「麻酔科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 麻酔科とは

2021-04-06

anond:20210405183449

から婦人科ではなんでその選択肢がないのって話なんだが

麻酔科医がいない、病床が足りないという割には前立腺がん検査にはずいぶん手厚いですね

anond:20210404172838

追記、詳しくてありがたい。ありがとう

 なかなか理解が追いつかないのだけど、私が知りたかたことの理解があっているか確認させてください。麻酔の種類については「かんたんなますい」「たいへんなますい」程度のイメージしか捉えられなかったです。

話題になってた検査は、「かんたんなますい」では効かなくて(←ここがやっとわかった新知識)「たいへんなますい」をしなくちゃいけないよ

健康体に「たいへんなますい」をするのはデメリットの方が大きいよ

治療においては婦人科でも「たいへんなますい」をちゃんと使ってるよ

前立腺麻酔やすいから「かんたんなますい」でいけるから麻酔してんだよ

…ってことだろうか?

 専門的なことでわかってもらえないと嘆いているけど、何しろ初めて聞いたんで…。(上記理解も間違ってるかもしれないけど)

胃カメラを寝てる間に?やってくれるのって「たいへんなますい」なのか「かんたんなますい」なのか、どっちかしら…?

胃カメラならメリットが大きいが件の婦人科検査ならデメリットが大きい?

それとも寝てる間に胃カメラって素人妄想

まだよくわかってない。

 以下はダラダラと個人的匿名日記を書く。オチ結論もないし、語りかける文体だけど独り言です。

 専門的なことだからさ、素人は知らないんだよ。でも大抵の検査医療処置は「先生(と現代医療)を信頼しておまかせします」ってスタンスで、知らないからって無茶な要求しない人が多いと思うよ。よく説明してくれるお医者さんも多いし。

 それでもなお、あの話題が吹き上がったのは、「説明がない✕すげえ痛い」の経験者が多かったんじゃなかろうか(それが女性蔑視由来かどうかは、私はもう興味が薄れた)。

 大腸内視鏡受けたときは下剤が苦しいのも管を入れる時S字結腸で引っかかって痛むとか大腸が曲がるところに当たるとかエアーお腹が張るとかみんな教えてくれて、しんどかったけど安心だったよ。

 逆にレントゲン撮るときに、放射線の影響とかを事細かに教えてくれる訳じゃないけど、まあぶっちゃけ痛くないからね。

 これが説明なしの大腸内視鏡とかすげえ痛いレントゲンだったら冗談じゃないよ!もっとちゃん説明しろよ!なんか悪意あんのかよ?!泣くぞ!と思いますもん。

 医療者の皆さま、お忙しいとは思いますが、どうか痛いやつには懇切丁寧な説明をお願いします(もちろん痛くなくても、インフォームドコンセントってんですかね?ちゃんとやりましょうって流れですよね?)

 なぜその検査処置必要か。どんな痛みがあるのか。麻酔ができるかできないか。それはなぜか、一般論じゃなく当該の処置について具体的に。

 なぜその検査処置必要か。どんな痛みがあるのか。麻酔ができるかできないか。それはなぜか、一般論じゃなく当該の処置について具体的に。

大事なので2度書いた。

 説明するのにかかるコストは、私は負担してもいいと思ってる(医療費の仕組みが現状どうなってるのかは知らないけど)し、もし麻酔科医が増えれば解決することがあるなら、増える施策を打ってほしいし私の払った税金使ってくれとおもう。

 まあ1個人か思ったところで仕方ないけどね。

[]2021年4月5日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
001411402899.526
01668346126.539
02428801209.554.5
0329270693.345
04193615190.351
05114491408.317
0624226294.366
0745262758.435
08150911860.836
091531130373.930
101721597292.948
111471371893.351
122101718181.830
132541870873.727
141551406290.753
151821472280.932
162171880086.631
172581760968.336.5
182622139581.735.5
191741103863.434
201841332172.434
2121824568112.739
222562331591.142
231961753689.534
1日356530924286.736

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

熱海駅(7), 来宮駅(6), 無人駅(24), 仁藤(5), 麻酔科医(7), バリアフリー(61), 局所麻酔(8), 事前連絡(13), 鉄道職員(4), 車いす(44), お汁粉(5), JR(54), あてがえ(39), 弱者男性(98), 障碍者(51), 階段(26), エレベーター(14), タクシー(23), 包装(11), 健常者(27), 駅(58), 障害者(50), 報わ(21), ホーム(12), アレルギー(12), 才能(41), 事前(28), 医師(27), 弱者(48), 痛み(19), Google(17), 廃止(16), 通報(20)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■才能ある人は努力が報われていいな /20210405102425(35), ■「宝塚」って書いたら宝塚歌劇団を指すけど /20210405153100(35), ■弱者男性への救いとは、具体的に何か /20210405201511(29), ■麻酔科医としてなんかもう悲しくなった /20210404172838(26), ■アンチフェミ弱者男性社会制度改革で救われない /20210405001517(19), ■はてなーバンド組もうぜ /20210404201336(16), ■才能がないなんて99%は嘘 anond20210405102425 /20210405134728(14), ■大学受験カンニングして合格した /20210404195118(14), ■高校車椅子生徒の補助係をしていた話 /20210405162222(13), ■anond20210405001517 /20210405075147(11), ■ /20210405175047(11), ■1つの歌詞だけをくり返す /20210403214559(9), ■いつも挨拶してくれたマクドナルド店員さんが辞めたっぽい /20210404160335(9), ■コロナ失職したアラフォーおっさん自作WEBサービスを公開するまで /20210404174659(9), ■「女をあてがえ」論者は弱者男性からの切り捨てをどう思ってるの? /20210405215338(9), ■緊急事態宣言人生が変わった /20210405121311(8), ■高校生と付き合う大学生 /20210405165633(8), ■anond20210405174515 /20210405174812(7), ■女性は分配可能資源なの? /20210405133147(7), ■絶対に道を譲らない女 /20210405181817(7), ■落としどころを作れない人とは話はできない /20210405210640(7)

2021-04-05

anond:20210405223010

末端の勤務医立場だったら

産婦人科麻酔科も足りなくて激務でそれどころじゃねえよ

と言っていいと思うわ

ってーか多少は医療問題への知識あったらそれくらい知ってるはずなのにね

検査麻酔をーとか言ってる間に産める所なくなったり癌だろうが手術できなくなったらどうすんだろ

そのレベル問題抱えてるんだよ日本医療

anond:20210405222711

ああ、確かにその言われ方をすると産婦人科麻酔科関係者としては腹立つわな。

なんか角が立つ言い方や活動の仕方をする社会運動多いんだよな…。

#婦人科医療保険適用での麻酔処置を について【追記あり

Twitterで広がってるタグは「婦人科医療保険適用での麻酔処置を」だけど、内容的には「あまりにも痛みがある/身体負担がある検査を、検査必要性/検査のやり方/痛みを減らす方法についての説明/提案不十分のまま行い、患者が痛がっても"痛いなんて言うのはごく一部""出産と比べたらこんなの痛いうちに入らない""普段セックスしてるのに痛いの?"などと取り合わない医者が多いんだがどうすりゃええねん」というものなんだよね……

からたぶん、「#女性の痛みを軽視しないで」のタグの方が広まってたら、麻酔科医の増田も苛つかなかったのかなとは思う

(ただ婦人科医療~の方が具体的っちゃ具体的だし、婦人科医の人から"感情的に騒いでる"と言われたのがあったからか、こっちのタグはあまり広がってないイメージ)

基本タグで求められているのは、麻酔だけではなく

検査について事前に説明する

・痛みがある/負担が大きいなら、それも事前に説明する

(あまりに痛くて家族を呼んだ、タクシー呼んだという話があった)

麻酔などの選択肢があるなら、事前にメリットデメリット説明した上で提案する

麻酔ができないなら、できない理由をきちんと説明する

検査中は、今からなにをするのかを具体的に説明する

(医者患者の間にカーテンがあるので、何されてるか見えない不安がある)

・痛いと言われても患者の声を否定しない

・痛みを減らすために、負担の少ない検査方法に変えていく

という、他の科では普通にしてもらってることなんです……

麻酔が無理そうなら麻酔じゃなくてもいいので痛いのなんとかしてくれ、せめて暴言吐かずに「すみません、なるべく痛くないように頑張りますんで」ぐらいの態度でやってくれ

追記

麻酔科医の増田とか、保険収載を教えてくれたコメント増田とか、すごくありがたい意見ですわ

こっちは素人から有識者意見くれたら適宜主張も変えていくし、例えば麻酔科医がマンパワー足りんから待遇改善主張してって言ってたら主張/支援していくと思うよ

医者の方はできれば、素人バカにする方向ではなく(そういう医者ツイートがあった)、なぜ出来ないのかとか今の制度でできるものはないかとかどうやったら実現可能なようになるかを説明してくれたら助かりますわ……というか最初のは診察でちゃん説明して……

・どの科でも起こりうるよね?という考えと、産婦人科に顕著なのではないか?という考えって特に矛盾しなくないか

ドクハラwiki見たけど産婦人科記述多めじゃない……?(wikiからかもだけど)

違う科とで比較しない方が良かったら、他の国の産婦人科対応比較してるツイートもあるのでタグ見てみてくださいな

あと、「女性男性より痛みに強い」という通説が蔓延してることもあり、女性だけ(ここでは男女の比較のために女性だけと書いてしまうけど)がかかる科では特に痛みを軽視されやすいのでは?と考えています

野獣先輩麻酔科医説

24歳、学生です←医学部

これは夢なのか、現実なのか…←術後せん妄

ん…まぁ…よくわかんなかったです…←麻酔が効いている

麻酔ですよ!←いわずもがな

anond:20210405144355

別に元増田じゃないけど、麻酔科医なんてほぼ勤務医で、医学部定員増に強硬に反対するのは医師会(開業医が主導する業界団体)やで。一緒にするのは少しかわいそう。

はてな民麻酔科医不足すら知らないんだなー

進行性のがん患者ですら麻酔科医足りなくて手術延期になってたりするのに

検診なんかに貴重なマンパワー割いてられっか、ってのも想像もつかないんだなー

胃カメラ全身麻酔とかすげえ怖いんだけど検索すると確かにやってる病院出てくるんだな

だって麻酔科医がいちいちやってるわけないよね?なんか個人クリニック多いし。

内科医なんかが専門外なのに全身麻酔やってるとしたら怖すぎるんだが

anond:20210404172838

てか歯医者麻酔科医でもないけど局所麻酔ほいほいするけどそれはどうなの

体重も把握してないのに勘で投与してるよねあれ

効きが悪いですとかいったらどんどん追加してくれるし

2021-03-25

ぎっくり腰』ってネーミングしたやつマジでどうかしてるんじゃねえの?

別に人体に詳しいわけじゃねねえけど、腰って

上半身下半身のつなぎ目

・それ故に多くの神経が通ってる

上半身(ざっくり見積もって体重の半分)を支えている

場所なわけでしょ。

そこに急性の筋肉の炎症・欠損が生じるわけでしょ?

それをなにスラングとはいえ音の響がちょっと間抜けな『ぎっくり』なんて名付けてる訳?

バカじゃねえの。

例えば英語だと『魔女の一撃(witch's shot)』だぞ。

日本だと魔女イメージが湧きづらいけれども、海外魔女って言ったら多分相当なアレだろ?

なんか日本ももっと『山姥の殺戮』みたいなヤバそうなスラングを作るか、相当ヤバそうな医学っぽい名称をつけろよ『急性神経圧迫性腰筋痛』みたいな。

てかなんで俺腰痛になってんだよ。

原因の分かんねえ脇腹の痛み(おそらく内臓が悪い)をかばった生活してたら腰まで終わったんだが。

こういうケースは何科にかかればいいんだよ。

いや医者麻酔科以外なら医師免許取ってれれば何科でも名乗っていいレベルジェネラリストなことは俺も知ってるよ。

とはいえさ、一応行くなら専門の医者に行くべきだろ。それなりにやり慣れてる分野で長くやってるとその他のことだとカンが取り戻せないというかなんと言うかなこともあるだろ、医者人間なんだから

そもそも病院も間違ってるだろ。

なんでどこが痛いか患者判断して何科の医院にかかろうか悩まなきゃ行けねえんだよ。

ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である』って言葉があるように『患者が解消して欲しいのは『痛み』である』だろ?

いや『ペインクリニック』なる概念存在してるのは知ってるよ?

それにしても数が少なすぎるだろ。わかりやす体調不良(熱が出た、骨が折れたetc…)なら患者でもそりゃあ何科に行けばいいかぐらいは分かるだろうけれども、

ただ漠然と体が痛い場合とかどうしていいか分かんねえだろ。

はあ、体がいたい

2021-02-10

[]ブクマカが何度も書いてしまうほど伝えたかたこ




何度も書いているけどと書いてあるのを適当ピックアップしただけで本当に何度も書かれているか確認していない

2020-10-16

anond:20201016021835

そもそも日本医師の数足りなくて、麻酔科医の数も足りないので

元々医療費が安いのが原因だよ

いか医師の数も少ないし過剰労働だしこれ以上仕事増やせない

ってか海外だってどこも無痛じゃないけどね

日本人が付き合うような外国人は上層多いから高度医療受けられて当たり前だと思ってるけど

海外医療格差も酷い

日本みたいに貧乏人でも割と平等に高度医療受けられる国はあんまない

2020-09-14

エロマンガ大好きおじさん、睾丸の手術から逃げ出す

9月12日(土)、俺は、全身麻酔下で行われる精索静脈瘤(グレード3)の手術を断ることにした。

精索静脈瘤のことは、男性不妊受診した人なら良く知っていると思う。

精巣の周りの血の流れが滞ることで、玉袋の排熱がうまく機能しなくなり、

精子運動力が弱ってしまうというものだ。ご存じの通り精子は熱に弱い。

精巣のエコーと触診の後、俺はこう告知された。

左:3.6mm。右:拡張が見られる。自覚症状は全くなかった。

完治を望める治療法は外科手術しかない。保険適用自己負担は4万円。

命に係わるリスクなんて全くない、腹腔鏡による低侵襲な手術で、

盲腸切るよりもはるかにイージーだ。ひと眠りする間に治っている。

それで、俺の精子が元気になるなら、しない選択肢は無いと、理性ではそう感じている。

  †

5chとTwitter全身麻酔体験談を読んでいて、本当に気が滅入ってしまった。

過呼吸パニック気味になり、みっともなく妻の前で何度も泣いた。

 「あっという間に落ちる」

 「10数えようとして最後まで数え切らずに落ちた」

 「一瞬で落ちて、次の瞬間ベッドの上に居る」

これを、苦痛の全くない素晴らしい治療と捉えるか、それとも……

俺は、これはとても怖いと感じた。

から無意識というのがどうにも苦手だ。

 手術を受けている間の、無意識下の自分はどこに行ってしまったのか?

 目覚めた後の自分は、本当に、目覚める前の自分と同一なのだろうか?

 突然プツンと意識が途切れるのは一時的遮断ではなく、死そのものでないか

 今ここにいる自分は死に、同じ意識バックアップした他人が目を覚ましているのでは?

考え出すと、脳味噌ショートしそうになる。

 カリフォルニア火事で喪われた木々の本数だとか、

 人間の贅沢の為に毎日費やされる莫大な原油消費量だとか、

 宇宙が出来る前の何も無い世界だとか、

そういった、途方もないもの想像した時と同種の、金玉が縮こまる感覚が、ある

(これは静脈瘤によるものではない)。

手術に対する恐怖心は、弟が大病をしたこともあり、子供の頃から人一倍あって、

手術になったらどうしようと夜一人でベッドで震えて眠れないこともあった。

幸いにして、大怪我一つもせずにこの歳まで生きてきた。

から、この問いに対する結論先延ばしにしていればよかった。

その先送りのツケを、今払わされている。

いまどき、ガン告知だって、もう少しあっけらかんとしているだろう。

いい歳して、そのくらい動揺してしまった。精神的に堪えられそうになかった。

精液検査の結果は悪いものではなかった。運動率は少々低かったが。

自然妊娠不可能なほどの数値ではなかった。

医者も今すぐ手術しろとは、勧めなかった。

放置したところで、ガン化したり、命に別状のある病気でもない。

男性不妊以外では、積極的治療されることは稀という事実存在する。

から、今すぐに手術を受ける必要はない。

言い訳だけはどんどん出てくる。

結局、手術は受けないことに決めた。

  †

手術が怖いと訴える若者存在自体は珍しくもないかもしれない。

俺の場合、まず第一にくるのは無意識への惧れだ。

幼い時から、気を失う、失神することへの恐怖が半端無く強い。

30年余りにわたり肥大し続けた認知の歪みは、ちょっとやそっとで打ち砕けるものじゃない。

そうはいうが、お前は毎日キッチリ5時間寝てるじゃないかといわれるかも知れない。

正直に答えよう。俺は、睡眠を取ることさえ、怖くなってしまうことが、よくある。

実際俺は、イヤホンでASMR音声を聞き続けていないと、不安のために寝落ちすることができない。

から入ってくる音声を頼りに、眠りにつく前の自分と、目覚めた後の自分自意識

ひとつながりになっていることを、毎日自分に言い聞かせ、それで漸く、おっかなびっくり

落ちていくことができるようになったのだ。全身麻酔ではそれができない。

手術室でもASMRを流してくれたら、それも可能かもしれない。

先日は、それすら堪えられなくなった。中間過程――睡眠によって4時間も5時間も、

途絶えてしまった自分意識の屍――を想像してしまい、そのことがとてつもなく、恐ろしく

感じられたのだ。それは、死の時間のものだ。横たわるベッドはさながら棺だ。

自分という存在消滅してしまう恐怖を抱えて、どうして、赤子のように、

無邪気な安心を枕に、眠ることができるだろうか?

最近は、睡眠中1時間おきにアラームを鳴らすことで、これに対処するようにしている。

1時間睡眠ならまだ「こちら」へ戻って来られるという感覚的なものが、自分の中にはある。

3秒ルール」みたいなものだと思ってくれれば、それでいい。

ウトウトたかと思ったタイミングで、アラームが鳴る。現在の時刻をチェックする。

よし1時間は眠れた、次の1時間行くぞ、そしてまた入眠する。

これを繰り返すことで、無意識回避しつつ、朝までの時間をやり過ごす。

論理ではないのだ。

結局自分が納得できるかどうかが、恐怖を乗り越えるのに一番大事だと思わされる。

俺は、無意識下の自分まで、わが制御下に置いておきたいのだ。

全身麻酔ではそれができない。

手術室でも1時間おきに覚醒させてもらえれば、それも可能かもしれない。

(思考実験をしてみたが、30分で完了する手術なら、躊躇なく受けていたと思う)

昏睡への恐怖を訴える患者に対して、麻酔科Webページではこう説明されている。

 今まで麻酔から目覚めなかった患者存在しない。必ず覚醒している。だから大丈夫だ。

真っ当な説明だ、こちとら原理まで散々調べたからそれは承知している。

そう、それでも、絶対安全な「作り物の死」であっても堪えられないのだ。

思い出したが、俺はジェットコースターも楽しめない人間だが、それと同根な気もする。

ビビリの俺は、カリブの海賊からモールステップで難易度を上げていかなければならない。

幸いにして精索静脈瘤には、自費負担にはなるが、日帰り局所麻酔による治療

存在する(ナガオメソッドは良さげだがとても高額で、貯金を溜めておかないと払えそうにないが)。

どうしても自然受精が困難であればこちらも選択肢に入れることにしよう。

こうして俺は、種無し騒動回避した。

  †

一方、全身麻酔の予期不安は、一生付き纏い続ける。

一生のうち一度も手術を受けない幸運人間は稀だろう。

これから20年30年生きていれば、体中にガタがどんどん見つかるはずだ。

大病の経験こそないものの、健康には全く自信は無い。

癌やポリープが、あちこちに出来るだろう。

ドッグを受ければ、脳動脈瘤が必ず1個や2個は見つかるだろう。

祖母心臓が弱かった。心臓カテーテルを挿入しないといけないかもしれない。

そのたびに、泣きわめいて何とか全身麻酔回避する方法を探し求めるのか。

きっと俺みたいな臆病者がガン告知で取り乱し、代替療法にハマった挙句

治るはずのステージをみすみす悪化させて、全身転移の末苦しんで死んだりするのだろう。

いや、それよりも何よりも、人生終焉に待ち構えている大関門――死――、

これに対する対処法をいまだに俺は見いだせてはいない。

死こそ、人知の及ばぬ、理性の制御できない最たる存在ではないか

死ぬのは怖い――――そう、死ぬことも誰よりも怖いのだ。

妻や、まだ見ぬ子と、どれだけ輝かしい日々を送ったとしても、それはいつか終わるのだ。

偽りの喜びでしかないのだ。

俺と、その家族暮らしていた記憶は、いつの日かこの世界から消え去ってしまうのだ。

それに何の意味がある?


そうして、俺は今日も泣きながら仕事をしている。

運よく在宅勤務で顔を見られることもない。

まさに今この時も、数秒後に脳卒中で誰にも気づかれず突然死してしまう妄念が頭から離れない。

大人になれば、こんなくだらない恐怖は薄れていくものと信じていた。それがどうか。成人して以降不安は強まるばかりだ。

 膵臓癌じゃないか

 心筋梗塞じゃないか

 脳腫瘍じゃないか

まだ若いから、と一笑に付してきた最悪の可能性が、日に日に、無視できないほど大きくなっていく。

幼少期から不安感が全く緩和されていないことに、絶望しか感じない。

死の数か月、数日、数時間前、俺は更に激しく動揺し、どれだけの絶望で染められているのだろうか。

どうしてこんなにみっともない人間になってしまったのだろう。

どうして自分のことしか考えられない人間になってしまったのだろう。

誰よりも出産希望していた妻に対して、本当に申し訳が立たない。

それとも、こんなにも死に怯え、生まれてこなければとさえ思っている男が、新たな命の親になろうだなんて、烏滸がましいということなのだろうか?

2020-08-04

anond:20200804002714

競争が働かない分野が腐るのは当たり前だし

撤回論文の数でランキング世界1位は日本麻酔科医だし

上位15人中も多くの日本医師が占めている

平常運転である

2020-07-14

医学生コロナ騒動を見て絶望したこと

絶望した。この国に絶望した。

東大理系未来はないと悟り医学部へと進んだ。理学部工学部に行ったところで、技術的にも遅れ古臭い体質の日系クソ大手や、ポスドクとして40まで使いつぶされ年齢制限で追い出される底辺研究者関の山だ。

親は医者ではないが、勤務医はそれなりの高潔とそれなりの給与を両立できる。体力にも自信があった。

入学した医学部では、良識ユーモアある同期や先輩後輩に恵まれた。アカデミック環境と実臨床のリアリズムバランスが丁度良く、楽しかった。

しかし、コロナ騒動を見ているとあまりにも救いがない。そう感じたのだ。

医療はいつも通り使いつぶされるのだが、それに加えて、世間馬鹿共はなぜか医療従事者を汚物扱いする。そればかりか、政府すら(おそらく官邸馬鹿私文と折衝くらいしか仕事のできない官僚共の失策で)冷遇を維持する。

コロナ患者を受け入れた病院経営が危うくなり、最前線医療者のボーナスカットされる。これを資本主義的に切り捨てるのは、資本主義から最も遠い日本医療制度で救われてきた日本馬鹿底辺共のやっていいことではない。

僕はこの国の政府も、大衆も、近視眼どころか盲目しかないのだと悟ったし、18歳の進路に迷っていた自分にとってある種の保険に見えた医師という進路は、実際のところ社会の道具として使いつぶされるだけの奴隷だと認識した。

まあ、稼ぎ方はいくらでもある。アホをだまして宗教的に稼ぐ医者など、新書コーナーを歩けば山ほど見つかる。ああいカス共は、倫理の代わりに実利を得ている。

しかし、実利を捨てて倫理を得たところで、そこには自己満足的な自己犠牲しか残らない。

そこまでして持つべ倫理などないし、そこまでして支えるべき社会ではもはやないのだということを、この騒動を見る中で強く実感した。

勿論、医療従事者の労働問題や、最近話題の乳腺外科訴訟、古くには大野事件など、この国のクソな部分は知っていた。しかし、こうも醜い形で表出するとは思わなかったし、そういう意味ではコロナによって目が覚めたともいえる。

専門医制度失策内科医外科医志望者は減少し続けている。コロナ失策ますますマイナー科(皮膚科眼科精神科麻酔科あたり)や自由診療の人気は上がると思っている。勿論クリニックの経営コロナにより厳しくなっているが、それでもQOLや稼ぎ方の多様性を考えれば明白にそちらが賢い。それに、医師免許さえあればやれる仕事や、できる稼ぎ方が世の中には色々と存在しているのだ。

こうして、他の様々な分野における状況と同じように、医療業界でも足元から瓦解が進んでいく。日本というオワコン三流カス国家の没落は、これからもダラダラと進んでいく。劇的に何かが崩れるわけではないが、気づいたときにはもう手遅れなのだ。というか、コロナという1つの現象はもはや「気づいたとき」にあたるのだと思う。

自分の将来を考える。僕は結婚願望はあるが、この国で子供を持とうとは思わない。当たり前の話である。多少なりとも頭が動くなら、子供をこの地で産めば確実にしんどい思いをさせることはわかる。よほど金に余裕があるか、別の国に住まわせる覚悟があるなら別だが。

さっさと滅びろ三流国家と三流国民

2020-05-30

anond:20200530010252

うちのおばあさんがなったとき、抗ウイルス薬をのまないと失明する寸前だったって

そしてちゃん麻酔科医?に神経ブロッキング?みたいなのもしてもらってた

そんで薬がきいたあとも目のまわりが後遺症でかゆくて血が出るまでかきむしりたくなったので

トウガラシチンキを自作してた(それをぬるとマシになる)

ドーラ船長マスタード弾撃った後みたいなのが大気に充満した

2020-03-23

日本医者専門家は飛び抜けてレベル低い(2) 〜研究不正

日本医師研究者レベルモラルが低いのは昔からだぞ

論文全体に日本が占める割合が2.9%なのにも関わらず(米国:26.1、中国:19.3%、 英国:5.9%、独逸:5.2%)、

Nature や Science に正を名指しされるレベ

[Science] Researcher at the center of an epic fraud remains an enigma to those who exposed him

https://www.sciencemag.org/news/2018/08/researcher-center-epic-fraud-remains-enigma-those-who-exposed-him


[nature] What universities can learn from one of science’s biggest frauds

https://www.nature.com/articles/d41586-019-01884-2


日本語の研究不正問題記事は下記


なお、記事内に “撤回論文” が出てくるが、論文の変更措置は「訂正」「懸念表明」「撤回」 があって、「撤回」が最も重い

不正証拠が決定的でない場合は、懸念表明にとどまり

撤回される論文とは、有害無益な「世にないほうがよい論文


ネイチャー誌が糾弾日本発最悪の研究不正が暴く日本大学の「不備」(2019/06)

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20190626-00131623/


撤回論文監視する「リトラクションウォッチ」は撤回論文の数でランキングを作っている。


 ちなみに、世界第一位日本麻酔科医、第五位はS氏の共同研究者医師、第六位は一位の麻酔科医と共同研究したことがある麻酔科医だ。上位6人中3人が日本人の医師、上位15人中6人が日本人(うち医師が5人)と、日本人は世界に恥をさらしている状態なのだ


日本大学の不備を指摘

 ただ、ネイチャー誌の記事は、日本研究者問題を取り上げたわけではない。ネイチャー誌が指摘したのは、日本大学研究不正調査体制問題があるということだ。


(略)


 大学調査は「不透明で、不十分」であったという。誰がどの論文調査したのかも明らかにしなかったうえ、研究不正調査にばかりエネルギーを注ぎ、重要であるはずの研究妥当かどうか、論文撤回修正必要かどうかの判断おざなりだったという。


 記事の中で、研究の誠実性に関する専門家であるCK Gunsalus氏は、日本機関は、不正行為を調査するためのプロセスを見直すべきであると指摘している。日本研究機関は外部の評価委員を入れる、Gunsalus氏が作成したチェックリスト活用するといったことが必要だという。


 私自身何度も記事にしてきたが、日本研究機関研究不正調査には大きな問題がある。研究不正認定されなければ、調査報告書は公開されないうえ、研究不正可能性があることを指摘した研究者処分したりもするのだ。



関連増田


参考になりましたか

anond:20200323175727

2020-01-22

anond:20200122175709

仮にコンタクトを処方するだけの医者でも、レンズの長時間装用などによって何らかの障害が発生していないか、またその障害はその眼科対応可能かそうでないか判断する必要があるでしょう。事実上コンタクトの処方でご飯を食べている医者でも、とりあえず眼科知識は一式必要だし、自分対応できない症例なら他の診療科や大病院紹介状を書けるレベル知識必要

今の医師免許ってすごくざっくりしていて普通医師免許麻酔科医と歯科医の三種類しかなかったはず。離島の小さな診療所医者なんか、専門がどうこうじゃなくて、どんな患者でも見なくちゃいけないからわざと細分化してないんじゃなかったかな。

専門が細分化した大病院ばかりなら医師免許も細分化しろってなるかも知れないけど、地方の小さな診療所のことを考えると多少浅くても広い知識必要医者もたくさんいるはず。

2019-08-05

anond:20190805073552

目からウロコだった。ありがとう

とりあえず田舎なんで麻酔科のある病院まで行くのが大変そうだから、車乗せてくれる人を探して行ってみる!

anond:20190805072945

骨盤位置とか関係ないし誤認も華は甚だしい。

レントゲン等の診断では半数が診断がつかず、残りは椎間板ヘルニア等。

コルセットも良いけど、まずは痛みを取るのが大事

麻酔科にいってブロック注射してもらいましょう。

痛みが引くと同時に血行も良くなり治るのも促進される。

2019-07-04

名が職をあらわす

先日、肩がどうにも痛くてたまらないので、

近くの疼痛治療をやっている麻酔科病院へ行ってきた。

やってきた担当医が、増井先生という方で、なるほどって思ったんだ。

(他にもある?)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん