手い。

ただストーリーのために必要情報の取捨選択ができないというか、構成が所々とっ散らかっている印象がある。

本作の話はコンプレックスを持つ主人公男の子ロマンスを、ピアノというアイテムを間に置くことで語るものであることは明らかなのだが、本筋一つに絞って描かれていない。

かといってそれらをきちんと消化しきっているわけでもないから、蛇足感が拭えない。

女子大生1円玉神様 (第71回ちばてつや賞佳作)

センス方面に振り切った漫画って感じ。

丁寧な人物絵に対して、線からしてやる気のない背景のギャップが可笑しい。

2ページ目の5コマの箇所とか、もうわざと描いてるんだろうなあと思わせてくれる。

ただ、わざとやっていることは何となく分かるんだけれども、演出表現だと割り切るには全体的に安定感には欠ける画力かなあという印象。

プロット破天荒すぎるというか、そのための説明構成もごちゃごちゃしすぎてて目が滑りやすいのがツラいところ。

三つ子のたましい (第71回ちばてつや賞準大賞)

まず導入部が良いと思う。

中盤がインパクトの薄いゆったりとした進行だから最初に引きつける描写を入れて読者を離れにくくしているのが賢い。

コマ割がやや淡白な印象はあるが、まあストーリー構成上これでよかったのかもしれない。

終盤、ちょっとキャラ言語化しすぎな印象はある。

ただ、話のおさまりを良くするためにある程度は説明する必要はあるから、丁度いい案配がどの程度かっていうと難しいところかもなあ。

引っ越し (第71回ちばてつや賞大賞)

内容自体はさしてドラマチックなわけでもエンターテイメント性が強いわけでもないんだけれども、絵の説得力が非常に高くてそう思わせない。

ストーリー構成も上手くて、サブキャラ事情なども最低限見せることで、しがらみによってより雁字搦めになっている様が見て取れる。

序盤での死神による抽象的な語りがやや気になるところではあるけれども、それ以外は概ね完成度が高いと思った。

余談

いやー、今回の受賞作品はどれもレベルが高すぎ。

私の中では印象が薄かったものもあったけれども、それだってあくま相対的にであって、かなりのクオリティだもんなあ。

それにしても、私がこのサイトを利用したときに、いつも気掛かりなことがあって。

受賞した漫画ストーリー概要とか、審査した人のコメントとかは漫画より上に表示されるんだよね。

それで批評コメントとかが目に入ったとき場合によっては内容とかを察してしまったり、読者の印象がそれに引っ張られる可能性がある。

これは映画とかの広告で「衝撃のラスト!」とか謳ってしまう位のことだと思うんだよね。

衝撃のラスト」って言われたら身構えるわけで、それが大したことなかったり予想通りだったら肩透かしだし、仮に予想外でも感動は薄れるわけで。

から私はこの手の漫画を読むとき批評コメントは後回しにするか極力見ないようにするんだけれども、いつも上に表示されるから個人的に煩わしい。

そこまでする必要があるとは思わないけれども、もし媒体によって表示が違うならそっちに変えてみるか、何らかの方法であれの表示だけブロックした方がいいかもなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20170608022632

確かに手を抜かない下っ端が悪いな。

ブラック企業と同じで無駄に頑張る下っ端がバカなのが全ての原因だよ。

アニメーター効率化しないのが悪いってのはその通りでしょ

クロ現に対してそんな結論になってておかしいっていうツイートを見たけどさ。

結局金が出ないってんなら枚数減らせばいいし、線だって繋がってればいいだろくらいの気持ちで描いときゃいいのよ。

それでアニメの人気が下がったところで、売れても関係ないのと同じように、制作現場には関係ないんだから

まして新たな技術があるってんなら積極的に取り込んでけばいい。

真っ当な業界ってそういうものでしょ。

俺らが作ってるのはエンターテイメントであって、伝統工芸じゃないんだからさ。

それを金も出ないのに限界までいいものを作ろうとリテイクを重ねるような、その姿勢こそがやりがい搾取だって何故気づかないの?

それで徹夜して変則的な働き方して進行さんに迷惑かけてさ。

アニメーター低賃金はともかく、過剰労働の原因の大半は現場問題だよ。

そこをなんとかしないと「普通ブラック企業」程度にもなれないよ。

アニメ製作会社労働環境改善案

クローズアップ現代+放送見ましたよぉ。

まぁ既出ネタばかりだし、後半部分は典型的ブラック企業の発想だったけど。

NHKであそこまでやるとだいぶ実態は知れ渡るね。

知れ渡った分、改善に向かわずに志望者が減るだけかもしれんが。

今のところネットの声とかでも採用できそうなのは以下の案くらいしかない。


製作会社自体が2次利用の権利を握れるようにする(下請けから脱出

労働組合などで制作費を上げるように交渉する(どこと?

税制優遇措置

デジタル製作3DCG使用して効率化を図る


④の単独実施ぶっちゃけありえないと思ってる。

やったところで効率化ができたら制作費下げられるのが目に見えてるので(実施できても結局、最終的にははもっと安くできるよね?と言われるのが関の山


③みたいなコンテンツ制作優遇に関しては主要なコンテンツ輸出国家はどこもやってるみたいなのでもうやらないとまずいと思う(別に税制優遇とは限らないけど

それどころか先進国ではないところも手をつけ始めてるみたいだし(ナイジェリアとか

日本だけ飛車角落ちで将棋やってるようなもん。

基礎体力があったかギリギリやってこれたけどもう限界に近い。

中国アニメが台頭してきてるし。

実現できるかどうかはまた別の話だけどね。


方向性が難しいのは①及び②。

もしうまく行ったら当然メリットはあるんだろうけどデメリットはなんだろう。

失敗すると産業のものが消え去る気がする。

まぁ結局そこに付け込まれてのかもしれんけどなぁ。

ジブリカラーコミックス・ウェーブ・フィルム京アニ

と酷い労働環境の中でも"相対的"にいい噂を聞くのはやっぱり製作会社自身がなんらかの権利を持ってる場合が多い。

そして大抵質(話の内容とかじゃなくて絵のレベルにはっきり出てる)もそこそこ高い。

やっぱこの方向性しかいかなぁ。

シャフトが自社サイトショップ)を作ったみたいだけどどうなるかねぇ。

でもサンライズとか東映動画とかも製作会社だけどそんなに良い待遇だとは聞かないよねぇ。

2017-06-07

会社で働いてみて分かったこと(入社5年目SE

入社してから5年たったので、今時点で考えてる事を書きなぐってみる。今案件が落ち着いてて割と心に余裕があるので、会社への憎しみは低め。

ブラックホワイトについて

昔はホワイト企業というモノにかなり夢を持っていたんだけど、

自分の好きな事を適度にやれる」会社ホワイトだろうというのが今の結論

時間的観点もあるし、金銭観点もある。ブラック企業はその逆。

会社の選び方

中小ベンチャー企業:俺はこれをやるために生まれてきたんだ!みたいなモノがある人向け。ライフステージの変化とか、趣味の変化で興味を失ったら転職することになるのでそれはリスク

大企業:それ以外の人。企業が手広ければ手広い程、やりたい事が見つかった時にやれる可能性が残る。ただし、やりたい事をやらせてもらうには、沢山の上司承認を貰う必要があるのでメンドイ。

ちなみに、就活する時は社訓とか企業理念共感出来るかを見た方が良いかも。

理由は幾つかあるんだけど、マネジメント層は企業理念に沿った思考パターンをすることが結構多いってのが一番かと。

案件が苦しい時、「申し訳ないけど、ここは逃げずにやりきろう」と言われたとして、自分企業理念共感出来ていないとモチベーション沸かない。

後、見栄を張るタイプの人はBtoC選んだら良いと思う。

初対面の人にはほぼ確実に「どこ勤めてますか?」って聞かれるんだけど、

その時に「あぁ、あの企業ね!」って言われてドヤ顔出来る。

収入

収入責任トレードオフ

収入自由時間トレードオフ

…が基本だと思う。

なお、責任軽くて収入高い職は将来的には仕分け整理で真っ先に槍玉に挙がるだろうから注意した方が良いんじゃないかな。

責任重くて収入低いのは転職した方が良いかも。

SEについて

プライムベンダーを狙った方が良いよ!SEに限らないかも知れないけど、孫請、ひ孫請…になるにつれて中間マージンが引かれる。手元に残る額が下がる。

ただし、収入責任トレードオフなので注意。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん