「矮小」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 矮小とは

2020-07-07

声優結婚報告をする必要があるのか?

声優結婚報告をする必要があるのか?

私は、子供の頃からアニメゲームが大好きな所謂オタク

その延長線で、声優の事が好きになるのも自然な事だった。

おそらくそんな人間世界ごまんといるだろう。そういった人々のニーズに合わせて声優はどんどん表に出てくるようになってきたように思う。

ほんの一昔前まで声優が地上派のTVに顔出し出演するだけで界隈は騒ぎ、声優CD一般CDランキングに紛れ上位に食い込んでいたりすれば祭りだった。

それが今では当然のように目にするようになり、声優という職業が表面化し人気も知名度も上がり、もはやアイドルに近い存在に扱われるようになったのは誰の目から見ても明らかだ。

そんな中、私もごく自然な流れで声優ファンになったのだ。

ラジオを聴き、CDをはじめとするグッズを買い、追っかける。典型的アイドルファンと何ら変わりない活動

それに応えるように、声優自身を目にする機会はどんどん増えていく……ほぼ毎週どこかしらで声優ライブイベントがいくつもやっているのなんてザラ。どんどんハマる私。

しかし、それは突然 前触れもなくやってくるのだ。

『みなさんへ大事なお知らせ』

そう結婚報告である

昨日まではみんなのもので、それにファンは付き従ってきたのに、今日からは1人のものになるという宣言

「いいじゃないか良い年してるんだから結婚くらい」「結婚は祝福すべきもの

という意見もあるだろう。確かにその意見は間違いではない。しかし私はショックを受けるのである

「嫌ならもうその人と関わらなければいい」という人もいるだろう。

しかし私は、前述の通り子供の頃からオタクである。今更ゲームアニメも辞めろというのは土台無理な話だ。

アイドルだっていつかは結婚するもの

その通りであるしかし、アイドル結婚する前にアイドル引退するのが常であり、結婚後はアイドル的な活動を行わないことが多いので目に触れないようにするのは容易なのだ

しか声優は別。

結婚したって、売れっ子ならガンガン新作アニメや新作ゲームに登場するし、何年経っても魅力的な若くてかっこいいor可愛いキャラを演じようとするのだ。

なまじ中の人ファンになってしまたからには中の人意識せずにはいられないのである

その度に、妬みや嫉みに近い感情が沸いてしま矮小人間なのである

特に声優同士の結婚は堪える。「あぁあぁの作品演じてる時に出会って付き合いだしたんだろうなぁ」と思うとやるせなくなって、好きだった作品なのにもう見返す気にもなれなくなってしまった。

アニメゲーム二次元仮想存在で、声優現実存在から区別すべき

という意見正論だろう。

しかし今後何年も先の、アニメゲームにその声優が出ると条件反射拒否反応を起してしまうことは想像に難くない。私は少数派の意見だろうか?

こんな思いをするなら、声優結婚報告をする必要があるのか? こんな思いをするなら、声優はずっと結婚を隠し続けてくれた方が良いのではないだろうか?

実際、昔の声優キャライメージを損ねるなどの理由TVに顔出しNGを出したり、結婚しても非公表な人も多数いた。

だが、昨今は声優結婚報告ラッシュ。恐らくスキャンダルされるくらいなら公表しとけという事なんだろうが、さすがにあまりにも多すぎる。

ゲームアニメ彼氏or彼女のいないような人間の拠り所でもあると個人的には思っている。

そういう人間にこの結婚報告ラッシュは大変に酷なのである

願わくば、今後はまた結婚非公表時代に戻ることを願いつつブログの締めとする。

2020-06-17

何らかの刑事事件が起こり世の中が騒ぐと、その事件に対して「ありふれている」とか「珍しくない」とか言い出す鬱屈した酔っぱらいのような人間が往々にして出てくる。

まぁそれ自体は客席で酒呷ってる奴の言葉しかないので、格としては豚の放屁程度のものだ。

おそらく普段から大事件だけを集めた伝記やwikipedia記事ばかり読んでいて、その影響であたかも世の中で起こる刑事事件ほとんどがその手のものであるかのような偏倚な見解形成しているのだろう。

あるいは小説マンガ映画といったフィクションでの事件現実世界で起こる事件とを混同していて、後者が発生したとき無邪気に前者を参照しているのかもしれない。

しかしたら事件発生を受けて動揺した自分を落ち着かせるために、または憤りを覚えた自分の溜飲を下げるために、当該事件矮小ものであると思い込むための呪文をつぶやいているだけなのかもしれない。無力な者ほどよく強がるので。

いずれにせよ、現実世界で起こった刑事事件稀少性をあげつらう発言に遭遇したら、一度眉につばをつける必要があるだろう。

神大好き

私はあるジャンル二次創作同人誌を作ったりしている腐女子

これはうんち、所謂腐女子お気持ち長文である

もしうんち増田に見つかって、ドラゴンうんちとか褒めてもらえたらとても嬉しい

私が居着いているジャンルには敬愛してやまない神がおわす

交流の少ない神だけど、たまたまジャンル初期から絵や同人誌情報ネットに投下していた私に神は御声掛けくださり、一緒にご飯を食べたり遊びに行ってくださる…感謝土下座😭

不遜極まりないけどもうこれはほぼ恋…私は既婚だし私も神も腐女子だが、神となら一線を超えてもいいと悩んだことすらある(ただしそういう関係ではない)

人間というのはあんまり一方的に持ち上げられたり、対等に仲良くしたい相手から神扱いされると微妙気持ちになるものだと思う

まあ神扱いされたい奴も中にはいるのかもしれんが

私は正直不快だった!

「神」の一言でこれまでの絵や漫画に対する努力を軽くあしらわれている気がした(単に軽々しく神とかい言葉を使う奴がそもそも軽率から、神という言葉が悪いんではなくそういう奴の全てが軽率からムカつくというだけだが)

そういう気持ちで私は神を神と心の中で崇めながら神と接する際は徹底して対等を装った

神ではなく人間として接することを心がけた

心の中では我は矮小なる民草であり偉大なる神の足元にも及ばぬ超絶上下関係なのだが、、、

どうやらその辺の感覚が合ったようで神は民草とますます仲良くしてくださった😭

超絶崇めているけど崇めているのを超絶隠しているのって関係がうまくいっているとものすごい快感で、か、神ーッってなる

そんな神と仲良くなってそろそろ丸4年経つ

それでもやっぱり神は神

友達みたいに接してくれるし私もそう返すけどいつまでも崇めております

そんな神から昨晩もLINEが来た

レスたかったけど敢えて一呼吸置いて、距離を詰めすぎないように、「神神言う人とか一番信用できないよねー!」とか悪口言い合ってるタイプの人々と私が同じだと思われないように、淡白に見せかけておく

神大好き😭神😭キモいところ隠すからこれからも仲良くしてください😭

こういうこと書くのってさあ〜昔は神と民草のなんとかかんとかとかいスレ同人板にあったよね?

あのスレがあった頃は私には無関係だと思ってスルーしてたけどこういうこと書きたくなった時にまさかスレが続いていないとは……

2020-06-02

ワイヤレスイヤホンを無くしやすいのは私だけ・・・

私は音楽聴くときには基本的Walkman使用する。

スマホだと本体容量を気にかけてしまい、またsim使用データが膨れ上がる上に肝心の帰り道の時間帯が聞けたものではなくなるからだ。

それはともかく音質重視でコードイヤホンを聞いていたためにワイヤレスイヤホンに対して偏見を持っていたのだが

こないだiPhoneに変更を機にairpodを使用してみたが、私の矮小イヤホン概念は飛んで消えてしまった。

心躍りながら使用していたのも束の間、二週間ほどで無くしてしまった。

無意識の内に外してしまったのは覚えているが、そっからが覚えていない。

てっきりポケットしまい込んだと思って探してなかったが、休みを機に探してみても見つからない。

しばらく落ち込んだがまた新しいのを購入すべく通販サイトを開いてみるも値段的にもう一つ買うのは心がためらい

ソニーコード付きのワイヤレスイヤホンを購入。いい感じだ。三週間でなくしたが

無意識のうちにポケットしまいこみ、そのまま行方不明

私はワイヤレスイヤホンを再び買うべき人間ではないと心から思った。

2020-05-25

anond:20200524070952

それを代償行為追体験と断ずるような矮小な捉え方をし続ける限り、その消費者生産者も見下しつづける害意に歪んだ怪物になる道から逃れられない。

自分の捉え方こそが「本質」だという傲慢によって自分怪物になっていることを誤魔化していないか

リアリティショーやAVが俗っぽい部類の娯楽であることは事実であるけれども、その考え方だとオペラ歌舞伎といった伝統芸能、あるいは映画小説のような芸術作品が描く人間模様もすべて自分人生と向き合わないアホが消費する気持ち悪い娯楽と捉えることになるのではないか

そうでないと言うのなら、その境界はどこにあるのか?

2020-04-22

anond:20200422113333

いや、民主主義国家においては政治家容姿矮小ものではないよ。

選挙国民の広い支持を集めるには容姿の良さは絶対重要だし、そんなのはケネディ大統領以来の常識でしょ。

選挙だけではなく、議会工作などでも反対議員野党を説得するにも容姿は大切。

政治家政治内容ではなく、容姿が優れている優れていないという矮小土俵に上げているガイジどもよく聞け

まとめて死ね

お前らが死ねばこの国はもう少しよくなるだろうよ

2020-03-13

持ってる人が憎たらしかった

とあるごとに自分矮小さがつくづく嫌になる。

美しく、実家が裕福なあの子。生まれながらに自分の持ってないものをたくさん持っている。

すごく歯並びきれいなのに矯正はしていないそうだ。

自分は100万自腹切って治した。

田舎の粗暴な家に生まれて、発達障害みたいな祖母に振り回されて

同級生田舎DQNでまだパチ屋コーヒー売ってるようなひとがいる。

容姿もそんなによくなくて、デブで気が弱くて愚鈍

勉強しかできなかった。いじめられて、それでも我慢した。

色々あって社会人になって上京してから一生懸命都会に馴染もうと無理をし続けた。

死ぬほど徹夜して仕事頑張って、整形して、金持ち男性食事に行って、キラキラした女の子になりたくて必死だった。

ある程度歳いって、仕事も人並みにお金もらえるようになってきれいだねって褒められるけど、時折どうしようもなく惨めになる。

東京には、お金持ちの上品な家に生まれて、きれいな洋服を着て、肌も髪もきれいで、私が必死こいてフェイクで手に入れたようなものの、本物をいくつも持ってる人がいる。

全部自分の身の丈って思わなきゃいけないのに、本当にそういう人たちが羨ましい。

その人たちだって私の想像も及ばないような努力をしているかもしれないのに、持って生まれ環境が美しいことが羨ましい。

そんなこと考えずに、目の前の幸せ大事にできるひとも、涙が出るほど羨ましい。

ものすごい劣等感に苛まれる。所詮自分は汚い石ころを頑張って磨いてみただけで、ダイヤモンドを研磨した子たちとは一生並べない。

2020-02-03

anond:20200203092649

ハハハハ、矮小なる人間の分際でよくぞ気づいた。

そう、われこそがフェミニズム

フェミニストの全にして個。個にして全たる存在

個人たるその身でどれだけ我に楯突くことが出来るか、せいぜい楽しませてもらおう。

2020-01-20

anond:20200119233455

はい嘘松男性差別

問題になってる殆ど私大であるのに、姉自身は結局私大に通ってるのだから姉の合格不合格体験女性減点の問題とは直接関係がないし、医学部に受かった分際で被害者と同じ立場に立ったかのような口ぶりになるのは傲慢である

また姉の同級生男性に対して実態が分からないのにも関わらず劣っている・得をしているかのような言及をするのは男性差別に他ならない

その人たちが受験した大学または年度で不適切な採点がされていたかは分からない


いくら反省したようなポーズを見せたとしてもお前が根っから差別主義者で、かつ周りの雰囲気自身の機嫌と矮小善悪観に流され意見コロコロ変えてしまゴミだという事実は変わらない

女だからと姉を小馬鹿にしていたことと、男だから男性医学部受験者に対して色眼鏡評価を下すことに何ら違いはない

2020-01-19

綺麗なものが欲しいけど

物書きになりたいと思っていた。

と言っても将来の夢だとかそんな大げさなものじゃない。俺は今まで短編小説エッセイの一つも書き上げたことがないし、それについて勉強したこともない。ただたまにこうしてネットの片隅に下らない文章アップロードしているだけだ。何故物書きになりたかったのか、それは思春期の頃文学少年気取りだったからかもしれないし、テキストサイト世代だったからかもしれない。あるいは文章を書くことで何かに辿り着こうとしているのかもしれない。一つだけ確かなことは、こうして文章を書く時は大抵ひどく精神的に不安定な時だということだ。

こういう時に文章を書くと何だか落ち着ける気がする。経験上それは気がするだけであって何の効果も生まないのだけれど、それでも書いている間だけはそのことに集中できる。きっと生まれ時代20年遅かったら、俺はとてつもなく恥ずかしいラブレターを量産していたことだろう。そういう意味では手紙という文化のすたれたこネット社会に感謝しなくてはならない。

ここまで読んでくれた奇特な人がいれば、俺に物書きの才能がないことはわかると思う。それは俺もとっくに理解している。でも今でもたまにそういう人生あったらいいなと思うのだ。一人で都内の1LDKくらいの部屋に住み、適当時間に起き、音楽を聞き、小説でも書いて、飽きたら酒を飲んで、気が向いたら女を抱く、そんな世間とはある種切り離された生活を送ることも、もし俺に才能があればできたかもしれない。

多分一種の逃避なのだろう。俺はひどく矮小で、つまらない人間で、つまらない生活を送っている。そう、つまらないのだ。つらくすらない。だから誰にでもできる書くという行為によって、自分特別存在になれる可能性を夢見ている。何も望まず、何者にもなれず、何も残せない俺の、最後の逃避なのだ

2020-01-14

anond:20200114192709

何が魅力的か、何が素晴らしいか、何が正しいか。そういう感動や様々な価値観に触れてこなかった人間は、

なんの統計根拠も無く創作物や人を「害悪認定し、責任を全てかぶせるような惨めで矮小人間になる。

最近香川条例案もそうだな。

自分の見ている世界がどんだけ矮小か、それでどんだけの人を傷つけ、排除してきたかフェミニストは知れ。世間を見ろ。

31歳で貯金3000万あるから使いみちを教えてくれ

31歳男、IT系会社員年収は約1100万。

株で資産を増やして貯金が3000万ほどある。使いみちが無いか指南して欲しい。

自分幸福になれる使い方が一番なのだが、何も思い浮かばない。株式市場が開いてないと暇で仕方ないタイプなので、これと言って使い方が思い浮かばない。物質的に欲しいものがあるわけでもなく、今の住宅にも満足している。正直、資産運用で得たお金の使いみちが資産運用しかないというのが現状だ。

世代に比べて金に関しては困らない方だが、幸せかというと全然そんなことはない。年収幸福度の関係は700〜800万程度で頭打ちになるというデータ体感的にはかなり正しく、その後の幸福度の上昇はほとんどない。金があったらあったで、うまく運用できなかった時のストレスや、周囲のより資産を持ってる人と比べて自分矮小さが気になってしまって別にいいことはそう多くない。

資産の使いみち、老後のための貯金というのはナシで。実質今やってることだから。また、一応持てる者の義務として寄付は行っている(さほど大金というほどではないが・・・)。

2020-01-11

後悔と虚無と人生テーマ

突然ですが、ゲームは皆さん大好きですか?

僕は大好きでした。

様々な人とネットリアルを通してゲームについて語りながらゲームしているだけで幸せでした。

リアルいくら散々で灰色な日々を過ごしてもゲームに酔っていればそれで良かったのです。

数年前は。

数年前、ゲームコミュニティ中で、自分またはその他が原因で(誰が悪いかと言ったら自分含め全員悪い)

亀裂が生じて面倒になって4年間続けていたソーシャルゲームをやめてしまいました。

無駄にしたお金とかはどうでもいいのです。

その頃から心に穴が空いたように何をしても虚無感に苛まれ毎日

当時高校生だったのですが、そのことをきっかけになんとかリアルを頑張ってはみました。

ですが勉強もそれほどうまくいかず、

ゲームもやめると思いつつもなんだかんだ触れてはやめ、触れてはやめを繰り返し、

何事も中途半端で今に至ります

現在将来に向けて考え、動く時期ではあるのですが、

現実的に考えて今年受験しても、どうせ浪人して受験したほうが将来のリターンが大きいと思い、

それは差し置いて勉強をしようとしても、うまく行かないのでモチベーションが続かず、

最近は数ヶ月まともに勉強していません。

この増田投稿させていただく目的は、

1.コミュニケーション等で本来抱えるはずのない罪だが、抱えてしまった重大な罪

(先程の亀裂というのは、

特定キーワードでググればすぐ出るレベル2chでも晒されているレベルです)

に対してのすべき対処

2.現実主義人間お金以外で将来の展望・夢を持つなら

3.100から1で考えてから動く(最終目標から逆算しきってから動く)人間が、

人生の最終目標を考えるべきなのか、

それとも50くらいに無理矢理抑えて動き出さなきゃいけないのか、

それともそれ以外に方法があるのか

の3つです。

これらは周囲の人間でも話題について来てくれる人間が少数(小難しいだけ)なのと

リアル人間には向かい合って話しにくい話、ということで質問させていただきたいです。

自分語りでも構わないです。

どんなに矮小で卑屈でも構わないです。

利用してくれても構わないです。

どうかあなた人生経験から判断していただけないでしょうか。

(1. 2. 3.のように答えていただけると読みやすいです。

ちゃんと書いていただけた場合は必ず読み、場合によって返信させていただきます。)

2020-01-07

助けてほしいなあとはずっと思っている

30歳、無職

前々職では上場企業管理部門に在籍していたが、給料をもう少し伸ばしたいと思っていた。そんなところに知人から経験SEの誘いがあった。年齢もそこそこだし、転職するとしたらここかな、と考えて軽い気持ち転職した。しか給与面接時に提示された額の半分程度。最初約束されていた研修は1日もなく、自分勝手学習しろと言われ仕方なく本やPCを買い込み自習を続けていたが、個人情報関連の書類を一気に紛失されたことで気持ちが切れ退職した。もう3ヶ月転職活動を続けているが、未だにいい結果は得られず。幸いにして実家暮らしを続けていたため、なんとか食事は得られているが、そろそろ貯金も底を尽き、失業手当で何とか生きながらえる日々である

まあ、深く考えずに転職したツケが回ってきたことは分かっているが、それにしたってこんな惨めな気持ちにならなきゃいけないのはなんでだ?という気持ちがないではない。前々職で発達障害を疑われたりしたこともあって、だいぶ人間不信ではある。年下の恋人がいるにはいるが、いつ愛想をつかされることやら。そんな不信感、不安感に毎日押しつぶされそうになっている。

今は前々職の経験を活かせる場所がないかと思い、エージェント経由で面接を受け続ける日々だ。正直しんどい

この上でなお、誰かに助けてほしいと思ってしまう私が甘えているのだ、とは思う。だけど、助けてくれ、と思うことくらいは許してほしいのだ。自分のことは自分で助けるしかない。そんなことはとっくに理解しているし、自分がどれだけ情けない存在であるかも理解しているつもりだ。それでもなお、私は助けがこないかなあ、などと来もしないヒーローを考えてしまう。それがまた、自分矮小さを際立たせている気がして死にたくなる。

生きるための正念なのだもっと気合を入れなければいけないし、もっと頑張れ、と思う。事実、私にできることの大半はやってきたつもりでいる。それでも上手くいかないのは、おそらく私が無能からである。何者でもない私の責任である。だから私はもっと頑張らなければいけないのに、それでも上手くいかない現状で、私以外の何かに責任を負わせようとしている私に一番腹が立つ。

特にこの文章オチなどない。今日書類を作って、明日からまた面接だ。また、頑張らなくては。

2020-01-01

anond:20200101174409

なに賞にノミネート?と訊くワイ将←真ん中の足は矮小、てほっとけや!

2019-12-16

自分に対する注目度に無頓着

ネットやってれば誰しも創作に走ることがあるだろうし

うっかりバズることもあるだろう

 

これまで作った動画は累計100万再生は超えてるし

素人小説もそこそこ伸びたもの

あくま自分はクソニッチな、何ていうのか、2chスレクソコラ作ったらIDが真っ赤になって嬉しいみたいな

はてブスターを集めて悦に入るような矮小存在しかないと思っていたのだが

数年前からずっと追ってる人気者が、よく考えたら自分より数字伸びてないことに気づいて何かよくわからなくなってしまった

 

少し考えてわかったのは

その人そのものが好かれて伸びているいわゆる人気者と

その人が作ったものが伸びるとでは結構違いがあるということだ

変な話、すごく面白い漫画だったとしてもさして作者について詳しくないこともあるし

目の前に現れても興奮しないかもしれない

何かそういう事を考えた

からどうしたということでもないが、そうやって納得した

2019-12-11

anond:20191211025427

いや、②のって矮小プライド風俗行きたくないって言ってるだけでしょ。AVでシコるのは良いくせに

尊敬できる両親、親友居るくせに他者との裸の抱擁を妄想するって、実際には両親や親友増田側の一方通行なんじゃね?本当ならここまで満たされないはない

外見や内面に似合わないプライドのせいで彼女が出来ないならプライドを捨てるしか無い

2019-12-02

朝日は『嫌韓』という言葉で逃げるんじゃないよ。だったら徴用問題をどうするつもりなんだ?日本企業資産が侵されていることは泣き寝入りしろというのか。それは嫌韓という矮小問題じゃないだろう。

2019-11-14

anond:20191114101836

修行僧か、世間にまったく興味を持たれない自分矮小さでシコる超絶ドMプレイ

2019-11-09

anond:20191108171353

無理解者がする行動としては一緒よ

まさかいったん受け止めたか狂気に飲まれないとでも思った?

自称普通』に惑わされる人達をナメるなよ?

アイツら、アイツらの矮小常識が歪んだだけで軽トラひっくり返すのも許されると勘違いしてるんだぞ?

ゲイが来たらお祭り状態にしてウェイウェイ言うに決まってんじゃないか

世の中の普通はそうじゃない?だったらなんで元増田職場上司はその晒し上げした馬鹿を殴ってでも止めなかったんだ?

その場の空気って奴でぶん殴れないのなら、俺達の世の中の『普通』って奴はゲイ嘲笑う事を殴る程ではない行為として受け止めさせるんだよ。

その人達のパーソナルに関わる行為なのにな。

まさかそこまでバカだとは、じゃないんだ

バカから、受け止め方もその発散の仕方もわかんないんだ

から元増田は離れた方がいいと思う

この世の中からじゃなくて、元増田を受け止められないしょうもない職場から

2019-10-31

anond:20191030201112

水に流してもらいやすい死に方とそうでない死に方はあるよーだ。私見では、

  X:大きなものに向かって死ぬか否か

  Y:あっさり死ぬか否か

の二軸くらいが評価ポイントではないかと思う。自分より大きな存在と向き合って、あっさりと死ぬ(殺される)人間は同情され、罪も流されやすい。インスタ映えならぬ「死に栄え」だ。一方で、矮小存在と向き合って、生きぎたなく死ぬ(殺される)人間はむしろ怒りを買い、罪が見逃されにくい。死に栄えしないというわけだ。

たとえば源平の頃で言うと、頼朝とそれが差し向けた大軍対峙しあっさり打たれた義経は「判官びいき」でずっと持ち上げられる典型的な前者の例だが、戦力的には優位だったのに頼朝軍に敗戦し逃げまどい最後は泥田にはまって切腹することにも失敗した木曽義仲後者典型で、あんまり評判よろしくない。人間的には、なんか義仲の方がいい人っぽいのに。

あるいは戦国で言えば、さんざん無茶苦茶をやった織田信長典型的パワハラ上司だが、最後大軍に攻められあっさり死んだ(つまり前者)ってことで、なんかいい人だったような語られ方をされやすい。逆に、その被害者だったが、天下を握れる立場に近づきながらも敗戦し逃げまどって最後は土民に討たれて死んだ明智光秀は、すごい有能で常識人だったみたいなのに、「三日天下」といつまでたっても嘲笑対象となっており、後者典型である


したがって、アベくんが死んで水に流されるかどうかは、今彼のやってることが極悪非道であるかはたまた救国の英雄であるかには全くかかわらず、単に「死に際が栄えるかどうか」によるんじゃないかな。たとえば彼のせいで日本が今後勝ち目のない戦争突入した時、最前線で真っ先に華々しく散ったりしたら、「まぁ、馬鹿だけどしゃーねーか。馬鹿だけど。」くらいの扱いで済むと思うが、彼のせいで追い詰められた一狂人に腹を刺され、さりとてすぐには死なずうだうだとして半年後くらいに最期を迎えたら、歴史上は刺した方が英雄扱いになるんじゃないかな。

2019-10-16

普通になりたい

自分が如何に矮小卑怯自分勝手で不真面目な人間かは分かっている。

他の人が努力をして生きているのも知っている。

でも羨ましいものは羨ましいし憧れるものは憧れる。

心療内科を訪れて鬱や不安障害と明確な概念をもらえて、世間一般に溢れる1人であると安堵できる可能性よりも、貴方に異常はありません。と言われる不安の方が大きい。

何もかもが怖くて自分が生きてちゃダメなんだと震えて泣いた数分後に、さっきまでの衝動は一体なんだったんだ?と自分理解できなくなる瞬間が数日おきに来る。

普通なんてもの存在しておらず、いるのはただそれぞれの人生を生きる人間達だと分かっているけど、自分以外の人間が何か同じ集団に属していて、自分けが爪弾きにされているような疎外感を覚える。

タピオカ片手に笑う女性だって辛い場面もあるだろう。それでも人生が±で言えばプラスだと答えそう。自分マイナススタートマイナス振り切ってるよ

俯いて早足で人に肩をぶつけながら歩く男だって、きっと連絡が取れなくなれば心配に思ってくれる人間がいるんだろうな。いいな。

みんな普通になりたいと思っていながらそれを口にしないだけなのかな。

2019-10-04

夢小説の枝の一本が、原始回帰しているのではなかろうか、という話

※この記事書き手夢小説(夢創作)がとても好きです。

前提

以下、本文

話題のことについてもう少しわかりやすくすると、原作にいるキャラを例えばAさんとし、『私』を花子さんとした場合、A花と巷によくあるCPのように略して表記をされている方が増えた(ここでの『花子』さんは、創作者の名前と同じものします)(また、以下『A花』と表記しますが『花A』『A花A』を否定するものでは誓ってありませんし、性別特定するものでもありません)。

これは『A花』であって、『花』を名前変換することは基本的にあまりない、と思う。どうなんだろう。その辺は人と場所に依りそう。だから夢小説(夢創作)』ではないのかもしれないけれど、とりあえずその辺の話として続ける。

まぁしか自分矮小存在なので、そもそもこれは自分観測内だけの話かもしれない(もしかたらこ記事を読んでいる人にとってはそんなこともう10年前から当たり前だったかもしれないし、はたまたそういった人は全く見かけない、という人もいるかもしれない)。

とりあえずこの記事書き手の周りでは増えたんだな、と思って読んでほしい。

夢界隈外での夢の認識は未だに、『キャラくん×私』の図式で終わっている。とてもプリミティブだ。それが悪いと言っているわけじゃないけれど、そこから何一つとして認識が進んでいない。

けれど、長年そんな風に言われながらも実のところ『A花』というもの自分はあまり見かけなかった。仮に自分であっても夢主と表現し、名前を表には出さない。CP名のように略さない。そういう人が多かったように見受けられた。

けれど冒頭に書いた通り、ここ最近、2〜3年だろうか、『A花』という表記を見かけることが多くなった。私はそれが、純粋に、羨ましかった。羨ましいという表現は『A花』として創作をされている方の苦労や涙を軽んじているように思われるかもしれないが、忌憚なく言わせてもらうならばやはり「羨ましい」という単語が当てはまる。

ここから少し自分の昔語りになるけれど、私は10年ほど前にかなり長めな夢小説を書いて完結させた。これだけでもう察しのいい方は気付いたと思うけれど、そう、夢主がほぼ完全に理想自分、この世界にこの立場でいられたならばこう動いていただろう、という理想妄執を詰め込んだある種の呪詛祈りのような作品だ。

それを私は普段書く夢小説と変わらないような体で発表した。

普段自分作風は、原作世界の中に『こんな人物生活しているかもしれない』『ここにいたら関わりがあったかもしれない』という舞台観測型の書き手だった(と思う)(実は自分創作がどんなものなのかいまいち分かっていないので曖昧だけれど許してほしい)。

そもそもかなり原作ジャンル自体が全く違うので、今までのジャンル小説を読んでくれた人とそのジャンル小説を読んでくれた人は重なっていないかもしれないけれど、自分読み手の方を裏切っているのではないかと、たまに思う(そもそもその理想の私で書いたジャンル書き手読み手も少ない小規模界隈だったのでおそらくマジで重なってないと思う)。

そんで少し前の「羨ましい」に戻るわけだ。今ならあれを『A花』として出せたのだろうか、それを受け入れてもらえたんじゃないか、と考えたりする。けれど自分が弱いことはよく知っているのでこのことは誰にも言っていないし、これからも誰かに告げる予定はない。自分けが知っていればいいことだと思う。

から自分の意気地がないってだけなので「羨ましい」というのはお門違いなのは重々承知している。A花をしている方のなかには、ひどく気を使っていらっしゃる方もいると知っている。ファンアートを描かせて頂いた時に「受け入れてもらっているのかすごく不安だった」と心情を吐露してくださった方もいた。

きっと皆さん多かれ少なかれ恐怖の中にいるのだろうと思う。

私はその勇気が素晴らしいと思うし、勝手ながら元気をたくさんもらっている(だからせめて「私はあなたの心とパートナーを支持します」というのを遠回しに表明するために『A花』を描かせてもらうのだ)。

臆病で結局表明もできない人間から、みんな自己投影の話は『A花』としてやるといいよ、なんてことは口が裂けても言えない。だけど自分は誰かの『A花』を笑わないし、たとえ受け入れられなかったとしてもそれは自分許容範囲の話なので、『A花』が悪かったわけでも『A』さんや『花子』さんが悪かったわけでもない。そういうことはよくある話だと思う。

『私』を出している作品から否定されるととても深く傷つきやすガラスのようなものだとは思うけれど、気を確かに持ってほしい(気が狂ってるとかいう人もいるけれど、同人者なんて多かれ少なかれ頭がおかしいもんだ)(自分のいる側こそが正気だと思ってる方が狂気じみている)。

そんなわけで、界隈外から夢小説って、キャラ×自分なんでしょ」というほぼ一択解釈であるのにも関わらず、案外「キャラ×自分名前変換がない)」を表明した作品全然なかったのは面白いし興味深いし、増えてきたのはいいことだなー!!!と思う、という話でした。

【余談】

けれど現状だとそれを受け入れる・検索できる素地が整っていない(サーチさんとかの定義では『名前変換ができるもの』が第一原則としてよく存在する)ので、サイトを持っている方を見ると勿体無いな、とも感じたりする。でも『A花』をされている方は、サーチから来てほしいという欲求はあったりするのだろうか。それこそ気の合う人たちと一緒にいる傷つかない世界を望んでいるんじゃないか、など答えの出ないものを考えたりしてしまう。

これも十人十色だろうけれど。露出したい人もいれば、露出したくない人もいる。それはどの作品でもあることだ。

(……思ったけれど、『A花』を観測できなかったのって、こういった感じで『夢創作』として受け入れられなかったからでは?とこの余談を書きながら思った。)

(サーチ管理者さまをdisる意図はないです。あの定義必要だったろうなと思うので。)

【余談終わり】

思ってたより長くなった。

ここまで読んでくれた人がいたらお疲れ様でした。ありがとうございます

2019-09-15

誰かと深く関わるのがすごく苦手だ。

自分矮小さを見透かされるようで、深く関われば関わるほど、その場から逃げ出したくて堪らなくなってしまう。

接客は得意なんだ。そのときに生じる関係一時的ものから

どれだけ自分を取り繕っても、綻んで手詰まりになることがないから。

精一杯相手の期待する「自分」を演じられる。

 

けど誰かと仲良くなるということは、その後ずっとその関係性で付き合っていくということ。

初めに精一杯演じた自分をその後もずっと継続して演じることなんてできない。

疲弊し、神経をすり減らしているうちにいつか綻びが出て、相手失望させる。

その綻びが相手を傷つけたこともたくさんある。

 

演じることをやめようと思ったこともある。

虚飾で取り込んだ人々は、僕が演じるのを止めた途端、ほとんどが僕のもとから去っていった。

初めから演じなければ、そもそも僕のもとには誰も来なかった。

好青年を演じて、深くは関わらない程度に関わる。

それが僕の行き着いた結論だった。

 

から、流動的に生きてきた。

一所にとどまって誰かと深い関係を築かざるを得ないような状況に陥らないように。

広く、浅く。

それが僕が生き残るための、生存戦略のようなものだった。

 

そうして僕は安寧を手に入れた。

誰かと関わる喜びはないけれど、自分失望することもない。

必要な時だけ他人と関わって、でも深くは関わらない。

色んなことに挑戦して、できることが増えるたびに一人でひっそりと喜んだ。

でも、安穏とした環境に身を置いていると、こんなに大事ことなのにすぐに忘れてしまう。

 

僕が尊敬する人物の一人に、宿泊所でのアルバイトに来ないかと誘われた。

場所北海道仕事は館内の掃除で、賃金は出ないけれど食・住付き。

北海道に行ったことがなかった僕にとっては魅力的な話。即決だった。

 

けど食がつくということは、そこで働く数人で一緒にご飯を食べるということ。

まさか黙って食べるわけがない。雑談して、笑う。

そこにいる人々は皆いい人ばかりで、和やかな雰囲気

深く関わらず雑談する術を僕は持っていなかった。

 

「良い人」たちだから、こんな自分でも気兼ねなく話せるようにとても気遣ってくれる。

でも、気遣われてるのもわかるんだ。

昨日の夕飯後、みんなで知恵を絞り合っていたのも知ってる。

どうやったら僕が話に入れるか。誰と話せばいいかからないんじゃないか。席を固定してみるのもいいんじゃないか。

星を見に誘ったのも、きっと気を遣ってのことだよね。

知ってるから今日はなるべく会話に入ろうと頑張ったんだよ。

良い人たちにこんなに手間をかけさせて。誰かと深く関われない自分は悪なのかもしれない。

 

多分こんなことを考えていること自体が、一般的にはひどく愚かなことなのだと思う。

人間はただ生きているだけで素晴らしいんだ。

そんな言葉を数えきれないくらい聞いて、読んだ。

僕が逆の立場なら、きっと同じ言葉を口にする。

でも、自分だけにはそんな価値がないとどうしても思ってしまう。

僕の好きな人々にはそれぞれの交友関係があって、彼ら彼女らを取り巻く人々は傍から見てもとても素敵な人たちばかりだ。

僕がそこにいる必要なんてないんじゃないかと思ってしまう。

彼ら彼女らの笑顔に、たぶん僕は必要ない。

 

後でこの文章を見返したときに、あの頃は青かったなぁなんて笑い飛ばせる日が来るんだろうか。

先人たちは皆、口をそろえて20代特有の悩みだという。

なら、きっと来るはずだ。

じゃなければもう、どうしていいのかわからない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん