「計画通り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 計画通りとは

2023-12-08

ちょっと神経質な10年来の友達がいる

普段はいい子だが、自分計画通りいかないとイライラして気まずい空気を作ってしまタイプ

特に最近メンタル病気発症してしまったので気を遣って接している

のだけど。

SNSで「周りに気を遣わせないよう機嫌良く振る舞うことは得意」と書いているのを見かけてしまった

自分イライラをばらまいてるのも、こっちが気を遣ってるのも全然気づいてないのか…とちょっとがっかりしてしまった

結構頑張ってるつもりなんだけどな…

2023-12-07

高知に転勤が決まった若手が仕事を辞めるらしい…

職場にいる30過ぎの若手中堅に高知に転勤の内内示

(と言っても人員配置計画通りからほぼ確定)

を伝えたら

辞めるとか言い出した


曰く

地方に行ったら、今までに人間関係リセットされる。人脈が薄れる」

仕事キャリアも積みにくい」

とか言ってきた


俺は高知ははりやま橋とか坂本龍馬かいるだろうし、物価も安いって説得したがそれでも辞めるらしい


今は有給を消化してる

なんで最近の若者って転勤を嫌がるんだ?

2023-11-08

anond:20231108233518

コメがあと2合しかなかったからそれだけいそいで買いに行ったんだけどちゃん無洗米でもなく複数原料米でもないクオリティと値段の見合った米を買ってきたよ

あとは日曜日に買った食材計画通り使うだけなので。

ちょっとそこらの鶏もも肉100g89円に今やスーパーに必ずある味の粉をまぶして焼いただけで

白ワインに合うマスタードハーブチキンソテー(脂ギトギトでない)とかできるのに。

本当に自分にも金かけないでいつサ終するかもわからん電子データ育てにだけ必死から

ガチャがどうとか運営の態度がどうとかで死ぬほどブチギレるんだろうな。

電子データのまえに自分を育成しろって話。

https://anond.hatelabo.jp/20231108232852

消し逃げ野郎が「そりゃ手間をかけずに食事したいしやすいの買うだろ お前は3割引きの品を避けてわざわざ定価のものを買うのか?1時間もせずに食べるというのに」っていってました

anond:20231108062300

統一教会自民党としては、老人社会にして税金反社中抜き老人介護で全部消滅させ、

教育研究といった未来に一切投じずに国力を低下させたいわけだから

反日カルト的には計画通り

そのためなら尊厳無視したえげつない延命にも税金を投入する始末

2023-11-06

anond:20231106170437

増田くんの発言矛盾をわかりやす説明すると、以下のようになります

計画なんてほぼ計画通りにならないからだよ

最初の文は、計画は不確実で変更される可能性が高いという考え方を表しています

この場合、前払いはリスクが高いと考えられます

なぜなら、前払いしたもの必要なくなったり、追加の出費が発生したりする可能性があるからです。

 

しかし、次の文は、前払いは安定するという考え方を表しています

出費を先に済ませるものは前払いした方が安定する

この場合、前払いはリスクを減らすと考えられます

なぜなら、前払いしたものは確実に手に入るし、予算管理やすいからです。

 

このように、「計画」と「前払い」に関する考え方が一貫していないため、矛盾が生じています

 

計画が不確実なら、前払いはリスクが高いと考えるべきです。
計画が確実なら、前払いは安定すると考えるべきです。

 

 

でも人生コスパじゃないし、明日死ぬかもしれない

なので、コスパや安定じゃなくて、楽しみや人生の活力を優先するなら良い選択だと思うし、

そういうの好きよ

 

 

軽が超ギリに加えて、玄関がすごい段差で、老後微塵も考えられていない上に、建材もうんこで防音と断熱ヤバそうな新築を見る

そもそも近くにある40〜50坪の中古住宅(再建築不可ではない)が5000万以下でも売れず、

ずっと売りに出ている暗黒の地なんだが、

なんでそんな地域ペンシルハウスを買うなどという苦行を・・・不動産屋に命でも救われた?って思ったが、

 

ある日、ピコピコと音を立てながら歩いてるベビーサンダルはい幼児若いパパちゃんを見た

そのピコピコ音のおかげで、ママちゃんが気づいて、ペンシルハウスベランダを開けて「おかえり」と声をかけてた

とてもほのぼのとした光景でこういうので良いんだよって思った(防音うんこだけど)

 

資産価値的にはカスというより負債だけど、ペンシルハウスで作る思い出はプライスレスじゃなかろうか

いから走り回れないけど、いつでも両親の目が届くし、いちおう一軒家だから跳ねてもOKだし

anond:20231106165513

計画なんてほぼ計画通りにならないからだよ

老後なんて健康馬力もないからちょびっと何か一つ崩れたら一気に崩れる

そういう不安定未来自分を託すよりフロントローディングで出費を先に済ませるものは前払いした方が安定する

2023-11-01

はっきり言ってYahooは明確に公金チューチュースキームの味方の反日サイト

多分次はコメ欄閉鎖でしょうね。

音無ほむらエコーニュース

@echonewsjp

Colaboの裁判記事週刊金曜日のだけど転載で、URLYahoo!ニュースに「ロンダリング」されてるのよね

なんかこれだと、一見すると普通Yahoo!記事に見える罠だわ?

あとほむらちゃん、「3番目」って扱いが後ろすぎじゃないかしら!

https://x.com/echonewsjp/status/1719604221090332951

ソースロンダリング

訴訟必至の記事をわざわざ紹介しなおすのは、Yahooが公金を横領する連中の味方だということです。

よって、日本社会存在する必要はないのです。きわめて有害税金無駄

多様な意見が表示されやすくなる機能を導入しています

AIには知性はない。この機能は単に都合が悪い意見を隠ぺいするだけ。検閲ですね。

こういうのを要望したのが津田大介

Dofla-UNK

Dofla-UNK8時間

行政から多額の税金支出されているのだから公益性」そのものはあると思いますが。

仮に名誉毀損的な表現があったとしても、コラボ側が東京都が求める基準を相変わらずクリアしようとしない限り、税金支援が再開されることはないのではないか

暇空あたりが率先的に追及しているだけに過ぎず、いくつかの裁判勝利したところでコラボが置かれている状況に変わりは無いと思う。

yyy********3時間

違法性が無ければ何でもOKではない。都の施策目的に照らして、計画通り正しく活動し、適正に予算を使っていないなら、たとえ法律抵触していなくても、都の責任は問われる。それを確認しようとしているのに、情報隠蔽しようとする都とColaboの動きはおかしいと言わざるを得ない。

u*****8時間

とりあえず使途不明な金の流れをきちんとわかりやす提示するのと、ランチだったかなんかで一人数千円だか数万円だかを使ったり、車のメンテでやってもいない金額請求していたり、そこらへんの不正と思われる部分がはっきりしてないものを、利用者プライバシーがどうのとつっぱねて公表しないのは明らかに怪しいですよね

挙句には、報告なしで金くれみたいな事を言ってたし

税金が投入されてる以上、金の流れはきちんと公明正大にするべき

それが無理だと言うなら、支援からのみ金を集めてやればいい

なんでこんな貧困ビジネスに都がじゃぶじゃぶ金を流せてしまうのか

上の方で繋がってチューチューしてるのがいるんでしょうね

hon********1時間

ずさんな会計領収証ほとんど出さず、しか保護した少女辺野古デモにかり出している団体疑義を持つことはなんら不思議ではありません。

そして東京都都議会最大派閥都民ファーストもここ最近公文書開示にはのり弁提出で都民知る権利侵害している状態です。

本当であればそれらを追求することこそジャーナリズムだと思うのですがイデオロギー優先でこんな記事しか書けない週刊金曜日という雑誌はいったい何のために存在しているのでしょうか。

ahahahaha8時間

公金使ってんだから透明性を担保した上でそれを証明するのは義務とすら思うけどね。なんでそれをせずに騒いで相手攻撃してたんだろ?

マスコミマスコミ報道しない自由か知らんが一切報じないというね。Colabo問題が本当だろうがデマだろうが税金が使われてる以上、何かしらの報道に乗せないと駄目でしょ。という所が一切合切抜け落ちてるから余計に暇空側に支持者が集まったんじゃないかね?

それと、やはり日本人は税金関係に対して特に無頓着というか無関心というか恥を知れって思う。その癖、税金が高いとかほざけるんだから笑えないんだよなぁ。割りとマジで笑えない。

この問題本質というか根本税金の使われ方に無知無頓着日本人が只々ざまぁみてるだけなんだよなー

いや、関心持ってる人等からしたら巫山戯るなって話だろうけど、大多数の日本人が税金が高いと叫ぶけどドブに捨てられてても興味無し!ってんだから相当ヤバい

set********7時間

一度、NPO法人撤廃して見直したほうがいい。

その上で一般企業に近い形で税務処理を審査して妥当と思われる所には補助金を出さないと。

弱者ビジネスの温床になってしまったり、共産公明の良いように使われてしまったり。

弱者ビジネス美味しいけど、共産党と話しつけないとみたいな噂もちらほら聞こえてくる。

hir*****7時間

そもそも生活保護受給には鍵付きの個室が必要だ…という話もあるようだけど、今回の話では東京都担当部署もそれをキチンと確認していなかったんじゃなかったっけ?

そういう意味では、この話ってColaboだけでなく、他の部分でも手落ちがあって「完全にはキチンとした説明ができない状況にある」と言うか、Colaboは雑魚寝写真にしても、例外的な機会を撮影したものだ…というようなことを言っていて、これには一定、納得できる部分もあるとは思うけど、それでもまだ全体的には、納税者側の疑念を完全には払拭できていないような感じもします。あと、生活保護受給できた人から結構多めに家賃を取るとか、そういう話もあるようだし、そのへんも印象としては、あまり良くないですね。もちろん名誉棄損は名誉棄損で裁判で争えばいいと思うけど、そのあたりの詳細も、裁判の中でColabo側から完璧に納得できる説明があるといいですね。

u*******8時間

デマだというなら立証すればいいだけ。

公金が投入されているのに不透明会計報告だし、暇空氏はColaboおよび仁藤氏TwitterFB掲載していた文や写真から時系列もきちんと追ったうえで「おかしいと思う」という判断言及したら、会計報告とは違う「実際は」みたいな話を出してきていてColaboは支離滅裂状態に見えています

「Colabo問題」を見てきた人の大半はそうなんじゃないかと思いますが、残念ながら大手メディアでこれをきちんと説明しているところは無い。

これはいいねが1300あるのに2ページ目に追いやられており、不利なコメントを隠ぺいしようとしていることがわかります

まりYahooには中立性がありません。公金チューチュースキームに加担しているということがはっきりわかるわけです。

min********3時間

新たに記者会見を開いたのかと思えば二週間前の会見。たしか二週間前にも報道はされたはず。それを再度配信するのは不自然で何か意図があるのは明らか。

この二週間であったことと言えば

・同時期に何故か「コメント不可」で配信されていた小川たまか記者インタビュー記事対象だった40代男性によるColabo弁護団主導と思われる違法行為らしき行動が明らかになった

・暇空氏のカンパへの名誉毀損(「見せ金」「カルト」)が裁判で認められた(暇空勝訴)

小川たまか記者40代男性との和解条件「Colaboが指定するジャーナリスト取材を受ける」の正に「指定された」人間なので、この記事配信は著しく公平性を欠いたものでとても真っ当な報道とは言えない。

この記事なんかもカンパを「金儲け」と明言しているか名誉毀損にあたると思うのだけど挑発行為なのだろうか。

2023-10-02

anond:20230909051354

元増田ではないがラグビーワールドカップ予選プールC、フィジーvsジョージアを見た。

どこにぶら下げるか迷ったがここで。

個人的に現時点で今大会ベストゲーム

(予選プールCの状況)

試合感想ももちろんだけど、この試合プールCの状況を知っておけばより楽しめる。

プールCの他の国はウェールズオーストラリアポルトガル

事前の評価の高かった順からオーストラリアウェールズフィジージョージアポルトガルだ。

ちなみにとあるブックメーカーの、プールCの一位通過予想オッズオーストラリア(1.4倍)、ウェールズ(3.75倍)、フィジー(8.5倍)、ジョージア(67倍)、ポルトガル501倍)となっていた。

だがフタを開けてみると、ウェールズが3連勝で決勝当確オーストラリアウェールズフィジーに連敗で予選敗退の危機混沌とした情勢だ。

ジョージアポルトガル引き分けと力を出し切れていない。

そんな中でフィジージョージア試合があった。

フィジーが勝てば2位通過濃厚でジョージア予選落ち確定。ジョージアが勝てばオーストラリアが息を吹き替えし、この3ヵ国で最後椅子を争うことになる。

元々世代交代に失敗した(と見なされて)火中の栗を拾いにいく形となった、元日本代表ヘッドコーチであるエディ(現オーストラリアヘッドコーチ)の心境はいかほどであろうか。

フィジージョージアの状況)

もともと日本と同格と目されていた両チームだが試合前は圧倒的にフィジー優勢と見られていたようだ。とあるブックメーカーオッズフィジー(1.06倍)、ジョージア(14.85)倍となっていた。ジョージア勝率は1割に満たない、と評価されていたのだろう。

フィジー

トンガサモアと並ぶアイランダー南太平洋島国)の一角だが、チームカラーは全く違う。

トンガサモアが圧倒的なフィジカルを前面に押し出しラグビーをするのに対し、フィジーの特徴は自由奔放な走りにある。

前に横に時には後ろにも走り、相手をかわし、倒れても柔らかいオフロードパスをどんどん繋いでいく。

スペースを自在に走り回るラグビーで7人制では世界に君臨しており、予測不能で単純に見ていて楽しいラグビーをするので大好きなチームだ。

弱点は規律・統率。海外プレイする選手が多く、ワールドカップの時くらいしかベストメンバーが組めない都合上どうしても連携が疎かになっていた。ただ、近年はフィジー代表クローンチーム「フィジアン・ドゥルア」をスーパーラグビーに送り込み、効果もでているようだ。

大会でもウェールズと接戦を繰り広げ、オーストラリアには圧勝し、評価を上げ続けている。

ジョージア

しばらく前まではグルジアと呼ばれていた旧ソ連圏の国。レスリング、重量上げ、柔道なども盛んで日本力士を送り込む(栃ノ心など)など力勝負なら負けない国だ。

ラグビーでもそのスタイルはパワーで押す、とにかく押す。スクラムで押し、モールで押し、個人でも押す。ボールを動かし走られて負けるのは仕方ないにしてもパワーだけでは負けないラグビーをするチームだった。

しかし、2019ワールドカップとき増田解説にもあるように、そこから脚も使う、パスも使うチームへの脱皮を図っているのがジョージアだ。

昨年ウェールズを破るなど一定の評価を得ていたが、大会では、オーストラリア敗れたのはさておき、プール最弱と目されていたポルトガル引き分けるなどやや評価を落としている。

試合内容)

前半

さて本題の試合内容に入る。

ジョージアが全く予想していなかった戦術を採った。

NHK解説者も驚いていたが、ジョージアがパワー勝負を控えめに、パス繋ぎ、走ってフィジーの穴を突いていく。

解説や我々ファンも驚いたがそれ以上に驚いたのがおそらくフィジー選手たち。

事前にそういった想定をしていなかったのであろう、重量級の前進を止めるために構えていたフィジーは細かくパスを回すジョージアに全く対応できていなかった。

守備の隙間をつかれて前進される、フィジー選手は当然背走しなければならない、だがジョージアの弾出しが早くそれを遅らせようとしてオフサイドポジションからプレーをしてしまう、と悪循環に陥ってしまっていた(ジョージアにすれば計画通り)。

結果、ジョージアトライを取ることは出来なかった(※)ものの、ペナルティを犯したフィジーに対して着実にペナルティーゴールを決めて加点する。

ジョージア守備も素晴らしかった。ウェールズを苦しめオーストラリアを引き裂いたフィジーのランやパスを完全に封じ込めた。

特にリスクを取って高めにタックルし、腕とボールを抑え込むことでフィジー得意とするオフロードパスを出すことさえ許さなかったのは圧巻で、ジョージア選手たちの集中力と一歩目の出足の速さを物語っていた。

動揺のせいかフィジーラインアウトも冴えない。まぁ圧勝したオーストラリア戦でも四苦八苦していたので単純に苦手なのかもしれない。

前半フィジー0-9ジョージア

(※)前半、ジョージアトライを決めたかに思われたがスローフォワードパスを前に投げる反則)との判定であった。

NHK解説者はスローフォワードではないと考えたようで「この判定は波紋を呼びそうです」とまで言った。

真横から映像でなかったので私にはこれがスローフォワードだったのかどうかはわからないが、トライに直結するシーンなのでTMOビデオ判定)くらいはした方がよかったと思う。

ちなみにこの後、解説者は「ラグビーは前に走っているので、真横に投げても走って慣性で前に流れる分はスローフォワードではない(だから今回はスローフォワードではない)」と解説していたが、これは誤りではないだろうか。

私の感覚だと次のような感じだ。

・確かに多少前に流れる程度では流れを重視して細かく反則をとらないことが多い

特にスピード得点を重視するスーパーラグビーではトライシーンを含めて反則を取っていない

・ただし、原則としては反則で、特にワールドカップトライシーンではかなり厳格に運用されている

まぁ経験者ではなく、テレビで見、たまにスタジアムにいく程度のファン目線しかないので有識者解説を求む。

後半

ジョージア戦術ははっきりした。だが後半もこれを続けるのか、それとも往年のジョージアに戻るのか。そもそも前半から全力と思われるが体力は続くのか。

予想外の展開に動揺したと思われるフィジーはこれまでであればクールダウンは難しい。果たして落ち着けるのか。後半がスタートした。

ジョージア戦術は変わらない。もちろんFWも使う、スクラムでも押すがしっかりパスも回し走りもする。この辺で気づいたがジョージアは極めてオーソドックスラグビーを高レベルで実現しているようだ。

フィジー戦術は変えない。だがハーフタイムを挟み落ち着けたのか一つ一つのプレーの精度が上がってきた。

ジョージアが走ってくることを前提に守備をするのでなかなかジョージア前進ができない。

フィジー攻撃の際は、タックルを受けるときに芯を外し腕を自由にすることでオフロードパスが決まり始める。

こうなると自力で上回るチームに追われるチームは怖い。

後半ずっと攻められ続け結局2トライ2ゴール1ペナルティゴールを許し

フィジー17-9ジョージア

このまま押し切られるかと思ったがまだまだ試合は終わらない。

ジョージアの体力が落ちる前にフィジーの出足が若干鈍くなってきた。

負ければ予選敗退がするジョージア、まだまだワールドカップは終わらないと気合の入り方が尋常ではない

ペナルティゴールで3点を返し、5点差としてラストプレイとなった。

こうなると観客も逆転を期待する。元々前評判が低い方に味方することが多いラグビーの観客たち、ここぞとばかりに大声援でジョージアの後押しをする。

やはりパワー勝負ではなく走るジョージア。この直前にイエローカードで14人となったフィジーディフェンスの穴を突き前にでる。かなり前進したところでフィジーに捕まりそうになる。普通なら一度倒れて仕切り直しにするところ、ジョージアはなんと前方へキックボールを転がした。フィジーの後方には誰もおらず、フィジージョージア双方の競争で勝った方が勝利となる。

あと一歩、二歩程度の差でフィジーが追い付きボールを蹴り出してノーサイド、結果は

フィジー17-12ジョージア

終わったあと、双方の選手たちがグラウンドに座り込んでしまった。激闘を物語るシーンだ。

まとめ

素晴らしい試合を見たので吐き出したくて長文を書いてしまった。

結果はフィジーが予選通過をほぼ確定させ、ジョージアとその余波でオーストラリア予選落ちする結果となった。

この試合ジョージア可能性も、フィジーの成長も十分に感じることができた。伝統国以外の活躍は今後のラグビー未来光明ともなる。今後の両国に期待したい。

2023-08-29

小学校笑いぐさ日記への反論

対象

https://filinion.hatenablog.com/entry/2023/08/28/183929

筆者の主張

要約、追記を抜いても11000字超えの長文な上、不正確な記述、横道にそらすだけの文がほとんどを占めるため、読むにしても冒頭の要約部分のみで十分と思う(自分は読んだ)。それでも原稿用紙2枚分以上あるので端的に要約する。

反論

※1 ちゃんと知っておきたい ALPS処理水のこと p3 海洋放出する理由は? https://www.fukko-pr.reconstruction.go.jp/2018/fukushimanoima/shiru/alps/

決めつけの域を出ない内容

 基準値を満たしてないものを、「海水で薄めたら基準値以下になったから海に捨ててオッケー!」 って、工場排水とかでやったら一発で操業停止になるやつだと思うんですが。

水質管理基準は「検出されないこと」を含め濃度の上限を意味する。海水で薄めて基準値以下にしたものは全体を薄めているのであれば問題ない。海水総量は変わらないので放出後に海ですぐに自然がすることを陸で人為的にやっているに過ぎないが。

 

ALPS処理水の長期的取扱いの検討」ともあります

 

 つまり本来計画では、今頃は汚染水の増加は抑えられ、残った処理水は低レベル放射性廃棄物として国内処分する予定だったわけです。

長期的取り扱いが未検討であることは、処理水が低レベル放射性廃棄物として国内処分する予定であることを意味しないデマである

 

それじゃあどうして今回海に流すことになったかと言えば、要は廃炉ロードマップ破綻たからです。

 汚染水ゼロどころか毎日何十トンも増え続け、ついには保管しきれなくなった処理水を海に流すことになってしまった……というのが現状です。

タンク短期的取り扱いでいわゆる時間稼ぎのための暫定措置既定路線。だからこそ、処理水の長期的取り扱いを別途検討している。

 

東京電力および我が政府の見通しの甘さ、我が国技術力の不足のために、世界に通じる海に処理水を垂れ流し、原発周辺地域ならびに近隣各国に不安を与える事態になってしまったのです。

水を流しているのと同じことに対し、「垂れ流し」といったネガティブ表現を用いて印象操作をすることが疑似科学である批判される一つの理由であることを理解されたい。

 

「最大限うまくいってプラスマイナスゼロですよ、何の見返りもありませんよ、失敗したら……いやあ、管理態勢は万全だから大丈夫ですよ」

 という話に反対されて、怒ったり疑似科学扱いしたりするの、ちょっとおかしいのでは?

批判が雑過ぎる。このような批判があったのかすら確認できない。見返りがないという批判に対して疑似科学扱いしている批判引用してほしい。

最後

文章は端的に短く書いて欲しい。「量の割に内容がない(薄い)」という印象はぬぐえない。

新しくエントリが上位にあがってきたのでそっちにリンクする

https://anond.hatelabo.jp/20230829120049

2023-08-12

施工管理士に向いていない人まとめ

https://www.oreyume.com/magazine/learn/19567/

こんな人がいたら施工管理じゃなくてまともな職に就てると思うの(-.-;)y-~~~

2023-07-16

死のうとしたことはあるか

自分はある。

数年前の9月。脳の神経伝達物質バグって死ぬことしか考えられない状態に陥り、淡々仕事のタクスをこなすように、ホームセンターロープを買い、死に場所の選定、下見、縊首のテストもやり、死ぬことを目標に日々を生きていた。

実行の当日は、人に見つかることを避けるため朝3時に家を出た。外は薄明るい。セミもまだ鳴いておらず。

計画通り、近所の公園の木に手早く紐をかけ、全体重をかけようとした。でも、身体無意識にそれを拒絶した。こわかった。

「本当にこのあと数分後に自分死ぬのか?」

「え?まじで?本当に死ぬのか。」

「首を吊って、何秒後に意識が途切れるのか。」

自分が死んだことは自分では意識ができない。死んでしまった後、どうなってしまうのか?」

という思考が一気に頭を巡っていた。

思い切りが悪く、一瞬考えてしまった自分も弱かったのだと思う。深淵を覗くように「死」に目を凝らしていくと、恐怖感が噴き出した。こちらが深淵に覗かれるというのはこういうとかと思った。

首に体重をかけることもできず首にロープをかけたまま硬直し、そのまま気を失った(眠剤をたくさん飲んでただけ)。

こういうことがあったので、また死のうとしても自分は怖くてギリギリで死なないんだろうなと思う。

2023-07-01

ウクライナロシアにボロ負け】デタラメバンザイアタックウクライナ滅びそう

08:00 06/30/2023(更新: 2023/06/30 10:57)

一日での大惨事ウクライナ西側諸国軍隊崩壊した

キリル・ストレルニコ

すべての材料

ウクライナ軍の実際の損失に関する情報公表について、キエフ政権とその後援者によって課せられた断固たるタブーにもかかわらず、最近西側メディアで特徴的なリークが発生した。それは、ウクライナ軍の失敗した作戦の一例だけを取り上げたものである6月8日事件は、「反撃」が成功したように見せるためにウクライナ残存勢力西側諸国が支払った代償を証明している。

フォーブス掲載されたデータによると、西側軍事アナリストグループは、対物レンズ使用して、ウクライナ国軍第47空挺強襲旅団と第33機械旅団によるマラヤトクマチカ(ザポリージャ地域における攻撃的試みの結果を研究した。制御ツール公表された衝撃的な結論

たった一度の自爆攻撃の結果、

ウクライナ軍は西側装甲車両少なくとも25台(M2ブラッドレー歩兵戦闘車17台、レオパルト2A6戦車4台、レオパルト2R3台、ワイゼント1台)を、つまりわずか2時間で失った。一方的戦闘により、キエフ政権ウェスト ブラッドリーレオパルト 2A6 によって供給された戦車のほぼ 5 分の 1 と、レオパルト 2R 戦車の半分を失いました。その結果、少なくともウクライナ軍の兵士大隊ロシア戦闘機によってなぎ倒されたが、正確に何人のウクライナ兵がザポリージャの土壌に横たわったまま残されたのか、これについてはハシボソガラスけが知っている。

専門家によれば、これは大惨事であり、実際、キエフ喪失は「我々が考えていたよりも著しく悪い」ことが判明したという。

この虐殺の後、もちろん米国さらに数両のブラッドレーを軍に送ると約束しましたが、ヨーロッパ諸国ゴミ箱にあるレオパルト 2A6 をかき集めることはできず、文字通りレオパルト 2R 戦車はもうありません。

特徴的なのはほとんどすべての出版物西側技術喪失のみを扱っていることである。なぜなら、西側諸国は他のリスクを負わず一般に関心がないかであるキエフでの人的損失に関して、米国NATO指導部の当局者らはすぐに直接的かつ冷笑的に、ウクライナ軍の多大な損失は予想される(つまり正常な)事態であると語った。

ゼレンスキー一味は劣勢に陥り、何が起こっているのかを自分たち解釈で完全に混乱させ、相互排他的メッセージを緊急に発信し始めた。昨日、ウクライナ軍のザルジニ司令官は、「作戦計画通りに進んでいる」と勇敢なウクライナ軍が「戦略的主導権を握った」と米国統合参謀総長に元気よく報告した。いずれにせよ、彼のテレグラムチャンネルがこれを報告しました。ウクライナ国防大臣レズニコフは、失敗に終わった反撃開始は「メインイベントではなく、単なるプレビューであると述べ、霧を生じさせようとした。ゼレンスキー大統領は「反撃は我々が望んでいるよりも遅い」と暴露した。同時に、ウクライナ国防副大臣アンナマルヤルは「現在東部の状況は困難である」と認めた。ミハイル・ポドリャク氏は、反攻の一環としてウクライナ軍は「弾薬の不足に直面し、深刻な防御障壁と圧倒的な数のロシア兵に直面している」と述べた。ポドリャク氏は、悪いロシア兵が「塹壕を掘り、ロケット弾を発射し、保護された場所に何千台もの戦車を置いている」ため、軍はより多くの砲弾ロケット弾、その他あらゆるものが早急に必要であると不満を述べた。

戦略的主導権の掌握」に関するバラ色の報道に納得していなかったキエフ政権西側学芸員らは、反攻の一環としてウクライナ軍が「予想を上回る強力な抵抗」に直面したことを歯の髄まで認めている。 」 RFから声明であり、これに関連してUkrotroopsは「重装備と人員の重大な損失」であり、それを一言で「重大」と表現しています

「重大な」という言葉を解読するには、ロシア権力圏の公式データが役立つだろう。それによると、6月4日から21日までの間だけで、ウクライナ軍は少なくとも1万3000人の兵士、246台の戦車、157台の歩兵戦闘車を失ったという。そして、最も控えめな推定によれば、毎日、約千人のウクライナ兵士が命を落としている。

少し前に、前述のアンナマルヤルは、ロシア軍の損失はウクライナ軍の損失の8倍であると青い目で語った。これは、彼女計算によれば、ウクライナ軍の反撃の数日間で少なくとも10万4千人が死傷したはずだが、最もロシア嫌いの西側メディアでさえその準備ができていないことを意味する。」隠れてください」そのような空高く異端

しろ西洋情報分野では、終わりの始まりに対する意識ゆっくりと、しかし確実に現れてきている。

専門家らによると、ウクライナ軍の「大成功した」反撃が同じような目まぐるしいペースで続けば、少なくともロシア軍が占領した領土返還するには、ウクライナ軍は「117年が必要になる」という。 5平方キロメートルグレーゾーンにある5つの居住地占拠したことは、ウクライナの巨額損失や米国NATOからの数十億ドルの納入品とは比べものにならない。

概して、戦争の霧と心理作戦の濃いベールの背後で、2つの単語容赦なく現れ始めます-*「完全な大惨事」。

そして、陰湿地雷原、西側戦車の不足、そして悪天候に関するおとぎ話は、実際にはキエフ西側の両方が崩壊したという事実をもはや隠すことはできません。

そしてこれは、私たちが、遅かれ早かれ法廷のベンチに立つことになる人々の陳述に注意を払わず、忍耐強く系統的作業を続ける必要があることを意味します。

2023-05-16

不倫略奪婚で生まれた姪に会いたくない

1年ぐらい前に妹が産んだ姪に、何だかんだ理由をつけて会ってない。

姪は、不倫略奪婚で生まれた。

もちろん、姪自体に罪はないんだけど、「誰かの不幸の上に成り立っている幸福」の象徴のように感じられて、写真を見るだけでも正直キツい。成長していく度にキツい。

旦那は、妹と知り合った時はすでに嫁と2人の子供がいた。一軒家も建てていた。

出会いきっかけは、妹が新卒で入った会社上司だったこと。

採用面接の時に旦那が妹に一目惚れして採用した、というのが出会いエピソードらしい。(そもそもこのエピソード結構キモいだって旦那20歳年上の妻子持ちだぞ……?)

どういう経緯か分からんが妹はそいつセフレになった。

俺は元々妹とサシ飲みする程度には仲が良かった。妹から会社上司不倫をしてると言われた時は、全力で止めた。そいつを略奪するために計画的妊娠して、それをダシに離婚させるつもりだ、と言われた時は、さらにキツい言葉で止めた。でも妹は言ったんだよね、「正直彼も私も、妻子に申し訳ない気持ちはこれっぽっちもない」って。

そして妹は妊娠した。計画通り当時の嫁と離婚させ、妻子が出ていった家に住むことになった。姪が生まれた。

俺の会社にさ、旦那不倫を苦に自殺した人がいたんだよ。かつてその人が座ってた席の前を通ると気が重たくなる。自分の身内から加害者が出ることを止められなかったことに、自責の念を感じている。

ていうか世の中の上手いことやってるように見える家族の何%かも、不倫略奪婚だったりするのかな。

そんなことを考えていると、もう人間不信になりそうだ。

2023-04-26

anond:20230425204721

統一教会自民党)的には狙い通りなんじゃないの、計画通り

30年前はODA支援していた韓国も今や日本より給料高いし、ODA名目税金統一教会施設に流れてるしなあ。

2023-04-25

人生は魂の修行場」論

「なるほどー」と思う気持ちはあるけど、どうも納得できない。どうしても先進国に生まれ人間エゴに過ぎない気がしてしまう。

先進国に生まれ生活に困るほどではないけど生きてる実感がない、突然深い悲しみに襲われたみたいな人間向きの理論やろこれは。そういう人間からセミナー代やらセラピスト研修費やらを引き出すための論理という感じがする。

だってアフリカ最貧国インドカースト最下層に生まれたいと思う人間なんておるか? 中国農村部北朝鮮も嫌だしイスラム国家女性も大変そうやし、次生まれる時怖すぎるやろこの理論は。「大量殺人鬼になるぞ!」と計画して生まれてくる魂ってなんやねん。学びってレベルじゃないやろ。

この理論もっとも悪いところは、「自分で決めたなら自己責任やろ」となりがちなとこや。病気障害失業DV離婚も全部自分で決めてきたことなら助ける必要ないやろ、とならんか? それによって先進国ちょっと余裕ある人たちに「なら助ける必要ないな」と思わせる論理の気がする。そうして助けない自分正当化して安心できる理論なんや

自分が恵まれてんのも誰かが困ってんのもみんなそのままでいい、と放っておける理論なんや。「全部計画通り。自分必死になってしなきゃいけないことは何もない」と思える。イエス・キリストが来るまでのユダヤ教徒みたいなもんや。病気障害業病と思われて嫌われてたよな?

「そういう人々を助けるのが現世での自分の使命です」と言い出す人がおるかもしれんけど、自分には傲慢すぎるようにしか聞こえん。助ける人間のために苦しむ人々が存在すんのか? 「酷い危機に直面したが運良く乗り越えられた。これは生まれる前から決めてきたこなんや!」って助かったから言えることであって、同じ場面で死んだ人間は? 学ぶ価値が無かったから死んだんか?

過酷虐待を生き延びた人とか、残酷方法で身内を殺害された人とかに言える理論じゃないねん、これは。本人が悟るのは自由やけど、人に言える論理じゃない。

いま幸せ人間自分立ち位置にホッとするための理論しかない気がする。どんな考えを信じて救われるのも自由やけどね。

2023-04-07

石原さとみさんのお子さん

4月まれと発表されたときは、「4月まれ彼女計画通りだったんだろうな」と思った。石原さとみの人柄を知ってるファンなら彼女らしいなと感じると思う。

私の場合は、4月まれを狙ってもし早産になって3月まれになったらいやだから、早産になってもいいように5月まれを狙って子供を作ろうと思ってがんばったんだけど

夫婦努力の結果6月まれの子供を妊娠している

子供って授かり物だから親の思いどおりの誕生日、思いどおりの性別にならなくても元気な子供を産めたら幸せなんだろうけども

すべてが計画通り石原さとみさんの自分の願いを叶えるための念の強さはやっぱすごい

出産後の母親役のお仕事も前々から一緒に仕事したいと思ってた方とするとのことだし

2023-02-28

2019年8月31日

今回の仕事は、またしても銀行強盗だった。相手は、大金を扱っている銀行だったから、ボスからプレッシャーをかけられていた。

計画通り銀行内に侵入して、金庫を開けてお金を手に入れた。でも、現実はそんなに甘くはない。途中でトラブルが起こり、仲間の一人が銃で撃たれてしまった。

でも、私たちは冷静だった。トラブルが起こった場所を把握し、素早く撤退した。仲間を残して逃げたのは心苦しいけど、その場で待っていても、私たちも全滅してしまう。仲間の命を救うためにも私たちは冷静でなければならなかった。

結局、無事に逃げ切ることができた。金は分配し、報告書にはトラブルが起こった旨を報告した。ボスからは「お前たちは冷静だったな。次もこの調子でやってくれ」との言葉があった。

この仕事は、冷静さが大事なんだ。トラブルが起こった時、パニックになってはいけない。それが命取りになる。私たち仕事をする時には、感情コントロールすることができる。それが私たちが生き残るために必要ことなんだ。

2023-02-21

anond:20230220194658

月面探査目指すNASAロケット打ち上げ延期 1段目エンジン問題

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220829/k10013793991000.html

宇宙飛行士の月への着陸を目指す国際プロジェクトアルテミス計画」で、無人宇宙船を搭載したNASAアメリカ航空宇宙局の大型ロケット日本時間の29日夜に打ち上げられる予定でしたが、一部のエンジン不具合がみつかり、打ち上げは延期されました。

NASAは詳しい原因を調べるとともに打ち上げ日を改めて検討することにしています

探査ミッションアルテミス1号」の再延期は、その重責と新型ロケット打ち上げの難しさを浮き彫りにした

https://wired.jp/article/nasas-giant-moon-bound-rocket-is-grounded-for-repairs/

SLSボーイングノースロップ・グラマンエアロジェットロケットダインが委託を受けて生産したが、すでに過酷な試練を乗り越えてきた。開発中はさまざまな遅れや予算超過に見舞われ、一時は失敗に終わるかに思われたのだ。


<中略>


ところが、29日の打ち上げ計画通りには進まなかった。コアステージに推進剤を充填する際に、右側の固体ロケットブースターの隣にあるエンジンひとつである、3番目の「RS-25」エンジン問題があることに、NASAエンジニアが気付いたのだ。

29日に打ち上げを試みた際には、NASAエンジニアチームは予定時刻の40分前でカウントダウンを停止し、1時間以上にわたってトラブルシューティング実施した。しかし、最終的に発射ディレクターチャーリーブラックウェル=トンプソン打ち上げの中止を決定した。

これが日本で行われていたら、【打ち上げ失敗】になるって?

だせぇ

日本ジャーナリスト

2023-02-19

anond:20230219083008

どれも失敗でいいでしょ

計画通りスムーズにいった場合以外は、全部広義では失敗だよ、それはそう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん