「スローガン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スローガンとは

2018-06-12

anond:20180610165630

この場だから告白するが、自分殺意を実行していたら子供は両手で数えられないくらい死んでる。

そのたびに正気に戻り、殺人者にはならずにすんでいる。

一歩間違えたらそっちだったと思っているから、世間の人たちみたいに虐待死させた親を責めることがどうしてもできない。

いや、世間の怒っている人たちは子育て経験が無いか、よほど体力があったか、よほど精神力があったかのどれかなんだろうなぁと思ってる。

まれからすぐの昼夜無くお乳をあげている期間、あまり寝不足に「○したら楽になるかなー」と思ったことは正直何度もあった。

マンションから転落死させた事件最近あったけれど、自分も一歩間違えるとそっちだったことはあった。

...と書いている自分は育休をとった夫なので、「夫の育児参加」は周回遅れのスローガンだと思ってる。

2018-06-01

anond:20180601161643

シンガポール80年代に、日本よりも早く少子化対策を始めた。87年には政策スローガン『3人以上(子どもを)持とう、余裕があるならば』を掲げた。子ども手当や公務員不妊手術のための休暇制度時間短縮勤務など様々な対策が取られた。この結果、一時的出生率は上昇したが、再び低迷した。政策を打ち出しても、出生率は永続的に上昇するということにはならなかった。04年にも『シンガポール家族にとってすばらしい場所』という政策スローガンを出し、出産祝い金や子ども手当の増額、外国人メイド税の減税など包括的政策を出したが、効果があったとはいえない。今もなお、出生率は1.1~1.2あたりをはっている」

anond:20180601123629

LGBTも、選挙権が無いわけでも居住地区が制限される訳でもなければ、

就職出来ないわけでも同じ仕事をしていてもLGBTというだけで給料が下げられるとか出世できないとか言うわけでもない。


「他の人間から趣味が合わないかプライベートで付き合いたくないと言われる」を、

周囲全員からやられると、それは江戸時代でいう「村八分」となる。

他人を、趣味理由にして「村八分」にする権利など誰にあるものか。

あと、仕事評価プライベートの(人間関係の)評価は、明確に切り離されているわけではない。

から、「オタクから付き合いづらい」→「社内の人間とのコミュニケーション取れてないと評価」→「仕事評価給料が下がる」

こういった流れで、「オタク」→「正当に評価されない」は、ありえる。

かつてフェミは「個人的なことは政治的なこと」とスローガンを掲げていたが、それと同じ。

個人的好き嫌いが集まると、全体から排除になりうる以上、

オタクから付き合いたくない」は(もちろんほかの趣味もそうだが)許されない。

2018-05-29

「みんなでオリンピック成功させよう!」

今日ヤマトトラックに「みんなで東京オリンピック成功させよう!」みたいなスローガンがあって

なんか強烈な違和感を持ってしまった。

「がんばろう福島」は、まだ、理解はできる。

しかしこれは、なにかがおかしいと思った。

2018-05-27

anond:20180527212910

僕の入った高校は「国際人育成」のようなことをスローガンに掲げている。後輩や部下を怒鳴り散らすような人が、世界通用するだろうか?

アメリカハイスクール通過儀礼もっとエグいと映画で学んだ

入学した高校風習が異常すぎる

僕が入学した高校は、この地域では有数の進学校で、100年余りの伝統で知られている…というのが僕が聞いた前評判だった。

ところが、入学した途端に奇妙で恐ろしい風習さらされ、ひどく困惑している。

入学式の翌日、体育館で全学年がそろった歓迎会のようなものが開かれた。伝統であるゆえか、歓迎会に限らず、どんな集まりでも校歌斉唱する。

当然僕は、入学したばかりだから校歌歌詞など覚えているはずもなく、なんとか上級生が歌うのについていこうとした。しかし、上級男子の一部が、無駄に声を張り上げて歌うため、うまくついていくことができなかった。(今思うと、一年生が歌を聞き取れないように、わざとそうしていたのではないかと思う)

なぜそこまで声を張り上げるのか腑に落ちないまま、会は終りを迎え、二・三年生は退場し、なぜか一年生だけが体育館に残された。

生徒会役員自己紹介が終わった直後、閉じていた体育館の扉が突然激しく開いた。見ると、腕を組んだ上級生が二十人ほど中に入ってくる。上級生たちは、一年生を囲むと、いきなり口々に怒鳴り始めた。僕は状況がうまく理解できないのと、もとから小心者であるのとで、動悸が止まらなかった。

僕も恐怖のあまり興奮気味だったので、詳しくは覚えていないが、簡単にいうと、「なぜ歓迎会とき校歌を歌っていなかったのか」というようなことを怒鳴り声で言われたのだった。そんなことをいわれても、まだ入学から24時間も立っていないのに…と思いつつ、僕は恐怖でおののいていた。とにかくひたすら怖かった。

5分ほどその状態が続いて、ようやく上級生は去っていった。

それから約一週間たち、ようやく少し学校生活になれてきたある日のことである。その日は、朝から、「今日はあの人たちが来る」と話題になっていた。僕は昼休みになると、急いで昼食をかきこみ、「あの人たち」の到着を待った。

「あの人たち」は、突然教室乱入してきた。そして、一週間前の体育館と同じように、集団で僕たちに怒鳴り散らした。そして、僕たちのうち何人かを指名して、「なぜこの学校に来たのか」と質問してきた。当てられた人は、震えつつも、「伝統に憧れたから」とか「進学校から」といったことを答えるのだが、そのたびに、上級生たちは集団で責め立てたり、机を押し倒したりする。(あとから聞いた話によると、このときは、何を答えても責められるそうだ)僕はその異常な光景に恐れおののいた。しばらくして、「放課後に全員揃って屋上に来るように」と僕たちに伝えて、彼らは教室を出ていった。

僕は、怒りが抑えられなかった。なぜこんな不条理がまかり通っているのか。なぜ先生は誰も止めないのか。そんな気分で、いっそのこと上級生の命令無視してさっさと帰ろうかとも思ったが、そんな雰囲気ではなかったので、結局みんなと一緒に屋上に行くことになった。

屋上に続く階段の前で整列して、一同震えながら待っていると、上級生が来て、入れと指図された。僕たちは階段を登り、屋上に並ばさせられた。

しばらく僕たちを責め立てたあと、ひたすら校歌を歌わされ続けた。声が大きい人は座らせられるだが、あまり声の大きくない僕はずっと座らせられなかったので、涙ながらに歌い続けた。こんなことをされるために入学したわけではなかったのに。僕は一体何をしているんだろう。そんな思いで、延々と泣きつつ歌い続けた。

炎天下の中、それが一時間ほど続いて、ようやく終わった。上級生たちは、態度を一変させ、カジュアルな態度で、みんなを集め、「お疲れさまでした」といって、自己紹介を始めた。それが終わると、ようやく帰された。

僕はもはや放心状態で、そのまま家に帰った。

今でも頻繁にこう思う。なぜあんなことをさせられなければならなかったのだろう? あれになんの意味があったのだろう? これは伝統を笠に着た「いじめ」ではないか? と。

また、こんなことも思う。例えばクレーマー気質金持ちの親が保護者の中にいて、自分の子供がされたことに腹を立て、学校を訴えたりしたらどうなるか…と。この風習にはなんの正当性も、教育的意義もないから、もしかすると裁判で負けるかもしれない。そうなったときに、学校責任を取れるのか? コンプライアンス意識がまったくないのではないか

僕の入った高校は「国際人育成」のようなことをスローガンに掲げている。後輩や部下を怒鳴り散らすような人が、世界通用するだろうか? 僕は運動部ではないので、この種の「いじめ」はもうないが、一部の運動部では学校施設の利用を新入部員だけに禁じたり、あるいは怒鳴り散らしたりといった「いじめ」が行われていると聞く。(皆が「いじめ」と認識しているわけではないが、僕はそう思うのだ) そのように後輩をいじめることになれた人は、社会人になっても、後輩をいじめることに抵抗を感じないのではないか。僕の高校では、皆忙しすぎて、いじめをする精神的余裕もないと聞くが、学校体制の中にいじめが組み込まれているのなら、同じことだろう。学校が、いじめをする人材の育成場所になっているように思えるのだ。

2018-05-19

ああ、働きたくない

こんばんは、大学4年生です。一応就活真っ盛りの時期らしいです。あんまりやってませんが。働きたくないです。

先に予言しておくとこの文章はきっとまとまりのない文章になるでしょう。なぜならまとまりのある文章を書くつもりが無いからです。

なんとなくで生きてきました。良さそうな方向。ぼんやり素敵な予感がする道。そういうところにフラフラ歩いていって、別に素敵なことをするでもなく、フラフラ。まーなんとかなるだろと。なんとかする気はどこかに忘れたまま。

自分が何をしたいのか、あまり考えたことがありませんでした。高校ときは、まあ今もその性質は抜けていないのですが、親の顔色を見て、勝手忖度というか、ケチをつけられなさそうな、褒めてもらえそうな、そういったことをしていました。部活だとか勉強だとか。なぜ、なんのために自分はそんなことをしているのか考えもしませんでした。馬鹿ですね。ありがちといえばありがちな話かもしれません。

そして大学三年生。そろそろ就職について考えなければいけませんよ~という旨の話を学校から何度か聞き、その中で自己分析しましょうと言われたので道具もいらないしやってみることにしました。

で、自己分析をしていくうちにやっと自分の有り様を少し理解することができました。ああ、俺は別段やりたいことも目標もない人間だったのかと。なるほどね、今まで漠然と感じていた浮遊感の正体はこれなのかねと。

それも普通かもしれませんが、目を閉じても耳をふさいでもやはり世間様の人のあり方はかくあるべきだ、これがスタンダードだと言わんばかりの圧力身体のどこかにある受信機が勝手に拾って、気にしなきゃいいのにやはい気にしてしまうのです。情け無い。

で、今、自分が何をしたいのか、ずっと考えています。やっとここまでこれたと思っています。嘘です。そう自分に言い聞かせているだけ。本当はただ逃げているだけ。問題にきちんと向き合っていない。本当に必要なのは考えることじゃなくて、行動すること。

ずっと逃げてきた。今までしてきた部活アルバイト、どれもとんでもない大失敗をしたり、周囲にうまくなじめ(ま)なかったりして、そうして途中でやめるか惰性になるか、そんな結果に終わっていった。そうして自分の中で無能感だけすくすくとが育っていった。履歴書が書けない。学生時代がんばったこと、なんだろう。ゲームかな。器用な嘘が思いつかないし、嘘をつき通す力もないからそれ以外書けない。

このまま社会に出ても、きっと今のままでは、無能のままでは、精神が浮遊したままではだめだ。かといってここでただじっと身を潜めているわけにも行かない。思考けが右往左往して身体微動だにしていない。

この文章がまとまらないのは俺の思考がまとまっていないからだ。どうすりゃいいか、わかっている。本当にわかっているのか?本当にと聞かれるとわからない。だからそんなしょうもない自問自答からは何も生まないんだよ。思考を垂れ流すのは良くない。あとで見返してキモッてなるからだ。もうなっている。イタいイタいイタいイタい

はいもうおわり、終了終了。深夜に欝日記を書くということがそもそも良くないんですよ。風呂はいって寝ろ。

まあがんばれよ俺。応援してる。いやそうやって第三者視点のがんばれよは自分他人のように扱ってしまっているのでよろしくない。がんばろう俺のほうがいい。

がんばろう俺。いやこれだと復興スローガンみたいでいまいちしまらないというかなんというか。

あーあと最後に。自己分析って中学生ぐらいから始めたほうがいいと思いました。以上

2018-05-17

anond:20180517181156

試算では首都圏直下地震が起きた場合、最大で死者が1万2000人だったか



日本頑張ろう」的なスローガン出してがんばれば修復できるぐらいの人的被害で済むと思う

2018-05-10

来年こそ本田未央一番星に!

 ……今年の総選挙が終わった。本田未央陣営、未央Pの今回の敗因は、一言で『油断』だろう。昨年2位。あの高垣楓に肉薄できたという自信、あるいは驕りが無かったと言えばやはり嘘になるはずだ。まさか昨年12からウサミンが、文字通り跳んで来るとは思わなかった。鮮やかだった。見事だった。

 ……嫌な予感がする。今後、来年もまた「もうライバルはいいか大丈夫」などという油断が続かないだろうか? いるぞ。今年のウサミンや加蓮のように、"安定"していたと思っていた順位がアッという間に変動するのは意外でも何でもない。このままでは、来年も未央は2位に甘んじるだろう。いやまあ、楓さん―"かえ姉さま"のように『2代目"無冠の女王"』として記念CDに出まくるというのも悪くはないんだけど、それでも、まあ、悔しいよ。

 もう今からでいいじゃないか来年選挙戦を今から始めよう。やってることの質や内容自体は今年と同じで構わない。問題は早さだ。量だ。「本田未央一番星に!」を改めてスローガンに、ここからまたスタートしていかなければ来年も敗北する未来しか見えない。

2018-05-02

今、韓国サブカル界隈でミソジニーVSミサンドリー大戦争が勃発している。

今年3月から発端となる事件が勃発し、一カ月足らずで1020人のクリエイター炎上、そのうちの何人もが謝罪に追い込まれるという、シャレにならない大騒ぎになっている。

しかもいまだに延焼が続いており、4月29日には韓国版アズールレーンイラストを描いていた女性絵師炎上し、日本語運営側の不当な対応告発したことで、日本でも注目され始めた。

https://togetter.com/li/1222986

https://togetter.com/li/1222751

以下、時系列に沿って、説明を試みたい。

 

1.韓国フェミニズム特殊性

まず韓国社会におけるフェミニズム問題理解するには、以下の論文有益だ。

李聖娥「フェミニズムは誰のもの? -女性嫌悪発言から見る現代韓国社会-」『早稲田社会科学総合研究. 別冊, 2015年度学生論文集』(2016)

https://waseda.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=15023&item_no=1&page_id=13&block_id=21

 

この李論文によると、2015年頃からネット上で急速に韓国ミソジニーVSミサンドリーという構図が生まれ対立が激化しているという。(それ以前の男女の格差対立についてはここでは触れている余裕がないので詳しくは李論文を参照してほしい。)

この年、韓国では女性たちによる権利拡大が主張され始め、フェミニズムブームが起こった。

その中でも特に2015年5月誕生したインターネットコミュニティメガリア」には過激集団がおり、これまで女性たちがミソジニストたちから受けてきた憎悪を逆転させて仕返しするという「ミラーリング戦略」が猛威を振るったようだ。

論文では、この急進的な現象韓国社会がこれまで女性を抑圧してきた反動説明している。典型的な家父長制社会女性専業主婦をして男性経済力依存というステレオタイプ等々。

そして、具体的には、「メガリア」が韓国ネット上におけるミソジニー急先鋒だった保守系ネタ専門掲示板イルベ」を仮想敵として発足したという。

この掲示板には女性ユーザー女性だと明かしてはいけない謎ルール(明文化されている)があり、「キムチ女」という女性差別的なネットスラングもここで生まれた(ちなみに、男性従順日本女性を「寿司女」と呼んで称賛している)。

かくしてミソジニーミサンドリー、両過激派同士の容赦ない殴り合いが始まったのだ。

 

特にメガリアによる活動ネット社会での風当たりが強く、比較的穏健なフェミ運動から韓国男性ちんこ世界一小さいといった類の誹謗中傷、極端な例では男子風呂無修正盗撮動画ネットに放流するなど、犯罪まがいの男性憎悪も行われ、とくに後者過激な部分がクローズアップされて報道されたようだ。

それによってメガリア反社会的集団という認識が広まりさらにはフェミニスト=メガリアというレッテル貼り機能果たしてしまっているらしいが、部外者である我々日本人には区別がつきにくいのが実情だ(日本でもまなざし村ネットで疎まれているが、メガリアには実社会での行動力がある分、その比ではないようだ)。

韓国では一般的に、メガリア過激派の行動は、フェミニズムでなくミサンドリーであり、成功できない女性(ようするに喪女)たちが男性たちを叩くことで責任押し付けているという見方がされている。

 

一方で、メガリアが発足当初は各種フェミニズム団体政治家文化人たちから支持されていたこともまた事実であり、このことが男性たちの反動を招いた。

ネット上ではメガリアを筆頭にフェミニズムへの不信感が根強くあり、それがアンチフェミニズムの動向になっている。

論文では、アジア金融危機以降蔓延している高学歴ワープアを背景にした若年層男性たちの不満が背景にあると見ている。

かに大卒でも満足のいく社会的地位を得られず、それなのにミサンドリスト憎悪される男たちが何かの拍子にプッツンしてしまっても不思議ではないだろう。

また、韓国男性には兵役義務があり、女性はこれを免除されているという逆方向の不平等格差存在し、男女の対立を複雑化させているという事情もある。

この不平等が解消されないまま、女性の権利を認めていく風潮には、もともと厳しい目が向けられているのだ。

しかも、韓国にはただでさえオタク差別が強くあり、サブカル界隈ではそれがトラウマになっているらしい(日本でも宮崎勤事件を発端にしたオタク叩きの時代があったので、そこらへんはイメージやすいかもしれない)。

 

現在では、メガリアサイト穏健派過激派の内紛によって閉鎖され、離脱した過激派がウォーマドというサイトを新たに立ち上げている。

しかし、メガリアという呼称が普及しすぎたため、今でも使われている。サイト消滅したおかげで定義曖昧になり、フェミ叩きの便利用語になってしまったという見方もある。

例えば、5chのなんjが消滅したとして、少しでもなんj語を使ったり、そんな雰囲気をまとっていたら、お前なんj民だろというレッテル貼りをされてしまうといった具合だ。

それだけでなく、それまでメガリアがやってきた悪行や過激派のウォーマドと紐づけされて叩かれてしまうわけだ。

このようなフェミ狩りに対する反発も強く、むやみに相手メガリア認定したために、逆に侮辱罪に問われてしまうという事件も起きている。

 

2.第一韓国サブカル大戦

2016年7月には、Nexon提供するゲーム「Clousers」の声優フェミニズム運動への支持を表明したことメガリアキャンペーンで配布された「女の子たちに王子様は要らない」というスローガン印刷されたTシャツを着てSNS投稿)が原因で炎上し、声優擁護するクリエイターVSそれに反発する消費者(この場合男性オタクたち)の大戦争が起こった。スローガン自体フェミニズムによくある主張だったが、そのTシャツを着ることがメガリアを支持していると問題視されたのだ。

以下の韓国wikiサイトmamuをGoogle翻訳に掛けてみればその泥沼具合がよくわかる。この大戦メガリア支持を表明した作家たちへのバッシング作家による過去性犯罪告発、各種フェミ団体の参入、そして政党まで巻き込む騒動になった。これを地獄と言わずになんというべきか。

https://namu.wiki/w/%ED%81%B4%EB%A1%9C%EC%A0%80%EC%8A%A4%20%ED%8B%B0%EB%82%98%20%EC%84%B1%EC%9A%B0%20%EA%B5%90%EC%B2%B4%20%EB%85%BC%EB%9E%80#s-2.3

結果は、おおよそ男性オタク側の勝利で終わったようだ。まぁ彼らのゲリラ戦術が優位だったのは容易に想像がつく。

騒動によって全体の3割のユーザーを失ったゲームもあり、彼らの脅しにはそれなりの実力があることが証明された。

 

3.第二次韓国サブカル大戦

そして、本題の今年の3月から勃発している一連の騒動は、以下のnamuの記事を見ればおおよそ理解できる。

https://namu.wiki/w/%EC%86%8C%EB%85%80%EC%A0%84%EC%84%A0%20K7%20%EC%97%85%EB%8D%B0%EC%9D%B4%ED%8A%B8%20%EC%97%B0%EA%B8%B0%20%EB%85%BC%EB%9E%80

この記事によれば、先の大戦よりも今回のほうが規模が大きいという。

概要説明しよう。発端は、3月21日に中国会社提供するゲーム少女前線」で女性絵師RODが描いたキャラが発表されたこと。

RODは、以下の4つの行動が理由メガリア疑惑をかけられた。

1.ベストセラー『82年生まれキム・ジヨン』(統計を基に平均的な韓国女性の半生を描いたベストセラー小説)を読んだ歌手に「俺達の金を騙し取った」と怒る男性ファンを笑うツイートRTした

2.「女性盗撮を警戒するのは仕方ない」との記事RTした

3.「韓男虫」という単語は「キムチ女」へのカウンター説明した番組画像に「いいね」をした

4.第一大戦時に、「韓男のダブスタ」と題し、男性家事分担を嫌い、女性処女性と若さに執着していると皮肉ネタ画像RTしていた

これらを根拠にRODはメガリアだと認定された。そして炎上後、キャラクターイラストの公開は中止。RODは釈明を試みるも効果はなく、ツイ垢pixiv垢を削除し、実質絵師としてのキャリアを失った。

以下の報道でも触れられている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3173082

この記事によるとゲーム業界ユーザーの4割以上が女性だという。男性女性との間の分断が進んでいるという構図が見えてくる。

 

そして、予想されていたことだが、この事件に対して女性弾圧だとするフェミニストたちが声を上げ、男性オタクたちとの対立が激化している。ここにミソジニーVSミサンドリー大戦争(もしくはクリエイターVS男性オタクたちの代理戦争)が再び始まったのだ。

炎上震源地となっている韓国の大型掲示板DC inside」(日本でいう5ch)と大手ゲームニュースサイト「Ruriweb」(ゲハに近いらしい)では、Twitterでのいいね相手思想に対する賛同意味するという論理によって、他のクリエイターメガリア的な思想人間ツイート(その内容は問題ではないらしい)をいいねしていないか、あら探しが始まる(これが魔女狩り揶揄されている)。

 

その網に引っ掛かってしまった内の一人が女性絵師Nardack、今回の韓国版アズレン騒動というわけだ。

Nardackは、Twitterのサブ垢でRODのツイート(内容は男性嫌悪と関係なし)をいいねした。

そのツイートは以下の内容

「私は一部の方々が主張する特定団体に入っていません。一部の方々が、私が共感した記事拡大解釈し、私に関する流言を広め、これにより少なからず当惑し、心を痛めました。少女前線が好きだった一人のファンとして、参加できた事は本当に嬉しい事でした。事態がこう流れて、非常に遺憾に思えます。お読み頂き有難うございます。」

「心的に辛いためレスができず申し訳なく思います

少女前線ユーザーたちはこのツイートを「男性嫌悪にいいねを押した事の釈明がない」「人のせいにして同情を引いてる」と非難。そして、このツイートいいねしたのがNardacだった。

その他にも、RODを擁護フェミ狩りを批判した団体のツイ(RODの件なのかは不明)をRTしていたこと、過去に「相手メガル(メガリア住民)呼ばわりしたこと侮辱罪に問われた事件」に言及し、メガルというレッテル貼りは不当な女性差別だとツイートしていたことなどを理由メガリア認定され、炎上してしまった。

https://namu.wiki/w/Nardack

見たところ、Nardackの場合炎上理由がどれも間接的なものばかりだ。このレベル仕事から外されたという事実男子オタクたちの反動の強さを物語っているように思える。

 

一連の騒動現在でも燃え広がっており、いつ鎮火するのかまったく見通しが立たない状況だが、驚くべきことに韓国人の間ではこれからが本番だろうという見方がされている。

最終的には、業界全体で女性クリエイター雇用が減るのではないかという危惧であるようだ。

 

4.どうかしてるんじゃね~の?(迫真

一連の騒動に対しての私の見解はと言うと、正直韓国男性オタクたちのやり方には賛同を示しづらい。

先にあげた

https://namu.wiki/w/%EC%86%8C%EB%85%80%EC%A0%84%EC%84%A0%20K7%20%EC%97%85%EB%8D%B0%EC%9D%B4%ED%8A%B8%20%EC%97%B0%EA%B8%B0%20%EB%85%BC%EB%9E%80

を読むと、それは難癖なんじゃないのか?という部分もかなりあり、全部が全部支持できるわけではない、という気分にさせられる。特にツイートの内容に関係なく、問題となった相手過去いいねをしていただけで標的になってしまうのはやりすぎではないか

 

フェミニズム反社会的思想と見なして他の作家を道連れに炎上させるやり方は、ミソジニーどころか思想弾圧になってしまっており、冷戦時代ハリウッドで横行した赤狩り様相を呈している。

そんな情勢においてなおオタク男子たちがイニシアチブを握り、企業が彼等のご機嫌を伺わなければいけないという状況は、どうみても異常だ。

とことん相手が潰れるまで殴りまくるのが韓国でのオタクしぐさなのか?という疑問を抱かずにはいられない。

また、それ以前の問題として日本では、どちらを支持するか考えるどころか、まず韓国の状況にドン引きしてしまってそれどころの話ではないという人がほとんどだろう。私もそうだ。

 

2018-04-07

子育てを4年やって思うこと

父は子育てをしない人だった。オムツも替えたことがないと思う。だからずっと、「父に較べれば自分は遥かに子育てに参加している」と感じていたが、そう甘いもんでもなかった。

子育てを4年やってみて。子どもは宝。子ども可愛い。最高。生きる源。子ども抜きの生活想像できない。

一方で、妻のことはこの4年間で何度も疑った。「子どもさえいなければ離婚したい」などと思ったこともある。父親自分がそんな風に考えるのだなと思った。でもそんな人は増えてくるのではないか

とにかく不機嫌。何をやっても不機嫌。話し合っても、分かり合ったと思っても次の日には不機嫌。

最初のうちは仕方ないと思ってた。自分の貢献度が足らないのだろうと。そう思ったから、なんでもやった。

食事の用意

洗い物

洗濯

掃除

保育園の送り迎え

夜泣き対応

家計簿

買い物

家事」として思いつくことはなんでもやった。「妻に何もさせない」を自分スローガンにしていた。そうすることで、妻のあの頃の笑顔がまた見られるのならば。笑顔の絶えない家庭にしたい。その一心だった。

それでもひたすら不機嫌な妻。ある日我慢限界を迎えた。「お前に文句を言う権利があるのか」。そう言った俺を妻は睨みつけて、家を出て行った(しばらくしたら帰ってきたが)。

自分の方が明らかに家事をこなしている。なのに否定され続ける理由が分からなかった。そのことを正直に話した。妻はまだ納得いかないという様子ではあったが、こちらの勢いに負けたのか、自分が悪かったと言ってくれた。

子どもたちも大きくなった。一番しんどい時期は過ぎたのだろうと思う。昔みたいに、「目を離した隙に死んでたらどうしよう」というような緊張感はなくなった。

それで自分の子育てを振り返ったら、どうも、子どもたちとの日々というよりは、妻との戦いの日々だったと気付いた。最近妻は落ち着いている。機嫌もいい。ただ、申し訳ないが、信用できない。また突然怒り出すのではないか。あの目で睨みつけられるのではないか。そんな風に妻のことを見てしまっている。

最近の妻を見る限り、女性子どもを産むとホルモンバランスが崩れて機嫌が悪くなるとかいう説を信じたい。あの頃の妻は、自分でもどうしようもない状態だったのだと。そう信じ、また彼女を愛し続けたい。

ただ、現時点では、不安である

2018-03-31

SHINEと言う名の脅し

昨今女性働き方改革が叫ばれSHINEというスローガンが叫ばれている。

私の周りにも元々残業も多い会社男性並みに働いていて、結婚して子供を産んでも生後半年ちょいで復職し以前と同じようにフルタイムで働いているまさにSHINE体現したようなスーパーママもいる。

だけど、私は絶対にそのようにはなれない。元々持病があり、薬を毎日飲まないと生活できないし、体力も女性の中でもとくに低く9-17時のような会社で働いていても毎日クタクタで、帰宅後も休日も疲れて寝ているということが多く、部屋も汚くて家事全然できていない。

こんな私が、万が一結婚して子供を授かることがあっても、とても知り合いのスーパーママのようにはなれないと思う。というか、子供がいない今ですら、SHINEなんて言葉とはほど遠い暮らしをしている。

ここ数年は女性もみんな正社員男性並みにバリバリ働いて当たり前みたいな風潮がある。だけど男女関係なく私のような持病があったりして身体の弱い人間にとってはとてもキツイ

私のようなバリバリ働けない人間は生きてていいのか?生まれ時代を間違えたのか?とも思う。

消えてしまいたい。

2018-03-30

anond:20180330104237

どっちの立場も気分もわかるけれど、システム問題を一個人や一法人問題に落とし込むのは不幸の元凶だね。

あ、書いている自分不妊に悩む管理職で、どっちの立場でもある。

不妊様の立場で言えば、就職するからといって妊活は辞めたくないと思うんだ。1年経つごとに妊娠可能性はどんどん下がっていく。あと、何年、何回チャンスがあるんだろうと思ったら、なりふり構わず妊活を進めたいと思う。

でも、経営者側の立場で言えば、採用とその後の教育には多額のコストがかかるので、採用たからにはその分を回収しないといけない。すぐに休まれたり辞められたりしたら非常に困る。また、産休明けには時短勤務を用意するとなると、不足した労働力をなんとかするために別の人を雇ったりしないといけないわけで、さらなるコスト増になってしまう。もちろん、別の人も教育しないといけないので、それぞれに仕事を覚える期間(言い換えると、生み出すお金より使うお金が多い期間)が発生する。

それなら、妊娠希望する人は就職するなと思うかもしれないけれど、働かずして生きていられる人って元増田が思っているほど多くないと思う。そうでなくても、子供ができたら子供に何不自由ない生活をさせたいと思うのは自然なことだし、子供が生まれたらしばらくはフルで稼げないからそれまでに蓄えを作っておきたいというのもあるだろうし。

結局、マタハラを辞めましょうというなら、単にスローガンを掲げたり、そういう旗を振ったりするのはさらなる経営者不妊様の軋轢を生むだけで有害しか無いと思う。マタハラ問題だと厚労省が思うなら、産休中・産休明けを支援する仕組みを厚労省ちゃん予算を組んで作るべきだと思うんだな。例えば、産休中・育休中・育休明けの社員がいる企業に対して、経済的支援を行う枠組みを作るとか、その間に不足した人材を見つけやすくするある種の官製派遣会社を作るとかが必要な気がするんだけれど、そういうのってすでにあるんだろうか。

2018-03-25

どうなん 徘徊

認知症SOSネットワーク模擬訓練」として実施する。スローガンも「安心して徘徊できるまち」から安心して外出できるまち」に変え、状況に応じ「道に迷っている」などと言い換えている。認知症の本人の声を尊重したという。

認知症なってないとき馬鹿にするのになったとたん馬鹿にするなって叫んでる都合のいい人間

2018-03-06

anond:20180306175813

単純に考えて合理性に欠けるからかなあ。

男女で仕事家事育児を公平に分担すると、物理的にすごく負担が大きい。

家事育児もするとなると、全力で仕事するのはとても無理。そんなんで競争に勝てるとは思えない。

仕事に支障が出ると職場負担がかかるし、社会のものが回らなくなる。

また、保育園育児フォローするのにも莫大なコストがかかる。

ワーキングマザーの心得に「家庭60点、仕事60点、でも合わせて120点!」というスローガンがあった。

これを夫婦2人が大集団でやるとなると、社会がもたないと思った。マイナス分は社会全体が負担するんだから

2018-02-26

日本語は一部の言葉善悪が定まってるのがよくない

どの言語でも多少はそうなのかもしれないが日本語においてはかなりの言葉によいイメージよくないイメージが付随している。

教養のある人ほどこういったイメージを廃して元増田のように論理的議論しようとするのだが、それができない人々はいる。

日本語において「差別」は悪である

から女性専用車両論理的には「差別」であろうとも、こういった言い方は大きな反発を招く。

実際教養のある人の間にも、一度「差別」を認めたら女性専用車差別→悪の三段論法で決着しかねないという警戒も生まれるだろう。

似たような事例が過去にもあって

日本語において「暴力」は悪である

から自衛隊は「暴力装置であるという定義からすれば真っ当な意見を述べた政治家は彼の左翼的出自もあって(現在自衛隊に反対しているわけでは全くないにも関わらず)大バッシングを受けた。

私も日本語のこんな特性バカらしいと思う。きっと元増田もそうだろう。学問世界で話すならそれでいいかもしれない。だが、日本語政治的に使うときは気をつけねばならない。

どうしても差別という言葉を使いたいなら毎回注釈をつけ定義を明確にし、悪というイメージを付随させていないことを明白化すべきだ(元増田は既に十分していると思っているだろうが一部の人には伝わっていない)。

バカ無視すればよいなんて話ではない。実際この国ではもっと稚拙スローガン印象操作論理的議論抜きに政治が行われているのだから

anond:20180225105423

2018-02-20

二次安倍政権がはじまって長いけど

当時のスローガンだった「日本を、取り戻す。」って結局なにを取り戻したの?

2018-01-30

教訓: 子マッチを売り冬は雪が降っている、あまりとにクリープ クロールに適しています今日は今年の最後の日です。大晦日新しい年を歓迎します。冬の寒さと暗さのぼやけた!通りの 1 つにある多くの人々 の新鮮な顔、ギフトと一緒に外を歩いて今日は 1 日なので、年末と多くの活動とそれらの khwak のなかで古い服に身を包んだ少女があって、販売する街を歩いて汚れた顔に一致する彼女キャリアの 7 にあります彼女はよだれかけで試合を包まれ、再び大規模な手でそれを保持します。小さな男の子歩いた叫ぶ販売要求一致「が木材必要があります。火をチェックする傾向があるか. と一致.。マッチ」。 マッチ販売しようとする彼女提供します。今日彼女販売したので試合はどちらもお金を持っていないまたはタトゥー 1 チップ laling を設定もすべてではないです。とき彼らは手ぶら帰宅彼女はヒット サル虐待を平手打ち酒に酔った父だった。気にして簡単彼女マッチを売ろうとしている少女と徐々 に、彼女横断歩道を反対側に、1 つが木製セーリング高速で過去彼女は逃げる、それはジャンプ靴を彼女に古い tongkraden のペアとなります。別の方法で別の方向。彼女はショックを受けた、フープと彼女の靴を歌います。「O の靴」の音 秋の靴の公式スローガンによると、不審子どもだ第二に、にもかかわらずちょうど靴のペア彼女は非常に多く、死ぬ、人の靴では、彼女の靴のペアは、彼女は冬の寒さで外を着用しているし、靴を raengkradot に急いでスプラッシュに行ってなりますので、一つだけダッシュ ペア. 高齢出産の大きな足サイズですか?頭の他の側に悪意があると、歌手は言った、「彼はガレージに彼の子供を取った」そこから実行前に少年のいずれかをつかむ. このため、暗い赤のチャムとのほとんどのテンプレート行く裸足の道に沿って冷たい。彼女が集めていた散乱一致彼を悲しいを席巻する空気で」彼らの一致をもたらす以下の項目がない販売のため。ここに戻って、多くの親が [ok] をあなたを叱る激しいストライクをヒットすることが?」彼女シフトと思う、彼女は次の目的地を出発したかトラウマとなり、雪の寒さのためグリーンまで足の小さなペア。ああ、何が彼女カルマ *! * どのような哀れな小さな子供も悪い. ウィンドウとすべての家庭のウィンドウから光が輝くガチョウ崔ストリートに焼きバージョンが出てきた。はいXI.. 今日大晦日新しい年を歓迎します。いつでも制限なく自分自身に少しのミューズ。Krasik & 明るい笑いそれらの家で楽しそうに続けています。停止し、凝視する、彼女は促した最後に、年末シーナに次第です。彼女思考は、それ自体物語彼女はウォーム羨望それら彼女流れる最高のそれらの突然の涙と思っている戻って保持します。流れが停止していないです。定期的に降り続けた雪女の子はまだ行きます。寒さと疲労のため彼女の家の座席の後階段から落ちるに行きました、ドッジは少し chaikha が、おそらく十分に突出、雪の中で避難することを助ける?彼女は冬にあたたまるのに小さく期待に包まれた土しますが、背後にある破損した風邪を助けるできた。両親の恐怖の多くと帰って行く彼女はしなかった。私の父は、常に酔って... 彼女の残忍な父の時間彼女はあまりにも怖がっていた. すべての冬を振るグレーまで小さな男の子彼女の冷たい手はシャープ氷とほぼ同じまで。彼女は別のものに変えようと試みたが、彼女はまだ寒かった。彼女は本当に暖かく感じませんでした。素晴らしい... 母ラット足に提出、それは暑いけど、暖かい炎では、突然ダウン フラッシュを消します。暖炉、つかの間の新しいシャフトは別のポイントに育てられた手の試合を焼き少しの棒マッチあなた座席があります。それは価値のあるニッチを燃やす今回は光に影響して映し出された壁の建物がいくつかの軟木のマウスのように透明になります

2018-01-13

労働危険

「しない・させない・ゆるさな労働」をスローガン労働厳罰化しよう

社会貢献理念SES企業に入ったヤツ

タイトルはワイのことや。もうとっくに辞めたけど。以下、多少のフェイクが入ってる。

企業理念が異様

ただのSES客先常駐がメインの人売り弱小SIerが、ホームページでは立派な「IT社会貢献」という理念を掲げてることがある。見たことある人も多いと思う。

ワイのいた会社もそうだったが、ちょっと違う。漠然とした「IT社会貢献」ではないし、社長の考えたオリジナルでもない。元ネタはちゃんとした理論だった。

某、世界的に著名な学者先生が打ち立てた、21世紀企業のあるべき姿、社会企業従業員がともに持続ある発展をする責任のある社会貢献企業、を考察する理論がある。理念XXXとでも呼んでおこう(ほんとはちゃんと名前がついている)。

これを、ワイの元いた会社社長が大好きで、そもそも創業の経緯がITでその理念XXXを実現するだったと思う。実際よく口にしていたし、ホームページにもそれに関するきれいごとがいっぱい書いてある。採用ページにも採用広告にも。

ところがこれが入社すると実態全然違うわけだ。だってただのSESがメインで中途採用したエンジニアを即客先に送り込んでいくら送り込んだかで稼いでるような企業もの

大体、元の理論は世界大企業が主な対象だろう。もちろん中小でまじめにやってるところがあるのも知ってる(ワイのところはそうでなかったが)。基本的に、人売りSIerになんの関係があるんだって理論だ。

元の理論についてだが、論文や専門書や一般向けに解説された入門本もたくさん出版されている。ワイもその会社いたころ、上層部の関心をかおうと色々と買って読んでたし勉強もしてた。

元の理論に当たると、実態全然ちゃうやんけってのがわかるし、自社ホームページに書いてあることは一体なんなんだって気持ちになる。要は採用純粋な人をだますのと、従業員馬鹿自分から勉強したり問題提起しないことを前提にしてただろ、絶対

ついでに、「理念XXX実現企業として、現場理念XXXを実行して世の中に広めよう」ってのを全社的に掲げてた。これがまた、元の理念と全然ちがう。実際には普通SESメインの企業と同じような、「現場で長く使われて売り上げ上げてこい。増員を勝ち取れ。」ってだけの話を、社是である理念XXXと無理やり絡めただけだろとしか思えなかったな。

担当営業(の一部)とかはこのスローガンエンジニアの不満封じにうまく使ってたで。うちは社会貢献企業なのにお前は一体何の不満があるんだ?って感じで。貴方はうちの社会貢献したいって理念共感をしてくれないんですか?(言外にお前は卑怯者だのニュアンスを含む)とか。奴らほんとふざけてるな。

ネットに、「ガンジーが助走つけて殴るレベル」ってスラングがあるが、「その学者先生が助走つけて殴り」にきそうなくらい。

中途採用エンジニア入社即客先に送る(ワイなんて入社から入社後の常駐先の違法な事前面談受けさせられたぞ。その時、しまったと思ったがもう遅かった。)企業が、従業員にうちは社会貢献してるやりがいのある企業なんだって思わせるためだけの方便だったな。

まあ、ワイは正直社長自体の人となりは嫌いじゃなかったし、本音ではその理念XXXに沿いたい気持ちがあるのも背に腹は代えられない状況、てのは知ってたが、知ってたからって許せる気持ちもない。辞めたか関係ないけど多分ずっとあのまま続いていくんやないかな。

従業員の心構え的なものが異様

従業員規則範疇だったかその外のルールだったか忘れたが、「弊社従業員が守るべきN箇条のオキテ」とでもいうべきもの存在していた。そのうちの9割はいたって普通のものだ。従業員というか人として普通のことを守れくらいのものだった。

だが、その中に一つだけ、ウルトラヤバい項目があった。「批判をしない」である。おそらくは最初のうちは、何かを批判したくなったら安易批判でなく行動しよう、とかそんな感じの意味合いだったんだろう。

これのどこが問題なのか?って点は、賢くそして小賢しいはてなー諸君なら想像がつくと思う。この標語意見の異なる人や不満を持つ人を抑え込むのにも当然のように利用された。「お前は○○を批判するのか!会社ルールでするなって決まってるよな!」って。

上司が部下に。先輩が後輩に。そんな卑怯なことをしない人ももちろんいたけどね。あとさらに、営業エンジニアに。

最後が厄介で、前述の「理念XXX」と合わせ技で、営業が、現場に不満のあるエンジニアを抑え込むのにもつかわれてたよ。「うちは社会貢献を掲げる立派な企業で、お前と社会のためを思ってこの派遣先を見つけてきたのに、根拠も示さず批判するのか!」って抑え込むの。

でも、現場理不尽を強いられてるのを客観的証明って難しいし、いいように抑え込まれるのがオチ。この会社派遣されたエンジニア達を全然守らなかったな。ワイ以外も残業まみれや現場での理不尽な指示についてアラート上げ続けてる人も多かったのにほとんどが手を打ってはもらえなかったようだ。

理念XXX」と「人を批判するな」。この組み合わせは凶悪すぎて、今でも当時の営業上司との会話を思い出すと不愉快になる。良い上司営業の人もいたんだけど、ずっとそういう人に恵まれてたわけではない。

最近、完全に風の噂だが採用が相当苦しんでるっぽいのを聞いた。自分いたころもエンジニア足りないのに満足に中途採用できないって言ってたっけな。心の底からざまーである。早くつぶれてほしい。

最後

ホームページ採用説明会だと全くわからんだろうけど。どんな綺麗ごと述べててもただの人売りってことがあるのがこの業界なので、就職転職したい人は本当に注意してほしい。

2018-01-10

パチンコ利用は悪であるという観点が足りない

http://plagmaticjam.hatenablog.com/entry/2018/01/09/202659


個人的に「パチンカス」に近い感じの言葉だと思うのは「珍走団」です。

共通点人工的に出来た蔑称という点。


珍走団」はご存知の通り暴走族蔑称ですが、「『暴走族』ではなくもっとかっこ悪い呼び方で呼んだ方がいい」という自覚的提唱の下に作られました。何故そんな提唱があったかと言うと、暴走族をかっこいいものとして賞美するコンテンツメディアがあったからです。

違法であり危険であり多大な迷惑行為に過ぎず参加者にも悪影響しかない(暴走族暴力団リクルート畑になっていた)暴走族を賞美する勢力があったので、その対抗策として蔑称創造したのでした。


パチンカス」も同じです。「パチンコ愛好者はかっこ悪い呼び方で呼んだ方がいい」という意図の元に作られた蔑称です。パチンコについても「健全文化的遊戯」などと欺瞞的な賞美をする勢力資本メディアがあったからです。

ギャンブルには元々他のことを忘れてのめりこませて生活すら破壊する性質がありますが、ましてパチンコスロット生理的な反応と射幸心を操り中毒のように機械の前に座り続けさせるように研究・開発されている悪質な産業です。


発端となった「生活保護を抜け出したい」というブログ自称メンヘラ無職31歳氏も20代の頃にパチンコスロットにはまって心身がボロボロになった末に300万円の借金を背負い家族からまれ生活保護受給者に落ちたという経歴を語っています

彼の思考はかなり他罰的で自身を取り巻くさまざまなもの非難家族のことも憎む一方でパチンコスロットには非難を向けません。未だに生活保護受給者にもパチンコぐらいは認めてあげて欲しい」などと言っています客観的にどう見たって彼の転落の主因はパチンコ産業の様々な悪にあるにもかかわらず、です。


パチンコは巨大資本による美化・自己正当化・賞美を繰り返す悪質な産業であり、その餌食になった被害者達までその問題に向き合えず、パチンコ中毒自分批判することがで傷、健康的で文化的な最低限の生活」の娯楽にパチンコが入るなどという妄言を繰り返しているのです。

そのような美化と糊塗に対抗するために「パチンカス」という蔑称が作られています。「いじめ、かっこわるい」のスローガンとかわりません。まず自分がやってるのはかっこわるいこと、自分自身を害するうえに親しい周囲にも迷惑をかけ悲しませる行為であることを自覚してもらう。そのために「パチンカス」というのです。

生活保護映画飲食ゲーム読書を楽しむのはよいことです。存分にやればいい。しかパチンコを打つ権利などありません。


覚醒剤愛好者は断じてかっこいい呼び方など認めず「シャブ中」「ポン中」と呼ぶべきなのと一緒です。落ちるところまで落ちたポン中からこそ更生が始まるのではないですか。かっこいいんだ、そのままでいいんだ、と許す風潮があれば深みにはまる一方です。(大麻文化を見ればわかる)

中毒から抜け出そうとする人を社会から排除せず支援すべきです。しか自己肯定しようとする中毒者のことは断じてパチンカス」「ポン中」でよいのです。

2017-12-27

「人からされて嬉しいことをしよう」と言う行動規範の罠

「己の欲せざるところ人に施すことなかれ」の逆バージョンとして

「人からされて嬉しいことをしよう」ってスローガンよくあると思います

されて嫌なことはしない、されて嬉しいことをする

素敵なことですね

これに即している限り間違いはないでしょう

じゃあ、女の子からディタッチされたら嬉しいので私もそこらの女の子ベタベタ触ってみましょうか

違うよね

そう、この行動規範の罠とは、立場次第で嬉しいかどうか全然違うじゃねえかということです

当たり前だろと思うかもしれませんが

一回自信喪失スイッチ入った人間にはこれがかなり効くんです

何をするにしても

「私にこんなことされて嬉しいんだろうか…」

迷惑なんじゃなかろうか…」

そんな思考に陥り

人との交流が減りさらに自信を喪失しま

この症状は恋愛に際して最悪の効果を発揮しま

具体的には恋愛駆け引きを完全に無くしま

駆け引きというのは「少なからず向こうがこっちに好意を持っている」という前提が必要なのですが

自信喪失した人間はまずこの前提を信じることができません

駆け引きもお誘いもできません

つまんない人間ですね

優しい人止まりです

さて

どうしたら脱却できるんでしょうか

それはですね

知りません

教えてください

2017-11-09

[]2017新語・流行語大賞ノミネート解説

アウフヘーベンドイツ語で「拾い上げる」「廃止する」などの意。哲学用語としては「止揚対立する諸要素を発展的に統一すること)」と訳される。小池百合子都知事が会見で用いた。
○○ファースト「○○第一」「○○優先」といった意味特に都民ファースト」は小池百合子都知事スローガンとなり、政党名にも使われた。
インスタ映えSNSInstagram」に写真投稿したときに見栄えがする、いかにも注目を集められそうだ、といった意味
うつヌケ同名の漫画のこと。漫画家田中圭一作品で、うつ病から脱出した人たちの体験談を描いてヒットした。
うんこ漢字ドリル全ての例文に「うんこ」という単語が用いられている小学生向けの漢字ドリルで、その奇抜な内容から大ヒットした。
炎上○○炎上商法」「炎上芸人」など、インターネットでの炎上を逆用する諸行為のこと(…か?)。
AIスピーカーインターネット接続され、音声操作AIを利用できるスピーカーのこと。Amazon EchoGoogle HomeApple HomePodといった商品が発売・発表されている。
9.98(10秒の壁今年9月桐生祥秀が出した男子100m走タイム。これまでの日本記録を上回り、日本人で初めて9秒台に突入した。
共謀罪テロ等を未然に防止するため、組織犯罪計画した段階で処罰できるとする法律のこと。多くの反対意見もあったが今年6月国会で可決された。
GINZA SIX今年4月開業した銀座複合商業施設のこと。
空前絶後お笑い芸人サンシャイン池崎ギャグ。昨年末の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」に出演したことでブレイクした。
35億お笑い芸人ブルゾンちえみギャグ世界中男性の人数を指している(70億の半分)。
けものフレンズ同名のアニメのこと。同プロジェクトゲームが既に終了するなかで今年1月から放送され、クチコミにより広まり大ヒットした。
刀剣乱舞同名のブラウザゲームのこと。2015年流行語大賞でも「刀剣女子」がノミネートされている。
Jアラート全国瞬時警報システム通称北朝鮮ミサイル発射実験により発動したことで話題となった。
人生100年時代100年後には平均寿命が100歳になっているとの予測を受けて、日本政府が今年9月に「人生100年時代会議」を開催した。
睡眠負債スタンフォード大学研究者提唱したもので、少しずつの睡眠不足が積み重なることで大きなリスクとなっているとする考えのこと。
線上降水帯積乱雲が次々に発生して長さ数十から数百kmに及び線上に連なる現象のこと。ゲリラ豪雨の原因とされる。
忖度他人の心情を推し量ること。森友学園問題に際して「上役の心情に配慮すること」というやや違った意味人口膾炙した。
ちーがーうーだーろー!当時衆院議員だった豊田真由子氏が秘書へ放った暴言ひとつ秘書への暴行報道されて責任問題となった。
魔の2回生2012年初当選し、2014年に再選された自民党の2回生議員のことで、不祥事が多いためにそう呼ばれるようになった。
働き方改革日本政府が推進する改革で、日本労働環境や慣習を抜本的に見直そうとするもの長時間労働の解消、非正規雇用解決などを目指す。
プレミアムフライデー個人消費喚起するため政府および経済界提唱したもので、毎月末の金曜日は午後3時に終業するよう企業に求めるキャンペーンのこと。
ハンドスピナーボールベアリングに「羽」を付けた玩具で、基本的には回転させるだけの手慰みとして使う。
ひふみん将棋棋士加藤一二三ニックネーム。今年6月プロ引退した。その特異なキャラから人気となり、バラエティ番組などにも出演している。
藤井フィーバー将棋棋士藤井聡太が史上最年少でプロとなり、デビューから無敗のまま公式戦最多連勝記録を打ち立てたことで話題となった。
フェイクニュース虚偽の情報を多分に含むニュースのこと。特にアメリカ大統領選において様々なフェイクニュースSNS拡散されたことが問題視された。
ポスト真実客観的事実よりも自身感情に訴える虚偽を信じやすい状況のこと。アメリカ大統領線やイギリスEU離脱にまつわる中でよく用いられた。
ユーチューバー動画投稿サイトYouTubeから広告収入生活をする動画投稿者総称ヒカキンはじめしゃちょーなどが著名。
ワンオペ育児ワンオペ」とはもともと飲食店を一人で回している状態(ワン・オペレーション)のことを言い、転じて夫もしくは妻が一人で育児を行っている状況を指す。

2017-11-05

08憲章

一、まえがき

 今年は中国立憲百年、「世界人権宣言公布60周年、「民主の壁」誕生30周年であり、また中国政府が「市民的及び政治的権利に関する国際規約」に署名して10周年である。長い間の人権災害と困難かつ曲折に満ちた闘いの歴史の後に、目覚めた中国国民は、自由・平等・人権が人類共同の普遍的価値であり、民主・共和・憲政が現代政治の基本的制度枠組みであることを日増しにはっきりと認識しつつある。こうした普遍的価値基本的政治制度枠組みを取り除いた「現代化」は、人の権利をはく奪し、人間性を腐らせ、人の尊厳を踏みにじる災難である21世紀中国がどこに向かうのか。この種の権威主義統治下の「現代化」か? それとも普遍的価値を認め、主流文明に溶け込み、民主政体を樹立するのか? それは避けることのできない選択である

 19世紀中葉の歴史の激変は、中国の伝統的専制制度の腐敗を暴露し、中華大地の「数千年間なかった大変動」の序幕を開いた。洋務運動(1860年代初頭から約30年続いた)はうつわの表面の改良(中体西用)を追求し、甲午戦争日清戦争1894年)の敗戦で再び体制の時代遅れを暴露した。戊戌変法(1898年)は制度面での革新に触れたために、守旧派残酷鎮圧にあって失敗した。辛亥革命1911年)は表面的には2000年余り続いた皇帝制度を埋葬し、アジア最初共和国を建国した。しかし、当時の内憂外患歴史的条件に阻害され、共和政体はごく短命に終わり、専制主義が捲土重来した。うつわの模倣と制度更新の失敗は、先人に文化的病根に対する反省を促し、ついに「科学と民主」を旗印とする「五四」新文化運動がおこったが、内戦の頻発と外敵の侵入により、中国政治の民主化過程は中断された。抗日戦争勝利後の中国は再び憲政をスタートさせたが、国共内戦の結果は中国現代全体主義深淵に陥れた。1949年に建国した「新中国」は、名義上は「人民共和国」だが、実際は「党の天下」であった。政権党はすべての政治・経済・社会資源を独占し、反右派闘争、大躍進、文革、六四、民間宗教および人権擁護活動弾圧など一連の人権災害を引き起こし、数千万人の命を奪い、国民と国家は甚だしい代価を支払わされた。

 20世紀後期の「改革開放」で、中国毛沢東時代の普遍的貧困絶対的全体主義から抜け出し、民間の富と民衆生活水準は大幅に向上し、個人経済的自由社会的権利は部分的に回復し、市民社会が育ち始め、民間人権政治的自由への要求は日増しに高まっている。統治者市場化と私有化経済改革を進めると同時に、人権の拒絶から徐々に人権を認める方向に変わっている。中国政府は、1997年1998年にそれぞれ二つの重要な国際人権規約に署名し、全国人民代表大会2004年憲法改正で「人権の尊重と保障」を憲法に書き込んだ。今年はまた「国家人権行動計画」を制定し、実行することを約束した。しかし、こうした政治的進歩はいままでのところほとんど紙の上にとどまっている。法律があっても法治がなく、憲法があっても憲政がなく、依然として誰もが知っている政治的現実がある。統治集団は引き続き権威主義統治を維持し、政治改革を拒絶している。そのため官僚は腐敗し、法治は実現せず、人権は色あせ、道徳は滅び、社会は二極分化し、経済奇形的発展をし、自然環境と人文環境は二重に破壊され、国民の自由・財産幸福追求の権利は制度的保障を得られず、各種の社会矛盾が蓄積し続け、不満は高まり続けている。とりわけ官民対立の激化と、騒乱事件の激増はまさに破滅的な制御不能に向かっており、現行体制の時代遅れ直ちに改めざるをえない状態に立ち至っている。

二、我々の基本理念

 中国の将来の運命を決めるこの歴史の岐路に立って、百年来の近代化歴史を顧みたとき、下記の基本理念を再び述べる必要がある。

自由:自由は普遍的価値の核心である言論出版信仰集会結社・移動・ストライキデモ行進などの権利は自由の具体的表現である。自由が盛んでなければ、現代文明とはいえない。

人権人権は国家が賜与するものではなく、すべての人が生まれながらに有する権利である人権保障は、政府の主な目標であり、公権力の合法性の基礎であり、また「人をもって本とす」(最近の中共のスローガン「以人為本」)の内在的要求である中国のこれまでの毎回の政治災害はいずれも統治当局が人権を無視したことと密接に関係する。人は国家の主体であり、国家は人民に奉仕し、政府は人民のために存在するのである

 平等:ひとりひとりの人は、社会的地位・職業・性別経済状況・人種・肌の色・宗教・政治的信条にかかわらず、その人格・尊厳・自由はみな平等である。法の下でのすべての人の平等の原則は必ず実現されなければならず、国民社会的経済的文化的政治的権利の平等の原則が実現されなければならない。

 共和:共和とはすなわち「皆がともに治め、平和的に共存する」ことである。それは権力分立によるチェック・アンド・バランスと利益均衡であり、多くの利益要素・さまざまな社会集団多元的な文化と信条を追求する集団が、平等な参加・公平な競争・共同の政治対話の基礎の上に、平和方法で公共の事務を処理することである

 民主もっと基本的な意味は主権在民と民選政府である民主には以下の基本的特徴がある。(1)政府の合法性は人民に由来し、政治権力の源は人民である。(2)政治的統治は人民の選択を経てなされる。(3)国民真正選挙権を享有し、各級政府の主要政務官吏は必ず定期的な選挙によって選ばれなければならない。(4)多数者の決定を尊重し、同時に少数者の基本的人権を尊重する。一言でいえば、民主は政府を「民有、民治、民享」の現代的公器にする。

 憲政:憲政は法律と法に基づく統治により憲法が定めた国民基本的自由と権利を保障する原則である。それは、政府の権力行為の限界を線引きし、あわせて対応する制度的措置を提供する。

 中国では、帝国皇帝権力の時代はすでに過去のものとなった。世界的にも、権威主義体制はすでに黄昏が近い。国民は本当の国家の主人になるべきである。「明君」、「清官」に依存する臣民意識を払いのけ、権利を基本とし参加を責任とする市民意識を広め、自由を実践し、民主を自ら行い、法の支配を順守することこそが中国根本的な活路である

三、我々の基本的主張

 そのために、我々は責任をもって、また建設的な市民的精神によって国家政治制度と市民的権利および社会発展の諸問題について以下の具体的な主張をする。

1、憲法改正:前述の価値理念に基づいて憲法を改正し、現行憲法の中の主権在民原則にそぐわない条文を削除し、憲法を本当に人権の保証書および公権力への許可証にし、いかなる個人・団体・党派違反してはならない実施可能な最高法規とし、中国民主化の法的な基礎を固める。

2、権力分立権力分立現代的政府を作り、立法・司法・行政三権分立を保証する。法に基づく行政と責任政府の原則確立し、行政権力の過剰な拡張を防止する。政府は納税者に対して責任を持たなければならない。中央と地方の間に権力分立とチェック・アンド・バランスの制度を確立し、中央権力は必ず憲法で授権の範囲を定められなければならず、地方は充分な自治を実施する。

3、立法民主:各級立法機関直接選挙により選出され、立法は公平正義の原則を堅持し、立法民主を行う。

4、司法の独立:司法は党派を超越し、いかなる干渉も受けず、司法の独立を行い、司法の公正を保障する。憲法裁判所設立し、違憲審査制度をつくり、憲法の権威を守る。可及的速やかに国の法治を深刻に脅かす共産党の各級政法委員会解散させ、公器の私用を防ぐ。

5、公器公用:軍隊の国家化を実現する。軍人は憲法に忠誠を誓い、国家に忠誠を誓わなければならない。政党組織は軍隊から退出しなければならない。軍隊の職業化レベルを高める。警察を含むすべての公務員政治的中立を守らなければならない。公務員任用における党派差別を撤廃し、党派にかかわらず平等に任用する。

6、人権保障人権を確実に保障し、人間尊厳を守る。最高民意機関(国会に当たる機関)に対し責任を負う人権委員会設立し、政府が公権力を乱用して人権を侵害することを防ぐ。とりわけ国民の人身の自由は保障されねばならず、何人も不法な逮捕拘禁・召喚・尋問・処罰を受けない。労働教養制度(行政罰としての懲役)を廃止する。

7、公職選挙全面的民主選挙制度実施し、一人一票の平等選挙を実現する。各級行政首長の直接選挙は制度化され段階的に実施されなければならない。定期的な自由競争選挙と法定の公職への国民選挙参加は奪うことのできない基本的人権である

8、都市農村の平等:現行の都市農村二元戸籍制度を廃止し、国民一律平等の憲法上の権利を実現し、国民移動の自由の権利を保障する。

9、結社の自由国民結社の自由権を保障し、現行の社団登記許可制届出制に改める。結党の禁止を撤廃し、憲法と法律により政党の行為を定め、一党独占の統治特権を廃止し、政党活動の自由と公平競争原則確立し、政党政治正常化と法制化を実現する。

10、集会の自由平和集会デモ示威行動など表現の自由は、憲法の定める国民基本的自由であり、政権党と政府は不法な干渉や違憲の制限を加えてはならない。

11、言論の自由言論の自由出版の自由学術研究の自由を実現し、国民知る権利監督権を保障する。「新聞法」と「出版法」を制定し、報道の規制を撤廃し、現行「刑法」中の「国家政権転覆扇動罪」条項を廃止し、言論の処罰を根絶する。

12、宗教の自由:宗教の自由と信仰の自由を保障する。政教分離実施し、宗教活動が政府の干渉を受けないようにする。国民宗教的自由を制限する行政法規・行政規則・地方法規を審査し撤廃する。行政が立法により宗教活動を管理することを禁止する。宗教団体〔宗教活動場所を含む〕は登記されて初めて合法的地位を獲得するという事前許可制を撤廃し、これに代えていかなる審査も必要としない届出制とする。

13、国民教育:一党統治への奉仕やイデオロギー的色彩の濃厚な政治教育と政治試験を廃止し、普遍的価値市民的権利を基本とする国民教育を推進し、国民意識確立し、社会に奉仕する国民美徳提唱する。

14、財産保護私有財産権を確立保護する。自由で開かれた市場経済制度を行い、創業の自由を保障し、行政による独占を排除する。最高民意機関に対し責任を負う国有資産管理委員会設立し、合法的に秩序立って財産権改革を進め、財産権帰属責任者を明確にする。新土地運動を展開し、土地の私有化を推進し、国民とりわけ農民の土地所有権を確実に保障する。

15、財税改革:財政民主主義確立納税者の権利を保障する。権限と責任の明確な公共財政制度の枠組みと運営メカニズムを構築し、各級政府の合理的な財政分権体系を構築する。税制の大改革を行い、税率を低減し、税制を簡素化し、税負担を公平化する。公共選択住民投票)や民意機関議会)の決議を経ずに、行政部門は増税・新規課税を行ってはならない。財産権改革を通じて、多元的市場主体競争メカニズムを導入し、金融参入の敷居を下げ、民間金融の発展に条件を提供し、金融システムの活力を充分に発揮させる。

16、社会保障:全国民カバーする社会保障制度を構築し、国民教育医療養老・就職などの面でだれもが最も基本的な保障を得られるようにする。

17、環境保護:生態環境保護し、持続可能な開発提唱し、子孫と全人類に責任を果たす。国家と各級官吏は必ずそのために相応の責任を負わなければならないことを明確にする。民間組織環境保護における参加と監督作用を発揮させる。

18、連邦共和:平等・公正の態度で(中国周辺)地域の平和と発展の維持に参加し、責任ある大国のイメージを作る。香港マカオの自由制度を維持する。自由民主の前提のもとに、平等な協議と相互協力により海峡両岸の和解案を追求する。大きな知恵で各民族の共同の繁栄が可能な道と制度設計を探求し、立憲民主制の枠組みの下で中華連邦共和国樹立する。

19、正義の転換:これまでの度重なる政治運動政治的迫害を受けた人々とその家族名誉を回復し、国家賠償を行う。すべての政治犯と良心の囚人を釈放する。すべての信仰により罪に問われた人々を釈放する。真相調査委員会設立歴史的事件の真相を解明し、責任を明らかにし、正義を鼓舞する。それを基礎として社会の和解を追求する。

四、結語

 中国世界の大国として、国連安全保障理事会の5つの常任理事国の一つとして、また人権理事会メンバーとして、人類の平和事業人権進歩のために貢献すべきである。しかし遺憾なことに、今日の世界のすべての大国の中で、ただ中国だけがいまだに権威主義の政治の中にいる。またそのために絶え間なく人権災害と社会危機が発生しており、中華民族の発展を縛り、人類文明進歩を制約している。このような局面は絶対に改めねばならない! 政治の民主改革はもう後には延ばせない。

 そこで、我々は実行の勇気という市民的精神に基づき、「08憲章」を発表する。我々はすべての危機感責任感・使命感を共有する中国国民が、朝野の別なく、身分にかかわらず、小異を残して大同につき、積極的市民運動に参加し、共に中国社会の偉大な変革を推進し、できるだけ早く自由・民主・憲政の国家を作り上げ、先人が百年以上の間根気よく追求し続けてきた夢を共に実現することを希望する。

(括弧)内は訳注。

原文:

http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/8f95023140c18356340ca1d707aa70fe

http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/84859dc4e976462d3665d25adcd04987

http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/d5a614fa9b98138bb73cd49d3e923b40

転載自由、出典明示)

2017-10-28

子ども納税するようになったら、それはもう社会貢献では?

anond:20171028071755

育児お疲れ様です。私は上が5歳男子、下が2歳女子父親です。1歳を超えたあたりから育児のしくなるってあたり、そうだなぁ、と思いました。

子どもハイハイしだすと、追いかけると喜ぶみたいなやりとりが楽しかったな。私より嫁さんの方が楽しそうにしてますが、そういう光景を見るのも良い。

あと2人目だと楽というのもそう。段取りというか育児になれてきました。

賃金労働をするしない、に関してですが、アンペイドワークみたいな考え方があっても良いのでは?と思いました。育児家事労働ですし。私は嫁さんの家事についてはどんな結果であれ感謝というか絶讃してます

これについては1970年代フェミニズムは良い仕事をしたと思っています家事労働労働評価されるべきものだと思います

あとちょっと目線を変えて、たとえば将来的に納税できるような子どもに育てる、というのも一つの社会貢献ではありませんか。

難しいチャレンジに見えるかもしれませんが、子どもを含むあなたの周辺の人間がもらっている税金以上をあなたの子どもが納税するようになれば、それは持続可能社会への貢献だと思います

(別に寄付するような子どもにする必要はなくて、子どもがある程度の収入を得られる程度まで育てれば行政徴税しますよね)

それと育児中の女性を支える独身女性という構図で、独身女性側の不満が強くなるのは、簡単に言っちゃうと、不平等から来る妬みだと思います

「お前らは手に入れているのに、なぜ私達は手に入らないのか」どの分野でもこういうのありますよね。移民も貧富も性的マイノリティも、で、女性内でも。もちろん男性内でも非モテ最近だとキモ金みたいな。人間って不平等には敏感です。

じゃぁ、女性内でも平等、たとえば全ての女性ハッピー子育てができるべきだ、みたいな状況が良いか、主張が可能か、というと悩ましい。

そういうスローガンというか社会に訴えかけられますか、という疑問がある。

1980年代、「ずっと独身で働き続ける女性がお局様と言われて揶揄される状況はおかしい」(これはもっともです)という主張がフェミニズムからされていました。

怒髪天を衝く勢いでした。そういった勢いが女性社会進出を促し、賃金労働と消費の喜びを女性にもたらしたように思います(スイーツレベルが凄く上がりましたよね。良いことです)

働く独身女性は過ごしやすくなったのではないかな。結婚しない女性性的自由尊重されました。

あの時代フェミニズムでは女性のあるべき姿としては賃金労働の方に振ってしまっていて、専業主婦は切り離され、攻撃対象になってしまった感じがします。もう行政だと専業主婦を匂わせるパンフレットってないんじゃないかな、政治的に正しくないので。この辺はフェミニズム功罪かな、と。

家庭を大事にするために専業主婦になる女性像、みたいなものが許容されるのは難しいかな、とちょっと残念です。

この辺はまぁ、後の世の人が判断するのではないでしょうか。独身女性というか子どもを育てない女性はこれからもどんどん増えるでしょう。少子化がより進めば納税者は減り、上記のような納税者価値はあがるのでは、と思ったりもしています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん