「スローガン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スローガンとは

2018-09-17

anond:20180917092437

元増田です。

わたしが思いつくフェミニズムに対する反論は、「フェミニズムが拘泥する、あるジェンダー表象(性規範が強化された身体)に対する批判は、その表象イメージ)をタブー化する危険性がある」ですかね。

女性身体男性欲望から解放するのだ、というスローガンへの拘泥が行きすぎると、はじめのほうは示唆的でも、途中から頽廃主義」を嫌った全体主義ナチスドイツ的になる。

まあ、これスゴい飛躍していて、わたし自身もまだ纏めていないんですが(消された別の増田によるとあなたわたしらしいので、自問自答的な放言だと思ってください)。

ラノベの側からは、ラノベに対する批評を強化するのが一番だと思いますよ。わたしラノベ詳しくないので、示唆しかできませんが。

2018-09-15

文系は糞bot面白い

文系は糞bot

https://twitter.com/bunkeiholocaust

むちゃくちゃ極論だけど面白い

https://twitter.com/bunkeiholocaust/status/1040554991256125440

これから大学の財源として寄付に頼らざるを得なくなって来ると、文系の頭おかし極右極左・アホ芸人教員がいるのは大学にとってものすごいマイナス要因なんだよね。

あん人間を雇っている大学お金を渡したくない」と金持ち企業経営者たちに思われたらその時点で終わりだから

https://twitter.com/bunkeiholocaust/status/1040600330289897478

女が言ってる「女性差別」のほとんどは性別じゃなくて文系学歴かその人本人の性格が原因だよ。

俺ら理系は女の知能劣化スピード文系だと理系10倍以上速いとか文系の女は理系よりも感情コントロールが苦手だとかよく知ってるんで、当然文系差別しますね。

https://twitter.com/bunkeiholocaust/status/1040539925576183808

たとえば私立大学は全部キリスト教資本、みたいな国で国立大学歴史学部宗教学部潰したら宣教に都合の良いように歴史改竄されるかもしれないよ。

でも日本私立大学キリスト教なり仏教なり無宗教なり多様性に富んでるから国立大学文系学部を廃止しても公平中立性の問題なんて起きませんね

https://twitter.com/bunkeiholocaust/status/1040494588081795074

無意味デモとかやってるロース文系愚者の群れとか見てて分かるだろ。

文系みたいな下等生物には「言論の自由」なんて高尚な概念はまだ早すぎるんだよ。

民主主義なんてのもただ単にブルジョワジーへの権力移行を後押しするためのスローガンであって、バカ権利なんかあるわけ無いの。

文系フォローしたほうがいい

2018-09-12

戦術レベルの敗退を繰り返してじり貧になったNEC

昔の格言か何かで、『戦略レベルミス戦術レベルでは取り返せない』というのがある。

かに、近年電機業界で大きな損失を出した会社を見てみると、この戦略レベルミスが非常に目立っておりなるほどなと思う。

プラズマディスプレイ社運をかけて大赤字を出したPanasonicPioneer、巨額の開発費をCell Processor投資して爆死したSONYWestinghouseの買収でやらかし東芝等。

ところが、最近増田話題NECを調べてみると、こうした会社とは不振の状況が違うように思えてきた。

なんというか各事業競争力を失って徐々に敗退していくというような。言い換えれば戦術レベルの敗北を繰り返してじり貧になったとでもいうか。

半導体がらみの仕事をしていてNEC事業所にも出入りしていたことがあり、個人的にも興味があったので歴史を少しまとめてみた。

なお、この記事を書くのに参考にしたのは下記NECIRで、1990年からの業績データと、1995年から会社紹介資料が閲覧可能

https://jpn.nec.com/ir/index.html

NEC 事業撤退歴史

1999年 半導体メモリ事業日立統合して分社化。後のエルピーダメモリ2012年経営破綻

2000年 家電部門NECホームエレクトロニクス事業停止。

2001年 有機EL事業サムスンSDIと合弁化。2004年有機EL事業から撤退

2004年 プラズマディスプレイ事業パイオニアに売却。

2010年 半導体子会社NECエレクトロニクスをルネサステクノロジ統合半導体事業から事実上撤退

2011年 パソコン事業レノボとの合弁化。

2011年 液晶事業天馬グループとの合弁化。2016年に完全売却。

2013年 携帯電話事業から撤退

2017年 リチウムイオン電池事業から撤退

NECのかつての栄光

1991年 NEC研究員だった飯島澄男がカーボンナノチューブ発見

2001年 スーパーコンピューター地球シミュレーターが世界一の性能を発揮

2001年 2000年3月決算過去最高の売り上げ5兆4000億円達成。 ※バブル期1990年度でも3兆7000億円程度。この時期までは比較的うまく経営ができていたと思われる。

2003年 小惑星探査機はやぶさ打ち上げ

1985年-1991年 半導体世界一

2001年-2004年 携帯電話日本一

NECの業績に影響のありそうな政治案件

1989年 アメリカスーパー301K発動

1998年 防衛庁談合事件

個人的経験に基づく雑感

NECに出入りしていたころに思ったが半導体事業部に新卒で入った社員は大体優秀かつ深夜残業休出当たり前なモーレツリーマンだった。

設備投資研究開発費も年間3000億円コンスタント投資しており、今の水準で考えても少ないことはなさそう。

しか20世紀終わりから21世紀にかけて爆発的に伸びた情報通信産業に社内のリソースを集中してて、バックに住友財閥もついている。

会社の置かれた状況を考えると韓国サムスン電子中国Huaweiみたいに、今でも世界を席巻できていただろうに。マジでどうしてこうなった

当時気になったのは本業関係ない関連会社が異様に多いことぐらい。(不動産NECファシリティーズ運送業NECロジスティクス食堂運営NECライベックス、企業研修NECラーニング等)

どうでもいいけど最近スローガンのOrchestrating a brighter worldってのはマジで意味不明。迷走ぶりを象徴している。

https://jpn.nec.com/press/201507/20150701_01.html

https://anond.hatelabo.jp/20180911165115

2018-09-11

女権運動男尊女卑も根は同じ

性欲に支えられている。

男尊女卑といえば男性女性保護して養ったり、逆に女性自由制限して男性に従わせたりすることだが、それは女性を囲い込んで縦にしたいと言う男性の性欲によるものだ。

それに対して女性が恭しく振舞ったりするのは、女性が優秀な男性遺伝子を獲得し、また衣食充足するために、強者男性迎合すると言う戦略を取っているのに過ぎない。

これが男尊女卑的で、女性が劣位に置かれているというなら、そのような風習が存続するためには、社会において男性の希少価値が高い必要があるだろうし、実際そうだったのだろう。例えば死亡率の違いによって、男女比に偏りがあったのかもしれないし、あるいは貴族社会で、男性は厳しく選別されたやんごとなきものしか参加していないが、女性平民であっても美しければ受け入れられると言った仕組み上、偏りが生まれたのかもしれない。

現在の女権拡大運動や男女平等と言ったスローガン男尊女卑否定して平等に近づけようと言うものだが、これが本当に今までよりも女性に有利になるようにしようと言うものなら、そのような運動文化が存続するためには男性の希少価値が下がっている必要があるだろう。現代では男性戦争で死んだりすることは少ないし、貴族社会もないから、男性価値が下がっていても不思議ではない。

ところで、男女という軸で見ると反対方向を向いているように見える男尊女卑と女権拡大だが、性欲に支えられていることには変わりはない。

もし男性に性欲がなかったら、どんなに一部の女性が女権拡大を叫んでも、男性相手にされないし、男性迎合して恭しく振る舞う女性遺伝子獲得競争で敗北することになる。

結局、世の中はなにも変わっていないし、変わろうともしていないのだ。性欲と性の価値、つまり性の経済の話でしかないのである

2018-09-07

anond:20180905083021

あなたは多分もとの話の上司と同じ発想の持ち主だと思うけど、同じ給料をもらう同じ社員なら、男性女性を「守る」ように行動しなくてはならない理由って、何?

逆に言えば、そういう「女性は守られるべき存在」という発想からは、「男性女性を同じ扱いにしよう」という考えは普通出てこないわけだよね。それよりも「女性の方が給料安くても仕方ないやん?(だって男性女性を守ってあげてるのだから)」とか「女性出世できなくても仕方ないやん?(だって男性に守られてやっと一人前なのだから)」という考えになるのが必然でしょ?

そういう人には、たぶん男女雇用機会均等のスローガンも「(男性女性を守ってあげているけど)女性のおちんぎんや待遇男性と同じにして『あげる』よ!(だって男は寛大で我慢しゃなきゃだから!)」みたいに見えていて、実際心の中ではそう思ってるのだと思う。そういう人が見ている世界は、たとえば野生動物世界(たとえばマンドリルの群れがライオンに襲われたら、雌や子供を屈強な雄が取り囲んでサークルを作る。雄は種だけまいてあとは死ぬための個体。)と同じなのだ。もちろん、近代以前にはまだある程度そういうワイルドライフ世界人間社会にもかなりな程度残存していて、その時代にはその考えは別に間違っていなかったわけなんだけど。

けれども文明化された社会においては、そういう雄ホルモンの影響は、残念なことに徐々に生存のための必要性から遠いものになりつつある。現代社会でのサバイバル必要なのは、必ずしも男性ホルモンによるムキムキの身体ではなく、人間社会政治的関係性を高度なコミュニケーション力でこなせるスマート頭脳や見目麗しい身体であって、それらを武器に雄も雌も同じレベルで種内競争を繰り広げている。男性ホルモン無意味化し、更に男性女性が同じフィールド競争する時代になったせいで、「男は女を守るもの」というタイプの古い社会通念は、そのリアリティ加速度的に失いつつある。それが現代という時代だ。


ちなみに、現代のいい年の人々がミソジニーミサンドリーをこじらせる根底には、そういう「古い道徳を捨てたつもりでまだ自由になっていない」ことがある。そういう人は、いっそ「古い道徳」の人ばっかりで集まってコミュニティを作って、その中だけで暮らした方がいいんじゃないか。その方が幸せに暮らせるんじゃないかと思うんだけどね。

2018-09-05

あれっ大元のところがわからなくなってきた。

女性下方婚しないと何が問題なんだっけ

特に問題ないよ

聞き方が悪かった。下方婚しないと非難してる人達は、何を問題視してるんだ? 極端な話、女性全員が上昇婚したとして、それでどうなる。弱者男性恋愛権とか結婚権とかを主張しているのか… ? そんな話だったか

出生率が下がる

なるほど。それは理解できる。全体主義的に国全体が存続していくための個人責任を問うているわけね。それがパートナー選択の自由を主張する個人主義と衝突している、と。

解ってきた。俺はてっきりフェミニズムスローガン個人的なことは政治的なこと」を逆手にとってあなたたちだって弱者男性差別してるじゃないか何が反差別だ・男女平等だ、って批判しているのかと思っていた。そうでなく、くだんの「生産性議論の延長上の話だったのか。それは意義深いと思う。

市井は「生産性判断されるなど言語道断」と批判一色で、もはやフォロワーが付いたアカウント議論を生むような事を発言するのは怖ろしくてとても出来ないんだけど、しか現実には「子どもを産まない」と決めていいのか、その決定に胸を張っていいのか、などの悩みは多くの人が持っている。結婚相手が実は無精子症だとわかったら結婚を躊躇してしまうことはあるだろう。例えば、それらの態度は批判されるべきか、などということを匿名空間で話し合うのは、とても面白い

anond:20180905170140

並み居る「〜主義」の中でも最もロジックの強度が高いものの一つだな

富国強兵っぽい保守派はもちろん、普段個人自由とか言ってるリベラル派も感情的にさせてしまいがちな論敵だ

一見産めよ殖やせよのスローガンに対してはリベラル派と共闘して抵抗してくれそうなのだが、妊婦子育て支援障害者の不幸な生論争とかいのちの教育話題となると、絶望的に反出生主思想は噛み合わせが悪くなる

2018-09-04

はてなー「クソ老人共。金を貯め込むな。ガンガン使え」

はてなー若者たちよ。老人になったときに備えて金を貯金しておけ。なにがあるか分からんからな」

どっちなんだろう。


この矛盾の答えはとても凄いシンプルだ。

現代社会、少なくとも現代日本においては、全体の戦略としては積極的経済活動を行うことが正解で、個々人の戦略としては金は溜め込んでおくのが正解なのだ、とはてなーは考えているのであろう。

特定の一個人アドバイスする時、その相手の将来のために人は言葉を紡ぐ。

不特定多数の目に見えない誰かに語る時、全体のためのスローガンが口をついて出る。

ただそれだけの事だ。

1億の日本人全体に対しての態度と、目の前にいる特定の一個人に対する態度が全く違う。

これは、想像力の欠如によるものだと言わざるを得ないのではないだろうか。


まり結論は、はてなー想像力と呼ばれるものが乏しい。

この表現はトゲがあるから少しマイルドにしよう。

多くの人間想像力と彼らが呼ぶ能力において彼ら自身が考えるよりもずっと劣っていて、はてなーもそれは例外ではない。

これでどうだろうか?

無能一般人共と違って我々は優れているのだから、こんな風に同列に並べられるのは我慢がならないというのならば、それこそが想像力に欠けた発言思想であることには今すぐ気づいてもらいたい。

蛇足

「むしろ我々は一般人よりも想像力に劣っているぜ。エッヘン」という態度を取るのならそれもまた、人並みの想像力からまれたモノであると思ってほしい。

はっきり言うが、はてなにいる人間特別に劣ってもいないし優れてもいない。

インターネットに強くもないし弱くもないし技術者が多いわけでもないしIT系で溢れかえってもいない。

極めて普通普通である

2018-08-24

右も左もネット論客相手を罵り合うが、

左右問わずに嫌われている稀有な才能は竹中平蔵である

小泉純一郎評価する人間は、ネットにはたまにいるが、竹中平蔵だけは「絶対許さんマン」にみんななる。

竹中平蔵を当面ネット攻撃するようにしてはどうか?

デモスローガンを「竹中平蔵を許さないぞー」にしたら、多分左右問わずデモ参加者増える。

2018-08-19

anond:20180818141643

ただ、郷土資料を大量に廃棄するときは、公立図書館博物館に一声かけ配慮はあってよかったようには思う。

リソースが足りないのはそれらの施設も同様でしょう。

公立図書館については不案内ですが、自治体に余裕があった時代に一県一博物館スローガンに建てられたような県立博物館場合

予算の制約がきつくなって収蔵庫や書庫増築どころか棚を設置することすら簡単ではなく、資料職員通路に仮置き、資料寄贈の申出も基本拒絶ってのがザラです。

県立博物館にまとめて引き受けてもらうことが不可能でも、より専門的で小規模な博物館公民館等なら可能ということはあるでしょうが

司書が、各資料から貸出カードを抜き取る手間すら惜しむという状況で、資料ごとに適切な受け入れ先を探すのは現実的なのでしょうか。

2018-08-18

はてブは幼稚な俺TUEEEラノベと同じ

はてなには「これはひどいタグを付けることで何かマシなことをした気になってる人が多いが、単なる自慰行為しかないのは明らかだ。「これはひどいタグを付けることで“ほぼリスクなし”で“自動的”に優越感を味わえるという構造危険性がある。「ネット上の発言は全世界に公開されていて、全世界から批判されうるのだから炎上自業自得」などと言って炎上ネタに乗っかる自分正当化する連中は多いが、彼らは自分ブコメ自体批判されうるとはほとんど思っていないし、実際ブコメ自体批判されることはあまりにも少ないレアなケースとなっている。

ニュース炎上ネタを見ては「これはひどい」とコメント。「俺はこんなに賢いのに世間の連中はなんて愚かなんだ!」はてブとはそういう精神ポルノ、俺TUEEE、慰撫でしかない。毎日こんなことをやっていると全能感に支配されるようになるだろう。「俺はすごい」「俺は賢い」「世間馬鹿ばっかり」

タグ付けというのは情報の整理のためには有用ではあるが、物事の複雑さから目を背ける行為でもある。「これはひどい」とタグ付けされた時点でその情報は深くは掘られなくなる。「これはひどいタグをつけている連中は問題を深く知って真面目に考えようという姿勢を持っているのではなく、お手軽にタグ付けして分類し、物事のあらゆる側面をすべて見切ったと優越感に浸って、自信満々で無敵状態で一方向に突っ走りたいだけなのだ

そういえばはてなには他のインターネットコミュニティに比べてラノベオタクが非常に多い。ラノベといえばエンタメ小説だ。エンタメ小説といえば怠惰現実逃避ロマンを好む読者にとって都合のいい藁人形小説であり、その中でもラノベさら人間を簡略化された単純なキャラクターとして扱っているジャンルでもある。ラノベを好む人たちは物事限界簡単に見定め、気軽にタグ付けし、幼稚な理屈と雑な論理ですべてを見切ったと思い上がり、すぐ感情的になって爆発する、そんな習性を持ってはいないだろうか。

有無を言わさぬタグ付け、つまり「これは『これはひどいなのだ!」という思考習慣は人間堕落させる。たしかにその直感は外れていないことが多い。だが、タグ付けする前に考えてほしい。幼稚な物語を構築あるいは捏造してそれに甘えないでほしい。「これはひどい」というスローガンのもとに思い込み偏見助長させてはならない。はてブは幼稚な全能感から卒業すべきだ。

2018-08-11

anond:20180810211812

ほんとこれ

スローガンを暗唱させるだけで、何の具体策も無い

具体策で正規軍や核を議論したらケンポーイハンて騒がれちゃう

よほど血に飢えた戦争狂がいるみたいだな

2018-08-07

anond:20180807162500

料理裁縫やる女じゃなくても認める」は「料理裁縫やる女は認めない」は全然違う

エマフェミ後者は言ってないだろ

個人的なことは政治的なこと」というスローガンに聞き覚えないか

フェミの旗印だぞ


個人が好きでやってることにはコメントしてないってことは不干渉ってこと

エマ料理裁縫もやりたくない女に対して料理裁縫は女がやれって鍋や針を無理やり握らせるのをやめろって言ってるだけで

個人選択が抑圧になる、というのがフェミの主張でありエマの主張もそれに立脚してる。

料理裁縫ジェンダーロールですからワイ一切やりませんの」って宣言してるわけじゃない

料理裁縫ジェンダーロールだからそれで他人評価するな」とは宣言してるよね?

2018-08-02

東京医大女子減点問題について、いち小児科医が思うこと

卒後10年弱の男性小児科医です。

東京医大女子受験生に対して入試で一律に減点措置を行っていたことについて、医師立場から少し意見を言わせてください。

まず前提として、受験要項等での告知なしに特定のポピュレーションに対して減点もしくは加点措置を行うというのは、受験生立場からすると到底認められるものではないと言うことは確かだと思います

せっかくがんばって勉強したのに、自分の知らないところでテストとは別に性別理由に減点されて不合格になるなんて不公平の極みです。自分がそんな目にあったのがわかったら到底許せないでしょう。

このような減点措置を行っているのであれば、受験生に対して何らかの形でその存在アナウンスしておくのが試験としての最低限のルールだと思います

今回の措置で不幸にも不合格となってしまった受験生の方には同情を禁じ得ません。

それでは、事前に「女子受験生は一律に減点します」と受験要項等でアナウンスしておけばセーフかと言うと、それはそれで試験としてのルールは守られるものの、現在社会通念において認められるかと言うと、限りなく黒に近いグレーになるのだと思います

今回の報道についてのブコメや近年のポリティカルコレクトネスの流れなどを見ていても、性別などの本来的に試験の成績と関係ないファクターによる加点・減点措置は事前にアナウンスがあったらオッケーみたいな感じには絶対ならないでしょう。

そんな大学潰してしまえとなるのがオチですね。

一方で、以上を踏まえてもこの措置必要悪だという意見もあります

確か女性差別するのは良くないことだが、女性医師結婚出産などで離職の可能性が男性医師に比べて明らかに高く、女性医師が増えると現場が大変だから仕方ないという考え方です。

主に現場意見を集約しているのだと思いますが、もちろん医師側の内輪の意見なので、一般的にはなかなか受け入れてもらえないのではないでしょうか。

これが受け入れられるならそもそもこんな騒ぎにはならないでしょう。

じゃあお前はどう思うんだと言われると、必要悪である(あった)と思うが、現在医療を取り巻く状況においてはもはや認められるものではないだろうと言うのが私の意見です。

私は小児科医なので、職場として女性医師はどちらかと言うと多い方だと思います

そんな中なので、女性医師が離職(休職)すると大変と言うのは身を以て実感します。

少し前に「女医さんがやってきた」https://anond.hatelabo.jp/20180701010648

という増田を書いた男性医師がおられましたが、その気持ちは大変よくわかります

その男医師最後に書いていましたが、自分負担を考えると確かに「次は活きのいい男を頼む」と言いたくなります。そっちの方が絶対に肉体的にも精神的にも楽なのは間違いないですから

小児科医がそんなこと言ったら産婦人科医の次に袋だたきに遭いそうなのでもちろん言いませんが。

とは言え、日常業務において女性医師男性医師に劣っているかと言われると、まったくそんなことはありません。

大学学生時代を思い返すと、女子学生の方が男子学生より総じて優秀であったと思います

男子学生一定数がアホのように遊び呆けている一方で、大半の女子学生は真面目に授業に出席し、よく勉強して良い成績を取っていたような記憶があります

私が行った大学でも男子学生入試でゲタを履かされていた可能性は否定できず、そもそもの基礎学力女子学生の方が高い可能性もありますが、国立大学なのでそんなことはないと信じたいものです。

いずれにせよ、女子学生の方が平均的に成績は良かったと思います

働き出してからも、よく働く女性医師は本当によく働きます。もちろんよく働く男医師もよく働きます。一方で働かない人は男女問わず働きません。そこに性差はないように思えます

体力がどうのこうの言う人もいるかもしれませんが、寝ない・食べないに強いのはどちらかと言うと女性ではないでしょうか。

かば病院に住み込んで働き、プライベート犠牲にして患者さんのために身を粉にして働く女性医師は山ほどいます

ただ、結婚出産になると話は別です。

「私が医療崩壊のトリガーになる未来https://anond.hatelabo.jp/20180630150652

という増田を書いた女性医師がおられましたが、どんなに優秀でどんなにがんばって働いている女性医師であっても、結婚出産ということが絡んでくると、どうしても男性医師と同じキャリアを考える訳にはいかなくなってくるのが現実です。

この増田さんが本文中で書いてある

医療崩壊はすぐそこまで来ているのだと思います。この危機を救えるのは、働き方改革より何より「医学部男子学生増員」だと思っています。”

という言葉が今回の問題本質を指しています

2011年付近東京医大で何があったのかは知りませんが、現場の声を考えると大学上層部がこういった問題意識を持つことは至極当然のことだと思います。それを実行に移すかはともかくとして。

ただ、現実問題として、このご時世において、良くも悪くも「医者男性職業に」などといったスローガン通用するはずはありません。

医学部定員に占める女子学生割合は今後も増えて、恐らく半分程度にはなるでしょう。

まぁ、こんな報道やら医療現実に嫌気がさして女子学生の方から医者なんてくそ食らえ」と言われる可能性も否定はできませんが。

それはともかく、入学者の大多数が医者になるという医学部特性上、女性医師の増加という流れはこれからも着々と進んでいくに違いありません。

そして、女性医師に人気の診療科に人が集まり、人気のない診療科は人がどんどん減って、さら結婚出産での離職も相まって残された人の負担がどんどん増えていく、と言う流れが加速していくでしょう。

じゃあ悪いのは女性医師だけなのかと言われると、男性医師においても、女性医師と同じように希望診療科の偏在は起こってきています

色々な意味で大変な(でもやりがいのある)診療科というのは、多かれ少なかれ医師自分犠牲にすることによって成り立っているので、このご時世の価値観ではあまり流行らないのは男性医師においても同じです。

私も、あまり流行らない小児科という診療科で忙しく働いていますが、まだ幼い子どもが2人いることもあり、可能ならできるだけ早く仕事を終えて家に帰りたいです。

実際は毎日患者さんの様子を見に行きますが、できることな休日家族のために使いたいです。

男性医師パートナー専業主婦だという組み合わせは依然として多い気はしますが、医師同士の結婚を含め、パートナーもしっかり働いているという家庭は着実に増えていると思います

そういった家庭においては、たとえ医師であっても子育て家事はすべてパートナーに任せきりというのはなかなか認められがたいのが現在社会の考え方ではないでしょうか。

女性医師だけでなく、男性医師においても、家庭を含めたプライベートを重視したい(重視しないといけない)と言う考え方はこれからも進んでいくのではないかと思います

さらに、同様の理由において男女問わず地方病院での勤務を希望する医師は着実に減り、地域ごとの医師の偏在化も問題となっています

そういった問題に対し、医師の数そのものを増やせばいいじゃないかという声もありますが、実際に増えた医師のどれくらいが現在不足している診療科地域に行ってくれるかは未知数です。

行き着く先は成績などによる診療科や赴任地域限定という方法論になりますが、適性不足やモチベーションの低下、離職の増加でサービスの低下は免れないと思います

なかなか悩ましいところです。

結局、女性医師の増加に端を発していると思われる今回の問題ですが、実際に問われているのは、女性医師の働き方なのではなく、女性医師が増えた(今後も増える)現状において、男性医師も含めたすべての医師の働き方なのだと思います

現在医療とりま環境において、不公平感が出ないように誰がどのように負担を分け合うかを考えることが切迫感を持って求められていると思います

そして、その負担を分け合う人たちの中には、医療者だけでなく、医療受益者である患者さんももちろん含まれています

さらここで私が言うことではないと思いますが、医療はただ求めれば与えられるものではありません。

今の日本医療は、現場人間家族などその周囲の人間自己犠牲によって成り立っている部分も多分にあります

医師が働きやす環境を作ることと、患者さんにとっては望ましい環境を維持することはほぼ間違いなく両立しません。

今回のニュースに憤りを覚えた皆様におかれましては、医師働き方改革が進んだ場合に、自分患者としてどこまでのサービス低下や負担増を許容できるかについて少しでも思いを馳せていただければと思います

皆さんが思いを馳せた先の最大公約数が恐らく日本医療未来なのだろうと思います

無力ないち小児科医としてはこうして増田に筆をとることしかできませんが、今回のニュース医師の働き方についての議論きっかけになることを願っています

少しと書きながら長々と書いてしまいましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

2018-07-26

生産性がないと言われた人間私見

俺はパンセクシャル寄りのバイで、おまけに社会不安障害を抱えていてあまり人と仲良くなれない。なので女性と満足にセックスできたためしがない。風俗店に行ったこともあるがいたずらに時間が過ぎるだけだった。

よって俺は現時点で子どもを作れないLGBTの1人である

しかしそれでいて「生産性発言非難轟々の某議員をあけすけに叩くことがどうしてもできない。

セクシャルマイノリティの内訳ではLGBTマジョリティであると俺は思う。小児性愛ケモナーよりは確実にポピュラー存在だろう、LGBTは。多様化スローガンを掲げてホモフォビア的態度を封殺しようとすれば、LGBT以外のセクシャルマイノリティにも寛容にならなければいけない。人間イマジネーションは奥が深い。俺らが思いもよらないもの行為恋愛感情性的関心を寄せる人は幾重にも存在する。

小児性愛者やケモナー、はたまた四肢切断に関心を抱く人等、これから出会うかもしれないセクシャルマイノリティの全てを受け入れろというのは個人キャパティを超えている。人にはどうしても認められない価値観があって、当人の持つテーゼからまりにかけ離れているがために今はその存在すら想像だにしていないのだ。

こうやって判断の難しいレアケースにどうやって対処するのかと言うことを唱えると「小児への性的接触や獣姦判断能力が低く意思表示が難しい者を弄ぶ暴力行為であり、そういった行為に走る可能性がある人間容認することはできない」というような反論が聞こえてくるだろう。しかしそれは僕からすると間違いで、性的欲求暴走させ周囲を傷つける判断能力の欠落とセクシャルマイノリティであるかどうかは何の因果もないと思う。同世代対象としたヘテロセクシャルLGBTにもレイパー存在するわけで、猥褻事件の要因をセクシャリティに絡めてはいけない。

リベラリスト立場LGBT権利拡大賛同する人のどれだけが、明示化されるかもしれないレアケースに向き合う覚悟があるんだろうと、どうしても俺は冷ややかな態度になってしまう。突き詰めていけばみんな結局自分信心に従った勝手のいい「倫理」を持ち出して、自分嫌悪するものを「例外」として門前払いしようとし始めるのではないのかと考えてしまう。結局僕らは女性蔑視の酷いイスラム原理主義者中絶を認めないカトリック信者のように、自分の持つテーゼ一方的に盲信しているだけかもしれない。

生産性のない者に施しはいらない」という言葉をもってして考慮すると騒動セクシャリティに限った話ではない。

カルト教団統合失調症患者アルコール麻薬依存症医療大麻支持者、ニート生活保護受給者パチンコ店経営者ブラックワンマン社長ゴシップ誌記者うなぎ養殖業者、原子力発電業者世間から存在意義を問われ時には社会を卑しめる悪とすら呼ばれる人たちは枚挙にいとまがない。彼ら全てを肯定しようといえば、どこからともなくそれは違うという人が現れて、彼らの短所を挙げ尤もらしく彼らの排除を訴える。世界は単純ではなく、何にだ短所はあるというのに。

俺は別に認められないものがあってもいいと思うんだよ。神じゃないんだから個人的にNGってもの絶対あるし、逆にこれは守りたいってものもあっていい。でもそれを「社会多様化」だとか大義名分掲げて、さも公益のため人の尊厳のために滅茶苦茶正しいことやってるですよって正当化していくの、なんか卑怯だなって思っちゃう時があるんだよ。結局根っこは私信だと思うのね。「ゲイオープンリーになったらなんか良さげじゃん」みたいな気持ちに色々肉付けして説得力あげようとしてるだけなんじゃないのかなってたまに思ってしまう。

みんなが「ゲイが虐められてるの見ると気分悪いかホモフォビア嫌いです」ぐらいの意思表示にとどめたほうが、かえって問題がわかりやすくなるんじゃないかなとか考えちゃう

それから今回の炎上でやるべきなのは議員自民党を叩いて潰そうとすることじゃなくて、カウンターになりうるLGBT理解ある議員応援だと思った。気に入らないものを潰せというのではなくて、自分意見を反映してくれる人を送り込むというアプローチのほうが社会多様性という点では好ましいんじゃないかな。

まとまりがなく幼稚な内容かもしれないけど、あの議員に迷いなく憤りをぶつけることがどうしてもできなくて、その理由を探るために書き記しておきます

2018-07-20

anond:20180720105511

俺は「自分の好みでやってる」と堂々と認めているから、何を贔屓しようが何を殺そうが、犯罪にならない限りよそからガタガタ言われる筋合いはない

そうやって自分の好みを通す以上、命は尊いとか平等とか、主語の大きいスローガンなんか偉そうに掲げられないとわかってるから

2018-07-12

anond:20180712153925

個人的なことは政治的なこと(こじんてきなことはせいじてきなこと、英語: The personal is political)は、

1960年代以降のアメリカにおける学生運動および第2波フェミニズム運動におけるスローガンで、

個人的経験とそれより大きな社会および政治構造との関係を明らかにしようとする言葉である


by wikipedia


というか、こんな言葉がなくても、自分提言を守れてない発言者

なんの信頼性もないことは明らかだろう。

2018-07-03

思想の具現化としての非婚化・少子化

今の日本非婚社会・少子社会になっているのは、子供を作ることが出来る若者経済力が激減しているからだと言われている。

しかし、本当に経済的理由だけで非婚化・少子化が進んでいるだけなのかな?

お金という現実問題だけではなく、男女平等価値観思想の変化によって、若者たちが恋愛結婚拒否している可能だってある。

例えば、男女平等価値観が当たり前の社会になっているはずなのに、相変わらず男性側に経済力甲斐性を求める考え方は根強く残っている。

それに男性側が猛反発し、恋愛結婚拒否しているとしたらどうだろうか。

女性側が考えを改めない限り、非婚化・少子化絶対になくなることはないだろう。

今の時代は「女性が輝く時代である政府スローガンを掲げて、国を挙げて女性活躍を推奨している。

しかし、女性達の経済力発言力が増えれば増えるほど、非婚化・少子化解決する主導権を握るのは男性側になるのである

男は一人で子供を作ることが出来ないのは当たり前だが、それは女だって同じなのである

2018-06-27

anond:20180627120532

そらー単なる希望的観測だよ。

シリアの状況でも調べてみろ。

英雄独裁者に変わる事も、人民解放スローガンが介入の口実に利用される事も、その結果も全部わかる。

2018-06-24

anond:20180624194307

あーなるほどスローガンとの整合性チェックが発動したわけかー。それは確かにすぐ謝るわな。

Yahoo! JAPANが挑戦する社会課題解決 - ヤフー株式会社

https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/list.html?keywordId=3

女性が働きやす社会へ - ヤフー株式会社

https://about.yahoo.co.jp/csr/effort/087.html?keywordId=3&anc=7


今回の件、いつもの人たちは、そもそも何がお気に召さなかったのかがヨクワカランのだが。思考パターン忖度するとこういうことなのかな

女性エンジニアが少ないと男性エンジニアのやる気が出ない」

↓(曲解

「女は、男のやる気を出させるために存在する」

2018-06-22

Youtube世界事故動画を見て思うこと

日本道路は信じられないくらい金をかけて作られている

ひとつないのは当たり前

標識スローガンおかしな模様や注意喚起がこれでもかとつけられている

もちろんこれは良いことではない

日本住宅都市景観は、海外のそれと比べて極めて貧しいからだ

結局、日本道路だけはドバイ並に贅沢だが、庶民生活は貧しいという、いびつ構造になっていると思う

2018-06-12

anond:20180610165630

この場だから告白するが、自分殺意を実行していたら子供は両手で数えられないくらい死んでる。

そのたびに正気に戻り、殺人者にはならずにすんでいる。

一歩間違えたらそっちだったと思っているから、世間の人たちみたいに虐待死させた親を責めることがどうしてもできない。

いや、世間の怒っている人たちは子育て経験が無いか、よほど体力があったか、よほど精神力があったかのどれかなんだろうなぁと思ってる。

まれからすぐの昼夜無くお乳をあげている期間、あまり寝不足に「○したら楽になるかなー」と思ったことは正直何度もあった。

マンションから転落死させた事件最近あったけれど、自分も一歩間違えるとそっちだったことはあった。

...と書いている自分は育休をとった夫なので、「夫の育児参加」は周回遅れのスローガンだと思ってる。

2018-06-01

anond:20180601161643

シンガポール80年代に、日本よりも早く少子化対策を始めた。87年には政策スローガン『3人以上(子どもを)持とう、余裕があるならば』を掲げた。子ども手当や公務員不妊手術のための休暇制度時間短縮勤務など様々な対策が取られた。この結果、一時的出生率は上昇したが、再び低迷した。政策を打ち出しても、出生率は永続的に上昇するということにはならなかった。04年にも『シンガポール家族にとってすばらしい場所』という政策スローガンを出し、出産祝い金や子ども手当の増額、外国人メイド税の減税など包括的政策を出したが、効果があったとはいえない。今もなお、出生率は1.1~1.2あたりをはっている」

anond:20180601123629

LGBTも、選挙権が無いわけでも居住地区が制限される訳でもなければ、

就職出来ないわけでも同じ仕事をしていてもLGBTというだけで給料が下げられるとか出世できないとか言うわけでもない。


「他の人間から趣味が合わないかプライベートで付き合いたくないと言われる」を、

周囲全員からやられると、それは江戸時代でいう「村八分」となる。

他人を、趣味理由にして「村八分」にする権利など誰にあるものか。

あと、仕事評価プライベートの(人間関係の)評価は、明確に切り離されているわけではない。

から、「オタクから付き合いづらい」→「社内の人間とのコミュニケーション取れてないと評価」→「仕事評価給料が下がる」

こういった流れで、「オタク」→「正当に評価されない」は、ありえる。

かつてフェミは「個人的なことは政治的なこと」とスローガンを掲げていたが、それと同じ。

個人的好き嫌いが集まると、全体から排除になりうる以上、

オタクから付き合いたくない」は(もちろんほかの趣味もそうだが)許されない。

2018-05-29

「みんなでオリンピック成功させよう!」

今日ヤマトトラックに「みんなで東京オリンピック成功させよう!」みたいなスローガンがあって

なんか強烈な違和感を持ってしまった。

「がんばろう福島」は、まだ、理解はできる。

しかしこれは、なにかがおかしいと思った。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん