「失業保険」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失業保険とは

2018-06-15

皆あまり言わないけどジャップランド失業保険のクソさは異常

会社都合などでなければ、辞めてから3か月以上経たないともらえない

・もらえたとしても、1日最大でも7000円ちょい(は?大の大人が月21万で生活しろと?)

・90日で支給打ち切り

被雇用者でなければ(フリーランス等は)対象外


クソジャップランドセーフティネットの薄さ凄いよなあ

2018-06-08

今はそんな派遣から脱出して月70万ぐらいいただくフリーランスだが

これも本当にショボい額でね

失業保険が無い・退職金も無いってのを考慮するとせめて1.5倍はいただかないといけない

ほんと俺ら非正規は安く買い叩かれてるわ

2018-06-07

結局本当の本当の本当に最後の手段として死蔵してたローンカードを使うことにしたわ…なんか今日生きるために種籾を食ったみたいですげえ憂鬱しか失業保険は悠長に7日待機+4週間後とか言ってるし、未払い給与の立替はそもそも通らない可能性すらあるらしいし、零細企業を放り出されたザコは死ねってことか…?

2018-06-06

anond:20180606104550

会社都合なら数ヶ月待たなくても失業保険もらえるよ

額も多いし、期間も長い

それまでの生活費がもたない場合は知らん

会社経営破綻することになった

会社経営破綻することになった。

まり細かく内情を書くと特定されかねんのでアレだが、破綻処理に使う金(未払い給与や即時解雇に伴う1ヶ月給与の支払いも含む)すら捻出できないと言われ(実際状況的に逆さに振ってもカネがあるとは思えない)、ただでさえ無貯金ワープアなのに2ヶ月分の給与が未払いという素寒貧のまま放り出されることになった。

先のことはいい。こういう場合のための失業保険だし、未払い給与についても立替払い精度があるので、ある程度時間が経てば貧乏なりに生活は落ち着く。

問題は当面の生活費だ。給与未払いが2ヶ月続いてるせいでガチ素寒貧なのだ。今のままならカードも来週頭には止められる。止められるというか払える見込みがないのでこれ以上使うのはまずい。

色々趣味のもので換金性がありそうなものを売り払ってなんとか支払や生計に充てようとしているが、レトロPCマニア、それも蒐集ではなく自分で使う目的(=改造など入りまくり)のマニアというのはこういう時には弱い。換金性がありそうなものがまるでない。

…長くなったが、こういう場合に当座の生活資金を融通してくれるような公的制度とかないんだろうか。

パッと思いつくのは生活保護だが、40男に出るとは思えないんだよなあ…

2018-06-02

anond:20180602212547

まあ折角だから失業保険に頼らずずっと働いて年収800万キープするわ

6月に1か月だけバイト入れておけば、失業保険受給権7000円ちょい×300日分をキープできたのに…

210万円損したと思うとさすがにヘコむわ

2018-06-01

脅迫されている感覚

僕は時々、頭のなかで何かから脅迫されている感覚にあう。

僕はプログラマーをしているのだが、体調を崩しがちで、月に何度か高熱が出て会社を休んでしまうことがあった。朝も弱くて寝坊だってする。傍から見ればただのクズだ。体調管理が出来ないなんて社会人失格、というのは前の会社で頻りに言われていたことだ。結局大きな病気になってしまい、その会社は辞めることになった。就職して一年も経っていなかった。

仕事を辞めてからは約三ヶ月ほどニートをしていた。

ニート期間というのは、実家ぐらしだからこそ続くのだなと思った。20歳実家を飛び出して一人暮らしを始めた僕は、今更実家に戻ろうなんて考えはなかった。母からご飯ちゃんと食べているか仕事は決まりそうか、なんなら戻ってこないか、などと定期的に連絡は来ていたが、無駄プライドの高い僕は一度巣立った場所からの援助なんて受ける気はない、受けちゃいけないと思っていた。

ニート生活を始めて数日は、気ままに生活が出来て楽しかった。貯金にもある程度余裕はあったし、ゲームも好きなだけ出来る。だが、一週間経つと、急に不安に苛まれるようになった。僕は変なところが真面目だったのだ。自由謳歌できなくなった。周りが働いているのに働いていない自分への危機感、減っていく貯金、過ぎゆく時間。大好きなゲームも、今はやっている場合じゃないと思い始めた。結局遊べたのは二、三週間であとの二ヶ月は勉強をしたり、プログラムを書いたり、転職に向けての活動をしていた。

仕事を辞めた当初、転職なんて簡単にできると思っていた。就職も周りがバタバタしている時にすんなり決まったし、今回もすぐ決まるだろう、と。現実残酷で、僕はなんて甘い考えをしていたんだと痛感した。今の自分新卒ではないのだ。プログラマ求人は、どこも実務経験を重視していた。まだ若いはいえ、実務経験一年に満たないような、自己都合で退職したニートを雇ってくれるところなどなかった。

ただひたすら焦っていた。自己都合退職なので失業保険も貰えず、時間けが過ぎていく。その頃から、頭の中で追い込まれていく感覚を感じ始めた。いろいろな方向から罵倒されているような、怒鳴られているような、何かから追われていて、逃げなきゃいけないという感覚。息が詰まる。一人きりの部屋で、何も音のしない部屋で、過呼吸で倒れそうになる。

近所のおばさんは、僕が在宅業務をやっていると思っているらしく、昼間でもおかずを持ってきてくれたりするのだが、優しい声で話しかけてきているはずなのに、頭のなかでは何かに脅迫されているような錯覚に陥る。目を覚ますたびに、テレビをつけるたびに、PCをつけるたびに、出かけるたびに、人と話すたびに、それは起きた。気が狂いそうだった。今思えば、あの時実家に帰っていればこうはならなかったのかも知れない。

ニート生活三ヶ月が経とうかと言う時に、僕が入社する会社面接日が決まった。不安でいっぱいだった。面接官が話すたびに頭のなかであの感覚がやってくる。まともに話せていたかどうかも覚えていないが、とにかく何も考えないようにした。

その会社から採用をもらった。採用通知を見た時。憑き物が落ちるのを感じた。ただ、就職してから脅迫されているようなあの感覚に陥ることがある。前と何も変わっていなかった。あの感覚は何だったんだ。そう思っていた。

変わっていたのは心の持ちようだった。あの瞬間に、心が成長したんだと思う。前の仕事を辞める前より体調不良になりにくくなった。寝坊もしなくなった。仕事でも、大きな評価をもらえるようになっていた。

あの感覚も、いつの日か克服出来るのだろうか。

2018-05-28

ブラックIT転職したい

サービス残業が多いブラックIT転職したいハロワ相談しました

理由ブラックなら退職後即失業保険がもらえますから

それでお金をもらいながらバカンスを過ごしたいからです

しかハロワ相談すると「今は残業とか厳しいですからね、ないんじゃないですかー」と一蹴されてしまいました

もうブラック企業はなくなってしまったということでしょうか

2018-05-23

anond:20180523132055

失業しても失業保険も生活保護もあるぞ

それで食いつないでもっと良い仕事を探せばよい

まあ安倍はそういう社会保障を削りたいようだが

2018-05-13

ジャップランド失業保険はほんと安すぎ 死ねばいい

たとえば俺は今時給4000円で派遣やってるんだけれど

月の給料はまあ170時間ぐらい×4000円で70万弱か


失業保険ってのは、働いてた頃の収入の5〜6割を保証するものらしい

でも俺の場合いくら貰えるかというと、1日7455円だ


いやいや、ちょっと待てよ

おかしいだろ

70万弱の5〜6割なら、一日あたり1万2千円〜1万4千円はもらえてしかるべきだろう

いい歳こいた大人が一日7455円って、何をすりゃいいんだ

ふざけてるのか

ほんと日本政府死ねよ 安倍も首吊って死ね

2018-05-07

anond:20180507182050

失業保険って「すぐ働ける状態」でないと貰えないはずだけど

病気退職場合、治らないと貰えないんじゃないの?

2018-05-04

雇用保険マイナンバー義務

今年5月から雇用保険手続きマイナンバーの記入が義務化された

雇用保険ってのはつまり失業保険で、加入手続き会社で行うんだけど、その申請書類マイナンバーが書かれてなかった場合は受付してもらえないわけ。今は。

から、これから会社マイナンバー伝えとかなきゃならんわけ。義務として。

マイナンバーなんて何につかうんだ?と思ってたが、やっと使い方ができたわけだ。

4月以前のデータにはマイナンバーが紐付けされてないけど、そっちも手動でいれてくんだろうか。

マイナンバー年金や税や労働保険が一元管理できたらそら便利だろうけど、マイナンバー抜きで統合してもかかるコストは同じじゃね?とか思ったり

2018-04-25

30を超えてまで実家に住んでいる理由

[労働][ブラック企業][固定残業代][みなし残業代][長時間労働][サービス残業][エンジニア][プログラマー]

よく周囲から増田君まだ実家にいるの?いつ出てくの?」と揶揄される。

だって、出れるならさっさと出たい。けど現在自分の状況を見ると、実家に留まらざるを得ない理由がある。

まず自分最近派遣社員で働いているけれど、当然いつ契約終了を言い渡されるか解らない立場にある。

これで失業保険ちゃんと貰えるのならばまだいいのだけれど、

現行法だと失業保険を貰うには、離職の日以前1年間に雇用保険に加入していた期間が満6ヶ月以上でないといけない。

派遣だと1ヶ月から3ヶ月で契約を切られる事があるので、失業保険セーフティネットにかかる事が出来ない可能性がある。

「じゃあなぜ派遣で働いているの?」と思うだろうが、大抵の企業正社員にはみなし残業代が設定されている。

昔、自分自分会社にみなし残業代が敷かれている事も知らず、

沢山ただ働きさせられてしまったという苦い経験がある。

自分には大事にしている趣味があるのだが、その趣味時間もこの残業のせいでなくなってしまった。

断れればいいのだが、現行法では残業を「趣味余暇時間を取りたいから」という理由で断ると、

解雇事由になる恐れがある。

この働けば働く程、自分時間毎の給料が減っていく、みなし残業代システムにはモチベが下がらざるを得ない。

となると、ホワイト約束されている派遣社員で働くのが有効選択肢になる。

しかしやはり派遣社員だとかなり雇用生活不安定になる。

であるので、実家に住むという選択肢有効選択肢の一つになる。

これからスキルを身に付け続けて、

非正規を続けるか、ホワイトな所の正社員になれるように努力するつもりだが、

最近この国では高度プロフェッショナル制度という名の「残業代0法」「定額働かせ放題法」

を通されようとしている。もうそうなったら日本中が「みなし残業代デフォ」な状態になるので、

そう考えると移民の準備せざるを得ない。だから最近は着々と移民をする準備をしている。

健康的で文化的生活をしたい。」

ただこの為だけに、ここまでの努力をし、

まれ育った国からも出ていく準備をしなければならないなんて、悲しい話だ。

2018-04-16

失業保険受給期間も終了した

職探しも本腰をやっと入れ、

今日面接に行ってきた

相手側と自分希望のズレと、

他の人は合致してるというのもあり、

不採用だろう。

何だろうか、

面接のことやその場所でやっていけるか

不安や色々考えて決断するまで時間がかかった。

感じたことは、

考える時








2018-04-15

ニート43日目。面接の結果が来なくて不安だしすごくヒマなので、如何にして時間をつぶすかについて考える。

英語勉強

社会人のころは隙間時間を見つけて熱心に勉強していたが、時間制限だとどうもやる気が出ない。TOEICそこそこ良い点取れたから、次は英検準一級でもやろうかなって思うんだけれど、日本にいる分には使いどころもそんなに無いしなあって感じ。

プログラミング勉強

プログラマー。漫然とかっこいいイメージあるが、作りたいものがないのでProgateちょっとやって挫折アウトプットに対する苦手意識がある。初心者なんだからしょーもなくって役に立たないもの沢山作ったらいいんだろうけど、パッと評価されないと気が乗らないのは、悪い癖なのだと思う。

ギター

かぶってたギターを取り出して、ポロンと弾いてみる。発表の場がないとむなしい。やってどうなるって思っちゃう趣味なんて総じて、やってどうなるものでもないんだろうけど。社会人サークルとかあるみたいなので、職が見つかったら検討してみたい。

アフィリエイト

不労所得めっちゃ興味あるけど、企業が多数参戦している中で検索上位を取るのって並大抵のことではないと思う。ちょっとだけ試したことあるけれど、誰にも見られない記事を書き続けるのがつらくて、すぐやめてしまった。こんな風にダラダラ思ったことを適当に書くのではなく、みんなが興味持っていることをまとめたり、世相を鋭く斬ったりしなくてはならないのだ。

クラウドソージン

ヒマだからテープ起こしとかして小銭かせいじゃおっかな~って調べたところ、どうも失業保険の支払いに関わるらしいのでやめた。あと単価やすすぎという意見もチラホラ。たしかコンビニバイトの半分以下とかザラっぽい。

旅行

上手くいけば旅先で素敵な異性と出会ってイチャついたり、荘厳な景色から何かしらの気づきを得て人間的に一歩成長したりできそうだが、基本的一人旅って何が面白いのって思っちゃう。ちなみに一人旅好きな人から、現地のエロい店に行くから一人でも平気という話を聞いて、なるほどと思ったことがある。

どれもしっくりこないからもうちょっと考えたい。昔はゲームしていれば幸せだったが、ずいぶん拗れてしまった。あるいは何も考えずに、何でもいいか適当に行動したほうが良いのかもしれない。それはそうと、この文章を書くために1時間ほど時間を潰せたので、嬉しいと思った。

2018-04-07

失業保険が安すぎる

これを言うのは四回目なんだけど、失業保険が安すぎる

一日約7000円、月約21万円ってどういうことだよ

大学生アルバイト賃金かよ

月収の6割程度保証するんじゃなかったのかよ

毎年100万ずつ貯めている

100万あれば半年ニートが出来る。

働く必要がなくなって無駄な出費が無くなるからもっと長くやっていける気もする。

1年働けば半年ニート出来る。

夢がある。

10年働けば5年ニート出来る。

20年働けば10年ニート出来る。

素晴らしい。

そう思っていた。

でもよお。

それならいっそ最初から半年働いて次の半年失業保険貯金で凌ぐ暮らしを繰り返せばいいんじゃなかったんかね。

生き方を間違えた気がする。

でも今更、今の会社離れて生きていける気がしねえや。

2018-04-05

失業保険安すぎ日本死ね

一日7000円ちょいが上限って何だよ

せめて月給の6割の40万ちょいは寄越せよ

日本死ね

2018-04-04

anond:20180404153828

会社失業保険に入って無くても

給与から保険料天引きされて無い場合は「保険料を支払うことで」過去2年分まで

給与から保険料天引きされている場合は在職期間分支給されるそうだ。

2018-04-03

機械室で働いて心と体がぶっ壊れた一年後の話(追記あり)

 月手取り17万円、残業代交通費は別途支給賞与なし。

 人に誇れる収入ではあるまいが、ワーキングプア定義年収200万円以下」は辛うじて上回る。下を見ればきりがない昨今、地方都市女性派遣社員としては恵まれ待遇かも知れない。

 一年と少し前に、私はこういう記事を書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20170315161240

 今回の記事は、その後日談だ。





 前の記事には「5月くらいには再就職するはず」とあるのだが、一年以上経った今も、私は無職のままブラブラしている。情けないと思う一方で、当然だという気もする。

 何しろ就職希望面接に、ノーメイクで行くような非常識な女なのだ。その理由が「道々涙が止まらなくなり崩れたメイクを落とさざるを得なかった」という、年齢不相応の情緒不安定である面接の途中で気分が悪くなって退出し、トイレまで我慢出来ずに廊下嘔吐したこともあった。私が人事担当者なら、こんな人間採用しないし、それを採用するような企業で働くのは私も不安だ。

 どうやら私の精神は、重度の労働アレルギーになってしまったらしい。病院先生は「軽いアルバイトから始めてみたら」と仰るのだが、やはり面接中に泣き出してしまった。

 一年前の私は「自分で思っていたよりダメージを受けていた」という記事を書きながら、心のどこかで「すぐ回復する」と、やはり事態を軽く見ていた。バカは死ななきゃ治らない、というのは本当かも知れない。





 このアレルギーの原因は、前の職場環境だけではなく、退職後の傷病手当失業保険生活していた期間にもあると思う。

 傷病手当にせよ失業保険にせよ、支給額は「働いていた時の給与の何割か」という式で算出されるため、収入は激減する。

 その期間中に、私の貯金は随分増えた。おかしな話だが、収入が減って、貯金は増えた。

 理由簡単。働かなくなったことで、収入以上に出費が減ったのだ。

 仕事着のスーツを買わなくていい。当然クリーニング代も不要であるオフィスサンダルパンプスも、ストッキングも要らない。通勤電車でもみくちゃにされないので、服も鞄も傷まない。

 疲れて帰ってきて惣菜で夕食を済ませたり、寝坊してしまって昼はコンビニ弁当、ということもなくなった。冷凍食品も買わなくなった。残業帰りの夜道が不安バスタクシーを使うこともないし、楽しくもない忘年会歓迎会の会費とも無縁だ。

 娯楽にしても、平日の昼間はほとんどの施設安価で、映画レディースデー料金で観られる(働いていても夜の部を観れば良いのだが、私にはその余裕がなかった)。友達とたまにしていた夜の外食は、相手職場付近でのランチに置き換えてもらった。1回あたりの話せる時間は半分になったが、2回会っても出費は夕食の半分以下だ。

 通勤時間に読むための本を、無闇に買うこともなくなった。代わりに図書館に通ったり、書店で読む時間たっぷりあるので、通読して気に入ったものだけを買う。読み終わっている本を買うの?と怪訝に思われるかも知れないが、本好きとしては極限レベル妥協である

 そうした出費の減少が積もり積もって、私の総支出額は激減した。

 働いて得た収入の大部分を、働くために使っていた。仕事をやめる前と後の家計簿を見比べると、そういう結論に辿り着く。職を失って節約を心掛けていたにせよ、それだけで出費が半減するはずはない。

 私は確かに、月の半分は自分が生きるために働いていたが、残りの半分はそうではなかった。





 最近、人に食われる夢をよく見るようになった。私の内臓を食べている人は、前の派遣先上司であったり、PC操作を覚えようともせずに丸投げしてきた社員であったり、派遣会社担当者であったりする。

 私が自由に使えるはずの時間と体力、心の健康。それらを犠牲にした対価であるはずの雀の涙ほどの給与までもを、仕事が、彼らが貪り食ってしまった。夢の内容をそう解釈してしまうのは、私の心が病んでいるせいだろうか。

 夢に出てくる人たちのことを、悪い人だとは思っていない。だからといって、私自身も生きながら内臓を食われなきゃいけないほど邪悪人間ではないと思う。他に呪うべき相手は思い付かないけれど。

 子供の頃、仕事とは誰かの役に立つことだと思っていた。その時生じる「ありがとう、助かりました」を、お金に変換したものがお給料である。「えほんがすきだから、しょうらいはさっかさんになるの!」と同じくらい、子供らしくて純粋で、現実度外視した世界観だった。

 でも、人の役に立つって、本当はこういうことなのかも知れない。

 はらわたを食われる夢の中の私は、大抵そんなことを考えている。腸が滑らかに引きずり出されていく様、それが相手との間でぶらんと垂れ下がる様を、冷静に観察している。がらんどうになった胴の軽さ、残された骨の軋みを感じている。

 傷病手当も、失業保険も切れた。貯金が尽きる前に、労働アレルギーを治して、また彼らに食わせるための肉をつけなければ。そう思うのだが、それを出来る自信がない。





【同日22時過ぎ 追記】

 こんな文章を深夜に書いているのはおかしいと自分でも思い、一晩眠って心療内科に行ってきた。ついでに足を伸ばして博物館特別展を見て、一旦帰宅した後、五キロジョギングを終えてPCを起動させ、反応の数に驚愕した。

 深夜の病んだ精神状態をも発信出来てしまう、インターネットは怖いツールだ。

 職と収入を失ってから一年間で、私が更に失ったものがある。前の記事に書いた「たっぷり寝て美味しいもの食べてジョギングしてプール行って本読んで映画観てカラオケに篭もる」を実践した結果、体重が少しだけ、体脂肪率は5%も落ちた。

 失われた贅肉を惜しむ気持ちは勿論なく、体調に限って言えば自分史上、最も体が軽くて健やかな部類である

 心の方も、そう悪くもない。本文の通り、金はないが時間が有り余る生活謳歌している。

 あの夢は確かに不快だが、私が己の内臓差し出すような働き方をしていたのは事実であり、夢の中=過去の私は現実現在の私とは別人なのだ。夢は一年前の出来事を離れた所から、多少冷静に見られるようになった証のようにも思える。せっかく夢が警告してくれているのだから、次の仕事を探すときは、同じ過ちは繰り返すまい。

 その冷静さのせいで、家計簿を見て凹んだりもしたが、渦巻く気持ちネットの海に吐き捨てたら憑き物が落ちたようにスッキリした。この記事を読んで心配してくださった方、すみません。揺り戻しで自己憐憫に溺れることもあるけれど、私は元気です。

 吐き出しついでに考えてみたところ、労働アレルギー発症しているのは私の心ではなく、体のように思えてきた。

 犬を「散歩に行くよ」と騙して動物病院に連れて行くと、その後「今日は本当に散歩だよ」と飼い主が誘っても、「またぶっとい注射を打たれるんでしょ?」と拒絶することがある。

 あれと同じで、私の理性が「もう働けるよ、今度こそいい職場探そうよ」と呼び掛けても、動物的な部分は「また暗くて寒い場所に閉じ込められるんでしょ?」と尻尾を巻くのだ。動物から言葉による説得は通じず、泣いたり吐いたりして拒絶を示す。体の記憶は強固である

 労働環境はともかく、仕事の内容も職場の人も、私は結構好きだった。少なくとも理性の部分では、そう思えるようになった。あとは体が追い付いてくるのを待つだけだ。

 まず来てくれるのかが心配ではあるが、時間を掛ければ大丈夫だと、先人たちが証明してくれている。それまで貯金が持つよう祈りつつ、在宅の仕事支援制度についても調べてみようと思う。

 今度こそご心配なく。死にさえしなければ生きて行ける。






 ところで最寄りの書店ソファで昼寝している人がいるような大らかな雰囲気の上、店員さんには「読み終えようがレジには来る」という情報込みで顔を覚えられている。元々常連だったこともあり、いつもニコニコ対応される。

 が、書店迷惑ではないにしろ、本を買わずに読むという行為情報窃盗には違いない。図書館の利用にも似たような罪悪感がある。就労云々とはまた別に、早く好きなものを心置きなく買えるようになりたい。

2018-03-25

僕は無職で、就活してるんだけど、基本めちゃくちゃ暇だし、特にやりたいこともないから、部屋の掃除とかしてる。つらい。これ売ったら2万円くらいになるのかなあとか思いながら。随分散財しちゃったかお金殆どなくて、まあ失業保険出るから暫くは大丈夫なんだけれど、でも今度はちゃん貯金しよう、頑張って1000万円くらい貯めようとか考えたりする。たいしたスキルもない僕に貯められるのだろうか。ゴリゴリ働いて、ステキ大人になりたいぜ。昔はそんなこと全く思ってなかった。面接なんて週一あるかないかだし、とにかく本当に暇だ。ニート続けるのも才能だと思う。世の中の流れに沿わない才能もある。仕事を通じてやりたいことなんて特にないし、本当にやりたいことなんだろう、うーんうーんって唸った挙句仕事見つけたら婚活しようという考えに至る。でもお金かかりそうだからやだな、知らない人と話すの疲れるんだよなあ、街コン行ったことあるけど不毛しかないんだよなあ〜とかって思う。何しろ人と全然会わないから人恋しく思う。昔はこんな風に思わなかったのにな。弱くなったのか、強くなったのか、わからない。まあたぶん若者のうち半分くらいには恋人がいて、幸せなのかは知らないけれどまあそれなりに暮らしている。その環の中で、取っ替え引っ替えしたりもしてるんでしょう。お金ほしい。暇だ。昼夜逆転してるが、本当は早起きしたい。でも眠くないしずっと起きていたい。かたや目覚める時は、ずっと寝ていたいと思う。こうしてくだらない文章投稿するときにも、繋がりを求めているのだろう。アフィリエイトがたくさん貼ってあるブログのように、役に立つことは書けない。誰かに会いたい。お腹すいたから、とりあえず寝よう。

2018-03-20

anond:20180320153125

そんな馬鹿なことがあるかよ。

と思ったけど、クビだとすぐに失業保険もらえるのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん